図面 (/)

技術 バラスト水処理装置

出願人 JFEエンジニアリング株式会社
発明者 青木悟
出願日 2007年6月19日 (13年6ヶ月経過) 出願番号 2007-160942
公開日 2009年1月8日 (11年11ヶ月経過) 公開番号 2009-000583
状態 特許登録済
技術分野 船体構造 物理的水処理 殺菌剤による水の殺菌処理
主要キーワード 不感帯制御 上昇比率 計測濃度 不感帯範囲 型ろ過器 上下限範囲 積層ディスク のど部
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2009年1月8日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

どのような水質であっても確実かつ安価にIMOが定めるバラスト水基準を満たすバラスト水の処理装置および処理方法を提供する。

解決手段

殺菌剤海水中に供給する殺菌剤供給装置5と、殺菌剤が供給された海水の供給を受けて該海水中にキャビテーションを発生させて海水中に前記殺菌剤を拡散させると共に海水中の水生生物に対して損傷を与えるか死滅させるベンチュリ管6と、該ベンチュリ管6から排出された海水中の殺菌剤濃度計測し所定時間の殺菌剤濃度平均値を求め、該殺菌剤濃度平均値が予め定めた殺菌剤濃度の不感帯範囲を逸脱している場合に、前記殺菌剤供給装置が供給する殺菌剤供給量を、目標とする殺菌剤濃度に応じた殺菌剤供給量に不感帯制御率を乗じた供給量とするように調整する殺菌剤供給量制御装置31と、を備えた。

概要

背景

一般に、空荷または積荷が少ない状態の船舶は、プロペラ没水深度の確保、空荷時における安全航行の確保等の必要性から、出前にバラストタンクバラスト水注水を行う。逆に港内で積荷をする場合には、バラスト水の排出を行う。
ところで、環境の異なる荷積み港と荷下し港との間を往復する船舶によりバラスト水の注排水が行われると、バラスト水に含まれる微生物差異により沿岸生態系に悪影響を及ぼすことが懸念されている。
そこで、船舶のバラスト水管理に関する国際会議において2004年2月に船舶のバラスト水及び沈殿物規制及び管理のための国際条約が採択され、バラスト水の処理が義務付けられることとなった。

バラスト水の処理基準として国際海事機構IMO)が定める基準は、船舶から排出されるバラスト水に含まれる50μm以上の生物(主に動物プランクトン)の数が1m3中に10個未満、10μm以上50μm未満の生物(主に植物プランクトン)の数が1ml中に10個未満、コレラ菌の数が100ml中に1cfu未満、大腸菌の数が100ml中に250cfu未満、腸球菌の数が100ml中に100cfu未満となっている。

バラスト水の処理技術として、海水をろ過して水生生物捕捉するろ過装置と、海水中の細菌類死滅させる殺菌剤をろ過された海水中に供給する殺菌剤供給装置と、殺菌剤が供給されたろ過水の供給を受けて該ろ過水中にキャビテーションを発生させてろ過水中に前記殺菌剤を拡散させると共にろ過水中の水生生物に対して損傷を与えるか死滅させるベンチュリ管とを備えた装置が提案されている(例えば、特許文献1参照)。
国際公開WO2006/132157号公報

概要

どのような水質であっても確実かつ安価にIMOが定めるバラスト水基準を満たすバラスト水の処理装置および処理方法を提供する。殺菌剤を海水中に供給する殺菌剤供給装置5と、殺菌剤が供給された海水の供給を受けて該海水中にキャビテーションを発生させて海水中に前記殺菌剤を拡散させると共に海水中の水生生物に対して損傷を与えるか死滅させるベンチュリ管6と、該ベンチュリ管6から排出された海水中の殺菌剤濃度計測し所定時間の殺菌剤濃度平均値を求め、該殺菌剤濃度平均値が予め定めた殺菌剤濃度の不感帯範囲を逸脱している場合に、前記殺菌剤供給装置が供給する殺菌剤供給量を、目標とする殺菌剤濃度に応じた殺菌剤供給量に不感帯制御率を乗じた供給量とするように調整する殺菌剤供給量制御装置31と、を備えた。

目的

本発明は、かかる課題を解決するためになされたものであり、使用機器に不具合を生じさせることなく殺菌剤の供給量を適正に制御できるバラスト水の処理装置を提供することを目的する。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

殺菌剤海水中に供給する殺菌剤供給装置と、殺菌剤が供給された海水の供給を受けて該海水中にキャビテーションを発生させて海水中に前記殺菌剤を拡散させると共に海水中の水生生物に対して損傷を与えるか死滅させるベンチュリ管と、該ベンチュリ管から排出された海水中の殺菌剤濃度計測し所定時間の殺菌剤濃度平均値を求め、該殺菌剤濃度平均値が予め定めた殺菌剤濃度の不感帯範囲を逸脱している場合に、前記殺菌剤供給装置が供給する殺菌剤供給量を、目標とする殺菌剤濃度に応じた殺菌剤供給量に(1)式で示す不感帯制御率Rnを乗じた供給量とするように調整する殺菌剤供給量制御装置と、を備えたことを特徴とするバラスト水処理装置。Rn=Rn-1+(xs−xave)・a・w・・・・(1)Rn;不感帯制御率Rn-1;1回前の不感帯制御率xs;殺菌剤濃度目標値xave;殺菌剤濃度平均値a;所定の係数w;不感帯制御幅

請求項2

殺菌剤供給量制御装置は、処理される海水流量を計測し、所定時間の流量平均値を求め、殺菌剤供給量を前記流量平均値に応じて調整することを特徴とする請求項1に記載のバラスト水処理装置。

請求項3

殺菌剤が供給された海水に殺菌剤分解剤を供給する殺菌剤分解剤供給装置と、海水中に残留する殺菌剤濃度を計測し、計測された残留殺菌剤濃度に基づき、前記殺菌剤分解剤供給装置の殺菌剤分解剤供給量を調整する殺菌剤分解剤供給量制御装置と、を備えたことを特徴とする請求項1又は2に記載のバラスト水処理装置。

請求項4

前記殺菌剤分解剤供給量制御装置は、処理される海水流量を計測し所定時間の流量平均値を求め該流量平均値に基づき、殺菌剤分解剤供給量を調整することを特徴とする請求項3に記載のバラスト水処理装置。

請求項5

前記殺菌剤供給装置の上流側に、海水をろ過して水生生物を捕捉するろ過装置を備えたことを特徴とする請求項1〜4のいずれか一項に記載のバラスト水処理装置。

技術分野

0001

本発明は、船舶バラストタンクに積み込まれるバラスト水処理装置係り、特に、バラスト水に含まれる有害細菌類およびプランクトンを効率的に死滅させるための装置に関する。

背景技術

0002

一般に、空荷または積荷が少ない状態の船舶は、プロペラ没水深度の確保、空荷時における安全航行の確保等の必要性から、出前にバラストタンクにバラスト水の注水を行う。逆に港内で積荷をする場合には、バラスト水の排出を行う。
ところで、環境の異なる荷積み港と荷下し港との間を往復する船舶によりバラスト水の注排水が行われると、バラスト水に含まれる微生物差異により沿岸生態系に悪影響を及ぼすことが懸念されている。
そこで、船舶のバラスト水管理に関する国際会議において2004年2月に船舶のバラスト水及び沈殿物規制及び管理のための国際条約が採択され、バラスト水の処理が義務付けられることとなった。

0003

バラスト水の処理基準として国際海事機構IMO)が定める基準は、船舶から排出されるバラスト水に含まれる50μm以上の生物(主に動物プランクトン)の数が1m3中に10個未満、10μm以上50μm未満の生物(主に植物プランクトン)の数が1ml中に10個未満、コレラ菌の数が100ml中に1cfu未満、大腸菌の数が100ml中に250cfu未満、腸球菌の数が100ml中に100cfu未満となっている。

0004

バラスト水の処理技術として、海水をろ過して水生生物捕捉するろ過装置と、海水中の細菌類を死滅させる殺菌剤をろ過された海水中に供給する殺菌剤供給装置と、殺菌剤が供給されたろ過水の供給を受けて該ろ過水中にキャビテーションを発生させてろ過水中に前記殺菌剤を拡散させると共にろ過水中の水生生物に対して損傷を与えるか死滅させるベンチュリ管とを備えた装置が提案されている(例えば、特許文献1参照)。
国際公開WO2006/132157号公報

発明が解決しようとする課題

0005

特許文献1に記載の方法においては、殺菌剤として次亜塩素酸ナトリウムなどを用いて海水中の細菌類を死滅させることが開示されているが、処理費用を低減するためにできるだけ殺菌剤の使用量を抑え、必要最低限の使用量とすることが好ましい。
そのため、海水中の殺菌剤濃度を検出して適正な濃度となるようにすることで殺菌剤の過剰供給にならないように調整することが必要となる。
しかしながら、処理経路に配置したフィルタ目詰まり、バラストタンクへの供給流量の変動などに起因して、同量の殺菌剤を供給しても殺菌剤の残留濃度が異なることがある。
また、殺菌剤を供給してから海水中に拡散するまでの時間や、殺菌剤が殺菌効果発現するまでの時間(次亜塩素酸ナトリウムでは遊離塩素が発生するまでの時間)などの時間遅れもある。
このため、一般的なフィードバック(PID)制御では適正な供給量制御が困難であるという問題がある。

0006

また、殺菌剤供給量を調整するためには、殺菌剤を供給するためのポンプ出力調整や殺菌剤供給ラインに設けたバルブ開度調整を行う必要があるが、検出した海水中の殺菌剤濃度とあらかじめ定めた所定の殺菌剤濃度と比較して上回るか下回るかを判定して殺菌剤供給量を調整するようにすると、頻繁にポンプの出力調整やバルブの開度調整を行わねばならず、不具合が生じることがある。

0007

本発明は、かかる課題を解決するためになされたものであり、使用機器に不具合を生じさせることなく殺菌剤の供給量を適正に制御できるバラスト水の処理装置を提供することを目的する。

課題を解決するための手段

0008

(1)本発明に係るバラスト水処理装置は、殺菌剤を海水中に供給する殺菌剤供給装置と、殺菌剤が供給された海水の供給を受けて該海水中にキャビテーションを発生させて海水中に前記殺菌剤を拡散させると共に海水中の水生生物に対して損傷を与えるか死滅させるベンチュリ管と、該ベンチュリ管から排出された海水中の殺菌剤濃度を計測し所定時間の殺菌剤濃度平均値を求め、該殺菌剤濃度平均値が予め定めた殺菌剤濃度の不感帯範囲を逸脱している場合に、前記殺菌剤供給装置が供給する殺菌剤供給量を、目標とする殺菌剤濃度に応じた殺菌剤供給量に(1)式で示す不感帯制御率Rnを乗じた供給量とするように調整する殺菌剤供給量制御装置と、を備えたことを特徴とするものである。
Rn=Rn-1+(xs−xave)・a・w ・・・・ (1)
Rn;不感帯制御率
Rn-1;1回前の不感帯制御率
xs;殺菌剤濃度目標値
xave;殺菌剤濃度平均値
a;所定の係数
w;不感帯制御幅

0009

上記のような構成を備えることにより、海水中の水生生物と細菌類を死滅または除去して、有害生物を含まない船舶バラスト水を供給でき、殺菌剤の供給量を適正に制御できる。なお、各構成の主な機能は以下の通りであり、各構成の機能が有機的に作用して海水中のプランクトン、細菌の死滅効果を高めている。

0010

(i)殺菌剤
殺菌剤供給装置によって処理される海水に供給される殺菌剤が、海水中の細菌類を死滅させる。供給される殺菌剤としては、次亜塩素酸ナトリウム、塩素二酸化塩素過酸化水素、オゾン、過酢酸、またはこれらの2種以上の混合物を使用することができる。
(ii)ベンチュリ管
ベンチュリ管は、殺菌剤が供給された海水にキャビテーションを発生させて、植物性プランクトン等比較的小型の水生生物に対して損傷を与えるか死滅させる。そして、さらにキャビテーションによって海水中に殺菌剤を急速に拡散させて殺菌剤による細菌類の殺菌作用を促進させる。
このように、ベンチュリ管によるキャビテーションの拡散作用により殺菌剤の海水中への混合を促進するため、殺菌剤を注入するだけの場合に比べて殺菌剤の供給量を低減できる。このため、殺菌剤による環境への影響を低減でき、また殺菌剤を無害化するための殺菌剤分解剤の供給を不要にするかまたは低減できる。

0011

(iii)殺菌剤供給装置
殺菌剤供給装置はベンチュリ管に供給される海水に細菌類を死滅させる殺菌剤を供給するものである。殺菌剤供給装置は、殺菌剤を貯留する殺菌剤貯槽、殺菌剤貯槽内の殺菌剤をベンチュリ管側に供給するための配管、該配管の先端側に設けられて殺菌剤を供給先に注入する注入口、殺菌剤貯槽内の殺菌剤をベンチュリ管側に供給するための供給ポンプ、殺菌剤の供給量を調整するバルブなどを備えている。

0012

殺菌剤供給装置は、殺菌剤をベンチュリ管の上流側および/またはベンチュリ管ののど部に供給する。殺菌剤をベンチュリ管の上流側に供給する場合には、キャビテーションが発生するベンチュリ管ののど部に達するまでに殺菌剤を管内である程度拡散させ、次いでキャビテーションにより殺菌剤の拡散、混合を進めて、さらに殺菌剤の細菌類への浸透を促進できるので、殺菌剤の殺滅効果を促進できる。
なお、殺菌剤をベンチュリ管の上流側に供給するためには、ベンチュリ管よりも上流側の直管路に殺菌剤の注入口を設けておけばよい。
また、殺菌剤をベンチュリ管ののど部に供給する場合には、ベンチュリ管のエジェクタ作用により自吸されるので供給ポンプが不要となる。

0013

(iv)殺菌剤供給量制御装置
殺菌剤供給量制御装置は、ベンチュリ管から排出された海水中の殺菌剤濃度を計測する計測装置と、各種のデータを記憶する記憶手段と、殺菌剤供給量を演算する演算手段と、演算手段の演算結果に基づいて機器を制御する制御手段と、を備えている。
計測装置は、ベンチュリ管から排出された海水中の殺菌剤濃度を計測して演算手段に出力する。
記憶手段には、以下の(a)〜(c)に示すデータが記憶されている。
(a)海水中の細菌類を死滅させるに必要最低限の殺菌剤の濃度目標値として予め定められた殺菌剤濃度目標値(xs)
(b)殺菌剤濃度目標値に対して許容され得る殺菌剤濃度の上下限範囲として予め定められた不感帯範囲(xs(1-cL)≦不感帯範囲≦xs(1+cH)、
cL;不感帯下限幅(例えば0より大きく、0.20未満)
cH;不感帯上限幅(例えば0より大きく、0.50未満)
cLとcHが等しい場合もある。
(c)殺菌剤供給量(y)と殺菌剤濃度(x)との関係として予め定められた関係式(y=ax+b、a;所定の係数(傾き)であり、0より大きく1未満の数、b;切片であり、0より大きく1未満の数)
上記の関係式は、供給した殺菌剤が拡散され、有効な殺菌成分として効力を発現するまでの過程に影響を与える条件を考慮して、殺菌剤供給量(y)と殺菌剤濃度(x)との関係を定めるものである。
なお、殺菌剤濃度目標値xsに対する殺菌剤供給量ysは、ys=axs+bとなる。

0014

演算手段は、計測装置の計測結果を入力して、所定時間における殺菌剤濃度平均値を求める。そして、その殺菌剤濃度平均値が殺菌剤濃度目標値に対して許容され得る殺菌剤濃度の上下限範囲(不感帯範囲)を逸脱しているかどうかを判断し、逸脱している場合に、供給すべき殺菌剤供給量を記憶手段に記憶されたデータに基づいて演算する。
制御手段は、演算手段の演算結果に基づいて、供給ポンプの回転数等の出力および/または供給量調整バルブ開度調整制御を行う。
制御の手順は以下の通りである。

0015

<殺菌剤供給量制御の手順>
所定時間経過するごとに計測装置がベンチュリ管から排出された海水中の殺菌剤濃度を計測し、計測結果を演算手段に出力する。
演算手段は、計測結果を入力して、所定時間の殺菌剤濃度平均値xaveを求める。そして、この殺菌剤濃度平均値xaveが予め定めた殺菌剤濃度の不感帯範囲を逸脱しているかどうかを判断し、逸脱している場合に、殺菌剤供給量yを、目標とする殺菌剤濃度に応じた殺菌剤供給量ysに不感帯制御率Rnを乗じた殺菌剤供給量y(y=ys・Rn)を求める。
求められた殺菌剤供給量yになるように殺菌剤供給量を調整することで、殺菌剤濃度平均値xaveが殺菌剤濃度目標値に対して許容され得る殺菌剤濃度の上下限範囲を超えている場合に、殺菌剤濃度平均値xaveが上下限範囲に入るように調整される。
なお、不感帯制御率Rnは(1)式で示される。
Rn=Rn-1+(xs−xave)・a・w ・・・・ (1)
Rn-1:1回前の不感帯制御率
a:所定の係数(0より大きく1未満)
w:不感帯制御幅(0より大きく1未満)

0016

殺菌剤供給量yが求められると、制御手段が求められた殺菌剤供給量yを入力して、求められた殺菌剤供給量とするように、供給ポンプの回転数等の出力および/または供給量調整バルブの開度の調整制御を行う。

0017

本発明によれば、適切な時間の殺菌剤濃度平均値に基づき殺菌剤供給量を調整するため、殺菌剤の残留濃度の変動があったり、殺菌剤を供給してから海水中に拡散する時間や殺菌剤が殺菌効果を発現するまでの時間などの時間遅れがあったりしても、精度よく殺菌剤供給量を制御することができる。
また、殺菌剤濃度目標値に対して許容され得る殺菌剤濃度の上下限範囲を不感帯範囲としてあらかじめ定めておき、不感帯範囲を逸脱している場合に、殺菌剤供給量を調整する操作を行うようにするので、供給用ポンプの回転数等の出力調整やバルブの開度調整を頻繁に行う必要がなく、各機器に不具合が生じにくい。

0018

(2)また、上記(1)に記載のものにおいて、殺菌剤供給量制御装置は、処理される海水流量を計測し、所定時間の流量平均値を求め、殺菌剤供給量を前記流量平均値に応じて調整することを特徴とするものである。
海水流量が変動すると、殺菌剤供給量を補正する必要がある。しかしながら、殺菌剤供給量を殺菌剤の残留濃度のみに基づいて制御しようとすると、殺菌剤を供給してから海水中に拡散する時間や殺菌剤が殺菌効果を発現するまでの時間などの時間遅れがあり、適切な制御ができない場合がある。
そこで、海水流量の変動を考慮した制御を行うことによって、より適切な殺菌剤供給量の制御ができる。
具体的には、殺菌剤供給量yを下式に基づいて調整する。
y=ys・R・(Qave/Qs)
Qave;流量平均値
Qs;基準流量
本発明においては、海水流量の変動に応じて殺菌剤供給量を補正するため、殺菌剤供給量をより精度よく制御することができる。
なお、流量平均値とは予め定めた所定時間における平均流量である。また、基準流量とは、目標とする殺菌剤濃度に対応する殺菌剤供給量ysを求めるときの海水の流量である。

0019

(3)また、上記(1)又は(2)に記載のものにおいて、殺菌剤が供給された海水に殺菌剤分解剤を供給する殺菌剤分解剤供給装置と、海水中に残留する殺菌剤濃度を計測し、計測された残留殺菌剤濃度に基づき、前記殺菌剤分解剤供給装置の殺菌剤分解剤供給量を調整する殺菌剤分解剤供給量制御装置と、を備えたことを特徴とするものである。

0020

このような殺菌剤分解剤供給装置を備えることにより、海水中に残留する殺菌剤を分解し、バラスト水が排出される海域への影響をなくすことができる。また、殺菌剤分解剤供給量制御装置を備えることにより、海水中に残留する殺菌剤濃度に応じて適正に殺菌剤分解剤供給量を調整できる。

0021

殺菌剤分解剤供給量制御装置は、バラストタンクから排出される海水中の残留殺菌剤濃度を計測する計測装置と、各種のデータを記憶する記憶手段と、殺菌剤分解剤供給量を演算する演算手段と、演算手段の演算結果に基づいて機器を制御する制御手段と、を備えている。
記憶手段には、バラストタンクから排出される海水中の殺菌剤を分解するのに必要な殺菌剤分解剤の供給量(z)と、バラストタンクから排出される海水中の殺菌剤濃度(x)との関係(z=cx+d、c;所定の係数(傾き)、d;切片)が記憶されている。

0022

以上のように構成された殺菌剤分解剤供給量制御装置においては、計測装置がバラストタンクから排出された海水中の残留殺菌剤濃度を計測する。そして、演算手段が計測装置の計測値を入力して所定時間の残留殺菌剤濃度平均値xaveを求める。そして、演算手段は、記憶手段に記憶されている関係式に基づいて、該残留殺菌剤濃度平均値xaveに応じた殺菌剤分解剤供給量(z)を演算する。制御手段は、演算手段が演算した殺菌剤分解剤供給量(z)に基づいて、殺菌剤分解剤供給装置の殺菌剤分解剤供給ポンプやバルブ開度を調整制御する。

0023

なお、次亜塩素酸ナトリウム、塩素等の塩素殺菌剤に対して供給される殺菌剤分解剤としては、亜硫酸ナトリウム重亜硫酸ナトリウム亜硫酸水素ナトリウム)、チオ硫酸ナトリウム、を用いることができ、過酸化水素に対して供給される殺菌剤分解剤としては、亜硫酸ナトリウム、重亜硫酸ナトリウム(亜硫酸水素ナトリウム)、チオ硫酸ナトリウム及びカタラーゼ等の酵素を使用することができる。

0024

(4)また、上記(3)に記載のものにおいて、殺菌剤分解剤供給量制御手段は、処理される海水流量を計測し所定時間の流量平均値を求め該流量平均値に基づき、殺菌剤分解剤供給量を調整することを特徴とするものである。
処理される海水流量が変動すると、殺菌剤分解剤供給量を補正する必要がある。そこで、本発明では、殺菌剤分解剤供給量z´を下式に基づいて調整する。
z´=z・(Qave/Qs)
Qave:流量平均値
Qs:基準流量
本発明においては、海水流量の変動に応じて殺菌剤分解剤供給量を補正するため、殺菌剤分解剤供給量をより精度よく制御することができる。
なお、流量平均値とは予め定めた所定時間における平均流量である。また、基準流量とは、基準となる残留殺菌剤濃度に対応する殺菌剤分解剤供給量zsを求めるときの海水の流量である。

0025

(5)また、上記(1)〜(4)のいずれかに記載のものにおいて、前記殺菌剤供給装置の上流側に、海水をろ過して水生生物を捕捉するろ過装置を備えたことを特徴とするものである。
ろ過装置によって海水中の動物性プランクトン等比較的大型の水生生物を捕捉して除去するため、植物性プランクトン等比較的小型の水生生物や細菌類を殺滅するのに必要な殺菌剤を供給すればよく、殺菌剤の供給量を低減でき、環境への影響を低減でき、また殺菌剤を無害化するための殺菌剤分解剤の供給を不要にするかまたは低減できる。

発明の効果

0026

本発明においては、適切な時間の殺菌剤濃度平均値に基づき殺菌剤供給量を調整するため、殺菌剤の残留濃度の変動があったり、殺菌剤を供給してから海水中に拡散する時間や殺菌剤が殺菌効果を発現するまでの時間などの時間遅れがあったりしても、精度よく殺菌剤供給量を制御することができる。
また、殺菌剤濃度目標値に対して許容され得る殺菌剤濃度の上下限範囲を不感帯範囲としてあらかじめ定めておき、不感帯範囲を逸脱している場合に、殺菌剤供給量を調整する操作を行うようにするので、頻繁に供給用ポンプの回転数等の出力調整やバルブの開度調整を行う必要がなく、供給用ポンプ等の機器類に不具合が生じにくい。

発明を実施するための最良の形態

0027

[実施の形態1]
以下、図面を用いて、本発明に係るバラスト水処理装置について、最良の形態の一例を具体的に説明する。
図1は、本発明の第一の実施形態に係るバラスト水の処理装置を示すブロック図である。
本実施の形態のバラスト水処理装置は、海水取入ライン1と、粗ろ過装置2と、ポンプ3と、ろ過装置4と、殺菌剤供給装置5と、ベンチュリ管6と、殺菌剤分解剤供給装置7と、殺菌処理送水ライン8と、バラストタンク9と、殺菌剤分解処理ライン11と、殺菌剤分解処理水排水ライン12と、を備えている。

0028

バラスト水の無害化処理は、バラスト水をバラストタンクへの積込時、排水時のいずれか、あるいは両方のどのタイミングで処理を行うかは、取水する海域に生息する微生物量や船舶の運航条件によって定めることができる。
以下の説明では、バラスト水の積込み時に海水中の生物殺滅処理を行ない、バラスト水の排出時にバラストタンク9に貯留されたバラスト水を送水しながら、バラスト水に殺菌剤分解剤を供給して殺菌剤を分解処理して海中に排出する場合について説明する。
まず、この場合に使用する各構成について詳細に説明する。

0029

海水取入ライン1は、海水を船内取り入れる。粗ろ過装置2は、海水取入ライン1から取り入れられた海水中の粗大物を除去する。ポンプ3は、海水を取り込み、あるいは後述のバラストタンク9のバラスト水を後述の殺菌剤分解剤供給装置7を介して海中に排出する。

0030

ろ過装置4は、粗ろ過装置2によって粗大物が除去された海水中に存在するプランクトン類を除去する。殺菌剤供給装置5は、ろ過装置4でろ過された海水に殺菌剤を供給して、細菌類やプランクトンを死滅させる。ベンチュリ管6は、殺菌剤が添加された海水(ろ過水)を導入し、その海水中にキャビテーションを発生させ、海水中の水生生物に損傷を与えあるいはそれらを死滅させるとともに、殺菌剤供給装置5で供給された殺菌剤を海水中に拡散させる。

0031

殺菌処理水送水ライン8は、ベンチュリ管6から排出された生物殺滅処理後の海水を後述のバラストタンク9に送る。バラストタンク9は、殺菌処理水送水ライン8から送られる生物殺滅処理後の海水をバラスト水として貯留する。殺菌剤分解処理ライン11は、バラストタンク9内のバラスト水を、ポンプ3により殺菌剤分解剤供給装置7に送る。
殺菌剤分解剤供給装置7は、殺菌剤が残留しているバラスト水に殺菌剤分解剤を供給する。殺菌剤分解処理水排水ライン12は、殺菌剤分解剤を供給され殺菌剤分解処理が終ったバラスト水を海に排出する。
以下、各装置をさらに詳細に説明する。

0032

1.粗ろ過装置
粗ろ過装置2は、側部に設けられたシーチェスト(海水吸入口)から取水され、ポンプ3によって海水取水ライン1を通して取水される海水中に含まれる大小様々な夾雑物、水生生物のうち10mm程度以上の粗大物を除去するためのものである。
粗ろ過装置としては10mm程度の孔を設けた筒型ストレーナこし器)、水流中の粗大物を比重差により分離するハイドロサイクロン回転スクリーンにより粗大物を捕捉し掻揚げ回収する装置等を用いることができる。

0033

2.ろ過装置
ろ過装置4は粗ろ過装置2によって粗大物が除去された海水中に存在するプランクトン類を除去するものであり、目開き10〜200μmのものを用いる。
目開きを10〜200μmにしたのは動物性プランクトン、植物性プランクトンの捕捉率を一定のレベルに保ちつつ、逆流洗浄頻度を少なくして寄港地でのバラスト水処理時間を短縮するためである。逆に言えば、目開きが200μmより大きいと動物プランクトン、植物プランクトンの捕捉率が著しく低くなるし、目開きが10μmより小さいと逆流洗浄頻度が多くなり寄港地でのバラスト水処理時間が長くなるので好ましくない。特に目開き20〜35μm程度のものを用いるのが、捕捉率と逆流洗浄頻度とを最適に設定できるので、好ましい。
また、ろ過装置4は、ろ過面積1m2あたり1日200m3以上のろ過速度が得られることが望ましい。ただし、ろ過モジュール集積によって、より小型化が可能な場合には特に限定しない。

0034

ろ過装置4の具体例としては、ノッチワイヤフィルタまたはウェッジワイヤフィルタを用いることが好ましい。
ノッチワイヤフィルタとは、ノッチ突起)を設けたワイヤ枠体に巻きつけてノッチによりワイヤ同士の間隔を保持してろ過通路寸法を10〜200μmにした筒型のエレメントケーシング内に保持し、送水と逆洗浄のためのバルブと配管を設けたものである。このノッチワイヤフィルタの具体例としては、神奈川機器工業製ノッチワイヤフィルタがある。
このノッチワイヤフィルタをろ過エレメントとして複数備え、逆洗手段を備えたものが特開2001−170416に開示されている。ろ過エレメント集合基板や、それぞれのろ過エレメントに小型超音波振動子を取り付け、逆洗時に超音波振動を付加することにより、逆洗浄効果を増大させ、逆洗浄の間隔を延ばしてろ過効率を高めることができる。
ウェッジワイヤフィルタとは、断面が三角形のワイヤを枠体に巻きつけてワイヤ同士の間隔を調整してろ過通路寸法を10〜200μmにした筒型のエレメントをケーシング内に保持し、送水と逆洗浄のためのバルブと配管を設けたものである。このウェッジワイヤフィルタの具体一例としては、東洋スクリーン工業製ウェッジワイヤフィルタがある。

0035

また、ろ過装置4の他の好ましい具体例として積層ディスク型ろ過器がある。積層ディスク型ろ過器とは、両面に複数の斜状溝を形成したドーナツ型ディスクを軸方向に圧締して積層して環状にしたものであり、隣接するディスクの溝によって形成される間隙通水して、水生生物をろ過するものである。斜状溝の寸法を適宜設定することにより目開きを10〜200μmに設定してろ過する。
なお、積層ディスク型ろ過器においては、逆洗時にはディスクの圧締を解除して、間隙を大きくしてろ過残渣を除去する。
この積層ディスク型ろ過器の具体例としては、Arkal Filtration Systems製のSpin Klin Filter Systemsがる。
なお、ろ過装置4としては、上記の2種類のろ過装置の他、例えば密閉型砂ろ過器ろ布ろ過器金属繊維ろ過器など他の種々のろ過装置を用いることができる。

0036

3.殺菌剤供給装置
殺菌剤供給装置5はろ過装置4によってろ過されベンチュリ管6に供給される海水に細菌類を死滅させる殺菌剤を供給するものである。
殺菌剤供給装置は、図2に示すように、殺菌剤を貯留する殺菌剤貯槽21、殺菌剤貯槽21内の殺菌剤をベンチュリ管側に供給するための配管23、該配管23の先端側に設けられて殺菌剤を供給先に注入する注入口25、殺菌剤貯槽内の殺菌剤をベンチュリ管側に供給するための供給ポンプ27、殺菌剤の供給量を調整するバルブ29などを備えている。
供給する殺菌剤としては、塩素、二酸化塩素、次亜塩素酸ナトリウム、過酸化水素、オゾン、過酢酸またはこれらの2種以上の混合物が使用できるが、これ以外の殺菌剤を使用することも可能である。

0037

なお、殺菌剤として次亜塩素酸ナトリウムを用いる場合には、海水中の有効塩素量の重量濃度を1〜100mg/lとするように供給することが好ましい。
その理由は、有効塩素量の重量濃度が1mg/lより小さいと次亜塩素酸が水中の還元性物質有機物と反応して残留しないし、100mg/lより大きいと腐食の問題や次亜塩素酸ナトリウムの貯留槽が大きくなり高コストとなる等の問題があり、不具合が生じるからである。

0038

殺菌剤はベンチュリ管6の上流側および/またはベンチュリ管6ののど部に供給される。殺菌剤をベンチュリ管6の上流側に供給する場合には、殺菌剤をキャビテーションが発生するベンチュリ管のど部に達するまでに管内である程度拡散させておき、次いでキャビテーションにより殺菌剤の拡散、混合を進めて、さらに殺菌剤の細菌類への浸透を促進して殺菌剤の殺滅効果を促進できる。
なお、殺菌剤をベンチュリ管6の上流側に供給するためには、ベンチュリ管6よりも上流側の直管路に殺菌剤の注入口を設けておけばよい。
また、殺菌剤をベンチュリ管6ののど部に供給する場合には、ベンチュリ管6のエジェクタ作用により自吸されるので供給ポンプが不要となる。
殺菌剤供給装置5は、図2に示す殺菌剤供給量制御装置31によって制御され、適正な量の殺菌剤が所定の箇所に供給される。

0039

3−1.殺菌剤供給量制御装置
殺菌剤供給量制御装置31は、ベンチュリ管6から排出された海水中の殺菌剤濃度を計測する殺菌剤濃度計33と、ベンチュリ管6から排出された海水の流量を計測する流量計35と、各種のデータを記憶する記憶手段37と、殺菌剤供給量を演算する演算手段39と、演算手段39の演算結果に基づいて機器を制御する制御手段41と、を備えている。
殺菌剤濃度計33は、ベンチュリ管6から排出された海水中の殺菌剤濃度を計測して演算手段39に出力する。流量計35は、ベンチュリ管6から排出された海水の流量を計測して演算手段39に出力する。

0040

記憶手段37には、以下の(a)〜(c)のデータが記憶されている。
(a)海水中の細菌類を死滅させるに必要最低限の殺菌剤の濃度目標値として予め定められた殺菌剤濃度目標値(xs)
(b)殺菌剤濃度目標値に対して許容され得る殺菌剤濃度の上下限範囲として予め定められた不感帯範囲(xs(1-cL)≦不感帯範囲≦xs(1+cH)、
cL;不感帯下限幅(例えば0より大きく、0.20未満)
cH;不感帯上限幅(例えば0より大きく、0.50未満)
cLとcHが等しい場合もある。
不感帯下限幅cLの範囲を不感帯上限幅cHの範囲より小さくしているのは、殺菌剤濃度の下限を高めにして、確実に生物殺滅処理が行なわれるようにするためである。
(c)殺菌剤供給量(y)と殺菌剤濃度(x)との関係として予め定められた関係式(y=ax+b、a;所定の係数(傾き)であり、0より大きく1未満の数;所定の係数、b;切片、0より大きく1未満の数)
上記の関係式は、供給された殺菌剤が拡散され、有効な殺菌成分として効力を発現するまでの過程に影響を与える条件を考慮して、殺菌剤供給量(y)と殺菌剤濃度(x)との関係を定めるものである。
なお、殺菌剤濃度目標値xsに対する殺菌剤供給量ysは、ys=axs+bとなる。

0041

演算手段39は、殺菌剤濃度計33の計測結果を入力して、所定時間における殺菌剤濃度平均値を求める。また、流量計35の計測結果を入力して、所定時間における流量平均値を求める。
また、殺菌剤濃度平均値が殺菌剤濃度目標値に対して許容され得る殺菌剤濃度の上下限範囲を逸脱しているかどうかを判断する。そして、逸脱している場合に、供給すべき殺菌剤供給量を記憶手段37に記憶されたデータに基づいて演算する。具体的な殺菌剤供給量の演算方法は後述する。
制御手段41は、演算手段39の演算結果に基づいて、供給ポンプ27の出力および/または供給量調整用のバルブ29の開度の調整制御を行う。

0042

4.ベンチュリ管
ベンチュリ管6は、ろ過装置4を通過した生物に対してベンチュリ管により発生せるキャビテーションにより損傷を与えるか殺滅すると共に殺菌剤供給装置5から供給された殺菌剤を海水中に拡散させるものである。
ベンチュリ管6は、管路断面積が徐々に小さくなる絞り部、最小断面積部であるのど部、徐々に管路断面積が広がる広がり部(ディフューザ部)からなる。のど部での流速急上昇に伴う静圧の急激な低下によりキャビテーション気泡が発生し、広がり部での流速の低下に伴う急激な圧力上昇により成長したキャビテーション気泡が急激に崩壊する。海水中の水生生物はキャビテーション気泡が崩壊することによる衝撃圧せん断力高温酸化力の強いOHラジカルの作用などにより、損傷を受けるか破壊されて死滅する。
このベンチュリ管6のキャビテーションによれば、特に、比較的固い殻を有する原虫類、動物プランクトンの外殻を破壊し、死滅させることができる。

0043

また、ベンチュリ管6によってキャビテーションを発生させて、植物性プランクトン等比較的小型の水生生物に対して損傷を与えるか死滅させると共に、キャビテーションによって海水中に殺菌剤を急速に拡散させて殺菌剤による細菌類の殺菌作用を促進させる。このようにキャビテーションの拡散作用により殺菌剤の海水中への混合が促進されるため、殺菌剤を注入するだけの場合に比べて殺菌剤の供給量を低減でき、環境への影響を低減でき、また殺菌剤を無害化するための殺菌剤分解剤の供給を不要にするかまたは低減できる。

0044

なお、ベンチュリ管6に海水を供給する際には、ベンチュリ管6ののど部における海水の流速を10〜40m/secとするように海水を送水するのが好ましい。
この理由は、海水を取水してバラストタンクに通水する配管の途中にバラスト水処理装置を設置した場合、配管内の海水の流速がベンチュリ管入り口では通常2〜3m/sであるが、ベンチュリ管のど部の流速が10m/secより小さいと、のど部での流速の上昇比率が十分でなくこれに伴う静圧の急激な低下が十分でないため、大気圧下においてもキャビテーションが発生しない。他方、ベンチュリ管のど部の流速が40m/sより大きいとキャビテーション現象が過剰に発生しベンチュリ管通過に伴う圧力損失が過大となり送水のために消費されるエネルギーが過大となるため、ポンプ動力が過大となり高コストとなるからである。

0045

5.殺菌剤分解剤供給装置
殺菌剤分解剤供給装置7は、殺菌剤を添加された海水に殺菌剤分解剤を供給して海水中に残存する殺菌剤を分解することで、無害化するものである。
この実施形態では、殺菌剤分解剤供給装置7は殺菌剤分解処理ライン11に設けられ、バラスト水の排出時にバラストタンク9に貯留された殺菌剤が残留しているバラスト水に、殺菌剤分解剤を供給して殺菌剤を分解処理して海中に排出するようにしている。
殺菌剤分解剤供給装置7は、図3に示すように、殺菌剤分解剤を貯留する殺菌剤分解剤貯槽51、殺菌剤分解剤貯槽51内の殺菌剤分解剤を殺菌剤分解処理ライン13に供給するための配管53、該配管53の先端側に設けられ、また殺菌剤分解処理ライン11のポンプ3の上流側に設けられて殺菌剤分解剤を殺菌剤が残留しているバラスト水に注入する注入口55、殺菌剤分解剤貯槽51内の殺菌剤分解剤を殺菌剤分解処理ライン11に供給するための供給ポンプ57、殺菌剤分解剤の供給量を調整するバルブ59などを備えている。

0046

次亜塩素酸ナトリウム、塩素等の塩素殺菌剤に対して供給される殺菌剤分解剤としては、亜硫酸ナトリウム、重亜硫酸ナトリウム(亜硫酸水素ナトリウム)、チオ硫酸ナトリウムを用いることができる。
また、過酸化水素に対して供給される殺菌剤分解剤としては、亜硫酸ナトリウム、重亜硫酸ナトリウム(亜硫酸水素ナトリウム)、チオ硫酸ナトリウム及びカタラーゼ等の酵素を使用することができる。但し、これらのみには限定されない。カタラーゼ等の酵素は分解反応触媒として働き、反応時間が長期間のものである。
殺菌剤分解剤供給装置7は、図3に示す殺菌剤分解剤供給量制御装置61によって制御され、適正な量の殺菌剤分解剤が所定の箇所に供給される。

0047

5−1.殺菌剤分解剤供給量制御装置
殺菌剤分解剤供給量制御装置61は、バラストタンク9から排出された海水中の殺菌剤残留濃度を計測する殺菌剤濃度計63と、バラストタンク9から排出される海水の流量を計測する流量計65と、殺菌剤分解剤が供給され殺菌剤が分解された海水中の殺菌剤残留濃度を計測する殺菌剤濃度計66と、各種のデータを記憶する記憶手段67と、殺菌剤分解剤供給量を演算する演算手段69と、演算手段69の演算結果に基づいて機器を制御する制御手段71と、を備えている。

0048

殺菌剤濃度計63は、バラストタンク9から排出された海水中の殺菌剤濃度を計測して演算手段69に出力する。流量計65は、バラストタンク9から海へ排出される海水の流量を計測して演算手段69に出力する。殺菌剤濃度計66は、殺菌剤分解剤が供給され殺菌剤が分解された海水中の殺菌剤残留濃度を計測して演算手段69に出力する。
殺菌剤濃度計63として、例えば塩素殺菌剤に由来する残留塩素を計測する場合に、高濃度残留塩素計(例えば計測範囲が0〜30mg/l)と低濃度残留塩素計(例えば計測範囲が0〜3mg/l)を用いて、残留塩素濃度スプリット検出を行うことにより、低濃度の残留塩素の検出精度を向上させることができる。
殺菌剤が分解された海水中の殺菌剤残留濃度を計測する殺菌剤濃度計66としては、低濃度の残留殺菌剤濃度を検出できる低濃度殺菌剤濃度計が好ましく、残留塩素を計測する場合には、遊離残留塩素濃度に対応した還元電流を計測する機構の低濃度残留塩素計を用いることが好ましい。このような低濃度の残留塩素の検出精度が高く、また残留塩素が存在しないことを検出できる低濃度残留塩素計を用いることにより、確実に残留塩素がなくなるように塩素分解剤供給量を制御することができ、また、残留塩素が分解され残留塩素がなくなっていることを確認できる。
記憶手段67には、殺菌剤分解剤供給量(z)と殺菌剤残留濃度(x)との関係として予め定められた関係式(z=cx+d、c;所定の係数(傾き)、d;切片)が記憶されている。
上記の関係式は、供給された殺菌剤分解剤が拡散され、有効な殺菌剤分解成分として効力を発現するまでの過程に影響を与える条件を考慮して、殺菌剤分解剤供給量(z)と殺菌剤残留濃度(x)との関係を定めるものである。

0049

演算手段69は、殺菌剤濃度計63の計測結果を入力して、所定時間における殺菌剤残留濃度平均値を求める。また、流量計65の計測結果を入力して、所定時間における流量平均値を求める。
また、供給すべき殺菌剤分解剤供給量を、殺菌剤残留濃度平均値および記憶手段67に記憶されたデータに基づいて演算する。具体的な殺菌剤分解剤供給量の演算方法は後述する。
制御手段71は、演算手段69の演算結果に基づいて、供給ポンプ57の回転数等の出力および/または供給量調整用のバルブ59の開度の調整制御を行う。
また、演算手段69は、殺菌剤濃度計66の計測結果を入力して、殺菌剤残留濃度が許容値より大きい場合には、供給すべき殺菌剤分解剤供給量を調整するように制御手段71に出力したり、図示しない残留殺菌剤濃度指示計に残留殺菌剤濃度を出力するようにしてもよい。

0050

以上のように構成された本実施の形態の動作を説明する。
図1に示されたバラスト水処理装置を用いて、バラスト水の積込み時に細菌類やプランクトンの死滅処理を行い、バラスト水の排出時に海水中に残留している殺菌剤を分解して無害化処理を行なうバラスト水の処理方法について説明する。

0051

<バラスト水の積込み時の動作>
バラスト水の積込み時には、ポンプ3を稼動して海水取入ライン1から海水を船内に取り入れ、粗ろ過装置2により粗大物を除去し、ろ過装置4によりろ過装置4の目開きに応じた大きさのプランクトン等を除去する。
ろ過装置4でろ過された海水には殺菌剤供給装置5で殺菌剤が供給される。殺菌剤の供給量は殺菌剤供給量制御装置31によって制御される。

0052

図4は殺菌剤供給量制御装置31による殺菌剤供給量制御の手順を示すフローチャートである。以下、図4に基づいて殺菌剤供給量制御の手順を説明する。
殺菌剤供給装置5の運転を開始すると、まずタイマーによって時間T1の間だけ起動運転を開始する(S1)。起動運転は、殺菌剤貯槽21から供給される殺菌剤が殺菌剤濃度計33を設置した位置に至るまでの間行う運転であり、この起動運転時の殺菌剤供給量はysとする。

0053

起動運転を開始して、所定の時間T1が経過したかどうかを判断し(S3)、時間T1が経過すると、タイマーを時間T2にセットして通常運転を開始する(S5)。通常運転を開始すると、殺菌剤濃度計によって殺菌剤濃度を測定する(S7)。時間T2が経過したかどうかを判断し(S9)、経過したと判断された場合には、時間T2の間の計測濃度の平均値xaveを求める(S11)。xaveは、計測濃度の総和を計測回数除算することによって求める。
そして、この殺菌剤濃度平均値xaveが予め定めた殺菌剤濃度の不感帯範囲(xs(1-cL)≦不感帯範囲≦xs(1+cH)、cL;不感帯下限幅(例えば0より大きく、0.20未満)

cH;不感帯上限幅(例えば0より大きく、0.50未満)を逸脱しているかどうかを判断する(S13)。

0054

そして、逸脱していると判断した場合に、殺菌剤供給量yを、目標とする殺菌剤濃度に応じた殺菌剤供給量ysに不感帯制御率Rnを乗じた殺菌剤供給量y(y=ys・Rn)を求める(S15)。殺菌剤供給量yが求められると、制御手段41が求められた殺菌剤供給量yを入力して、求められた殺菌剤供給量とするように、供給ポンプ27の回転数等の出力および/または供給量調整バルブ29の開度の調整制御を行う。そして、通常運転が終了するかどうかを判断し(S17)、終了しない場合は、S5の処理に戻り、タイマーをリセットして同様の処理を繰り返す。
なお、不感帯制御率Rnは(1)式で示される。
Rn=Rn-1+(xs−xave)・a・w ・・・・ (1)
Rn-1:1回前の不感帯制御率(Rの初期値R1=1)
a:所定の係数(0より大きく1未満)
w:不感帯制御幅(0より大きく1未満)

0055

なお、処理される海水流量を計測し所定時間の流量平均値を求め、殺菌剤供給量を前記流量平均値に応じて調整することにより、より適切な量の殺菌剤の供給が可能になる。この場合は、演算手段が、殺菌剤供給量yを下式に基づいて演算するようにすればよい。
y=ys・Rn・(Qave/Qs)
Qave;流量平均値
Qs;基準流量

0056

ここで、殺菌剤供給量yの求め方を具体的な数値を挙げて説明する。
xs;殺菌剤濃度目標値:10ppm
a;傾き=0.034
b;切片=0.097
基準流量Qs=250m3/h
とすると、殺菌剤供給量の初期値ysは以下のようになる。
ys=(0.034・10+0.097)・1・1=0.437L/min
通常運転制御の殺菌剤供給量は、xave=11ppm、cH=0.05、cL=0.02、w=0.1、Qave=245m3/hの場合、
xave=11≧10・(1+0.05)=10.5となり、不感帯領域を超えている。そこで、不感帯制御率R2を求めると、以下のようになる。
不感帯制御率R2= 1+(10-11)・0.034・0.1=0.9966
したがって、殺菌剤供給量yは以下のようになる。
殺菌剤供給量y=0.437・0.9966・245/250=0.4268L/min

0057

殺菌剤が添加された海水はベンチュリ管6に導入される。ベンチュリ管6において、キャビテーションを発生させ水生生物に損傷を与えると共に、殺菌剤の海水中への拡散が促進され殺菌効果が増大される。
ベンチュリ管6で処理された海水は、殺菌処理水送水ライン8を介してバラストタンク9に送られ貯留される。バラストタンク9内に貯留される海水には、殺菌剤供給装置5で供給された殺菌剤が、適切な濃度で残存することが好ましい。これにより、細菌類やプランクトンの再成長を抑制することができる。

0058

<バラスト水の排出時の動作>
バラスト水の排出時には、ポンプ3を稼動してバラストタンク9からバラスト水を導入し、殺菌剤分解処理ライン11に設けられた殺菌剤分解剤供給装置7から殺菌剤分解剤を供給し、残留する殺菌剤を分解する。
殺菌剤分解剤の供給量は、殺菌剤分解剤供給量制御装置61によって制御され、適正な量の殺菌剤分解剤が所定の箇所に供給される。以下、殺菌剤分解剤の供給量の制御方法を説明する。

0059

殺菌剤濃度計63は、バラストタンク9から排出された海水中の殺菌剤残留濃度を計測して演算手段69に出力する。
演算手段69は、殺菌剤濃度計63の計測結果を入力して、所定時間における殺菌剤残留濃度平均値xaveを求める。殺菌剤残留濃度平均値xaveが求まると、関係式(z=cx+d、c;所定の係数(傾き)、d;切片)に基づいて、殺菌剤分解剤供給量zを求める。
制御手段71は、演算手段69の演算結果に基づいて、供給ポンプ57の回転数等の出力および/または供給量調整用のバルブ59の開度の調整制御を行う。
適量の殺菌剤分解剤が供給されて殺菌剤の分解処理の終ったバラスト水は、殺菌剤分解処理水排水ライン12を介して、海中に排出される。
また、演算手段69は、殺菌剤濃度計66の計測結果を入力して、殺菌剤残留濃度が許容値より大きい場合には、供給すべき殺菌剤分解剤供給量を調整するように制御手段71に出力したり、残留殺菌剤濃度指示計に残留殺菌剤濃度を出力するようにしてもよい。残留殺菌剤濃度指示計による残留殺菌剤濃度の表示により、残留殺菌剤が分解されてなくなっていることを確認できる。

0060

なお、殺菌剤を分解処理される海水流量を計測し所定時間の流量平均値を求め、殺菌剤分解剤供給量を前記流量平均値に応じて調整することにより、より適切な量の殺菌剤分解剤の供給が可能になる。この場合は、演算手段が、殺菌剤分解剤供給量z´を下式に基づいて演算するようにすればよい。
z´=z・(Qave/Qs)
Qave;流量平均値
Qs;基準流量

0061

なお、上記の例は海水をバラストタンク9に積み込む際に生物殺滅処理を行う場合であるが、海水をバラストタンクに積み込む際には生物殺滅処理をしないで、バラストタンク9から排出する際に生物殺滅処理する場合もある。
この場合は、未処理の海水は、図示していない未処理海水送水ラインを介してバラストタンク9に貯留される。このバラスト水をバラストタンク9から排出する際に、バラストタンク9内の未処理のバラスト水を、図示していないバラスト水供給ラインを介してろ過装置4側に導入して、以降は上記と同様の処理を行う。
生物殺滅処理の終ったバラスト水は、殺菌剤分解剤供給装置7に導入され殺菌剤分解剤を供給され残留する殺菌剤が分解される。殺菌剤の分解処理の終ったバラスト水は、海中に排出される。
また、海水をバラストタンク9に積み込む際とバラストタンク9から排出する際との両方でバラスト水中の生物殺滅処理を行うようにしてもよい。その場合にはバラスト水の排出時の生物殺滅処理は軽度でよい。

0062

以上のように、本実施の形態においては、ろ過装置4で10〜200μm以上の動物性プランクトン、植物性プランクトンを除去し、ベンチュリ管6でろ過装置4を通過した細菌類やプランクトンに損傷を与えるかあるいは死滅させ、さらに殺菌剤の適量供給により細菌類やプランクトンを死滅させるようにしたので、どのような水質であっても確実かつ安価にIMOが定めるバラスト水基準を満たすバラスト水の処理が実現できる。
また、装置の構成が単純であることから、既存船舶への適用が容易であり、また、殺菌剤処理や電気処理耐性を有する微生物を効率的に殺滅することができる。

0063

なお、図1に示した例は、バラスト水の無害化処理をバラストタンクへの積込時および/または海中への排水時に行うことを想定しているが、積込時、排水時のいずれか、あるいは両方のどのタイミングで処理を行うかは、取水する海域に生息する微生物量や船舶の運航条件によって定めることができる。

図面の簡単な説明

0064

本発明の一実施の形態に係るバラスト水処理装置の説明図である。
本発明の一実施の形態に係るバラスト水処理装置における殺菌剤供給装置の説明図である。
本発明の一実施の形態に係るバラスト水処理装置における殺菌剤分解剤供給装置の説明図である。
本発明の一実施の形態におけるバラスト水処理装置の動作を説明するフローチャートである。

符号の説明

0065

2粗ろ過装置、3ポンプ、4ろ過装置、5殺菌剤供給装置、6ベンチュリ管、7殺菌剤分解剤供給装置、9バラストタンク、31殺菌剤供給量制御装置、61殺菌剤分解剤供給量制御装置。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 厦門磊莎茶具有限公司の「 遠心コップ」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明は遠心コップを開示した。【解決手段】本体と前記本体の中に設置される液体保存チャンバと伝動チャンバとを含み、前記液体保存チャンバの頂壁の中には浄水チャンバが設置され、前記浄水チャンバと前記... 詳細

  • 株式会社新来島どっくの「 船舶EGR水処理装置のタンク配置構成」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】EGR水処理装置の主要部を機関室近傍にコンパクトに集中配置でき、かつ、EGRドレンタンクの分離・分割によるTier3適用船舶EGR水処理装置のタンク配置構成を提供する。【解決手段】機関室船首部... 詳細

  • プラーデ,エルンストフリードの「 膨張式船舶とその製造方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】本発明は、少なくとも2個の膨張部を事前引張のホールドストラップなどで結合した膨張式船舶とその製造方法およびその船舶の製造に用いられる接着テーブルに関する。... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ