図面 (/)

技術 モバイル端末を操作しない時に決められた条件を満たすと他のコンテンツへの訴求効果を持った情報が表示されるシステム

出願人 有限会社TRIART
発明者 今津研太郎
出願日 2008年1月11日 (14年1ヶ月経過) 出願番号 2008-029657
公開日 2009年7月30日 (12年6ヶ月経過) 公開番号 2009-169917
状態 未査定
技術分野 特定用途計算機 計算機間の情報転送
主要キーワード Flashコンテンツ 直接ケーブル 訴求効果 表示コンテンツ あらかじめ決められた モバイル端末 コンテンツ配信サーバ システム構成
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年7月30日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

従来のモバイル端末を操作しないときに表示するFlashコンテンツでは、最も効率がよいタイミングで他のコンテンツへの訴求効果を持った情報を提供することができなかった。

解決手段

「通常時に表示するコンテンツ」「情報提供時に表示するコンテンツ」「特定の条件を満たすときに表示を切り替えるシステム」を含んだFlashコンテンツを配信する。

概要

背景

従来、モバイル端末を操作しないときに表示するFlashコンテンツは、静止画像あらかじめ決められたアニメーションを表示するコンテンツであった。

概要

従来のモバイル端末を操作しないときに表示するFlashコンテンツでは、最も効率がよいタイミングで他のコンテンツへの訴求効果を持った情報を提供することができなかった。「通常時に表示するコンテンツ」「情報提供時に表示するコンテンツ」「特定の条件を満たすときに表示を切り替えるシステム」を含んだFlashコンテンツを配信する。

目的

しかしながら、以上の技術によれば、決められた条件時に他のコンテンツへの訴求効果を持った情報を表示することはできない。そこで、この発明は、内部に他のコンテンツへの訴求効果を持った情報を含んだFlashコンテンツをモバイル端末の端末情報を利用して提供することを課題とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

モバイル端末を操作しない時に表示するFlashコンテンツで、コンテンツの内部に他のコンテンツへの訴求効果を持った情報とモバイル端末の端末情報を利用するプログラムを含んでおり、決められた条件を満たす時にのみ情報を表示することができるシステム

技術分野

0001

この発明は、モバイル端末上で他のコンテンツへの訴求効果を持った情報を含んだFlashコンテンツを提供するためのシステムに関する。

背景技術

0002

従来、モバイル端末を操作しないときに表示するFlashコンテンツは、静止画像あらかじめ決められたアニメーションを表示するコンテンツであった。

発明が解決しようとする課題

0003

しかしながら、以上の技術によれば、決められた条件時に他のコンテンツへの訴求効果を持った情報を表示することはできない。そこで、この発明は、内部に他のコンテンツへの訴求効果を持った情報を含んだFlashコンテンツをモバイル端末の端末情報を利用して提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0004

以上の課題を解決するために、第一発明は、Flashコンテンツの内部に他のコンテンツへの訴求効果を持った情報を含んでおり、モバイル端末の端末情報に合わせて情報を表示するシステムを組み込んでいることを特徴とする。

発明の効果

0005

第一発明によれば、モバイル端末の端末情報を利用しているため、訴求効果が一番高いタイミングで情報を提供することができる

発明を実施するための最良の形態

0006

この発明の一実施形態を、図1に示す。
配信を行なうFlashコンテンツには、「通常時に表示するコンテンツ」「情報提供時に表示するコンテンツ」「特定の条件を満たすときに表示を切り替えるシステム」が含まれており、このFlashコンテンツをコンテンツ配信サーバに設置し、インターネット経由もしくは直接ケーブルで接続することによりモバイル端末にコンテンツを保存する。保存されたコンテンツを利用者がモバイル端末を操作しない時の表示コンテンツとして設定することで、利用者への情報提供を行なう。

0007

「実施形態の効果」
この実施形態によれば、最も効率がよいタイミングでモバイル端末の利用者に対して決められた条件時に他のコンテンツへの訴求効果を持った情報を表示することが可能になる。

0008

「他の実施形態」
図1の実施形態では、あらかじめ用意されたFlashコンテンツを用いて配信していたが、他の実施形態では、図2に示す通り、Flashコンテンツ内部に含める情報を別途用意し、コンテンツ生成サーバを用いて配信時に動的に情報を内部に含めて配信するようにしても良い。

図面の簡単な説明

0009

この発明の一実施形態を示すシステム構成図である。この発明の他の実施形態を示すシステム構成図である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 蘇州瑞派寧科技有限公司の「 医療用画像四次元可視化の方法及び装置」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題・解決手段】本発明によれば、医療用画像四次元可視化の方法及び装置が提供される。ユーザは、医療用画像データをクライアント端末により制御モジュールにアップロードし、制御モジュールは、医療用画像データ... 詳細

  • レッドコカシン イリヤ ウラディミロヴィッチの「 情報の転送方法」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題・解決手段】本発明は、コンピュータネットワークの分野、特にモバイル技術に関する。より具体的には、本発明は、情報の転送方法に関する。情報転送方法は、連絡先の情報自体が非公開状態でユーザ間でこれらの... 詳細

  • 讃良昌孝の「 機器故障リアルタイム連絡メール配信システム」が 公開されました。( 2021/09/30)

    【課題】製造機器の故障通知ランプ部の点灯を検知するには、常時人間が目視ことが要求される。故障通知ランプは機器の製造会社により予めオプション機能として取り付けられている製造機器もあるが、高価なためにこの... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ