図面 (/)

技術 パーツフィーダ

出願人 株式会社モートロン
発明者 広瀬良行
出願日 2008年3月21日 (12年3ヶ月経過) 出願番号 2008-073860
公開日 2009年10月8日 (10年8ヶ月経過) 公開番号 2009-227391
状態 未査定
技術分野 振動コンベヤ
主要キーワード 振動ピン 懸垂構造 非線形振動 円弧振動 連結角度 垂直加速度 自動組立装置 楕円軌跡
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年10月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

水平非線形振動搬送は、搬送路上のワークを搬送方向に送って戻るときに、ワークの垂直加速度重力加速度より小さくして相対滑りを生じさせてワークを搬送させるが、滑りを生じさせ易くするためには、搬送路に対するワークの摺動抵抗を軽減しなければならず大きな駆動力を必要とする。また、搬送時の加速度がワークとの静摩擦係数より大きくなるとワークとの間に滑りが発生して搬送効率が低下する問題が生じる。

解決手段

往復加速度差のある振動振動板を振動させることにより、該振動板に供給したワークを直線状に搬送する部品供給装置であって、該振動板は、遊動自在に回転可能に設けた複数の振動リンクに可回転に連結支持して弧振動させる。

概要

背景

自動組立装置などにワークを整列・供給することを目的としてパーツフィーダが広く利用されている。このようなパーツフィーダは、板ばね等で支持した搬送路電磁石圧電素子などの振動機構振動させることによって、搬送路上のワークを搬送する構造である。

本発明者が発明した搬送方法として水平非線形振動がある。これは、水平回転するボウル若しくは水平に直線移動するフィーダを、往復加速度差をつけて水平振動させることにより、摩擦力慣性力を利用してワークを搬送する方法である。

特許文献1に示す水平非線形振動によるパーツフィーダにおいては、水平方向の振動だけでワークを搬送するため、騒音や破損などの問題がほとんど生じないという優れた効果があった。
実開昭55−007852号

概要

水平非線形振動搬送は、搬送路上のワークを搬送方向に送って戻るときに、ワークの垂直加速度重力加速度より小さくして相対滑りを生じさせてワークを搬送させるが、滑りを生じさせ易くするためには、搬送路に対するワークの摺動抵抗を軽減しなければならず大きな駆動力を必要とする。また、搬送時の加速度がワークとの静摩擦係数より大きくなるとワークとの間に滑りが発生して搬送効率が低下する問題が生じる。往復に加速度差のある振動で振動板を振動させることにより、該振動板に供給したワークを直線状に搬送する部品供給装置であって、該振動板は、遊動自在に回転可能に設けた複数の振動リンクに可回転に連結支持して弧振動させる。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

往復加速度差のある振動振動板を振動させることにより、該振動板に供給したワークを直線状に搬送する部品供給装置であって、該振動板は、遊動自在に回転可能に設けた複数の振動リンクに可回転に連結支持し、弧振動させることを特徴とするパーツフィーダ

技術分野

0001

本発明は、パーツフィーダの改良に関するものである。

背景技術

0002

自動組立装置などにワークを整列・供給することを目的としてパーツフィーダが広く利用されている。このようなパーツフィーダは、板ばね等で支持した搬送路電磁石圧電素子などの振動機構振動させることによって、搬送路上のワークを搬送する構造である。

0003

本発明者が発明した搬送方法として水平非線形振動がある。これは、水平回転するボウル若しくは水平に直線移動するフィーダを、往復加速度差をつけて水平振動させることにより、摩擦力慣性力を利用してワークを搬送する方法である。

0004

特許文献1に示す水平非線形振動によるパーツフィーダにおいては、水平方向の振動だけでワークを搬送するため、騒音や破損などの問題がほとんど生じないという優れた効果があった。
実開昭55−007852号

発明が解決しようとする課題

0005

水平非線形振動搬送では、搬送路上のワークを搬送方向に送って戻るときの搬送路の前進付近において、ワークの垂直加速度重力加速度より小さくして相対滑りを生じさせることで搬送の効率化が図られる。ところが、滑りを生じさせ易くするためには、搬送路に対するワークの摺動抵抗を軽減しなければならず大きな駆動力を必要とする。また、搬送時の加速度がワークとの静摩擦係数より大きくなるとワークとの間に滑りが発生して搬送効率が低下する問題が生じる。

課題を解決するための手段

0006

そこで本発明者は上記問題に鑑み鋭意研究の結果、本発明を成し得たものであり、その特徴とするところは、往復に加速度差のある振動で振動板を振動させることにより、該振動板に供給したワークを直線状に搬送する部品供給装置であって、該振動板は、遊動自在に回転可能に設けた複数の振動リンクに可回転に連結支持し、弧振動させることにある。

0007

ここで、本明細書中でいう「振動板」とは、組立装置などに供給するワークを載置搬送するための送路を備え、別体の振動装置で送路方向に振動させる部材をいう。本発明においては、振動板を複数の振動リンクに可回転に連結支持する。この状態で送路方向に往復運動させることにより、振動板を円弧振動させる。そして、振動板を往復に加速度差をつけて振動させることで、搬送の効率化を図っている。

0008

振動板は、各振動リンクの回転軸との距離を変えたり、各振動リンクと連結角度を変えるなどの方法により、必ずしも平行移動させなくてもよい。また、振動リンクの回転軸は回転に伴って転動させるなどの方法で支持してもよく、円弧振動以外の振動でもよい。本発明においては、円弧振動など弧振動させる範囲としては、基本的に最下端の鉛直付近から水平付近の範囲であり、振動板が斜め前方に向かって上昇する過程に前進端を設ける。

0009

ワークの移送は、振動板の送路との静摩擦係数を上限とする定加速度で搬送するのが理想的であることから、カム駆動による振動が好ましい。カムによる振動としては、カムとバネなどの弾性体との組み合わせや溝カムを用いる場合などである。ただ、本発明では、水平方向の振幅が長く、垂直方向の振幅が短い軌跡の弧振動としたことにより、前進端付近での傾斜角を大きくとることができる。従って、振動板の前進端におけるワークの鉛直方向の加速度が小さくなり、戻り開始時点での滑りが大きくなる。このため、電磁石や圧電素子等を利用した振動装置でも効率よく駆動させることができる。

発明の効果

0010

本発明に係るパーツフィーダは、ワークを搬送することを目的として往復に加速度差をつけて振動させる振動板を、遊動自在に可回転に設けた複数の振動リンクに連結支持したことにより、送り方向の前進端付近での滑りをより大きくして非線形振動機構による搬送効率を高くすることが可能となった。

0011

また、振動板を振動リンクによる懸垂構造で回転可能に支持したことにより、駆動抵抗が極めて小さく、振動装置の小容量化が可能となるなど実用上極めて有益な効果を有するものである。

発明を実施するための最良の形態

0012

本発明は、可回転に設けた複数の振動リンクに振動板を回転可能に連結支持して、往復に加速度差のある弧振動させることにより、上述課題を解決した。

0013

図1は、本発明に係るパーツフィーダ1の一実施例を示すもので、ベース2に可回転に設けた3つの振動リンク3に、振動板4を回転可能に連結支持した構造である。本例では、ベース2に振動装置5を設け該振動板4をほぼ水平方向に振動させると共に、コイルばね6で該振動板4を搬送方向に付勢している。

0014

振動板4は、図2のように固定ピン31で可回転に設けた振動リンク3に、振動ピン32で回転可能に連結支持した構造である。図のハッチングを施した振動リンク3の位置が自然に収束する位置であり、例えば図の点線で示す範囲で振動させる。

0015

この場合の円弧振動の軌跡を図3に示す。振動板4を円弧振動させることで、垂直方向の振幅Vに対し水平方向の振幅Hを大きくすることができ、しかも前進端での傾斜角度が大きくなる。このことは、ワークの上下移動を少なくして搬送距離を長くできることに繋がり、その上前進端でのワークの鉛直方向の加速度を小さくして、ワークを振動板4から離反させ易く搬送効率を高めることが可能となる。

0016

図1に示した振動板4を振動させる振動装置5は、図4に示す非線形カム51によりカムフォロア52を往復振動させる構造である。図1のパーツフィーダ1では、振動板4をコイルばね6で搬送方向に付勢させており、ロッド53を介して振動板4に連結したカムフォロア52で復帰させる。これにより、振動の往復に加速度差を生じさせてワークの搬送が行われる。つまり、コイルばね6でワークとの間に滑りを生じさせることなく振動板4を搬送方向に送り、非線形カム51により振動板4を大きな加速度で後退させることで、ワークとの間に滑りを生じさせる振動である。

0017

振動板4は、必ずしも平行移動させる必要はなく、図5(a)のように各振動リンク3の固定ピン31と振動ピン32の長さ(r<R)を変えたり、同図(b)のように振動リンク3の角度を変えて振動板4と連結してもよい。

0018

また、振動リンク3の固定ピン31は定位置で回転させるだけでなく、図6のように回転に伴って転動させるように支持すれば、楕円軌跡の弧振動させることができ、円弧振動よりも水平方向の振幅Hの割合を高くすることができる。

図面の簡単な説明

0019

本発明に係るパーツフィーダの一実施例を示す正面図である。(実施例1)
本発明に係るパーツフィーダにおける振動板と振動リンクの連結状態を示す概略正面図である。
振動板を円弧振動させたときの軌跡を示す概略図である。
図1に示したパーツフィーダの振動装置の一実施例を示す概略図である。
本発明に係るパーツフィーダの他の実施例を示すもので、(a)(b)はそれぞれ振動板と振動リンクの連結を示す概略正面図である。(実施例2)
本発明に係るパーツフィーダのさらに他の実施例を示すもので、振動リンクの固定ピンを転動可能に支持した状態を示す概略正面図である。(実施例3)

符号の説明

0020

1パーツフィーダ
2ベース
3振動リンク
31固定ピン
32振動ピン
4振動板
5振動装置
51非線形カム
52カムフォロア
53ロッド
6 コイルばね

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社エナデックの「 ワーク供給装置」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】ピックアップ装置でワークをピックアップしやすいワーク供給装置を提供する。【解決手段】ワーク700を収容するワーク収容スティック70を傾斜状態で搭載するメインフレーム21と、メインフレーム21に... 詳細

  • シンフォニアテクノロジー株式会社の「 振動コンベア」が 公開されました。( 2020/04/02)

    【課題】振動コンベア全体の設置面積の増大化を招来することなく、駆動部の加振力を増大せずに、トラフの単位幅当たりの搬送量増大化を実現可能な振動コンベアを提供する。【解決手段】複数のトラフT(下側トラフT... 詳細

  • NTN株式会社の「 振動式部品搬送装置」が 公開されました。( 2020/03/19)

    【課題】直線状の搬送路を有する部品搬送部材を加振機構とは別体の支持部材で往復変位可能に支持した振動式部品搬送装置において、部品搬送部材の投射角を容易に精度よく調整できるようにする。【解決手段】支持部材... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ