図面 (/)

技術 ドラム式洗濯乾燥機

出願人 パナソニック株式会社
発明者 福井郁磨朝見直
出願日 2007年9月5日 (13年2ヶ月経過) 出願番号 2007-230722
公開日 2009年3月26日 (11年7ヶ月経過) 公開番号 2009-061054
状態 特許登録済
技術分野 洗濯一般
主要キーワード 最大条件 円周方向リブ 対流運動 空気送風管 最小条件 ミスト処理 余剰ミスト ドライミスト
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年3月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (16)

課題

ミスト処理後の乾燥が原因して水が衣類に不均一に付着し染みとなるのを防止できるようにする。

解決手段

送風ファン12の定常速回転にて水槽3内の空気を排気して除湿後加熱し、水槽3内に背面壁上部から送風することで、水槽3に収容され周壁透孔4cと底壁透孔4fを持った回転ドラム4内の洗濯物を乾燥させる循環送風経路9、この循環送風経路9の送風側にミスト供給部30を利用して、ミスト供給部30ら供給するミスト20により回転ドラム4内の洗濯物を湿らせるミスト処理後、加熱空気により洗濯物を乾燥させるミスト処理・乾燥モードを備え、ミスト処理後の乾燥において、送風ファン12の回転数を定常速回転より低い低速回転から1段または複数段階に定常速回転まで高速回転化することにより、前記目的を達成する。

概要

背景

従来、乾燥工程で、衣類等の洗濯物が入った回転ドラム高速度で回転させ、乾燥させる間において、洗濯物が回転ドラムの内側壁などに張り付きながら乾燥されるため、乾燥された後の衣類等にシワが入るのが避けられず、このような衣類等をさらにハンガー等に架けて干す際にシワを伸ばすための手間を加えたり、さらにその後にアイロンがけを行ったりといったことが必要であった。

そこで、最近、微細な液滴からなるミストを発生する霧化ユニットを備え、衣類等の入った回転ドラムにミストを導入して、乾燥工程で衣類等に入った静電気やシワを低減する洗濯乾燥機や、衣類を収容する乾燥室にミストを導入して、衣類等を乾燥・脱臭する衣類乾燥機が開発されている(例えば、特許文献1、2参照)。

特許文献1に開示された洗濯乾燥機は、外槽、この外槽内に回転自在に配設されて洗濯物を収容する内槽送風ファンにより外槽内の空気を排気して除湿した後加熱し、外槽内に送風することを繰り返し、内槽内の衣類を乾燥させる温風循環経路、この温風循環経路の加熱手段を経た内槽への温風供給口近傍に設けられ、乾燥工程において温風循環経路内へミストを噴霧するよう構成されている。そして、乾燥工程にて衣類を撹拌した際に発生する静電気を除去し、静電気による人体への不快感を解消するとともに、乾燥終了後の衣類のシワを低減することができるとされている。また、温風供給口は外槽の上面の開閉されない後部に位置し、内槽にはその上端開口から直接乾燥空気やミストを導入するようにしている。
特開2003−311067号公報
特開2006−158585号公報

概要

ミスト処理後の乾燥が原因して水が衣類に不均一に付着し染みとなるのを防止できるようにする。送風ファン12の定常速回転にて水槽3内の空気を排気して除湿後加熱し、水槽3内に背面壁上部から送風することで、水槽3に収容され周壁透孔4cと底壁透孔4fを持った回転ドラム4内の洗濯物を乾燥させる循環送風経路9、この循環送風経路9の送風側にミスト供給部30を利用して、ミスト供給部30ら供給するミスト20により回転ドラム4内の洗濯物を湿らせるミスト処理後、加熱空気により洗濯物を乾燥させるミスト処理・乾燥モードを備え、ミスト処理後の乾燥において、送風ファン12の回転数を定常速回転より低い低速回転から1段または複数段階に定常速回転まで高速回転化することにより、前記目的を達成する。

目的

本発明の目的は、ミスト処理後の乾燥が原因して水が衣類に不均一に付着し染みとなるのを防止できるドラム式洗濯乾燥機を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

送風ファン定常速回転により水槽内の空気を排気して除湿した後加熱し、前記水槽内に水槽の背面壁一部から送風することを繰り返し、前記水槽に収容され多数の透孔周壁底壁とに持った回転ドラム内洗濯物を乾燥させる循環送風経路と、この循環送風経路の送風側にミスト供給部とを持ち、このミスト供給部から供給するミストにより前記回転ドラム内の前記洗濯物を湿らせるミスト処理後、加熱空気により前記洗濯物を乾燥させるミスト処理・乾燥モードを備え、前記ミスト処理後の前記乾燥において、前記送風ファンの回転数を定常速回転より低い低速回転から1段階または複数段階に定常速回転まで高速回転化することを特徴とするドラム式洗濯乾燥機

請求項2

前記送風ファンの乾燥時の初期低速回転は、前記送風ファンのミスト処理時の定常速回転に同等程度である請求項1に記載のドラム式洗濯乾燥機。

請求項3

ミスト処理を終了した後、乾燥が開始するまで、乾燥時の低速回転よりさらに低いミスト処理時の定常速回転を維持する請求項1に記載のドラム式洗濯乾燥機。

請求項4

ミスト処理時の定常速回転は500rpm程度、乾燥時の低速回転は3700〜4500rpm、乾燥時の定常速回転は5800rpm程度である請求項3に記載のドラム式洗濯乾燥機。

請求項5

乾燥時の低速回転は、乾燥開始から5〜8分経過するまで行う請求項4に記載のドラム式洗濯乾燥機。

請求項6

送風ファンにより水槽内の空気を排気して除湿した後加熱し、前記水槽内に水槽の背面壁一部から送風することを繰り返し、前記水槽に収容され多数の透孔を持った回転ドラム内の洗濯物を乾燥させる循環送風経路と、この循環送風経路の送風側に水貯め部の水面が前記循環送風経路内に露出して霧化しミストを供給するミスト供給部とを持ち、このミスト供給部で霧化し供給するミストにより前記回転ドラム内の前記洗濯物を湿らせるミスト処理後、加熱空気により前記洗濯物を乾燥させるミスト処理・乾燥モードを備え、ミスト処理後の乾燥において、前記送風ファンの回転数を、前記ミスト供給部での水貯め部の水位満水位から少なくとも所定水位まで下がるまでまたはそれに対応した所定時間が経過するまで定常速回転より低い低速回転とし、その後定常速回転に切り替えることを特徴とするドラム式洗濯乾燥機。

請求項7

乾燥時の低速回転は、水貯め部の水位が満水位から1/5〜1/4程度に減量するまで行う請求項6に記載のドラム式洗濯乾燥機。

請求項8

前記ミスト供給部は、前記循環送風経路の前記水槽の背面壁上部に設けた水槽への温風供給口近傍に位置している請求項1〜7のいずれか1項に記載のドラム式洗濯乾燥機。

技術分野

0001

本発明は、ミストにより回転ドラム内の前記洗濯物を湿らせるミスト処理後、加熱空気により前記洗濯物を乾燥させるミスト処理・乾燥モードを備えたドラム式洗濯乾燥機に関するものである。

背景技術

0002

従来、乾燥工程で、衣類等の洗濯物が入った回転ドラム高速度で回転させ、乾燥させる間において、洗濯物が回転ドラムの内側壁などに張り付きながら乾燥されるため、乾燥された後の衣類等にシワが入るのが避けられず、このような衣類等をさらにハンガー等に架けて干す際にシワを伸ばすための手間を加えたり、さらにその後にアイロンがけを行ったりといったことが必要であった。

0003

そこで、最近、微細な液滴からなるミストを発生する霧化ユニットを備え、衣類等の入った回転ドラムにミストを導入して、乾燥工程で衣類等に入った静電気やシワを低減する洗濯乾燥機や、衣類を収容する乾燥室にミストを導入して、衣類等を乾燥・脱臭する衣類乾燥機が開発されている(例えば、特許文献1、2参照)。

0004

特許文献1に開示された洗濯乾燥機は、外槽、この外槽内に回転自在に配設されて洗濯物を収容する内槽送風ファンにより外槽内の空気を排気して除湿した後加熱し、外槽内に送風することを繰り返し、内槽内の衣類を乾燥させる温風循環経路、この温風循環経路の加熱手段を経た内槽への温風供給口近傍に設けられ、乾燥工程において温風循環経路内へミストを噴霧するよう構成されている。そして、乾燥工程にて衣類を撹拌した際に発生する静電気を除去し、静電気による人体への不快感を解消するとともに、乾燥終了後の衣類のシワを低減することができるとされている。また、温風供給口は外槽の上面の開閉されない後部に位置し、内槽にはその上端開口から直接乾燥空気やミストを導入するようにしている。
特開2003−311067号公報
特開2006−158585号公報

発明が解決しようとする課題

0005

ところで、霧化させたミストは、その粒径により浮遊性表面張力濡れ性)などの特性が異なる。すなわち、粒径10μm未満の超微細ミストは、ドライミストとも呼ばれ、極めて微細であるため、表面張力が高く、浮遊性が高いが、物に付着したときの濡れ性が低いといった特徴を有している。粒径10〜50μmの微細ミストは、ウェットミストとも呼ばれ、上記のドライミストと比較して粒子径が相対的に大きいため、表面張力が弱く、物に付着したときの濡れ性が高いといった特徴を有している。粒径50μmを越える比較的粗大なミストは、水滴に近い性質を持っている。

0006

これらの中で、濡れ性に優れたウェットミストは、洗濯物である衣類等に付着して効率的に洗濯物を湿らせながら、乾燥過程で衣類等のシワを低減させることができるので、このウェットミストを多く含むミストを回転ドラム槽内に充満させることが、衣類等のシワを低減させる効果を得る上で重要である。また、霧化ユニットで発生するミストを衣類の置かれた場所にまで導き入れる際に、導入管路管壁等にできるだけ衝突させることなく、すなわち、管壁等に凝結して損失されることなく、効率的に多くのミストを衣類の置かれた場所に送り込むことが重要である。

0007

上記の特許文献1、2で開示された洗濯乾燥機や衣類乾燥機では、このような観点が欠如しており、したがって、必ずしも効率良く衣類等のシワを低減させたり、乾燥・脱臭したりすることができなかった。

0008

しかも、特許文献1に開示された洗濯乾燥機では、噴霧装置から噴霧されたミストの一部はそのまま内槽内の衣類に達するものの、その他の大部分は温風循環経路の内壁面に衝突し、多くが内壁面で凝縮して水滴となって損失された後、内槽へ達することになる。この洗濯乾燥機では、ミストが内壁面に衝突するときの破砕効果によりマイナスイオンが発生して静電気の除電効果を高めることができるとしているが、噴霧装置から噴霧されたミストの大部分が途中で消失して内槽内の衣類にまで届かず、衣類を湿らせて、シワを有効に低減するのは困難であるという問題があった。

0009

また、特許文献2に開示された衣類乾燥機では、電解ミスト発生器が乾燥室の底板下に設けられた機械室に配置され、発生した電解ミストをヒータの下流側に供給して、ヒータからの熱風と混合することにより電解ミストを高温化した上で、ダクト室から上方に向けて放出し、複数のスリットや孔が形成された乾燥室の底板がなす吹き出し部を通して吹き出させ乾燥室に供給している。このような構成においては、吹き出し部に複数のスリットや孔が形成されているとは言え、大部分のミストはスリットや孔の形成されていない底板の下面に衝突して、凝縮して水滴となって損失されることになる。したがって、このような衣類乾燥機では、電解ミスト発生器から発生したミストの大部分が途中で消失して、乾燥室内の衣類にまで届かないため、衣類を湿らせて、シワを低減することまではできないという問題があった。さらに、このように水滴が形成されて湿気たダクト室に熱風が供給されるため、湿気の多い熱風が乾燥室にも導入され、多少の脱臭効果は期待できても、衣類を十分に乾燥させることはできなかった。

0010

なおかつ、ミスト発生手段を超音波霧化方式にした場合、時間あたりのミスト発生量は、水温発振回路への入力電圧等により変化する。

0011

例えば、1.6MHzで発振する超音波振動子を用いた場合、他の条件を固定し、水温のみを5℃から30℃に変化させると、ミスト発生量は約1.5倍になる。また、発振回路に入力する電圧のみを95Vから107Vに変化させると、ここでもミスト発生量は約1.5倍になる。

0012

通常、前述した水温変化電圧変化家庭で普通に起こる変化であるため、ミスト発生量が最小条件の場合に、衣類の乾燥率を90%から96%になるように調整すると、ミスト発生量が最大条件ではミスト発生量が過剰になるため、衣類の乾燥率70%近くまで濡れてしまうため、湿らせる手段として採用したミストを用いる意味がなくなってしまう。

0013

逆に最大条件で衣類の乾燥率を90%から96%になるようにミスト発生量を調整すると、最小条件では、衣類は殆ど湿らず乾燥率99%近辺にしかならないという問題があった。

0014

また、ミスト処理後・乾燥を行った衣類に染みがまだらに発生することがある。さらに、霧化手段が超音波霧化方式で水面が循環送風経路内に露出して温風供給口近傍に位置し、発生したミストが温風供給口を通じ水槽内に流れ落ちるようにしたドラム式洗濯乾燥機では、特に、染みの発生率が前者に比し高くなることがある。このように衣類を主として底壁底壁透孔を通じミストで均一に湿らす結果として、ミスト処理後に主として底壁透孔にトラップされた水が詰まっていることがあり、これが乾燥に移行したときの温風供給口からの強い送風によって水滴のまま回転ドラム内に飛ばされて衣類に不均一に付着し、特に、送風開始初期には温風供給口に対応する範囲の底壁透孔の水は一挙に吹き飛ばされて輪染みと称する大きな染みの原因になることがあった。また、後者で前者よりも染みの発生率が高くなるケースは、霧化手段が満水に近い状態で乾燥を開始した場合に対応しており、これも、強い送風が水貯め部の水面に接触して水を持ち運び、衣類に不均一に付着する水の量を増大させることによるものであった。

0015

本発明の目的は、ミスト処理後の乾燥が原因して水が衣類に不均一に付着し染みとなるのを防止できるドラム式洗濯乾燥機を提供することにある。

課題を解決するための手段

0016

上記のような目的を達成するために、本発明のドラム式洗濯乾燥機は、送風ファンの定常速回転により水槽内の空気を排気して除湿した後加熱し、前記水槽内に水槽の背面壁一部から送風することを繰り返し、前記水槽に収容され多数の透孔周壁と底壁とに持った回転ドラム内の洗濯物を乾燥させる循環送風経路と、この循環送風経路の送風側にミスト供給部とを持ち、このミスト供給部から供給するミストにより前記回転ドラム内の前記洗濯物を湿らせるミスト処理後、加熱空気により前記洗濯物を乾燥させるミスト処理・乾燥モードを備え、前記ミスト処理後の前記乾燥において、前記送風ファンの回転数を定常速回転より低い低速回転から1段または複数段階に定常速回転まで高速回転化することを1つの特徴としている。

0017

このような構成では、循環送風経路を利用したミスト処理後に乾燥を開始する際、送風ファンを乾燥のための定常速回転よりも低く低速回転させるので、水槽に送風される加熱空気の風量、風速が定常速回転時よりも低減するので、回転ドラムの底壁の底壁透孔に水が詰まってもその水を吹き飛ばす力が弱まり、水が詰まっていない透孔を通って回転ドラム内に導入されるようにして、透孔に詰まっている水を吹き飛ばして衣類などの洗濯物に付着するのを防止する。また、低速回転で風量、風速は低下するものの水槽内から回転ドラム内へと導入される加熱空気は洗濯物の乾燥を進行させられるし、回転ドラムの底壁透孔に詰まっている水を昇温させ蒸発により減量させて通気性をよくしていけるので、適時に直接、あるいは1つまたは複数の中速回転を経て、定常速回転に移行することにより、低速回転にて乾燥時間が長引くのを水の吹き飛ばしによる問題なしに最小限に抑えられる。

0018

上記において、さらに、前記送風ファンの乾燥時の初期低速回転は、前記送風ファンのミスト処理時の定常速回転に同等程度であることを特徴とすることができる。

0019

このような構成では、上記の場合に加え、ミスト処理時にも送風ファンを、ミストが各部に衝突してトラップするようなことのない程度に低速回転させることで、ミストの洗濯物周りへの流動性とその均一化を高めるのに併せ、その低速回転を継続して乾燥を開始し高速化時点まで進行すれば、上記の場合の作用が実現する。

0020

上記において、さらに、ミスト処理を終了した後、乾燥が開始するまで、乾燥時の低速回転よりさらに低いミスト処理時の定常速回転を維持することを特徴とすることができる。

0021

上記において、さらに、ミスト処理時の定常速回転は500rpm程度、乾燥時の低速回転は3700〜4500rpm、乾燥時の定常速回転は5800rpm程度であることを特徴とすることができる。

0022

この場合、乾燥時の低速回転は、乾燥開始から5〜8分経過するまで行うことを特徴とすることにより、底壁透孔に詰まった水を確実に乾燥させられる。

0023

本発明のドラム式洗濯乾燥機は、また、送風ファンにより水槽内の空気を排気して除湿した後加熱し、前記水槽内に水槽の背面壁一部から送風することを繰り返し、前記水槽に収容され多数の透孔を持った回転ドラム内の洗濯物を乾燥させる循環送風経路と、この循環送風経路の送風側に水貯め部の水面が前記循環送風経路内に露出して霧化しミストを供給するミスト供給部とを持ち、このミスト供給部で霧化し供給するミストにより前記回転ドラム内の前記洗濯物を湿らせるミスト処理後、加熱空気により前記洗濯物を乾燥させるミスト処理・乾燥モードを備え、ミスト処理後の乾燥において、前記送風ファンの回転数を、前記ミスト供給部での水貯め部の水位満水位から少なくとも所定水位まで下がるまでまたはそれに対応した所定時間が経過するまで定常速回転より低速回転とし、その後定常速回転に切り替えることを他の特徴としている。

0024

このような構成では、循環送風経路と、この循環送風経路の送風側に水貯め部の水面が前記循環送風経路内に露出して霧化しミストを供給するミスト供給部と、を利用したミスト処理後に乾燥を開始する際、前記ミスト供給部での水貯め部の水位が満水位から少なくとも所定水位まで下がるまでまたはそれに対応した所定時間が経過するまで、送風ファンを定常速回転より低速回転とすることにより、ミスト供給部の水貯め部の水面に接触して流れる加熱空気の風量、風速が定常速回転時よりも低減するので、加熱空気が水貯め部の水位が満水から所定水位下がっていない場合でも水を持ち運ぶことがなく、加熱空気が水を持ち運んで衣類などの洗濯物に付着するのを防止する。また、低速回転で風量、風速は低下するものの水槽内から回転ドラム内へと導入される加熱空気は洗濯物の乾燥を進行させられるし、水貯め部の水が満水位かれら所定水位下がることによって定常速回転に移行するので、低速回転にて乾燥時間が長引くのを水の持ち運びによる問題なしに抑えられる。

0025

上記において、さらに、乾燥時の低速回転は、水貯め部の水位が満水位から1/5〜1/4程度に減量するまで行うことを特徴とすることができる。

0026

このような構成では、上記の場合に加え、水貯め部の水の吹き飛ばしを確実に防止しながら、低速回転により乾燥時関が延長するのを抑えられる。

0027

上記において、さらに、前記ミスト供給部は、前記循環送風経路の前記水槽の背面壁上部に設けた水槽への温風供給口近傍に位置していることを特徴とすることができる。

0028

このような構成では、ミスト供給部が水槽の背面壁上部の温風供給口近傍に位置していることで、濡れ性に優れた粒径10〜50μmのウェットミストを主体とする状態で温風供給口を通じて水槽内に落とし込み、回転ドラム内にその底壁透孔を通じ導入して充満させ、水温、発振回路の入力電圧等が変化しても、衣類表面を効果的に乾燥率90%から96%に湿らせることにより、優れたシワ低減効果を発揮することを実現しながら、衣類などに水が不均一に付着するのを防止することができる。

発明の効果

0029

本発明の1つの特徴によれば、循環送風経路を利用したミスト処理において濡れ性に優れた粒径のウェットミストを主体とする状態で回転ドラム内に導入して充満させて衣類表面を効果的に湿らせて、乾燥に移行し、衣類に入ったシワを効果的に低減し、かつ 消臭できるようにするなどのため、ミスト処理によって回転ドラム底壁の底壁透孔に水が詰まっても、乾燥は送風ファンを定常速回転よりも低い低速回転にて風量、風速を落として開始するので詰まった水を吹き飛ばして衣類に不均一に付着し染みとなるようなことを防止することができ、適時に定常回転に高速化することによって、低速回転にて乾燥時間が徒に長引くのを水の吹き飛ばしによる問題なしに抑えられる。

0030

本発明の他の特徴によれば、循環送風経路内の水槽への温風供給口近傍に水貯め部の水面が露出するミスト供給部とを利用したミスト処理において濡れ性に優れた粒径のウェットミストを主体とする状態で回転ドラム内に導入して充満させて衣類表面を効果的に湿らせて、乾燥に移行し、衣類に入ったシワを効果的に低減し、かつ 消臭できるようにするのに、水貯め部の水位が満水位から所定水位下がらないでミスト処理が終了しても、乾燥は水貯め部の水が満水位から所定水位下がるかそれに対応する時間の間、送風ファンを定常速回転よりも低速回転にて風量、風速を落として開始するので、加熱空気が水貯め部の水を持ち運んで衣類に不均一に付着させ染みとなるようなことを防止することができ、適時に定常回転に高速化することによって、低速回転にて乾燥時間が徒に長引くのを水の持ち運びによる問題なしに抑えられる。

発明を実施するための最良の形態

0031

以下、本発明のドラム式洗濯乾燥機に係る最良の実施の形態について、図面に基づき説明する。なお、下記に開示される実施の形態はすべての点で例示であって、制限的なものではないと考えられるべきである。本発明の技術的範囲は、実施の形態で開示された内容ではなく、特許請求の範囲の記載によって示され、さらに、特許請求の範囲と均等の意味および範囲内でのすべての変更が含まれると解されるべきである。

0032

まず、本発明の実施の形態に係る霧化ユニットを備えたドラム式洗濯乾燥機の構造・動作について、図1図4に基づき詳細に説明する。図1は、本発明の実施の形態に係るドラム式洗濯乾燥機の構造を説明するための側面断面図であり、図2は、ドラム式洗濯乾燥機の循環送風経路および霧化ユニットの配置を説明するための筐体背面側から見た斜視図である。また、図3は、ドラム式洗濯乾燥機の循環送風経路および霧化ユニットの構造を説明するための筐体背面側から見た一部を切り欠いて示す断面図であり、図4は、ドラム式洗濯乾燥機の霧化ユニットと水槽との接続構造を説明するための側面断面図である。

0033

まず、本発明の実施の形態に係るドラム式洗濯乾燥機1は、洗濯乾燥機筐体2内に図示しないサスペンション構造によって水槽3がフローティング状態に配設され、水槽3内に有底円筒形に形成された回転ドラム4がその軸心方向正面側から背面側に向けて下向きに傾斜させて配設されている。水槽3の正面側には回転ドラム4の開口端に通じる衣類出入口が形成され、洗濯乾燥機筐体2の正面側に形成された上向き傾斜面に設けられた開口部を開閉可能に閉じる扉5を開くことにより、衣類出入口を通じて回転ドラム4内に対して洗濯物を出し入れすることができる。扉5が上向き傾斜面に設けられているため、洗濯物を出し入れする作業を、を屈めることなく実施でき、一般には横向きにある開口部から洗濯物を出し入れするドラム式洗濯機の作業性の悪さが改善されている。

0034

回転ドラム4には図1図4に示すように、その周壁4aおよび底壁4bに水槽3内に通じる多数の周壁透孔4cおよび底壁透孔4fが形成されるとともに、その底壁4bには、水槽3の背面壁の上部に形成された温風供給口18に対向する円周方向に沿った複数位置に底面導入口4dが形成されており、底壁4b裏面には図7図8に示すように放射状リブ4gが複数位置形成され、さらに放射状リブ4gと交差するように円周方向に円周方向リブ4hが同心円状に2箇所形成されている。

0035

また、周壁4a内面の複数位置に攪拌突起4eが設けられている。この回転ドラム4は、水槽3の背面側に取り付けられたモータ6によって正転および逆転方向に回転駆動される。また、水槽3には、給水管路7および排水管路8が配管接続され、図示しない給水弁および排水弁の制御によって水槽3内への給水および水槽3内からの排水がなされる。

0036

扉5を開いて開口部から回転ドラム4内に洗濯物および洗剤(ただし、洗剤は注水初期に自動投入される場合がある。)を投入して、ドラム式洗濯乾燥機1の運転を開始すると、水槽3内には給水管路7から所定量の注水がなされ、モータ6により回転ドラム4が回転駆動されて洗濯工程が開始される。回転ドラム4の回転により、回転ドラム4内に収容された洗濯物は回転ドラム4の内周壁に設けられた攪拌突起4eによって回転方向に持ち上げられ、持ち上げられた適当な高さ位置から落下する攪拌動作が繰り返されるので、洗濯物には叩き洗いの作用が及んで洗濯がなされる。

0037

所要の洗濯時間が経過した後、汚れ洗濯液は排水管路8から排出され、回転ドラム4を高速で回転させる脱水動作により洗濯物に含まれた洗濯液を脱水し、その後、水槽3内に給水管路7から給水してすすぎ・脱水工程が実施される。このすすぎ・脱水工程においても、回転ドラム4内に収容された洗濯物は、回転ドラム4の回転により攪拌突起4eにより持ち上げられて落下する攪拌動作が繰り返され、すすぎ洗いが実施される。そして、すすぎ洗いを実施した後、再度、回転ドラム4を高速で回転させる脱水動作により洗濯物に含まれた水を脱水して、すすぎ・脱水工程を終了する。

0038

このドラム式洗濯乾燥機1には、回転ドラム4内に収容した洗濯物を乾燥する機能が設けられ、水槽3内の空気を排気して除湿し、加熱した乾燥空気を再び水槽3内に送風する循環送風経路9が設けられている。この循環送風経路9の途中には、洗濯乾燥機筐体2内の下位の位置に、蒸発器10などの除湿手段、凝縮器11などの加熱手段および送風ファン12などの送風手段が設けられている。循環送風経路9は、水槽からの排気を図る水槽3から送風ファン12に至る間の循環空気導入管路13と、送風ファン12から水槽3に至る間の乾燥空気送風管路14とで構成されており、乾燥空気送風管路14おける水槽3背面壁に形成された温風供給口18に近接した上方の位置に霧化ユニット30が接続されている。

0039

乾燥空気送風管路14は、洗濯乾燥機筐体2内の後方(水槽3の背面側)の空間において、上流側から順に、下部管路15、可撓ダクト16および上部管路17をもって構成されており、上部管路17の下流端の下方に連通口17aが開口され、この連通口17aは水槽3の背面に設けられた温風供給口18に接続されている。上部管路17は、その下方部分においては筐体2の中央寄りに傾斜して立ち上げられ、途中で略90°屈曲されて、その上方部分においては水槽3の温風供給口18に向けて下方に傾斜している。可撓ダクト16は、可撓性を有する管材を用いて構成され、回転ドラム4の回転あるいは始動・停止に伴う下部管路15の振動が送風ファン12側に伝達されるのを防止している。蒸発器10で除湿され、凝縮器11で加熱された乾燥空気は、乾燥空気送風管路14を経由して、この温風供給口18から水槽3、およびその内部に位置する回転ドラム4に送り込まれる。

0040

送風ファン12を高速で回転駆動することにより、循環送風経路9に空気の流れが発生して、洗濯物を収容した回転ドラム4内の湿気た空気は、周壁4aに設けられた透孔4cを通じて水槽3から送風ファン12側への循環空気導入管路13に排気され、送風ファン12の上流に位置する蒸発器10により水分を結露させて除湿されるとともに、凝縮器11との熱交換により加熱されることにより、高温の乾燥空気とされる。

0041

この加熱された乾燥空気は、送風ファン12から水槽3への乾燥空気送風管路14に送り出されて、水槽3に設けられた温風供給口18を介して水槽3内に送り込まれる。水槽3内に送り込まれた高温の乾燥空気は、回転ドラム4の底壁4bに設けられた底面開口4dおよび透孔4cを通じて回転ドラム4内に導入され、衣類などの洗濯物の間を流通し、乾燥させながら、湿った空気となって周壁4aに設けられた透孔4cから水槽3へと抜け、再度、循環空気導入管路13へと導入される。このような循環送風経路9(循環空気導入管路13、乾燥空気送風管路14)での空気の循環により乾燥工程が実施される。

0042

ここで、本実施の形態に係るドラム式洗濯乾燥機1には、後述する霧化ユニット30および、回転ドラム4を回転させながら乾いた衣類のシワをのばして低減させることを目的とした「シワのばしコース」が設けられている。この「シワのばしコース」においては、蒸発器10および凝縮器11を停止させ、回転ドラム4および送風ファン12の回転速度を通常の乾燥工程におけるよりも低速で回転させるとともに、霧化ユニット30を起動させることにより、霧化ユニット30で微細な液滴からなるミスト20を発生させ、このミスト20を、乾燥空気送風管路14を流通する乾燥空気流に落とし込んで、詳しくは後述するが、ミスト20中に微細なウェットミストおよびドライミストが多く存在する状態で水槽3に送り込み、回転ドラム4内に導入する。このようにして、回転ドラム4内の隅々にまでミスト20を充満させ、衣類表面を効果的に湿らせて、乾燥状態にある衣類のシワを低減させるシワ低減効果を持たせた工程が実行される。さらに、その後、霧化ユニット30を停止させ、回転ドラム4および送風ファン12の回転速度を通常の乾燥工程と同じ速度にまで上昇させるとともに、蒸発器10および凝縮器11を動作させて、通常の乾燥運転を実施して、衣類を乾燥させながらその衣類のシワをのばすことができる。なお、上記の「シワのばしコース」においては、必ずしも回転ドラム4を回転させなくてもよい。

0043

また、上記の「シワのばしコース」においては、上記のようにミスト20でシワを低減することが可能であるとともに、さらに以下の原理により脱臭効果も期待できるものである。通常、臭いは、臭い成分が分子として衣類表面に付着している。例えば、タバコ焼肉の臭いなどがそうであるが、この臭い分子にミスト20がぶつかることで、臭い分子を水の分子自身に溶かし込む作用により、衣類から脱離させる。そして、このようなミスト処理後に、乾燥運転を行い、臭い成分が溶解している水を高温低湿な空気により蒸発させることで、臭い分子が衣類に再付着することを防止し、脱臭することが可能となる。

0044

ここで、綿やなどのセルロース系繊維類のシワのばしメカニズムについて説明すると、衣類にできたシワは通常繊維同士が図13(a)に示すように水素結合して互いに拘束し合うことで安定化されている。そこで、衣類の繊維を均一に湿らせると図13(b)に示すように繊維同士の水素結合がなくなり、繊維同士が自由に動けるようになる。この状態で回転ドラム4を回転させて持ち上げて落して叩くことを繰り返すことで図13(c)に示すように繊維が伸び衣類のシワのばしができる。シワのばし後乾燥することで伸びた繊維同士が図13(d)に示すように再度水素結合して伸びた状態に固定し合い衣類はシワが延びた状態に安定する。

0045

また、ミスト処理による消臭メカニズムについて説明する。衣類への臭いの付着は、図14(a)に示すように臭い分子が繊維と結合することでなされる。また、そこでで、繊維をミストで均一に濡らすと、水で濡らすような場合の乾燥負荷を増大させずにミスト粒子をなしている水分子図14(b)に示すように繊維に対する臭い分子の結合を水分子で置換し、臭い分子の結合を切り、繊維から離れやすくする。そこで、送風すると図14(c)に示すように繊維から離れやすくなっている臭い分子を衣類から持ち運んで消臭することができる。

0046

したがって、本実施の形態のドラム式洗濯乾燥機1において、ミスト処理後に乾燥させることによって、シワのばしと消臭ができる。しかも、乾燥工程において水槽3、回転ドラム4内を経て排気される臭い分子を持ち運んでいる湿った空気は蒸発器10によって湿気を結露水として凝縮されるが、この結露水に衣類から持ち運んできた臭い分子が捕捉されて結露水と共に排水されるので、一旦衣類から分離され循環空気によって持ち運ばれた臭い分子が循環して衣類に付着することはない。

0047

次に、本発明に係る霧化ユニット30の構成および「シワのばしコース」について、図5図6および前掲の図面に基づき詳細に説明する。図5は、本発明の実施の形態に係るドラム式洗濯乾燥機1の霧化ユニットの構造を説明するための側面断面図であり、図6は、その背面断面図である。

0048

霧化ユニット30は、この温風供給口18に近接した上方の位置に配設され、ミスト発生源としての水21を貯留する水貯め容器31と、水貯め容器31に貯留された水21に対して超音波振動を加える超音波振動子32と、水貯め容器31に水21を注入する注水装置33と、水貯め容器31内の水温を測定する水温センサ35と、を備えて構成されている。そして、霧化ユニット30の水貯め容器31が、水槽3の背面において温風供給口18に隣接した上方位置に配置され、温風供給口18の上方に位置する接続口31eを介して直接乾燥空気送風管路14(循環送風経路9)の上部管路17に接続されている。

0049

水貯め容器31は、水槽3の背面外側に隣接して固定され、水貯め容器31の水槽3に対向する前方側側壁31bが水槽3の背面に沿って鉛直方向に対して傾斜して形成され、後方側の側壁31bが洗濯乾燥機筐体2の背面パネルに沿って鉛直方向に形成され、水貯め容器31の底壁31a側が幅広に形成されている。

0050

この水貯め容器31には、ミスト発生源としての水21が貯留されており、その上部にこの水21を注水装置33から注入する注水口31cが設けられ、上部管路17に対向する側の側壁31bに開口堰31dが設けられ、これにより、温風供給口18の上方部分で上部管路17に接続する接続口31eが設けられている。注水口31cから水貯め容器31内に注入された水21をこの開口堰31dから接続口31eを介して温風供給口18上方の上部管路17にオーバーフローさせることにより、簡単な構成で水貯め容器31内の水21を一定の水位に保つように構成している。なお、この開口堰31dからオーバーフローした水21は、接続口31e、上部管路17および温風供給口18を介して水槽3に送給され、排水管路8を経由して機外に排出される。

0051

超音波振動子32は、超音波振動を発生させる圧電素子振動面32aを水貯め容器31の底壁31aに密着させて配置されており、圧電素子を作動させることにより、超音波発信方向32b(振動面32aに垂直な方向)に超音波振動が伝達されて水貯め容器31内の水21に液柱22が形成される。なお、図6に示すように、超音波振動子32は、振動面32aが接続口31eの反対側に向くように傾斜して取り付けられているので、液柱22は、接続口31eの反対側の側壁32b内面方向に向いて形成される。この液柱22の形成に伴い、矢印で示すように水貯め容器31内の水21には液柱22に沿って上昇し、側壁31b内面に沿って下降および上昇する、水21および空気の対流が発生する。それとともに、この液柱22を通して伝達された超音波振動が水21の表面を微細に振動させ、これにより液柱22の先端付近の表面張力を弱めて、液柱22の微細な振動に応じた微細な液滴であるミスト20(霧)を発生させ、このミスト20は、前記した水21の対流運動に押し出されるようにして超音波発信方向32bに向けて放出される、水21および空気の対流に従って側壁31b内面に沿って下降および上昇し、その後、貯留された水21の表面および側壁31b内面に沿って接続口31eを介して温風供給口18上方の上部管路17に放出される。そして、上部管路17に放出されたミスト20は、すぐ下方の温風供給口18から水槽3に送り込まれ、さらに、回転ドラム4の底面開口4dと底壁透孔4fを介して回転ドラム4内に導入される。

0052

さらに、本実施の形態においては、ミスト20を回転ドラム4内に導入する際に、送風ファン12を500rpm程度の回転速度で回転させている。このときの循環送風経路9内での空気流の送風量は0.15m3 /minとなり、通常の乾燥工程における定格運転時(送風ファン12を定常速回転5800rpmで回転させ、乾燥空気送風管路14に2.2m3 /minの風量の乾燥空気が送り込まれる)に対して、回転ファンの回転速度で1/10程度、送風量で1/3程度に相当している。このような弱い風量で乾燥空気送風管路14に空気を流通させることにより、ミスト20を温風供給口18から回転ドラム4内に押し込む風圧が作用して、適正に回転ドラム4内に導入することができるとともに、さらに、ウェットミストとともに、浮遊性の高いドライミストも同時に温風供給口18から回転ドラム4内に導入することができ、衣類の温度が常温近くにあり、ミスト20の温度が高い場合、衣類表面に水分が凝縮して、より一層効率的に衣類を湿らせることができる。

0053

このような効果を得るための循環送風経路9内での空気流の送風量としては、0.05m3 /min〜1.00m3 /minが適当であり、この送風量が0.05m3 /min未満であると、ウェットミストが回転ドラム4内に導入される際に、回転ドラム4内にある衣類が障害となって、回転ドラム4内に十分入り込めず、その一部が水槽3と回転ドラム4との間に流れ落ちることもあり、さらに、ドライミストの回転ドラム4内に導入される量が減って上記の効果が十分に得られないことになる。また、循環送風経路9内での空気流の送風量が1.00m3 /minを超えると、ウェットミストが乾燥空気送風管路14(上部管路17)の管壁に衝突してウェットミストの存在比率を減少させ、かつドライミストも衣類に付着することなく、回転ドラム4内を通過してしまうことになる。

0054

さらに、本実施の形態においては、図3および図6に示すように、水貯め容器31の乾燥空気送風管路14に繋がる接続口31eの上方部近辺に整流フィン36(整流手段)を設けている。整流フィン36は、接続口31eから乾燥空気送風管路14側に入った位置で乾燥空気送風管路14を水平に横断する板状の部材により構成されている。上述したように、「シワのばしコース」において送風ファン12を回転駆動したとき、乾燥空気送風管路14内に空気の流れが発生するが、整流フィン36を設けない場合、空気送風管路14内を流通してきた空気が接続口31eから霧化ユニット30(水貯め容器31)内部に入りにくいが、整流フィン36を設けることにより、破線矢印で示すように、空気の一部が整流フィン36の上方部分を通過することによって分岐され、接続口31eの上方部から霧化ユニット30内に導入され、その後、霧化ユニット30内を循環して、接続口31eから再び乾燥空気送風管路14に戻る空気の流れが形成されることになる。このような状態の中で、霧化ユニット30で発生したミスト20は、上述した空気の流れに乗って乾燥空気送風管路14に流れ込み、さらに、自重および空気の流れにより、温風供給口18に向けて落とし込まれ、水槽3、さらには回転ドラム4内に導入されることになる。

0055

なお、液柱22は、上述したように接続口の反対側の側壁内面に向かって傾斜して形成されるので、液柱22によって水21が直接接続口を介して上部管路内にこぼれてしまうのを防止することができため、水貯め容器31内の水21の余分な減少を防止することができる。

0056

注水装置33は、水貯め容器31においてミスト20の発生により消費された水21を補給するためのものであり、注水装置33の下方に設けられた給水口33aと水貯め容器31の注水口31cとの間は注水ホース34によって接続され、その間の適所開閉弁(図示せず)を備えている。注水装置33は、霧化ユニット30を起動させた最初の段階で、開閉弁を開いて、水貯め容器31内に水が溜まるのに十分な所定時間だけ、注水装置33の給水口33aから注水ホース34を介して水21を送給するとともに、過剰な水21を側壁31bの開口堰31dからオーバーフローさせて、水貯め容器31内の水21を一定の水位に保つ。この起動初期における注水動作は、休止中に蒸発等により減った水貯め容器31内の水21を補充し、常に一定水位の状態下で霧化ユニット30を運転するためのものである。

0057

水温センサ35は、サーミスタ等を用いて構成され、水貯め容器31内の水温を測定するものである。水温センサ35により測定された水温が所定温度(超音波振動子32の使用上限温度あるいはそれより少し低い温度に設定)を超えた場合には、注水装置33から水21を補給して、水温を下げ、常に水貯め容器31内の水温が上記の所定温度を超えないようにする。なお、一定周期で水21を補給し、常に水温上昇を抑える動作をさせる場合は、水温センサ35はなくてもよい。

0058

霧化ユニット30により発生するミスト20は、その粒径により浮遊性や表面張力(濡れ性)などの特性が異なる。すなわち、粒径10μm未満の超微細ミストは、ドライミストとも呼ばれ、極めて微細であるため、表面張力が高く、浮遊性が高いが、物に付着したときの濡れ性が低いといった特徴を有している。粒径10〜50μmの微細ミストは、ウェットミストとも呼ばれ、上記のドライミストと比較して粒子径が相対的に大きいため、表面張力が弱く、物に付着したときの濡れ性が高いといった特徴を有している。粒径50μmを越える比較的粗大なミストは、水滴に近い性質を持っている。

0059

そして、霧化ユニット30で発生したミスト20は、温風供給口18まで移動する間に水貯め容器31の側壁31bや上部管路17の管壁に衝突したり、あるいは、互いに凝集したりして、次第に粗大ミストが脱落分離され、微細なウェットミストがその存在比率を増していく。そして、ウェットミストを主体とする状態で回転ドラム4内に導入される。

0060

ここで、ウェットミストを主体とする状態のミスト20とは、ウェットミストが体積存在率で全体の50%を超える状態であり、レーザ回折散乱法による測定装置で測定されミスト20の粒度分布において、平均粒径メディアン径D50 )が10〜50μmの範囲にある状態を意味する。

0061

ミスト20が温風供給口18まで移動する間の経路が長かったり、その経路途中に屈曲部が存在したりすると、微細なウェットミストまでが凝集して脱落分離され、ミスト20中のウェットミストの存在比率が減少し、ドライミストを主体としたミスト20になるため、望ましくない。上記した構成によると、霧化ユニット30で発生したミスト20が、温風供給口18の上方に位置する霧化ユニット30(水貯め容器31)と乾燥空気送風管路14(上部管路17)との接続口31eから、乾燥空気送風管路14に送り込まれ、自重で落下し、温風供給口18から、ウェットミストを主体とする状態で水槽3に落とし込まれ、さらに回転ドラム4内に導入される。しかも、送風ファン12が洗濯乾燥機筐体2内の下位の位置に配置され、この送風ファン12から乾燥空気送風管路14に乾燥空気が送り込まれるので、ミスト20が導入される霧化ユニット30の接続口31eでは、送風ファン12からの風圧(動圧)の影響を受けることなく、ミスト20が乾燥空気流中に導き入れられることになる。

0062

このように、霧化ユニット30から温風供給口18まで移動経路が短く、しかも、自重で落下するように構成されているため、移動経路の途中でのウェットミストの凝集を抑制し、濡れ性に優れた粒径10〜50μmのウェットミストを主体とする状態でミスト20を回転ドラム4内に導入して充満させることができ、衣類表面を効果的に湿らせることができるとともに、このような状態の衣類を乾燥することにより、衣類に入ったシワを効果的に低減することができる。

0063

さらに、「シワのばしコース」においては、必ずしも回転ドラム4を回転させなくても衣類のシワ低減効果が得られるが、本実施の形態では上述したように、回転ドラム4を回転させている。回転ドラム4内にある衣類は常温の乾燥した状態にあるのに対して、超音波振動子32の発振により水貯め容器31内の水温が上昇するため、発生するミスト20は衣類表面温度と比較して高い温度になる。したがって、ドライミストも高い温度の状態で回転ドラム4内に導入することができるため、ウェットミストだけでなく、ドライミストも、ミストの温度よりも低い温度にある衣類の表面および回転ドラム4の周壁4a等に容易に凝縮して微細な水滴として結露するが、このとき回転ドラム4を回転駆動させることにより、衣類がかき混ぜられ、ドライミストを含むミスト20が衣類に邪魔されずに回転ドラム4内に導入することができ、衣類全体をさらに効率的に湿らせることができる。

0064

本実施の形態においては、ミスト20を接続口31eから乾燥空気送風管路14に送り込み、自重により落下させ、空気流に乗せて、温風供給口18から水槽3、さらには回転ドラム4内に導入するとともに、ミスト導入時(霧化ユニット起動時)においては、回転ドラム4を衣類がかき混ぜられる45rpm程度の回転速度で静かに回転させている。このように、回転ドラム4を静かに回転させることにより、そのままでは回転ドラム4内の底部付近滞留しやすいウェットミストを回転ドラム4内の隅々にまで充満させることができ、回転ドラム4内の衣類を濡れ性の高いウェットミストにより効果的に湿らせることができる。そして、このような状態の衣類を乾燥することにより、衣類に入ったシワを効果的に低減することができる。

0065

本発明者の詳細な検討によれば、洗濯物を湿らせる際に、乾燥率90〜96%(理想的には95%)で均一に湿らせるとともに、乾燥する際に、乾燥率99%以上に乾燥させることが重要であることが分かってきた。なお、ここでいう乾燥率とは、洗濯する前の状態での洗濯物の重量を湿らせた後の洗濯物の重量で除した値に100を掛けて%表示したものである。

0066

以上のようなウェットミストを回転ドラム4内の隅々にまで充満させるため、回転ドラム4を静かに回転させるときの回転速度は15〜80rpmが適当であり、この回転速度が15rpm未満であると、温風供給口から導入されたミスト20の一部が回転ドラム4の底部付近に滞留することになり、回転速度が80rpmを超えると、ミスト20の一部が遠心力で回転ドラム4の側壁の方に押しやられ、側壁等に衝突してウェットミストの存在比率を減少させることになる。

0067

本実施の形態で用いている超音波振動子32の時間あたりのミスト発生量は、水貯め容器31内の水21の水温、及び超音波振動子32を駆動する発振回路部37への入力電圧等の変化により増減する。

0068

例えば、1.6MHzで発振する超音波振動子32を用いた場合、他の条件を固定し、水温のみを5℃から30℃に変化させると、ミスト発生量は約1.5倍になる。また、発振回路に入力する電圧のみを95Vから107Vに変化させると、ここでもミスト発生量は約1.5倍になる。

0069

通常、前述した水温変化、電圧変化は家庭で普通に起こる変化であるため、仮にミスト発生量が最小条件の場合でも、シワのばしに最適な衣類の乾燥率を90%から96%になるような調整をすると、ミスト発生量最大条件ではミスト発生量が過剰になり衣類が乾燥率70%近くまで、なおかつ不均一に濡れてしまうため、ミスト用いる意味がなくなってしまう。

0070

逆にミスト発生量最大条件で衣類の乾燥率を90%から96%になるようにミスト発生量を調整すると、最小条件では、衣類は殆ど湿らず乾燥率99%近辺に留まるため、シワのばしの効果が得られない。

0071

従って、衣類を効果的に処理しようとすると、水温一定、入力電圧一定に保つことが望ましいが、水温計測手段、水温調整手段及び、入力電力測定手段、入力電圧調整手段が必要になる。

0072

本実施例では、複雑な水温調整手段、及び入力電圧調整手段を用いずに、ミスト処理結果を乾燥率90%から96%以内に安定化させている。

0073

ミスト発生量が一番少ない低水温、低入力電圧の条件において、ミスト処理結果が乾燥率90%から96%になるように、発振回路の出力と超音波振動子32の霧化能力を決定する。

0074

この霧化能力においてミスト発生量がもっとも多くなる高水温、高入力電圧の条件でミストを発生させると、前述したように、衣類に対して過剰なミストを供給することになる。

0075

この過剰なミストを回転ドラム底壁4bの底壁透孔4fにトラップさせ、余剰ミストを集める。この際、底壁透孔4fとミストの接触効率の関係から、ミストの量に応じて、自然とトラップされるミスト量が決まり、ミストの量が少ない場合には接触効率が低いために殆どトラップされず、ミストの量が過剰な場合は接触効率が高くなるため多くのミストがトラップされることになる。

0076

さらに、余剰ミストを集めてできた水分が回転ドラム4内に進入したり、回転により持ち上がった衣類に接触して、衣類に過剰で不均一な濡れが発生することを防ぐため、トラップし集めた水を重力、あるいは遠心力を利用して回転ドラム底壁4b裏面に設置した放射状リブ4gに沿わせて流し、さらに、前期放射状リブ4gと交差し、放射状リブ4gよりも寸法が高く水槽3側に突き出すように回転ドラム底壁4b裏面に設置した円周方向リブ4hを利用して、円周方向リブ4hのエッジから水槽3側に落とすことで、集めた水分を排出する。水槽3側に落とされた水分は、図示しない排水弁の制御によって水槽3内からの排水がなされる。

0077

このように、水温の変化、入力電圧の変化の影響を受けて、超音波振動子32のミスト発生量が変化しても、回転ドラム4内に供給するミスト量を一定に保つことで、衣類のミスト処理結果を乾燥率90%から96%以内に安定化させ効果的に湿らせることができる。そして、このような状態の衣類を乾燥することにより、衣類に入ったシワを効果的に低減し、消臭することができる。

0078

なお、上記では、回転ドラム底壁4b裏面に放射状リブ4gと、放射状リブ4gよりも寸法が高く水槽3側に突き出すように円周方向リブ4hを構成していたが、図9図10(a)(b)に示すように、円周方向リブを放射状リブと交わる部分近傍のみ放射状リブより寸法が高く、それ以外の部分を放射状リブより低い寸法にしても良い。

0079

これにより、温風供給口18の前方に対向した前記回転ドラム底壁4bに衣類が張付いて、温風供給口18から水槽3、底面開口4d、回転ドラム底壁4bの順に流れる風の流れを塞いだ場合であっても、円周方向リブ4hの寸法が低い部分により回転ドラム底壁4b裏面の風の流れを自由にすることで、底壁4bの衣類で塞がれた部分を迂回して、回転ドラム内に風の流れが確保され、循環送風経路内の空気流の送風がスムーズに行える効果があり、より一層短時間で衣類を湿らせることができ、同様に短時間で乾燥も行えるため、短い時間で衣類のシワを低減することができる。

0080

また、上記では、回転ドラム底壁4b裏面に放射状リブ4gと、円周方向リブ4hを構成していたが、図11図12に示すように、底壁4bの一部を別部品にして、別部品化した底壁4iの裏面に放射状リブ4gと周方向リブ4hを構成しても良い。別部品化した底壁4iの回転ドラム底壁4bへの固定は、別部品底壁4iから生やしたフック4jや、固定ネジボス4kを用いてネジ止めすると良い。

0081

なお、別部品底壁4iを回転ドラム底壁に組み付け、その合わせ目に隙間が生じる場合は、別部品底壁4iの裏面最外周付近シールパッキン4lを設けて組み付ける構成にすれば良い。

0082

これにより、別部品底壁4i裏面に形成した放射状リブ4gと円周方向リブ4hによる複雑な形状を、量産に適した一体成型品として構成可能になる。

0083

また、回転ドラム底壁4bに別部品化した底壁4iを後で組み付ける工程にできるため、回転ドラム4の自体の組立て加工を簡便にすることができる。

0084

なお、上記の実施の形態では、霧化ユニット30内のミスト発生源として水21を用いた例を説明したが、用途に応じて、Agイオン電解液洗剤液、消臭液除菌液等を用いてもよく、それぞれの液剤(ミスト発生源)に対応した効果を得ることができる。

0085

ところで、既述したように、霧化ユニット30の水貯め容器31が循環送風経路9の外に位置して発生させたミストを循環送風経路9内の温風供給口18近くにその上方から供給する方式と、または、本実施の形態の場合同様に霧化手段が超音波霧化方式で水面が循環送風経路内に露出して温風供給口近傍に位置してミストを発生させて供給する方式との違いにかかわらず、供給したミストが温風供給口を通じ水槽内に流れ落ちるようにして、洗濯物を効果的に湿らせるようにする場合に共通して、底壁透孔4fに詰まった水が乾燥時の送風によって吹き飛ばされることが原因して衣類に染みが発生することがあり、後者の本実施の形態の霧化ユニット30においては、特に、水貯め容器31内の水が乾燥時の送風によって持ち運ばれることが重なってさらに衣類に染みが生じやすくなる。

0086

底壁透孔4fの水が詰まることが原因とあることについては、既述の「シワのばしコース」において、送風ファン12の定常速回転により水槽3内の空気を排気して除湿した後加熱し、水槽3内に水槽3の背面壁上部の温風供給口18から送風することを繰り返し、水槽3に収容され多数の周壁透孔4cと底壁透孔4fとを持った回転ドラム4内の洗濯物を乾燥させる循環送風経路9と、この循環送風経路9の送風側に霧化ユニット30とを利用し、ミスト供給部としての霧化ユニット30から供給するミストにより回転ドラム4内の洗濯物を湿らせるミスト処理後、加熱空気により洗濯物を乾燥させるミスト処理・乾燥モードを実行するのに、ミスト処理後の乾燥において、送風ファン12の回転数を定常速回転より低い低速回転から1段または複数段階に定常速回転まで高速回転化するようにするのが有効である。

0087

このように、循環送風経路9を利用したミスト処理後に乾燥を開始する際、送風ファン12を乾燥のための定常速回転よりも低く低速回転させるので、水槽3に送風される加熱空気の風量、風速が定常速回転時よりも低減して、回転ドラム4の底壁4bの底壁透孔4fに水が詰まってもその水を吹き飛ばす力が弱まり、水が詰まっていない底壁透孔4fなどを通って回転ドラム4内に導入されて、底壁透孔4fに詰まっている水を吹き飛ばして衣類などの洗濯物に付着するのを防止する。また、低速回転で風量、風速は低下するものの水槽3内から回転ドラム4内へと導入される加熱空気は洗濯物の乾燥を進行させながら、回転ドラム4の底壁透孔4fに詰まっている水を昇温させ蒸発により減量させて通気性をよくしていけるので、適時に直接、あるいは1つまたは複数の中速回転を経て、定常速回転に移行することにより、低速回転にて乾燥時間が長引くのを水の吹き飛ばしによる問題なしに抑えられる。

0088

この結果、循環送風経路9を利用したミスト処理において濡れ性に優れた粒径のウェットミストを主体とする状態で回転ドラム4内に導入して充満させて衣類表面を効果的に湿らせて、乾燥に移行し、衣類に入ったシワを効果的に低減し、かつ 消臭できるようにすることなどのため、ミスト処理によって回転ドラム4の底壁透孔4fに水が詰まっても、乾燥は送風ファン12を定常速回転よりも低速回転にて風量、風速を落として開始するので詰まった水を吹き飛ばして衣類に不均一に付着し染みとなるようなことを防止することができ、適時に定常回転に高速化することによって、低速回転にて乾燥時間が徒に長引くのを水の吹き飛ばしによる問題なしに抑えられる。

0089

この場合、送風ファン12の乾燥時の初期低速回転は、送風ファン12のミスト処理時の定常速回転である500rpmと同等程度にしてよい。これにより、ミスト処理時にも送風ファン12を、ミストが各部に衝突してトラップするようなことのない程度に低速回転させることで、ミストの洗濯物周りへの流動性とその均一化を高めるのに併せ、その低速回転を継続して乾燥を開始し高速化時点まで進行すれば、上記の場合の作用が簡単な制御で実現する。

0090

これに代えて、ミスト処理を終了した後、乾燥が開始するまで、乾燥時の低速回転よりさらに低いミスト処理時の定常速回転を維持し、乾燥開始後に乾燥に適した独自の回転設定によって乾燥時の定常速回転への高速回転化することができる。

0091

この場合、ミスト処理時の定常速回転は500rpm程度、乾燥時の低速回転は3700〜4500rpm、乾燥時の定常速回転は5800rpm程度にそれぞれ設定して好適であり、乾燥時の低速回転を先の500rpmから3700から4500rpmに上げて、5〜8分で底壁透孔4fに詰まった水を乾燥させられるようにしたことで、底部透孔4fに詰まった水を飛ばさずに乾燥速度を早められ、結果として乾燥時間が短縮する利点がある。

0092

また、乾燥時送風によって水貯め容器31内の水が持ち運ばれることが原因であることに対しては、送風ファン12により水槽3内の空気を排気して除湿した後加熱し、水槽3内に水槽3の背面壁上部の温風供給口18から送風することを繰り返し、水槽3に収容され多数の周壁透孔4cと底壁透孔4fを持った回転ドラム4内の洗濯物を乾燥させる循環送風経路9と、この循環送風経路9の送風側に水貯め容器31の水面が循環送風経路9内に露出して霧化しミストを供給するミスト供給部としての霧化ユニット30とを利用して、こので霧化ユニット30で発生し供給するミストにより回転ドラム4内の洗濯物を湿らせるミスト処理後、加熱空気により洗濯物を乾燥させるミスト処理・乾燥モードを実行するのに、ミスト処理後の乾燥において、送風ファン12の回転数を、霧化ユニット31の水貯め容器31の水位が満水位から少なくとも所定水位まで下がるまでまたはそれに対応した所定時間が経過するまで定常速回転より低速回転とし、その後定常速回転に切り替えるようにするのが有効である。

0093

このように、循環送風経路9と、この循環送風経路9の送風側に水貯め容器31の水面が循環送風経路9内に露出して霧化しミストを供給する霧化ユニット30と、を利用したミスト処理後に乾燥を開始する際、霧化ユニット30での水貯め容器31の水位が満水位から少なくとも所定水位まで下がるまでまたはそれに対応した所定時間が経過するまで、送風ファン12を定常速回転より低速回転とすることにより、霧化ユニット30の水貯め容器31の水面に接触して流れる加熱空気の風量、風速が定常速回転時よりも低減するので、加熱空気が水貯め容器31の水位が満水から所定水位下がっていない場合でも水を持ち運ぶことがなく、加熱空気が水を持ち運んで衣類などの洗濯物に付着するのを防止する。また、低速回転で風量、風速は低下するものの水槽3内から回転ドラム4内へと導入される加熱空気は洗濯物の乾燥を進行させられるし、水貯め容器31の水が満水位かれら所定水位下がることによって定常速回転に移行するので、低速回転にて乾燥時間が長引くのを水の持ち運びによる問題なしに抑えられる。

0094

この結果、循環送風経路9内の水槽3への温風供給口18近傍に水貯め容器31の水面が露出する霧化ユニット30とを利用したミスト処理において濡れ性に優れた粒径のウェットミストを主体とする状態で回転ドラム4内に導入して充満させて衣類表面を効果的に湿らせて、乾燥に移行し、衣類に入ったシワを効果的に低減し、かつ 消臭できるようにすることなどするのに、水貯め容器31の水位が満水位から所定水位下がらないでミスト処理が終了しても、乾燥は水貯め容器31の水が満水位から所定水位下がるかそれに対応する時間の間、送風ファン12を定常速回転よりも低速回転にて風量、風速を落として開始するので加熱空気が水貯め容器31の水を持ち運んで衣類に不均一に付着し染みとなるようなことを防止することができ、適時に定常回転に高速化することによって、低速回転にて乾燥時間が徒に長引くのを水の吹き飛ばしによる問題なしに抑えられる。

0095

乾燥時の低速回転は、水貯め容器31の水位が満水位から1/5〜1/4程度に減量するまで行うようにすると、水貯め容器31の水の持ち運びを確実に防止しながら、低速回転により乾燥時関が徒に延長するのを抑えられる。それには、乾燥時の低速回転終了制御水位センサによる水位検知によって適正に対応することはできるが、満水位から1/5〜1/4程度に減量するのに要する時間角歩もっとも、水貯め容器31の水の持ち運びを確実に防止しながら、低速回転により乾燥時関が徒に延長するのを抑えられる。

0096

ここで、「シワのばしコース」での、循環送風経路9と、この循環送風経路9の送風側に水貯め容器31の水面が循環送風経路9内に露出して霧化しミストを供給する霧化ユニット30と、を利用したミスト処理後に乾燥を開始する際本実施の形態におけるミスト処理・乾燥モードのシーケンスの1つの実施例を示せば、ミスト処理15分、乾燥20分を実行し、ミスト処理開始時点で宋風ファン12の回転数が500rpmに到達させておき、その後15分経過したミスト処理終了時点でもそれを維持し、乾燥開始時点で4800rpmの乾燥時低速回転に移行し、8分経過後に乾燥時の定常速回転として5800rpmに高速化し、残り12分経過時点で乾燥を終了する。なお、ミスト処理中は回転ドラム4を45rpmの回転を正方向に14.4秒オンオフ4.4秒、逆転方向に14.4秒を繰り返し、底壁透孔4fに目づまりした水の吹き飛ばしや、水貯め容器31での水面からの水の持ち運びによる洗濯物の染みを防止し、好適なシワのばしと消臭の結果が得られた。

0097

上記の実施の形態では、回転ドラムを傾斜配置したドラム式洗濯乾燥機を例にとって、本発明の技術的内容を説明したが、回転ドラムを水平方向に配した(回転ドラムの軸心を鉛直方向に配した)洗濯機にも本発明の技術的内容を適用することができ、また、乾燥機を伴わない洗濯機にも適用することができる。

図面の簡単な説明

0098

本発明の実施の形態に係るドラム式洗濯乾燥機の構造を説明するための側面断面図である。
本発明の実施の形態に係るドラム式洗濯乾燥機の循環送風経路および霧化ユニットの配置を説明するための筐体背面側から見た斜視図である。
本発明の実施の形態に係るドラム式洗濯乾燥機の循環送風経路および霧化ユニットの構造を説明するための筐体背面側から見た一部を切り欠いて示す断面図である。
本発明の実施の形態に係るドラム式洗濯乾燥機の霧化ユニットと水槽との接続構造を説明するための側面断面図である。
本発明の実施の形態に係るドラム式洗濯乾燥機の霧化ユニットの構造を説明するための側面断面図である。
本発明の実施の形態に係るドラム式洗濯乾燥機の霧化ユニットの構造を説明するための背面断面図である。
本発明の別の実施の形態に係るドラム式洗濯乾燥機の別部品化した回転ドラム底壁の構造例を説明するための背面図である。
本発明の別の実施の形態に係るドラム式洗濯乾燥機の別部品化した回転ドラム底壁の構造例を説明するための側面断面図である。
本発明の実施の形態に係るドラム式洗濯乾燥機の別部品化した回転ドラム底壁の別の構造例を説明するための背面図である。
本発明の別の実施の形態に係るドラム式洗濯乾燥機の別部品化した回転ドラム底壁の別の構造例を説明するための側面断面図である。
本発明の実施の形態に係るドラム式洗濯乾燥機の別部品化した回転ドラム底壁の他の構造例を説明するための背面図である。
本発明の実施の形態に係るドラム式洗濯乾燥機の別部品化した回転ドラム底壁の他の構造例を説明するための側面断面図である。
本発明の実施の形態に係るドラム式洗濯乾燥機によるシワのばしメカニズムの説明図である。
本発明の実施の形態に係るドラム式洗濯乾燥機によるミスト処理時での消臭メカニズムの説明図である。
本発明の別の実施の形態に係るドラム式洗濯乾燥機のミスト処理時に衣類から分離消臭した臭い分子の乾燥時における結露水と共の排水メカニズムの説明図である。

符号の説明

0099

1ドラム式洗濯乾燥機
2洗濯乾燥機筐体
3水槽
4回転ドラム
4c周壁透孔
4f底壁透孔
6モータ
9循環送風経路
10蒸発器(除湿手段)
11凝縮器(加熱手段)
12送風ファン(送風手段)
18温風供給口
20ミスト
21 水(液体
30霧化ユニット
31 水貯め容器
32超音波振動子
33注水装置
34 注水ホース

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日本電産テクノモータ株式会社の「 洗濯機」が 公開されました。( 2019/10/31)

    【課題】洗濯槽の中心軸に対して重量のアンバランスが生じ難く、振動の発生を抑制することができる洗濯機を提供する。【解決手段】洗濯槽を有する洗濯機は、前記洗濯槽の中心軸CAを中心として回転する第1プーリ2... 詳細

  • 日本電産テクノモータ株式会社の「 洗濯機」が 公開されました。( 2018/12/20)

    【課題】振動及び騒音の発生を低減できる洗濯機を提供する。【解決手段】水槽内に軸線L周りに回転可能に配置される洗濯槽17と、洗濯槽17内の底部に洗濯槽17と同軸に配置される撹拌羽根18と、駆動機構19と... 詳細

  • 日本電産テクノモータ株式会社の「 洗濯機及び配管ユニット」が 公開されました。( 2018/11/22)

    【課題】フィルタを備え、水槽の水を再度水槽に戻して再利用する洗濯機について、フィルタを洗浄ために余分な水を使用しない洗濯機を提供する。【解決手段】洗濯機は、水槽12と、フィルタ部26と、第1のポンプ2... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ