図面 (/)

技術 装飾品固定装置及びその固定装置による装飾品の固定方法

出願人 有限会社創芸社
発明者 石井康敏
出願日 2007年9月5日 (13年10ヶ月経過) 出願番号 2007-230517
公開日 2009年3月26日 (12年3ヶ月経過) 公開番号 2009-061038
状態 特許登録済
技術分野 ボタン,タイクリップ,安全ピン スクリーン、花立て 衣服制作のための方法、機器 はめ込み,分離,その他の手工具
主要キーワード 空気圧エネルギー 外周傾斜面 間断面図 内方傾斜面 山谷状 破断面積 接続用管 記載置部材
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年3月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

各種の装飾品被固定部材である布材等への固定作業において煩雑な調整作業を必要とせず、装飾部品を破損、破壊することなく、また、被固定部材である布材等の作業スペースを確保することができる装飾品固定装置及びその固定装置による装飾品の固定方法を提供すること。

解決手段

固定部材としての装飾品をシート状の被固定部材に固定する装飾品固定装置であって、上記被固定部材を貫通して配置される管状部と、上記管状部の一端部に形成され、上記被固定部材の一方側面部側に配置される一方のフランジ部と、上記管状部内に貫通して配置され、上記管状部の長さ寸法よりも大きな長さ寸法を有する軸部材とを有し、上記軸部材を上記管状部の軸方向に沿って引張することにより上記管状部の他端部に他方のフランジ部を形成し、上記一方のフランジ部と上記他方のフランジ部とにより上記装飾品を被固定部材に固定する。

概要

背景

概要

各種の装飾品被固定部材である布材等への固定作業において煩雑な調整作業を必要とせず、装飾部品を破損、破壊することなく、また、被固定部材である布材等の作業スペースを確保することができる装飾品固定装置及びその固定装置による装飾品の固定方法を提供すること。固定部材としての装飾品をシート状の被固定部材に固定する装飾品固定装置であって、上記被固定部材を貫通して配置される管状部と、上記管状部の一端部に形成され、上記被固定部材の一方側面部側に配置される一方のフランジ部と、上記管状部内に貫通して配置され、上記管状部の長さ寸法よりも大きな長さ寸法を有する軸部材とを有し、上記軸部材を上記管状部の軸方向に沿って引張することにより上記管状部の他端部に他方のフランジ部を形成し、上記一方のフランジ部と上記他方のフランジ部とにより上記装飾品を被固定部材に固定する。

目的

そこで、本願発明の課題は、各種の装飾品の被固定部材である布材等への固定作業において煩雑な調整作業を必要とせず、装飾部品を破損、破壊することなく、また、被固定部材である布材等の作業スペースを確保することができる装飾品固定装置及びその固定装置による装飾品の固定方法を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

固定部材としての装飾品シート状の被固定部材に固定する装飾品固定装置であって、上記被固定部材を貫通して配置される管状部と、上記管状部の一端部に形成され、上記被固定部材の一方側面部側に配置される一方のフランジ部と、上記管状部内に貫通して配置され、上記管状部の長さ寸法よりも大きな長さ寸法を有する軸部材とを有し、上記軸部材を上記管状部の軸方向に沿って引張することにより上記管状部の他端部に他方のフランジ部を形成し、上記一方のフランジ部と上記他方のフランジ部とにより上記装飾品を被固定部材に固定することを特徴とする装飾品固定装置。

請求項2

上記管状部は、一端部に一方のフランジ部を有する管状部材により形成され、上記軸部材は、上記管状部材の内径よりも大きな頭部を有すると共に上記管状部材よりも大きな剛性を有し、上記一方のフランジ部は装飾品の外方に配置されると共に上記頭部は装飾品内方に配置され、上記被固定部材は上記装飾品と上記一方のフランジ部との間に配置され、上記軸部材が軸方向に沿って反装飾品方向へ引張された際に、上記頭部が管状部材の他端部を拡開することにより上記他方のフランジ部を創出し、上記一方のフランジ部が被固定部材の一方側に固定されると共に上記他方のフランジ部が上記装飾品の内方に固定されることにより、上記管状部材を介して上記装飾品を上記被固定部材に固定することを特徴とする請求項1記載の装飾品固定装置。

請求項3

上記軸部材が貫通することにより上記装飾品が位置決めされて配置された被固定部材が載置される載置部と、上記軸部材を把持して引張する把持部材と、上記把持部材を引張するように作動させる操作部材とを備えたことを特徴とする請求項1または2に記載の装飾品固定装置。

請求項4

上記装飾品は、上記被固定部材の一方面部に配置される一方構成部及び上記被固定部材の他方面部に配置される他方構成部とにより構成され、上記管状部は上記一方構成部に形成され、上記軸部材が軸方向に沿って上記他方構成部方向へ引張された際に、上記管状部の他端部に他方のフランジ部を創出し、上記他方のフランジ部を上記他方構成部に係合させることにより、上記装飾品を上記被固定部材に固定することを特徴とする請求項1記載の装飾品固定装置。

請求項5

上記一方構成部は上記被固定部材の上面側に配置されると共に上記他方構成部は上記被固定部材の下面側に、互いに上下方向において対向して配置され、上記被固定部材が上記他方構成部を介して載置される載置部と、上記一方構成部、被固定部材及び上記他方構成部を貫通して配置された上記軸部材を把持して下方へ引張する把持部材と、上記把持部材を下方へ引張するように作動させる操作部材とを備え、上記軸部材の頭部は、上記一方構成部上に載置された治具を介して配置され、上記載置部は、上記軸部材が下方に引張された場合に、上記管状部の下端部と当接して上記下端部を径方向外方へ拡開させ、上記他方構成部に係合しうる他方のフランジ部として形成させうる当接部を有することを特徴とする請求項4記載の装飾品固定装置。

請求項6

上記被固定部材は、上記管状部の長さ寸法よりも小さい厚さ寸法を有することを特徴とする請求項1〜5のいずれか1項に記載の装飾品固定装置。

請求項7

上記被固定部材は、布材であることを特徴とする請求項6記載の装飾品固定装置。

請求項8

上記被固定部材は、皮革材であることを特徴とする請求項6記載の装飾品固定装置。

請求項9

上記操作部材は人手を介して作動することを特徴とする請求項3または5に記載の装飾品固定装置。

請求項10

設置面上に固定される基板部と、上記基板部上に直立して設けられ、内部には把持部材が上下方向に移動可能に配置されている把持部と、上記把持部に回動可能に軸着され、上記把持部材を下方へ引張しうる操作レバーと、上記把持部内に配置され、上記把持部材を常時上方へ付勢しうる付勢部材と、上記把持部の上端部に設けられた載置部とを有することを特徴とする請求項1〜9のいずれか1項に記載の装飾品固定装置。

請求項11

上記操作部材はアクチュエータにより作動することを特徴とする請求項3または5に記載の装飾品固定装置。

請求項12

シート状の被固定部材に固定部材としての装飾品を固定する装飾品の固定方法であって、管状部を被固定部材に挿通させて、上記管状部の一端部に形成されたフランジ部を上記被固定部材の一方側面部側に配置し、上記管状部の長さ寸法よりも大きな長さ寸法を有する軸部材を上記管状部内に貫通配置し、上記装飾品を上記被固定部材の他方側面部側において、上記軸部材に挿通配置し、上記軸部材を上記管状部の軸方向に沿って引張することにより上記管状部の他端部に他方のフランジ部を形成させ、上記一方のフランジ部と上記他方のフランジ部とにより上記装飾品を被固定部材に固定することを特徴とする装飾品の固定方法。

請求項13

上記管状部は、一端部に一方のフランジ部を有する管状部材により形成され、上記軸部材は、上記管状部材の内径よりも大きな頭部を有すると共に上記管状部材よりも大きな剛性を有し、上記一方のフランジ部を装飾品の外方に配置すると共に、被固定部材を上記一方のフランジ部と上記装飾品との間に配置した状態で、上記頭部を装飾品内方に配置させることにより上記軸部材を被固定部材に貫通配置させ、上記軸部材を軸方向に沿って反装飾品方向へ引張させ、上記頭部が管状部材の他端部を拡開させることにより上記他方のフランジ部を創出させ、上記一方のフランジ部が被固定部材の一方側に固定されると共に上記他方のフランジ部が上記装飾品の内方に固定されることにより、上記管状部材を介して上記被固定部材に固定することを特徴とする請求項12記載の装飾品の固定方法。

請求項14

上記装飾品は、上記被固定部材の一方面部に配置される一方構成部及び上記被固定部材の他方面部に配置される他方構成部とにより構成され、上記管状部は上記一方構成部に形成され、上記軸部材が軸方向に沿って上記他方構成部方向へ引張された際に、上記管状部の他端部に他方のフランジ部を創出させ、上記他方のフランジ部を上記他方構成部に係合させることにより、上記装飾品を上記被固定部材に固定する工程とを備えたことを特徴とする請求項12記載の装飾品の固定方法。

請求項15

上記一方構成部を上記被固定部材の上面側に配置すると共に上記他方構成部を上記被固定部材の下面側に、互いに上下方向において対向して配置し、上記軸部材を、頭部が上記一方構成部上に載置された治具を介して上記一方構成部、上記被固定部材及び上記他方構成部を挿通して配置し、上記軸部材が下方に引張された場合に、上記管状部の下端部を上記載置部に形成された当接部に当接させて上記下端部を径方向外方へ拡開させ、上記他方構成部に係合しうる他方のフランジ部として形成させ、上記一方のフランジ部と上記他方のフランジ部とにより上記被固定部材を挟持して固定部材を被固定部材へ固定することを特徴とする請求項14記載の装飾品固定方法。

技術分野

0001

本発明は装飾品固定装置及びその固定装置による装飾品固定方法係り、特に、釦や飾り具等の装飾品を衣服等の布材皮革材等の被固定部材に固定する装飾品固定装置その固定装置による装飾品の固定方法に関する。

0002

一般に、釦やホック等の飾り具等の装飾品を衣服等の布材等に固定する場合には、ハンドプレス機モータープレス機エアープレス機、またはオイルプレス機等が用いられている。

0003

例えば、従来のハンドプレス機90は、図26に示すように、ハンドプレス機本体91と、上記ハンドプレス機本体91に上下動可能に保持されたピストン92と、上記ピストン92の上端押圧しうる上記ハンドプレス機本体91に回動自在に設けられた操作レバー93とを有し、上記ピストン92の上端部を回動自在に設けられた上記操作レバー93により上記ピストン92を押圧して下降させ、上記ピストン92の下端に設けられた加圧治具94と上記加圧治具94の下方に設けられた装飾品受け95とで装飾品の構成部品を布材に対して加圧して固定するように構成され、上記ハンドプレス機本体91には上記操作レバー93の回動量規制することによりピストン92の下降量を調整する、高さ調節可能に形成されたストッパ部96が設けられている。

0004

上記ストッパ部96は、操作レバー93を押し下げた時、操作レバー93がストッパ部96に当接し、ピストン92が過剰に押し下げられて装飾品の構成部品に割れ等の損傷を与えるのを防止するように機能する。
この場合、釦やホック等の飾り具等の装飾品には金属製の釦等のように加圧された場合に、所定の圧力にも耐えうるものもあれば、一方で、ガラス素材、石等のように所定の圧力が付与された場合には、破断してしまう可能性のあるものもある。
従って、上記ハンドプレス機90を使用して釦等を布材等に固定する場合には、固定する釦等の素材や種類等により、ストッパ部96の高さの調節が必要でありこの調整作業に時間を要することから非常に煩雑であった。
即ち、上記の調整作業を行う場合には、上記ハンドプレス機90のストッパ部96の高さの微調整を行う際に、装飾品に割れ等の損傷を与えず、装飾品を布材等に固定しうる適度な加圧となるように装飾品を用いて実際に何度かの加圧試験を行う必要があり、その過程で、多くの装飾品の表面を破損したり、装飾品そのものを破壊する事態が生じ、装飾品を布材等に固定して製品化にすることそのものが困難な場合があると共に、多くの不良品が発生する場合があった。

0005

また、このようなハンドプレス機90を使用して釦等の装飾品を固定する場合には、加圧時に装飾品の表面に損傷を与えないように装飾品の表面形状に応じて上記装飾品受け部材95を別途用意する必要がある。
しかしながら、各種の装飾品の表面形状には、様々な種類があるため、対応して用意しなければならない装飾品受け部材95の種類も多くなり、固定作業に要する費用が嵩み、煩雑であった。
また、固定作業は装飾品の表面に装飾品受け部材95が当接した状態で加圧することにより行われるため、装飾品の表面形状に対応した装飾品受け部材95を使用しても装飾品の表面には傷がつき易かった。

0006

さらに、装飾品の固定作業の際には、被固定部材の下面側において、装飾品の表面は上記装飾品受け部材95に当接状態にあり、固定作業時には装飾品の表面を視認できないので、装飾品の布材への取り付け方向や位置合わせの確認がし難く、また、場合によっては、作業時に上記加圧治具94と上記装飾品受け部材95の間に誤って手指を挟んでしまう場合もある、という不具合が存していた。

0007

また、上記ハンドプレス機90においては、装飾品の布材への加圧が、上記ピストン92及び上記ピストン92の下端部に固定された加圧治具94と上記装飾受け部材95との間で行われるため、布材の上方又は下方には、ハンドプレス機本体91、上記ピストン92又は上記操作レバー93等が存在することから、作業スペースが狭くなると共に、装飾品の被固定部材である布材等が大きい場合には取り付け作業が困難なものとなる、という不具合をも有していた。
登録実用新案公報第3022354号

発明が解決しようとする課題

0008

そこで、本願発明の課題は、各種の装飾品の被固定部材である布材等への固定作業において煩雑な調整作業を必要とせず、装飾部品を破損、破壊することなく、また、被固定部材である布材等の作業スペースを確保することができる装飾品固定装置及びその固定装置による装飾品の固定方法を提供することにある。

課題を解決するための手段

0009

このような課題を解決するために、請求項1記載の発明は、固定部材としての装飾品をシート状の被固定部材に固定する装飾品固定装置であって、上記被固定部材を貫通して配置される管状部と、上記管状部の一端部に形成され、上記被固定部材の一方側面部側に配置される一方のフランジ部と、上記管状部内に貫通して配置され、上記管状部の長さ寸法よりも大きな長さ寸法を有する軸部材とを有し、上記軸部材を上記管状部の軸方向に沿って引張することにより上記管状部の他端部に他方のフランジ部を形成し、上記一方のフランジ部と上記他方のフランジ部とにより上記装飾品を被固定部材に固定することを特徴とする。

0010

従って、請求項1記載の発明にあっては、上記軸部材を上記管状部の軸方向に沿って引張することにより上記管状部の他端部に他方のフランジ部を形成し、上記一方のフランジ部と上記他方のフランジ部とにより上記装飾品を被固定部材に固定するので、容易に装飾品を被固定部材に固定することができる。

0011

請求項2記載の発明は、上記管状部は、一端部に一方のフランジ部を有する管状部材により形成され、上記軸部材は、上記管状部材の内径よりも大きな頭部を有すると共に上記管状部材よりも大きな剛性を有し、上記一方のフランジ部は装飾品の外方に配置されると共に上記頭部は装飾品内方に配置され、上記被固定部材は上記装飾品と上記一方のフランジ部との間に配置され、上記軸部材が軸方向に沿って反装飾品方向へ引張された際に、上記頭部が管状部材の他端部を拡開することにより上記他方のフランジ部を創出し、上記一方のフランジ部が被固定部材の一方側に固定されると共に上記他方のフランジ部が上記装飾品の内方に固定されることにより、上記管状部材を介して上記装飾品を上記被固定部材に固定することを特徴とする。

0012

従って、請求項2記載の発明にあっては、上記軸部材が軸方向に沿って反装飾品方向へ引張された際に、上記頭部が管状部材の他端部を拡開することにより上記他方のフランジ部を創出し、上記一方のフランジ部が被固定部材の一方側に固定されると共に上記他方のフランジ部が上記装飾品の内方に固定されることにより、上記管状部材を介して上記装飾品を上記被固定部材に固定するので、容易に装飾品を被固定部材に固定することができる。

0013

請求項3記載の発明は、上記軸部材が貫通することにより上記装飾品が位置決めされて配置された被固定部材が載置される載置部と、上記軸部材を把持して引張する把持部材と、上記把持部材を引張するように作動させる操作部材とを備えたことを特徴とする。

0014

従って、請求項3記載の発明にあっては、被固定部材が載置される載置部が備えられているので、装飾品の被固定部材への固定作業を容易に行うことができる。
また、軸部材を把持して引張する把持部材を備えているので、把持された軸部材を軸方向に沿って引張することができる。
また、操作部材を操作することにより、上記把持部材を介して上記軸部材を軸方向に沿って引張することができる。

0015

請求項4記載の発明は、上記装飾品は、上記被固定部材の一方面部に配置される一方構成部及び上記被固定部材の他方面部に配置される他方構成部とにより構成され、上記管状部は上記一方構成部に形成され、上記軸部材が軸方向に沿って上記他方構成部方向へ引張された際に、上記管状部の他端部に他方のフランジ部を創出し、上記他方のフランジ部を上記他方構成部に係合させることにより、上記装飾品を上記被固定部材に固定することを特徴とする。

0016

従って、請求項4記載の発明にあっては、上記軸部材が軸方向に沿って上記他方構成部方向へ引張された際に、上記管状部の他端部に他方のフランジ部を創出し、上記他方のフランジ部を上記他方構成部に係合させることにより、上記装飾品を上記被固定部材に固定するので、容易に装飾品を被固定部材に固定することができる。

0017

また、請求項5記載の発明は、上記一方構成部は上記被固定部材の上面側に配置されると共に上記他方構成部は上記被固定部材の下面側に、互いに上下方向において対向して配置され、上記被固定部材が上記他方構成部を介して載置される載置部と、上記一方構成部、被固定部材及び上記他方構成部を貫通して配置された上記軸部材を把持して下方へ引張する把持部材と、上記把持部材を下方へ引張するように作動させる操作部材とを備え、上記軸部材の頭部は、上記一方構成部上に載置された治具を介して配置され、上記載置部は、上記軸部材が下方に引張された場合に、上記管状部の下端部と当接して上記下端部を径方向外方へ拡開させ、上記他方構成部に係合しうる他方のフランジ部として形成させうる当接部を有することを特徴とする。

0018

従って、請求項5記載の発明にあっては、被固定部材が上記他方構成部を介して載置される載置部が備えられているので、装飾品の被固定部材への固定作業を容易に行うことができる。
また、軸部材を把持して下方へ引張する把持部材を備えているので、把持された軸部材を軸方向に沿って引張することができる。
また、操作部材を操作することにより、上記把持部材を介して上記軸部材を軸方向に沿って引張することができる。
また、上記軸部材の頭部は、上記一方構成部上に載置された治具を介して配置され、上記載置部は、上記軸部材が下方に引張された場合に、上記管状部の下端部と当接して上記下端部を径方向外方へ拡開させ、上記他方構成部に係合しうる他方のフランジ部として形成させうる当接部を有するので、容易に装飾品を被固定部材に固定することができる。

0019

請求項6記載の発明は、上記被固定部材は、上記管状部の長さ寸法よりも小さい厚さ寸法を有することを特徴とする。
請求項7記載の発明は、上記被固定部材は、布材であることを特徴とする。
請求項8記載の発明は、上記被固定部材は、皮革材であることを特徴とする。

0020

請求項9記載の発明は、上記操作部材は人手を介して作動することを特徴とする。

0021

請求項10記載の発明は、設置面上に固定される基板部と、上記基板部上に直立して設けられ、内部には把持部材が上下方向に移動可能に配置されている把持部と、上記把持部に回動可能に軸着され、上記把持部材を下方へ引張しうる操作レバーと、上記把持部内に配置され、上記把持部材を常時上方へ付勢しうる付勢部材と、上記把持部の上端部に設けられた載置部とを有することを特徴とする。

0022

従って、請求項10記載の発明にあっては、装飾品の被固定部材である布材等への固定時に被固定部材である布材等を載置しうる載置部が上記把持部の上端部に設けられ、載置部の上方には装置が存在しないことから、被固定部材である布材等を展張しやすい。

0023

請求項11記載の発明は、上記操作部材はアクチュエータにより作動することを特徴とする。

0024

請求項12記載の発明は、シート状の被固定部材に固定部材としての装飾品を固定する装飾品の固定方法であって、管状部を被固定部材に挿通させて、上記管状部の一端部に形成されたフランジ部を上記被固定部材の一方側面部側に配置し、上記管状部の長さ寸法よりも大きな長さ寸法を有する軸部材を上記管状部内に貫通配置し、上記軸部材を上記管状部の軸方向に沿って引張することにより上記管状部の他端部に他方のフランジ部を形成させ、上記一方のフランジ部と上記他方のフランジ部とにより上記装飾品を被固定部材に固定することを特徴とする。

0025

従って、請求項12記載の発明にあっては、上記軸部材を上記管状部の軸方向に沿って引張することにより上記管状部の他端部に他方のフランジ部を形成させ、上記一方のフランジ部と上記他方のフランジ部とにより上記装飾品を被固定部材に固定するので、容易に装飾品固定装置で装飾品を固定しうる固定方法を提供することができる。

0026

請求項13記載の発明は、上記管状部は、一端部に一方のフランジ部を有する管状部材により形成され、上記軸部材は、上記管状部材の内径よりも大きな頭部を有すると共に上記管状部材よりも大きな剛性を有し、上記一方のフランジ部を装飾品の外方に配置すると共に、被固定部材を上記一方のフランジ部と上記装飾品との間に配置した状態で、上記頭部を装飾品内方に配置させることにより上記軸部材を被固定部材を貫通配置させ、
上記軸部材を軸方向に沿って反装飾品方向へ引張させ、上記頭部が管状部材の他端部を拡開させることにより上記他方のフランジ部を創出させ、上記一方のフランジ部が被固定部材の一方側に固定されると共に上記他方のフランジ部が上記装飾品の内方に固定されることにより、上記管状部材を介して上記被固定部材に固定することを特徴とする。

0027

従って、請求項13記載の発明にあっては、上記軸部材を軸方向に沿って反装飾品方向へ引張させ、上記頭部が管状部材の他端部を拡開させることにより上記他方のフランジ部を創出させ、上記一方のフランジ部が被固定部材の一方側に固定されると共に上記他方のフランジ部が上記装飾品の内方に固定されることにより、上記管状部材を介して上記被固定部材に装飾品固定装置で固定するので、容易に装飾品固定装置で装飾品を固定しうる固定方法を提供することができる。

0028

請求項14記載の発明は、上記装飾品は、上記被固定部材の一方面部に配置される一方構成部及び上記被固定部材の他方面部に配置される他方構成部とにより構成され、上記管状部は上記一方構成部に形成された状態で、上記軸部材が軸方向に沿って上記他方構成部方向へ引張された際に、上記管状部の他端部に他方のフランジ部を創出させ、上記他方のフランジ部を上記他方構成部に係合させることにより、上記装飾品を上記被固定部材に固定する工程とを備えたことを特徴とする。

0029

従って、請求項14記載の発明にあっては、上記管状部は上記一方構成部に形成された状態で、上記軸部材が軸方向に沿って上記他方構成部方向へ引張された際に、上記管状部の他端部に他方のフランジ部を創出させ、上記他方のフランジ部を上記他方構成部に係合させることにより、上記装飾品を上記被固定部材に固定する工程とを備えているので、容易に装飾品固定装置で装飾品を固定しうる固定方法を提供することができる。

0030

請求項15記載の発明は、上記一方構成部を上記被固定部材の上面側に配置すると共に上記他方構成部を上記被固定部材の下面側に、互いに上下方向において対向して配置し、上記軸部材を、頭部が上記一方構成部上に載置された治具を介して上記一方構成部、上記被固定部材及び上記他方構成部を挿通して配置し、上記軸部材が下方に引張された場合に、上記管状部の下端部を上記載置部に形成された当接部に当接させて上記下端部を径方向外方へ拡開させ、上記他方構成部に係合しうる他方のフランジ部として形成させ、上記一方のフランジ部と上記他方のフランジ部とにより上記被固定部材を挟持して固定部材を被固定部材へ固定することを特徴とする。

0031

従って、請求項15記載の発明にあっては、上記軸部材が下方に引張された場合に、上記管状部の下端部を上記載置部に形成された当接部に当接させて上記下端部を径方向外方へ拡開させ、上記他方構成部に係合しうる他方のフランジ部として形成させ、上記一方のフランジ部と上記他方のフランジ部とにより上記被固定部材を挟持して固定部材を被固定部材へ固定するので、容易に装飾品固定装置で装飾品を固定しうる固定方法を提供することができる。

発明の効果

0032

請求項1、2又は4記載の発明に係る装飾品固定装置にあっては、上記軸部材を上記管状部の軸方向に沿って引張することにより上記管状部の他端部に他方のフランジ部を形成し、上記一方のフランジ部と上記他方のフランジ部とにより上記装飾品を被固定部材に固定するので、従来のハンドプレス機のように装飾品そのものを加圧するようには構成されていないことから、加圧の程度を調整するための装置の調整作業が不要となる。
従って、装飾品の被固定部材への固定作業が容易であって、かつ、迅速に行うことができる。
その結果、調整作業時に装飾品の表面を破損することもなく、また、装飾品がガラス合成樹脂等、加圧された場合に耐性を有さない素材により形成されている場合であっても、何等、装飾品を破壊又は損傷することなく固定調整作業を行うことができる。
また、従来のハンドプレス機を使用して装飾品の固定作業を行う場合のように、被固定部材へ固定する装飾品の表面形状、大きさ、厚み、または材質等に応じて別途、装飾品受け部材を用意する必要がなく、固定作業に要する費用を低減することができると共に、固定作業に伴う煩雑さを解消することができる。
また、装飾品表面に文字等が表され、被固定部材への取付方向が決められているものもあるが、従来のようにピストンを使用して装飾品の上方から布材へ押圧して固定するようには構成されておらず、被固定部材に装飾品の下方に配置されることから、このような装飾品の固定作業の際、装飾品の表面が視認でき、装飾品の取付方向に合致した固定作業を容易に行うことができる。

0033

請求項3又は5記載の発明に係る装飾品固定装置にあっては、載置部が備えられ、装飾品が位置決めされた被固定部材である布材等を載置しうるので、作業スペースが狭くなることがなく、作業がし易く、安全性が確保された装飾品固定装置を提供することができる。
また、上記把持部材を引張するように作動させる操作部材を備えているので、操作部材を操作することにより、上記把持部材により上記軸部材は軸方向に沿って引張されるので、容易に装飾品を固定しうる装飾品固定装置を提供することができる。

0034

請求項9記載の発明に係る装飾品固定装置にあっては、人手を介して操作部材を作動させることができるので、諸設備を要することなく、人の操作により手動で装飾品を上記被固定部材である布材等に固定することができる。

0035

請求項6記載の発明に係る装飾品固定装置にあっては、上記被固定部材は、上記管状部の長さ寸法よりも小さい厚さ寸法を有することを特徴とするので、本発明に係る装飾品固定装置を使用して、装飾品を被固定部材に固定することができる。
また、請求項7記載の発明に係る装飾品固定装置にあっては、上記被固定部材は布材であることを特徴とするので、本発明に係る装飾品固定装置を使用して、装飾品を布材に固定することができる。
また、請求項8記載の発明に係る装飾品固定装置にあっては、上記被固定部材は皮革材であることを特徴とするので、本発明に係る装飾品固定装置を使用して、装飾品を皮革材に固定することができる。

0036

請求項10記載の発明にあっては、装置の上端部に、被固定部材である布材等を載置しうる載置部が設けられていることから、容易に被固定部材である布材等を装置上において展張することができ、作業がし易く、また、固定作業における操作者の手指の安全性を確保することができる。

0037

請求項11記載の発明に係る装飾品固定装置にあっては、アクチュエータにより操作部材を作動させることができるので、アクチュエータの作動を利用して容易に装飾品を上記被固定部材である布材等に固定することができる。

0038

請求項12〜15記載の発明に係る装飾品の固定方法にあっては、従来のハンドプレス機を利用して加圧して固定するものではないことから、加圧の程度を調整するための装置の調整作業が不要となる。
その結果、調整作業時に装飾品の表面を破損することもなく、また、装飾品がガラスや合成樹脂等の加圧への耐性を有さない素材により形成されている場合であっても、何等、装飾品に損傷を与えたり、装飾品を破断することなく固定調整作業を行うことができる。
また、従来のハンドプレス機を使用して装飾品の固定作業を行う場合のように、被固定部材へ固定する装飾品の表面形状に応じて別途装飾品受けを用意する必要がなく、固定作業に要する費用を低減することができると共に、固定作業から発生する煩雑さを解消することができる。

発明を実施するための最良の形態

0039

以下、本発明に係る装飾品固定装置の第一の実施の形態について説明する。
図1は、本発明の一実施の形態に係る装飾品固定装置10の断面図であり、図1及び図7に示すように、本発明に係る装飾品固定装置10は、固定部材としての、例えば、釦等の装飾品18をシート状の被固定部材19に固定する装飾品固定装置10であって、上記被固定部材19を貫通して配置される管状部11と、上記管状部11の一端部に形成され、上記被固定部材19の一方側面部側に配置される一方のフランジ部12と、上記管状部11a内に貫通して配置され、上記管状部11の長さ寸法よりも大きな長さ寸法を有する軸部材15とを有し、上記軸部材15を上記管状部11の軸方向に沿って引張することにより上記管状部11の他端部13に、図2に示すように、他方のフランジ部14を形成し、上記一方のフランジ部13と上記他方のフランジ部14とにより上記装飾品18を被固定部材19に固定するように構成されている。

0040

また、図1及び図7に示すように、本発明に係る装飾品固定装置10の上記管状部11は、一端部に一方のフランジ部12を有する管状部材11aにより形成され、上記軸部材15は、上記管状部材11aの内径よりも大きな頭部16を有すると共に上記管状部材11aよりも大きな剛性を有する軸部材15aにより構成されている。

0041

また、図1及び図8に示すように、一方のフランジ部12は装飾品19の外方Aに配置されると共に上記頭部16は装飾品18内方Bに配置され、上記被固定部材19は上記装飾品18と上記一方のフランジ部12との間に配置され、
図2及び図9に示すように、上記軸部材15が軸方向に沿って反装飾品方向Cへ引張された際に、上記頭部16が管状部材11aの他端部13を拡開することにより上記他方のフランジ部14を創出し、上記一方のフランジ部12が被固定部材19の一方側21に固定されると共に上記他方のフランジ部14が上記装飾品の内方22に固定されることにより、上記管状部材11aを介して上記装飾品18を上記被固定部材19に固定する。

0042

また、図1及び図8に示すように、本実施の形態に係る装飾品固定装置10は、上記装飾品18が位置決めされた被固定部材19が載置される載置部23と、上記軸部材15が貫通することにより軸部材15を把持して引張する把持部材24a,24bと、上記把持部材24a,24bを引張するように作動させる操作レバー25とを備えている。

0043

また、本発明に係る装飾品固定装置の第二の実施の形態について、上記第一の実施の形態と異なる点について説明する。
第二の実施の形態は、図21に示すような、例えばホック等の装飾品18を被固定部材19に固定する場合の態様を示す。
即ち、装飾品18は、上記被固定部材19の一方面部102に配置される一方構成部100及び上記被固定部材19の他方面部103に配置される他方構成部101とにより構成されている。
また、図21に示すように、管状部11は上記一方構成部100に形成され、図20に示すように、上記軸部材15が軸方向に沿って上記他方構成部101方向Eへ引張された際に、図19に示すような上記管状部11の他端部13に、図20に示すような他方のフランジ部14を創出し、上記他方のフランジ部14を上記他方構成部101に係合させることにより、上記装飾品18を上記被固定部材19に固定するように構成されている。

0044

また、図18に示すように、上記一方構成部100は上記被固定部材19の上面19a側に配置されると共に上記他方構成部101は上記被固定部材19の下面19b側に、互いに上下方向において対向して配置され、上記被固定部材19が上記他方構成部101を介して載置される載置部34と、上記一方構成部100、被固定部材19及び図19に示すような上記他方構成部101を貫通して配置された上記軸部材15を把持して下方へ引張する把持部材24a,24bと、上記把持部材24a,24bを下方へ引張するように作動させる図17に示すような操作部材25とを備え、上記軸部材15の頭部16は、図19に示すような上記一方構成部100上に載置された治具108を介して配置され、上記載置部34は、上記軸部材15が下方に引張された場合に、上記管状部11の下端部13と当接して上記下端部13を径方向外方へ拡開させ、上記他方構成部101に係合しうる他方のフランジ部14として形成させうる当接部106を有するように構成されている。

0045

以下に、上記第一の実施の形態に係る本実施例1について、被固定部材として布材を使用した場合を例に詳細を説明する。
図1及び図2に示すように、装飾品固定装置10は、設置面としての固定台26上に固定しうる基板部としての台座部27と、上記台座部27の上面に直立して設けられた支柱部28と、上記支柱部28の上部に同様に直立して連設され、内部に把持部材24a,24bが上下方向に移動可能に配置されている、全体略直方体に形成された把持部20と、上記把持部20の内部に一対の上記把持部材24a,24bを備える引き下げ駆動部29と、上記引き下げ駆動部29の下方に配置され、上記軸部材15aを収納しうる回収箱30と、上記引き下げ駆動部29と連動して上下回動自在に動作しうる上記把持部20に回動可能に軸着された操作レバー25とにより構成されている。

0046

また、図6に示すように、上記把持部20は、上記載置部23を上端に有する載置部材34を脱着可能に取り付けうるネジ孔31を上面に備え、上記ネジ孔31の下方に引き下げ駆動部29が収納され、上記引き下げ駆動部29の径方向両端部を保持して収納された上記操作レバー25の上下回動動作を妨げないように上記把持部20の長さ方向側面部を貫通して開口部32a,32bが開設されている。また、上記把持部20の下端には、下端開口部33が開設されている。

0047

また、図6に示すように、上記載置部23は、上記軸部材15を挿通しうる載置部材34の上端部に形成されており、上記載置部材34は、筒状に形成されると共に中央部に軸挿通孔60を有し、上記ネジ孔31と係合可能な接続用管ネジ部35と、上記接続用管状ネジ部35の上部に設けられ、上記把持部20の上面部と当接する管状ストッパ片36と、上記接続用管状ネジ部35の下端に設けられ、上記把持部24a,24bの上端部と当接する斜面を有する傾斜面部37とで構成されている。

0048

図6に示すように、上記載置部材34は、上記接続用管状ネジ部35により、脱着自在に形成され、装飾品18の裏面形状により適宜交換可能に形成されている。
例えば、図10のように装飾品である釦18が布材19に取り付けられた状態の裏面部が平面である場合には、図12(a)に示す形態の載置部材67を用い、図13(a)のように装飾品である釦18が取り付けられた状態の裏面部がホックの雄部材70である場合には、図12(b)に示す形態の載置部材68を用い、図13(b)のような装飾品である釦18が取り付けられた状態の裏面がホックの雌部材71である場合には、図12(c)に示す形態の載置部材69を用いる。

0049

また、図3に示すように、上記引き下げ駆動部29は、径方向外周両端部に上記操作レバー25を保持しうる保持部55を備えた略円筒状ケース部38と、図6に示すように、上記ケース部38の内部に収納された上記把持部材24a,24bと、上記把持部材24a,24bの下端部に係合可能な押し上げ部材39と、上記ケース部38の下端部に係合可能なネジ溝を有するスクリュー部材40と、上記押し上げ部材39の下端部の円筒凸部42とスクリュー部材40の上端部の円筒凸部43の間に配置されたコイル状のコイルスプリング41とにより構成されている。
また、上記ケース部38の上部内周面は、下方へ向かって拡開するテーパ状に形成された内周傾斜面44を有する。

0050

また、図6に示すように、上記把持部材24a,24bは、把持部材24a,24b全体で、縦断面略接頭円錐台形状に形成されており、上記ケース部38が上記操作レバー25により引き下げられた場合に、上記軸部材15を把持しうる対向した連続する一対の山谷状の把持部45,45と、夫々上端部に上記載置部材34の傾斜面部37と当接可能に形成された上部内方傾斜面部46,46と、夫々の下端部には上記押し上げ部材39の上端部と当接可能な内方へ傾斜する下部内方傾斜面47,47と、上記操作レバー25の操作により上記コイルスプリング41の付勢力によって上記内周傾斜面44,44と当接しながら移動して上記把持部材24a,24bの間の間隔を縮めるように機能する外周傾斜面48とにより構成されている。

0051

このような構成により、上記コイルスプリング41の付勢力により上記押し上げ部材39は上記把持部材24a,24bに圧接した状態で引き下げ駆動部29内に収納配置されている。
従って、上記把持部材24a,24bは、上記引き下げ駆動部29の上記ケース部38の上端部が上記把持部20の内側面上端に当接している場合には、上記コイルスプリング41の上方への付勢力により、上記載置部材34の傾斜面部37と上記把持部材24a,24bの上部内方傾斜面部46とが当接することにより、上記把持部材24aと24bの間に、上記軸部15を挿通しうるように、隙間Sが形成され、上記ケース部38が上記操作レバー25により引き下げられた場合に、上記載置部材34の傾斜面部37と上記把持部材24a,24bの上部内方傾斜面部46とが当接が解除されることにより、把持部材24a,24bにより上記軸部材15が把持されるように構成されている。

0052

また、図6に示すように、上記押し上げ部材39及び上記スクリュー部材40は、上記軸部材15を挿通しうるように、中央部に挿通孔64,65を有する筒状に形成されている。

0053

また、図3図5に示すように、上記操作レバー25は、上記引き下げ駆動部29の径方向両端部を側方から挟み込んで固定するU字部材50と、上記U字部材50の開口端部に固定部52を介して接合固定されるレバー部53とにより構成されている。
図3及び図4に示すように、上記U字部材50の対向する側辺部51a,51bは、上記U字部材50の長さ方向略中央部から上記U字部材50の端部58側における上記把持部20との交差部において、図4及び図5に示すように、上記把持部20の一方の方向側面部側から他方の巾方向側面部側へ貫通する支軸54により回動可能に支持されている。
また、上記操作レバー25の先端部となる上記U字部材50の端部58と上記台座部27との間には、コイルスプリング59が取り付けられ、上記操作レバー25の先端部58側がコイルスプリング59の付勢力により、常時、下方へ付勢されていると共に、上記レバー部53の操作側端部53a側は上方へ付勢されている。

0054

また、図3に示すように、上記U字部材50の対向する側辺部51a,51bは、上記把持部20の幅方向側面部を貫通する開口部32a,32b内に挿通されている。図3に示すように、上記U字部材50の長さ方向略中央部と上記引き下げ駆動部29の径方向両側部は上記側辺部51a,51bにより挟持される状態で相互に係合している。
図3に示すように、上記U字部材50の側辺部51a,51bの長さ方向略中央部には、一対のカム部56,56が形成され、上記引き下げ駆動部29の径方向両側部には、上記カム部56,56が配置される側面長方形状の凹部57,57が形成されている。
上記カム部56,56は、上位U字状部材50の幅方向両端部において所定の長さ寸法に形成され、上記U字状部材50の幅方向一般面から内方へ切れ込んで形成された一対の切込み部50a,50bと、これらの切り込み部50a,50bの間に形成された円弧部50c,50dとにより構成されている。
上記円弧部50c,50dの間の間隔寸法は、上記凹部57,57の高さ寸法よりもわずかに小さく形成されている。
従って、操作レバー25の操作側端部53aを上方へ回動させた場合には、上記円弧部50cが上記凹部57,57の上縁部57a、57aに摺接することにより上記引き下げ駆動部29を上方へ移動させ、操作レバー25の操作側端部53aを下方へ回動させた場合には、上記円弧部50dが上記凹部57,57の下縁部57b、57bに摺接することにより上記引き下げ駆動部29を下方へ移動させるように構成されている。

0055

また、図11のように、上記回収箱30は取り付け片66及び、支柱部28のスリット28aにより、支柱部28に対して、脱着可能に取り付けられている。

0056

以下に、上記実施例1の作用について説明する。
装飾品固定装置10を使用して、装飾品18を布材に固定する方法を図6図10を用いて説明する。
図6に示すように、上記引き下げ駆動部29の内部に設けられた上記把持部24a,24bは、上記コイルスプリング41の付勢力により、上記押し上げ部材39を介して上方に付勢されている。
その結果、上記把持部材24a,24bの上記上部内方傾斜面部44と上記載置部材34の下端に形成された上記傾斜面部37とが当接して、上記対向した一対の把持部材24a,24bの間に上記軸部材15が挿入されうる隙間Sが形成されている。

0057

装飾品を布材に固定する場合には、図7に示すように、一端部に一方のフランジ部12を有する管状部材11aと、上記管状部材11aに貫通して配置されると共に、管状部材11aの長さ寸法よりも大きな長さ寸法を有し、かつ上記管状部材11aの内径よりも大きな頭部16を有すると共に上記管状部材11aよりも大きな剛性を有する軸部材15を、上記載置部材34の上記軸挿通孔60に挿通させ、上記軸部材15の先端部を上記一対の把持部材24a,24bの間の隙間Sに配置する。
この場合には、上記一方のフランジ部12は上記載置部23に載置される。

0058

次に、図8に示すように、上記軸部材15の頭部16側からワッシャ61を挿通させ、上記載置部23上に載置された上記一方のフランジ部12上に配置する。そして、布材19を上記軸部材15の頭部16側から貫通させて上記ワッシャ61上に配置する。
そして、上記軸部材15の頭部16が装飾品内方に配置されるように装飾品18の取り付け孔部62を挿入すると共に、装飾品18表面部63に文字等が記載され、取付方向を布材19との関係で決める必要がある場合には、装飾品18の方向を回転させて調整する。
このように調整する際、従来の装飾品の固定作業の場合には図19に示すように装飾品18の表面は上記装飾品受け部材95に当接すると共に上方は被固定部材である布材19により被覆されていることから、固定作業時には装飾品18の表面を視認できないので、装飾品18の取り付け方向や位置合わせの確認がし難かったが、本発明の装飾品固定装置10を使用した場合には、装飾品18の上方には装飾品固定装置10の構成部材は全く存在しないことから、装飾品18の表面部63を、作業者は直接に視認でき、装飾品18の取り付け方向の確認が容易である。

0059

次に、図9に示すように、装飾品18の上部を人手で押さえながら、操作レバー25を引き下げ、操作レバー25を支軸54を中心に回動させ、一対のカム部56,56が上記のように、一対の凹部57,57に係合しながら回動し、引き下げ駆動部29を引き下げる。
この場合、保持部55により保持されているケース部38は、下方へ引き下げられ、上記把持部24a,24bも上記ケース部38と共に下降するが、上記引き下げ駆動部29の内部に設けられた上記把持部24a,24bは、上記コイルスプリング41の付勢力により、上記押し上げ部材39を介して上方に付勢されているので、上記把持部24a,24bの外周傾斜面48とケース部38の内周斜面44が当接しながら、把持部24a,24bが相対的に上方へ押し上げられ、上記把持部材24a,24bの上記上部内方傾斜面部46と上記載置部材34の下端に形成された上記傾斜面部37との当接が解除される。
その結果、上記把持部材24a,24bにより軸部材15の先端部が把持されると共に、上記把持部24a,24bの外周傾斜面48とケース部38の内周斜面44が当接した状態で係止される。

0060

操作レバー25をさらに引き下げることにより、上記把持部24a,24bは軸部材15を把持しながら下降し、軸部材15は管状部材11aよりも大きな剛性を有するので、図8に示すような管状部材11aの他端部13は操作レバー25の引き下げ操作により、上記軸部材15が軸方向沿って反装飾品方向Cへ引張された際に、図9に示すように、上記軸部材15の頭部16が管状部材11aに圧入されて、他方のフランジ部14が創出される。

0061

この場合、上記軸部材15の上記頭部16の形状により、創出される他方のフランジ部14の形状は異なる。
例えば、図15(a)に示すような、頭部16が径方向外方へ膨出する膨出部を有する全体略円錐形状である場合には、創出される他方のフランジ部14の形状は、図16(a)に示すような、径方向膨出形状である。また、図15(b)に示すような、頭部16が略円錐形状であると共に凸溝72が4箇所に形成されている場合には、創出される他方のフランジ部14は、図16(a)に示すような、4枚の片14a,14a,14a,14aが夫々4方向へ開く形状となる。

0062

その後、上記操作レバー53の引き下げ操作により、図9に示すように、上記軸部材15と上記頭部16は、軸部材15aが上記把持部24a,24bに把持された状態で切り離される。
この場合、従来のハンドプレス機のように装飾品を加圧するようには構成されていないことから、装飾品固定装置10の調整作業は不要である。
装飾品18の布材19への取り付け強度は、管状部材11a及び軸部材15の太さ及び材質、軸部材15と頭部16の破断面積等により決まるため、従来、行われたような装飾品固定装置に関する調整作業は不要であり、布材19の強度や衣服等のデザイン等に応じて、管状部材11a及び軸部材15を適宜選択し使用する。

0063

その後、上記操作レバー25の操作を中止すると、図3に示すように、上記操作レバー25の先端部58と上記台座部27との間に取り付けられたコイルスプリング59の付勢力により、上記操作レバー25の先端部58側が下方へ付勢される。
その結果、図6に示すように、上記引き下げ駆動部29の内部に設けられた上記把持部24a,24bは、上記コイルスプリング39の付勢力により、上記押し上げ部材39を介して上方に付勢されて、上記把持部材24a,24bの上記上部内方傾斜面部46と上記載置部材34の下端に形成された上記傾斜面部37とが当接して、上記把持部24a,24bの軸部材15aの把持状態が解除されると共に、上記対向した一対の把持部材24a,24bの間に上記軸部材15が挿通されうる隙間Sが形成される。

0064

上記把持部24a,24bの把持状態が解除され、図2に示すように、把持されていた軸部材15aは落下し、上記押し上げ部材39の挿通孔64と上記スクリュー部材40の挿通孔65を通り、下端開口部33を介して、回収箱30に落下する。

0065

回収箱30に落下した不要となった軸部材15aは、図11のように回収箱30が取り付け片66により支柱部28に脱着可能に取り付けられているので、不要軸部材15aの回収が容易である。

0066

軸部材15aの落下後は、図6に示すように、コイルスプリング59の付勢力により操作レバー25の操作側端部53aが上方へ付勢される。その結果、上記引き下げ駆動部29の内部に設けられた上記把持部24a,24bは、コイルスプリング41の付勢力により、押し上げ部材39を介して上方に付勢され、上記把持部材24a,24bの上記上部内方傾斜面部44と上記載置部材34の下端に形成された上記傾斜面部37とが当接して、上記対向した一対の把持部材24a,24bの間に上記軸部材15が挿入されうる隙間Sが形成される。
このように、対向した一対の把持部材24a,24bの間に上記軸部材15が挿入されうる隙間Sが形成されている状態であるので、次の管状部材11a及び軸部材15を上記載置部材34の上記軸挿通孔60に挿通させ配置することが容易となる。

0067

このようにして、図10に示すように、装飾品18は上記管状部材11aを介して装飾品固定装置10を用いることにより布材19に固定される。
また、図13(a)〜(e)及び装飾品18の上部が可動するような図14(a),(b)に示すような装飾品18を取り付ける場合においても、装飾品固定装置10を用いることにより、図13(a)〜(e)及び図14(a),(b)に示すように、装飾品18を布材19に固定しうる。

0068

従って、装置の調整作業を不要とし、作業時に装飾品の表面に損傷を与えることなく、装飾品の表面がガラスやビーズ等により形成されている場合や装飾品の上部が可動する場合にも使用でき、装飾品の表面形状に応じて別途装飾品受けを用意する必要がないことによる費用の嵩みや煩雑さを解消し、作業スペースが狭くなることがなく、作業がし易く、安全性が確保され、装飾品の被固定部材として用いられる布等の大きさに関わらず、容易に装飾品を固定しうる装飾品固定装置を提供することができる。

0069

次に、上記第二の実施の形態に係る実施例2について、上記実施例1と異なる部分を説明する。本実施例は、装飾品として雌ホック104を布材19に固定する場合を示す。
本実施例2において、図21に示すように、上記被固定部材19の一方面部102に配置される一方構成部100及び上記被固定部材19の他方面部103に配置される他方構成部101とにより構成される装飾品として用いられる雌ホック104を被固定部材19に取り付けることができる。
また、図18に示すように、上記一方構成部100は上記被固定部材19の上面19a側に配置されると共に上記他方構成部101は上記被固定部材19の下面19b側に、互いに上下方向において対向して配置されている。
本実施例2は、図21に示すように、雌ホックの機能を有する他方構成部101に他方のフランジ部14を係合させることにより、被固定部材19に装飾品として用いられる雌ホック104を取り付けるものである。
上記一方構成部100は、平面略環状に形成され、図18に示すように、上面に上平面部115を有し、管状部11が上記上平面部115の内周縁から下方に直立して連設され、被固定部材19に固定される前には、管状部11の先端には下端部13を有し、被固定部材19に固定された後には、図21に示すように、上記管状部11の下端部13に他方のフランジ部14が形成される。
また、上記他方構成部101は、平面略環状に形成され、図18に示すように、下面に下平面部121を有し、雄ホック導入管部120が上記下平面部121の内周縁から上方に直立して連設されて形成され、上記雄ホック導入管部120の上端部から内径方向に延設された係合片119が内周縁に亘って形成され、上記雄ホック導入管部120の下端部には雌ホック104と対をなす雄ホックを係止しうる一対のホックバネ部117,117を有する。

0070

また、装飾品固定装置10の載置部材34は、図17の断面図及び図22の斜視図に示すように、筒状に形成されると共に中央部に軸挿入孔60を有し、図17に示す把持部20のネジ孔31と係合可能な接続用管状ネジ部35と、上記接続用管状ネジ部35の上部に設けられ、把持部20の上面部と当接しうる六角筒状の管状ストッパ片36と、管状ストッパ片36の上端部に載置部23と、上記載置部23の上部に設けられ装飾品としての雌ホック104の他方構成部101の装着孔116を貫通しうる円筒状の装着部105と、上記装着部105の上部に設けられ下方向に傾斜する傾斜面を有する当接部106と、上記当接部106の上部に連設され、上記装着部105の径より小さい外径からなると共に図18に示すような上記一方構成部100の管状部11の内径より小さい外径からなる円筒状の案内管部107とにより構成されている。

0071

また、図18に示すような上記構成からなる装飾品としての雌ホック104を被固定部材19に取り付ける場合には、図19に示すような治具108を使用する。
図19に示すように、上記治具108は、円筒状に形成されると共に中央部に孔部109を有し、装飾品としての雌ホック104の一方構成部100の上面部115と当接しうる圧接面113を有する円筒状の下部円筒部110と、上記下部円筒部110に連設された下部円筒部110より小さい径からなる上部円筒部111により構成されている。
また、上記孔部109は、軸部材15を挿通可能とすると共に、上記治具108の上端部には、内周縁から径方向内方へ延設される上記軸部材15の頭部16を係止しうるように係止部112が形成されており、上記軸部材15を上記治具108の孔部109の上部から挿入した場合に、上記頭部16を係止しうる。
また、上記孔部109は、上記載置部材34に上記治具108を被せた場合に、上記載置部材34の上記案内管部107を収納しうる空間部114を有するように形成されている。

0072

以下に、上記実施例2の作用について説明する。
装飾品固定装置10を使用して、図21に示すように、装飾品としての雌ホック103を被固定部材である布材19に固定する方法を図17〜21を用いて説明する。
図21に示すような装飾品としての雌ホック104を布材19に固定する場合には、図17に示すように、図22に示すような載置部材34を上記ネジ孔31に取り付ける。

0073

次に、図18に示すように、雌ホック104の他方構成部101の装着孔116を下平面部121が下方になるように上記載置部材34の上端側から挿通させて、装着部105が上記他方構成部101のホックバネ部117により径方向に係止すると共に上記他方構成部101の下平面部121が載置部23の上面に当接するように装着する。
そして、布材19を上記載置部材34の上端側から貫通させて、上記他方構成部101の上方に配置する。
そして、上記一方構成部100の挿通孔118を上平面部115が上方になるように上記載置部材34の上端側から挿通させて、布材19を介して上記他方構成部101と対向するように配置し、上記一方構成部100の管状部11の下端部13の先端が上記載置部材34の当接部106の上端に当接するように配置する。
そして、図19に示すように、軸部材15を治具108の孔部109の上部から挿入して上記軸部材の頭部16を治具108の係止部112に当接させることにより治具108の上部に配置し、上記治具108の上部に配置された上記軸部材15を上記載置部材34の軸挿入孔60へ挿入することにより、上記一方構成部100上に上記治具108を載置し、上記治具108の圧接面113と上記一方構成部101の上平面部115を当接させる。

0074

次に、軸部材15の頭部16の上部を人手で押さえながら、図17に示すような操作レバー25の操作側端部53aを引き下げ、図20に示すように、引き下げ駆動部29を引き下げる。
この場合、上記実施例1のように、操作レバー25の引き下げにより、把持部材24a,24bは軸部材15の先端部を把持し、さらに操作レバー25を引き下げることにより、上記把持部材24a,24bは軸部材15を把持しながら下降する。
図20に示すように、上記軸部材15が下方へ引張されることによる引張力が、頭部16を係止している治具108の係止部112を介して上記治具108の圧接面113から上記雌ホック104の一方構成部100の上平面部115を圧接するように作用して、上記管状部11を押し下げ、図19に示すような上記管状部11の下端部13は、図20に示すように斜め外方の傾斜面からなる上記当接部106の傾斜面に当接して径方向外方へ拡開し、図19に示すような上記他端部13に、図20に示すような他方のフランジ部14が形成され、上記他方のフランジ部14は上記他方構成部101の係合片119に係合する。
そして、図20に示すように、操作レバー25をさらに引き下げることにより、上記軸部材15の上記頭部16は、軸部材15aが上記把持部材24a,24bに把持された状態で切り離される。
この場合、図20に示すように、治具108を上記載置部材34の案内管部107の上端側から被せた場合に、上記案内管部107を収納しうる空間部114を有するので、上記案内管部107が治具108に当接することはない。
そして、上記頭部16と上記治具108を装飾品固定装置10の上部から取り除き、被固定部材19に固定された装飾品として用いられる雌ホック104を取り外すことで固定が完了し、図21に示すような装飾品として用いられる雌ホック104を被固定部材19に固定できる。

0075

次に、実施例3について、上記実施例1及び2と異なる部分を説明する。
図23及び図24に示すように、装飾品固定装置10には、作業台73を取り付けることができる。上記作業台73は、板状に形成され、立設された4本の脚部74上に設けられると共に、上記載置部23が露出される開口部75を有し、作業台73上面は上記載置部23と略同平面上に配置されている。
これにより、大きな布材19を使用する場合であっても、布材19を容易に取り扱うことができるので、容易に装飾品18を固定することができる。
また、作業スペースが狭くなることがなく、作業がし易い装飾品固定装置を提供することができる。

0076

次に、実施例4について、上記実施例1〜3と異なる部分を説明する。
図25に示すように、装飾品固定装置10は、上記操作レバー25をアクチュエータ76により作動させることができる。
操作レバー25の操作レバー53を取り除き、操作棒52の一端部の下側に引き下げ動作可能な空気圧シリンダ76からなるアクチュエータ76を駆動棒77を介して取り付ける。空気圧シリンダ76は、足踏みスイッチ78を介してエアコンプレッサ79にエアチューブ80で接続されている。
装飾品固定装置10は、上記足踏みスイッチ78を踏むことによって、空気圧シリンダ76が空気圧エネルギー直線運動に変換し、操作レバー25を引き下げる。
これにより、作業者の人手の自由度が高くなり、容易に装飾品18を固定することができ、作業効率が上がる。

0077

また、上記実施の形態にあっては、装飾品の被固定部材19として布材を使用した場合を例に説明したが、上記実施の形態に限定されない。上記被固定部材には、衣服、かばんカーテン等が含まれる。
また、本実施の形態においては記載されていないが、本発明に係る装飾品固定装置を使用して、皮革材、紙材合成樹脂材、シート状の金属材等に対して釦等の装飾品を固定することもできる。

0078

本発明は、装飾品固定装置及びその固定装置による装飾品の固定方法に広く適用できる。

図面の簡単な説明

0079

本発明に係る装飾品固定装置の一実施の形態を示す断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置の一実施の形態を示す断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置の一実施の形態を示す断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置の一実施の形態を示す平面図である。
本発明に係る装飾品固定装置の一実施の形態を示す図3DD間断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置の一実施の形態を示す一部断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置の一実施の形態を示す一部断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置の一実施の形態を示す一部断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置の一実施の形態を示す一部断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置を使用して固定した装飾品の一実施の形態を示す断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置の収納部の一実施の形態を示す斜視図である。
本発明に係る装飾品固定装置に使用する載置部材の一実施の形態を示す斜視図である。
本発明に係る装飾品固定装置に使用する載置部材の一実施の形態を示す斜視図である。
本発明に係る装飾品固定装置に使用する載置部材の一実施の形態を示す斜視図である。
本発明に係る装飾品固定装置を使用して固定される装飾品の一実施の形態を示す断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置を使用して固定される装飾品の一実施の形態を示す断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置を使用して固定される装飾品の一実施の形態を示す断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置を使用して固定される装飾品の一実施の形態を示す断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置を使用して固定される装飾品の一実施の形態を示す断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置を使用して固定される装飾品の一実施の形態を示す断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置を使用して固定される装飾品の一実施の形態を示す断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置に使用する固定部材の一実施の形態を示す斜視図である。
本発明に係る装飾品固定装置に使用する固定部材の一実施の形態を示す斜視図である。
本発明に係る装飾品固定装置に使用する固定部材の取り付け状態を示す一実施の形態を示す斜視図である。
本発明に係る装飾品固定装置に使用する固定部材の取り付け状態を示す一実施の形態を示す斜視図である。
本発明に係る装飾品固定装置の一実施の形態を示す一部断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置の一実施の形態を示す一部断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置の一実施の形態を示す一部断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置の一実施の形態を示す一部断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置を使用して固定した装飾品の一実施の形態を示す断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置に使用する載置部材の一実施の形態を示す斜視図である。
本発明に係る装飾品固定装置に作業台を取り付けた状態を示す一実施の形態を示す断面図である。
本発明に係る装飾品固定装置に作業台を取り付けた状態を示す一実施の形態を示す斜視図である。
本発明に係る装飾品固定装置にアクチュエータを取り付けた状態を示す一実施の形態を示す斜視図である。
装飾品を布材に固定する場合に使用される従来のハンドプレス機を示す斜視図である。

符号の説明

0080

10装飾品固定装置
11 管状部
11a管状部材
12 一方のフランジ部
13 管状部の他端部、管状部の下端部
14 他方のフランジ部
14a 他方のフランジ部の片
15軸部材
15a 軸部材
16 頭部
18装飾品
19被固定部材(布材)
19a 被固定部材(布材)の上面
19b 被固定部材(布材)の下面
20把持部
21 被固定部材の一方側
22 装飾品の内方
23 載置部
24a把持部材
24b 把持部材
25操作レバー
26固定台
27台座部
28支柱部
28a 支柱部のスリット
29引き下げ駆動部
30回収箱
31ネジ孔
32a 開口部
33b 開口部
34 載置部材
35接続用管状ネジ部
36管状ストッパ片
37 傾斜面部
38ケース部
39押し上げ部材
40スクリュー部材
41コイルスプリング
42 押し上げ部材の下端部の円筒凸部
43固定部材の下端部の円筒凸部
44内周傾斜面
45 把持部
46 上部内方傾斜面部
47 下部内方傾斜面部
48外周傾斜面
50 U字部材
50a 切込み部
50b 切込み部
50c円弧部
50d 円弧部
51a側辺部
51b 側辺部
52 固定部
53レバー部
53a操作側端部
54支軸
55 保持部
56カム部
57 凹部
57a上縁部
57b下縁部
58 操作レバーの先端部
59 コイルスプリング
60軸挿通孔
61ワッシャ
62 装飾品取り付け孔部
63 装飾品の表面部
64挿通孔
65 挿通孔
66取り付け片
67 載置部材
68 載置部材
69 載置部材
70ホックの雄部材
71 ホックの雌部材
72凸溝
73作業台
74 脚部
75 開口部
76空気圧シリンダ、アクチュエータ
77駆動棒
78足踏みスイッチ
79エアコンプレッサ
80エアチューブ
90ハンドプレス機
91 ハンドプレス機本体
92ピストン
93 操作レバー
94加圧治具
95装飾品部材受け
96ストッパ機構
100 一方構成部
101 他方構成部
102 一方面部
103 他方面部
104雌ホック
105装着部
106 当接部
107案内管部
108治具
109 孔部
110 下部円筒部
111 上部円筒部
112係止部
113圧接面
114 空間部
115 上平面部
116装着孔
117 ホックバネ部
118 挿通孔
119係合片
120雄ホック導入管部
121 下平面部
A 装飾品の外方
B 装飾品の内方
C 反装飾品方向
E 他方構成部方向
S 隙間

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社京ばし花材センターの「 ブーケ用保水装置」が 公開されました。( 2021/05/27)

    【課題】ブーケの製作を容易にし、ブーケ製作時間を短縮でき、搬送時などにかさばることがなく、花が枯れた後の保水装置の廃棄を容易にした。【解決手段】一の紙コップ10の外周に周方向に延びる対のリング3、4を... 詳細

  • 東英産業株式会社の「 採寸装置、採寸システム、採寸情報生成方法およびプログラム」が 公開されました。( 2021/05/27)

    【課題】被採寸者の被服の作製に適した人体モデル情報を生成することができる採寸装置、採寸システム、採寸情報生成方法およびプログラムを提供する。【解決手段】差分算出部115は、被採寸者の3次元仮想人体モデ... 詳細

  • 原澤 和彦の「 安全ピン」が 公開されました。( 2021/05/27)

    【課題】安全・安心・効率性を担保でき、待ち針としても、効率よく作業ができる安全ピンを提供する。【解決手段】本発明に係わる安全ピンは、保護カバー1と、延長部材2と、第1レバー3と、弾性部4と、第2レバー... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ