図面 (/)

技術 サイドベットを条件に、プレイヤ手札における異なるゲームの役として規定された役に関する判定を行い、賞を付与するカードゲーム機及びカードゲームのプレイ方法

出願人 株式会社ユニバーサルエンターテインメント
発明者 吉澤一雅
出願日 2007年3月13日 (14年9ヶ月経過) 出願番号 2007-064014
公開日 2008年9月25日 (13年3ヶ月経過) 公開番号 2008-220686
状態 未査定
技術分野 スロットマシン、カードゲーム、盤上ゲーム 電子ゲーム機
主要キーワード 配布順序 バカラ 追加カード 勝敗表 各液晶ディスプレイ スペード 正面ディスプレイ チップ画像
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年9月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (14)

課題

ベットを条件にカードゲームを行い、遊技価値サイドベットを条件に、プレイヤ手札において当該ゲームと異なるゲームの役として規定された役に基づく判定を行い、役に応じた賞を付与するカードゲーム機及びカードゲームのプレイ方法を提供する。

解決手段

カードゲーム機1では、ブラックジャックが行われる。ブラックジャックでは、プレイヤカードディーラーカードの比較に基づく勝敗判定が行われ(S12)、判定結果に応じた賞が付与される。サイドベットが行われている場合(S15、S116)、勝敗判定結果に関わらず、ボーナス配当決定処理(S18)が行われる。ボーナス配当決定処理(S18)では、プレイヤカードにおいて、ブラックジャックと異なる「Pontoon」ゲームに係る役の成立が判定される。そして、成立した役に応じたボーナス配当の内容が決定され、プレイヤにボーナス配当として付与される(S119)。

概要

背景

従来、カジノ店やゲームセンター等においては、カードゲーム機やテーブルが設置されている。これらのカードゲーム機やテーブルでは、パイゴーポーカー(Pai Gow Poker)やドローポーカー(Draw Poker)やブラックジャック(Blackjack)と呼ばれるカードゲームが行われる。そして、これらのカードゲームでは、マーク数字スーツ)の表示されたカードが使用される。そして、プレイヤ配付されたカード(即ち、プレイヤ手札)、ディーラーに配付されたカード(即ち、ディーラー手札)を比較することで、当該カードゲームにおける勝敗(「プレイヤの勝ち」、「ディーラーの勝ち」、「引き分け」のいずれか)が判定される。又、この判定結果に基づいて、プレイヤに付与される賞の内容が決定される。

このようなカードゲームとして、米国特許第6808173号明細書に記載されたものが知られている。ここで、ブラックジャックゲームは、ディーラー手札とプレイヤ手札を比較することにより勝敗を判定し、当該判定結果に基づいて賞を付与するゲームである。
米国特許第6808173号明細書

概要

ベットを条件にカードゲームを行い、遊技価値サイドベットを条件に、プレイヤ手札において当該ゲームと異なるゲームの役として規定された役に基づく判定を行い、役に応じた賞を付与するカードゲーム機及びカードゲームのプレイ方法を提供する。カードゲーム機1では、ブラックジャックが行われる。ブラックジャックでは、プレイヤカードディーラーカードの比較に基づく勝敗判定が行われ(S12)、判定結果に応じた賞が付与される。サイドベットが行われている場合(S15、S116)、勝敗判定結果に関わらず、ボーナス配当決定処理(S18)が行われる。ボーナス配当決定処理(S18)では、プレイヤカードにおいて、ブラックジャックと異なる「Pontoon」ゲームに係る役の成立が判定される。そして、成立した役に応じたボーナス配当の内容が決定され、プレイヤにボーナス配当として付与される(S119)。

目的

上述したブラックジャックゲームのようなカードゲームは、現在、世界的に広く行われているため、新鮮味を求める多くのプレイヤを惹き付けることができない事態を招いている。従って、プレイヤの要望応えるべく、新鮮な興趣を付加したカードゲームを提供する必要が生じている。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数のカードを表示するディスプレイと、プレイヤからの入力情報受け付ける操作部と、プレイヤによる遊技価値ベットを受け付け、前記ディスプレイに表示された複数のカードの内、プレイヤに対応付けられたカードで構成されるプレイヤ手札と、ディーラーに対応付けられたカードで構成されるディーラー手札を比較することで勝敗判定を行い、前記勝敗判定の結果に応じて、ベットされた遊技価値に基づく第1の賞をプレイヤに付与する第1ゲームを実行すると共に、プレイヤによる遊技価値のサイドベットを受け付け、前記サイドベットがなされている場合には、前記プレイヤ手札を構成するカードにより、前記第1ゲームとは異なるゲームにおける役として規定された所定の役が成立しているか否かを判定し、成立している役に応じた第2の賞を付与するゲームコントローラと、を備えることを特徴とするカードゲーム機

請求項2

複数のカードを表示するディスプレイと、プレイヤからの入力情報を受け付ける操作部と、プレイヤによる遊技価値のベットを受け付け、前記ディスプレイに表示された複数のカードの内、プレイヤに対応付けられたカードで構成されるプレイヤ手札と、ディーラーに対応付けられたカードで構成されるディーラー手札を比較することで勝敗判定を行い、前記勝敗判定の結果に応じて、ベットされた遊技価値に基づく第1の賞をプレイヤに付与するブラックジャックゲームを第1ゲームとして実行すると共に、プレイヤによる遊技価値のサイドベットを受け付け、前記サイドベットがなされている場合には、前記プレイヤ手札を構成するカードにより、前記ブラックジャックゲームとは異なるゲームにおける役として規定された所定の役が成立しているか否かを判定し、成立している役に応じた第2の賞を付与するゲームコントローラと、を備えることを特徴とするカードゲーム機。

請求項3

請求項1又は請求項2に記載のカードゲーム機であって、前記ゲームコントローラは、前記サイドベットがなされている場合には、前記第1ゲームにおける第1の賞の有無に関わらず、プレイヤ手札を構成するカードにおける前記役の成立に係る判定を行い、成立した役に応じた第2の賞を付与することを特徴とするカードゲーム機。

請求項4

プレイヤによる遊技価値のベットを受け付け、複数のカードの内、プレイヤに対応付けられたカードで構成されるプレイヤ手札と、ディーラーに対応付けられたカードで構成されるディーラー手札を比較することで勝敗判定を行い、前記勝敗判定の結果に応じて、ベットされた遊技価値に基づく第1の賞をプレイヤに付与する第1ゲームを実行すると共に、プレイヤによる遊技価値のサイドベットを受け付け、前記サイドベットがなされている場合には、前記プレイヤ手札を構成するカードにより、前記第1ゲームとは異なるゲームにおける役として規定された所定の役が成立しているか否かを判定し、成立している役に応じた第2の賞を付与することを特徴とするカードゲームプレイ方法

請求項5

プレイヤによる遊技価値のベットを受け付け、前記ディスプレイに表示された複数のカードの内、プレイヤに対応付けられたカードで構成されるプレイヤ手札と、ディーラーに対応付けられたカードで構成されるディーラー手札を比較することで勝敗判定を行い、前記勝敗判定の結果に応じて、ベットされた遊技価値に基づく第1の賞をプレイヤに付与するブラックジャックゲームを第1ゲームとして実行すると共に、プレイヤによる遊技価値のサイドベットを受け付け、前記サイドベットがなされている場合には、前記プレイヤ手札を構成するカードにより、前記ブラックジャックゲームとは異なるゲームにおける役として規定された所定の役が成立しているか否かを判定し、成立している役に応じた第2の賞を付与することを特徴とするカードゲームのプレイ方法。

請求項6

請求項4又は請求項5に記載のカードゲーム機であって、前記サイドベットがなされている場合には、前記第1ゲームにおける第1の賞の有無に関わらず、プレイヤ手札を構成するカードにおける前記役の成立に係る判定を行い、成立した役に応じた第2の賞を付与することを特徴とするカードゲームのプレイ方法。

技術分野

0001

本発明は、遊技価値ベットを条件に、プレイヤ手札及びディーラー手札を比較することで勝敗を判定し、当該判定結果に応じた賞を付与するカードゲーム機及びカードゲームプレイ方法に関し、特に、遊技価値のサイドベットがなされた場合に、前記勝敗判定の結果から独立した異なる賞を付与しうるカードゲーム機及びカードゲームのプレイ方法に関する。

背景技術

0002

従来、カジノ店やゲームセンター等においては、カードゲーム機やテーブルが設置されている。これらのカードゲーム機やテーブルでは、パイゴーポーカー(Pai Gow Poker)やドローポーカー(Draw Poker)やブラックジャック(Blackjack)と呼ばれるカードゲームが行われる。そして、これらのカードゲームでは、マーク数字スーツ)の表示されたカードが使用される。そして、プレイヤ配付されたカード(即ち、プレイヤ手札)、ディーラーに配付されたカード(即ち、ディーラー手札)を比較することで、当該カードゲームにおける勝敗(「プレイヤの勝ち」、「ディーラーの勝ち」、「引き分け」のいずれか)が判定される。又、この判定結果に基づいて、プレイヤに付与される賞の内容が決定される。

0003

このようなカードゲームとして、米国特許第6808173号明細書に記載されたものが知られている。ここで、ブラックジャックゲームは、ディーラー手札とプレイヤ手札を比較することにより勝敗を判定し、当該判定結果に基づいて賞を付与するゲームである。
米国特許第6808173号明細書

発明が解決しようとする課題

0004

特許文献1に係るブラックジャックゲームでは、従来のブラックジャックゲームと同様に、先ず、ディーラーとプレイヤに対してそれぞれ最初に2枚のカードが配付される。ここで、最初に配布された2枚のカードに対して、希望により、カードの追加を行うことも可能である。
配布されたプレイヤ手札とディーラー手札において、各カードに表示された数字の合計が「21」を越えず、且つ、「21」に近いかという基準に基づいて、プレイヤ手札とディーラー手札の勝敗判定がなされる。即ち、配付されたカードに表示された数字の合計が「21」に近いほうが勝ちとなり、同じ数字の場合には引き分けとなる。尚、数字の合計が「21」を超えた時点で負けとなる。
そして、プレイヤがディーラーに勝利した場合にはプレイヤがベットしたベット額の1.5倍のチップが賞として付与される。また、プレイヤがディーラーに敗した場合にはプレイヤがベットしたチップは没収される。そして、プレイヤとディーラーが引き分けた場合には、プレイヤがベットしたチップはプレイヤに戻される。

0005

上述したブラックジャックゲームのようなカードゲームは、現在、世界的に広く行われているため、新鮮味を求める多くのプレイヤを惹き付けることができない事態を招いている。従って、プレイヤの要望応えるべく、新鮮な興趣を付加したカードゲームを提供する必要が生じている。

0006

本発明は、プレイヤ手札とディーラー手札の比較により勝敗判定を行い、判定結果に基づいて賞を付与するカードゲーム機及びカードゲームのプレイ方法に関し、特に、遊技価値のサイドベットがなされた場合に、プレイヤ手札において、当該ゲームと異なるゲームの役として規定された役に基づく判定を行い、役に応じた賞を付与することにより、新たな興趣を付加し、プレイヤの遊技に対する期待感を向上させ得るカードゲーム機及びカードゲームのプレイ方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

前記目的を達成するため、請求項1係るカードゲーム機(例えば、カードゲーム機1)は、複数のカードを表示するディスプレイ(例えば、液晶ディスプレイ10、正面ディスプレイ21)と、プレイヤからの入力情報受け付ける操作部(例えば、タッチパネル11)と、プレイヤによる遊技価値のベットを受け付け、前記ディスプレイに表示された複数のカードの内、プレイヤに対応付けられたカードで構成されるプレイヤ手札と、ディーラーに対応付けられたカードで構成されるディーラー手札を比較することで勝敗判定を行い、前記勝敗判定の結果に応じて、ベットされた遊技価値に基づく第1の賞をプレイヤに付与する第1ゲームを実行すると共に、プレイヤによる遊技価値のサイドベットを受け付け、前記サイドベットがなされている場合には、前記プレイヤ手札を構成するカードにより、前記第1ゲームとは異なるゲームにおける役として規定された所定の役が成立しているか否かを判定し、成立している役に応じた第2の賞を付与するゲームコントローラ(例えば、CPU41、CPU51)と、を備えることを特徴とする。

0008

請求項1に係るカードゲーム機では、プレイヤの遊技価値のベットを条件に、プレイヤ手札とディーラー手札の比較により、勝敗判定が行われ、勝敗判定の結果とベットされた遊技価値に基づく第1の賞が付与される第1ゲームが実行される。
ここで、当該カードゲーム機で遊技価値のサイドベットがなされると、プレイヤ手札を構成するカードにおいて、所定の役の成立に関する判定がなされる。ここで判定される所定の役は、前記第1ゲームとは異なるゲームにおける役として規定されたものである。そして、当該役の判定結果に基づいて、第1の賞とは異なる第2の賞が付与される。即ち、プレイヤは、サイドベットを行うことで第2の賞を獲得する機会を得ることができる。この結果、当該カードゲーム機は、プレイヤの遊技に対する期待感を向上させ得る。
又、第2の賞の有無の判定は、第1ゲームとは異なるゲームにおける役として規定された役に基づいて行われる。つまり、第1ゲームとは別の異なる基準による判定が導入されることにより、当該カードゲーム機におけるゲームに新たな興趣を付加しうる。これにより、当該カードゲーム機によれば、プレイヤに新たな興趣を提供しつつ、プレイヤの遊技に対する期待感を向上させ得る。

0009

また、請求項2に係るカードゲーム機(例えば、カードゲーム機1)は、複数のカードを表示するディスプレイ(例えば、液晶ディスプレイ10、正面ディスプレイ21)と、プレイヤからの入力情報を受け付ける操作部(例えば、タッチパネル11)と、プレイヤによる遊技価値のベットを受け付け、前記ディスプレイに表示された複数のカードの内、プレイヤに対応付けられたカードで構成されるプレイヤ手札と、ディーラーに対応付けられたカードで構成されるディーラー手札を比較することで勝敗判定を行い、前記勝敗判定の結果に応じて、ベットされた遊技価値に基づく第1の賞をプレイヤに付与するブラックジャックゲームを第1ゲームとして実行すると共に、プレイヤによる遊技価値のサイドベットを受け付け、前記サイドベットがなされている場合には、前記プレイヤ手札を構成するカードにより、前記ブラックジャックゲームとは異なるゲームにおける役として規定された所定の役が成立しているか否かを判定し、成立している役に応じた第2の賞を付与するゲームコントローラ(例えば、CPU41、CPU51)と、を備えることを特徴とする。

0010

請求項2に係るカードゲーム機では、プレイヤの遊技価値のベットを条件に、第1ゲームとして、ブラックジャックゲームが行われる。即ち、当該カードゲーム機では、ブラックジャックゲームのルールに基づいて、プレイヤ手札とディーラー手札の比較により勝敗判定が行われ、勝敗判定の結果とベットされた遊技価値に基づく第1の賞が付与される。
ここで、当該カードゲーム機で遊技価値のサイドベットがなされると、プレイヤ手札を構成するカードにおいて、所定の役の成立に関する判定がなされる。ここで判定される所定の役は、ブラックジャックゲームとは異なるゲームにおける役として規定されたものである。そして、当該役の判定結果に基づいて、第1の賞と異なる第2の賞が付与される。つまり、プレイヤは、サイドベットを行うことで第2の賞を獲得する機会を得ることができる。従って、当該カードゲーム機は、プレイヤの遊技に対する期待感を向上させ得る。
又、第2の賞の有無の判定は、ブラックジャックゲームとは異なるゲームにおける役(例えば、ポーカー役等)として規定された所定の役に基づいて行われる。つまり、ブラックジャックゲームとは別の異なる基準による判定が導入されることにより、当該カードゲーム機におけるゲームに新たな興趣を付加しうる。これにより、当該カードゲーム機は、プレイヤに新たな興趣を提供しつつ、プレイヤの遊技に対する期待感を向上させ得る。

0011

そして、請求項3に係るカードゲーム機(例えば、カードゲーム機1)は、請求項1又は請求項2に記載のカードゲーム機であって、前記ゲームコントローラ(例えば、CPU41、CPU51)は、前記サイドベットがなされている場合には、前記第1ゲームにおける第1の賞の有無に関わらず、プレイヤ手札を構成するカードにおける前記役の成立に係る判定を行い、成立した役に応じた第2の賞を付与することを特徴とする。

0012

請求項3に係るカードゲーム機によれば、サイドベットがなされている場合には、第1ゲームにおける第1の賞の有無に関わらず、プレイヤ手札における役の判定が行われ、成立した役に応じた第2の賞が付与される。即ち、第2の賞を獲得する機会は、第1ゲームにおける勝敗判定の結果と無関係に付与される。つまり、サイドベットを行うだけで、プレイヤは第2の賞を獲得する機会を得ることができるので、当該カードゲーム機は、プレイヤの遊技に対する期待感を向上させ得る。
例えば、第1の賞が付与された場合、合わせて第2の賞を獲得できる場合が生じ得るので、当該カードゲーム機は、より多くの賞の獲得を希望するプレイヤの期待感を高めることができる。又、第1の賞が付与されない場合であっても、第2の賞を獲得する場合が生じ得るので、当該カードゲーム機は、第2の賞に対する期待感をプレイヤに提供することができる。つまり、この場合であっても、当該カードゲーム機は、プレイヤのゲームにおける興趣を大きく損なうことはない。

0013

そして、請求項4に係るカードゲームのプレイ方法は、プレイヤによる遊技価値のベットを受け付け、複数のカードの内、プレイヤに対応付けられたカードで構成されるプレイヤ手札と、ディーラーに対応付けられたカードで構成されるディーラー手札を比較することで勝敗判定を行い、前記勝敗判定の結果に応じて、ベットされた遊技価値に基づく第1の賞をプレイヤに付与する第1ゲームを実行すると共に、プレイヤによる遊技価値のサイドベットを受け付け、前記サイドベットがなされている場合には、前記プレイヤ手札を構成するカードにより、前記第1ゲームとは異なるゲームにおける役として規定された所定の役が成立しているか否かを判定し、成立している役に応じた第2の賞を付与することを特徴とする。

0014

請求項4に係るカードゲームのプレイ方法においては、プレイヤの遊技価値のベットを条件に、プレイヤ手札とディーラー手札の比較により、勝敗判定が行われ、勝敗判定の結果とベットされた遊技価値に基づく第1の賞が付与される第1ゲームが実行される。
ここで、遊技価値のサイドベットがなされると、プレイヤ手札を構成するカードにおいて、所定の役の成立に関する判定がなされる。ここで判定される所定の役は、前記第1ゲームとは異なるゲームにおける役として規定されたものである。そして、当該役の判定結果に基づいて、第1の賞とは異なる第2の賞が付与される。即ち、プレイヤは、サイドベットを行うことで第2の賞を獲得する機会を得ることができる。この結果、当該カードゲームのプレイ方法は、プレイヤの遊技に対する期待感を向上させ得る。
又、第2の賞の有無の判定は、第1ゲームとは異なるゲームにおける役として規定された役に基づいて行われる。つまり、第1ゲームとは別の異なる基準による判定が導入されることにより、当該プレイ方法で行われるカードゲームに新たな興趣を付加しうる。これにより、当該カードゲームのプレイ方法によれば、プレイヤに新たな興趣を提供しつつ、プレイヤの遊技に対する期待感を向上させ得る。

0015

又、請求項5に係るカードゲームのプレイ方法は、プレイヤによる遊技価値のベットを受け付け、前記ディスプレイに表示された複数のカードの内、プレイヤに対応付けられたカードで構成されるプレイヤ手札と、ディーラーに対応付けられたカードで構成されるディーラー手札を比較することで勝敗判定を行い、前記勝敗判定の結果に応じて、ベットされた遊技価値に基づく第1の賞をプレイヤに付与するブラックジャックゲームを第1ゲームとして実行すると共に、プレイヤによる遊技価値のサイドベットを受け付け、前記サイドベットがなされている場合には、前記プレイヤ手札を構成するカードにより、前記ブラックジャックゲームとは異なるゲームにおける役として規定された所定の役が成立しているか否かを判定し、成立している役に応じた第2の賞を付与することを特徴とする。

0016

請求項5に係るカードゲームのプレイ方法によれば、請求項2に係るカードゲーム機と同様に、プレイヤの遊技価値のベットを条件に、第1ゲームとして、ブラックジャックゲームが行われ、勝敗判定の結果に応じて第1の賞を付与しうる。
ここで、当該カードゲーム機で遊技価値のサイドベットがなされると、プレイヤ手札を構成するカードにおいて、所定の役の成立に関する判定がなされる。ここで判定される所定の役は、ブラックジャックゲームとは異なるゲームにおける役として規定されたものである。そして、当該役の判定結果に基づいて、第1の賞と異なる第2の賞が付与される。つまり、プレイヤは、サイドベットを行うことで第2の賞を獲得する機会を得ることができる。従って、当該カードゲームのプレイ方法は、プレイヤの遊技に対する期待感を向上させ得る。
又、第2の賞の有無の判定は、ブラックジャックゲームとは異なるゲームにおける役(例えば、ポーカー役等)として規定された所定の役に基づいて行われる。つまり、ブラックジャックゲームとは別の異なる基準による判定が導入されることにより、当該プレイ方法におけるカードゲームに新たな興趣を付加しうる。これにより、当該カードゲームのプレイ方法は、プレイヤに新たな興趣を提供しつつ、プレイヤの遊技に対する期待感を向上させ得る。

0017

そして、請求項6に係るカードゲームのプレイ方法は、請求項4又は請求項5に記載のカードゲーム機であって、前記サイドベットがなされている場合には、前記第1ゲームにおける第1の賞の有無に関わらず、プレイヤ手札を構成するカードにおける前記役の成立に係る判定を行い、成立した役に応じた第2の賞を付与することを特徴とする。

0018

請求項6に係るカードゲームのプレイ方法によれば、サイドベットがなされている場合には、第1ゲームにおける第1の賞の有無に関わらず、プレイヤ手札における役の判定が行われ、成立した役に応じた第2の賞が付与される。即ち、サイドベットを行うだけで、プレイヤは第2の賞を獲得する機会を得ることができるので、当該カードゲームのプレイ方法は、プレイヤの遊技に対する期待感を向上させ得る。
例えば、第1の賞が付与された場合、合わせて第2の賞を獲得できる場合が生じ得るので、当該カードゲームのプレイ方法は、より多くの賞の獲得を希望するプレイヤの期待感を高めることができる。又、第1の賞が付与されない場合であっても、第2の賞を獲得する場合が生じ得るので、当該カードゲームのプレイ方法は、第2の賞に対する期待感をプレイヤに提供することができる。つまり、この場合であっても、当該カードゲームのプレイ方法によれば、プレイヤのゲームにおける興趣を大きく損なうことはない。

発明の効果

0019

本発明に係るカードゲーム機及びカードゲームのプレイ方法では、遊技価値のベットに基づいて第1ゲームが行われる。第1ゲームでは、プレイヤ手札とディーラー手札の比較に基づく勝敗判定が行われ、判定結果に基づく第1の賞がプレイヤに付与される
ここで、遊技価値のサイドベットがなされた場合には、第1ゲームの勝敗判定の結果に関わらず、プレイヤ手札の態様に基づく第2の賞を獲得する機会が付与される。そして、プレイヤの遊技に対する期待感は、第2の賞を獲得する機会を得たことによって高められる。
又、第2の賞の有無の判定は、第1ゲームとは異なるゲームにおける役として規定された所定の役に基づいて行われる。つまり、第2の賞に係る判定において、第1ゲームとは別の異なる基準による判定が導入される。つまり、カードゲームには、「第1ゲームとは別の異なる基準による判定」という新たな興趣が付加される。これにより、当該カードゲーム機及びカードゲームのプレイ方法は、プレイヤに新たな興趣を提供しつつ、プレイヤの遊技に対する期待感を向上させ得る。

発明を実施するための最良の形態

0020

以下、本発明をカードゲーム機について具体化した実施形態について、図面を参照しつつ詳細に説明する。
先ず、本実施形態に係るカードゲーム機1の概略について、図面を参照しつつ詳細に説明する。本実施形態に係るカードゲーム機1は、多人数参加型ゲーム機一種である。従って、カードゲーム機1は、複数のプレイヤ端末4を備えている(図2参照)。
そして、当該カードゲーム機1においては、カードゲームの一つであるブラックジャックが実行される。ここで、ブラックジャックとは、先ず各プレイヤが所定額のチップをベットし、その後に配付されたカードの数字の合計がディーラーに配付されたカードの数字の合計よりも「21」に近ければ勝ちとなり、ベット額に応じた賞の払い出しが行われるカードゲームである。

0021

ここで、本実施形態に係るカードゲーム機1においては、ブラックジャックを開始する際に、通常のベットの他にサイドベットを行うことができる(図1参照)。そして、サイドベットが行われた場合、当該カードゲーム機1では、ブラックジャックにおける勝敗に関わらず、サイドベットを行ったプレイヤ(即ち、当該プレイヤのプレイヤ端末4)に対して、ボーナス配当獲得の機会が付与される。
カードゲーム機1におけるボーナス配当の有無は、ブラックジャックゲームでプレイヤに配布されたカード(以下、プレイヤカードという)における所定の役の成立・不成立に基づいて決定される。具体的には、ボーナス配当の有無は、ブラックジャックとは異なるゲームである「Pontoon」の役の成立・不成立によって決定される。サイドベットを行ったプレイヤのプレイヤカードにおいて、所定の「Pontoon」ゲームに係る役が成立した場合には、成立した「Pontoon」ゲームに係る役に応じたボーナス配当が、当該プレイヤに付与される。
即ち、本願発明に係るカードゲーム機1は、プレイヤによるサイドベットがなされている場合において、ブラックジャックゲームの勝敗に関わらず、当該プレイヤに対してボーナス配当を獲得する機会を付与するという特徴を有する。又、当該カードゲーム機1は、ボーナス配当の有無を、ブラックジャックとは別のゲームである「Pontoon」ゲームに係る役に基づいて決定するという特徴を有している。

0022

先ず、本実施形態に係るカードゲーム機1の概略構成について、図面を参照しつつ詳細に説明する。図2は、本実施形態に係るカードゲーム機1の外観図である。
本実施形態に係るカードゲーム機1は、基本的に、テーブル部2と、パネル部3とから構成されている。テーブル部2は、プレイヤが着座して遊技を行う部分であり、上述した複数のプレイヤ端末4により構成されている。一方、パネル部3は、テーブル部2に着座したプレイヤの正面方向に設置される。このパネル部3は、後述するように正面ディスプレイ21を備えており、当該正面ディスプレイ21には、ゲームの進行に伴って、ディーラーのアニメーション画像等が表示される。

0023

次に、カードゲーム機1を構成するテーブル部2について、図面を参照しつつ詳細に説明する。図2に示すように、テーブル部2は、複数個図2では5個)のプレイヤ端末4が略扇状に配置されて構成される。尚、各プレイヤ端末4は、サテライトとも呼ばれる。
ここで、テーブル部2を構成する一のプレイヤ端末4の構成について、図面を参照しつつ詳細に説明する。図3は、本実施形態に係る一のプレイヤ端末4を示す外観図である。尚、テーブル部2を構成する各プレイヤ端末4は、何れも同一の構成である。

0024

図3に示すように、一のプレイヤ端末4は、液晶ディスプレイ10と、タッチパネル11と、操作ボタン12と、コイン投入口13と、紙幣投入口14と、コイン払出口15とから構成されている。液晶ディスプレイ10は、後述するゲーム画面図1図6参照)や遊技結果等を表示する表示手段である。タッチパネル11は、液晶ディスプレイ10の前面に配置されている。そして、タッチパネル11は、液晶ディスプレイ10にゲーム画面70が表示されている場合に、ベット対象の選択やベット額の設定に用いられる。つまり、タッチパネル11は、ベット対象の選択やベット額の設定に対する操作手段として機能する。操作ボタン12は、当該カードゲーム機1において払い出し操作等を行う為の操作手段である。そして、コイン投入口13は、ゲームを行う際にプレイヤがコインメダル投入する部分であり、紙幣投入口14は、プレイヤが紙幣を投入する部分である。また、コイン払出口15は、プレイヤによる払い出し操作が行われた際に、貯留されているクレジットに対応するコインやメダルが払い出される部分である。

0025

一方、カードゲーム機1を構成するパネル部3は、正面ディスプレイ21と、スピーカ22と、LED23とから構成されている。正面ディスプレイ21は、ゲームの進行に伴う画像を表示する表示手段である。具体的に、正面ディスプレイ21には、カードの配付やチップの受け渡しを行うディーラーの画像等が表示される。又、正面ディスプレイ21には、配付されたカードの内容も表示される。スピーカ22は、ゲームの進行に合わせて音楽効果音を出力する。このスピーカ22は、正面ディスプレイ21の上部に配置されている。そして、LED23は、各種演出時に点灯される発光手段であり、発行態様による演出によりゲームの臨場感を高める。

0026

そして、正面ディスプレイ21の上部には、プール額表示部24が設けられている。ここで、本実施形態に係るカードゲーム機1では、後述するようにブラックジャックに置ける勝敗判定において、「引き分け」と判定された場合、プレイヤがそのゲームでベットしたベット額がポットプールされる。即ち、プール額表示部24には、ポットに累積加算されている現在のプール額が表示される。
尚、後に詳細に説明するが、ポットに累積加算されたポット額は、所定の条件を充足した場合に、ボーナス配当として、該当するプレイヤに一括して払い出される。

0027

本実施形態に係るカードゲーム機1において使用されるカードは、一般に使用されているトランプカードと同じものである。即ち、各カードには、夫々「スーツ」と「数字」が関連付けられている(図1図7図8参照)。
ここで、「スーツ」とは、トランプカードのマークのことをいい、スペードハートダイヤクラブの4種類がある。
また、「数字」とは、トランプカードの数字又は英字のことをいい、A(エース、1に相当)、2、3、4、5、6、7、8、9、10、J(ジャック、11に相当)、Q(クィーン、12に相当)、K(キング、13に相当)の13種類がある。

0028

次に、本実施形態に係るカードゲーム機1のプレイ方法について説明する。カードゲーム機1での遊技を行う場合、プレイヤは、プレイヤ端末4の正面に着座し、液晶ディスプレイ10に表示されたゲーム画面を用いて、希望するベット額をブラックジャックゲームに対してベットする。この時、当該プレイヤは、ボーナス配当獲得の機会を得るために、サイドベットを行うことができる。
その後、カードゲーム機1では、正面ディスプレイ21と各液晶ディスプレイ10に、プレイヤとディーラーに対してそれぞれ配付されたカード画像が表示される。そして、プレイヤに配付されたカード(即ち、プレイヤカード)と、ディーラーに配布されたカード(即ち、ディーラーカード)の数字、スーツに基づいて、勝敗判定がおこなわれる。
勝敗判定の後、カードゲーム機1では、勝敗判定の結果に応じて、演出画像が表示される。更に、ディーラーに勝利したプレイヤのプレイヤ端末4に対しては、ベットされたベット額(クレジット数)の1.5倍のクレジットが賞として付与される。一方、ディーラーに敗北したプレイヤ端末4に対しては、何らの賞も付与されない。ここで、ディーラーと引き分けたプレイヤ端末4に対しては、敗北した場合と同様に、何らの賞も付与されないが、プレイヤがベットしたベット額(クレジット数)は、ポットにプールされる。

0029

ここで、カードゲーム機1は、プレイヤがサイドベットを行っていた場合、当該プレイヤにボーナス配当を獲得する機会を付与する。具体的には、カードゲーム機1は、勝敗判定時におけるプレイヤカードを対象として、所定の役(図12参照)の成立に関する判定を行い、成立した役に応じたボーナス配当を付与する。尚、このボーナス配当の付与に係る役としては、ブラックジャックとは異なるゲームである「Pontoon」の役が用いられる(図12参照)。所定の「Pontoon」に係る役が成立している場合、それぞれに規定されているボーナス配当の内容に基づくボーナス配当がプレイヤに付与される。

0030

次に、カードゲーム機1の制御系に係る構成について、図面を参照しつつ詳細に説明する。図4は、本実施形態に係るカードゲーム機1の制御系を模式的に示すブロック図である。
図4に示すように、カードゲーム機1は、主制御部31と、主制御部31に接続された複数のプレイヤ端末4及び各種の周辺機器とから構成される。

0031

主制御部31は、基本的にマイクロコンピュータ45を核として構成されている。このマイクロコンピュータ45は、CPU41、RAM42、ROM43、これら相互間のデータ転送を行う為のバス44で構成されている。ROM43には、カードゲーム機1の制御上必要な処理を行う為の各種プログラム、データテーブル等が格納されている。CPU41は、各種制御プログラムを実行する演算処理装置であり、マイクロコンピュータ45による制御の中枢を担っている。又、RAM42は、CPU41で演算された各種データを一時的に記憶しておくメモリである。そして、RAM42には、プール額記憶エリア42Aが設けられている。このプール額記憶エリア42Aには、ポットにプールされたプール額が累積記憶される。
更に、ROM43には、プレイヤカードやディーラーカードに使用されるカードの表面及び裏面の画像データについても記憶されている。

0032

また、CPU41は、I/Oインターフェイス46を介して、画像処理回路47、音声回路48、LED駆動回路49、通信インターフェイス50に接続されている。画像処理回路47は、CPU41による制御に基づいて、正面ディスプレイ21の表示態様を制御する為の回路である。従って、当該画像処理回路47を介して、正面ディスプレイ21の表示制御を行うことで、正面ディスプレイ21には、ディーラー画像102等が表示される(図8参照)。音声回路48は、CPU41による制御に基づいて、スピーカ22の駆動制御を行う為の回路である。即ち、当該音声回路48を介して、スピーカ22の制御を行うことで、ゲームの進行に応じた音楽や効果音が出力される。LED駆動回路49は、LED23の点灯態様を制御する為の回路である。従って、LED駆動回路49により、LED23の点灯態様を制御することで、ゲームの進行に対応する演出を行うことができる。

0033

そして、通信インターフェイス50は、各プレイヤ端末4と主制御部31の間における各種データを送受信する為のインターフェイスである。従って、各プレイヤ端末4からのベット操作情報等の各種情報が、当該通信インターフェイス50を介して、主制御部31と各プレイヤ端末4の間で送受信される。

0034

次に、本実施形態に係るプレイヤ端末4の制御系について、図面を参照しつつ詳細に説明する。図5は、本実施形態に係るプレイヤ端末4の制御系を模式的に示すブロック図である。
図5に示すように、本実施形態に係るプレイヤ端末4は、マイクロコンピュータ55を核として構成されている。マイクロコンピュータ55は、CPU51、RAM52、ROM53、これら相互間のデータ転送を行う為のバス54で構成される。そして、ROM53には、プレイヤ端末4の制御上必要な処理を行う為の各種プログラム、データテーブル等が格納されている。CPU51は、ROM53に格納された各種制御プログラムを実行する演算処理装置であり、マイクロコンピュータ55による制御の中枢を担っている。また、RAM52は、CPU51で演算された各種データを一時的に記憶しておくメモリである。又、RAM52には、ベット額記憶エリア52Aが形成されている。ベット額記憶エリア52Aには、現在プレイヤ端末4に貯留されているクレジット数、プレイヤがベットしたベット対象(即ち、ベット又はサイドベット)、そのベット対象にベットされたベット額(クレジット数)が記憶される。

0035

また、CPU51は、I/Oインターフェイス56を介して液晶パネル駆動回路57、タッチパネル駆動回路58、ホッパー駆動回路59、払出完了信号回路60、通信インターフェイス61に接続されている。
液晶パネル駆動回路57は、液晶ディスプレイ10に接続されており、液晶ディスプレイ10の表示態様に関する制御に用いられる。タッチパネル駆動回路58は、タッチパネル11に接続されており、プレイヤによるタッチパネル11の操作を検知し、当該操作に対応する制御を行う際に用いられる。ホッパー駆動回路59は、ホッパー62に接続されており、コイン払出口15へコインを払い出す際におけるホッパー62の制御に用いられる。そして、払出完了信号回路60は、コイン検出部63に接続されており、コイン払出口15に所定枚数のコインを払い出した場合に、払出が完了したことを示す払出完了信号を送信する。

0036

そして、通信インターフェイス61は、当該プレイヤ端末4と主制御部31の間における各種情報の送受信に用いられるインターフェイスである。例えば、タッチパネル11から出力される操作情報に基づくベット情報は、当該通信インターフェイス61を介して、主制御部31に対して送信される。

0037

次に、本実施形態に係るカードゲーム機1においてブラックジャックを行う際に、プレイヤ端末4の液晶ディスプレイ10上に表示されるゲーム画面70について、図面を参照しつつ、詳細に説明する。図6図7は、プレイヤ端末4の液晶ディスプレイ10に表示されるゲーム画面70を示す説明図である。
ここで、本実施形態に係るカードゲーム機1では、プレイヤは、ゲーム画面70とタッチパネル11を用いて、ベット操作を行う。このベット操作は、今回のゲームに対し、所定額分のクレジットをベット又はサイドベットする操作である。同様に、ゲーム画面70とタッチパネル11を用いて、プレイヤは、手持ちのカード(即ち、プレイヤカード)の追加を要求する操作やベット額を増額する操作等も行うことができる。

0038

図6図7に示すように、ゲーム画面70は、プレイヤカード表示領域71と、ベット表示エリア73と、サイドベット表示エリア86と、プール額表示領域74と、各種操作ボタン及びプレイヤの情報を表示する情報表示エリアとから構成される。
プレイヤカード表示領域71は、ブラックジャックに際し、プレイヤカードとして配布されたプレイヤカードが表示される領域である。従って、当該プレイヤカード表示領域71には、プレイヤカードのカード画像87が表示される(図6図7参照)。
そして、ベット表示エリア73は、ブラックジャックにベットしたチップを示すチップ画像72が表示される表示エリアである。又、サイドベット表示エリア86は、サイドベットしたチップを示すチップ画像72が表示される表示エリアである。プール額表示領域74には、ポットにプールされたプール額が表示される。
そして、情報表示エリアには、ベットボタン75、Repeatベットボタン76等の各種操作ボタンと共に、ベット額表示エリア90等のプレイヤの情報が表示される。

0039

プレイヤカード表示領域71は、プレイヤに配付されたプレイヤカードを示すカード画像87が表示される表示エリアである。即ち、プレイヤカード表示領域71に表示された複数枚のカード画像87は、当該プレイヤ端末4に着座してゲームを行うプレイヤに対して配付されたカードを示す。

0040

上述したように、ベット表示エリア73には、プレイヤがブラックジャックに対してベットしたベット額に相当するチップ画像72が表示される(例えば、図6図7では50クレジット分のチップをベットしている)。このベットを行う場合、プレイヤは、後述するベットボタン75でベット額を選択し、ベット表示エリア73に対応するタッチパネル11に触れることで、ベット表示エリア73に対するベット額を決定する。即ち、ベット表示エリア73部分のタッチパネル11は、ベット対象(即ち、ブラックジャックに対するベット)の選択手段として機能する。ベット表示エリア73部分のタッチパネル11に対する操作により、決定されたベット額は、主制御部31へと送信される。

0041

そして、サイドベット表示エリア86には、プレイヤがサイドベットしたベット額に相当するチップ画像72が表示される(例えば、図7では50クレジット分のチップをベットしている)。このサイドベットを行う場合、プレイヤは、後述するベットボタン75でベット額を選択し、サイドベット表示エリア86に対応するタッチパネル11に触れることで、サイドベットするベット額を決定する。即ち、サイドベット表示エリア86部分のタッチパネル11も、ベット対象(即ち、サイドベット)の選択手段として機能する。サイドベット表示エリア86部分のタッチパネル11に対する操作により、決定されたベット額は、主制御部31へと送信される。

0042

また、プール額表示領域74はポットにプールされたプール額を示す領域である。ここで、本実施形態に係るカードゲーム機1では、ブラックジャックにおいて、プレイヤとディーラーとの勝敗が引き分けであった場合に、プレイヤがベットしていたベット額が全てポットにプールされる(例えば、図1では50クレジットがプールされる)。尚、プールされる額はベット額の一部(例えば50%)であっても良い。その場合には、プールされなかった残りのベット額をプレイヤに払い出すようにすることが望ましい。

0043

また、ベット表示エリア73の右側下方には、複数のベットボタン75(本実施形態では「1クレジット」、「10クレジット」、「100クレジット」の3種類)が設けられている。そして、プレイヤはベットボタン75に触れることにより、今回のゲームでベットするベット額を選択することができる。

0044

ベットボタン75の上方には、Repeatベットボタン76、UNDOベットボタン77が設けられている。プレイヤは、Repeatベットボタン76に触れることで、前回のゲームと同じベット額をベットすることができる。また、UNDOベットボタン77に触れることによって、プレイヤは、一旦行ったベット操作を取り消すことができる。

0045

一方、ベット表示エリア73、サイドベット表示エリア86の下方には、複数の操作ボタン群が表示されている。これらの操作ボタン群は、プレイヤがディーラーとの駆け引きを行う際に用いられる。具体的には、操作ボタンとして、STANDボタン78、HITボタン79、SURRENDERボタン80、INSURANCEボタン81、SPLITボタン82、DoubleDownボタン83が設けられている。

0046

STANDボタン78は、これ以上カードの配付を要求せずに現在配付されているカードでディーラーと勝負する際に操作される。そして、HITボタン79は、現在配付されているカードに加えて新たにカードを要求する際に操作される。
尚、HITボタン79は、配付されたカードに表示された数字の合計が「21」以上になるまで使用可能である。

0047

SURRENDERボタン80は、今回のゲームの勝負から退く際に操作される。SURRENDERボタン80が操作されると、その時点でのベット額の半分が徴収され、残りのベット額はプレイヤに返却される。そして、INSURANCEボタン81は、ディーラーに配付されたカードがブラックジャックとなる場合に備えて、プレイヤが保険をかける際に操作される。

0048

SPLITボタン82は、ゲーム中に配付された2枚のカードに表示された数字が同じ数字であって、カードを2つの手に分ける場合に操作される。そして、SPLITボタン82が操作されると、プレイヤは2組以上のカードによる手によってディーラーと勝負することができる。DoubleDownボタン83は、ゲーム中において、プレイヤがベット額を倍に増やす場合に操作される。

0049

また、STANDボタン78の下方には、HELPボタン84が設けられている。HELPボタン84は、カードゲーム機1の操作方法を液晶ディスプレイ10に表示する際に操作される。また、HELPボタン84の右側には、メッセージエリア85が設けられている。このメッセージエリア85には、ゲームの進行をサポートするメッセージが表示される。

0050

そして、ゲーム画面70の下方には、ベット額表示エリア90、獲得額表示エリア91、所有クレジット表示エリア92、ベット額下限表示エリア93、ベット額上限表示エリア94、サイドベット額表示エリア97が設けられている。
ベット額表示エリア90には、現在のブラックジャックの1ゲームに対して、プレイヤによりベットされたベット額が表示される。獲得額表示エリア91には、プレイヤが賞として獲得したクレジット額が表示される。そして、所有クレジット表示エリア92には、プレイヤが現在所有するクレジット数が表示される。ベット額下限表示エリア93には、プレイヤがベット可能なベット額の下限が示され、ベット額上限表示エリア94には、プレイヤがベット可能なベット額の上限が示される。
そして、サイドベット額表示エリア97には、現在のゲームに対して、プレイヤによりサイドベットされたサイドベット額が表示される。

0051

また、プレイヤカード表示領域71の左側には、勝敗表示領域95が設けられている。
勝敗表示領域95には、今回のゲームにおけるプレイヤとディーラーの勝敗を示す文字列が表示される。例えば、プレイヤが勝利した場合、勝敗表示領域95には、「YOU WON」の文字が表示される。そして、勝敗表示領域95には、プレイヤが敗北した場合は「YOU LOST」の文字、勝敗が引き分けとなった場合は「DRAW」の文字が表示される。
又、後述するように、サイドベットを行った結果、ボーナス配当を獲得すると、当該勝敗表示領域95には、「BONUS GET!!」等の文字列が表示される。
ここで、ブラックジャックの勝敗は配付されたカードの数字の合計が「21」を超えない範囲で「21」に近い方が勝者となり、同じ数であった場合には引き分けとなる。尚、この時、プレイヤカードにおいて、「Pontoon」ゲームに係る役が成立しているか否かは、ブラックジャックの勝敗判定に影響を与えない。即ち、ブラックジャックの勝敗判定は、ブラックジャックのルールに従って、プレイヤカードの数字、スーツに基づいて判定される。

0052

次に、本実施形態に係るカードゲーム機1においてブラックジャックを行う際に、正面ディスプレイ21に表示されるメイン画面101について、図面を参照しつつ詳細に説明する。図8は、正面ディスプレイ21に表示されるメイン画面101の説明図である。
ここで、本実施形態に係るカードゲーム機1では、メイン画面101において、ゲームの進行に連動して種々の画像が表示される。具体的には、ディーラー画像102が、メイン画面101に表示され、カードの配付等を行うディーラーが、アニメーションにより表現される。このようなメイン画面101の表示を行うことにより、カードゲーム機1は、プレイヤのゲームに対する臨場感を向上させる。

0053

また、メイン画面101の略中央には、ディーラーカード画像103が表示される。ディーラーカード画像103は、ディーラーに対して配付されたディーラーカードを示す。 更に、メイン画面101の下方には、各プレイヤ端末4でゲームを行う各プレイヤ(最大で5人)のプレイヤカードを示すプレイヤカード画像104〜108と、各プレイヤとディーラーとの勝敗を示す勝敗結果画像110〜114が表示される。
従って、プレイヤはメイン画面101を参照することによって、ディーラーに配付されたカードの種類や、同時にゲームを行う他のプレイヤに配付されたカードの種類を把握することができる。更に、プレイヤは、メイン画面101を参照することで、自らの勝敗の結果と共に他のプレイヤの勝敗の結果も把握できる。

0054

次に、上記構成を有する本実施形態に係るカードゲーム機1において、主制御部31のCPU41が実行するゲーム処理プログラム、プレイヤ端末4のCPU51が実行するプレイヤ端末側のゲーム処理プログラムについて、図面を参照しつつ詳細に説明する。
図9図11は、主制御部31側、プレイヤ端末4側で実行されるゲーム制御プログラムフローチャートである。
尚、これら図9図11に示す各プログラムは、主制御部31が備えているRAM42やROM43、プレイヤ端末4が備えているRAM52やROM53に記憶されている。そして、これらのプログラムは、夫々CPU41又はCPU51により実行される。

0055

先ず、図9図11に基づいて、主制御部31が実行するゲーム処理プログラムについて説明する。
主制御部31において、ゲーム処理プログラムの実行を開始すると、CPU41は、先ず、CPU41は、ベット期間開始指示を各プレイヤ端末4に対して送信する(S1)。このベット期間開始指示は、各プレイヤ端末4において、プレイヤによるベット操作の受付を開始する為の指示である。

0056

その後、S2に移行すると、CPU41は、各プレイヤ端末4から送信されたベット情報を受信する。ここで、ベット情報は、プレイヤがベットしたベット額(クレジット数)に関する情報と共に、サイドベットに関する情報も含む。
ベット情報を受信すると、CPU41は、ベット情報をプレイヤ端末4毎にRAM42に格納し、S3に処理を移行する。

0057

S3に移行すると、CPU41は、上記ベット期間において、サイドベットがなされたか否かについての判断を行う。具体的には、CPU41は、RAM42に格納された各プレイヤ端末4のベット情報を参照し、サイドベットの有無を特定する。サイドベットがなされた場合(S3:YES)、CPU41は、サイドベットがなされたことを示すサイドベットフラグを、当該サイドベットが行われたプレイヤ端末4に対応付けてRAM42に格納する(S4)。その後、CPU41は、S5に処理を移行する。一方、サイドベットがなされていない場合(S3:NO)、CPU41は、そのままS5に処理を移行する。

0058

その後、CPU41は、配付カード抽選処理を行う(S5)。配布カード抽選処理(S5)は、各プレイヤやディーラーに対応付けるカードを抽選により決定する処理である。
ここで、ブラックジャックゲームでは、6デッキ又は8デッキのトランプカードが用いられる。1デッキのトランプカードは、上述した数字、スーツが付された52枚のカードで構成される。
従って、配布カード抽選処理(S5)では、CPU41は、1ゲームに使用するN枚(例えば、6デッキを用いた場合、N=312)のカードに対して、1〜Nまでのいずれかの番号(配付順序)をランダムに関連付ける。CPU41は、こうして決定された配布順序に基づいて、カードをディーラーやプレイヤに対応付ける(即ち、ディーラーやプレイヤに、ディーラーカード、プレイヤカードが配付される)。

0059

配布カード抽選処理(S5)の後、S6においては、CPU41は、配付カード抽選処理(S5)の抽選結果に基づいて、ベット情報を受信したプレイヤ端末4に対して、初期カード情報を送信する。ここで、初期カード情報とは、ブラックジャックに参加するプレイヤに対して、最初に配布される2枚のカードに関する情報である。つまり、初期カード情報には、最初に配布される2枚のカードの数字、スーツを示す情報(例えば、「ハートの7」や「スペードのA」等)が含まれている。

0060

ベットがなされたプレイヤ端末4に対して、初期カード情報を送信した後、CPU41は、ディーラー画像演出処理(S7)を実行する。具体的には、CPU41は、正面ディスプレイ21を制御し、メイン画面101(図2参照)カードをプレイヤとディーラーに2枚ずつ配付するディーラーの画像を表示する演出を行う。
尚、ディーラーに配付された2枚目のカードの数字、スーツは、配付された時点では非表示である。

0061

次に、S8に移行すると、CPU41は、プレイヤ端末4から送信された追加カード情報要求を受信する。追加カード情報要求は、プレイヤ端末4におけるHITボタン79の操作に応じて送信され、当該プレイヤ端末4に対して新たなカードの配付を要求する旨を示す。尚、HITボタン79の操作により新たに配布されるカードを追加カードという。
CPU41は、追加カード情報を要求したプレイヤ端末4に対して、当該プレイヤ端末4に係る追加カード情報を送信する(S9)。ここで、追加カード情報は、要求に応じて3枚目以降のカードを示す情報で構成される。従って、この追加カード情報には、要求に対応するカードの数字、スーツが含まれる。
S10に移行すると、CPU41は、正面ディスプレイ21を制御し、メイン画面101に、追加カード情報を要求したプレイヤに追加カードを配布するディーラーの画像を表示する。

0062

続くS11においては、CPU41は、各プレイヤ端末4から送信されたカード確定情報を受信する。
尚、カード確定情報は現在配付されたカードでディーラーと勝負を行うことをプレイヤが選択した場合に送信される情報である。従って、カード確定情報は、プレイヤ端末4におけるSTANDボタン78の選択により、主制御部31に対して送信される。

0063

カード確定情報を受信すると、CPU41は、ブラックジャックのルールに従って、ディーラーカードに対する追加カードの有無を決定し、追加カードを含めたディーラーカードを確定する。そして、CPU41は、ディーラーカードと各プレイヤカードを比較し、各プレイヤとディーラーとの間の勝敗を判定する(S12)。具体的には、ディーラーカードに表示された数字の合計と、プレイヤカードに表示された数字の合計を算出し、数字の合計が「21」を超えない範囲で「21」に近いほうを勝者と判定する。
尚、プレイヤの数字の合計と、ディーラーの数字の合計が同じ場合、CPU41は、引き分けと判定する。

0064

続いて、S13に移行すると、CPU41は、勝敗判定処理(S12)の勝敗判定結果を各プレイヤ端末4に対して送信する。その後、図7に示すように、CPU41は、正面ディスプレイ21のメイン画面101に、各プレイヤ端末4の勝敗判定結果を示す勝敗結果画像110〜114を表示する(S14)。

0065

次に、S15に移行すると、CPU41は、勝敗判定処理(S12)の勝敗判定結果において、引き分けと判定されたプレイヤ端末4があるか否かを判定する。ディーラーと引き分けたプレイヤ端末4が存在する場合(S15:YES)、CPU41は、引き分けと判定されたプレイヤ端末4でベットされたベット額をRAM42から読み出し、そのベット額をプール額記憶エリア42Aに格納されているプール額に累積加算する(S16)。つまり、CPU41は、引き分けたプレイヤによりベットされたベット額をプール額記憶エリア42Aへとプールする。ベット額をベット額記憶エリア52Aにプールした後、CPU41は、S17に処理を移行する。一方、引き分けと判定されたプレイヤ端末4が存在しない場合(S15:NO)、CPU41は、そのままS17に処理を移行する。

0066

S17に移行すると、CPU41は、RAM42を参照し、サイドベットフラグが格納されているか否かについての判断を行う。即ち、CPU41は、サイドベットが実行されたプレイヤ端末4が存在するか否かを判断する。
サイドベットフラグが格納されている場合(S17:YES)、CPU41は、ボーナス配当獲得の機会をプレイヤに付与すべく、S18に処理を移行する。一方、サイドベットフラグが格納されていない場合(S17:NO)、CPU41は、そのままゲーム処理プログラムを終了する。
尚、S18以後の処理は、サイドベットがなされたプレイヤ端末4に対してのみ実行される。即ち、サイドベットを行わなかったプレイヤ端末においては、ボーナス配当獲得の機会は付与されず、S18、S19の処理が終了するまで処理を待機する。

0067

S18に移行すると、CPU41は、サイドベットがなされたプレイヤ端末4(以下、「対象プレイヤ端末」という)のプレイヤに係るプレイヤカードについてのボーナス配当判定処理を実行する(S18)。具体的には、CPU41は、RAM42を参照し、対象プレイヤ端末に係るカード確定情報を取得する。これにより、CPU41は、勝敗判定時における当該対象プレイヤ端末のプレイヤカードの構成(即ち、プレイヤカードを構成するカードの数字及びスーツ)を取得することができる。そして、CPU41は、当該対象プレイヤ端末に係るカード確定情報と、ボーナス内容決定テーブル(図12参照)に基づき、対象プレイヤ端末のプレイヤカードにおける「Pontoon」ゲームに係る役の成立についての判定を行う。
対象プレイヤ端末のプレイヤカードにおいて、ボーナス内容決定テーブルに規定された「Pontoon」ゲームに係る役が成立している場合は、成立した役に対応する賞内容が「ボーナス配当」として決定される。この点、ボーナス内容決定テーブルに規定された何れの役も成立していない場合、CPU41は、ボーナス配当を「0」に決定する。

0068

ここで、図12を参照しつつ、ボーナス内容決定テーブルについて説明する。図12に示すように、ボーナス内容決定テーブルにおいては、「スーパーボーナス」「5カード・トリック」等の複数種類の「Pontoon」ゲームに係る役が規定されており、夫々の役に対して、賞内容が規定されている。
「スーパーボーナス」は、プレイヤカードを構成する3枚のカードが全て「同一スーツの数字「7」」で構成されている場合に成立する「Pontoon」ゲームにおける役である。対象プレイヤ端末のプレイヤカードにおいて、「スーパーボーナス」の「Pontoon」ゲームに係る役が成立している場合、CPU41は「ジャックポット」をボーナス配当に決定し、「ポットにプールされたプール額」をボーナス配当として付与する。
「5カード・トリック」は、プレイヤカードを構成するカードの枚数が5枚であり、当該プレイヤカードの数字の合計が「21」以下である場合に成立する「Pontoon」ゲームにおける役である。対象プレイヤ端末のプレイヤカードにおいて、「5カード・トリック」の「Pontoon」ゲームに係る役が成立している場合、CPU41は「250」のクレジットをボーナス配当として付与する。
そして、「7、7、7」は、プレイヤカードを構成する3枚のカードが全て数字「7」のカードであり、当該プレイヤカードに2種類以上のスーツが含まれている場合に成立する「Pontoon」ゲームにおける役である。従って、「スーパーボーナス」と「7、7、7」の両方に該当することはない。対象プレイヤ端末のプレイヤカードにおいて、「7、7、7」の「Pontoon」ゲームに係る役が成立している場合、CPU41は「200」のクレジットをボーナス配当として付与する。
又、「6、7、8」は、プレイヤカードを構成する3枚のカードの数字が「6」「7」「8」である場合に成立する「Pontoon」ゲームにおける役である。この場合に、プレイヤカードを構成するカードのスーツの種類は問わない。従って、「6、7、8」の役は、同一スーツの「6」「7」「8」でも成立し、異なるスーツの「6」「7」「8」でも成立する。対象プレイヤ端末のプレイヤカードにおいて、「6、7、8」の「Pontoon」ゲームに係る役が成立している場合、CPU41は「150」のクレジットをボーナス配当として付与する。
ポンツーン」は、プレイヤカードが数字「A」のカードと、10ポイントカード(即ち、「10」「J」「Q」「K」)の2枚のカードで構成されている場合に成立する「Pontoon」ゲームにおける役である。対象プレイヤ端末のプレイヤカードにおいて、「ポンツーン」の役が成立している場合、CPU41は「100」のクレジットをボーナス配当として付与する。

0069

ボーナス配当判定処理(S18)において、ボーナス配当の有無及びボーナス配当の内容を決定した後、CPU41は、ボーナス判定結果を対象プレイヤ端末に対して送信する(S19)。ここで、ボーナス判定結果としては、成立した役の種類、ボーナス配当の内容(例えば、付与されるクレジット数)等の情報が送信される。
ボーナス判定結果を各対象プレイヤ端末に送信した後、CPU41は、主制御部31におけるゲーム処理プログラムを終了する。

0070

尚、ボーナス判定結果を対象プレイヤ端末に送信することにより、当該対象プレイヤ端末の液晶ディスプレイ10には、成立した役の種類、ボーナス配当の内容等のボーナス判定の結果が表示される。又、当該対象プレイヤ端末では、ボーナス判定結果に対応する種々の演出(液晶ディスプレイ10における映像演出等)が行われる(S118)。
そして、当該対象プレイヤ端末では、勝敗判定結果、ボーナス判定結果に基づいて、今回のゲームで獲得した賞の払出が行われる。

0071

次に、図9図11に基づいて、プレイヤ端末4側で実行されるゲーム処理プログラムについて説明する。ゲーム処理プログラムの実行が開始されると、S101において、CPU51は、主制御部31からベット期間開始指示を受信する。

0072

その後、S102に移行すると、CPU51は、ゲーム画面70(図6図7参照)を液晶ディスプレイ10に表示し、ベット操作の受け付けを開始する。これにより、プレイヤは、プレイヤ端末4において、ベット操作(ブラックジャックに対するベット及びボーナス配当に係るサイドベット)を行うことができる。ベット操作が行われた場合、CPU51は、タッチパネル11からの操作情報に基づいてベットされたベット額(クレジット数)やサイドベットに係るベット額を特定する。
そして、特定されたベット額をベット情報としてRAM52に格納した後、CPU51は、S103に処理を移行する。

0073

S103では、CPU51は、ベット期間を終了したか否かを判定する。具体的には、CPU51は、ベット操作の受付開始(即ち、ベット期間開始指示の受信)から、予め定められた所定時間(例えば20sec)を経過したか否かについての判定を行う。ベット期間を終了した場合には(S103:YES)、CPU51は、S104へ処理を移行する。一方、ベット期間を終了していない場合には(S103:NO)、CPU51は、継続してベット操作を受け付ける。

0074

S104に移行すると、CPU51は、現在のベット情報をRAM52に格納し、主制御部31に対して当該ベット情報を送信する。ここで、当該ベット情報には、プレイヤがベットしたベット額(クレジット数)に関する情報と共に、サイドベットに係る情報が含まれる。

0075

そして、S105では、CPU51は、初期カード情報を受信する。ここで、受信する初期カード情報は、S6により主制御部31から当該プレイヤ端末4に送信される情報であり、当該プレイヤ端末で遊技を行うプレイヤに対応付けられた1枚目と2枚目のカードの情報である。従って、当該初期カード情報には、2枚の初期カードに係る数字、スーツの情報(例えば、「ハートの7」や「スペードのA」等)が含まれている。
初期カード情報を受信すると、CPU51は、当該初期カード情報に基づいて、ゲーム画面70のプレイヤカード表示領域71に、2枚の初期カードを表示する(S106)。

0076

その後、S107に移行すると、CPU51は、ゲーム画面70に表示された各種操作ボタンの操作の受け付けを開始する。即ち、この107の処理の後、プレイヤは、STANDボタン78、HITボタン79、SURRENDERボタン80、INSURANCEボタン81、SPLITボタン82、DoubleDownボタン83を操作できる。これにより、プレイヤは、ブラックジャックゲームに関し、ディーラーと駆け引きを行うことができる。
続いて、S108では、CPU51は、HITボタン79が操作されたか否かについての判定を行う。HITボタン79が操作された場合(S108:YES)には、CPU51は、主制御部31に対して新たなカードの配付を要求する追加カード情報要求を送信する(S109)。そして、追加カード情報要求を送信した後、CPU51は、主制御部31から送信された追加カード情報を受信する(S110)。この時、CPU51は、受信した追加カード情報に基づいて、新たにプレイヤカードとして追加されたカードをプレイヤカード表示領域71に表示する(S111)。
一方、HITボタン79が操作されなかった場合(S108:NO)、CPU51は、S112へ処理を移行する。

0077

続くS112では、CPU51は、STANDボタン78が操作されたか否かについての判定を行う。STANDボタン78が操作された場合には(S112:YES)、CPU51は、主制御部31に対して、カード確定情報を送信する(S113)。カード確定情報を送信することにより、プレイヤは、現在、プレイヤカード表示領域71に表示されたカードで勝負することを決定したことになる。
一方、STANDボタン78が操作されていない場合には(S112:NO)、CPU51は、S108に処理を戻す。
尚、他の操作ボタン(つまり、SURRENDERボタン80、INSURANCEボタン81、SPLITボタン82、DoubleDownボタン83、HELPボタン84)が操作された場合、CPU51は、操作されたボタンに応じた処理を行う。

0078

次に、S114に移行すると、CPU51は、S13において、主制御部31から送信された勝敗判定結果を受信する。その後、CPU51は、受信した勝敗判定結果に基づいて、当該プレイヤ端末4における勝敗判定結果を液晶ディスプレイ10に表示する(S115)。具体的には、勝敗が引き分けとなった場合、CPU51は、ゲーム画面70の勝敗表示領域95に対して、「DRAW」の文字を表示する(図1参照)。同様に、CPU51は、プレイヤが勝利した場合は「YOU WON」の文字を表示し、プレイヤが敗北した場合は「YOU LOST」の文字を表示する。

0079

勝敗判定結果を勝敗表示領域95に表示した後、CPU51は、当該対象プレイヤ端末でサイドベットがなされているか否かについての判断を行う(S116)。具体的に説明すると、CPU51は、RAM52に格納されたベット情報を参照し、サイドベットの有無をベット情報から判断する。つまり、S116では、当該プレイヤ端末4が上述した「対象プレイヤ端末」となるか否かについての判断がなされる。サイドベットが行われている場合(S116:YES)、CPU51は、S117に処理を移行する。
一方、サイドベットが行われていない場合には(S116:NO)、CPU51は、そのまま払出処理(S119)に処理を移行する。この場合、当該プレイヤ端末4では、ブラックジャックの勝敗判定結果に応じた配当が払い出される。

0080

その後、S117では、CPU51は、主制御部31から送信されたボーナス判定結果を受信する。ここで受信するボーナス判定結果は、ボーナス配当判定処理(S18)において、当該プレイヤ端末4のプレイヤカードにおける「Pontoon」ゲームに係る役の成立に係る判定結果である。そして、このボーナス判定結果には、ボーナス配当の有無及び内容と、成立した役の内容が含まれている。
ボーナス判定結果を受信すると、CPU51は、当該ボーナス判定結果に基づいて、ゲーム画面70に「ボーナス配当の有無」等の判定結果を表示する(S118)。

0081

例えば、図1に示す場合、プレイヤカードは、「ダイヤの7」「ハートの7」「クラブの7」で構成されている。即ち、当該プレイヤカードにおいては、「7、7、7」の役が成立している。この場合、S118の処理において、CPU51は、勝敗表示領域95に「BONUS GET!!」の文字列を表示する(図1参照)。
尚、この時、勝敗表示領域95における表示と共に、ゲーム画面70に「7、7、7」を表示し、「成立した役」をプレイヤに報知するように構成することもできる。

0082

ゲーム画面70にボーナス判定結果を表示した後、CPU51は、払出処理を実行する(S119)。この払出処理(S119)では、CPU51は、勝敗判定結果、ボーナス判定結果に基づいて、クレジットの加算又はコインの払出を行う。即ち、S116から払出処理(S119)に移行した場合、CPU51は、勝敗判定結果にのみ基づいて、クレジットの加算又はコインの払出を行う。一方、S117、S118を経て、払出処理(S119)に移行した場合、CPU51は、「勝敗判定結果」及び「ボーナス判定結果」に基づいて、クレジットの加算又はコインの払出を実行する。即ち、CPU51は、「勝敗判定結果に基づく配当」と「ボーナス判定結果に基づく配当」をプレイヤに付与する。

0083

尚、「スーパーボーナス」の成立により、ボーナス判定結果として「ジャックポット」が決定されている場合、CPU51は、払出処理(S119)で「ポットにプールされたプール額」をボーナス配当として付与する。この時、「ポットにプールされたプール額」は、初期値(例えば、300)にリセットされる。この点、プール額の初期値を「0」とすることも可能である。
又、同時に複数のプレイヤのプレイヤカードにおいて、「スーパーボーナス」の役が成立した場合には、プール額を、該当する人数(「スーパーボーナス」が成立したプレイヤの数)で均等に分配して払い出す。

0084

以上説明した通り本実施形態に係るカードゲーム機1及びカードゲームのプレイ方法では、プレイヤのベットを条件に、プレイヤカードとディーラーカードの比較により、勝敗判定が行われ、勝敗判定の結果に基づく配当が付与されるブラックジャックゲームが行われる。
ここで、ゲームに際してサイドベットがなされると、サイドベットを行ったプレイヤに対して、ボーナス配当を獲得する機会が付与される。つまり、プレイヤは、サイドベットを行うことでボーナス配当を獲得する機会を得ることができる。従って、当該カードゲーム機1及びカードゲームのプレイ方法は、プレイヤの遊技に対する期待感を向上させることができる。
そして、ボーナス配当の有無及び内容は、プレイヤカードを構成するカードにおける「Pontoon」ゲームに係る役の成立・不成立に基づいて決定される。ここで、「Pontoon」ゲームは、ブラックジャックゲームとは異なるゲームである。つまり、ボーナス配当の有無の決定に際し、ブラックジャックゲームとは別の異なる基準が導入されることになる。これにより、当該カードゲーム機1は、プレイヤに新たな興趣を提供しつつ、プレイヤの遊技に対する期待感を向上させ得る。

0085

又、本実施形態に係るカードゲーム機1及びカードゲームのプレイ方法は、サイドベットがなされている場合には、勝敗判定結果に関わらず、プレイヤカードにおける役の判定が行われ、成立した役に応じてボーナス配当が付与される。即ち、ボーナス配当を獲得する機会は、ブラックジャックにおける勝敗判定の結果と無関係に付与される。つまり、サイドベットを行うだけで、プレイヤはボーナス配当を獲得する機会を得ることができるので、当該カードゲーム機1及びカードゲームのプレイ方法は、プレイヤの遊技に対する期待感を向上させ得る。
例えば、プレイヤがディーラーに勝利した場合、勝利により得られる配当に合わせてボーナス配当も獲得できる場合が生じ得る。この場合、当該カードゲーム機1及びカードゲームのプレイ方法は、より多くの賞の獲得を希望するプレイヤの期待感を高めることができる。又、プレイヤがディーラーに敗北した場合であっても、勝利による配当は得られないが、ボーナス配当を獲得する場合が生じ得る。つまり、この場合には、当該カードゲーム機1及びカードゲームのプレイ方法は、敗者であるプレイヤにボーナス配当に対する期待感を提供することができる。つまり、この場合であっても、カードゲーム機1及びカードゲームのプレイ方法は、プレイヤのゲームにおける興趣を大きく損なうことはない。

0086

尚、本発明は前記実施例に限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲内で種々の改良、変形が可能であることは勿論である。
例えば、本実施形態においては、ボーナス判定に際し、「Pontoon」ゲームの役が成立したか否かに応じて判定していたが、この態様に限定するものではない。即ち、プレイヤカードとディーラーカードを比較して勝敗判定する第1ゲーム(本実施形態に置けるブラックジャック)と、別の異なるゲームにおける役に基づいてボーナス判定を行うように構成していればよい。例えば、第1ゲームとして「ブラックジャック」を行う場合において、ボーナス配当に係る判定に際し、「ポーカー」や「バカラ」の役等に基づく判定を行うことも可能である。

0087

また、本願発明に係るカードゲームのプレイ方法は、図13に示すように、遊技テーブル201上でディーラー202とプレイヤ(図示せず)が行うブラックジャック(所謂テーブルゲーム)に対しても適用することが可能である。
そして、図13に示すテーブルゲームにおいては、ディーラー202が遊技テーブル201上でディーラーとプレイヤに対してそれぞれカードを配付する。一方、プレイヤはチップを遊技テーブル201の所定箇所に置くことによってベットを行う。この時、同様に所定の箇所にチップを置くことで、サイドベットを行うことも可能である。
そして、プレイヤカードとディーラーカードの勝敗に基づいて、プレイヤに対する払い出しが行われる。尚、勝負の結果が引き分けとなった場合には、ディーラー202がプレイヤのベットしていたチップを遊技テーブル201上の所定箇所(ポット)へと集めることにより、ベット額のプールを行う。

0088

ここで、プレイヤによりサイドベットが行われている場合、ディーラーは、当該プレイヤカードの数字、スーツを参照し、プレイヤカードにおける「Pontoon」ゲームの役の成立に関する判定を行う。「Pontoon」ゲームの役が成立している場合、ディーラーは、当該プレイヤに対して、成立している役に応じてボーナス配当を付与する。
この時、「スーパーボーナス」の役が成立したプレイヤに対しては、ディーラー202が所定箇所に集めていたチップを差し出すことによって、プール額の払い出しを行う。

0089

更に、本願発明に係るカードゲーム機及びカードゲームのプレイ方法は、第1ゲームを「ブラックジャック」に限定するものではない。即ち、第1ゲームとして「パイゴーポーカー(Pai Gow Poker)」や「ドローポーカー(Draw Poker)」と呼ばれるカードゲームを行うカードゲーム機やカードゲームのプレイ方法に適用することが可能である。

図面の簡単な説明

0090

本実施形態に係るプレイヤ端末の液晶ディスプレイに表示されるゲーム画面を示す説明図(1)である。
本実施形態に係るカードゲーム機の外観図である。
本実施形態に係るプレイヤ端末の外観図である。
本実施形態に係るカードゲーム機の制御系を示すブロック図である。
本実施形態に係るプレイヤ端末の制御系を示すブロック図である。
本実施形態に係るプレイヤ端末の液晶ディスプレイに表示されるゲーム画面を示す説明図(2)である。
本実施形態に係るプレイヤ端末の液晶ディスプレイに表示されるゲーム画面を示す説明図(3)である。
本実施形態に係る正面ディスプレイに表示されるメイン画面を示す説明図である。
本実施形態に係るカードゲーム機におけるゲーム処理プログラムのフローチャート(1)である。
本実施形態に係るカードゲーム機におけるゲーム処理プログラムのフローチャート(2)である。
本実施形態に係るカードゲーム機におけるゲーム処理プログラムのフローチャート(3)である。
本実施形態に係るカードゲーム機のボーナス内容決定テーブルを模式的に示す説明図である。
本願発明をテーブルゲームに適用した例を示した模式図である。

符号の説明

0091

1カードゲーム機
4プレイヤ端末
10液晶ディスプレイ
11タッチパネル
21正面ディスプレイ
41 CPU
42 RAM
43 ROM
51 CPU
52 RAM
53 ROM

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ