図面 (/)

技術 加熱殺菌装置の冷却システム

出願人 株式会社サムソン
発明者 森寛
出願日 2008年10月28日 (12年7ヶ月経過) 出願番号 2008-276875
公開日 2009年1月29日 (12年4ヶ月経過) 公開番号 2009-017893
状態 特許登録済
技術分野 食品の保存(凍結・冷却・乾燥を除く)
主要キーワード バイパス配管側 噴流水 殺菌槽内 直接殺菌 冷却用水 被殺菌物 加熱殺菌装置 噴流ノズル
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年1月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

クーリングタワーに送る冷却用水温度がクーリングタワーの耐熱温度以上となることの防止と、冷却工程時の水使用量の削減を両立する。

解決手段

内部に噴流ノズル13を設けた殺菌槽1、殺菌槽の底部と噴流ノズルに接続した噴流水循環経路11、噴流水循環経路の途中に熱交換器3、さらに各部の作動を制御する運転制御装置12を設けておき、高温噴流水によって殺菌槽内被殺菌物2を加熱殺菌し、低温の噴流水によって被殺菌物の冷却を行っている加熱殺菌装置であって、噴流水を冷却する冷却用水から熱の放出を行うクーリングタワー8、熱交換器とクーリングタワーの間で冷却用水を循環させる冷却用水循環経路9、冷却用水循環経路の熱交換器設置部分よりも上流側と下流側をつないだバイパス配管5、バイパス配管の途中にバイパス配管の流量を制御するバイパス弁6を設ける。

概要

背景

殺菌槽内密封包装した被殺菌物を収容しておき、殺菌槽内に熱水噴流して被殺菌物の加熱を行うことで、常温で長期間の保存を可能としたレトルト食品の殺菌を行う加熱殺菌装置がある。加熱殺菌装置の運転工程には、殺菌槽内へ高温噴流水を導入して被殺菌物を加熱し殺菌する加熱殺菌工程と、加熱殺菌工程後に殺菌槽内へ低温の噴流水を導入して被殺菌物を冷却する冷却工程とがある。

加熱殺菌装置には熱交換器を設け、噴流水は殺菌槽と熱交換器の間で循環するようにしておき、熱交換器の2次側に噴流水を通す。加熱殺菌工程では熱交換器の1次側蒸気を送ることで2次側の噴流水を加熱し、冷却工程では熱交換器の1次側に冷却用水を送ることで2次側の噴流水を冷却する。噴流水と冷却用水で熱交換して噴流水を冷却している冷却工程の場合、冷却用水は噴流水から熱を吸収することで温度が高くなる。冷却工程開始時点の殺菌槽内温度は120℃程度と高いため、熱交換器で熱の吸収を行った冷却用水は100℃を越えることもある。

冷却用水を使い捨てにしたのでは冷却用水の使用量が多くなるため、冷却用水から熱の放出を行うためのクーリングタワーを設けておき、クーリングタワーと熱交換器の間で冷却用水を循環することで温度の上昇した冷却用水の熱を大気中に放出している。ただし、クーリングタワーの耐熱温度は80℃程度であるため、冷却工程初期であって冷却用水がクーリングタワーの耐熱温度より高い場合には、クーリングタワーで冷却を行うことはできない。そのため、冷却工程初期には直接殺菌槽内へ給水を行うことで殺菌槽の温度を低下させ、温度低下後にクーリングタワーによる冷却を行う。クーリングタワーによる冷却の場合は冷却用水を再利用することができるが、殺菌槽内への給水による冷却の場合は水を使い捨てにすることになるため、使用水量が増大するという問題がある。
特開平11−347105号公報

概要

クーリングタワーに送る冷却用水温度がクーリングタワーの耐熱温度以上となることの防止と、冷却工程時の水使用量の削減を両立する。 内部に噴流ノズル13を設けた殺菌槽1、殺菌槽の底部と噴流ノズルに接続した噴流水循環経路11、噴流水循環経路の途中に熱交換器3、さらに各部の作動を制御する運転制御装置12を設けておき、高温の噴流水によって殺菌槽内の被殺菌物2を加熱殺菌し、低温の噴流水によって被殺菌物の冷却を行っている加熱殺菌装置であって、噴流水を冷却する冷却用水から熱の放出を行うクーリングタワー8、熱交換器とクーリングタワーの間で冷却用水を循環させる冷却用水循環経路9、冷却用水循環経路の熱交換器設置部分よりも上流側と下流側をつないだバイパス配管5、バイパス配管の途中にバイパス配管の流量を制御するバイパス弁6を設ける。

目的

本発明が解決しようとする課題は、クーリングタワーに送る冷却用水温度がクーリングタワーの耐熱温度以上となることを防止することと、冷却工程時の水使用量の削減を両立することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

内部に噴流ノズルを設けた殺菌槽、一端は殺菌槽の底部に接続し他端は殺菌槽内の噴流ノズルに接続した噴流水循環経路、噴流水循環経路の途中に噴流水循環ポンプ熱交換器、さらに各部の作動を制御する運転制御装置を設けておき、蒸気によって加熱した高温の噴流水を殺菌槽内に導入することで被殺菌物加熱殺菌を行い、冷却した低温の噴流水を殺菌槽内に導入することで殺菌槽内の冷却を行っている加熱殺菌装置の冷却システムであって、冷却用水から熱の放出を行うクーリングタワー、熱交換器とクーリングタワーの間を結び、熱交換器とクーリングタワーの間で冷却用水を循環させる冷却用水循環経路、冷却用水循環経路の熱交換器設置部分よりも上流側と下流側をつないだバイパス配管、バイパス配管の途中にバイパス配管の流量を制御するバイパス弁、クーリングタワーに入る冷却用水の温度を検出する温度センサーを設けておき、運転制御装置は、前記温度センサーにて検出する冷却用水の温度が所定温度以下となるようにバイパス弁の開度を調節することを特徴とする加熱殺菌装置の冷却システム。

技術分野

0001

本発明は食品を加熱して殺菌を行う加熱殺菌装置における冷却システムに関するものである。

背景技術

0002

殺菌槽内密封包装した被殺菌物を収容しておき、殺菌槽内に熱水噴流して被殺菌物の加熱を行うことで、常温で長期間の保存を可能としたレトルト食品の殺菌を行う加熱殺菌装置がある。加熱殺菌装置の運転工程には、殺菌槽内へ高温噴流水を導入して被殺菌物を加熱し殺菌する加熱殺菌工程と、加熱殺菌工程後に殺菌槽内へ低温の噴流水を導入して被殺菌物を冷却する冷却工程とがある。

0003

加熱殺菌装置には熱交換器を設け、噴流水は殺菌槽と熱交換器の間で循環するようにしておき、熱交換器の2次側に噴流水を通す。加熱殺菌工程では熱交換器の1次側蒸気を送ることで2次側の噴流水を加熱し、冷却工程では熱交換器の1次側に冷却用水を送ることで2次側の噴流水を冷却する。噴流水と冷却用水で熱交換して噴流水を冷却している冷却工程の場合、冷却用水は噴流水から熱を吸収することで温度が高くなる。冷却工程開始時点の殺菌槽内温度は120℃程度と高いため、熱交換器で熱の吸収を行った冷却用水は100℃を越えることもある。

0004

冷却用水を使い捨てにしたのでは冷却用水の使用量が多くなるため、冷却用水から熱の放出を行うためのクーリングタワーを設けておき、クーリングタワーと熱交換器の間で冷却用水を循環することで温度の上昇した冷却用水の熱を大気中に放出している。ただし、クーリングタワーの耐熱温度は80℃程度であるため、冷却工程初期であって冷却用水がクーリングタワーの耐熱温度より高い場合には、クーリングタワーで冷却を行うことはできない。そのため、冷却工程初期には直接殺菌槽内へ給水を行うことで殺菌槽の温度を低下させ、温度低下後にクーリングタワーによる冷却を行う。クーリングタワーによる冷却の場合は冷却用水を再利用することができるが、殺菌槽内への給水による冷却の場合は水を使い捨てにすることになるため、使用水量が増大するという問題がある。
特開平11−347105号公報

発明が解決しようとする課題

0005

本発明が解決しようとする課題は、クーリングタワーに送る冷却用水温度がクーリングタワーの耐熱温度以上となることを防止することと、冷却工程時の水使用量の削減を両立することにある。

課題を解決するための手段

0006

内部に噴流ノズルを設けた殺菌槽、一端は殺菌槽の底部に接続し他端は殺菌槽内の噴流ノズルに接続した噴流水循環経路、噴流水循環経路の途中に噴流水循環ポンプと熱交換器、さらに各部の作動を制御する運転制御装置を設けておき、蒸気によって加熱した高温の噴流水を殺菌槽内に導入することで被殺菌物の加熱殺菌を行い、冷却した低温の噴流水を殺菌槽内に導入することで殺菌槽内の冷却を行っている加熱殺菌装置の冷却システムであって、冷却用水から熱の放出を行うクーリングタワー、熱交換器とクーリングタワーの間を結び、熱交換器とクーリングタワーの間で冷却用水を循環させる冷却用水循環経路、冷却用水循環経路の熱交換器設置部分よりも上流側と下流側をつないだバイパス配管、バイパス配管の途中にバイパス配管の流量を制御するバイパス弁、クーリングタワーに入る冷却用水の温度を検出する温度センサーを設けておき、運転制御装置は、前記温度センサーにて検出する冷却用水の温度が所定温度以下となるようにバイパス弁の開度を調節することを特徴とするものである。

0007

加熱殺菌装置における冷却工程開始直後の場合、殺菌槽内温度が高いために冷却用水の温度も高くなる。冷却用水温度がクーリングタワーの耐熱温度より高くなる場合、クーリングタワーで冷却用水を冷却することができない。しかし、噴流水循環経路にバイパス配管を設けておき、冷却工程開始時にはバイパス弁を開くようにすると、クーリングタワーにて冷却した冷却用水の一部は、熱交換器へ送らずに熱交換器からクーリングタワーへ向かう冷却用水に合流させることになり、クーリングタワーに入る冷却用水の温度を低下させることができる。

0008

また、冷却工程開始時点では殺菌槽の温度が高いため、熱交換器で熱交換を行った後の冷却用水温度は高くなるが、冷却工程を行うことで殺菌槽の温度が低くなると、熱交換器で熱交換を行った後の冷却用水温度の上昇度は小さくなる。冷却工程が進行することで冷却用水温度の上昇度が小さくなると、バイパス配管を通す冷却用水量を少なくすることができ、バイパス配管の水量を少なくすると、その分熱交換器へ送る水量を多くなるため、熱交換器へ送る冷却用水量を多くすることで噴流水の冷却効率を向上することができる。

発明の効果

0009

本発明を実施することで、クーリングタワーに送られる冷却用水温度がクーリングタワーの耐熱温度以上となることを防止することと、冷却工程時の水使用量の削減を両立することができる。また、冷却速度を調節することができ、冷却工程初期に急激な冷却が行われることを防止することができるので、冷却工程初期に急激な冷却を行うことにより発生する温度むらなどを防ぐことができる。

発明を実施するための最良の形態

0010

本発明の一実施例を図面を用いて説明する。図1は本発明を実施している加熱殺菌装置のフロー図である。加熱殺菌装置は、円筒形の殺菌槽1内に被殺菌物2を収容しておき、被殺菌物2に高温水を噴流することで被殺菌物2の殺菌を行うものである。殺菌槽1の底部には噴流水循環経路11の一端を接続し、噴流水循環経路11の他端は殺菌槽1内に設けた噴流ノズル13に接続しておく。噴流水循環経路11の途中には噴流水循環ポンプ4と熱交換器3を設けておき、殺菌槽1底部から取り出した水を噴流水循環ポンプ4で加圧して殺菌槽1内の被殺菌物2へ噴流する。

0011

噴流水熱交換器3は2つの流体の間で熱交換を行うものであり、熱交換器の1次側には蒸気または冷却用水、2次側には噴流水を通す。冷却用水から熱を放出するクーリングタワー8を設けておき、熱交換器3とクーリングタワー8の間で冷却用水を循環する冷却用水循環経路9を設ける。冷却用水循環経路9の途中には冷却用水の循環を行う冷却用水循環ポンプ10と、クーリングタワー8へ向かう冷却用水の温度を検出する温度センサー7を設けておく。冷却用水循環経路9には、熱交換器3よりも上流側と熱交換器3よりも下流側をつなぐバイパス配管5を設置し、バイパス配管5の途中には流量調節の可能なバイパス弁6を設ける。

0012

加熱殺菌装置の運転を制御する運転制御装置12を設け、運転制御装置12は加熱殺菌装置の各機器と接続しておく。加熱殺菌装置の運転は、被殺菌物2を加熱し殺菌する加熱殺菌工程と、加熱殺菌工程終了後に被殺菌物2を冷却する冷却工程がある。被殺菌物2の加熱と冷却は、どちらも噴流水循環ポンプ4を作動することで殺菌槽1内から取り出した水を熱交換器3へ送り、熱交換器3で熱交換実施後に殺菌槽1内の被殺菌物2へ噴流することで行うが、加熱時と冷却時では熱交換器の1次側を異ならせる。

0013

加熱殺菌工程の場合、熱交換器3の1次側には蒸気を供給することで、噴流水循環経路11を通る噴流水を加熱する。噴流水を高温にしておき、高温の噴流水を殺菌槽1内に噴流することで被殺菌物2の温度は上昇し、被殺菌物2を所定温度で所定時間維持することで被殺菌物2の殺菌を行う。加熱殺菌工程が終了すると蒸気の供給を停止し、被殺菌物2を冷却する冷却工程に移行する。

0014

冷却工程では、冷却用水循環ポンプ10を作動することにより、熱交換器3とクーリングタワー8の間で冷却用水を循環し、熱交換器3の1次側に冷却用水を供給する。冷却用水を熱交換器3へ供給すると、噴流水の熱が冷却用水に移動し、噴流水は温度が低下して冷却用水は温度が上昇する。冷却用水は熱交換器3とクーリングタワー8の間で循環しているため、熱交換器3で温度の上昇した冷却用水はクーリングタワー8へ向かい、クーリングタワー8で大気中に熱の放出を行って再び熱交換器3へ向かう。熱交換器3で温度の低下した噴流水は、殺菌槽1内の被殺菌物2などを冷却することで温度が上昇し、熱交換器3での熱交換を行うことを繰り返すことで殺菌槽1内を冷却することができる。

0015

冷却工程の場合、熱交換器3へ送る冷却用水の量が多ければ噴流水から吸収する熱量が多くなるが、冷却工程初期の場合には冷却用水の温度が高くなり過ぎることがある。そのため、冷却工程開始時にはバイパス弁6を開いておき、冷却用水の一部はバイパス配管5を通るようにしておく。バイパス弁6を開くと、クーリングタワー8からの冷却用水は、熱交換器3より上流のバイパス配管5接続部で熱交換器3側とバイパス配管5側に分流する。熱交換器3側に向かった冷却用水は熱交換器3で熱交換を行うことで温度が高くなるが、バイパス配管側に向かった冷却用水では温度の上昇はない。熱交換器3側とバイパス配管5側に分流していた冷却用水は、熱交換器3より下流のバイパス配管5の接続部で合流する。

0016

冷却工程初期の場合、殺菌槽1内の温度は120℃程度の高温であるため、熱交換器3で熱交換を行った冷却用水は100℃を越える温度となることがあった。しかし高温となった冷却用水は、バイパス配管5側を通った冷却用水と混合することで温度が低くなり、クーリングタワー8の耐熱温度以上の冷却用水がクーリングタワー8に入ることを防止することができる。

0017

クーリングタワー8に入る冷却用水の温度は温度センサー7で検出する。運転制御装置12は、温度センサー7で検出している冷却用水温度がクーリングタワー8の耐熱温度(80℃)未満となるように、バイパス弁6の開度を調節する。冷却工程初期の場合はバイパス弁6の開度を大きくしておき、冷却が進み殺菌槽1内温度の低下により温度センサー7で検出する冷却用水温度が低くなれば、バイパス弁6の開度を小さくしていく。バイパス弁6の開度を大きくした場合、バイパス配管5を通る冷却用水が多くなり、その分熱交換器3を通る冷却用水量は少なくなる。熱交換器3へ送る冷却用水量を少なくすると、熱交換器3で冷却用水が取り込む熱量が少なくなり、熱交換器3を通過した冷却用水温度は高くても、バイパス配管5からの冷却用水と混合して希釈することで冷却用水の温度は低くなる。

0018

冷却工程を行うことで殺菌槽1内の温度が低くなり、温度センサー7で検出している温度が低くなると、運転制御装置12はバイパス弁6の開度を小さくし、バイパス配管5を通る冷却用水の割合を徐々に少なくする。殺菌槽内温度が高い場合は、熱交換器3で熱を吸収した冷却用水温度も高くなるため、バイパス配管5へ送る冷却用水を多くすることでクーリングタワー8に入る冷却用水温度を低くする必要がある。しかし、冷却工程を行うことによって殺菌槽内温度が低くなってくると、熱交換器3で熱を吸収した後の冷却用水温度も低くなるため、冷却用水温度を低くするためにバイパス配管5を通さなければならない冷却用水の必要量は少なくなる。そのため殺菌槽1の温度が低くなると、バイパス配管5を通す冷却用水量を少なくし、その分熱交換器3へ送る冷却用水量を多くすることができ、熱交換器3へ送る冷却用水量を多くすれば冷却の速度が向上する。殺菌槽1内の温度が冷却工程終了温度まで低下すると、噴流水循環ポンプ4及び冷却用水循環ポンプ10を停止して冷却工程を終了し、殺菌槽1内から被殺菌物2を取り出す。

0019

上記のようにして殺菌槽1の冷却を行うことで、クーリングタワー8の耐熱温度まで低下させるために給水を行い、その後は排水することで使い捨てにする水をなくすことができ、省エネルギーとなる。また、上記のように冷却を行うと、冷却工程初期に急激な冷却が行われることはなく、殺菌槽1を徐々に冷却することができる。急激な冷却を行った場合には温度むらが発生しやすくなり、圧力制御も不安定となって被殺菌物2が変形するなどの問題があったが、熱交換器3へ送る冷却用水量を調節することで冷却速度を調節することができるようになり、圧力制御などを安定させることもできる。

0020

なお、本実施例では温度センサー7に基づいてバイパス弁6の開度を調節するようにしたが、バイパス弁6の開度調節は経過時間に基づいて行うようにしてもよく、冷却工程初期にはバイパス弁6を全開としておき、その後バイパス弁6を徐々に閉じていくようにしても良い。

図面の簡単な説明

0021

本発明の一実施例を行う加熱殺菌装置のフロー図

符号の説明

0022

1殺菌槽
2被殺菌物
3熱交換器
4噴流水循環ポンプ
5バイパス配管
6バイパス弁
7温度センサー
8クーリングタワー
9冷却用水循環経路
10 冷却用水循環ポンプ
11噴流水循環経路
12運転制御装置
13 噴流ノズル

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • アルプス薬品工業株式会社の「 ルチン組成物」が 公開されました。( 2021/04/01)

    【課題】水溶性が改善した、ルチンの高い経口吸収を示す組成物の提供。【解決手段】ルチンとL−アルギニンとアスコルビン酸のアルカリ塩との間のモル比が1:1.6〜3.0:0.1〜2.0である、ルチン、L−ア... 詳細

  • プラトスナームローズフェノートサップの「 食用含有物を含む組成物の加熱方法」が 公開されました。( 2021/03/25)

    【課題・解決手段】本明細書によれば、少なくとも20%(w/w)の個別に識別可能な食用含有物を含む組成物の加熱方法が提供される。本明細書に開示される加熱方法は、組成物に第1のオーム加熱処理を適用する工程... 詳細

  • 国立大学法人京都大学の「 殺菌処理された肉塊の製造方法」が 公開されました。( 2021/03/25)

    【課題】食品用液体殺菌剤の使用量がより少なくとも、良好な殺菌効果が得られる、肉塊の殺菌技術を提供すること。【解決手段】食肉、魚肉、及び貝肉からなる群より選択される少なくとも1種の肉塊を、密閉容器内で、... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ