図面 (/)

技術 通信販売システム、通信販売方法、通信販売プログラム及びユーザ端末装置

出願人 日本電気株式会社
発明者 大嶽貴寛
出願日 2008年1月23日 (12年11ヶ月経過) 出願番号 2008-012386
公開日 2009年8月6日 (11年4ヶ月経過) 公開番号 2009-175922
状態 未査定
技術分野 特定用途計算機 計算機間の情報転送
主要キーワード 直接面談 紹介商品 商品購入ページ 注文ページ 商品取引システム 呼接続応答 再生スケジュール 通信販売システム
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年8月6日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

ネットワークを介した通信販売番組から購入する際に、同一装置の中で通信販売番組の視聴購入手続きとが行え、且つ購入手続きでは販売者と対面して商談出来ることを目的とする。

解決手段

本発明のネットワークを介する通信販売システムは、通信販売番組を配信する番組配信サーバと、通信販売番組で紹介される商品と商品の販売者とを関連付けた注文ページを提供するWEBサーバと、注文ページはネットワークを介して接続する販売者の電話番号を含み、販売者の販売者端末装置と、通信販売番組と商品の注文ページとを受信するユーザ端末装置と、ユーザ端末は電話番号をクリックし、ユーザ端末装置がクリックした電話番号に基づくユーザ端末装置から販売者端末装置への呼接続要求に応じて、ユーザ端末装置と販売者端末装置との接続制御を行う呼制御サーバとを具備する。ユーザ端末装置は、第1テレビ電話部と、電話番号を表示する出力部と、電話番号をクリックする入力部とを備える。販売者端末装置は第2テレビ電話部を備える。

概要

背景

テレビ放送ラジオ放送通信販売番組における販売方法は、購入希望者番組中に表示又はアナウンスされる販売者電話番号、FAX番号を電話機に入力し、電話商談またはFAX注文することで行われている。一方、インターネット等のネットワークの普及に伴って、通信販売はネットワークを活用するようにもなっている。ネットワークを介した通信販売方法として特許文献1及び2の技術が提案されている。

特許文献1は、通信販売番組の放送を受信し表示する放送受信機と、通信販売番組で紹介される紹介商品購入するための商品購入情報を格納する通販サーバと、紹介商品に関する商品情報コンテンツ商品名、価格、購入ページアドレス)を格納する連動サービスセンタサーバと、視聴者により操作される視聴者ネットワーク端末とを有する通信販売システムである。番組で紹介する商品について、通販サーバに商品購入ページを設けておく。連動サービスセンタサーバは、商品情報コンテンツと、放送局制作した番組の放送スケジュールに同期した再生スケジュールとを視聴者ネットワーク端末へ送る。視聴者ネットワーク端末では、番組放送と同期して商品情報再生される。視聴者は、番組視聴中に視聴者ネットワーク端末で表示される商品情報を選択する。視聴者ネットワーク端末は、番組終了後に、選択された商品の購入ページに接続して商品の購入手続きを行う。

特許文献1の通信販売システムは、商品を注文するための情報は通信販売番組とは別のネットワークから取得する。よって、データ放送等に対応した放送受信機を準備する必要がない。また、通信販売番組の放送スケジュールと、商品情報コンテンツの再生スケジュールとが同期しているので、視聴者は番組視聴中に気になった商品があったとき、ネットワーク端末ではその商品の商品情報が自動的に表示されている。従って、視聴者は表示されている商品情報の選択を行うだけで、手軽に購入希望商品選択を行うことが出来るというものである。

特許文献2は、コンピュータシステムにより商品の売買等の取引を行う方法において、商品購入者に対して商品情報を表示し所望する商品を選択することを促す段階と、選択指定された商品情報と関連付けて記憶された商品供給者連絡先情報を読み出す段階と、読み出された連絡先情報に基づいて商品購入者に対して商品供給者との連絡を促す段階と、連絡先情報を選択した場合に商品購入者の端末と商品供給者の端末とを通信回線を介して接続する段階と、接続された端末間で直接動画音声による面談形式で商談する段階とを備える商品取引システムが示されている。特許文献2の商品取引システムは、商品購入者が商品を注文するとき商品供給者とインターネット回線を介してテレビ電話直接面談形式の商談が出来るため、商品供給者が掲載するホームページで説明できない詳細の説明が可能になるというものである。

特開2005−51627号公報
特開2002−334243号公報

概要

ネットワークを介した通信販売番組から購入する際に、同一装置の中で通信販売番組の視聴と購入手続きとが行え、且つ購入手続きでは販売者と対面して商談出来ることを目的とする。本発明のネットワークを介する通信販売システムは、通信販売番組を配信する番組配信サーバと、通信販売番組で紹介される商品と商品の販売者とを関連付けた注文ページを提供するWEBサーバと、注文ページはネットワークを介して接続する販売者の電話番号を含み、販売者の販売者端末装置と、通信販売番組と商品の注文ページとを受信するユーザ端末装置と、ユーザ端末は電話番号をクリックし、ユーザ端末装置がクリックした電話番号に基づくユーザ端末装置から販売者端末装置への呼接続要求に応じて、ユーザ端末装置と販売者端末装置との接続制御を行う呼制御サーバとを具備する。ユーザ端末装置は、第1テレビ電話部と、電話番号を表示する出力部と、電話番号をクリックする入力部とを備える。販売者端末装置は第2テレビ電話部を備える。

目的

本発明は、ネットワークを介した通信販売番組から購入する際に、同一装置の中で通信販売番組の視聴と購入手続きとが行え、且つ購入手続きでは販売者と対面して商談出来ることを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

通信販売番組を配信する番組配信サーバと、前記通信販売番組で紹介される商品と前記商品の販売者とを関連付けた注文ページを提供するWEBサーバと、前記注文ページはネットワークを介して接続する前記販売者の電話番号を含み、前記販売者の販売者端末装置と、前記通信販売番組と前記商品の前記注文ページとを受信するユーザ端末装置と、前記ユーザ端末は前記電話番号をクリックし、前記ユーザ端末装置がクリックした前記電話番号に基づく前記ユーザ端末装置から前記販売者端末装置への呼接続要求に応じて、前記ユーザ端末装置と前記販売者端末装置との接続制御を行う呼制御サーバと、を具備し、前記ユーザ端末装置は、第1テレビ電話部と、前記電話番号を表示する出力部と、前記電話番号をクリックする入力部とを備え、前記販売者端末装置は、第2テレビ電話部を備え、前記第1テレビ電話部と前記第2テレビ電話部とが前記接続制御に基づいて前記ネットワークを介して接続される通信販売システム

請求項2

請求項1に記載の通信販売システムにおいて、前記ユーザ端末装置は、前記通信販売番組の番組表を前記WEBサーバから受信する番組表取得部と、前記番組表に基づいて選択される前記通信販売番組を受信する番組視聴部と、前記商品の前記注文ページを受信する注文ページ取得部とを更に備える通信販売システム。

請求項3

通信販売番組を配信する番組配信サーバと、前記通信販売番組で紹介される商品と前記商品の販売者とを関連付けた注文ページと、前記通信販売番組の番組表とを提供するWEBサーバと、前記注文ページはネットワークを介して接続する前記販売者の電話番号を含み、前記販売者の販売者端末装置と、ユーザ端末端末装置と、前記ユーザ端末装置と前記販売者端末装置との接続制御を行う呼制御サーバとを具備する前記ネットワークを介する通信販売システムにおいて、前記ユーザ端末装置は、前記番組表を受信する番組表取得部と、前記番組表に基づいて選択される前記通信販売番組を受信する番組視聴部と、前記商品の前記注文ページを受信する注文ページ取得部と、前記電話番号をクリックして前記販売者端末装置への呼接続要求を前記呼制御サーバへ送信し、前記呼接続要求に応じた前記呼制御サーバの前記接続制御に基づいて前記ネットワークを介して前記販売者端末装置と接続するテレビ電話部と、前記電話番号を表示する出力部と、前記電話番号をクリックする入力部とを備えるユーザ端末装置。

請求項4

通信販売番組を配信する番組配信サーバと、前記通信販売番組で紹介される商品と前記商品の販売者とを関連付けた注文ページと、前記通信販売番組の番組表とを提供するWEBサーバと、前記注文ページはネットワークを介して接続する前記販売者の電話番号を含み、前記販売者の販売者端末装置と、前記通信販売番組と前記商品の前記注文ページとを受信するユーザ端末装置と、前記ユーザ端末装置が受信した前記電話番号に基づく前記ユーザ端末装置から前記販売者端末装置への呼接続要求に応じて、前記ユーザ端末装置と前記販売者端末装置との接続制御を行う呼制御サーバとを具備し、前記ユーザ端末装置は、第1テレビ電話部と、前記電話番号を表示する出力部と、前記電話番号をクリックする入力部とを備え、前記販売者端末装置は、第2テレビ電話部を備え、前記第1テレビ電話部と前記第2テレビ電話部とが前記接続制御に基づいて接続される前記ネットワークを介する通信販売システムにおいて、(a)前記ユーザ端末装置が前記WEBサーバから前記番組表を受信するステップと、(b)前記ユーザ端末装置が前記番組表に基づいて選択される前記通信販売番組を受信するステップと、(c)前記ユーザ端末装置が前記商品の前記注文ページを前記WEBサーバから受信するステップと、(d)前記入力部が前記出力部に表示された前記電話番号をクリックして前記販売者端末装置への呼接続要求を前記呼制御サーバへ送信するステップと、(e)前記呼制御サーバが前記ユーザ端末装置から受信した前記呼接続要求を前記販売者端末装置へ送信するステップと、(f)前記販売者端末装置が前記呼制御サーバから受信した前記呼接続要求に対する呼接続応答を前記呼制御サーバに送信するステップと、(g)前記呼制御サーバが前記販売者端末装置から受信した前記呼接続応答に基づいて前記第1テレビ電話部と前記第2テレビ電話部とを接続するステップとを具備する通信販売方法

請求項5

請求項4に記載の方法をコンピュータに実行させる通信販売プログラム

技術分野

背景技術

0002

テレビ放送ラジオ放送通信販売番組における販売方法は、購入希望者番組中に表示又はアナウンスされる販売者電話番号、FAX番号を電話機に入力し、電話商談またはFAX注文することで行われている。一方、インターネット等のネットワークの普及に伴って、通信販売はネットワークを活用するようにもなっている。ネットワークを介した通信販売方法として特許文献1及び2の技術が提案されている。

0003

特許文献1は、通信販売番組の放送を受信し表示する放送受信機と、通信販売番組で紹介される紹介商品購入するための商品購入情報を格納する通販サーバと、紹介商品に関する商品情報コンテンツ商品名、価格、購入ページアドレス)を格納する連動サービスセンタサーバと、視聴者により操作される視聴者ネットワーク端末とを有する通信販売システムである。番組で紹介する商品について、通販サーバに商品購入ページを設けておく。連動サービスセンタサーバは、商品情報コンテンツと、放送局制作した番組の放送スケジュールに同期した再生スケジュールとを視聴者ネットワーク端末へ送る。視聴者ネットワーク端末では、番組放送と同期して商品情報再生される。視聴者は、番組視聴中に視聴者ネットワーク端末で表示される商品情報を選択する。視聴者ネットワーク端末は、番組終了後に、選択された商品の購入ページに接続して商品の購入手続きを行う。

0004

特許文献1の通信販売システムは、商品を注文するための情報は通信販売番組とは別のネットワークから取得する。よって、データ放送等に対応した放送受信機を準備する必要がない。また、通信販売番組の放送スケジュールと、商品情報コンテンツの再生スケジュールとが同期しているので、視聴者は番組視聴中に気になった商品があったとき、ネットワーク端末ではその商品の商品情報が自動的に表示されている。従って、視聴者は表示されている商品情報の選択を行うだけで、手軽に購入希望商品選択を行うことが出来るというものである。

0005

特許文献2は、コンピュータシステムにより商品の売買等の取引を行う方法において、商品購入者に対して商品情報を表示し所望する商品を選択することを促す段階と、選択指定された商品情報と関連付けて記憶された商品供給者連絡先情報を読み出す段階と、読み出された連絡先情報に基づいて商品購入者に対して商品供給者との連絡を促す段階と、連絡先情報を選択した場合に商品購入者の端末と商品供給者の端末とを通信回線を介して接続する段階と、接続された端末間で直接動画音声による面談形式で商談する段階とを備える商品取引システムが示されている。特許文献2の商品取引システムは、商品購入者が商品を注文するとき商品供給者とインターネット回線を介してテレビ電話直接面談形式の商談が出来るため、商品供給者が掲載するホームページで説明できない詳細の説明が可能になるというものである。

0006

特開2005−51627号公報
特開2002−334243号公報

発明が解決しようとする課題

0007

通信販売番組を利用する販売には、通信販売番組を視聴する装置と購入手続きを行う装置とが異なることで購買意欲減退を招く虞があった。また、販売者と対面して商談することが出来ないために購入を躊躇することも考えられる。更に、ネットワークを介した通信販売は、販売者は購入サイト維持管理が必要であり、購入者認証処理などの煩わしさがある。

0008

本発明は、ネットワークを介した通信販売番組から購入する際に、同一装置の中で通信販売番組の視聴と購入手続きとが行え、且つ購入手続きでは販売者と対面して商談出来ることを目的とする。

課題を解決するための手段

0009

本発明のネットワークを介する通信販売システムは、通信販売番組を配信する番組配信サーバと、通信販売番組で紹介される商品と商品の販売者とを関連付けた注文ページを提供するWEBサーバと、注文ページはネットワークを介して接続する販売者の電話番号(例えばIP電話番号)を含み、販売者の販売者端末装置と、通信販売番組と商品の注文ページとを受信するユーザ端末装置と、ユーザ端末は電話番号をクリックし、ユーザ端末装置がクリックした電話番号に基づくユーザ端末装置から販売者端末装置への呼接続要求に応じて、ユーザ端末装置と販売者端末装置との接続制御を行う呼制御サーバとを具備する。ユーザ端末装置は第1テレビ電話部と、電話番号を表示する表示部と、電話番号をクリックする入力部とを備える。販売者端末装置は第2テレビ電話部を備える。このような通信販売システムは、商品の購入希望者がユーザ端末を使用して通信販売番組を受信し、更にWEBサーバに基づき通信販売番組で紹介される商品の販売者の電話番号を容易に受信することが出来る。そして、得られた電話番号に基づく呼接続要求に応じた呼制御サーバの接続制御に基づき、第1テレビ電話部と第2テレビ電話部とが直接接続することを可能にする。

発明の効果

0010

本発明は、ネットワークを介した通信販売番組から購入する際に購買意欲の減退を招かないように、気に入った商品を見つけ注文するまでを同一装置の中で行うことが出来る。更に、注文はテレビ電話を使用するため、購入希望者と販売者とが対面することでお互いが売買に対する安心感を得ることが可能である。また、販売者は購入サイトを必要としないためウエブサイトの維持管理の労力を低減させることが出来る。

発明を実施するための最良の形態

0011

以下、添付図面を参照して本発明の実施の形態による通信販売システム、通信販売方法、通信販売プログラム及びユーザ端末装置を説明する。

0012

本発明の実施の形態による通信販売システム100はコンピュータを用いて実現可能である。図1は、本発明の通信販売システム100のハードウエア構成例を示すブロック図である。図1を参照すると、本発明の通信販売システム100は、CPU1(Central Processing Unit;中央演算処理装置)と、記憶装置2と、入力装置3と、出力装置4と、各装置を接続するバス5とを備えるコンピュータシステムで動作する。

0013

CPU1は、記憶装置2に格納されている本発明の通信販売システム100に係る演算処理及び制御処理を行う。記憶装置2は、ハードディスクメモリ等からなり、本発明に係る各機能や手段を実現するCD−ROMやDVD等のコンピュータ読み取り可能な記憶媒体から読み取られたプログラムや、入力装置3から入力されたコマンド、信号及びプログラム等をCPU1が実行可能な形式で格納する。入力装置3は、キーボードマウスリモコンマイクロフォン及びカメラなどからなりコマンド及び信号が入力される。出力装置4は、ディスプレイ及びスピーカなどからなりユーザに認識させることが出来る。

0014

本発明の実施の形態を説明する。図2は、本発明の通信販売システム100の構成例を示したブロック図である。図2を参照すると、通信販売システム100は、ネットワーク60を介して、番組配信サーバ10と、WEBサーバ20と、ユーザ端末30と、販売者端末40と、呼制御サーバ50とを具備する。

0015

番組配信サーバ10は、商品の紹介情報が含まれる通信販売番組を配信する。WEBサーバ20は、番組配信サーバ10から配信される通信販売番組の番組表と、商品と商品の販売者とを関連付けた注文ページとをユーザ端末30へ送信する。ユーザ端末30は、番組配信サーバ10から配信される通信販売番組を受信する。ユーザ端末30は、通信販売番組の商品の紹介情報に基づき選択された商品に関連する注文ページを受信する。ユーザ端末30は、注文ページに基づき販売者端末40に接続する。販売者端末40は、ユーザ端末30の呼接続要求に応じてユーザ端末30と接続する。呼制御サーバ50は、ユーザ端末30と販売者端末40との接続を制御する。番組配信サーバ10、WEBサーバ20、ユーザ端末30、販売者端末40及び呼制御サーバ50とは、各々ネットワーク60を介して接続しデータの送受信を行う。

0016

図3は、番組配信サーバ10の構成例を示したブロック図である。図3を参照すると、番組配信サーバ10は、番組格納部11と、番組配信制御部12とを備える。番組格納部11は、複数の商品の紹介情報を含む複数の通信販売番組を格納する。番組配信制御部12は、予め設定された複数の通信販売番組の配信スケジュールに従って、番組格納部11に格納されている複数の通信販売番組の配信を制御する。番組配信制御部12は、ユーザ端末30が配信要求した通信販売番組が配信スケジュールに適合することを判定し送信を行う。

0017

図4は、WEBサーバ20の構成例を示したブロック図である。図4を参照すると、WEBサーバ20は、番組表格納部21と、注文ページ格納部22と、WEBサーバ制御部23とを備える。番組表格納部21は、番組配信サーバ10が配信する通信販売番組の予め設定された配信スケジュールに対応する番組表を格納する。番組表は、日時毎の通信販売番組の名称と、通信販売番組を受信出来るアドレス等を含む。更に、番組表は通信販売番組で紹介する商品と商品の販売者を関連付ける注文ページを受信出来るアドレスを含む。注文ページ格納部22は注文ページを格納する。注文ページは、商品名、商品の詳細情報販売者名、ネットワークを介して接続する販売者の電話番号(例えばIP電話番号)、販売者の所在地などの商品と販売者に係る情報を含む。WEBサーバ制御部23は、ユーザ端末30の番組表の取得要求に基づき番組表格納部21に格納されている番組表の送信を行う。また、WEBサーバ制御部23は、ユーザ端末30からの注文ページ取得要求に基づき注文ページ格納部22に格納されている注文ページの送信の制御を行う。このときWEBサーバ制御部23は、ユーザ端末30が通信販売番組の受信を終了している場合は、ユーザ端末30が受信した番組表と現在時刻とに基づいて受信していた通信販売番組を識別する。そして、WEBサーバ制御部23は、識別した通信販売番組で紹介された商品を含む注文ページをユーザ端末30へ送信する。ユーザ端末30が通信販売番組を受信中の場合は、WEBサーバ制御部23は受信中の通信販売番組で紹介される商品を含む注文ページをユーザ端末30へ送信する。

0018

図5は、ユーザ端末30の構成例を示したブロック図である。図5を参照すると、ユーザ端末30は、番組表取得部31と、番組視聴部32と、注文ページ取得部33と、テレビ電話部34と、入力部35と、出力部36とを備える。番組表取得部31は、WEBサーバ20に番組表の取得要求を送信する。そして、番組表の取得要求に応じて送信された番組表を受信する。

0019

番組視聴部32は、番組配信サーバ10が配信する通信販売番組を受信し、商品の購入希望者が視聴出来るように出力部36に出力する。番組視聴部32は、番組配信要求部321と、番組受信部322と、番組出力制御部323とを含む。番組配信要求部321は、番組表に基づいて商品の購入希望者に選択された通信販売番組の配信要求を番組配信サーバ10に送信する。番組受信部322は、配信要求に応じて番組配信サーバ10が送信した通信販売番組を受信する。番組出力制御部323は、受信した通信販売番組の圧縮解凍し、出力部36に提供する。

0020

注文ページ取得部33は、通信販売番組に基づき購入希望者に選択された商品と商品の販売者とが関連付けられた注文ページの取得要求をWEBサーバ20へ送信する。そして、注文ページの取得要求に応じてWEBサーバ20から送信された注文ページを受信する。

0021

テレビ電話部34は、商品の購入希望者と、通信販売番組に基づき購入希望者に選択された商品の販売者とを直接対面させるために、呼制御サーバ50の制御に基づき販売者端末40と接続する。テレビ電話部34は、接続要求部341と、接続応答受信部342と、音声映像受信部343と、音声映像送信部344と、テレビ電話入出力制御部345とを含む。接続要求部341は、WEBサーバ20から受信した商品の注文ページに含まれる販売者の電話番号に基づいて、呼接続要求を呼制御サーバ50へ送信する。呼接続要求は、出力部36に表示された電話番号を入力部35に含まれるマウス等を使用してクリックすることで送信される。また、呼接続要求は、表示部36に表示された電話番号を入力部35に含まれるキーボード等を使用して直接入力することでも送信することが出来る。接続応答受信部342は、販売者端末40が送信した呼接続応答を受信する。音声映像受信部343は、販売者端末40が送信した圧縮された音声データ及び映像データを受信する。音声映像送信部344は、圧縮された音声データ及び映像データを販売者端末40へ送信する。テレビ電話入出力制御部345は、入力部35から入力された音声信号及び映像信号を各々データ化及び圧縮し、データ化及び圧縮した音声データ及び映像データを音声映像送信部344へ提供する。また、テレビ電話入出力制御部345は、音声映像受信部343が受信した圧縮された音声データ及び映像データを解凍し、更に音声信号及び映像信号へ変換し出力部36へ出力する。

0022

入力部35は、キーボード、マウス、リモコン、マイクロフォン及びカメラなどが例示される。キーボード、マウス及びリモコンはコマンドを入力する。マイクロフォンは音声を音声信号へ変換し、カメラは光を映像信号に変換する。入力部35は、音声信号及び映像信号をテレビ電話入出力制御部345へ提供する。出力部36は、スピーカやモニタなどが例示される。出力部36は、通信販売番組、番組表及び注文ページなどを視聴出来るように出力する。更に、出力部36はテレビ電話入出力制御部345から取得した音声信号及び映像信号に基づき音声及び映像の出力を行う。商品の購入希望者は、音声及び映像に基づき商品の更なる詳細情報を得ることが出来る。

0023

図6は、販売者端末40の構成例を示したブロック図である。図6を参照すると、販売者端末40は、テレビ電話部41と、入力部42と、出力部43とを備える。

0024

テレビ電話部41は、商品の購入希望者が使用するテレビ電話部34と呼制御サーバ50の接続制御に基づき接続する。テレビ電話部41は、接続要求受信部411と、接続応答送信部412と、音声映像受信部413と、音声映像送信部414と、テレビ電話入出力制御部415とを含む。接続要求受信部411は、ユーザ端末30に基づく呼接続要求を呼制御サーバ50から受信する。接続応答送信部412は、ユーザ端末30の呼接続要求に対する接続許可又は接続拒否の呼接続応答を送信する。音声映像受信部413は、ユーザ端末30が送信した圧縮された音声データ及び映像データを受信する。音声映像送信部414は、圧縮された音声データ及び映像データをユーザ端末30へ送信する。テレビ電話入出力制御部415は、入力部42から入力された音声信号及び映像信号を各々データ化及び圧縮し、データ化及び圧縮した音声データ及び映像データを音声映像送信部414へ提供する。また、テレビ電話入出力制御部415は、音声映像受信部413が受信した圧縮された音声データ及び映像データを解凍し、更に音声信号及び映像信号へ変換し出力部43へ提供する。

0025

入力部42は入力部35と同様である。入力部42は呼接続応答を入力する。また、入力部42は、音声を音声信号へ変換し、光を映像信号に変換する。そして、入力部42は音声信号及び映像信号をテレビ電話入出力制御部415へ提供する。出力部43は出力部35と同様である。出力部43は、呼接続要求を表示する。出力部43は、テレビ電話入出力制御部415から取得した音声信号及び映像信号に基づき、音声及び映像の出力を行う。販売者は、音声及び映像に基づき商品の更なる詳細情報を説明することが出来る。

0026

図7は、呼制御サーバ50の構成例を示したブロック図である。図7を参照すると、呼制御サーバ50は、接続要求送受信部51と、接続応答送受信部52とを備える。接続要求受信部51は、ユーザ端末30の販売者端末40への呼接続要求を受信する。更に、接続要求送受信部51は、ユーザ端末30の呼接続要求を販売者端末40へ送信する。接続応答送受信部52は、ユーザ端末30の販売者端末40への呼接続要求に対する呼接続応答を販売者端末40から受信する。更に、接続応答送受信部52は、呼接続応答をユーザ端末30へ送信する。販売者端末40に基づく呼接続応答が接続許可の場合、ユーザ端末30が呼接続応答を受信するとテレビ電話部34と販売者端末40のテレビ電話部41との接続が確立する。本発明は、番組配信サーバ10と、WEBサーバ20と、呼制御サーバ50とは同一の装置に含まれていてもよい。

0027

本発明の通信販売システム100では、購入希望者がネットワークを介した通信販売番組から購入する際に購買意欲の減退を招かないように、購入希望者は気に入った商品を見つけ注文するまでをユーザ端末30のみを使用して行うことが出来る。購入希望者が購入手続きをするためにテレビ電話を掛ける際にも、電話番号を選択するのみでよく電話番号を入力する必要が無い。更に、テレビ電話を使用する注文方法は、購入希望者と販売者とが対面することでお互いが売買に対する安心感を得ることが可能である。また、販売者は購入決済を行うサイトを必要としないためウエブサイトの維持管理の労力を低減させることが出来る。

0028

図8及び9は、本発明の実施の形態による処理動作を示したフローチャートである。図8及び9を参照して、本発明の実施の形態による処理動作を説明する。ユーザ端末30の番組配信要求部321は、商品の購入希望者のコマンドに基づいて通信販売番組の番組表の取得要求をWEBサーバ20に送信する(ステップA1)。

0029

WEBサーバ20のWEBサーバ制御部23は、ユーザ端末30の番組表の取得要求に基づいて番組表格納部21に格納されている番組表を抽出し、ユーザ端末30に送信する(ステップA2)。番組表は、日時毎の通信販売番組の名称と、通信販売番組を受信出来るアドレス等を含む。更に、番組表は通信販売番組で紹介する商品と商品の販売者を関連付ける注文ページを受信出来るアドレスを含む。

0030

ユーザ端末30の番組受信部322は、WEBサーバ20から番組表を受信する。番組表の中から商品の購入希望者によって選択された通信販売番組の配信要求を番組配信サーバ10へ送信する(ステップA3)。

0031

番組配信サーバ10の番組配信制御部12は、ユーザ端末30の配信要求に基づく通信販売番組と配信スケジュールと照合する。配信要求された通信販売番組が配信スケジュールに適合する場合、番組配信制御部12は番組格納部11に格納されている通信販売番組を送信する。番組配信制御部12は、通信販売番組を圧縮された状態でユーザ端末30へ送信する(ステップA4)。

0032

ユーザ端末30の番組受信部322は、圧縮された通信販売番組を番組配信サーバ10から受信する(ステップA5)。番組出力制御部323は、圧縮された通信販売番組を解凍する(ステップA6)。更に、番組出力制御部323は解凍した通信販売番組を出力部36に提供する。出力部36は、通信販売番組を出力する(ステップA7)。ユーザ端末30は、購入希望者が商品を注文する際に、通信販売番組の受信を終了する(ステップA8)。但し、ユーザ端末30の処理能力が高い場合はステップA8を省略して、通信販売番組の受信を継続したまま商品の購入手続き(ステップA9以降の処理)を行うことが出来る。ユーザ端末30の注文ページ取得部33は、番組表に含まれる注文ページのアドレスに基づき、WEBサーバ20に注文ページの取得要求を送信する(ステップA9)。

0033

WEBサーバ制御部23は、注文ページ取得要求を受信する。ユーザ端末30が通信販売番組の受信を終了している場合、WEBサーバ制御部23はユーザ端末30が受信した番組表と現在時刻とに基づきユーザ端末30が受信していた通信販売番組を識別する。ユーザ端末30が通信販売番組を受信中の場合は、WEBサーバ制御部23は受信中の通信販売番組を識別する(ステップA10)。WEBサーバ制御部23は、識別した通信販売番組で紹介された商品を含む注文ページを注文ページ格納部22から抽出してユーザ端末30へ送信する(ステップA11)。注文ページは、商品名、商品の詳細情報、販売者名、ネットワークを介して接続する販売者の電話番号、販売者の所在地などの商品と販売者に係る情報を含む。

0034

ユーザ端末30の接続要求部341は、注文ページに含まれる販売者端末40の電話番号に基づき、販売者端末40に接続するための呼接続要求を呼制御サーバ50へ送信する(ステップA12)。呼接続要求は、出力部36に表示された電話番号を入力部35に含まれるマウス等を使用してクリックすることで送信される。また、呼接続要求は、表示部36に表示された電話番号を入力部35に含まれるキーボード等を使用して直接入力することでも送信することが出来る。

0035

呼制御サーバ50は、ユーザ端末30に基づく呼接続要求を受信し、販売者端末40へ受信した呼接続要求を送信する(ステップA13)。

0036

販売者端末40の接続要求受信部411は、ユーザ端末30に基づく呼接続要求を受信し出力部43に提供する。出力部43は、呼接続要求を表示する(ステップA14)。接続応答送信部412は、ユーザ端末30の呼接続要求に対する呼接続応答を呼制御サーバ50へ送信する(ステップA15、A16)。図9のフローチャートの処理動作では、呼接続応答は接続許可とする。

0037

呼制御サーバ50は、呼接続応答をユーザ端末30へ送信する(ステップA17)。ユーザ端末30が呼接続応答を受信すると、テレビ電話部34とテレビ電話部41との接続が確立する。

0038

次に、販売者端末40の入力部42に含まれるマイクロフォン及びカメラは販売者の音声信号及び映像信号を取得する。テレビ電話入出力制御部415は、取得した音声信号及び映像信号を音声データ及び映像データへ変換する。更に、テレビ電話入出力制御部415は音声データ及び映像データを圧縮する(ステップA18)。音声映像送信部414は、圧縮された音声データ及び映像データをユーザ端末30へ送信する(ステップA19)。

0039

ユーザ端末30の音声映像受信部343は、圧縮された音声データ及び映像データを受信する(ステップA20)。テレビ電話入出力制御部345は、圧縮された音声データ及び映像データを解凍する(ステップA21)。更に、テレビ電話入出力制御部345は解凍された音声データ及び映像データを音声信号及び映像信号へ変換し、出力部36に提供する。出力部36は、音声データ及び映像データに基づき音声及び映像を出力する(ステップA22)。

0040

ユーザ端末30の入力部35は、購入希望者の音声信号及び映像信号を取得する。テレビ電話入出力制御部345は、音声信号及び映像信号を音声データ及び映像データへ変換する。更に、テレビ電話入出力制御部345は、音声データ及び映像データを圧縮する(ステップA23)。音声映像送信部344は、圧縮された音声データ及び映像データを販売者端末40へ送信(ステップA24)。

0041

販売者端末40の音声映像受信部413は、ユーザ端末30が送信した圧縮された音声データ及び映像データを受信する(ステップA25)。テレビ電話入出力制御部415は、圧縮された音声データ及び映像データを解凍する(ステップA26)。更に、テレビ電話入出力制御部415は、音声データ及び映像データを音声信号及び映像信号へ変換し、出力部43へ提供する。出力部43は、音声データ及び映像データに基づき音声及び映像を出力する(ステップA27)。

0042

テレビ電話部34とテレビ電話部41との接続によって、商品の購入希望者と販売者は対面しながらの商談が可能となり購入希望者はテレビ電話部34及びテレビ電話部41を介して商品の発注を行う(ステップA28)。

0043

ネットワークを介した通信販売番組は様々な商品の紹介が集約されているため、単独のホームページに商品の詳細を掲載する販売方法より多くの購入希望者に視聴してもらえる機会が増える。本発明の通信販売システム100は、ネットワークを介した通信販売番組から購入する際に、購入希望者がユーザ端末30のみを使用して気に入った商品を見つけ注文するまでを行うことが出来る。同一装置内で通信販売番組の視聴から購入手続きまで一貫して行えるため、購入希望者の利便性は高まり、その結果、販売者は販売の機会を獲得しやすくなる。更に、本発明は購入手続き時にテレビ電話を使用するため、購入希望者と販売者とが対面することでお互いが売買に対する安心感を得ることが可能である。また、販売者は購入決済を行うサイトを必要としないためウエブサイトの維持管理の労力を低減させることが出来る。

図面の簡単な説明

0044

図1は、本発明の通信販売システム100のハードウエア構成例を示すブロック図である。
図2は、本発明の通信販売システム100の構成例を示したブロック図である。
図3は、番組配信サーバ10の構成例を示したブロック図である。
図4は、WEBサーバ20の構成例を示したブロック図である。
図5は、ユーザ端末30の構成例を示したブロック図である。
図6は、販売者端末40の構成例を示したブロック図である。
図7は、呼制御サーバ50の構成例を示したブロック図である。
図8は、本発明の通信販売システム100の実施の形態による処理動作を示したフローチャートである。
図9は、本発明の通信販売システム100の実施の形態による処理動作を示したフローチャートである。

符号の説明

0045

1 CUP(Central Processing Unit;中央演算処理装置)
2記憶装置
3入力装置
4出力装置
5バス
10番組配信サーバ
11番組格納部
12番組配信制御部
20WEBサーバ
21番組表格納部
22注文ページ格納部
23 WEBサーバ制御部
30ユーザ端末
31 番組表取得部
32番組視聴部
33 注文ページ取得部
34テレビ電話部
35 入力部
36 出力部
40販売者端末
41 テレビ電話部
42 入力部
43 出力部
50呼制御サーバ
51接続要求送受信部
52接続応答送受信部
60ネットワーク
321 番組配信要求部
322 番組受信部
323番組出力制御部
341 接続要求部
342 接続応答受信部
343音声映像受信部
344 音声映像送信部
345 テレビ電話入出力制御部
411 接続要求受信部
412 接続応答送信部
413 音声映像受信部
414 音声映像送信部
415 テレビ電話入出力制御部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社BSAの「 検索管理装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】ユーザが情報を検索するために必要な負荷を低減できる検索管理装置を提供する。【解決手段】検索管理装置10は、Webサーバ30にインターネットを介して接続され、クラウド上で提供されるサービスを利用... 詳細

  • 菱洋エレクトロ株式会社の「 情報共有のためのシステム、ボット、及び方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】迅速性と実効性を担保したコミュニケーション方法を提供すること。【解決手段】 システムを利用した情報共有の方法であって、 前記システムは、通信端末と、ボットとを備え、 前記通信端末は、前記... 詳細

  • グラフテクノロジー株式会社の「 画面共有及び遠隔操作システム」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】運営者と利用者の双方における情報伝達を視覚的に促進でき、利用者ブラウザに表示される画面を運営者ブラウザを通じて共有することを可能とし、運営者が利用者ブラウザに表示されたウェブページに対して遠隔... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ