図面 (/)

技術 モバイルパネル版付バス停留所案内板

出願人 青木美男
発明者 青木美男
出願日 2008年3月11日 (13年9ヶ月経過) 出願番号 2008-099756
公開日 2009年9月24日 (12年3ヶ月経過) 公開番号 2009-217224
状態 未査定
技術分野 表札、パネル等
主要キーワード 電気通電 ミニカード 張替え 運行形態 避難勧告 強化プラスチック製 ウェブ接続 バス停留所
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年9月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

昼間の太陽光線を利用してソーラーパネルを以って発電し、これをバッテリーによって蓄電したものを、夜間を通じて一日中案内板を確認したり、有線により通常の電気通電し、移動体通信パネル携帯電話機能を内蔵)によって各種の情報、バス路線、各種の広告宣伝に供するものである。

解決手段

案内板本体1の下部よりバッテリー4を内蔵した基台2と、その上部に液晶パネルよりなる移動体通信パネルと時刻表を設けた案内部3を装設し、その案内部3の上部にソーラーパネル8を装設した。

概要

背景

従来この種における停留所の立設されている案内板は、時刻表行き先の表示及び一部に固定の1枚だけの広告宣伝を表示したものが一般に散見されている現状である。

概要

昼間の太陽光線を利用してソーラーパネルを以って発電し、これをバッテリーによって蓄電したものを、夜間を通じて一日中案内板を確認したり、有線により通常の電気通電し、移動体通信パネル携帯電話機能を内蔵)によって各種の情報、バス路線、各種の広告宣伝に供するものである。案内板本体1の下部よりバッテリー4を内蔵した基台2と、その上部に液晶パネルよりなる移動体通信パネルと時刻表を設けた案内部3を装設し、その案内部3の上部にソーラーパネル8を装設した。

目的

本発明で、上記従来で述べている各種の構成を全体的に改良したものである。
即ち、従来のものは、夜間では案内板の時刻表が読めない不便さ、及びバス本社よりの事故渋滞等の情報が知らされず、且つ広告宣伝は、ポスター張替える等の方法が一般的であるため、製作に要する手間と費用が大変に掛かる問題点がある。
本発明は、以上の各問題点に解決したものであって、その主たる目的とする所は、案内板に対する広告の張替えに要する費用が節約できると共に、写真を記憶した携帯電話であれば、短距離無線機能を有する液晶パネルに向かって携帯番号を押せば瞬時に広告等を変更できるものである。
また、携帯電話機能の据え付けにより、バス本社からの送信により広告宣伝の原稿写真等は、瞬時に変更できるものである。また、有線による電気通電装置及びネット(有線ウェブ接続可能なもの)接続機能をも持ちさまざまな情報及び広告宣伝の伝達を可能にしたもの。
更に、内臓された携帯電話機能を一部変更して、カメラ装置を設置することにより防犯にも役に立ち、将来、地域を網羅するバス本社の無線基地局としての利用価値を拡大するものである。
また、案内部の据え付けた機能の一部に、バスの通過したことが時間と共に、本社に送信されることにより、円滑の運行形態がバス本社にて確認されるモバイルパネル版付バス停留所案内板を提供しようとするものである。
時刻表は内部に発光ダイオードによる照明装置を内蔵して、夜間でも充分に時刻表が読むことができ、防犯等の役目をも兼ねるものである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

案内板本体(1)には、最下部バッテリー(4)を内臓した基台(2)を設置し、該其台(2)の上部には、連結杆(8)を介在して案内部(3)を設け、該案内部(3)には、上部に液晶パネルよりなる移動体通信機能携帯電話機能)を内蔵した映像表示装置であるモニター(5)を設けると共に、下部に発光ダイオードよりなる強化プラスチック製時刻表(6)を据え付け、且つ該案内部(3)には、内部に通常の有線による電気通電引き込み装置とネット接続ケーブル(7)を設け、最上部にソーラーパネル(8)を装設した事を特徴とするモバイルパネル版付バス停留所案内板。

技術分野

0001

本発明は、昼間の太陽光線ソーラーパネルを以って電気発電し、これをバッテリーによって蓄電し、夜間を通じて一日中案内板を確認できること、又は、有線による電気を通電する機能及びネット(有線ウェブ接続可能なもの)接続機能を装着すると共に、移動体通信パネル携帯電話機能を内蔵する)に各種(政府広報・緊急災害通報及びバス会社運行に関するもの)の情報、バス路線沿線に存在する前の各種ショップを含めた広告宣伝をする事を目的としたモバイルパネル版付バス停留所案内板に関するものである。

背景技術

0002

従来この種における停留所の立設されている案内板は、時刻表行き先の表示及び一部に固定の1枚だけの広告宣伝を表示したものが一般に散見されている現状である。

発明が解決しようとする課題

0003

本発明で、上記従来で述べている各種の構成を全体的に改良したものである。
即ち、従来のものは、夜間では案内板の時刻表が読めない不便さ、及びバス本社よりの事故渋滞等の情報が知らされず、且つ広告宣伝は、ポスター張替える等の方法が一般的であるため、製作に要する手間と費用が大変に掛かる問題点がある。
本発明は、以上の各問題点に解決したものであって、その主たる目的とする所は、案内板に対する広告の張替えに要する費用が節約できると共に、写真を記憶した携帯電話であれば、短距離無線機能を有する液晶パネルに向かって携帯番号を押せば瞬時に広告等を変更できるものである。
また、携帯電話機能の据え付けにより、バス本社からの送信により広告宣伝の原稿写真等は、瞬時に変更できるものである。また、有線による電気通電装置及びネット(有線ウェブ接続可能なもの)接続機能をも持ちさまざまな情報及び広告宣伝の伝達を可能にしたもの。
更に、内臓された携帯電話機能を一部変更して、カメラ装置を設置することにより防犯にも役に立ち、将来、地域を網羅するバス本社の無線基地局としての利用価値を拡大するものである。
また、案内部の据え付けた機能の一部に、バスの通過したことが時間と共に、本社に送信されることにより、円滑の運行形態がバス本社にて確認されるモバイルパネル版付バス停留所案内板を提供しようとするものである。
時刻表は内部に発光ダイオードによる照明装置を内蔵して、夜間でも充分に時刻表が読むことができ、防犯等の役目をも兼ねるものである。

課題を解決するための手段

0004

上記目的を達成するために、本発明によれば、案内板本体は、縦型に立設され、最下端にバッテリーを内臓した基台を設置する。該基台の上部に案内部を立設する。この案内部には、上部に液晶パネルよりなる移動体通信パネル(携帯電話機能装置を内蔵している)を装設し、その下部に発光ダイオードの消費電力極端に少ない強化プラスチック製の時刻表を装設する。
また、液晶広告である該案内部には、その上部に電気を発電及び蓄電するソーラーパネルを据え付けること及び通常の電気を有線により通電する装置とネット(有線ウェブ接続可能なもの)接続機能を特徴とする。

発明の効果

0005

本発明によれば、従来の案内板と異なり、宣伝広告を製作及び張替え等の手間と費用が不要となる効果と、夜間でも案内部の時刻が容易に読める便利な効果がある。そして、案内板本体の最下部に設けたバッテリー内蔵した基台によれば、重量のある安定した案内板を装設でき、且つ最上部に設けたソーラーパネルによって太陽光を受けて電気を発電及び蓄電できるので、電気は半永久的に補給する必要がなく、使用できるという実利的な効果がある。また、案内部の上部に設けた移動通信パネル(液晶広告板)の内部には、携帯電話機能の外にICチップ及びミニカード差込機能と、短距離無線機能(ブルーツース機能)及び携帯電話機能を据え付け、また、通常の電気を有線により通電する装置とネット(有線ウェブ接続可能なもの)接続機能により有線にて広告宣伝できる便利な効果がある。更に、該案内部の下部に装設した時刻表によれば、発光ダイオード(LED)による消費電力の少ない効果と、ガラス製の時刻表のため、夜間においても案内板の時刻が容易に読める便利な効果がある。また、該移動体通信パネルに各種の広告宣伝をすることによって、収入を得ることによって案内板の製作費用を廉価にできる利点がある。

発明を実施するための最良の形態

0006

次に、本発明の最良の用法を説明すると、案内板本体は、昼間の太陽光ソーラーパネルから蓄電され、夜間においても、案内板の時刻表が読めるように通電する。一部は、通常の電気が使用できる差込機能を設ける。液晶パネルよりなる移動体通信パネルには、バス等の本社よりの事故、渋滞等の情報を文字によって該移動体通信パネルより流れるようになる。また、該移動体通信パネルは、地震等の発生や避難勧告を知らせる官公の情報も同様に流れるようにする。
更に、該移動体通信パネルには、特にバス路線に関係する地域に密着した飲食店物品販売店宣伝等にも使用できるものである。

0007

本発明の実施例を図面について説明すると、図面の示す如く、案内板本体(1)には、最下部にソーラーパネル(8)より蓄電するバッテリー(4)を内蔵した基台(2)を設置する。該基台(2)には、連結杆(9)を介して上部に案内部(3)を立設する。
該案内部(3)には、上部に各種の情報が流れる液晶パネルよりなる移動体通信パネル(携帯電話機能を内蔵する)、その内部には、通常の電気を有線により通電する装置とネット(有線ウェブ接続可能なもの)接続機能(5)と、下部には、夜間でも読めるようにした発光ダイオードのパネル等よりなるガラス製の時刻表(6)を装設してある。
該案内部(3)には、連結杆(9)等を介して最上部に各種の形状よりなる昼間の太陽光を充分に受けるためのソーラーパネル(8)を装設したものである。

図面の簡単な説明

0008

本発明のモバイルパネル版付バス停留所案内板を示す正面図である。

符号の説明

0009

1案内板本体
2基台
3 案内部
4バッテリー
5移動体通信パネル(携帯電話機能を内蔵)
6時刻表
7 通常の電気を有線により通電する装置とネット(有線ウェブ接続可能なもの)接続機能
8ソーラーパネル
9 連結杆

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 東日本電信電話株式会社の「 工事用看板」が 公開されました。( 2021/09/27)

    【課題】転倒を防止可能な工事用看板を提供する。【解決手段】工事用看板は、網目状の空気孔を有するメッシュ構造の部材で構成され、前記部材の表面に告知用の工事情報が表示された告知部材1(1a,1b)と、前記... 詳細

  • 鴻富錦精密電子(天津)有限公司の「 ホルダー及びそれを備えた停止表示板」が 公開されました。( 2021/09/13)

    【課題】吹き飛ばされ難いホルダーおよび当該ホルダーを備えた停止表示板を提供する。【解決手段】主体11および複数のローラ13を備えたホルダー10であって、ホルダーは、回転体およびストッパーを備える。回転... 詳細

  • 鴻富錦精密電子(天津)有限公司の「 ホルダー及びそれを備えた停止表示板」が 公開されました。( 2021/09/13)

    【課題】吹き付けにくいホルダー、および当該ホルダーを備えた停止表示板を提供する。【解決手段】ホルダー10を備えた停止表示板100であって、本体11および複数のローラ13を備えたホルダー10は、本体に接... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ