図面 (/)

技術 「絵画織」

出願人 新井實
発明者 新井實新井伊知郎
出願日 2007年8月24日 (12年10ヶ月経過) 出願番号 2007-246135
公開日 2009年3月12日 (11年3ヶ月経過) 公開番号 2009-052182
状態 未査定
技術分野 織物 織機の開口装置
主要キーワード 技術技法 織物体 露出比率 グラデーション表現 掛け軸 凹凸表現 多重階層 表面露出量
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年3月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

一本把吊りジャカード織物において、紋組織を面描素による点構造組織表現で製織する技術技法を提供する。

解決手段

緯多階層点描構造紋織物であり、経糸と同本数の紋針数を持ち、任意の織物幅を一本把吊り機仕掛けによるジャガー開口装置を使用する。任意の色緯糸の経糸との交錯において、単位長あたりの表面露出量比率により濃淡明暗グラデーション表現を可能にし、更に表側は基本組織より順次上1層から上7層まで任意の数の階層を重ね、裏側は基本組織より順次層を重ねて、遊び緯糸を綴じデザインに応じた凹凸感を表す。経糸と同数の針数を持つジャカード開口装置により、1本ずつの経糸が自由に開口せしめ、複数の異なる紋織組織体系群を単独または複数同時に混させることを特徴とする製織技術技法

概要

背景

従来のジャカード織物製造の紋織は面構造画素で「面描表現」にて製織する技術技法であり。また製織には主として2本以上の把吊りによる機仕掛使用のために、棒刀装置、伏機装置等を使用している。
本発明は1本把吊り機仕掛の使用による、点構造組織の画素による「点描構造組織表現」である。

概要

一本把吊りジャカード織物において、紋組織を面描素による点構造組織表現で製織する技術技法を提供する。緯多階層点描構造紋織物であり、経糸と同本数の紋針数を持ち、任意の織物幅を一本把吊り機仕掛けによるジャガー開口装置を使用する。任意の色緯糸の経糸との交錯において、単位長あたりの表面露出量比率により濃淡明暗グラデーション表現を可能にし、更に表側は基本組織より順次上1層から上7層まで任意の数の階層を重ね、裏側は基本組織より順次層を重ねて、遊び緯糸を綴じデザインに応じた凹凸感を表す。経糸と同数の針数を持つジャカード開口装置により、1本ずつの経糸が自由に開口せしめ、複数の異なる紋織組織体系群を単独または複数同時に混させることを特徴とする製織技術技法

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ジャカード織物の織組織変化を点描単位に行い、明暗又は濃淡或いは両者併用のグラデーション表現点画素構造の紋織物製造法

請求項2

ジャカード織物の織組織変化を点描単位に行い、異なる織組織系列毎の一越単位の横断面にて、緯糸階層の厚薄を制御し、連続変化させ、凹凸感又は遠近感或いは差別化感を持たせた緯多階層点画素構造の紋織物製造法

請求項3

ジャカード織物の織組織変化を点画素による点描単位で行い、異なる織組織系列群平織体系群、斜紋織体系群、朱子織体系群、風通系、袋織系)を混在させて、文様表現に凹凸感又は遠近感或いは差別化感を持たせた緯多階層点画素構造の織物製造法。

請求項4

請求項1の発明と請求項2の発明および請求項3の発明を、単独又は併用による、絵画的表現の緯多階層点画素構造の織物製造技術技法を特許請求の範囲とする。

技術分野

0001

この発明はジャカード織物製造において、紋組織点画素による点構造組織表現で製織する技術技法である。

背景技術

0002

従来のジャカード織物製造の紋織は面構造画素で「面描表現」にて製織する技術技法であり。また製織には主として2本以上の把吊りによる機仕掛使用のために、棒刀装置、伏機装置等を使用している。
本発明は1本把吊り機仕掛の使用による、点構造組織の画素による「点描構造組織表現」である。

発明が解決しようとする課題

0003

この発明は画素の点描組織表現による特殊な変化織物組織織物であり、絵画的表現の技術技法の開発である。
今までの総ての紋織物は、織物の「三原組織論」(平織斜文織朱子織)に基く面画素いよる面描構造の織物である。
本発明は新井實が開発、提案した「点構造織物組織論」(注1)による点画素の点描構造表現の紋織物である。
※(注1) 新井實が開発、提案した「点構造織物組織論」とは、任意の緯糸に対し経糸がその上側で交錯する点を「1」とし、下側で交錯する点を「0」とすれば、総ての織 物の組織は「1」と「0」の点でもって表現できる。従って織物の構造は点組織の集積であり、点構造で構成される。紋織物にあっては画素を点単位とし、点画素による画素 点描構造で構成する。このデジタル的な思想は、コンピュータ基本概念と共通し、ジ ャカード織物の革命的な発展となった、

問題を解決するための手段

0004

本発明はジャカード織物製造を点画素による点描構造で構成し表現する技術技法であり。点画素の点描表現は経糸と同本数の紋針数を持ち、任意の織物幅を1本把吊り機仕掛けによるジャカード開口装置を使用する、従って棒刀装置、伏機装置等は必要としない。また革新的な点構造織組織法を開発し、極小文様から大胆な大型文様までも繊細な色調と形状の変化および質感変化等を巧みに製織する技術技法である。
請求項1の発明は経糸と緯糸の交錯点織物表面単位面積あたりの緯糸の露出量の多少で変化させ、濃淡又は明暗グラデーションを表現する紋織法である。
請求項2の発明は、織物を緯一越状態の形で断面にした場合に、地に相当する中心の織物層には、平織系又は斜文織系或いは朱子織系および風通系または袋織系のいずれかの体系群の最小完全組織基本組織とする、織物の表側では、1つの単独織物組織体系の緯多重階層および組織点数の、それぞれの多少により構成される。組織点の少ない組織ほど表側の上部階層になる。
織物の裏側では、1つの単独織物組織体系の緯多重階層および組織点数のそれぞれの多少により構成される。組織点の少ないほど裏側の上部階層になる。
本発明は、その織物において平織体系群又は斜文織体系群或いは朱子織体系群および風通系または袋織系を単独または混在させて表裏多層に織ることであり、革新的な厚薄混在多層織物である。
請求項3の発明は、従来の織物が基本組織の平織系群又は斜文織系群或いは朱子織系群および風通系または袋織系のうち、いずれかの1つの単独織物体系群で織られている。
本発明は、その織物において平織体系群又は斜文織体系群或いは朱子織体系群および風通系または袋織系を混在させて織ることであり、革新的な基本組織混在織物である。
請求項4の発明は、請求項1.請求項2請求項3の発明のうち、単独または複数を混在してし製織することにより、ジャカード織物に質感または装飾或いは機能の効果を与えるものである。

発明の効果

0005

点描紋織物表現により、緻密で繊細優美な文様表現ができる。また1本の色緯糸が同じまたは異なる複数の経糸と交錯する、その露出比率により濃淡・明暗のグラデーションが可能になる。
そして多階層構造の厚さ薄さの連続変化による凹凸感は、あたかも西洋画における絵の具の質感を表現できる画期的な技法である。
また、異なる織組織体系を混在させることで立体感遠近感の表現が可能となり、硬軟の質感にも微妙な変化を制御できる技術技法とである。

発明を実施するための最良の形態

0006

請求項1の発明では点描紋織物の色緯糸ごとに濃淡・明暗グラデーション組織図とその色彩パレット織物を作る。任意のデザインに適した組織を色彩パレット織物から選び、目的の文様織物を製織する。
請求項2の発明では織物の基本組織の平織体系群又は斜文織体系群或いは朱子織体系群および風通系または袋織系の1系列群において、体系群毎に厚さ薄さの連続変化による緯多階層構造量の多い少ないことによる凹凸表現が文様に立体感を与える。
請求項3の発明では織物の基本組織の平織体系群又は斜文織体系群或いは朱子織体系群および風通系または袋織系を2系列又は複数系列に、複合させて、立体感、遠近感、質感等の表現を持たせる。
請求項4の発明は、請求項1の発明、請求項2の発明、および請求項3の単独又は併用による相乗効果は発揮し、絵画的表現の可能な、緯多層点描紋織物は、革新的で未曾有の紋織物となる。

実施形態の効果

0007

この緯多階層点描紋織物による絵画織の世界は、和装織物では帯地、きもの地等に、未曾有の新鮮な「用」と「美」の世界を創出する。
ファッション素材インリヤ素材として緯多層紋織物効果を発揮する。
美術工芸分野では掛け軸額絵屏風衝立タペストリー等に名画の絵画模写織が可能である。

0008

世界で始めての技術技法であり多くの分野で新規用途商品化が期待されている。

他の実施形態

0009

従来の紋織物製造法である面描構造では細密組織変化が不可能なために、美術工芸分野では、肌理の粗い作品しか出来ない。
現在でも、国内の織物産業ではこの古典的な技法により、和装分野では伝統的な作品の制作が続けられている。海外作品も同様である。
本発明のような画期的な工芸作品を生み出す、多階層点描紋織物に類する技術技法は国内外でも全くない。

図面の簡単な説明

0010

この発明の織組織図「基本組織図」:平織体系、斜文織体系、朱子織体系この発明の多層織組織図 「平織組織体系群図」この発明の多層織組織図 「斜文織組織体系群図」この発明の多層織組織図 「朱子織組織体系群図」この発明の 「多層織物横断階層図」この発明の 「多層織物の多重織り方階層図」異なる多層織組織体系群が混在する織物の平面図

符号の説明

0011

(1)平織体系群の基本組織:平織(1/1平織)
(2)斜文織体系群の基本組織」斜文織(1/2斜文織)
(3)朱子織体系群の基本組織:朱子織(1/4朱子
(4)組織図の経糸開口点(織機上の織裏状態)
(5) 組織図の経糸閉口点(織機上の織裏状態)
(6)多層織の織物横断面の階層図{7(表面)〜0(中心)〜−7(裏面)}
(7) 多層織の階層組合せ(A〜R)
(8)緯糸階層挿入位置(○)
(9) 多層織組織:平織体系群
(10) 多層織組織:斜文織体系群
(11) 多層織組織:朱子織体系群

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ユニチカ株式会社の「 シート、照明装置、膜天井」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】高い光拡散性と充分な光透過性を発現するシートを提供する。【解決手段】ガラス繊維織物2と、ガラス繊維織物2の少なくとも一方の面に貼付された不織布3と、を含む、シートであって、ガラス繊維織物の質量... 詳細

  • 季志成の「 裏面テリー織布帛表面生地」が 公開されました。( 2020/04/02)

    【課題】裏面テリー織布帛表面生地(表面が平織りで裏面がパイル構造の生地)を提供する。【解決手段】生地本体(1)を経緯方向の綿糸(101,102・・・、21,22・・・)で平織りして構成し、経方向で等距... 詳細

  • 東レ株式会社の「 ポリアミド芯鞘複合糸」が 公開されました。( 2020/04/02)

    【課題】 繊維の強伸度特性の低下を抑制しながら、製編織工程における高次加工性に優れ、織編物の実用耐久性を維持しつつ、ソフトで滑らかな風合いや、ドレープ性といった特性において、最上位素材となり得るポリ... 詳細

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ