図面 (/)

技術 炭塗工ソックス

出願人 株式会社森林研究所
発明者 石村まゆみ
出願日 2008年5月2日 (12年1ヶ月経過) 出願番号 2008-145138
公開日 2009年11月19日 (10年7ヶ月経過) 公開番号 2009-270238
状態 未査定
技術分野 靴下類;パンティストッキング 包帯、被覆用品
主要キーワード 指間部 破砕粉 接着液 塗工材料 環境改善 ソックス かかと 原料炭
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年11月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

ソックスに炭の層を設けて臭いを吸収するためには、汚れないで吸着性を有し、洗濯に耐える炭層を得ることが必要である。

解決手段

布の片面に炭塗工液を塗工して、炭層を有する炭塗工布を得、図1のようにソックスの内側や外側に関わらず、ソックスの底部前面又は底部全面に、炭塗工布を貼り付けて一体化した消臭ソックス。

概要

背景

特願平09−214487に、竹炭を所定形状の大きさに砕いて、この砕いた竹炭を、ソックス足底を内部中空二重構造とした中に入れた構造のものはある。

また,特願2001−232839に竹粉炭を特殊接着液にて溶き、予め用意した中敷、靴下内の中敷等の足の底部に当らない部分に設けた溝に塗布し木綿、不織布等で覆い竹粉炭脱落防止加工した水虫、皮膚疾等を防ぐと共に除湿保温等を計り日常生活環境改善を行うものはある。

このように、炭は静菌作用吸着効果が優れているため、靴下や靴敷きには炭を封入して利用したものはある。

概要

ソックスに炭の層を設けて臭いを吸収するためには、汚れないで吸着性を有し、洗濯に耐える炭層を得ることが必要である。 布の片面に炭塗工液を塗工して、炭層を有する炭塗工布を得、のようにソックスの内側や外側に関わらず、ソックスの底部前面又は底部全面に、炭塗工布を貼り付けて一体化した消臭ソックス。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

布の片面に炭塗工液を塗工して、炭層を有する炭塗工布を得、図1、図2、図3のようにソックスの内側や外側に関わらず、底部前面又は底部全面とかかと部分、又は底部全面又は底部全面とかかと部分に、炭塗工布を貼り付けて一体化したソックス。

請求項2

図2のようにソックスやカバーの内側や外側に関わらず、底部前面又は底部全面とかかと部分、又は底部全面又は底部全面とかかと部分に炭塗工液を塗工して得たソックスとカバー。

技術分野

0001

炭層を有するソックスに関する。

背景技術

0002

特願平09−214487に、竹炭を所定形状の大きさに砕いて、この砕いた竹炭を、ソックスの足底を内部中空二重構造とした中に入れた構造のものはある。

0003

また,特願2001−232839に竹粉炭を特殊接着液にて溶き、予め用意した中敷、靴下内の中敷等の足の底部に当らない部分に設けた溝に塗布し木綿、不織布等で覆い竹粉炭脱落防止加工した水虫、皮膚疾等を防ぐと共に除湿保温等を計り日常生活環境改善を行うものはある。

0004

このように、炭は静菌作用吸着効果が優れているため、靴下や靴敷きには炭を封入して利用したものはある。

参考文献1

特願平09−214487

参考文献2

特願2001−232839

発明が解決しようとする課題

0005

しかし、炭は汚れ性質があるため、汚れを防ぐ構造に大きなコストを要し、アイデアがあっても実用化は困難であった。

0006

このように、従来は炭の汚れる性質をなくして、炭粉を直接ソックスに加工して吸着性耐水性を保持し、洗濯しても炭粉が剥離しないように処理する技術がなかったために、低コストでソックスと炭を一体化して臭いを取ることは困難であった。

課題を解決する手段

0007

近年、汚れない、吸着性、耐水性、柔軟性、堅牢性がある炭塗工材料である炭塗工液が開発された。

0008

この炭塗工液は粉炭エチレン酢酸ビニル接着剤と水を混合したものであり、布に塗工すると図7のような、柔軟性があり洗濯にも耐えることができる炭層を有する炭塗工布ができる。

0009

本発明は吸着作用を保持した汚れない炭塗工液を使用したものであり、これをソックスに加工して従来からの課題を解決したものであり、洗濯に耐える耐水堅牢度も有する特性がある。

0010

ソックスはニット網で伸縮性に富んでいるが、炭塗工液は柔軟性があるため、ニットの伸縮にも一定範囲内で対応できる。

0011

炭は細菌の増殖を抑制して臭いの軽減をすると伴に、臭いを吸着するため消臭作用に優れていることは公知であるが、本発明の炭塗工液も原料炭同様に吸着性、静菌性の特性を有する。

0012

更に、炭層はザラザラして摩擦が大きく、ソックスやカバーに炭塗工部があると、足が動く度に角質が磨耗されて古い角質が取れ、つるつるした綺麗な肌になる。

0013

請求項1は、炭塗工液を用いて図7のような炭塗工布を得、適当な大きさに切り抜いて、ソックスに貼って一体化したことが特徴であり、足の臭いの発生源である指間部分を中心にしたソックス底部前面に貼ったものと、ソックス底部全面に貼ったものができる。

0014

足の大きさには個人差があるため、ソックス底部前面に貼ると、寸法の種類を少なくできコストが安くなる。

0015

加えて、かかと部分にも炭塗工布を貼り付けると、足が動く度に角質が磨耗されて古い角質が取れ、つるつるした綺麗な肌になる。

0016

請求項2はソックスやカバーに直接炭塗工液を塗工してソックスと一体化したことが特徴であり、コストが安くできる。ソックス内側に塗工すれば炭のザラザラした感触を得ることができ、角質が研磨されてつるつると綺麗になる。

0017

外側に塗工すれば従来とほぼ同じ履き心地である。

0018

請求項1、請求項2伴に臭いの発生源の指間近接して炭層を有するため、静菌作用や消臭作用には極めて優れていて、炭層が洗濯にも耐えることができる耐水堅牢度を有することが特徴である。

0019

ソックスに炭塗工布を貼るとき、炭層が表でも裏でもよいが、足に炭層が接していると、特に指間部分は圧迫磨耗と湿気によって破砕粉が生じて多少黒くなることがあるため、指間部分は直接炭層に接しないのが望ましい。

0020

炭層を形成するための炭粉には木炭、竹炭、活性炭のいずれか又は混合したものを使用し、炭粉径は0.02〜0.5ミリメートルの範囲である。

発明の効果

0021

ソックスに臭いがしないため靴も臭わずに足の異臭から開放され、美しい素足を得ることができる。

0022

炭塗工液を布に施した図7のような炭塗工布を得て、図6のように炭塗工布を所定の大きさに切断したものを、ソックス外側の底部前面に貼り付けてソックスと一体化したものであり、履いた時の状態は図1のようになる。

0023

炭塗工布を貼るとソックスとの間に段ができて、歩くと違和感があるため、感じにくい土踏まずを境にして貼る。

0024

図4のように、ソックス外側の底部前面に炭塗工液を塗工したものである。

0025

ソックス外側の底部前面と内側かかと部分に炭塗工液を塗工したものであり履いたときの状態は図5のようになる。

0026

このとき、炭塗工液を塗工するとソックスとの間に段ができて、歩くと違和感があるため、感じにくい土踏まずを境にして塗工する。

0027

図3のように、ソックス底部前面の他かかと部分にも炭塗工布を所定の大きさに切断して貼り付けて一体化したものである。

図面の簡単な説明

0028

は底部前面に炭塗工布を貼ったものであり、ソックス使用時の概略断面図である。は底部全面に炭塗工布を貼ったものであり、ソックス使用時の概略断面図である。は底部前面とかかと部分に炭塗工布を貼ったものであり、ソックス使用時の概略断面図である。は底部前面に炭塗工液を塗工したものであり、ソックス使用時の概略断面図である。は底部前面とかかと部分に炭塗工液を塗工したものであり、ソックス使用時の概略断面図である。はソックス底部から見た姿図である。は布に炭塗工液を塗工して得た、炭塗工布の斜視図である。

符号の説明

0029

1.ソックス
2.炭層
3.布

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 丸光産業株式会社の「 サポーター用生地及びサポーター」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】人体部位を十分に圧迫及び固定することができると共に、快適に装着することができるサポーター用生地及びサポーターの提供。【解決手段】2枚の伸縮性生地11、12間に、非伸縮性生地13a、13bを熱融... 詳細

  • 株式会社山忠の「 靴下」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】脚部の筋力が低下するなどして摺り足のように歩行する人が着用した場合であっても、歩行中の転倒を抑制することができる滑り止め用の靴下を提供する。【解決手段】靴下は、糸を編成することにより形成された... 詳細

  • スリーエムイノベイティブプロパティズカンパニーの「 ロール製品」が 公開されました。( 2020/04/02)

    【課題】帯状部材の手切れ性の向上と強度とを両立させることができるロール製品を提供する。【解決手段】一つの切断誘発部の中で、幅方向に複数並べられた仮想切断線の列は、長手方向において複数列形成され、長手方... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ