図面 (/)

技術 電気電子機器収納用キャビネットの排気構造

出願人 日東工業株式会社
発明者 金井孝治広山智英
出願日 2007年10月4日 (13年1ヶ月経過) 出願番号 2007-261080
公開日 2009年4月30日 (11年7ヶ月経過) 公開番号 2009-094151
状態 特許登録済
技術分野 電気装置の冷却等 架又はフレームの構造
主要キーワード 設置向き 四角箱形 電気電子機器収納用キャビネット フレーム構造体 排気フード 排気構造 排気方向 収納作業
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年4月30日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

電子電気機器収納用キャビネット筐体に取り付けた排気誘導用排気フードに設けた排気口を変更して排気方向を任意な方向とすることができる電気電子機器収納用キャビネット排気構造を提供する。

解決手段

電子電気機器収納用キャビネットの筐体1の側板部2,2及び背板部3の何れかに排気フード7を取り付け、前記排気フード7には排気方向の異なる排気口形成用開口71を少なくとも2箇所設け、前記排気方向の異なる排気口形成用開口71の1箇所を選択して排気口71aに形成して、また、他の排気口形成用開口71をカバー部材9により閉塞する。

概要

背景

従来の電気電子機器収納用キャビネット排気構造は、電子電気機器収納用キャビネット筐体背板部の外面に取り付けた排気フードに設けた排気口から一定方向に排気するものであった(特許文献1参照)。

ところが、前記のような従来のものは、排気フードに設けた排気口の排気方向が固定されているため電気電子機器収納用キャビネットの設置箇所設置向きによっては、排気口が適正な排気方向を向かないことがある。すなわち、排気フードの風の吹き出し方向に壁面や別のキャビネットが隣接している場合には、隣接している方向への排気は好ましいものではない。そのため、異なる排気方向の排気口を設けた排気フードに取り替える必要がある。

しかしながら、このように排気フードを取り替えることは、異なる排気方向の排気口を設けた排気フードを複数種用意しなければならずコスト高となり、また、設置場所において排気方向が決まる場合には現場で迅速な対応ができない問題もある。
実用新案登録第3122283号登録実用新案公報(図3、図6)

概要

電子電気機器収納用キャビネットの筐体に取り付けた排気誘導用の排気フードに設けた排気口を変更して排気方向を任意な方向とすることができる電気電子機器収納用キャビネットの排気構造を提供する。電子電気機器収納用キャビネットの筐体1の側板部2,2及び背板部3の何れかに排気フード7を取り付け、前記排気フード7には排気方向の異なる排気口形成用開口71を少なくとも2箇所設け、前記排気方向の異なる排気口形成用開口71の1箇所を選択して排気口71aに形成して、また、他の排気口形成用開口71をカバー部材9により閉塞する。

目的

本発明は前記のような従来の問題点を解決して、電子電気機器収納用キャビネットの筐体に取り付けた排気誘導用の排気フードに設けた排気口を選択して排気方向を変更することができる電気電子機器収納用キャビネットの排気構造を提供する。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

電子電気機器収納用キャビネット筐体側板部及び背板部の何れかに排気フードを取り付け、前記排気フードには排気方向の異なる排気口形成用開口を少なくとも2箇所設け、前記排気方向の異なる排気口形成用開口の1箇所を選択して排気口に形成して、また、他の排気口形成用開口をカバー部材により閉塞したことを特徴とする電気電子機器収納用キャビネット排気構造

請求項2

排気口を形成した排気口形成用開口を他の排気口形成用開口を閉塞するカバー部材により閉塞できる形状とした請求項1に記載の電気電子機器収納用キャビネットの排気構造。

請求項3

排気フード内に防音材貼付した請求項1又は2に記載の電気電子機器収納用キャビネットの排気構造。

請求項4

吸気孔を筐体の底板部の前方に設けた請求項1又は2又は3の何れかに記載の電気電子機器収納用キャビネットの排気構造。

技術分野

0001

本発明は、電気電子機器収納する電気電子機器収納用キャビネット排気構造に関するものである。

背景技術

0002

従来の電気電子機器収納用キャビネットの排気構造は、電子電気機器収納用キャビネット筐体背板部の外面に取り付けた排気フードに設けた排気口から一定方向に排気するものであった(特許文献1参照)。

0003

ところが、前記のような従来のものは、排気フードに設けた排気口の排気方向が固定されているため電気電子機器収納用キャビネットの設置箇所設置向きによっては、排気口が適正な排気方向を向かないことがある。すなわち、排気フードの風の吹き出し方向に壁面や別のキャビネットが隣接している場合には、隣接している方向への排気は好ましいものではない。そのため、異なる排気方向の排気口を設けた排気フードに取り替える必要がある。

0004

しかしながら、このように排気フードを取り替えることは、異なる排気方向の排気口を設けた排気フードを複数種用意しなければならずコスト高となり、また、設置場所において排気方向が決まる場合には現場で迅速な対応ができない問題もある。
実用新案登録第3122283号登録実用新案公報(図3図6

発明が解決しようとする課題

0005

本発明は前記のような従来の問題点を解決して、電子電気機器収納用キャビネットの筐体に取り付けた排気誘導用の排気フードに設けた排気口を選択して排気方向を変更することができる電気電子機器収納用キャビネットの排気構造を提供する。

課題を解決するための手段

0006

本発明の電気電子機器収納用キャビネットの排気構造は、電子電気機器収納用キャビネットの筐体の側板部及び背板部の何れかに排気フードを取り付け、前記排気フードには排気方向の異なる排気口形成用開口を少なくとも2箇所設け、前記排気方向の異なる排気口形成用開口の1箇所を選択して排気口に形成して、また、他の排気口形成用開口をカバー部材により閉塞したことを特徴とするものを基本の発明とする。

0007

そして、この発明において、排気口を形成した排気口形成用開口を他の排気口形成用開口を閉塞するカバー部材により閉塞できる形状とすることが好ましいものである。

0008

また、排気フード内に防音材貼付したり、吸気孔を筐体の底板部の前方に設けてもよいものである。

発明の効果

0009

前記した本発明の電気電子機器収納キャビネットの排気構造は、電子電気機器収納用キャビネットの筐体の側板部及び背板部の何れかに取り付けた排気フードに少なくとも2箇所設けた排気方向の異なる排気口形成用開口の1箇所を選択して排気口に形成して、また、他の排気口形成用開口をカバー部材により閉塞したものであるので、排気フードを取り替えることなく排気方向を変更して適切な排気方向を採ることができ、現場において迅速な対応が可能となるものである。

0010

また、排気口を形成した排気口形成用開口を他の排気口形成用開口を閉塞するカバー部材により閉塞できる形状とすることにより、同一のカバー部材が全ての排気口形成用開口に対応でき、カバー部材を保管するための手段を不要とするものである。

0011

また、排気フード内に防音材を貼付したものとすると、電気電子機器収納キャビネットに収納する電気電子機器サーバのように搭載した冷却ファンの音等の騒音がキャビネットの外に洩れることを防止できるものである。さらに、吸気孔を筐体の底板部の前方に設けものとすると、最も温度の低い最下層の空気がキャビネット内に導入されて効率のよい排熱を行うことできるものである。また、サーバのように前側から吸気して後側から排熱する電気電子機器を収納した場合にはキャビネット前方より冷気を供給できるのでより効果を発揮するものである。

発明を実施するための最良の形態

0012

次に、本発明の好ましい実施の形態を図に基づき説明する。
図1において、1は電気電子機器収納キャビネットの筐体であり、該筐体1は、多数のフレーム直方体状に組み合わせたフレーム構造体10に側板部2、2、背板部3、天板部4及び底板部5を取り付けて前面に形成される開口11を透視窓6a付きの扉6により開閉してなるものである。なお、少なくとも側板部2、2、背板部3はネジ等で容易に着脱できるものとして側板部2、2、背板部3を外して電気電子機器の収納作業配線作業を容易なものとしている。

0013

前記筐体1は側板部2、2及び背板部3の何れかの外面に排気フード7を取り付けてこれに対応して側板部2、2及び背板部3の何れかに設けた排気孔8からの排熱を誘導して筐体1の外部に排出するものである。なお、図2に示すように排気フード7は背板部3の外面に着脱自在に取り付けて該背板部3の上部に設けた排気ファン8a付きの排気孔8に対応させたうえ、排熱を後述する排気口71aに誘導するものである。

0014

また、前記排気フード7は排気方向の異なる排気口形成用開口71を少なくとも2箇所設けてあり、その排気方向の異なる排気口形成用開口71の1箇所を選択して排気口71aに形成して、また、他の排気口形成用開口71をカバー部材9により閉塞している。すなわち、図1に示すように排気フード7は四角箱形状として排気口形成用開口71を両側面7a、7aに縦長に背面7bの下方に横長に形成してある。そして、両側面7a、7aに形成した排気口形成用開口71、71を排気口71aに形成して、他方背面7bに形成した排気口形成用開口71をカバー部材9により閉塞している。なお、図2に示すものは排気口71aを背面7bに形成したものとし、両側面7a、7aに形成した排気口形成用開口71、71をカバー部材9で閉塞している。

0015

これにより、排気方向の異なる排気口形成用開口71の1箇所を選択して排気口71に形成して、また、他の排気口形成用開口71をカバー部材9により閉塞して、排気フード7を取り替えることなく排気方向を変更して設置箇所において適切な排気方向を取るることができるものである。なお、排気口形成用開口71は排気フード7の底面に形成して排気方向の選択の自由度をより高いものとしてもよい。

0016

また、排気口71aを形成した排気口形成用開口71を他の排気口形成用開口71を閉塞するカバー部材9により閉塞できる形状として、同一のカバー部材9が全ての排気口形成用開口71に対応できるものとして、カバー部材9を保管するための手段を不要とするものである。

0017

例えば、前記したように排気口形成用開口71を両側面7a、7aに縦長に、背面7bの下方に横長に形成したものにあっては、背面7bの下方に横長に形成した排気口形成用開口71の横方向の長さを側面7aに形成した縦長の排気口形成用開口71の縦方向の長さと同一寸法とし、縦幅の寸法を縦長の排気口形成用開口71の横幅の寸法の倍として、両側側面7a、7aの排気口形成用開口71、71を夫々閉塞できる2枚のカバー部材9により背面7bの下方に横長に形成した排気口形成用開口71を閉塞できるものとしている。

0018

また、前記した排気フード7内に防音材72を貼付してあり、電気電子機器収納キャビネットに収納する電気電子機器がサーバのように搭載した冷却ファンの音等の騒音がキャビネットの外に洩れることを防止できるものである。この場合に筐体1の内面にも防音材72を貼付していることが好ましいことは勿論である。

0019

なお、筐体1内に冷却用空気を導入する吸気孔12は側板部2、2や扉6に設けてもよいものであるが、図示のようにを筐体1の底板部5の前方に設けものとすると、最も温度の低い最下層の空気がキャビネット内に導入されて効率のよい冷却を行うことできるものである。また、サーバのように前側から吸気して後側から排熱する電気電子機器を収納した場合にはより効果を発揮するものである。この場合に底板部5の外面に吸気用フード12aを設けて吸気口12bを後向きに形成したものとすれば筐体1内の音が外部に洩れる量が低減できるものである。なお、吸気用フード12aにも防音材を貼付することが好ましいものである。

図面の簡単な説明

0020

本発明の実施形態を背面方向から示す斜視図。
本発明の実施形態を背面方向から示す一部切欠斜視図。
本発明の実施形態を断面図。
本発明の実施形態を背面方向から排気用フードを除いて示す一部切欠斜視図。
本発明の実施形態に使用する排気用フードの一例を示す斜視図。
本発明の実施形態を前面方向から示す斜視図。
本発明の実施形態を示す正面図。
本発明の実施形態を示す背面図。

符号の説明

0021

1筐体
2側板部
3背板部
5底板部
7排気用フード
9カバー部材
12吸気孔
71排気口形成用開口
71a排気口

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • NECプラットフォームズ株式会社の「 放熱構造」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】放熱効率を向上させるとともに、筐体表面の温度分布を調節することができる放熱構造を提供する。【解決手段】内部に発熱源102を収容する筐体200に配置される放熱構造300であって、互いに対向する天... 詳細

  • リ,スン キョンの「 冷却部を活用した電算ラック装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題・解決手段】構造を簡単にして製造原価を減らし、内部空気の温度が冷却部に活用されるようにする電算ラック装置を提示する。その装置は、サーバを収納するためのラックハウジングと、ラックハウジングの内部に... 詳細

  • 日本電気株式会社の「 サーバ冷却装置、サーバシステム及びサーバの冷却方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】省スペースで設置可能な液冷式のサーバ冷却装置等の提供を目的とする。【解決手段】サーバ冷却装置は、第1のサーバを搭載可能な第1のラックの側面と第2のサーバを搭載可能な第2のラックの側面との間の領... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ