図面 (/)

技術 マウスラック

出願人 高島孝
発明者 高島孝
出願日 2008年1月5日 (11年6ヶ月経過) 出願番号 2008-023312
公開日 2009年7月23日 (9年11ヶ月経過) 公開番号 2009-163697
状態 未査定
技術分野 表示による位置入力
主要キーワード 息抜き コード止め マウス専用 空間利用 パソコンラック 兼用パッド 自由運動 マウスケーブル
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年7月23日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

キーボードマウス周辺の上は、乱雑極まりない状況にある。特に、マウス周辺は、筆記具コーヒーカップ菓子散乱しており、マウス操作を損ねている。この乱雑状況から開放し、マウス操作が非常に楽になるマウススペースを確保する。

解決手段

パソコンのキーボード上の空間に幅13cm、長さ17cmの平板(以後、ラックと称す。)に対し、傾斜角18度程度の幅13cm、長さ10cmの平板(以後、底板と称す。)をキーボード底に入れ、マウスラックを設ける。(幅、長さは限定しない。)

概要

背景

パソコン社会の現在、会社・家庭においては、マウスを触っていない者がいない程である。例え、マウスに変わるものが装備されているノートパソコン用者においても、マウス操作が主流になっている状況にある。

概要

キーボードマウス周辺の上は、乱雑極まりない状況にある。特に、マウス周辺は、筆記具コーヒーカップ菓子散乱しており、マウス操作を損ねている。この乱雑状況から開放し、マウス操作が非常に楽になるマウススペースを確保する。パソコンのキーボード上の空間に幅13cm、長さ17cmの平板(以後、ラックと称す。)に対し、傾斜角18度程度の幅13cm、長さ10cmの平板(以後、底板と称す。)をキーボード底に入れ、マウスラックを設ける。(幅、長さは限定しない。)

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

パソコンキーボード上の空間に幅13cm、長さ17cmの平板(以後、ラックと称す。)に対し、傾斜角18度程度の幅13cm、長さ10cmの平板(以後、底板と称す。)をキーボード底に入れ、マウスラックを設ける。(幅、長さは限定しない。)

請求項2

請求項1のラック及び底板上部にマウスパッドを敷き詰め、手首に当たる位置には、マウス滑り落ちないようにマウス受け兼手首用パッドを設ける。

請求項3

請求項1のラックと底板の結合部にT型スライドを設け、テンキー使用時及びマウス未使用時にキーボード上から右側へ移動させ、キーボード全域の操作を可能とさせる。

請求項4

請求項2のマウスパッド上部に円溝1.5cm設け、マウスラックのコードが上下するスライド道とする。これにより、スライド道を支点としたマウスの自由運動が可能となる。

技術分野

0001

パソコン作動時のマウス使用の際、デスクの上の筆記具書類等があるため、マウス周辺が狭くクリック動作等に支障を来している状況にあり、マウス周囲の整理整頓が非常に望まれる。特にパソコンラックキーボード台マウススペースが少ない現状である。そこで本発明は、キーボード上の空間を利用してマウススペースを実現した、マウス専用テーブル「マウス ラック」を開発したものである。

背景技術

0002

パソコン社会の現在、会社・家庭においては、マウスを触っていない者がいない程である。例え、マウスに変わるものが装備されているノートパソコン用者においても、マウス操作が主流になっている状況にある。

発明が解決しようとする課題

0003

会社においては、一人1台パソコンがの上に平然と置かれ、周囲には書類の山、筆記具やコーヒーカップ菓子散乱している中、マウスが埋もれている状況を目にすることも珍しくはない。また、家庭においても同様に、日用品や筆記具がマウススペースを損ねている有り様である。本発明は、以上の問題を一挙に解決した空間利用発案品である。

課題を解決するための手段

0004

キーボードの右端頭上に幅13cm、長さ17cmマウスパッド使用の平板材質プラスチック又は金板)を角度18度程度の底板を結合させることでキーボード上の空間利用のマウスラックができる。

発明の効果

0005

本発明を使用することでマウスを探すことなく、自然にマウスの定位置に手が伸び操作が開始できる。また、手首の角度がマウスパッドに合致馴染みやすいため、マウス操作が非常に楽な体勢になり、仕事能率が向上する。その上、コーヒー等のこぼれやすい息抜き飲料水や茶菓子などをすぐそばに置くことができ、マウス操作で落下する心配もない。更にマウスコードパッドの上方中心に確保することでマウスケーブルによる周囲の小物かき混ぜることもないため、マウス操作中の煩わしさが解決できる。このようにマウススペースの安定が様々な効果をもたらす優れものである。

発明を実施するための最良の形態

0006

以下、本発明の実施の形態を説明する。
(ア)特許請求範囲の主とする(1)マウスラック平板、(2)マウスラック底板、(3)マウスパッド、(4)マウス受け用手首パッドを設ける。
(イ)マウスの機能を上昇させるパッドを平板上に張り(3)、マウスが滑り落ちないようにマウス受けと手首に馴染む兼用パッド(4)を設ける。
(ウ)(1)と(2)を分離させ、テンキー使用時又は、マウス不必要の際にスライドさせ、キーボード上をクリア状態にできるT型結合部(5)を設ける。
(エ)マウスコードの止め穴(6)をマウスパッド上方に設ける。

図面の簡単な説明

0007

本発明とキーボードの左断面全容図本発明とキーボード使用時の正面全容図キーボード上クリア状態時の正面全容図(想定)

符号の説明

0008

(1)マウスラック平板(特許請求範囲の主)、(2)マウスラック底板(特許請求範囲の主)、(3)マウスパッド、(4)マウス受け用手首パッド、(5)T型結合部、(6)コード止め

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ