図面 (/)

技術 コンテンツの文字列の位置情報を基に、ユーザの興味や関心の有無及び強弱を分析するためのプログラム

出願人 毛塚直彦小野明年
発明者 毛塚直彦小野明年
出願日 2007年9月14日 (10年3ヶ月経過) 出願番号 2007-268377
公開日 2009年4月2日 (8年8ヶ月経過) 公開番号 2009-070351
状態 特許登録済
技術分野 特定用途計算機 文書処理装置
主要キーワード 多重化度 カスケーディング 可視属性 メッセージ履歴 オーバーラップ表示 一文字単位 ウェブブラウザ画面 消極的

この技術の活用可能性のある市場・分野

関連する未来課題
重要な関連分野

この技術に関連する成長市場

関連メディア astavision

  • 太陽光発電・太陽電池・人工光合成

    2015年4月30日、米国の電気自動車ベンチャーTesla Motors社や宇宙開発ベンチャーSpa…

  • 人工筋肉・ソフトアクチュエータ

    人工筋肉とは、ゴムや導電性ポリマー、形状記憶合金、カーボン・ナノチューブなどで作られた伸縮性のアクチ…

  • 生体情報デバイス・バイオセンサ

    「音楽を学習した人工知能は、人間を感動させることができるか?」をテーマに、クラブイベント「2045」…

後で読みたい技術情報を見つけたら、ブックマークしておきましょう!

ページの右上にあるブックマークボタンからこのページをブックマークできます。
あなたがブックマークした技術情報は、いつでもマイページのリストから閲覧することが出来ます。

この項目の情報は公開日時点(2009年4月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (19)

課題

メールや掲示板アンケート等を用いたマーケティングでは、ユーザインターネットを介して提供されたコンテンツのどの部分に興味や関心があるかということを単語やフレーズ単位で正確に把握することや、意見表明等に関して消極的なユーザの興味や関心を分析することは難しいという問題があった。

解決手段

コンピュータに、ユーザがマウス等の入力装置を用いて範囲選択した文字列(単語やフレーズなど)と直接的に関連付けてメモの書き込みやメッセージ送受信ができる機能を実現させることで、ユーザが興味や関心を持っている文字列の正確な位置情報サーバ収集蓄積することができる。そしてサーバに、蓄積した位置情報を基に範囲選択された文字列の分布状況及び多重化度を分析する機能を実現させることで、ユーザの興味や関心の有無及び強弱を、範囲選択された文字列単位一文字単位で把握することができる。

背景

従来から、ユーザインターネット等のネットワークを介して提供されたコンテンツのどの部分(単語やフレーズなど)に興味や関心を持っているかを知る方法としては、メールや掲示板等を通じて寄せられたユーザからのコメント分析したり、ネット上でアンケート等を実施してその回答を分析するなどの方法が知られている。

概要

メールや掲示板やアンケート等を用いたマーケティングでは、ユーザがインターネットを介して提供されたコンテンツのどの部分に興味や関心があるかということを単語やフレーズ単位で正確に把握することや、意見表明等に関して消極的なユーザの興味や関心を分析することは難しいという問題があった。コンピュータに、ユーザがマウス等の入力装置を用いて範囲選択した文字列(単語やフレーズなど)と直接的に関連付けてメモの書き込みやメッセージ送受信ができる機能を実現させることで、ユーザが興味や関心を持っている文字列の正確な位置情報サーバ収集蓄積することができる。そしてサーバに、蓄積した位置情報を基に範囲選択された文字列の分布状況及び多重化度を分析する機能を実現させることで、ユーザの興味や関心の有無及び強弱を、範囲選択された文字列単位一文字単位で把握することができる。

目的

本発明は、以上に述べたような従来の問題点を解決しようとするものであり、ユーザが範囲選択をした文字列(単語やフレーズなど)と直接的に関連付けてメモの書き込みやメッセージの送受信ができる機能を実現することで、ユーザが興味や関心を持っている文字列の位置情報を正確に収集・分析することを目的とするものである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

インターネット等のネットワークを介して結ばれたサーバと複数のコンピュータから成る文字情報共有システムにおいて、コンピュータに、マウス等の入力装置を用いて範囲選択された文字列の位置情報取得する機能、範囲選択された文字列に他の文字列と区別するための表示を行う機能、範囲選択された文字列の位置情報に、他の文字列の位置情報と重複しない通し番号をサーバに送信させて付与する機能、範囲選択された文字列に対し、通し番号によって関連付けられた入力フォームを表示する機能、位置情報及び入力フォームに入力された情報等をサーバに送信する機能、特定のユーザに関する位置情報等の一覧をサーバに送信させて表示する機能、文字列の位置情報に付与された通し番号に付随した情報をサーバに送信させて表示する機能を実現させ、サーバに、コンピュータから送られた位置情報及び入力フォームに入力された情報等を蓄積する機能、蓄積した位置情報を基に範囲選択された文字列の分布状況及び多重化度分析して保存する機能、分析した分布状況と多重化度の結果を出力する機能を実現させるためのプログラム

請求項2

請求項1記載のプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体

技術分野

0001

本発明は、インターネットを利用したマーケティングに関する。

背景技術

0002

従来から、ユーザがインターネット等のネットワークを介して提供されたコンテンツのどの部分(単語やフレーズなど)に興味や関心を持っているかを知る方法としては、メールや掲示板等を通じて寄せられたユーザからのコメント分析したり、ネット上でアンケート等を実施してその回答を分析するなどの方法が知られている。

発明が解決しようとする課題

0003

しかし従来の方法は、ユーザがメールや掲示板等を通じて自分の意見表明したりアンケートに答えてくれるといったユーザ側の積極的な行動前提にしており、意見の表明等に関して消極的なユーザの興味や関心を分析することは非常に困難であった。

0004

また、ユーザがメールや掲示板等の中で、自分が興味や関心を持った部分を特定したいと思っても、コンテンツの該当する箇所コピーして引用するなどの方法しかないため、長い文章の中から短い単語やフレーズだけで正確に自分が意図する部分を特定することは難しかった。

0005

本発明は、以上に述べたような従来の問題点を解決しようとするものであり、ユーザが範囲選択をした文字列(単語やフレーズなど)と直接的に関連付けてメモの書き込みやメッセージ送受信ができる機能を実現することで、ユーザが興味や関心を持っている文字列の位置情報を正確に収集・分析することを目的とするものである。

課題を解決するための手段

0006

そして、本発明は上記目的を達成するために、コンピュータに、マウス等の入力装置を用いて範囲選択された文字列の位置情報を取得する機能、範囲選択された文字列に他の文字列と区別するための表示を行う機能、範囲選択された文字列の位置情報に、他の文字列の位置情報と重複しない通し番号をサーバ送信させて付与する機能、範囲選択された文字列に対し、通し番号によって関連付けられた入力フォームを表示する機能、位置情報及び入力フォームに入力された情報等をサーバに送信する機能、特定のユーザに関する位置情報等の一覧をサーバに送信させて表示する機能、文字列の位置情報に付与された通し番号に付随した情報をサーバに送信させて表示する機能を実現させ、サーバに、コンピュータから送られた位置情報及び入力フォームに入力された情報等を蓄積する機能、蓄積した位置情報を基に範囲選択された文字列の分布状況及び多重化度を分析して保存する機能、分析した分布状況と多重化度の結果を出力する機能を実現させるものである。

発明の効果

0007

本発明によりユーザは、自分が興味や関心を持ったコンテンツの文字列(単語やフレーズなど)をマウス等の入力装置を用いて範囲選択することで、該文字列と直接的に関連付けてメモの書き込みやメッセージの送受信ができるようになる。

0008

また、本発明によりコンテンツの提供者は、ユーザが自分用のメモを付加した文字列の位置情報や他のユーザへのメッセージを付加した文字列の位置情報など、従来のメールや掲示板やアンケート等を通じたマーケティングでは知り得なかった情報を収集・蓄積することができるようになり、蓄積した位置情報を基に範囲選択された文字列の分布状況及び多重化度を分析することで、ユーザの興味や関心の有無及び強弱ピンポイントで明らかにすることができるようになる。

発明を実施するための最良の形態

0009

以下、本発明の実施の形態を図1から図18を用いて具体的に説明する。

0010

図2に示すような、インターネット等のネットワークを介して結ばれたサーバ(ウェブサーバデータベース及びそれらを扱える開発言語を有する)と複数のコンピュータ(ウェブブラウザ上で動くスクリプト言語及びカスケーディングスタイルシート(以下「CSS」という)に対応したウェブブラウザを有し、携帯端末を含む)から成る文字情報共有システムにおいて、「ユーザがコンテンツのどの部分に興味や関心を持っているか」という情報(範囲選択された文字列の位置情報)を収集・蓄積するために、ユーザが範囲選択をした文字列と直接的に関連付けてメモの書き込みやメッセージの送受信ができる機能を以下のとおり実現する。

0011

まずユーザは本文字情報共有システムにログインして、サーバからコンテンツ及び必要な表示情報スクリプトを、インターネット等のネットワークを通じてコンピュータ上のウェブブラウザに受信する。なお、ログインなどの認証は、本人の特定及び本人に関するメモやメッセージを特定する際に使われる。

0012

この際、ウェブブラウザが画面101の中の画面104にコンテンツを表示するとともに、ウェブブラウザ上で動くスクリプトが、データベース上に存在する該ユーザを宛先とするメモ及びメッセージの見出し情報の一覧をサーバに送信させて画面103に表示する。

0013

コンテンツの任意の文字列に関連したメモの書き込みやメッセージの送信を新規に行いたい場合、ユーザは画面104に表示されているコンテンツの文字列に対してマウス等の入力装置を用いて範囲選択を行い、対象とする文字列を特定するためにボタン102を押下する。

0014

対象とする文字列が特定されると、ウェブブラウザ上で動くスクリプトが、該文字列の位置情報(範囲選択された文字列が、コンテンツの文字列の文頭を起点に、何文字目から何文字目までの範囲に位置しているかを文頭からの文字数で把握したもの)を取得し、該位置情報に対応する文字列105に対し、CSS等を用いて背景を着色するなど他の文字列と区別可能属性を付与するとともに、該位置情報に対し、他の文字列の位置情報と重複しない通し番号をサーバに要求する。

0015

サーバから通し番号の付与を受けると、ウェブブラウザ上で動くスクリプトが、ハイパーテキストマークアップランゲージ(以下「HTML」という)とCSSで表現された不可視属性の吹き出し型の入力フォーム106(メッセージ入力欄、宛先入力欄、メッセージ履歴欄及び送信ボタンを備えたもの)を可視属性に変更し、同時に位置情報に基づいて文字列105を指し示す座標オーバーラップ表示させる。

0016

新規にメモを書き込みたい場合、ユーザはメッセージ入力欄106cにメモの内容を入力し、宛先入力欄106bには何も指定せずに送信ボタン106dを押す。

0017

新規にメッセージを送信したい場合、ユーザはメッセージ入力欄106cにメッセージの内容を入力し、宛先入力欄106bにメッセージを送る相手を指定した上で送信ボタン106dを押す。

0018

送信ボタン106dが押されると、ウェブブラウザ上で動くスクリプトが、文字列105の位置情報、通し番号、メモやメッセージの内容及び宛先情報(メモの場合は書き込みを行ったユーザ自身、メッセージの場合は宛先入力欄に指定された相手の情報)をサーバに送信する。

0019

サーバは受信したメッセージ情報(文字列105の位置情報、通し番号、メモやメッセージの内容及び宛先情報)と、ユーザがログインした際にサーバが取得した本人を特定する情報を、データベースに新規メッセージとして記録する。

0020

サーバが正常に終了したことを示す情報をウェブブラウザ上で動くスクリプトに送信すると、ウェブブラウザ上で動くスクリプトが、新規メッセージが記録されたことを示す見出し情報をサーバに送信させてウェブブラウザ上の画面103に追加表示するとともに、吹き出し型の入力フォーム106を不可視属性に変更し、文字列105に付与された他の文字列と区別可能な属性を取り除き、コンテンツを元の状態に戻す。なお、吹き出し型の入力フォーム106内の宛先入力欄106b及びメッセージ入力欄106cに含まれる情報は、ウェブブラウザ上で動くスクリプトによって削除される。

0021

メモの履歴や自分宛のメッセージを見たい場合、ユーザがウェブブラウザ上の画面103に表示されているメモ及びメッセージの見出し情報の一覧の中から内容を確認したい見出し情報202を選択してクリックすると、ウェブブラウザ上で動くスクリプトが、見出し情報202が保持している位置情報を基にコンテンツの該当する文字列205に、CSS等を用いて背景を着色するなど他の文字列と区別可能な属性を付与し、必要に応じてコンテンツを自動縦スクロールして頭出し表示する。なお、文字列205はサーバ側で管理している他の文字列と重複しない通し番号で一意認識される。

0022

ユーザが文字列205をクリックすると、ウェブブラウザ上で動くスクリプトが、HTMLとCSSで表現された不可視属性の吹き出し型の入力フォーム106を可視属性に変更し、同時に位置情報に基づいて文字列205を指し示す座標にオーバーラップ表示させるとともに、文字列205に付与された通し番号に付随したメモやメッセージの履歴をサーバに送信させ、吹き出し型の入力フォーム106内のメッセージ履歴欄106aに表示させる。

0023

メモを追加したい場合、ユーザはメッセージ入力欄106cに追加するメモの内容を入力し、宛先入力欄106bには何も指定せずに送信ボタン106dを押す。

0024

メッセージを返信したい場合、ユーザはメッセージ入力欄106cに返信するメッセージの内容を入力し、宛先入力欄106bにメッセージを送る相手を指定した上で送信ボタン106dを押す。

0025

送信ボタン106dが押されると、ウェブブラウザ上で動くスクリプトが、文字列205の通し番号、追加されたメモや返信されたメッセージの内容及び宛先情報(メモの場合は書き込みを行ったユーザ自身、メッセージの場合は宛先入力欄に指定された相手の情報)をサーバに送信する。

0026

サーバは受信したメッセージ情報(文字列205の通し番号、追加されたメモや返信されたメッセージの内容及び宛先情報)と、ユーザがログインした際にサーバが取得した本人を特定する情報を、データベースに追加情報として記録する。

0027

サーバが正常に終了したことを示す情報をウェブブラウザ上で動くスクリプトに送信すると、ウェブブラウザ上で動くスクリプトが、メッセージが追加記録されたことを示す見出し情報をサーバに送信させてウェブブラウザ上の画面103に追加表示するとともに、吹き出し型の入力フォーム106を不可視属性に変更し、文字列205に付与された他の文字列と区別可能な属性を取り除き、コンテンツを元の状態に戻す。なお、吹き出し型の入力フォーム106内のメッセージ履歴欄106a、宛先入力欄106b及びメッセージ入力欄106cに含まれる情報は、ウェブブラウザ上で動くスクリプトによって削除される。

0028

なお、吹き出し型の入力フォーム106にある宛先入力欄106bに他のユーザ(メモの書き込みやメッセージの送受信を行ったユーザ以外のユーザ)を指定して送信することにより、メモやメッセージの履歴を他のユーザと共有することもできる。

0029

以上に述べたようなコンテンツの文字列と直接的に関連付けてメモの書き込みやメッセージの送受信ができる機能を実現することで、ユーザがコンテンツのどの部分に興味や関心を持っているかという情報(範囲選択された文字列の位置情報)を収集・蓄積することができるようになる。

0030

次に、図5に示すコンテンツと位置情報の対応例を前提に、収集・蓄積した位置情報を分析する方法を、範囲選択された文字列の分布状況、範囲選択された文字列単位の多重化度、文字単位の多重化度の順で説明する。

0031

範囲選択された文字列の分布状況は以下のように分析する。

0032

図6及び図8に示すように、サーバ上の位置情報を蓄積したデータベースにアクセス可能プログラムが、コンテンツの文字列の文頭から、蓄積した位置情報の範囲が重複している文字列を順次グループ化していくことで、結果、位置情報の範囲が全く重複しないグループの一覧を作成することができる。なお、作成された一覧は処理結果としてデータベースに保存される。

0033

範囲選択された文字列単位の多重化度(重複して範囲選択された回数)は以下のように分析する。

0034

図9から図13及び図15に示すように、サーバ上の位置情報を蓄積したデータベースにアクセス可能なプログラムが、それぞれの位置情報について、その開始位置と終了位置をまず取得し、自分自身を含む全ての位置情報に対してその開始位置と終了位置の包含状況を確認することで、結果、範囲選択された文字列単位の多重化度の一覧を作成することができる。なお、作成された一覧は処理結果としてデータベースに保存される。

0035

文字単位の多重化度(重複して範囲選択された回数)は以下のように分析する。

0036

図16及び図18に示すように、サーバ上の位置情報を蓄積したデータベースにアクセス可能なプログラムが、コンテンツのそれぞれの文字が、各位置情報に包含されている回数を計測することで、結果、文字単位の多重化度の一覧を作成することができる。なお、作成された一覧は処理結果としてデータベースに保存される。

0037

最後に、分析した分布状況と多重化度の結果を出力する方法について説明する。

0038

サーバ上のデータベースにアクセス可能なプログラムが、データベースに保存されている処理結果(位置情報の範囲が全く重複しないグループの一覧)を基に、図7に示すように、コンテンツの該当する文字列に、背景を着色するなど他の文字列と区別可能な属性を付与し、ディスプレイ等の表示装置プリンタ等の印字装置に範囲選択された文字列の分布状況として出力する。

0039

サーバ上のデータベースにアクセス可能なプログラムが、データベースに保存されている処理結果(範囲選択された文字列単位の多重化度の一覧)を基に、図14に示すように、多重化度の多い順に、順位、範囲選択された文字列、多重化度、位置情報の開始位置及び終了位置を、ディスプレイ等の表示装置やプリンタ等の印字装置にランキングとして出力する。

0040

サーバ上のデータベースにアクセス可能なプログラムが、データベースに保存されている処理結果(文字単位の多重化度の一覧)を基に、図17に示すように、コンテンツの該当する文字毎に、多重化度に応じて背景を段階的に着色するなど視覚的に多重化度を判別できる属性を付与し、ディスプレイ等の表示装置やプリンタ等の印字装置に多重化度の強弱を示す情報として出力する。

0041

以上のように、本実施形態によれば、収集・蓄積した位置情報を基に範囲選択された文字列の分布状況及び多重化度を分析することで、ユーザの興味や関心の有無及び強弱をピンポイントで明らかにすることができるようになる。

図面の簡単な説明

0042

新規にメモを書き込んだりメッセージを送信する場合の画面構成図システム構成図 メモの履歴や自分宛のメッセージを確認する場合の画面構成図 吹き出し型入力フォームの構成図コンテンツと位置情報の対応例を示す図グループ化の処理例を示す図グループ化処理結果表示例を示す図 グループ化処理のフローチャート図文字列単位の多重化度処理例1を示す図 文字列単位の多重化度処理例2を示す図 文字列単位の多重化度処理例3を示す図 文字列単位の多重化度処理例4を示す図 文字列単位の多重化度処理例5を示す図 文字列単位の多重化度処理の結果表示例を示す図 文字列単位の多重化度処理のフローチャート図文字単位の多重化度処理例を示す図 文字単位の多重化度処理の結果表示例を示す図 文字単位の多重化度処理のフローチャート図

符号の説明

0043

101ウェブブラウザ画面
102範囲選択された文字列を特定するボタン
103見出し情報の一覧を表示する画面
104コンテンツを表示する画面
105取得された位置情報に対応する文字列
106 吹き出し型の入力フォーム
202ユーザが選択した見出し情報
205 見出し情報202に対応する文字列
106aメッセージ履歴欄
106b宛先入力欄
106cメッセージ入力欄
106d送信ボタン

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する未来の課題

関連する公募課題

ページトップへ

おすすめの成長市場

関連メディア astavision

  • 3Dプリンター医学応用

    3Dプリンタ、正しくは、積層造形(AM:Additive Manufacturing)技術は、今や家…

  • 太陽光発電・太陽電池・人工光合成

    2015年4月30日、米国の電気自動車ベンチャーTesla Motors社や宇宙開発ベンチャーSpa…

  • 燃料電池車

    水素を燃料とし、空気中から取り込んだ酸素と反応させることで生み出した電気エネルギーを駆動力に利用する…

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

新着 最近公開された関連が強い技術

この技術と関連性が強い人物

この技術と関連する未来の課題

関連する未来の課題一覧

この技術と関連する公募課題

公募課題一覧

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ