図面 (/)

技術 リアルタイムで特定の販売者の販売情報を使用する購入取引が決済済みのオンラインの消費者紹介と報酬サービス

出願人 カリバー・データ,インコーポレイテッド
発明者 ワン、リー
出願日 2007年4月2日 (14年1ヶ月経過) 出願番号 2009-503094
公開日 2009年9月10日 (11年8ヶ月経過) 公開番号 2009-532776
状態 未査定
技術分野 特定用途計算機
主要キーワード 暦日付 システムエレメント 照合調整 確認ユニット 配管業者 回線ライン セットアップウィザード 追跡ソフトウェア
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年9月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題・解決手段

リアルタイムで特定の販売者販売情報を使用する、購入取引決済済みのオンライン消費者紹介報酬システムおよび方法を提供する。本システムは販売者にリアルタイムで特定の販売オファーを自由に出版するワンストップの場所を提供し、紹介された購入が発生して収益所得を得た後で初めて請求されることになる販売者にとって使用にリスクが伴わないサービスを提供する。本システムはさらに、利市場競争力に基づいて紹介された購入取引ごとに販売者がサービス提供者への支払額を決めることができ、また本システムはオンライン、またはオフライン、大規模、または小規模、使用する購入、販売、および支払決済の技術にかかわらず、すべての販売者の要求を満たす。本システムはさらに消費者に、消費者のニーズを明確に満たす一致する販売オファーを見つけるためのワンストップの場所を提供し、販売者の既存の店舗で購入するように消費者を販売者に紹介し、サービス提供者から導かれた購入取引ごとに消費者に報酬を与える。

概要

背景

優先権の主張/関連出願
本出願は、35USC119(e)と120の規定に従い2006年3月31日付け出願の米国仮出願通し番号60/788,407、発明の名称:「リアルタイムで特定の販売者販売情報を使用する購入取引決済済みのオンライン消費者紹介報酬サービス」の優先権を主張し、ここに参照することによって開示に含まれる。

付録
付録A(15ページ)は購入取引が決済済みのオンラインの消費者紹介と報酬サービスの販売者ウェブサイトフローおよび販売者ウェブユーザーインターフェースの例であり、付録Aは本明細書の一部を構成するものである。特に付録Aは(1)販売者のウェブフロー仕様、(2)販売者サイトスタートページUI、(3)新規販売者のセットアップウィザードのステップ仕様、(4〜5)販売者の仲介手数料/報酬のセットアップUI、(6〜9)販売者オファー出版UI、(10)ビジネスプロフィールのセットアップUI、(11)販売ビューUI、(12)買い手のビューUI、(13)アカウントセットアップUI、(14)オフライン取引追跡セットアップUI、(15)販売者の仮想端末での取引の追跡、が含まれる。
付録B(6ページ)は購入取引が決済済みのオンラインの消費者紹介と報酬サービスの消費者ウェブサイトフローおよび消費者ユーザインターフェースの例であり、付録Bは本明細書の一部を構成するものである。特に付録Bは(1)消費者UIのワークフロー略図、(2)消費者スタートウェブUI、(3)登録済みの消費者がデジタル地図上でオファーを見つけるウェブUIを示すウェブUI、(4)販売者のオファーの詳細を表示するウェブUI、(5)報酬を得るために消費者が行った購入手動報告できるウェブUI(6)消費者のアカウントセットアップを示すウェブUI、が含まれる。
発明の背景
今日販売者は、広告市場範囲と効果を拡大するために従来の媒体(すなわち印刷広告テレビラジオ)の範囲を越えたものに注目しており、インターネット対話型ケーブルテレビ(例えばコムキャスト社による地域の自動車購入)、多彩モバイル機器(例えばウェブ対応の携帯電話携帯型のコンピュータインターネット接続カーナビGPS等)によって提供される新たな対話型の通信路の評価を行っている。既に多くのシステムビジネスモデルは、控えめな広告サービス販売者名簿サービス、または両者のハイブリッドの組み合わせとして、このようなチャンネルを利用して活用するように設計されている。しかしながら現存のシステムと方法は、「オフライン」と「地域」の商取引共有する一式の重要なニーズを満たすように設計されていない。特に中小企業SMB)市場においてはそうである。この重要なニーズは多くの販売者が広告費を以下のオンラインモデルに移すことができない、あるいは移すリスクを冒したくないことを認識している。すなわち、1)地域の従来型店舗とサービスビジネスにおいて直接測定可能な販売収益を生み出すという点で立証されていない、2)(「検索キーワード」の最適化と入札サイトで示されるように)複雑すぎて経験を積んだ専任マーケティングスタッフなしで管理できない、3)(いわゆる「クリック課金」のオンライン広告および既存のオンライン販売者評価制度が示すように)詐欺、不正行為、または不正操作が起こりやすい、オンラインモデルである。

この重要なニーズは、1)販売時点POS)で(またはその近くで)取り込んだ販売に至った広告に対してのみ販売者に請求する、「取引が決済済み」特にオフラインの店舗内で販売取引が決済された後のオンライン広告システムを導入する、2)オンライン顧客を店舗に向かわせるために販売者が複雑なオンライン広告の最適化を管理する必要性を取り除く、3)販売時点の取引を制御機能として使用することで、今日普及しているクリックスルー広告と販売者評価制度の詐欺、不正行為、不正操作を事実上無くすことによって対処する、ことが望ましい。したがって、販売の結果のリスクを販売者から離して向け直して、このリスクを(グーグルまたはヤフー等の)オンライン広告出版者と共有する仲介による広告を行う独自のシステムを構築することが望ましい。さらに、販売者は消費者の忠誠度の報酬ポイント(購入ごとに読取機器に通す磁気カード上で取り込まれる)を競り上げて、より多くの顧客を引きつけ、その結果としてサービス提供者により多くの収益を生み出すような独自の仲介手数料入札システムを構築することが望ましい。

先行技術を調べると、多くの既存システムは、広告価格入札(通常オンラインクリックまたは他のオンラインのユーザ行為に適用される)、名簿サービス(掲載有料でまたは無料で顧客をビジネスに紹介する)、売上取引を追跡し報酬を与えるための会員忠誠度カード等の類似の機能コンポーネントを提供しているが、このようなシステムは(先に説明したように)特に地域の販売者のニーズを満たすように設計しパッケージ化した組み合わされた機能性の点で、望ましい本システムとは基本的に異なることが明らかになる。

販売者と消費者との対話を促進する既存のオンラインショッピングと消費者紹介サービスが多数あるが、これらは次を含むがこれに限定されない基本領域で異なる。すなわち、1)請求モデル(クリック広告に対し販売仲介に基づいた手数料、特にオフラインの店舗内での販売において)、2)現金取引を含むオフライン購入の適用範囲、3)デジタル地図とウェブベースのユーザインターフェース(UI)を使用した簡単でほぼリアルタイムのオファーの出版、4)地理的に近い距離と時間に基づく広告の関連性を標的とする、基本領域である。

オンライン在庫探索−地域での取引と受け取り:1つの既存システムは、消費者が商品/サービスの入手可能性と関連情報をオンラインでアクセスできるようにして、直接オンラインで注文を処理することを促進する。その注文は次に地元の販売者の場所で受け取られる。このシステムは、オフラインでの商品の取引と受け取りを促進するオンライン情報配信システムとして説明することができるが、高度に統合され集中型在庫追跡が必要なため販売者の参加の点で大きく制約される。データ処理統合に要する費用、およびこのシステムは仲介手数料と引き換えにオンライン広告をサポートしないという事実は、中小企業販売者のニーズに不適合で、このシステムと望ましい本システムを明確に区別する。

オンラインのビジネスからビジネス(B2B)の加盟者の紹介:他の既存システムは、個々のオンライン販売者が手数料と引き換えに他のオンラインサイトから顧客の紹介を受け入れることが可能である。このシステムでは、1つの販売者/会員が(通常補足的な取扱商品において)複数の関連した(オンラインの)販売者と連結される。顧客を加盟サイトから要求に応ずることができる販売者に戻して紹介するためにはハイパーリンクのシステムが使用され、販売者に奨励を提供するためにポイントシステムまたは現金ベース報酬システムが使用される。このシステムは、固定した営業所または地域で地元の消費者の客足が増えるように、販売者がほぼリアルタイムで広告と特別なオファーを自己出版するのを促進するように設計されていない。むしろこのシステムは主に、大半のビジネスをオンラインで処理し顧客を加盟サイトに紹介した際に利益を得るネットワークで結ばれた販売者のコミュニティーを構築するように設計されている。このシステムは購入に対して忠誠度ポイントまたは奨励報酬で顧客に報酬を与えるように設計されていない。

オンライン検索検索エンジンは販売者がスポンサー(手数料ベース)の広告コンテンツまたはエンジン索引付きコンテンツ(販売者に無料)の発行を通して消費者を販売者に紹介することができる。一般にこのようなシステムは、1)一般検索(例えばグーグル(登録商標)http://www.google.com)、2)地域検索(例えばグーグルローカル(登録商標)http://local.google.com)、3)買い物検索(例えばグーグルフルーグル(登録商標)http://froogle.google.com)の3つの別個カテゴリ分類することができる。1)一般検索:このようなサイトは一般に販売者広告主に無料のサイト索引付けを提供し、検索している消費者の前に有料広告を出すことで収益を上げる。地域のマーチャンダイジングに的を絞っておらず、したがって地元の消費者から販売となった取引を追跡する手段で販売者が自らのオファーを出版できる効率的なシステムを提供しない。一般検索エンジンは「クリック」または他のオンラインの行為ごとに広告主に請求し、オフラインでの取引を取り込んで追跡する手段を提供しない。販売者にとってキーワード選択と入札に基づいてキャンペーンを最適化するための複雑性と費用はさらに、必要な技術と資源欠ける地域の中小販売者による検索エンジンの幅広い使用を思いとどませる。2)地域検索:このようなサイトは至近距離に基づくコンテンツ検索と広告を提供する。一般検索エンジンに似ているが、収益がオフライン取引(具体的には販売時点としてのオフライン取引)によってもたらされるオンライン広告に対する仲介手数料ベースのシステムは採用しない。3)買い物検索:このようなサイトはオンライン販売の取引を処理するプロセスを提供する点を除いては、基礎的な機能性の点で一般検索と類似している。広告はやはり販売者が前金払う費用であり、結果は(地域の店舗等の)オフラインで起こる実際の販売取引を追跡することができない。

オンライン名簿サイトは先行技術のカテゴリに入り、オンライン職業電話帳ベライズン(登録商標)、http://www.superpages.com等)やローカル情報集合体サイト(シティサーチ(登録商標)、http://www.citysearch.com等)が含まれる。これらのサイトは職業別電話帳のオンライン版であったり、地域社会に関するシンジケート組織のデータサイトであったりする。このようなサイトは、(1)商号、住所連絡情報等の連絡情報と(2)プロフィール、批評、一般的マーチャンダイジング情報、ユーザの批評等のより特定的な情報の2層の販売者データを有することができる。このようなサイトは販売者に無料でコンテンツを生成する、または販売者は広告されるために掲載料またはオンライン行動ごとの手数料を払う。望ましい本システムと比較して、このようなサイトは広告を実際の販売結果(取引)にリンクするためのシステムを有していない。さらにこのようなサイトは、連絡情報を提出する以外に販売者が自らのオファーを出版できる機能を有しないので、ほぼリアルタイムで広告を表示することは不可能である。
オンラインクーポンサイトは先行技術の他の既存カテゴリである。定義上、クーポンは該当する商品またはサービスに対する価格の引き下げである。このようなサイト(システム)は一目したところ望ましい本システムと類似しているように見えるかもしれないが、販売者のオファーの種類を特定の品目またはサービスに制限するように設計されており、大幅な割引は一般に会員顧客への奨励として提供される(会員顧客はクーポン節約に参加するために「クラブ」または「会員」の料金を請求されることがある)。これに対して望ましい本システムは、広告するオファーを特定の品目またはサービスに制約せず、商品またはサービスを大きく割引するように地域の販売者に要求したり、あるいは勧めることをしない。むしろ望ましい本システムは、仲介手数料入札エンジンを使用して顧客に会員販売者のビジネスと一般的な取引ごとに報酬を与え、信頼できる販売者評価制度等の多数の他の重要な利点を消費者に提供する。大半のクーポンサービスはクーポンを清算してその取引を追跡するために販売時点で、ある種の専門バーコードスキャナーが必要となる事実も留意すべきである。あるクーポンサイト(例えばhttp://Valpak.com)では、オフラインの企業・消費者間(B2C)のダイレクトメールサービス(例えばバルパック)のオンライン版であり、オフラインのクーポンをオンラインで出版するにすぎない。このようなサイトはリアルタイムでオファーを出版する機能に欠いており、また仲介手数料ベースの請求体系を有しておらず、代わりに収益は掲載料から入ってくる。仲介手数料ベースの手数料体系を試験中のオンラインクーポンサイトの例(すなわちグーグルの2007年3月20日付けプレスリリース)があるが、これらは1)オンラインの販売のみに適用しオフラインの商取引には適用しない、2)販売の主な動機付けは大幅な値引きである特定の商品にオファーを制限するような不備がある。

オンライン広告欄サービス:このようなシステムは一般に、craigslist.com等の特定の品目(あるいはサービス)を売りたい個人顧客に的を絞る、あるいは販売者のビジネスを売り込むサイトの場合は(新聞の広告欄広告のように)前金払いの広告料が必要となる。このようなシステムの中には、オフライン(新聞の広告欄広告)によって広告主にオンライン広告の露出の追加的利点を提供する混合モデルがある。このカテゴリのサービスはどれも仲介手数料または収益モデルの一環として販売時点の追跡を提供しない。このようなサービスはまた消費者に報酬(すなわち現金換金可能な忠誠度ポイント)を提供しない。さらに販売者が名簿サービス等の一般的な(品目またはサービスの特定なし)方法で店舗に客足が増えるようにすることは出来ない。

消費者への報酬/忠誠度プログラムはまた望ましい本システムと重なる機能性を有するように見えるかもしれない。このようなプログラムは、1)開ループまたは半開ループの取引モデル、2)閉ループの取引モデル、の2つのカテゴリに分けられる。これらの用語は、商取引を行った販売者の店舗以外で消費者/会員が蓄積したポイントを換金もしくは使用する能力を指す。このカテゴリのシステムには航空会社マイレージサービス小売店およびガソリンスタンドの買い物状況に応じて各種特典を提供する顧客サービスが含まれる。このカテゴリの先行技術と比較した際の望ましい本システムの数多くの相違点には、販売者がリアルタイムにオファーを出版できる能力、至近距離と時間ベースで広告の標的を絞る、客足を作り客足を向かせるために仲介手数料ベースの入札制度を本システムは使用する、が挙げられる。

オンラインコミュニティ:これは望ましい本システムとある一定の特性を共有する先行技術の他分野であるが、しかし全く別個のものである。このモデルで、消費者のオンラインコミュニティ(ブログ作成サイト(例えばMySpace(登録商標)、http://www.myspace.com)あるいはユーザがコンテンツを生成するサイト(例えばYouTube(登録商標)、http://www.youtube.com)等)は同じ趣味を持つ個人によって販売者の業績批評のやり取りをサポートしてもよい。これは本システムが顧客のための付加的な利点として採用する重要な機能であるが、(望ましい本システムは入力を本当に購入した顧客に限定するので信頼性と信用付加価値は本システムの設計によって作り出されたものであるという違いがある)、このようなオンラインコミュニティは、地域の販売者のために至近距離と時間に制約された広告を届けるように設計されておらず、広告主に店舗内の販売手数料ベースの請求モデルを提供することもしない。

したがって既知のシステムと方法はいずれも、1)オンラインの消費者の目的地戦略、2)シンジケート化戦略、3)消費者の行為を捕らえるためにカードベースの忠誠度のコンポーネントに結びつけたバイラルマーケティング戦略、したがってCPT(販売取引当たりの費用、特にオフラインでの費用)の広告モデル、を提供する取引が決済済み(販売時点)の広告、仲介手数料入札、仲介によるオンライン広告サービスの独自の基礎に基づいたコンピュータ化されたシステムを提供しない。

概要

リアルタイムで特定の販売者の販売情報を使用する、購入取引が決済済みのオンラインの消費者紹介と報酬システムおよび方法を提供する。本システムは販売者にリアルタイムで特定の販売オファーを自由に出版するワンストップの場所を提供し、紹介された購入が発生して収益所得を得た後で初めて請求されることになる販売者にとって使用にリスクが伴わないサービスを提供する。本システムはさらに、利と市場競争力に基づいて紹介された購入取引ごとに販売者がサービス提供者への支払額を決めることができ、また本システムはオンライン、またはオフライン、大規模、または小規模、使用する購入、販売、および支払決済の技術にかかわらず、すべての販売者の要求を満たす。本システムはさらに消費者に、消費者のニーズを明確に満たす一致する販売オファーを見つけるためのワンストップの場所を提供し、販売者の既存の店舗で購入するように消費者を販売者に紹介し、サービス提供者から導かれた購入取引ごとに消費者に報酬を与える。

目的

顧客を加盟サイトから要求に応ずることができる販売者に戻して紹介するためにはハイパーリンクのシステムが使用され、販売者に奨励を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

販売取引、特にオフラインの販売取引、を追跡するためにコンピュータ実装されるシステムであって、コンピュータ機器上に実装されたサービス提供者コンポーネントを含み、前記サービス提供者コンポーネントはさらに販売者ユニット取引ユニットおよび消費者ユニットで構成され、前記販売者ユニット、前記取引ユニットおよび前記消費者ユニットはそれぞれさらに、前記販売者ユニット、前記取引ユニットおよび前記消費者ユニットを実行する前記コンピュータ機器の処理装置によって実行される複数のコンピュータのコード行で構成され、販売取引、特にオフラインの販売取引、を追跡するために前記販売者ユニット、前記取引ユニットおよび前記消費者ユニットは、前記サービス提供者コンポーネントに関連するオンライン広告システムによって、特定の販売者からの販売オファーを消費者に提供することと、前記サービス提供者コンポーネントに提出される複数の販売取引、特にオフラインの販売取引、を追跡することと、前記販売取引が前記特定の販売者に対する確認された紹介による販売取引であるかを判定するために販売取引のそれぞれを前記サービス提供者コンポーネントで確認することと、前記サービス提供者コンポーネントによって、前記確認された紹介による販売取引に対する仲介手数料を前記特定の販売者に請求すること、を含むことを特徴とするシステム。

請求項2

請求項1に記載のシステムであって、前記販売取引、特にオフラインの販売取引、を追跡する方法はさらに前記サービス提供者コンポーネントによって、前記紹介による販売取引に対して前記消費者に報酬を提供することを含むことを特徴とするシステム。

請求項3

請求項1に記載のシステムであって、前記販売取引を追跡する方法の前記複数の販売取引、特にオフラインの販売取引、を追跡することはさらに前記販売取引の販売時点の近くの販売取引を取り込むことと前記取引決済済みの消費者紹介と報酬のシステムに関連した集中型データベースに前記販売取引を格納することを含むことを特徴とするシステム。

請求項4

請求項3に記載のシステムであって、前記販売取引を追跡する方法の前記販売取引、特にオフラインの販売取引、を取り込むことはさらに、各販売取引を取り込むために販売時点でカードあるいは会員証拠を使用することを含み、前記カードはさらに磁気ストライプカードまたはクレジットカードを含むことを特徴とするシステム。

請求項5

請求項1に記載のシステムであって、さらに前記サービス提供者コンポーネントに関連したオンライン広告システムを含み、前記オンライン広告システムはさらにモバイル機器または対話型ケーブルテレビシステムを含むことを特徴とするシステム。

請求項6

請求項1に記載のシステムであって、さらに販売者コンポーネントを含み、各販売者の場所で販売者が前記サービス提供者コンポーネントの前記販売者ユニットと対話することを前記販売者コンポーネントが可能にすることを特徴とするシステム。

請求項7

請求項1に記載のシステムであって、さらに消費者コンポーネントを含み、各消費者の場所で消費者が前記サービス提供者コンポーネントの前記販売者ユニットと対話することを前記消費者コンポーネントが可能にすることを特徴とするシステム。

請求項8

請求項1に記載のシステムであって、前記販売者ユニットはさらに各販売者を評価する前記販売者ユニットに格納された信頼される販売者の評価を含むことを特徴とするシステム。

請求項9

請求項1に記載のシステムであって、販売オファーの提供はさらに仲介による広告をそのユーザに供給することを含むことを特徴とするシステム。

請求項10

請求項1に記載のシステムであって、前記販売者ユニットはさらに仲介手数料入札ユニットを含み、前記販売者がより高い仲介手数料を入札し、前記より高い仲介手数料の販売オファーが前記ユーザにより顕著に表示されることを特徴とするシステム。

請求項11

販売取引、特にオフラインの販売取引、を追跡するための方法であって、取引が決済済みの消費者紹介と報酬のシステムに関連したオンライン広告システムによって、特定の販売者から消費者に販売オファーを提供することと、前記取引が決済済みの消費者紹介と報酬のシステムに提出される複数の販売取引、特にオフラインの販売取引、を追跡することと、前記販売取引が前記特定の販売者に対する紹介による販売取引であるかを判定するために、前記取引が決済済みの消費者紹介と報酬のシステムで販売取引のそれぞれを確認することと、 前記取引が決済済みの消費者紹介と報酬のシステムによって、前記紹介による販売取引に対する仲介手数料を前記特定の販売者に請求すること、を含むことを特徴とする方法。

請求項12

請求項11に記載の方法であって、さらに前記取引が決済済みの消費者紹介と報酬のシステムによって前記紹介による販売取引に対して前記消費者に報酬を提供することを含むことを特徴とする方法。

請求項13

請求項11に記載の方法であって、前記複数の販売取引、特にオフラインの販売取引、を追跡することはさらに、前記販売取引の販売時点の近くの販売取引を取り込むことと、前記取引が決済済みの消費者紹介と報酬のシステムに関連した集中型データベースに前記販売取引を格納することを含むことを特徴とする方法。

請求項14

請求項13に記載の方法であって、前記販売取引、特にオフラインの販売取引、を取り込むことは、各販売取引を取り込むために販売時点でカードあるいは会員の証拠を使用することを含み、前記カードは磁気ストライプカードまたはクレジットカードを含むことを特徴とする方法。

請求項15

請求項11に記載の方法であって、前記オンライン広告システムはさらにモバイル機器または対話型ケーブルテレビシステムを含むことを特徴とする方法。

請求項16

請求項11に記載のシステムであって、さらに各販売者を評価する前記販売者ユニットに格納された信頼される販売者の評価を設定することを含むことを特徴とするシステム。

請求項17

請求項11に記載のシステムであって、販売オファーを提供することはさらに、仲介による広告を前記ユーザに供給することを含むことを特徴とするシステム。

請求項18

請求項11に記載のシステムであって、さらに前記販売者はより高い仲介手数料を入札し、前記より高い仲介手数料の販売オファーは前記ユーザにより顕著に表示される仲介手数料入札ユニットを設定することを含むことを特徴とするシステム。

請求項19

販売者広告用にコンピュータに実装するシステムであって、サービス提供者コンポーネントがコンピュータ機器上に実装され、前記サービス提供者コンポーネントはさらに販売者ユニット、取引ユニットおよび消費者ユニットを含み、前記販売者ユニット、前記取引ユニットおよび前記消費者ユニットはそれぞれさらに、前記販売者ユニット、前記取引ユニットおよび前記消費者ユニットを実行する前記コンピュータ機器の処理装置によって実行される複数のコンピュータのコード行を含み、前記販売者ユニット、前記取引ユニットおよび前記消費者ユニットは販売者広告の方法を実装し、前記方法は、 前記販売者広告用のシステムの各販売者に販売者インターフェースを提供し、前記販売者インターフェースはオンライン広告出版更新、および変更のリアルタイム制御を特定の販売者に提供し、各オンライン広告は前記オンライン広告に関連する地理的地域を持ち、前記オンライン広告から販売が生じる時点で仲介手数料がサービス提供者に支払われることと、 各オンライン広告に関連した前記地理的地域に基づいて全販売者用に前記特定の地理的地域のオンライン広告を電子的に地図に表示することと、各オンライン広告に関連した仲介手数料を仲介手数料入札システムを使用して入札し、特定のオンライン広告に対する前記サービス提供者に支払われる前記仲介手数料および消費者への忠誠度報酬が入札に基づいて減衰してゆくこと、を含むことを特徴とするシステム。

請求項20

請求項19に記載のシステムであって、前記販売者広告の方法はさらに、地理的地域のオンライン広告ごとの前記仲介手数料に基づいて前記地理的地域の消費者に示される前記オンライン広告を選択することを含むことを特徴とするシステム。

請求項21

請求項20に記載のシステムであって、前記オンライン広告の選択はさらに、特定のオンライン広告に関連した最も高い仲介手数料に基づいて前記特定のオンライン広告を選択することを含むことを特徴とするシステム。

請求項22

請求項19に記載のシステムであって、特定の地理的地域の前記オンライン広告の表示はさらに、ウェブブラウザに前記地図を表示することを含むことを特徴とするシステム。

請求項23

請求項19に記載のシステムであって、特定の地理的地域の前記オンライン広告の表示はさらに、前記地図を表示するために全地球測位システム(GPS)ナビゲーションシステムを使用することを含むことを特徴とするシステム。

請求項24

請求項19に記載のシステムであって、前記オンライン広告はさらに、地域での買物の特定検索に基づいて生成される広告を含むことを特徴とするシステム。

請求項25

請求項19に記載のシステムであって、前記オンライン広告はさらに、前記地図にレンダリングされるリアルタイムオファーを含むことを特徴とするシステム。

請求項26

販売者広告の方法であって、前記方法は、前記販売者広告用のシステムの各販売者に販売者インターフェースを提供し、前記販売者インターフェースは特定の販売者用に前記オンライン広告の出版、更新、および変更のリアルタイム制御を提供し、各オンライン広告は前記オンライン広告に関連する地理的地域を持ち、前記オンライン広告が利用されると仲介手数料がサービス提供者に支払われることと、前記各オンライン広告に関連した地理的な地域に基づいて、全販売者用に特定の地理的な地域の前記オンライン広告を電子的に地図に表示することと、 各オンライン広告に関連した仲介手数料を仲介手数料入札システムを使用して入札し、特定のオンライン広告に対する前記サービス提供者に支払われる前記仲介手数料および消費者への忠誠度報酬は入札に基づいて減衰すること、を含むことを特徴とする方法。

請求項27

請求項26に記載の方法であって、さらに地理的地域のオンライン広告ごとの前記仲介手数料に基づいて前記地理的地域の消費者に示される前記オンライン広告を選択することを含むことを特徴とする方法。

請求項28

請求項27に記載の方法であって、前記オンライン広告の選択はさらに特定のオンライン広告に関連した最も高い仲介手数料に基づいた前記特定のオンライン広告を選択することを含むことを特徴とする方法。

請求項29

請求項26に記載の方法であって、特定の地理的地域の前記オンライン広告の表示はさらに、ウェブブラウザに前記地図を表示することを含むことを特徴とする方法。

請求項30

請求項26に記載の方法であって、特定の地理的地域の前記オンライン広告の表示はさらに、前記地図を表示するために全地球測位システム(GPS)ナビゲーションシステムを使用することを含むことを特徴とする方法。

請求項31

請求項26に記載の方法であって、さらにオンライン広告の生成を含み、前記オンライン広告は地域での買物の特定検索に基づいて生成されることを特徴とする方法。

請求項32

請求項26に記載の方法であって、さらにリアルタイムで前記地図に表示される広告をレンダリングすることを含むことを特徴とする方法。

請求項33

1つまたはそれ以上の販売者からの取引手数料から受け取った収入を、消費者を1つまたはそれ以上の販売者の店舗出向かせて購入させることに貢献した1つまたはそれ以上の加盟の消費者の目的地分配する方法であって、1つまたはそれ以上の販売者から1つまたはそれ以上のオファーを集めることと、前記1つまたはそれ以上のオファーを複数の加盟の消費者の目的地に分配することと、少なくとも1つの加盟の消費者の目的地によって、前記1つまたはそれ以上のオファーを1人またはそれ以上の消費者に配信することと、前記配信したオファーに基づいて、売り手の販売者から消費者ごとに商品の購入を取り込むことと、 前記売り手の販売者と前記少なくとも1つの加盟の消費者の目的地の間で前記取り込まれた購入から仲介手数料を分配すること、を含むことを特徴とする方法。

請求項34

請求項33に記載の方法であって、前記仲介手数料の分配はさらに、前記少なくとも1つの加盟の消費者の目的地に関連した前記購入とユーザ行動の間の因果関係を判定することと、前記購入と前記少なくとも1つの加盟の消費者の目的地の間で前記判定した因果関係に基づいて前記仲介手数料を分配すること、を含むことを特徴とする方法。

請求項35

請求項33に記載の方法であって、さらに前記取り込まれた購入に対して仲介手数料を前記売り手の販売者に請求することを含むことを特徴とする方法。

請求項36

請求項35に記載の方法であって、前記仲介手数料を請求することはさらに、前記購入の価格のパーセント値または金銭上の固定値に基づいて前記仲介手数料を請求することを含むことを特徴とする方法。

技術分野

0001

本発明は一般に購入取引決済済みの消費者紹介報酬のシステムと方法に関し、特に購入取引が決済済みの消費者紹介と報酬のコンピュータ実装したシステムと方法に関する。本発明は、オンラインの消費者の目的地戦略シンジケート化戦略、消費者の行為を捕らえるためにカードベースの忠誠度のコンポーネントに結びつけたバイラルマーケティング戦略、結果的にCPT(販売取引当たりの費用)の広告モデルを組み合わせる。

背景技術

0002

優先権の主張/関連出願
本出願は、35USC119(e)と120の規定に従い2006年3月31日付け出願の米国仮出願通し番号60/788,407、発明の名称:「リアルタイムで特定の販売者販売情報を使用する購入取引が決済済みのオンラインの消費者紹介と報酬サービス」の優先権を主張し、ここに参照することによって開示に含まれる。

0003

付録
付録A(15ページ)は購入取引が決済済みのオンラインの消費者紹介と報酬サービスの販売者ウェブサイトフローおよび販売者ウェブユーザーインターフェースの例であり、付録Aは本明細書の一部を構成するものである。特に付録Aは(1)販売者のウェブフロー仕様、(2)販売者サイトスタートページUI、(3)新規販売者のセットアップウィザードのステップ仕様、(4〜5)販売者の仲介手数料/報酬のセットアップUI、(6〜9)販売者オファー出版UI、(10)ビジネスプロフィールのセットアップUI、(11)販売ビューUI、(12)買い手のビューUI、(13)アカウントセットアップUI、(14)オフライン取引追跡セットアップUI、(15)販売者の仮想端末での取引の追跡、が含まれる。
付録B(6ページ)は購入取引が決済済みのオンラインの消費者紹介と報酬サービスの消費者ウェブサイトフローおよび消費者ユーザインターフェースの例であり、付録Bは本明細書の一部を構成するものである。特に付録Bは(1)消費者UIのワークフロー略図、(2)消費者スタートウェブUI、(3)登録済みの消費者がデジタル地図上でオファーを見つけるウェブUIを示すウェブUI、(4)販売者のオファーの詳細を表示するウェブUI、(5)報酬を得るために消費者が行った購入手動報告できるウェブUI(6)消費者のアカウントセットアップを示すウェブUI、が含まれる。
発明の背景
今日販売者は、広告の市場範囲と効果を拡大するために従来の媒体(すなわち印刷広告テレビラジオ)の範囲を越えたものに注目しており、インターネット対話型ケーブルテレビ(例えばコムキャスト社による地域の自動車購入)、多彩モバイル機器(例えばウェブ対応の携帯電話携帯型のコンピュータ、インターネット接続カーナビGPS等)によって提供される新たな対話型の通信路の評価を行っている。既に多くのシステムとビジネスモデルは、控えめな広告サービス販売者名簿サービス、または両者のハイブリッドの組み合わせとして、このようなチャンネルを利用して活用するように設計されている。しかしながら現存のシステムと方法は、「オフライン」と「地域」の商取引共有する一式の重要なニーズを満たすように設計されていない。特に中小企業SMB)市場においてはそうである。この重要なニーズは多くの販売者が広告費を以下のオンラインモデルに移すことができない、あるいは移すリスクを冒したくないことを認識している。すなわち、1)地域の従来型店舗とサービスビジネスにおいて直接測定可能な販売収益を生み出すという点で立証されていない、2)(「検索キーワード」の最適化と入札サイトで示されるように)複雑すぎて経験を積んだ専任マーケティングスタッフなしで管理できない、3)(いわゆる「クリック課金」のオンライン広告および既存のオンライン販売者評価制度が示すように)詐欺、不正行為、または不正操作が起こりやすい、オンラインモデルである。

0004

この重要なニーズは、1)販売時点POS)で(またはその近くで)取り込んだ販売に至った広告に対してのみ販売者に請求する、「取引が決済済み」特にオフラインの店舗内で販売取引が決済された後のオンライン広告システムを導入する、2)オンライン顧客を店舗に向かわせるために販売者が複雑なオンライン広告の最適化を管理する必要性を取り除く、3)販売時点の取引を制御機能として使用することで、今日普及しているクリックスルー広告と販売者評価制度の詐欺、不正行為、不正操作を事実上無くすことによって対処する、ことが望ましい。したがって、販売の結果のリスクを販売者から離して向け直して、このリスクを(グーグルまたはヤフー等の)オンライン広告出版者と共有する仲介による広告を行う独自のシステムを構築することが望ましい。さらに、販売者は消費者の忠誠度の報酬ポイント(購入ごとに読取機器に通す磁気カード上で取り込まれる)を競り上げて、より多くの顧客を引きつけ、その結果としてサービス提供者により多くの収益を生み出すような独自の仲介手数料入札システムを構築することが望ましい。

0005

先行技術を調べると、多くの既存システムは、広告価格入札(通常オンラインクリックまたは他のオンラインのユーザ行為に適用される)、名簿サービス(掲載有料でまたは無料で顧客をビジネスに紹介する)、売上取引を追跡し報酬を与えるための会員忠誠度カード等の類似の機能コンポーネントを提供しているが、このようなシステムは(先に説明したように)特に地域の販売者のニーズを満たすように設計しパッケージ化した組み合わされた機能性の点で、望ましい本システムとは基本的に異なることが明らかになる。

0006

販売者と消費者との対話を促進する既存のオンラインショッピングと消費者紹介サービスが多数あるが、これらは次を含むがこれに限定されない基本領域で異なる。すなわち、1)請求モデル(クリック広告に対し販売仲介に基づいた手数料、特にオフラインの店舗内での販売において)、2)現金取引を含むオフライン購入の適用範囲、3)デジタル地図とウェブベースのユーザインターフェース(UI)を使用した簡単でほぼリアルタイムのオファーの出版、4)地理的に近い距離と時間に基づく広告の関連性を標的とする、基本領域である。

0007

オンライン在庫探索−地域での取引と受け取り:1つの既存システムは、消費者が商品/サービスの入手可能性と関連情報をオンラインでアクセスできるようにして、直接オンラインで注文を処理することを促進する。その注文は次に地元の販売者の場所で受け取られる。このシステムは、オフラインでの商品の取引と受け取りを促進するオンライン情報配信システムとして説明することができるが、高度に統合され集中型在庫追跡が必要なため販売者の参加の点で大きく制約される。データ処理統合に要する費用、およびこのシステムは仲介手数料と引き換えにオンライン広告をサポートしないという事実は、中小企業販売者のニーズに不適合で、このシステムと望ましい本システムを明確に区別する。

0008

オンラインのビジネスからビジネス(B2B)の加盟者の紹介:他の既存システムは、個々のオンライン販売者が手数料と引き換えに他のオンラインサイトから顧客の紹介を受け入れることが可能である。このシステムでは、1つの販売者/会員が(通常補足的な取扱商品において)複数の関連した(オンラインの)販売者と連結される。顧客を加盟サイトから要求に応ずることができる販売者に戻して紹介するためにはハイパーリンクのシステムが使用され、販売者に奨励を提供するためにポイントシステムまたは現金ベース報酬システムが使用される。このシステムは、固定した営業所または地域で地元の消費者の客足が増えるように、販売者がほぼリアルタイムで広告と特別なオファーを自己出版するのを促進するように設計されていない。むしろこのシステムは主に、大半のビジネスをオンラインで処理し顧客を加盟サイトに紹介した際に利益を得るネットワークで結ばれた販売者のコミュニティーを構築するように設計されている。このシステムは購入に対して忠誠度ポイントまたは奨励報酬で顧客に報酬を与えるように設計されていない。

0009

オンライン検索検索エンジンは販売者がスポンサー(手数料ベース)の広告コンテンツまたはエンジン索引付きコンテンツ(販売者に無料)の発行を通して消費者を販売者に紹介することができる。一般にこのようなシステムは、1)一般検索(例えばグーグル(登録商標)http://www.google.com)、2)地域検索(例えばグーグルローカル(登録商標)http://local.google.com)、3)買い物検索(例えばグーグルフルーグル(登録商標)http://froogle.google.com)の3つの別個カテゴリ分類することができる。1)一般検索:このようなサイトは一般に販売者広告主に無料のサイト索引付けを提供し、検索している消費者の前に有料広告を出すことで収益を上げる。地域のマーチャンダイジングに的を絞っておらず、したがって地元の消費者から販売となった取引を追跡する手段で販売者が自らのオファーを出版できる効率的なシステムを提供しない。一般検索エンジンは「クリック」または他のオンラインの行為ごとに広告主に請求し、オフラインでの取引を取り込んで追跡する手段を提供しない。販売者にとってキーワード選択と入札に基づいてキャンペーンを最適化するための複雑性と費用はさらに、必要な技術と資源欠ける地域の中小販売者による検索エンジンの幅広い使用を思いとどませる。2)地域検索:このようなサイトは至近距離に基づくコンテンツ検索と広告を提供する。一般検索エンジンに似ているが、収益がオフライン取引(具体的には販売時点としてのオフライン取引)によってもたらされるオンライン広告に対する仲介手数料ベースのシステムは採用しない。3)買い物検索:このようなサイトはオンライン販売の取引を処理するプロセスを提供する点を除いては、基礎的な機能性の点で一般検索と類似している。広告はやはり販売者が前金払う費用であり、結果は(地域の店舗等の)オフラインで起こる実際の販売取引を追跡することができない。

0010

オンライン名簿サイトは先行技術のカテゴリに入り、オンライン職業電話帳ベライズン(登録商標)、http://www.superpages.com等)やローカル情報集合体サイト(シティサーチ(登録商標)、http://www.citysearch.com等)が含まれる。これらのサイトは職業別電話帳のオンライン版であったり、地域社会に関するシンジケート組織のデータサイトであったりする。このようなサイトは、(1)商号、住所連絡情報等の連絡情報と(2)プロフィール、批評、一般的マーチャンダイジング情報、ユーザの批評等のより特定的な情報の2層の販売者データを有することができる。このようなサイトは販売者に無料でコンテンツを生成する、または販売者は広告されるために掲載料またはオンライン行動ごとの手数料を払う。望ましい本システムと比較して、このようなサイトは広告を実際の販売結果(取引)にリンクするためのシステムを有していない。さらにこのようなサイトは、連絡情報を提出する以外に販売者が自らのオファーを出版できる機能を有しないので、ほぼリアルタイムで広告を表示することは不可能である。
オンラインクーポンサイトは先行技術の他の既存カテゴリである。定義上、クーポンは該当する商品またはサービスに対する価格の引き下げである。このようなサイト(システム)は一目したところ望ましい本システムと類似しているように見えるかもしれないが、販売者のオファーの種類を特定の品目またはサービスに制限するように設計されており、大幅な割引は一般に会員顧客への奨励として提供される(会員顧客はクーポン節約に参加するために「クラブ」または「会員」の料金を請求されることがある)。これに対して望ましい本システムは、広告するオファーを特定の品目またはサービスに制約せず、商品またはサービスを大きく割引するように地域の販売者に要求したり、あるいは勧めることをしない。むしろ望ましい本システムは、仲介手数料入札エンジンを使用して顧客に会員販売者のビジネスと一般的な取引ごとに報酬を与え、信頼できる販売者評価制度等の多数の他の重要な利点を消費者に提供する。大半のクーポンサービスはクーポンを清算してその取引を追跡するために販売時点で、ある種の専門バーコードスキャナーが必要となる事実も留意すべきである。あるクーポンサイト(例えばhttp://Valpak.com)では、オフラインの企業・消費者間(B2C)のダイレクトメールサービス(例えばバルパック)のオンライン版であり、オフラインのクーポンをオンラインで出版するにすぎない。このようなサイトはリアルタイムでオファーを出版する機能に欠いており、また仲介手数料ベースの請求体系を有しておらず、代わりに収益は掲載料から入ってくる。仲介手数料ベースの手数料体系を試験中のオンラインクーポンサイトの例(すなわちグーグルの2007年3月20日付けプレスリリース)があるが、これらは1)オンラインの販売のみに適用しオフラインの商取引には適用しない、2)販売の主な動機付けは大幅な値引きである特定の商品にオファーを制限するような不備がある。

0011

オンライン広告欄サービス:このようなシステムは一般に、craigslist.com等の特定の品目(あるいはサービス)を売りたい個人顧客に的を絞る、あるいは販売者のビジネスを売り込むサイトの場合は(新聞の広告欄広告のように)前金払いの広告料が必要となる。このようなシステムの中には、オフライン(新聞の広告欄広告)によって広告主にオンライン広告の露出の追加的利点を提供する混合モデルがある。このカテゴリのサービスはどれも仲介手数料または収益モデルの一環として販売時点の追跡を提供しない。このようなサービスはまた消費者に報酬(すなわち現金換金可能な忠誠度ポイント)を提供しない。さらに販売者が名簿サービス等の一般的な(品目またはサービスの特定なし)方法で店舗に客足が増えるようにすることは出来ない。

0012

消費者への報酬/忠誠度プログラムはまた望ましい本システムと重なる機能性を有するように見えるかもしれない。このようなプログラムは、1)開ループまたは半開ループの取引モデル、2)閉ループの取引モデル、の2つのカテゴリに分けられる。これらの用語は、商取引を行った販売者の店舗以外で消費者/会員が蓄積したポイントを換金もしくは使用する能力を指す。このカテゴリのシステムには航空会社マイレージサービス小売店およびガソリンスタンドの買い物状況に応じて各種特典を提供する顧客サービスが含まれる。このカテゴリの先行技術と比較した際の望ましい本システムの数多くの相違点には、販売者がリアルタイムにオファーを出版できる能力、至近距離と時間ベースで広告の標的を絞る、客足を作り客足を向かせるために仲介手数料ベースの入札制度を本システムは使用する、が挙げられる。

0013

オンラインコミュニティ:これは望ましい本システムとある一定の特性を共有する先行技術の他分野であるが、しかし全く別個のものである。このモデルで、消費者のオンラインコミュニティ(ブログ作成サイト(例えばMySpace(登録商標)、http://www.myspace.com)あるいはユーザがコンテンツを生成するサイト(例えばYouTube(登録商標)、http://www.youtube.com)等)は同じ趣味を持つ個人によって販売者の業績批評のやり取りをサポートしてもよい。これは本システムが顧客のための付加的な利点として採用する重要な機能であるが、(望ましい本システムは入力を本当に購入した顧客に限定するので信頼性と信用付加価値は本システムの設計によって作り出されたものであるという違いがある)、このようなオンラインコミュニティは、地域の販売者のために至近距離と時間に制約された広告を届けるように設計されておらず、広告主に店舗内の販売手数料ベースの請求モデルを提供することもしない。

0014

したがって既知のシステムと方法はいずれも、1)オンラインの消費者の目的地の戦略、2)シンジケート化戦略、3)消費者の行為を捕らえるためにカードベースの忠誠度のコンポーネントに結びつけたバイラルマーケティング戦略、したがってCPT(販売取引当たりの費用、特にオフラインでの費用)の広告モデル、を提供する取引が決済済み(販売時点)の広告、仲介手数料入札、仲介によるオンライン広告サービスの独自の基礎に基づいたコンピュータ化されたシステムを提供しない。

0015

(発明の要約)
リアルタイムで特定の販売者の販売情報を使用する、購入取引が決済済みのオンラインの消費者紹介と報酬システムおよび方法を提供する。本システムと方法は、商品またはサービスに関する特定の有意義で有用な販売オファーを出版し、また探し出すことで販売者と消費者が互いに関与しあう共通基盤のオンラインを提供する。本システムと方法は、販売者が特定の販売オファーをリアルタイムでオンラインで出版・更新することを可能にし、また販売者の既存のビジネス管理システムと通信システムで機能する方法で消費者を紹介し取引を追跡することを可能にする。本システムはリスクが伴わない消費者紹介サービスを提供し、そこではサービス手数料は購入が行われた後で請求され、各販売者は各自の利と市場競争力をベースにしてもよいサービス手数料を決めることができる。

0016

本システムと方法のコンポーネントの機能は以下が含まれてもよい。(1)仲介手数料追跡および請求書発行システム:販売者は、広告主導の紹介を配信する対価として販売取引額の一部(「仲介手数料」)をサービス提供者に払う。(2)仲介手数料入札システム:販売者は、競争市場の状況でより大きな割り当て分に対して代価を払うために、互いに競争入札に参加して、(設定された最低値から)手数料の相場押し上げる。(3)リアルタイムでオンデマンドの販売者のオファー出版システム:(a)特定の商品またはサービスの広告、または(b)(前項の特定のセール品目またはサービスを売り込むのではなく)、レストランで客員シェフまたは音楽家を招く、駐車場の特別スペースが利用できる、サービス応答時間の短縮等で店舗への客足増を促進するために品目またはサービスに特定されない情報の配信、のいずれかの目的のために販売者が作成・発信するのを促進するウェブ、無線通信電話ファックスを含む複数の販売者ビジネス通信路で機能するコンピュータベースセルフサービス方式のシステム。出版したオファーは、時間、場所、消費者対象等を含むオファーに適用可能な多くの制約である「フレーム」を含んでもよい。販売者の出版システム市販のデジタル地図のユーザインターフェースを使用してもよく、ほぼリアルタイムでウェブベースの自動出版が結果として生じる。(5)オンライン広告の標的を絞るシステム:時間、実際の場所、(保存された顧客の興味プロフィール、ユーザの問い合せ、またはサービス提供者への事前記入したニーズからの)顧客が提供した入力を使用して広告の妥当性を決定し、次にその妥当性は興味がある消費者に向けてのみ広告の標的を絞るために使用される。(6)コンピュータベースのオファーの配信システム:インターネット、無線通信、ケーブルテレビ、電話、ファックス、郵便を含む複数の個人的な通信路を使用して、問い合わせている消費者に標的を絞った販売者オファーを出版するシステム。(7)普遍的な取引追跡システム:販売時点の時間と場所でまたはその近くのどちらかで、現金、クレジット、または記憶値取引カードに基づいた購入を取り込み記録することを容易にする。(8)消費者報酬/忠誠度システム売り手の販売者に請求する仲介手数料の一部で消費者/購入者に報酬を与え、さらに新しい消費者と販売者会員の紹介に力を貸したことに対して消費者に報酬を与える。

0017

本システムと方法は、消費者に各自のニーズを満たす販売オファーを探し出すワンストップのオンライン場所を提供し、感化された消費者を出版している販売者から現存の購入支払い手段を使用して購入するように紹介する。本システムはさらに、紹介サービスを使用した結果としての購入を報告する消費者に報酬を与えることによって消費者と利益を分配する。

0018

サービス提供者に対して、本システムと方法は、販売者と消費者が有用で有意義な販売オファーに基づいた購入に関与することを促進し、販売者の販売、消費者の購入、および支払決済に使用される既存の技術と手段に対応するサービスを提供する。本システムと方法はサービス提供者と販売者の間で必要とする技術の統合なしで、または販売者の既存のマーチャンダイジングシステムのアップグレードを必要とせずに、紹介サービスを使用した結果として生じた購入取引を有効に追跡する。

0019

本システムと方法は、特定の時間と場所で特定の商品またはサービスを求めている消費者と、特定の時間と場所で必要とされる商品またはサービスを提供する販売者をリンクするオンライン市場を提供する。本システムと方法はさらに、出版する販売者と紹介された消費者の間に生じた購入取引をオンライン(ウェブ店舗で)、オフライン(従来型の店舗で)で発生したにかかわらず、または使用された支払いの種類(現金、小切手、クレジット/デビットカード等)にかかわらず普遍的に追跡する。参加する販売者はそれぞれサービス提供者に支払うサービス手数料を紹介サービスを通して達成した購入取引ごとに決め、販売者は取引が達成した後にのみ請求される。本発明はさらに紹介された消費者と利益の分配を行う。すなわち紹介サービスの結果消費者が行った取引ごとに、消費者は金銭上の価値で報酬を得る。

発明を実施するための最良の形態

0020

1つまたはそれ以上の典型的な実施形態の詳細な説明
本発明は、典型的な実施形態のウェブベースにおけるクライアントサーバアーキテクチャの消費者紹介と報酬のシステムで実行され、この文脈で本システムと方法を説明する。しかしながら本システムと方法は、他の手法で、および本システムの範囲内である他のアーキテクチャで実行することが可能であるので、より大きな有用性を有することが理解されるであろう。
以下の説明において、システムと方法の様々な実施形態について十分な理解を提供するためにある程度の詳細を記載する。しかし当業者には他の実施形態が以下で説明される詳細なしで実行することができることは理解されよう。他の例において、コンピュータとコミュニケーションのシステム、通信網等に関連する周知の構造と方法は、本発明と実施形態の説明を不必要に不明瞭にするのを避けるため、詳細に示すまたは説明することはしない。

0021

前後の関係からみて他の意味に用いられる場合を除いて、以下の明細書と請求の範囲の全体にわたって、「から構成される」およびその語尾変化「構成」、「で構成される」等は「含むがこれに限定されない」としての開放型包括的な意味で解釈されるものとする。

0022

明細書中の「1つの実施形態」あるいは「実施形態」は、実施形態に関連して記述する特定の特徴が少なくとも1つの実施形態に含まれることを意味する。したがって、本明細書中の様々な箇所で使われる「1つの実施形態において」または「実施形態において」の表現は、必ずしも同じ実施形態あるいはすべての実施形態を示しているのではない。その上さらなる実施形態を得るために、特定の特徴を1つまたはそれ以上の実施形態において任意の適当な方法で組み合わせてもよい。

0023

見出しは便宜のためにのみ設けられ、本開示または本願発明の範囲を判断するものではない。
概要
本システムとそのコンポーネントの機能は以下が含まれてもよい。(1)仲介手数料追跡および請求書発行システム:販売者は、広告主導の紹介を配信する対価として販売取引額の一部(「仲介手数料」)をサービス提供者に払う。(2)仲介手数料入札システム:販売者は、競争市場の状況でより大きな割り当て分に対して代価を払うために、互いに競争入札に参加して、(設定された最低値から)手数料の相場を押し上げる。(3)リアルタイムでオンデマンドの販売者のオファー出版システム:(a)特定の商品またはサービスの広告、または(b)(前項の特定のセール品目またはサービスを売り込むのではなく)、レストランで客員シェフまたは音楽家を招く、駐車場の特別スペースが利用できる、サービス応答時間の短縮等で店舗への客足増を促進するための品目またはサービスの特定なしの情報の配信を、販売者が作成・発信するのを促進するウェブ、無線通信、電話、ファックスを含む複数の販売者ビジネス通信路で機能するコンピュータベースのセルフサービス方式のシステム。出版したオファーは、時間、場所、消費者対象等を含むオファーに適用可能な多くの制約である「フレーム」を含んでもよい。販売者の出版システムは、市販のデジタル地図のユーザインターフェースを使用してほぼリアルタイムでウェブベースの自動出版が結果として生じる。(5)オンライン広告の標的を絞るシステム:時間、実際の場所、(保存された顧客の興味プロフィール、ユーザの問い合わせ、またはサービス提供者への事前に記入したニーズからの)顧客が提供した入力を使用して広告の妥当性を決定し、次にその妥当性は興味がある消費者に向けてのみ広告の標的を絞るために使用される。(6)コンピュータベースのオファーの配信システム:インターネット、無線通信、ケーブルテレビ、電話、ファックス、郵便を含む複数の個人的な通信路を使用して、問い合わせている消費者に標的を絞った販売者オファーを出版するシステム。(7)普遍的な取引追跡システム:販売時点の時間と場所でまたはその近くのどちらかで、現金、クレジットまたは記憶値取引カードに基づいた購入を取り込み記録することを容易にする。(8)消費者報酬/忠誠度システム:売り手の販売者に請求する仲介手数料の一部で消費者/購入者に報酬を与え、さらに新しい消費者と販売者会員の紹介に力を貸したことに対して消費者に報酬を与える。本システムのこのような機能は、図1を参照して以下でより詳細に説明するコンポーネントとタスクによって提供される。図1に示す本システムのサービスモデル図7に示され、図1に示す本システムのシンジケートモデルは図8に示される。

0024

本システムと方法には、1つのサービス提供者、商品/サービスを売る複数の販売者、商品/サービスを買う複数の消費者、および任意選択として購入支払いを決済する複数の支払プロセッサ当事者が関与する。本システムに加盟している販売者(「加盟販売者」)は、特定の販売オファーをサービス提供者にリアルタイムで出版・更新する。消費者はいつどこで必要となる時間と場所で自分のニーズを満たす特定の販売オファーをサービス提供者から見つける。販売者のオファーを受諾する消費者(「紹介された消費者」)は、次に必要とする商品またはサービスを購入するために販売者に紹介される。サービス提供者は加盟販売者と紹介された消費者の間の購入取引を追跡する。サービス提供者は、紹介サービスから発生した決済済みの購入取引ごとに紹介に基づいた商品/サービスの販売の仲介サービス手数料を加盟販売者に請求し、仲介サービス手数料の一部を使用して紹介サービスを通して商品/サービスを購入する紹介された消費者に報酬を与える。

0025

図1は取引の決済済みの消費者紹介と報酬サービスのシステムと方法のコンポーネントの体系を示す。一番上のレベルにおいて本システムは、サービス提供者コンポーネント101と2つのリモートコンポーネントである販売者コンポーネント201と消費者コンポーネント401の3つのコンポーネントから成る。これらのコンポーネントのそれぞれを以下で簡潔に説明し、次により詳細に説明する。

0026

典型的な実施形態において、図1に示すコンポーネント、ユニットおよびモジュールソフトウェアで実装される。そのソフトウェアのモジュール、コンポーネント、またはモジュールはそれぞれ複数のコンピュータのコード行を有しており、処理装置によって実行されると、以下に説明する機能と演算を行なう。典型的な実施形態において、サービス提供者コンポーネント101(およびそのユニットとモジュール)は1つまたはそれ以上の処理装置、メモリおよび接続性をもつ1つまたはそれ以上のサーバコンピュータとして実装され、そこでサービス提供者コンポーネント101のエレメントコンピュータコードは1つまたはそれ以上のサーバコンピュータの処理装置によって実行される。典型的な実施形態において、販売者コンポーネント201は販売者のインターフェースを実装するために販売者のインターフェース203のコンピュータコードを実行するコンピュータシステムとして実装される(販売者がこのインターフェースをサポートする場合は販売者のサイトに位置する)が、販売者がサービス提供者と対話できる電話線またはファクシミリ回線ラインでもよい。同様に消費者コンポーネント401は、消費者インターフェース403を実装するためにコンピュータのコード行(典型的な実施形態ではHTMLコード)を実行する典型的なブラウザアプリケーションの使用等によってユーザインターフェースを表示するコンピュータシステムであってもよい。
1.サービス提供者コンポーネント101
これは本システムの主要機能コンポーネントである。サービス提供者はリモートコンポーネント201と401の両方と対話するためにこのコンポーネントを使用し、本システムの目的を達成する。

0027

2.販売者コンポーネント201
このコンポーネントは販売者側で実行するリモートコンポーネントであり、複数の販売者501とサービス提供者コンポーネント101のそれぞれの間で必要な通信を容易にする。
3.消費者コンポーネント401
このコンポーネントは消費者側で実行するリモートコンポーネントであり、複数の消費者502とサービス提供者コンポーネント101のそれぞれの間で必要な通信を容易にする。消費者は販売者が提供する商品およびサービスを購入して支払うことができる個々の人間である。サービス提供者にとって消費者は、本システムで登録すると会員の消費者となる。本システムが会員の消費者を一旦認証すると、この消費者はログイン済みの消費者となる。ログイン済みの消費者は、以下で説明する、本システムに関連したサポートされたすべての消費者タスクを行なうことができる。

0028

コンポーネントの体系
I.サービス提供者コンポーネント101
サービス提供者コンポーネントは、販売者サービス111、消費者サービス171、取引サービス151の3つのサービスを含む。これらのサービスのそれぞれを以下で詳細に説明する。

0029

1.販売者サービス111
これはサービス提供者コンポーネント101内のモジュールであり、販売者(販売者501で表示)が直接使用する販売者コンポーネント201を通して販売者501の要求を満たす担当をする。販売者サービスは以下に説明する販売者の要求を満たすタスクを達成するために遠隔の販売者コンポーネント201と通信する。
A.販売者のタスク
i.販売者登録タスク
販売者は本システムを使用してオファーを出版することができる前に、販売者のフロントエンド112の一部である登録モジュール121を使用して登録することが要求される。登録プロセスを通じて販売者は、商号、場所、連絡方法、ビジネスの内容等を含むがこれに限定されない、販売者とそのビジネスに関する時間不変のデータをサービス提供者に提供する。一旦登録が済むと、その販売者は加盟販売者となり、販売者のアカウントとプロフィールが作成される。この一回限りの登録が終わると、販売者は(ユニークな販売者IDとパスワード等の)独自の身分証明書を使用してサービス提供者と本人確認を行う。

0030

ii.販売オファーのオーサリングタスク
加盟販売者は(販売者のフロントエンド112のオファーオーサリングモジュール122を通して)特定の場所と時間に特有な自分の販売オファーを出版または更新する。販売者は必要に応じていつでも行うことができる。例えばシアトル市のレストラン加盟者は、その日の夕方の夕食スペシャルについて午後の時間帯にオファーを作成することができる。そのオファーには、料理名前、説明、画像、本日の特別価格、この特別メニューが提供される時間帯が含まれてもよい。サービス提供者は自動的な承認プロセスを実行し、承認されたオファーは、リアルタイムで消費者に出版される。

0031

iii.サービス仲介手数料仕様タスク
消費者に販売オファーを出版することができる前に、販売者は販売者のフロントエンド112の仲介手数料仕様モジュール123を通して取引単位でサービス仲介手数料を指定することが要求される。サービス提供者はこの販売者に紹介した消費者から生じた購入取引ごとに指定された手数料を加盟販売者に請求する。加盟販売者はいつでもサービス仲介手数料を更新(再度指定)することができる。サービス提供者は下限最低値を販売者ごとに、あるいは販売者の業種カテゴリ、マーチャンダイジングカテゴリ、販売場所、またはその組み合わせで出版してもよい。そのように最低値を指定する場合、販売者に指定された仲介手数料はすべて、出版される下限と等しいまたはそれよりも高くなければならない。

0032

仲介手数料入札
1つの実施形態において、サービス仲介手数料は仲介手数料入札プロセスを使用して決定することができる。入札プロセスはサービス提供者(SP)に販売仲介手数料に対して複数の最低値を指定させてもよい。デフォルト設定により、会員販売者からの必要条件を満たした各販売は事前に指定した最低値が請求される。販売仲介手数料は次の基準の1つまたはそれ以上に基づいてそれぞれ指定してもよい。1)請求の種類は少なくとも、a)取引額パーセント値としての仲介手数料ベース、またはb)実際の取引額にかかわらず取引ごとの固定手数料としての仲介手数料、を含んでもよい。2)販売者の場所にa)国=米国、b)州=ワシトン、c)市=レッドモンド等の場所階層を持たせ、場所ごとにSPは特定の最低仲介手数料額を指定することができる。3)販売者のビジネスカテゴリは、レベル1=自動車、レベル2=修理、レベル3=車体の修理等のカテゴリ階層を持つことができる。4)時間枠は、SPが平日=1%、週末=2%等のいかなる与えられた時間に最低値を変更することができ、次元1:曜日と次元2:一日の区分等が一緒に機能する多数の時間的次元を持たせることができる。5)販売の種類または買い手の種類(標的を絞った仲介手数料)においてSPは、常連の購入の仲介手数料は購入ごとに同じ仲介手数料を払い、新規購入者の仲介手数料はSPに新規顧客ごとにより高い仲介手数料を払う等の異なる標的に対する仲介手数料が選択できるように販売者をサポートする。

0033

本システムは、地域の販売者が最優先で消費者への紹介を獲得するために仲介手数料を指定され適用された最低値以上にせり上げることを可能にし、それを奨励することを各サービス提供者(SP)に許可する。このような仲介手数料の一部は、消費者の会員カード入金することによって消費者とのサービスで忠誠度の奨励として共有してもよい。例として、互いに至近距離に2つの中華料理店AとBがあり、同じレベルのサービスで同じ種類で品質食べ物を提供しているとする。さらに料理店AとBは紹介された消費者から生じる販売ごとに、それぞれ2%と1%を払うとSPに指定すると仮定する。その近隣の消費者が「中華料理店のランチスペシャル」(AとBのランチスペシャルは類似していると仮定する)を検索する際に、SPはAからより高い仲介手数料を受け取ることを見込むので、SPは検索中の消費者にAをより盛んに(例えばBに提供される表示順序より上のランキングまたは広告の表示回数より高い)売り込むことを選ぶ。この優先紹介の数ある方法のうちの1つは、デジタル地図ベースのユーザインターフェース上でレストランAのオファーをより顕著に表示することである。検索ユーザテキスト探索を使用している場合、SPは返ってくる結果リストにAをBより上に並べることができる。サポートされた出版方法(すなわちウェブインターフェースまたはコールセンター)のいずれかを使用して、サービスは販売者がSPへの仲介手数料をいつでも更新できるようにしてもよい。さらにサービスは仲介手数料の最適化のサポートを提供してもよく、そのサービスにおいてSPは、会員販売者が販売を最大化するために現在の市場競争と消費者行動を反映させて常に最適化する(最良の仲介手数料体系と値を選択する)手助けをするためにビジネスインテリジェンスデータを提供してもよい。販売者に供給されるデータは集約したものとし、消費者のプライバシーを保護する匿名データのみを含む。例えばSPは、販売を増すために販売者の仲介手数料を市場の平均値に上げることを販売者に示唆してもよい。

0034

iv.業績とビジネスインテリジェンス(BI)の報告タスク
(販売者のフロントエンド112で報告とBIのモジュール124を使用して)サービス提供者は、加盟販売者に業績報告とBI報告の2つのレベルの報告を供給する。業績報告は加盟販売者への標準レベルの報告サービスで、(紹介された消費者からの取引数等の)出版した販売オファーの業績に注目する。

0035

BI報告はプレミアムレベルの報告で、競合者、消費者、販売についてのマーケットインテリジェンスを含む。例えばBI報告は、同じ販売者からの他のオファーと比較した各オファーに関する有効な評価基準を各加盟販売者に与える。この報告はさらに、販売者が指定した仲介手数料の有効性を販売者と同市場の競合販売者と比較して評価する。これは加盟販売者が必要に応じてサービス仲介手数料を調整するのに役立つ。

0036

v.請求書発行タスク
(販売者のフロントエンド112で請求書発行モジュール125を使用して実装される)このタスクは、紹介された消費者が首尾よく購入した取引に対してサービス提供者が加盟販売者に請求書を発行することを可能にする。サービス提供者が加盟販売者と紹介された消費者の間で成立した購入取引をひとたび確認すると、売り手のこの加盟販売者に既定のサービス仲介手数料を請求するためにこのタスクが実行される。

0037

B.販売者サービス機能モジュール
図1に示されているように、販売者サービス111は前述の販売者サービスのタスクを遂行するために一緒に機能する3つの機能モジュールから成る。これらのモジュールは、販売者のフロントエンド112、販売者管理モジュール113、販売者データモジュール114である。

0038

i.販売者のフロントエンドモジュール112
これは前述の販売者のタスクを遂行するために販売者がサービス提供者の販売者サービスと対話するモジュールである。販売者のタスクごとに1つの機能ユニット、すなわち登録ユニット121を含む。

0039

a.登録ユニット121
このエレメントにより販売者は本システムに自己登録することができ、販売者会員になる(加盟販売者とも呼ばれる)。登録ユニットはソフトウェアに実装してもよく、所有者の身分証明書と一緒に販売者のアカウントを作成すること含む登録ステップを行なってもよい。ユニットはさらに加盟販売者に複数の仕事上の関係者を作成させて、それらの関係者に身分証明書を割り当てる。登録中に加入している販売者はさらにクレジットカード端末での追跡、サービス提供者の独自の仮想端末での追跡、手動による追跡等の取引追跡のオプションを指定する。このプロセスの中で、サービス提供者が適切に請求し稼いだ仲介手数料の資金を引き出すことができるように請求書発行の手順がセットアップされる。

0040

登録プロセスにはさらに初期化ステップが含まれ、そのステップで登録している販売者はビジネスプロフィールを作成して、当初の仲介手数料と消費者の報酬プランをセットアップする。登録プロセス中に新規販売者はさらに、特別なオファーを作成し出版したり、マーチャンダイジングのカタログ全体(本システム内では通常または通常のオファーとして呼ばれる)を作成し出版するように選択してもよい。

0041

登録エレメントはデスクトップコンピュータとモバイル機器上のインターネット経由を含むすべてのサポートされた販売者インターフェース203で機能する。前述の典型的なソフトウェア実装に加えて、支援付きの登録を行うために販売者はさらに(電話、ファックス、または郵便等の)他の手段のビジネス通信を使用することができる。その手段において、電話上でまたはオフライン等のほぼリアルタイムで、あるいはファックスまたは郵便で販売者が記入した紙の用紙を受け取り次第等のほぼリアルタイムでのどちらかで、サービス提供者は加入する販売者に代わって実際の登録を完了する。このようにして、販売者はアクセスを持つ販売者インターフェース203で制限された最も容易な方法を選んでサービス提供者と登録するので、本システムはオンライン販売者とオフライン販売者を含む異なるインターフェースを有する販売者が使用できる。

0042

b.オファーオーサリングユニット122
このエレメントはセルフサービス方式のモードで販売者がオファーを作成、更新、出版することができるシステムソフトウェアのコンポーネントとして実装してもよい。オファーは静的ビジネスプロフィール、半静的な通常のマーチャンダイジング情報、および動的(時間とともに変化する、または指定時間内のみ有効の)特別なオファーとなりうる。オファーオーサリングソフトウェアは、ウェブおよびモバイルの出版を含むサポートされた販売者インターフェース203に対応するために複数のフォーマットで実装してもよい。あるいは、例えばコールセンターを通してサービス提供者が電話で手助けして、販売者が販売者インターフェース203を使用してオファーまたはそれに関連する制約の出版を完了するようなライブ支援モードで実装してもよい。販売者による自己出版の支援モードを通して、発信している販売者がインターネットへのアクセスは必要ではないので、オフラインの販売者(ウェブまたはインターネット上に存在しない従来型のビジネス)にとってもシステムを使用することで利益を得ることが可能である。

0043

c.仲介手数料仕様ユニット123
これは本システムのエレメントで、サービス提供者の会員消費者が行う必要条件を満たした今後の取引に対する仲介手数料の申し出でを(所定の一式の制約内で)いつでも指定し更新することを可能にする。以上説明した他のシステムエレメントと同様に、仲介手数料仕様ソフトウェアはインターネット経由またはモバイル経由等で、複数の販売者インターフェース203をサポートしてもよい。

0044

販売者のセルフサービス方式のモデルで機能する、およびソフトウェアベースのサービスとして実装されることに加えて、このシステムエレメントはサービス提供者が支援するモードで機能してもよく、そのモードではサービス提供者が発信している販売者に代わって仲介手数料を作成または更新する。例えばサービス提供者のソフトウェアを使用する代わりに、販売者は単に電話(またはファックス)を使用してサービス提供者のコールセンターと連絡をとり、口頭で仲介手数料の申し出を更新することができる(それはサービス提供者のデータベース内のその販売者のアカウントに変更として入力される)。

0045

d.報告&BIユニット124
これは本システムのエレメントで、会員販売者に営業報告を生成し、記録したすべてのデータ全体にわたってデータマイニングを行ない、保存したデータの自動分析に基づいて販売を改善する方法について販売者に提案を行う。このエレメントは販売者の販売取引簿記と最適化の両方を扱う。

0046

基本報告は取引と関連する販売促進用のオファー活動を扱ってもよく、その因果関係を指定または示唆する(それは統計的なアプローチに基づく、および/または時間に基づいた関連でもよい)。基本報告は、販売者の販売、仲介手数料の請求額、消費者の報酬、オファーの生成/更新およびタイミングに基づいたその関係を扱う。さらなるマイニングと記録した履歴データの結果として高度な(プレミアム)報告/インテリジェンスが作成されてもよい。分析(インテリジェンス)に基づいて、サービス提供者は販売者に販売を最適化する提案をすることができる。例えばサービス提供者は、侵入してくる販売競合者をかわす手段として客足をもっと向かせるために販売者が申し出る仲介手数料を上げるように販売者に示唆してもよい。基本(標準)報告とBI(プレミアム報告)は有料、あるいは無料で提供してもよい。

0047

e.請求書発行ユニット125
これは会員販売者からの仲介手数料の計算、請求、集金を担当するシステムエレメントである。これにはリアルタイムでの請求(取引時の請求)および遅延/バッチ請求(例えば定期的な月次請求書発行)が含まれてもよい。リアルタイムで請求するシナリオの場合、本システムは必要条件を満たした取引が生じる時点で直接適切な手数料を集金する。オフラインで請求するシナリオの場合、本システムは売り手の販売者に支払われるべき仲介手数料の請求書を発行し、その販売者から定期的に手数料を集金する。

0048

各会員販売者にとって、請求書発行ユニットのような機能は販売者が使用するサードパーティの支払プロセッサに依存する。請求書発行は複数の支払プロセッサ504の実装で機能する。リアルタイムの請求書発行において請求書発行は、クレジットカードプロセッサ、デビットカードプロセッサ、プリペイドカードのプロセッサ、電子小切手プロセッサ、サードパーティ会員資格のプロセッサ、ネットワーク化された販売時点情報管理(POS)システム等(これらに限定されない)で機能してもよい。オフラインの請求書発行において請求書発行は、現金、紙の小切手、ネットワーク化されていないPOSシステム等(これらに限定されない)で機能してもよい。

0049

ii.販売者データモジュール114
このモジュールは販売者サービスのデータを格納する永続データベースを含む。特にこのサブモジュールは、販売者の要求を満たすデータセット集まりを含む。格納されたデータは販売者管理サブモジュール113で管理され、販売者のフロントエンド112サブモジュールでシステムエレメントのデータのニーズを満たす。図4は典型的な販売者データベーススキーマの例である。販売者データモジュールの会員データベースは以下を含んでもよい。

0050

a.プロフィールデータベース141
このデータベースは、登録プロセスを通じて得た、時間的に不変の販売者データを格納する。より詳細には、これは販売者アカウントおよびプロフィール情報を格納するデータセットであり、所有者のアカウントと身分証明書、および関係者のアカウントと身分証明書を含むがこれらに限定されない。ビジネスプロフィールデータは商号、場所、ロゴ営業時間、連絡情報等の最少頻度で変わるビジネス記述を含む。このデータセットはさらに、取引の追跡と請求書発行用に販売者がセットアップするコンフィギュレーションを格納する。このデータセットはさらに、販売者の評価および/または販売者の「推薦」を格納してもよく、(間違ったまたは不正な評価入力を最小限にするために)特定の販売者と有効な販売取引を終えた消費者によって発行されてもよい。販売者の評価(または「推薦」)はサービス提供者のサイト内で、あるいはhttp://www.myspace.comのような確立したサードパーティの社会的ネットワークで複数の方法で消費者間で共有されてもよい。
b.オーサリングしたオファーのデータベース142
このデータベースは加盟販売者がオーサリングした販売オファーをすべて格納する。販売者はオファーを更新する際にこのデータベースに書き込む。このデータセットは記述および通常のオファーと特別なオファーの少なくとも2種類のオファーのステータスを格納する。通常のオファーは、価格が(もし変更するとしても)あまり頻繁ではなく、変更があまり頻繁にない商品またはサービス品目を記述するデータ項目である。通常の品目の集合体は例えば食品飲料サービス業のメニュー、小売業のカタログ等であってもよい。

0051

オーサリングしたオファーのデータセットはさらに、特別なオファーを含んでもよい。特別なオファーは期間限定付きで販売者から短期間提供されるものである。閉店まで本日の一時的な牛乳の価格の引き下げは特別なオファーの1つの例である。

0052

オファーは価格設定または価格設定の変更(割引等)に結び付けてもよいし、結び付けなくてもよいことに注目すべきである。オファーは営業所に消費者を引きつけるための任意のメッセージでありうる。販売者が客足を増すために使用する(無料ホットドッグ等の)一般的で品目または割引に関連しない情報を含んでもよい。一般的な販売促進の他の例は、無料駐車場または特別ゲストシェフについてのオファーの出版を希望するかもしれないレストランのオーナーである。

0053

c.仲介手数料データベース143
このデータベースは加盟販売者が指定したサービス仲介手数料を格納する。データセットは会員販売者がオーサリングした仲介手数料仕様の集合体を含む。仲介手数料仕様はサービス提供者が売り手の会員販売者に請求する金銭上の額を設定する。それは必要条件を満たした販売取引のパーセント値または取引ごとの固定値であってもよい。さらに時間枠、販売目標、標的とする買い手等の取引の必要条件を満たす一式の基準を含む。1つの具体化は販売取引ごとに1%の手数料、および他の例は取引ごとに5.00ドルであってもよい。そしてそれには指定の暦日付の間に発生する取引のみに適用等のさらに一定の期間に時間が制約されてもよい。売り手の販売者に販売をもたらす結果としてサービス提供者が支払いを受け取る限り、仲介手数料仕様の他の実施形態があってもよい。

0054

いずれの場合でもサービス提供者は、仲介手数料仕様の種類ごとに最低値を要求してもよい。例えばサービス提供者は、最低仲介手数料を1%あるいは0.50ドルのどちらか大きい額以上となるように要求してもよい。本システムは優先的な消費者紹介に対して販売者が仲介手数料仕様をせり上げることを可能にする。要するに、販売者Aがサービス提供者により高い仲介手数料を指定し、他のすべての条件が同じであるならば、サービス提供者は消費者に販売者Bより販売者Aをより盛んに売り込むことになる。

0055

d.業績データベース144
販売者サービスは出版したオファーの業績のあらゆる面を常時追跡してその業績データをこのデータベースに格納する。このデータセットは、取引レコード(取引162からの処理データ)、買い手のデータ、オファー発信のデータ、販売とオファーのイベントの(時間と他の次元が入った)因果関係を含むがこれに限定されない販売者営業実績データを含む。未加工のレコードに加えて、それから派生した高度なBIデータと結論が含まれてもよい。

0056

e.請求書発行データベース145
これは加盟販売者ごとに請求書発行に関連するデータを格納するデータベースである。

0057

iii.販売者管理モジュール113
これは販売者サービス111の中央機能モジュールであり、ここで販売者のタスクを達成するために必要なロジックとプロセスをすべて実装する。このモジュールは、販売者のフロントエンドモジュールから販売者の入力を受け取り、同フロントエンドモジュールへ販売者向けの情報を送る。さらにこのモジュールは、販売者データモジュール114内のデータベースから読み取り、同データベースに販売者の永続データを書き込む。

0058

このサブモジュールは必要に応じて、販売者のフロントエンド内で異なるエレメントが行ったタスクのワークフローを制御する。さらに販売者サービス111モジュールのデータの安全性とセキュリティのためにデータ演算一元管理する。このサブモジュールの他の機能性は、必要に応じてデータ伝送タスク同期化のためにサービス提供者コンポーネント101の他のモジュール内のピア管理サブモジュール、すなわち取引管理モジュール159と消費者管理モジュール173と通信することである。

0059

このサブモジュールの流れの制御を実証する1つの簡単な認証例は、オファーオーサリング122、仲介手数料仕様123、報告&BI124、請求書発行125等の販売者会員のみのタスクが、販売者インターフェースを使用して試みられるかもしれない未登録のユーザによって実行されることを防ぐことである。

0060

サービス提供者の管理者はさらに、このサブモジュールを使用して販売者サービス111を一元管理する。さらにサービス提供者の販売者サポートチームは、サービス提供者支援モードで販売者を支援し販売者に関連するタスクを完了するためにこの管理サブモジュールを介して機能する。

0061

前述でおよび以下に説明する本サービスの販売者の流れと販売者ユーザインターフェースの数多くの例が付録Aに示されており、本明細書の一部を形成する。

0062

2.消費者サービス171
消費者サービスは消費者が必要とするオファーを見つける手助けをして、オファーを出した加盟販売者からサービス/商品を購入するために消費者を紹介する。さらに消費者が完了した購入取引に基づいて消費者に報酬を与える。消費者サービスは消費者に関連する3つのタスク、すなわち登録、紹介、報酬を行なう。消費者側で実行される消費者コンポーネント401を通してこのモジュールでサービス提供者は消費者(消費者502で表示)の要求を満たす。

0063

A.消費者タスク
i.消費者登録タスク
報酬を得たい消費者は、消費者のフロントエンド172の一部である登録モジュール181を使用して自己登録を行う。このタスクを実行することで、サービス提供者は登録した消費者ごとにセキュリティ保護されたアカウントを作成する。ひとたび登録が済むと消費者は自分のアカウントの身分証明書を使用してサービス提供者と本人確認を行う。登記済みの消費者はサービス提供者から報酬を受け取る資格がある。登録中に消費者は、指定するサードパーティの預金口座銀行口座等)に報酬を直接転送する、公認の慈善事業、またはサービス提供者のビジネス資本への参加を購入することさえ含んでもよい他の正当献金に報酬を直接転送するようにサービス提供者に要求するオプションがあってもよい。一般に消費者は(システムのデフォルト設定により)ネットワーク内の加盟販売者からの将来の購入の割引として報酬を使うことを選ぶであろう。

0064

ii.消費者紹介タスク
(消費者フロントエンド172内の紹介モジュール182を使用して実装する)このタスクは消費者が記述するニーズ(または品目検索要求)の入力を受け取って処理する。それにはニーズの商品またはサービスカテゴリ、時間と場所の制約等が含まれる。次に出版したオファーを探索して消費者に最も一致するオファーを返す。次にサービス提供者は(ユーザインターフェース経由で)販売者の実際の場所に消費者を導く複数の方法を提供する、あるいはサービス業者(すなわち配管業者)である場合本システムは販売者を消費者に導いてもよい。

0065

iii.消費者報酬タスク
サービス提供者が加盟販売者と紹介された消費者の間で有効な販売取引が生じたことを確認する(確証する)と、買い手の消費者に金銭上の価値で報酬を与えるために消費者報酬タスクが実行される。

0066

B.消費者機能モジュール
消費者サービスは、消費者フロントエンド172、消費者管理モジュール173、販売者データモジュール174、消費者データモジュール175の4つの機能モジュールから成る。
i.消費者フロントエンドモジュール172
これは消費者サービスが消費者と対話するために使用するモジュールである。3つの機能ユニットを含み、そのユニットのそれぞれは前述の消費者サービスタスクの1つに対応する。

0067

a.登録ユニット181
これはフロントエンドのコンポーネントで、消費者がユニークな本人確認とアカウントの情報を登録するために対話する。この機能はさらに、消費者の会員カードのユニークな本人確認番号を各自のアカウントに入力してカードの出所を追跡する役目をする。そうすることでサービスがネットワークに紹介した出所を追跡することができる(販売者と消費者の会員紹介を促進する奨励報酬制度の主要部分)。このプロセスにおけるデータの流れの例は、アカウントの生成、会員の生成、報酬分配のセットアップ、会員資格の交換である。
この実装において新規ユーザは、第一に消費者アカウントを作成する。次に消費者はアカウントに1つまたはそれ以上の個々の会員を加えてもよい。会員はアカウントを共有するが異なる会員IDが割り当てられる。同じアカウントを持つことで、各自の報酬を一緒にして一まとめにしてもよい。このステップで消費者は、各自の電話番号または電子メールのアドレス公式会員IDの別名として使用することなどでIDの別名をセットアップすることができる。次のステップはサービス提供者にこのアカウントに対する報酬の分配方法を知らせることである。サービス提供者が報酬の分配をサポートする方法は、次回の購入に対して報酬を使用するを含むがこれに限定されない複数の方法がある。さらに、a.閉ループの取引制限、すなわち発行した販売者でのみ将来の割引として報酬を使用する、b.開ループの取引、すなわち他のネットワーク内の販売者の将来の割引としても同様に報酬を使用する、現金として報酬を分配する、指定された金融機関口座振込みとして報酬を分配する、公認の慈善事業、指定した普通預金口座、宝くじ共同資金、(サービス提供者等の株式を購入する等を含むがこれに限定されない)投資等のサードパーティに報酬を宛てる、等の多数のサブオプションがあってもよい。
この実装の最後のステップは会員資格の交換である。これを完了することによって、会員消費者の会員資格が他の消費者ネットワーク内の会員資格(例えばクレジットカード、食料品店カード等)と関連付けられる。必要条件を満たした購入をした場合、登録済みのクレジットカードまたは食料品店のカードは、消費者の会員資格の証拠として認識し使用することができる。

0068

b.紹介ユニット182
これはフロントエンドのコンポーネントで、消費者に本システムへの参加を紹介した人(消費者または販売者会員)の身元を追跡し確認する目的で消費者と対話する。このエレメントは、販売者データ、(例えば消費者インターフェース403を通して)発行した消費者の必要条件、消費者データモジュール175に格納された消費者プロフィールデータセットを利用して、一致する販売者とオファーを見つけた結果として生じた情報を消費者に配信する。消費者がオファーに興味がある場合は、購入の取引を行うために販売者の実際の場所に行くことができる。

0069

紹介ユニット182が使用する販売者データは、プロフィールデータ、報酬レベル(指定した仲介手数料の一部としての報酬)、オファー(通常と特別)、並びに他の販売者の人口統計学データと買い物行動のデータが含まれてもよい。

0070

本システムが取得した消費者のニーズ(必要条件)データは、(キーワードまたは概念として表現されたものとしての)品目の記述、(手動入力または消費者インターフェース403を実行するコンピュータ機器上で検出のどちらかによる)場所の至近距離、(品目が必要な時を示す時間的制約の)いつ、(探している商品またはサービスの)価格帯、(売り手の販売者および/または提供している商品/サービスについての)批評/評価等が含まれてもよい。ユーザが好きな方法でデータ入力ができるように仕立てるため、ユーザインターフェースをカスタマイズまたは好みに設定することが許されてもよい(すなわちデフォルトフィールド値を設定したり入力形式を並べ替える等ができる)。

0071

消費者のニーズは与えられるまたは取り込まれてもよい。消費者がサービス提供者に提出したニーズは「与えられる」と呼ばれ、それに対してサービス提供者が検出したニーズは「取り込まれる」と呼ばれる。
与えられたニーズによってオファーおよび提供している販売者をランク付けするために、データマイニング(DM)と情報検索(IR)の多くのアルゴリズムが適用されてもよい。本システムにおいて、そのようなアルゴリズムによって検討される1つの要因は販売者の仲介手数料仕様である。低いレベルの仲介手数料を提示する類似の品目またはサービスを提供する販売者と比較して、サービス提供者はより盛んに客足を促進する(または販売者のディスプレイ広告をより頻繁にあるいはより目立たせて宣伝する)。

0072

紹介ユニット182は「ソフト紹介」と「ハード紹介」の両方をサポートしてもよい。ソフト紹介は、会員販売者と会員消費者の間で販売取引が完了すると、その取引が特別に広告された品目またはサービスの直接結果の有無にかかわらず成立し有効であるとみなされる。ハード紹介はそれとは対照的に、取引ができる前に販売者から特定のオファーの証拠を要求する。販売者はどちらの紹介方法を使用するか決めてもよく、この情報は消費者に出版されてもよい。
c.報酬ユニット184
これは報酬タスク用に消費者と対話するフロントエンドのコンポーネントである。このコンポーネントはまた、消費者の報酬を消費者指定の報酬預託505(銀行口座等)に送ることができる(電子的に転送または配信)。特にこのシステムエレメントは、各消費者の必要条件を満たした購入に基づいて消費者報酬プログラムを実行する。1つの実装において、サービス提供者は報酬と仲介手数料の間の固定比率を指定する。即ちサービス提供者は常に、受け取った仲介手数料の一定部分を売り手の会員販売者から買い手の会員消費者に返す。説明するために、本アプリケーションにおいてこの比率が3分の1であると仮定する。この実装において報酬ステップは以下のように動く。

0073

1.会員消費者は会員販売者から必要条件を満たす購入をする
2.サービス提供者は事前に指定したレベルまたは比率で売り手の販売者に仲介手数料を請求する
3.売り手の販売者は仲介手数料を払う
4.ステップ1で行った購入に対する報酬として、サービス提供者は買い手の消費者に受け取った仲介手数料のうちの3分の1を転送する。

0074

報酬184のエレメントはさらに、消費者登録181のエレメントで指定したとおりに消費者が稼いだ報酬を指定の報酬預託505に分配する。

0075

ii.販売者データモジュール174
消費者サービス内の販売者データモジュールはオファー191からのデータを格納するが、これらのオファーは、消費者の要求に対応するために使用され、必要条件を満たした販売者への紹介に至ったものである。このモジュールは、消費者に関連するタスクで使用する販売者データのキャッシュを含んでもよい。図5消費者データベースデータベーススキーマの例である。このモジュールは出版したオファーのデータベース191を含む。これは販売者サービス111の販売者データモジュール114内のオーサリングしたオファーのデータベース142の物理的と論理的のどちらかのコピーである。サービス提供者が証明する消費者が利用できるオファーを含む。

0076

iii.消費者データモジュール175
これは消費者サービス171の下にある別のデータサブモジュールであって、消費者のプロフィールと行動のデータを含む。さらに消費者データベース192と報酬データベース193の2つの論理的データベースを含む消費者の永続データを格納してもよい。
a.消費者データベース192
このデータベースは、プロフィール、アカウント身分証明書、報酬預託の指示等の、登録済みの消費者のデータを含む。さらにある期間にわたる行動データ、並びに派生したビジネスインテリジェンスのデータとその結果を含んでもよい。

0077

b.報酬データベース193
このデータベースは、サービス提供者から報酬を受け取った登録済みの消費者の報酬履歴を含む。データセットは取引162データセットに格納した取引データの代わりに報酬レコードを含む。このデータセットは消費者への報酬の基礎を成す。

0078

iv.消費者管理モジュール173
このモジュールは消費者サービス171の一元管理モジュールで、ここで消費者に関連するロジックとアルゴリズムがすべて実装される。消費者からデータを送受信するために消費者フロントエンドモジュールと通信する。さらに上位の消費者サービス151モジュールのデータの安全性とセキュリティのためにデータ演算を一元管理し、したがって販売者データモジュール174と消費者データ175モジュールへの書き込みと読み出しを行う。消費者管理モジュールはさらに必要に応じて、サービス提供者コンポーネント101内の本システムの他の会員サービス、すなわち販売者管理モジュール113と取引管理モジュール173とデータ伝送とタスク同期化用のために通信する。例えばこのモジュールは、出版したオファーのデータベース191をオーサリングしたオファーのデータベース142と同期させるために、また販売者報告と請求書発行のために情報を消費者データモジュール175から販売者サービスに渡すために、販売者サービス111内の販売者管理モジュール113と接続する。消費者管理モジュールはさらに、取引/消費者に関連するデータ交換のために取引サービス151の取引管理モジュール159と直結している。

0079

サービス提供者の管理者はさらに、このサブモジュールを使用して消費者サービス171を一元管理する。さらにサービス提供者の消費者サポートチームは、サービス提供者支援モードで消費者を支援し、消費者に関連するタスクを完了するためにこの管理サブモジュールを通して機能する。

0080

前述でおよび以下に説明する本サービスの消費者の流れと消費者ユーザインターフェースの数多くの例が付録Bに示されており、本明細書の一部を形成する。

0081

3.取引サービス151
本発明の好ましい実施形態において、サービス提供者は実際の購入取引を制御または所有せず、サービス提供者コンポーネント101の下にあるこのシステムモジュールが販売者と消費者の間の購入取引を扱う。売り手の販売者と買い手の消費者は、購入取引をどこでも(オンラインまたはオフライン)任意の支払手段(現金、小切手、クレジットカード、デビットカード等)で完了することができる。しかし本システムは、サービス提供者が売り手の販売者に正しい仲介手数料を請求し、買い手の消費者に報酬奨励として手数料の一部を還元するために、加盟販売者と登録済みの消費者の間に生じた必要条件を満たした取引を追跡し確認し記録する。必要条件を満たした取引を追跡し確認し記録するために、取引サービスは以下のタスクから成る。

0082

A.取引タスク
i.取引統合タスク
(取引フロントエンドモジュール152の一部である統合モジュール153を使用して実装される)このタスクは、複数の支払プロセッサ504を通して、電子手段の支払決済で取引追跡を統合する。支払プロセッサは販売者が所有する、またはサードパーティの支払い清算機関が所有することができる。あるいはオンライン決済またはモバイル決済のサービス提供者である。加盟販売者の同意を得た上で、サービス提供者は、販売者が使用する電子支払プロセッサのいずれかあるいはすべてと取引サービスを統合するために取引統合タスクを実行する。ひとたび統合されると、サービス提供者は統合した決済者のいずれかによって決済した取引の発生を即座に追跡する。

0083

本システムはさらに、サービス提供者と統合されていない支払システムを通して取引を追跡することも注目すべきである。統合した追跡は取引が発生した時点でリアルタイムで取引を取り込む。それに対して統合されていない追跡のシナリオでは、買い手の消費者が発生した取引を後で報告することができる。

0084

ii.取引追跡タスク
(取引フロントエンドモジュール152の追跡モジュール154を使用して実装される)このタスクは、加盟販売者と紹介された消費者の間に発生した購入取引を追跡する。支払プロセッサが取引サービスと統合されている場合、プロセッサは必要条件を満たした取引の情報を取引サービスに自動的に送信する。例えばこのタスクがクレジットカード支払い清算機関と統合されると仮定する。この場合サービス提供者は、取引がこの清算機関によって決済されると直ちにすべての取引を追跡する。

0085

このタスクはさらに、支払手段が電子形式ではない、またはサービス提供者と統合されていない購入取引も追跡する。本システムは消費者が実施する追跡方法を促進する。その方法では、支払いが決済された後に、買い手の消費者(または消費者に代わって売り手の販売者)が発生した取引をサービス提供者に報告する。

0086

統合と手動の両方の取引追跡をサポートすることで、本システムは特定の支払決済手段にかかわらず、すべての販売者と消費者にサービスを提供することができる。

0087

iii.取引確認タスク
取引追跡タスクによって購入取引が報告されると、取引を確認するために(取引フロントエンド152内の確認モジュール155を使用して実装される)取引確認タスクにその購入取引が転送される。このタスクは不正な取引報告を最小限にするために必要である。このタスクにおいて本システムのサービス提供者は、報告のあった取引情報に基づいて追跡した取引の真実性テストする。

0088

iv.取引記録タスク
(取引フロントエンド152内の記録モジュール156を使用して実装される)このタスクは、取引確認タスクから確認した取引の情報を受け取り、この取引に関する情報を取引の永続データベースに記録する。取引がサービス提供者によって記録されると、サービス提供者は売り手の販売者にサービス手数料の請求書を発行し、買い手の消費者に金銭上の価値で報酬を与える。

0089

B.取引機能モジュール
取引サービスコンポーネントは前述の取引タスクを実行するために、取引フロントエンドモジュール152、取引管理モジュール159、取引データモジュール161のモジュールから成る。
i.取引フロントエンドモジュール152
このモジュールは取引を追跡するために販売者、消費者、支払プロセッサと対話する。これは一式のシステムエレメントを含むシステムサブモジュールで、販売取引を追跡し確認し記録するために販売者コンポーネント201、消費者コンポーネント401、支払プロセッサ504と通信する。対応する取引タスクごとに、以下の機能ユニットを含む。

0090

a.統合ユニット153
このユニットは取引を自動的に報告するために支払プロセッサ504と統合し、複数のソフトウェアモジュールを含んでおり、ソフトウェアモジュールのそれぞれは支払プロセッサ504を通して行われた必要条件を満たした取引を追跡するために異なる支払プロセッサ504で機能する。例えば統合エレメントは、サードパーティのクレジットカード用端末、サービス提供者自身の追跡端末上で、および手動の現金取引上で機能し、生じた取引を追跡してもよい。数本のソフトウェアが支払プロセッサのハードウェアに埋め込まれてもよい。このエレメントは使用中の支払プロセッサが追跡154のエレメントで正確に機能することを確実にするために機能する。

0091

b.追跡ユニット154
このユニットは取引を自動的に追跡するために支払プロセッサ504と機能する、あるいは取引/売上を手動で追跡するために消費者インターフェース403経由で消費者と並びに販売者インターフェース203経由で販売者と機能する。販売者インターフェース203経由で販売者から直接的に追跡する、サードパーティ支払プロセッサ504から間接的に追跡する、消費者インターフェース403から直接的に追跡する、の3つのカテゴリの実装がある。
販売者は販売取引を追跡するためにサービス提供者が提供した販売者インターフェース203を使用してもよい。このシナリオにおいて追跡エレメント154は、販売者インターフェース203から認証取引データを直接的に受け取る。

0092

追跡エレメント154はさらに、複数のサードパーティ支払プロセッサと機能してもよい。このシナリオにおいては、支払プロセッサが統合153エレメントと統合した後に、追跡エレメント154はサポートされる支払プロセッサ504から取引データを受け取る。追跡エレメントは確認エレメント155を通してデータを取り出す。統合153を通して、追跡は複数の支払プロセッサ504と機能する。

0093

追跡エレメント154はさらに、取引追跡のための消費者インターフェース403と機能する。一例をこのセクションで後述する。

0094

追跡ソフトウェアはリアルタイムまたはオフラインの2種類の取引追跡をサポートする。リアルタイムの追跡において、支払プロセッサ504上で実行中のソフトウェアは取引発生時点に必要なデータを追跡エレメント154に渡す。その後のすべてのオプション(確認156、記録155)もリアルタイムで起こる。最終効果はこの取引が発生している時に追跡し確認し記録されることである。リアルタイムでの取引追跡はソフトウェアの統合を必要とする。

0095

追跡154の他の種類はオフラインでの追跡で、ソフトウェアまたは統合の必要性がある場合も、そうでない場合もある。例えば売り手の販売者と買い手の消費者の間の現金取引の場合は、ウェブページ、電子メール、またはモバイル機器上で短いメッセージを経由して買い手が取引発生後にサービス提供者にその発生した取引を報告することができるように、サービス提供者はインターネットまたはモバイル機器上で機能するように一式のユーザインターフェースを消費者インターフェース403に実装してもよい。

0096

c.確認ユニット155
このユニットは不正行為の可能性を最小限にするために、追跡ユニットから転送された報告のあった取引データに基づいてそのデータに対して必要な確認を行なうことで追跡した取引の真実性をテストする。受け取ったデータを既知で信頼できる保存データと照らし合わせる。

0097

1つの可能な実施形態として、手動の取引を確認するアルゴリズムを以下に示す。

0098

1.サービス提供者は販売者に一式のステッカーを発行する。各ステッカーはユニークなチケット番号印刷されて有効期間が付いている。

0099

2.販売者が会員消費者に販売した際に、販売者は買い手にそのようなステッカーを渡す。

0100

3.買い手の消費者は後に消費者インターフェース403のシステムにログインし、可能性ならば売り手の販売者の名前とおよその購入日と時間と共に、受け取ったチケット番号でオンライン用紙に記入することでこの購入を報告する。

0101

4.消費者インターフェース403は(買い手から)報告された取引データを追跡エレメント154に送る。

0102

5.追跡エレメント154はデータを確認155に渡す。

0103

6.確認エレメント155は受信データ(チケット番号、選んだ販売者、およその購入時間)をチケット番号、発行販売者、このチケット番号の有効期間のオリジナルのレコードを含む取引データセットと照らし合わせる。

0104

7.照合のうちのいずれかが不合格であると、確認エレメント155はこの報告された取引を無効にすることになる。

0105

この実施形態において取引額が報告されておらず確認もされなかったので、販売者は金銭上の固定値によってのみ仲介手数料を指定できることに注目すべきである。

0106

取引データがサードパーティ支払プロセッサ504から発信される場合、支払処理ソフトウェアは確認155用に必要な本人確認/身分証明書データ(例えばプロセッサ機器のID、取引を処理する時に使用された関係者/所有者のアカウント、消費者の会員資格等)を一緒に渡す。販売額を追跡し認証することができるシナリオにおいて、販売者は販売額のパーセント値による仲介手数料を指定してもよい。
d.記録ユニット156
このユニットは、販売者の請求書発行と消費者への報酬が行えるように、確認した取引を報酬データベース193に記録する。特にこのエレメントは、例えば記録時間、報告者、確認結果等の他の必要な環境値と共に取引レコードを取引データセット162に書き込む。

0107

ii.取引データモジュール161
これは取引サービス151モジュールの下にあるデータサブモジュールであり、以下のデータベースに取引に関連したデータを格納する。
a.取引データベース162
格納した取引レコードは販売者サービス111と消費者サービス171の両方で使用する。図6は取引データベーススキーマの例である。販売者サービスは販売者報告と請求書発行のために取引レコードを使用する、それに対して消費者サービスは紹介された消費者に報酬を与えるために取引レコードを使用する。特にこのデータセットは、追跡154から受け取り確認155と記録156で処理した取引レコードを含む。

0108

iii.取引管理モジュール159
このモジュールは一元管理モジュールである。ここで取引処理ロジックとプロセスのすべてを実装する。この管理モジュールは取引情報を受け取り、確認し、記録するために、フロントエンドモジュールを管理してそれらと通信する。さらに取引サービス151モジュールのデータの安全性とセキュリティのためにデータ演算を一元管理し、したがって取引レコードにアクセスするために取引データモジュールから読み取り同モジュールに書き込む。このサブモジュールの他の機能性は、必要に応じてデータ伝送とタスク同期化を行うためにサービス提供者コンポーネント101の他のモジュールで相手の管理サブモジュール、すなわち販売者管理モジュール113と消費者管理モジュール173、と通信することである。

0109

サービス提供者管理者はさらに、このサブモジュールを使用して取引サービス111を一元管理する。

0110

II.販売者コンポーネント201
販売者コンポーネントは販売者側で実行するリモートコンポーネントであり、販売者501とサービス提供者の間で対話の橋渡しの機能をする。販売者インターフェースモジュール203から成る。ここで販売者はビジネスの所有者または所有者の仕事上の関係者と定義される。ビジネスの所有者はログイン後、販売者サービス111でサポートするタスクをすべて行なうことができる。仕事上の関係者は販売者サービス111で自らの認証を行った後、取引追跡のみを行なうことができる。サービス提供者にとって、販売者は登録後に会員販売者となる。システムが会員販売者の認証を行うと、この販売者はログインしたことになる。ログインした販売者がサポートする販売者のタスクのすべてを行なうことができる。

0111

1.販売者インターフェースモジュール203
このモジュールは販売者と販売者のビジネスシステムと直接対話する。さらに販売者のフロントエンド112と通信して販売者のタスクを達成する。

0112

販売者は各自のビジネス管理システムに適した1つあるいは多数のモジュールの実装を使用してもよい。モジュール実装は、販売者側のコンピュータにインストールされる(ウェブUI等)のタンジブル、販売者が記憶する(サービス提供者への電話番号等)のインタジブルのどちらかでありうる。この販売者のインターフェースの他の実装は、販売者のコンピュータ化されたビジネス管理システムと機能しサービス提供者と通信する販売者側のプログラムであってもよい。

0113

このコンポーネントはさらに、追跡ユニット154と機能するプログラム可能で手動の実装を提供し、販売者が手動で取引を報告することを可能にする。

0114

このエレメントは、販売者が販売者サービス111と対話するための複数のユーザインターフェースを含む。これは販売者のフロントエンド112と機能するユーザインターフェースであり、販売者登録、オファーのオーサリング、仲介手数料仕様、販売の報告、報告、および請求書発行を行う。

0115

このエレメントは販売者501によって使用され、販売者501が使用する既存のビジネス通信路上で販売者サービス111と通信する。このエレメントはソフトウェアとして実装する、あるいはハードウェアとして提供することができる。

0116

インターネットをビジネス通信用に使用する販売者には、このエレメントは一式のウェブページまたはウェブサイトとして実装されてもよい。ビジネス用の(または個人的使用でも)インターネットアクセスがない販売者には、このエレメントで電話とファックスを販売者のインターフェースとして使用してもよい。

0117

III.消費者コンポーネント401
消費者コンポーネントは消費者側で実行するリモートコンポーネントであり、消費者502とサービス提供者の間の通信を促進する。消費者インターフェースモジュールから成る。

0118

1.消費者インターフェースモジュール403
このモジュールは、本システムの消費者タスクを達成するためにサービス提供者サイトで消費者と直接対話し、消費者フロントエンド172と通信する。このモジュールは、消費者のコンピュータ/機器にインストールした1本のソフトウェア(ウェブUI、モバイルUI等)、または必要なソフトウェアを埋め込んで消費者に配給した1個のハードウェア(専用装置等)のどちらかのタンジブルから、インタンジブル(サービス提供者を呼ぶ出す電話番号等)まで、消費者が使用する異なる通信技術に合わせて多数の実装を有する。消費者はこのモジュールの1つまたはそれ以上の自分に適した実装を選ぶ。消費者はさらに取引を各自で報告するために、取引追跡ユニット154と対話するこのインターフェースを使用する。

0119

より詳細には、このエレメントは、個々の消費者が消費者サービス171と対話するための複数のユーザインターフェースを含む。これは消費者フロントエンド172と機能するユーザインターフェースであり、消費者登録、紹介(必要とする商品/サービスを探し出す)、購入の報告、必要条件を満たした購入に対して報酬を得る等のタスクを行なう。このエレメントの多数のユーザインターフェースは、消費者がサービス提供者と接続できる複数のパーソナル通信路で使用されてもよい。これらの通信路はインターネット、ワイヤレスネットワーク電話通信ネットワークを含むがこれに限定されない。

0120

モバイル広告、ケーブルテレビ広告および地図表示
本サービスと本システムは、モバイル広告、ケーブルテレビ広告、あるいは広告付きの地図表示を生成して、それらをシステムの消費者に表示し、消費者にオファーを提示してもよい。モバイル広告はウェブでモバイル機器に行ってもよい(この商用例は、http://air2web.comにある)。ケーブルテレビ広告の商用例はコムキャスト社のオンデマンド案内広告で、ケーブル視聴者は各自のリモコンを使ってコムキャスト社のオンデマンドサービス上で地域の車の一覧を閲覧する。上述のサービスはモバイル広告とケーブルテレビ広告の両方を使用してもよく、販売者のオファーを消費者に届けるための広告の配信チャンネルとしてサードパーティによって提供されてもよい。

0121

サービスはさらに、消費者にオファーを提示するために広告付きのデジタル地図表示を使用してもよい。数多くの商用デジタル地図のサービス提供者(よく知られているのがマイクロソフトバーチャルアース(登録商標)http://local.live.comとグーグルアース(登録商標)http://local.google.com)で販売者はデジタル地図に販売者の情報を掲載することができる。典型的なこのようなシステムで地図に示す販売者の情報は連絡情報レベルにとどまるが、地図サービス提供者の中には地図から販売者のウェブサイトにリンクを許可するものもある。上述のサービスは、既存の地図表示システムを本サービスの広告と一緒に使用することができる。本システムの1つの実施形態において、サービス提供者は地図アプリケーションをホストしてもよく、地図のAPIを使用して地図にオファーのデータを重ね合わせる(自己ホスト型のモデル)。他の実施形態では、サービス提供者はサードパーティ所有のデジタル地図(グーグル社所有の地図サイト等)にオファーを配信することができ、そのサードパーティにオファーを消費者に提示させる(シンジケート型のモデル)。本サービスにおいて、地図広告は地域での買物の特定検索のために表示されてもよく(サービスは時間枠と価格帯等のより特定のパラメータをサポートする)、地図上のリアルタイムの特定のオファーのレンダリングをサポートする(付録BのUIスクリーンショットを参照のこと)。

0122

購入503
図1に示されているように、本システム/サービスは購入取引503が販売者501と消費者502の間で生じるのを許可する。購入は、(1)売り手の販売者から買い手の消費者に所有権譲渡する、商品の賃貸を作成する、またはサービスを行うこと、および(2)所有権、商品の賃貸、または販売者が行ったサービスと交換に、買い手の消費者は金銭価値を払うこと、を伴う販売者と消費者の間に生じる行為である。全体の過程を取引と呼び、渡される金銭額を取引額、販売額(売り手の販売者の観点から)、または購入価格(買い手の消費者の観点から)と呼ぶ。購入行為は支払プロセッサ504で決済して記録してもよい。

0123

支払プロセッサ504
本アプリケーションにおいて支払プロセッサは、必要条件を満たした取引(すなわち会員販売者と会員消費者の間に生じた取引)の発生を追跡する追跡機器または方法である。支払プロセッサは、1本のソフトウェア、1個のハードウェア、あるいはその両方の組み合わせとしてサービス提供者またはサードパーティによって実装してもよい。

0124

本アプリケーションはクレジットカード用端末上で実行する支払プロセッサ、インターネット上で実行する支払プロセッサ等を含む複数の支払プロセッサをサポートしてもよい。

0125

ワークフロー
図2は好ましい実施形態での取引が決済済みの紹介と報酬サービスのワークフローを示す。ワークフローは加盟販売者、登録済みの消費者、サービス提供者、任意選択で支払プロセッサの間の対話を指定する。

0126

ワークフローはステップ2000で始まる。まず加盟販売者は、販売の新規オファーのオーサリングまたは既存オファーの更新のどちらかで、サービス提供者にオファーを指定する2001。次にサービス提供者はひとたびこのオファーが証明されると消費者に出版する2002。消費者はオンラインに接続して紹介サービスを使用して自分のニーズに合うオファーを見つける2003。するとこの消費者は紹介された消費者となり、サービス提供者はこの消費者を売り手の販売者に紹介する2004。

0127

購入はこの登録済みの消費者とオファーを出版した売り手の販売者の間でこの販売者の店舗内で発生する2005。実際の購入はオンラインでウェブ店舗、またはオフラインで従来型の店舗のどちらかで発生することができ、いかなる支払手段も使用することができる。好ましい実施形態において、本システムは購入支払決済を所有しない。支払いと決済は、売り手の販売者を通して、またはサードパーティの支払プロセッサを通して行うことができる2006。支払いが決済された後で、消費者、販売者(消費者に頼まれて、消費者に代わって)、または支払プロセッサがサービス提供者にこの取引を報告する2007。

0128

サービス提供者がこの取引に関する情報を受信すると、受信した情報が不正な取引ではないことを確実にするために確認する2008。報告されたこの取引が有効な取引であれば、サービス提供者はそれを記録する2009。

0129

この取引が記録されると、サービス提供者はこの取引に至る行われたサービスに対して販売者にサービス手数料を請求する2010。サービス提供者はさらに、売り手の販売者から受け取るサービス手数料の一部で買い手の消費者に報酬を与える2011。

0130

販売者サービスの好ましい実施形態
I.販売者インターフェースの手段
本システムは複数の販売者インターフェースを提供し、販売者に関連するタスクを実行し、発生した取引を報告するために、販売者がサービス提供者と対話することを可能にする。販売者は自分のビジネス通信手段(ウェブ、電話等)とビジネス管理手段(コンピュータ化、手動、その組み合わせ)に適したインターフェースを選択し使用する。本システムの好ましい実施形態において、ウェブベースのユーザインターフェース(ウェブUI)と電話ベースのユーザインターフェース(電話)の販売者インターフェース手段が提供される。
インターネットへのアクセスがある販売者は、ウェブUIを使用してサービス提供者と対話することができる。インターネットへのアクセスがない販売者は、電話を使ってサービス提供者に電話をかけて、本システムの販売者に関連する同様のタスクを達成することができる。

0131

サービス提供者はさらに、販売者のコンピュータ化した管理システム用に、人間の介入なしでサービス提供者のコンピュータシステムと通信するプログラミングインターフェースの手段を提供する。これは統合オプションである。

0132

II.加盟販売者
サービス提供者によって提供されるサービスを使用するために、販売者はサービス提供者と登録する必要がある。登録が済むと、販売者はサービス提供者の加盟販売者となり、自分の販売オファーを消費者に出版することができる。登録後、加盟販売者は、自分のアカウントの身分証明書を使用してサービス提供者と本人確認を行う。

0133

III.販売者のオファーのオーサリング
本システムのサービス提供者は、加盟販売者が販売オファーをオーサリングおよび更新するために(販売者インターフェースの一部として)多数の手段を提供する。好ましい実施形態において、本システムは手動と自動の両方の手段でオファーのオーサリングと更新をサポートする。

0134

1.手動
販売者がインターネットへのアクセスがある場合、販売者のウェブインターフェースを使用して自分のオファーをオーサリングおよび更新することができる。サービス提供者はさらに、インターネットへのアクセスがないまたはウェブを使用しない販売者が電話で自分のオファーをオーサリングまたは更新することができるように電話サービスを提供する。電話をかける販売者はキーパッドを使用して、または音声認識技術を利用してデータを入力してもよい。あるいは必要ならばサポート担当者と話してもよい。手動のオーサリングは、限定した数のオファーを持つおよび/または一日に数回しかオファーを更新する必要がない販売者に最適である。さらにコンピュータ化されていない管理システムを持つ販売者にも適している。

0135

2.自動
コンピュータ化したビジネス管理システムを使用し、提供する商品またはサービスが数多くあり、更新を頻繁に行う必要がある販売者のために、販売者の管理システムは提供される一式のアプリケーションプログラムインターフェイス(API)を使用するためにプログラムすることができ、それによって販売者の人間の介入なしで自動的にオファーをオーサリングして更新する目的でサービス提供者側の販売者のフロントエンドと通信できる。

0136

IV.販売者のオファーの仕様
本システムの好ましい実施形態において、出版可能な販売者のオファーは少なくともテキスト記述および/または本体とフレーム(制約とも呼ばれる)の側面のマルチメディア形式を含む。
オファー本体は、オファーの目的、機能性、設計、特徴、および利点を含むがこれに限定されないオファーの性質を記述する。オファーの本体は、オファーのフレームに比べてあまり変化しない。オファーのフレームは、量、価格、時間枠、その価格を受け付け地理的場所の仕様を含むがこれに限定されない本体の販売範囲を記述する。オファーのフレームは通常、オファー本体自体よりも頻繁に変わる。オファーは1つの本体と多数のフレームを持ち、フレームはそれぞれ異なる仕様を持つことができることに注目すべきである。オファーの更新は本体、フレーム、あるいは両方の更新を意味してもよい。

0137

V.オファーの出版
オファーがオーサリングまたは更新されると、サービス提供者は直ちに自動プロセスを実行して、所定のオファー仕様および一定のビジネスルールに従ってオファーを証明または拒否する。承認されると、そのオファーはリアルタイムで消費者に出版される。販売者はさらに、自分のオファーが消費者に出版される時点を選択することで出版を遅らせてもよい。

0138

VI.販売者サービス手数料(仲介手数料)
加盟販売者が紹介された消費者と購入取引を行った後で、サービス提供者はその販売者にサービス手数料「仲介手数料」を請求する。サービス手数料は販売者が事前に指定する。一般に各販売者は、(1)サービス手数料はサービス提供者が出版した最低値を下回ることはできない、(2)サービス手数料はオンラインまたはオフラインで販売者が所在する市場で競合するものであるべきである、の要因に基づいてサービス提供者へのサービス手数料を決定すべきである。
サービス提供者は、販売者ごとに、販売者のカテゴリごとに、地域別市場ごとに、および/または一定の時間枠に対してサービス手数料の最低値を定義してもよい。指定のサービス手数料が指定されていない場合、またはサービス提供者の最低値を下回る値が販売者から指定される場合は、オファーは出版しないものとする。

0139

両方とも消費者のニーズを満たす2つのオファーがある場合、販売者Aからのより高いサービス手数料でのオファーO1は、別の販売者Bからのより低いサービス手数料でのオファーO2よりも迅速にこの消費者に紹介されることをサービス提供者は販売者に知らせる。したがってより高いサービス手数料を払う販売者は、サービス提供者からより多くの紹介を得るという利点がある。

0140

さらに本システムは、加盟販売者に使用するサービス手数料の複数のモデルを提供し、それぞれのモデルは実装と取引追跡の複雑さの点から特有の結果を伴う。好ましい実施形態において、サービス提供者は以下の手数料モデルを加盟販売者に提供してもよい。

0141

1.会員の必要条件を満たした固定値
2.会員の必要条件を満たした固定パーセント値
3.オファーの必要条件を満たした固定値
4.オファーの必要条件を満たした固定パーセント値
会員の必要条件を満たしたモデルとオファーの必要条件を満たしたモデルの取引の必要条件の基準は異なる。会員の必要条件を満たしたモデルではサービス提供者は、売られたものが何であれ買い手がサービス提供者の消費者会員である限り、取引ごとの仲介手数料を売り手の加盟販売者に請求する。オファーの必要条件を満たしたモデルで販売者に請求するためには、報酬会員である証拠に加えてさらに、消費者がオファーの有効期間中に出版したオファーで広告された商品またはサービスを購入したことを取引レコードは示さなければならない。

0142

会員の必要条件を満たしたモデルは、購入が必要条件を満たすための証拠は報酬会員資格だけなので、購入取引と購入追跡を簡略化する。これに対してオファーの必要条件を満たしたモデルは、広告されたオファーのみを購入する消費者を引きつけるので標的がより絞られている。しかし取引がそのような必要条件を満たすためには、オファーの証拠が購入時にさらに必要となる。

0143

固定パーセント値のモデルと固定値のモデルは、仲介手数料の計算の仕方が異なる。固定値モデルにおいて、売り手の販売者は金銭価値(50セント等)でサービス手数料を指定する。この特定の金銭価値が、購入の実際の販売価格にかかわらず購入ごとにサービス提供者によって請求される。これに対して固定パーセント値のモジュールでは、売り手の販売者はサービス手数料値段としてパーセント数値(5%等)を指定する。必要条件を満たす取引が行われると、サービス提供者は実際の販売価格のパーセント値を請求する。

0144

固定パーセント値のモデルに比べて固定値モデルは、取引報告は実際の販売価格を必要とせず、サービス提供者は購入価格を確認する必要がないので、取引追跡において実装するのがより簡単である。

0145

本システムにおいて各販売者は使用する請求モデルを選択してもよく、この知識は販売者のオファーの一部として消費者に出版される。個々の販売者が利用できる一式の手数料モデルは、販売者が持つ取引追跡オプションによって制限されるかもしれない。例えば、発生した取引を販売者の顧客が手動でサービス提供者に報告する方法の手動追跡のみで販売者が機能できる場合、取引報告の不正行為を最小限にするためにサービス提供者はその販売者に固定パーセント値の手数料モデルのみを使用させてもよい。

0146

販売者はさらに、異なるビジネスニーズに合わせて報酬プランを選択および/またはカスタマイズしてもよい。成熟したビジネスは既存の顧客ベースからリピート購入を得たいかもしれない。この場合、販売者は購入が新規顧客から、または既存客からにかかわらず、同じ報酬がすべての購入に与えられる普遍的な報酬プランを選んでもよい。これに対して、新規ビジネスは新規顧客を必要とするかもしれない。この場合、販売者は新規顧客からの購入に対して報酬レベルを引き上げることができる新規購入者のプランを選択してもよい。

0147

好ましい実施形態において、サービス提供者はさらに大量販売の加盟販売者に増分した報酬を与えてもよい。報酬はサービス手数料の割引として与えてもよい。システム提供者は多数のレベルの手数料割引を定義する。販売者が高いレベルにいればいるほど、大きい割引がその販売者のサービス手数料に適用されることになる。ある期間にわたってサービス提供者から発生した販売量によって評価される一定の割引レベルに加盟販売者が達すると、その販売者のサービス手数料はそのレベルに設定された割引だけ削減される。

0148

消費者サービスの好ましい実施形態
I.消費者インターフェース
本システムは、消費者が登録を行う、取引を報告する、オファーを見つける、購入後に報酬を受け取ることができる複数の消費者インターフェースを提供する。消費者は、自分に一番適した消費者インターフェースの手段を選択してもよく、いつでも変更してもよい。好ましい実施形態において、提供される一式の消費者インターフェースは、ウェブベースのユーザインターフェース(ウェブUI)、モバイル機器上で実行するユーザインターフェース(モバイルUI)、電話をかける(電話)、郵便サービス(郵便)を含むがこれに限定されない。

0149

消費者がインターネットへのアクセスを備えたノート型またはデスクトップ型コンピュータを持っている場合、ウェブUIはサービス提供者と対話する最も便利な方法かもしれない。ウェブUI上で消費者に関連するタスクをすべて実行することができる。消費者が外出中である場合、モバイルUIが最も適した選択かもしれない。あるいは、消費者はサービス提供者に電話をかけて消費者に関連するタスクを実行することもできる。郵便インターフェースは主にサービス提供者に取引を報告するための消費者の1つの手段として使用される。

0150

II.報酬プログラムの会員資格
登録済みの消費者は、紹介サービスを使用した結果として購入取引を行うことに対して、サービス提供者から金銭価値で報酬を受ける資格を与えられる。セキュリティ保護されたアカウントが登録済みの消費者ごとに適切な身分証明書(消費者IDとパスワード等)で作成される。身分証明書は登録済みの消費者の本人確認を設定する。

0151

登録済みの各消費者はサービス提供者がスポンサーの報酬プログラムの会員である。消費者が自分の登録身分証明書でアクセスすることができる報酬プロフィールが作成される。サービス提供者はさらに、消費者が必要に応じて報酬会員であることを証明するために使用することができる報酬会員カードを発行する。

0152

III.オファーを見つける
消費者は自分のニーズに合った出版されたオファーを見つけるために、紹介サービスを照会することでこのサービスを使用し始めることができる。消費者は対話型の消費者インターフェースのいずれかの手段を使用して照会することができる(郵便を除く)。例えば消費者ウェブUIを使用して照会する、外出先ではモバイルUIを使用する、または代わりに電話をかけて照会することができる。

0153

販売者からのオファー仕様と同様に、消費者からの有効な照会も本体とフレーム(制約とも呼ばれる)の2つの側面を含む。照会の本体はニーズの性質を記述し、照会のフレームはいつどこでニーズが満たされるべきか等のニーズの状況を記述する。

0154

消費者に照会を自ら入力させることに加えて、照会仕様の一部/すべてはリモート消費者コンポーネントで形成されてもよく(図1、403)、消費者が手動で記入する照会(もしあれば)の残りと一緒にサービス提供者に自動的に送信される。この種類の照会の自動形成の1つの例はユーザが自分のモバイル機器上でモバイルUIを使用している時である。この場合、消費者に自分の場所を手動で入力するように求める必要がなく、機器の場所を取り込み、サービス提供者の紹介サービスに送信してもよい。

0155

IV.消費者を販売者に紹介する
本システムの好ましい実施形態は「紹介された購入」が生じるために複数の方法を使用して消費者を出版する販売者に紹介する。紹介された購入によって、買い手の消費者は販売者がオファーする価格を得てサービス提供者から報酬を受け取る権利を与られる。紹介方法は販売者のビジネスシステムと完全に技術的に統合したものから手動の紹介をサポートするものまである。売り手の販売者が採用する手数料モデルによって、紹介方法と買い手の消費者から必要となる証拠は異なる。

0156

1.会員の必要条件を満たした手数料モデルにおいて
このモデルでは、売り手の販売者は出版した特定のオファーの証拠を見せる必要はない。実際に消費者は、(自分の報酬会員カードを販売者に示す、または販売者のカード読み取り装置に通し読ませる等によって)報酬プログラムの会員であることを販売者に証明することができる限り、出版されたオファーを全て得る権利が自動的に与えられる。販売者から購入するものが何であるかにかかわらず、消費者はすべての購入に対して報酬を得る権利が与えられる。このシナリオにおいて、紹介の証拠は消費者の報酬会員資格である。

0157

2.オファーの必要条件を満たした手数料モデルにおいて
このモデルでは、消費者は自分の会員資格に加えて、出版された価格でオファーを受け入れることになる特定のオファーの受諾を購入時に販売者に証明しなければならない。そうしなければ、購入は紹介された購入の資格が与えられず、消費者は報酬を得る権利が与えられない。販売者が受け付けるオファー受諾の証拠の形式はその販売者が紹介サービス上でどのようにサービス提供者と統合しているか、あるいは統合されていないかで異なる。

0158

例えば販売者のコンピュータ化した管理システムがサービス提供者と統合している場合、消費者がひとたびオンラインでオファーを受諾するとサービス提供者はオファー受諾を販売者に電子的に送信することができる。それと一緒にサービス提供者は消費者の報酬会員資格も販売者に送信してもよい。消費者は購買時にオファーの価格を得るには自分の会員資格を証明だけすればよい。

0159

あるいは販売者が印刷したオファーのコピーを受け付ける場合は、消費者はオファーをダウンロードして印刷してから販売者に持って行って購入する。あるいは販売者がオファーの価格を受け付けるのは口頭での証拠で十分な場合、消費者は単に販売者のところに行って、サービス提供者から見つけたオファーに口頭で述べて購入する。

0160

必要条件を満たす購入のために必要となる紹介方法と証拠に関して、(1)販売者ごとの手数料モデル、(2)販売者ごとに受け付ける、必要条件を満たした紹介された購入を証明する方法、の情報をサービス提供者は紹介サービスの消費者に出版してもよい。
V.消費者への報酬
本システムはサービス提供者がスポンサーする販売者横断的な消費者報酬プログラムを開示する。必要条件を満たした購入取引ごとに買い手の消費者は金銭価値で報酬を受け取り、それはサービス提供者が売り手の販売者から受け取るサービス手数料の一部である。サービス提供者は、開ループのモデル(すべての報酬からの収入ネットワーク外で使われる)、半開ループのモデル(報酬からの収入は消費者がどのネットワークの販売者から購入するかに関係なく、ネットワーク内の将来の購入に使われる)、または閉ループのモデル(報酬からの収入は発行販売者からの将来の購入にのみ使うことができる)で消費者に報酬を与えるプログラムを実装することを選択してもよい。

0161

1つの開ループの報酬プログラムにおいて、サービス提供者は登録済みの消費者ごとにアカウントを作成し、報酬がひとたび消費者に発行されるとアカウントに報酬の金銭価値を加える。

0162

登録済みの消費者からの指示に従ってサービス提供者は、消費者の報酬アカウントからの金銭価値の額を消費者自身に、または消費者が指定したサードパーティのアカウントに転送する。例えば蓄積した報酬は、消費者の銀行預金口座に一度または定期的に電信送金することができる。

0163

取引ごとの報酬に加えて、本システムはさらにメカニズムを使用して、ある期間にわたってたくさんの取引をした登録済みの消費者に対してさらに増分した報酬を与える。サービス提供者はレベルごとに異なる報酬率の報酬レベルの仕組みを定義する。報酬率とはある報酬レベルでサービス提供者が買い手の消費者に回すサービス手数料のパーセント値である。レベルが高いほど報酬パーセント値は高くなる。

0164

取引サービスの好ましい実施形態
I.報告するレコードの確認
発生した取引のことを知り、起こりうる取引報告の不正行為を最小限にするために、サービス提供者は記録できる前に報告された取引をそれぞれ確認し、その後で売り手の販売者が請求され、買い手の消費者に報酬が与えられる。取引追跡ユニットに提出される取引報告レコード(図1、154)は売り手の販売者側と買い手の消費者側の両方から確認の証拠が含まれていなければならない。必要な確認の証拠は取引がどの手数料モデルに基づくかによって異なる。

0165

図3の表は一般に取引レコードで必要なデータ項目を列挙している。レコードは売り手の加盟販売者の正確な認証情報と買い手の販売者の正確な認証情報を含まなければならない。取引領域に最低でも、ユニークな取引ID(UTID)および取引が発生した時刻と場所が含まれなければならない。販売者がオファーの必要条件を満たしたモデルを使用する場合、レコードにオファーID(OID)も含まれなければならない。販売者が価格請求のモデルを使用する場合、取引報告レコードは価格の数値が含まれなければならない。以下でこれらのデータ項目について説明する。

0166

1.販売者アカウント認証
サービス提供者に取引の売り手を信頼させて取引を正確な加盟販売者と関連付けさせるために、売り手の販売者は正確な認証情報を提供する。
2.消費者アカウント認証
サービス提供者に取引の買い手を信頼させて取引を正確な登録済みの消費者と関連付けさせるために、買い手の消費者は正確な認証情報を提供する。
3.ユニークな取引ID(UTID)
サービス提供者はユニークで非反復のUTID番号を生成してもよい。UTIDは既存および将来のUTIDと矛盾しないことを条件として、販売者またはサードパーティ取引追跡サービス提供者によって提供されてもよい。

0167

4.オファーID(OID)
サービス提供者は出版したオファーごとにユニークな番号を割り当ててもよい。これがOIDである。オファーの更新ごとにOIDを変更してもよい。売り手の販売者がオファーの必要条件を満たした手数料モデルを使用する場合、報告レコードはOIDが含まれる必要がある。

0168

5.時刻
このフィールド取引時刻を記録する。

0169

6.場所
このフィールドは取引場所を記録する。

0170

7.価格
このフィールドはこの取引の販売価格を記録する。価格の数値は販売者が価格請求の手数料モデルを使用する場合にのみ必要である。
II.取引報告
このセクションはワークフローにおける取引報告のステップ(図2、2007)をさらに詳しく述べる。好ましい実施形態は紹介された取引に関わった各当事者(販売者、消費者、または支払プロセッサ)が取引レコードをサービス提供者に報告することを可能にする多くの方法をサポートする。サポートする報告の方法は、(1)電子支払決済に統合された報告方法と(2)統合されていない報告方法に分類することができる。
統合されたシナリオにおいて、支払決済システムは購入が行われた時に買い手の消費者から必要な追加情報を得る。支払いが決済された後、支払決済プロセッサは発生した取引に関する必要な情報を含むレコードをサービス提供者にサービス提供者が信頼できる通信路を経由して電子的に送る。

0171

統合されていないシナリオにおいて、消費者は必要な情報を収集し、取引レコードを組み立てて、サービス提供者と信頼関係(消費者ログインを要求する等)の下で消費者ユーザインターフェース(ウェブUI、モバイルUI、郵便等)の1つの手段を使用してそれをサービス提供者に送る。あるいは、買い手の消費者に代わって売り手の販売者が取引レコードの提出に合意する場合、販売者は取引レコードを収集し、組み立てて、サービス提供者に送る。販売者はサービス提供者が信頼できる販売者UIのいずれかの手段を取引報告に使用することができる。本システムがサポートする他の報告方法は、各当事者が部分的なレコードを報告してもよいことにして、サービス提供者と認証したインターフェース経路を経由して販売者と消費者の両方に共同報告させることである。次にサービス提供者は部分的なレコードの有効性を照らし合わせて確認が正常であれば完全なレコードを作成してもよい。

0172

以下は異なる報告当事者が紹介された取引を報告するのをサポートするシナリオを明記している。

0173

1.統合された取引報告の場合
このシナリオにおいて、支払決済者のシステム(販売者自身またはサードパーティ支払プロセッサのどちらか)は支払いを決済し、サービス提供者に取引レコードを電子的に送る。決済者は売り手の販売者のアカウント身分証明書を使用して、サービス提供者との信頼できる接続を確立する。認証されると報告レコードのデータ項目はサービス提供者に信頼される。

0174

そのような取引レコードで消費者からの唯一のデータ項目は、消費者の報酬会員資格である。支払いプロセスの一部として、買い手は支払システムに消費者報酬アカウント身分証明書を示す必要がある。これを行うのに(1)会員カードを装置で通し読ませる、(2)会員IDを手動で入力する、を含むいくつかの方法が存在する。支払システムはサービス提供者に送信される取引報告レコードの一部として消費者会員身分証明書を書き込む。

0175

販売者がオファーの必要条件を満たした手数料モデルを採用する場合、支払システムはオファーIDを取引レコードに加える必要がある。販売者が価格請求の手数料モデルを採用する場合、支払システムは販売価格を取引レコードに加える必要がある。両方の情報が信頼できる経路を通って受信された場合はサービス提供者に信頼されるであろう。

0176

統合された報告は取引を報告するのに最も便利な方法である。レコードが有効であると、売り手の販売者はサービスに対する請求書を受け取り、買い手の消費者は即座に報酬が与えられる。しかし統合された報告は、決済システムとサービス提供者のコンピュータシステムの間でシステム統合が必要である。

0177

2.統合されていない取引報告−消費者に代わって販売者が報告する場合
このシナリオにおいて、販売者は取引に関する必要な情報を収集する責任があり、消費者に代わってサービス提供者にデータを送信する。販売者はサービス提供者と通信するために販売者インターフェースのいずれかの手段を使用することができる。販売者はこの取引を報告するためにサービス提供者との信頼できる接続を認証して確立する。その結果としてこの取引に関する販売者側のデータはサービス提供者によって信頼される。統合された取引報告のシナリオと同様に、販売者が消費者から必要な唯一の情報は販売者の報酬会員資格である。

0178

販売者は自分のコンピュータ化した管理システムを使用してすべてのデータを電子的に収集するか、あるいは報告するデータの一部/すべてを手動で収集する。販売者が使用する収集技術と伝送技術によって、販売者への請求と消費者への報酬に遅れが生じるかもしれない。

0179

例えば売り手の販売者が店舗内にインターネットに接続したコンピュータを持っている場合、その販売者はサービス提供者の仮想端末での追跡を使用することができるかもしれない。「仮想端末」はサービス提供者の販売者サイト上のウェブページのことである。適切な認証が済むとサービス提供者は売り手の販売者によって信頼され、その仮想端末上に必要な取引データ項目を入力することができ、次にレコードを提出する。

0180

3.統合されていない取引報告−消費者が報告する場合
このシナリオにおいて、消費者は必要な取引報告の情報を収集することに対して全責任があり、レコードをサービス提供者に提出する。消費者はサービス提供者との信頼できるアクセスまたは関係を確立するためにサポートされた消費者インターフェースのいずれかの手段(郵便を含む)を使用し、次に取引レコードを提出する。その結果として、サービス提供者は報告された消費者側のデータを信頼する。消費者が報告する取引を捏造していないことを確実にするために、消費者は売り手の販売者からUTID番号を取得することを要求されるかもしれない。消費者はさらに価格を報告する際に有効な価格証明の提出が要求されるかもしれない。

0181

取引の報告に使用する消費者インターフェースの手段によって、販売者への請求と消費者への報酬の遅れが殆どない(取引が発生した時点で消費者がウェブまたはモバイルUIを使用して報告する場合)場合からもっと長く(数日)かかる場合まである。実際に消費者への奨励報酬は、消費者が発生した購入を速やかに報告するように仕向ける1つの手段である。

0182

4.統合されていない報告−販売者と消費者の共同報告の場合
このシナリオにおいて、販売者と消費者は取引レコードを共同報告することに合意する。ここで販売者は図3の販売者と取引データのフィールド部分を収集し報告し、一方消費者は消費者データとUTIDを報告してもよい。各当事者はそれぞれ信頼できる接続を通してサービス提供者に各自のデータを報告する。したがって双方の半分ずつの報告はサービス提供者によって信頼される。サービス提供者はその半分ずつのレコードをUTIDで組み合わせる。

0183

販売者への請求と消費者への報酬の遅れは双方の当事者が各自の取引レコードをいかに迅速に提出するのかによって左右される。

0184

要約すると、本発明で提供する取引報告の特徴は、使用された購入経路(オンラインでの購入またはオフラインでの小売り等)、使用された支払手段(例えば現金、小切手、クレジットカード、デビットカード等)、または使用された支払決済(例えば販売者の自己決済、サードパーティ決済等)にかかわらず発生した取引を普遍的に追跡する。したがって本発明は、消費者を販売者の既存の小売店舗に紹介することで販売者にサービス提供するための最大限の能力を保証する。

0185

III.取引確認
報告する当事者が適切な認証と一緒にデータを送信するように要求することは報告された取引を確認するための第一ステップである。次にサービス提供者は取引に関して報告されたデータを使用して、その取引の正確な加盟販売者と正確な登録済みの消費者を認証する。確認はさらに取引報告の不正行為を抑制する目的を果たす。

0186

サービス提供者は報告され確認された取引ごとに販売者に請求するので、認証済みの販売者が存在しない取引を報告することは起こりそうにない。しかし認証済みの消費者は、報酬を余分に得るために不正または存在しない取引を報告するかもしれない。以下は好ましい実施形態が消費者の取引報告の不正行為を抑制するために使用してもよい1つの特徴である。消費者は取引を報告する際に販売者からユニークな取引ID(UTID)番号を得なければならない。UTIDなしで、または認識されないUTIDでは、提出された取引レコードは無効になる。与えられたUTIDはサービス提供者によってチェックされて販売者とリンクさせてもよい。UTIDはさらに、そのUTIDで取引が発生したはずの時に関して特定の時点または時間範囲とリンクさせてもよい。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 神田智一の「 機材管理システム」が 公開されました。( 2021/02/15)

    【課題・解決手段】異なる場所に設置された多数のコーティング液生成装置(1)をそれぞれ個別に管理することができ、各コーティング液生成装置(1)の稼働状況を離れた場所で一元管理することが可能なシステムを提... 詳細

  • 株式会社村田製作所の「 ハンガーラック用リーダ装置、ハンガーラック、及び衣料品の商品管理システム」が 公開されました。( 2019/12/05)

    【課題】ハンガーパイプに吊り下げられた複数の衣料品のRFIDタグをより確実に読み取ることができるハンガーパイプ用リーダ装置を提供する。【解決手段】本発明に係るハンガーパイプ用リーダ装置は、複数のハンガ... 詳細

  • 株式会社AiCTの「 ロッカーシステム」が 公開されました。( 2019/10/31)

    【課題】荷物を収納するロッカーの通信が断絶した場合や、停電時でも荷物の受け渡しが可能であり、かつ、ロッカーに収納した荷物を盗難されるおそれを軽減してセキュリティ効果を高めたロッカーシステムを提供する。... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ