図面 (/)

技術 時間外労働に関する、1日単位の確定表示、1週間単位の確定表示、1か月単位の確定表示と、1カ月の総労働時間マイナス1カ月の規程労働時間の表示により労働基準規程を理解し、時間外労働の低減を拡大すると同時に、週単位の実労時間を40時間以下に近づける方法

出願人 戸田博吉
発明者 戸田博吉
出願日 2007年11月19日 (13年1ヶ月経過) 出願番号 2007-323977
公開日 2009年6月11日 (11年6ヶ月経過) 公開番号 2009-129431
状態 未査定
技術分野 特定用途計算機
主要キーワード 労働基準 外労働 時間外労働 労働時間 業績評価 労働者 週間単位 会計基準
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年6月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

時間外労働に関する、1日単位確定表示、1週間単位の確定表示、1か月単位の確定表示と、1カ月の総労働時間マイナス1カ月の規程労働時間の表示により労働基準規程を理解し、時間外労働の低減を拡大すると同時に、週単位の実労時間を40時間以下に近づける

解決手段

外労働時間の発生を日単位発生・週単位発生・月単位発生別に表示する、つまり1日の規程実労時間(労働基準では8時間)を超える時間の労働、1週間の実労時間(労働基準では40時間)を超える時間の労働(すでに確定した日単位の時間外労働時間を除く)、1カ月の規程労働時間(労働基準では28日の月160時間、29日の月160+40÷7時間、30日の月160+40÷7×2時間、31日の月160+40÷7×3時間)を超える時間の労働(すでに確定した日単位の時間外労働時間および、すでに確定した週単位の時間外労働時間を除く)および、1カ月の総労働時間マイナス1カ月の規程労働時間の表示する

概要

背景

従来は、時間外労働時間の発生を日単位発生のみにとらわれ、週5日を超えての労働は新たに週単位の時間外労働時間が発生しやすいこと、および、28日を超える月では月単位の時間外労働時間が発生しやすいことを見逃されている、また、一度発生した時間外労働時間は、同等時間労働時間を短縮しても割増賃金支払義務があることに関心が薄い。日・週・月単位での時間外労働時間確定を的確にとらえ、労働者の実労時間がいたずらに長くならないよう経営者として配慮する義務がある。

概要

時間外労働に関する、1日単位の確定表示、1週間単位の確定表示、1か月単位の確定表示と、1カ月の総労働時間マイナス1カ月の規程労働時間の表示により労働基準規程を理解し、時間外労働の低減を拡大すると同時に、週単位の実労時間を40時間以下に近づける間外労働時間の発生を日単位発生・週単位発生・月単位発生別に表示する、つまり1日の規程実労時間(労働基準では8時間)を超える時間の労働、1週間の実労時間(労働基準では40時間)を超える時間の労働(すでに確定した日単位の時間外労働時間を除く)、1カ月の規程労働時間(労働基準では28日の月160時間、29日の月160+40÷7時間、30日の月160+40÷7×2時間、31日の月160+40÷7×3時間)を超える時間の労働(すでに確定した日単位の時間外労働時間および、すでに確定した週単位の時間外労働時間を除く)および、1カ月の総労働時間マイナス1カ月の規程労働時間の表示するなし

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

時間外労働時間の発生を日単位発生・週単位発生・月単位発生別に表示する、つまり1日の規程実労時間(労働基準では8時間)を超える時間の労働、1週間の実労時間(労働基準では40時間)を超える時間の労働(すでに確定した日単位の時間外労働時間を除く)、1カ月の規程労働時間(労働基準では28日の月160時間、29日の月160+40÷7時間、30日の月160+40÷7×2時間、31日の月160+40÷7×3時間)を超える時間の労働(すでに確定した日単位の時間外労働時間および、すでに確定した週単位の時間外労働時間を除く)および、1カ月の総労働時間マイナス1カ月の規程労働時間を表示する方法

技術分野

背景技術

0002

従来は、時間外労働時間の発生を日単位発生のみにとらわれ、週5日を超えての労働は新たに週単位の時間外労働時間が発生しやすいこと、および、28日を超える月では月単位の時間外労働時間が発生しやすいことを見逃されている、また、一度発生した時間外労働時間は、同等時間労働時間を短縮しても割増賃金支払義務があることに関心が薄い。日・週・月単位での時間外労働時間確定を的確にとらえ、労働者の実労時間がいたずらに長くならないよう経営者として配慮する義務がある。

発明が解決しようとする課題

0003

時間外労働に関する、1日単位の確定表示、1週間単位の確定表示、1か月単位の確定表示と、1カ月の総労働時間マイナス1カ月の規程労働時間の表示により労働基準規程を理解し、時間外労働の低減を拡大すると同時に、週単位の実労時間を40時間以下に近づける

課題を解決するための手段

0004

時間外労働時間の発生を日単位発生・週単位発生・月単位発生別に表示する、つまり1日の規程実労時間(労働基準では8時間)を超える時間の労働、1週間の実労時間(労働基準では40時間)を超える時間の労働(すでに確定した日単位の時間外労働時間を除く)、1カ月の規程労働時間(労働基準では28日の月160時間、29日の月160+40÷7時間、30日の月160+40÷7×2時間、31日の月160+40÷7×3時間)を超える時間の労働(すでに確定した日単位の時間外労働時間および、すでに確定した週単位の時間外労働時間を除く)および、1カ月の総労働時間マイナス1カ月の規程労働時間の表示する方法

発明を実施するための最良の形態

0005

第1週を1日から7日、および、第2週を8日から14日、第3週を15日から21日、第4週を22日から28日に定め、1日の規程実労時間(労働基準では8時間)を超える時間の労働、1週間の実労時間(労働基準では40時間)を超える時間の労働(すでに確定した日単位の時間外労働時間を除く)を表示、および、1カ月の規程労働時間(労働基準では28日の月160時間、29日の月160+40÷7時間、30日の月160+40÷7×2時間、31日の月160+40÷7×3時間)を超える時間の労働(すでに確定した日単位の時間外労働時間、および、すでに確定した週単位の時間外労働時間を除く)を満たすグラフ等を準備する

0006

比較表をレストランに対し作成した結果、次のことが明らかになった。
時間外労働時間の発生を日単位発生のみにとらわれず、週5日を超えての労働を極力低減すると同時に、28日を超える月では月単位の時間外労働時間の発生をも配慮するようになった、また、一度発生した時間外労働時間は必ず、割増賃金を支払うようになった。
日・週・月単位での時間外労働時間確定を的確にとらえ、労働者の実労時間がいたずらに長くならないようになった。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ