図面 (/)

技術 梃子の原理で回転時トルクを利用する助力動力機

出願人 畠山昭司
発明者 畠山昭司
出願日 2007年7月17日 (13年5ヶ月経過) 出願番号 2007-211566
公開日 2009年2月5日 (11年10ヶ月経過) 公開番号 2009-024866
状態 未査定
技術分野 伝動装置
主要キーワード 動力機 板スプリング スプロケットギヤ 力スプリング 動ベアリング 動力受 チェーンスプロケット チェーン駆動
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年2月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

軸をスムースに回転させる助力機構

解決手段

本発明は、主軸1に装着したスプロケットギヤ9と副軸3に装着したスプロケットギヤ9は同歯数であってチェーン連動しており、副軸3に設置したカム2で中立板4を押し付け、主軸1に設置した回転板6の外周部に設置した受動ベアリング8を中立板4で押す付けることによって、軸に発生するトルク梃子原理を使って再コントロールするようにした機構動力助力機構である。

概要

背景

概要

軸をスムースに回転させる助力機構。本発明は、主軸1に装着したスプロケットギヤ9と副軸3に装着したスプロケットギヤ9は同歯数であってチェーン連動しており、副軸3に設置したカム2で中立板4を押し付け、主軸1に設置した回転板6の外周部に設置した受動ベアリング8を中立板4で押す付けることによって、軸に発生するトルク梃子原理を使って再コントロールするようにした機構動力助力機構である。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

入力時に発生するトルク梃子原理を使って動力機助力作用させるための原理となる大小の回転体に発生するそれぞれのトルクを中立板を介して、小の回転時のトルクを、大の回転体へ助力作用させる機構

技術分野

0001

現在の動力機に無かった機構を加える事に依って、より良い動力機とする機構である。

0002

本発明の基本は、動力発生時のトルクと、梃子原理組合せて利用する機構の発明である。

0003

本発明の着眼は、軸に発生するトルクを梃子の原理を使って、再コントロールするようにした機構の動力助力機構である。

発明が解決しようとする課題

本案の回転方向時計回りで説明します。
1の主軸と3の副軸チェーン駆動で回転するので同方向回転である。
1の主軸と3のスプロケットギヤは同歯数であるので、発生トルク同値のトルクを伝えることが出来る。
本機構の特徴は、6の回転板の中心から、外周の8の受動ベアリングの距離は、4の中立板へ加わる2のカムの力とで、梃子の原理が作用するので2のカムの力が小さくとも4の中立板が、長く作用する。即ち4の中立板の長さが、8の動力受動ベアリング押し付ける時の移動距離の長さが、動力を発生させることが出来る。
例として、外周10cmと50cmのトルクの差が、外周10cmのトルクの力を中立板を介して50cmの外周を助力作用させようとするものである。
此の機構の中立板と接触する受動ベアリングとの間隙は、コンマ単位で装着するので、此の時発生して中立板を押し付ける動力が大きければ、受動ベアリングとの関係を良好に保つことが出来ない。
此れを解決するために、8の受動ベアリングを装着した11のスブリングで調整する機構である。
1の主軸には、6の回転板を装着し、6の回転板には、4の中立板を介して、3の副軸での力を2のカムで送り込まれた力を受動する8の動力受動ベアリングを装着してあるので、3の副軸での力は、1の主軸へ、助力作用をする。
(9のスプロケットギヤは、同歯数である。)
助力作用の有り方は、1の主軸の8の受動ベアリングと中立板及び、3の副軸の2のカムとで関連して発生する。
特に8の受動ベアリングと、2のカムとの接触位置が大切である。
図面には有りませんが、此の機構を利用するには、中立板を増やす必要がある。
1の主軸の6の回転板を、360度を三等分して120度とすれば、副軸が三本必要であり、スムーズに回転させるには、必要に応じて、四等分等とすれば、副軸も四本必要となり、それに伴って9のスプロケットギヤ、4の中立板等も増やす必要が生ずる。
(大型化すればする程、副軸などの数も必要となる。)
つまり、1の主軸に対して、3の副軸を増やしスムーズに回転させると共に助力動力を発生させる機構である。

図面の簡単な説明

図の説明及び作動の簡単な説明
1の主軸へ、9のスプロケットギヤ、6の回転板、11の板スプリングに装着された8の受動ベアリングを装着し、1の主軸へ9のスプロケットギヤは3の副軸へ装着した9のスプロケットギヤ(注1の主軸と3の副軸のスプロケットギヤは同歯数である)をチェーン連動するように装着、3の副軸には、4の中立板を押し付けるための2のカムを装着、4の中立板は、6の回転板に取り付けてある11の強力スプリングに装着した8の動力受動ベアリングを回転方向に押し付け助力動力を発生させる。
(上記の機構が梃子の原理を応用した機構である。つまり、主軸の中心と、6の回転板へ装着した8の受動ベアリングとの間に、梃子の原理が発生する。1の主軸の9のスプロケットギヤが力点、2のカムを助力 7の中立板軸に支持された4の中立板は支点、6の回転板に支持した8の受動ベアリングは作用点

符号の説明

1主軸
2カム(強力スプリング内蔵)
3副軸
4中立板(案内板
5チェーン
6回転板(主軸と結合されている回転体
7 中立板軸(案内板の軸)
8動力受動ベアリング
チェーンスプロケットギヤ(同歯数2枚)
10 入力及び出力部(プーレ)
11 強力板スプリング(動力受動ベアリングを装着部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 广州成呈智能科技有限公司の「 ゴブレットクリーニング設備」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明はゴブレットクリーニング設備を開示した。【解決手段】本体および前記本体の中に設置される操作チャンバを含み、前記操作チャンバの右側端壁の中には外部と連通している置き孔が設置され、前記操作チ... 詳細

  • 胡金霞の「 ニットセーターの埃をはたく装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明はニットセーターの埃をはたく装置を開示した。【解決手段】装置主体を含み、前記装置主体の中には右方に開口した作業チャンバが設置され、前記作業チャンバの左側内壁の中にはスライドブロックチャン... 詳細

  • 済南惠満汽車用品有限公司の「 防砂サイクリングマスク」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明は防砂サイクリングマスクを開示した。【解決手段】使用する時、モーターを始動して第一傘歯車を回転連動させ、第一傘歯車が噛合によって第二傘歯車とウォームとを回転連動させ、ウォームが噛合によっ... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ