図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2009年4月30日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

短時間でユーザが所望の操作画面へ辿り着くことができるようにする。

解決手段

UI処理部32は、ユーザにより入力された指定キーワードを特定する。制御部31は、指定キーワードで辞書データ23を検索し関連する設定項目を抽出する。UI処理部32は、抽出した設定項目がどの階層の設定項目であるかに拘わらず、表示装置表示画面を、抽出した設定項目の操作画面へ直ちに切り替えさせる。

概要

背景

印刷装置複写機ファクシミリ機などの電子機器では、ユーザは、操作パネルにて、各種機能の実行、設定などについての操作を行うことができる。

このような機器について、キーワードに対して操作支援情報を予め用意しておき、指定されたキーワードに対応する操作支援情報に基づき、階層メニューから所望の設定項目へ辿り着く方法を提示する第1の技術がある(例えば特許文献1参照)。

その他、メニューを使用せずに自然語に基づいてパラメータを設定して印刷を行う第2の技術がある(例えば特許文献2参照)。
特開2003−131773号公報
特開2004−199478号公報

概要

短時間でユーザが所望の操作画面へ辿り着くことができるようにする。UI処理部32は、ユーザにより入力された指定キーワードを特定する。制御部31は、指定キーワードで辞書データ23を検索し関連する設定項目を抽出する。UI処理部32は、抽出した設定項目がどの階層の設定項目であるかに拘わらず、表示装置表示画面を、抽出した設定項目の操作画面へ直ちに切り替えさせる。

目的

本発明は、上記の問題に鑑みてなされたものであり、短時間でユーザ所望の操作画面へ辿り着くことができる操作装置および操作画面制御方法を得ることを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

階層構造の複数の設定項目別の項目データを含むメニューデータを格納するメニューデータ格納手段と、ユーザ操作を検出する操作入力手段と、前記操作入力手段により検出されたユーザ操作で前記メニューデータから選択された前記項目データに基づき設定項目別の操作画面を所定の表示装置に表示させる操作画面表示手段とを備える操作装置において、1または複数のキーワードと1または複数の設定項目との対応関係を示す辞書データを格納する辞書データ格納手段と、ユーザにより入力された指定キーワードを特定する指定キーワード特定手段と、前記指定キーワードで前記辞書データのキーワードを検索し前記指定キーワードに関連する設定項目を抽出する設定項目抽出手段と、抽出された前記設定項目がどの階層の設定項目であるかに拘わらず、前記表示装置の表示画面を、抽出された前記設定項目の操作画面へ直ちに切り替えさせる画面切替手段と、を備えることを特徴とする操作装置。

請求項2

抽出された前記設定項目のリストを前記所定の表示装置に表示させるリスト表示手段と、前記リストからユーザにより選択された設定項目を特定する設定項目特定手段とを備え、前記画面切替手段は、前記設定項目特定手段により特定された設定項目がどの階層の設定項目であるかに拘わらず、前記リストの表示画面から、特定された前記設定項目の操作画面へ直ちに切り替えさせること、を特徴とする請求項1記載の操作装置。

請求項3

ネットワークを介して端末装置通信を行うネットワーク通信手段を備え、前記操作画面表示手段は、前記端末装置側で前記メニューデータから選択された前記項目データに基づき設定項目別の操作画面を前記端末装置側の前記表示装置に表示させ、前記指定キーワード特定手段は、前記ネットワークを介して、ユーザにより入力された指定キーワードを取得し、前記リスト表示手段は、前記ネットワークを介して、抽出された前記設定項目のリストを前記端末装置側の前記表示装置に表示させ、前記設定項目特定手段は、前記リストからユーザにより選択された設定項目を、前記ネットワークを介して取得し、前記画面切替手段は、前記設定項目特定手段により特定された設定項目がどの階層の設定項目であるかに拘わらず、前記端末装置側の前記表示装置において、前記リストの表示画面から、特定された前記設定項目の操作画面へ直ちに切り替えさせること、を特徴とする請求項2記載の操作装置。

請求項4

ある設定項目につき前記操作入力手段を使用した場合のその設定項目の操作画面へ辿り着くまでの操作手順を説明する操作手順説明データを格納する操作手順説明データ格納手段を備え、前記画面切替手段は、前記設定項目特定手段により特定された設定項目が前記端末装置側から選択不可な設定項目である場合に、前記端末装置側の前記表示装置において、前記リストの表示画面から、その設定項目についての操作手順説明データに基づく操作手順説明画面へ直ちに切り替えさせ、前記設定項目特定手段により特定された設定項目が前記端末装置側から選択可能な設定項目である場合に、前記端末装置側の前記表示装置において、前記リストの表示画面から、特定された前記設定項目の操作画面へ直ちに切り替えさせること、を特徴とする請求項3記載の操作装置。

請求項5

前記画面切替手段は、特定された前記設定項目の操作画面へ直ちに切り替えさせた後、所定のユーザ操作があった場合には、表示中の操作画面から、抽出された前記設定項目のリストにおける別の前記設定項目の操作画面へ切り替えさせることを特徴とする請求項2記載の操作装置。

請求項6

階層構造の複数の設定項目別の項目データを含むメニューデータを格納するメニューデータ格納手段と、ユーザ操作を検出する操作入力手段と、前記操作入力手段により検出されたユーザ操作で前記メニューデータから選択された前記項目データに基づき設定項目別の操作画面を所定の表示装置に表示させる操作画面表示手段とを備える操作装置における操作画面制御方法において、ユーザにより入力された指定キーワードを特定するステップと、1または複数のキーワードと1または複数の設定項目との対応関係を示す辞書データのキーワードを前記指定キーワードで検索し前記指定キーワードに関連する設定項目を抽出するステップと、抽出した設定項目がどの階層の設定項目であるかに拘わらず、前記表示装置の表示画面を、抽出した前記設定項目の操作画面へ直ちに切り替えさせるステップと、を備えることを特徴とする操作画面制御方法。

請求項7

階層構造の複数の設定項目別の項目データを含むメニューデータを格納するメニューデータ格納手段と、ユーザ操作を検出する操作入力手段と、前記操作入力手段により検出されたユーザ操作で前記メニューデータから選択された前記項目データに基づき設定項目別の操作画面を所定の表示装置に表示させる操作画面表示手段とを備える操作装置において、1または複数のキーワードと1または複数の設定項目との対応関係を示す辞書データを格納する辞書データ格納手段と、ある設定項目につき前記操作入力手段を使用した場合のその設定項目の操作画面へ辿り着くまでの操作手順を説明する操作手順説明データを格納する操作手順説明データ格納手段と、ユーザにより入力された指定キーワードを特定する指定キーワード特定手段と、前記指定キーワードで前記辞書データのキーワードを検索し前記指定キーワードに関連する設定項目を抽出する設定項目抽出手段と、前記表示装置の表示画面を、抽出された前記設定項目についての操作手順説明データに基づく操作手順説明画面へ直ちに切り替えさせる画面切替手段と、を備えることを特徴とする操作装置。

請求項8

階層構造の複数の設定項目別の項目データを含むメニューデータを格納するメニューデータ格納手段と、ユーザ操作を検出する操作入力手段と、前記操作入力手段により検出されたユーザ操作で前記メニューデータから選択された前記項目データに基づき設定項目別の操作画面を所定の表示装置に表示させる操作画面表示手段とを備える操作装置における操作画面制御方法において、ユーザにより入力された指定キーワードを特定するステップと、1または複数のキーワードと1または複数の設定項目との対応関係を示す辞書データのキーワードを前記指定キーワードで検索し前記指定キーワードに関連する設定項目を抽出するステップと、前記設定項目につき前記操作入力手段を使用した場合のその設定項目の操作画面へ辿り着くまでの操作手順を説明する操作手順説明データを参照して、前記表示装置の表示画面を、抽出した前記設定項目についての操作手順説明画面へ直ちに切り替えさせるステップと、を備えることを特徴とする操作画面制御方法。

技術分野

0001

本発明は、電子機器などに内蔵される操作装置、および電子機器などにおける操作画面制御方法に関するものである。

背景技術

0002

印刷装置複写機ファクシミリ機などの電子機器では、ユーザは、操作パネルにて、各種機能の実行、設定などについての操作を行うことができる。

0003

このような機器について、キーワードに対して操作支援情報を予め用意しておき、指定されたキーワードに対応する操作支援情報に基づき、階層メニューから所望の設定項目へ辿り着く方法を提示する第1の技術がある(例えば特許文献1参照)。

0004

その他、メニューを使用せずに自然語に基づいてパラメータを設定して印刷を行う第2の技術がある(例えば特許文献2参照)。
特開2003−131773号公報
特開2004−199478号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、上記第1の技術では、項目ごとに操作支援情報を別途用意しておく必要があるとともに、操作経路を説明するものであって、ユーザは、所望の設定画面に辿り着くまで操作を行って階層メニュー内を辿っていかなければならない。したがって、所望の操作画面へ辿り着くまでに時間がかかってしまう。

0006

なお、上記第2の技術によれば、時間の観点で見れば、短時間で印刷を開始することができるが、メニューを使用していないため、ユーザの所望する設定とならない可能性があり、現実的なものではない。

0007

本発明は、上記の問題に鑑みてなされたものであり、短時間でユーザ所望の操作画面へ辿り着くことができる操作装置および操作画面制御方法を得ることを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

上記の課題を解決するために、本発明では以下のようにした。

0009

本発明に係る操作装置は、階層構造の1または複数のキーワードと1または複数の設定項目との対応関係を示す辞書データを格納する辞書データ格納手段と、ユーザにより入力された指定キーワードを特定する指定キーワード特定手段と、指定キーワードで辞書データのキーワードを検索し指定キーワードに関連する設定項目を抽出する設定項目抽出手段と、抽出された設定項目がどの階層の設定項目であるかに拘わらず、表示装置表示画面を、抽出された設定項目の操作画面へ直ちに切り替えさせる画面切替手段とを備える。

0010

これにより、直ちに所望の操作画面へ遷移可能であるため、短時間でユーザ所望の操作画面へ辿り着くことができる。

0011

また、本発明に係る操作装置は、上記の操作装置に加え、次のようにしてもよい。この場合、操作装置は、抽出された設定項目のリストを所定の表示装置に表示させるリスト表示手段と、リストからユーザにより選択された設定項目を特定する設定項目特定手段とを備える。そして画面切替手段は、設定項目特定手段により特定された設定項目がどの階層の設定項目であるかに拘わらず、リストの表示画面から、特定された設定項目の操作画面へ直ちに切り替えさせる。

0012

これにより、検索結果のリスト表示画面から直ちに所望の操作画面へ遷移可能であるため、短時間でユーザ所望の操作画面へ辿り着くことができる。

0013

また、本発明に係る操作装置は、上記の操作装置のいずれかに加え、次のようにしてもよい。この場合、操作装置は、ネットワークを介して端末装置通信を行うネットワーク通信手段を備える。そして、操作画面表示手段は、端末装置側でメニューデータから選択された項目データに基づき設定項目別の操作画面を端末装置側の表示装置に表示させる。指定キーワード特定手段は、ネットワークを介して、ユーザにより入力された指定キーワードを取得する。リスト表示手段は、ネットワークを介して、抽出された設定項目のリストを端末装置側の表示装置に表示させる。設定項目特定手段は、リストからユーザにより選択された設定項目を、ネットワークを介して取得する。画面切替手段は、設定項目特定手段により特定された設定項目がどの階層の設定項目であるかに拘わらず、端末装置側の表示装置において、リストの表示画面から、特定された設定項目の操作画面へ直ちに切り替えさせる。

0014

これにより、端末装置から操作を行う場合でも、検索結果のリスト表示画面から直ちに所望の操作画面へ遷移可能であるため、短時間でユーザ所望の操作画面へ辿り着くことができる。

0015

また、本発明に係る操作装置は、上記の操作装置のいずれかに加え、次のようにしてもよい。この場合、操作装置は、ある設定項目につき操作入力手段を使用した場合のその設定項目の操作画面へ辿り着くまでの操作手順を説明する操作手順説明データを格納する操作手順説明データ格納手段を備える。そして、画面切替手段は、設定項目特定手段により特定された設定項目が端末装置側から選択不可な設定項目である場合に、端末装置側の表示装置において、リストの表示画面から、その設定項目についての操作手順説明データに基づく操作手順説明画面へ直ちに切り替えさせ、設定項目特定手段により特定された設定項目が端末装置側から選択可能な設定項目である場合に、端末装置側の表示装置において、リストの表示画面から、特定された設定項目の操作画面へ直ちに切り替えさせる。

0016

これにより、端末装置から遠隔操作を行う場合において、操作装置に対して物理的に直接に操作を行う必要があるときに、操作装置の設置場所へ行く前に、操作装置の操作方法を予め知ることができ、結果として、短時間でユーザ所望の操作画面へ辿り着くことができる。

0017

また、本発明に係る操作装置は、上記の操作装置のいずれかに加え、次のようにしてもよい。この場合、画面切替手段は、特定された設定項目の操作画面へ直ちに切り替えさせた後、所定のユーザ操作があった場合には、表示中の操作画面から、抽出された設定項目のリストにおける別の設定項目の操作画面へ切り替えさせる。

0018

これにより、指定キーワードに関連する複数の操作画面へ短時間で順番に辿り着くことができる。

0019

また、本発明に係る操作画面制御方法は、ユーザにより入力された指定キーワードを特定するステップと、1または複数のキーワードと1または複数の設定項目との対応関係を示す辞書データのキーワードを指定キーワードで検索し指定キーワードに関連する設定項目を抽出するステップと、抽出した設定項目がどの階層の設定項目であるかに拘わらず、表示装置の表示画面を、抽出した設定項目の操作画面へ直ちに切り替えさせるステップとを備える。

0020

これにより、直ちに所望の操作画面へ遷移可能であるため、短時間でユーザ所望の操作画面へ辿り着くことができる。

0021

また、本発明に係る操作装置は、1または複数のキーワードと1または複数の設定項目との対応関係を示す辞書データを格納する辞書データ格納手段と、ある設定項目につき操作入力手段を使用した場合のその設定項目の操作画面へ辿り着くまでの操作手順を説明する操作手順説明データを格納する操作手順説明データ格納手段と、ユーザにより入力された指定キーワードを特定する指定キーワード特定手段と、指定キーワードで辞書データのキーワードを検索し指定キーワードに関連する設定項目を抽出する設定項目抽出手段と、表示装置の表示画面を、抽出された設定項目についての操作手順説明データに基づく操作手順説明画面へ直ちに切り替えさせる画面切替手段とを備える。

0022

これにより、直ちに所望の操作手順説明画面へ遷移可能であるため、短時間でユーザ所望の操作手順説明画面へ辿り着くことができる。

0023

また、本発明に係る操作画面制御方法は、ユーザにより入力された指定キーワードを特定するステップと、1または複数のキーワードと1または複数の設定項目との対応関係を示す辞書データのキーワードを指定キーワードで検索し指定キーワードに関連する設定項目を抽出するステップと、設定項目につき操作入力手段を使用した場合のその設定項目の操作画面へ辿り着くまでの操作手順を説明する操作手順説明データを参照して、表示装置の表示画面を、抽出した設定項目についての操作手順説明画面へ直ちに切り替えさせるステップとを備える。

0024

これにより、直ちに所望の操作手順説明画面へ遷移可能であるため、短時間でユーザ所望の操作手順説明画面へ辿り着くことができる。

発明の効果

0025

本発明によれば、短時間でユーザ所望の操作画面へ辿り着くことができる操作装置を得ることができる。

発明を実施するための最良の形態

0026

以下、図に基づいて本発明の実施の形態を説明する。

0027

図1は、本発明の実施の形態に係る画像形成装置の構成を示すブロック図である。図1において、画像形成装置1は、本発明の操作装置の一実施の形態を含む装置である。端末装置2は、ディスプレイなどの表示装置51およびキーボードマウスなどの入力装置52を接続され、ネットワーク3を介して画像形成装置1の操作を行う装置である。ネットワーク3は、LAN、インターネットなどのWAN、その他の電気通信回線を適宜含むデータ通信路である。

0028

画像形成装置1において、UI部11は、表示装置および入力装置を含むユーザインタフェースを構成する装置である。表示装置は、液晶ディスプレイなどである。入力装置は、手書き入力および/またはキーボード入力が可能な、キー、液晶ディスプレイの画面上に配置された透明なタッチパネルなどを有する装置である。UI部11は、ユーザ操作を検出する操作入力手段として機能する。

0029

また、データ格納装置12は、各種データを格納する装置である。データ格納装置12としては、不揮発性メモリハードディスクドライブなどが使用される。データ格納装置12には、メニューデータ21、メニューデータ22、辞書データ23および遠隔設定不可項目データ24が格納される。

0030

メニューデータ21は、UI部11に対する操作について使用されるメニューデータである。図2は、メニューデータ21の一例を示す図である。図2(A)に示すように、メニューデータ21は、複数の設定項目別の項目データ21aを有する。また、メニューデータ21は、例えば図2(B)に示すような、大項目、中項目、小項目などといった階層的な構造を有する。項目データ21は、大項目、中項目、小項目といった各項目について設けられる。例えば、大項目で、印刷レイアウトが設定され、中項目で、N−UP印刷のN(つまり印刷用紙1ページ内の原稿ページ数)の値が設定され、小項目で、ページ内での原稿画像の間隔などが設定される。

0031

メニューデータ22は、端末装置2の入力装置52に対する操作について使用されるメニューデータである。メニューデータ22のデータ構造は、メニューデータ21のものと同様である。ただし、メニューデータ21に含まれる設定項目のうち、メニューデータ22に含まれないものがある。例えば、メニューデータ22に含まれない設定項目としては、画像形成装置の図示せぬフィニッシャに関連する設定項目がある。

0032

辞書データ23は、階層構造の1または複数のキーワードと1または複数の設定項目との対応関係を示すデータである。図3は、辞書データ23の一例を示す図である。図3に示す辞書データ23では、各設定項目について1または複数のキーワードが関連付けられている。図3では、設定項目「レイアウト設定」に対して「2in1」、「両面印刷」などのキーワードが関連づけられている。なお、各キーワードに、1または複数の設定項目が関連付けられるようにしてもよい。

0033

遠隔設定不可項目データ24は、設定項目のうち端末装置2からの操作ができない設定項目(以下、遠隔設定不可項目という)のそれぞれについて、UI部11を使用した場合のその設定項目の操作画面へ辿り着くまでの操作手順を説明する操作手順説明データを有するデータである。メニューデータ21には含まれるがメニューデータ22に含まれない設定項目が、遠隔設定不可項目となる。図4は、遠隔設定不可項目データ24の一例を示す図である。図4では、遠隔設定不可項目に対して操作手順説明データが関連付けられている。操作手順説明データには、テキストデータおよび画像データが適宜含まれる。

0034

なお、データ格納装置12は、メニューデータ格納手段、辞書データ格納手段、操作手順説明データ格納手段として機能する。

0035

また、図1における画像読取部13は、原稿読み取り、その画像データを出力する装置である。また、画像保存部14は、画像読取部13から出力された画像データを一時的に格納する装置である。画像保存部14としては、例えばハードディスクドライブが使用される。画像保存部14としてデータ格納装置12を使用してもよい。また、印刷部15は、印刷用紙に画像を印刷する装置である。

0036

また、ネットワーク通信部16は、ネットワークを介して端末装置と通信を行うネットワーク通信手段として機能する装置である。ネットワーク通信部16としては、ネットワークインタフェースカードモデムなどが使用される。

0037

また、演算処理部17は、各種プログラムコンピュータにより実行されることで実現される処理部である。演算処理部17は、制御部31、UI処理部32およびウェブサーバ33を有する。

0038

制御部31は、画像読取部13、印刷部15などといった内部機器を制御する処理部である。また、制御部31は、ユーザにより入力された指定キーワードで辞書データ23のキーワードを検索しその指定キーワードに関連する1または複数の設定項目を抽出する設定項目抽出手段として機能する。

0039

UI処理部32は、UI部11を制御し、UI部11における図示せぬ入力装置に対するユーザ操作の情報を取得したり、UI部11における図示せぬ表示装置へ各種情報を表示させたりする処理部である。

0040

また、UI処理部32は、ユーザにより入力された指定キーワードを特定する指定キーワード特定手段として機能する。また、UI処理部32は、制御部31により抽出された設定項目のリストからユーザにより選択された設定項目を特定する設定項目特定手段として機能する。

0041

また、UI処理部32は、UI部11の入力装置に対するユーザ操作でメニューデータ21から選択された項目データ21aに基づき設定項目別の操作画面をUI部11の表示装置に表示させる操作画面表示手段として機能する。また、UI処理部32は、制御部31により抽出された設定項目のリストをUI部11の表示装置に表示させるリスト表示手段として機能する。また、UI処理部32は、ユーザにより選択された設定項目がどの階層の設定項目であるかに拘わらず、リストの表示画面から、特定された設定項目の操作画面へ直ちに切り替えさせる画面切替手段として機能する。

0042

ウェブサーバ33は、ネットワーク通信部16およびネットワーク3を介して、端末装置2のウェブクライアント41との間でHTTP(Hyper Text Transfer Protocol)で通信を行う処理部である。

0043

また、ウェブサーバ33は、ウェブクライアント41との通信により、ユーザにより入力装置52に対して入力された指定キーワードを特定する指定キーワード特定手段として機能する。また、ウェブサーバ33は、ウェブクライアント41との通信により、制御部31により抽出された設定項目のリストからユーザにより選択された設定項目を特定する設定項目特定手段として機能する。

0044

また、ウェブサーバ33は、ウェブクライアント41との通信により、入力装置52に対するユーザ操作でメニューデータ22から選択された項目データに基づき設定項目別の操作画面を表示装置51に表示させる操作画面表示手段として機能する。また、ウェブサーバ33は、ウェブクライアント41との通信により、制御部31により抽出された設定項目のリストを表示装置51に表示させるリスト表示手段として機能する。また、ウェブサーバ33は、ウェブクライアント41との通信により、ユーザにより選択された設定項目がどの階層の設定項目であるかに拘わらず、リストの表示画面から、特定された設定項目の操作画面へ直ちに切り替えさせる画面切替手段として機能する。

0045

端末装置2において、ウェブクライアント41は、ウェブブラウザプログラムがコンピュータにより実行されることで実現される処理部である。ウェブクライアント41は、ネットワーク通信部16およびネットワーク3を介して、画像形成装置1のウェブサーバ33との間で、HTTPで通信を行う処理部である。

0046

次に、上記装置の動作について説明する。

0047

この装置では、設定操作を行う際に、階層的なメニューを辿っていき所望の設定項目の操作画面を表示させる「通常モード」と、キーワードを指定し検索結果のリストから設定項目を選択して所望の設定項目の操作画面を表示させる「検索モード」が選択可能とされる。例えば、この装置は、デフォルトでは「通常モード」で動作し所定のユーザ操作があると「検索モード」へ移行する。

0048

まず、「検索モード」でUI部11への操作があった場合の、本発明の実施の形態に係る操作装置の動作について説明する。図5は、「検索モード」でUI部11への操作があった場合の、本発明の実施の形態に係る操作装置の動作を説明するフローチャートである。図6は、本発明の実施の形態に係る操作装置のUI部11の操作画面の例を示す図である。

0049

図6(A)に示すようなメニュー表示領域61を有する「通常モード」での操作画面がUI部11の表示装置11aに表示され、その操作画面において、検索モードボタン62が押下されると、装置の動作モードが「検索モード」に移行する。装置の動作モードが「検索モード」に移行すると、図6(B)に示すように、キーワードを入力するためのフィールド63がUI部11の表示装置11aに表示される。UI部11へのキーワード入力操作があると、UI部11がそれを検出し、UI処理部32が、ユーザにより指定されたキーワードを特定し制御部31に供給する(ステップS1)。

0050

制御部31は、その指定キーワードで辞書データ23を検索し、その指定キーワードを含むキーワードに関連づけられた設定項目を取得する(ステップS2)。制御部31は、発見された設定項目のリストをUI処理部32に供給する。

0051

UI処理部32は、例えば図6(C)に示すように、そのリストを、UI部11の表示装置11aに表示させる(ステップS3)。これにより、ユーザに対して検索結果が提示される。図6(C)では、発見された3件の設定項目のリストが表示されている。

0052

その後、検索結果の表示画面におけるリストから1つの設定項目を選択する操作が発生するまで待機し(ステップS4)、その選択操作が発生すると、UI部11は、その選択操作を検出し、UI処理部32は、選択された設定項目を特定する(ステップS5)。

0053

UI処理部32は、特定した設定項目の項目データ21aを読み出し、例えば図6(D)に示すように、その項目データ21aに基づき、UI部11の表示装置11aの画面をその設定項目の操作画面へ切り替える(ステップS6)。図6(D)では、図6(C)における「△△△△の設定」が選択され、「△△△△の設定」の操作画面が表示されている。この「△△△△の設定」の操作画面は、「通常モード」で辿って行った場合の「△△△△の設定」の操作画面と同一の操作画面である。なお、「通常モード」および「検索モード」のいずれで設定項目の操作画面へ辿り着いた場合でも、例えば図6(D)に示すように、検索モードボタン62が表示され、新たなキーワードでの検索を行うことができる。

0054

これにより、キーワード入力およびリストからの選択という2つの操作で、ユーザは、所望の設定項目の操作画面へ辿り着くことができる。

0055

次に、「検索モード」で端末装置2の入力装置52への操作があった場合の、本発明の実施の形態に係る操作装置の動作について説明する。図7は、「検索モード」で端末装置2の入力装置52への操作があった場合の、本発明の実施の形態に係る操作装置の動作を説明するフローチャートである。

0056

この場合、装置の動作モードが「検索モード」に移行すると、キーワードを入力するためのフィールドが表示装置51に表示される。入力装置52へのキーワード入力操作があると、入力装置52がそれを検出し、ウェブクライアント41が、ユーザにより指定されたキーワードを特定し、ネットワーク3等を介してウェブサーバ33に送信する(ステップS11)。ウェブサーバ33は、その指定キーワードを受信すると、制御部31に供給する。

0057

制御部31は、その指定キーワードで辞書データ23を検索し、その指定キーワードを含むキーワードに関連づけられた設定項目を取得する(ステップS12)。制御部31は、発見された設定項目のリストをウェブサーバ33に供給する。

0058

ウェブサーバ33は、そのリストを、ネットワーク3等を介して端末装置2のウェブクライアント41へ送信し、表示装置51に表示させる(ステップS13)。ウェブクライアント41は、そのリストを受信し、表示装置51に表示させる。なお、ウェブサーバ33は、そのリストを、HTML(HyperText Markup Language )データとしてウェブクライアント41へ送信する。これにより、ユーザに対して検索結果が提示される。

0059

その後、検索結果の表示画面におけるリストから1つの設定項目を選択する操作が発生するまで待機し(ステップS14)、その選択操作が発生すると、入力装置52は、その選択操作を検出し、ウェブクライアント41は、選択された設定項目をネットワーク3等を介してウェブサーバ33へ送信する。ウェブサーバ33は、その設定項目を受信し、特定する(ステップS15)。

0060

ウェブサーバ33は、その設定項目を受信すると、遠隔設定不可項目データ24を参照し、遠隔設定不可項目としてその設定項目が登録されているか否かを判定する(ステップS16)。

0061

ウェブサーバ33は、遠隔設定不可項目としてその設定項目が登録されていないと判定した場合には、メニューデータ22からその設定項目の項目データを読み出し、ネットワーク3等を介してウェブクライアント41に送信し、表示装置51の画面をその設定項目の操作画面へ切り替えさせる(ステップS17)。ウェブクライアント41は、その項目データを受信すると、その設定項目の操作画面を表示装置51に表示させる。なお、ウェブサーバ33は、その項目データをHTMLデータとしてウェブクライアント41へ送信する。

0062

一方、ウェブサーバ33は、遠隔設定不可項目としてその設定項目が登録されていると判定した場合には、遠隔設定不可項目データ24から、その設定項目についての操作手順データを読み出し、ネットワーク3等を介してウェブクライアント41に送信し、表示装置51の画面をその設定項目の操作手順説明画面へ切り替えさせる(ステップS18)。なお、ウェブサーバ33は、その操作手順データをHTMLデータとしてウェブクライアント41へ送信する。

0063

これにより、キーワード入力およびリストからの選択という2つの操作で、ユーザは、所望の設定項目の操作画面へ辿り着くことができる。また、遠隔設定不可項目については、ユーザは、UI部11での「通常モード」での操作手順を事前に知ることができる。

0064

以上のように、上記実施の形態によれば、データ格納装置12は、1または複数のキーワードと1または複数の設定項目との対応関係を示す辞書データ23を格納する。UI処理部32またはウェブサーバ33は、ユーザにより入力された指定キーワードを特定する。制御部31は、指定キーワードで辞書データ23を検索し関連する1または複数の設定項目を抽出する。UI処理部32またはウェブサーバ33は、抽出された設定項目のリストをUI部11または表示装置51に表示させ、リストからユーザにより選択された設定項目を特定する。そして、UI処理部32またはウェブサーバ33は、特定した設定項目がどの階層の設定項目であるかに拘わらず、リストの表示画面から、特定された設定項目の操作画面へ直ちに切り替えさせる。

0065

これにより、検索結果のリスト表示画面から直ちに所望の操作画面へ遷移可能であるため、短時間でユーザ所望の操作画面へ辿り着くことができる。

0066

また、上記実施の形態によれば、ウェブサーバ33は、特定した設定項目が端末装置2側から選択不可な設定項目である場合に、端末装置2側の表示装置51において、リストの表示画面から、その設定項目についての操作手順説明データに基づく操作手順説明画面へ直ちに切り替えさせる。

0067

これにより、端末装置2から遠隔操作を行う場合において、画像形成装置1に対して物理的に直接に操作を行う必要があるときに、画像形成装置1の設置場所へ行く前に、画像形成装置1の操作方法を予め知ることができ、結果として、短時間でユーザ所望の操作画面へ辿り着くことができる。

0068

なお、上述の実施の形態は、本発明の好適な例であるが、本発明は、これらに限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲において、種々の変形、変更が可能である。

0069

例えば、メニューデータ22内の項目データおよび遠隔設定不可項目データ24内の操作手順データは、予めHTMLデータとしてもよい。

0070

また、上記実施の形態において、検索結果のリストから選択されて表示される操作画面内に、そのリスト内の別の設定項目へのリンクを表示させるようにしてもよい。その場合、そのリンクへの操作が検出されると、UI処理部32またはウェブサーバ33は、リンク先の設定項目の項目データを読み出し、表示中の操作画面から、抽出された設定項目のリストにおける別の設定項目の操作画面へ切り替えさせるようにしてもよい。

0071

また、上記実施の形態においては、データ21〜24は、同一のデータ格納装置12に格納されているが、異なるデータ格納装置にそれぞれ格納されていてもよい。

0072

本発明は、例えば、画像形成装置に内蔵される操作装置に適用可能である。

図面の簡単な説明

0073

本発明の実施の形態に係る画像形成装置の構成を示すブロック図である。
メニューデータの一例を示す図である。
辞書データの一例を示す図である。
遠隔設定不可項目データの一例を示す図である。
「検索モード」でUI部への操作があった場合の、本発明の実施の形態に係る操作装置の動作を説明するフローチャートである。
本発明の実施の形態に係る操作装置のUI部の操作画面の例を示す図である。
「検索モード」で端末装置の入力装置への操作があった場合の、本発明の実施の形態に係る操作装置の動作を説明するフローチャートである。

符号の説明

0074

1画像形成装置(操作装置)
2端末装置
3ネットワーク
11 UI部(操作入力手段,表示装置)
12データ格納装置(メニューデータ格納手段,辞書データ格納手段,操作手順説明データ格納手段)
16ネットワーク通信部(ネットワーク通信手段)
21,22 メニューデータ
21a項目データ
23 辞書データ
31 制御部(設定項目抽出手段)
32UI処理部(操作画面表示手段,指定キーワード特定手段,リスト表示手段,設定項目特定手段,画面切替手段)
33ウェブサーバ(操作画面表示手段,指定キーワード特定手段,リスト表示手段,設定項目特定手段,画面切替手段)
51 表示装置

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • グリー株式会社の「 端末装置、制御方法及び制御プログラム」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】直感的な操作により、プレイヤによるキャラクタの操作を支援する。【解決手段】本発明に係る端末装置は、仮想空間内に位置するゲーム媒体を表示する表示部と、仮想空間における所定位置に関する情報を記憶す... 詳細

  • シャープ株式会社の「 情報処理装置、情報処理装置における設定制御プログラムおよび設定制御方法」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】複合機のような複数の動作モードを有する情報処理装置において、その操作性の向上を図る。【解決手段】 本発明に係る複合機(10)は、コピーモードやイメージスキャナモードなどの複数の動作モードを有... 詳細

  • キヤノン株式会社の「 画像形成装置」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】タブを有するような一様な矩形ではない様々な転写材に応じ最適な画像形成可能領域を設定することができる画像形成装置を提供する。【解決手段】原稿を読み取ることで第1の画像情報を得るための原稿読み取り... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ