図面 (/)

技術 具にバターと味噌とを含む饅頭並びに饅頭の具の分離防止方法

出願人 岩崎克昭岩崎正嗣
発明者 岩崎克昭
出願日 2008年11月4日 (12年1ヶ月経過) 出願番号 2008-283031
公開日 2009年3月12日 (11年9ヶ月経過) 公開番号 2009-050277
状態 特許登録済
技術分野 種実、スープ、その他の食品
主要キーワード 球体型 硬化防止効果 流出防止効果 マッシャー 食用粉類 ゲル化機 冷凍加工 加熱用食品
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年3月12日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

バター味噌とを混合し、一体の具として、皮の主原料イモ類を含む饅頭内部に包んだ饅頭、並びに、この饅頭における具の分離防止方法を提供する。

解決手段

バターと味噌とを含む具と、加熱後に潰したイモ類を主材料として前記具を包む皮とを具備する饅頭であって、前記具に含まれるバターと味噌の分離を防止するべく前記具にゼラチン及び/または寒天を添加したことを特徴とする、具にバターと味噌とを含む饅頭であり、前記ゼラチン及び/または寒天は、前記具に含まれるバターと味噌に対して2〜5%である。また、、饅頭の具の分離防止方法では、バターと味噌とを含む具と、加熱後に潰したイモ類を主材料として前記具を包む皮とを具備する饅頭において、前記具にゼラチン及び/または寒天を添加することで、前記具に含まれるバターと味噌の分離を防止する。

概要

背景

特許文献1には、蒸煮またはゆで煮したジャガイモまたはサツマイモを潰して皮を成形し、その中心部に具を入れたフライ用の冷凍食品が記載されている。また特許文献2には、マッシュポテトをまんじゅう様にして、その表面に衣を付けて加熱する饅頭が記載されている。さらにまた、特許文献3には、茹でたジャガイモをうらごししてペースト状にしたものでバター等を包んで加熱した饅頭が記載されている。
特開平3−151846号公報
特開昭59−74955号公報
登録実用新案第3073851号公報

概要

バターと味噌とを混合し、一体の具として、皮の主原料イモ類を含む饅頭内部に包んだ饅頭、並びに、この饅頭における具の分離防止方法を提供する。バターと味噌とを含む具と、加熱後に潰したイモ類を主材料として前記具を包む皮とを具備する饅頭であって、前記具に含まれるバターと味噌の分離を防止するべく前記具にゼラチン及び/または寒天を添加したことを特徴とする、具にバターと味噌とを含む饅頭であり、前記ゼラチン及び/または寒天は、前記具に含まれるバターと味噌に対して2〜5%である。また、、饅頭の具の分離防止方法では、バターと味噌とを含む具と、加熱後に潰したイモ類を主材料として前記具を包む皮とを具備する饅頭において、前記具にゼラチン及び/または寒天を添加することで、前記具に含まれるバターと味噌の分離を防止する。

目的

本発明は、バターと味噌とを混合し、一体の具として、皮の主原料にイモ類を含む饅頭内部に包んだ饅頭、並びに、この饅頭における具の分離防止方法を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

バター味噌とを含む具と、加熱後に潰したイモ類主材料として前記具を包む皮とを具備する饅頭であって、前記具に含まれるバターと味噌の分離を防止するべく前記具にゼラチン及び/または寒天を添加したことを特徴とする、具にバターと味噌とを含む饅頭。

請求項2

前記ゼラチン及び/または寒天は、前記具に含まれるバターと味噌に対して2〜5%であることを特徴とする、請求項1に記載の具にバターと味噌とを含む饅頭。

請求項3

バターと味噌とを含む具と、加熱後に潰したイモ類を主材料として前記具を包む皮とを具備する饅頭において、前記具にゼラチン及び/または寒天を添加することで、前記具に含まれるバターと味噌の分離を防止する、饅頭の具の分離防止方法

技術分野

0001

本発明は、イモ類を含む皮でバター味噌とを含む具を包んだ饅頭、並びに、この饅頭における具の分離防止方法に関する。

背景技術

0002

特許文献1には、蒸煮またはゆで煮したジャガイモまたはサツマイモを潰して皮を成形し、その中心部に具を入れたフライ用の冷凍食品が記載されている。また特許文献2には、マッシュポテトをまんじゅう様にして、その表面に衣を付けて加熱する饅頭が記載されている。さらにまた、特許文献3には、茹でたジャガイモをうらごししてペースト状にしたものでバター等を包んで加熱した饅頭が記載されている。
特開平3−151846号公報
特開昭59−74955号公報
登録実用新案第3073851号公報

発明が解決しようとする課題

0003

特許文献1〜3では、イモ類を蒸煮またはゆで煮した後、潰したものを饅頭の“皮”として成形して具を包んでいる。具として考えられるバターと味噌は、これまで所謂“じゃがバター”や“じゃが味噌”として、一般にじゃがいもとの味覚相性がよいとされているが、バターは動物性油脂を有し、味噌は植物性油脂を含むため、両者を混合させようとすると分離現象がおこり、一体化することが困難であった。

0004

これまでの技術では、バターと味噌を単に混合させるだけでは、バターの動物性油脂と味噌の植物性油脂とが反発しあって分離してしまい、一体の具として扱うことができなかった。

0005

本発明は、バターと味噌とを混合し、一体の具として、皮の主原料にイモ類を含む饅頭内部に包んだ饅頭、並びに、この饅頭における具の分離防止方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

上記の目的を達成するべく、本発明は以下の構成を提供する。
(1)請求項1に係る具にバターと味噌とを含む饅頭は、バターと味噌とを含む具と、加熱後に潰したイモ類を主材料として前記具を包む皮とを具備する饅頭であって、前記具に含まれるバターと味噌の分離を防止するべく前記具にゼラチン及び/または寒天を添加したことを特徴とする。

0007

(2)請求項2に係る具にバターと味噌とを含む饅頭は、請求項1において、前記ゼラチン及び/または寒天は、前記具に含まれるバターと味噌に対して2〜5%であることを特徴とする。

0008

(3)請求項3に係る饅頭の具の分離防止方法は、バターと味噌とを含む具と、加熱後に潰したイモ類を主材料として前記具を包む皮とを具備する饅頭において、前記具にゼラチン及び/または寒天を添加することで、前記具に含まれるバターと味噌の分離を防止することを特徴とする。

発明の効果

0009

請求項1〜3に係る皮にイモ類を含む饅頭、並びに饅頭の具の分離防止方法は、これまでの技術では一体の具材として扱うことができなかったバターと味噌にゼラチン及び/又は寒天を添加することで、動物性油脂を含むバターと、植物性油脂を含む味噌との融合を可能とした。

0010

ゼラチン及び/又は寒天には上記効果がある他に、饅頭を食した際に口腔内の温度で溶解することから、越のよい食感を得る役目を担うこともできる。
付言すれば、ゼラチン及び/又は寒天は、食材と混合した際に、該食材の味への影響もほとんどない。

発明を実施するための最良の形態

0011

以下、図面を参照しつつ本発明の実施の形態を説明する。
図1(A)〜(C)は、本発明による、具にバターと味噌とを含む饅頭1の実施例の断面図である。図1(A)は概ね球体形、図1(B)は概ね楕円形図1(C)は概ね椀型の全体形状であるが、これらの形状に限定されない。また、表面に凹凸があってもよい。
饅頭1は、ほぼ中心部に具11があり、その周囲を皮12で包まれている。また、任意で該皮12の表面に衣13を付けてもよい。

0012

本発明の饅頭1の皮は次の通りである。
皮12の主材料としては、加熱後に潰したイモ類と、バター等の油脂類と、牛乳と、生クリームとを含む。バター等の油脂類には、バターのほかに、マーガリンチーズ、又はこれらのうちの1又は複数を混合したものを含む。
このような主材料にゼラチン及び/又は寒天を添加して皮12の生地を調製する。ゼラチンと寒天は、何れか一方を添加してもよいし、また双方を混合して加えてもよい。ゼラチンは混合後比較的短時間で固まり、寒天は混合後比較的長時間で固まるという違いはあるが、いずれにおいても皮12の硬化防止効果、及び過剰な軟化防止効果を有する。

0013

イモ類は、ジャガイモまたはサツマイモが好適である。しかしながら、これら以外のイモ類、例えばヤーコン等でもよい。
また、厳密にはイモの種類ではないが、本発明のイモ類にはかぼちゃも含めることとする。
以上のイモ類は、生産過程及び流通過程において被蒙した表面の傷のために店頭販売できなくなったものでも、その傷の部分を除去することで食材として利用が可能となり、資源の有効利用が図れる。

0014

また、前述の加熱後に潰したイモ類とは、茹で、蒸し、焼く等の加熱調理電子レンジオーブン等の使用を含む)を行った後に、ポテトマッシャー等の適宜の器具を用いて潰したり、裏ごししたりした状態のものをいう。
更に実際にイモ類を潰す際には、該イモ類の粒度の大小を調節することで所望する食感に対応可能となる。

0015

皮12の主材料の好適配合例は次の通りである。
尚、適宜量の水を加えて、該皮12の硬度を調節できる。
また、配合例はこれに限定されず、各成分を適宜増減させて調製できることはいうまでもない。
イモ類:1kgに対して
バター:300g、牛乳:1000ml、生クリーム:1000ml、砂糖:250g

0016

また、別の配合例として、イモ類:1kgに対して
牛乳:1400ml、鶏卵:14個
が挙げられる。

0017

さらに、上記皮の主材料の混合物に対して、ゼラチン及び/又は寒天を2〜5%程度量添加することが好適である。
この割合より多く添加すると、該ゼラチン及び/又は寒天のゲル化機能が強すぎて皮12が硬くなりすぎ、またこれより少なくても、具11に含まれる油脂類の皮12への流出防止効果が十分に得られない。

0018

具11は、少なくともバターと味噌とを含み、その他に木の実、甲殻類海藻ジャム、米、トウモロコシ等の穀類野菜醤油、塩、マヨネーズカレー粉小豆等のあん、塩辛漬け物挽肉魚類すり身及び果物からなる群から選択される1または複数の材料を、嗜好に合わせて適宜含めてもよい。
以上のように、具11としては、バターと味噌を必ず含み、さらに皮12により包むことができる食材であればほとんど全ての食材が選択可能であって、味や食感のバランスを考慮しながら適宜選択する。

0019

また、本発明者は、具11の組み合わせとして、バターと味噌とを一体の具として饅頭1内部に包みこむ研究を重ねた。
バターと味噌とは、これまで所謂“じゃがバター”や“じゃが味噌”として一般にじゃがいもとの味覚の相性がよいとされているが、バターは動物性油脂を有し、味噌は植物性油脂を含むため、両者を混合させようとすると分離現象がおこり、一体化することが困難であった。

0020

本発明者は、前述のような性質をもつバターと味噌とを一体化させるために、バターと味噌との混合物にゼラチン及び/又は寒天を適量添加することで、両者を一体の具材として饅頭1の内部に包み込むことに成功した。
この適量のゼラチン及び/又は寒天の割合とは、本発明においては、バターと味噌との混合物に対して2〜5%程度である。
また、バターと味噌との好適な混合例としては、バターに対し味噌1割〜3割程度であるが、この混合例に限定されるものでなく、嗜好に合わせて適宜調節できることはいうまでもない。

0021

ゼラチン及び寒天は、液体を固める目的で、ゼリーやこんにゃく等の食品ゲル化剤として使用されることが一般的であるが、本発明者はこれを動物性植物性という、所謂異種の油脂を含有するバターと味噌とを混合する際の食用安定剤として使用し、該異種の油脂の分散を安定させることに成功した。
この成功によって、これまでイモ類との味覚の相性がよいとされながら一体化することが困難であったバターと味噌との融合が可能となり、さらなる味の飛躍が達成されることとなった。

0022

また、皮12においても、前述主材料の混合物にゼラチン及び/又は寒天を添加した生地をベースとして、該ベースに前記木の実、甲殻類、海藻、ジャム、米、トウモロコシ等の穀類、野菜、味噌、醤油、塩、マヨネーズ、カレー粉、小豆等のあん、塩辛、漬け物、挽肉、魚類のすり身及び果物からなる群から選択される1または複数の材料を、粉末の状態或いは顆粒の状態にして適宜練り込むこともできる。
このようにして調製された皮12は、皮12自体に味のバリエーションが得られると共に、前述具11との組み合わせによって、全体として饅頭1に味の深みと奥行きを持たせることができる。

0023

皮12の表面につける衣13は必須でなく、小麦粉片栗粉でよい。また、他の食用粉類でもよい。

0024

参考のために、本発明の饅頭1の調理方法の一例は次の通りである。
まず、主材料並びにゼラチン及び/又は寒天を混合し、皮を成形する。次に、具11を用意する。さらに、饅頭1個分の皮の材料で饅頭1個分の具11を包みこみ、適宜の形状に成形する。最後に、饅頭1を加熱調理する。
最後の加熱調理は、「茹で」、「揚げ」、「焼き」及び「蒸し」からなる群から選択される何れかの調理手段が用いられ、電子レンジやオーブンの使用を妨げない。

0025

尚、本発明の饅頭は、最後の加熱調理を行う前に冷凍することもできる。
これによって長期間の保存が可能となり、また流通の利便を図ることが容易となるばかりか、冷凍した状態のまま店頭に置くこともできる。
皮に添加したゼラチン及び/又は寒天の前述したゲル化機能・皮膜性機能・皮の過剰な軟化防止機能・皮の硬化抑制機能は、饅頭に冷凍加工を施しても失われることはなく、消費者は饅頭を必要量だけ解凍し、油で揚げる等の前述加熱調理を適宜行うことによって、美味しく食することができる。
また、解凍した饅頭を店頭で揚げる等の加熱処理を行うことにより、屋台形式販売することもできる。

0026

以上のように、本発明の饅頭は、完成した食品として食することはもちろんであるが、 饅頭自体を他の加熱用食品成型物の具材として用いることもできる。
図2は、他の加熱用食品成型物2の具材として饅頭1を利用した概略図を示している。
他の加熱用食品成型物2は、例えばコロッケハンバーグミートボール中華まん餃子シュウマイ等の点心類等のように、内部に種々の具材を入れ込んだり、又は包み込んだり、或いは混ぜ込ませたりすることができるものであって、各個体を一定形状に成形した後に加熱調理される食品成型物である。
図2の例では、本発明の饅頭1を直径5mm程度の球体形に成型し、他の加熱用食品成型物2の中に多数包含させている。
このように、複数の饅頭1を分散させて包んでもよいし、また中心に1個の饅頭を入れてもよい。

図面の簡単な説明

0027

本発明による、皮にイモ類を含む饅頭1の実施例の断面図である。 (A)は概ね球体型、(B)は概ね楕円体型、(C)は概ね椀型の全体形状を成している。
本発明による饅頭1を、その内部に複数包み込んだ他の加熱用食品成型物2の断面図である。

符号の説明

0028

1饅頭
2 他の加熱用食品成型物
11 具
12 皮
13 衣

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 坪川佳子の「 野蚕消化物由来抽出物の製造方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】これまで利用されてこなかった野蚕の消化物の利用を図り、その消化物から有効成分を抽出し付加価値の高い商品を提供することを目的とする。【解決手段】野蚕の5齢幼虫に桜の葉を給餌する給餌工程(S1)と... 詳細

  • アイディールブレーン株式会社の「 加圧加工システム」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】海又は湖に対象物を浸漬して対象物を加圧加工する加圧加工システムであって、海又は湖に浸漬した対象物を容易に回収することが可能な加圧加工システムを提供する。【解決手段】本発明は、海又は湖に対象物P... 詳細

  • 日本製粉株式会社の「 トマトソースフィリング」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】フィリングが内包されたパンなどの食品を高温で加熱調理したとき、フィリングが外包生地に染み出たり、あるいは外部に漏出したりすることがないような包餡適性を有し、一方でトマトの風味を維持して、自然な... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ