図面 (/)

技術 内転筋群筋力測定装置

出願人 坂井康宏
発明者 坂井康宏
出願日 2007年4月26日 (12年10ヶ月経過) 出願番号 2007-116449
公開日 2008年11月13日 (11年4ヶ月経過) 公開番号 2008-272039
状態 未査定
技術分野 生体の呼吸・聴力・形態・血液特性等の測定
主要キーワード 圧縮収縮 デジタル圧力計 歪みセンサー 雌ネジ部材 恥骨筋 エアー量 長内転筋 内転筋群
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年11月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

簡易な構成で小型であり、測定作業が容易で、さらに、電源が不要で、測定精度の高い内転筋群筋力測定装置を提供する。

解決手段

シリンダー本体2aに、その後面側から侵入させたピストンロッド2cによって進退動するピストン2bを内蔵したエアーシリンダー2と、シリンダー本体2aの前面側から、軸心がピストンロッド2cの軸心と一直線をなすように前方に延設した軸棒3と、軸棒3の前端部に設けた第一膝当て部4と、ピストンロッド2cの後端部に設けた第二膝当て部5と、シリンダー本体2aの前端部に、シリンダー本体2aの内部と連通させて設けた圧力計6とで構成する。第一膝当て部4と第二膝当て部5を、使用者の両Gの内側で挟んで内方へ押圧して、シリンダー本体2aのエアー圧力を上昇させ、上昇したエアー圧力を圧力計6で筋力として表示する。

概要

背景

身体の脚部の内部には、内転筋群と称される筋肉群が存在する。この内転筋群は、恥骨筋短内転筋長内転筋大内転筋薄筋から構成され、いずれも大腿骨の内側に位置しており、日常生活において殆ど使われることのない筋肉である。

しかし、この内転筋群は、胴体の重量を大腿骨の内側から支え、また、胴体の筋肉を脚部に伝える上で重要な働きを担う。従って、内転筋群の衰えは、加齢によるの痛みや、O脚などの原因となる。一方、内転筋群の強化は、俊敏な動きが要求されるスポーツ選手ボクサー格闘家バスケットボール選手など)にとって重要である。

こうしたことから、自己の内転筋群の筋力を正確に把握しておくことが望ましく、これまでに内転筋群の筋力を測定する装置が創案されている(例えば、特許文献1および特許文献2参照)。
実用新案登録第3099637号
特開2005−52261号公報

これらの測定装置は、いずれも歪みセンサー部と、当該歪みセンサー部にケーブルで連結され、信号処理部などを備えた筋力評価部とで構成される。そして、センサー部で検出した歪みを、筋力評価部で電気処理して、筋力として表示するものである。

概要

簡易な構成で小型であり、測定作業が容易で、さらに、電源が不要で、測定精度の高い内転筋群の筋力測定装置を提供する。シリンダー本体2aに、その後面側から侵入させたピストンロッド2cによって進退動するピストン2bを内蔵したエアーシリンダー2と、シリンダー本体2aの前面側から、軸心がピストンロッド2cの軸心と一直線をなすように前方に延設した軸棒3と、軸棒3の前端部に設けた第一膝当て部4と、ピストンロッド2cの後端部に設けた第二膝当て部5と、シリンダー本体2aの前端部に、シリンダー本体2aの内部と連通させて設けた圧力計6とで構成する。第一膝当て部4と第二膝当て部5を、使用者の両膝Gの内側で挟んで内方へ押圧して、シリンダー本体2aのエアー圧力を上昇させ、上昇したエアー圧力を圧力計6で筋力として表示する。

目的

そこで、本発明の目的とするところは、簡易な構成で小型であり、測定作業が容易で、測定場所が限定されず、かつ測定精度の高い内転筋群の筋力測定装置を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

内転筋群筋力を測定する装置であって、シリンダー本体に、その後面側から侵入させたピストンロッドによって進退動するピストンを内蔵したエアーシリンダーと、前記シリンダー本体の前面側から、軸心が前記ピストンロッドの軸心と一直線をなすように前方に延設した軸棒と、前記軸棒の前端部に設けた第一膝当て部と、前記ピストンロッドの後端部に設けた第二膝当て部と、前記シリンダー本体の前端部に、該シリンダー本体の内部と連通させて設けた圧力計と、からなり、前記第一膝当て部と第二膝当て部を使用者の両の内側で挟んで内方へ押圧して、前記シリンダー本体のエアー圧力を上昇させ、該上昇したエアー圧力を前記圧力計で筋力として表示してなることを特徴とする内転筋群筋力測定装置

請求項2

内転筋群の筋力を測定する装置であって、シリンダー本体に、その後面側から侵入させたピストンロッドによって進退動するピストンを内蔵した油圧シリンダーと、前記シリンダー本体の前面側から、軸心が前記ピストンロッドの軸心と一直線をなすように前方に延設した軸棒と、前記軸棒の前端部に設けた第一膝当て部と、前記ピストンロッドの後端部に設けた第二膝当て部と、前記シリンダー本体の前端部に、該シリンダー本体の内部と連通させて設けた圧力計と、からなり、前記第一膝当て部と第二膝当て部を使用者の両膝の内側で挟んで内方へ押圧して、前記シリンダー本体の油圧を上昇させ、該上昇した油圧を前記圧力計で筋力として表示してなることを特徴とする内転筋群筋力測定装置。

請求項3

前記第一膝当て部と第二膝当て部の膝に当接する面を、前記膝の内側形状に対応した横断面を前方に曲部を有する略J字状の湾曲面としたことを特徴とする請求項1または2に記載の内転筋群筋力測定装置。

請求項4

前記第一膝当て部と第二膝当て部の膝に当接する面を、前記膝の内側形状に対応した縦断面を外方に開口を有する略C字状円弧面としたことを特徴とする請求項1乃至3のうちいずれか一つに記載の内転筋群筋力測定装置。

請求項5

前記エアーシリンダーのシリンダー本体の前端部に、該シリンダー本体の内部と連通させてエアーを自由に吸排気可能なエアーストップ弁を設けたことを特徴とする請求項1、3または4に記載の内転筋群筋力測定装置。

請求項6

前記軸棒をネジ棒で構成し、前記第一膝当て部を、前記シリンダー本体に対して回動自在および接離自在に取付けたことを特徴とする請求項1乃至5のうちいずれか一つに記載の内転筋群筋力測定装置。

技術分野

0001

本発明は、内転筋群筋力を測定するために使用される内転筋群筋力測定装置に関するものである。

背景技術

0002

身体の脚部の内部には、内転筋群と称される筋肉群が存在する。この内転筋群は、恥骨筋短内転筋長内転筋大内転筋薄筋から構成され、いずれも大腿骨の内側に位置しており、日常生活において殆ど使われることのない筋肉である。

0003

しかし、この内転筋群は、胴体の重量を大腿骨の内側から支え、また、胴体の筋肉を脚部に伝える上で重要な働きを担う。従って、内転筋群の衰えは、加齢によるの痛みや、O脚などの原因となる。一方、内転筋群の強化は、俊敏な動きが要求されるスポーツ選手ボクサー格闘家バスケットボール選手など)にとって重要である。

0004

こうしたことから、自己の内転筋群の筋力を正確に把握しておくことが望ましく、これまでに内転筋群の筋力を測定する装置が創案されている(例えば、特許文献1および特許文献2参照)。
実用新案登録第3099637号
特開2005−52261号公報

0005

これらの測定装置は、いずれも歪みセンサー部と、当該歪みセンサー部にケーブルで連結され、信号処理部などを備えた筋力評価部とで構成される。そして、センサー部で検出した歪みを、筋力評価部で電気処理して、筋力として表示するものである。

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、上記した従来の測定装置(特許文献1および特許文献2)は、歪みセンサー部と、それにケーブルで連結された筋力評価部とで構成され、当該筋力評価部は液晶ディスプレイのようなデータ表示部と、データをプリントアウトするプリンタを備えているので、装置が複雑で大掛かりであり、測定作業も面倒である。
さらに、測定に電源を必要とするので測定場所が限定される。

0007

そこで、本発明の目的とするところは、簡易な構成で小型であり、測定作業が容易で、測定場所が限定されず、かつ測定精度の高い内転筋群の筋力測定装置を提供することにある。

課題を解決するための手段

0008

上記の目的を達成するために、本発明の請求項1に記載の内転筋群筋力測定装置(1)は、内転筋群(M)の筋力を測定する装置であって、
シリンダー本体(2a)に、その後面側から侵入させたピストンロッド(2c)によって進退動するピストン(2b)を内蔵したエアーシリンダー(2)と、
前記シリンダー本体(2a)の前面側から、軸心が前記ピストンロッド(2c)の軸心と一直線をなすように前方に延設した軸棒(3)と、
前記軸棒(3)の前端部に設けた第一膝当て部(4)と、
前記ピストンロッド(2c)の後端部に設けた第二膝当て部(5)と、
前記シリンダー本体(2a)の前端部に、当該シリンダー本体(2a)の内部と連通させて設けた圧力計(6)と、からなり、
前記第一膝当て部(4)と第二膝当て部(5)を使用者の両膝(G)の内側で挟んで内方へ押圧して、前記シリンダー本体(2a)のエアー圧力を上昇させ、当該上昇したエアー圧力を前記圧力計(6)で筋力として表示してなることを特徴とする。

0009

また、請求項2に記載の内転筋群筋力測定装置(1)は、内転筋群(M)の筋力を測定する装置であって、
シリンダー本体(10a)に、その後面側から侵入させたピストンロッド(10c)によって進退動するピストン(10b)を内蔵した油圧シリンダー(10)と、
前記シリンダー本体(10a)の前面側から、軸心が前記ピストンロッド(10c)の軸心と一直線をなすように前方に延設した軸棒(3)と、
前記軸棒(3)の前端部に設けた第一膝当て部(4)と、
前記ピストンロッド(10c)の後端部に設けた第二膝当て部(5)と、
前記シリンダー本体(10a)の前端部に、当該シリンダー本体(10a)の内部と連通させて設けた圧力計(6)と、からなり、
前記第一膝当て部(4)と第二膝当て部(5)を使用者の両膝(G)の内側で挟んで内方へ押圧して、前記シリンダー本体(10a)の油圧を上昇させ、当該上昇した油圧を前記圧力計(6)で筋力として表示してなることを特徴とする。

0010

また、請求項3に記載の内転筋群筋力測定装置(1)は、前記第一膝当て部(4)と第二膝当て部(5)の膝(G)に当接する面を、前記膝(G)の内側形状に対応した横断面を前方に曲部を有する略J字状の湾曲面(B)としたことを特徴とする。

0011

また、請求項4に記載の内転筋群筋力測定装置(1)は、前記第一膝当て部(4)と第二膝当て部(5)の膝(G)に当接する面を、前記膝(G)の内側形状に対応した縦断面を外方に開口を有する略C字状円弧面(C)としたことを特徴とする。

0012

さらに、請求項5に記載の内転筋群筋力測定装置(1)は、前記エアーシリンダー(2)のシリンダー本体(2a)の前端部に、当該シリンダー本体(2a)の内部と連通させてエアーを自由に吸排気可能なエアーストップ弁(7)を設けたことを特徴とする。

0013

またさらに、請求項6に記載の内転筋群筋力測定装置(1)は、前記軸棒(3)をネジ棒で構成し、前記第一膝当て部(4)を、前記シリンダー本体(2a、10a)に対して回動自在および接離自在に取付けたことを特徴とする。

0014

なお、カッコ内の記号は、図面および後述する発明を実施するための最良の形態に記載された対応要素または対応事項を示す。

発明の効果

0015

本発明の請求項1に記載の内転筋群筋力測定装置によれば、エアーシリンダー、軸棒、第一膝当て部、第二膝当て部および圧力計で構成しているので、従来の歪みセンサー部と、信号処理部をケーブルで連結したものと比較して、構成が簡易で小型である。
また、第一膝当て部と第二膝当て部を使用者の両膝の内側で挟んで内方へ押圧することによって、シリンダー本体のエアー圧力を上昇させ、上昇したエアー圧力を圧力計で筋力として表示するので、測定作業が極めて容易であり、測定精度も高い。
また、電源を必要としないので測定場所が限定されず、経済的でもある。

0016

なお、エアーシリンダーを使用し、シリンダー本体のエアーを圧縮することによって筋力を測定するので、エアーの圧縮収縮性により、膝に加わる反力は柔らかい。
従って、膝への負担を少なくすることができる。

0017

また、請求項2に記載の内転筋群筋力測定装置によれば、油圧シリンダー、軸棒、第一膝当て部、第二膝当て部および圧力計で構成しているので、構成が簡易で小型である。
また、第一膝当て部と第二膝当て部を使用者の両膝の内側で挟んで内方へ押圧することによって、シリンダー本体の油圧を上昇させ、上昇した油圧を圧力計で筋力として表示するので、測定作業が極めて容易であり、測定精度も高い。
また、電源が不要なので測定場所が限定されず、経済的である。

0018

なお、油圧シリンダーを使用したので、作動油収縮性が小さいことから、収縮性の小さなシリンダー特性が得られるが、作動油に微量のエアーを含ませることによって、そのエアーの収縮性により、エアーシリンダーを利用した場合と同様に、膝への負担を小さくすることができる。

0019

また、請求項3に記載の発明によれば、請求項1および2に記載の発明の作用効果に加えて、第一膝当て部と第二膝当て部の膝に当接する面を、膝の内側形状に対応した横断面を前方に曲部を有する略J字状の湾曲面としたので、両膝の押圧力を、逃がすことなくピストンロッドおよび軸棒に、その軸心方向に向かって正確に伝達させることができる。
これにより、内転筋群の筋力をさらに正確に測定することができる。

0020

また、請求項4に記載の発明によれば、請求項1乃至3に記載の発明の作用効果に加えて、第一膝当て部と第二膝当て部の膝に当接する面を、膝の内側形状に対応した縦断面を外方に開口を有する略C字状の円弧面としたので、両膝の押圧力を、逃がすことなくピストンロッドおよび軸棒に伝達させることができ、従って、内転筋群の筋力をさらに正確に測定することができる。

0021

さらに、請求項5に記載の発明によれば、請求項1、3および4に記載の発明の作用効果に加えて、エアーシリンダーのシリンダー本体の前端部に、シリンダー本体の内部と連通させてエアーを自由に吸排気可能なエアーストップ弁を設けたので、シリンダー本体のエアー量増減して、第一膝当て部と第二膝当て部との間隔を調節し、使用者の両膝間の間隔に対応させることができる。
また、ピストンがシリンダー本体の全行程にわたって円滑に摺動するか否かを確認することができる。エアーシリンダーは、組立て時にシリンダー本体やピストン等に潤滑剤を塗布するが、永年使用過程で、空気中の水分や塵などにより、ピストンの進退動が重くなり、正確な筋力の測定ができなくなる可能性がある。エアーストップ弁を設けることによって、こうしたピストンの進退動を容易に確認することができる。

0022

またさらに、請求項6に記載の発明によれば、請求項1乃至5に記載の発明の作用効果に加えて、軸棒をネジ棒で構成し、第一膝当て部を、シリンダー本体に回動自在および接離自在に取り付けたので、回動して、シリンダー本体に接近または離隔することによって、当該第一膝当て部と第二膝当て部との間隔を調節することができる。
これにより、使用者の両膝間の間隔に対応させることができる。
また、第一膝当て部を膝に当接した状態の測定中に、圧力計(およびシリンダー本体)を自在に回動して、使用者自身が見易い位置に配し、その数値を確認することができるので、使用性にも優れる。特に、膝のリハビリに使用する場合は、使用者自身が筋力を直接確認できるので、当該リハビリの効果が高まる。なお、第二膝当て部は、ピストンロッドに連結しているので、シリンダー本体に対して自在に回動する。

発明を実施するための最良の形態

0023

図1乃至図3を参照して、本発明の実施形態に係る内転筋群筋力測定装置1について説明する。図1は、本発明の実施形態に係る内転筋群筋力測定装置1を、使用者が椅子Sに座った座位姿勢で使用している状態を示す側面図(使用者の正面図)、図2は内転筋群筋力測定装置1を示す平面図である。また、図3は内転筋群筋力測定装置1の部分拡大横断面図である。なお、この内転筋群筋力測定装置1は、座位姿勢のみでなく、立位姿勢で使用することもできる。

0024

本発明の実施形態に係る内転筋群筋力測定装置1は、恥骨筋、短内転筋、長内転筋、大内転筋、および薄筋から構成され、大腿骨の内側に位置する内転筋群Mの筋力を測定する装置であり、主に、エアーシリンダー2、軸棒3、第一膝当て部4、第二膝当て部5、圧力計6、およびエアーストップ弁7を備える。

0025

エアーシリンダー2は、図2に示すように、円筒状のシリンダー本体2aに、その後面側から侵入させたピストンロッド2cによって進退動する円板状のピストン2bを内蔵したものである。軸棒3は、シリンダー本体2aの前面側から、その軸心がピストンロッド2cの軸心と一直線をなすように前方に延設している。

0026

なお、本実施形態における軸棒3は、ネジ棒で構成し、その一端部(後端部)を、シリンダー本体2aの前面側に固定した雌ネジ部材9に螺合することによって、第一膝当て部4を、シリンダー本体2aに対して回動自在および接離自在に取付けている。

0027

第一膝当て部4は、軸棒3の前端部に固定され、第二膝当て部5は、ピストンロッド2cの後端部に固定されている。圧力計6は、シリンダー本体2aの前端部に、シリンダー本体2aの内部と連通する連通管8を介して設けられている。本実施形態の圧力計6は、指針タイプの圧力計を使用しているが、これに代えて、電池デジタル圧力計を使用することもできる。

0028

第一膝当て部4と第二膝当て部5は、図3に示すように、膝Gに当接する面を、膝Gの内側形状に対応した横断面を前方に曲部を有する略J字状の湾曲面Bとしている。また、膝Gに当接する面は、平面略J字状の湾曲面Bでもある。
なお、これに加えて、図4に示すように、膝Gに当接する面を、膝Gの内側形状に対応した縦断面を外方に開口を有する略C字状の円弧面Cとすることもできる。また、膝Gに当接する面は、正面略C字状の円弧面Cでもある。
なお、第一膝当て部4と第二膝当て部5の膝Gに当接する面に、フェルトのような柔軟な材料を設け、膝Gへの負担をさらに軽減することもできる。

0029

また、エアーストップ弁7は、シリンダー本体2aの前端部に連通させて設けた連通管8の末端部に設けられ、シリンダー本体2a内のエアーを自由に吸排気可能としている。なお、シリンダー本体2aの後端部に通気孔Hを設け、ピストン2bの進退動が円滑に行えるようにしている。

0030

この内転筋群筋力測定装置1は、第一膝当て部4と第二膝当て部5を使用者の両膝Gの内側で挟んで内方へ押圧して、シリンダー本体2aのエアー圧力を上昇させ、その上昇したエアー圧力を圧力計6で筋力として表示するものである。

0031

なお、エアー圧力を筋力として表示するために、シリンダー本体2aの内径が32mmの内転筋群筋力測定装置1を使用して得たエアー圧力を、以下の計算式によって筋力に換算した。なお、ピストン2bとシリンダー本体2a、およびピストンロッド2cとシリンダー本体2aの摺動抵抗は、実測したところ、0.15kg(1.47N)と軽微であったので、無視することとした。

0032

(式1)
F=(π/4)×D2×p
F:シリンダー本体に作用する圧縮力の強さ(kg)
D:シリンダー本体の直径(cm)
p:シリンダー本体のエアー圧力(kg/cm2)

0033

(式2)
p=P×(1(kg/cm2)/0.098(Mpa))
P:シリンダー本体のエアー圧力(Mpa)
p:シリンダー本体のエアー圧力(kg/cm2)

0034

(式3)
(式1)と(式2)から、
F=(π/4)×D2×P×(1(kg/cm2)/0.098(Mpa))
F:シリンダー本体に作用する圧縮力の強さ(kg)
D:シリンダー本体の直径(cm)
P:シリンダー本体のエアー圧力(Mpa)

0035

上記(式3)により、シリンダー本体のエアー圧力(P(Mpa))を、圧縮力の強さ(F(kg))に換算すると、(表1)に示す通りとなる。

0036

0037

また、(式3)から、圧縮力の強さ(F(kg))を、シリンダー本体2aのエアー圧力(P(Mpa))に換算すると、(表2)に示す通りとなる。従って、圧力計6に表示されている数値((表2)の右欄に示す数値)を、圧縮力の強さ(同表の左欄に示す数値)に置き換えて表示することとした。

0038

0039

本実施形態に係る内転筋群筋力測定装置1は、エアーシリンダー2、軸棒3、第一膝当て部4、第二膝当て部5、圧力計6およびエアーストップ弁7といったそれぞれが簡易な部材で構成しているので、全体構成も簡易で小型なものとすることができる。

0040

また、第一膝当て部4と第二膝当て部5を使用者の両膝Gの内側で挟んで内方へ押圧することによって、シリンダー本体2aのエアー圧力を上昇させ、上昇したエアー圧力を圧力計6で筋力として表示するので、測定作業が容易であり、測定精度も高い。
なお、電源が不要であるので、経済的であり、測定場所が限定されない。

0041

また、第一膝当て部4と第二膝当て部5の膝Gに当接する面を、膝Gの内側形状に対応した横断面を前方に曲部を有する平面略J字状の湾曲面Bとしているので、両膝Gの押圧力を、逃がすことなくピストンロッド2cおよび軸棒3に、その軸心方向に向かって正確に伝達させることができる。
これにより、内転筋群Mの筋力を、より正確に測定することができる。

0042

なお、第一膝当て部4および第二膝当て部5は複数を準備しておき、それぞれ軸棒3およびピストンロッド2cに着脱自在に取付け、使用者の膝Gの大きさや形に合わせて交換できるようにすることも可能である。

0043

また、エアーシリンダー2を使用し、シリンダー本体2aのエアーを圧縮することによって筋力を測定するので、エアーの圧縮収縮性により、膝Gに加わる反力は柔らかくなる。従って、膝Gへの負担が少ない。

0044

なお、上記構成に加えて、第一膝当て部4と第二膝当て部5の膝Gに当接する面を、図4に示すように、膝Gの内側形状に対応した縦断面を外方に開口を有する略C字状の円弧面Cとすることによって、両膝Gの押圧力を、さらに逃がすことなくピストンロッド2cおよび軸棒3に伝達させることができる。
従って、内転筋群Mの筋力をさらに正確に測定することができる。

0045

また、エアーシリンダー2のシリンダー本体2aの前端部に、シリンダー本体2aの内部と連通する連通管8を設け、それにエアーストップ弁7を設けているので、シリンダー本体2aのエアーを自由に吸排気することができる。
これにより、シリンダー本体2aのエアー量を増減して、第一膝当て部4と第二膝当て部5との間隔を調節し、使用者の両膝G間の間隔に対応させることができる。

0046

また、エアーストップ弁7を設けたことで、ピストン2bがシリンダー本体2aの全行程にわたって円滑に摺動するか否かを確認することができる。エアーシリンダー2は、永年使用の過程で、空気中の水分や塵などにより、ピストン2bの進退動が重くなり、正確な筋力の測定ができなくなる可能性がある。エアーストップ弁7を設けることによって、こうしたピストン2bの進退動を容易に確認することができる。

0047

さらに、軸棒3をネジ棒で構成し、第一膝当て部4を、シリンダー本体2aに対して回動自在および接離自在に取付けているので、回動して、シリンダー本体2aに接近または離隔することによって、当該第一膝当て部4と第二膝当て部5との間隔を調節することができる。
これにより、使用者の両膝G間の間隔に対応させることができる。

0048

さらに、第一膝当て部4を膝Gに当接した状態の測定中に、シリンダー本体2aおよび圧力計6を自在に回動して見易い位置に配し、圧力計6の数値を確認することができるので、使用性にも優れる。なお、第二膝当て部5は、ピストンロッド2cに連結しているので、シリンダー本体2aに対して自在に回動する。

0049

なお、本発明者らは、上記実施形態に係る測定装置1を実際に製作した(シリンダー本体2aの直径32mm、ピストン2bの行程40mm)。その全体重量は0.86kgと軽量で、かつ、強度的にも充分であった。各構成部品をさらに厳選することによって、一層の軽量化および小型化が可能であることを確認した。

0050

上記実施形態に係る内転筋筋力測定装置1はエアーシリンダー2を使用して構成しているが、このエアーシリンダー2に代えて、図5に示すように、油圧シリンダー10を使用して構成することもできる。ここで、符号10aはシリンダー本体、10bはピストン、そして10cはピストンロッドを示している。図2と同じ部分には同一符号を付した。

0051

この油圧シリンダー10は、作動油の収縮性が小さいので収縮性の小さなシリンダー特性を得ることができる。また、作動油に微量のエアーを含ませることもできる。
これによって、エアーシリンダー2を利用した場合と同様に、膝Gへの負担を軽減することができる。なお、この測定装置1では、油圧シリンダー10を使用しているので、エアーシリンダー2を使用した場合に設けたエアーストップ弁7は不要であり、従って、測定装置1をさらに簡素化できるといった利点がある。

図面の簡単な説明

0052

本発明の実施形態に係る内転筋群筋力測定装置の使用状態を示す側面図(使用者の正面図)である。
図1に示す測定装置の平面図である。
図1に示す測定装置の部分拡大横断面図である。
図3のA−A線拡大断面図である。
本発明の他の実施形態に係る内転筋群筋力測定装置を示す平面図である。

符号の説明

0053

1内転筋群筋力測定装置
2エアーシリンダー
2aシリンダー本体
2bピストン
2cピストンロッド
3軸棒
4 第一膝当て部
5 第二膝当て部
6圧力計
7エアーストップ弁
8連通管
9雌ネジ部材
10油圧シリンダー
10a シリンダー本体
10b ピストン
10c ピストンロッド
B湾曲面
C円弧面
H通気孔
M 内転筋群
G膝
S 椅子

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ニプロ株式会社の「 留置針組立体」が 公開されました。( 2019/09/19)

    【課題】従来よりも安全性などの向上を図ることのできる、新規な構造の留置針組立体を提供する。【解決手段】針先を有する留置針と、前記留置針の基端側に設けられた針ハブと、筒状の周壁を有し、前記針ハブに外挿装... 詳細

  • 新日本無線株式会社の「 バイタルセンサ」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】高速のCPUや大きなメモリも必要とすることなく、短い処理時間で効率よく、かつ高い感度にて、生体の情報を検知する。【解決手段】周波数掃引に基づき変調波を送信すると共にその反射波を受信し、送信波と... 詳細

  • フクダ電子株式会社の「 パルスオキシメータ及び血液特性測定装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】発光素子の波長を測定することなしに、発光素子の波長のバラツキによるSpO2測定精度の低下を抑制できるパルスオキシメータを提供すること。【解決手段】パルスオキシメータは、フォトディテクター122... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ