図面 (/)

技術 付け睫毛

出願人 前谷かおり
発明者 前谷かおり
出願日 2007年5月30日 (13年6ヶ月経過) 出願番号 2007-169728
公開日 2008年12月11日 (11年11ヶ月経過) 公開番号 2008-297690
状態 特許登録済
技術分野 造花、かつら、仮面、羽毛
主要キーワード 形状一体 重ね付け 人工毛 ビニールテープ 付け睫毛 出来上がり 紙シート ピンセット
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年12月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

従来から一体となった線状の縁のついた物と、人工毛を一本一本睫毛に付ける独立型の物が、付け睫毛として利用されている。一体となったものは、付け睫毛を装着した時に、線状の縁が不自然見え、一本一本接着する独立型のものは、ピンセットで付けるので、自分自身が着けるのは難しく時間も掛かり他者に任せる事になり手軽さはありません。それらの付け睫毛の不都合を解決する事。

解決手段

接着剤の付いた紙などの様なシート状の物で、付け睫毛の毛を、貼り付け固定する。そのシート状の物により、線状の縁が無くても、大量の付け睫毛の毛を自分自身の手で持つことができる。付け睫毛用の接着剤を使用し瞼に本発明の付け睫毛を装着後に、水で剥がせる接着剤を使ったシート状の物は、その部分に綿棒などで水を付けて、シート状の物を取り剥がす。着脱が可能な接着剤の付いたシート状の物はそのまま付け睫毛から剥がす。これによりこの課題を解決する。

概要

背景

従来から、化粧品として、一体となった線状の縁のついた物と、人工毛を一本一本睫毛に付ける独立型の物が(特許文献1)、付け睫毛として利用されている。一体となったものは、線状の縁が不自然見え、一本一本接着する独立型のものは、ピンセットで付けるので、自分自身が着けるのは難しく時間も掛かり他者に任せる事になり手軽さはありません。
[図6]従来の形状の一体型
特開H10−183415号公報

概要

従来から一体となった線状の縁のついた物と、人工毛を一本一本睫毛に付ける独立型の物が、付け睫毛として利用されている。一体となったものは、付け睫毛を装着した時に、線状の縁が不自然に見え、一本一本接着する独立型のものは、ピンセットで付けるので、自分自身が着けるのは難しく時間も掛かり他者に任せる事になり手軽さはありません。それらの付け睫毛の不都合を解決する事。接着剤の付いた紙などの様なシート状の物で、付け睫毛の毛を、貼り付け固定する。そのシート状の物により、線状の縁が無くても、大量の付け睫毛の毛を自分自身の手で持つことができる。付け睫毛用の接着剤を使用し瞼に本発明の付け睫毛を装着後に、水で剥がせる接着剤を使ったシート状の物は、その部分に綿棒などで水を付けて、シート状の物を取り剥がす。着脱が可能な接着剤の付いたシート状の物はそのまま付け睫毛から剥がす。これによりこの課題を解決する。

目的

従来の一体となった着け睫毛の線状の縁を無くし、自然で自分自身で簡単に時間をかけず装着できる事を課題とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

水で剥がせる接着剤を塗った紙又はシート状の物と、接着剤の付いていない紙又はシート状の物で付け睫毛の毛を挟み固定することを特徴とする付け睫毛。

請求項2

水で剥がせる接着剤の付いた紙又はシート状の物に、付け睫毛の毛を貼り付け固定することを特徴とする付け睫毛。

請求項3

請求項1ないし請求項2のいずれかに、市販の付け睫毛用の接着剤を、付け睫毛の裏面の上部に塗り、瞼に装着して接着剤を乾燥させ、綿棒などで紙の部分に水分を含ませ、紙又はシート状の物を剥がす装着方法

技術分野

0001

本発明は、付け睫毛に関する。

背景技術

0002

従来から、化粧品として、一体となった線状の縁のついた物と、人工毛を一本一本睫毛に付ける独立型の物が(特許文献1)、付け睫毛として利用されている。一体となったものは、線状の縁が不自然見え、一本一本接着する独立型のものは、ピンセットで付けるので、自分自身が着けるのは難しく時間も掛かり他者に任せる事になり手軽さはありません。
図6]従来の形状の一体型
特開H10−183415号公報

発明が解決しようとする課題

0003

従来の一体となった着け睫毛の線状の縁を無くし、自然で自分自身で簡単に時間をかけず装着できる事を課題とする。

課題を解決するための手段

0004

この課題を解決するための請求項1の発明は、紙又はシート状の物を付け睫毛で挟んで固定した事を特徴とする、付け睫毛である。紙又はシート状の物に水で剥がせる接着剤を使用して付け睫毛を固定し、接着剤の付いていない紙又はシート状の物を使用し、上下で付け睫毛を挟んで固定する。これによって、多くの付け睫毛をしっかり手で持つ事ができ装着しやすくなる。

0005

また請求項2の発明は、付け睫毛に、水剥がせやすい接着剤を塗った紙又はシート状の物を付けて、付け睫毛を固定する事を特徴とする、付け睫毛である。付け睫毛を接着剤の付いた紙又はシート状の物だけで固定する事により軽くなり、柔らかく張りの無い睫毛の人や、接着の弱い付け睫毛用の接着剤でも装着時に瞼に装着しやすくなる。

0006

請求項3の発明は請求項1ないし請求項2の装着方法である。市販の付け睫毛用の接着剤を、本発明の付け睫毛の裏面の上部に塗り、瞼に装着して接着剤を乾燥させる。次に紙又はシート状の物の部分に水分を含ませ、紙又はシート状の物を剥がす。これにより時間も掛からずに装着できる。

発明の効果

0007

本発明により、従来の物より、付け睫毛を付けて不自然に見える不都合は起きなくなり、手で持つことが出来るので自分自身で装着できる。そして付け睫毛の毛の本数も1本から100本以上と好みに応じて紙又はビニールテープなどに固定できる。近くで見ても付け睫毛を付けている事が分からなく。縁取りが無いので重ね付けもでき、固定されている紙も1分以内に取り外せ、使用方法も簡単に自分自身で装着できる事が可能になる。

発明を実施するための最良の形態

0008

以下、本発明の実施例を図面に基づいて詳細に説明する。

0009

図1は、紙又はシート状の物(1)で付け睫毛を挟んで固定した事を特徴とした付け睫毛の正面図である。紙又はシート状の物に水で剥がせる接着剤を使用して付け睫毛を固定して、接着剤の付いていない紙で付け睫毛を挟む。同図で示すように、1によって、従来のような線状の縁取りが無くても固定できる。1で挟んである事により、指に付かないので、持つ場所を意識せず手で持つことが出来る。睫毛の本数は好みにより自由に増やせる。1の位置は、付け睫毛を装着するための、付け睫毛用接着剤を塗る場所が必要なので、それ以外の位置に付ける。

0010

図2は、付け睫毛を、水で剥がせる接着剤のついた紙シート状の物(3)を貼り固定する事を特徴とする付け睫毛の正面図である。3だけで固定するので付け睫毛は軽くなり、睫毛の柔らかい張りの無い人や、接着の弱い付け睫毛用の接着剤でも装着することが出来る。

0011

1,3には、水で剥がせる接着剤を使い、1,3を剥がす時は、綿棒などで1,3の部分に水を塗り、1,3を剥がす事ができる。

0012

1,3は、手で曲げやすく形の作りやすい紙を使う。

0013

図1図2を使用するとき、付け睫毛の裏側上部(9)に、市販の付け睫毛用接着剤を使用して、瞼につける。接着剤が乾燥したら紙に水を塗り、紙を剥がす。市販の付け睫毛用接着剤は好みの物を使用することが出来る。

0014

図3は、図1の付け睫毛を目じりに使用した場合の例である。1を剥がす前の段階である。1の場所に水で濡らし、付け睫毛から剥がす。綿棒を使うと水が塗りやすく剥がしやすい。本発明の付け睫毛は目じりに付けても全体に付けてもよい。

0015

図4は、目じりに使用した付け睫毛の1を剥がした完成の状態である。この状態になると、睫毛カール器マスカラを使う事もできる、透明のマスカラを使うとより自然に見える。

0016

本発明に係る付け睫毛は、従来の一体となった付け睫毛を紙又はシート状の物に水で剥がせる接着剤で固定して、線状の縁取りを切り離して作れる事もあり、生産は簡単である。使い捨てなので従来の物より購買量が増え同時に生産量も増える。従来の様な付け睫毛の線状の縁取りが無いので、今まで難しかった、近くで見ても付け睫毛を付けている事が分からなく、紙又はシート状の物により、大量の睫毛を手で持つことができ、使用方法も簡単に自分自身で装着できるようになる。紙又はシート状の物も簡単に取り外す事も出来るので装着時間の手間も掛からず、付け睫毛の装着に、水で洗い落とせる市販の付け睫毛用の接着剤を使い装着する事が出来るので、簡単に取り外す事ができ、肌や目の負担も軽減できる。素顔に装着しても自然で、自分自身で装着できるので、男性が付け睫毛を使う事も出来るようになるだろう。

図面の簡単な説明

0017

水で剥がれる接着剤の付いた紙又はシート状の物で挟み固定している付け睫毛、本発明の請求項1の正面図である。(拡大図)粘着性のない水で剥がれる接着剤で紙又はシート状の物に固定した付け睫毛、本発明の請求項2の正面図である。(拡大図)図1の付け睫毛を目じりに付けた状態で、固定された紙又はシート状の物を取る前である。付け睫毛を付け、出来上がりの状態である。図1の付け睫毛を横から見た拡大図。従来の形状一体型で接着面に縁取りがある物

符号の説明

0018

1 水で剥がせる接着剤が付いている紙又はシート状の物と紙又はシート状の物
2付け睫毛
3 水で剥がせる接着剤が付いている紙又はシート状の物
眉毛
5 瞼
6睫毛

図1の本発明の付け睫毛
9 市販の付け睫毛用接着剤を塗る裏側上部
10 縁

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ