図面 (/)

技術 自動食器洗浄機庫内用洗浄剤

出願人 エステー株式会社
発明者 高岳留美
出願日 2007年12月25日 (12年6ヶ月経過) 出願番号 2007-332050
公開日 2009年7月16日 (10年11ヶ月経過) 公開番号 2009-155375
状態 特許登録済
技術分野 洗浄性組成物
主要キーワード アミノカルボン酸型キレート剤 ピロリン酸カリ 付着具合 スケール除去効果 スプレイヤー 泡立ち試験 アミンオキサイド類 除菌力
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年7月16日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

自動食器洗浄機の庫内に蓄積する汚れに対する優れた洗浄効果と、高い除菌効果とを兼ね備えた自動食器洗浄機庫内用洗浄剤を提供すること。

解決手段

次の成分(a)ないし(d); (a)過酸化水素又は水溶液中で過酸化水素を発生する化合物(b)漂白活性化剤(c)非イオン界面活性剤陽イオン界面活性剤および両性界面活性化剤よりなる群か ら選ばれる少なくとも1種の界面活性剤(d)金属イオン封鎖剤を含有することを特徴とする自動食器洗浄機庫内用洗浄剤。

概要

背景

近年、家庭用自動食器洗浄機の普及に伴い、その庫内用洗浄剤需要が高まっている。
自動食器洗浄機の洗浄工程は、自動食器洗浄機用洗剤を用いて、加熱洗い→すすぎ過熱すすぎ→乾燥の順に行われるため、食器に付着した汚れや細菌は最後の乾燥工程によりほとんど除去される。しかし、自動食器洗浄機の庫内壁配管残菜フィルター等には水垢金属石ケン、油などの汚れが蓄積され、それらの汚れや水分を栄養分として細菌が繁殖するという問題があった。このため、次回の洗浄時に食器と細菌とを一緒に洗浄することとなり衛生上清潔とはいえない状態であった。

このような問題を解決するために、自動食器洗浄機の庫内用の洗浄剤が提案されている。例えば、過炭酸塩オルソケイ酸塩重量比として8対2ないし6対4含有する洗浄機槽用洗浄剤が開示されている(特許文献1)。また、キレート剤を含有する洗浄機槽用洗浄剤(特許文献2)や、アミノカルボン酸型キレート剤を用いた食器洗い乾燥機専用庫内洗浄組成物(特許文献3)が提案されている。

しかしながら、これらの洗浄剤は、洗浄効果除菌効果の両面を満足するものとはいい難く、自動食器洗浄機の庫内に付着した汚れの除去および庫内に発生する細菌の除菌効果において十分な効果が得られなかった。

特開平3−124798号公報
特開平5−70799号公報
特開2004−168993号公報

概要

自動食器洗浄機の庫内に蓄積する汚れに対する優れた洗浄効果と、高い除菌効果とを兼ね備えた自動食器洗浄機庫内用洗浄剤を提供すること。 次の成分(a)ないし(d); (a)過酸化水素又は水溶液中で過酸化水素を発生する化合物(b)漂白活性化剤(c)非イオン界面活性剤陽イオン界面活性剤および両性界面活性化剤よりなる群か ら選ばれる少なくとも1種の界面活性剤(d)金属イオン封鎖剤を含有することを特徴とする自動食器洗浄機庫内用洗浄剤。 なし

目的

したがって、自動食器洗浄機の庫内に蓄積する汚れに対する優れた洗浄効果と、高い除菌効果とを兼ね備えた自動食器洗浄機庫内用洗浄剤の開発が望まれていた。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

次の成分(a)ないし(d);(a)過酸化水素又は水溶液中で過酸化水素を発生する化合物(b)漂白活性化剤(c)非イオン界面活性剤陰イオン界面活性剤および両性界面活性化剤よりなる群から選ばれる少なくとも1種の界面活性剤(d)金属イオン封鎖剤を含有することを特徴とする自動食器洗浄機庫内用洗浄剤

請求項2

成分(a)ないし(d)の含有量が、(a)50〜75質量%、(b)0.5〜1.5質量%、(c)0.01〜1質量%、(d)0.1〜20質量%である請求項1記載の自動食器洗浄機庫内用洗浄剤。

請求項3

成分(d)が異なる2種以上の金属イオン封鎖剤である請求項1または2に記載の自動食器洗浄機庫内用洗浄剤。

請求項4

異なる2種以上の金属イオン封鎖剤が、アミノカルボン酸系金属イオン封鎖剤及び有機酸系金属イオン封鎖剤を含むものである請求項3記載の自動食器洗浄機庫内用洗浄剤。

請求項5

アミノカルボン酸系金属イオン封鎖剤と有機酸塩系金属イオン封鎖剤の質量比が1:1〜1:10である請求項4記載の自動食器洗浄機庫内用洗浄剤。

技術分野

0001

本発明は、自動食器洗浄機庫内用洗浄剤に関し、さらに詳しくは、自動食器洗浄機庫内蓄積される汚れに対して優れた洗浄効果を有するとともに、除菌効果にも優れた自動食器洗浄機庫内用洗浄剤に関する。

背景技術

0002

近年、家庭用自動食器洗浄機の普及に伴い、その庫内用洗浄剤需要が高まっている。
自動食器洗浄機の洗浄工程は、自動食器洗浄機用洗剤を用いて、加熱洗い→すすぎ過熱すすぎ→乾燥の順に行われるため、食器に付着した汚れや細菌は最後の乾燥工程によりほとんど除去される。しかし、自動食器洗浄機の庫内壁配管残菜フィルター等には水垢金属石ケン、油などの汚れが蓄積され、それらの汚れや水分を栄養分として細菌が繁殖するという問題があった。このため、次回の洗浄時に食器と細菌とを一緒に洗浄することとなり衛生上清潔とはいえない状態であった。

0003

このような問題を解決するために、自動食器洗浄機の庫内用の洗浄剤が提案されている。例えば、過炭酸塩オルソケイ酸塩重量比として8対2ないし6対4含有する洗浄機槽用洗浄剤が開示されている(特許文献1)。また、キレート剤を含有する洗浄機槽用洗浄剤(特許文献2)や、アミノカルボン酸型キレート剤を用いた食器洗い乾燥機専用庫内洗浄組成物(特許文献3)が提案されている。

0004

しかしながら、これらの洗浄剤は、洗浄効果と除菌効果の両面を満足するものとはいい難く、自動食器洗浄機の庫内に付着した汚れの除去および庫内に発生する細菌の除菌効果において十分な効果が得られなかった。

0005

特開平3−124798号公報
特開平5−70799号公報
特開2004−168993号公報

発明が解決しようとする課題

0006

したがって、自動食器洗浄機の庫内に蓄積する汚れに対する優れた洗浄効果と、高い除菌効果とを兼ね備えた自動食器洗浄機庫内用洗浄剤の開発が望まれていた。

課題を解決するための手段

0007

本発明者らは、上記問題に鑑み鋭意研究を行ったところ、過酸化水素又は水溶液中で過酸化水素を発生する化合物漂白活性化剤界面活性剤および金属イオン封鎖剤とを組み合わせることにより、自動食器洗浄機庫内に蓄積した水垢や金属石ケン等の汚れに対して優れた洗浄効果を有するとともに、残菜フィルター等に生息する細菌に対して高い除菌効果を示すことを見出し本発明を完成するに至った。

0008

すなわち本発明は、
次の成分(a)ないし(d);
(a)過酸化水素又は水溶液中で過酸化水素を発生する化合物
(b)漂白活性化剤
(c)非イオン界面活性剤陽イオン界面活性剤および両性界面活性化剤よりなる群か
ら選ばれる少なくとも1種の界面活性剤
(d)金属イオン封鎖剤
を含有することを特徴とする自動食器洗浄機庫内用洗浄剤を提供するものである。

発明の効果

0009

本発明の自動食器洗浄機庫内用洗浄剤は、自動食器洗浄機の庫内に蓄積する、水垢、金属石ケン等の洗浄効果に優れるとともに、庫内壁、配管、残菜フィルター等に生息する細菌に対して高い除菌効果を有する。したがって、細菌を死滅させ、かつ細菌の栄養源を除去することができるため、自動食器洗浄機庫内での細菌を除菌し、食器への細菌の汚染を防止することが可能である。

発明を実施するための最良の形態

0010

本発明の自動食器洗浄機庫内用洗浄剤は、過酸化水素又は水溶液中で過酸化水素を発生する化合物を含有する(成分(a))。このうち、水溶液中で過酸化水素を発生する化合物としては、粒状又は紛体状の過炭酸ナトリウム、過ホウ酸ナトリウム水塩、過ホウ酸ナトリウム4水塩、過リン酸ナトリウム硫酸ナトリウム過酸化水素付加物等が例示できる。これらのうち、水に対する溶解性貯蔵安定性原料コストの経済性の観点から、特に過炭酸ナトリウムを用いることが好ましい。

0011

本発明の自動食器洗浄機庫内用洗浄剤中の成分(a)の含有量は、特に限定されないが、50〜75質量%(以下、単に「%」で示す)が好ましい。50%よりも低いと、十分な洗浄効果が得られない場合があり、75%より多く配合しても洗浄効果は変わらないことがある。

0012

また本発明の自動食器洗浄機庫内用洗浄剤は、漂白活性化剤を含有する(成分(b))。この漂白活性化剤の具体例としては、テトラアセチルエチレンジアミン等のN−アシル化物グルコースペンタアセテート等のN−アセチル化物無水マレイン酸等の酸無水物アシルオキシベンゼンスルホン酸塩等が挙げられ、これらの1種または2種以上を混合して用いることができる。これらのうち、使用上の安全性の観点から、テトラアセチルエチレンジアミンが好ましく用いられる。

0013

成分(b)の含有量は、特に限定されないが、好ましくは0.5〜1.5%である。含有量が0.5%よりも少ないと、漂白効果を発揮できない場合があり、また1.5%よりも多く配合しても、漂白効果が大きく向上しない場合がある。

0014

本発明の自動食器洗浄機庫内用洗浄剤は、さらに非イオン界面活性剤、陰イオン界面活性剤および両性界面活性化剤よりなる群から選ばれる少なくとも1種の界面活性剤を用いる(成分(c))。

0017

両性界面活性剤としては、アルキルジメチルアミンオキサイド等のアミンオキサイド類、アルキルジメシルスルホベタイン等のスルホベタイン類、カルボベタイン類等が挙げられ、これらの1種若しくは2種以上を混合して用いることができる。

0018

これらのうち、非イオン系界面活性剤が洗浄効果か高く使用時の起泡力が比較的低く、自動食器洗浄剤機の故障等を引き起こしにくいために好ましく用いられ、その中でも、特に低泡性の非イオン界面活性剤が好ましい。低泡性の非イオン界面活性剤としては、例えば、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンアルキルエーテルポリオキシエチレンポリオキシプロピレンオキソアルコールエーテル、ポリオキシエチレンアルキルエーテルブチルエーテル等のポリオキシアルキレンアルキルエーテル類が例示できる。

0019

成分(c)の含有量は特に制限されるものではないが、0.01〜1.0%が好ましく、さらに好ましくは0.05〜0.5%の範囲である。0.01%より少ないと、自動食器洗浄機の庫内を洗浄するのに充分な効果を発揮できない場合があり、また、1%より多いと、泡立ち性が高くなりすぎて、自動食器洗浄機の誤作動理由を引き起こす場合がある。

0020

さらに本発明の自動食器洗浄機庫内用洗浄剤は、金属イオン封鎖剤を含有する(成分(d))。この金属イオン封鎖剤は、自動食器洗浄機を繰り返し使用することによって蓄積するスケールや金属石ケンを可溶化する目的で配合される。具体的には、エチレンジアミンテトラ酢酸ジエチレントリアミンペンタ酢酸N−ヒドロキシエチルエチレンジアミントリ酢酸トリエチレンテトラミン酢酸ニトリロトリ酢酸等のアミノカルボン酸やこれらの金属塩またはアミン塩などのアミノカルボン酸系金属イオン封鎖剤が挙げられる。金属塩としては、ナトリウム塩カリウム塩リチウム塩等が例示でき、アミノ塩としては、アンモニアモノエタノールアミンジエタノールアミントリエタノールアミン等が例示できる。

0021

また、金属イオン封鎖剤の具体例として、ジグリコール酸オキシジコハク酸クエン酸乳酸酒石酸シュウ酸リンゴ酸、オキシジコハク酸、グルコン酸カルボキシルメチルコハク酸、カルボキシメチル酒石酸等の有機酸やこれらのアルカリ金属塩等の有機酸系金属イオン封鎖剤を挙げることができる。アルカリ金属塩としては、ナトリウム塩、カリウム塩、リチウム塩等が例示できる。

0022

成分(d)は、1種または2種以上を混合して用いることができるが、2種以上を混合して用いることが好ましい。中でも、上記アミノカルボン酸系金属イオン封鎖剤から選ばれる1種または2種以上と、上記有機酸系金属イオン封鎖剤から選ばれる1種または2種以上とを併用することが好ましい。

0023

アミノカルボン酸系金属イオン封鎖剤と有機酸塩系金属イオン封鎖剤とを併用する場合の質量比は、特に限定されないが1:1〜1:10(アミノカルボン酸系金属イオン封鎖剤:有機酸系金属イオン封鎖剤)が好ましく、より好ましくは1:2.5〜1:5である。この範囲であると、水垢等の除去効果が高くなるために好ましい。

0024

成分(d)の配合量は、特に制限されるものではないが、0.1〜20%が好ましく、さらに5〜15%が好ましい。0.1%より少ないと、スケール除去効果を発揮できない場合があり、また、20%より多く配合してもスケール除去効果が大きく向上しない場合がある。

0025

本発明の自動食器洗浄機庫内用洗浄剤には、上記必須成分に加えて、pHの緩衝性汚染物分散性を高め、再汚染を防止する目的で、ビルダーを配合することができる。

0026

ビルダーとしては、トリポリリン酸ソーダケイ酸ソーダピロリン酸カリピロリン酸ソーダゼオライトソーダ灰ボウ硝メタケイ酸ソーダ等の無機ビルダークエン酸ソーダポリアクリル酸ソーダ等の有機ビルダーのいずれも用いることができるが、有機ビルダーと無機ビルダーを混合して用いることが好ましい。

0027

上記ビルダーの含有量は5〜15%が好ましく、より好ましくは10〜15%である。

0028

さらに本発明の自動食器洗浄機庫内洗浄剤には、必要に応じ、染料顔料のような着色剤香料殺菌剤消臭剤酵素などを添加することができる。

0029

本発明の自動食器洗浄機庫内用洗浄剤は、上記必須成分(a)〜(d)と、必要に応じ添加する任意成分とを常法に従って混合することによって調製することができる。

0030

かくして得られた本発明の自動食器洗浄機庫内用洗浄剤は、庫内内部に投入後、通常の洗浄方法で洗浄することにより、庫内に蓄積する、水垢、金属石ケン等を除去し、また残菜フィルター等に生息する細菌を除菌することができる。このように、除菌効果と細菌の栄養源の除去効果によって、庫内の細菌の増殖を抑制し、食器への細菌汚染を防止することができる。

0031

次に実施例を挙げて、本発明を更に詳しく説明するが、本発明はこれら実施例に何ら制約されるものではない。

0032

実施例1〜3および比較例1〜7
下記の表1に示す組成で、自動食器洗浄機庫内洗浄剤を調製し、下記項目について下記試験方法により性能を評価した。結果を表1に併せて示す。

0033

0034

泡立ち試験
上記自動食器洗浄機庫内用洗浄剤15gを、イオン交換水を使用して1Lに希釈希釈液を調製した。この希釈液を25℃に調整した後、希釈液200mlを500mlメスシリンダーに移し変え、10回浸とうし、浸とう直後の泡高さを測定した。これを3回繰り返し、平均を求め、下記評価基準に基づき評価した。

0035

(評価基準)
○:泡立ち量が8〜15ml
△:泡立ち量が3ml以上8ml未満、もしくは15mlより多く20ml未満
×:泡立ち量が3ml未満、もしくは20ml以上

0036

スケール除去試験
40mm×100mmのステンレス板を100℃に加熱した状態で、飽和炭酸カルシウム水溶液を市販のスプレイヤーに入れ50ストローク噴霧量約0.2mL/ストローク)吹きかけ、乾燥させて炭酸カルシウムを付着させ試験片を得た。自動食器洗浄機庫内用洗浄剤をイオン交換水で2%濃度に希釈し、この液に試験片を浸漬した。20分後に試験片を引き上げビーカー内に溜めたイオン交換水中で軽くすすぎ、その後、乾燥させた。ステンレス板上の炭酸カルシウムの付着具合を10人のパネラー目視により観察し、下記評価基準に基づき評価し、その平均値を求めた。

0037

(評価基準)
2:炭酸カルシウムが除去されている
1:炭酸カルシウムがやや残っている
0:炭酸カルシウムがほとんど除去できていない

0038

除菌力試験>
一般家庭の自動食器洗浄機の庫内の壁10cm四方から、拭き取り検査用ふきふきチェック(栄研化学(株)製)を使用して庫内洗浄前の菌を採取した。自動食器洗浄機庫内用洗浄剤50gを使用して、標準コースにて庫内を洗浄し、30分後に洗浄前と同じ箇所において、ふきふきチェックを使用して菌を採取した。それぞれ採取した菌を標準寒天培地により24時間36℃の恒温槽内で培養後、菌数カウントした。

0039

(評価基準)
○:洗浄後の菌数が洗浄前よりも102cfu/ml以上減少している
×:洗浄前に対し洗浄後に減少した菌数が102cfu/ml未満である

0040

実施例1ないし3の自動食器洗浄機庫内用洗浄剤は、適度な泡立ち性を有し、またスケール除去効果、除菌効果ともに優れるものであった。

0041

本発明の洗浄剤は、優れた水垢や金属石ケン等の除去効果と除菌効果とを兼ね備えたものであるため、自動食器洗浄機庫内用の洗浄剤として有用なものである。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社ノエビアの「 洗浄料組成物」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】本発明は、高温での安定性を保持し、かつ泡立ち、泡質が良好である洗浄料組成物を提供することを課題とする。【解決手段】 本発明は、下記(A)〜(C)を含有する洗浄料組成物(A)高級脂肪酸塩(B)... 詳細

  • メルク、パテント、ゲゼルシャフト、ミット、ベシュレンクテル、ハフツングの「 半導体水溶性組成物およびその使用」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】パターン倒れを防止するとともに、ブリッジ欠陥を抑制することのできる半導体水溶性組成物を提供する。【解決手段】式(I)で表される1価のアニオン部: Chain1−X1−N−−X2−Chai... 詳細

  • 小林製薬株式会社の「 ゲル状洗浄剤組成物」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】本発明の目的は、除菌剤を含みながらも、経時的に生じるゲル強度の低下を抑制し、ゲル状態を安定に維持できるゲル状洗浄剤組成物を提供することである。【解決手段】一般式(1)に示すに示すポリオキシアル... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ