図面 (/)

技術 平版印刷用湿し水組成物及びヒートセットオフ輪印刷方法

出願人 富士フイルム株式会社
発明者 配島章光服部英行
出願日 2008年8月27日 (12年3ヶ月経過) 出願番号 2008-218651
公開日 2009年5月7日 (11年7ヶ月経過) 公開番号 2009-096178
状態 未査定
技術分野 印刷版及びその材料
主要キーワード 長時間連続運転 常濃縮 給水ローラー ジオール系化合物 乳化量 平版オフセット プロパンジオール類 弱酸性水
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年5月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

ブランケットパイリングを改良する手段、特に湿し水組成物の観点からブランケットパイリングを改良する手段を提供する。

解決手段

2個のOH基を有する総炭素数が6〜8であるジオール非環状炭化水素化合物であって、該2個のOH基がそれぞれ1位及び2位の炭素原子に結合しているジオール系非環状炭化水素化合物を少なくとも1種含有することを特徴とする、平版印刷用湿し水組成物。

概要

背景

平版印刷は水と油が本質的に混じり合わない性質を巧みに利用した印刷方式であり、印刷版面は水を受容油性インキ反撥する領域と、水を反撥し油性インキを受容する領域から成り、前者が非画像領域であり、後者が画像領域である。湿し水によって、非画像領域を湿潤させて画像領域と非画像領域との界面化学的な差を拡大して、非画像領域のインキ反撥性と画像領域のインキ受容性とを増大させることがなされる。
平版印刷機は通常、オフセット印刷方式になっており、版上にインキと湿し水が供給され、画像部にインキが付着し、非画像部に湿し水が付着することによって画像が形成され、その版上の画像がブランケット転移し、更にブランケットから紙に転移することによって印刷されている。このとき、長時間連続印刷を行うと、インキ成分紙成分がブランケット上の非画像部分に次第に堆積するという所謂“ブランケットパイリング”の問題が発生する。特に、平版オフセット輪転オフ輪)印刷は長時間連続運転が可能であり生産性が高いことが特徴であるが、このブランケットパイリングが発生し易く大きな問題であった。

ブランケットパイリングは、特に回転の後ろ側(くわえ尻側)に画像部のインキが押し出されるようにして堆積しやすく、その堆積物がブランケットから紙へのインキ転移阻害しインキの着肉不良の原因となる。この堆積物を除去するには、印刷を停止してブランケットを清掃しなければならず、損紙の増大、生産性の低下が非常に大きく、改良が望まれていた。
ブランケットパイリングを改良する技術として例えば、酸価が1.0未満のラノリンを1〜5質量%含有する平版オフセット輪転印刷インキ組成物が提案されており(特許文献1参照)、また、特定の接着剤顔料比率を規定した塗工液組成物を塗工してなることを特徴とするオフセット印刷用顔料塗工紙が提案されている(特許文献2参照)。
しかしながら、多種多様なインキや用紙に印刷したいという要望に対して、特定のインキあるいは用紙を使用しないといけないという制約満足いくものではなく、未だにブランケットパイリングの改良は大きな問題となっていた。

従来から一般的に知られている湿し水としては、重クロム酸アルカリ金属塩又はアンモニウム塩リン酸又はその塩、例えばアンモニウム塩、アラビアガムカルボキシメチルセルロースCMC)等のコロイド物質等を添加した水溶液がある。しかしながら、これらの化合物だけを含む湿し水は、版の非画像部に均一に濡れ難い欠点があり、このため印刷物時々汚れたり、また湿し水の供給量を調節するのに相当の熟練を要するなど問題となっていた。

この欠点を改良するため、イソプロピルアルコールを約20〜25%加えた水溶液を湿し水として用いるダールグレン方式が提案されている。この方式によると、非画像部への濡れが良くなり、湿し水の量が少なくて済み、印刷インキと水との供給量のバランスの調整が容易であり、印刷インキ中への湿し水の乳化量が少なくなり、更にブランケットへの印刷インキの転移性が良くなる等、作業性の面及び得られた印刷物の精度の面において数々の利点がある。しかしながら、このイソプロピルアルコールは蒸発し易いために、湿し水のイソプロピルアルコール濃度を一定に保つための特殊な装置が必要であり、価格の点において高価なものとなる。また、イソプロピルアルコールは特有不快臭があることと共に、毒性の面でも問題があって作業環境上好ましくない。また、このイソプロピルアルコールを添加した湿し水を、通常の給水ローラーを用いるオフセット印刷に適用しても、ローラー上及び版面上でイソプロピルアルコールが蒸発するため、その効果を発揮することができないなど問題となっていた。

イソプロピルアルコールを含有しない湿し水として例えば、特定のプロピレングリコール系化合物を含有する湿し水(特許文献3参照)、また、エチレンジアミンエチレンオキサイドプロピレンオキサイドを付加した化合物を含有する湿し水(特許文献4及び5参照)、ジエチレントリアミンにエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドを付加した化合物を含む湿し水(特許文献6参照)が提案されている。しかしながら、これらはいずれも依然としてブランケットパイリングが発生し易く、改善が望まれていた。
一方、水溶性有機ポリマーとして弱酸性水媒質に可溶な天然コラーゲン/エラスチンを含む湿し水により、版胴に対するぬれ性を改善する技術が提案されている(特許文献7参照)。更にこの中で、長鎖(n≧6)状非ポリマアルコール及び/又は(1,2)-もしくは(1,3)-位置にヒドロキシル基を含有するアルカンジオールを含むことでより一層ぬれ性が改善されることが開示されている。

また、湿し水組成物ジオール化合物を使用することについて、エチレンジオールプロパンジオール類ブタンジオール類、ジエチレングリコールジプロピレングリコールネオペンチルグリコールといった化合物を配合する例が知られている(例えば特許文献8〜18参照)。また、湿し水組成物の成分として2−エチル−1,3−ヘキサンジオール、及び1,5−ペンタンジオールが示されている(例えば特許文献19〜21参照)。また、湿し水組成物の成分として、1.5−ペンタンジオール、2.4−ペンタンジオール、2.5−ヘキサンジオール、1.6−ヘキサンジオール、1.7−ヘプタンジオール、2.4−ヘプタンジオール、2−メチル2.4ペンタンジオール、2−エチル1.3−ヘキサンジオール、1.8−オクタンジオール、1.9−ノナンジオール、1.10−デカンジオールピナコールシクロペンタン1.2−ジオール、シクロヘキサン1.2−ジオール、シクロヘキサン1.4−ジオール、2.2−ジエチル1.3−プロパンジオール、2−ブチル2−エチル1.3−プロパンジオールといった化合物が提案されている(特許文献22参照)。
しかしながら、上記の従来技術において、ブランケットパイリングを改良する手段について、具体的に提案されていない。

特開2006−328299号公報
特開2006−322114号公報
特開2001−138655号公報
特開2007−50665号公報
特開2007−168124号公報
特開2007−55182号公報
特開昭61−189997号公報
特開平5−221179号公報
特開平5−221180号公報
特開2001−232926号公報
特開平10−181234号公報
特開2005−246918号公報
特開平6−191175号公報
特開2006−321089号公報
特開2000−280645号公報
特開2002−283766号公報
特開平5−139068号公報
特開2004−322406号公報
特開平10−181234号公報
特開平6−191175号公報
特開2000−280645号公報
特開平2−48996号公報

概要

ブランケットパイリングを改良する手段、特に湿し水組成物の観点からブランケットパイリングを改良する手段を提供する。2個のOH基を有する総炭素数が6〜8であるジオール系非環状炭化水素化合物であって、該2個のOH基がそれぞれ1位及び2位の炭素原子に結合しているジオール系非環状炭化水素化合物を少なくとも1種含有することを特徴とする、平版印刷用湿し水組成物。なし

目的

本発明は、ブランケットパイリングを改良する手段を提供することを目的とし、特に湿し水組成物の観点からブランケットパイリングを改良する手段を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

2個のOH基を有する総炭素数が6〜8であるジオール非環状炭化水素化合物であって、該2個のOH基がそれぞれ1位及び2位の炭素原子に結合しているジオール系非環状炭化水素化合物を少なくとも1種含有することを特徴とする、平版印刷用湿し水組成物

請求項2

ジオール系化合物が、1,2−オクタンジオールである、請求項1記載の平版印刷用湿し水組成物。

請求項3

さらに、下記一般式(I)で表される化合物の少なくとも1種、及び下記一般式(II)で表される化合物の少なくとも1種を含有する、請求項1又は2に記載の平版印刷用湿し水組成物。R1-O−(CH2CHR2O)m−H(I)(式中、R1は炭素数1〜4のアルキル基を表し、R2は水素原子またはメチル基を表し、mは1〜3の整数を表す。)HO−(CH2CH(CH3)O)n−H(II)(式中、nは1〜5の整数を表す。)

請求項4

組成物として水溶性高分子化合物を含まない、請求項1〜3のいずれか1項に記載の平版印刷用湿し水組成物。

請求項5

さらに、エチレンジアミンエチレンオキサイドプロピレンオキサイドを付加した化合物、及びジエチレントリアミンにエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドを付加した化合物から選ばれる少なくとも1種の化合物を含有する、請求項1〜3のいずれか1項に記載の平版印刷用湿し水組成物。

請求項6

さらに下記一般式(VI)で示されるピロリドン誘導体を含有する、請求項1〜5のいずれか1項に記載の平版印刷用湿し水組成物。(式中、R4は炭素原子数2〜12のアルキル基を表す。)

請求項7

さらにアセチレングリコール類アセチレンアルコール類、及びそれらの酸化エチレン及び/又は酸化プロピレン付加物からなる群から選ばれる少なくとも1種の化合物を含有する、請求項1〜6のいずれか1項に記載の平版印刷用湿し水組成物。

請求項8

ヒートセットタイプオフ輪インキ、及び請求項1〜7のいずれか1項に記載の湿し水組成物を用いたヒートセットオフ輪印刷方法。

技術分野

0001

本発明は、平版印刷用湿し水組成物に関し、さらに具体的にはオフセット印刷方法に、特にヒートセットオフ輪印刷方法に好ましく使用される、平版印刷用湿し水組成物に関する。

背景技術

0002

平版印刷は水と油が本質的に混じり合わない性質を巧みに利用した印刷方式であり、印刷版面は水を受容油性インキ反撥する領域と、水を反撥し油性インキを受容する領域から成り、前者が非画像領域であり、後者が画像領域である。湿し水によって、非画像領域を湿潤させて画像領域と非画像領域との界面化学的な差を拡大して、非画像領域のインキ反撥性と画像領域のインキ受容性とを増大させることがなされる。
平版印刷機は通常、オフセット印刷方式になっており、版上にインキと湿し水が供給され、画像部にインキが付着し、非画像部に湿し水が付着することによって画像が形成され、その版上の画像がブランケット転移し、更にブランケットから紙に転移することによって印刷されている。このとき、長時間連続印刷を行うと、インキ成分紙成分がブランケット上の非画像部分に次第に堆積するという所謂“ブランケットパイリング”の問題が発生する。特に、平版オフセット輪転オフ輪)印刷は長時間連続運転が可能であり生産性が高いことが特徴であるが、このブランケットパイリングが発生し易く大きな問題であった。

0003

ブランケットパイリングは、特に回転の後ろ側(くわえ尻側)に画像部のインキが押し出されるようにして堆積しやすく、その堆積物がブランケットから紙へのインキ転移阻害しインキの着肉不良の原因となる。この堆積物を除去するには、印刷を停止してブランケットを清掃しなければならず、損紙の増大、生産性の低下が非常に大きく、改良が望まれていた。
ブランケットパイリングを改良する技術として例えば、酸価が1.0未満のラノリンを1〜5質量%含有する平版オフセット輪転印刷インキ組成物が提案されており(特許文献1参照)、また、特定の接着剤顔料比率を規定した塗工液組成物を塗工してなることを特徴とするオフセット印刷用顔料塗工紙が提案されている(特許文献2参照)。
しかしながら、多種多様なインキや用紙に印刷したいという要望に対して、特定のインキあるいは用紙を使用しないといけないという制約満足いくものではなく、未だにブランケットパイリングの改良は大きな問題となっていた。

0004

従来から一般的に知られている湿し水としては、重クロム酸アルカリ金属塩又はアンモニウム塩リン酸又はその塩、例えばアンモニウム塩、アラビアガムカルボキシメチルセルロースCMC)等のコロイド物質等を添加した水溶液がある。しかしながら、これらの化合物だけを含む湿し水は、版の非画像部に均一に濡れ難い欠点があり、このため印刷物時々汚れたり、また湿し水の供給量を調節するのに相当の熟練を要するなど問題となっていた。

0005

この欠点を改良するため、イソプロピルアルコールを約20〜25%加えた水溶液を湿し水として用いるダールグレン方式が提案されている。この方式によると、非画像部への濡れが良くなり、湿し水の量が少なくて済み、印刷インキと水との供給量のバランスの調整が容易であり、印刷インキ中への湿し水の乳化量が少なくなり、更にブランケットへの印刷インキの転移性が良くなる等、作業性の面及び得られた印刷物の精度の面において数々の利点がある。しかしながら、このイソプロピルアルコールは蒸発し易いために、湿し水のイソプロピルアルコール濃度を一定に保つための特殊な装置が必要であり、価格の点において高価なものとなる。また、イソプロピルアルコールは特有不快臭があることと共に、毒性の面でも問題があって作業環境上好ましくない。また、このイソプロピルアルコールを添加した湿し水を、通常の給水ローラーを用いるオフセット印刷に適用しても、ローラー上及び版面上でイソプロピルアルコールが蒸発するため、その効果を発揮することができないなど問題となっていた。

0006

イソプロピルアルコールを含有しない湿し水として例えば、特定のプロピレングリコール系化合物を含有する湿し水(特許文献3参照)、また、エチレンジアミンエチレンオキサイドプロピレンオキサイドを付加した化合物を含有する湿し水(特許文献4及び5参照)、ジエチレントリアミンにエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドを付加した化合物を含む湿し水(特許文献6参照)が提案されている。しかしながら、これらはいずれも依然としてブランケットパイリングが発生し易く、改善が望まれていた。
一方、水溶性有機ポリマーとして弱酸性水媒質に可溶な天然コラーゲン/エラスチンを含む湿し水により、版胴に対するぬれ性を改善する技術が提案されている(特許文献7参照)。更にこの中で、長鎖(n≧6)状非ポリマアルコール及び/又は(1,2)-もしくは(1,3)-位置にヒドロキシル基を含有するアルカンジオールを含むことでより一層ぬれ性が改善されることが開示されている。

0007

また、湿し水組成物にジオール化合物を使用することについて、エチレンジオールプロパンジオール類ブタンジオール類、ジエチレングリコールジプロピレングリコールネオペンチルグリコールといった化合物を配合する例が知られている(例えば特許文献8〜18参照)。また、湿し水組成物の成分として2−エチル−1,3−ヘキサンジオール、及び1,5−ペンタンジオールが示されている(例えば特許文献19〜21参照)。また、湿し水組成物の成分として、1.5−ペンタンジオール、2.4−ペンタンジオール、2.5−ヘキサンジオール、1.6−ヘキサンジオール、1.7−ヘプタンジオール、2.4−ヘプタンジオール、2−メチル2.4ペンタンジオール、2−エチル1.3−ヘキサンジオール、1.8−オクタンジオール、1.9−ノナンジオール、1.10−デカンジオールピナコールシクロペンタン1.2−ジオール、シクロヘキサン1.2−ジオール、シクロヘキサン1.4−ジオール、2.2−ジエチル1.3−プロパンジオール、2−ブチル2−エチル1.3−プロパンジオールといった化合物が提案されている(特許文献22参照)。
しかしながら、上記の従来技術において、ブランケットパイリングを改良する手段について、具体的に提案されていない。

0008

特開2006−328299号公報
特開2006−322114号公報
特開2001−138655号公報
特開2007−50665号公報
特開2007−168124号公報
特開2007−55182号公報
特開昭61−189997号公報
特開平5−221179号公報
特開平5−221180号公報
特開2001−232926号公報
特開平10−181234号公報
特開2005−246918号公報
特開平6−191175号公報
特開2006−321089号公報
特開2000−280645号公報
特開2002−283766号公報
特開平5−139068号公報
特開2004−322406号公報
特開平10−181234号公報
特開平6−191175号公報
特開2000−280645号公報
特開平2−48996号公報

発明が解決しようとする課題

0009

本発明は、ブランケットパイリングを改良する手段を提供することを目的とし、特に湿し水組成物の観点からブランケットパイリングを改良する手段を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0010

本発明者は、上記課題を達成するために鋭意検討した結果、特定のジオール系化合物を湿し水に添加すると、ブランケットパイリングが著しく改良されることを見出した。
従って、本発明は、2個のOH基を有する総炭素数が6〜8であるジオール系非環状炭化水素化合物であって、該2個のOH基がそれぞれ1位及び2位の炭素原子に結合しているジオール系非環状炭化水素化合物を少なくとも1種含有することを特徴とする、平版印刷用湿し水組成物である。
本発明の実施態様として、該ジオール系化合物が1,2−オクタンジオールである態様がある。

0011

本発明の平版印刷用湿し水組成物の別の実施態様として、さらに、下記一般式(I)で表される化合物の少なくとも1種、及び下記一般式(II)で表される化合物の少なくとも1種を含有する、上記平版印刷用湿し水組成物がある。
R1-O−(CH2CHR2O)m−H (I)
(式中、R1は炭素数1〜4のアルキル基を表し、R2は水素原子またはメチル基を表し、mは1〜3の整数を表す。)
HO−(CH2CH(CH3)O)n−H (II)
(式中、nは1〜5の整数を表す。)
本発明の平版印刷用湿し水組成物の実施態様として、上記のジオール系非環状炭化水素化合物と上記一般式(I)で表される化合物の少なくとも1種、及び上記一般式(II)で表される化合物の少なくとも1種を含有し、該組成物が水溶性高分子化合物を含まない態様がある。

0012

本発明の平版印刷用湿し水組成物のまた別の実施態様として、さらに、エチレンジアミンにエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドを付加した化合物、及びジエチレントリアミンにエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドを付加した化合物から選ばれる少なくとも1種の化合物を含有する、上記平版印刷用湿し水組成物がある。本発明の平版印刷用湿し水組成物がエチレンジアミンにエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドを付加した化合物、及びジエチレントリアミンにエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドを付加した化合物から選ばれる少なくとも1種の化合物を含有する態様において、好ましくはさらに水溶性高分子化合物を含む。

0013

本発明の平版印刷用湿し水組成物の別の実施態様として、さらに下記一般式(VI)で示されるピロリドン誘導体を含有する平版印刷用湿し水組成物がある。




(式中、R4は炭素原子数2〜12のアルキル基を表す。)
本発明の平版印刷用湿し水組成物の更なる実施態様として、アセチレングリコール類アセチレンアルコール類、及びそれらの酸化エチレン及び/又は酸化プロピレン付加物からなる群から選ばれる少なくとも1種の化合物を含有する平版印刷用湿し水組成物がある。さらなる具体的態様として、3,6−ジメチル−4−オクチン−3,6−ジオール、2,4,7,9−テトラメチル−5−デシン−4,7−ジオール、及び2,4,7,9−テトラメチル−5−デシン−4,7−ジオールの酸化エチレンが4〜10個付加した化合物からなる群から選ばれる少なくとも1種の化合物を含む、平版印刷用湿し水組成物がある。
本発明の平版印刷用湿し水組成物は、ヒートセットオフ輪印刷方式に好ましく使用することができ、従って、本発明はさらに、ヒートセットタイプのオフ輪用インキ、及び上記湿し水組成物を用いたヒートセットオフ輪印刷方法に向けられている。

発明の効果

0014

本発明の湿し水組成物によれば、ブランケットパイリングの発生を抑制し、長時間連続印刷しても良好な印刷品質を安定して得られる。更に本発明の湿し水組成物によれば、従来、湿し水に用いられるイソプロピルアルコールのような揮発性有機溶剤を使用することなく、よって、湿し水の供給量の調節などを簡便に行うことができ、また、作業環境上好ましい上、給水ローラー汚れなどの悪化も見られず、良好な印刷性能が得られる。

発明を実施するための最良の形態

0015

以下に本発明を詳細に説明する。
本発明で使用するジオール系化合物は、総炭素数が6〜8であって、2個のOH基がそれぞれ1位及び2位の炭素原子に結合しているジオール系非環状炭化水素化合物である。
ここで、総炭素数が5以下の化合物では本発明が目的とする効果がほとんど見られなくなり、一方10以上では溶解不良となりやはり本発明の効果がほとんど見られなくなる。1,3−オクタンジオールや1,8−オクタンジオールのように2個のOH基が1位及び2位の炭素原子に一つずつ結合していない化合物では、本発明が目的とする効果が見られなくなり、よって、非常に狭い範囲の親疎水性バランスと分子構造を有する化合物でのみ、特異的に本発明が目的とする効果が見られることを見出した。
本発明の湿し水組成物において、該ジオール系化合物を2種以上併用してもよい。
本発明においてジオール系化合物の添加量は、使用時の湿し水組成物の全量に対して、0.05〜1.0質量%が適当であり、この範囲にあると、本発明の効果が十分に得られるとともに溶解不良や給水ローラー汚れなどが発生せず、適当である。該添加量は、より好ましくは0.1〜0.7質量%、さらに好ましくは0.2〜0.5質量%である。

0016

湿し水組成物は、通常使用時に濃縮液を適宜希釈し使用することが、輸送コスト保管スペース包材も含めた製造コストなどの観点から好ましい。希釈率は10〜200倍が好ましく、20〜150がより好ましく、30〜100倍が特に好ましく、希釈して上記使用時の湿し水組成物の濃度になるように濃縮液中の濃度を設定する。濃縮率は高いほどコストの観点から好ましいが、高すぎると濃縮液中での析出液分離などの問題が発生し好ましくない。
濃縮液を作成する際の可溶化剤として、下記一般式(I)の化合物を少なくとも1種、及び下記一般式(II)の化合物を少なくとも1種使用することが好ましく、これらの化合物により本発明の効果が相乗的に高まる。

0017

一般式(I)の化合物
R1-O−(CH2CHR2O)m−H (I)
(式中、R1は炭素数1〜4のアルキル基を表し、R2は水素原子またはメチル基を表し、mは1〜3の整数を表す。)
一般式(I)の化合物において具体的には、式中、R1は炭素原子数1〜4の直鎖又は分岐鎖のアルキル基を表し、具体的にはメチル基、エチル基プロピル基イソプロピル基n−ブチル基、イソブチル基、t−ブチル基があり、ジオール系化合物の溶解性を高め、かつブランケットパイリングを抑制する観点から、n−ブチル基あるいはt−ブチル基が特に好ましい。また、R2は水素原子またはメチル基を表し、メチル基がより好ましく、mは1〜3の整数を表し、1が特に好ましい。

0018

一般式(I)の化合物の具体例は、エチレングリコールモノt−ブチルエーテル、エチレングリコールモノn−ブチルエーテルプロピレングリコールモノメチルエーテルジプロピレングリコールモノメチルエーテルトリプロピレングリコールモノメチルエーテルプロピレングリコールモノエチルエーテルジプロピレングリコールモノエチルエーテル、トリプロピレングリコールモノエチルエーテル、テトラプロピレングリコールモノエチルエーテル、プロピレングリコールモノプロピルエーテル、ジプロピレングリコールモノプロピルエーテル、トリプロピレングリコールモノプロピルエーテル、プロピレングリコールモノイソプロピルエーテル、ジプロピレングリコールモノイソプロピルエーテル、トリプロピレングリコールモノイソプロピルエーテル、プロピレングリコールモノn−ブチルエーテル、ジプロピレングリコールモノブチルエーテル、トリプロピレングリコールモノブチルエーテル、プロピレングリコールモノイソブチルエーテル、ジプロピレングリコールモノイソブチルエーテル、トリプロピレングリコールモノイソブチルエーテル、プロピレングリコールモノターシャリブチルエーテル、ジプロピレングリコールモノターシャリブチルエーテル及びトリプロピレングリコールモノターシャリブチルエーテルなどである。
これらの化合物を1種単独で、あるいは2種以上を併用して使用することができる。

0019

中でも、プロピレングリコール又はエチレングリコールのn−ブチル、又はt−ブチルエーテルが好ましく使用できる。一般式(I)で示される化合物の添加量は、使用時の湿し水組成物の全質量に対して0.05〜5.0質量%が適当であり、この範囲にあると、ブランケットパイリングを抑制する効果が十分であるとともにローラストリップ又は印刷版の耐刷不良等の問題が起こらず適当である。該添加量は、より好ましくは0.1〜3.0質量%である。

0020

一般式(II)の化合物
HO−(CH2CH(CH3)O)n−H (II)
(式中、nは1〜5の整数を表す。)
一般式(II)の化合物において具体的には、式中、nは1が好ましい。
従って、一般式(II)の化合物の具体例として、プロピレングリコール、ジプロピレングリコール、トリプロピレングリコール、テトラプロピレングリコール及びペンタプロピレングリコールがある。これらの化合物は、1種単独で、あるいは2種以上を併用して使用することができる。中でも、ジオール系化合物の溶解性を高めるために、プロピレングリコール、ジプロピレングリコール、トリプロピレングリコールが好ましく、プロピレングリコールが最も好ましい。

0021

一般式(II)で示される化合物の湿し水組成物における含有量は、使用時の湿し水組成物の全質量に対して、0.05〜5.0質量%が適当であり、この範囲にあるとジオール系化合物の溶解性が十分となり、またブランケットパイリングの抑制効果も十分である上、インキ濃度が安定してローラストリップなどが起きにくい。該含有量は、より好ましくは0.1〜3.0質量%である。

0022

本発明の湿し水組成物にはさらに、エチレンジアミンにエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドを付加した化合物、及びジエチレントリアミンにエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドを付加した化合物から選ばれる少なくとも1種の化合物を含有させることができる。
以下にこれらの化合物を説明する。
[エチレンジアミンにエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドを付加した化合物]
本発明で使用される、エチレンジアミンにエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドを付加した化合物は、重量平均分子量が500〜20000のものであり、好ましくは500〜5000、より好ましくは800〜1500であり、最適なのは重量平均分子量1000付近のものである。

0023

該化合物においてエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドとの付加モル数比率は、充分な印刷性が得られる観点から5:95〜50:50の範囲が適当であり、より好ましくは20:80〜35:65の範囲である。
エチレンオキサイドとプロピレンオキサイドの結合構造としては、先にエチレンオキサイドを付加し、その後プロピレンオキサイドを付加したブロック構造、先にプロピレンオキサイドを付加し、その後エチレンオキサイドを付加したブロック構造、同時にエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドを付加したランダム構造があるが、いずれの構造のものもほぼ同様の効果が得られる。
本発明で使用される、エチレンジアミンにエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドを付加した化合物は、常法に従って製造することができ、例えばエチレンジアミンに触媒の存在下でエチレンオキサイド及び/又はプロピレンオキサイドを反応させる。

0024

本発明で使用される、エチレンジアミンにエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドを付加した化合物は、具体的に下記の式(III)にて示される。




(式中、A及びBはそれぞれ独立に−CH2CH2O−又は−CH2CH(CH3)O−を表し、A及びBは互いに異なる基であって、a〜hは各々0〜50の整数を表し、但しa、c、e及びgのうち少なくとも一つは1以上であり、及びb、d、f及びhのうち少なくとも一つは1以上である。a〜hは化合物全体の分子量が500〜20000となるような値である。なお、各共重合鎖はブロック構造でも、ランダム構造でもよい。)
該化合物の分子量やエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドの比率は、例えば水酸基価及びアミン価の測定、NMR測定などにより決定することができる。

0025

式(III)の内、より好ましくは下記の式(IV)にて示される。




(式中、a、b、c、d、e、f、g及びhはそれぞれ、0〜50の整数を表し、但しa、c、e及びgのうち少なくとも一つは1以上であり、及びb、d、f及びhのうち少なくとも一つは1以上である。)

0026

上記式(IV)で表される化合物は、その重量平均分子量が500〜20000の範囲が適当であり、好ましくは重量平均分子量が500〜5000のものであり、さらに好ましくは800〜1500である。a〜hは化合物全体の分子量が500〜20000となるような値であるが、1〜10が好ましく、2〜4が特に好ましい。
このような化合物は、印刷機停止時に版上に残った水滴放置により水が蒸発し、濃縮されて残ったときでも、画像領域にダメージを与えることがない。上記化合物はまた、揮発性を有する有機溶剤と併用することなしに、イソプロピルアルコールを代替することが可能であるが、ブランケットパイリングや給水ローラー汚れを悪化させる傾向にある。本発明で使用するジオール系化合物と併用することにより、ブランケットパイリング及び給水ローラー汚れを悪化させること無くイソプロピルアルコールを代替することが可能となる。
該化合物においてエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドとの付加モル数比率は、充分な印刷性が得られる観点から5:95〜50:50の範囲が適当であり、より好ましくは20:80〜35:65の範囲である。

0027

[ジエチレントリアミンにエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドを付加した化合物]
本発明で使用される、ジエチレントリアミンにエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドを付加した化合物は、重量平均分子量が500〜3000の範囲が適当であり、好ましくは800〜2000であり、最適なのは重量平均分子量1000付近のものである。
このような分子量を有する上記化合物は、印刷機停止時に版上に残った水滴が放置により水が蒸発し、濃縮されて残ったときでも、画像領域にダメージを与えることがない。上記化合物はまた、揮発性を有する有機溶剤と併用することなしに、イソプロピルアルコールを代替することが可能である。

0028

該化合物においてエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドとの付加モル数比率は、充分な印刷性が得られる観点から5:95〜50:50の範囲が適当であり、より好ましくは20:80〜35:65の範囲である。
エチレンオキサイドとプロピレンオキサイドの結合構造としては、先にエチレンオキサイドを付加し、その後プロピレンオキサイドを付加したブロック構造、先にプロピレンオキサイドを付加し、その後エチレンオキサイドを付加したブロック構造、同時にエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドを付加したランダム構造があるが、いずれの構造のものもほぼ同様の効果が得られる。
本発明で使用される、ジエチレントリアミンにエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドを付加した化合物は、常法に従って製造することができる。例えばジエチレントリアミンに触媒の存在下でエチレンオキサイド及び/又はプロピレンオキシドを反応させて、製造することができる。また、具体的にジエチレントリアミンをアセトニトリルとともに、氷水浴で冷却しながら、プロピレンオキサイドをそこへ滴下し反応させ、その後、更にエチレンオキサイドを滴下し反応させ、この混合物からろ過して析出物を取り出し、そこからジエチレントリアミンのプロピレンオキサイド/エチレンオキサイド付加物を得ることができる。

0029

本発明で使用される、ジエチレントリアミンにエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドを付加した化合物は、具体的に下記の式(V)にて示される。




(式中、A及びBはそれぞれ独立に−CH2CH2O−又は−CH2CH(CH3)O−を表し、A及びBは互いに異なる基であって、a〜jは各々1以上の整数を表す。各共重合鎖はブロック構造でも、ランダム構造でもよい。)
式中、a〜jは化合物全体の分子量が500〜3000となるような値であることが適当であり、1〜6が好ましく、2〜3が特に好ましい。
なお、該化合物の分子量やエチレンオキサイドとプロピレンオキサイドの比率は、例えば水酸基価及びアミン価の測定、NMR測定などにより決定することができる。

0030

上記化合物を使用時の湿し水組成物において0.01〜1質量%、好ましくは0.05〜0.5質量%含有させることによって、イソプロピルアルコールを代替しても、良好な印刷適性を発揮する。また、該湿し水を適用した後、印刷停止時に版上に残った水滴が放置により水が蒸発し、濃縮された状態になっても、版の画像領域を侵すことがない。しかしながら、上記化合物はブランケットパイリングや給水ローラー汚れを悪化させる傾向にあり、本発明で使用するジオール系化合物と併用することにより、ブランケットパイリング及び給水ローラー汚れを悪化させること無くイソプロピルアルコールを代替することが可能となる。
本発明の湿し水組成物に上記式(III)、(IV)又は(V)の化合物の少なくとも1種を含有させる場合は、さらに後述の水溶性高分子化合物を添加するとブランケットパイリングの抑制により効果的である。上記式(III)、(IV)又は(V)の化合物を含ませないときは、水溶性高分子化合物を含ませない方がブランケットパイリングの抑制に効果的である。

0031

本発明の湿し水組成物のその他の成分としては、以下のものを含ませることができる。
(a)濡れ性向上の助剤
(b)水溶性高分子化合物
(c)pH調整剤
(d)キレート化剤
(e)臭気マスキング剤
(f)その他((i)防腐剤、(ii)着色剤、(iii)防錆剤、(iv)消泡剤など)

0032

(a)濡れ性向上の助剤として、界面活性剤や他の溶剤を使用することができる。界面活性剤のうち、例えばアニオン型界面活性剤としては、脂肪酸塩類アビエチン酸塩類、ヒドロキシアルカンスルホン酸塩類アルカンスルホン酸塩類、ジアルキルスルホ琥珀酸塩類、直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩類、分岐鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩類、アルキルナフタレンスルホン酸塩類、アルキルフェノキシポリオキシエチレンプロピルスルホン酸塩類ポリオキシエチレンアルキルスルフェニルエーテル塩類、N−メチル−N−オレイルタウリンナトリウム塩類、N−アルキルスルホ琥珀酸モノアミド二ナトリウム塩類、石油スルホン酸塩類、硫酸化ひまし油、硫酸化牛脂油、脂肪酸アルキルエステル硫酸エステル塩類、アルキル硫酸エステル塩類、ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸エステル塩類、脂肪酸モノグリセリド硫酸エステル塩類、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル硫酸エステル塩類、ポリオキシエチレンスチリルフェニルエーテル硫酸エステル塩類、アルキル燐酸エステル塩類、ポリオキシエチレンアルキルエーテル燐酸エステル塩類、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル燐酸エステル塩類、スチレン無水マレイン酸共重合物部分けん化物類、オレフィン−無水マレイン酸共重合物の部分けん化物類、ナフタレンスルホン酸塩ホルマリン縮合物類等が挙げられる。これらの中でもジアルキルスルホ琥珀酸塩類、アルキル硫酸エステル塩類及びアルキルナフタレンスルホン酸塩類が特に好ましく用いられる。

0033

非イオン型界面活性剤としては、ポリオキシエチレンアルキルエーテル類、ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル類、ポリオキシエチレンポリスチリルフェニルエーテル類、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンアルキルエーテル類グリセリン脂肪酸部分エステル類、ソルビタン脂肪酸部分エステル類、ペンタエリスリトール脂肪酸部分エステル類、プロピレングリコールモノ脂肪酸エステル類、蔗糖脂肪酸部分エステル類、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸部分エステル類、ポリオキシエチレンソルビトール脂肪酸部分エステル類、ポリエチレングリコール脂肪酸エステル類ポリグリセリン脂肪酸部分エステル類、ポリオキシエチレン化ひまし油類、ポリオキシエチレングリセリン脂肪酸部分エステル類、脂肪酸ジエタノールアミド類、N,N−ビス−2−ヒドロキシアルキルアミン類ポリオキシエチレンアルキルアミン類、トリエタノールアミン脂肪酸エステル類トリアルキルアミンオキシド類などが挙げられる。その他、弗素系界面活性剤シリコン系界面活性剤も使用することができる。その中でもポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル類、ポリオキシエチレン−ポリオキシプロピレンブロックポリマー類等が好ましく用いられる。更に、シリコン誘導体又はフッ素誘導体等の界面活性剤も挙げられる。界面活性剤を使用する場合、その含有量は発泡の点を考慮すると、使用時の湿し水組成物において1.0質量%以下、好ましくは0.001〜0.5質量%が適当である。また、2種以上併用することもできる。

0034

また、その他の助剤あるいは湿潤溶剤として、3-メトキシ-3-メチルブタノール、3-メトキシブタノール、エチレングリコール、ジエチレングリコール、トリエチレングリコールブチレングリコールヘキシレングリコールグリセリンジグリセリン、ポリグリセリン、トリメチロールプロパン等を用いることができる。これらの溶剤は単独でもよいが、2種以上併用してもよい。一般にこれらの溶剤は、使用時の湿し水組成物の全質量に基づいて0.1〜3質量%の範囲で使用するのが適当で、好ましくは0.3〜2質量%である。

0035

別の助剤として、下記一般式(VI)で示されるピロリドン誘導体を使用することができる。




(式中、R4は炭素原子数2〜12のアルキル基を表す。)
上記ピロリドン誘導体の具体例として、エチルピロリドン、ブチルピロリドン、ペンタピロリドン、ヘキサピロリドン、オクチルピロリドン、ラウリルピロリドンなどが挙げられる。これらの化合物は1種又は2種以上を用いることができる。これらの化合物の中で、式中R4が炭素原子数6以上のアルキル基であるものが好ましく、オクチルピロリドンが特に好ましい。上記一般式(VI)で示される化合物は、使用時の湿し水組成物の全質量に基づいて0.0001〜1.0質量%で用いられるのが適当であり、より好ましくは0.001〜0.1質量%である。

0036

本発明の湿し水組成物にはまた、アセチレングリコール類、アセチレンアルコール類、及びそれらの酸化エチレン及び/又は酸化プロピレン付加物から選ばれる少なくとも1種の化合物を含めてもよい。これらの具体的な化合物として、3,5−ジメチル−1−ヘキシン−3−オール、2,5−ジメチル−3−ヘキシン−2,5−ジオール、2,4,7,9−テトラメチル−5−デシン−4,7−ジオール、3,6−ジメチル−4−オクチン−3,6−ジオール、2−ブチン−1,4−ジオール、3−メチル−1−ブチン−3−オール、及びそれらの酸化エチレン及び/又は酸化プロピレン付加物などが挙げられる。中でも3,6−ジメチル−4−オクチン−3,6−ジオール、2,4,7,9−テトラメチル−5−デシン−4,7−ジオール、及び2,4,7,9−テトラメチル−5−デシン−4,7−ジオールの酸化エチレンが4〜10個付加した化合物が好ましく挙げられる。これらの化合物の添加量は、使用時の湿し水組成物の全質量に基づいて0.0001〜1.0質量%が適当であり、好ましくは0.001〜0.1質量%である。

0037

本発明の湿し水組成物にはまた、動的表面張力の調節、可溶化、又は印刷インキの混入率乳化率)を適度な範囲に抑えるなどのために、必要に応じて下記の化合物を添加することができる:2−エチル−1,3−ヘキサンジオール、2−エチル−1,3−ヘキサンジオールの酸化エチレン及び/又は酸化プロピレン付加物、トリメチロールプロパンの酸化プロピレン付加物、グリセリンの酸化プロピレン付加物、ソルビトールの酸化プロピレン付加物、テトラヒドロフルフリルアルコールなど。
これらの中で、動的表面張力補助剤として好ましいのが2−エチル−1,3−ヘキサンジオールであり、また可溶化剤としてテトラヒドロフルフリルアルコールが好ましい。インキ乳化制御剤としては2−エチル−1,3−ヘキサンジオールの酸化エチレン付加物、トリメチロールプロパンの酸化プロピレン付加物などを好適に使用することができる。これらの化合物は1種又は2種以上を用いることができる。これらの化合物は、使用時の湿し水組成物の全質量に基づいて0.01〜7質量%で用いられるのが適当であり、より好ましくは0.05〜5質量%である。

0038

本発明の湿し水組成物に使用する(b)水溶性高分子化合物としては、例えばアラビアガム、澱粉誘導体(例えば、デキストリン酵素分解デキストリンヒドロキシプロピル化酵素分解デキストリン、カルボキシメチル化澱粉リン酸澱粉オクテニルハク化澱粉)、アルギン酸塩繊維素誘導体(例えば、カルボキシメチルセルロース、カルボキシエチルセルロースメチルセルロースヒドロキシプロピルセルロースヒドロキシプロピルメチルセルロースヒドロキシエチルセルロース)等の天然物及びその変性体、ポリエチレングリコール及びその共重合体ポリビニルアルコール及びその誘導体、ポリビニルピロリドンポリアクリルアミド及びその共重合体、ポリアクリル酸及びその共重合体、ビニルメチルエーテル無水マレイン酸共重合体酢酸ビニル/無水マレイン酸共重合体、ポリスチレンスルホン酸及びその共重合体の合成物が挙げられる。水溶性高分子化合物の含有量は、使用時の湿し水組成物に対して0.0001〜0.1質量%が適しており、より好ましくは、0.0005〜0.05質量%である。

0039

本発明では、上記水溶性高分子化合物の中でも、ポリビニルピロリドン、ヒドロキシプロピルセルロース、及びヒドロキシプロピルメチルセルロースが特に好ましく使用できる。
湿し水組成物に含有させるポリビニルピロリドンは、ビニルピロリドンホモポリマーを意味する。ポリビニルピロリドンは分子量200〜3,000,000のものが適当であり、好ましくは300〜500,000、より好ましくは300〜100,000のものである。特に好ましくは300〜30,000のものである。
これらポリビニルピロリドンは1種単独でも、又は分子量の異なるものを2種以上組み合わせて使用することもできる。また、低分子量のポリビニルピロリドン、例えば重合度3〜5のビニルピロリドンオリゴマーと組み合わせることができる。
このようなポリビニルピロリドンとしては、市販品を使用することができる。例えば、ISP社製のK−15、K−30、K−60、K−90、K−120などの各種グレートのものを使用することができる。
使用時の湿し水組成物におけるポリビニルピロリドンの含有量は、0.001〜0.3質量%が適当であり、好ましくは0.005〜0.2質量%である。

0040

本発明の湿し水組成物にはまた、糖類から選ばれる少なくとも1種を含ませることが好ましい。使用する糖類としては、単糖類二糖類及びオリゴ糖類などから選択することができ、水素添加によって得られる糖アルコールもこれに含まれる。具体例としてD−エリトロース、D−スレオース、D−アラビノース、D−リボースD−キシロース、D−エリスロペンテロース、D−アルロース、D−ガラクトース、D−グルコース、D−マンノース、D−タロース、β−D−フラクトース、α−L−ソルボース、6−デオキシ−D−グルコース、D−グリセロ−D−ガラクトース、α−D−アルロ−ヘプチュロース、β−D−アルトロ−3−ヘプチュロース、サッカロースラクトース、D−マルトースイソマルトースイヌビオース、ヒアルビオウロンマルトトリオース、D,L−アラビット、リビット、キシリット、D,L−ソルビット、D,L−マンニット、D,L−イジット、D,L−タリット、ズルシット、アロズルシット、マルチトール還元水あめなどが挙げられる。これらの糖類は1種単独で又は2種以上を併用してもよい。
使用時の湿し水組成物において、糖類から選ばれる少なくとも1種の含有量は0.01〜1質量%が適当であり、好ましくは0.1〜0.8質量%である。

0041

本発明の湿し水組成物に用いられる(c)pH調整剤としては、水溶性有機酸及び/又は無機酸又はそれらの塩が使用でき、これらの化合物は湿し水のpH調整あるいはpH緩衝平版印刷版支持体の適度なエッチング又は防腐食に効果がある。好ましい有機酸としては、例えばクエン酸アスコルビン酸リンゴ酸酒石酸乳酸酢酸グルコン酸、酢酸、ヒドロキシ酢酸蓚酸マロン酸レブリン酸スルファニル酸p−トルエンスルホン酸フィチン酸有機ホスホン酸等が挙げられる。無機酸としては例えばリン酸、硝酸硫酸ポリリン酸が挙げられる。更にこれら有機酸及び/又は無機酸のアルカリ金属塩、アルカリ土類金属塩あるいはアンモニウム塩、有機アミン塩も好適に用いられ、これらの有機酸、無機酸及び/又はこれらの塩は単独で使用しても、あるいは2種以上の混合物として使用してもよい。これらpH調整剤の本発明の湿し水組成物への添加量は0.001〜0.3質量%の範囲が好ましく、湿し水組成物のpH値が3〜7の範囲の酸性領域で用いることが好ましいが、アルカリ金属水酸化物、リン酸、アルカリ金属塩、炭酸アルカリ金属塩ケイ酸塩などを含有したpH7〜11のアルカリ性領域で用いることもできる。

0042

本発明の湿し水組成物には、さらに、(d)キレート化剤を添加することができる。湿し水組成物は、使用時に通常濃縮液を水道水井戸水などを加えて希釈して調製されるが、この際、希釈する水道水や井戸水に含まれているカルシウムイオン等が印刷に悪影響を与え、印刷物を汚れ易くする原因となることもある。このような場合、キレート化剤を添加することにより、上記欠点を解消することができる。好ましいキレート化剤としては例えば、エチレンジアミンテトラ酢酸、そのカリウム塩、そのナトリウム塩ジエチレントリアミンペンタ酢酸、そのカリウム塩、ナトリウム塩;トリエチレンテトラミンヘキサ酢酸、そのカリウム塩、そのナトリウム塩、ヒドロキシエチルエチレンジアミントリ酢酸、そのカリウム塩、そのナトリウム塩;ニトリロトリ酢酸、そのナトリウム塩;1−ヒドロキシエタン−1,1−ジホスホン酸、そのカリウム塩、そのナトリウム塩;アミノトリ(メチレンホスホン酸)、そのカリウム塩、そのナトリウム塩などのような有機ホスホン酸類あるいはホスホノアルカントリカルボン酸類を挙げることができる。上記のキレート化剤のナトリウム塩あるいはカリウム塩の代わりに、有機アミンの塩も有効である。これらのキレート化剤は使用時の湿し水組成物中に安定に存在し、印刷性を阻害しないものが選ばれる。使用時の湿し水組成物中のキレート化合物の含有量としては、0.001〜0.5質量%が適当で、好ましくは0.002〜0.25質量%である。

0043

(e)臭気マスキング剤としては、従来香料としての用途が知られているエステルを含む。例えば下記一般式(VII)で示されるものがある。
R2−COOR3 (VII)
一般式(VII)の化合物において、式中R2は炭素原子数1〜15のアルキル基、アルケニル基又はアラルキル基、あるいはフェニル基である。アルキル基又はアルケニル基の場合、その炭素原子数は好ましくは4〜8である。R2がアルキル基、アルケニル基又はアラルキル基を表す場合、それらは直鎖でも分岐鎖でもよい。アルケニル基は特に二重結合を1個有するものが適当である。アラルキル基としては、ベンジル基フェニルエチル基が挙げられる。なお、R2で示されるアルキル基、アルケニル基又はアラルキル基、あるいはフェニル基の1以上の水素原子が、水酸基又はアセチル基置換されていてもよい。R3は炭素原子数3〜10のアルキル基、アラルキル基又はフェニル基であって、それらは直鎖でも分岐鎖でもよい。アルキル基の場合、その炭素原子数は好ましくは3個から9個である。アラルキル基としては、ベンジル基やフェニルエチル基が挙げられる。

0044

使用できる(e)臭気マスキング剤として具体的に、蟻酸、酢酸、プロピオン酸酪酸イソ酪酸、2−エチル酪酸、吉草酸イソ吉草酸、2−メチル吉草酸、ヘキサン酸カプロン酸)、4−メチルペンタン酸イソヘキサン酸)、2−ヘキセン酸、4−ペンテン酸ヘプタン酸、2−メチルヘプタン酸、オクタン酸カプリル酸)、ノナン酸デカン酸カプリン酸)、2−デセン酸ラウリン酸又はミリスチン酸のエステルが挙げられる。その他、フェニル酢酸ベンジルアセト酢酸エチルアセト酢酸2−ヘキシルといったアセト酢酸エステル等もある。中でも好ましいものとして、酢酸n−ペンチル、酢酸イソペンチル、酪酸n−ブチル、酪酸n−ペンチル及び酪酸イソペンチルが挙げられ、特に酪酸n−ブチル、酪酸n−ペンチル及び酪酸イソペンチルが好適である。これらの酸エステル類の湿し水組成物における含有量は、使用時の湿し水組成物の全質量に基づいて0.0001〜10質量%が適当で、より好ましくは0.001〜1質量%である。これらを使用することにより、作業環境をより改善することができる。また。バニリンエチルバニリン等とを併用してもよい。

0045

本発明の湿し水組成物に使用する(f)(i)防腐剤としては、フェノール又はその誘導体、ホルマリンイミダゾール誘導体デヒドロ酢酸ナトリウム、4−イソチアゾリン−3−オン誘導体ベンズトリアゾール誘導体アミジン又はグアニジンの誘導体、四級アンモニウム塩類、ピリジンキノリン又はグアニジンの誘導体、ダイアジン又はトリアゾールの誘導体、オキサゾール又はオキサジンの誘導体、ブロモニトロアルコール系のブロモニトプロパノール、2,2−ジブロモ−2−ニトロエタノール、3−ブロモ−3−ニトロペンタン−2,4−ジオール等が挙げられる。好ましい添加量は細菌、カビ酵母等に対して、安定に効力を発揮する量であって、細菌、カビ、酵母の種類によっても異なるが、使用時の湿し水組成物に対し、0.001〜1.0質量%の範囲が好ましく、また種々のカビ、細菌、酵母に対して効力のあるような2種以上の防腐剤を併用することが好ましい。

0046

本発明に使用する(f)(ii)着色剤としては、食品用色素等が好ましく使用できる。例えば、黄色色素としてはCINo. 19140、15985、赤色色素としてはCINo. 16185、45430、16255、45380、45100、紫色色素としてはCINo. 42640、青色色素としてはCINo. 42090、73015、緑色色素としてはCINo. 42095、等が挙げられる。本発明に使用できる(f)(iii)防錆剤としては、例えばベンゾトリアゾール、5−メチルベンゾトリアゾール、チオサリチル酸ベンゾイミダゾール及びその誘導体等が挙げられる。本発明に使用できる(f)(iv)消泡剤としてはシリコン消泡剤が好ましく、その中で乳化分散型及び可溶化型等いずれも使用することができる。

0047

本発明の湿し水組成物の成分として残余は、水である。湿し水組成物は、通常商業ベースとするときは濃縮化して商品化するのが一般的である。従って、水、好ましくは脱塩水、即ち、純水を使用して、上記の各種成分を溶解した水溶液として濃縮液を得ることができる。このような濃縮液を使用するときに、通常使用時に水道水、井戸水等で10〜200倍程度に希釈し、使用時の湿し水組成物とする。

0048

本発明の湿し水組成物は、種々の平版印刷版に対して使用することができるが、特にアルミニウム板支持体とし、その上に感光層を有する感光性平版印刷版(予め感光性を付与した印刷板で、PS版と呼ばれる。)を画像露光及び現像して得られた平版印刷版に対して好適に使用できる。かかるPS版の好ましいものは、例えば、英国特許第 1,350,521号明細書に記されているようなジアゾ樹脂(p−ジアゾジフェニルアミンパラホルムアルデヒドとの縮合物の塩)とシエラックとの混合物からなる感光層をアルミニウム板上に設けたもの、英国特許第 1,460,978号及び同第 1,505,739号の各明細書に記されているようなジアゾ樹脂とヒドロキシエチルメタクリレート単位またはヒドロキシエチルアクリレート単位を主なる繰り返し単位として有するポリマーとの混合物からなる感光層をアルミニウム板上に設けたもの、また特開平2−236552号、特開平4−274429号に記載のジメチルマレイミド基を含有する感光性ポリマー系をアルミニウム板上に設けたもののようなネガ型PS版、および特開昭50−125806号公報に記載されているようなO−キノンジアジド感光物とノボラック型フェノール樹脂との混合物からなる感光層をアルミニウム板上に設けたポジ型PS版が含まれる。またバーニング処理されたポジ型PS版にも用いることができる。

0049

上記感光層を形成する組成物には、上記のアルカリ可溶性ノボラック樹脂以外の、アルカリ可溶性樹脂を必要に応じて配合することができる。例えば、スチレン−アクリル酸共重合体メチルメタアクリレートメタクリル酸共重合体アルカリ可溶性ポリウレタン樹脂特公昭52−28401号公報記載のアルカリ可溶性ビニル系樹脂、アルカリ可溶性ポリブチラール樹脂等を挙げることができる。更に米国特許第 4,072,528号及び同第 4,072,527号の各明細書に記されているような光重合型フォトポリマー組成物の感光層をアルミニウム板上に設けたPS版、英国特許第 1,235,281号及び同第 1,495,861号の各明細書に記されているようなアジド水溶性ポリマーとの混合物からなる感光層をアルミニウム板上に設けたPS版も好ましい。
さらに、可視赤外線レーザー直接露光するCTPプレートにも好適に使用することができる。具体例としてはフォトポリマータイプデジタルプレート(例えば富士フイルム(株)製LP−NX)や、サーマルポジタイプデジタルプレート(例えば富士フイルム(株)製LH−PI)、湿し水及びインキにより現像する印刷機上現像型プレート(例えば富士フイルム(株)製ET−S)並びにサーマルネガタイプデジタルプレート(例えば富士フイルム(株)製LH−NI)などが挙げられる。

0050

次に本発明を実施例により更に具体的に説明する。なお、%は特に指定のない限り質量%を示す。
[実施例1及び2並びに比較例1〜11]
ジオール系化合物を下記の表1のように変更した以外は等質量用いて、全く同様にして、以下の処方で各種湿し水組成物を調製した。該処方において単位はグラムであり、最後に水を加えて100グラムに調整した場合の添加量であり、質量%と同意である。

0051

使用時の湿し水組成物(使用液)の処方
成分添加量
プロピレングリコールモノ−n−ブチルエーテル0.5g
プロピレングリコール0.3g
表1のジオール系化合物0.3g
硝酸アンモニウム0.05g
クエン酸0.01g
イソチアゾリン−3−オン0.002g
ベンゾトリアゾール0.001g
水を加えて 100gとする

0052

各湿し水組成物に対して、(株)小森コーポレーション製のLithron26印刷機を用いて、東洋インキ(株)のインキ:スーパーレオエコーL、王子製紙(株)の微塗工紙:OKコート、富士フイルム(株)の版:PN-Vにて、各20000枚印刷を行った後、以下の評価を行った。
(1)ブランケットパイリング評価
印刷終了後、ブランケットを取り外し、非画像部上の堆積物の高さを触針式表面粗さ計測器サーフコーダー)にて測定し、ジオール系化合物無添加の湿し水に対する相対値で評価した。値が小さいほどパイリングの高さが低く好ましいことを示す。
(2)網点面積低下率
40%網点面積率の画像部において、スタート時及び20000枚印刷終了時の印刷物において、網点面積率をグレタグマクベス社製の反射濃度計D19Cにて測定し、スタート時に対する印刷終了時の網点面積率の低下率を求めた。
低下率=(スタート時の網点面積率−印刷終了時の網点面積率)/スタート時の網点面積率 × 100
低下率が小さいほど安定的に印刷性能が得られることを示し、好ましい。
(3)給水ローラー汚れ
印刷終了後、給水ローラーの汚れを目視にて観察し、以下のようにランク付けした。
○・・・ほとんど汚れ無し
△・・・やや汚れが見られる
×・・・明らかに汚れが見られる
結果を表1に示す。

0053

表1

0054

表1の結果から、本発明に従ってジオール系化合物を添加すると、ブランケットパイリングが著しく抑制され、印刷後の網点面積率の低下も小さくなることが判る。また、給水ローラーの汚れも悪化させることがない。本発明で使用するジオール系化合物の中でも1,2−オクタンジオールが特に好ましい。
実施例1及び2において、使用液の50〜200濃縮液を作成し、水道水で希釈して使用液を作成して用いたところ、上記と同様の効果が得られることを確認した。

0055

[実施例3〜12]
実施例2において、プロピレングリコールモノ−n−ブチルエーテルとプロピレングリコールを、以下の表2の化合物に置き換えた以外は全く同様にして実験を行った。実施例12では、イソプロピルアルコールを用い、その添加量を、他の例で使用する化合物の量(0.5%)の15倍に増やした(すなわち7.5%)。実施例12では、このようにイソプロピルアルコールの添加量を増やさないと、水目盛りを増やしても印刷物上の非画像部にインキが付着し汚れが発生してしまう傾向があった。結果を表2に示す。

0056

表2

0057

表2において、一般式(I)の化合物を使用したのは実施例2、3〜5、8〜11であり、一般式(II)の化合物を使用したのは実施例2、3〜9である。これらの結果から、ジオール系化合物の添加効果は、一般式(I)の化合物及び一般式(II)の化合物を併用したときに顕著に見られることが判る。
また、使用液の50倍濃縮液を作成し、その溶解安定性からも一般式(I)及び(II)の化合物を使用することが好ましいことが判った。

0058

[実験例1]
実施例2において、ジオール系化合物の添加量のみを変更して同様の印刷実験を実施した。その結果、添加量は0.05%以上が好ましく、より好ましくは0.1%以上、特に好ましくは0.2%以上であることが分かった。また、添加量が1%を超えると給水ローラー汚れが悪化する傾向が見られた。
更に、実施例2において、1,2−オクタンジオールの添加量を70%にして、1,2−ヘキサンジオールを30%分添加したところ、同様の効果が見られた。
結果を以下の表3に表す。
表3

*○△=○と△の中間レベル

0059

[実施例13〜15]
実施例2において、0.08gの水溶性高分子化合物をさらに加えて同様の印刷実験を実施した。結果を表4に示す。
表4

これらの結果から,水溶性高分子化合物の併用ではジオール系化合物の添加効果がやや損なわれることが判る。

0060

[実施例16〜21]
実施例7において、表5に記載のピロリドン誘導体、又はアセチレン誘導体を0.01%添加した以外は全く同様にして実験を行った。得られた結果を表5に示す。
表5

0061

[実施例22〜24、並びに比較例12〜19]
以下の湿し水組成物の処方において、表6のようにジオール系化合物を変動させて、各種湿し水組成物を調製した。
使用時の湿し水組成物(使用液)の処方
成分添加量
一般式(IV)の化合物0.06g
(a=c=e=g=1、b=d=f=h=3、分子量977)
ポリビニルピロリドン0.01g
カルボキシメチルセルロース0.05g
表6のジオール系化合物 0.30g
D−ソルビット0.40g
硝酸アンモニウム0.02g
クエン酸第二アンモニウム0.02g
2,2−ジブロモ−2−ニトロエタノール0.002g
ベンゾトリアゾール0.002g
水を加えて 100gとする

0062

これらの湿し水組成物を用いて、実施例1と同様に実験を行った。結果を表6に示す。
なお実施例24では、上記処方からポリビニルピロリドン及びカルボキシメチルセルロースを除いた。
表6

*ポリビニルピロリドン及びカルボキシメチルセルロースを含まない。

0063

[実験例2]
実施例2において、印刷実験に使用したインキを以下のように変更した以外は全く同様にして印刷実験を実施し、本発明の湿し水組成物の効果を確認した。
東洋インキ(株)製スーパーレオエコーSOY 藍、紅、黄
〃 レオエコー SOY墨、藍、紅、黄
〃 レオエコーLTDプロ 墨、藍、紅、黄
東京インキ(株)製ウエブアクタスSOYメジャー墨、藍、紅、黄
DIC(株)製ニューアドバン墨、藍、紅、黄
ザ・インクテック(株)製 SOYBI VISTA 墨、藍、紅、黄
上記全てのヒートセットタイプのオフ輪用インキに対しても、実施例2と同様の結果が観察された。本発明の湿し水組成物が使用される印刷におけるインキは、これらに限定されるものではなく、蛍光インキマットインキ、各種中間色のインキなどに対しても有効である。
また、ヒートセットタイプのオフ輪用インキ以外にも、新聞印刷に用いられるノンヒートタイプオフ輪用インキ、枚葉プロセス用インキに対しても、本発明の湿し水組成物は有用であり、特にヒートセットタイプのオフ輪用インキで、本発明の湿し水組成物の効果が顕著に発揮され好ましい。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ