図面 (/)

技術 焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置

出願人 株式会社エコ計画
発明者 井上綱隆
出願日 2008年4月8日 (12年10ヶ月経過) 出願番号 2008-100415
公開日 2009年10月29日 (11年3ヶ月経過) 公開番号 2009-250546
状態 拒絶査定
技術分野 他に分類されない燃焼
主要キーワード スライダ移動機構 受け機構 ゴミ焼却施設 ゴミ収集車 粘着物質 チェーンソー 従動側プーリ 樹脂テープ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年10月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

焼却物ピットから焼却物クレーンで掴み上げ、投入ホッパーに焼却物を上方から投入する際に、投入ホッパーの開口部から垂れ下がった樹脂テープ等の長尺体カッターで切断する焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置において、長尺体を確実に切断できるようにする。

解決手段

焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置1を、焼却物投入ホッパーHの開口部H1の焼却物ピットP側に配置され、長尺体Tを受ける長尺体受け部2と、焼却物投入ホッパーHの開口部H1の焼却物ピットP側に配置されたガイドレール6,6と、ガイドレール6,6に沿って移動するスライダ5と、スライダ5に回転自在に設けられ、長尺体受け部2で受けられた長尺体Tを切断するカッター4と、カッター4を回転させるカッター用モータ41と、スライダ5をガイドレール6,6に沿って移動させるスライダ移動機構とで構成する。

概要

背景

ゴミ焼却施設においては、ゴミ収集車等により収集された焼却物は、焼却物ピットに溜められる。焼却物ピットに溜められた焼却物は、クレーンで掴み上げられて焼却物投入ホッパー投入される。焼却物投入ホッパーにはダンパが設けられており、ダンパが開くことで、焼却物投入ホッパーに投入された焼却物が焼却炉内に導かれる。焼却炉内に導かれた焼却物は焼却炉にて焼却される。焼却炉にて焼却物を焼却する際には、焼却物投入ホッパーのダンパを閉じることにより、焼却炉内に過度の空気が供給されることを防ぎ、不完全燃焼の発生を防止している。焼却炉で焼却中の間に、焼却物投入ホッパーには、次に焼却される焼却物を焼却物ピットからクレーンにより掴み上げて投入しておく。

ところで、焼却物の中には、樹脂テープ等の長尺体も多く含まれている。この長尺体は、焼却物をクレーンで掴み上げ投入ホッパーに投入する際に、投入ホッパーの開口部の開口縁から焼却物ピットに向かって垂れ下がることがある。投入ホッパーの開口部から長尺体が垂れ下がっていると、ダンパを開いて投入ホッパー内の焼却物を焼却炉内に導く際に、長尺体が投入ホッパーの開口縁に引掛かって投入ホッパー内に残ってしまい、それが邪魔となってダンパを完全に閉めることができず、焼却炉内に過度の空気が供給されて不完全燃焼が発生する虞がある。従って、長尺体が投入ホッパーの開口縁から垂れ下がっている場合には、作業者が長尺体を手作業で切断する必要があり、面倒であった。

そこで、従来、投入ホッパーの開口部に設けられ、長尺体を切断する切断装置が知られている(例えば、特許文献1参照)。

特許文献1の切断装置は、投入ホッパーの開口部から焼却物ピットに向かって垂れ下がる長尺体を寄せ集め、長尺体の束が切断部で逃げないように押え込んで固定する押え部材と、押え部材を移動させるための押え部材駆動源と、寄せ集められた長尺体の束を受け、押え部材の長尺体押え反力を受けるための受け機構と、投入ホッパーから垂れ下がる長尺体を受けると共に、押え部材の移動を案内するガイドレールと、押え部材で固定された長尺体の束を切断するカッターと、該カッターを駆動させるカッター駆動源とを備える。

これによれば、ガイドレールに沿って押え部材を移動させることにより、長尺体を寄せ集めてカッターで長尺体を切断することができ、作業者が手作業で長尺体を切断する手間が省け、便利である。
特許第2835362号公報

概要

焼却物ピットから焼却物をクレーンで掴み上げ、投入ホッパーに焼却物を上方から投入する際に、投入ホッパーの開口部から垂れ下がった樹脂テープや紐等の長尺体をカッターで切断する焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置において、長尺体を確実に切断できるようにする。焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置1を、焼却物投入ホッパーHの開口部H1の焼却物ピットP側に配置され、長尺体Tを受ける長尺体受け部2と、焼却物投入ホッパーHの開口部H1の焼却物ピットP側に配置されたガイドレール6,6と、ガイドレール6,6に沿って移動するスライダ5と、スライダ5に回転自在に設けられ、長尺体受け部2で受けられた長尺体Tを切断するカッター4と、カッター4を回転させるカッター用モータ41と、スライダ5をガイドレール6,6に沿って移動させるスライダ移動機構とで構成する。

目的

本発明は、以上の点に鑑み、長尺体を確実に切断することができる焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

焼却物ピット内に溜められた焼却物投入する焼却物投入ホッパーの開口部に設けられ、該開口部から垂れ下がる長尺体を切断する焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置において、前記焼却物投入ホッパーの開口部の前記焼却物ピット側に配置され、前記長尺体を受ける長尺体受け部と、前記焼却物投入ホッパーの開口部の前記焼却物ピット側に配置されたガイドレールと、該ガイドレールに沿って移動するスライダと、該スライダに回転自在に設けられ、前記長尺体受け部で受けられた長尺体を切断するカッターと、該カッターを回転させるカッター用モータと、前記スライダを前記ガイドレールに沿って移動させるスライダ移動機構とを備えることを特徴とする焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置。

請求項2

請求項1記載の焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置であって、前記長尺体受け部は、前記焼却物投入ホッパーの開口部の開口縁から焼却物ピットに向かって延びる板状に形成されると共に、前記ガイドレールと平行に延びるスリットを有し、前記ガイドレール、前記スライダ、前記カッター用モータ、前記スライダ移動機構は、前記長尺体受け部の内側に配置され、前記カッターの一部はスリットから前記長尺体受け部の外側へ露出して、前記長尺体受け部の外面で受けられた長尺体を切断することを特徴とする焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置。

技術分野

0001

本発明は、例えば、クレーンで掴み上げた焼却物を、投入ホッパー投入する際に、投入ホッパーの開口部から垂れ下がる樹脂テープ等の焼却物中の長尺体カッターで切断する長尺体切断装置に関する。

背景技術

0002

ゴミ焼却施設においては、ゴミ収集車等により収集された焼却物は、焼却物ピットに溜められる。焼却物ピットに溜められた焼却物は、クレーンで掴み上げられて焼却物投入ホッパーに投入される。焼却物投入ホッパーにはダンパが設けられており、ダンパが開くことで、焼却物投入ホッパーに投入された焼却物が焼却炉内に導かれる。焼却炉内に導かれた焼却物は焼却炉にて焼却される。焼却炉にて焼却物を焼却する際には、焼却物投入ホッパーのダンパを閉じることにより、焼却炉内に過度の空気が供給されることを防ぎ、不完全燃焼の発生を防止している。焼却炉で焼却中の間に、焼却物投入ホッパーには、次に焼却される焼却物を焼却物ピットからクレーンにより掴み上げて投入しておく。

0003

ところで、焼却物の中には、樹脂テープや紐等の長尺体も多く含まれている。この長尺体は、焼却物をクレーンで掴み上げ投入ホッパーに投入する際に、投入ホッパーの開口部の開口縁から焼却物ピットに向かって垂れ下がることがある。投入ホッパーの開口部から長尺体が垂れ下がっていると、ダンパを開いて投入ホッパー内の焼却物を焼却炉内に導く際に、長尺体が投入ホッパーの開口縁に引掛かって投入ホッパー内に残ってしまい、それが邪魔となってダンパを完全に閉めることができず、焼却炉内に過度の空気が供給されて不完全燃焼が発生する虞がある。従って、長尺体が投入ホッパーの開口縁から垂れ下がっている場合には、作業者が長尺体を手作業で切断する必要があり、面倒であった。

0004

そこで、従来、投入ホッパーの開口部に設けられ、長尺体を切断する切断装置が知られている(例えば、特許文献1参照)。

0005

特許文献1の切断装置は、投入ホッパーの開口部から焼却物ピットに向かって垂れ下がる長尺体を寄せ集め、長尺体の束が切断部で逃げないように押え込んで固定する押え部材と、押え部材を移動させるための押え部材駆動源と、寄せ集められた長尺体の束を受け、押え部材の長尺体押え反力を受けるための受け機構と、投入ホッパーから垂れ下がる長尺体を受けると共に、押え部材の移動を案内するガイドレールと、押え部材で固定された長尺体の束を切断するカッターと、該カッターを駆動させるカッター駆動源とを備える。

0006

これによれば、ガイドレールに沿って押え部材を移動させることにより、長尺体を寄せ集めてカッターで長尺体を切断することができ、作業者が手作業で長尺体を切断する手間が省け、便利である。
特許第2835362号公報

発明が解決しようとする課題

0007

従来の切断装置は、押え部材の移動を案内するガイドレールで長尺体を受け、押え部材の移動により長尺体を寄せ集めてからカッターで切断する。ここで、樹脂テープ等の長尺体は他の焼却物と絡まっている場合がある。このため、押え部材により長尺体を寄せ集めようとしても、長尺体の束の重みで押え部材が動かなくなってしまうことがあった。この場合、押え部材でカッターの位置まで長尺体の束を寄せ集めることができないため、長尺体をカッターで切断することができず、作業者の手作業により長尺体を切断する必要がある。

0008

又、押え部材により寄せ集められた長尺体の束は、1つ1つの長尺体を切断するのと比較して切断し難くなる。このため、従来の切断装置では、押え部材により寄せ集められた長尺体の束をカッターで切断できない場合があった。この場合、作業者が手作業により長尺体の束を切断することとなるが、押え部材により寄せ集められた長尺体の束は、長尺体同士が複雑に絡み合っていることがあり、作業者が手作業で長尺体の束を切断するのは困難となることがある。

0009

本発明は、以上の点に鑑み、長尺体を確実に切断することができる焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0010

上記目的を達成するため、本発明は、焼却物ピット内に溜められた焼却物を投入する焼却物投入ホッパーの開口部に設けられ、開口部から垂れ下がる長尺体を切断する焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置において、焼却物投入ホッパーの開口部の焼却物ピット側に配置され、長尺体を受ける長尺体受け部と、焼却物投入ホッパーの開口部の焼却物ピット側に配置されたガイドレールと、ガイドレールに沿って移動するスライダと、スライダに回転自在に設けられ、長尺体受け部で受けられた長尺体を切断するカッターと、カッターを回転させるカッター用モータと、スライダをガイドレールに沿って移動させるスライダ移動機構とを備えることを特徴とする。

0011

かかる構成によれば、従来のように長尺体を押え部材で寄せ集めることなく、スライダをガイドレールに沿って移動させるだけで、スライダに設けられたカッターで長尺体受け部で受けられた長尺体を順次切断することができる。従って、本発明によれば、従来よりも確実に長尺体を切断することができる。

0012

ここで、ガイドレールが露出していると、焼却物に含まれる粘着物質等がガイドレールに付着し、この粘着物質等が邪魔となりスライダがガイドレールに沿って移動できなくなる虞がある。この場合、ガイドレールを清掃する必要があり、メンテナンスの負担が大きい。又、ガイドレールが焼却物と接触する虞もあり、最悪の場合、ガイドレール等が破損してしまうことも考えられる。

0013

この場合、長尺体受け部を、焼却物投入ホッパーの開口部の開口縁から焼却物ピットに向かって延びる板状に形成すると共に、長尺体受け部にガイドレールと平行に延びるスリットを形成し、ガイドレール、スライダ、カッター用モータ、スライダ移動機構を、長尺体受け部の内側に配置し、カッターの一部をスリットから長尺体受け部の外側へ露出させて、長尺体受け部の外面で受けられた長尺体を切断するように構成すれば、ガイドレールは長尺体受け部で覆われるため、ガイドレールに粘着物質等が付着し難くなり、メンテナンスの負担を軽減させることができる。又、ガイドレールは長尺体受け部の内側に配置されるため、ガイドレールに焼却物が接触することを防止することができ、焼却物の接触に伴うガイドレールの破損を防止することができる。

発明を実施するための最良の形態

0014

本発明の焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置の実施形態について、図1図4を参照して説明する。

0015

図1に示す符号Pは、ゴミ収集車等が収集した焼却物Gを溜めておく焼却物ピットである。焼却物ピットPに溜められた焼却物Gは、クレーンCによって掴み上げられ、焼却物ピットPの上方に位置する焼却物投入ホッパーHに、その上面開口部H1から投入される。投入ホッパーH内にはダンパDが設けられており、ダンパDが開かれることにより、投入ホッパーH内の焼却物Gは図外の焼却炉に導かれ焼却される。

0016

焼却物Gには樹脂テープや紐などの長尺体Tが含まれている。図2に示すように、クレーンCで焼却物Gを掴み上げ、投入ホッパーHに投入する際に、この長尺体Tが投入ホッパーHの開口部H1の開口縁から焼却物ピットPに向かって垂れ下がる。この長尺体Tを切断する為に、投入ホッパーHの開口部H1の焼却物ピットP側には、実施形態の焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置1が配置されている。

0017

焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置1は、図3に示すように、投入ホッパーHの開口部H1のピットP側の開口縁から焼却物ピットPに向かって傾斜させて配置され、投入ホッパーHの開口部H1から焼却物ピットPに向かって垂れ下がる長尺体Tを外面で受ける板状の長尺体受け部2と、長尺体受け部2の内側に配置された切断装置本体3とで構成される。長尺体受け部2には、水平方向に延びるスリット2aが形成されている。

0018

切断装置本体3は、長尺体受け部2のスリット2aから一部が露出し、円盤状で周縁部に刃部を備えるカッター4を備える。カッター4は水平に配置されており、その下方には、正逆回転自在のカッター用モータ41が、その回転軸41aが垂直となるように配置されている。回転軸41aはカッター4に連結され、カッター4はカッター用モータ41の駆動により回転される。

0019

カッター用モータ41は、その底部でスライダ5に連結されている。切断装置本体3は、図3図4に示すように、スリット2aと平行に延び両端を側板31,31に固定された一対のガイドレール6,6を備え、スライダ5は、ガイドレール6,6に沿って移動自在とされている。側板31,31は台部32上に固定されている。

0020

又、切断装置本体3は、図4に示すように、スライダ5の下方に位置させて、ガイドレール6,6と平行に延び、両端部を側板31,31で回転自在に軸支されたボールネジ7を備える。ボールネジ7には、スライダ5と連結部材5aを介して連結するナット5bが螺合しており、ボールネジ7が回転することにより、スライダ5がガイドレール6,6に沿って移動する。

0021

又、切断装置本体3は、図3に示すように、ボールネジ7を回転させてスライダ5を移動させるための正逆回転自在のボールネジ用モータ8を備える。ボールネジ用モータ8の回転軸には駆動側プーリ8aが設けられ、ボールネジ7の一端には従動側プーリ7aが設けられている。駆動側プーリ8aと従動側プーリ7aにはベルト9が巻回され、駆動側プーリ8aの回転は、ベルト9を介して従動側プーリ7aに伝達される。実施形態においては、ボールネジ用モータ8、駆動側プーリ8a、ベルト9、従動側プーリ7a、ボールネジ7、ナット5bによりスライダ移動機構が構成される。

0022

カッター用モータ41及びボールネジ用モータ8は、図外のリモコン遠隔操作により駆動される。リモコンの遠隔操作によりカッター用モータ41及びボールネジ用モータ8を駆動させると、カッター4が回転すると共に、ボールネジ7が回転し、スライダ5がガイドレール6,6に沿って移動して、スリット2aから長尺体受け部2の外方に露出するカッター4により、長尺体受け部2の外面で受けられた長尺体Tが切断される。

0023

実施形態の焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置1によれば、従来のように樹脂テープや紐などの長尺体Tを押え部材で寄せ集めることなく、カッター4が設けられたスライダ5をガイドレール6,6に沿って移動させるだけで、長尺体Tを順次切断することができる。従って、長尺体Tを確実に切断することができる。

0024

又、実施形態の切断装置1では、焼却物投入ホッパーHの開口縁から焼却物ピットPに向かって延びる長尺体受け部2を設け、長尺体受け部2に、ガイドレール6,6と平行に延びるスリット2aを形成し、ガイドレール6,6、及びスライダ5、カッター用モータ41、スライダ移動機構を構成するボールネジ用モータ8、駆動側プーリ8a、ベルト9、従動側プーリ7a、ボールネジ7、ナット5bを、長尺体受け部2の内側に配置し、カッター4の一部をスリット2aから長尺体受け部2の外方へ露出させて、長尺体Tをカッター4により切断するようにしている。

0025

このため、焼却物Gに含まれる粘着物質等は、長尺体受け部2に付着し、ガイドレール6,6には付着し難くなり、スライダ5の移動が粘着物質等で阻害されることを抑制でき、メンテナンスの負担を軽減させることができる。又、ガイドレール6,6等の切断装置本体3が長尺体受け部2内に配置されることにより、ガイドレール6,6等の切断装置本体3に焼却物Gが接触することを防止することができ、焼却物Gの接触に伴うガイドレール6,6等の切断装置本体3の破損を防止することができる。

0026

尚、実施形態においては、円盤状で周縁部に刃部を備えるカッターを用いているが、これに限られず、楕円形等の他の形状のカッター、又はチェーンソー等の他の種類のカッターを用いても、同様に本発明の効果を得ることができる。

0027

又、実施形態においては、スライダ移動機構として、ボールネジ7を用いたものを説明しているが、これに限られず、シリンダ等を用いてスライダ移動機構を構成しても、同様に本発明の効果を得ることができる。

図面の簡単な説明

0028

本発明の実施形態の焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置を用いた焼却施設の一部を示す模式図。
実施形態の焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置を示す斜視図。
実施形態の焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置を示す側面図。
実施形態の焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置を示す正面図。

符号の説明

0029

1…焼却物投入ホッパー用長尺体切断装置、 2…長尺体受け部、 2a…スリット、 3…切断装置本体、 31…側板、 32…台部、 4…カッター、 41…カッター用モータ、 41a…回転軸、 5…スライダ、 5a…連結部材、 5b…ナット、 6…ガイドレール、 7…ボールネジ、 7a…従動側プーリ、 8…ボールネジ用モータ、 8a…駆動側プーリ、 9…ベルト、 C…クレーン、 D…ダンパ、 G…焼却物、 H…焼却物投入ホッパー、 H1…上面開口部、 P…焼却物ピット、 T…長尺体。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ