図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2009年12月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

映像表示装置に設けられた操作部を操作することなく、表示部に出力される映像信号切換えを行うことが出来る映像表示装置を提供する。

解決手段

映像表示装置100にゲーム装置22aが接続された場合、ゲーム装置22aから出力された映像信号に対する画像処理映像信号処理部14にて行い、表示部20上に表示されている画像を記憶部18に記憶する。次にゲーム装置22aが接続された場合は、ゲーム装置22aから出力された映像信号の画像と、記憶部に記憶された画像とが一致するか否かを検証し、両画像が一致する場合は、切換部19により、表示部20に出力する映像信号の切換えを行う。

概要

背景

従来の映像表示装置において、当該映像表示装置と外部装置を接続し、外部装置から出力される映像を映像表示装置の表示部に表示する場合、映像表示装置に設けられた操作部を操作することで、表示部に入力される映像信号切換えを行っていた。

例えば、液晶テレビに接続されたBD(Blu-ray Disc;登録商標プレイヤーコンピュータゲームを行うためのゲーム装置から出力された映像を液晶テレビのディスプレイに表示させる場合、リモートコントロール装置等を操作して、ディスプレイに出力される映像信号の切換え(テレビ映像ビデオ映像等との切換え)を行わなければならない。

図3は、従来の映像表示装置の一例を示したブロック図である。
図中に示すとおり、映像表示装置300は、制御部31、放送信号受信部32、映像信号入力部33、映像信号処理部34、操作部35、設定部36、切換部39、表示部40を有している。

制御部31は、CPU(Central Processing Unit)等から成り、映像表示装置300の各部を統括して制御する。
放送信号受信部32は、放送電波選局するチューナ(図示省略)や放送信号を復調する復調部(図示省略)等から成る。アンテナ21で受信された放送電波に基づく放送信号は、放送信号受信部32で受信される。

映像信号入力部33は、図示しないビデオ入力端子コンポーネント入力端子、HDMI(High-Definition Multimedia Interface)端子やPC(Personal Computer)入力端子等から成る。映像表示装置300に接続されるゲーム装置22aや再生装置22bから出力された映像信号は、映像信号入力部33にそれぞれ入力される。
映像信号処理部34は、放送信号受信部32で受信した放送信号に基づく映像信号や、映像信号入力部33に入力された映像信号に対して画像処理等の所定の処理を行う。

操作部35は、図5に示すリモートコントロール装置(以下、「リモコン」と記載)35aからの信号を受信する受光部(図示省略)や映像表示装置300のフロントパネル(図示省略)などに設けられたボタン部(図示省略)等から成る。
設定部36は、操作部35における操作に基づいて、画面表示設定や受信するチャンネルの設定など、映像表示装置300の各種設定を行う。

切換部39は、表示部40に出力される映像信号の切換えを行う。表示部40は、LCD(Liquid Crystal Display)やPDP(Plasma Display Panel)等から成り、映像信号処理部34にて画像処理等が行われた映像信号から成る画像を表示する。

次に、映像表示装置300の動作について説明する。

上述した構成の映像表示装置300において、テレビジョン放送を見る場合、選局操作を操作部35により行う。例えば、リモコン35aのボタン部35b(図5)において、チャンネルボタン35c(図5)が操作された場合、当該操作内容が制御部31に入力される。

放送信号受信部32では、操作部35における操作に基づいて選局が行われ、当該選局に基づく放送電波がアンテナ21により受信される。例えば、リモコン35aのボタン部35bにおいてチャンネルボタン35cが操作された場合、「チャンネル1」に対応する周波数の放送電波を受信するための選局が放送信号受信部32により行われ、その後、選局された放送電波がアンテナ21により受信される。

アンテナ21で受信された放送電波は、放送信号受信部32に入力された後、放送信号に復調され、復調後の放送信号に含まれる映像信号は、映像信号処理部34に入力される。映像信号処理部34では、放送信号受信部32から出力された映像信号に対して、画像処理等の所定の処理が行われる。

ここで、操作部35において、前述の選局操作が行われた場合、切換部39は、当該操作に基づいて、制御部31の制御の下、表示部40に出力される映像信号の切換えを行う。例えば、リモコン35aのボタン部35bにおいてチャンネルボタン35cが操作された場合、切換部39は、当該操作によって放送信号受信部32で受信した放送電波(「チャンネル1」に対応する周波数の放送電波)に基づく映像信号を表示部40に出力するために、制御部31の制御の下、表示部40に出力される映像信号の切換えを行う。

これにより、操作部35の操作により受信された放送電波に基づく映像信号は、映像信号処理部34にて画像処理等の所定の処理が終了した後、表示部40に出力される。例えば、リモコン35aのボタン部35bにおいてチャンネルボタン35cが操作された場合、「チャンネル1」に対応する周波数の放送電波に基づく映像信号が表示部40に出力される。

また、映像表示装置300に対して、ゲーム装置22aが接続された場合、ゲーム装置22aから出力された映像信号が、映像信号入力部33に入力する。尚、映像表示装置300に対して、再生装置22bを接続した場合の動作は、ゲーム装置22aと同様であるため、以下において説明を省略する。

映像信号入力部33に入力した映像信号は、制御部31の制御の下、映像信号処理部34に出力され、映像信号処理部34にて画像処理等の所定の処理が行われる。

ここで、操作部35において、ゲーム装置22aの映像を表示するための操作が行われていない場合、映像信号処理部34にて画像処理等の所定の処理が終了したゲーム装置22aの映像信号を表示部40に出力することが出来ない。例えば、リモートコントロール装置35aのボタン部35bにおいてゲームボタン35dが操作されていない場合、ゲーム装置22aの映像信号を表示部40に出力することが出来ない。

よって、操作部35において、ゲーム装置22aの映像を表示するための操作を行い、当該操作に基づいて、制御部31の制御の下、表示部40に出力される映像信号の切換えを切換部39により行う。例えば、リモコン35aのボタン部35bにおいてゲームボタン35dが操作された場合、切換部39は、当該操作によってゲーム装置22aから出力された映像信号を表示部40に出力するために、制御部31の制御の下、表示部40に出力される映像信号の切換えを行う。

これにより、ゲーム装置22aの映像信号は、映像信号処理部34にて画像処理等の所定の処理が終了した後、表示部40に出力される。例えば、リモコン35aのボタン部35bにおいてゲームボタン35dが操作された場合、ゲーム装置22aの映像信号が表示部40に出力される。

特許文献1には、テレビゲーム機からの映像信号・音声信号を外部から受け入れるためのゲーム機用入力端子と、テレビゲーム機からの映像信号・音声信号の受け入れを指示するためのゲーム機選択スイッチと、ゲーム機用の直流電源を外部に供給するためのゲーム機用電源出力端子と、ゲーム機選択スイッチからの入力信号応答しゲーム機用入力端子の信号を映像表示部および音声出力部に入力するゲームモード切り替える入力モード切替回路とを設けたテレビ装置が記載されている。

特許文献2には、外部装置と接続する接続端子と、接続信号の状態を検出する検出手段と、検出信号によって装置の起動表示信号切り換えを制御する制御手段とを備え、外部装置の状態により起動表示信号の切り換えを制御する映像表示装置が記載されている。

特許文献3には、所定の映像信号が入力されたか否かを判定する判定手段と、判定手段が所定の映像入力信号ありと判定したときは映像表示装置の電源オンに制御する手段とを備え、外部映像信号入力端子から映像信号が入力された場合に、判定手段が、入力映像信号ありの判定信号送出し、当該判定信号を受けた場合に、制御手段が、映像表示機器の電源をオンに制御する映像表示装置が記載されている。

特許文献4には、外部から受像機をゲームモードに切り換えるモード切換え制御手段と、データ通信放送を受信できるチューナと、データ通信放送の受信周波数とゲーム機が外部接続される入力端子の識別データを記憶する記憶手段と、ゲームモードに切り換えられている場合に、上記記憶手段の記憶内容に基づいて、外部接続されるゲーム機からの入力信号を検出し、当該入力信号が検出された場合は、受像機の電源オフ時においても、電源回路から継続的にチューナに電源が供給されるように制御し、このチューナをデータ通信放送の受信周波数に選局制御する制御装置とを備えることで、データ通信放送の記録予約時間に、上記チューナによってデータ通信放送を受信して、受信データを外部接続されるゲーム機に送出するテレビ装置が記載されている。

特開平08−023479号公報
特開平08−237559号公報
特開平09−135406号公報
特開平09−261546号公報

概要

映像表示装置に設けられた操作部を操作することなく、表示部に出力される映像信号の切換えを行うことが出来る映像表示装置を提供する。映像表示装置100にゲーム装置22aが接続された場合、ゲーム装置22aから出力された映像信号に対する画像処理を映像信号処理部14にて行い、表示部20上に表示されている画像を記憶部18に記憶する。次にゲーム装置22aが接続された場合は、ゲーム装置22aから出力された映像信号の画像と、記憶部に記憶された画像とが一致するか否かを検証し、両画像が一致する場合は、切換部19により、表示部20に出力する映像信号の切換えを行う。

目的

本発明は、上述した問題点に鑑み、映像表示装置に設けられた操作部を操作することなく、表示部に出力される映像信号の切換えを自動的に行うことが出来る映像表示装置を提供することを目的としている。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

機器の各部を統括して制御する制御部と、外部装置から出力される映像信号を入力する映像信号入力部と、前記映像信号入力部から入力された映像信号に対して所定の処理を行う映像信号処理部と、前記映像信号処理部から出力される映像信号を入力する表示部と、を備えた映像表示装置において、前記映像信号処理部で処理した映像信号から成る画像を記憶する記憶部と、前記表示部に出力される映像信号の切換えを行う切換部とを設け、前記表示部に表示される画像の中から所定の画像を前記記憶部に記憶し、前記映像信号入力部に映像信号が入力した場合に、当該映像信号から成る画像と、前記記憶部に記憶された画像とが一致するか否かを検証し、当該検証の結果、両画像が一致する場合は、前記切換部により、前記表示部に出力する映像信号の切換えを行うことを特徴とする映像表示装置。

請求項2

請求項1に記載の映像表示装置において、前記映像信号入力部に映像信号が入力した場合に、予め設定された所定時間内において前記映像信号処理部で処理された映像信号から成る画像を一時的に記憶する一時記憶部を設け、前記一時記憶部に記憶された画像の中から、所定の画像を1つ選択して、前記記憶部に記憶することを特徴とする映像表示装置。

請求項3

請求項1に記載の映像表示装置において、前記映像表示装置の操作を行う操作部を設け、前記操作部により所定の操作が行われた場合に、当該操作時において表示部に表示される画像を前記記憶部に記憶することを特徴とする映像表示装置。

請求項4

請求項1に記載の映像表示装置において、前記映像信号の入力開始時から所定時間を経過した時点において前記映像信号処理部で処理された映像信号から成る画像を前記記憶部に記憶することを特徴とする映像表示装置。

技術分野

0001

本発明は、外部装置から入力される映像信号に基づいて、表示部に映像を表示する映像表示装置に関する。

背景技術

0002

従来の映像表示装置において、当該映像表示装置と外部装置を接続し、外部装置から出力される映像を映像表示装置の表示部に表示する場合、映像表示装置に設けられた操作部を操作することで、表示部に入力される映像信号の切換えを行っていた。

0003

例えば、液晶テレビに接続されたBD(Blu-ray Disc;登録商標プレイヤーコンピュータゲームを行うためのゲーム装置から出力された映像を液晶テレビのディスプレイに表示させる場合、リモートコントロール装置等を操作して、ディスプレイに出力される映像信号の切換え(テレビ映像ビデオ映像等との切換え)を行わなければならない。

0004

図3は、従来の映像表示装置の一例を示したブロック図である。
図中に示すとおり、映像表示装置300は、制御部31、放送信号受信部32、映像信号入力部33、映像信号処理部34、操作部35、設定部36、切換部39、表示部40を有している。

0005

制御部31は、CPU(Central Processing Unit)等から成り、映像表示装置300の各部を統括して制御する。
放送信号受信部32は、放送電波選局するチューナ(図示省略)や放送信号を復調する復調部(図示省略)等から成る。アンテナ21で受信された放送電波に基づく放送信号は、放送信号受信部32で受信される。

0006

映像信号入力部33は、図示しないビデオ入力端子コンポーネント入力端子、HDMI(High-Definition Multimedia Interface)端子やPC(Personal Computer)入力端子等から成る。映像表示装置300に接続されるゲーム装置22aや再生装置22bから出力された映像信号は、映像信号入力部33にそれぞれ入力される。
映像信号処理部34は、放送信号受信部32で受信した放送信号に基づく映像信号や、映像信号入力部33に入力された映像信号に対して画像処理等の所定の処理を行う。

0007

操作部35は、図5に示すリモートコントロール装置(以下、「リモコン」と記載)35aからの信号を受信する受光部(図示省略)や映像表示装置300のフロントパネル(図示省略)などに設けられたボタン部(図示省略)等から成る。
設定部36は、操作部35における操作に基づいて、画面表示設定や受信するチャンネルの設定など、映像表示装置300の各種設定を行う。

0008

切換部39は、表示部40に出力される映像信号の切換えを行う。表示部40は、LCD(Liquid Crystal Display)やPDP(Plasma Display Panel)等から成り、映像信号処理部34にて画像処理等が行われた映像信号から成る画像を表示する。

0009

次に、映像表示装置300の動作について説明する。

0010

上述した構成の映像表示装置300において、テレビジョン放送を見る場合、選局操作を操作部35により行う。例えば、リモコン35aのボタン部35b(図5)において、チャンネルボタン35c(図5)が操作された場合、当該操作内容が制御部31に入力される。

0011

放送信号受信部32では、操作部35における操作に基づいて選局が行われ、当該選局に基づく放送電波がアンテナ21により受信される。例えば、リモコン35aのボタン部35bにおいてチャンネルボタン35cが操作された場合、「チャンネル1」に対応する周波数の放送電波を受信するための選局が放送信号受信部32により行われ、その後、選局された放送電波がアンテナ21により受信される。

0012

アンテナ21で受信された放送電波は、放送信号受信部32に入力された後、放送信号に復調され、復調後の放送信号に含まれる映像信号は、映像信号処理部34に入力される。映像信号処理部34では、放送信号受信部32から出力された映像信号に対して、画像処理等の所定の処理が行われる。

0013

ここで、操作部35において、前述の選局操作が行われた場合、切換部39は、当該操作に基づいて、制御部31の制御の下、表示部40に出力される映像信号の切換えを行う。例えば、リモコン35aのボタン部35bにおいてチャンネルボタン35cが操作された場合、切換部39は、当該操作によって放送信号受信部32で受信した放送電波(「チャンネル1」に対応する周波数の放送電波)に基づく映像信号を表示部40に出力するために、制御部31の制御の下、表示部40に出力される映像信号の切換えを行う。

0014

これにより、操作部35の操作により受信された放送電波に基づく映像信号は、映像信号処理部34にて画像処理等の所定の処理が終了した後、表示部40に出力される。例えば、リモコン35aのボタン部35bにおいてチャンネルボタン35cが操作された場合、「チャンネル1」に対応する周波数の放送電波に基づく映像信号が表示部40に出力される。

0015

また、映像表示装置300に対して、ゲーム装置22aが接続された場合、ゲーム装置22aから出力された映像信号が、映像信号入力部33に入力する。尚、映像表示装置300に対して、再生装置22bを接続した場合の動作は、ゲーム装置22aと同様であるため、以下において説明を省略する。

0016

映像信号入力部33に入力した映像信号は、制御部31の制御の下、映像信号処理部34に出力され、映像信号処理部34にて画像処理等の所定の処理が行われる。

0017

ここで、操作部35において、ゲーム装置22aの映像を表示するための操作が行われていない場合、映像信号処理部34にて画像処理等の所定の処理が終了したゲーム装置22aの映像信号を表示部40に出力することが出来ない。例えば、リモートコントロール装置35aのボタン部35bにおいてゲームボタン35dが操作されていない場合、ゲーム装置22aの映像信号を表示部40に出力することが出来ない。

0018

よって、操作部35において、ゲーム装置22aの映像を表示するための操作を行い、当該操作に基づいて、制御部31の制御の下、表示部40に出力される映像信号の切換えを切換部39により行う。例えば、リモコン35aのボタン部35bにおいてゲームボタン35dが操作された場合、切換部39は、当該操作によってゲーム装置22aから出力された映像信号を表示部40に出力するために、制御部31の制御の下、表示部40に出力される映像信号の切換えを行う。

0019

これにより、ゲーム装置22aの映像信号は、映像信号処理部34にて画像処理等の所定の処理が終了した後、表示部40に出力される。例えば、リモコン35aのボタン部35bにおいてゲームボタン35dが操作された場合、ゲーム装置22aの映像信号が表示部40に出力される。

0020

特許文献1には、テレビゲーム機からの映像信号・音声信号を外部から受け入れるためのゲーム機用入力端子と、テレビゲーム機からの映像信号・音声信号の受け入れを指示するためのゲーム機選択スイッチと、ゲーム機用の直流電源を外部に供給するためのゲーム機用電源出力端子と、ゲーム機選択スイッチからの入力信号応答しゲーム機用入力端子の信号を映像表示部および音声出力部に入力するゲームモード切り替える入力モード切替回路とを設けたテレビ装置が記載されている。

0021

特許文献2には、外部装置と接続する接続端子と、接続信号の状態を検出する検出手段と、検出信号によって装置の起動表示信号切り換えを制御する制御手段とを備え、外部装置の状態により起動表示信号の切り換えを制御する映像表示装置が記載されている。

0022

特許文献3には、所定の映像信号が入力されたか否かを判定する判定手段と、判定手段が所定の映像入力信号ありと判定したときは映像表示装置の電源オンに制御する手段とを備え、外部映像信号入力端子から映像信号が入力された場合に、判定手段が、入力映像信号ありの判定信号送出し、当該判定信号を受けた場合に、制御手段が、映像表示機器の電源をオンに制御する映像表示装置が記載されている。

0023

特許文献4には、外部から受像機をゲームモードに切り換えるモード切換え制御手段と、データ通信放送を受信できるチューナと、データ通信放送の受信周波数とゲーム機が外部接続される入力端子の識別データを記憶する記憶手段と、ゲームモードに切り換えられている場合に、上記記憶手段の記憶内容に基づいて、外部接続されるゲーム機からの入力信号を検出し、当該入力信号が検出された場合は、受像機の電源オフ時においても、電源回路から継続的にチューナに電源が供給されるように制御し、このチューナをデータ通信放送の受信周波数に選局制御する制御装置とを備えることで、データ通信放送の記録予約時間に、上記チューナによってデータ通信放送を受信して、受信データを外部接続されるゲーム機に送出するテレビ装置が記載されている。

0024

特開平08−023479号公報
特開平08−237559号公報
特開平09−135406号公報
特開平09−261546号公報

発明が解決しようとする課題

0025

上述した特許文献1〜4に記載された各種装置に関しても、従来の映像表示装置と同様、映像表示装置に接続された外部装置から出力された映像信号に基づく画像を表示する場合、映像表示装置に設けられた操作部を操作し、表示部に出力される映像信号の切換えを行わなければならない。

0026

本発明は、上述した問題点に鑑み、映像表示装置に設けられた操作部を操作することなく、表示部に出力される映像信号の切換えを自動的に行うことが出来る映像表示装置を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0027

本発明に係る映像表示装置は、機器の各部を統括して制御する制御部と、外部装置から出力される映像信号を入力する映像信号入力部と、映像信号入力部から入力された映像信号に対して所定の処理を行う映像信号処理部と、映像信号処理部から出力される映像信号を入力する表示部とを備え、映像信号処理部で処理した映像信号から成る画像を記憶する記憶部と、表示部に出力される映像信号の切換えを行う切換部とを設けている。
そして、表示部に表示される画像の中から所定の画像を記憶部に記憶し、映像信号入力部に映像信号が入力した場合に、当該映像信号から成る画像と、記憶部に記憶された画像とが一致するか否かを検証し、当該検証の結果、両画像が一致する場合は、切換部により、表示部に出力する映像信号の切換えを行う。

0028

このようにすることで、映像装置に接続された外部装置から当該映像表示装置に映像信号が入力されることにより、映像信号処理部で処理された映像信号から成る画像と記憶部に記憶された画像が一致するか否かが検証され、当該検証の結果、両画像が一致する場合は、切換部により、表示部に表示される映像信号の切換えが行われるため、映像表示装置に設けられた操作部を操作することなく、表示部に出力される映像信号の切換えを自動的に行うことが出来る。

0029

本発明の映像表示装置において、映像信号入力部に映像信号が入力した場合に、予め設定された所定時間内において映像信号処理部で処理された映像信号から成る画像を一時的に記憶する一時記憶部を設け、一時記憶部に記憶された画像の中から、所定の画像を1つ選択して、記憶部に記憶してもよい。

0030

このようにすることで、表示部に表示される画像の中から所定の画像を選択する場合と異なり、操作部を操作することによるタイムラグが生じないため、選択操作時の画像と実際に選択された画像とが異なる事例の発生を軽減することが出来る。

0031

本発明の映像表示装置において、映像表示装置の操作を行う操作部を設け、操作部により所定の操作が行われた場合に、当該操作時において表示部に表示される画像を記憶部に記憶してもよい。

0032

このようにすることで、表示部に表示される画像の中から希望する画像を選択することが出来るため、選択画像により、当該画像の出力元である外部機器を容易に判別することが出来る。

0033

本発明の映像表示装置において、映像信号の入力開始時から所定時間を経過した時点において映像信号処理部で処理された映像信号から成る画像を記憶部に記憶してもよい。

0034

このようにすることで、複数の画像の中から所定の画像を1つ選択して記憶する場合や、操作部の操作に基づいて所定の画像を記憶する場合と異なり、自動的に画像が記憶されるため、画像の選択ミスや記憶忘れ等の事例の発生を軽減することが出来る。

発明の効果

0035

本発明によれば、映像信号入力部に映像信号が入力した場合に、当該映像信号から成る画像と記憶部に記憶された画像が一致する場合は、切換部により、表示部に出力される映像信号の切換えを自動的に行うことが出来る。

発明を実施するための最良の形態

0036

以下、本発明の実施形態につき、図面を参照しながら説明する。
尚、後述する図1図8において、同一部分または対応する部分には、同一符号を付してある。

0037

図1は、本発明に係る映像表示装置を含む全体構成の一例を示した図である。
図中において、100は、映像を表示する映像表示装置であり、液晶テレビ等から成る。15aは、映像表示装置100をリモートコントロールするためのリモートコントロール装置(以下、「リモコン」と記載)である。21は、テレビジョン放送等の放送電波を受信するためのアンテナであり、22aは、コンピュータゲームを行うためのゲーム装置である。22bは、BD(Blu-ray Disc;登録商標)等の記録媒体に記録された映像を再生する機能を有した再生装置であり、BDプレーヤー等から成る。

0038

映像表示装置100には、アンテナ21、ゲーム装置22a、再生装置22bがそれぞれ接続されているため、当該映像表示装置にて、テレビジョン放送や映画等の記録映像視聴でき、また、コンピュータゲームを行うことが出来る。

0039

図2は、本発明の実施形態である映像表示装置100を示したブロック図である。
図中に示すとおり、映像表示装置100は、制御部11、放送信号受信部12、映像信号入力部13、映像信号処理部14、操作部15、設定部16、一時記憶部17、記憶部18、切換部19、表示部20を有している。

0040

制御部11は、CPU等から成り、映像表示装置100の各部を統括して制御する。
放送信号受信部12は、放送電波を選局するチューナ(図示省略)や放送信号を復調する復調部(図示省略)等から成る。アンテナ21で受信された放送電波に基づく放送信号は、放送信号受信部12で受信される。

0041

映像信号入力部13は、図示しないビデオ入力端子やコンポーネント入力端子、HDMI端子PC入力端子等から成る。映像表示装置100に接続されるゲーム装置22aや再生装置22bから出力された映像信号は、映像信号入力部13にそれぞれ入力される。
映像信号処理部14は、放送信号受信部12で受信した放送信号に基づく映像信号や、映像信号入力部13に入力された映像信号に対して画像処理等の所定の処理を行う。

0042

操作部15は、図4のリモコン15aからの信号を受信する受光部(図示省略)や映像表示装置100のフロントパネル(図示省略)などに設けられたボタン部(図示省略)等から成る。
設定部16は、操作部15における操作に基づいて、画面表示設定や受信するチャンネルの設定など、映像表示装置100の各種設定を行う。

0043

一時記憶部17は、EEPROM(Electronically Erasable and Programmable
Read Only Memory)等から成る。映像信号入力部13に映像信号が入力した場合、設定部16に予め設定された所定時間(例えば、10秒)内において、当該映像信号に対する画像処理等の所定の処理が映像信号処理部14にて行われ、その後、この映像信号に基づく画像が一時記憶部17に記憶される。

0044

記憶部18は、RAM(Random Access Memory)等から成り、操作部15における操作に基づいて、映像信号処理部14にて画像処理等の所定の処理が行われた後、表示部20に表示された画像を記憶する。

0045

切換部19は、表示部20に出力される映像信号の切換えを行う。表示部20は、LCDやPDP等から成り、映像信号処理部14にて画像処理等が行われた映像信号から成る画像を表示する。

0046

以下においては、上述した本発明の実施形態である映像表示装置100の動作について順に説明する。

0047

まず、映像表示装置100の動作の第1実施例について説明する。

0048

(1)ゲーム装置が接続された場合の動作
映像表示装置100にゲーム装置22aが接続された場合、ゲーム装置22aから出力された映像信号が映像信号入力部13に入力した後、映像信号処理部14に出力される。

0049

映像信号処理部14では、入力された映像信号に対して画像処理等の所定の処理が行われる。ここで、本実施例においては、映像信号処理部14にて画像処理等の所定の処理が終了した映像信号に基づく画像を一時記憶部17に記憶する。

0050

詳しくは、設定部16に予め設定された所定時間(例えば、10秒)内において、当該映像信号に対する画像処理等の所定の処理が映像信号処理部14にて行われ、その後、この映像信号に基づく画像が一時記憶部17に記憶される。尚、 一時記憶部17に記憶される画像は、例えば、図7のa〜fで示される6枚の画像である。

0051

(2)ユーザーにより操作部が操作された場合の動作
次に、ユーザーにより、リモコン15aのボタン部15b(図4)におけるメニューボタン15e、設定ボタン15fが順に操作された場合、当該操作により、表示部20上に図8の20aに示す設定画面が表示される。

0052

設定画面20aにおいて、20bは、映像信号入力部13に入力される映像信号の出力元を示しており、20cは、設定画面20aにおける入力元20b毎に画像を登録するための登録欄である。

0053

映像表示装置100に、ゲーム装置22aが接続されている場合、設定画面20aの入力元20bの「ゲーム」に対応する登録欄20cにおいて、所定の画像を登録する。

0054

登録する画像は、例えば、一時記憶部17に記憶されている画像a〜f(図7)のいずれか1画像であり、本例においては、画像fを選択する。
そして、画像の選択が終了した場合、ユーザにより、再度、リモコン15aのボタン部15bにおいて、設定ボタン15fが操作され、当該操作に基づき当該設定が終了する。
尚、当該設定において登録された画像fは、図6に示す画像gとして記憶部18に記憶され、一時記憶部17に記憶された画像a〜fは、本設定終了後、消去される。

0055

(3)ゲーム装置が再接続または再起動された場合の動作
ゲーム装置22aが再接続または再起動された場合、ゲーム装置22aから出力された映像信号が映像信号入力部13に入力した後、映像信号処理部14に出力される。

0056

映像信号処理部14では、入力された映像信号に対して画像処理等の所定の処理が行われる。ここで、本実施形態においては、映像信号処理部14にて画像処理等の所定の処理が終了した映像信号に基づく画像が、制御部11により検証される。

0057

詳しくは、設定部16に予め設定された所定時間(例えば、10秒)内において、映像信号処理部14にて画像処理等の所定の処理が行われた映像信号に基づく画像と、上述した設定画面20aの入力元20bに対応する各登録欄20cにおいて、入力元20bの「ゲーム」に対応する登録欄20cに登録された画像とが一致するか否かが検証される。

0058

設定部16に予め設定された所定時間(例えば、10秒)内において、映像信号処理部14にて画像処理等の所定の処理が行われた映像信号に基づく画像は、図7に示す画像a〜fであり、入力元20bの「ゲーム」に対応する登録欄20cに登録された画像は画像gである。

0059

よって、まず、映像信号処理部14にて画像処理等の所定の処理が行われた映像信号に基づく画像aと入力元20bの「ゲーム」に対応する登録欄20cに登録された画像gとが一致するか否かが制御部11により検証される。

0060

本検証において、画像aと画像gとは一致しないため、表示部20に出力される映像信号の切換えが切換部19により行われない。以降の画像b〜eと画像gとの検証においても同様である。

0061

しかしながら、画像fと画像gとは一致するため、この時の検証結果に基づいて、表示部20に出力される映像信号の切換えが切換部19により行われる。

0062

以上のように、上述した第1実施例においては、映像表示装置100にゲーム装置22aが接続された場合、設定部16に予め設定された所定時間(例えば、10秒)内において、ゲーム装置22aから出力された映像信号に対する画像処理等の所定の処理が映像信号処理部14にて行われ、その後、この映像信号に基づく画像が一時記憶部17に記憶される。そして、ユーザー等による操作部15の操作に基づいて、入力元20bの「ゲーム」に対応する登録欄20cに一時記憶部17に記憶されている画像の中から1画像が登録される。

0063

これにより、ゲーム装置22aが再接続または再起動された場合、設定部16に予め設定された所定時間(例えば、10秒)内において、映像信号処理部14にて画像処理等の所定の処理が行われた映像信号に基づく画像と、設定画面20aの入力元20bの「ゲーム」に対応する登録欄20cに登録された画像とが一致する場合は、表示部20に出力される映像信号の切換えが切換部39により行われる。このため、従来のように操作部15を操作しなくても、表示部20に出力される映像信号を自動的に切換えることが出来る。

0064

次に、映像表示装置100の動作の第2実施例について説明する。

0065

(1)ゲーム装置が接続された場合の動作
映像表示装置100にゲーム装置22aが接続された場合、ゲーム装置22aから出力された映像信号が映像信号入力部13に入力した後、映像信号処理部14に出力される。

0066

映像信号処理部14では、入力された映像信号に対して画像処理等の所定の処理が行われる。

0067

(2)ユーザーにより操作部が操作された場合の動作
次に、ユーザーにより、リモコン15aのボタン部15bにおいてゲームボタン15d(図4)が操作された場合、ゲーム装置22aから出力された映像信号が表示部20に入力される。
この状態において、ユーザーにより、リモコン15aのボタン部15bにおいて記録ボタン15g(図4)が操作された場合、表示部20に入力された映像信号に基づく画像、つまり、表示部20上に表示されている画像が、制御部11の制御の下、記憶部18に記憶される。尚、記憶部18に記憶される画像は、例えば、図6のgで示される画像である。

0068

その後、リモコン15aのボタン部15bにおけるメニューボタン15e、設定ボタン15fが順に操作された場合、当該操作により、表示部20上に図8の20aに示す設定画面が表示される。

0069

設定画面20aにおいて、20bは、映像信号入力部13に入力される映像信号の出力元を示しており、20cは、設定画面20aにおける入力元20b毎に画像を登録するための登録欄である。

0070

映像表示装置100に、ゲーム装置22aが接続されている場合、設定画面20aの入力元20bの「ゲーム」に対応する登録欄20cにおいて、所定の画像をファイル名で登録する。

0071

登録する画像は、例えば、記憶部18に記憶されている画像gであるため、本登録においては、画像gのファイルを選択する。
そして、画像の選択が終了した場合、ユーザにより、再度、リモコン15aのボタン部15bにおいて、設定ボタン15eが操作され、当該操作に基づき当該設定が終了する。

0072

(3)ゲーム装置が再接続または再起動された場合の動作
ゲーム装置22aが再接続または再起動された場合、ゲーム装置22aから出力された映像信号が映像信号入力部13に入力した後、映像信号処理部14に出力される。

0073

映像信号処理部14では、入力された映像信号に対して画像処理等の所定の処理が行われる。ここで、本実施形態においては、映像信号処理部14にて画像処理等の所定の処理が終了した映像信号に基づく画像が、制御部11により検証される。

0074

詳しくは、設定部16に予め設定された所定時間(例えば、10秒)内において、映像信号処理部14にて画像処理等の所定の処理が行われた映像信号に基づく画像と、上述した設定画面20aの入力元20bに対応する各登録欄20cにおいて、入力元20bの「ゲーム」に対応する登録欄20cに登録された画像とが一致するか否かが検証される。

0075

設定部16に予め設定された所定時間(例えば、10秒)内において、映像信号処理部14にて画像処理等の所定の処理が行われた映像信号に基づく画像は、図7に示す画像a〜fであり、入力元20bの「ゲーム」に対応する登録欄20cに登録された画像は画像gである。

0076

よって、まず、映像信号処理部14にて画像処理等の所定の処理が行われた映像信号に基づく画像aと入力元20bの「ゲーム」に対応する登録欄20cに登録された画像gとが一致するか否かが制御部11により検証される。

0077

本検証において、画像aと画像gとは一致しないため、表示部20に出力される映像信号の切換えが切換部19により行われない。以降の画像b〜eと画像gとの検証においても同様である。

0078

しかしながら、画像fと画像gとは一致するため、この時の検証結果に基づいて、表示部20に出力される映像信号の切換えが切換部19により行われる。

0079

以上のように、上述した第2実施例においては、映像表示装置100にゲーム装置22aが接続された場合、ゲーム装置22aから出力された映像信号に対する画像処理等の所定の処理が映像信号処理部14にて行われ、その後、この映像信号に基づく画像が表示部20に表示される。そして、ユーザー等による操作部15の操作に基づいて、表示部20上に表示されている画像が記憶部18に記憶され、その後、入力元20bの「ゲーム」に対応する登録欄20cにおいて、記憶部18に記憶されている画像が登録される。

0080

これにより、ゲーム装置22aが再接続または再起動された場合、設定部16に予め設定された所定時間(例えば、10秒)内において、映像信号処理部14にて画像処理等の所定の処理が行われた映像信号に基づく画像と、設定画面20aの入力元20bの「ゲーム」に対応する登録欄20cに登録された画像とが一致する場合は、表示部20に出力される映像信号の切換えが切換部19により行われる。このため、従来のように操作部15を操作しなくても、表示部20に出力される映像信号を自動的に切換えることが出来る。

0081

最後に、映像表示装置100の動作の第3実施例について説明する。

0082

(1)ゲーム装置が接続された場合の動作
映像表示装置100にゲーム装置22aが接続された場合、ゲーム装置22aから出力された映像信号が映像信号入力部13に入力した後、映像信号処理部14に出力される。

0083

映像信号処理部14では、入力された映像信号に対して画像処理等の所定の処理が行われる。ここで、本実施例においては、映像信号処理部14にて画像処理等の所定の処理が終了した映像信号に基づく画像を記憶部18に記憶する。

0084

詳しくは、映像信号入力部13への映像信号(ゲーム装置22aから出力された映像信号)の入力開始時から所定時間が経過した場合、当該所定時間が経過した時点において映像信号処理部14で画像処理等の所定の処理が行われた映像信号に基づく画像が、制御部11の制御の下、記憶部18に記憶される。尚、記憶部18に記憶される画像は、例えば、図6のgで示される画像である。

0085

(2)ユーザーにより操作部が操作された場合の動作
次に、ユーザーにより、リモコン15aのボタン部15bにおいてゲームボタン15dが操作された場合、ゲーム装置22aから出力された映像信号が表示部20に入力される。

0086

その後、リモコン15aのボタン部15bにおけるメニューボタン15e、設定ボタン15fが順に操作された場合、当該操作により、表示部20上に図8の20aに示す設定画面が表示される。

0087

設定画面20aにおいて、20bは、映像信号入力部13に入力される映像信号の出力元を示しており、20cは、設定画面20aにおける入力元20b毎に画像を登録するための登録欄である。

0088

映像表示装置100に、ゲーム装置22aが接続されている場合、設定画面20aの入力元20bの「ゲーム」に対応する登録欄20cにおいて、所定の画像をファイル名で登録する。

0089

登録する画像は、例えば、記憶部18に記憶されている画像gであるため、本登録においては、画像gのファイルを選択する。
そして、画像の選択が終了した場合、ユーザにより、再度、リモコン15aのボタン部15bにおいて、設定ボタン15eが操作され、当該操作に基づき当該設定が終了する。

0090

(3)ゲーム装置が再接続または再起動された場合の動作
ゲーム装置22aが再接続または再起動された場合、ゲーム装置22aから出力された映像信号が映像信号入力部13に入力した後、映像信号処理部14に出力される。

0091

映像信号処理部14では、入力された映像信号に対して画像処理等の所定の処理が行われる。ここで、本実施形態においては、映像信号処理部14にて画像処理等の所定の処理が終了した映像信号に基づく画像が、制御部11により検証される。

0092

詳しくは、設定部16に予め設定された所定時間(例えば、10秒)内において、映像信号処理部14にて画像処理等の所定の処理が行われた映像信号に基づく画像と、上述した設定画面20aの入力元20bに対応する各登録欄20cにおいて、入力元20bの「ゲーム」に対応する登録欄20cに登録された画像とが一致するか否かが検証される。

0093

設定部16に予め設定された所定時間(例えば、10秒)内において、映像信号処理部14にて画像処理等の所定の処理が行われた映像信号に基づく画像は、図7に示す画像a〜fであり、入力元20bの「ゲーム」に対応する登録欄20cに登録された画像は画像gである。

0094

よって、まず、映像信号処理部14にて画像処理等の所定の処理が行われた映像信号に基づく画像aと入力元20bの「ゲーム」に対応する登録欄20cに登録された画像gとが一致するか否かが制御部11により検証される。

0095

本検証において、画像aと画像gとは一致しないため、表示部20に出力される映像信号の切換えが切換部19により行われない。以降の画像b〜eと画像gとの検証においても同様である。

0096

しかしながら、画像fと画像gとは一致するため、この時の検証結果に基づいて、表示部20に出力される映像信号の切換えが切換部19により行われる。

0097

以上のように、上述した第3実施例においては、映像表示装置100にゲーム装置22aが接続された場合、映像信号入力部13への映像信号(ゲーム装置22aから出力された映像信号)の入力開始時から所定時間が経過した時点において映像信号処理部14で画像処理等の所定の処理が行われた映像信号に基づく画像が記憶部18に記憶される。そして、ユーザー等による操作部15の操作に基づいて、入力元20bの「ゲーム」に対応する登録欄20cに記憶部18に記憶されている画像が登録される。

0098

これにより、ゲーム装置22aが再接続または再起動された場合、設定部16に予め設定された所定時間(例えば、10秒)内において、映像信号処理部14にて画像処理等の所定の処理が行われた映像信号に基づく画像と、設定画面20aの入力元20bの「ゲーム」に対応する登録欄20cに登録された画像とが一致する場合は、表示部20に出力される映像信号の切換えが切換部19により行われる。このため、従来のように操作部15を操作しなくても、表示部に出力される映像信号を自動的に切換えることが出来る。

0099

なお、上述した第3実施例では、ユーザーが設定画面20aにおいて入力元20bに応じた画像を登録するようにしたが、記憶部18に入力元20bごとの記憶エリアを設け、映像信号の入力開始時から所定時間が経過した時の映像信号の画像を、入力元20bに対応した記憶エリアへ自動的に登録するようにしてもよい。この場合は、次に外部装置が接続された際に、当該外部装置(入力元)に対応する記憶エリアがサーチされ、画像の一致・不一致が検証される。このようにすれば、ユーザーが設定画面20aで画像を登録する手間を省くことができる。

0100

本発明では、以上述べた以外にも種々の実施形態を採用することができる。例えば、上記実施形態では、映像表示装置100に接続されたゲーム装置22aから出力された映像信号に基づく画像を登録したが、これに限られず、ゲーム装置22aで再生するゲームソフト(図示省略)の映像信号に基づく画像を登録してもよい。

図面の簡単な説明

0101

本発明に係る映像表示装置を含む全体構成の一例を示した図である。
本発明の実施形態である映像表示装置を示したブロック図である。
従来の映像表示装置の一例を示したブロック図である。
本発明の実施形態である映像表示装置を操作するためのリモートコントロール装置を示した図である。
従来の映像表示装置を操作するためのリモートコントロール装置を示した図である。
記憶部に記憶される画像の一例を示した図である。
一時記憶部に記憶される画像の一例を示した図である。
表示部に表示される設定画面の一例を示した図である。

符号の説明

0102

11 制御部
12放送信号受信部
13映像信号入力部
14映像信号処理部
15 操作部
15aリモートコントロール装置
16 設定部
17一時記憶部
18 記憶部
19 切換部
20 表示部
a〜g 画像

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ