図面 (/)

技術 信号処理装置および方法、プログラム、並びに信号処理システム

出願人 ソニー株式会社
発明者 服部正明近藤哲二郎
出願日 2008年4月18日 (13年5ヶ月経過) 出願番号 2008-109266
公開日 2009年11月5日 (11年11ヶ月経過) 公開番号 2009-260813
状態 特許登録済
技術分野 広域データ交換
主要キーワード 信号統合 対局側 映像信号装置 処理帯域 太破線 映像処理システム 信号分割 映像表示デバイス
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年11月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

既存システム廃棄せずに、信号の広帯域化に対応する。

解決手段

信号処理装置31−2の信号処理部52−2は、入力信号の、自身の処理能力(1B)に応じた帯域の帯域1B信号に対して、所定の信号処理を施し、信号統合部53−2は、信号処理装置31−1において、入力信号の、信号処理装置31−1の処理能力(1B)に応じた帯域の帯域1B信号に対して、所定の信号処理が施された信号と、信号処理装置31−2が信号処理を施した帯域1B信号とを統合し、信号処理装置31−3に出力する。本発明は、例えば、映像信号を処理する映像処理装置や、音声信号を処理する音声処理装置等に適用することができる。

概要

背景

従来の信号処理システムにおいて、信号処理部や信号伝送路入出力インタフェース等が、広帯域入力信号に対応していない場合、入力信号の帯域が拡大したときには、信号処理システム全体を交換するか、または、何らかの手法によって入力信号の帯域を縮小することで、入力信号を入力していた。

信号処理システム全体を交換する場合、交換に伴う新規ステム導入コストとともに、既存システム廃棄コストがかかる。また、入力信号の帯域を縮小する場合、拡大された帯域を無視してしまうため、帯域拡大によって得られる入力信号の品質向上の恩恵を受けることができない。

一般的には、帯域拡大による信号の品質向上が重視されるため、コストがかかっても、信号処理システム全体を交換することが選択されることが多い。

具体的には、例えば、コンピュータネットワークにおける通信ビットレートが高くなると、通信の高速化による恩恵を得るために、それまでコンピュータに搭載されていた、低速な処理を行う通信装置を廃棄し、高速な処理を行う通信装置に置き換えることが行われる。

高速な処理を行う通信装置は、低速な処理を行う通信装置との互換性を備えており、相互の接続は可能であるので、それぞれがコンピュータネットワーク内に混在しても問題ない。しかしながら、通信の高速化による恩恵は、置き換えのコストと比較しても非常に大きいため、コンピュータネットワーク全体の通信装置を、高速な処理を行う装置に置き換えることが一般的になっている。

しかしながら、このような置き換えは、従来の低速な処理を行う通信装置等の廃棄物の増加を招き、現在、社会問題となっている環境の悪化につながるという問題がある。

そこで、帯域拡大に対応する手法として、例えば、IP電話機からのリアルタイム通信における100BASE−TXデータ(100BASE−TXの規格に基づくデータ)の集中を監視し、オーバーフローの可能性があると判断したとき、対局側伝送帯域制御装置通知し、同期させて、パーソナルコンピュータからのリアルタイム通信における100BASE−TXデータの無線区間における伝送帯域を縮小し、その分、IP電話機のリアルタイム通信の無線区間における伝送帯域を拡大することが提案されている(例えば、特許文献1参照)。

特開2004−208124号公報

概要

既存システムを廃棄せずに、信号の広帯域化に対応する。信号処理装置31−2の信号処理部52−2は、入力信号の、自身の処理能力(1B)に応じた帯域の帯域1B信号に対して、所定の信号処理を施し、信号統合部53−2は、信号処理装置31−1において、入力信号の、信号処理装置31−1の処理能力(1B)に応じた帯域の帯域1B信号に対して、所定の信号処理が施された信号と、信号処理装置31−2が信号処理を施した帯域1B信号とを統合し、信号処理装置31−3に出力する。本発明は、例えば、映像信号を処理する映像処理装置や、音声信号を処理する音声処理装置等に適用することができる。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数の信号処理装置のうちのいずれかに入力された入力信号に対して、分担して信号処理を施す前記複数の信号処理装置のうちの所定の信号処理装置において、前記入力信号の、自身の処理能力に応じた第1の帯域の第1の帯域信号に対する信号処理を施して、第1の出力信号を生成する信号処理手段と、第1の他の信号処理装置において、前記入力信号の、前記第1の他の信号処理装置の処理能力に応じた第2の帯域の第2の帯域信号に対する信号処理が施された第2の出力信号と、前記第1の出力信号とを統合し、第2の他の信号処理装置に出力する信号統合手段とを備える信号処理装置。

請求項2

前記入力信号を、前記第1の帯域信号と、第3の帯域の第3の帯域信号とに分割する信号分割手段をさらに備え、前記信号処理手段は、第1の帯域の前記第1の出力信号を生成し、前記信号統合手段は、前記第1の他の信号処理装置において、前記第3の帯域信号が、前記第2の帯域信号と第4の帯域の第4の帯域信号とに分割され、第2の帯域の前記第2の出力信号と、第3の他の信号処理装置からの第4の帯域の信号とが統合された、第3の帯域の第3の出力信号と、前記第1の出力信号とを統合し、前記第2の他の信号処理装置に出力する請求項1に記載の信号処理装置。

請求項3

前記信号分割手段は、前記第2の他の信号処理装置において、前記入力信号が分割された第5の帯域の第5の帯域信号を、前記第1の帯域信号と、前記第3の帯域信号とに分割する請求項2に記載の信号処理装置。

請求項4

前記信号処理手段は、前記第1の出力信号を、自身の処理能力に応じて増幅して生成し、前記信号統合手段は、前記第1の他の信号処理装置において、前記第1の他の信号処理装置の処理能力に応じて増幅され生成された前記第2の出力信号と、第3の他の信号処理装置においてその処理能力に応じて増幅され生成された第3の出力信号とが統合された、第4の出力信号と、前記信号処理手段により増幅された前記第1の出力信号とを統合し、前記第2の他の信号処理装置に出力する請求項1に記載の信号処理装置。

請求項5

前記複数の信号処理装置それぞれの処理能力に応じて、前記複数の信号処理装置により分担される信号処理のうちの、前記信号処理手段が施す信号処理の第1の帯域の帯域幅を指示する指示手段をさらに備える請求項1に記載の信号処理装置。

請求項6

複数の信号処理装置のうちのいずれかに入力された入力信号に対して、分担して信号処理を施す前記複数の信号処理装置のうちの所定の信号処理装置の信号処理方法において、前記入力信号の、自身の処理能力に応じた第1の帯域の第1の帯域信号に対する信号処理を施して、第1の出力信号を生成する信号処理ステップと、第1の他の信号処理装置において、前記入力信号の、前記第1の他の信号処理装置の処理能力に応じた第2の帯域の第2の帯域信号に対する信号処理が施された第2の出力信号と、前記第1の出力信号とを統合し、第2の他の信号処理装置に出力する信号統合ステップとを含む信号処理方法。

請求項7

複数の信号処理装置のうちのいずれかに入力された入力信号に対して、分担して信号処理を施す前記複数の信号処理装置のうちの所定の信号処理装置を制御するコンピュータに、前記入力信号の、自身の処理能力に応じた第1の帯域の第1の帯域信号に対する信号処理を施して、第1の出力信号を生成する信号処理ステップと、第1の他の信号処理装置において、前記入力信号の、前記第1の他の信号処理装置の処理能力に応じた第2の帯域の第2の帯域信号に対する信号処理が施された第2の出力信号と、前記第1の出力信号とを統合し、第2の他の信号処理装置に出力する信号統合ステップとを含む処理をコンピュータに実行させるプログラム

請求項8

複数の信号処理装置のうちのいずれかに入力された入力信号に対して、分担して信号処理を施す前記複数の信号処理装置からなる信号処理システムにおいて、前記複数の信号処理装置のうちの所定の信号処理装置は、前記入力信号の、自身の処理能力に応じた第1の帯域の第1の帯域信号に対する信号処理を施して、第1の出力信号を生成する信号処理手段と、第1の他の信号処理装置において、前記入力信号の、前記第1の他の信号処理装置の処理能力に応じた第2の帯域の第2の帯域信号に対する信号処理が施された第2の出力信号と、前記第1の出力信号とを統合し、第2の他の信号処理装置に出力する信号統合手段とを備える信号処理システム。

請求項9

前記所定の信号処理装置は、前記入力信号を、前記第1の帯域信号と、第3の帯域の第3の帯域信号とに分割する信号分割手段をさらに備え、前記信号処理手段は、第1の帯域の前記第1の出力信号を生成し、前記信号統合手段は、前記第1の他の信号処理装置において、前記第3の帯域信号が、前記第2の帯域信号と第4の帯域の第4の帯域信号とに分割され、第2の帯域の前記第2の出力信号と、第3の他の信号処理装置からの第4の帯域の信号とが統合された、第3の帯域の第3の出力信号と、前記第1の出力信号とを統合し、前記第2の他の信号処理装置に出力する請求項8に記載の信号処理システム。

請求項10

前記信号処理手段は、前記第1の出力信号を、自身の処理能力に応じて増幅して生成し、前記信号統合手段は、前記第1の他の信号処理装置において、前記第1の他の信号処理装置の処理能力に応じて増幅され生成された前記第2の出力信号と、第3の他の信号処理装置においてその処理能力に応じて増幅され生成された第3の出力信号とが統合された、第4の出力信号と、前記信号処理手段により増幅された前記第1の出力信号とを統合し、前記第2の他の信号処理装置に出力する請求項8に記載の信号処理システム。

技術分野

0001

本発明は、信号処理装置および方法、プログラム、並びに信号処理システムに関し、特に、信号処理システムにおいて、既存システム廃棄せずに、信号の広帯域化に対応することができるようにする信号処理装置および方法、プログラム、並びに信号処理システムに関する。

背景技術

0002

従来の信号処理システムにおいて、信号処理部や信号伝送路入出力インタフェース等が、広帯域入力信号に対応していない場合、入力信号の帯域が拡大したときには、信号処理システム全体を交換するか、または、何らかの手法によって入力信号の帯域を縮小することで、入力信号を入力していた。

0003

信号処理システム全体を交換する場合、交換に伴う新規ステム導入コストとともに、既存システムの廃棄コストがかかる。また、入力信号の帯域を縮小する場合、拡大された帯域を無視してしまうため、帯域拡大によって得られる入力信号の品質向上の恩恵を受けることができない。

0004

一般的には、帯域拡大による信号の品質向上が重視されるため、コストがかかっても、信号処理システム全体を交換することが選択されることが多い。

0005

具体的には、例えば、コンピュータネットワークにおける通信ビットレートが高くなると、通信の高速化による恩恵を得るために、それまでコンピュータに搭載されていた、低速な処理を行う通信装置を廃棄し、高速な処理を行う通信装置に置き換えることが行われる。

0006

高速な処理を行う通信装置は、低速な処理を行う通信装置との互換性を備えており、相互の接続は可能であるので、それぞれがコンピュータネットワーク内に混在しても問題ない。しかしながら、通信の高速化による恩恵は、置き換えのコストと比較しても非常に大きいため、コンピュータネットワーク全体の通信装置を、高速な処理を行う装置に置き換えることが一般的になっている。

0007

しかしながら、このような置き換えは、従来の低速な処理を行う通信装置等の廃棄物の増加を招き、現在、社会問題となっている環境の悪化につながるという問題がある。

0008

そこで、帯域拡大に対応する手法として、例えば、IP電話機からのリアルタイム通信における100BASE−TXデータ(100BASE−TXの規格に基づくデータ)の集中を監視し、オーバーフローの可能性があると判断したとき、対局側伝送帯域制御装置通知し、同期させて、パーソナルコンピュータからのリアルタイム通信における100BASE−TXデータの無線区間における伝送帯域を縮小し、その分、IP電話機のリアルタイム通信の無線区間における伝送帯域を拡大することが提案されている(例えば、特許文献1参照)。

0009

特開2004−208124号公報

発明が解決しようとする課題

0010

しかしながら、特許文献1の手法においては、装置単独における通信全体の帯域拡大には対応できず、また、装置単独で対応可能な帯域を超えた入力信号にも対応できない。

0011

本発明は、このような状況に鑑みてなされたものであり、信号処理システムにおいて、既存システムを廃棄せずに、信号の広帯域化に対応することができるようにするものである。

課題を解決するための手段

0012

本発明の第1の側面の信号処理装置は、複数の信号処理装置のうちのいずれかに入力された入力信号に対して、分担して信号処理を施す前記複数の信号処理装置のうちの所定の信号処理装置であって、前記入力信号の、自身の処理能力に応じた第1の帯域の第1の帯域信号に対する信号処理を施して、第1の出力信号を生成する信号処理手段と、第1の他の信号処理装置において、前記入力信号の、前記第1の他の信号処理装置の処理能力に応じた第2の帯域の第2の帯域信号に対する信号処理が施された第2の出力信号と、前記第1の出力信号とを統合し、第2の他の信号処理装置に出力する信号統合手段とを備える。

0013

前記信号処理装置には、前記入力信号を、前記第1の帯域信号と、第3の帯域の第3の帯域信号とに分割する信号分割手段をさらに設け、前記信号処理手段には、第1の帯域の前記第1の出力信号を生成させ、前記信号統合手段には、前記第1の他の信号処理装置において、前記第3の帯域信号が、前記第2の帯域信号と第4の帯域の第4の帯域信号とに分割され、第2の帯域の前記第2の出力信号と、第3の他の信号処理装置からの第4の帯域の信号とが統合された、第3の帯域の第3の出力信号と、前記第1の出力信号とを統合し、前記第2の他の信号処理装置に出力させることができる。

0014

前記信号分割手段には、前記第2の他の信号処理装置において、前記入力信号が分割された第5の帯域の第5の帯域信号を、前記第1の帯域信号と、前記第3の帯域信号とに分割させることができる。

0015

前記信号処理手段には、前記第1の出力信号を、自身の処理能力に応じて増幅して生成させ、前記信号統合手段には、前記第1の他の信号処理装置において、前記第1の他の信号処理装置の処理能力に応じて増幅され生成された前記第2の出力信号と、第3の他の信号処理装置においてその処理能力に応じて増幅され生成された第3の出力信号とが統合された、第4の出力信号と、前記信号処理手段により増幅された前記第1の出力信号とを統合し、前記第2の他の信号処理装置に出力させることができる。

0016

前記信号処理装置には、前記複数の信号処理装置それぞれの処理能力に応じて、前記複数の信号処理装置により分担される信号処理のうちの、前記信号処理手段が施す所定の信号処理の第1の帯域の帯域幅を指示する指示手段をさらに設けることができる。

0017

本発明の第1の側面の信号処理方法は、複数の信号処理装置のうちのいずれかに入力された入力信号に対して、分担して信号処理を施す前記複数の信号処理装置のうちの所定の信号処理装置の信号処理方法であって、前記入力信号の、自身の処理能力に応じた第1の帯域の第1の帯域信号に対する信号処理を施して、第1の出力信号を生成する信号処理ステップと、第1の他の信号処理装置において、前記入力信号の、前記第1の他の信号処理装置の処理能力に応じた第2の帯域の第2の帯域信号に対する信号処理が施された第2の出力信号と、前記第1の出力信号とを統合し、第2の他の信号処理装置に出力する信号統合ステップとを含む。

0018

本発明の第1の側面のプログラムは、複数の信号処理装置のうちのいずれかに入力された入力信号に対して、分担して信号処理を施す前記複数の信号処理装置のうちの所定の信号処理装置を制御するコンピュータに、前記入力信号の、自身の処理能力に応じた第1の帯域の第1の帯域信号に対する信号処理を施して、第1の出力信号を生成する信号処理ステップと、第1の他の信号処理装置において、前記入力信号の、前記第1の他の信号処理装置の処理能力に応じた第2の帯域の第2の帯域信号に対する信号処理が施された第2の出力信号と、前記第1の出力信号とを統合し、第2の他の信号処理装置に出力する信号統合ステップとを含む処理をコンピュータに実行させる。

0019

本発明の第2の側面の信号処理システムは、複数の信号処理装置のうちのいずれかに入力された入力信号に対して、分担して信号処理を施す前記複数の信号処理装置からなる信号処理システムであって、前記複数の信号処理装置のうちの所定の信号処理装置が、前記入力信号の、自身の処理能力に応じた第1の帯域の第1の帯域信号に対する信号処理を施して、第1の出力信号を生成する信号処理手段と、第1の他の信号処理装置において、前記入力信号の、前記第1の他の信号処理装置の処理能力に応じた第2の帯域の第2の帯域信号に対する信号処理が施された第2の出力信号と、前記第1の出力信号とを統合し、第2の他の信号処理装置に出力する信号統合手段とを備える。

0020

前記所定の信号処理装置には、前記入力信号を、前記第1の帯域信号と、第3の帯域の第3の帯域信号とに分割する信号分割手段をさらに設け、前記信号処理手段には、第1の帯域の前記第1の出力信号を生成させ、前記信号統合手段には、前記第1の他の信号処理装置において、前記第3の帯域信号が、前記第2の帯域信号と第4の帯域の第4の帯域信号とに分割され、第2の帯域の前記第2の出力信号と、第3の他の信号処理装置からの第4の帯域の信号とが統合された、第3の帯域の第3の出力信号と、前記第1の出力信号とを統合し、前記第2の他の信号処理装置に出力させることができる。

0021

前記信号処理手段には、前記第1の出力信号を、自身の処理能力に応じて増幅して生成させ、前記信号統合手段には、前記第1の他の信号処理装置において、前記第1の他の信号処理装置の処理能力に応じて増幅され生成された前記第2の出力信号と、第3の他の信号処理装置においてその処理能力に応じて増幅され生成された第3の出力信号とが統合された、第4の出力信号と、前記信号処理手段により増幅された前記第1の出力信号とを統合し、前記第2の他の信号処理装置に出力させることができる。

0022

本発明の第1の側面においては、入力信号の、自身の処理能力に応じた第1の帯域の第1の帯域信号に対する信号処理が施されて、第1の出力信号が生成され、第1の他の信号処理装置において、入力信号の、第1の他の信号処理装置の処理能力に応じた第2の帯域の第2の帯域信号に対する信号処理が施された第2の出力信号と、第1の出力信号とが統合され、第2の他の信号処理装置に出力される。

0023

本発明の第2の側面においては、入力信号の、自身の処理能力に応じた第1の帯域の第1の帯域信号に対する信号処理が施されて、第1の出力信号が生成され、第1の他の信号処理装置において、入力信号の、第1の他の信号処理装置の処理能力に応じた第2の帯域の第2の帯域信号に対する信号処理が施された第2の出力信号と、第1の出力信号とが統合され、第2の他の信号処理装置に出力される。

発明の効果

0024

本発明の第1および第2の側面によれば、信号処理システムにおいて、既存システムを廃棄せずに、信号の広帯域化に対応することができる。

発明を実施するための最良の形態

0025

以下、本発明の実施の形態について図を参照して説明する。

0026

図1は、本発明を適用した信号処理システムの一実施の形態の構成例を示している。

0027

図1においては、状態φ−1乃至φ−4の、4つの状態の信号処理システムが示されている。状態φ−1の信号処理システムは、信号処理装置31−1のみから構成され、状態φ−2の信号処理システムは、状態φ−1の信号処理システムに、信号処理装置31−2が追加されて構成されている。状態φ−3の信号処理システムは、状態φ−2の信号処理システムに、信号処理装置31−3が追加されて構成され、状態φ−4の信号処理システムは、状態φ−3の信号処理システムに、信号処理装置31−4が追加されて構成されている。

0028

なお、状態φ−1の信号処理システムのように、信号処理装置単体から構成される構成も、便宜上、信号処理システムと称することとし、以下も同様に扱うものとする。

0029

図1において、信号処理装置31−1は、最大1Byte(1B)の帯域の信号処理を行うことができ、帯域が1Byteの信号(以下、帯域1B信号などと称する)が入力されると、ユーザの操作による操作信号(図中、太破線)に応じて、所定の信号処理を施し、帯域1B信号を出力する。

0030

信号処理装置31−2は、単独では、信号処理装置31−1と同様、最大1Bの帯域の信号処理を行うことができ、帯域1B信号が入力されると、ユーザの操作による操作信号に応じて、所定の信号処理を施し、帯域1B信号を出力する。

0031

信号処理装置31−3は、単独では、最大2Bの帯域の信号処理を行うことができ、帯域2B信号が入力されると、ユーザの操作による操作信号に応じて、所定の信号処理を施し、帯域2B信号を出力する。

0032

信号処理装置31−4は、単独では、最大4Bの帯域の信号処理を行うことができ、帯域4B信号が入力されると、ユーザの操作による操作信号に応じて、所定の信号処理を施し、帯域4B信号を出力する。

0033

図1の信号処理システムは、図中、太線で示されるように、信号処理システムを構成する信号処理装置のうちのいずれかに入力された所定のフォーマットの入力信号に対して、操作信号に応じて、分担して信号処理を施し、それぞれの出力信号を統合して、出力する。

0034

ここで、図1および図2を参照して、図1の信号処理システムを構成する信号処理装置31−1乃至31−4の、信号処理の分担について説明する。

0035

図2は、図1の信号処理システムを構成する信号処理装置31−1乃至31−4の、信号処理の分担の概念を示している。

0036

図2においては、左から順に、図1の状態φ−1乃至φ−4の信号処理システムにおける信号処理の分担の概念が示されている。

0037

また、図2において、破線の枠に囲われている部分には、下から順に、入力信号の帯域幅、各信号処理装置が行う信号処理の帯域幅、出力信号の帯域幅が示されている。

0038

まず、状態φ−1の信号処理システムは、図1に示されるように、信号処理装置31−1のみから構成されている。信号処理装置31−1は、図2に示されるように、入力信号である帯域1B信号に対して、1Bの帯域の信号処理を施し、帯域1B信号を出力信号として出力する。

0039

状態φ−2の信号処理システムは、図1に示されるように、信号処理装置31−1,31−2から構成されている。信号処理装置31−1,31−2は、信号処理装置31−1に入力された入力信号に対して、信号処理装置31−2に入力された操作信号、および、その操作信号に基づいた制御信号(図中、細破線)に応じて、分担して信号処理を施す。すなわち、信号処理装置31−1,31−2はそれぞれ、操作信号および制御信号に応じて、図2に示されるように、入力信号である帯域1B信号のうちの0.5Bの帯域の信号処理を施し、それぞれの処理能力の上限の帯域(1B)になるように増幅(2倍)する。そして、信号処理装置31−2は、図2に示されるように、信号処理装置31−1,31−2それぞれの信号処理により得られた帯域1B信号を統合した帯域2B信号を、出力信号として出力する。

0040

このような構成により、状態φ−2の信号処理システムは、帯域1Bの入力信号が入力されると、それぞれの信号処理装置の処理能力(1B)を超えた帯域に拡大した、帯域2Bの出力信号を出力することができる。

0041

状態φ−3の信号処理システムは、図1に示されるように、信号処理装置31−1乃至31−3から構成されている。信号処理装置31−1乃至31−3は、信号処理装置31−1に入力された入力信号に対して、信号処理装置31−3に入力された操作信号、および、その操作信号に基づいた制御信号に応じて、分担して信号処理を施す。すなわち、信号処理装置31−1,31−2はそれぞれ、制御信号に応じて、図2に示されるように、入力信号である帯域1B信号のうちの0.25Bの帯域の信号処理を施し、それぞれの処理能力の上限の帯域(1B)になるように増幅(4倍)する。また、信号処理装置31−3は、操作信号に応じて、図2に示されるように、入力信号である帯域1B信号のうちの0.5Bの帯域の信号処理を施し、処理能力の上限の帯域(2B)になるように増幅(4倍)する。そして、信号処理装置31−3は、図2に示されるように、信号処理装置31−1,31−2それぞれの信号処理により得られた帯域1B信号、および信号処理装置31−3の信号処理により得られた帯域2B信号を統合した帯域4B信号を、出力信号として出力する。

0042

このような構成により、状態φ−3の信号処理システムは、帯域1Bの入力信号が入力されると、それぞれの信号処理装置の処理能力(1Bまたは2B)を超えた帯域に拡大した、帯域4Bの出力信号を出力することができる。

0043

状態φ−4の信号処理システムは、図1に示されるように、信号処理装置31−1乃至31−4から構成されている。信号処理装置31−1乃至31−4は、信号処理装置31−1に入力された入力信号に対して、信号処理装置31−4に入力された操作信号、および、その操作信号に基づいた制御信号に応じて、分担して信号処理を施す。すなわち、信号処理装置31−1,31−2はそれぞれ、制御信号に応じて、図2に示されるように、入力信号である帯域1B信号のうちの0.125Bの帯域の信号処理を施し、それぞれの処理能力の上限の帯域(1B)になるように増幅(8倍)する。また、信号処理装置31−3は、制御信号に応じて、図2に示されるように、入力信号である帯域1B信号のうちの0.25Bの帯域の信号処理を施し、処理能力の上限の帯域(2B)になるように増幅(8倍)する。さらに、信号処理装置31−4は、操作信号に応じて、図2に示されるように、入力信号である帯域1B信号のうちの0.5Bの帯域の信号処理を施し、処理能力の上限の帯域(4B)になるように増幅(8倍)する。そして、信号処理装置31−4は、信号処理装置31−1,31−2それぞれの信号処理により得られた帯域1B信号、信号処理装置31−3の信号処理により得られた帯域2B信号、および信号処理装置31−4の信号処理により得られた帯域4B信号を統合した帯域8B信号を、出力信号として出力する。

0044

このような構成により、状態φ−4の信号処理システムは、帯域1Bの入力信号が入力されると、それぞれの信号処理装置の処理能力(1B,2B、または4B)を超えた帯域に拡大した、帯域8Bの出力信号を出力することができる。

0045

ここで、図3ブロック図を参照して、図1の信号処理システムの一例として、状態φ−3の信号処理システムの具体的な構成例について説明する。

0046

なお、状態φ−3の信号処理システムを、図1の信号処理システムの一例として扱うのは、状態φ−3の信号処理システムが、状態φ−1およびφ−2の信号処理システムの構成を含み、また、状態φ−4の信号処理システムのように、4以上の信号処理装置から構成される場合でも、状態φ−3の信号処理システムと同様に説明できることによる。

0047

図3の信号処理装置31−1は、制御部51−1および信号処理部52−1から構成されている。信号処理装置31−2は、制御部51−2、信号処理部52−2、および信号統合部53−2から構成されている。信号処理装置31−3は、制御部51−3、信号処理部52−3、および信号統合部53−3から構成されている。

0048

ここで、信号処理装置31−1乃至31−3を構成する各ブロックを示す番号の表記において、ハイフン(−)の後の数字は、信号処理装置31−1乃至31−3それぞれを示す番号の表記におけるハイフンの後の数字に対応する。すなわち、信号処理装置31−1は、信号統合部を有しないので、信号統合部53−1は存在しない。

0049

信号処理装置31−1の制御部51−1は、信号処理装置31−3の制御部51−3から信号処理装置31−2の制御部51−2を介して供給される制御信号に応じて、入力信号に対して信号処理部52−1が施す信号処理の処理帯域(帯域幅)を指示する旨の制御信号を、信号処理部52−1に供給する。

0050

信号処理部52−1は、制御部51−1からの制御信号を基に、入力信号のうちの、制御部51−1により指示された処理帯域の入力信号に対して所定の信号処理を施す。信号処理部52−1は、増幅部52a−1を有し、増幅部52a−1は、信号処理の処理結果を、信号処理部52−1の処理能力の上限(1B)まで増幅して、信号処理装置31−2の信号統合部53−2に供給する。

0051

信号処理装置31−2の制御部51−2は、信号処理装置31−3の制御部51−3から供給される制御信号に応じて、入力信号に対して信号処理部52−2が施す信号処理の処理帯域を指示する旨の制御信号を、信号処理部52−2に供給する。また、制御部51−2は、信号統合部53−2の動作を制御する。

0052

信号処理部52−2は、制御部51−2からの制御信号を基に、入力信号のうちの、制御部51−2により指示された処理帯域の入力信号に対して所定の信号処理を施す。信号処理部52−2は、増幅部52a−2を有し、増幅部52a−2は、信号処理の処理結果を、信号処理部52−2の処理能力の上限(1B)まで増幅して、信号統合部53−2に供給する。

0053

信号統合部53−2は、制御部51−2の制御の下、信号処理装置31−1の信号処理部52−1から供給された信号(帯域1B信号)と、信号処理部52−2から供給された信号(帯域1B信号)とを統合する。信号統合部53−2は、統合した帯域2B信号を、信号処理装置31−3の信号統合部53−3に供給する。

0054

信号処理装置31−3の制御部51−3は、図示せぬ操作部から供給されるユーザの操作を表す操作信号と、信号処理部52−1乃至52−3の処理能力とに応じて、入力信号に対して信号処理部52−1乃至52−3が施す信号処理の処理帯域を決定する。制御部51−3は、決定した処理帯域の信号処理を指示する旨の制御信号を、制御部51−1,51−2、および信号処理部52−3に供給する。また、制御部51−3は、信号統合部53−3の動作を制御する。

0055

すなわち、制御部51−3は、信号処理システム全体を制御する。このように、図1の信号処理システムにおいては、新規に追加された信号処理装置(図中、一番上の信号処理装置)の制御部が、他の信号処理装置の制御部を制御することで、信号処理システム全体を制御する。

0056

信号処理部52−3は、制御部51−3からの制御信号を基に、入力信号のうちの、制御部51−3により指示された処理帯域の入力信号に対して所定の信号処理を施す。信号処理部52−3は、増幅部52a−3を有し、増幅部52a−3は、信号処理の処理結果を、信号処理部52−3の処理能力の上限(2B)まで増幅して、信号統合部53−3に供給する。

0057

信号統合部53−3は、制御部51−3の制御の下、信号処理装置31−2の信号処理部52−2から供給された信号(帯域2B信号)と、信号処理部52−3から供給された信号(帯域2B信号)とを統合して、帯域4B信号として出力する。

0058

次に、図4フローチャートを参照して、図3の信号処理システムにおける信号処理について説明する。

0059

ステップS31において、信号処理装置31−1の図示せぬ入力部は、帯域1B信号を入力する。このとき、入力された帯域1B信号は、信号処理装置31−2,31−3にも供給(分配)される。

0060

ステップS51において、信号処理装置31−3の制御部51−3は、図示せぬ操作部から供給されるユーザの操作を表す操作信号と、信号処理システムにおける信号処理部52−1乃至52−3の処理能力とに応じて、それぞれが分担する信号処理の処理帯域を決定し、それぞれに指示する。具体的には、制御部51−3は、入力された帯域1B信号に対して、信号処理部52−1乃至52−3がそれぞれ、0.25B,0.25B,0.5Bの処理帯域の信号処理を行うことを決定し、その旨の制御信号を、制御部51−1,51−2、信号処理部52−3それぞれに供給する。

0061

ステップS32において、信号処理装置31−1の制御部51−1は、制御部51−3から制御部51−2を介して供給された制御信号に応じて、信号処理部52−1が施す信号処理の処理帯域0.25Bを認識し、その旨の制御信号を、信号処理部52−1に供給する。

0062

ステップS33において、信号処理部52−1は、制御部51−2からの制御信号を基に、入力信号(帯域1B信号)のうちの、帯域0.25Bの入力信号に対して信号処理を施す。

0063

ステップS34において、信号処理部52−1の増幅部52a−1は、信号処理の結果得られた信号を、信号処理部52−1の処理能力の上限(1B)まで増幅して、信号処理装置31−2の信号統合部53−2に供給する。

0064

ステップS41において、信号処理装置31−2の制御部51−2は、制御部51−3から供給された制御信号に応じて、信号処理部52−2が施す信号処理の処理帯域0.25Bを認識し、その旨の制御信号を、信号処理部52−2に供給する。

0065

ステップS42において、信号処理部52−2は、制御部51−2からの制御信号を基に、入力信号(帯域1B信号)のうちの、帯域0.25Bの入力信号に対して信号処理を施す。

0066

ステップS43において、信号処理部52−2の増幅部52a−2は、信号処理の結果得られた信号を、信号処理部52−2の処理能力の上限(1B)まで増幅して、信号統合部53−2に供給する。

0067

ステップS44において、信号処理装置31−2の信号統合部53−2は、制御部51−2の制御の下、信号処理装置31−1の信号処理部52−1から供給された信号(帯域1B信号)と、信号処理部52−2から供給された信号(帯域1B信号)とを統合する。信号統合部53−2は、統合した帯域2B信号を信号処理装置31−3の信号統合部53−3に供給する。

0068

ステップS52において、信号処理部52−3は、制御部51−3から供給された制御信号に応じて、信号処理部52−3自身が施す信号処理の処理帯域0.5Bを認識する。

0069

ステップS53において、信号処理部52−3は、認識した処理帯域を基に、入力信号(帯域1B信号)のうちの、帯域0.5Bの入力信号に対して信号処理を施す。

0070

ステップS54において、信号処理部52−3の増幅部52a−3は、信号処理の結果得られた信号を、信号処理部52−3の処理能力の上限(2B)まで増幅して、信号統合部53−3に供給する。

0071

ステップS55において、信号処理装置31−3の信号統合部53−3は、制御部51−3の制御の下、信号処理装置31−2の信号処理部52−2から供給された信号(帯域2B信号)と、信号処理部52−3から供給された信号(帯域2B信号)とを統合する。

0072

ステップS56において、信号統合部53−3は、ステップS55において統合した信号を、帯域4B信号として出力する。

0073

以上の処理により、帯域1Bの入力信号を入力し、信号処理装置31−1乃至31−3それぞれの処理能力を超えた帯域まで拡大した、帯域4Bの出力信号を出力することができる。

0074

したがって、図3の信号処理システムにおいては、帯域4Bの処理能力を有する信号処理装置を設けることなく、帯域1Bまたは2Bの処理能力を有する信号処理装置を組み合わせることで、帯域4Bまで出力信号の帯域を拡大することができる。結果として、出力信号の帯域の拡大が要求された場合でも、その帯域の処理能力を有さない既存システムを廃棄せずに、出力信号の広帯域化に対応することができる。

0075

なお、制御部51−3によって決定される信号処理部52−1乃至52−3が施す信号処理の処理帯域は、上述した値に限らず、信号処理部52−1乃至52−3それぞれが処理可能な帯域の範囲内であれば、その他の値であってもよい。

0076

上述した説明においては、図1の状態φ−3の信号処理システムについて説明したが、図1の状態φ−2や状態φ−4の信号処理システムにおいても、図3と同様の構成を適用することで、図4と同様の信号処理を行うようにすることができる。さらに、信号処理システムを構成する信号処理装置の数を5以上にした場合でも、同様に扱うことができる。

0077

また、上述した説明では、ステップS44において、信号処理装置31−2が帯域2B信号を信号処理装置31−3に供給するようにしたが、信号処理装置31−2が帯域2B信号をそのまま出力することもできる。同様にして、図1の状態φ−4の信号処理システムにおいては、信号処理装置31−2が帯域2B信号をそのまま出力し、信号処理装置31−3が帯域4B信号をそのまま出力することができる。

0078

以上においては、入力信号の帯域に対しての、出力信号の帯域の拡大に対応する構成について説明してきたが、入力信号および出力信号の帯域の拡大に対応するようにすることもできる。

0079

図5は、入力信号および出力信号の帯域の拡大に対応するようにした信号処理システムの構成例を示している。

0080

図5においては、図1と同様に、状態φ−1乃至φ−4の、4つの状態の信号処理システムが示されている。状態φ−1の信号処理システムは、信号処理装置131−1のみから構成され、状態φ−2の信号処理システムは、状態φ−1の信号処理システムに、信号処理装置131−2が追加されて構成されている。状態φ−3の信号処理システムは、状態φ−2の信号処理システムに、信号処理装置131−3が追加されて構成され、状態φ−4の信号処理システムは、状態φ−3の信号処理システムに、信号処理装置131−4が追加されて構成されている。

0081

図5において、信号処理装置131−1は、最大1Bの帯域の信号処理を行うことができ、帯域1B信号が入力されると、所定の信号処理を施し、帯域1B信号を出力する。

0082

信号処理装置131−2は、単独では、信号処理装置131−1と同様、最大1Bの帯域の信号処理を行うことができ、帯域1B信号が入力されると、ユーザの操作による操作信号に応じて、所定の信号処理を施し、帯域1B信号を出力する。

0083

信号処理装置131−3は、単独では、最大2Bの帯域の信号処理を行うことができ、帯域2B信号が入力されると、ユーザの操作による操作信号に応じて、所定の信号処理を施し、帯域2B信号を出力する。

0084

信号処理装置131−4は、単独では、最大4Bの帯域の信号処理を行うことができ、帯域4B信号が入力されると、ユーザの操作による操作信号に応じて、所定の信号処理を施し、帯域4B信号を出力する。

0085

図5の信号処理システムは、図中、太線で示されるように、信号処理システムを構成する信号処理装置のうちのいずれかに入力された入力信号を分割し、信号処理装置のうちのいずれかに入力された操作信号に応じて、分担して信号処理を施し、それぞれの出力信号を統合して、出力する。

0086

ここで、図5の状態φ−1乃至φ−4の信号処理システムにおける信号処理の概要について説明する。

0087

状態φ−1の信号処理システムは、図5に示されるように、信号処理装置131−1のみから構成されている。信号処理装置131−1は、入力信号である帯域1B信号に対して、1Bの帯域の信号処理を施し、帯域1B信号を出力信号として出力する。

0088

状態φ−2の信号処理システムは、図5に示されるように、信号処理装置131−1,131−2から構成されている。信号処理装置131−1,131−2は、信号処理装置131−2に入力された入力信号を分割し、信号処理装置131−2に入力された操作信号、および、その操作信号に基づいた制御信号(図中、細破線)に応じて、分担して信号処理を施す。すなわち、信号処理装置131−1,131−2はそれぞれ、操作信号および制御信号に応じて、入力信号である帯域2B信号を分割した帯域1B信号それぞれに対して信号処理を施す。そして、信号処理装置131−2は、信号処理装置131−1,131−2それぞれの信号処理により得られた帯域1B信号を統合した帯域2B信号を、出力信号として出力する。

0089

このような構成により、状態φ−2の信号処理システムは、帯域2Bの入力信号に対して、それぞれの信号処理装置の処理能力(1B)に応じた信号処理を施し、帯域2Bの出力信号を出力することができる。

0090

状態φ−3の信号処理システムは、図5に示されるように、信号処理装置131−1乃至131−3から構成されている。信号処理装置131−1乃至131−3は、信号処理装置131−3に入力された入力信号を分割し、信号処理装置131−3に入力された操作信号、および、その操作信号に基づいた制御信号に応じて、分担して信号処理を施す。すなわち、信号処理装置131−3は、操作信号に応じて、入力信号である帯域4B信号を分割した帯域2B信号に対して信号処理を施す。また、信号処理装置131−1,131−2はそれぞれ、制御信号に応じて、信号処理装置131−3において、入力信号を分割した残りの帯域2B信号をさらに分割した帯域1B信号それぞれに対して信号処理を施す。そして、信号処理装置131−3は、信号処理装置131−1,131−2それぞれの信号処理により得られた帯域1B信号、および信号処理装置131−3の信号処理により得られた帯域2B信号を統合した帯域4B信号を、出力信号として出力する。

0091

このような構成により、状態φ−3の信号処理システムは、帯域4Bの入力信号に対して、それぞれの信号処理装置の処理能力(1Bまたは2B)に応じた信号処理を施し、帯域4Bの出力信号を出力することができる。

0092

状態φ−4の信号処理システムは、図5に示されるように、信号処理装置131−1乃至131−4から構成されている。信号処理装置131−1乃至131−4は、信号処理装置131−4に入力された入力信号を分割し、信号処理装置131−4に入力された操作信号、および、その操作信号に基づいた制御信号に応じて、分担して信号処理を施す。すなわち、信号処理装置131−4は、操作信号に応じて、入力信号である帯域8B信号を分割した帯域4B信号に対して信号処理を施す。また、信号処理装置131−3は、制御信号に応じて、信号処理装置131−4において、入力信号を分割した残りの帯域4B信号をさらに分割した帯域2B信号に対して信号処理を施す。さらに、信号処理装置131−1,131−2はそれぞれ、制御信号に応じて、信号処理装置131−3において、入力信号を分割した残りの帯域2B信号をさらに分割した帯域1B信号それぞれに対して信号処理を施す。そして、信号処理装置131−4は、信号処理装置131−1,131−2それぞれの信号処理により得られた帯域1B信号、信号処理装置131−3の信号処理により得られた帯域2B信号、および信号処理装置131−4の信号処理により得られた帯域4B信号を統合した帯域8B信号を、出力信号として出力する。

0093

このような構成により、状態φ−4の信号処理システムは、帯域8Bの入力信号に対して、それぞれの信号処理装置の処理能力(1B,2B、または4B)に応じた信号処理を施し、帯域8Bの出力信号を出力することができる。

0094

ここで、図6のブロック図を参照して、図5の信号処理システムの一例として、状態φ−3の信号処理システムの具体的な構成例について説明する。

0095

なお、状態φ−3の信号処理システムを、図5の信号処理システムの一例として扱うのは、状態φ−3の信号処理システムが、状態φ−1およびφ−2の信号処理システムの構成を含み、また、状態φ−4の信号処理システムのように、4以上の信号処理装置から構成される場合でも、状態φ−3の信号処理システムと同様に説明できることによる。

0096

図6の信号処理装置131−1は、制御部151−1および信号処理部153−1から構成されている。信号処理装置131−2は、制御部151−2、信号分割部152−2、信号処理部153−2、および信号統合部154−2から構成されている。信号処理装置31−3は、制御部151−3、信号分割部152−3、信号処理部153−3、および信号統合部154−3から構成されている。

0097

ここで、信号処理装置131−1乃至131−3を構成する各ブロックを示す番号の表記において、ハイフン(−)の後の数字は、信号処理装置131−1乃至131−3それぞれを示す番号の表記におけるハイフンの後の数字に対応する。すなわち、信号処理装置131−1は、信号分割部および信号統合部を有しないので、信号分割部152−1および信号統合部154−1は存在しない。

0098

信号処理装置131−1の制御部151−1は、信号処理装置131−3の制御部151−3から信号処理装置131−2の制御部151−2を介して供給される制御信号に応じて、入力信号を分割したうちの信号処理部153−1が施す信号処理の処理帯域を指示する旨の制御信号を、信号処理部153−1に供給する。

0099

信号処理部153−1は、制御部151−1からの制御信号を基に、入力信号のうちの、制御部151−1により指示された処理帯域の入力信号に対して所定の信号処理を施し、その処理結果を、信号処理装置131−2の信号統合部154−2に供給する。

0100

信号処理装置131−2の制御部151−2は、信号処理装置131−3の制御部151−3から供給される制御信号に応じて、入力信号を分割したうちの信号処理部153−2が施す信号処理の処理帯域を指示する旨の制御信号を、信号分割部152−2および信号処理部153−2に供給する。また、制御部151−2は、信号統合部154−2の動作を制御する。

0101

信号分割部152−2は、制御部151−2からの制御信号を基に、信号処理装置131−3の信号分割部152−3から供給された入力信号を、信号処理部153−2が信号処理を施す処理帯域に分割し、信号処理部153−2に供給する。また、信号分割部152−2は、信号分割部152−3から供給された入力信号を分割した残りの処理帯域の入力信号を、信号処理装置131−1の信号処理部153−1に供給する。

0102

信号処理部153−2は、制御部151−2からの制御信号を基に、信号分割部152−2から供給された入力信号に対して所定の信号処理を施し、その処理結果を、信号統合部154−2に供給する。

0103

信号統合部154−2は、制御部151−2の制御の下、信号処理装置131−1の信号処理部153−1から供給された信号(帯域1B信号)と、信号処理部153−2から供給された信号(帯域1B信号)とを統合する。信号統合部154−2は、統合した帯域2B信号を信号処理装置131−3の信号統合部154−3に供給する。

0104

信号処理装置131−3の制御部151−3は、図示せぬ操作部から供給されるユーザの操作を表す操作信号と、信号処理部153−1乃至153−3の処理能力に応じて、入力信号に対して信号処理部153−1乃至153−3が施す信号処理の処理帯域を決定する。制御部151−3は、決定した処理帯域の信号処理を指示する旨の制御信号を、制御部151−1,151−2、信号分割部152−3、および信号処理部153−3に供給する。また、制御部151−3は、信号統合部154−3の動作を制御する。

0105

すなわち、制御部151−3は、信号処理システム全体を制御する。このように、図5の信号処理システムにおいては、新規に追加された信号処理装置(図中、一番上の信号処理装置)の制御部が、他の信号処理装置の制御部を制御することで、信号処理システム全体を制御する。

0106

信号分割部152−3は、制御部151−3からの制御信号を基に、入力信号を、信号処理部153−3が信号処理を施す処理帯域に分割し、信号処理部153−3に供給する。また、信号分割部152−3は、入力信号を分割した残りの処理帯域の入力信号を、信号処理装置131−2の信号分割部152−2に供給する。

0107

信号処理部153−3は、制御部151−3からの制御信号を基に、信号分割部152−3から供給された入力信号に対して所定の信号処理を施し、その処理結果を、信号統合部154−3に供給する。

0108

信号統合部154−3は、制御部151−3の制御の下、信号処理装置131−2の信号処理部153−2から供給された信号(帯域2B信号)と、信号処理部153−3から供給された信号(帯域2B信号)とを統合して、帯域4B信号として出力する。

0109

次に、図7のフローチャートを参照して、図6の信号処理システムにおける信号処理について説明する。

0110

ステップS71において、信号処理装置131−3の図示せぬ入力部は、帯域4B信号を入力する。

0111

ステップS72において、信号処理装置131−3の制御部151−3は、図示せぬ操作部から供給されるユーザの操作を表す操作信号と、信号処理システムにおける信号処理部153−1乃至153−3の処理能力とに応じて、それぞれが分担する信号処理の処理帯域を決定し、それぞれに指示する。具体的には、制御部151−3は、入力された帯域4B信号に対して、信号処理部153−1乃至153−3がそれぞれ、1B,1B,2Bの処理帯域の信号処理を行うことを決定し、その旨の制御信号を、制御部151−1,151−2、信号分割部152−3、信号処理部153−3それぞれに供給する。

0112

ステップS73において、信号分割部152−3は、制御部151−3からの制御信号を基に、信号処理部153−3が信号処理を施す処理帯域2Bを認識する。

0113

ステップS74において、信号分割部152−3は、入力信号である帯域4B信号を、認識した処理帯域2Bに分割し、信号処理部153−3に供給する。また、信号分割部152−3は、入力信号である帯域4B信号を分割した残りの処理帯域2Bの入力信号を、信号処理装置131−2の信号分割部152−2に供給する。

0114

ステップS75において、信号処理部153−3は、制御部151−3からの制御信号を基に、信号分割部152−3から供給された入力信号(帯域2B信号)に対して所定の信号処理を施し、その処理結果を、信号統合部154−3に供給する。

0115

ステップS81において、信号処理装置131−2の制御部151−2は、信号処理装置131−3の制御部151−3から供給された制御信号に応じて、信号処理部153−2が施す信号処理の処理帯域2Bを認識し、その旨の制御信号を、信号分割部152−2および信号処理部153−2に供給する。

0116

ステップS82において、信号分割部152−2は、制御部151−2からの制御信号を基に、信号分割部152−2から供給された入力信号(帯域2B信号)を、信号処理部153−2が信号処理を施す処理帯域1Bに分割し、信号処理部153−2に供給する。また、信号分割部152−2は、帯域2B信号を分割した残りの処理帯域1Bの入力信号を、信号処理装置131−1の信号処理部153−1に供給する。

0117

ステップS83において、信号処理部153−2は、制御部151−2からの制御信号を基に、信号分割部152−2から供給された入力信号(帯域1B信号)に対して所定の信号処理を施し、その処理結果を、信号統合部154−2に供給する。

0118

ステップS91において、信号処理装置131−1の制御部151−1は、信号処理装置131−3の制御部151−3から信号処理装置131−2の制御部151−2を介して供給された制御信号に応じて、信号処理部153−1が施す信号処理の処理帯域1Bを認識し、その旨の制御信号を、信号処理部153−1に供給する。

0119

ステップS92において、信号処理部153−1は、制御部151−1からの制御信号を基に、信号分割部152−2から供給された入力信号(帯域1B信号)に対して所定の信号処理を施し、その処理結果を、信号処理装置131−2の信号統合部154−2に供給する。

0120

ステップS84において、信号統合部154−2は、制御部151−2の制御の下、信号処理装置131−1の信号処理部153−1から供給された信号(帯域1B信号)と、信号処理部153−2から供給された信号(帯域1B信号)とを統合する。信号統合部154−2は、統合した帯域2B信号を信号処理装置131−3の信号統合部154−3に供給する。

0121

ステップS76において、信号統合部154−3は、制御部151−3の制御の下、信号処理装置131−2の信号処理部153−2から供給された信号(帯域2B信号)と、信号処理部153−3から供給された信号(帯域2B信号)とを統合する。

0122

ステップS77において、信号統合部154−3は、ステップS76において統合した帯域4B信号を出力する。

0123

以上の処理により、帯域4Bの入力信号に対して、信号処理装置131−1乃至131−3それぞれの処理能力に応じた信号処理を施し、帯域4Bの出力信号を出力することができる。

0124

したがって、図6の信号処理システムにおいては、帯域4Bの処理能力を有する信号処理装置を設けることなく、帯域1Bまたは2Bの処理能力を有する信号処理装置を組み合わせることで、帯域4Bの入力信号に対して、帯域4Bの出力信号を出力することができる。結果として、入力信号および出力信号の帯域の拡大が要求された場合でも、その帯域の処理能力を有さない既存システムを廃棄せずに、入力信号および出力信号の広帯域化に対応することができる。

0125

なお、制御部151−3によって決定される信号処理部153−1乃至153−3が施す信号処理の処理帯域は、上述した値に限らず、信号処理部153−1乃至153−3それぞれが処理可能な帯域の範囲内であれば、その他の値であってもよい。

0126

上述した説明においては、図5の状態φ−3の信号処理システムについて説明したが、図5の状態φ−2や状態φ−4の信号処理システムにおいても、図6と同様の構成を適用することで、図7と同様の信号処理を行うようにすることができる。さらに、信号処理システムを構成する信号処理装置の数を5以上にした場合でも、同様に扱うことができる。

0127

また、上述した説明では、ステップS84において、信号処理装置131−2が帯域2B信号を信号処理装置131−3に供給するようにしたが、信号処理装置131−2が帯域2B信号をそのまま出力することもできる。同様にして、図5の状態φ−4の信号処理システムにおいては、信号処理装置131−2が帯域2B信号をそのまま出力し、信号処理装置131−3が帯域4B信号をそのまま出力することができる。

0128

以上においては、入力信号および出力信号の帯域の拡大に対応する構成について説明してきたが、入力信号の帯域のみの拡大に対応するようにすることもできる。

0129

図8は、入力信号の帯域のみを拡大するようにした信号処理システムの構成例を示している。

0130

図8に示される状態φ−1乃至φ−4の信号処理システムは、図5を参照して説明した信号処理システムと同様の構成とされる。

0131

図8の信号処理システムは、図中、太線で示されるように、信号処理システムを構成する信号処理装置のうちのいずれかに入力された入力信号を分割し、所定の信号処理装置が狭帯域の信号処理を施して、出力する。

0132

ここで、図8の状態φ−1乃至φ−4の信号処理システムにおける信号処理の概要について説明する。

0133

図8の状態φ−1の信号処理システムは、図5における状態φ−1の信号処理システムと同様の動作を行うので、その説明は省略する。

0134

図8の状態φ−2の信号処理システムにおいて、信号処理装置131−1,131−2は、信号処理装置131−2に入力された入力信号を分割し、信号処理装置131−2に入力された操作信号、および、その操作信号に基づいた制御信号(図中、細破線)に応じて信号処理を施す。すなわち、信号処理装置131−2は、操作信号に応じて、入力信号である帯域2B信号を分割し、信号処理装置131−1は、制御信号に応じて、分割した帯域1B信号に対して信号処理を施した帯域1B信号を、出力信号として出力する。

0135

このような構成により、状態φ−2の信号処理システムは、帯域2Bの入力信号に対して、所定の信号処理装置の処理能力(1B)に応じた信号処理を施し、帯域1Bの出力信号を出力することができる。

0136

図8の状態φ−3の信号処理システムにおいて、信号処理装置131−1乃至131−3は、信号処理装置131−3に入力された入力信号を分割し、信号処理装置131−3に入力された操作信号、および、その操作信号に基づいた制御信号に応じて信号処理を施す。すなわち、信号処理装置131−3は、操作信号に応じて、入力信号である帯域4B信号を分割し、信号処理装置131−2は、制御信号に応じて、帯域4B信号を分割した帯域2B信号をさらに分割する。そして、信号処理装置131−1は、制御信号に応じて、帯域2B信号をさらに分割した帯域1B信号に対して信号処理を施した帯域1B信号を、出力信号として出力する。

0137

このような構成により、状態φ−3の信号処理システムは、帯域4Bの入力信号に対して、所定の信号処理装置の処理能力(1B)に応じた信号処理を施し、帯域1Bの出力信号を出力することができる。

0138

図8の状態φ−4の信号処理システムにおいて、信号処理装置131−1乃至131−4は、信号処理装置131−4に入力された入力信号を分割し、信号処理装置131−4に入力された操作信号、および、その操作信号に基づいた制御信号に応じて信号処理を施す。すなわち、信号処理装置131−4は、操作信号に応じて、入力信号である帯域8B信号を分割し、信号処理装置131−3は、制御信号に応じて、帯域8B信号を分割した帯域4B信号をさらに分割する。信号処理装置131−2は、制御信号に応じて、帯域4B信号を分割した帯域2B信号をさらに分割し、信号処理装置131−1は、制御信号に応じて、帯域2B信号をさらに分割した帯域1B信号に対して信号処理を施した帯域1B信号を、出力信号として出力する。

0139

このような構成により、状態φ−4の信号処理システムは、帯域8Bの入力信号に対して、所定の信号処理装置の処理能力(1B)に応じた信号処理を施し、帯域1Bの出力信号を出力することができる。

0140

次に、図9のフローチャートを参照して、図8の状態φ−3の信号処理システムにおける信号処理について説明する。なお、図8の状態φ−3の信号処理システムの具体的な構成例は、図6のブロック図と同様であるので、その説明は省略する。

0141

ステップS101において、信号処理装置131−3の図示せぬ入力部は、帯域4B信号を入力する。

0142

ステップS102において、信号処理装置131−3の制御部151−3は、図示せぬ操作部から供給されるユーザの操作を表す操作信号と、信号処理システムにおける信号処理部153−1乃至153−3の処理能力とに応じて、所定の信号処理装置における信号処理の処理帯域を決定し、指示する。具体的には、制御部151−3は、入力された帯域4B信号に対して、信号処理部153−1のみが、1Bの処理帯域の信号処理を行うことを決定し、その旨の制御信号を、制御部151−1,151−2、および信号分割部152−3に供給する。

0143

ステップS103において、信号分割部152−3は、制御部151−3からの制御信号を基に、信号処理部153−1が信号処理を施す処理帯域1Bを認識する。このとき、信号分割部152−3は、信号処理部153−3が信号処理を行わないことも併せて認識する。

0144

ステップS104において、信号分割部152−3は、入力信号である帯域4B信号を、処理帯域2Bに分割し、信号処理装置131−2の信号分割部152−2に供給する。

0145

ステップS111において、信号処理装置131−2の制御部151−2は、信号処理装置131−3の制御部151−3から供給された制御信号に応じて、信号処理部153−1が施す信号処理の処理帯域1Bを認識し、その旨の制御信号を、信号分割部152−2に供給する。制御部151−2は、信号処理部153−2が信号処理を行わないことも併せて認識する。

0146

ステップS112において、信号分割部152−2は、制御部151−2からの制御信号を基に、信号分割部152−3から供給された入力信号(帯域2B信号)を、信号処理部153−1が信号処理を施す処理帯域(1B)に分割し、信号処理装置131−1の信号処理部153−1に供給する。

0147

ステップS121において、信号処理装置131−1の制御部151−1は、信号処理装置131−3の制御部151−3から信号処理装置131−2の制御部151−2を介して供給された制御信号に応じて、信号処理部153−1が施す信号処理の処理帯域1Bを認識し、その旨の制御信号を、信号処理部153−1に供給する。

0148

ステップS122において、信号処理部153−1は、制御部151−1からの制御信号を基に、信号分割部152−2から供給された入力信号(帯域1B信号)に対して所定の信号処理を施す。

0149

ステップS123において、信号処理部153−1は、ステップS122において得られた帯域1B信号を出力する。

0150

以上の処理により、帯域4Bの入力信号に対して、信号処理装置131−1の処理能力に応じた信号処理を施し、帯域1Bの出力信号を出力することができる。

0151

したがって、図8の信号処理システムにおいては、帯域4Bの処理能力を有する信号処理装置を設けることなく、帯域1Bまたは2Bの処理能力を有する信号処理装置を組み合わせることで、帯域4Bの入力信号に対して、帯域1Bの出力信号を出力することができる。結果として、入力信号の帯域のみの拡大が要求され、出力側の装置がその帯域に対応していない場合でも、既存システムを廃棄せずに、入力信号の広帯域化に対応することができる。

0152

上述した説明においては、図8の状態φ−3の信号処理システムについて説明したが、図8の状態φ−2や状態φ−4の信号処理システムにおいても、図7と同様の信号処理を行うようにすることができる。さらに、信号処理システムを構成する信号処理装置の数を5以上にした場合でも、同様に扱うことができる。

0153

また、上述した説明では、信号処理装置131−1が帯域1B信号を出力するようにしたが、信号処理装置131−2が帯域2B信号を出力するようにしてもよい。同様にして、図8の状態φ−4の信号処理システムにおいては、信号処理装置131−2が帯域2B信号を出力したり、信号処理装置131−3が帯域4B信号を出力してもよい。

0154

以上、出力信号の帯域の拡大に対応した構成、入力信号および出力信号の帯域の拡大に対応した構成、並びに入力信号の帯域の拡大に対応した構成について説明してきたが、それぞれの構成の機能を併せて実現するようにすることもできる。

0155

図10は、出力信号の帯域の拡大、入力信号および出力信号の帯域の拡大、並びに入力信号の帯域の拡大に対応するようにした信号処理システムの構成例を示している。

0156

図10の信号処理装置231−1は、制御部251−1、スイッチ(SW)252−1、信号処理部255−1から構成されている。信号処理装置231−2は、制御部251−2、SW252−2、信号分割部253−2、SW254−2、信号処理部255−2、および信号統合部256−2から構成されている。信号処理装置231−3は、制御部251−3、信号分割部253−3、SW254−3、信号処理部255−3、および信号統合部256−3から構成されている。

0157

ここで、信号処理装置231−1乃至231−3を構成する各ブロックを示す番号の表記において、ハイフン(−)の後の数字は、信号処理装置231−1乃至231−3それぞれを示す番号の表記におけるハイフンの後の数字に対応する。すなわち、例えば、信号処理装置231−1は、信号分割部や信号統合部を有しないので、信号分割部253−1および信号統合部256−1は存在しない。

0158

信号処理装置231−1の制御部251−1は、図3の制御部51−1や図6の制御部151−1と同様の機能を有する他、ユーザの操作を表す操作信号や他の制御部からの制御信号に応じて、SW252−1の制御を行う。

0159

SW252−1は、制御部251−1の制御に基づいて、図示せぬ入力部からの帯域1B信号または信号分割部253−2からの帯域1B信号の入力を切り替え、信号処理部255−1に供給する。例えば、操作信号によって、図10の信号処理システムが、出力信号の帯域拡大に対応するモードとされている場合、SW252−1は、図示せぬ入力部からの帯域1B信号を入力する。また、入力信号および出力信号の帯域拡大、または、入力信号のみの帯域拡大に対応するモードとされている場合、SW252−1は、信号分割部253−2からの帯域1B信号を入力する。

0160

信号処理部255−1は、制御部251−1からの制御信号を基に、SW252−1からの帯域1Bの入力信号に対して所定の信号処理を施し、信号処理装置231−2の信号統合部256−2に供給するか、または、外部に出力する。なお、操作信号によって、図10の信号処理システムが、出力信号の帯域拡大に対応するモードとされている場合、信号処理部255−1が有する増幅部255a−1は、信号処理の結果を、信号処理部255−1の処理能力の上限(1B)まで増幅して、信号統合部256−2に供給する。

0161

信号処理装置231−2の制御部251−2は、図3の制御部51−2および図6の制御部151−2と同様の機能を併せ持つ他、ユーザの操作を表す操作信号や他の制御部からの制御信号に応じて、SW252−2およびSW254−2の制御を行う。

0162

SW252−2は、制御部251−2の制御に基づいて、図示せぬ入力部からの帯域2B信号または信号分割部253−3からの帯域2B信号の入力を切り替え、信号分割部253−1に供給する。例えば、操作信号によって、図10の信号処理システムが、入力信号および出力信号の帯域拡大、または、入力信号のみの帯域拡大に対応するモードとされている場合、信号処理システムへの入力信号が帯域2B信号であるとき、SW252−2は、図示せぬ入力部からの帯域2B信号を入力する。また、入力信号および出力信号の帯域拡大、または、入力信号のみの帯域拡大に対応するモードとされている場合、信号処理システムへの入力信号が、例えば帯域4B信号であるとき、SW252−2は、信号分割部253−3からの帯域2B信号を入力する。

0163

信号分割部253−2は、制御部251−2の制御に基づいて、図10の信号処理システムが、入力信号および出力信号の帯域拡大、または、入力信号のみの帯域拡大に対応するモードとされている場合、SW252−2から供給された入力信号(帯域2B信号)を、信号処理部255−2が信号処理を施す処理帯域1Bに分割し、SW254−2に供給する。また、信号分割部253−2は、SW252−2から供給された入力信号を分割した残りの処理帯域1Bの入力信号を、信号処理装置231−1のSW252−1に供給する。

0164

SW254−2は、制御部251−2の制御に基づいて、信号処理装置231−1から分配されてきた帯域1B信号または信号分割部253−2からの帯域1B信号の入力を切り替え、信号処理部255−2に供給する。例えば、操作信号によって、図10の信号処理システムが、出力信号の帯域拡大に対応するモードとされている場合、SW254−2は、信号処理装置231−1から分配されてきた帯域1B信号を入力する。また、入力信号および出力信号の帯域拡大に対応するモードとされている場合、SW254−2は、信号分割部253−2からの帯域1B信号を入力する。なお、入力信号のみの帯域拡大に対応するモードとされている場合には、SW254−2は、信号分割部253−2からの帯域1B信号を入力しない。

0165

信号処理部255−2は、制御部251−2からの制御信号を基に、SW252−2からの入力信号(帯域1B信号)に対して所定の信号処理を施し、信号統合部256−2に供給する。なお、操作信号によって、図10の信号処理システムが、出力信号の帯域拡大に対応するモードとされている場合、信号処理部255−2が有する増幅部255a−2は、信号処理の結果を、信号処理部255−2の処理能力の上限(1B)まで増幅して、信号統合部256−2に供給する。

0166

信号統合部256−2は、制御部251−2の制御の下、信号処理装置231−1の信号処理部255−1から供給された信号(帯域1B信号)と、信号処理部255−2から供給された信号(帯域1B信号)とを統合して、帯域2B信号として信号処理装置231−3の信号統合部256−3に供給するか、または、外部に出力する。

0167

信号処理装置231−3の制御部251−3は、図3の制御部51−3および図6の制御部151−3と同様の機能を併せ持つ他、ユーザの操作を表す操作信号や他の制御部からの制御信号に応じて、SW254−3の制御を行う。

0168

信号分割部253−3は、制御部251−3の制御に基づいて、図10の信号処理システムが、入力信号および出力信号の帯域拡大、または、入力信号のみの帯域拡大に対応するモードとされている場合、図示せぬ入力部から入力された入力信号(帯域4B信号)を、信号処理部255−3が信号処理を施す処理帯域2Bに分割し、SW254−3に供給する。また、信号分割部253−3は、入力信号を分割した残りの処理帯域(1B)の入力信号を、信号処理装置231−2のSW252−2に供給する。

0169

SW254−3は、制御部251−3の制御に基づいて、信号処理装置231−1から分配されてきた帯域1B信号または信号分割部253−3からの帯域2B信号の入力を切り替え、信号処理部255−3に供給する。例えば、操作信号によって、図10の信号処理システムが、出力信号の帯域拡大に対応するモードとされている場合、SW254−3は、信号処理装置231−1から分配されてきた帯域1B信号を入力する。また、入力信号および出力信号の帯域拡大に対応するモードとされている場合、SW254−3は、信号分割部253−3からの帯域2B信号を入力する。なお、入力信号のみの帯域拡大に対応するモードとされている場合には、SW254−3は、信号分割部253−3からの帯域2B信号を入力しない。

0170

信号処理部255−3は、制御部251−3からの制御信号を基に、SW254−3からの入力信号に対して所定の信号処理を施し、信号統合部256−3に供給する。なお、操作信号によって、図10の信号処理システムが、出力信号の帯域拡大に対応するモードとされている場合、信号処理部255−3が有する増幅部255a−3は、信号処理の結果を、信号処理部255−3の処理能力の上限(2B)まで増幅して、信号統合部256−3に供給する。

0171

信号統合部256−3は、制御部251−3の制御の下、信号処理装置231−2の信号処理部255−2から供給された信号(帯域2B信号)と、信号処理部255−3から供給された信号(帯域2B信号)とを統合して、帯域4B信号として出力する。

0172

このような構成により、出力信号の帯域の拡大、入力信号および出力信号の帯域の拡大、並びに入力信号のみの帯域の拡大のいずれにも対応することができる。

0173

なお、図10の信号処理システムにおいては、出力信号の帯域の拡大に対応した信号処理は、SW252−1,252−2,SW254−2,254−3が入力を切り替える点以外は、図4のフローチャートを参照して説明した、図3の信号処理システムによる信号処理と同様にして行われるので、その説明は省略する。

0174

したがって、図10の信号処理システムにおいても、帯域4Bの処理能力を有する信号処理装置を設けることなく、帯域1Bまたは2Bの処理能力を有する信号処理装置を組み合わせることで、帯域4Bまで出力信号の帯域を拡大することができる。結果として、出力信号の帯域の拡大が要求された場合でも、その帯域の処理能力を有さない既存システムを廃棄せずに、出力信号の広帯域化に対応することができる。

0175

また、図10の信号処理システムにおいては、入力信号および出力信号の帯域の拡大に対応した信号処理は、SW252−1,252−2,SW254−2,254−3が入力を切り替える点以外は、図7のフローチャートを参照して説明した、図6の信号処理システムによる信号処理と同様にして行われるので、その説明は省略する。

0176

したがって、図10の信号処理システムにおいても、帯域4Bの処理能力を有する信号処理装置を設けることなく、帯域1Bまたは2Bの処理能力を有する信号処理装置を組み合わせることで、帯域4Bの入力信号に対して、帯域4Bの出力信号を出力することができる。結果として、入力信号および出力信号の帯域の拡大が要求された場合でも、その帯域の処理能力を有さない既存システムを廃棄せずに、入力信号および出力信号の広帯域化に対応することができる。

0177

さらに、図10の信号処理システムにおいては、入力信号のみの帯域の拡大に対応した信号処理は、SW252−1,252−2,SW254−2,254−3が入力を切り替える点以外は、図9のフローチャートを参照して説明した、図6の信号処理システムによる信号処理と同様にして行われるので、その説明は省略する。

0178

したがって、図10の信号処理システムにおいても、帯域4Bの処理能力を有する信号処理装置を設けることなく、帯域1Bまたは2Bの処理能力を有する信号処理装置を組み合わせることで、帯域4Bの入力信号に対して、帯域1Bの出力信号を出力することができる。結果として、入力信号の帯域のみの拡大が要求され、出力側の装置がその帯域に対応していない場合でも、既存システムを廃棄せずに、入力信号の広帯域化に対応することができる。

0179

上述した説明においては、信号処理システムを構成する信号処理装置の数が3である場合について説明したが、信号処理システムを構成する信号処理装置の数を2、または4以上にした場合でも、図10と同様の構成を適用することで、同様に扱うことができる。

0180

以上においては、所定のフォーマットの入力信号に対して所定の信号処理を施し、出力信号を出力する信号処理システムについて説明してきたが、上述した構成は、例えば、テレビジョン受像機に適用することができる。

0181

図11は、本発明を適用したテレビジョン受像機の構成例を示している。

0182

図11においては、4つの状態のテレビジョン受像機が示されている。図11中一番左に示されているテレビジョン受像機は、映像信号処理部331−1および映像表示デバイス332から構成されている。図11中左から2番目に示されているテレビジョン受像機は、一番左に示されているテレビジョン受像機に、映像信号処理部331−2が追加されて構成されている。図11中左から3番目に示されているテレビジョン受像機は、左から2番目に示されているテレビジョン受像機に、映像信号処理部331−3が追加されて構成されている。図11中一番右に示されているテレビジョン受像機は、左から3番目に示されているテレビジョン受像機に、映像信号処理部331−4が追加されて構成されている。

0183

図11において、映像信号処理部331−1は、SD信号に対する信号処理を行うことができ、SD信号が入力されると、ユーザの操作による操作信号(図中、太破線)に応じて、所定の映像信号処理を施し、SD信号を出力する。

0184

映像信号処理部331−2は、単独では、映像信号処理部331−1と同様、SD信号に対する信号処理を行うことができ、SD信号が入力されると、ユーザの操作による操作信号に応じて、所定の映像信号処理を施し、SD信号を出力する。

0185

映像信号処理部331−3は、単独では、HD信号に対する信号処理を行うことができ、HD信号が入力されると、ユーザの操作による操作信号に応じて、所定の映像信号処理を施し、HD信号を出力する。

0186

映像信号処理部331−4は、単独では、HDp(HDプログレッシブ)信号に対する信号処理を行うことができ、HDp信号が入力されると、ユーザの操作による操作信号に応じて、所定の映像信号処理を施し、HDp信号を出力する。

0187

また、図11における映像信号処理部331−1乃至331−4はそれぞれ、図1の信号処理装置31−1乃至31−4、および、図5の信号処理装置131−1乃至131−4と対応する。すなわち、図11のテレビジョン受像機は、映像信号に対する処理を行う点以外は、基本的に、図1の信号処理システムの機能と図5の信号処理システムの機能とを併せた機能を有する。すなわち、映像信号処理部331−1乃至331−4それぞれは、映像信号を扱う点以外は、基本的に、図10で説明した信号処理装置231−1乃至231−3と同様の構成を有するものである。したがって、映像信号処理部331−1乃至331−4の説明は省略する。

0188

映像表示デバイス332は、例えば、液晶ディスプレイプラズマディスプレイ有機EL(Electro Luminescent)ディスプレイなどからなり、映像信号処理部331−1乃至331−4のいずれかから供給されたSD信号、HD信号、HDp信号、または4K2K信号(4096×2160画素画素信号)に応じて、映像を表示する。

0189

次に、図12のフローチャートを参照して、図11のテレビジョン受像機における映像信号処理の例として、映像入力信号および映像出力信号の帯域の拡大に対応する映像信号処理について説明する。

0190

ステップS131において、映像信号処理部331−4は、4K2K信号を入力する。

0191

ステップS132において、映像信号処理部331−4は、ユーザの操作を表す操作信号と、テレビジョン受像機における映像信号処理部331−1乃至331−4の処理能力とに応じて、それぞれが分担する信号処理の処理帯域を決定し、それぞれに指示する。具体的には、映像信号処理部331−4は、入力された4K2K信号に対して、映像信号処理部331−1乃至331−4がそれぞれ、SD,SD,HD,HDp信号相当の処理帯域の信号処理を行うことを決定し、その旨の制御信号を、自身を含めた映像信号処理部331−1乃至331−4に供給する。

0192

ステップS133において、映像信号処理部331−4は、制御信号を基に、映像信号処理部331−4が信号処理を施すHDp信号相当の処理帯域を認識する。

0193

ステップS134において、映像信号処理部331−4は、入力信号である4K2K信号を、認識したHDp信号相当の処理帯域に分割する。また、映像信号処理部331−4は、入力信号である4K2K信号を分割した残りのHDp信号相当の処理帯域の入力信号を、映像信号処理部331−3に供給する。

0194

ステップS135において、映像信号処理部331−4は、分割した入力信号(HDp信号)に対して所定の映像信号処理を施す。

0195

ステップS141において、映像信号処理部331−3は、映像信号処理部331−4から供給された制御信号に応じて、映像信号処理部331−3が信号処理を施すHD信号相当の処理帯域を認識する。

0196

ステップS142において、映像信号処理部331−3は、映像信号処理部331−4から供給された入力信号であるHDp信号を、認識したHD信号相当の処理帯域に分割する。また、映像信号処理部331−3は、HDp信号を分割した残りのHD信号相当の処理帯域の入力信号を、映像信号処理部331−2に供給する。

0197

ステップS143において、映像信号処理部331−3は、分割した入力信号(HD信号)に対して所定の映像信号処理を施す。

0198

ステップS151において、映像信号処理部331−2は、映像信号処理部331−4から供給された制御信号に応じて、映像信号処理部331−2が信号処理を施すSD信号相当の処理帯域を認識する。

0199

ステップS152において、映像信号処理部331−2は、映像信号処理部331−3から供給された入力信号であるHD信号を、認識したSD信号相当の処理帯域に分割する。また、映像信号処理部331−2は、HD信号を分割した残りのSD信号相当の処理帯域の入力信号を、映像信号処理部331−1に供給する。

0200

ステップS153において、映像信号処理部331−2は、分割した入力信号(SD信号)に対して所定の映像信号処理を施す。

0201

ステップS161において、映像信号処理部331−1は、映像信号処理部331−4から供給された制御信号に応じて、映像信号処理部331−1が信号処理を施すSD信号相当の処理帯域を認識する。

0202

ステップS162において、映像信号処理部331−1は、映像信号処理部331−2から供給された入力信号(SD信号)に対して所定の映像信号処理を施し、その処理結果を、映像信号処理部331−2に供給する。

0203

ステップS154において、映像信号処理部331−2は、映像信号処理部331−1から供給された信号(SD信号)と、ステップS153において映像信号処理を施したSD信号とを統合して、HD信号として映像信号処理部331−3に供給する。

0204

ステップS144において、映像信号処理部331−3は、映像信号処理部331−2から供給された信号(HD信号)と、ステップS143において映像信号処理を施したHD信号とを統合して、HDp信号として映像信号処理部331−4に供給する。

0205

ステップS136において、映像信号処理部331−4は、映像信号処理部331−3から供給された信号(HDp信号)と、ステップS135において映像信号処理を施したHDp信号とを統合する。

0206

ステップS137において、映像信号処理部331−4は、ステップS136において統合した信号を、4K2K信号として映像表示デバイス332に出力する。

0207

ステップS138において、映像表示デバイス332は、4K2K信号に応じて映像を表示する。

0208

以上の処理により、4K2Kの映像入力信号に対して、映像信号処理部331−1乃至331−4それぞれの処理能力に応じた映像信号処理を施し、4K2Kの映像出力信号を出力することができる。

0209

したがって、図11のテレビジョン受像機においては、4K2Kの処理能力を有する映像信号処理部を設けることなく、HDp,HD,SD信号相当の処理能力を有する映像信号処理部を組み合わせることで、4K2Kの映像入力信号に対して、4K2Kの映像出力信号を出力し、対応した映像を表示することができる。結果として、映像入力信号および映像出力信号の帯域の拡大が要求された場合でも、その帯域の処理能力を有さない既存システムを廃棄せずに、映像入力信号および映像出力信号の広帯域化に対応することができる。

0210

また、図11のテレビジョン受像機においては、図4のフローチャートで説明した、出力信号の帯域の拡大に対応した信号処理と同様にして、映像出力信号の帯域の拡大に対応した映像信号処理が行われる。

0211

したがって、図11のテレビジョン受像機においては、4K2Kの処理能力を有する映像信号処理部を設けることなく、HDp,HD,SD信号相当の処理能力を有する映像信号処理部を組み合わせることで、4K2Kまで映像出力信号の帯域を拡大することができる。結果として、映像表示デバイス332の性能のみが向上する等により、映像出力信号の帯域の拡大が要求された場合でも、その帯域の処理能力を有さない既存システムを廃棄せずに、映像出力信号の広帯域化に対応することができる。

0212

以上においては、本発明をテレビジョン受像機に適用した場合について説明してきたが、上述した構成は、例えば、映像処理システムにも適用することができる。

0213

図13は、本発明を適用した映像処理システムの構成例を示している。

0214

図13においては、3つの状態の映像処理システムが示されている。図13左側に示されている映像処理システムは、映像処理装置431−1および431−2から構成されている。図13中央に示されている映像処理システムは、図13左側に示されている映像処理システムに、映像処理装置431−3が追加されて構成されている。図13右側に示されている映像処理システムは、図13中央に示されている映像処理システムに、映像処理装置431−4が追加されて構成されている。

0215

図13において、映像処理装置431−1は、SD信号に対する信号処理を行うことができ、SD信号が入力されると、ユーザの操作による操作信号(図中、太破線)に応じて、所定の映像信号処理を施し、SD信号を出力する。

0216

映像処理装置431−2は、単独では、映像処理装置431−1と同様、SD信号に対する信号処理を行うことができ、SD信号が入力されると、ユーザの操作による操作信号に応じて、所定の映像信号処理を施し、SD信号を出力する。

0217

映像処理装置431−3は、単独では、HD信号に対する信号処理を行うことができ、HD信号が入力されると、ユーザの操作による操作信号に応じて、所定の映像信号処理を施し、HD信号を出力する。

0218

映像処理装置431−4は、単独では、HDp(HDプログレッシブ)信号に対する信号処理を行うことができ、HDp信号が入力されると、ユーザの操作による操作信号に応じて、所定の映像信号処理を施し、HDp信号を出力する。

0219

また、図13における映像処理装置431−1乃至431−4はそれぞれ、図1の信号処理装置31−1乃至31−4、および、図5の信号処理装置131−1乃至131−4と対応する。すなわち、図13の映像処理システムは、映像信号に対する処理を行う点以外は、基本的に、図1の信号処理システムの機能と図5の信号処理システムの機能とを併せた機能を有する。すなわち、映像処理装置431−1乃至431−4それぞれは、映像信号を扱う点以外は、基本的に、図10で説明した信号処理装置231−1乃至231−3と同様の構成を有するものである。したがって、映像処理装置431−1乃至431−4の説明は省略する。

0220

次に、図14のフローチャートを参照して、図13の映像処理システムにおける映像信号処理の例として、映像入力信号および映像出力信号の帯域の拡大に対応する映像信号処理について説明する。

0221

ステップS231において、映像処理装置431−4は、4K2K信号を入力する。

0222

ステップS232において、映像処理装置431−4は、ユーザの操作を表す操作信号と、映像処理システムにおける映像処理装置431−1乃至431−4の処理能力とに応じて、それぞれが分担する信号処理の処理帯域を決定し、それぞれに指示する。具体的には、映像処理装置431−4は、入力された4K2K信号に対して、映像処理装置431−1乃至431−4がそれぞれ、SD,SD,HD,HDp信号相当の処理帯域の信号処理を行うことを決定し、その旨の制御信号を、自身を含めた映像処理装置431−1乃至431−4に供給する。

0223

ステップS233において、映像信号装置431−4は、制御信号を基に、映像信号装置431−4が信号処理を施すHDp信号相当の処理帯域を認識する。

0224

ステップS234において、映像処理装置431−4は、入力信号である4K2K信号を、認識したHDp信号相当の処理帯域に分割する。また、映像処理装置431−4は、入力信号である4K2K信号を分割した残りのHDp信号相当の処理帯域の入力信号を、映像処理装置431−3に供給する。

0225

ステップS235において、映像処理装置431−4は、分割した入力信号(HDp信号)に対して所定の映像信号処理を施す。

0226

ステップS241において、映像処理装置431−3は、映像処理装置431−4から供給された制御信号に応じて、映像処理装置431−3が信号処理を施すHD信号相当の処理帯域を認識する。

0227

ステップS242において、映像処理装置431−3は、映像処理装置431−4から供給された入力信号であるHDp信号を、認識したHD信号相当の処理帯域に分割する。また、映像処理装置431−3は、HDp信号を分割した残りのHD信号相当の処理帯域の入力信号を、映像処理装置431−2に供給する。

0228

ステップS243において、映像処理装置431−3は、分割した入力信号(HD信号)に対して所定の映像信号処理を施す。

0229

ステップS251において、映像処理装置431−2は、映像処理装置431−4から供給された制御信号に応じて、映像処理装置431−2が信号処理を施すSD信号相当の処理帯域を認識する。

0230

ステップS252において、映像処理装置431−2は、映像処理装置431−3から供給された入力信号であるHD信号を、認識したSD信号相当の処理帯域に分割する。また、映像処理装置431−2は、HD信号を分割した残りのSD信号相当の処理帯域の入力信号を、映像処理装置431−1に供給する。

0231

ステップS253において、映像処理装置431−2は、分割した入力信号(SD信号)に対して所定の映像信号処理を施す。

0232

ステップS261において、映像処理装置431−1は、映像処理装置431−4から供給された制御信号に応じて、映像処理装置431−1が信号処理を施すSD信号相当の処理帯域を認識する。

0233

ステップS262において、映像処理装置431−1は、映像処理装置431−2から供給された入力信号(SD信号)に対して所定の映像信号処理を施し、その処理結果を、映像処理装置431−2に供給する。

0234

ステップS254において、映像処理装置431−2は、映像処理装置431−1から供給された信号(SD信号)と、ステップS253において映像信号処理を施したSD信号とを統合して、HD信号として映像処理装置431−3に供給する。

0235

ステップS244において、映像処理装置431−3は、映像処理装置431−2から供給された信号(HD信号)と、ステップS243において映像信号処理を施したHD信号とを統合して、HDp信号として映像処理装置431−4に供給する。

0236

ステップS236において、映像処理装置431−4は、映像処理装置431−3から供給された信号(HDp信号)と、ステップS235において映像信号処理を施したHDp信号とを統合する。

0237

ステップS237において、映像処理装置431−4は、ステップS236において統合した信号を、4K2K信号として出力する。

0238

以上の処理により、4K2Kの映像入力信号に対して、映像処理装置431−1乃至431−4それぞれの処理能力に応じた映像信号処理を施し、4K2Kの映像出力信号を出力することができる。

0239

したがって、図13の映像処理システムにおいては、4K2Kの処理能力を有する映像処理装置を設けることなく、HDp,HD,SD信号相当の処理能力を有する映像処理装置を組み合わせることで、4K2Kの映像入力信号に対して、4K2Kの映像出力信号を出力することができる。結果として、映像入力信号および映像出力信号の帯域の拡大が要求された場合でも、その帯域の処理能力を有さない既存システムを廃棄せずに、映像入力信号および映像出力信号の広帯域化に対応することができる。

0240

また、図13の映像処理システムにおいては、図4のフローチャートで説明した、出力信号の帯域の拡大に対応した信号処理と同様にして、映像出力信号の帯域の拡大に対応した映像信号処理が行われる。

0241

したがって、図13の映像処理システムにおいては、4K2Kの処理能力を有する映像処理装置を設けることなく、HDp,HD,SD信号相当の処理能力を有する映像処理装置を組み合わせることで、4K2Kまで映像出力信号の帯域を拡大することができる。結果として、映像出力信号の帯域の拡大が要求された場合でも、その帯域の処理能力を有さない既存システムを廃棄せずに、映像出力信号の広帯域化に対応することができる。

0242

以上においては、本発明を映像処理システムに適用した場合について説明してきたが、上述した構成は、例えば、音声処理システムにも適用することができる。

0243

図15は、本発明を適用した音声処理システムの構成例を示している。

0244

図15においては、3つの状態の音声処理システムが示されている。図15左側に示されている音声処理システムは、音声処理装置531−1および531−2から構成されている。図15中央に示されている音声処理システムは、図15左側に示されている音声処理システムに、音声処理装置531−3が追加されて構成されている。図15右側に示されている音声処理システムは、図15中央に示されている音声処理システムに、音声処理装置531−4が追加されて構成されている。

0245

図15において、音声処理装置531−1は、サンプリング周波数Fsの音声信号に対する信号処理を行うことができ、サンプリング周波数Fsの音声信号が入力されると、ユーザの操作による操作信号(図中、太破線)に応じて、音声所定の信号処理を施し、サンプリング周波数Fsの音声信号を出力する。

0246

音声処理装置531−2は、単独では、音声処理装置531−1と同様、サンプリング周波数Fsの音声信号に対する信号処理を行うことができ、サンプリング周波数Fsの音声信号が入力されると、ユーザの操作による操作信号に応じて、所定の音声信号処理を施し、サンプリング周波数Fsの音声信号を出力する。

0247

音声処理装置531−3は、単独では、サンプリング周波数2Fsの音声信号に対する信号処理を行うことができ、サンプリング周波数2Fsの音声信号が入力されると、ユーザの操作による操作信号に応じて、所定の音声信号処理を施し、サンプリング周波数2Fsの音声信号を出力する。

0248

音声処理装置531−4は、単独では、サンプリング周波数4Fsの音声信号に対する信号処理を行うことができ、サンプリング周波数4Fsの音声信号が入力されると、ユーザの操作による操作信号に応じて、所定の音声信号処理を施し、サンプリング周波数4Fsの音声信号を出力する。

0249

また、図15における音声処理装置531−1乃至531−4はそれぞれ、図1の信号処理装置31−1乃至31−4、および、図5の信号処理装置131−1乃至131−4と対応する。すなわち、図15の音声処理システムは、音声信号に対する処理を行う点以外は、基本的に、図1の信号処理システムの機能と図5の信号処理システムの機能とを併せた機能を有する。すなわち、音声処理装置531−1乃至531−4それぞれは、音声信号を扱う点以外は、基本的に、図10で説明した信号処理装置231−1乃至231−3と同様の構成を有するものである。したがって、音声処理装置531−1乃至531−4の説明は省略する。

0250

次に、図16のフローチャートを参照して、図15の音声処理システムにおける音声信号処理の例として、音声入力信号および音声出力信号の帯域の拡大に対応する音声信号処理について説明する。

0251

ステップS331において、音声処理装置531−4は、サンプリング周波数8Fsの音声信号を入力する。

0252

ステップS332において、音声処理装置531−4は、ユーザの操作を表す操作信号と、音声処理システムにおける音声処理装置531−1乃至531−4の処理能力とに応じて、それぞれが分担する信号処理の処理帯域を決定し、それぞれに指示する。具体的には、音声処理装置531−4は、入力されたサンプリング周波数8Fsの音声信号に対して、音声処理装置531−1乃至531−4がそれぞれ、サンプリング周波数Fs,Fs,2Fs,4Fsの処理帯域の信号処理を行うことを決定し、その旨の制御信号を、自身を含めた音声処理装置531−1乃至531−4に供給する。

0253

ステップS333において、音声処理装置531−4は、制御信号を基に、音声処理装置531−4が信号処理を施すサンプリング周波数4Fsの処理帯域を認識する。

0254

ステップS334において、音声処理装置531−4は、入力信号であるサンプリング周波数8Fsの音声信号を、認識したサンプリング周波数4Fsの処理帯域に分割する。また、音声処理装置531−4は、入力信号であるサンプリング周波数8Fsの音声信号を分割した残りのサンプリング周波数4Fsの処理帯域の入力信号を、音声処理装置531−3に供給する。

0255

ステップS335において、音声処理装置531−4は、分割した入力信号(サンプリング周波数4Fsの音声信号)に対して所定の音声信号処理を施す。

0256

ステップS341において、音声処理装置531−3は、音声処理装置531−4から供給された制御信号に応じて、音声処理装置531−3が信号処理を施すサンプリング周波数2Fsの処理帯域を認識する。

0257

ステップS342において、音声処理装置531−3は、音声処理装置531−4から供給された入力信号であるサンプリング周波数4Fsの音声信号を、認識したサンプリング周波数2Fsの処理帯域に分割する。また、音声処理装置531−3は、サンプリング周波数4Fsの音声信号を分割した残りのサンプリング周波数2Fsの処理帯域の入力信号を、音声処理装置531−2に供給する。

0258

ステップS343において、音声処理装置531−3は、分割した入力信号(サンプリング周波数2Fsの音声信号)に対して所定の音声信号処理を施す。

0259

ステップS351において、音声処理装置531−2は、音声処理装置531−4から供給された制御信号に応じて、音声処理装置531−2が信号処理を施すサンプリング周波数Fsの処理帯域を認識する。

0260

ステップS352において、音声処理装置531−2は、音声処理装置531−3から供給された入力信号であるサンプリング周波数2Fsの音声信号を、認識したサンプリング周波数Fsの処理帯域に分割する。また、音声処理装置531−2は、サンプリング周波数2Fsの音声信号を分割した残りのサンプリング周波数Fsの処理帯域の入力信号を、音声処理装置531−1に供給する。

0261

ステップS353において、音声処理装置531−2は、分割した入力信号(サンプリング周波数Fsの音声信号)に対して所定の音声信号処理を施す。

0262

ステップS361において、音声処理装置531−1は、音声処理装置531−4から供給された制御信号に応じて、音声処理装置531−1が信号処理を施すサンプリング周波数Fsの処理帯域を認識する。

0263

ステップS362において、音声処理装置531−1は、音声処理装置531−2から供給された入力信号(サンプリング周波数Fsの音声信号)に対して所定の音声信号処理を施し、その処理結果を、音声処理装置531−2に供給する。

0264

ステップS354において、音声処理装置531−2は、音声処理装置531−1から供給された信号(サンプリング周波数Fsの音声信号)と、ステップS353において音声信号処理を施したサンプリング周波数Fsの音声信号とを統合して、サンプリング周波数2Fsの音声信号として音声処理装置531−3に供給する。

0265

ステップS344において、音声処理装置531−3は、音声処理装置531−2から供給された信号(サンプリング周波数2Fsの音声信号)と、ステップS343において音声信号処理を施したサンプリング周波数2Fsの音声信号とを統合して、サンプリング周波数4Fsの音声信号として音声処理装置531−4に供給する。

0266

ステップS336において、音声処理装置531−4は、音声処理装置531−3から供給された信号(サンプリング周波数4Fsの音声信号)と、ステップS335において音声信号処理を施したサンプリング周波数4Fsの音声信号とを統合する。

0267

ステップS337において、音声処理装置531−4は、ステップS336において統合した信号を、サンプリング周波数8Fsの音声信号として出力する。

0268

以上の処理により、サンプリング周波数8Fsの音声入力信号に対して、音声処理装置531−1乃至531−4それぞれの処理能力に応じた音声信号処理を施し、サンプリング周波数8Fsの音声出力信号を出力することができる。

0269

したがって、図15の音声処理システムにおいては、サンプリング周波数8Fsの処理能力を有する音声処理装置を設けることなく、4Fsや2Fs,Fs相当のサンプリング周波数の処理能力を有する音声処理装置を組み合わせることで、サンプリング周波数8Fsの音声入力信号に対して、サンプリング周波数8Fsの音声出力信号を出力することができる。結果として、音声入力信号および音声出力信号の帯域の拡大が要求された場合でも、その帯域の処理能力を有さない既存システムを廃棄せずに、音声入力信号および音声出力信号の広帯域化に対応することができる。

0270

また、図15の音声処理システムにおいては、図4のフローチャートで説明した、出力信号の帯域の拡大に対応した信号処理と同様にして、音声出力信号の帯域の拡大に対応した音声信号処理が行われる。

0271

したがって、図15の音声処理システムにおいては、サンプリング周波数8Fsの処理能力を有する音声処理装置を設けることなく、4Fsや2Fs,Fs相当のサンプリング周波数の処理能力を有する音声処理装置を組み合わせることで、サンプリング周波数8Fsまで音声出力信号の帯域を拡大することができる。結果として、音声出力信号の帯域の拡大が要求された場合でも、その帯域の処理能力を有さない既存システムを廃棄せずに、音声出力信号の広帯域化に対応することができる。

0272

以上においては、本発明を音声処理システムに適用した場合について説明してきたが、上述した構成は、例えば、データ処理システムにも適用することができる。

0273

図17は、本発明を適用したデータ処理システムの構成例を示している。

0274

図17においては、3つの状態のデータ処理システムが示されている。図17左側に示されているデータ処理システムは、データ処理装置631−1および631−2から構成されている。図17中央に示されているデータ処理システムは、図17左側に示されているデータ処理システムに、データ処理装置631−3が追加されて構成されている。図17右側に示されているデータ処理システムは、図17中央に示されているデータ処理システムに、データ処理装置631−4が追加されて構成されている。

0275

図17において、データ処理装置631−1は、データレートN(bps(bit per seconds))のデータに対する信号処理を行うことができ、データレートN(bps)のデータが入力されると、ユーザの操作による操作信号(図中、太破線)に応じて、所定のデータ処理を施し、データレートN(bps)のデータを出力する。

0276

データ処理装置631−2は、単独では、データ処理装置631−1と同様、データレートN(bps)のデータに対するデータ処理を行うことができ、データレートN(bps)のデータが入力されると、ユーザの操作による操作信号に応じて、所定のデータ処理を施し、データレートN(bps)のデータを出力する。

0277

データ処理装置631−3は、単独では、データレート2N(bps)のデータに対するデータ処理を行うことができ、データレート2N(bps)のデータが入力されると、ユーザの操作による操作信号に応じて、所定のデータ処理を施し、データレート2N(bps)のデータを出力する。

0278

データ処理装置631−4は、単独では、データレート4N(bps)のデータに対するデータ処理を行うことができ、データレート4N(bps)のデータが入力されると、ユーザの操作による操作信号に応じて、所定のデータ処理を施し、データレート4N(bps)のデータを出力する。

0279

また、図17におけるデータ処理装置631−1乃至631−4はそれぞれ、図1の信号処理装置31−1乃至31−4、および、図5の信号処理装置131−1乃至131−4と対応する。すなわち、図17のデータ処理システムは、データに対する処理を行う点以外は、基本的に、図1の信号処理システムの機能と図5の信号処理システムの機能とを併せた機能を有する。すなわち、データ処理装置631−1乃至631−4それぞれは、所定のフォーマットの信号に代わって、所定のデータレートのデータを扱う点以外は、基本的に、図10で説明した信号処理装置231−1乃至231−3と同様の構成を有するものである。したがって、データ処理装置631−1乃至631−4の説明は省略する。

0280

次に、図18のフローチャートを参照して、図17のデータ処理システムにおけるデータ処理の例として、入力データおよび出力データの帯域の拡大に対応するデータ処理について説明する。

0281

ステップS431において、データ処理装置631−4は、データレート8N(bps)のデータを入力する。

0282

ステップS432において、データ処理装置631−4は、ユーザの操作を表す操作信号と、データ処理システムにおけるデータ処理装置631−1乃至631−4の処理能力とに応じて、それぞれが分担するデータ処理の処理帯域を決定し、それぞれに指示する。具体的には、データ処理装置631−4は、入力されたデータレート8N(bps)のデータに対して、データ処理装置631−1乃至631−4がそれぞれ、データレートN,N,2N,4Nの処理帯域のデータ処理を行うことを決定し、その旨の制御信号を、自身を含めたデータ処理装置631−1乃至631−4に供給する。

0283

ステップS433において、データ処理装置631−4は、制御信号を基に、データ処理装置631−4がデータ処理を施すデータレート4Nの処理帯域を認識する。

0284

ステップS434において、データ処理装置631−4は、入力データであるデータレート8N(bps)のデータを、認識したデータレート4Nの処理帯域に分割する。また、データ処理装置631−4は、入力データであるデータレート8N(bps)のデータを分割した残りのデータレート4Nの処理帯域の入力データを、データ処理装置631−3に供給する。

0285

ステップS435において、データ処理装置631−4は、分割した入力データ(データレート4N(bps)のデータ)に対して所定のデータ処理を施す。

0286

ステップS441において、データ処理装置631−3は、データ処理装置631−4から供給された制御信号に応じて、データ処理装置631−3がデータ処理を施すデータレート2Nの処理帯域を認識する。

0287

ステップS442において、データ処理装置631−3は、データ処理装置631−4から供給された入力信号であるデータレート4N(bps)のデータを、認識したデータレート2Nの処理帯域に分割する。また、データ処理装置631−3は、データレート4N(bps)のデータを分割した残りのデータレート2Nの処理帯域の入力データを、データ処理装置631−2に供給する。

0288

ステップS443において、データ処理装置631−3は、分割した入力データ(データレート2N(bps)のデータ)に対して所定のデータ処理を施す。

0289

ステップS451において、データ処理装置631−2は、データ処理装置631−4から供給された制御信号に応じて、データ処理装置631−2がデータ処理を施すデータレートNの処理帯域を認識する。

0290

ステップS452において、データ処理装置631−2は、データ処理装置631−3から供給された入力データであるデータレート2N(bps)のデータを、認識したデータレートNの処理帯域に分割する。また、データ処理装置631−2は、データレート2N(bps)のデータを分割した残りのデータレートNの処理帯域の入力データを、データ処理装置631−1に供給する。

0291

ステップS453において、データ処理装置631−2は、分割した入力データ(データレートN(bps)のデータ)に対して所定のデータ処理を施す。

0292

ステップS461において、データ処理装置631−1は、データ処理装置631−4から供給された制御信号に応じて、データ処理装置631−1がデータ処理を施すデータレートNの処理帯域を認識する。

0293

ステップS462において、データ処理装置631−1は、データ処理装置631−2から供給された入力データ(データレートN(bps)のデータ)に対して所定のデータ処理を施し、その処理結果を、データ処理装置631−2に供給する。

0294

ステップS454において、データ処理装置631−2は、データ処理装置631−1から供給されたデータ(データレートN(bps)のデータ)と、ステップS453においてデータ処理を施したデータレートN(bps)のデータとを統合して、データレート2N(bps)のデータとしてデータ処理装置631−3に供給する。

0295

ステップS444において、データ処理装置631−3は、データ処理装置631−2から供給されたデータ(データレート2N(bps)のデータ)と、ステップS443においてデータ処理を施したデータレート2N(bps)のデータとを統合して、データレート4N(bps)のデータとしてデータ処理装置631−4に供給する。

0296

ステップS436において、データ処理装置631−4は、データ処理装置631−3から供給されたデータ(データレート4N(bps)のデータ)と、ステップS435においてデータ処理を施したデータレート4N(bps)のデータとを統合する。

0297

ステップS437において、データ処理装置631−4は、ステップS436において統合したデータを、データレート8N(bps)のデータとして出力する。

0298

以上の処理により、データレート8N(bps)の入力データに対して、データ処理装置631−1乃至631−4それぞれの処理能力に応じたデータ処理を施し、データレート8N(bps)の出力データを出力することができる。

0299

したがって、図17のデータ処理システムにおいては、データレート8N(bps)の処理能力を有するデータ処理装置を設けることなく、4Nや2N,N相当のデータレートの処理能力を有するデータ処理装置を組み合わせることで、データレート8N(bps)の入力データに対して、データレート8N(bps)の出力データを出力することができる。結果として、入力データおよび出力データの帯域の拡大が要求された場合でも、その帯域の処理能力を有さない既存システムを廃棄せずに、入力データおよび出力データの広帯域化に対応することができる。

0300

また、図17のデータ処理システムにおいては、図4のフローチャートで説明した、出力信号の帯域の拡大に対応した信号処理と同様にして、出力データの帯域の拡大に対応したデータ処理が行われる。

0301

したがって、図17のデータ処理システムにおいては、データレート8N(bps)の処理能力を有するデータ処理装置を設けることなく、4Nや2N,N相当のデータレートの処理能力を有するデータ処理装置を組み合わせることで、データレート8N(bps)まで出力データの帯域を拡大することができる。結果として、出力データの帯域の拡大が要求された場合でも、その帯域の処理能力を有さない既存システムを廃棄せずに、出力データの広帯域化に対応することができる。

0302

以上のように、複数の信号処理装置のうちのいずれかに入力された入力信号に対して、分担して信号処理を施す複数の信号処理装置からなる信号処理システムにおいて、例えば、信号処理装置31−2は、入力信号の、自身の処理能力(1B)に応じた帯域の帯域1B信号に対して、所定の信号処理を施し、信号処理装置31−1において、入力信号の、信号処理装置31−1の処理能力(1B)に応じた帯域の帯域1B信号に対して、所定の信号処理が施された信号と、信号処理装置31−2が信号処理を施した帯域1B信号とを統合し、信号処理装置31−3に出力するので、例えば、帯域4Bの処理能力を有する信号処理装置を設けることなく、帯域1Bまたは2Bの処理能力を有する信号処理装置を組み合わせることで、帯域1Bの入力信号に対して、帯域4Bまで出力信号の帯域を拡大したり、帯域4Bの入力信号に対して、帯域4Bの出力信号を出力することができる。結果として、その帯域の処理能力を有さない既存システムを廃棄せずに、信号の広帯域化に対応することができる。

0303

上述した一連の処理は、ハードウェアにより実行することもできるし、ソフトウェアにより実行することもできる。一連の処理をソフトウェアにより実行する場合には、そのソフトウェアを構成するプログラムが、専用のハードウェアに組み込まれているコンピュータ、または、各種のプログラムをインストールすることで、各種の機能を実行することが可能な、例えば汎用のパーソナルコンピュータ等に、プログラム記録媒体からインストールされる。

0304

図19は、上述した一連の処理をプログラムにより実行するコンピュータのハードウェアの構成例を示すブロック図である。

0305

コンピュータにおいて、CPU(Central Processing Unit)901,ROM(Read Only Memory)902,RAM(Random Access Memory)903は、バス904により相互に接続されている。

0306

バス904には、さらに、入出力インタフェース905が接続されている。入出力インタフェース905には、キーボードマウスマイクロホン等よりなる入力部906、ディスプレイ、スピーカ等よりなる出力部907、ハードディスク不揮発性メモリ等よりなる記憶部908、ネットワークインタフェース等よりなる通信部909、磁気ディスク光ディスク光磁気ディスク、或いは半導体メモリ等のリムーバブルメディア911を駆動するドライブ910が接続されている。

0307

以上のように構成されるコンピュータでは、CPU901が、例えば、記憶部908に記憶されているプログラムを、入出力インタフェース905およびバス904を介して、RAM903にロードして実行することにより、上述した一連の処理が行われる。

0308

コンピュータ(CPU901)が実行するプログラムは、例えば、磁気ディスク(フレキシブルディスクを含む)、光ディスク(CD-ROM(Compact Disc-Read Only Memory),DVD(Digital Versatile Disc)等)、光磁気ディスク、もしくは半導体メモリ等よりなるパッケージメディアであるリムーバブルメディア911に記録して、あるいは、ローカルエリアネットワークインターネットデジタル衛星放送といった、有線または無線伝送媒体を介して提供される。

0309

そして、プログラムは、リムーバブルメディア911をドライブ910に装着することにより、入出力インタフェース905を介して、記憶部908にインストールすることができる。また、プログラムは、有線または無線の伝送媒体を介して、通信部909で受信し、記憶部908にインストールすることができる。その他、プログラムは、ROM902や記憶部908に、あらかじめインストールしておくことができる。

0310

なお、コンピュータが実行するプログラムは、本明細書で説明する順序に沿って時系列に処理が行われるプログラムであっても良いし、並列に、あるいは呼び出しが行われたとき等の必要なタイミングで処理が行われるプログラムであっても良い。

0311

また、本明細書において、システムとは、複数の装置により構成される装置全体を表すものである。

0312

なお、本発明の実施の形態は、上述した実施の形態に限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲において種々の変更が可能である。

図面の簡単な説明

0313

本発明を適用した信号処理システムの一実施の形態の構成例を示す図である。
図1の信号処理システムを構成する信号処理装置の信号処理の分担の概念を示す図である。
図1の信号処理システムの具体的な構成例を示す図である。
図3の信号処理システムにおける信号処理について説明するフローチャートである。
信号処理システムの他の構成例を示す図である。
図6の信号処理システムの具体的な構成例を示す図である。
図6の信号処理システムにおける信号処理について説明するフローチャートである。
信号処理システムのさらに他の構成例を示す図である。
図8の信号処理システムにおける信号処理について説明するフローチャートである。
信号処理システムのさらに他の構成例を示す図である。
本発明を適用したテレビジョン受像機の構成例を示す図である。
図11のテレビジョン受像機の映像信号処理について説明するフローチャートである。
本発明を適用した映像処理システムの構成例を示す図である。
図13の映像処理システムの映像信号処理について説明するフローチャートである。
本発明を適用した音声処理システムの構成例を示す図である。
図15の音声処理システムの音声信号処理について説明するフローチャートである。
本発明を適用したデータ処理システムの構成例を示す図である。
図18のデータ処理システムのデータ処理について説明するフローチャートである。
本発明が適用される信号処理装置として機能するコンピュータのハードウェアの構成例を示すブロック図である。

符号の説明

0314

31−1乃至31−4信号処理装置, 51−1乃至51−3 制御部, 52−1乃至52−3信号処理部, 52a−1乃至52a−3増幅部, 53−2,53−3信号統合部, 131−1乃至131−4 信号処理装置, 151−1乃至151−3 制御部, 152−2,152−3信号分割部, 153−1乃至153−3 信号処理部, 154−2,154−3 信号統合部, 231−1乃至231−3 信号処理装置, 251−1乃至251−3 制御部, 252−1,252−2 SW, 253−2,253−3 信号分割部, 254−2,254−3 SW, 255−1乃至255−3 信号処理部, 255a−1乃至255a−3 増幅部, 256−2,256−3 信号統合部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ