図面 (/)

技術 ポリアセタール樹脂成形品

出願人 ポリプラスチックス株式会社
発明者 霜田暁英
出願日 2008年7月31日 (12年3ヶ月経過) 出願番号 2008-197612
公開日 2010年2月12日 (10年9ヶ月経過) 公開番号 2010-031200
状態 特許登録済
技術分野 高分子組成物
主要キーワード 酸化攻撃 流動直角方向 脂肪酸カルシウム塩 ポリアセタール樹脂中 置換ポリアミド ソルベントクラック ポリアセタールコポリマー 二酸化炭素排出
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2010年2月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

成形品応力が存在する状態において、有機酸無機酸等の酸性物質を有する液体との直接接触に対して高度の耐久性を有する成形品を提供する。

解決手段

(A)ポリアセタール樹脂100重量部に対して、(B)ヒンダードフェノール系酸化防止剤0.1〜3.0重量部、(C)含窒素化合物0.001〜3.0重量部、(D)脂肪酸カルシウム塩0.1〜3.0重量部、及び、(E)滑剤0.1〜3.0重量部を添加して成るポリアセタール樹脂組成物からなり酸性雰囲気下にて応力のかかった状態で使用される成形品。

概要

背景

ポリアセタール樹脂は、機械的物性耐熱性耐化学薬品性電気的性質に優れ、且つその成形加工の容易さからエンジニアリングプラスチックとして、自動車部品電機電子部品、各種機械建材、機能雑貨等の分野で幅広く利用されている材料である。しかしながら、ポリアセタール樹脂は酸に弱い性質を持つため酸性雰囲気での使用には大きな制約があり、実際には、微濃度の酸性雰囲気の場合のみに使用が制限されている。

このようなポリアセタール樹脂の利用分野として、例えば自動車部品としては、耐薬品性、特に耐燃料性に優れるため、燃料油直接接触する、例えば燃料ポンプモジュールなどに代表される燃料搬送ユニット等の大型部品がある。

一方、近年、自動車用燃料としては、二酸化炭素排出による地球温暖化に対する防止策として、また、石油価格の高騰に対する対応策として、生物資源由来の所謂バイオ燃料を普及させようとする動きがある。しかしながらバイオディーゼル燃料に用いられる燃料は種々の植物等から製造されるため、有機酸等の不純物も多く、旧来のディーゼル燃料(軽油)と比べると劣化による酸性物質も発生しやすい。従ってその種の燃料と直接接触する部品には、耐燃料性と共に優れた耐酸性を兼ね備えた材料を使用することが要求される。

また樹脂化による軽量化や一体化によるコストダウンを目的として複雑な形状を一体成形した製品が増加している。このような成形品の場合、肉厚の変化や、リブパイプ等が一体化していることで成形品内に成形時の残留応力が残りやすい構造となっている。このような残留応力の残った成形品の場合、酸性物質が接触することで応力緩和破壊により製品が破壊されることがある。

概要

成形品に応力が存在する状態において、有機酸、無機酸等の酸性物質を有する液体との直接接触に対して高度の耐久性を有する成形品を提供する。(A)ポリアセタール樹脂100重量部に対して、(B)ヒンダードフェノール系酸化防止剤0.1〜3.0重量部、(C)含窒素化合物0.001〜3.0重量部、(D)脂肪酸カルシウム塩0.1〜3.0重量部、及び、(E)滑剤0.1〜3.0重量部を添加して成るポリアセタール樹脂組成物からなり酸性雰囲気下にて応力のかかった状態で使用される成形品。なし

目的

本発明は、ポリアセタール樹脂組成物からなる成形品であり、成形品に応力が存在する状態において、有機酸、無機酸等の酸性物質を有する液体との直接接触に対して高度の耐久性を有する成形品を提供することを目的とするものである。中でも、酸性成分を含む自動車用燃料と直接接触しても優れた耐久性を有する自動車部品を提供しようとするものである。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

(A)ポリアセタール樹脂100重量部に対して、(B)ヒンダードフェノール系酸化防止剤0.1〜3.0重量部、(C)含窒素化合物0.001〜3.0重量部、(D)脂肪酸カルシウム塩0.1〜3.0重量部、及び、(E)滑剤0.1〜3.0重量部を添加して成るポリアセタール樹脂組成物からなり酸性雰囲気下にて応力のかかった状態で使用される成形品

請求項2

(B)ヒンダードフェノール系酸化防止剤、及び、(E)滑剤のいずれか、または両方が融点100℃未満である請求項1記載の成形品。

請求項3

(D)脂肪酸カルシウム塩がステアリン酸カルシウム、12-ヒドロキシステアリン酸カルシウムベヘン酸カルシウムのいずれかである請求項1または2記載の成形品。

請求項4

(A)ポリアセタール樹脂のメルトインデックスが5〜30g/10分である請求項1〜3のいずれか1項に記載の成形品。

技術分野

0001

本発明は、酸性雰囲気下において応力がかかった状態での耐久性に優れたポリアセタール樹脂組成物からなる成形品に関するものである。

背景技術

0002

ポリアセタール樹脂は、機械的物性耐熱性耐化学薬品性電気的性質に優れ、且つその成形加工の容易さからエンジニアリングプラスチックとして、自動車部品電機電子部品、各種機械建材、機能雑貨等の分野で幅広く利用されている材料である。しかしながら、ポリアセタール樹脂は酸に弱い性質を持つため酸性雰囲気での使用には大きな制約があり、実際には、微濃度の酸性雰囲気の場合のみに使用が制限されている。

0003

このようなポリアセタール樹脂の利用分野として、例えば自動車部品としては、耐薬品性、特に耐燃料性に優れるため、燃料油直接接触する、例えば燃料ポンプモジュールなどに代表される燃料搬送ユニット等の大型部品がある。

0004

一方、近年、自動車用燃料としては、二酸化炭素排出による地球温暖化に対する防止策として、また、石油価格の高騰に対する対応策として、生物資源由来の所謂バイオ燃料を普及させようとする動きがある。しかしながらバイオディーゼル燃料に用いられる燃料は種々の植物等から製造されるため、有機酸等の不純物も多く、旧来のディーゼル燃料(軽油)と比べると劣化による酸性物質も発生しやすい。従ってその種の燃料と直接接触する部品には、耐燃料性と共に優れた耐酸性を兼ね備えた材料を使用することが要求される。

0005

また樹脂化による軽量化や一体化によるコストダウンを目的として複雑な形状を一体成形した製品が増加している。このような成形品の場合、肉厚の変化や、リブパイプ等が一体化していることで成形品内に成形時の残留応力が残りやすい構造となっている。このような残留応力の残った成形品の場合、酸性物質が接触することで応力緩和破壊により製品が破壊されることがある。

発明が解決しようとする課題

0006

本発明は、ポリアセタール樹脂組成物からなる成形品であり、成形品に応力が存在する状態において、有機酸、無機酸等の酸性物質を有する液体との直接接触に対して高度の耐久性を有する成形品を提供することを目的とするものである。中でも、酸性成分を含む自動車用燃料と直接接触しても優れた耐久性を有する自動車部品を提供しようとするものである。

課題を解決するための手段

0007

本発明者らは、上記課題を解決するため鋭意研究を重ねた結果、特定のポリアセタール樹脂組成物からなる成形品によって目的が達成されることを見出し、本発明に到達した。

0008

即ち本発明は、(A)ポリアセタール樹脂100重量部に対して、(B)ヒンダードフェノール系酸化防止剤0.1〜3.0重量部、(C)含窒素化合物0.001〜3.0重量部、(D)脂肪酸カルシウム塩0.1〜3.0重量部、及び、(E)滑剤0.1〜3.0重量部を添加して成るポリアセタール樹脂組成物からなり酸性雰囲気下にて応力のかかった状態で使用される成形品に関するものである。

発明の効果

0009

本発明のポリアセタール樹脂組成物からなる成形部品は、非常に優れた耐酸性と応力緩和性を有している。また、十分な機械的強度、耐熱性も有する。このため、酸性成分を含有する液体と直接接触する成形品、例えば、硫黄や酸性物質を含んだ自動車用燃料、特に、バイオディーゼル燃料と直接接触する部品等に適している。

発明を実施するための最良の形態

0010

以下、本発明を詳細に説明する。本発明で用いられる(A)ポリアセタール樹脂とは、オキシメチレン基(-CH2O-)を主たる構成単位とする高分子化合物であり、実質的にオキシメチレン基の繰り返し単位のみからなるポリアセタールコポリマー、オキシメチレン基以外に他の構成単位を少量含有するポリアセタールコポリマー等が挙げられる。これらは何れも使用可能であるが、本発明の目的である耐酸性の観点から、ポリアセタールコポリマーを基体樹脂とするのが好ましい。ポリアセタールコポリマーとしては、コモノマー成分を0.5〜30重量%共重合させてなるポリアセタールコポリマーが好ましく、特に好ましくはコモノマー成分を0.5〜10重量%共重合させてなるものである。コモノマー成分を共重合させてなるポリアセタールコポリマーは、耐酸性に優れると共に、優れた熱安定性、機械的強度等を保持できる。また、ポリアセタールコポリマーは、分子線状構造を有するものだけでなく、分岐構造架橋構造を有するものであっても良い。

0011

このようなポリアセタールコポリマーを製造するにあたり、主モノマーとしては、トリオキサンに代表されるホルムアルデヒド環状オリゴマーが用いられる。また、コモノマー成分としては、少なくとも1つの炭素−炭素結合を有する環状エーテル及び環状ホルマールから選ばれた化合物が用いられる。このようなコモノマーとしては、例えばエチレンオキシド、1,3−ジオキソランジエチレングリコールホルマール、1,4−ブタンジオールホルマール、1,3−ジオキサンプロピレンオキシド等が挙げられる。

0012

上記のようなポリアセタール樹脂(A)、特にポリアセタール共重合体において、その重合度等については特に制約はなく、その使用目的や成形手段に応じた重合度等の調整が可能であるが、耐酸性と成形性の両立の観点から、温度190℃、荷重2.16kgにおいて測定されるメルトインデックスMI)が1〜100g/10分であることが好ましく、特に好ましくは5〜30g/10分である。

0013

メルトインデックスが5g/10分より小さくなると成形時に流動性が低下することで成形品の残留応力が大きくなり、酸性雰囲気下に成形品を放置した際、ソルベントクラックによる割れが発生しやすくなる。一方、メルトインデックスが30g/10分よりも高くなるとポリアセタール樹脂の分子量が小さくなり、酸性雰囲気下で酸による攻撃を受けた際の強度低下が大きくなる。

0014

本発明において使用される(B)ヒンダードフェノール系酸化防止剤としては、2,2'−メチレンビス(4−メチル−6−t−ブチルフェノール)、ヘキサメチレングリコールビス(3,5 −ジ−t−ブチル−4−ヒドロキシヒドロシンナメート)、テトラキスメチレン(3,5 −ジ−t−ブチル−4−ヒドロキシヒドロシンナメート)〕メタントリエチレングリコール−ビス−3−(3−t−ブチル−4−ヒドロキシ−5−メチルフェニルプロピオネート、1,3,5 −トリメチル−2,4,6 −トリス(3,5 −ジ−t−ブチル−4−ヒドロキシ−ベンジルベンゼン、n−オクタデシル−3−(4'−ヒドロキシ−3',5' −ジ−t−ブチルフェノール)プロピオネート、4,4'−メチレンビス(2,6 −ジ−t−ブチルフェノール)、4,4'−ブチリデン−ビス−(6−t−ブチル−3−メチル−フェノール)、ジ−ステアリル−3,5 −ジ−t−ブチル−4−ヒドロキシベンジルホスホネート、2−t−ブチル−6−(3−t−ブチル−5−メチル−2−ヒドロキシベンジル)−4−メチルフェニルアクリレート、3,9 −ビス{2−〔3−(3−t−ブチル−4−ヒドロキシ−5−メチルフェニル)プロピオニルオキシ〕−1,1 −ジメチルエチル}−2,4,8,10−テトラオキサスピロ〔5,5 〕ウンデカン等が例示される。

0015

本発明においては、これらの酸化防止剤から選ばれた少なくとも一種又は二種以上を使用することができる。

0016

(B)ヒンダードフェノール系酸化防止剤の融点は100℃未満のものが好ましい。融点が低いことでポリアセタール樹脂中運動性が向上し、成形品表面への酸化攻撃に対し効果的に酸化防止機能発現する。トリエチレングリコール−ビス−3−(3−t−ブチル−4−ヒドロキシ−5−メチルフェニル)プロピオネート(融点約77℃)などは特に好ましい酸化防止剤である。

0017

本発明における(B)ヒンダードフェノール系酸化防止剤の添加量は、(A)ポリアセタール樹脂100重量部に対し、0.1〜3.0重量部である。(B)酸化防止剤の配合量が少ないと、本来の目的である酸化防止特性が不十分になるだけでなく、本発明の目的である耐酸性も劣るものとなる。(B)酸化防止剤の配合量が過剰の場合は、樹脂組成物機械特性や成形性等の好ましくない影響が生じる。

0018

本発明において使用される(C)窒素含有化合物としては、メラミンおよびその誘導体グアナミンおよびその誘導体も含む)、メラミンホルムアルデヒド樹脂ヒドラジド化合物ポリアミドおよびポリアクリルアミド等が挙げられる。

0019

まず、メラミン及びその誘導体としては、メラミン(2,4,6 −トリアミノ−sym −トリアジン)、メレムメラムメロン、N−ブチルメラミン、N−フェニルメラミン、N,N −ジフェニルメラミン、N,N −ジアリルメラミン、N,N",N" −トリメチロールメラミンベンゾグアナミン(2,4 −ジアミノ−6−フェニル−sym −トリアジン)、2,4 −ジアミノ−6−メチル−sym −トリアジン、2,4 −ジアミノ−6−ブチル−sym −トリアジン、2,4 −ジアミノ−6−ベンジルオキシ−sym −トリアジン、2,4 −ジアミノ−6−ブトキシ−sym −トリアジン、2,4 −ジアミノ−6−シクロヘキシル−sym −トリアジン、2,4 −ジアミノ−6−クロロ−sym −トリアジン、2,4 −ジアミノ−6−メルカプト−sym −トリアジン、2,4 −ジオキシ−6−メルカプト−sym −トリアジン、2,4 −ジオキシ−6−アミノ−sym −トリアジン(アメライド)、2−オキシ−4,6 −ジアミノ−sym −トリアジン(アメリン)、N,N,N',N' −テトラシアノエチルベンゾグアナミン等が使用される。

0020

メラミンホルムアルデヒド樹脂としては、メラミンとホルムアルデヒドとから1:0.8 〜1:10.0のモル比で製造され、水に不溶性のメラミン−ホルムアルデヒド重縮合物が使用される。

0021

ヒドラジド化合物としては、アジピン酸ヒドラジドセバシン酸ヒドラジド等が挙げられる。

0022

ポリアミドとしては、ナイロン12ナイロン6・10、ナイロン6・66・610 の如き単独または共重合ポリアミドメチロール基等を有する置換ポリアミドナイロン塩カプロラクタムから合成、またはカプロラクトン、カプロラクタムとの組み合わせから合成されるポリエステルアミド等が使用される。

0023

ポリアクリルアミドとしては、アクリルアミド単独重合体及びその共重合体架橋体のうちの1種または2種以上が使用される。これらの内でも、メラミンおよびメラミンの誘導体、メラミンホルムアルデヒド樹脂の内から選ばれた1種または2種以上であることが好ましく、さらにメラミンとホルムアルデヒドとから1:0.8 〜1:10.0のモル比で製造され、水に不溶性のメラミン−ホルムアルデヒド重縮合物であるメラミンホルムアルデヒド樹脂を使用することが特に好ましい。

0024

本発明において使用される(C)窒素含有化合物の配合量は、(A)ポリアセタール樹脂100重量部に対して0.001〜3.0重量部が好ましい。

0025

本発明においては、耐酸性を飛躍的に向上させるために(D)脂肪酸カルシウム塩が配合される。(D)脂肪酸カルシウム塩を構成する脂肪酸は、飽和脂肪酸であってもよく、不飽和脂肪酸であってもよい。また、一部の水素原子ヒドロキシル基などの置換基置換されたものも使用できる。このような脂肪酸としては、炭素数10以上の1価又は2価の脂肪酸、例えば、炭素数10以上の1価の飽和脂肪酸[カプリン酸ラウリン酸ミリスチン酸ペンタデシル酸、パルミチン酸ステアリン酸アラキン酸、べヘン酸、モンタン酸などのC10-34飽和脂肪酸(好ましくはC10-30飽和脂肪酸)など]、炭素数10以上の1価の不飽和脂肪酸[オレイン酸リノール酸リノレン酸アラキドン酸エルカ酸などのC10-34不飽和脂肪酸(好ましくはC10-30不飽和脂肪酸)など]、炭素数10以上の2価の脂肪酸(二塩基性脂肪酸)[セバシン酸、ドデカン酸テトラデカン酸、タプシア酸などの2価のC10-30飽和脂肪酸(好ましくは2価のC10-20飽和脂肪酸)、デセン二酸、ドデセン二酸などの2価のC10-30不飽和脂肪酸(好ましくは2価のC10-20不飽和脂肪酸)など]が例示できる。

0026

前記脂肪酸には、1つ又は複数のヒドロキシル基を分子内に有する脂肪酸(例えぱ、12−ヒドロキシステアリン酸などのヒドロキシ飽和C10-26脂肪酸など)も含まれる。

0027

特に好ましい(D)成分としては、ステアリン酸カルシウム、12-ヒドロキシステアリン酸カルシウムベヘン酸カルシウムである。

0028

本発明において、(D)脂肪酸カルシウム塩の添加量は、(A)ポリアセタール樹脂100重量部に対して0.1〜3.0重量部である。(D)脂肪酸カルシウム塩の配合は、耐酸性の向上に大きく寄与するものである。(D)脂肪酸カルシウム塩の添加量が0.1重量部よりも少ないと目的とする耐酸性を得ることができず、3.0重量部より過剰の場合は機械的特性等を損ねることになる。

0029

本発明において使用される(E)滑剤としては、脂肪酸エステル脂肪酸アミドが用いられる。

0030

脂肪酸エステルとしては、ラウリン酸、パルミチン酸、ヘプタデカン酸、ステアリン酸、オレイン酸、アラキン酸、ベヘニン酸等の炭素数12〜32の脂肪酸と、パルミチルアルコールステアリルアルコールベヘニルアルコール等の1価脂肪族アルコールや、グリセリンペンタエリスリトールジペンタエリスリトールソルビタン等の多価脂肪族アルコールとのエステル化合物、脂肪酸と多塩基性有機酸と1価脂肪族アルコール又は多価脂肪族アルコールの複合エステル化合物等を用いることができる。このような脂肪酸エステル系滑剤としては、例えば、パルミチン酸セチルステアリン酸ブチルステアリン酸ステアリルクエン酸ステアリル、グリセリンモノカプリレート、グリセリンモノカプレート、グリセリンモノラウレート、グリセリンモノパルミテート、グリセリンジパルミテート、グリセリンモノステアレート、グリセリンジステアレート、グリセリントリステアレート、グリセリンモノオレエート、グリセリンジオレエート、グリセリントリオレエート、グリセリンモノリノレート、グリセリンモノベヘネート、グリセリンモノ12−ヒドロキシステアレート、グリセリンジ12−ヒドロキシステアレート、グリセリントリ12−ヒドロキシステアレート、グリセリンジアセトモノステアレート、グリセリンクエン酸脂肪酸エステル、ペンタエリスリトールアジピン酸ステアリン酸エステル、モンタン酸部分ケン化エステルペンタエリスリトールテトラステアレート、ジペンタエリスリトールヘキサステアレート、ソルビタントリステアレート、等を挙げることができる。これらの脂肪酸エステル系滑剤は、1種を単独で用いることができ、あるいは、2種以上を組み合わせて用いることもできる。

0031

脂肪酸アミド系滑剤についても特に制限はなく、例えばラウリン酸アミド、パルミチン酸アミド、ステアリン酸アミドベヘン酸アミドヒドロキシステアリン酸アミド等の飽和脂肪酸アミドオレイン酸アミドエルカ酸アミドリシノール酸アミド等の不飽和脂肪酸アミド;N−ステアリルステアリン酸アミド、N−オレイルオレイン酸アミド、N−ステアリルオレイン酸アミド、N−オレイルステアリン酸アミド、N−ステアリルエルカ酸アミド、N−オレイルパルミチン酸アミド等の置換アミドメチロールステアリン酸アミド、メチロールベヘン酸アミド等のメチロールアミド;メチレンビスステアリン酸アミド、エチレンビスカプリン酸アミド、エチレンビスラウリン酸アミド、エチレンビスステアリン酸アミドエチレンビスステアリルアミド)、エチレンビスイソステアリン酸アミド、エチレンビスヒドロキシステアリン酸アミド、エチレンビスベヘン酸アミド、ヘキサメチレンビスステアリン酸アミド、ヘキサメチレンビスベヘン酸アミド、ヘキサメチレンビスヒドロキシステアリン酸アミド、N,N’−ジステアリルアジピン酸アミド、N,N’−ジステアリルセバシン酸アミド等の飽和脂肪酸ビスアミドエチレンビスオレイン酸アミド、ヘキサメチレンビスオレイン酸アミド、N,N’−ジオレイルアジピン酸アミド、N,N’−ジオレイルセバシン酸アミド等の不飽和脂肪酸ビスアミド;m−キシリレンビスステアリン酸アミド、N,N’−ジステアリルイソフタル酸アミド等の芳香族ビスアミド等が挙げられる。

0032

(E)滑剤の融点は100℃未満のものが好ましい。融点が低いことでポリアセタール樹脂中で可塑剤的な効果も発現し、応力緩和を促進しやすくなる。グリセリンモノステアレート(融点 約67℃)、グリセリンモノパルミテート(融点 約67℃)、グリセリンモノベヘネート(融点 約80℃)などは特に好ましい滑剤である。

0033

本発明における(E)滑剤の添加量は、(A)ポリアセタール樹脂100重量部に対し、0.1〜3.0重量部である。(E)滑剤の配合量が少ないと、本来の目的である離型性が不十分になり、過剰の場合は、成形時の食い込み性が劣り、良好な成形品を得ることが困難となる。

0034

本発明の成形品は、上記の構成からなるポリアセタール樹脂組成物を用いて、慣用成形方法、例えば、射出成形押出成形圧縮成形ブロー成形真空成形発泡成形回転成形などの方法で成形することにより得ることができる。

0035

その用途は、酸性成分を含有する液体、または、蒸気と直接接触する成形部品であれば特に制約はなく、例えば、硫黄や酸性物質を含んだ自動車用燃料、特にバイオディーゼル燃料や劣化ディーゼル燃料と接触する部品等に適用することができる。

0036

以下、実施例により本発明を更に具体的に説明するが、本発明はこれに限定されるものではない。
実施例1〜13及び比較例1〜5
(A)ポリアセタール樹脂に、(B)ヒンダードフェノール系酸化防止剤、(C)窒素含有化合物、(D)脂肪酸カルシウム塩、(E)滑剤を表1に示す割合で添加混合し、二軸押出機溶融混練してペレット状の組成物を調製した。配合成分の詳細は後記の通りである。

0037

次いで、このペレットを用いて射出成形により80mm×80mm×1mmの平板を作製した。成形した平板を応力の影響を受けやすい流動直角方向で10mmの幅に切り取り評価用試験片を作製した。応力緩和性・耐酸性の評価は下記の方法で行った。結果を表1に示す。また、一部の材料については耐燃料性の評価も行った。

0038

比較のため、表2に示すような組成物を調製し、同様にして評価した。結果を表2に示す。
試験1(応力緩和性の評価)
試験片に2%の歪をかけて曲げた状態で100℃のオーブン中に放置し、試験片表面を観察する。試験片に割れが観察された時間を割れ発生時間とする。応力緩和性が高いほど割れ発生時間は長くなる。
試験2(耐酸性の評価)
試験片に1%の歪をかけて曲げた状態で10重量%塩酸水溶液中に室温放置し、試験片表面を観察する。試験片に割れが観察された時間を割れ発生時間とする。耐酸性・応力緩和性が高いほど割れ発生時間は長くなる。
試験3(耐燃料性の評価)
試験片に1.5%の歪をかけて曲げた状態で110℃の試験軽油(JIS2号軽油に脂肪酸エステル30重量%と酢酸0.04重量%を添加した軽油)中に放置し、試験片表面を観察する。試験片に割れが観察された時間を割れ発生時間とする。耐軽油性・応力緩和性が高いほど割れ発生時間は長くなる。
[配合成分]
(A)ポリアセタール樹脂
トリオキサン96.7重量%と1,3−ジオキソラン3.3重量%を共重合させてなるポリアセタール共重合体
a-1.メルトインデックス(190℃、荷重2160gで測定)が8.9g/10min
a-2.メルトインデックスが26.5g/10min
a-3.メルトインデックスが2.4g/10min
a-4.メルトインデックスが44.6g/10min
(B)ヒンダードフェノール系酸化防止剤
b-1.トリエチレングリオール-ビス[3-(3-t−ブチル-5-メチル-4-ヒドロキシフェニル)プロピオネート](融点約77℃)
b-2.テトラキス〔メチレン(3,5 −ジ−t−ブチル−4−ヒドロキシヒドロシンナメート)〕メタン(融点 約118℃)
(C)窒素含有化合物
c-1.メラミン
(D)脂肪酸カルシウム塩及び比較品としての金属化合物
d-1.ステアリン酸カルシウム
d-2.12-ヒドロキシステアリン酸カルシウム
d-3.ベヘン酸カルシウム
d-4.ステアリン酸ナトリウム
(E)滑剤
e-1.グリセリンモノステアレート(融点 約67℃)
e-2.エチレンビスステアリン酸アミド(融点 約143℃)

0039

0040

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ