図面 (/)

技術 印刷装置および印刷方法

出願人 京セラ株式会社
発明者 麻生孝志
出願日 2008年5月28日 (12年1ヶ月経過) 出願番号 2008-139336
公開日 2009年12月10日 (10年6ヶ月経過) 公開番号 2009-285920
状態 特許登録済
技術分野 サーマルプリンタ(構造) 熱転写、熱記録一般
主要キーワード 平面視幅 交差角度α ラッピングフィルムシート 積層機構 外部接続用部材 可塑変形 弛み部分 JIS規格
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年12月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

インクフィルムシワの発生を低減することが可能な印刷装置ならびに印刷方法を提供する。

解決手段

本印刷方法は、主面52aより窪んでなりかつ矢印方向D3,D4に延びる窪み部52bを有する記録媒体50を用意する媒体準備工程と、記録媒体50を矢印D3方向に搬送するとともに、記録媒体50の主面52a上にインクフィルム60を矢印方向D1,D2に沿って押し当てながらサーマルヘッド10により溶融させて主面52a上にインク成分印刷する印刷工程と、印刷工程を経た記録媒体50からインクフィルム60を剥離する剥離工程と、を有しており、主面52aと窪み部52bの内周面との交線が、矢印方向D3,D4に対する角度が±45°以下である。

概要

背景

熱記録方式を採用する印刷装置としては、例えばプラスチックカード用のサーマルプリンタがある。このサーマルプリンタでは、複数の発熱部が配列形成されたサーマルヘッドと、この発熱部に向けて記録媒体となるプラスチックカード、およびインク成分を含有するインクフィルムを発熱部上に押し当てながら搬送する搬送手段を有している。このような構成のサーマルプリンタでは、サーマルヘッドの発熱部上にプラスチックカードおよびインクフィルムを搬送しつつ、発熱部を駆動してインクフィルムのインク成分をプラスチックカードに対して転写することにより、所望の画像を印刷している。

しかしながら、上述のサーマルプリンタでは、インクフィルムのインク成分をプラスチックカードに転写する際に、インクシートが発熱部上に押し当てられた際にインクシートの弛み部分が折り込まれてしまうことがあり、これを起点にしてインクシートにシワが発生してしまう場合があった。このようにインクフィルムにシワが発生した場合、印刷した画像の画質が低下したり、搬送詰まりが生じたりする場合があった。そこで、インクシートに均一な張力を加えてシワの発生を防止するインクシート搬送装置が開発され、例えば特許文献1に開示されている。
特開平5−309899号公報

概要

インクフィルムのシワの発生を低減することが可能な印刷装置ならびに印刷方法を提供する。 本印刷方法は、主面52aより窪んでなりかつ矢印方向D3,D4に延びる窪み部52bを有する記録媒体50を用意する媒体準備工程と、記録媒体50を矢印D3方向に搬送するとともに、記録媒体50の主面52a上にインクフィルム60を矢印方向D1,D2に沿って押し当てながらサーマルヘッド10により溶融させて主面52a上にインク成分を印刷する印刷工程と、印刷工程を経た記録媒体50からインクフィルム60を剥離する剥離工程と、を有しており、主面52aと窪み部52bの内周面との交線が、矢印方向D3,D4に対する角度が±45°以下である。

目的

本発明は、このような事情のもとで考え出されたものであって、インクフィルムのシワの発生を低減することが可能な印刷装置ならびに印刷方法を提供すること、を目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

発熱部を有する熱記録ヘッドと、記録媒体インクフィルムとを第1方向に搬送する搬送部と、前記記録媒体と前記インクフィルムとを重ねた状態で前記熱記録ヘッドの前記発熱部上に押し当てる押圧部と、前記記録媒体から前記インクフィルムを剥離する剥離部とを備え、前記記録媒体の基準面上に前記インクフィルムを押し当てながら該インクフィルムを前記熱記録ヘッドにより溶融させて前記基準面上にインク印刷する印刷装置であって、前記記録媒体は、前記基準面に前記第1方向に伸びる窪み部を有しており、前記基準面と前記窪み部の内周面との交線は、前記第1方向に対する角度が±45°以下であることを特徴とする印刷装置。

請求項2

基準面より窪んでなり、かつ第1方向に延びる窪み部を有する記録媒体を用意する媒体準備工程と、前記記録媒体を前記第1方向に搬送するとともに、前記基準面上にインクフィルムを前記第1方向と略直交する第2方向に沿って押し当てながら該インクフィルムを熱記録ヘッドにより溶融させて前記基準面上にインクを印刷する印刷工程と、前記印刷工程を経た前記記録媒体から前記インクフィルムを剥離する剥離工程とを有しており、前記基準面と前記窪み部の内周面との交線の前記第1方向に対する角度を±45°以下に設定することを特徴とする、印刷方法

請求項3

前記窪み部を複数設けて、印刷された前記インクの前記窪み部中に位置する部位の厚みを前記基準面上に位置する部位の厚みに比べて小さくすることを特徴とする請求項2に記載の印刷方法。

請求項4

前記剥離工程を経た前記記録媒体の前記インク上に、表面の凹凸を小さくする平坦化層を形成する平坦化工程をさらに有していることを特徴とする、請求項2または3に記載の印刷方法。

請求項5

前記窪み部の平面視幅を前記記録媒体に印刷される画像の画素線密度の10分の1以下とすることを特徴とする請求項2から4のいずれかに記載の印刷方法。

請求項6

前記窪み部を複数設けて、複数の前記窪み部の平面視幅の総和を前記記録媒体の平面視幅の3分の1以下とすることを特徴とする請求項2から5のいずれかに記載の印刷方法。

請求項7

前記窪み部を前記第1方向における前記記録媒体の一端から他端に渡って設けることを特徴とする請求項2から6のいずれかに記載の印刷方法。

技術分野

0001

本発明は、熱記録方式を採用する印刷装置および印刷方法に関する。

背景技術

0002

熱記録方式を採用する印刷装置としては、例えばプラスチックカード用のサーマルプリンタがある。このサーマルプリンタでは、複数の発熱部が配列形成されたサーマルヘッドと、この発熱部に向けて記録媒体となるプラスチックカード、およびインク成分を含有するインクフィルムを発熱部上に押し当てながら搬送する搬送手段を有している。このような構成のサーマルプリンタでは、サーマルヘッドの発熱部上にプラスチックカードおよびインクフィルムを搬送しつつ、発熱部を駆動してインクフィルムのインク成分をプラスチックカードに対して転写することにより、所望の画像を印刷している。

0003

しかしながら、上述のサーマルプリンタでは、インクフィルムのインク成分をプラスチックカードに転写する際に、インクシートが発熱部上に押し当てられた際にインクシートの弛み部分が折り込まれてしまうことがあり、これを起点にしてインクシートにシワが発生してしまう場合があった。このようにインクフィルムにシワが発生した場合、印刷した画像の画質が低下したり、搬送詰まりが生じたりする場合があった。そこで、インクシートに均一な張力を加えてシワの発生を防止するインクシート搬送装置が開発され、例えば特許文献1に開示されている。
特開平5−309899号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、特許文献1に開示されているインクシート搬送装置では、サーマルヘッドの発熱部の熱でインクフィルムに部分的な伸びが生じた際に、伸びた部分と伸びていない部分とで加えられる張力が不均一になり、インクシートに新たな弛み部分が生じてしまい、依然としてインクシートにシワが発生する場合があった。

0005

本発明は、このような事情のもとで考え出されたものであって、インクフィルムのシワの発生を低減することが可能な印刷装置ならびに印刷方法を提供すること、を目的とする。

課題を解決するための手段

0006

本発明の印刷装置は、発熱部を有する熱記録ヘッドと、記録媒体とインクフィルムとを第2方向に搬送する搬送部と、前記記録媒体と前記インクフィルムとを重ねた状態で前記熱記録ヘッドの前記発熱部に押し当てる押圧部と、前記記録媒体から前記インクフィルムを剥離する剥離部と、を備え、前記記録媒体の基準面上に前記インクフィルムを押し当てながら該インクフィルムを前記熱記録ヘッドにより溶融させて前記基準面上にインクを印刷するものであって、前記記録媒体が、前記基準面に前記第1方向に伸びる窪み部を有しており、前記基準面と前記窪み部の内周面との交線が、前記第1方向に対する角度が±45°以下であることを特徴としている。

0007

本発明の印刷方法は、第1方向に延びる窪み部を有する記録媒体を用意する媒体準備工程と、前記記録媒体を前記第1方向に搬送するとともに、前記基準面上にインクフィルムを前記第1方向と略直交する第2方向に沿って押し当てながら該インクフィルムを熱記録ヘッドにより溶融させて前記基準面上にインクを印刷する印刷工程と、前記印刷工程を経た前記記録媒体から前記インクフィルムを剥離する剥離工程と、を有しており、前記基準面と前記窪み部の内周面との交線の前記第1方向に対する角度を±45°以下に設定することを特徴としている。

0008

本発明の印刷方法は、前記窪み部を複数設けて、印刷された前記インクの前記窪み部中に位置する部位の厚みを前記基準面上に位置する部位の厚みに比べて小さくするのが好ましい。

0009

本発明の印刷方法は、前記剥離工程を経た前記記録媒体のインク上に、表面の凹凸を小さくする平坦化層を形成する平坦化工程をさらに有しているのが好ましい。

0010

本発明の印刷方法は、前記窪み部の平面視幅を前記記録媒体に印刷される画像の画素線密度の10分の1以下とするのが好ましい。

0011

本発明の印刷方法は、前記窪み部を複数設けて、複数の前記窪み部の平面視幅の総和を前記記録媒体の平面視幅の3分の1以下とするのが好ましい。

0012

本発明の印刷方法は、前記窪み部を前記第1方向における前記記録媒体の一端から他端に渡って設けるのが好ましい。

発明の効果

0013

本発明の印刷装置は、発熱部を有する熱記録ヘッドと、記録媒体とインクフィルムとを第2方向に搬送する搬送部と、記録媒体と前記インクフィルムとを重ねた状態で熱記録ヘッドの発熱部に押し当てる押圧部と、記録媒体からインクフィルムを剥離する剥離部と、を備え、記録媒体の主面上にインクフィルムを押し当てながら該インクフィルムを熱記録ヘッドにより溶融させて主面上にインクを印刷するものであって、記録媒体が、基準面に第1方向に伸びる窪み部を有しており、基準面と窪み部の内周面との交線が、第1方向に対する角度が±45°以下である。そのため、本発明の印刷装置では、例えばインクフィルムに伸びが生じた場合でも新たな弛み部分を窪み部に収容することができ、インクフィルムが折り込まれるのを低減することができる。したがって、本発明の印刷装置では、インクフィルムにシワが発生するのを低減することができる。

0014

本発明の印刷方法では、基準面より窪んでなりかつ第1方向に延びる窪み部を有する記録媒体を用意する媒体準備工程と、記録媒体を第1方向に搬送するとともに、基準面上に第1方向と略直交する第2方向に沿ってインクフィルムを押し当てながら該インクフィルムを熱記録ヘッドにより溶融させて基準面上にインクを印刷する印刷工程と、印刷工程を経た記録媒体からインクフィルムを剥離する剥離工程と、を有しており、基準面と窪み部の内周面との交線の第1方向に対する角度を±45°以下に設定する。そのため、本発明の印刷方法では、例えば印刷工程においてインクフィルムに伸びが生じた場合でも新たな弛み部分を窪み部内に収容することができ、インクフィルムが折り込まれるのを低減することができる。したがって、本発明の印刷方法では、インクフィルムにシワが発生するのを低減することができる。

0015

本発明の印刷方法において、窪み部を複数設けて、印刷されたインクの窪み部中に位置する部位の厚みを基準面上に位置する部位の厚みに比べて小さくする場合、印刷工程においてインクフィルムの伸びが大きくなった場合でも窪み部内に良好に収容することができる。そのため、本構成の印刷方法では、インクフィルムにシワが発生するのをより低減することができる。

0016

本発明の印刷方法において、剥離工程を経た記録媒体のインク上に、表面の凹凸を小さくする平坦化層を形成する平坦化工程をさらに有している場合、画質を高めることができる。

0017

本印刷方法において、窪み部の平面視幅を記録媒体に印刷される画像の画素線密度の10分の1以下とする場合、インクフィルムにシワが発生するのを低減しつつ、画質を高めることができる。

0018

本発明の印刷方法において、窪み部を複数設けて、複数の窪み部の平面視幅の総和を記録媒体の平面視幅の3分の1以下とする場合、インクフィルムにシワが発生するのを低減しつつ、画質を高めることができる。

0019

本発明の印刷方法において、窪み部を第1方向における前記記録媒体の一端から他端に渡って設ける場合、インクフィルムと記録媒体との押圧状態を安定化させ、記録媒体を良好に搬送することができる。

発明を実施するための最良の形態

0020

<印刷装置>
図1は、本発明の印刷装置の実施形態の一例であるサーマルプリンタXの概略構成を示す図である。

0021

サーマルプリンタXは、サーマルヘッド10と、制御手段20と、積層機構30と、搬送機構40と、を有している。このサーマルプリンタXでは、記録媒体50にインクシート60のインク成分で画像を形成するとともに、形成した画像上に積層フィルム70を積層させるよう構成されている。

0022

図2は、図1に示したサーマルヘッド10の概略構成を示す平面図である。

0023

図3は、(a)が図2に示したサーマルヘッド10の要部を拡大した平面図であり、(b)が(a)に示したIIIb−IIIb線に沿った断面図である。

0024

サーマルヘッド10は、記録媒体50にインクシート60のインク成分で画像を形成する機能を有するものである。このサーマルヘッド10は、基板11と、蓄熱層12と、抵抗体層13と、導電層14と、保護層15と、駆動IC16とを含んで構成されている。

0025

基板11は、蓄熱層12と、抵抗体層13と、導電層14と、保護層15と、駆動IC16とを支持する機能を有するものである。この基板11は、平面視において矢印方向D1,D2に延びる略矩形状に構成されている。

0026

蓄熱層12は、抵抗体層13の後述する発熱部Hにおいて発生する熱の一部を一時的に蓄積する機能を有するものである。すなわち、蓄熱層12は、発熱部Hの温度を上昇させるのに要する時間を短くして、サーマルヘッド10の熱応答特性を高める役割を担うものである。この蓄熱層12は、基板11上に位置しており、矢印方向D1,D2に延びる帯状に構成されている。また、この蓄熱層12は、矢印方向D1,D2に直交する直交方向における断面形状が略半楕円状に構成されている。

0027

抵抗体層13は、導電層14に対して接続されている。この抵抗体層13は、一部が蓄熱層12上に位置している。本実施形態では、導電層14から電圧印加される抵抗体層13のうち導体層40が上に形成されていない部位が発熱部Hとして機能している。

0028

発熱部Hは、導電層14からの電圧印加により発熱するものである。この発熱部Hは、導電層14からの電圧印加による発熱温度が例えば200[℃]以上450[℃]以下の範囲となるように構成されている。この発熱部Hは、蓄熱層12の上方に位置しており、矢印方向D1,D2に沿って配列されている。本実施形態の発熱部Hは、300[dot/inch]の線密度で配列されている。本実施形態では、この発熱素子Hの配列方向がサーマルヘッドXの主走査方向となる。この外部接続用部材161としては、フレキシブルケーブル161aおよびコネクタ162bなどの組み合わせが挙げられる。

0029

導電層14は、発熱部Hに対して電圧を印加する機能を有するものである。この導電層14は、抵抗体層13上に位置している。また、この導電層14は、第1導電層141と、第2導電層142とを含んで構成されている。

0030

第1導電層141は、各々の一端部が複数の発熱部Hのそれぞれの一端に接続されている。第1導電層141は、各々の他端部が駆動IC16に対して接続されている。この第1導電層141は、発熱部Hの矢印D3方向側に位置している。

0031

第2導電層142は、その端部が複数の発熱部Hの他端、および図示しない電源に対して電気的に接続されている。この第2導電層142は、発熱部Hの矢印D4方向側に位置している。

0032

保護層15は、発熱部Hと、導電層14とを保護する機能を有するものである。この保護層15は、発熱部Hおよび導電層14を覆うように形成されている。

0033

駆動IC16は、複数の発熱部Hの電力供給状態を制御する機能を有するものである。この駆動IC16は、第1導電層141の他端部に対して電気的に接続されている。このような構成とすることにより、発熱部Hを選択的に発熱させることができる。また、この駆動IC16には、外部接続用部材が電気的に接続されている。

0034

外部接続用部材161は、発熱部Hを駆動するための電気信号を供給する機能を有するものである。

0035

制御機構20は、駆動IC16に画像情報を供給する機能を有するものである。つまり、制御機構20は、外部接続用部材161を介して発熱部Hを選択的に駆動する画像情報を駆動IC16に供給する役割を担うものである。

0036

積層機構30は、積層フィルム70を記録媒体50上に積層させる機能を有するものである。本実施形態では、積層機構30が定着ヒータ31を含んで構成されている。

0037

図4は、定着ヒータ31の概略構成を示す図である。

0038

定着ヒータ31は、基板32と、蓄熱層33と、発熱抵抗体34と、電極パターン35と、保護層とを含んで構成されている。

0039

基板32は、蓄熱層33と、発熱抵抗体34と、電極パターン35と、保護層とを支持する機能を有するものである。この基板11は、平面視において矢印方向D1,D2に延びる長矩形状に構成されている。

0040

蓄熱層33は、発熱抵抗体34において発生する熱の一部を一時的に蓄積する機能を有するものである。この蓄熱層33は、基板32上に位置している。

0041

発熱抵抗体34は、電極パターン35からの電圧印加により発熱するものである。この発熱抵抗体34は、電極パターン35からの電圧印加による発熱温度が例えば200℃以上550℃以下の範囲となるように構成されている。この発熱抵抗体34は、蓄熱層33上に位置しており、矢印方向D1,D2に沿って延びている。

0042

電極パターン35は、発熱抵抗体34に対して電圧を印加する機能を有するものである。

0043

保護層は、発熱抵抗体34と、電極パターン35とを保護する機能を有するものである。この保護層は、発熱抵抗体34および電極パターン35を覆うように形成されている。なお、図4では、見やすさの観点から省略されている。

0044

搬送機構40は、第1プラテンローラ41と、第2プラテンローラ42と、第1搬送ローラ43,44と、第2搬送ローラ45,46とを含んで構成されている。

0045

第1プラテンローラ41は、記録媒体50とインクシート60とをサーマルヘッド10の発熱部H上に位置する保護層15に対して押し付ける機能を有するものである。この第1プラテンローラ41は、発熱部H上に位置する保護層15に接触した状態で回転可能に支持されている。

0046

第2プラテンローラ42は、記録媒体50と積層シート70とを定着ヒータ31の発熱抵抗体34上に位置する保護層36に対して押し付ける機能を有するものである。この第2プラテンローラ42は、発熱抵抗体34上に位置する保護層36に接触した状態で回転可能に支持されている。

0047

第1搬送ローラ43,44は、記録媒体50とインクシート60とを搬送する機能を有するものである。すなわち、第1搬送ローラ43,44は、サーマルヘッド10の発熱部Hと第1プラテンローラ41との間に記録媒体50とインクシート60とを供給するとともに、発熱部Hと第1プラテンローラ41との間から記録媒体50とインクシート60とを引き抜く役割を担うものである。また、本実施形態では、記録媒体50と重ねられたインクシート60を引きはがす役割も担っている。

0048

第2搬送ローラ45,46は、記録媒体50と積層フィルム70とを搬送する機能を有するものである。すなわち、第2搬送ローラ45,46は、積層機構30の発熱抵抗体34と第2プラテンローラ42との間に記録媒体50と積層フィルム70とを供給するとともに、発熱抵抗体34と第2プラテンローラ42との間から積層フィルム70が被着された記録媒体50を引き抜く役割を担うものである。

0049

図5は、記録媒体50の概略構成を示す図であり、(a)は平面図であり、(b)は(a)に示したVb−Vb線に沿った断面図である。

0050

記録媒体50は、基材51と、加工層52とを含んで構成される。

0051

基材51は、記録媒体50の本体として機能するものである。この基材51の外形状としては、例えばJIS規格X6301:1998に規定されるID−1が挙げられる。基材51を形成する材料としては、例えば基材材料として従来公知の樹脂材料と、薄葉紙とが挙げられる。このような樹脂材料としては、例えばポリエチレンテレフタラートポリエチレンナフタレートなどのポリエステル系と、ポリプロピレンと、ポリカーボネートと、セロハンと、酢酸セルロースと、ホリエチレンと、ポリ塩化ビニルと、ポリエーテルエーテルケトンと、ポリサルホンと、ポリエーテルサルホンと、ポリスチレンと、ポリアミドポリエーテルイミドと、ポリイミドと、ポリ塩化ビニリデンと、アクリロニトリルブタジエンスチレン共重合体ABS樹脂)と、アイオノマなどのプラスチックフィルムとが挙げられる。また、薄葉紙としては、例えばグラシン紙と、コンデンサ紙と、パラフィン紙とが挙げられる。本実施形態においては、ポリ塩化ビニルにより基材51が形成されている。

0052

加工層52は、印字面として機能するものである。加工層52は、基材51の矢印D6方向側の主面51a上に位置している。本実施形態の加工層52は、その矢印D6方向側の基準面としての主面52aから矢印D5方向側に窪んでなり、矢印方向D3,D4に延びる窪み部52bを有している。この窪み部52bは、矢印方向D3,D4に沿って形成されており、互いが略平行に配されている。また、この窪み部52bは、その矢印方向D3,D4における幅W1と、矢印方向D5,D6における深さd1と、が略等しい。この窪み部52bの幅W1の範囲としては、例えば1μm以上15μm以下の範囲が挙げられる。また、この窪み部52bの幅W1としては、画質が低下するのを低減する観点から、画素密度の10分の1以下であるのが好ましい。さらに、この窪み部52bは、画質が低下するのを低減する観点から、各々の幅W1の総和が記録媒体50の平面視幅W0の3分の1以下であるのが好ましい。この加工層52を形成する材料としては、例えばビニル系樹脂と、ポリエステル樹脂と、ポリスチレン樹脂と、アクリル系樹脂と、ウレタン系樹脂と、シリコーン樹脂と、これら樹脂の混合物とが挙げられる。

0053

図6は、インクシート60の概略構成を示す断面図であり、(a)は平面図であり、(b)は(a)に示したVIb−VIb線に沿った断面図である。

0054

インクシート60は、支持体61と、インク層62と、を含んで構成される。

0055

支持体61は、インクフィルム60の本体として機能するものである。この支持体61を形成する材料としては、サーマルヘッド10の熱に耐えるものが挙げられる。このような材料としては、例えばプラスチックフィルムと、薄葉紙とが挙げられる。このようなプラスチックフィルム材料としては、例えばポリエチレン系樹脂と、ポリアミド樹脂と、ポリイミド樹脂と、ポリカーボネート樹脂と、ポリサルホン樹脂と、ポリビニルアルコールセロファン樹脂と、ポリスチレン樹脂とが挙げられる。また、このような薄葉紙としては、例えばグラシン紙と、コンデンサ紙と、パライフィン紙とが挙げられる。

0056

インク層62は、インク成分と、バインダ成分とを含んで構成されている。また、このインク層62は、支持体61上に積層されている。このインク層62は、サーマルヘッド10の熱によりバインダ成分が溶融し、インク成分が昇華し、記録媒体に被着するように構成されている。このインク成分としては、例えばシアン色素と、マゼンダ色素と、イエロー色素と、ブラック色素とが挙げられる。また、このバインダ成分としては、例えばセルロース系樹脂と、ポリビニルアセタール樹脂と、ビニル系樹脂と、ゴム系樹脂と、アイオノマ樹脂と、オレフィン系樹脂と、ポリエステル樹脂とが挙げられる。

0057

図7は、積層フィルム70の概略構成を示す図であり、(a)は平面図であり、(b)は(a)に示したVIIb−VIIb線に沿った断面図である。

0058

積層フィルム70は、本体71と、接着層72と、を有している。

0059

本体71は、記録媒体50の加工層52上に形成された印画を保護する機能を有するものである。この本体71を形成する材料としては、例えばビニル系樹脂と、ポリエステル樹脂と、ポリスチレン樹脂と、アクリル系樹脂と、ウレタン系樹脂と、シリコーン系樹脂と、これらの混合物とが挙げられる。

0060

接着層72は、本体71を加工層52上に接着する機能を有するものである。この接着層72を形成する材料としては、例えば熱可塑性樹脂が挙げられる。この熱可塑性樹脂としては、例えばアクリル系樹脂と、ビニル系樹脂と、ポリエステル樹脂と、ポリアミド樹脂とが挙げられる。

0061

<印刷方法>
ここで、本発明の印刷方法の一例としてサーマルプリンタXによる記録媒体50への印刷方法を説明する。

0062

まず、媒体準備工程を行う。具体的には、図5に示した記録媒体50と、図6に示したインクシート60とを準備する。

0063

次に、印刷工程を行う。具体的には、記録媒体50とインクシート60とを重ね合わせた状態で、サーマルヘッド10と第1プラテンローラ41との間に搬送するとともに、発熱素子Hを印刷する画像に応じて発熱させる。この発熱素子Hの発する熱により、インクシート60のインク層62のバインダ成分を昇華させ、記録媒体50上にインク成分を被着させる。この被着したインク成分が記録媒体50の印刷画像として機能する。

0064

次に、剥離工程を行う。具体的には、印刷工程を経て記録媒体50上に融着したインクシート60を記録媒体50から剥離し、画像を印刷した面を露出させる。

0065

次に、積層工程を行う。具体的には、まず、記録媒体50の画像を形成した面上に、積層フィルム70を重ね合わせる。次に、記録媒体50および積層フィルム70を重ね合わせた状態で、定着ヒータ31および第2プラテンローラ42の間に搬送するとともに、定着ヒータ31の発熱抵抗体34を発熱させる。この発熱抵抗体34の発する熱により接着層72を可塑変形させて記録媒体50と積層フィルム70の本体71とを接着する。

0066

本実施形態では、以上の工程を経て記録媒体50に印刷している。

0067

本発明の実施形態に係る印刷方法は、主面52aより窪んでなりかつ矢印方向D3,D4に延びる窪み部52bを有する記録媒体50を用意する媒体準備工程と、記録媒体50を矢印D3方向に搬送するとともに、記録媒体50の主面52a上にインクフィルム60を矢印方向D1,D2に沿って押し当てながら該インクフィルム60をサーマルヘッド10により溶融させて主面52a上にインク成分を印刷する印刷工程と、印刷工程を経た記録媒体50からインクフィルム60を剥離する剥離工程と、を有しており、主面52aと窪み部52bの内周面との交線の矢印方向D3,D4に対する角度を±45°以下に設定している。そのため、この実施形態の印刷方法では、印刷工程においてインクフィルム60に伸びが生じた場合でも新たな弛み部分を窪み部52b内に収容することができるとともに、弛み部分が窪み部52bから押し出されるのを低減できるので、インクフィルム60が折り込まれるのを低減することができる。したがって、この実施形態の印刷方法では、インクフィルム60にシワが発生するのを低減することができる。

0068

この印刷方法において、窪み部52bを複数設けて、インク成分の窪み部52b中に位置する部位の厚みを主面52a上に位置する部位の厚みに比べて小さくしているので、印刷工程においてインクフィルム60の伸びが大きくなった場合でも窪み部52b内に良好に収容することができる。そのため、この印刷方法では、インクフィルム60にシワが発生するのをより低減することができる。

0069

この印刷方法において、剥離工程を経た記録媒体50のインク上に、表面の凹凸を小さくする積層フィルム70を形成する積層工程をさらに有するので、画質を高めることができる。

0070

この印刷方法では、記録媒体50の窪み部52bを矢印方向D3,D4に沿って延ばしているので、インクフィルム60にシワが発生した場合でもシワが矢印方向D3,D4に拡がるのを低減することができる。

0071

サーマルプリンタXは、この印刷方法を採用している。そのため、サーマルプリンタXは、インクフィルム60にシワが発生するのを低減することができる。

0072

以上、本発明の具体的な実施形態を示したが、本発明はこれに限定されるものではなく、発明の要旨から逸脱しない範囲内で種々の変更が可能である。

0073

本実施形態では、サーマルプリンタXに、積層手段40が設けられているが、このような構成に限るものでなく、サーマルプリンタと異なる装置により積層フィルム70を加工層52上に接着してもよい。

0074

本実施形態では、窪み部52bが設けられた記録媒体50を用いているが、このような記録媒体50に限らず、窪み部を有さない記録媒体50に対して窪み部を新たに設けたものを用いてもよい。

0075

本実施形態では、記録媒体50が加工層52を含んで構成されており、加工層52に窪み部52bが設けられているが、このような構成に限るものでない。例えば基材51が窪み部を有していてもよい。

0076

本実施形態のサーマルプリンタXは、サーマルヘッド10と、積層機構30として用いられる定着ヒータ31と、を含んで構成されているが、このような構成に限るものでなく、サーマルヘッド10が積層手段としての機能を有していてもよし、サーマルプリンタXと積層手段40とを別に設けてもよい。

0077

本実施形態のサーマルプリンタXは、記録媒体50の窪み部52bが記録媒体50の搬送方向である矢印D3方向に沿って設けられているが、このような構成に限るものでない。この窪み部52bは、矢印D3方向に対する交差角度αの範囲が±45°以下であればよい。この範囲であれば例えば印刷工程においてインクフィルム60に伸びが生じた場合でも新たな弛み部分を窪み部内に収容することができる。

0078

本実施形態では、記録媒体50の窪み部52bが矢印方向D3,D4に沿って伸びているが、このような構造に限るものでない。例えば図8(a)に示したように窪み部52Ab間の間隔が矢印D3方向に進むにつれて小さくなっていたり、各窪み部52Bbの矢印方向D3,D4に対する交差角度αが±45°以下の範囲内で周期的に変化していたりしてもよい。

0079

本実施形態では、熱記録ヘッドとしてサーマルヘッド10を採用しているが、これに限られるものでなく、例えば定着ヒータであってもよい。

0080

<実施例>
次に、本発明の実施例を示す。本実施例では、記録媒体の搬送方向に対する記録媒体の窪み部が延びる方向の交差角度を変えて、記録媒体とインクフィルムとの融着の有無を調べる。

0081

まず、記録媒体として略矩形状のプラスチックカード(PVカード、株式会社ファプロダクツ製)を複数用意した。

0082

次に、窪み部を形成した。まず、上述のプラスチックカードをアルミニウムからなる金属板上に両面テープで貼り付けた。次に、ラッピングフィルムインペリアルラッピングフィルムシート、住友スリエム株式会社製)を用いて、粒径が1[μm]以上30[μm]以下のSiCからなる砥粒でプラスチックカードの表面を研磨した。これにより、プラスチックカードの表面に、前述の交差角度がそれぞれ異なる窪み部を形成し、これらをNo.1〜13の試料とした。

0083

次に、窪み部を形成した試料に対して印刷装置(SP55を改造、日本データカード株式会社製)を用いて下記条件で画像を印刷した。なお、この印刷装置では、試料の矢印方向に沿って搬送するように構成されている。
印刷条件
印加エネルギ:通常使用の1.3倍
・印字速度:1.5倍
印字画像:全面が濃い青の単色パターン
次に、印刷された画像にインクの剥がれや、インクフィルムにシワが発生していないかを評価した。

0084

評価結果を下記表1に示す。この表1では、シワが殆ど発生していないものを「◎」と評価し、シワが生じているが実用上支障のないものを「○」と評価し、シワが生じているが記録媒体の搬送に支障のないものを「△」と評価した。また、交差角度は、搬送方向に向かって右側を正とした。

0085

0086

上記の結果から、搬送方向に対する窪み部が伸びる方向の交差角度が±45°以下である場合に、シワの発生を実用上支障のない程度に低減できることが分かった。また、上記の結果から、この交差角度が±35°以下である場合に、シワの発生をより低減できることが分かった。

0087

なお、本実施例では、プラスチックカードに対して新たに窪み部を形成しているが、このようなプラスチックカードに限られず、窪み部が形成されたプラスチックカードを用いてもよい。

図面の簡単な説明

0088

本発明の印刷装置の実施形態の一例であるサーマルプリンタの概略構成を示す図である。
図1に示したサーマルヘッドの概略構成を示す平面図である。
図2に示したサーマルヘッドの要部拡大図であり、(a)は平面図であり、(b)は(a)に示したIIIb−IIIb線に沿った断面図である。
図1に示した積層手段の概略構成を示す平面図である。
図1に示した記録媒体の概略構成を示す図であり、(a)は平面図であり、(b)は(a)に示したVb−Vb線に沿った断面図である。
図1に示したインクシートの概略構成を示す図であり、(a)は平面図であり、(b)は(a)に示したVIb−VIb線に沿った断面図である。
図1に示した積層フィルムの概略構成を示す図であり、(a)は平面図であり、(b)は(a)に示したVIIb−VIIb線に沿った断面図である。
(a),(b)は図5に示した記録媒体の変形例をそれぞれ示す平面図である。

符号の説明

0089

Xサーマルプリンタ
H発熱部
10サーマルヘッド
11基板
12蓄熱層
13抵抗体層
14導電層
141 第1導電層
142 第2導電層
15 保護層
16 駆動IC
161外部接続用部材
20制御機構
30積層機構
31定着ヒータ
32 基板
33 蓄熱層
34発熱抵抗体
35電極パターン
36 保護層
40搬送機構
41 第1プラテンローラ
42 第2プラテンローラ
43,44 第1搬送ローラ
45,46 第2搬送ローラ
50記録媒体
51基材
52加工層
60インクシート
61支持体
62インク層
70積層フィルム
71 本体
72接着層

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • セイコーインスツル株式会社の「 サーマルプリンタ」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】カッターロックの発生を抑制することができるサーマルプリンタを提供する。【解決手段】実施形態のサーマルプリンタは、記録紙に対して印刷を行うサーマルヘッドと、可動刃11と、を有するヘッドユニット3... 詳細

  • セイコーインスツル株式会社の「 サーマルプリンタおよび携帯型端末」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】外部から放電された静電気を接地に逃がすことができるサーマルプリンタおよび携帯型端末を提供する。【解決手段】実施形態のサーマルプリンタ13は、記録紙に対して印刷を行うサーマルヘッド21と、サーマ... 詳細

  • 三菱製紙株式会社の「 熱転写受像シート」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】印字濃度が高く、良好な真珠光沢感を有する熱転写受像シートを提供する。【解決手段】支持体上に平均二次粒子径が500nm以下の無機微粒子と真珠光沢顔料を含有する多孔質な断熱層を有し、該断熱層上にイ... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ