図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2010年2月4日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

本発明は,深層心理季節感を考慮した配色を提案できる色診断装置を提供することを目的とする。

解決手段

上記課題は,色データベース(7)を用いた色彩診断装置であって,前記色データベース(7)は,季節により色を分類体系化した季節テーブルと,心理的効能により色を分類・体系化した心理テーブルと,を有し,入力画像に含まれる色を上記色データベース(7)に基づいて分析し,前記入力画像に含まれる色の季節,及び心理的効能に関する情報を出力できる,色彩診断装置により解決される。

概要

背景

特開2006−331344号公報(下記特許文献1)には,日本人服飾を着用する際の服飾のカラー診断を,日本人の伝統的美意識に則って行い得るカラー診断方法が開示されている。

この文献に記載されたカラー診断方法は,撮影した頭部情報をRGBに分析する。そして,RGBをHSBカラーモードへ変換し,所定の数値を付加したものを推薦色とするものである。

たとえば,同じ赤色でも様々なものがある。たとえば,「血の色」と「夕暮れ」の色とは,色彩は類似するかもしれないが,深層心理に及ぼす影響は大きく変わる。さらに,「若芽の色」と「枯れかけた葉の色」は類似するかもしれないが,深層心理に与える季節感は大きく異なる。

すなわち,色相を用いて数値化した指標のみを用いて色彩を変化させる場合,深層心理を考慮していないので,色が全体として不調和である場合や,好ましくない印象をもたらす場合もある。

特開2006−331344号公報

概要

本発明は,深層心理や季節感を考慮した配色を提案できる色診断装置を提供することを目的とする。 上記課題は,色データベース(7)を用いた色彩診断装置であって,前記色データベース(7)は,季節により色を分類体系化した季節テーブルと,心理的効能により色を分類・体系化した心理テーブルと,を有し,入力画像に含まれる色を上記色データベース(7)に基づいて分析し,前記入力画像に含まれる色の季節,及び心理的効能に関する情報を出力できる,色彩診断装置により解決される。

目的

そこで,本発明は,深層心理や季節感を考慮した配色を提案できる色診断装置を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

色データベース(7)を用いた色彩診断装置であって, 前記色データベース(7)は,季節により色を分類体系化した季節テーブルと,心理的効能により色を分類・体系化した心理テーブルと,を有し,入力画像に含まれる色を上記色データベース(7)に基づいて分析し,前記入力画像に含まれる色の季節,及び心理的効能に関する情報を出力できる, 色彩診断装置。

請求項2

画像読取り手段(3)と,領域分け手段(5)と,色データベース(7)と,色マッチング手段(9)と,出力手段(11)と,を含む色彩診断装置であって, 前記画像読取り手段(3)は,画像を読取り,入力画像を得る手段であり, 前記領域分け手段(5)は,前記入力画像を色により領域分けする手段であり, 前記色データベース(7)は,少なくとも,季節により色を分類・体系化した季節テーブルと,心理的効能により色を分類・体系化した心理テーブルと,を有し, 前記季節テーブルは,それぞれの色を色相より数値化した指標と関連して,季節指標及び季節情報を記憶し,前記心理テーブルは,それぞれの色を色相により数値化した指標と関連して,心理指標及び心理的効果情報を記憶し, 前記季節指標は,色が示す季節を数値化したものであり,前記心理指標は,色が示す心理的効能を数値化したものであり, 前記色マッチング手段(9)は,色数値化手段と,指標読出し手段と,を有し, 前記色数値化手段は,前記領域分け手段(5)が領域分けしたそれぞれの領域に含まれる色を数値化する手段であり, 前記指標読出し手段は,前記色数値化手段が数値化した数値を指標として用いて,前記季節テーブル及び前記心理テーブルから,季節指標,季節情報,心理指標及び心理的効果情報を読み出す手段であり, 前記出力手段(11)は,前記領域分け手段(5)が領域分けしたそれぞれの領域に含まれる色についての季節情報及び心理的効果情報を含む情報を出力し, これにより,入力画像に含まれる色の季節情報及び心理的効果情報を提供するとともに,一定の季節感や心理的効果を与える色の候補及び前記色の候補の持つ季節情報及び心理的効果情報を含む情報を表示できる, 色彩診断装置。

請求項3

さらに色補正演算手段(13)を有し, 前記色補正案演算手段(13)は,分布演算手段と,色抽出手段と,補正候補抽出手段とを有し, 前記分布演算手段は,前記季節指標及び前記心理指標のいずれか又は両方を用いて,領域分け手段(5)が領域分けしたそれぞれの領域に含まれる季節指標及び心理指標のいずれかまたは両方の分布を得る手段であり, 前記色抽出手段は,前記分布演算手段が求めた季節指標及び心理指標のいずれかまたは両方の分布を用いて,前記季節指標及び前記心理指標の分布が所定の閾値以内になるように,前記領域分けされた色のうち分布から外れるものを抽出する手段であり, 前記補正候補抽出手段は,前記色抽出手段が抽出した分布から外れる色について,前記色相により数値化された指標が所定の範囲に属する色であって,前記分布の所定の閾値以内に含まれるものを抽出する手段であり, 前記出力手段(11)は,前記領域分け手段(5)が領域分けしたそれぞれの領域に含まれる色についての季節情報及び心理的効果情報,及び前記補正候補抽出手段が抽出した色,及び前記補正候補抽出手段が抽出した色についての季節情報及び心理的効果情報,を含む情報を出力する 請求項2に記載の色彩診断装置。

技術分野

0001

本発明は,色彩診断装置などに関する。

背景技術

0002

特開2006−331344号公報(下記特許文献1)には,日本人服飾を着用する際の服飾のカラー診断を,日本人の伝統的美意識に則って行い得るカラー診断方法が開示されている。

0003

この文献に記載されたカラー診断方法は,撮影した頭部情報をRGBに分析する。そして,RGBをHSBカラーモードへ変換し,所定の数値を付加したものを推薦色とするものである。

0004

たとえば,同じ赤色でも様々なものがある。たとえば,「血の色」と「夕暮れ」の色とは,色彩は類似するかもしれないが,深層心理に及ぼす影響は大きく変わる。さらに,「若芽の色」と「枯れかけた葉の色」は類似するかもしれないが,深層心理に与える季節感は大きく異なる。

0005

すなわち,色相を用いて数値化した指標のみを用いて色彩を変化させる場合,深層心理を考慮していないので,色が全体として不調和である場合や,好ましくない印象をもたらす場合もある。

0006

特開2006−331344号公報

発明が解決しようとする課題

0007

そこで,本発明は,深層心理や季節感を考慮した配色を提案できる色診断装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

本発明は,基本的には,色データベース(7)を用いた色彩診断装置に関する。そして,色データベース(7)は,季節により色を分類体系化した季節テーブルと,心理的効能により色を分類・体系化した心理テーブルと,を有する。そして,色彩診断装置は,入力画像に含まれる色を上記色データベース(7)に基づいて分析する。これにより,色彩診断装置は,入力画像に含まれる色の季節,及び心理的効能に関する情報を出力できる。この色の季節,及び心理的効能に関する情報が不調和であれば,修正した色を用いて再度分析することで,修正後の色の季節及び心理的効能に関する情報を得ることができる。これにより,深層心理や季節感を考慮した配色を提案できる。

発明の効果

0009

本発明によれば,深層心理や季節感を考慮した配色を提案できる色診断装置を提供できる。

発明を実施するための最良の形態

0010

以下,図面を用いて本発明を実施するための最良の形態を説明する。しかしながら,以下説明する形態はある例であって,当業者にとって自明な範囲で適宜修正することができる。

0011

図1は,本発明の色彩診断装置の基本構成を示すブロック図である。図1に示されるように,本発明の色診断装置(1)は,画像読取り手段(3)と,領域分け手段(5)と,色データベース(7)と,色マッチング手段(9)と,出力手段(11)とを含む。なお,本発明の色診断装置(1)は,さらに色補正演算手段(13)を含んでもよい。なお,図1において,符号4は,コンピュータを示す。そして,点線はコンピュータ(4)の内部を示す。コンピュータは,入出力装置演算装置制御装置及び記憶装置を有しており,それぞれバスなどで接続されている。これにより情報の授受を行うことができるようにされている。また,記憶装置のうちのメインメモリには,制御プログラムを記憶したCD−ROMなどのコンピュータ読み取り可能な情報記録媒体が格納されている。そして,入力装置から情報が入力されると,制御部は,適宜制御プログラムを読み出して,制御プログラムの指令に従い,適宜記憶装置に記憶された情報を読み出し,演算装置にて演算を行う。そして,演算結果を適宜記憶装置に記憶し,出力装置から出力する。すなわち,本発明は,コンピュータを画像読取り手段(3)と,領域分け手段(5)と,色データベース(7)と,色マッチング手段(9)と,出力手段(11)とを含む装置として機能させるためのプログラムや,そのようなプログラムを格納したコンピュータ読み取り可能な情報記録媒体をも提供する。

0012

画像読取り手段(3)は,画像を読取り,入力画像を得る手段である。画像読取り手段(3)として,カラー画像を取得できるものであれば特に限定されない。画像読取り手段(3)の例は,カラースキャナ,i1Pro(登録商標),デジタルカメラなどがあげられる。また,画像読取り手段(3)は,CADデータを装置内に入力できるものであってもよい。この場合,たとえば,イラストレータ(登録商標)などで作成した,画像データを受信する手段が,画像読取り手段(3)として機能することとなる。このようにすれば,イラストレータが作成したCAD図面の季節感などをもチェックできることとなる。

0013

領域分け手段(5)は,入力画像を色により領域分けする手段である。入力画像がコンピュータグラフィックスで作成されている場合は,画像情報を分析することにより領域分け手段(5)を実装できる。

0014

領域分け手段(5)の例は,入力画像をラインごとに掃引して色相や輝度を分析するものである。たとえば,入力画像をラインごとに掃引し,輝度の変化が一定以上の場合に別領域と判断すればよい。また,入力画像をラインごとに掃引し,色合いが大きく変化した場合に,別領域と判断してもよい。そして,入力画像を領域分けした後に,その領域ごとの色を記憶する。この領域に含まれる複数のピクセルは,光や影の影響を受けて色彩や輝度が変化していることがある。たとえば,領域に含まれる色彩や輝度の平均値をその領域の色とすればよい。

0015

色データベース(7)は,少なくとも,季節により色を分類・体系化した季節テーブルを有する,さらに,心理的効能により色を分類・体系化した心理テーブルを含んでもよい。また,これに加えて,地域により,色を分類・体系化した地域テーブルを含んでいてもよい。

0016

季節テーブルは,それぞれの色を色相により数値化した指標と関連して,季節指標及び季節情報を記憶する。季節指標は,色が示す季節を数値化したものである。たとえば,1年をの4つにわけ,それをさらに6つの節気にわけて,それぞれの節気をさらに5日ごとの候にわける。季節は一巡するため,たとえば,1年をXY空間における単位円状に配置し,原点からの角度θをもって各季節,各節気,各候を表現する。たとえば,θ=0が,元日となるようにし,自然の特徴を基に色を分類・体系化する。すると,たとえば,季節1日ごとに,角度が異なることとなる。そして,ある日を象徴する色には,その日に応じた角度が振られることとなる。たとえば,1月10日の空の色は,季節感を示す,10度の角度とともに記憶されてもよい。また,たとえば,RGBごとに季節指標が設けられてもよい。また,季節指標を評価する際は,たとえば,単位円上に季節指標をおいて,その距離を用いて評価してもよい。このようにすることで,たとえば,12月31日を示す色と,1月2日を示す色とは,近い季節感を有するように評価できる。なお,「春」などという情報は,季節情報として用いてもよい。

0017

図2は,季節テーブルの例である。この例では,季節が,4季,24節,及び72候に分けられている。これらは,季節指標であり,かつ季節情報であってもよい。そして,各色は,色を示すIDとともに,LABにより数値化した指標,CMYKにより数値化した指標,RGBにより数値化した指標と関連して,対応する4季,24節,及び72候が振られている。この結果,たとえば,秋を示す色と,春を示す色とでは大きく季節感が異なるといった評価を行うことができることとなる。すなわち,入力画像に含まれる色を領域ごとに数値化した指標により表現し,それらの季節を読み出した場合,季節の分布からずれる領域を把握できることとなる。

0018

心理テーブルは,それぞれの色を色相により数値化した指標と関連して,心理指標及び心理的効果情報を記憶する。心理指標は,色が示す心理的効能を数値化したものである。たとえば,自然の特徴を基に各色の持つ語源,植物の花言葉季語文化的,歴史背景などをもとにその色の持つ「意味」を分類・体系化することでこの心理指標と心理的効果情報とを得ることができる。RGBなどの色相ごとに心理指標や心理情報が記憶されていてもよい。また,心理指標は,たとえば,都会的か牧的か,情熱的か冷静か,動的か静的か,お勧めか禁忌的か,早朝と関連するか深夜と関連するかなど,いくつかの座標上における数値を有するものとされてもよい。この心理テーブルは,上記の季節テーブルと同じテーブルに設けられていてもよい。たとえば,心理指標は,−1〜1までの値が振られていればよい。

0019

色マッチング手段(9)は,領域分け手段(5)が領域分けしたそれぞれの領域に含まれる色を数値化する色数値化手段と,色数値化手段が数値化した数値を用いて,季節テーブル及び心理テーブルから,季節指標,季節情報,心理指標及び心理的効果情報を読み出す指標読出し手段と有する。すなわち,色数値化手段は,領域分けしたそれぞれの領域に含まれる色を受け取って,色相に応じて数値化する。これは,各テーブルに記憶される色の数値化と同じアルゴリズムに基づくものである。この数値化の方法として,Labによるもの,CMYKによるもの,RGBによるものなどがあげられる。このように色彩などを用いて色を数値化する方法は公知である。RGBによる数値化において,たとえば,RGB=1の場合,x=1,y=0,z=0のように数値化されればよい。そしてこれに基づいて,さらに数値化がなされてもよい。その結果,図2に示されるFf1100などの指標値を得ることができる。そして,指標値が一致したものがあれば色マッチングの結果として抽出すればよい。たとえば,RGB分析の指標値がFf1100であれば,データベースから指標値がFf1100と関連して記憶されている情報を読み出すことで,この領域の色が,色ID2番の茜色であるという情報を入手できる。指標値が一致するものがない場合は,もっとも近接する指標値を有するものをもとめ,その指標値を用いて色情報を抽出すればよい。なお,Ff1100と関連して読み出された心理的効果は,「夕暮れ」,「叙情的」などである。なお,特に図示しないが,Ff1100と関連してテータベースに,情熱的(−1)か冷静(+1)かについては−0.5,動的(−1)か静的(+1)かについて0.4,お勧め(−1)か禁忌的(+1)かについて−0.8,早朝(−1)か深夜(+1)かについて0.5などの数値が記憶されており,これらがFf1100と関連して読み出されればよい。

0020

出力手段(11)は,領域分け手段(5)が領域分けしたそれぞれの領域に含まれる色についての季節情報及び心理的効果情報を含む情報を出力する。具体的には,季節情報や心理的効果情報を含む情報が,バッファなどに記憶されているので,その情報を読み出して,モニタなどに出力する。

0021

これにより,入力画像に含まれる色の季節情報及び心理的効果情報を表示できる。

0022

次に,本発明の好ましい態様は,色補正案演算手段(13)を含むものであるから,この点について説明する。色補正案演算手段(13)は,分布演算手段と,色抽出手段と,補正候補抽出手段とを有する。

0023

分布演算手段は,季節指標及び心理指標のいずれか又は両方を用いて,領域分け手段(5)が領域分けしたそれぞれの領域に含まれる季節指標及び心理指標のいずれかまたは両方の分布を得る。たとえば,各領域の色について四季が求められている場合,季節の分布状況を得ればよい。もちろん,心理効果のうち動的か静的かという心理指標の分布の分布状況を得てもよい。さらに,複数のパラメータに関する分布を得てもよい。

0024

色抽出手段は,分布演算手段が求めた分布を用いて,季節指標及び心理指標の分布が所定の閾値以内になるように,領域分けされた色のうち分布から外れるものを抽出する。たとえば,8割以上の面積を占める領域が,「春」という季節指標を有している場合,「春」でない季節指標を有しているものを抽出すればよい。さらに,たとえば,7割以上の領域が,「春,夏,秋」という季節指標を有しており,かつ,動的か静的かという心理指標が0.1以上1以下である場合は,これらの範囲から外れるものを抽出すればよい。色部分演算が,季節指標,心理指標などを用いて共通領域見出す方法は,適宜設定したものに基づいて行えばよく公知である。もっとも簡単なものは,パラメータがひとつのものである。たとえば,季節のみに着目し,もっとも領域を多く占める季節を求めるためには,以下のようにすればよい。すなわち,各領域の面積を求める。そして,各領域の示す季節を把握する。その上で,季節ごとに,領域を集計し,それらの面積を合計する。このようにして最も多い季節を示す領域と,それ以外の領域とを把握すればよい。

0025

補正候補抽出手段は,色抽出手段が抽出した分布から外れる色について,色相により数値化された指標が所定の範囲に属する色であって,分布の所定の閾値以内に含まれるものを抽出する。たとえば,上記の例では,「春」以外の季節を有する領域を抽出する。この春以外の季節を有する色の指標がRGBでFf022であったとする。この場合,この数値に近い数値の色指標を有する色を,データベースから抽出する。そして,Ff022に近い色から,その色の有する季節指標を読み出す。その結果,季節指標として,「春」が読み出されるまで,色の抽出作業を行う。すると,たとえば,Ff0000が読み出された場合,この色の季節指標は「春」であるから,補正候補として,Ff0000である色が抽出されればよい。

0026

指標読出し手段は,補正候補抽出手段が抽出した色の色相により数値化された指標を用いて,季節テーブル及び心理テーブルから,少なくとも,季節情報及び心理的効果情報を読み出す。具体的には,Ff0000を用いて,「春」,「情熱」,「元気」などの情報を読み出す。

0027

出力手段(11)は,この補正候補の季節情報及び心理的効果情報を出力する。これにより,補正候補の有する季節感や心理的効果を出力できる。なお,この出力を見たユーザが納得し,その旨の入力がされた場合,このコンピュータが補正候補色に色を変換する処理を行うことで,調和のある色彩をコーディネートできることとなる。

0028

本発明の色彩診断装置は,光学機器などの分野で利用されうるほか,カラーコーディネート業なども分野で利用されうる。

図面の簡単な説明

0029

図1は,本発明の色彩診断装置の基本構成を示すブロック図である。
図2は,季節テーブルの例である。

符号の説明

0030

1色診断装置; 3画像読取り手段; 4コンピュータ; 5領域分け手段; 7色データベース; 9色マッチング手段; 11出力手段; 13色補正案演算手段

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ