図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2009年3月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

動物外部寄生虫防除効力が優れた動物用シャンプー組成物を提供することを課題とする。

解決手段

(A)殺虫性化合物および害虫忌避化合物からなる群より選ばれる少なくとも1種、(B)陰イオン性界面活性剤、並びに(C)陽イオン性ポリサッカライドを含有してなる動物用シャンプー組成物;好ましくは(A)成分がピレスロイド系殺虫性化合物であり、(B)成分がポリオキシエチレン構造を有する陰イオン性界面活性剤であり、(C)成分がカチオン化セルロースである動物用シャンプー組成物を、動物に処理することにより該動物に寄生する外部寄生虫(例えばノミ類)を防除することができる。

概要

背景

近年、等の愛玩動物は家族の一員として飼育されるようになっており、飼い主は愛玩動物の健康状態に大きな注意払うようになってきている。そのため、当該愛玩動物に寄生し、当該愛玩動物におけるかゆみアレルギー性皮膚炎等の原因とされる外部寄生虫(例えばノミ類等)の駆除も盛んに行われている。
動物等に寄生する外部寄生虫を防除する方法としては、例えば、殺虫性化合物または害虫忌避化合物を含有するシャンプー組成物にて当該動物を洗浄する方法がある。このようなシャンプー組成物を使用する場合は、当該シャンプー組成物は、動物に対する毒性や刺激性が低く、動物の皮膚や被毛に対して優しい動物用シャンプー組成物が求められている。
しかしながら、このような動物用シャンプー組成物において、含有させる有効成分の量を減少させると、外部寄生虫に対する防除効力が不十分となる場合があり、有効成分の安定した防除効力が得られる動物用シャンプー組成物が求められている。

特開平6-298628号公報

概要

動物の外部寄生虫の防除効力が優れた動物用シャンプー組成物を提供することを課題とする。(A)殺虫性化合物および害虫忌避化合物からなる群より選ばれる少なくとも1種、(B)陰イオン性界面活性剤、並びに(C)陽イオン性ポリサッカライドを含有してなる動物用シャンプー組成物;好ましくは(A)成分がピレスロイド系殺虫性化合物であり、(B)成分がポリオキシエチレン構造を有する陰イオン性界面活性剤であり、(C)成分がカチオン化セルロースである動物用シャンプー組成物を、動物に処理することにより該動物に寄生する外部寄生虫(例えばノミ類)を防除することができる。なし

目的

本発明は、殺虫性化合物および害虫忌避化合物からなる群より選ばれる少なくとも1種を含有する動物用シャンプー組成物において、当該有効成分による外部寄生虫の防除効力が高められた動物用シャンプー組成物を提供することを課題とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

(A)殺虫性化合物および害虫忌避化合物からなる群より選ばれる少なくとも1種、(B)陰イオン性界面活性剤、並びに(C)陽イオン性ポリサッカライドを含有してなる動物用シャンプー組成物

請求項2

前記(A)成分が、ピレスロイド系殺虫性化合物である請求項1記載の動物用シャンプー組成物。

請求項3

前記(B)成分が、ポリオキシエチレン構造を有する陰イオン性界面活性剤である請求項1または2記載の動物用シャンプー組成物。

請求項4

前記(C)成分が、カチオン化セルロースである請求項1〜3のいずれか記載の動物用シャンプー組成物。

請求項5

請求項1〜4記載のいずれかの動物用シャンプー組成物を動物に処理することにより、該動物に寄生する外部寄生虫防除する方法。

請求項6

外部寄生虫がノミ類である請求項5記載の方法。

技術分野

0001

本発明は、殺虫性化合物及び害虫忌避化合物からなる群より選ばれる少なくとも1種を含有してなる動物用シャンプー組成物、および、該シャンプー組成物を使用する動物外部寄生虫防除方法に関する。

背景技術

0002

近年、等の愛玩動物は家族の一員として飼育されるようになっており、飼い主は愛玩動物の健康状態に大きな注意払うようになってきている。そのため、当該愛玩動物に寄生し、当該愛玩動物におけるかゆみアレルギー性皮膚炎等の原因とされる外部寄生虫(例えばノミ類等)の駆除も盛んに行われている。
動物等に寄生する外部寄生虫を防除する方法としては、例えば、殺虫性化合物または害虫忌避化合物を含有するシャンプー組成物にて当該動物を洗浄する方法がある。このようなシャンプー組成物を使用する場合は、当該シャンプー組成物は、動物に対する毒性や刺激性が低く、動物の皮膚や被毛に対して優しい動物用シャンプー組成物が求められている。
しかしながら、このような動物用シャンプー組成物において、含有させる有効成分の量を減少させると、外部寄生虫に対する防除効力が不十分となる場合があり、有効成分の安定した防除効力が得られる動物用シャンプー組成物が求められている。

0003

特開平6-298628号公報

発明が解決しようとする課題

0004

本発明は、殺虫性化合物および害虫忌避化合物からなる群より選ばれる少なくとも1種を含有する動物用シャンプー組成物において、当該有効成分による外部寄生虫の防除効力が高められた動物用シャンプー組成物を提供することを課題とする。

課題を解決するための手段

0005

本発明者らは、上記課題を解決するために、鋭意検討を行った結果、本発明に至った。
即ち、本発明は、以下の発明を含む。
[発明1]
(A)殺虫性化合物および害虫忌避化合物からなる群より選ばれる少なくとも1種、
(B)陰イオン性界面活性剤、並びに
(C)陽イオン性ポリサッカライド
を含有してなる動物用シャンプー組成物。
[発明2]
前記(A)成分が、ピレスロイド系殺虫性化合物である発明1記載の動物用シャンプー組成物。
[発明3]
前記(B)成分が、ポリオキシエチレン構造を有する陰イオン性界面活性剤である発明1または2記載の動物用シャンプー組成物。
[発明4]
前記(C)成分が、カチオン化セルロースである発明1〜3のいずれか記載の動物用シャンプー組成物。
[発明5]
発明1〜4記載のいずれかの動物用シャンプー組成物を動物に処理することにより、該動物に寄生する外部寄生虫を防除する方法。
[発明6]
外部寄生虫がノミ類である請求項5記載の方法。

発明の効果

0006

本発明の動物用シャンプー組成物は、動物の外部寄生虫に対して優れた防除効力を有している。

発明を実施するための最良の形態

0007

本発明の動物用シャンプー組成物は、(A)殺虫性化合物および害虫忌避化合物からなる群より選ばれる少なくとも1種の有効成分、(B)陰イオン性界面活性剤、並びに(C)陽イオン性ポリサッカライドを含有してなる。

0008

本発明の動物用シャンプー組成物に用いられる(A)成分としては、例えばアレスリンエトフェンプロックスシクロプロトリンシハロトリンシフルトリンシペルメトリンピレトリントラメトリンフェンバレレートエスフェンバレレート、フェンプロパトリン、フルシトリネート、ペルメトリンビフェントリンシラフルオフェンレスメトリン、テフルトリンアクリナトリンプラレトリン、シスメトリン、フェノトリンデルタメトリンテトラメトリンフルバリネートおよびトランスフルトリン等のピレスロイド系殺虫性化合物;
フェニトロチオンフェンチオンダイアジノンジクロルボス、フェニトロチオン、フェンチオン、ダイアジノン、ジクロルボス、トリキロホン、プロチオホスおよびピダフォンチオン等の有機リン系殺虫性化合物;
カルバリルフェノブカルブ、プロポクサー等のカーバメート系殺虫性化合物;
ディートジメチルフタレート、ジチルフタレートおよび2−エチル−1,3−ヘキサジオール等の害虫忌避化合物を例示することができる。尚、(A)成分は単独で用いてもよく、また、適宜組合わせて用いてもよい。

0009

本発明の動物用シャンプー組成物における(A)成分の含有量は、本発明の効果が発揮されれば特に限定されないが、安全性等の観点から、組成物全量に対して1重量%以下が好ましく、また駆除効力の観点から、組成物全量に対して0.01重量%以上が好ましい。

0010

本発明の動物用シャンプー組成物に用いられる(B)成分としては、例えば硫酸エステル塩スルホン酸エステル塩およびカルボン酸エステル塩が挙げられ、より具体的には高級脂肪酸塩、高級アルコール硫酸エステル塩、高級アルキルスルホン酸塩ポリオキシエチレンアルキルフェニルエーテル硫酸エステル塩、アルキルベンゼンスルホン酸塩アルキルナフタレンスルホン酸塩ポリオキシエチレンアルキルエーテル硫酸塩ポリオキシエチレンアルキルエーテル酢酸塩スルホコハク酸アルキル塩およびスルホコハク酸ポリオキシエチレンアルキル塩等を例示することができる。
本発明においては、洗浄・起泡力の観点および頭皮への刺激抑制の観点から、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウムポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウムポリオキシエチレンラウリルエーテル酢酸ナトリウムスルホコハク酸ラウリルニナトリウム、スルホコハク酸ポリオキシエチレンラウリルニナトリウムが好ましく用いられる。尚、(B)成分は単独で用いてもよく、また、適宜組合わせて用いてもよい。

0011

本発明の動物用シャンプー組成物における(B)成分の含有量は、本発明の効果が発揮されれば特に限定されないが、洗浄・起泡力および泡持続力の観点から、組成物全量に対して3重量%以上が好ましく、また被毛や皮膚のべたつき感および皮膚刺激を抑制する観点から、組成物全量に対して20重量%以下が好ましい。

0012

本発明の動物用シャンプー組成物に用いられる(C)成分は、ポリサッカライド(多糖類)におけるヒドロキシル基末端に、例えば4級アンモニウム塩化合物等を反応させることにより、1箇所以上の陽イオン性の部位を持たせた陽イオン性ポリサッカライドである。
陽イオン性ポリサッカライドにおける主鎖となるポリサッカライドとしては、例えばカルボキシメチルセルロースヒドロキシエチルセルロースヒドロキシプロピルセルロース等のセルロース誘導体キサンタンガムゲランガムグァーガムアラビアガムおよびカラヤガム等が挙げられる。
これらのポリサッカライドのヒドロキシル基末端に陽イオン性の部位を導入する陽イオン性部位を有する反応性化合物としては、例えば塩化グリシジルトリメチルアンモニウム、塩化3−クロロ−2−ヒドロキシプロピルトリメチルアンモニウム、塩化グリシジルトリエチルアンモニウム等が挙げられる。
(C)成分としては、例えば塩化O−[2−ヒドロキシ−3−(トリメチルアンモニオプロピル]ヒドロキシエチルセルロース等のカチオン化セルロース;塩化O−[2−ヒドロキシ−3−(トリメチルアンモニオ)プロピル]グァーガム等のカチオン化グァーガム;塩化O−[2−ヒドロキシ−3−(トリメチルアンモニオ)プロピル]デンプン等のカチオン化デンプン;塩化O−[2−ヒドロキシ−3−(トリメチルアンモニオ)プロピル]デキストラン等の陽イオン性デキストラン等を例示することができる。本発明においては、塩化O−[2−ヒドロキシ−3−(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース等のカチオン化セルロースが好ましく用いられる。

0013

本発明の動物用シャンプー組成物における(C)成分の含有量は、本発明の効果を発揮されれば特に限定されないが、組成物全量に対して0.01重量%以上が好ましく、1重量%以下が好ましい。

0014

本発明の動物用シャンプー組成物には、本発明の効果を損なわない範囲内であれば、(A)〜(C)成分以外に、例えば非イオン性界面活性剤両性界面活性剤、陽イオン性ポリサッカライド以外の陽イオン性界面活性剤シリコーン類増粘剤保湿剤パール化剤溶剤キレート剤酸化防止剤防腐殺菌剤pH調整剤抗酸化剤着色剤香料などを目的に応じて適宜含有させることができる。

0015

尚、本発明の動物用シャンプー組成物には、(A)〜(C)成分および必要に応じて適宜含有させられる上記の成分の残部に液体溶剤を含有する。液体溶剤としては、例えば精製水イオン交換水等の水、エタノール等の低級アルコール類、軽質流動イソパラフィン等の炭化水素類エーテル類などが挙げられる。これらの溶剤は単独で用いてもよく、また適宜組合せて用いてもよい。本発明においては、精製水が好ましく用いられる。

0016

本発明の動物用シャンプー組成物の剤型としては、適宜、液状、ジェル状クリーム状等の目的に応じた剤型にすることができ、充填される容器としては、ボトルポンプ付き容器チューブポンプフォーマーなどが挙げられる。

0017

本発明の動物用シャンプー組成物を適用できる動物としては、例えばネコイヌウサギ等の愛玩動物類、ウシウマブタヒツジヤギ等の家畜類、アヒルニワトリガチョウ等の家禽類が挙げらる。
本発明の動物用シャンプー組成物は、上記の動物に寄生する、例えばノミ類、ダニ類シラミ類、ハエ類アブ類、ヌカカ類、ハジラミ類等の外部寄生虫に対して、優れた防除効力を有する。

0018

本発明の動物用シャンプー組成物を使用して、上記の動物に寄生する外部寄生虫を防除するには、通常、処理する動物の体毛を水で湿らせた後、該動物用シャンプー組成物をそのまま又は水で適宜希釈して、ブラシ等を用い均一に処理して、使用する。処理後は、必要により適宜水で洗い流す。使用対象動物の種類や体毛の量にもよるが、通常本発明の動物用シャンプー組成物は、予め水で希釈して使用することが好ましい。

0019

実施例1〜8および比較例1〜2
表1、表2および表3に記載した個々の成分を、記載の比率で適宜混合して、動物用シャンプー組成物を調製した。

0020

0021

0022

0023

試験例1
実施例1〜8および比較例1〜2の動物用シャンプー組成物を、各々水で100倍に希釈して試験溶液を調整した。それぞれの試験溶液中に、ネコノミ成虫15匹を漬けた。その後、該ネコノミ成虫を取り出し、清潔な濾紙を敷いたガラスシャーレに移し、ガラスシャーレを通気性を有するフィルムにて覆った。これらのガラスシャーレを26℃、相対湿度60%の条件下に、24時間保管し、その後、ガラスシャーレ中のネコノミの死虫数を観察した。結果を表4および表5に記す。

0024

0025

0026

本発明のシャンプー組成物は、動物の外部寄生虫に対して優れた防除活性を有しており、有用である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日光ケミカルズ株式会社の「 毛髪化粧料」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】洗髪後の濡れた毛髪における過多のドライヤー使用による熱ダメージ、ドライヤー乾燥過程における長時間のコーミングによる摩擦ダメージなどを軽減するため、毛髪がすぐに乾く、撥水効果の高い毛髪化粧料の提... 詳細

  • 株式会社マンダムの「 口臭抑制剤」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】安全性が高く、経口摂取することが可能な口臭抑制剤を提供する。【解決手段】 ジュンサイ抽出物を含むことを特徴とする口臭抑制剤を提供する。前記の口臭抑制剤は、さらに、ルイボス抽出物及びリンゴンベ... 詳細

  • 東芝情報システム株式会社の「 害虫侵入防止装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】時間経過によっても基本的に部品等の交換の手間やコストを不要とする。【解決手段】発電及び蓄電する発電蓄電部である発電機31と蓄電器32と、害虫が通過する通路に設けられ、前記発電蓄電部から給電を受... 詳細

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ