図面 (/)

技術 坐薬製剤組成物

出願人 第一三共ヘルスケア株式会社
発明者 角田健司雨宮勉松原善
出願日 2008年5月23日 (12年7ヶ月経過) 出願番号 2008-135120
公開日 2009年1月15日 (11年11ヶ月経過) 公開番号 2009-007338
状態 特許登録済
技術分野 医薬品製剤 化合物または医薬の治療活性
主要キーワード ケイ酸鉱 頭部先端 半固形状物 痔疾患者 界面活性成分 評価スコア メントール類 無水リン酸二水素ナトリウム
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年1月15日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

本発明が解決しようとする課題は、挿入時の苦痛を軽減すると共に、排便時における課題(排便痛および排便恐怖感)も解決した坐剤、特に、痔疾患治療用坐剤製剤組成物を提供することである。

解決手段

坐剤が、直腸上部移動性層直腸下部滞留性層の2層を有する坐剤であり、該直腸上部移動性層を速溶性に、かつ、該直腸下部滞留性層を遅溶性及び/又は膨潤性にすることにより、かかる課題を解決した。

概要

背景

坐剤とは、薬剤基剤を混ぜて魚雷又は紡錘形状成型して、肛門に挿入し、体温によって溶解するか又は直腸に存在する水分(分泌液)によって溶解する固形外用剤であり、その特徴は、内服薬のように肝臓による薬物の分解が少ないこと、胃腸内での分解がなく薬物による胃腸障害もないこと等であるが、一方で、挿入時に痛みを伴うことや体温で溶けるため冷所保存が必要であるという問題もある。

特に、痔疾用坐剤では挿入時の痛みは深刻な問題であり、これまでに、挿入時の苦痛を軽減する技術として以下のものが開示されている。
1)挿入時に流れ落ちない程度の粘度を有する半固形状物質を坐剤の先端部に付着または配合させた製剤(特許文献1参照)。
2)坐剤先端部の融点を低くして挿入時に先端が容易に溶融して潤滑作用をもたせ、基部は通常の坐剤溶融温度にして挿入時の指温度による溶融・変形の生じない多層型にした坐剤(特許文献2)。
特開昭62−175420号公報
特開昭62−192320号公報

概要

本発明が解決しようとする課題は、挿入時の苦痛を軽減すると共に、排便時における課題(排便痛および排便恐怖感)も解決した坐剤、特に、痔疾患治療用坐剤製剤組成物を提供することである。坐剤が、直腸上部移動性層直腸下部滞留性層の2層を有する坐剤であり、該直腸上部移動性層を速溶性に、かつ、該直腸下部滞留性層を遅溶性及び/又は膨潤性にすることにより、かかる課題を解決した。 なし

目的

即ち、本発明が解決しようとする課題は、挿入時の苦痛を軽減すると共に、上述のような排便時における課題(排便痛および排便恐怖感)も解決した坐剤、特に、痔疾患治療用坐剤製剤組成物を提供することである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

直腸上部移動性層直腸下部滞留性層とを有することを特徴とする坐剤

請求項2

直腸上部移動性層が速溶性であり、直腸下部滞留性層が遅溶性及び/又は膨潤性であることを特徴とする請求項1に記載の坐剤。

請求項3

坐剤芯部が直腸下部滞留性層で、その外殻が直腸上部移動性層からなることを特徴とする請求項1又は2に記載の坐剤。

請求項4

坐剤の頭部が直腸上部移動性層からなり、坐剤の底部が直腸下部滞留性層からなることを特徴とする請求項1又は2に記載の坐剤。

請求項5

坐剤頭部先端部又は坐剤頭部表面に潤滑剤層を有することを特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載の坐剤。

請求項6

潤滑剤層が、直腸上部移動性層の融点よりも低い融点の基剤、又は潤滑剤からなる請求項5に記載の坐剤。

請求項7

直腸上部移動性層が界面活性成分を含有することを特徴とする請求項1〜6のいずれか1項に記載の坐剤。

請求項8

界面活性成分がジオクチルソジウムスルホサクシネートである請求項7に記載の坐剤。

請求項9

直腸下部滞留性層が痔疾用の薬効成分を含有することを特徴とする請求項1〜8のいずれか1項に記載の坐剤。

請求項10

痔疾用の薬効成分が、局所麻酔剤ロートエキス血管収縮剤副腎皮質ホルモン収斂剤殺菌剤サルファ剤抗ヒスタミン剤クロタミトン消炎剤、痔疾用生薬ビタミン類カンフルメントール類及びユーカリ油から選ばれる1種又は2種以上からなる請求項9に記載の坐剤。

請求項11

痔疾患者の、治療とともに、排便時の苦痛又は排便恐怖感を取り除くための、請求項1〜10のいずれか1項に記載の坐剤。

技術分野

0001

本発明は、坐剤挿入時の苦痛が軽減され、かつ、排便時の苦痛も軽減された坐剤に関するもので、特に、痔疾患に好適な坐剤に関する。

背景技術

0002

坐剤とは、薬剤基剤を混ぜて魚雷又は紡錘形状成型して、肛門に挿入し、体温によって溶解するか又は直腸に存在する水分(分泌液)によって溶解する固形外用剤であり、その特徴は、内服薬のように肝臓による薬物の分解が少ないこと、胃腸内での分解がなく薬物による胃腸障害もないこと等であるが、一方で、挿入時に痛みを伴うことや体温で溶けるため冷所保存が必要であるという問題もある。

0003

特に、痔疾用坐剤では挿入時の痛みは深刻な問題であり、これまでに、挿入時の苦痛を軽減する技術として以下のものが開示されている。
1)挿入時に流れ落ちない程度の粘度を有する半固形状物質を坐剤の先端部に付着または配合させた製剤(特許文献1参照)。
2)坐剤先端部の融点を低くして挿入時に先端が容易に溶融して潤滑作用をもたせ、基部は通常の坐剤溶融温度にして挿入時の指温度による溶融・変形の生じない多層型にした坐剤(特許文献2)。
特開昭62−175420号公報
特開昭62−192320号公報

発明が解決しようとする課題

0004

上述の坐剤挿入時の苦痛軽減技術とは別に、特に、痔疾患者にとっては、便の大きさや硬さは排便時の苦痛のみならず患部治療に悪影響も与えてしまうこと、加えて、出にくい便も深刻な問題であり排便時のいきみの繰返しは痔疾患の憎悪に繋がるという課題があることに本発明者は着目した。

0005

更に、本課題を解決する製剤技術がこれまでに存在しないことにも初めて気付いた。

0006

即ち、本発明が解決しようとする課題は、挿入時の苦痛を軽減すると共に、上述のような排便時における課題(排便痛および排便恐怖感)も解決した坐剤、特に、痔疾患治療用坐剤製剤組成物を提供することである。

課題を解決するための手段

0007

本発明者は、上記課題を解決すべく鋭意研究を行った結果、坐剤が、直腸上部移動性層直腸下部滞留性層の2層を有する坐剤であり、該直腸上部移動性層を速溶性に、かつ、該直腸下部滞留性層を遅溶性及び/又は膨潤性にすれば解決できることを見出した。

0008

より詳しくは、直腸上部移動性層が直腸下部滞留性層を覆うか、又は、坐剤の頭部が直腸上部移動性層で底部が直腸下部滞留性層である、2層坐剤とすることにより、本発明を完成するに至った。更に好ましくは、坐剤頭部先端部又は坐剤頭部表面に潤滑剤層を有する3層坐剤とすることにより課題が解決できることを見出した。

0009

すなわち、本発明は、以下のとおりである。
(1)直腸上部移動性層と直腸下部滞留性層とを有することを特徴とする坐剤。
(2)直腸上部移動性層が速溶性であり、直腸下部滞留性層が遅溶性及び/又は膨潤性であることを特徴とする(1)に記載の坐剤。
(3)坐剤芯部が直腸下部滞留性層で、その外殻が直腸上部移動性層からなることを特徴とする(1)に記載の坐剤。
(4)坐剤の頭部が直腸上部移動性層からなり、坐剤の底部が直腸下部滞留性層からなることを特徴とする(1)に記載の坐剤。
(5)坐剤頭部先端部又は坐剤頭部表面に潤滑剤層を有することを特徴とする(1)〜(4)のいずれか1に記載の坐剤。
(6)潤滑剤層が、直腸上部移動性層の融点よりも低い融点の基剤、又は潤滑剤からなる、(5)に記載の坐剤。
(7)直腸上部移動性層が界面活性成分を含有することを特徴とする(1)〜(6)のいずれか1に記載の坐剤。
(8)界面活性成分がジオクチルソジウムスルホサクシネートである(7)に記載の坐剤。
(9)直腸下部滞留性層が痔疾用の薬効成分を含有することを特徴とする(1)〜(8)のいずれか1に記載の坐剤。
(10)痔疾用の薬効成分が、局所麻酔剤ロートエキス血管収縮剤副腎皮質ホルモン収斂剤殺菌剤サルファ剤抗ヒスタミン剤クロタミトン消炎剤、痔疾用生薬ビタミン類カンフルメントール類及びユーカリ油から選ばれる1種又は2種以上からなる(9)に記載の坐剤。
(11)痔疾患者の、治療とともに、排便時の苦痛又は排便恐怖感を取り除くための、(1)〜(10)のいずれか1に記載の坐剤。

0010

本発明の坐剤において、速溶性とは挿入後すばやく溶解すること、また遅溶性とは徐々に溶解することをさす。かかる坐剤に含まれる基剤は、当該目的を達成する基剤であれば特に限定されるものではないが、具体的には、融点温度直腸温度より低い基剤を用いれば速溶性となり、逆に、融点温度が直腸温度に近い基剤を用いれば徐々に溶解し、遅溶性となる。また、直腸の水分(分泌液)の吸収速度を調節することによって速溶性と遅溶性を達成することもできる。

0011

本発明において、「直腸上部移動性層」とは、坐剤挿入後に溶解することにより、直腸上部さらには大腸まで到達する部分を含有する部分をさす。従って、該直腸上部移動性層は直腸温度によりすばやく溶け出すことが好ましい。また、直腸上部移動性層に含まれる成分は、溶出後、直腸上部さらには大腸まで到達するため、直腸上部移動性層に含まれる成分としては、便の表面張力を低下させて便に水分吸収させて便を軟らかくすると共に、便が腸壁面を滑り易くする界面活性作用を有する成分や、腸内で炭酸ガスを発生し、蠕動運動亢進することにより排便を促進する発泡性の成分が好ましい。本発明における直腸上部移動性層に含まれる成分としては、界面活性作用を有する成分を含有することが特に好ましい。界面活性作用を有する成分としては、例えば、ジオクチルソジウムスルホサクシネートが挙げられ、発泡性の成分としては、炭酸水素ナトリウム及び無水リン酸二水素ナトリウムの組み合わせが挙げられる。本発明における直腸上部移動性層に含まれる成分としては、ジオクチルソジウムスルホサクシネートが好適である。

0012

本発明において、「潤滑剤層」とは、坐剤が肛門部に接触すると潤滑剤の作用をもたらす部分をさす。該潤滑剤層に含まれる成分は、前記作用をもたらすものであれば特に限定されないが、常温垂れない程度のワセリンプラスチベースオリーブ油又はグリセリン等の潤滑剤、又は、該直腸上部移動性層の融点よりも低い融点の基剤、好ましくは直腸上部移動性層の融点よりも1〜4℃低い融点の基剤から構成される。直腸上部移動性層の融点よりも低い融点の基剤としては、直腸上部移動性層の融点よりも低い融点を持つマクロゴールハードファットを用いることができ、好適には、直腸上部移動性層の融点より1〜4℃低い融点を持つマクロゴールやハードファットを用いることができる。当該潤滑剤層の存在によって、坐剤が容易かつ苦痛なく挿入できる。

0013

本発明において、「直腸下部滞留性層」とは、坐剤挿入後に患部に滞留し易くなる部分をさす。従って、該直腸下部滞留性層は、直腸温度により徐々に溶け出す性質及び/又は膨潤する性質を有する。該直腸下部滞留性層は、溶出した成分が患部に滞留するので、痔疾患に対する薬効をもたらす成分を含有する。該直腸下部滞留性層に含まれる痔疾用の薬効成分としては、局所麻酔剤、ロートエキス、血管収縮剤、副腎皮質ホルモン、収斂剤、殺菌剤、サルファ剤、抗ヒスタミン剤、クロタミトン、消炎剤、痔疾用生薬、ビタミン類、カンフル、メントール及びユーカリ油から選ばれる1種又は2種以上からなるものが好ましい。

0016

本発明において、「副腎皮質ホルモン」とは、酢酸ヒドロコルチゾン酢酸プレドニゾロンヒドロコルチゾン又はプレドニゾロン等が挙げられる。

0017

本発明において、「収斂剤」とは、酸化亜鉛又はタンニン酸等が挙げられる。

0019

本発明において、「サルファ剤」とは、スルファジアジンスルフイソミジンスルフイソミジンナトリウム又はホモスルファミン等が挙げられる。

0020

本発明において、「抗ヒスタミン剤」とは、塩酸ジフェニルピラリン塩酸ジフェンヒドラミンジフェンヒドラミン又はマレイン酸クロルフェニラミン等が挙げられる。

0021

本発明において、「消炎剤」とは、アラントインアルミニウムクロルヒドロキシアラントイネート、イクタモール塩化リゾチーム、乾燥硫酸アルミニウムカリウムグリチルレチン酸ジメチルイソプロピルアズレン、精製卵黄レシチン卵黄油又は硫酸アルミニウムカリウム等が挙げられる。

0022

本発明において、「痔疾用生薬」とは、シコンセイヨウトチノキ種子ハマメリス又は加工ダイサン等が挙げられる。

0023

本発明において、「ビタミン類」とは、肝油、強肝油、パルミチン酸レチノールビタミンA油酢酸トコフェロール又はトコフェロール等が挙げられる。

0024

本発明において、「カンフル」とは、d−カンフル又はdl−カンフルが挙げられる。

0025

本発明において、「メントール類」とは、ハッカ油l−メントール又はdl−メントール等が挙げられる。

0026

本発明において、「痔疾用」とは、痔疾患に用いることをさし、痔疾患とは大きく分けて痔核いぼ痔)、裂肛(きれ痔)及び痔ろう(あな痔)である。

発明の効果

0027

本発明の、直腸上部移動性層と直腸下部滞留性層の2層を有する坐剤は、該直腸上部移動性層がすばやく溶けて直腸上部や大腸に移動して、発泡性の成分や界面活性作用を有する成分により便を軟らかくし、かつ、腸管から便の滑りを良くすることにより、便が軟らかくかつ出やすくなり、排便時の苦痛(排便痛および排便恐怖感)を軽減するとともに痔疾患の悪化も防ぐ。また、直腸下部滞留性層が徐々に溶けて膨潤するため、痔疾疾患に対する薬効成分が長時間患部に留まることにより、効果的な痔疾患の治療が可能となる。更に、坐剤頭部先端部又は坐剤頭部表面に潤滑剤層を有する3層坐剤では、坐剤挿入時の苦痛も軽減できる。

発明を実施するための最良の形態

0028

坐剤が、直腸上部移動性層と直腸下部滞留性層の2層を有する坐剤であり、より詳しくは、直腸下部滞留性層を坐剤芯部とし、その外殻として直腸上部移動性層が直腸下部滞留性層を覆うか、又は、坐剤の頭部が直腸上部移動性層で底部が直腸下部滞留性層である、2層坐剤とする。

0029

更に好ましくは、坐剤頭部先端部又は坐剤頭部表面に潤滑剤層として潤滑剤が塗布された3層坐剤とする。

0030

該直腸上部移動性層は直腸温や直腸分泌液によりすばやく溶解する公知の基剤と、公知の界面活性成分及び/又は公知の発泡性の成分とからなり、該直腸下部滞留性層は直腸温で徐々に溶解する公知の基剤と膨潤性のある公知の基剤、及び、公知の痔疾用薬効成分からなる。

0031

本発明における基剤としては、上記目的に合致するものであれば特に限定されないが、種々の融点を有する坐薬基剤としてハードファット(以下、ウイテプゾールとも称する。)が、また、水分の吸収によって溶解するものとしてポリビニルアルコールペクチン等が選択される。

0032

例えば、本発明における直腸上部移動性層には、基剤としてハードファットが好適に使用され、その中に有効量の界面活性成分や発泡性の成分を含有させる。前記ハードファットは、1種を用いてもよく、融点の異なる2種以上を組み合わせて用いてもよい。なお、ハードファットを1種又は2種以上を組み合わせることにより、直腸上部移動性層の融点を所望の温度に調整できるが、直腸上部移動性層が速溶性となるために、直腸上部移動性層の融点が直腸温以下になるよう、ハードファットを1種又は2種以上を組み合わせて配合することが好ましい。また、直腸上部移動性層には、さらに所望により、ハードファット以外の基剤と組み合わせて配合することも可能である。

0033

また、直腸上部移動性層に界面活性成分を配合する際の界面活性剤配合比は、界面活性剤がジオクチルソジウムスルホサクシネートの場合、直腸上部移動性層に含まれる成分の総重量の0.2〜1%が好ましく、0.4〜0.8%がより好ましい。

0034

本発明における直腸下部滞留性層には、基剤として、ハードファット(ウイテプゾール)が好適に使用され、その中に、さらに膨潤性の基剤や有効量の痔疾用の薬効成分を含有させるのが好ましい。直腸下部滞留性層に含有されるハードファットは、1種を用いてもよく、融点の異なる2種以上を組み合わせて用いてもよい。なお、ハードファットを1種又は2種以上を組み合わせることにより、直腸下部滞留性層の融点を所望の温度に調整できるが、直腸下部滞留性層が遅溶性の場合は、直腸下部滞留性層の融点が、直腸上部移動性層の融点よりも高くなるよう、ハードファットを1種又は2種以上を組み合わせて用いることが好ましい。この場合、直腸上部移動性層の融点と、直腸下部滞留性層の融点との差が0.1℃以上あることが好ましい。

0035

本発明にかかる直腸下部滞留性層には、さらにポリビニルアルコールやペクチン等を基剤として配合してもよい。直腸下部滞留性層にポリビニルアルコールを配合する場合の配合比は、直腸下部滞留性層に含まれる成分の総重量の0.2〜14%が好ましく、1〜7%がより好ましい。直腸下部滞留性層にペクチンを配合する場合の配合比は、直腸下部滞留性層に含まれる成分の総重量の2〜26%が好ましく、4〜13%がより好ましい。

0036

また、直腸下部滞留性層に含有される膨潤性の基剤としては、例えば、アクリル酸重合体ポリガムアルカリ金属塩、層状ケイ酸鉱物及びアクリル酸デンプン等が挙げられるが、アクリル酸重合体が好ましい。アクリル酸重合体とは、ポリアクリル酸ポリアクリル酸塩ポリアクリル酸部分中和物又はその塩であり、好適には、カルボキシビニルポリマーである。直腸下部滞留性層における膨潤性の基剤の配合比は、膨潤性の基剤がカルボキシビニルポリマーの場合、直腸下部滞留性層に含まれる成分の総重量の1〜15%が好ましく、5〜8%がより好ましい。

0037

また、直腸下部滞留性層には、所望により、さらにその他の基剤を組み合わせて配合することも可能である。
界面活性成分のジオクチルソジウムスルホサクシネートは日本薬局方外医薬品規格2002及び医薬品添加物辞典2005に収載されている。

0038

ハードファット等の基剤やカルボキシビニルポリマー等の膨潤性の基剤は医薬品添加物辞典2005に収載されている。

0039

その他、公知の痔疾用の薬効成分の多くは第15改正日本薬局方に収載されており、容易に入手できる。

0040

以下に、実施例及び試験例を示し、本発明をさらに詳細に説明するが、本発明の範囲はこれらに限定されるものではない。

0041

(実施例1)
●直腸上部移動性層1000mg中(mg)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ジオクチルソジウムスルホサクシネート5
ウイテプゾールH12 995

●直腸下部滞留性層1000mg中(mg)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
塩酸フェニレフリン5
ジブカイン10
酢酸ヒドロコルチゾン5
酸化亜鉛100
軽質無水ケイ酸30
カルボキシビニルポリマー150
ウイテプゾールH15 700

製法
加温溶融(50℃〜70℃)した坐剤基剤(ウイテプゾール)に、各上記成分及び分量を撹拌しながら分散せしめ、第15改正日本薬局方製剤総則「坐剤」の項に準じて坐剤を製した。

0042

(実施例2)
●直腸上部移動性層1000mg中(mg)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ジオクチルソジウムスルホサクシネート10
ウイテプゾールW35 990

●直腸下部滞留性層1000mg中(mg)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
塩酸テトラヒドロゾリン1
リドカイン60
酢酸ヒドロコルチゾン5
アラントイン20
酢酸トコフェロール60
軽質無水ケイ酸20
カルボキシビニルポリマー75
ウイテプゾールE75 759

(製法)
実施例1と同様の方法で製造した。

0043

(実施例3)
●直腸上部移動性層1000mg中(mg)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ジオクチルソジウムスルホサクシネート40
ウイテプゾールH12 960

●直腸下部滞留性層1000mg中(mg)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
塩酸ジフェンヒドラミン10
リドカイン60
酢酸ヒドロコルチゾン5
アラントイン10
酢酸トコフェロール50
l—メントール9
塩酸クロルヘキシジン5
軽質無水ケイ酸20
カルボキシビニルポリマー75
ウイテプゾールW35 756

(製法)
実施例1と同様の方法で製造した。

0044

(実施例4)
●直腸上部移動性層1000mg中(mg)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ジオクチルソジウムスルホサクシネート20
ウイテプゾールH12 980
●直腸下部滞留性層1000mg中(mg)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
塩酸ジフェンヒドラミン10
リドカイン60
酢酸ヒドロコルチゾン5
アラントイン10
酢酸トコフェロール50
l—メントール9
塩酸クロルヘキシジン5
軽質無水ケイ酸20
カルボキシビニルポリマー75
ウイテプゾールW35 756
●潤滑剤層
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
白色グリセリン適量

(製法)
実施例1と同様の方法で製造した。

0045

(試験例1)効果試験
(1)被験物質
実施例1及び2のものを被験物質として使用した。なお、今回試作した被験物質は、直腸上部移動性層が坐剤の上半分(頭部)に位置し、直腸下部滞留性層は坐剤の下半分(底部)に位置するように製造した。

0046

(2)試験方法
健常ボランティア2名について日時を変えて2回投与してもらい、排便時に表5〜6の評価スコアに印を付けてもらった。

0047

(表5)
本発明の坐剤を使用した時を、坐剤を使用しなかった時と比べて、便の硬さはどうでしたか。
1.硬くなった
2.やや硬くなった
3.変わらない
4.やや軟らかくなった
5.軟らかくなった

(表6)
本発明の坐剤を使用した時を、坐剤を使用しなかった時と比べて、便の出やすさ(いきみの程度)はどうでしたか。
1.出しにくくなった(強いいきみが必要であった)
2.やや出しにくくなった(やや強いいきみが必要であった)
3.変わらない
4.やや出しやすくなった(いきみがやや少なくてすんだ)
5.軟らかくなった(いきみが少なくてすんだ)

(4)試験結果
得られた試験の結果は、いずれの場合も4となり、便の硬さ、及び、便の出しやすさの改善効果発現した。

0048

(実施例5)
●直腸上部移動性層600mg中(mg)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ジオクチルソジウムスルホサクシネート2.5
ウイテプゾールW35 478.0
ウイテプゾールE85 119.5

●直腸下部滞留性層1000mg中(mg)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
カルボキシビニルポリマー65.0
ウイテプゾールW35 748.0
ウイテプゾールE85 187.0

(製法)
加温溶融(50℃〜70℃)した坐剤基剤(ウイテプゾール)に、各上記成分及び分量を撹拌しながら分散せしめ、第15改正日本薬局方製剤総則「坐剤」の項に準じて坐剤を製した。

0049

(実施例6)
●直腸上部移動性層600mg中(mg)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ジオクチルソジウムスルホサクシネート5.0
ウイテプゾールW35 476.0
ウイテプゾールE85 119.0

●直腸下部滞留性層1000mg中(mg)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
カルボキシビニルポリマー65.0
ウイテプゾールW35 748.0
ウイテプゾールE85 187.0

(製法)
実施例5と同様の方法で製造した。

0050

(実施例7)
●直腸上部移動性層600mg中(mg)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ジオクチルソジウムスルホサクシネート2.5
ウイテプゾールW35 478.0
ウイテプゾールE85 119.5

●直腸下部滞留性層1000mg中(mg)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
酢酸プレドニゾロン1.0
リドカイン8.0
マレイン酸クロルフェニラミン1.6
酢酸トコフェロール4.8
西トチノキ種子エキス25.0(原生薬150mg相当
カルボキシビニルポリマー65.0
ウイテプゾールW35 715.7
ウイテプゾールE85 178.9

(製法)
実施例5と同様の方法で製造した。

0051

(試験例2)効果試験
(1)被験物質
実施例5〜7のものを被験物質として使用した。なお、今回試作した被験物質は、直腸上部移動性層が坐剤の上半分(頭部)に位置し、直腸下部滞留性層は坐剤の下半分(底部)に位置するように製造した。

0052

(2)試験方法および試験結果1
健常ボランティア9名について、試験例1と同じ評価スコア(表5〜6)に印を付けてもらった。得られた試験結果を表7に示す(表中の数値は9名の平均値である)。

0053

表7の結果より、本発明の坐剤(実施例5)は、便の硬さ、及び、便の出しやすさの改善効果が発現することが判った。

0054

(3)試験方法および試験結果2
実施例5を投与した健常ボランティア9名のうち、便の硬さのスコアが4以上の人4名(以下、改善群と称す)については、再度、実施例5を投与した結果を表8に示す。
また、便の硬さのスコアが3以下の人5名(以下、非改善群と称す)については実施例6を投与した結果を表9に示す。

0055

表8の結果より、本発明の坐剤(実施例5)の繰り返し投与においても、便の硬さ、及び、便の出しやすさの改善効果は概ね不変であることが判った。

0056

表9の結果より、実施例5の投与で便の硬さに改善がみられない場合、直腸上部移動性層中の界面活性成分の増量によって、便の硬さ、及び、便の出しやすさが改善されることが判った。

0057

(4)試験方法および試験結果3
実施例5を投与した健常ボランティア9名のうち、ステロイド類過敏な1名を除く8名について、実施例7を投与した結果を表10に示す。

0058

表10の結果より、痔疾治療成分を含有した製剤(実施例7)と含有しない製剤(実施例5)とで大きな相違は見られず、いずれの場合も便の硬さ、及び、便の出しやすさが改善していることが判った。

0059

本発明の、直腸上部移動性層と直腸下部滞留性層の2層を有する坐剤は、該直腸上部移動性層がすばやく溶けて直腸上部や大腸に移動して、薬効成分により便を軟らかくし、かつ、腸管から便の滑りを良くすることにより、便が軟らかくかつ出やすくなり、排便時の苦痛を軽減するとともに痔疾患の悪化も防ぐことが可能となるため有用である。更に、坐剤頭部先端部又は坐剤頭部表面に潤滑層を有する3層坐剤では、坐剤挿入時の苦痛が軽減されるため有用である。また、直腸下部滞留性層が徐々に溶けて膨潤するため、痔疾用薬効成分が長時間患部に留まることにより、効果的な痔疾患の治療が可能となる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日本メナード化粧品株式会社の「 白髪の遺伝的素因の判定方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】個人の白髪の遺伝的素因を正確かつ簡便に判定する手段の提供。【解決手段】被験者から採取したDNA含有試料について、特定の遺伝子のうち1種又は2種以上の一塩基多型(SNP)のアレルを検出する工程と... 詳細

  • ミナト製薬株式会社の「 乾燥桑葉の製造方法、乾燥桑葉および桑葉粉末」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】フェオホルバイドの生成を抑えつつ、有効成分である1−デオキシノジリマイシンの損失が少ない乾燥桑葉の製造方法、および、桑葉粉末の製造方法の提供。【解決手段】枝付き桑葉を熱湯ブランチングする工程(... 詳細

  • 森永乳業株式会社の「 エネルギー消費促進用組成物」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】エネルギー消費を促進させることが可能な技術を提供する。平均分子量が220ダルトン以上かつ1000ダルトン以下である乳タンパク質分解物、又はMet−Lys−Proからなるペプチド、又は... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ