図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2009年2月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題・解決手段

1つ以上の加工物、例えば、半導体ウエハを操作するための加工物移送アセンブリは、加工物の外径に対応する1つ以上の状部分を含む。この弓状部分は、加工物の外端係合する加工物係合表面を有する;少なくとも1つの協働アームが、加工物の係合表面から加工物の外端部上に加わる圧力に応じて、加工物から離れる方向に加工物係合表面の変形を可能にするたわみアセンブリを含む。

概要

背景

半導体ウエハの処理は、多くの処理工程を含み、これらの工程は、注入熱処理、及び種々の化学物質に選択的に露光するステップを含んでいる。イオン注入設備を介してウエハが処理されるとき、ウエハは、特別の処理室ステーションとの間で移送される。ウエハを移送するために、ロボット通常用いられる。処理中、半導体ウエハは、不均一又は過渡の力によって、特に、ウエハの端部のまわりに欠陥を生じやすく、そして、エンドエフェクタによって損傷した半導体ウエハは、半導体ウエハの生産量に悪影響を与える。

概要

1つ以上の加工物、例えば、半導体ウエハを操作するための加工物移送アセンブリは、加工物の外径に対応する1つ以上の状部分を含む。この弓状部分は、加工物の外端係合する加工物係合表面を有する;少なくとも1つの協働アームが、加工物の係合表面から加工物の外端部上に加わる圧力に応じて、加工物から離れる方向に加工物係合表面の変形を可能にするたわみアセンブリを含む。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

加工物外側輪郭に対応する1つ以上の加工物係合部分を含む複数の協働アームを備える加工物移送アセンブリであって、前記加工物係合部分が、加工物の外側輪郭の端部に係合できる加工物係合表面を有し、少なくとも1つの前記協働アームが、前記加工物係合表面から前記加工物の外側端部上に加わる圧力に応じて、前記加工物の端部から離れる方向に前記加工物係合表面の変形を可能にする1つ以上のたわみアセンブリを含んでいることを特徴とする加工物移送アセンブリ。

請求項2

一対の協働アームを含んでいることを特徴とする請求項1記載の加工物移送アセンブリ。

請求項3

前記一対の協働アームは、前記加工物の外側端部に係合して枢軸点のまわりに回転する、固定アーム移動アームを有することを特徴とする請求項2記載の加工物移送アセンブリ。

請求項4

前記協働アームの各々は、2つの先端部のそれぞれに状部分を有し、かつ各協働アームは、枢軸点で連結されていることを特徴とする請求項3記載の加工物移送アセンブリ。

請求項5

前記移動アームは、前記加工物係合表面の外側に、移動アームの一部分を形成するたわみアセンブリを含んでいることを特徴とする請求項3記載の加工物移送アセンブリ。

請求項6

前記たわみアセンブリは、前記移動アームの枢軸部分と前記移動アームの加工物係合部分との間にノッチカット部を有することを特徴とする請求項5記載の加工物移送アセンブリ。

請求項7

前記たわみアセンブリは、加工物係合表面を形成する可撓性フィンガーを含んでいることを特徴とする請求項3記載の加工物移送アセンブリ。

請求項8

直線経路に沿って前記協働アームを移動するリニアアクチュエータを含んでいることを特徴とする請求項1記載の加工物移送アセンブリ。

請求項9

前記枢軸のまわりに協働アームを回転させる大規模回転アクチュエータを含んでいることを特徴とする請求項3記載の加工物移送アセンブリ。

請求項10

前記加工物を保持しかつ解放するために、前記固定アームに対して枢軸まわりに移動アームを回転させる小規模回転アクチュエータを含んでいることを特徴とする請求項3記載の加工物移送アセンブリ。

請求項11

1つ以上の加工物を操作する方法であって、1つまたは2つの協働アームに、少なくとも1つのたわみ要素を含む一対の前記協働アームを設け、前記一対の協働アームの各々を、前記加工物の外側端部に近接するように配置し、前記協働アームの他方に対して前記協働アームの一方を前記加工物の外側端部に係合するように前記加工物に向けて移動する各工程を含み、前記少なくとも1つのたわみ要素が、前記外側端部に係合することによって生じた圧力に応じて屈曲し、前記圧力を解放することを特徴とする方法。

請求項12

前記たわみ要素は、前記アームに設けられたノッチ部分を含んでいることを特徴とする請求項11記載の方法。

請求項13

前記たわみ要素は、加工物係合表面を含む可撓性フィンガーから構成されることを特徴とする請求項11記載の方法。

技術分野

0001

本発明は、一般的に、イオン注入装置に関し、特に、イオン注入のための改良されたエンドステーションに関する。

背景技術

0002

半導体ウエハの処理は、多くの処理工程を含み、これらの工程は、注入熱処理、及び種々の化学物質に選択的に露光するステップを含んでいる。イオン注入設備を介してウエハが処理されるとき、ウエハは、特別の処理室ステーションとの間で移送される。ウエハを移送するために、ロボット通常用いられる。処理中、半導体ウエハは、不均一又は過渡の力によって、特に、ウエハの端部のまわりに欠陥を生じやすく、そして、エンドエフェクタによって損傷した半導体ウエハは、半導体ウエハの生産量に悪影響を与える。

発明が解決しようとする課題

0003

加工物移送アームの一部分としてたわみ部を含み、このたわみ部は、加工物の端部に加わる圧力量を調整し、粒子生成等の欠陥をもたらす圧力の可能性を減少させる。

課題を解決するための手段

0004

半導体ウエハ等の1つ以上の加工物を操作するための加工物移送アセンブリは、複数の協働アームを含み、これらの協働アームは、加工物の輪郭に対応する1つ以上の加工物係合部分を有する。この加工物係合部分は、加工物の外側輪郭の端部に係合する加工物係合表面を有する。少なくとも1つの協働アームは、たわみアセンブリを含み、このたわみアセンブリは、加工物係合表面から加工物の外側端部に加わる圧力に応じて加工物端部から離れる方向に加工物係合表面の変形を可能にする。

0005

加工物移送アセンブリは、有利なことに、固定アーム移動アームを含む一対の協働アームを有し、移動アームは、加工物の外端部に係合するために、枢軸点の回りに回転する。この例では、協働アームの各々は、2つの先端部のそれぞれに、状部分を含んでいる。各協働アームは、枢軸点に連結される。いずれのアームもたわみアセンブリを有し、このたわみアセンブリは、アームの枢軸部分とアームの加工物係合部分との間のアーム内に、ノッチカット部等を有する加工物係合表面のアーム外側部分を形成する。

発明を実施するための最良の形態

0006

図1は、半導体ウエハとともに用いる加工物取扱いロボット10を図示している。このロボットは、回転軸12が突出したロボット本体11を含む。軸12の先端部には、参照番号14で図示された移送アームアセンブリが、処理ステーション貯蔵ステーションの間で加工物を移送するように取り付けられている。この移送アームアセンブリ14は、一対の加工物支持アームを有する。固定アーム15は、回転軸12に取り付けられ、回転軸に対して移動することはない。移動アーム19は、回転軸12に対して相対運動可能である。移動アームの相対運動は、図2に示すように、短い移動範囲Lに制限され、図1に示す保持位置と図5A及び図5Dに示す解放位置の間で、移動アームが枢軸点20の回りに回転する。

0007

また、図2に示すように、ロボット本体は、リニアアクチュエータ33に接続され、このリニアアクチュエータは、図2中に記号Nで示す直線経路に沿って移送アームアセンブリ10を移動する。回転駆動装置31は、回転軸12に結合され、記号Mで示す方向に回転軸12及びアームアセンブリ14全体を回転させる。第2の回転駆動装置34が、回転軸12の中にあって共転する第2軸を駆動する。この第2軸は、Mの方向に回転し、かつわずかな回転角度に対応する移動範囲Lにおいて、固定アームに対して移動アームを移動させる。

0008

移送アームアセンブリ14は、少なくとも1つのたわみ要素を含み、このたわみ要素は、移動アーム19が回転するとき、応力を軽減し、その結果、加工物が、その端部部分に沿って2つのアームにより支持される。図1に示す移送アームアセンブリは、各アーム上にいくつかのたわみ要素を含んでいるが、これらのたわみ要素は、アームの1つだけ、特に移動アームに設けることもできる。たわみ要素の特徴は、移動アームが加工物の保持位置に移動するとき、加工物の端部によって移動アーム上に予想される力に応じて、所定量の変位が生じるように選択される。この方法では、移送アームまたは複数のアームが、加工物の端部上に生じる応力を軽減させる。図1及び図3に示すアームのたわみ部21は、アーム部分19a及び19b間のアーム19に設けたノッチカット部からなる。

0009

固定アーム15及び移動アーム19の両方に配置された、多数の加工物係合屈曲部25が図示されている。図4は、加工物係合屈曲部の断面図を示している。好ましくは、べスペル(Vespel)またはピーク(PEEK)材料から作られる、屈曲する加工物支持フィンガー26は、移動アーム19に連結される取付本体部分29に垂直に伸びている。加工物支持フィンガー26は、本体部分29に片持ち支えられ、加工物13の端部によって加えられた力に応じて記号Kの方向曲げられる。フィンガー26の可撓性は、本体部分29とフィンガー26の間に存在するノッチ26aによって増加する。加工物の端部は、一般的に、フィンガー26におけるV形チャネル27によって支持される。この例では、移動アームが保持位置に移動すると、加工物支持フィンガー26は、加工物の端部上の応力を軽減させることができる。

0010

図5A図5Dは、通常動作中、移送アームアセンブリ14によってとられるいくつかの位置の順序を示しており、2つの開口物A、Bの各位置が交換される。図5Aにおいて、移送アームアセンブリは、休止位置にある。移動アーム19は、固定アーム15から離れた加工物A、Bの外径よりもわずかに大きい距離Xによって、固定アーム15から離れた、解放位置にある。図5Bに示すように、移送アームアセンブリは、加工物に近接して90°回転し、移動アーム19は、保持位置に向けて固定アーム15の方向に移動する。移動アーム上のたわみアセンブリは、加工物の端部上に加わる応力を軽減するために湾曲する。図5Bから図5Cに移動するとき、移送アームアセンブリ14は、180°回転し、加工物の位置が交換される。移動アームは、このとき、解放位置に移動し、そして、移送アームアセンブリは、90°反対方向に回転し、図5Dに示すように休止位置に移動する。機構N(図2)に沿う直線運動(図示略)は、静電チャックおよびロードロックから加工物を取り除くのに用いられる。

0011

本発明は、特殊性度合いに従って記載してきたが、本発明は、添付の特許請求の範囲の精神及びその範囲に入る、開示された構成からの変更及び修正の全てを包含するものであることを意図している。

図面の簡単な説明

0012

本発明の1つの実施形態に従って構成された、移送アームアセンブリを特徴つける加工物移動アセンブリの正面斜視図である。
図1の加工物移送アセンブリの拡大部分図である。
図1の加工物移送アセンブリの後部斜視図である。
本発明の1つの実施形態に従って構成された、加工物移送アセンブリの部分図である。
本発明の1つの実施形態に従って構成された、加工物移送アセンブリアームの部分図である。
本発明の1つの実施形態に従って構成された、加工物移送アセンブリの動作を説明する加工物移送アセンブリ位置の手順を示す概略図である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ