図面 (/)

技術 車載装置、サーバ装置および通信システム

出願人 パナソニック株式会社
発明者 大萱芳久岸本由央
出願日 2008年4月23日 (12年8ヶ月経過) 出願番号 2008-112181
公開日 2009年11月12日 (11年1ヶ月経過) 公開番号 2009-267562
状態 特許登録済
技術分野 計算機間の情報転送 双方向TV,動画像配信等 電話通信サービス
主要キーワード 同期配信 終了時刻データ 譲渡要求 自動車登録番号 データ処理後 テレビ会議用端末 通信切替 データ受信者
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年11月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

電話回線網IP通信網を利用する情報通信装置から車載装置、または車載装置から情報通信装置に通信状態移行させるシステムを提供する。

解決手段

車載用サーバ装置と、1つまたは複数の車載装置と、電話回線網やIP通信網などの既存のネットワークに接続して、データの送受信を行う1つまたは複数の情報通信装置とを具備し、前記車載用サーバ装置は、データ処理や装置の制御を行う制御部と、複数の車載装置との通信を行うローカル通信部と、前記既存のネットワークに接続して、データの送受信を行うグローバル通信部と、映像音声などの各種データを記録する記録部とを具備し、前記車載装置は、前記車載用サーバ装置との通信を行うローカル通信部を具備し、前記情報通信装置は、前記既存のネットワークに接続して、データの送受信を行うグローバル通信部を具備する。

概要

背景

従来の情報通信装置および通信ステムにおいて、複数の情報通信装置を通信宛先で管理し、機器を移って別の機器を使用しても、通信を保持し続けることを可能にする情報通信装置、通信システムおよび通信方法が知られている(例えば、特許文献1参照)。
特開2005−260348号公報(第1頁、第1図等)

概要

電話回線網IP通信網を利用する情報通信装置から車載装置、または車載装置から情報通信装置に通信状態移行させるシステムを提供する。車載用サーバ装置と、1つまたは複数の車載装置と、電話回線網やIP通信網などの既存のネットワークに接続して、データの送受信を行う1つまたは複数の情報通信装置とを具備し、前記車載用サーバ装置は、データ処理や装置の制御を行う制御部と、複数の車載装置との通信を行うローカル通信部と、前記既存のネットワークに接続して、データの送受信を行うグローバル通信部と、映像音声などの各種データを記録する記録部とを具備し、前記車載装置は、前記車載用サーバ装置との通信を行うローカル通信部を具備し、前記情報通信装置は、前記既存のネットワークに接続して、データの送受信を行うグローバル通信部を具備する。

目的

かかる構成により、前記既存のネットワークを介して、前記車載装置と前記情報通信装置との間に通信サービスを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

少なくとも、カメラマイク、モニタスピーカ具備するAV入出力部と、少なくとも映像および音声データを記録する記録部と、サーバ装置との間でのデータ送受信機能を有するローカル通信部と、上記各部の制御を行う制御部と、を具備し、前記記録部は、使用者車両固有の情報を記録する車両情報記録手段を具備する、ことを特徴とする車載装置

請求項2

請求項1に記載の車載装置であって、前記記録部は、前記車両固有の情報として、自動車登録番号標または車両番号標を記録する、ことを特徴とする車載装置。

請求項3

請求項1に記載の車載装置であって、前記制御部は、前記車両固有の情報を用いてデータを暗号化する暗号化手段を具備する、ことを特徴とする車載装置。

請求項4

請求項3に記載の車載装置であって、前記暗号化手段は、データの種別や特徴を表す領域にのみ暗号化する、ことを特徴とする車載装置。

請求項5

請求項1に記載の車載装置であって、前記制御部は、前記暗号化手段により暗号化されたデータを復号する復号手段を具備する、ことを特徴とする車載装置。

請求項6

請求項1に記載の車載装置であって、前記制御部は、前記記録部に記録された映像データの画質を変更する画質調整手段を具備する、ことを特徴とする車載装置。

請求項7

請求項1に記載の車載装置であって、前記制御部は、前記記録部に記録された音声データの音質を変更する音質調整手段を具備する、ことを特徴とする車載装置。

請求項8

請求項1に記載の車載装置であって、前記制御部は、サーバから受信する映像データを静止画像切り替えて前記AV入出力部のモニタに表示し、さらに前記静止画像から前記映像データに戻して表示させる受信映像切替手段を具備する、ことを特徴とする車載装置。

請求項9

請求項1に記載の車載装置であって、前記ローカル通信部は、サーバに送信する映像データを静止画像に切り替え、さらに前記静止画像から前記映像データに切り替える送信映像切替手段を具備する、ことを特徴とする車載装置。

請求項10

請求項1に記載の車載装置であって、前記制御部は、前記記録部に記録された複数の映像データを同時に再生する同時再生手段と、再生する映像を前記AV入出力部のモニタに分割表示する分割表示手段と、を具備する、ことを特徴とする車載装置。

請求項11

請求項10に記載の車載装置であって、前記制御部は、前記複数の映像データに含まれる音声データを解析し、発声者を検出する発声者検出手段を具備する、ことを特徴とする車載装置。

請求項12

少なくとも映像および音声データを記録する記録部と、少なくとも電話回線網および/またはIP通信網を含む既存のネットワーク常時接続して、データの送受信を行うグローバル通信部と、1つ以上の車載装置との通信を行うローカル通信部と、上記各部の制御を行う制御部と、を具備し、前記制御部は、前記車載装置に通信宛先割り当て、前記グローバル通信部から受信するデータを、前記記録部に記録し、前記ローカル通信部を介して前記車載装置と通信接続された状態で、前記記録部に記録されたデータを送信し、さらに、前記車載装置から通信宛先を付加して送信されたデータを前記記録部に記録し、記録したデータを前記グローバル通信部を介して前記既存のネットワークに送信できる通信制御手段を具備する、ことを特徴とするサーバ装置。

請求項13

請求項12に記載のサーバ装置であって、前記制御部は、前記ローカル通信部を介して前記車載装置と通信接続され、前記グローバル通信部より前記既存のネットワークを介して情報通信装置と通信接続された状態で、前記車載装置と前記情報通信装置の通信状態を切り替える通信状態切替手段を具備する、ことを特徴とするサーバ装置。

請求項14

請求項12に記載のサーバ装置であって、前記記録部は、前記車両固有の情報を記録する車両情報記録手段を具備し、前記制御部は、前記記録部に記録されたデータに対し、前記車両固有の情報を用いて暗号化および復号する暗復号手段を具備する、ことを特徴とするサーバ装置。

請求項15

請求項12に記載のサーバ装置であって、前記制御部は、前記記録部に記録された映像データの画質を変更する画質調整手段を具備する、ことを特徴とするサーバ装置。

請求項16

請求項12に記載のサーバ装置であって、前記制御部は、前記記録部に記録された音声データの音質を変更する音質調整手段を具備する、ことを特徴とするサーバ装置。

請求項17

請求項12に記載のサーバ装置であって、前記記録部は、前記車載装置を含む情報通信装置の性能に係る情報を記録する端末情報記録手段を具備する、ことを特徴とするサーバ装置。

請求項18

請求項12に記載のサーバ装置であって、前記制御部は、前記車載装置を含む情報通信装置に映像データを静止画像に切り替えて送信し、さらに前記静止画像から前記映像データに戻して送信する動画静止画切替手段を具備する、ことを特徴とするサーバ装置。

請求項19

請求項12に記載のサーバ装置であって、前記記録部は、複数の映像データおよび音声データを同時に記録する同時記録手段を具備し、前記制御部は、前記記録部に記録された前記複数の音声データを解析し、発声者を検出する発声者特定手段を具備する、ことを特徴とするサーバ装置。

請求項20

請求項12に記載のサーバ装置と、前記サーバ装置との通信状態を、前記車載装置を含む他の情報通信装置に移行する要求を前記サーバ装置に送信する通信譲渡要求手段をそれぞれ具備する車載装置および情報通信装置から構成される、ことを特徴とする通信システム

請求項21

請求項12に記載のサーバ装置と、前記サーバ装置との通信状態を、前記車載装置を含む他の情報通信装置から受け継ぐ要求を、前記サーバ装置に送信する通信譲受要求手段をそれぞれ具備する車載装置および情報通信装置から構成される、ことを特徴とする通信システム。

請求項22

請求項20または請求項21に記載の通信システムであって、前記情報通信装置は、携帯電話端末である、ことを特徴とする通信システム。

請求項23

請求項20または請求項21に記載の通信システムであって、前記情報通信装置は、テレビ会議用端末である、ことを特徴とする通信システム。

請求項24

請求項1に記載の1つ以上の車載装置と、請求項12に記載のサーバ装置とから構成される通信システムであって、前記サーバ装置の前記記録部は、車両固有の情報を記録する車両情報記録手段を具備し、前記サーバ装置の前記制御部は、前記車両固有の情報による認証手段を具備する、ことを特徴とする通信システム。

請求項25

請求項1に記載の1つ以上の車載装置と、請求項12に記載のサーバ装置とから構成される通信システムであって、前記車載装置の前記制御部は、前記複数の映像および音声データの開始または終了時刻が異なる際に、各データの開始または終了時刻情報を基に、全ての映像および音声を同期させて再生する同期再生手段を具備し、前記サーバ装置の前記記録部は、前記ローカル通信部および前記グローバル通信部で受信する複数の映像データおよび音声データに、開始および終了に係る時刻情報を付加して記録する時刻情報記録手段を具備する、ことを特徴とする通信システム。

技術分野

0001

本発明は、車載装置サーバ装置および通信ステムにかかわり、特に車載装置がサーバ装置と通信する際の認証技術や、既存のネットワークを利用した通信技術等に関するものである。

背景技術

0002

従来の情報通信装置および通信システムにおいて、複数の情報通信装置を通信宛先で管理し、機器を移って別の機器を使用しても、通信を保持し続けることを可能にする情報通信装置、通信システムおよび通信方法が知られている(例えば、特許文献1参照)。
特開2005−260348号公報(第1頁、第1図等)

発明が解決しようとする課題

0003

しかしながら、従来の情報通信装置および通信システムにおいては、電話番号やIPアドレスのような、通信宛先を割り当てる方式が確立されていない車載装置に対して、通信状態移行することは困難であり、さらに、車載装置間で利用されるネットワーク通信メーカー独自の方式であるため、既存の電話回線網IP通信網を利用する情報通信装置から車載装置、または車載装置から情報通信装置に通信状態を移行することは困難であるという課題があった。

課題を解決するための手段

0004

本第一の発明の車載装置は、少なくとも、カメラマイク、モニタスピーカ具備するAV入出力部と、少なくとも映像および音声データを記録する記録部と、サーバ装置との間でのデータ送受信機能を有するローカル通信部と、上記各部の制御を行う制御部と、を具備し、前記記録部は、使用者車両固有の情報を記録する車両情報記録手段を具備することを特徴とする車載装置である。

0005

かかる構成により、前記車両情報記録手段によって記録された車両固有の情報を基に、各車両に具備される車載装置に対して通信宛先を割り当てることができ、車載装置間の通信が可能となる。

0006

また、本第二の発明の車載装置は、第一の発明に対して、前記記録部は、前記車両固有の情報として、自動車登録番号標または車両番号標を記録することを特徴とする車載装置である。

0007

かかる構成により、前記車両情報記録手段によって記録された自動車登録番号標または車両番号標を基に、各車両に具備される車載装置に対して唯一の通信宛先を割り当てることができ、車載装置間での通信宛先の重複を発生させることなく、車載装置間の通信が可能となる。

0008

また、本第三の発明の車載装置は、第一の発明に対して、前記制御部は、前記車両固有の情報を用いてデータを暗号化する暗号化手段を具備することを特徴とする車載装置である。

0009

かかる構成により、データ送信時に、第三者への情報漏洩を防ぐことが可能となる。

0010

また、本第四の発明の車載装置は、第三の発明に対して、前記暗号化手段は、データの種別や特徴を表す領域にのみ、暗号化することを特徴とする車載装置である。

0011

かかる構成により、データ送信時に、第三者への情報漏洩を防ぐだけでなく、
前記車載装置の演算処理負荷や、ネットワーク通信の負荷を軽減することが可能となる。

0012

また、本第五の発明の車載装置は、第一の発明に対して、前記制御部は、前記暗号化手段により暗号化されたデータを復号する復号手段を具備することを特徴とする車載装置である。

0013

かかる構成により、データ受信者は、送信者が暗号化する前の元データを取得することが可能となる。

0014

また、本第六の発明の車載装置は、第一の発明に対して、前記制御部は、前記記録部に記録された映像データの画質を変更する画質調整手段を具備することを特徴とする車載装置である。

0015

かかる構成により、サーバから高ビットレートの映像データをストリーム再生する際など、通信状態に応じて画質を調整することで、再生時の映像のコマ落ちを防止することが可能となる。

0016

また、本第七の発明の車載装置は、第一の発明に対して、前記制御部は、前記記録部に記録された音声データの音質を変更する音質調整手段を具備することを特徴とする車載装置である。

0017

かかる構成により、サーバから高ビットレートの音声データをストリーム再生する際など、通信状態に応じて音質を調整することで、再生時の音声の途切れを防止することが可能となる。

0018

また、本第八の発明の車載装置は、第一の発明に対して、前記制御部は、サーバから受信する映像データを静止画像切り替えて前記AV入出力部のモニタに表示し、さらに前記静止画像から前記映像データに戻して表示させる受信映像切替手段を具備することを特徴とする車載装置である。

0019

かかる構成により、ストリーム再生中に前記サーバとの通信状態が悪化した場合など、一時的に静止画像を表示することで、映像の乱れを軽減することが可能となる。

0020

また、本第九の発明の車載装置は、第一の発明に対して、前記ローカル通信部は、サーバに送信する映像データを静止画像に切り替え、さらに前記静止画像から前記映像データに切り替える送信映像切替手段を具備することを特徴とする車載装置である。

0021

かかる構成により、前記サーバとの通信状態が悪化した場合など、一時的に静止画像を送信することで、通信負荷を軽減することが可能となる。

0022

また、本第十の発明の車載装置は、第一の発明に対して、前記制御部は、前記記録部に記録された複数の映像データを同時に再生する同時再生手段と、再生する映像を前記AV入出力部のモニタに分割表示する分割表示手段とを具備することを特徴とする車載装置である。

0023

かかる構成により、複数の映像データを前記表示装置に同時に再生表示することが可能となる。

0024

また、本第十一の発明の車載装置は、第十の発明に対して、前記制御部は、前記複数の映像データに含まれる音声データを解析し、発声者を検出する発声者検出手段を具備することを特徴とする車載装置である。

0025

かかる構成により、前記AV入出力部のモニタの表示画面が小さく、同時に分割表示された映像の認識が困難な場合、発声者の映像を拡大するなどして、視認性を高めることが可能となる。

0026

また、本第十二の発明のサーバ装置は、少なくとも映像および音声データを記録する記録部と、少なくとも電話回線網および/またはIP通信網を含む既存のネットワークに常時接続して、データの送受信を行うグローバル通信部と、1つ以上の車載装置との通信を行うローカル通信部と、上記各部の制御を行う制御部とを具備し、前記制御部は、前記車載装置に通信宛先を割り当て、前記グローバル通信部から受信するデータを、前記記録部に記録し、前記ローカル通信部を介して前記車載装置と通信接続された状態で、前記記録部に記録されたデータを送信し、さらに、前記車載装置から通信宛先を付加して送信されたデータを前記記録部に記録し、記録したデータを前記グローバル通信部を介して前記既存のネットワークに送信できる通信制御手段を具備することを特徴とするサーバ装置である。

0027

かかる構成により、前記既存のネットワークを介して、前記車載装置と前記情報通信装置との間に通信サービスを提供することが可能となる。

0028

また、本第十三の発明のサーバ装置は、第十二の発明に対して、前記制御部は、前記ローカル通信部を介して前記車載装置と通信接続され、前記グローバル通信部より前記既存のネットワークを介して情報通信装置と通信接続された状態で、前記車載装置と前記情報通信装置の通信状態を切り替える通信状態切替手段を具備することを特徴とするサーバ装置である。

0029

かかる構成により、前記車載装置と前記サーバ装置との通信状態を前記情報通信装置に移行し、車両外部に持ち出して通信を継続することが可能となり、車両内に戻る際には、再度前記車載装置に通信状態を戻すことが可能となる。

0030

また、本第十四の発明のサーバ装置は、第十二の発明に対して、前記記録部は、前記車両固有の情報を記録する車両情報記録手段を具備し、前記制御部は、前記記録部に記録されたデータに対し、前記車両固有の情報を用いて暗号化および復号する暗復号手段を具備することを特徴とするサーバ装置である。

0031

かかる構成により、データ送受信時に、第三者への情報漏洩を防ぐことが可能となる。

0032

また、本第十五の発明のサーバ装置は、第十二の発明に対して、前記制御部は、前記記録装置に記録された映像データの画質を変更する画質調整手段を具備することを特徴とするサーバ装置である。

0033

かかる構成により、高ビットレートの映像データをストリーム配信する際など、通信状態に応じて画質を調整することで、ネットワーク通信の負荷を軽減することが可能となる。

0034

また、本第十六の発明のサーバ装置は、第十二の発明に対して、前記制御部は、前記記録装置に記録された音声データの音質を変更する音質調整手段を具備することを特徴とするサーバ装置である。

0035

かかる構成により、高ビットレートの音声データをストリーム配信する際など、通信状態に応じて音質を調整することで、ネットワーク通信の負荷を軽減することが可能となる。

0036

また、本第十七の発明のサーバ装置は、第十二の発明に対して、前記記録部は、前記車載装置を含む情報通信装置の性能に係る情報を記録する端末情報記録手段を具備することを特徴とするサーバ装置である。

0037

かかる構成により、画像サイズを送信先の装置の表示サイズに変換して送信するなど、前記情報通信装置の性能に応じたデータ送信が可能となる。

0038

また、本第十八の発明のサーバ装置は、第十二の発明に対して、前記制御部は、前記車載装置を含む情報通信装置に映像データを静止画像に切り替えて送信し、さらに前記静止画像から前記映像データに戻して送信する、動画静止画切替手段を具備することを特徴とするサーバ装置である。

0039

かかる構成により、前記情報通信装置との通信状態が悪化した場合など、一時的に静止画像を送信することで、通信負荷を軽減することが可能となる。

0040

また、本第十九の発明のサーバ装置は、第十二の発明に対して、前記記録部は、複数の映像データおよび音声データを同時に記録する同時記録手段を具備し、前記制御部は、前記記録部に記録された前記複数の音声データを解析し、発声者を検出する発声者特定手段を具備することを特徴とするサーバ装置である。

0041

かかる構成により、前記同時記録手段により記録された映像データをストリーム配信する際に、発声者の映像を拡大するなどして、視認性を高めることが可能となる。

0042

また、本第二十の発明の通信システムは、第十二の発明のサーバ装置と、前記サーバ装置との通信状態を、前記車載装置を含む情報通信装置に移行する要求を前記サーバ装置に送信する通信譲渡要求手段を具備する車載装置および情報通信装置から構成される通信システムである。

0043

かかる構成により、前記車載装置の操作により、前記車載装置と前記サーバ装置との通信状態を前記情報通信装置に移行し、車両外での通信が可能となり、移行後は、前記情報通信装置の操作により、再度前記車載装置に通信状態を戻すことが可能となる。

0044

また、本第二十一の発明の通信システムは、第十二の発明のサーバ装置と、前記サーバ装置との通信状態を、前記車載装置を含む他の情報通信装置から受け継ぐ要求を、前記サーバ装置に送信する通信譲受要求手段を具備する車載装置および情報通信装置から構成される通信システムである。

0045

かかる構成により、前記情報通信装置の操作により、前記車載装置と前記サーバ装置との通信状態を前記情報通信装置に移行し、車両外での通信が可能となり、移行後は、前記車載装置の操作により、再度前記車載装置に通信状態を戻すことが可能となる。

0046

また、本第二十二の発明の通信システムは、第二十または第二十一の発明に対して、前記情報通信装置は、携帯電話端末であることを特徴とする通信システムである。

0047

かかる構成により、前記車載装置または前記携帯電話端末の操作により、前記車載装置と前記サーバ装置との通信状態を前記携帯電話端末に移行し、車両外部に持ち出して通信を継続することが可能となり、車両内に戻る際には、再度前記車載装置に通信状態を戻すことが可能となる。

0048

また、本第二十三の発明の通信システムは、第二十または第二十一の発明に対して、前記情報通信装置は、テレビ会議用端末であることを特徴とする通信システムである。

0049

かかる構成により、前記テレビ会議端末テレビ会議を行っている状態から、前記車載装置または前記テレビ会議端末の操作により、前記テレビ会議端末と前記サーバ装置との通信状態を前記車載装置に移行し、車両内でテレビ会議を継続することが可能となる。

0050

また、本第二十四の発明の通信システムは、第一の発明の車載装置と、第十二の発明のサーバ装置から構成され、前記サーバ装置の前記記録部は、車両固有の情報を記録する車両情報記録手段を具備し、前記サーバ装置の前記制御部は、前記車両固有の情報による認証手段を具備することを特徴とする通信システムである。

0051

かかる構成により、前記車載装置と前記サーバ装置間で前記車両固有の情報による認証を行うことで、セキュアな通信が可能となる。

0052

また、本第二十五の発明の通信システムは、第一の発明の車載装置と、第十二の発明のサーバ装置から構成され、前記車載装置の前記制御部は、前記複数の映像および音声データの開始または終了時刻が異なる際に、各データの開始または終了時刻情報を基に、全ての映像および音声を同期させて再生する同期再生手段を具備し、前記サーバ装置の前記記録部は、前記ローカル通信部および前記グローバル通信部で受信する複数の映像データおよび音声データに、開始および終了に係る時刻情報を付加して記録する時刻情報記録手段を具備することを特徴とする通信システムである。

0053

かかる構成により、前記サーバ装置がデータの開始および終了時刻を付加した複数の映像データおよび音声データをストリーム配信することで、前記車載装置が受信した複数の映像および音声データを同時に再生する際に、各データの開始または終了時刻が異なっていても、映像および音声を同期させて再生することが可能となる。

発明の効果

0054

本発明による車載装置、サーバ装置および通信システムによれば、電話回線網やIP通信網などの既存のネットワークを利用し、車載装置の認証やデータの暗復号を利用したセキュアな通信、ネットワーク負荷の軽減、装置間における通信状態の移行、複数のテレビ会議記録データの同期配信などを実現できる。

発明を実施するための最良の形態

0055

以下、車載装置、車載用サーバ装置および通信システム等の実施形態について図面を参照して説明する。なお、実施の形態において同じ符号を付した構成要素は同様の動作を行うので、再度の説明を省略する場合がある。

0056

(実施の形態1)
図1は、本実施の形態1における通信システムのブロック図である。

0057

この通信システムは、車載用サーバ装置1、車載装置2、情報通信装置3、IP通信網4から構成される。

0058

車載用サーバ装置1は、制御部10a、ローカル通信部20a、グローバル通信部30a、記録部40aを具備する。

0059

車載装置2は、制御部10b、ローカル通信部20b、記録部40b、AV入出力部50aを具備する。

0060

情報通信装置3は、制御部10c、グローバル通信部30c、AV入出力部50bを具備する。

0061

制御部10aは、通信制御手段101を具備する。この制御部10aは、通常、MPUやメモリ等から実現され得る。制御部10aの処理手順は、通常、ソフトウェアで実現され、当該ソフトウェアはROM等の記録媒体に記録されている。但し、ハードウェア専用回路)で実現しても良い。

0062

制御部10bは、通常、MPUやメモリ等から実現され得る。制御部10bの処理手順は、通常、ソフトウェアで実現され、当該ソフトウェアはROM等の記録媒体に記録されている。但し、ハードウェア(専用回路)で実現しても良い。

0063

制御部10cは、通常、MPUやメモリ等から実現され得る。制御部10cの処理手順は、通常、ソフトウェアで実現され、当該ソフトウェアはROM等の記録媒体に記録されている。但し、ハードウェア(専用回路)で実現しても良い。

0064

記録部40aは、不揮発性の記録媒体でも、揮発性の記録媒体でも良い。

0065

記録部40aにデータが記憶される過程は問わない。例えば、記録媒体を介してデータが記録部40aで記憶されるようになってもよく、通信回線等を介して送信されたデータが記録部40aで記憶されるようになってもよく、あるいは、入力デバイスを介して入力されたデータが記録部40aで記憶されるようになってもよい。

0066

記録部40bは、不揮発性の記録媒体でも、揮発性の記録媒体でも良い。

0067

記録部40bにデータが記憶される過程は問わない。例えば、記録媒体を介してデータが記録部40bで記憶されるようになってもよく、通信回線等を介して送信されたデータが記録部40bで記憶されるようになってもよく、あるいは、入力デバイスを介して入力されたデータが記録部40bで記憶されるようになってもよい。

0068

AV入出力部50aは、カメラ501a、マイク502a、モニタ503a、スピーカ504aを具備する。

0069

AV入出力部50bは、カメラ501b、マイク502b、モニタ503b、スピーカ504bを具備する。

0070

以下、本実施の形態1における通信システムの具体的な動作について説明する。

0071

情報通信装置3において、制御部10cは、AV入出力部50bのカメラ501bおよびマイク502bより入力された映像および音声をデータ処理後、グローバル通信部30bより、映像および音声データを、車載装置2に割り当てられた通信宛先に送信する。送信された映像および音声データは、IP通信網4を介して車載用サーバ装置1のグローバル通信部30aより受信される。

0072

車載用サーバ装置1において、制御部10aの通信制御手段101は、受信した映像および音声データを記録部40aに蓄積し、通信宛先の車載装置2とネットワーク接続されているときに、記録部40aに蓄積された映像および音声データをローカル通信部20aより車載装置2に送信する。車載装置2において、制御部10bは、ローカル通信部20bより受信した映像および音声データをAV入出力部50aのモニタ503aおよびスピーカ504aに出力する。

0073

また、車載装置2において、制御部10bは、AV入出力部50aのカメラ501aおよびマイク502aより入力された映像および音声をデータ処理後、車載用サーバ装置1とネットワーク接続されているときに、ローカル通信部20bより、映像および音声データを、情報通信装置3の通信宛先に送信する。送信された映像および音声データは、車載用サーバ装置1のローカル通信部20aより受信する。車載用サーバ装置1において、制御部10aの通信制御手段101は、受信した映像および音声データを記録部40aに蓄積し、蓄積された映像および音声データをグローバル通信部30aより、IP通信網4を介して情報通信装置3に送信する。

0074

情報通信装置3において、制御部10cは、グローバル通信部30bより受信した映像および音声データをAV入出力部50bのモニタ503bおよびスピーカ504bに出力する。

0075

以上、本実施の形態1によれば、既存のIP通信網4を利用して、車載装置2と情報通信装置3との間で映像および音声通信が可能となる。

0076

(実施の形態2)
図2は、本実施の形態2における通信システムのブロック図である。

0077

この通信システムは、図1に示す実施の形態1の構成を前提にして、制御部10aは、認証手段102を、記録部40aは、車両情報記録手段401aを、記録部40bは、車両情報記録手段401bを、それぞれ、具備する。

0078

その他の構成については図1と同様であるので、同一部分に同一符号を付すにとどめ、説明を省略する。

0079

以下、本実施の形態2における通信システムの具体的な動作について説明する。

0080

車載装置2において、制御部10bは、車載用サーバ装置1とのネットワーク接続開始時に、記録部40bの車両情報記録手段401bにより記録されている自動車登録番号標データをローカル通信部20bより送信する。

0081

車載用サーバ装置1において、制御部10aの認証手段102は、ローカル通信部20aより受信した自動車登録番号標データと、記録部40aの車両情報記録手段401aにより記録されている自動車登録番号標データとを比較し、合致していれば車載装置2に対して各種通信サービスを開始し、合致していなければ車載装置2とのネットワーク接続を切断する。

0082

以上、本実施の形態2によれば、車載用サーバ装置1と車載装置2との間で、セキュアなネットワーク通信が可能となる。

0083

さらに、本実施の形態に2よれば、自動車登録番号標データは車両固有の情報であるため、通信宛先に利用すれば、複数の車載装置間で重複することなく割り当てることが可能となる。

0084

(実施の形態3)
図3は、本実施の形態3における通信システムのブロック図である。

0085

この通信システムは、図2に示す実施の形態2の構成を前提にする。

0086

車載用サーバ装置1において、制御部10aは、さらに暗復号手段103を具備する。

0087

車載装置2において、制御部10bは、暗号化手段104、復号手段105を具備する。

0088

その他の構成については図1と同様であるので、同一部分に同一符号を付すにとどめ、説明を省略する。

0089

以下、本実施の形態3における通信システムの具体的な動作について説明する。

0090

車載装置2において、制御部10bの暗号化手段104は、記録部40bの車両情報記録手段401bに記録されている自動車登録番号標データを用いて、各種データの種別や特徴を表すヘッダ領域を暗号化し、ローカル通信部20bより、車載用サーバ装置1に送信する。

0091

車載用サーバ装置1において、制御部10aは、受信した暗号化データを記録部40aに蓄積し、制御部10aの暗復号手段103は、記録部40aの車両情報記録手段401aに記録されている自動車登録番号標データを用いて暗号化データを復号し、復号した元データを記録部40aに蓄積する。記録部40aには、暗号化データと元データが蓄積され、状況に応じて各々のデータをグローバル通信部30aおよびローカル通信部20aより送信する。

0092

また、車載用サーバ装置1において、制御部10aは、グローバル通信部30aおよびローカル通信部20aより受信した暗号化データ、または暗復号手段103が、記録部40aの車両情報記録手段401aに記録されている自動車登録番号標データを用いてヘッダ領域を暗号化したデータを記録部40aに蓄積し、蓄積した暗号化データをローカル通信部20aより送信する。車載装置2において、制御部10bの復号手段105は、ローカル通信部20bより受信した暗号化データを、記録部40bの車両情報記録手段401bに記録されている自動車登録番号標データを用いて復号し、元データを記録部40bに記録する。

0093

以上、本実施の形態3によれば、車載用サーバ装置1と車載装置2との通信に暗号化データを使用するため、第三者への情報漏洩を防ぐことが可能となる。

0094

さらに、本実施の形態3によれば、暗号化する領域をデータの種別や特徴を表すヘッダ領域に限定しているため、車載用サーバ装置1および車載装置2における演算処理の負荷や、ネットワーク通信の負荷を軽減することが可能となる。

0095

(実施の形態4)
図4は、本実施の形態4における通信システムのブロック図である。

0096

この通信システムは、図1に示す実施の形態1の構成を前提にする。

0097

情報通信装置3を携帯電話端末5に限定する。

0098

車載用サーバ装置1において、制御部10aは、認証手段102、通信切替処理手段106を具備し、また記録部40aは、車両情報記録手段401aを具備する。

0099

車載装置2において、ローカル通信部20bは、通信譲渡要求手段201、通信譲受手段202を具備し、また記録部40bは、車両情報記録手段401bを具備する。

0100

情報通信装置3(携帯電話端末5)において、グローバル通信部30bは、通信譲渡要求手段301、通信譲受手段302を具備する。

0101

その他の構成については図1と同様であるので、同一部分に同一符号を付すにとどめ、説明を省略する。

0102

以下、本実施の形態4における通信システムの具体的な動作について説明する。

0103

車載装置2において、制御部10bは、車載用サーバ装置1とのネットワーク通信中に、ローカル通信部20bの通信譲渡要求手段201により、車載用サーバ装置1に現在の通信状態を携帯電話端末5に移行する要求を送信する。

0104

車載用サーバ装置1において、ローカル通信部20aで車載装置2からの上記通信譲渡要求を受信すると、制御部10aの通信切替処理手段106は、ローカル通信部20aより接続している車載装置2との通信状態を保持し、グローバル通信部30aよりIP通信網4を介して携帯電話端末5と接続を行った後、保持した通信状態を移行し、車載装置2との接続を切断する。

0105

そして、携帯電話端末5において、制御部10cは、IP通信網4を介した車載用サーバ装置1とのネットワーク通信中に、グローバル通信部30bの通信譲渡要求手段301より、車載用サーバ装置1に現在の通信状態を車載装置2に移行する要求を送信する。

0106

車載用サーバ装置1において、グローバル通信部30aで携帯電話端末5から上記通信譲渡要求を受信すると、制御部10aの通信切替処理手段106は、グローバル通信部30aより接続している携帯電話端末5との通信状態を保持し、ローカル通信部20aより車載装置2と接続を行った後、保持した通信状態を移行し、携帯電話端末5との接続を切断する。

0107

また、携帯電話端末5において、制御部10cは、車載装置2と車載用サーバ装置2とのネットワーク通信中に、グローバル通信部30bの通信譲受要求手段302により、車載用サーバ装置1に車載装置2との通信状態を携帯電話端末5に移行する要求を送信する。

0108

車載用サーバ装置1において、グローバル通信部30aで携帯電話端末5から上記通信譲受要求を受信すると、制御部10aの通信切替処理手段106は、ローカル通信部20aより接続している車載装置2との通信状態を保持し、グローバル通信部30aよりIP通信網4を介して、保持した通信状態を移行し、車載装置2との接続を切断する。

0109

そして、車載装置2において、制御部は、IP通信網4を介した携帯電話端末5と車載用サーバ装置1とのネットワーク通信中に、ローカル通信部20bの通信譲受要求手段202により、車載用サーバ装置1に携帯電話端末5との通信状態を車載装置2に移行する要求を送信する。

0110

車載用サーバ装置1において、ローカル通信部20aで車載装置2から上記通信譲渡要求を受信すると、制御部10aの通信切替処理手段106は、グローバル通信部30aより接続している携帯電話端末5との通信状態を保持し、ローカル通信部20aより保持した通信状態を移行し、携帯電話端末5との接続を切断する。

0111

以上、本実施の形態4によれば、車載装置2または携帯電話端末5の操作により、車載装置2と車載用サーバ装置1との通信状態を携帯電話端末5に移行し、車両外部に持ち出して通信を継続することが可能となり、車両内に戻る際には、車載装置2または携帯電話端末5の操作により、再度車載装置2に通信状態を戻すことが可能となる。

0112

(実施の形態5)
図5は、本実施の形態5における通信システムのブロック図である。

0113

この通信システムは、図2に示す実施の形態2の構成を前提にする。

0114

車載用サーバ装置1において、制御部10aは、さらに画質調整手段107a、音質調整手段108a、また、記録部40aは、さらに端末情報記録手段402を具備する。

0115

車載装置2において、制御部10bは、画質調整手段107b、音質調整手段108bを具備する。

0116

その他の構成については図2と同様であるので、同一部分に同一符号を付すにとどめ、説明を省略する。

0117

以下、本実施の形態5における通信システムの具体的な動作について説明する。

0118

車載用サーバ装置1において、制御部10aの画質調整手段107aおよび音質調整手段108bは、記録部40aの端末情報記録手段402に記録されている車載装置2の性能情報を基に、記録部40aに蓄積された映像および音声データのビットレートを変換し、ローカル通信部20aより、変換後の映像および音声データを車載装置2に送信する。

0119

また、車載装置2において、制御部10bは、ローカル通信部20bより受信した映像および音声データをAV入出力部50aのモニタ503aおよびスピーカ504aに出力する。そして、制御部10bの画質調整手段107bは、AV入出力部50aのモニタ503aに出力される映像にコマ落ちが発生した場合に、画質を落としてAV入出力部50aのモニタ503aに出力し、音質調整手段108bは、AV入出力部50aのスピーカ504aに出力される音声に途切れが発生した場合に、音質を落としてAV入出力部50aのスピーカ504aに出力する。

0120

以上、本実施の形態5によれば、映像、音声のストリーム配信において、通信状態や配信先通信端末の性能を考慮したストリーム配信が可能となる。

0121

さらに、本実施の形態5によれば、受信側の端末操作により、映像の乱れを軽減し、音声の途切れを防ぐことが可能となる。

0122

(実施の形態6)
図6は、本実施の形態6における通信システムのブロック図である。

0123

この通信システムは、図2に示す実施の形態2の構成を前提にする。

0124

車載用サーバ装置1において、制御部10aは、さらに動画静止画切替手段109を具備する。

0125

車載装置2において、制御部10bは、受信映像切替手段110、送信映像切替手段111を具備する。

0126

その他の構成については図2と同様であるので、同一部分に同一符号を付すにとどめ、説明を省略する。

0127

以下、本実施の形態6における通信システムの具体的な動作について説明する。

0128

車載装置2において、制御部10bは、AV入出力部50aのカメラ501aおよびマイク502aより入力された映像および音声をデータ処理後、ローカル通信部20bより、映像および音声データをリアルタイムに車載用サーバ装置1に送信する。そして、車両がトンネル内を走行する際など、車載用サーバ装置1との通信状態が悪化したときに、制御部10bの送信映像切替手段111は、映像データの送信を中断し、記録部40bに記録されている静止画像を送信する。そして通信状態が回復すると、制御部10bの送信映像切替手段111は、映像データの送信を再開する。

0129

また、車載装置2において、制御部10bは、車載用サーバ装置1よりリアルタイムに配信される映像データをAV入出力装置50aのモニタ503aに表示する。そして、車両がトンネル内を走行する際など、車載用サーバ装置1との通信状態が悪化したときに、制御部10bの受信映像切替手段110は、映像データの表示を中断し、記録部40bに記録されている静止画像を表示する。そして通信状態が回復すると、制御部10bの受信映像切替手段110は、映像データの表示を再開する。

0130

また、車載用サーバ装置1において、制御部10aは、記録部40aに蓄積された映像データを、グローバル通信部30aおよびローカル通信部20aよりストリーム配信する。そして、通信状態が悪化したときに、制御部10aの動画静止画切替手段109は、映像データの送信を中断し、記録部40aに記録されている静止画像を送信する。そして通信状態が回復すると、制御部10aの動画静止画切替手段109は、映像データの送信を再開する。

0131

以上、本実施の形態6によれば、通信状況に応じて動画データと静止画データを切り替えて送信することにより、通信負荷を軽減することが可能となる。

0132

さらに、本実施の形態6によれば、通信状況に応じて映像データと静止画像を切り替えて表示することにより、表示画面の乱れを軽減することが可能となる。

0133

(実施の形態7)
図7は、本実施の形態7における通信システムのブロック図である。

0134

この通信システムは、図1に示す実施の形態1の構成を前提にする。

0135

車載用サーバ装置1において、制御部10aは、認証手段102、発声者検出手段112a、また、記録部40aは、車両情報記録手段401a、同時記録手段403をそれぞれ具備する。

0136

車載装置2において、制御部10bは、発声者検出手段112b、分割表示手段113、同時再生手段114を、また、記録部40bは、車両情報記録手段401bを、それぞれ、具備する。

0137

その他の構成については図1と同様であるので、同一部分に同一符号を付すにとどめ、説明を省略する。

0138

以下、本実施の形態7における通信システムの具体的な動作について説明する。

0139

情報通信装置3において、制御部10cは、AV入出力部50bのカメラ501bおよびマイク502bより入力された映像および音声をデータ処理後、グローバル通信部30bより、映像および音声データを、IP通信網4を介して車載用サーバ装置1にリアルタイムに送信する。同様にして、別の情報通信装置においても、映像および音声データをリアルタイムに送信する。

0140

車載用サーバ装置1において、制御部10aは、受信した映像および音声データを記録部40aの同時記録手段403により蓄積する。そして、制御部10aの発声者検出手段112aは、記録部40aに蓄積された映像および音声データを解析し、映像データに発声者情報を付加してローカル通信部20aより車載装置2に送信する。

0141

車載装置2において、制御部10bは、ローカル通信部20bより受信した複数の映像および音声データを、同時再生手段114により同時再生し、分割表示手段113により複数の映像データを分割したデータを作成し、さらに、発声者検出手段112bにより発声者情報を基に、複数の映像データのうち、発声者を含む映像を大きく表示するデータを作成し、AV入出力部50aのモニタ503aおよびスピーカ504aに出力する。

0142

以上、本実施の形態7によれば、複数の映像および音声データを同時にリアルタイムに記録、再生することが可能となる。

0143

さらに、本実施の形態7によれば、複数の映像を分割して表示することが可能となる。

0144

さらに、本実施の形態7によれば、複数の映像を分割して表示する際に、発声者を大きく表示することで、視認性を高めることが可能となる。

0145

(実施の形態8)
図8は、本実施の形態8における通信システムのブロック図である。

0146

この通信システムは、図1に示す実施の形態1の構成を前提にする。

0147

車載用サーバ装置1において、記録部40aは、車両情報記録手段401a、同時記録手段403、時刻情報記録手段404を具備する。

0148

車載装置2において、制御部10bは、分割表示手段113、同時再生手段114、同期再生手段115を、また、記録部40bは、車両情報記録手段401bを具備する。

0149

その他の構成については図1と同様であるので、同一部分に同一符号を付すにとどめ、説明を省略する。

0150

以下、本実施の形態8における通信システムの具体的な動作について説明する。

0151

情報通信装置3において、制御部10cは、AV入出力部50bのカメラ501bおよびマイク502bより入力された映像および音声をデータ処理後、グローバル通信部30bより、映像および音声データを、IP通信網4を介して車載用サーバ装置1にリアルタイムに送信する。同様にして、別の情報通信装置においても、映像および音声データをリアルタイムに送信する。

0152

車載用サーバ装置1において、制御部10aは、受信した映像および音声データに対し、記録部40aの時刻情報記録手段404により、開始および終了時刻データを付加して記録部40aの同時記録手段403により蓄積し、ローカル通信部20aより車載装置2に送信する。

0153

車載装置2において、制御部10bは、ローカル通信部20bより受信した複数の映像および音声データを、分割表示手段113により複数の映像データを分割したデータを作成し、さらに、同期再生手段115により、開始および終了時刻データを基に、時刻情報が同期した1つの映像および音声データとして再構築し、AV入出力部50aのモニタ503aおよびスピーカ504aに出力する。

0154

以上、本実施の形態8によれば、複数の映像および音声データの開始および終了時刻が同期していない場合でも、データを再構築し、同期再生することが可能となる。

0155

(実施の形態9)
図9は、本実施の形態9におけるテレビ会議システムのブロック図である。

0156

この車載用テレビ会議システムは、図1から図8までに示す実施の形態1から実施の形態8までの構成を前提にして、情報通信装置3をテレビ会議用端末6に限定している。

0157

その他の構成については図1から図8のいずれかの構成と同様であるので、同一部分に同一符号を付すにとどめ、説明を省略する。

0158

本実施の形態9におけるテレビ会議システムの具体的な動作については、図1から図8までに示す実施の形態1から実施の形態8のいずれかの動作と同様であるので、説明を省略する。

0159

以上、本実施の形態9によれば、1つまたは複数の車載装置と、電話回線網やIP通信網などの既存のネットワークに接続して、データの送受信を行う1つまたは複数の情報通信装置との間で、ネットワーク負荷が少なく、暗号化データを用いたセキュアなテレビ会議を実現することが可能となる。

0160

さらに、本実施の形態9によれば、機器を移ってテレビ会議を継続することが可能となる。

0161

さらに、本実施の形態9によれば、テレビ会議の通信状態や端末装置の性能に応じて、映像の乱れや音声の途切れを防ぐことが可能となる。

0162

さらに、本実施の形態9によれば、テレビ会議の通信状態に応じて、動画配信を静止画に切り替え、通信負荷を軽減することが可能となる。

0163

さらに、本実施の形態9によれば、テレビ会議に係る複数の映像および音声データを同時にリアルタイムに記録、再生することが可能となる。

0164

さらに、本実施の形態9によれば、テレビ会議に係る複数の映像を分割して表示し、発声者を大きく表示することで、視認性を高めることが可能となる。

0165

さらに、本実施の形態9によれば、テレビ会議に係る複数の映像および音声データの開始および終了時刻が同期していない場合でも、データを再構築し、同期再生することが可能となる。

0166

以上のように、本発明にかかる車載装置、車載用サーバ装置および通信システムは、電話回線網やIP通信網などの既存のネットワークを利用し、車載装置の認証やデータの暗復号を利用したセキュアな通信、ネットワーク負荷の軽減、装置間における通信状態の移行、複数の映像および音声データの同期配信などを実現できるという効果を有し、車載用テレビ会議システム等として有用である。

図面の簡単な説明

0167

図1は本発明の実施の形態1における通信システムの構成を示すブロック図である。
図2は本発明の実施の形態2における通信システムの構成を示すブロック図である。
図3は本発明の実施の形態3における通信システムの構成を示すブロック図である。
図4は本発明の実施の形態4における通信システムの構成を示すブロック図である。
図5は本発明の実施の形態5における通信システムの構成を示すブロック図である。
図6は本発明の実施の形態6における通信システムの構成を示すブロック図である。
図7は本発明の実施の形態7における通信システムの構成を示すブロック図である。
図8は本発明の実施の形態8における通信システムの構成を示すブロック図である。
図9は本発明の実施の形態9におけるテレビ会議システムの構成を示すブロック図である。

符号の説明

0168

1車載用サーバ装置
2車載装置
3情報通信装置
4IP通信網
5携帯電話端末
6テレビ会議用端末
10a 制御部
10b 制御部
10c 制御部
20aローカル通信部
20b ローカル通信部
30aグローバル通信部
30b グローバル通信部
40a 記録部
40b 記録部
50a AV入出力部
50b AV入出力部
101通信制御手段
102 認証手段
103 暗復号手段
104 暗号化手段
105 復号手段
106通信切替処理手段
107a画質調整手段
107b 画質調整手段
108a音質調整手段
108b 音質調整手段
109動画静止画切替手段
110受信映像切替手段
111送信映像切替手段
112a発声者検出手段
112b 発声者検出手段
113分割表示手段
114同時再生手段
115同期再生手段
201 通信譲渡要求手段
202 通信譲受要求手段
301 通信譲渡要求手段
302 通信譲受要求手段
401a車両情報記録手段
401b 車両情報記録手段
402端末情報記録手段
403同時記録手段
404時刻情報記録手段
501aカメラ
501b カメラ
502aマイク
502b マイク
503aモニタ
503b モニタ
504aスピーカ
504b スピーカ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 菱洋エレクトロ株式会社の「 情報共有のためのシステム、ボット、及び方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】迅速性と実効性を担保したコミュニケーション方法を提供すること。【解決手段】 システムを利用した情報共有の方法であって、 前記システムは、通信端末と、ボットとを備え、 前記通信端末は、前記... 詳細

  • 石田剛毅の「 情報出力システム、受信端末、受信方法、コンピュータプログラム」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】複数の情報間での出力の切り替えをより早くかつ滑らかに行う。【解決手段】情報配信システム1は、動画を取得する複数のサブカメラ5〜9と、複数のサブカメラ5〜9にそれぞれ対応付けされ各サブカメラ5〜... 詳細

  • 株式会社BSAの「 検索管理装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】ユーザが情報を検索するために必要な負荷を低減できる検索管理装置を提供する。【解決手段】検索管理装置10は、Webサーバ30にインターネットを介して接続され、クラウド上で提供されるサービスを利用... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ