図面 (/)

技術 抑毛剤及び抑毛用皮膚化粧料

出願人 丸善製薬株式会社
発明者 大戸信明川嶋善仁新穂大介
出願日 2009年6月2日 (11年5ヶ月経過) 出願番号 2009-133334
公開日 2010年1月21日 (10年10ヶ月経過) 公開番号 2010-013442
状態 特許登録済
技術分野 植物物質含有医薬 化合物または医薬の治療活性 化粧料
主要キーワード キャリアガス流 ザクロ科 多孔性樹脂 ミクスチャー 脱毛器 和光純薬工業社 試料溶媒 相互的
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2010年1月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

天然由来成分を含有した抑毛剤毛乳頭細胞増殖抑制剤、FGF−7mRNA発現抑制剤VEGFmRNA発現抑制剤、IGF−1mRNA発現抑制剤、HGFmRNA発現抑制剤、BMP−2mRNA発現抑制剤、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤抗男性ホルモン剤又は抑毛用皮膚化粧料を提供する。

解決手段

抑毛剤、毛乳頭細胞増殖抑制剤、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤、抗男性ホルモン剤又は抑毛用皮膚化粧料に、ザクロ抽出物又はアルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸からなる群より選ばれる1種若しくは2種以上を含有せしめ、FGF−7mRNA発現抑制剤、VEGFmRNA発現抑制剤、IGF−1mRNA発現抑制剤、HGFmRNA発現抑制剤又はBMP−2mRNA発現抑制剤にザクロ抽出物を含有せしめる。

概要

背景

一般的に、頭皮上の毛髪は豊かであることが望まれているのに対し、手、足、、顔等における体毛は、美観上好ましくないとする傾向が高まっている。そのため、好ましくない体毛を除去する方法が開発され、利用されている。具体的には、シェーバー脱毛器等を用いる機械除去方法脱毛剤(特許文献1参照)を用いて体毛を毛根から抜去する方法や、除毛剤(特許文献2参照)を用いて、その化学的作用により体毛を除去する方法などが提案されている。

しかしながら、これらの従来の体毛除去方法は、皮膚に対して刺激を伴うものである。また、体毛の成長発毛を抑制するものではないため、再び伸長してきた体毛の除去処理を頻繁に行わなければならず、体毛除去処理回数を減少させることができないという問題がある。

また、近年、生薬抽出物(特許文献3,4参照)や特定の化合物(特許文献5参照)を用いた発毛抑制剤報告されているが、未だ充分なものではなく、さらに発毛抑制効果の高い発毛抑制剤、抑毛剤の提供が望まれている。

毛周期は、体毛が伸長する成長期、体毛の伸長が停止して下部毛包組織消失する退行期及び毛包が最も短くなり細胞活性が低下しているとみられる休止期からなる。成長期に体毛が伸長するのは、毛母細胞細胞分裂するためであると考えられている。その細胞増殖は、毛乳頭細胞において産生される線維芽細胞増殖因子−7(FGF−7,KGF)、血管内皮細胞増殖因子VEGF)、インシュリン様成長因子−1(IGF−1)、肝細胞増殖因子HGF)、骨形成因子−2(BMP−2)等の因子相互的に又は相補的に作用することによって促進され、その結果として成長期における体毛の成長を促進することが知られている(非特許文献1参照)。

これらの因子のうち、例えば血管内皮細胞増殖因子(VEGF)は、それが産生されることで毛乳頭細胞の周辺に血管を新生し、これにより血流を増大させ、体毛の成長が促進されることが知られている。したがって、FGF−7(KGF)、VEGF、IGF−1、HGF、BMP−2等の産生を抑制したり、これらの因子の作用を抑制したりすることによって、体毛の成長や発毛を抑制することができると考えられる。

多くのステロイドホルモンは産生臓器から分泌された分子型で受容体と結合してその作用を発現するが、アンドロゲンと総称される男性ホルモンの場合、例えば、テストステロン標的臓器細胞内に入ってテストステロン5α−レダクターゼにより5α−ジヒドロテストステロン(5α−DHT)に還元されてから受容体と結合し、アンドロゲンとしての作用を発現する。

アンドロゲンは重要なホルモンであるが、それが過度に作用すると、男性型脱毛症多毛症脂漏症座瘡ニキビなど)、前立腺肥大症前立腺腫瘍児性早熟等、さまざまな好ましくない症状を誘発する。特に、活性型5α−DHTが作用することによって、体毛の成長が促進されることが知られている。そこで、従来から、これらの各種症状を改善するために過剰のアンドロゲンの作用を抑制する方法、具体的には、テストステロンを活性型5α−DHTに還元するテストステロン5α−レダクターゼの作用を阻害することにより、活性型5α−DHTが生じるのを抑制する方法等が知られている。

従来、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用を有するものとしては、例えば、コエロスポンディアス(Choerospondias)属に属する植物からの抽出物(特許文献6参照)、マジト及び/又はカチュアからの抽出物(特許文献7参照)、五斂子からの抽出物(特許文献8参照)、紅豆杉欖、及び穿心蓮からなる群より選ばれた1種又は2種以上の植物からの抽出物(特許文献9参照)等が知られている。

概要

天然由来成分を含有した抑毛剤、毛乳頭細胞増殖抑制剤、FGF−7mRNA発現抑制剤、VEGFmRNA発現抑制剤、IGF−1mRNA発現抑制剤、HGFmRNA発現抑制剤、BMP−2mRNA発現抑制剤、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤抗男性ホルモン剤又は抑毛用皮膚化粧料を提供する。抑毛剤、毛乳頭細胞増殖抑制剤、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤、抗男性ホルモン剤又は抑毛用皮膚化粧料に、ザクロ抽出物又はアルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸からなる群より選ばれる1種若しくは2種以上を含有せしめ、FGF−7mRNA発現抑制剤、VEGFmRNA発現抑制剤、IGF−1mRNA発現抑制剤、HGFmRNA発現抑制剤又はBMP−2mRNA発現抑制剤にザクロ抽出物を含有せしめる。なし

目的

また、近年、生薬抽出物(特許文献3,4参照)や特定の化合物(特許文献5参照)を用いた発毛抑制剤が報告されているが、未だ充分なものではなく、さらに発毛抑制効果の高い発毛抑制剤、抑毛剤の提供が望まれている

効果

実績

技術文献被引用数
2件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ザクロからの抽出物を有効成分として含有することを特徴とする抑毛剤

請求項2

アルジュノール酸(arjunolic acid)、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸(3β,23-dihydroxy-1-oxo-olean-12-en-28-oic acid)及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸(2α,6β-dihydroxybetulinic acid)からなる群より選ばれる1種又は2種以上のトリテルペン類化合物を有効成分として含有することを特徴とする抑毛剤。

請求項3

ザクロからの抽出物を有効成分として含有することを特徴とする毛乳頭細胞増殖抑制剤

請求項4

アルジュノール酸(arjunolic acid)、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸(3β,23-dihydroxy-1-oxo-olean-12-en-28-oic acid)及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸(2α,6β-dihydroxybetulinic acid)からなる群より選ばれる1種又は2種以上のトリテルペン類化合物を有効成分として含有することを特徴とする毛乳頭細胞増殖抑制剤。

請求項5

ザクロからの抽出物を有効成分として含有することを特徴とする線維芽細胞増殖因子−7(FGF−7)mRNA発現抑制剤

請求項6

ザクロからの抽出物を有効成分として含有することを特徴とする血管内皮細胞増殖因子VEGF)mRNA発現抑制剤。

請求項7

ザクロからの抽出物を有効成分として含有することを特徴とするインシュリン様成長因子−1(IGF−1)mRNA発現抑制剤。

請求項8

ザクロからの抽出物を有効成分として含有することを特徴とする肝細胞増殖因子HGF)mRNA発現抑制剤。

請求項9

ザクロからの抽出物を有効成分として含有することを特徴とする骨形成因子−2(BMP−2)mRNA発現抑制剤。

請求項10

ザクロからの抽出物を有効成分として含有することを特徴とするテストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤

請求項11

アルジュノール酸(arjunolic acid)、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸(3β,23-dihydroxy-1-oxo-olean-12-en-28-oic acid)及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸(2α,6β-dihydroxybetulinic acid)からなる群より選ばれる1種又は2種以上のトリテルペン類化合物を有効成分として含有することを特徴とするテストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤。

請求項12

ザクロからの抽出物を有効成分として含有することを特徴とする抗男性ホルモン剤

請求項13

アルジュノール酸(arjunolic acid)、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸(3β,23-dihydroxy-1-oxo-olean-12-en-28-oic acid)及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸(2α,6β-dihydroxybetulinic acid)からなる群より選ばれる1種又は2種以上のトリテルペン類化合物を有効成分として含有することを特徴とする抗男性ホルモン剤。

請求項14

ザクロからの抽出物を配合したことを特徴とする抑毛用皮膚化粧料

請求項15

アルジュノール酸(arjunolic acid)、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸(3β,23-dihydroxy-1-oxo-olean-12-en-28-oic acid)及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸(2α,6β-dihydroxybetulinic acid)からなる群より選ばれる1種又は2種以上のトリテルペン類化合物を配合したことを特徴とする抑毛用皮膚化粧料。

技術分野

0001

本発明は、抑毛剤及び抑毛用皮膚化粧料に関する。

背景技術

0002

一般的に、頭皮上の毛髪は豊かであることが望まれているのに対し、手、足、、顔等における体毛は、美観上好ましくないとする傾向が高まっている。そのため、好ましくない体毛を除去する方法が開発され、利用されている。具体的には、シェーバー脱毛器等を用いる機械除去方法脱毛剤(特許文献1参照)を用いて体毛を毛根から抜去する方法や、除毛剤(特許文献2参照)を用いて、その化学的作用により体毛を除去する方法などが提案されている。

0003

しかしながら、これらの従来の体毛除去方法は、皮膚に対して刺激を伴うものである。また、体毛の成長発毛を抑制するものではないため、再び伸長してきた体毛の除去処理を頻繁に行わなければならず、体毛除去処理回数を減少させることができないという問題がある。

0004

また、近年、生薬抽出物(特許文献3,4参照)や特定の化合物(特許文献5参照)を用いた発毛抑制剤報告されているが、未だ充分なものではなく、さらに発毛抑制効果の高い発毛抑制剤、抑毛剤の提供が望まれている。

0005

毛周期は、体毛が伸長する成長期、体毛の伸長が停止して下部毛包組織消失する退行期及び毛包が最も短くなり細胞活性が低下しているとみられる休止期からなる。成長期に体毛が伸長するのは、毛母細胞細胞分裂するためであると考えられている。その細胞増殖は、毛乳頭細胞において産生される線維芽細胞増殖因子−7(FGF−7,KGF)、血管内皮細胞増殖因子VEGF)、インシュリン様成長因子−1(IGF−1)、肝細胞増殖因子HGF)、骨形成因子−2(BMP−2)等の因子相互的に又は相補的に作用することによって促進され、その結果として成長期における体毛の成長を促進することが知られている(非特許文献1参照)。

0006

これらの因子のうち、例えば血管内皮細胞増殖因子(VEGF)は、それが産生されることで毛乳頭細胞の周辺に血管を新生し、これにより血流を増大させ、体毛の成長が促進されることが知られている。したがって、FGF−7(KGF)、VEGF、IGF−1、HGF、BMP−2等の産生を抑制したり、これらの因子の作用を抑制したりすることによって、体毛の成長や発毛を抑制することができると考えられる。

0007

多くのステロイドホルモンは産生臓器から分泌された分子型で受容体と結合してその作用を発現するが、アンドロゲンと総称される男性ホルモンの場合、例えば、テストステロン標的臓器細胞内に入ってテストステロン5α−レダクターゼにより5α−ジヒドロテストステロン(5α−DHT)に還元されてから受容体と結合し、アンドロゲンとしての作用を発現する。

0008

アンドロゲンは重要なホルモンであるが、それが過度に作用すると、男性型脱毛症多毛症脂漏症座瘡ニキビなど)、前立腺肥大症前立腺腫瘍児性早熟等、さまざまな好ましくない症状を誘発する。特に、活性型5α−DHTが作用することによって、体毛の成長が促進されることが知られている。そこで、従来から、これらの各種症状を改善するために過剰のアンドロゲンの作用を抑制する方法、具体的には、テストステロンを活性型5α−DHTに還元するテストステロン5α−レダクターゼの作用を阻害することにより、活性型5α−DHTが生じるのを抑制する方法等が知られている。

0009

従来、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用を有するものとしては、例えば、コエロスポンディアス(Choerospondias)属に属する植物からの抽出物(特許文献6参照)、マジト及び/又はカチュアからの抽出物(特許文献7参照)、五斂子からの抽出物(特許文献8参照)、紅豆杉欖、及び穿心蓮からなる群より選ばれた1種又は2種以上の植物からの抽出物(特許文献9参照)等が知られている。

0010

特開平6−192056号公報
特開平4−173725号公報
特開平8−81336号公報
特開平10−139639号公報
特開平10−139640号公報
特開2003−55162号公報
特開2002−241297号公報
特開2002−241296号公報
特開2002−87976号公報

先行技術

0011

アンチエイジングシリーズ白髪脱毛育毛の実際」,2005年,p.3-34,p.65-77

発明が解決しようとする課題

0012

上述したように、安全性及び生産性に優れ、安価でありながら高い抑毛作用、毛乳頭細胞増殖抑制作用、FGF−7mRNA発現抑制作用、VEGFmRNA発現抑制作用、IGF−1mRNA発現抑制作用、HGFmRNA発現抑制作用、BMP−2mRNA発現抑制作用、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用及び抗男性ホルモン作用からなる群より選ばれる1種又は2種以上の作用を有する天然系の各種製剤に対する需要者要望は極めて高い。また、これらの作用及び効果を有する抑毛用皮膚化粧料に対する需要者の要望も極めて高い。

0013

そこで、本発明は第一に、安全性の高い天然物の中から抑毛作用、毛乳頭細胞増殖抑制作用、線維芽細胞増殖因子−7(FGF−7)mRNA発現抑制作用、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)mRNA発現抑制作用、インシュリン様成長因子−1(IGF−1)mRNA発現抑制作用、肝細胞増殖因子(HGF)mRNA発現抑制作用、骨形成因子−2(BMP−2)mRNA発現抑制作用、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用又は抗男性ホルモン作用を有するものを見出し、それを有効成分とする抑毛剤、毛乳頭細胞増殖抑制剤、線維芽細胞増殖因子−7(FGF−7)mRNA発現抑制剤、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)mRNA発現抑制剤、インシュリン様成長因子−1(IGF−1)mRNA発現抑制剤、肝細胞増殖因子(HGF)mRNA発現抑制剤、骨形成因子−2(BMP−2)mRNA発現抑制剤、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤及び抗男性ホルモン剤を提供することを目的とする。

0014

本発明は第二に、安全性の高い天然物の中から抑毛作用、毛乳頭細胞増殖抑制作用、線維芽細胞増殖因子−7(FGF−7)mRNA発現抑制作用、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)mRNA発現抑制作用、インシュリン様成長因子−1(IGF−1)mRNA発現抑制作用、肝細胞増殖因子(HGF)mRNA発現抑制作用、骨形成因子−2(BMP−2)mRNA発現抑制作用、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用及び抗男性ホルモン作用からなる群より選ばれる1種又は2種以上の作用を有するものを見出し、それを配合した抑毛用皮膚化粧料を提供することを目的とする。

0015

なお、本発明において、「抑毛」とは、体毛の成長を抑制すること、体毛の発生(発毛)を抑制することを含む概念である。

課題を解決するための手段

0016

上記課題を解決するため、本発明の抑毛剤、毛乳頭細胞増殖抑制剤、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤及び抗男性ホルモン剤は、ザクロからの抽出物、又はアルジュノール酸(arjunolic acid)、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸(3β,23-dihydroxy-1-oxo-olean-12-en-28-oic acid)及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸(2α,6β-dihydroxybetulinic acid)からなる群より選ばれる1種若しくは2種以上のトリテルペン類化合物を有効成分として含有することを特徴とする。

0017

また、本発明の線維芽細胞増殖因子−7(FGF−7)mRNA発現抑制剤、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)mRNA発現抑制剤、インシュリン様成長因子−1(IGF−1)mRNA発現抑制剤、肝細胞増殖因子(HGF)mRNA発現抑制剤、骨形成因子−2(BMP−2)mRNA発現抑制剤は、ザクロからの抽出物を有効成分として含有することを特徴とする。

0018

さらに、本発明の抑毛用皮膚化粧料は、ザクロからの抽出物、又はアルジュノール酸(arjunolic acid)、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸(3β,23-dihydroxy-1-oxo-olean-12-en-28-oic acid)及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸(2α,6β-dihydroxybetulinic acid)からなる群より選ばれる1種若しくは2種以上のトリテルペン類化合物を配合したことを特徴とする。

発明の効果

0019

本発明によれば、天然物であるザクロからの抽出物を有効成分として含有し、安全性に優れた抑毛剤、毛乳頭細胞増殖抑制剤、線維芽細胞増殖因子(FGF−7)mRNA発現抑制剤、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)mRNA発現抑制剤、インシュリン様成長因子−1(IGF−1)mRNA発現抑制剤、肝細胞増殖因子(HGF)mRNA発現抑制剤、骨形成因子−2(BMP−2)mRNA発現抑制剤、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤、抗男性ホルモン剤又は抑毛用皮膚化粧料を提供することができる。また、本発明によれば、アルジュノール酸(arjunolic acid)、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸(3β,23-dihydroxy-1-oxo-olean-12-en-28-oic acid)及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸(2α,6β-dihydroxybetulinic acid)からなる群より選ばれる1種又は2種以上のトリテルペン類化合物を有効成分として含有し、安全性に優れた抑毛剤、毛乳頭細胞増殖抑制剤、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤、抗男性ホルモン剤又は抑毛用皮膚化粧料を提供することができる。

0020

以下、本発明の実施形態について説明する。
〔抑毛剤,毛乳頭細胞増殖抑制剤,FGF−7mRNA発現抑制剤,VEGFmRNA発現抑制剤,IGF−1mRNA発現抑制剤,HGFmRNA発現抑制剤,BMP−2mRNA発現抑制剤,テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤,抗男性ホルモン剤〕
本実施形態の抑毛剤、毛乳頭細胞増殖抑制剤、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤又は抗男性ホルモン剤は、ザクロからの抽出物、又は下記式(1)〜(3)で表されるトリテルペン類化合物((1):アルジュノール酸(arjunolic acid),(2):3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸(3β,23-dihydroxy-1-oxo-olean-12-en-28-oic acid),(3):2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸(2α,6β-dihydroxybetulinic acid))を有効成分として含有する。また、本実施形態のFGF−7mRNA発現抑制剤、VEGFmRNA発現抑制剤、IGF−1mRNA発現抑制剤、HGFmRNA発現抑制剤又はBMP−2mRNA発現抑制剤、ザクロからの抽出物を有効成分として含有する。

0021

0022

0023

0024

ここで、本実施形態において「抽出物」には、ザクロを抽出原料として得られる抽出液、当該抽出液の希釈液若しくは濃縮液、当該抽出液を乾燥して得られる乾燥物、又はこれらの粗精製物若しくは精製物のいずれもが含まれる。

0025

上記式(1)〜(3)で表されるトリテルペン類化合物は、それらを含有する植物抽出物から単離・精製することにより製造することもできるし、合成により製造することもできる。なお、合成により製造する場合、その合成方法は特に限定されるものではなく、公知の方法により合成することができる。

0026

上記トリテルペン類化合物を含有する植物抽出物は、植物の抽出に一般に用いられている抽出方法によって得ることができる。上記トリテルペン類化合物を含有する植物としては、例えば、ザクロ(学名:Punica granatum)が挙げられる。

0027

ザクロ(Punica granatum)は、イラン、アフガニスタン、西キスタン等に分布しているザクロ科ザクロ属に属する落葉低木であり、これらの地域から容易に入手することができる。抽出原料として使用し得るザクロの構成部位としては、例えば、葉部、枝部、樹皮部、幹部茎部果実部、果皮部、花部、地上部根部又はこれらの部位の混合物等が挙げられるが、好ましくは果皮部である。

0028

ザクロからの抽出物は、上記植物を乾燥した後、そのまま又は粗砕機を用いて粉砕し、抽出溶媒による抽出に供することにより得ることができる。乾燥は天日で行ってもよいし、通常使用される乾燥機を使用して行ってもよい。また、ヘキサン等の非極性溶媒によって脱脂等の前処理を施してから抽出原料として使用してもよい。脱脂等の前処理を行うことにより、ザクロの極性溶媒による抽出処理を効率よく行うことができる。

0029

抽出溶媒としては、極性溶媒を使用するのが好ましく、例えば、水、親水性有機溶媒等が挙げられ、これらを単独で又は2種以上を組み合わせて、室温又は溶媒沸点以下の温度で使用することが好ましい。

0030

抽出溶媒として使用し得る水としては、純水、水道水井戸水鉱泉水鉱水温泉水湧水淡水等のほか、これらに各種処理を施したものが含まれる。水に施す処理としては、例えば、精製、加熱、殺菌、濾過イオン交換浸透圧調整緩衝化等が含まれる。したがって、本実施形態において抽出溶媒として使用し得る水には、精製水熱水イオン交換水生理食塩水リン酸緩衝液リン酸緩衝生理食塩水等も含まれる。

0031

抽出溶媒として使用し得る親水性有機溶媒としては、メタノールエタノールプロピルアルコールイソプロピルアルコール等の炭素数1〜5の低級脂肪族アルコールアセトンメチルエチルケトン等の低級脂肪族ケトン;1,3−ブチレングリコールプロピレングリコールグリセリン等の炭素数2〜5の多価アルコール等が挙げられる。

0032

2種以上の極性溶媒の混合液を抽出溶媒として使用する場合、その混合比は適宜調整することができる。例えば、水と低級脂肪族アルコールとの混合液を使用する場合には、水10容量部に対して低級脂肪族アルコール1〜90容量部を混合することが好ましく、水と低級脂肪族ケトンとの混合液を使用する場合には、水10容量部に対して低級脂肪族ケトン1〜40容量部を混合することが好ましく、水と多価アルコールとの混合液を使用する場合には、水10容量部に対して多価アルコール10〜90容量部を混合することが好ましい。

0033

抽出処理は、抽出原料に含まれる可溶性成分を抽出溶媒に溶出させ得る限り特に限定はされず、常法に従って行うことができる。例えば、抽出原料の5〜15倍量(質量比)の抽出溶媒に、抽出原料を浸漬し、常温又は還流加熱下(約95℃以下)で可溶性成分を抽出させた後、濾過して抽出残渣を除去することにより抽出液を得ることができる。得られた抽出液から溶媒を留去することでペースト状の濃縮物を得ることができ、この濃縮物をさらに乾燥することで乾燥物を得ることができる。

0034

なお、上述のようにして得られた抽出液はそのままでも抑毛剤、毛乳頭細胞増殖抑制剤、FGF−7mRNA発現抑制剤、VEGFmRNA発現抑制剤、IGF−1mRNA発現抑制剤、HGFmRNA発現抑制剤、BMP−2mRNA発現抑制剤、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤又は抗男性ホルモン剤の有効成分として使用することができるが、濃縮液又は乾燥物としたものの方が使用しやすい。

0035

また、ザクロからの抽出物は特有の匂いを有しているため、その生理活性の低下を招かない範囲で脱色、脱臭等を目的とする精製を行うことも可能であるが、抑毛用皮膚化粧料に配合する場合には大量に使用するものではないから、未精製のままでも実用上支障はない。

0036

以上のようにして得られたザクロからの抽出物から上記トリテルペン類化合物を単離・精製する方法は、特に限定されるものではなく、常法により行うことができる。例えば、ザクロからの抽出物を、シリカゲルアルミナ等の多孔質物質スチレンジビニルベンゼン共重合体ポリメタクリレート等の多孔性樹脂等を用いたカラムクロマトグラフィーに付して、水、アルコールの順で溶出させ、アルコールで溶出される画分として得ることができる。

0037

カラムクロマトグラフィーにて溶出液として用いられるアルコールは、特に限定されるものではなく、例えば、メタノール、エタノール、プロピルアルコール、イソプロピルアルコール等の炭素数1〜5の低級脂肪族アルコール又はそれらの水溶液等が挙げられる。

0038

さらに、カラムクロマトグラフィーにより得られたアルコール画分を、ODSを用いた逆相シリカゲルクロマトグラフィー再結晶、液−液向流抽出イオン交換樹脂を用いたカラムクロマトグラフィー等の任意の有機化合物精製手段を用いて精製してもよい。

0039

以上のようにして得られるザクロからの抽出物又は上記トリテルペン類化合物(アルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸、2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸)は、抑毛作用、毛乳頭細胞増殖抑制作用、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用又は抗男性ホルモン作用を有しているため、それぞれの作用を利用して抑毛剤、毛乳頭細胞増殖抑制剤、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤又は抗男性ホルモン剤の有効成分として用いることができる。

0040

また、ザクロからの抽出物は、FGF−7mRNA発現抑制作用、VEGFmRNA発現抑制作用、IGF−1mRNA発現抑制作用、HGFmRNA発現抑制作用又はBMP−2mRNA発現抑制作用をさらに有しているため、それぞれの作用を利用してFGF−7mRNA発現抑制剤、VEGFmRNA発現抑制剤、IGF−1mRNA発現抑制剤、HGFmRNA発現抑制剤又はBMP−2mRNA発現抑制剤の有効成分として用いることができる。

0041

ここで、ザクロからの抽出物が有する抑毛作用は、例えば、ザクロからの抽出物が有する毛乳頭細胞増殖抑制作用、FGF−7mRNA発現抑制作用、VEGFmRNA発現抑制作用、IGF−1mRNA発現抑制作用、HGFmRNA発現抑制作用、BMP−2mRNA発現抑制作用及びテストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用からなる群より選ばれる1種又は2種以上の作用に基づいて発揮される。ただし、ザクロからの抽出物が有する抑毛作用は、上記作用に基づいて発揮される抑毛作用に限定されるものではない。

0042

また、ザクロからの抽出物が有する抗男性ホルモン作用は、例えば、ザクロからの抽出物が有するテストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用に基づいて発揮される。ただし、ザクロからの抽出物が有する抗男性ホルモン作用は、上記作用に基づいて発揮される抗男性ホルモン作用に限定されるものではない。

0043

さらに、アルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸又は2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸が有する抑毛作用は、例えば、毛乳頭細胞増殖抑制作用及び/又はテストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用に基づいて発揮される。ただし、アルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸又は2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸が有する抑毛作用は、上記作用に基づいて発揮される抑毛作用に限定されるものではない。

0044

さらにまた、アルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸又は2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸が有する抗男性ホルモン作用は、例えば、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用に基づいて発揮される。ただし、アルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸又は2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸が有する抗男性ホルモン作用は、上記作用に基づいて発揮される抗男性ホルモン作用に限定されるものではない。

0045

ザクロからの抽出物、又はアルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸からなる群より選ばれる1種若しくは2種以上のトリテルペン類化合物は、デキストリンシクロデキストリン等の薬学的に許容し得るキャリアーその他任意の助剤を使用して、常法に従い、粉末状、顆粒状、錠剤状、液状等の任意の剤形に製剤化することができる。この際、助剤としては、例えば、賦形剤結合剤崩壊剤滑沢剤、安定剤、矯臭剤等を用いることができる。また、ザクロからの抽出物、又はアルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸からなる群より選ばれる1種若しくは2種以上のトリテルペン類化合物は、他の組成物(例えば、後述する抑毛用皮膚化粧料等)に配合して使用することができるほか、軟膏剤外用液剤貼付剤等として使用することができる。

0046

なお、本実施形態の抑毛剤、毛乳頭細胞増殖抑制剤、FGF−7mRNA発現抑制剤、VEGFmRNA発現抑制剤、IGF−1mRNA発現抑制剤、HGFmRNA発現抑制剤、BMP−2mRNA発現抑制剤、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤又は抗男性ホルモン剤は、必要に応じて、抑毛作用、毛乳頭細胞増殖抑制作用、FGF−7mRNA発現抑制作用、VEGFmRNA発現抑制作用、IGF−1mRNA発現抑制作用、HGFmRNA発現抑制作用、BMP−2mRNA発現抑制作用、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用又は抗男性ホルモン作用を有する他の天然抽出物を配合して有効成分として用いることができる。

0047

本実施形態の抑毛剤、毛乳頭細胞増殖抑制剤、FGF−7mRNA発現抑制剤、VEGFmRNA発現抑制剤、IGF−1mRNA発現抑制剤、HGFmRNA発現抑制剤、BMP−2mRNA発現抑制剤、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤又は抗男性ホルモン剤の投与方法としては、一般に経皮投与等が挙げられるが、疾患の種類に応じて、その予防、治療等に好適な方法を適宜選択すればよい。

0048

また、本実施形態の抑毛剤、毛乳頭細胞増殖抑制剤、FGF−7mRNA発現抑制剤、VEGFmRNA発現抑制剤、IGF−1mRNA発現抑制剤、HGFmRNA発現抑制剤、BMP−2mRNA発現抑制剤、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤又は抗男性ホルモン剤の投与量も、疾患の種類、重症度患者個人差、投与方法、投与期間等によって適宜増減すればよい。

0049

本実施形態の抑毛剤は、ザクロからの抽出物又はアルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸からなる群より選ばれる1種若しくは2種以上のトリテルペン類化合物が有する毛乳頭細胞増殖抑制作用及び/又はテストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用や、ザクロからの抽出物が有するFGF−7mRNA発現抑制作用、VEGFmRNA発現抑制作用、IGF−1mRNA発現抑制作用、HGFmRNA発現抑制作用及びBMP−2mRNA発現抑制作用からなる群より選ばれる1種又は2種以上の作用を通じて、体毛の成長や体毛の発生(発毛)を抑制することができる。ただし、本実施形態の抑毛剤は、これらの用途以外にも上記作用を発揮することに意義のあるすべての用途に用いることができる。

0050

本実施形態の毛乳頭細胞増殖抑制剤は、ザクロからの抽出物又はアルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸からなる群より選ばれる1種若しくは2種以上のトリテルペン類化合物が有する毛乳頭細胞増殖抑制作用を通じて、毛乳頭細胞の増殖を抑制し、これにより体毛の成長や発毛を抑制することができる。ただし、本実施形態の毛乳頭細胞増殖抑制剤は、これらの用途以外にも毛乳頭細胞増殖抑制作用を発揮することに意義のあるすべての用途に用いることができる。

0051

本実施形態のFGF−7mRNA発現抑制剤は、ザクロからの抽出物が有するFGF−7mRNA発現抑制作用を通じて、毛乳頭細胞におけるFGF−7の産生を抑制することができ、これにより体毛の成長や発毛を抑制することができる。ただし、本実施形態のFGF−7mRNA発現抑制剤は、これらの用途以外にもFGF−7mRNA発現抑制作用を発揮することに意義のあるすべての用途に用いることができる。

0052

本実施形態のVEGFmRNA発現抑制剤は、ザクロからの抽出物が有するVEGFmRNA発現抑制作用を通じて、毛乳頭細胞におけるVEGFの産生を抑制し、毛乳頭細胞の周辺での毛細血管の新生を抑制することができ、これにより体毛の成長や発毛を抑制することができる。ただし、本実施形態のVEGFmRNA発現抑制剤は、これらの用途以外にもVEGFmRNA発現抑制作用を発揮することに意義のあるすべての用途に用いることができる。

0053

本実施形態のIGF−1mRNA発現抑制剤は、ザクロからの抽出物が有するIGF−1mRNA発現抑制作用を通じて、毛乳頭細胞におけるIGF−1の産生を抑制することができ、これにより体毛の成長や発毛を抑制することができる。ただし、本実施形態のIGF−1mRNA発現抑制剤は、これらの用途以外にもIGF−1mRNA発現抑制作用を発揮することに意義のあるすべての用途に用いることができる。

0054

本実施形態のHGFmRNA発現抑制剤は、ザクロからの抽出物が有するHGFmRNA発現抑制作用を通じて、毛乳頭細胞におけるHGFの産生を抑制することができ、これにより体毛の成長や発毛を抑制することができる。ただし、本実施形態のHGFmRNA発現抑制剤は、これらの用途以外にもHGFmRNA発現抑制作用を発揮することに意義のあるすべての用途に用いることができる。

0055

本実施形態のBMP−2mRNA発現抑制剤は、ザクロからの抽出物が有するBMP−2mRNA発現抑制作用を通じて、毛乳頭細胞におけるBMP−2の産生を抑制することができ、これにより体毛の成長や発毛を抑制することができる。ただし、本実施形態のBMP−2mRNA発現抑制剤は、これらの用途以外にもBMP−2mRNA発現抑制作用を発揮することに意義のあるすべての用途に用いることができる。

0056

本実施形態のテストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤は、ザクロからの抽出物又はアルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸からなる群より選ばれる1種若しくは2種以上のトリテルペン類化合物が有するテストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用を通じて、テストステロン5α−レダクターゼの活性を阻害することができ、これにより、アンドロゲンの作用を抑制することができ、男性ホルモンが関与している各種疾患、例えば、男性型脱毛症、多毛症、脂漏症、座瘡(ニキビ等)、前立腺肥大症、前立腺腫瘍、男児性早熟等を予防、治療又は改善することができるとともに、テストステロン5α−レダクターゼの活性を阻害することで、体毛の成長や発毛を抑制することができる。ただし、本実施形態のテストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤は、これらの用途以外にもテストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用を発揮することに意義のあるすべての用途に用いることができる。

0057

本実施形態の抗男性ホルモン剤は、ザクロからの抽出物又はアルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸からなる群より選ばれる1種若しくは2種以上のトリテルペン類化合物が有するテストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用を通じて、男性型脱毛症、多毛症、脂漏症、座瘡(ニキビ等)、前立腺肥大症、前立腺腫瘍、男児性早熟等を予防、治療又は改善することができるとともに、体毛の成長や発毛を抑制することができる。ただし、本実施形態の抗男性ホルモン剤は、これらの用途以外にもテストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用を発揮することに意義のあるすべての用途に用いることができる。

0058

〔抑毛用皮膚化粧料〕
ザクロからの抽出物又はアルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸からなる群より選ばれる1種若しくは2種以上のトリテルペン類化合物は、抑毛作用、毛乳頭細胞増殖抑制作用、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用又は抗男性ホルモン作用を有しており、また、ザクロからの抽出物は、FGF−7mRNA発現抑制作用、VEGFmRNA発現抑制作用、IGF−1mRNA発現抑制作用、HGFmRNA発現抑制作用又はBMP−2mRNA発現抑制作用をさらに有しており、皮膚に適用した場合の使用感と安全性とに優れているため、抑毛用皮膚化粧料に配合するのに好適である。

0059

この場合、抑毛用皮膚化粧料には、ザクロからの抽出物又はアルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸からなる群より選ばれる1種若しくは2種以上のトリテルペン類化合物が配合されていてもよいし、当該抽出物から製剤化した抑毛剤、毛乳頭細胞増殖抑制剤、FGF−7mRNA発現抑制剤、VEGFmRNA発現抑制剤、IGF−1mRNA発現抑制剤、HGFmRNA発現抑制剤、BMP−2mRNA発現抑制剤、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤若しくは抗男性ホルモン剤、又は当該トリテルペン類化合物から製剤化した抑毛剤、毛乳頭細胞増殖抑制剤、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤若しくは抗男性ホルモン剤が配合されていてもよい。

0060

ザクロからの抽出物、アルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸からなる群より選ばれる1種若しくは2種以上のトリテルペン類化合物、抑毛剤、毛乳頭細胞増殖抑制剤、FGF−7mRNA発現抑制剤、VEGFmRNA発現抑制剤、IGF−1mRNA発現抑制剤、HGFmRNA発現抑制剤、BMP−2mRNA発現抑制剤、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤又は抗男性ホルモン剤を抑毛用皮膚化粧料に配合することによって、抑毛用皮膚化粧料に抑毛作用、毛乳頭細胞増殖抑制作用、FGF−7mRNA発現抑制作用、VEGFmRNA発現抑制作用、IGF−1mRNA発現抑制作用、HGFmRNA発現抑制作用、BMP−2mRNA発現抑制作用、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用又は抗男性ホルモン作用を付与することができる。

0061

ザクロからの抽出物又はアルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸からなる群より選ばれる1種若しくは2種以上のトリテルペン類化合物を配合し得る抑毛用皮膚化粧料の種類は、特に限定されるものではなく、例えば、軟膏クリーム化粧水乳液ローションパックジェル等が挙げられる。

0062

ザクロからの抽出物又はアルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸からなる群より選ばれる1種若しくは2種以上のトリテルペン類化合物を抑毛用皮膚化粧料に配合する場合、その配合量は、抑毛用皮膚化粧料の種類に応じて適宜調整することができるが、好適な配合率は、標準的な抽出物に換算して約0.0001〜10質量%であり、特に好適な配合率は、標準的な抽出物に換算して約0.001〜1質量%である。

0063

本実施形態の抑毛用皮膚化粧料は、ザクロからの抽出物が有する抑毛作用、毛乳頭細胞増殖抑制作用、FGF−7mRNA発現抑制作用、VEGFmRNA発現抑制作用、IGF−1mRNA発現抑制作用、HGFmRNA発現抑制作用、BMP−2mRNA発現抑制作用、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用若しくは抗男性ホルモン作用、又はアルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸からなる群より選ばれる1種若しくは2種以上のトリテルペン類化合物が有する抑毛作用、毛乳頭細胞増殖抑制作用、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用若しくは抗男性ホルモン作用を妨げない限り、通常の抑毛用皮膚化粧料の製造に用いられる主剤、助剤又はその他の成分、例えば、収斂剤、殺菌・抗菌剤美白剤紫外線吸収剤保湿剤細胞賦活剤消炎抗アレルギー剤抗酸化活性酸素除去剤油脂類ロウ類炭化水素類脂肪酸類アルコール類エステル類界面活性剤香料等を併用することができる。このように併用することで、より一般性のある製品となり、また、併用された上記成分との間の相乗作用が通常期待される以上の優れた効果をもたらすことがある。

0064

なお、本実施形態の抑毛剤、毛乳頭細胞増殖抑制剤、FGF−7mRNA発現抑制剤、VEGFmRNA発現抑制剤、IGF−1mRNA発現抑制剤、HGFmRNA発現抑制剤、BMP−2mRNA発現抑制剤、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤、抗男性ホルモン剤又は抑毛用皮膚化粧料は、ヒトに対して好適に適用されるものであるが、それぞれの作用効果が奏される限り、ヒト以外の動物、好ましくは哺乳類動物等に対して適用することもできる。

0065

以下、製造例、試験例及び配合例を示し、本発明を具体的に説明するが、本発明は下記の各例に何ら制限されるものではない。

0066

〔製造例1〕ザクロ果皮抽出物の製造
ザクロの果皮の粗粉砕物100gを抽出溶媒1000mLに投入し、穏やかに攪拌しながら2時間、80℃にて加熱抽出した後、熱時濾過した。得られた濾液を40℃で減圧下にて濃縮し、さらに減圧乾燥機で乾燥させ、ザクロ果皮抽出物を得た(試料1〜3)。抽出溶媒として水、50容量%エタノール(水とエタノールとの容量比=1:1)及び80容量%エタノール(水とエタノールとの容量比=1:4)を用いたときの各抽出率を表1に示す。

0067

0068

〔製造例2〕トリテルペン類化合物の製造
製造例1で得られたザクロ果皮80容量%エタノール抽出物330gに水1Lを加えて懸濁させ、当該懸濁液を多孔性樹脂(DIAION−HP−20,和光純薬工業社製,1kg)に付した後に溶媒を留去させた。次いで、当該多孔性樹脂をガラス製のカラム充填し、水8L、60容量%メタノール8L、メタノール8Lの順で溶出させた。その後、メタノール8Lで溶出させた画分に含まれるメタノールを留去して、メタノール溶出画分34gを得た。

0069

得られたメタノール溶出画分34gを、クロロホルム:メタノール:水=10:3:1(容量比)の混合溶媒に溶解し、シリカゲル(商品名:シリカゲル60,メルク社製)を充填したガラス製のカラム上部から注入して、シリカゲルに吸着させた。次いで、移動相としてクロロホルム:メタノール:水=10:3:1(容量比)を流し、その溶出液を集め、脱溶媒して、トリテルペン類濃縮物A(9g)を得た。

0070

得られたトリテルペン類濃縮物A(9g)を、アセトニトリル:水=1:1(容量比)の混合溶媒に溶解し、ODS(商品名:クロマトレックスODSDM1020T,富士シリシア化学社製)を充填したガラス製のカラム上部から注入して、ODSに吸着させた。次いで、移動相としてアセトニトリル:水=1:1(容量比)を流し、その溶出液を集め、脱溶媒して、トリテルペン類濃縮物B(1.2g)を得た。

0071

このようにして得られたトリテルペン類濃縮物Bを下記の条件で液体クロマトグラフィーを用いて分画し、精製物1(108mg)、精製物2(332mg)及び精製物3(140mg)を単離した。

0072

<液体クロマトグラフィー条件>
固定相:JAIGEL GS−310(日本分析工業社製)を2本連結
カラム径:20mm
カラム長:1000mm(500mm×2本)
移動相:メタノール
移動相流量:5mL/min
検出:RI

0073

上述のようにして得られた各精製物(精製物1〜3)をESI−マススペクトル、13C−NMR分析を行なった。結果を下記に示す。

0074

<精製物1のESI−マススペクトル>
m/z 489(M+H)+

0075

<精製物1の13C−NMRケミカルシフトδ(帰属炭素):>
180.1(28-C)、144.9(13-C)、122.5(12-C)、78.5(3-C)、68.9(2-C)、66.8(23-C)、48.2(5-C)、48.2(17-C)、47.7(9-C)、46.7(1-C)、46.2(19-C)、43.6(4-C)、42.3(14-C)、42.0(18-C)、39.9(8-C)、38.5(10-C)、34.3(21-C)、33.2(7-C)、33.2(29-C)、33.0(22-C)、30.9(20-C)、28.3(15-C)、26.2(27-C)、24.0(16-C)、23.8(30-C)、23.7(11-C)、18.6(6-C)、17.6(25-C)、17.4(26-C)、14.3(24-C)

0076

<精製物2のESI−マススペクトル>
m/z 487(M+H)+

0077

<精製物2の13C−NMRケミカルシフトδ(帰属炭素):>
213.1(1-C)、180.1(28-C)、144.1(13-C)、123.5(12-C)、73.0(3-C)、66.3(23-C)、52.4(10-C)、47.6(5-C)、46.9(17-C)、46.2(19-C)、45.1(2-C)、43.8(4-C)、42.5(14-C)、42.3(18-C)、39.8(8-C)、39.7(9-C)、34.3(21-C)、33.3(29-C)、33.2(7-C)、33.0(22-C)、30.9(20-C)、28.4(15-C)、26.0(27-C)、25.8(11-C)、23.8(16-C)、23.8(30-C)、18.2(26-C)、18.1(6-C)、15.7(25-C)、13.7(24-C)

0078

<精製物3のESI−マススペクトル>
m/z 489(M+H)+

0079

<精製物3の13C−NMRケミカルシフトδ(帰属炭素):>
178.8(28-C)、151.4(20-C)、109.9(29-C)、84.2(3-C)、69.1(2-C)、67.9(6-C)、56.7(5-C)、56.7(14-C)、51.9(9-C)、50.4(1-C)、50.0(18-C)、47.8(19-C)、43.2(17-C)、42.7(7-C)、40.8(4-C)、40.7(8-C)、38.7(10-C)、37.9(13-C)、37.6(22-C)、33.0(16-C)、31.3(21-C)、30.4(15-C)、28.9(23-C)、26.3(12-C)、21.6(11-C)、19.6(30-C)、19.4(25-C)、19.1(24-C)、17.1(26-C)、15.2(27-C)

0080

以上の結果から、得られた精製物1、精製物2及び精製物3が、それぞれ下記式(1)で表されるアルジュノール酸(試料4)、下記式(2)で表される3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸(試料5)及び下記式(3)で表される2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸(試料6)であることが確認された。

0081

0082

0083

0084

〔試験例1〕毛乳頭細胞増殖抑制作用試験
上記ザクロ果皮抽出物(試料1〜3)、アルジュノール酸(試料4)、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸(試料5)及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸(試料6)について、以下のようにして毛乳頭細胞増殖抑制作用を試験した。

0085

正常ヒト頭髪毛乳頭細胞(TOYOBO社製,CA60205)を、毛乳頭細胞増殖培地(TOYOBO社製,TPGM-250)を用いて培養した後、トリプシン処理により細胞を回収した。回収した細胞を、10%FBS(Fetal Bovine Serum)含有DMEM(Dulbecco's modified minimal essential medium)培地を用いて1.0×104cells/mLの細胞密度になるように希釈した後、コラーゲンコートした96ウェルプレートに1ウェルあたり200μLずつ播種し、3日間培養した。培養後、培地を抜き、試料を毛乳頭細胞増殖培地に溶解した試料溶液試料濃度は下記表2を参照)を各ウェルに200μLずつ添加し、さらに4日間培養した。なお、非増殖対照として、毛乳頭細胞増殖培地から増殖添加剤を抜いた毛乳頭細胞基礎培地を用いた。

0086

毛乳頭細胞増殖抑制作用は、MTアッセイを用いて測定した。培養終了後、培地を除き、無血清DMEMに溶解したMTT((3-(4,5-Dimethyl-2-thiazolyl)-2,5-diphenyltetrazolium Bromide,同仁化学研究所社製,終濃度0.4mg/mL)を、各ウェルに100μLずつ添加した。2時間培養した後に、細胞内に生成したブルーホルマザン2−プロパノール100μLで抽出した。抽出後、波長570nmにおける吸光度を測定した。同時に濁度として波長650nmにおける吸光度を測定し、両者の差をもってブルーホルマザン生成量とした。なお、コントロールとして、試料溶液の代わりに無血清DMEMを添加した場合についても同様の測定を行った。得られた結果から、下記式に基づいて、毛乳頭細胞増殖抑制率(%)を算出した。

0087

毛乳頭細胞増殖抑制率(%)={(A−B)−(A−C)}/(A−B)×100
式中、Aは「基礎培地のみで培養した細胞での吸光度」を表し、Bは「増殖培地を用い、試料無添加時の細胞での吸光度」を表し、Cは「増殖培地を用い、試料添加時の細胞での吸光度」を表す。
上記試験の結果を表2に示す。

0088

0089

表2に示すように、ザクロ果皮抽出物、アルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸は、優れた毛乳頭細胞増殖抑制作用を有することが確認された。また、ザクロ果皮抽出物の有する毛乳頭細胞増殖抑制作用の程度は、抽出物の濃度によって調節できることが確認された。なお、本試験例において、ザクロ果皮抽出物、アルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸は、ヒト頭髪毛乳頭細胞の増殖を効果的に抑制し得ることが確認されたが、頭髪以外の毛乳頭細胞の増殖も同様に抑制し得るものと推認される。

0090

〔試験例2〕線維芽細胞増殖因子−7(FGF−7)、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)、インシュリン様増殖因子−1(IGF−1)、肝細胞増殖因子(HGF)及び骨形成蛋白質(BMP−2)mRNA発現抑制作用試験
上記ザクロ果皮抽出物(試料1〜3)について、以下のようにしてFGF−7、VEGF、IGF−1、HGF及びBMP−2mRNA発現抑制作用を試験した。

0091

正常ヒト頭髪毛乳頭細胞(TOYOBO社製,CA60205)を、毛乳頭細胞増殖培地(TOYOBO社製,TPGM-250)を用いて培養した後、トリプシン処理により細胞を回収した。回収した細胞を2.0×105cells/mLの細胞密度になるように10%FBS含有DMEM培地で希釈した後、直径60mmシャーレに5mLずつ播種し、一晩培養した。

0092

培養後、試料(試料濃度は下記表3を参照)を3.0mL添加した無血清DMEM培地に交換して6時間培養した後、ISOGEN(ニッポンジーン社製,Cat.No.311-02501)にて総RNAを抽出し、それぞれのRNA量を分光光度計にて測定し、200μg/mLになるように総RNAを調整した。

0093

この総RNAを鋳型とし、FGF−7、VEGF、IGF−1、HGF、BMP−2及び内部標準であるGAPDHのmRNAの発現量を測定した。検出はリアルタイムPCR装置Smart Cycler(Cepheid社製)を用いて、TaKaRa SYBR PrimeScriptTMRT-PCRKit(Perfect Real Time,code No.RR063A)によるリアルタイム2StepRT−PCR反応により行った。FGF−7、VEGF、IGF−1、HGF及びBMP−2のmRNAの発現量は、同一サンプルにおけるGAPDHのmRNAの発現量の値で補正を行った後、さらに「試料無添加時」の補正値を100としたときの「試料添加時」の補正値を算出した後に、下記式に基づいてmRNAの発現促進率(%)を算出した。

0094

mRNA発現促進率(%)=B/A×100
式中、Aは「試料無添加時のmRNA発現量(対照)」を表し、Bは「試料添加時のmRNA発現量」を表す。
結果を表3に示す。

0095

0096

表3に示すように、ザクロ果皮抽出物は、FGF−7、VEGF、IGF−1、HGF及びBMP−2のmRNAの発現を効果的に抑制し得ることが確認された。なお、本試験例において、ザクロ果皮抽出物は、ヒト頭髪毛乳頭細胞におけるFGF−7、VEGF、IGF−1、HGF及びBMP−2のmRNAの発現を効果的に抑制し得ることが確認されたが、頭髪以外の毛乳頭細胞におけるFGF−7、VEGF、IGF−1、HGF及びBMP−2のmRNAの発現も同様に抑制し得るものと推認される。

0097

〔試験例3〕テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用試験
上記ザクロ果皮抽出物(試料1〜3)、アルジュノール酸(試料4)、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸(試料5)及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸(試料6)について、以下のようにしてテストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用を試験した。

0098

プロプレングリコールで調製した4.2mg/mLのテストステロン(東京化成社製)20μLと、1mg/mLのNADPHを含有する5mmol/Lのトリス塩酸緩衝液(pH7.1)825μLとを混合した。

0099

さらに、試料のエタノール水溶液(試料1〜3の試料濃度は下記表4を参照)80μL及びS−9(ラット肝臓ホモジネートオリエンタ酵母工業社製)75μLを加えて混合し、37℃にて30分間インキュベートした。その後、塩化メチレン1mLを加えて反応を停止させ、激しく振とうさせた。これを遠心分離し(1600×g,10分間)、塩化メチレン層分取して、分取した塩化メチレン層について、下記の条件にてガスクロマトグラフィー分析をし、3α−アンドロスタンジオール、5α−ジヒドロテストステロン(5α−DHT)及びテストステロンの濃度(μg/mL)を定量した。コントロールとして、試料溶液の代わりに試料溶媒同量(80μL)使用して同様に処理し、ガスクロマトグラフィー分析をした。

0100

ガスクロマトグラフィー条件>
使用装置:ShimadzuGC-7A(島津製作所社製)
カラム:DB−1701(内径:0.53mm,長さ:30m,膜厚:1.0μm,J&W Scientific社製)
カラム温度:240℃
注入口温度:300℃
検出器:FID
試料注入量:1μL
スプリット比:1:2
キャリアガス窒素ガス
キャリアガス流速:3mL/min

0101

3α−アンドロスタンジオール、5α−DHT及びテストステロンの濃度の定量は、下記の方法により行った。
3α−アンドロスタンジオール、5α−DHT及びテストステロンの標準品を塩化メチレンに溶解し、当該溶液についてガスクロマトグラフィー分析をし、これらの化合物の濃度(μg/mL)及びピーク面積から、ピーク面積と化合物の濃度との対応関係を予め求めておいた。そして、テストステロンとS−9との反応後の3α−アンドロスタンジオール、5α−DHT及びテストステロンそれぞれのピーク面積あたりの濃度(μg/mL)を、予め求めておいた対応関係を利用して、下記式(1)に基づき、算出した。

0102

A=B×C/D・・・(1)
式(1)中、Aは「3α−アンドロスタンジオール、5α−DHT又はテストステロンの濃度(μg/mL)」を表し、Bは「3α−アンドロスタンジオール、5α−DHT又はテストステロンのピーク面積」を表し、Cは「標準品の濃度(μg/mL)」を表し、Dは「標準品のピーク面積」を表す。

0103

式(1)に基づいて算出された化合物濃度を使用して、下記式(2)に基づき、変換率(テストステロン5α−レダクターゼによりテストステロンが還元されて生成した3α−アンドロスタンジオール及び5α−DHTの濃度と、テストステロンの初期濃度との濃度比)を算出した。
変換率(%)=(E+F)/(E+F+G)・・・(2)
式(2)中、Eは「3α−アンドロスタンジオールの濃度(μg/mL)」を表し、Fは「5α−DHTの濃度(μg/mL)」を表し、Gは「テストステロンの濃度(μg/mL)」を表す。

0104

式(2)に基づいて算出された変換率を用いて、下記式(3)に基づき、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害率(%)を算出した。
阻害率(%)=(1−H/I)×100・・・(3)
式(3)中、Hは「試料添加時の変換率」を表し、Iは「コントロールの変換率」を表す。
上記試験の結果を表4に示す。

0105

また、試料4〜6に関し、試料溶液の試料濃度を段階的に変化させてテストステロン5α−レダクターゼ活性阻害率(%)を測定し、テストステロン5α−レダクターゼの活性を50%阻害する試料濃度IC50(μg/mL)を内挿法により求めた。
結果を表5に示す。

0106

0107

0108

表4及び表5に示すように、ザクロ果皮抽出物、アルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸は、優れたテストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用を有することが確認された。また、ザクロ果皮抽出物、アルジュノール酸、3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−オレアン−12−エン−28−酸及び2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸の有するテストステロン5α−レダクターゼ活性阻害作用の程度は、抽出物又は各トリテルペン類化合物の濃度によって調節できることが確認された。

0109

〔配合例1〕
下記の組成の乳液を常法により製造した。
ザクロ果皮水抽出物(製造例1) 0.02g
ホホバオイル4g
オリーブオイル2g
スクワラン2g
セタノール2g
モノステアリン酸グリセリル2g
ポリオキシエチレンセチルエーテル(20E.O.) 2.5g
オレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.) 2g
1,3−ブチレングリコール3g
パラオキシ安息香酸メチル0.15g
香料0.05g
精製水残部(全量を100gとする)

0110

〔配合例2〕
下記の組成の化粧水を常法により製造した。
ザクロ果皮50容量%エタノール抽出物(製造例1) 0.05g
グリセリン3g
1,3−ブチレングリコール3g
オレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.) 0.5g
パラオキシ安息香酸メチル0.15g
クエン酸0.1g
クエン酸ソーダ0.1g
香料0.05g
精製水残部(全量を100gとする)

0111

〔配合例3〕
下記の組成のクリームを常法により製造した。
ザクロ果皮80容量%エタノール抽出物(製造例1) 0.01g
流動パラフィン5g
サラシミツロウ4g
セタノール3g
スクワラン10g
ラノリン2g
ステアリン酸1g
オレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.) 1.5g
モノステアリン酸グリセリル3g
1,3−ブチレングリコール6g
パラオキシ安息香酸メチル1.5g
香料0.1g
精製水残部(全量を100gとする)

0112

〔配合例4〕
下記の組成のパックを常法により製造した。
ザクロ果皮50容量%エタノール抽出物(製造例1) 0.02g
ポリビニルアルコール15g
ポリエチレングリコール3g
プロピレングリコール7g
エタノール10g
パラオキシ安息香酸エチル0.05g
香料0.05g
精製水残部(全量を100gとする)

0113

〔配合例5〕
下記の組成のローションを常法により製造した。
アルジュノール酸(製造例2) 0.2g
グリセリン3.0g
1,3−ブチレングリコール3.0g
オレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.) 0.5g
パラオキシ安息香酸メチル0.15g
クエン酸0.1g
クエン酸ソーダ1.0g
香料0.05g
精製水残部(全量を100gとする)

0114

〔配合例6〕
下記組成の化粧水を常法により製造した。
3β,23−ジヒドロキシ−1−オキソ−
オレアン−12−エン−28−酸(製造例2) 0.1g
グリセリン3.0g
1,3−ブチレングリコール3.0g
オレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.) 0.5g
パラオキシ安息香酸メチル0.15g
クエン酸0.1g
クエン酸ソーダ0.1g
油溶性甘草エキス0.1g
海藻エキス0.1g
キシロビオースミクスチャー0.5g
クジンエキス0.1g
香料0.05g
精製水残部(全量を100gとする)

実施例

0115

〔配合例7〕
下記組成のクリームを常法により製造した。
2α,6β−ジヒドロキシベツリン酸(製造例2) 1.1g
流動パラフィン5.0g
サラシミツロウ4.0g
セタノール3.0g
スクワラン10.0g
ラノリン2.0g
ステアリン酸1.0g
オレイン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.) 1.5g
モノステアリン酸グリセリル3.0g
1,3−ブチレングリコール6.0g
香料0.1g
精製水残部(全量を100gとする)

0116

本発明の抑毛剤、毛乳頭細胞増殖抑制剤、FGF−7mRNA発現抑制剤、VEGFmRNA発現抑制剤、IGF−1mRNA発現抑制剤、HGFmRNA発現抑制剤、BMP−2mRNA発現抑制剤、テストステロン5α−レダクターゼ活性阻害剤、抗男性ホルモン剤及び抑毛用皮膚化粧料は、体毛の成長又は発毛の抑制用途において大きく貢献することができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 国立大学法人金沢大学の「 ヌクレオチド除去修復阻害剤、それを含有する腫瘍治療の増強剤及び抗腫瘍剤」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】大量に入手し易く、簡素な化学構造であって、損傷を受けたヌクレオチドの除去修復を阻害する活性が強くて、毒性が低く安全性が高いヌクレオチド除去修復阻害剤、それを含有し原発巣の癌細胞のような腫瘍細胞... 詳細

  • 日光ケミカルズ株式会社の「 毛髪化粧料」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】洗髪後の濡れた毛髪における過多のドライヤー使用による熱ダメージ、ドライヤー乾燥過程における長時間のコーミングによる摩擦ダメージなどを軽減するため、毛髪がすぐに乾く、撥水効果の高い毛髪化粧料の提... 詳細

  • 株式会社マンダムの「 口臭抑制剤」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】安全性が高く、経口摂取することが可能な口臭抑制剤を提供する。【解決手段】 ジュンサイ抽出物を含むことを特徴とする口臭抑制剤を提供する。前記の口臭抑制剤は、さらに、ルイボス抽出物及びリンゴンベ... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ