図面 (/)

技術 表示装置およびその表示装置を備える写真処理装置

出願人 ノーリツ鋼機株式会社
発明者 伊森宏樹宮脇久実
出願日 2007年4月27日 (12年2ヶ月経過) 出願番号 2007-119018
公開日 2008年11月13日 (10年8ヶ月経過) 公開番号 2008-275869
状態 未査定
技術分野 表示装置の制御、回路 液晶表示装置の制御 陰極線管以外の表示装置の制御
主要キーワード ハイスペック 削減要求 コントローラ端末 マイコン基板 アプリケーションツール 注文サーバ オンラインプリント 記録媒体読み取り装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年11月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

パソコンや高価な表示装置を用いることなく、多くの外字コード登録し表示できる表示装置を提供することにある。また、その表示装置を備える写真処理装置を提供することにある。

解決手段

LCDモジュール21と、LCDモジュール21の表示制御を行う表示制御部202と、LCDモジュール21に備えられているユーザ定義用メモリに登録できる外字数以上の外字群で構成された外字コード表を登録している外字コード表記憶部203と、LCDモジュールの表示画面に応じて必要とされる外字を、前記外字コード表から抽出する外字コード抽出部204と、を有することを特徴としている。

概要

背景

従来から、写真処理装置には、パソコンが設置され、このパソコンによって写真処理装置の基本動作を制御したり、ユーザからの指示要求を受付可能とし、この指示要求に従った動作を写真処理装置に行なわせることができるように構成されていた。しかし、写真処理装置をネットワークを介してコントローラ端末(PC)と接続する構成においては、コントローラ端末でユーザからの指示要求を受付可能とし、写真処理装置にこの指示要求を転送することで写真処理装置に動作を行なわせることが可能である。このような構成においては、写真処理装置側に高価でハイスペックのパソコンを設置する必要がない。

また、写真処理装置は、コントローラ端末からの指示要求がなくとも、その基本動作を行なわせたい要望がある。例えば、写真処理装置の起動時にセットアップを行なわせたい場合がある。ここでのセットアップとは、例えば、イエローマゼンタシアン色合い(色味)の調整を行うことである。例えば、セットアップ用画像テスト画像)を写真処理装置でセットアッププリントする。その後セットアッププリントのテスト画像に対して濃度の測定を行う。この測定された結果をもとに適正な仕上がりか否かが判断され、適正な仕上がりでない場合、光源印加電圧露光ヘッドの移動速度等を制御し、光量調整露光調整を行い、セットアッププリントを繰り返す(特許文献1)。

また、写真処理装置の動作中において、その処理状況進行状況エラー情報等)を表示させたいという要望がある。しかし、高額でハイスペックの表示装置(例えば、フルカラー液晶表示装置)等は必要がなく、安価な表示装置の使用が検討されている。

また、近年の写真処理装置業界におけるコス削減要求がこれまでになく強く要求されている。

したがって、写真処理装置側において、高価でハイスペックのパソコンや表示装置を設置せずに、写真処理装置側で基本動作が行なえ、かつ、その処理状況を確認できるような構成が要望されている。

しかしながら、安価な表示装置として、文字数が限定されている(例:16文字2行)文字表示装置を用いる場合、表示データ用の格納用メモリ(Display Data Ram)容量が小さく、さらに、ユーザ定義用のキャラクタ・ジュネレーション用メモリCGRAM)容量も小さく、例えば、8文字、16文字分しか登録できない。写真処理装置の場合、通常の英数字カタカナ文字以外にも文字が必要であり、例えば、仏語、アラビア語、タイ語、特殊文字記号等を外字として登録する必要がある。

特開2001−51354号公報

概要

パソコンや高価な表示装置を用いることなく、多くの外字コードを登録し表示できる表示装置を提供することにある。また、その表示装置を備える写真処理装置を提供することにある。LCDモジュール21と、LCDモジュール21の表示制御を行う表示制御部202と、LCDモジュール21に備えられているユーザ定義用メモリに登録できる外字数以上の外字群で構成された外字コード表を登録している外字コード表記憶部203と、LCDモジュールの表示画面に応じて必要とされる外字を、前記外字コード表から抽出する外字コード抽出部204と、を有することを特徴としている。

目的

本発明は上記実情に鑑みてなされたものであり、その目的は、パソコンや高価な表示装置を用いることなく、多くの外字コードを登録し表示できる表示装置を提供することにある。また、その表示装置を備える写真処理装置を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

LCDモジュールと、前記LCDモジュールの表示制御を行う表示制御部と、前記LCDモジュールに備えられているユーザ定義用メモリ登録できる外字数以上の外字群で構成された外字コード表を登録している外字コード表記憶部と、前記LCDモジュールの表示画面に応じて必要とされる外字を、前記外字コード表から抽出する外字コード抽出部と、を有する表示装置

請求項2

前記外字コード抽出部は、前記表示画面に表示される外字を識別する外字識別情報に基づいて、外字コード表から当該外字識別情報に応じた外字データを抽出することを特徴とする請求項1に記載の表示装置。

請求項3

請求項1または2に記載の表示装置を備える写真処理装置であって、表示制御部と、外字コード表記憶部と、外字コード抽出部とは、マイコン基板上に構成され、当該マイコン基板は、写真処理装置の基本動作を制御する制御部を有して構成されていることを特徴とする写真処理装置。

技術分野

0001

本発明は、LCDモジュールと、当該LCDモジュールの表示制御を行う表示制御部とを備えている表示装置に関する。また、当該表示装置を備える写真プリント処理を行う写真処理装置に関する。

背景技術

0002

従来から、写真処理装置には、パソコンが設置され、このパソコンによって写真処理装置の基本動作を制御したり、ユーザからの指示要求を受付可能とし、この指示要求に従った動作を写真処理装置に行なわせることができるように構成されていた。しかし、写真処理装置をネットワークを介してコントローラ端末(PC)と接続する構成においては、コントローラ端末でユーザからの指示要求を受付可能とし、写真処理装置にこの指示要求を転送することで写真処理装置に動作を行なわせることが可能である。このような構成においては、写真処理装置側に高価でハイスペックのパソコンを設置する必要がない。

0003

また、写真処理装置は、コントローラ端末からの指示要求がなくとも、その基本動作を行なわせたい要望がある。例えば、写真処理装置の起動時にセットアップを行なわせたい場合がある。ここでのセットアップとは、例えば、イエローマゼンタシアン色合い(色味)の調整を行うことである。例えば、セットアップ用画像テスト画像)を写真処理装置でセットアッププリントする。その後セットアッププリントのテスト画像に対して濃度の測定を行う。この測定された結果をもとに適正な仕上がりか否かが判断され、適正な仕上がりでない場合、光源印加電圧露光ヘッドの移動速度等を制御し、光量調整露光調整を行い、セットアッププリントを繰り返す(特許文献1)。

0004

また、写真処理装置の動作中において、その処理状況進行状況エラー情報等)を表示させたいという要望がある。しかし、高額でハイスペックの表示装置(例えば、フルカラー液晶表示装置)等は必要がなく、安価な表示装置の使用が検討されている。

0005

また、近年の写真処理装置業界におけるコス削減要求がこれまでになく強く要求されている。

0006

したがって、写真処理装置側において、高価でハイスペックのパソコンや表示装置を設置せずに、写真処理装置側で基本動作が行なえ、かつ、その処理状況を確認できるような構成が要望されている。

0007

しかしながら、安価な表示装置として、文字数が限定されている(例:16文字2行)文字表示装置を用いる場合、表示データ用の格納用メモリ(Display Data Ram)容量が小さく、さらに、ユーザ定義用のキャラクタ・ジュネレーション用メモリCGRAM)容量も小さく、例えば、8文字、16文字分しか登録できない。写真処理装置の場合、通常の英数字カタカナ文字以外にも文字が必要であり、例えば、仏語、アラビア語、タイ語、特殊文字記号等を外字として登録する必要がある。

0008

特開2001−51354号公報

発明が解決しようとする課題

0009

本発明は上記実情に鑑みてなされたものであり、その目的は、パソコンや高価な表示装置を用いることなく、多くの外字コードを登録し表示できる表示装置を提供することにある。また、その表示装置を備える写真処理装置を提供することにある。

課題を解決するための手段

0010

上記課題を解決するため本発明に係る表示装置は、
LCDモジュールと、
前記LCDモジュールの表示制御を行う表示制御部と、
前記LCDモジュールに備えられているユーザ定義用メモリに登録できる外字数以上の外字群で構成された外字コード表を登録している外字コード表記憶部と、
前記LCDモジュールの表示画面に応じて必要とされる外字を、前記外字コード表から抽出する外字コード抽出部と、を有することを特徴としている。

0011

この構成の作用効果は以下のとおりである。表示装置は、LCDモジュールを備えており、このLCDモジュールは、外字登録可能なユーザ定義用メモリを有している。安価なLCDモジュールの場合、このユーザ定義用メモリは、例えば、少ない文字数の8文字、16文字しか登録できないように構成されている。このような場合においても、それ以上の外字を使用できるように、表示装置には、外字コード表を登録する外字コード表記憶部が備えられている。そして、外字コード抽出部によって、LCDモジュールの表示画面に応じて必要とされる外字を、外字コード表から抽出し、表示できるように構成されている。例えば、外字コード表から抽出された外字は、ユーザ定義用メモリに記憶されている他の外字と置き換わって記憶され、表示できるように構成でき、または、LCDモジュールに内蔵の表示データメモリに記憶されて表示できるように構成することができる。これらは、表示制御部の機能による。これによって、LCDの表示画面に応じて必要な外字データを抽出して表示できる。また、安価なLCDモジュールであっても、ユーザ定義用メモリに記憶可能な外字数よりも多くの外字を登録し、利用できるようになった。

0012

また、本発明の好適な実施形態の一例として、外字コード抽出部は、前記表示画面に表示される外字を識別する外字識別情報に基づいて、外字コード表から当該外字識別情報に応じた外字データを抽出することを特徴とする。

0013

この構成によれば、外字識別情報をキーに外字コード表から対応する外字データを抽出できる。例えば、外字識別情報を外字コードの番号として構成した場合、外字コードの管理を絶対的な番号で管理でき、外字の管理が容易となる。また、外字コード表の登録、表示画面ごとの設定等の作業を短縮できる。

0014

また、他の本発明の写真処理装置は、表示制御部と、外字コード表記憶部と、外字コード抽出部とは、マイコン基板上に構成され、当該マイコン基板は、写真処理装置の基本動作を制御する制御部を有して構成されていることを特徴とする。

0015

この構成によれば、写真処理装置の動作を制御するための制御用としてマイコン基板を用い、このマイコン基板は、LCDモジュールの表示制御部の機能、外字コード抽出部の機能、外字コード表記憶部の機能も備えている。マイコン基板は、高価でハイスペックのパソコンよりも安価でロースペックであるが、外字コード表を記憶するための記憶部(メモリ)を備え、LCDモジュールの表示制御部の機能および外字コード抽出部の機能をソフトウエアプログラムとCPU等で実現することで安価な構成とできる。これによって、写真処理装置にパソコンやハイスペックの表示装置を備えなくとも、安価なLCDモジュールを用いて、LCDの表示画面に応じて必要な外字データを抽出し、変更して表示できる。

発明を実施するための最良の形態

0016

(実施形態1)
本発明に係る写真処理装置を備えた写真プリント処理システムの一例の構成について、図面を用いて説明する。以下の説明において写真処理装置には、本発明に係る表示装置が具備されているが、本発明に係る表示装置は、写真処理装置に具備されるものに限定されず、他の装置にも用いられることはいうまでもない。

0017

<システムの全体構成>
図1は、本発明に係る写真処理装置を備えたプリント処理システムの全体構成の一例を示す模式図である。本実施形態では、写真処理装置2が、LANなどのネットワークを介してコントローラ端末1(パソコン等で構成)と接続されている。また、本システムにおいては、ネットワークを介して、記録媒体読み取り装置写真プリント注文におけるオンラインプリント注文サーバ注文者PC等と接続され、さらに図示していないが、受付端末ネット受付端末が接続されている。なお、受付端末、記録媒体読み取り装置及びネット受付端末の設置台数は、それぞれ1台に限定されず、必要に応じて複数台を設置することができる。また、現像済みネガフィルムから画像データを読み取るためのスキャナー(不図示)もネットワークを介して接続される構成である。

0018

コントローラ端末1は、パソコン等の情報処理装置で構成され、ネットワークを介して接続された写真処理装置2とデータ通信可能に構成され、写真処理装置2に対する動作命令、各種設定命令、写真プリント処理に関する画像データを写真処理装置2側に送信する機能を有している。

0019

写真処理装置2は、コントローラ端末1から送信された画像データ(またはプリント作成用画像データ)に基づいて、写真プリントを作成する機能を有している。画像データとしては、スキャナーから取得される現像済みネガフィルムのコマ画像の画像データや、受付端末で受け付けた画像データ、ネットワーク経由で送信されてくる画像データなどが挙げられる。これら画像データは、プレジャッジ処理等の補正データによって画像処理され、プリント作成用画像データとして写真処理装置2側に提供され、写真処理装置2側では、そのデータに基づいて後述の露光処理を行う。本システムにおいて、写真処理装置2は複数設置されていてもよい。本発明の特徴点については後述する。

0020

受付端末は、例えば店頭に設置され、デジタルカメラ記録メディアやその他の記録メディアに格納された画像データを受け付けることができる。受付端末は、主として顧客により操作されるものであり、顧客が持参した記録メディアを挿入して、写真プリントの作成対象となる画像データを選択したり、プリント枚数などを設定したりすることができる。記録媒体読み取り装置は、記録メディアから画像データを読み込む機能のほかに、コントローラ端末1から送信されてきた画像データ、注文データ等を記録メディアに書き込む機能も有している。

0021

ネット受付端末はパソコンにより構成され、インターネットを経由したオンラインでのプリント注文を受け付ける機能を有する。かかるプリント注文の受け付けは、インターネット上に設置されたオンラインプリント注文サーバを介して行われる。即ち、プリント注文に係る画像データは、注文者PCから上記サーバアップロードされ、適当なタイミングでネット受付端末にダウンロードされてプリント処理に用いられる。このようにオンラインでプリント注文を受け付けるシステムは公知である。

0022

<プリント処理システムの機能ブロック構成>
先ず、コントローラ端末1の主な機能について以下に説明する。

0023

コントローラ端末1は、スキャナー、受付端末、記録媒体読み取り装置及びネット受付端末等から写真プリント注文に係る画像データおよび注文データからなるオーダー情報を受信するデータ受信部と、この受信したオーダー情報を保存するオーダー情報保存部と、このオーダー情報を管理制御する管理制御部と、オーダー情報の中の画像データを画像処理するための画像処理基板と、当該画像処理基板で画像処理されたプリント作成用画像データをオーダー単位に写真処理装置2側に送信するデータ送信部と、を有している。なお、画像処理基板は写真処理装置2側に設置し、コントローラ端末1から、画像処理されていない画像データと補正データを送信するように構成することもできる。

0024

また、オーダー情報の画像データに対し、プレジャッジ処理を行ない、オーダー情報に当該プレジャッジの補正データを関連づけてオーダー情報保存部に保存するプレジャッジ処理部を有していてもよい。また、スキャナーまたは受付端末等から受信された画像データは、プレジャッジ処理後のものであってもよい。

0025

本発明において、プレジャッジ処理は、画像データに基づいて写真プリントを作成する前に、適切な画質の写真プリントが作成されるか否かを判定するものであり、画像データに対する判定をオペレータが行なうための機能を提供し、かかる機能は主としてソフトウェアにより提供される。なお、プレジャッジ処理は必ず行なわなければならないものではなく、プレジャッジ処理を省略してプリント処理を行うことも可能である。

0026

プレジャッジ処理部は、具体的には、色や濃度を補正するための補正データを入力する機能を提供するものであり、かかる補正データの入力は必要に応じて設定される。その他の補正データの設定としては、赤目補正逆光補正などの特殊補正の設定が例としてあげられる。

0027

また、プリント枚数の設定としては、スキャナーから取得した画像データに関してはデフォルトで1が設定されているが、オペレータの入力操作により変更することができる。

0028

また、コントローラ端末1は、各種設定、操作指示入力等のための入力操作部と、各種設定操作指示表示等のためにモニターとを備えている。入力操作部は、キーボードマウス等により構成される。

0029

管理制御部は、写真プリント処理に関する画像データをオーダー単位に写真処理装置2側に送信するように制御している。

0030

次に、写真処理装置2の機能構成について説明する。写真処理装置2は、コントローラ端末1からプリント作成用画像データを受信するデータ受信部と、受信されたプリント作成画像データを保存するデータ保存部と、当該プリント作成用画像データをマガジンから繰り出され所定のプリントサイズに切断された印画紙Pに露光処理するための露光部25と、露光処理された印画紙Pを現像処理するための現像部26と、現像処理された印画紙Pを乾燥処理するための乾燥部27と、乾燥処理された印画紙Pを仕分け処理しながら排出する仕分け排出部(不図示)と、を有して構成されている。また、写真処理装置2の全体的な動作を制御するための制御部201を備えている。なお、コントローラ端末1から、画像データと補正データを受信する構成の場合、写真処理装置2側にプリント作成用画像データを作成するための画像処理基板が備えられている構成でもよい。

0031

画像処理基板は、例えば、入力メモリ画像処理回路部、展開メモリにより構成され、画像処理回路部において所定の画像処理が行なわれる。具体的には、プレジャッジ処理等の補正データに基づく色・濃度の補正、設定されたプリントサイズに従ったデータの拡縮処理などである。

0032

制御部201は、安価な構成のマイコン基板20で実現される。このマイコン基板20には、本発明の特徴である、表示制御部202、外字コード表記憶部203、外字コード抽出部204の各機能が備えられている。マイコン基板20は、不図示のCPU(中央演算処理装置)、ROM(各種ソフトウエアプログラムを格納している)、その他のメモリ、バス入出力インターフェース等のハードウエア資源で構成されている。各種機能を実現するために、ROMには各種機能を実現するためのソフトウエアプログラムが格納されている。例えば、表示制御部202、外字コード抽出部204、制御部201の動作手順はソフトウエアプログラムで構成されている。

0033

LCDモジュール21は、LCDパネルと、バックライトLCDドライバとを基本構成としている。LCDドライバは、例えば、キャラクタ・ジェネレータROM(CGROM)、ユーザ定義用メモリ(CGRAM)、表示データRAM等のメモリと、I/Oバッファコマンドレジスタデータレジスタアドレスカウンタコマンド実行回路タイミング生成回路表示制御回路等を具備している。キャラクタ・ジェネレータROMには、英数字、カタカナ文字が格納されている。ユーザ定義用メモリ(CGRAM)は、8文字までの外字を格納することができる。

0034

表示制御部202は、LCDモジュール21の表示制御を行う。例えば、各種コマンド、データ等を送信することで、LCDドライバがその送信されたコマンド等に従い、表示データをLCDパネルに文字パターンドットとして展開し、表示する。

0035

外字コード表記憶部203は、LCDモジュール21に備えられているユーザ定義用メモリに登録できる外字数以上の外字群で構成された外字コード表を登録している。外字コード表は、例えば、図2に示すように、外字コード番号とそれに対応する外字データとで構成されている。図2において、外字コード番号が#0000、#0001のように絶対番号として定義され、この外字コード番号に対応する外字データ(特殊文字)がそれぞれ定義されている。このような外字コード表を作成するツールとしては、外字エディタ、外字編集ソフト等の公知のアプリケーションツールを適用できる。例えば、外字データは、5×8ドットのマトリックにおいて、必要な部分を塗りつぶす(黒塗り反転等)ことで作成できる。また、例えば、外字コード表の登録文字数を256文字とすることで、マイコン基板20上の外字コード表記憶部203のメモリ容量を小さく設定でき、コスト的に好ましい。

0036

外字コード抽出部204は、LCDモジュール21の表示画面に応じて必要とされる外字を、前記外字コード表から抽出する。例えば、外字コード抽出部204は、表示画面に表示される外字を識別する外字識別情報(例えば、外字コード番号)に基づいて、外字コード表から当該外字識別情報に応じた外字データを抽出することができる。抽出された外字データは、表示データとして、LCDモジュール21に送信される。送信された外字データは、ユーザ定義用メモリに記憶されている他の外字と置き換わって記憶され、表示できるように構成される。または、LCDモジュールに内蔵の表示データRAMに記憶されて表示できるように構成することもできる。これらは、表示制御部202の機能による。

0037

(本発明の動作)
本発明において、写真処理装置2を起動し、動作が開始すると、それに応じて、LCDモジュール21に、図3に示すように処理状況が文字列(16文字、2行)として表示される。図3において、1画面で表示される表示内容をM****で表現している。例えばM0000は、文字列「ジュンビチュウ」を表示することを意味している。#0000は、外字コード番号であり、この外字コード番号に対応する外字データが抽出され、画面の指定位置に表示される。例えば、制御コード「%1%」の位置に外字データを表示するように構成できる。この制御コードは、この制御コードと紐付けされたはめ込み文字(例えば、動作状況に応じて変化する数値(温度)、各種指定文字データ)を制御コードの位置に表示させるために用いられる特殊コードである。

0038

LCDモジュール21に表示される表示内容は、その処理状況に応じて予め設定された表示内容が表示されるように構成されている。このLCDの表示内容は、予め設定されており、マイコン基板20のメモリに格納されている。

0039

制御部201は、写真処理装置2の処理状況に応じて、表示内容の設定データを前記メモリから抽出し、この設定データに応じて表示制御部202がLCDモジュール21に表示命令を行なう。この際に、表示内容の設定データ中に、外字コード番号(外字識別情報に相当する)が含まれている場合、外字コード抽出部204は、外字コード番号をキーに、外字コード表記憶部203に記憶されている外字コード表から対応する外字データを抽出する。抽出された外字データは、表示制御部202によってLCDモジュール21に表示データとして、他の必要データ(コマンドを含む)と共に送信される。送信された外字データは、ユーザ定義用メモリに記憶され(他の外字と置き換わって記憶されてもよい)、LCDモジュール21は、この外字データ及び他のデータに応じた画面表示を行なう。なお、外字コード抽出部204は、外字コード番号をキーに検索する際に、最初にユーザ定義用メモリを検索し、ヒットしなかった場合に、外字コード表記憶部203を検索するように構成できる。ユーザ定義用メモリに記憶されている場合もあるからである。

0040

以上の実施形態によれば、LCDモジュール21とマイコン基板20という安価な構成部品を用いて、必要な文字数の外字データを登録して表示できる写真処理装置2を構成することができた。安価なLCDモジュールであっても、ユーザ定義用メモリに記憶可能な外字数よりも多くの外字を登録し、利用できるようになった。

図面の簡単な説明

0041

写真プリント処理システムの機能構成を説明するための図
外字コード表を説明するための図
LCDモジュールの表示画面の一例を説明するための図

符号の説明

0042

1コントローラ端末
2写真処理装置
20マイコン基板
21LCDモジュール
201 制御部
202表示制御部
203外字コード表記憶部
204外字コード抽出部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ