図面 (/)

技術 主のカードゲーム及び補助のカードゲームを含むカードゲームのプレイ方法及びゲーミングマシン

出願人 株式会社ユニバーサルエンターテインメント
発明者 吉澤一雅
出願日 2007年2月27日 (14年10ヶ月経過) 出願番号 2007-047398
公開日 2008年9月11日 (13年3ヶ月経過) 公開番号 2008-206803
状態 未査定
技術分野 電子ゲーム機 スロットマシン、カードゲーム、盤上ゲーム
主要キーワード 受け付け期間 付け期間 ベット領域 過去所定回数 共通ディスプレイ 結果記憶エリア 受付フラグ チップセンサ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年9月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

参加者満足感を持たせることが可能であるカードゲームプレイ方法及びゲーミングマシンを提供することを目的とする。

解決手段

主のカードゲームに参加するために第1の掛け金ベットする段階と、補助のカードゲームに参加するために第2のオプションの掛け金をベットする段階と、主のカードゲームのためのカードを開示する段階と、補助のカードゲームのためのカードを開示する段階と、開示された主のカードゲームのためのカードに基づいて、主のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行される第1の掛け金の精算を行う段階と、開示された補助のカードゲームのためのカードと、開示された主のカードゲームのためのカードとに基づいて、ポーカーゲーム入賞組み合わせの有無及び該入賞組み合わせの種類に応じた第2のオプションの掛け金の清算を、補助のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行する段階とを含む。

概要

背景

従来より、1組又は複数組カードを用いて賭け事をするカードゲームが、種々知られている。例えばその一つであるバカラゲームでは、各カードゲーム毎にカードゲームの参加者が、「バンカー(Banker)」と「プレーヤ(Player)」のどちらが勝つか(又は引き分けるか)を予想して掛け金ベットする。

したがって、1回のカードゲーム中に参加者が行える賭けが1つしかなく、カードゲームの所要時間の割には参加者が味わうことのできるカードゲームの密度が低かった。このような事情は、バカラゲームに限らず、ブラックジャックやその他のカードゲームについても共通して存在する。

一方、米国特許US6789801B2号(特許文献1)においては、バカラゲームにおいて、バンカーの勝ち、プレーヤの勝ち及び引き分けのうちのいずれかに参加者がベットする主のカードゲームを行うと共に、バンカー又はプレーヤが相手に対してどのくらいの差をつけて勝つかを予想してベットするサイドベットが行われている。

このようなカードゲームでは、実質的に1種類のゲーム(バカラゲーム)が行われるのみであり、ゲームに多様性がなかった。

このような従来のカードゲームに対して、より一層参加者に満足感を与えることが可能なカードゲームの出現が望まれている。
米国特許US6789801B2号

概要

参加者に満足感を持たせることが可能であるカードゲームのプレイ方法及びゲーミングマシンを提供することを目的とする。主のカードゲームに参加するために第1の掛け金をベットする段階と、補助のカードゲームに参加するために第2のオプションの掛け金をベットする段階と、主のカードゲームのためのカードを開示する段階と、補助のカードゲームのためのカードを開示する段階と、開示された主のカードゲームのためのカードに基づいて、主のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行される第1の掛け金の精算を行う段階と、開示された補助のカードゲームのためのカードと、開示された主のカードゲームのためのカードとに基づいて、ポーカーゲーム入賞組み合わせの有無及び該入賞組み合わせの種類に応じた第2のオプションの掛け金の清算を、補助のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行する段階とを含む。

目的

本発明は、このような従来の課題を解決するためになされたものであり、その目的とするところは、参加者に満足感を持たせることが可能であるカードゲームのプレイ方法及びゲーミングマシンを提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

主のカードゲーム及び補助のカードゲームを含むカードゲームのプレイ方法であって、前記主のカードゲームに参加するために第1の掛け金ベットする段階と、前記補助のカードゲームに参加するために第2のオプションの掛け金をベットする段階と、前記主のカードゲームのためのカードを開示する段階と、前記補助のカードゲームのためのカードを開示する段階と、前記開示された主のカードゲームのためのカードに基づいて、前記主のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行される前記第1の掛け金の精算を行う段階と、前記開示された補助のカードゲームのためのカードと、前記開示された主のカードゲームのためのカードとに基づいて、ポーカーゲーム入賞組み合わせの有無及び該入賞組み合わせの種類に応じた前記第2のオプションの掛け金の清算を、前記補助のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行する段階と、を含むことを特徴とするカードゲームのプレイ方法。

請求項2

前記補助のカードゲームのためのカードは、前記第2のオプションの掛け金がベットされたことを条件に開示されることを特徴とする請求項1に記載のカードゲームのプレイ方法。

請求項3

前記主のカードゲームのためのカードは、前記補助のカードゲームに参加するための第2のオプションの掛け金がベットされるまでは開示されないことを特徴とする請求項1に記載のカードゲームのプレイ方法。

請求項4

前記主のカードゲームは、バカラゲームであることを特徴とする請求項1に記載のカードゲームのプレイ方法。

請求項5

主のカードゲーム及び補助のカードゲームを含むカードゲームのプレイ方法であって、前記主のカードゲームに参加するために第1の掛け金をベットする段階と、前記補助のカードゲームに参加するために第2のオプションの掛け金をベットする段階と、前記主のカードゲームのためのカードを第1のエリア及び第2のエリアに配る段階と、前記補助のカードゲームのためのカードを前記第2のオプションの掛け金をベットした参加者に配る段階と、前記第1のエリア及び前記第2のエリアに配られたカードを開示する段階と、前記第1のエリア及び前記第2のエリアに配られ開示された前記カードに基づき、前記主のカードゲームのゲームルールにしたがって前記第1のエリア及び前記第2のエリアのうちの少なくとも一方に追加のカードを配布し開示するか否かを決定すると共に該決定の結果を実行し、前記第1のエリアに配られたカードと前記第2のエリアに配られたカードとの間の勝敗及び引き分けのうちのいずれかを前記主のカードゲームのゲームルールにしたがって決定する段階と、前記決定された勝敗又は引き分けに基づいて、前記主のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行される前記第1の掛け金の精算を行う段階と、前記参加者に配られた補助のカードゲームのためのカードを開示する段階と、前記開示された補助のカードゲームのためのカードと、前記開示された前記第1のエリア及び前記第2のエリアのカードとに基づいて、ポーカーゲームの入賞組み合わせの有無及び該入賞組み合わせの種類に応じた前記第2のオプションの掛け金の清算を、前記補助のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行する段階と、を含むことを特徴とするカードゲームのプレイ方法。

請求項6

前記補助のカードゲームのためのカードは、前記第2のオプションの掛け金がベットされたことを条件に配られることを特徴とする請求項5に記載のカードゲームのプレイ方法。

請求項7

前記主のカードゲームのためのカードは、前記補助のカードゲームに参加するための第2のオプションの掛け金がベットされるまでは開示されないことを特徴とする請求項5に記載のカードゲームのプレイ方法。

請求項8

前記主のカードゲームは、バカラゲームであることを特徴とする請求項5に記載のカードゲームのプレイ方法。

請求項9

バカラゲーム及び補助のカードゲームを含むカードゲームのプレイ方法であって、前記バカラゲームに参加するために第1の掛け金をベットする段階と、前記補助のカードゲームに参加するために第2のオプションの掛け金をベットする段階と、前記バカラゲームのためのカードを第1のエリア及び第2のエリアに各々2枚ずつ配る段階と、前記補助のカードゲームのためのカードを前記第2のオプションの掛け金をベットした参加者に1枚配る段階と、前記第1のエリア及び前記第2のエリアに配られたカードを開示する段階と、前記第1のエリア及び前記第2のエリアに配られ開示された前記カードに基づき、前記バカラゲームのゲームルールにしたがって前記第1のエリア及び前記第2のエリアのうちの少なくとも一方に追加のカードを配布し開示するか否かを決定すると共に該決定の結果を実行し、前記第1のエリアに配られたカードと前記第2のエリアに配られたカードとの間の勝敗及び引き分けのうちのいずれかを前記バカラゲームのゲームルールにしたがって決定する段階と、前記決定された勝敗又は引き分けに基づいて、前記バカラゲームのゲームルールにしたがって遂行される前記第1の掛け金の精算を行う段階と、前記参加者に配られた補助のカードゲームのためのカードを開示する段階と、前記開示された補助のカードゲームのためのカードと、前記開示された前記第1のエリア及び前記第2のエリアのカードとに基づいて、ポーカーゲームの入賞組み合わせの有無及び該入賞組み合わせの種類に応じた前記第2のオプションの掛け金の清算を、前記補助のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行する段階と、を含むことを特徴とするカードゲームのプレイ方法。

請求項10

主のカードゲーム及び補助のカードゲームを含むカードゲームに参加するための掛け金のベットを受け付けゲーミングターミナルと、前記主のカードゲームの進行が表示される第1のディスプレイと、前記補助のカードゲームの進行が表示される第2のディスプレイと、前記カードゲームを進行させるコントローラとを備え、前記コントローラは、前記主のカードゲームに参加するための第1の掛け金のベットを受け付け、前記補助のカードゲームに参加するための第2のオプションの掛け金のベットを受け付け、前記主のカードゲームのためのカードを前記第1のディスプレイに開示し、前記補助のカードゲームのためのカードを前記第2のディスプレイに開示し、前記開示された主のカードゲームのためのカードに基づいて、前記主のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行される前記第1の掛け金の精算を行い、前記開示された補助のカードゲームのためのカードと、前記開示された主のカードゲームのためのカードとに基づいて、ポーカーゲームの入賞組み合わせの有無及び該入賞組み合わせの種類に応じた前記第2のオプションの掛け金の清算を、前記補助のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行することを特徴とするゲーミングマシン

請求項11

前記コントローラは、前記第2のオプションの掛け金がベットされたことを条件に前記補助のカードゲームのためのカードを開示することを特徴とする請求項10に記載のゲーミングマシン。

請求項12

前記コントローラは、前記補助のカードゲームに参加するための第2のオプションの掛け金がベットされるまでは、前記主のカードゲームのためのカードを開示しないことを特徴とする請求項10に記載のゲーミングマシン。

請求項13

前記主のカードゲームは、バカラゲームであることを特徴とする請求項10に記載のゲーミングマシン。

請求項14

主のカードゲーム及び補助のカードゲームを含むカードゲームに参加するための掛け金のベットを受け付けるゲーミングターミナルと、前記主のカードゲームの進行が表示される第1のディスプレイと、前記補助のカードゲームの進行が表示される第2のディスプレイと、前記カードゲームを進行させるコントローラとを備え、前記コントローラは、前記主のカードゲームに参加するための第1の掛け金のベットを受け付け、前記補助のカードゲームに参加するための第2のオプションの掛け金のベットを受け付け、前記主のカードゲームのためのカードを前記第1のディスプレイの第1のエリア及び第2のエリアに配置し、前記補助のカードゲームのためのカードを前記第2のオプションの掛け金をベットした参加者に対応付けて前記第2のディスプレイに配置し、前記第1のエリア及び前記第2のエリアに配置されたカードを開示し、前記第1のエリア及び前記第2のエリアに配置され開示された前記カードに基づき、前記主のカードゲームのゲームルールにしたがって前記第1のエリア及び前記第2のエリアのうちの少なくとも一方に追加のカードを配置し開示するか否かを決定すると共に該決定の結果を実行し、前記第1のエリアに配置されたカードと前記第2のエリアに配置されたカードとの間の勝敗及び引き分けのうちのいずれかを前記主のカードゲームのゲームルールにしたがって決定し、前記決定された勝敗又は引き分けに基づいて、前記主のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行される前記第1の掛け金の精算を行い、前記第2のディスプレイに配置された補助のカードゲームのためのカードを開示し、前記開示された補助のカードゲームのためのカードと、前記開示された前記第1のエリア及び前記第2のエリアのカードとに基づいて、ポーカーゲームの入賞組み合わせの有無及び該入賞組み合わせの種類に応じた前記第2のオプションの掛け金の清算を、前記補助のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行することを特徴とするゲーミングマシン。

請求項15

前記コントローラは、前記第2のオプションの掛け金がベットされたことを条件に前記補助のカードゲームのためのカードを配置することを特徴とする請求項14に記載のゲーミングマシン。

請求項16

前記コントローラは、前記補助のカードゲームに参加するための第2のオプションの掛け金がベットされるまでは、前記主のカードゲームのためのカードを開示しないことを特徴とする請求項14に記載のゲーミングマシン。

請求項17

前記主のカードゲームは、バカラゲームであることを特徴とする請求項14に記載のゲーミングマシン。

請求項18

バカラゲーム及び補助のカードゲームを含むカードゲームに参加するための掛け金のベットを受け付けるゲーミングターミナルと、前記バカラゲームの進行が表示される第1のディスプレイと、前記補助のカードゲームの進行が表示される第2のディスプレイと、前記カードゲームを進行させるコントローラとを備え、前記コントローラは、前記バカラゲームに参加するための第1の掛け金のベットを受け付け、前記補助のカードゲームに参加するための第2のオプションの掛け金のベットを受け付け、前記バカラゲームのためのカードを前記第1のディスプレイの第1のエリア及び第2のエリアに各々2枚ずつ配置し、前記補助のカードゲームのためのカードを前記第2のオプションの掛け金をベットした参加者に対応付けて前記第2のディスプレイに1枚配置し、前記第1のエリア及び前記第2のエリアに配置されたカードを開示し、前記第1のエリア及び前記第2のエリアに配置され開示された前記カードに基づき、前記バカラゲームのゲームルールにしたがって前記第1のエリア及び前記第2のエリアのうちの少なくとも一方に追加のカードを配置し開示するか否かを決定すると共に該決定の結果を実行し、前記第1のエリアに配置されたカードと前記第2のエリアに配置されたカードとの間の勝敗及び引き分けのうちのいずれかを前記バカラゲームのゲームルールにしたがって決定し、前記決定された勝敗又は引き分けに基づいて、前記バカラゲームのゲームルールにしたがって遂行される前記第1の掛け金の精算を行い、前記第2のディスプレイに配置された補助のカードゲームのためのカードを開示し、前記開示された補助のカードゲームのためのカードと、前記開示された前記第1のエリア及び前記第2のエリアのカードとに基づいて、ポーカーゲームの入賞組み合わせの有無及び該入賞組み合わせの種類に応じた前記第2のオプションの掛け金の清算を、前記補助のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行することを特徴とするゲーミングマシン。

技術分野

0001

本発明は、1組又は複数組カードを用いて賭け事をするカードゲームプレイ方法、及び、ゲーミングマシンに関する。

背景技術

0002

従来より、1組又は複数組のカードを用いて賭け事をするカードゲームが、種々知られている。例えばその一つであるバカラゲームでは、各カードゲーム毎にカードゲームの参加者が、「バンカー(Banker)」と「プレーヤ(Player)」のどちらが勝つか(又は引き分けるか)を予想して掛け金ベットする。

0003

したがって、1回のカードゲーム中に参加者が行える賭けが1つしかなく、カードゲームの所要時間の割には参加者が味わうことのできるカードゲームの密度が低かった。このような事情は、バカラゲームに限らず、ブラックジャックやその他のカードゲームについても共通して存在する。

0004

一方、米国特許US6789801B2号(特許文献1)においては、バカラゲームにおいて、バンカーの勝ち、プレーヤの勝ち及び引き分けのうちのいずれかに参加者がベットする主のカードゲームを行うと共に、バンカー又はプレーヤが相手に対してどのくらいの差をつけて勝つかを予想してベットするサイドベットが行われている。

0005

このようなカードゲームでは、実質的に1種類のゲーム(バカラゲーム)が行われるのみであり、ゲームに多様性がなかった。

0006

このような従来のカードゲームに対して、より一層参加者に満足感を与えることが可能なカードゲームの出現が望まれている。
米国特許US6789801B2号

発明が解決しようとする課題

0007

本発明は、このような従来の課題を解決するためになされたものであり、その目的とするところは、参加者に満足感を持たせることが可能であるカードゲームのプレイ方法及びゲーミングマシンを提供することにある。

課題を解決するための手段

0008

前記目的を達成するため請求項1に記載した本発明のカードゲームのプレイ方法は、主のカードゲーム及び補助のカードゲームを含むカードゲームのプレイ方法であって、主のカードゲームに参加するために第1の掛け金をベットする段階と、補助のカードゲームに参加するために第2のオプションの掛け金をベットする段階と、主のカードゲームのためのカードを開示する段階と、補助のカードゲームのためのカードを開示する段階と、開示された主のカードゲームのためのカードに基づいて、主のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行される第1の掛け金の精算を行う段階と、開示された補助のカードゲームのためのカードと、開示された主のカードゲームのためのカードとに基づいて、ポーカーゲーム入賞組み合わせの有無及び該入賞組み合わせの種類に応じた第2のオプションの掛け金の清算を、補助のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行する段階と、を含むことを特徴とする。

0009

請求項1に記載した本発明のカードゲームのプレイ方法によれば、主のカードゲームのためのカードの他に、補助のカードゲームを行うためのカードが開示され、主のカードゲームのためのカードと補助のカードゲームを行うためのカードとに基づいて補助のカードゲームが実行される。この補助のカードゲームでは、ポーカーゲームの入賞組み合わせの有無及びその種類に応じた配当が参加者に与えられる。

0010

このため、主のカードゲームを1回行う毎に、参加者は、主のカードゲームに対する第1の掛け金のベットと共に、補助のカードゲームに対する第2の掛け金のベットを、オプションとして行うことができ、補助のカードゲームでは、主のカードゲームとは異なる種類のカードゲームが実行される。これにより、1回のカードゲーム中に参加者が複数の賭けを異なるゲームに対して行うことが可能となる。

0011

また、請求項2に記載した本発明のカードゲームのプレイ方法は、請求項1のカードゲームのプレイ方法において、補助のカードゲームのためのカードは、第2のオプションの掛け金がベットされたことを条件に開示されることを特徴とする。

0012

請求項2に記載した本発明のカードゲームのプレイ方法によれば、第2のオプションの掛け金がベットされたことを条件に、補助のカードゲームのためのカードが開示されることにより、補助のカードゲームのための第2のオプションの掛け金がベットされない場合は、主のカードゲームのみが行われる。これにより、補助のカードゲームに対するベットがない場合においても補助のカードゲームのためのカードが開示されるといった煩わしさがなくなる。

0013

請求項3に記載した本発明のカードゲームのプレイ方法は、請求項1のカードゲームのプレイ方法において、主のカードゲームのためのカードは、補助のカードゲームに参加するための第2のオプションの掛け金がベットされるまでは開示されないことを特徴とする請求項1に記載のカードゲームのプレイ方法。

0014

請求項3に記載した本発明のカードゲームのプレイ方法によれば、第2のオプションの掛け金がベットされるまでは、主のカードゲームのためのカードが開示されないことにより、参加者に対して、補助のカードゲームへの賭けの楽しみが与えられる。

0015

請求項4に記載した本発明のカードゲームのプレイ方法は、請求項1のカードゲームのプレイ方法において、主のカードゲームは、バカラゲームであることを特徴とする。

0016

請求項4に記載した本発明のカードゲームのプレイ方法によれば、主のカードゲームとしてバカラゲームが実行され、そのカードゲーム中にバカラゲームとは異なるポーカーゲームの入賞組み合わせに対する賭けの機会と、該賭けに応じた配当が参加者に与えられる。これにより、参加者は、バカラゲームを行いながら、ポーカーゲームの楽しみを享受することができる。

0017

また、請求項5に記載した本発明のカードゲームのプレイ方法は、主のカードゲーム及び補助のカードゲームを含むカードゲームのプレイ方法であって、主のカードゲームに参加するために第1の掛け金をベットする段階と、補助のカードゲームに参加するために第2のオプションの掛け金をベットする段階と、主のカードゲームのためのカードを第1のエリア及び第2のエリアに配る段階と、補助のカードゲームのためのカードを第2のオプションの掛け金をベットした参加者に配る段階と、第1のエリア及び第2のエリアに配られたカードを開示する段階と、第1のエリア及び第2のエリアに配られ開示されたカードに基づき、主のカードゲームのルールにしたがって第1のエリア及び第2のエリアのうちの少なくとも一方に追加のカードを配布し開示するか否かを決定すると共に該決定の結果を実行し、第1のエリアに配られたカードと第2のエリアに配られたカードとの間の勝敗及び引き分けのうちのいずれかを主のカードゲームのルールにしたがって決定する段階と、決定された勝敗又は引き分けに基づいて、主のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行される第1の掛け金の精算を行う段階と、参加者に配られた補助のカードゲームのためのカードを開示する段階と、開示された補助のカードゲームのためのカードと、開示された第1のエリア及び第2のエリアのカードとに基づいて、ポーカーゲームの入賞組み合わせの有無及び該入賞組み合わせの種類に応じた第2のオプションの掛け金の清算を、補助のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行する段階とを含むことを特徴とする。

0018

請求項5に記載した本発明のカードゲームのプレイ方法によれば、主のカードゲームのためのカードの他に、補助のカードゲームを行うためのカードが配られ、主のカードゲームのためのカードと補助のカードゲームを行うためのカードとに基づいて補助のカードゲームが実行される。この補助のカードゲームでは、ポーカーゲームの入賞組み合わせの有無及びその種類に応じた配当が参加者に与えられる。

0019

このため、主のカードゲームを1回行う毎に、参加者は、主のカードゲームに対する第1の掛け金のベットと共に、補助のカードゲームに対する第2の掛け金のベットを、オプションとして行うことができ、補助のカードゲームでは、主のカードゲームとは異なる種類のカードゲームが実行される。これにより、1回のカードゲーム中に参加者が複数の賭けを異なるゲームに対して行うことが可能となる。

0020

また、請求項6に記載した本発明のカードゲームのプレイ方法は、請求項5のカードゲームのプレイ方法において、補助のカードゲームのためのカードは、第2のオプションの掛け金がベットされたことを条件に配られることを特徴とする。

0021

請求項6に記載した本発明のカードゲームのプレイ方法によれば、第2のオプションの掛け金がベットされたことを条件に、補助のカードゲームのためのカードが配られることにより、補助のカードゲームのための第2のオプションの掛け金がベットされない場合は、主のカードゲームのみが行われる。これにより、補助のカードゲームに対するベットがない場合においても補助のカードゲームのためのカードが配られるといった煩わしさがなくなる。

0022

請求項7に記載した本発明のカードゲームのプレイ方法は、請求項5のカードゲームのプレイ方法において、主のカードゲームのためのカードは、前記補助のカードゲームに参加するための第2のオプションの掛け金がベットされるまでは開示されないことを特徴とする。

0023

請求項7に記載した本発明のカードゲームのプレイ方法によれば、第2のオプションの掛け金がベットされるまでは、主のカードゲームのためのカードが開示されないことにより、参加者に対して、補助のカードゲームへの賭けの楽しみが与えられる。

0024

請求項8に記載した本発明のカードゲームのプレイ方法は、請求項5のカードゲームのプレイ方法において、主のカードゲームは、バカラゲームであることを特徴とする。

0025

請求項8に記載した本発明のカードゲームのプレイ方法によれば、主のカードゲームとしてバカラゲームが実行され、そのカードゲーム中にバカラゲームとは異なるポーカーゲームの入賞組み合わせに対する賭けの機会と、該賭けに応じた配当が参加者に与えられる。これにより、参加者は、バカラゲームを行いながら、ポーカーゲームの楽しみを享受することができる。

0026

また、請求項9に記載した本発明のカードゲームのプレイ方法は、バカラゲーム及び補助のカードゲームを含むカードゲームのプレイ方法であって、バカラゲームに参加するために第1の掛け金をベットする段階と、補助のカードゲームに参加するために第2のオプションの掛け金をベットする段階と、バカラゲームのためのカードを第1のエリア及び第2のエリアに各々2枚ずつ配る段階と、補助のカードゲームのためのカードを第2のオプションの掛け金をベットした参加者に1枚配る段階と、第1のエリア及び第2のエリアに配られたカードを開示する段階と、第1のエリア及び第2のエリアに配られ開示されたカードに基づき、バカラゲームのゲームルールにしたがって第1のエリア及び第2のエリアのうちの少なくとも一方に追加のカードを配布し開示するか否かを決定すると共に該決定の結果を実行し、第1のエリアに配られたカードと第2のエリアに配られたカードとの間の勝敗及び引き分けのうちのいずれかをバカラゲームのゲームルールにしたがって決定する段階と、決定された勝敗又は引き分けに基づいて、バカラゲームのゲームルールにしたがって遂行される第1の掛け金の精算を行う段階と、参加者に配られた補助のカードゲームのためのカードを開示する段階と、開示された補助のカードゲームのためのカードと、開示された第1のエリア及び第2のエリアのカードとに基づいて、ポーカーゲームの入賞組み合わせの有無及び該入賞組み合わせの種類に応じた第2のオプションの掛け金の清算を、補助のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行する段階とを含むことを特徴とする。

0027

請求項9に記載した本発明のカードゲームのプレイ方法によれば、バカラゲームのための少なくとも4枚のカードの他に、補助のカードゲームを行うためのカードが1枚配られ、これら5枚のカードに基づいて補助のカードゲームが実行される。補助のカードゲームでは、バカラゲームで配られた4枚のカードに対して、1枚のカードが追加されるというゲーム進行により、ポーカーゲームの入賞組み合わせが発生する可能性が生じる。この補助のカードゲームでは、ポーカーゲームの入賞組み合わせの有無及びその種類に応じた配当が参加者に与えられる。

0028

このため、バカラゲームを1回行う毎に、参加者は、バカラゲームに対する第1の掛け金のベットと共に、補助のカードゲームに対する第2の掛け金のベットを、オプションとして行うことができ、補助のカードゲームでは、バカラゲームとは異なる種類のカードゲームが実行される。これにより、1回のバカラゲーム中に参加者が複数の賭けを異なるゲームに対して行うことが可能となる。

0029

また、請求項10に記載した本発明のゲーミングマシンは、主のカードゲーム及び補助のカードゲームを含むカードゲームに参加するための掛け金のベットを受け付けゲーミングターミナルと、主のカードゲームの進行が表示される第1のディスプレイと、補助のカードゲームの進行が表示される第2のディスプレイと、カードゲームを進行させるコントローラとを備え、コントローラは、主のカードゲームに参加するための第1の掛け金のベットを受け付け、補助のカードゲームに参加するための第2のオプションの掛け金のベットを受け付け、主のカードゲームのためのカードを第1のディスプレイに開示し、補助のカードゲームのためのカードを第2のディスプレイに開示し、開示された主のカードゲームのためのカードに基づいて、主のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行される第1の掛け金の精算を行い、開示された補助のカードゲームのためのカードと、開示された主のカードゲームのためのカードとに基づいて、ポーカーゲームの入賞組み合わせの有無及び該入賞組み合わせの種類に応じた第2のオプションの掛け金の清算を、補助のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行することを特徴とする。

0030

請求項10に記載した本発明のゲーミングマシンによれば、主のカードゲームのためのカードの他に、追加のカードが開示され、主たるゲームのカードと追加されたカードとに基づいて補助のカードゲームが実行される。この補助のカードゲームでは、ポーカーゲームの入賞組み合わせの有無及びその種類に応じた配当が参加者に与えられる。

0031

このため、主のカードゲームを1回行う毎に、参加者は、主のカードゲームに対する第1の掛け金のベットと共に、補助のカードゲームに対する第2の掛け金のベットを、オプションとして行うことができ、補助のカードゲームでは、主のカードゲームとは異なる種類のカードゲームが実行される。これにより、1回のカードゲーム中に参加者が複数の賭けを異なるゲームに対して行うことが可能となる。

0032

また、請求項11に記載した本発明のゲーミングマシンは、請求項10のゲーミングマシンにおいて、コントローラは、第2のオプションの掛け金がベットされたことを条件に補助のカードゲームのためのカードを開示することを特徴とする。

0033

請求項11に記載した本発明のゲーミングマシンによれば、第2のオプションの掛け金がベットされたことを条件に、補助のカードゲームのためのカードが開示されることにより、補助のカードゲームのための第2のオプションの掛け金がベットされない場合は、主のカードゲームのみが行われる。これにより、補助のカードゲームに対するベットがない場合においても補助のカードゲームのためのカードが開示されるといった煩わしさがなくなる。

0034

請求項12に記載した本発明のゲーミングマシンは、請求項10のゲーミングマシンにおいて、コントローラは、補助のカードゲームに参加するための第2のオプションの掛け金がベットされるまでは、主のカードゲームのためのカードを開示しないことを特徴とする。

0035

請求項12に記載した本発明のゲーミングマシンによれば、第2のオプションの掛け金がベットされるまでは、主のカードゲームのためのカードが開示されないことにより、参加者に対して、補助のカードゲームへの賭けの楽しみが与えられる。

0036

請求項13に記載した本発明のカードゲームのプレイ方法は、請求項10のゲーミングマシンにおいて、主のカードゲームは、バカラゲームであることを特徴とする。

0037

請求項13に記載した本発明のゲーミングマシンによれば、主のカードゲームとしてバカラゲームが実行され、そのカードゲーム中にバカラゲームとは異なるポーカーゲームの入賞組み合わせに対する賭けの機会と、該賭けに応じた配当が参加者に与えられる。これにより、参加者は、バカラゲームを行いながら、ポーカーゲームの楽しみを享受することができる。

0038

また、請求項14に記載した本発明のゲーミングマシンは、主のカードゲーム及び補助のカードゲームを含むカードゲームに参加するための掛け金のベットを受け付けるゲーミングターミナルと、主のカードゲームの進行が表示される第1のディスプレイと、補助のカードゲームの進行が表示される第2のディスプレイと、カードゲームを進行させるコントローラとを備え、コントローラは、主のカードゲームに参加するための第1の掛け金のベットを受け付け、補助のカードゲームに参加するための第2のオプションの掛け金のベットを受け付け、主のカードゲームのためのカードを第1のディスプレイの第1のエリア及び第2のエリアに配置し、補助のカードゲームのためのカードを第2のオプションの掛け金をベットした参加者に対応付けて第2のディスプレイに配置し、第1のエリア及び第2のエリアに配置されたカードを開示し、第1のエリア及び第2のエリアに配置され開示されたカードに基づき、主のカードゲームのルールにしたがって第1のエリア及び第2のエリアのうちの少なくとも一方に追加のカードを配置し開示するか否かを決定すると共に該決定の結果を実行し、第1のエリアに配置されたカードと第2のエリアに配置されたカードとの間の勝敗及び引き分けのうちのいずれかを主のカードゲームのルールにしたがって決定し、決定された勝敗又は引き分けに基づいて、主のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行される第1の掛け金の精算を行い、第2のディスプレイに配置された補助のカードゲームのためのカードを開示し、開示された補助のカードゲームのためのカードと、開示された第1のエリア及び第2のエリアのカードとに基づいて、ポーカーゲームの入賞組み合わせの有無及び該入賞組み合わせの種類に応じた第2のオプションの掛け金の清算を、補助のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行することを特徴とする。

0039

請求項14に記載した本発明のゲーミングマシンによれば、主のカードゲームのためのカードの他に、補助のカードゲームを行うためのカードが配られ、主のカードゲームのためのカードと補助のカードゲームを行うためのカードとに基づいて補助のカードゲームが実行される。この補助のカードゲームでは、ポーカーゲームの入賞組み合わせの有無及びその種類に応じた配当が参加者に与えられる。

0040

このため、主のカードゲームを1回行う毎に、参加者は、主のカードゲームに対する第1の掛け金のベットと共に、補助のカードゲームに対する第2の掛け金のベットを、オプションとして行うことができ、補助のカードゲームでは、主のカードゲームとは異なる種類のカードゲームが実行される。これにより、1回のカードゲーム中に参加者が複数の賭けを異なるゲームに対して行うことが可能となる。

0041

また、請求項15に記載した本発明のゲーミングマシンは、請求項14のゲーミングマシンにおいて、コントローラは、第2のオプションの掛け金がベットされたことを条件に補助のカードゲームのためのカードを配置することを特徴とする。

0042

請求項15に記載した本発明のゲーミングマシンによれば、第2のオプションの掛け金がベットされたことを条件に、補助のカードゲームのためのカードが配られることにより、補助のカードゲームのための第2のオプションの掛け金がベットされない場合は、主のカードゲームのみが行われる。これにより、補助のカードゲームに対するベットがない場合においても補助のカードゲームのためのカードが配られるといった煩わしさがなくなる。

0043

請求項16に記載した本発明のゲーミングマシンは、請求項14のゲーミングマシンにおいて、コントローラは、補助のカードゲームに参加するための第2のオプションの掛け金がベットされるまでは、主のカードゲームのためのカードを開示しないことを特徴とする。

0044

請求項16に記載した本発明のゲーミングマシンによれば、第2のオプションの掛け金がベットされるまでは、主のカードゲームのためのカードが開示されないことにより、参加者に対して、補助のカードゲームへの賭けの楽しみが与えられる。

0045

請求項17に記載した本発明のゲーミングマシンは、請求項14のゲーミングマシンにおいて、主のカードゲームは、バカラゲームであることを特徴とする。

0046

請求項17に記載した本発明のゲーミングマシンによれば、主のカードゲームとしてバカラゲームが実行され、そのカードゲーム中にバカラゲームとは異なるポーカーゲームの入賞組み合わせに対する賭けの機会と、該賭けに応じた配当が参加者に与えられる。これにより、参加者は、バカラゲームを行いながら、ポーカーゲームの楽しみを享受することができる。

0047

請求項18に記載した本発明のゲーミングマシンによれば、バカラゲーム及び補助のカードゲームを含むカードゲームに参加するための掛け金のベットを受け付けるゲーミングターミナルと、バカラゲームの進行が表示される第1のディスプレイと、補助のカードゲームの進行が表示される第2のディスプレイと、カードゲームを進行させるコントローラとを備え、コントローラは、バカラゲームに参加するための第1の掛け金のベットを受け付け、補助のカードゲームに参加するための第2のオプションの掛け金のベットを受け付け、バカラゲームのためのカードを第1のディスプレイの第1のエリア及び第2のエリアに各々2枚ずつ配置し、補助のカードゲームのためのカードを第2のオプションの掛け金をベットした参加者に対応付けて第2のディスプレイに1枚配置し、第1のエリア及び第2のエリアに配置されたカードを開示し、第1のエリア及び第2のエリアに配置され開示されたカードに基づき、バカラゲームのゲームルールにしたがって第1のエリア及び第2のエリアのうちの少なくとも一方に追加のカードを配置し開示するか否かを決定すると共に該決定の結果を実行し、第1のエリアに配置されたカードと第2のエリアに配置されたカードとの間の勝敗及び引き分けのうちのいずれかを主のカードゲームのゲームルールにしたがって決定し、決定された勝敗又は引き分けに基づいて、バカラゲームのゲームルールにしたがって遂行される第1の掛け金の精算を行い、第2のディスプレイに配置された補助のカードゲームのためのカードを開示し、開示された補助のカードゲームのためのカードと、開示された前記第1のエリア及び第2のエリアのカードとに基づいて、ポーカーゲームの入賞組み合わせの有無及び該入賞組み合わせの種類に応じた第2のオプションの掛け金の清算を、補助のカードゲームのゲームルールにしたがって遂行することを特徴とする。

0048

請求項18に記載した本発明のゲーミングマシンによれば、バカラゲームのための少なくとも4枚のカードの他に、補助のカードゲームを行うためのカードが1枚配られ、これら5枚のカードに基づいて補助のカードゲームが実行される。補助のカードゲームでは、バカラゲームで配られた4枚のカードに対して、1枚のカードが追加されるというゲーム進行により、ポーカーゲームの入賞組み合わせが発生する可能性が生じる。この補助のカードゲームでは、ポーカーゲームの入賞組み合わせの有無及びその種類に応じた配当が参加者に与えられる。

0049

このため、バカラゲームを1回行う毎に、参加者は、バカラゲームに対する第1の掛け金のベットと共に、補助のカードゲームに対する第2の掛け金のベットを、オプションとして行うことができ、補助のカードゲームでは、バカラゲームとは異なる種類のカードゲームが実行される。これにより、1回のバカラゲーム中に参加者が複数の賭けを異なるゲームに対して行うことが可能となる。

発明の効果

0050

本発明に係るカードゲームのプレイ方法及びゲーミングマシンによれば、1回のカードゲーム中に参加者が複数の賭けを異なる種類のゲームに対して行うことを可能とすることにより、カードゲームの所要時間に対して参加者が味わうことのできるカードゲームの密度を高め、カードゲームに対する参加者の満足感を向上させることができる。

発明を実施するための最良の形態

0051

(第1の実施形態)
以下、本発明の第1の実施形態の特徴部分を、図1乃至図8を参照して説明する。これらの図中、図1は、本発明の第1の実施形態に係るカードゲームのプレイ方法を示す概略図、図2図6乃至図8は、本発明の第1の実施形態に係るカードゲームが実施されるテーブルの上面図である。

0052

図1に示すように、本実施形態に係るカードゲームは、バカラゲームを主のカードゲームG1とし、その1回のゲーム中に補助のカードゲームG2が実行されることにより、1回の主のカードゲーム中に参加者に対して複数回の賭けの機会が与えられる。本実施形態においては、補助のカードゲームとして、ポーカーゲームに係る入賞組み合わせの有無に応じて配当を付与するか否かが決定され、入賞組み合わせの種類に応じた配当額が決定されるゲームが行われる。これにより、1回のゲーム中に、参加者に対して、複数種類のゲームに対する賭けの機会が与えられる。

0053

主のカードゲームとしてのバカラゲームにおいては、参加者の賭けの対象であるバンカー(BANKER)及びプレーヤ(PLAYER)にそれぞれ2枚のカードC1、C2及びC3、C4が配られ(必要に応じて3枚目のカードが配られる場合がある)、これらのカードの手(カードに記されている数)に応じて、バンカーの勝ち、プレーヤの勝ち又は引き分けのいずれかの結果が得られる。参加者は、主のカードゲームG1において、これら3つの結果のいずれかに賭けることができる。

0054

そして、補助のカードゲームG2では、主のカードゲームG1においてバンカーに最初に配られた2枚のカードC1、C2及びプレーヤに最初に配られた2枚のカードC3、C4の他に、参加者に1枚のカードC5が配られ、これら合計5枚のカードC1〜C5によりポーカーゲームが行われる。すなわち、5枚のカードC1〜C5において、ポーカーゲームの入賞組み合わせが存在する場合には、その入賞組み合わせの種類に応じた配当が参加者に与えられる。

0055

参加者は、主のカードゲーム(バカラゲーム)G1における賭けの機会と、補助のカードゲームG2における賭けの機会とを得ることができる。これにより、1回の主のカードゲーム中に参加者が行える賭けが複数となり、カードゲームの所要時間に対して参加者が味わうことのできるカードゲームの密度が高まり、カードゲームに対する参加者の満足感が向上する。

0056

図2に示すように、カードゲームが進行されるテーブル10の上面には、第1のエリア11と第2のエリア12とが設けられている。第1のエリア11は、参加者の賭けの対象であるバンカー(BANKER)のためのカードが配られるエリアであり、第2のエリア12は、参加者の賭けの対象であるプレーヤ(PLAYER)のためのカードが配られるエリアである。

0057

主のカードゲームであるバカラゲームにおいては、第1のエリア11及び第2のエリア12にそれぞれ2枚のカードが配られ(必要に応じて3枚目のカードが配られることがある)、該2枚のカードの手に応じてバンカーの勝ち、プレーヤの勝ち又は引き分けが決定される。これら一連のゲームの進行は、ディーラーにより行われる。

0058

また、テーブル10の上面には、バカラゲームの参加者が該バカラゲームのためにチップをベットするためのスペース21、22及び23が設けられている。スペース21は、バンカーの勝ちに賭けるためのスペースであり、スペース22は、プレーヤの勝ちに賭けるためのスペースであり、スペース23は、引き分けに賭けるためのスペースである。なお、本実施形態の場合、バンカーの勝ちにかけるためのスペース21、プレーヤの勝ちに賭けるためのスペース22及び引き分けにかけるためのスペース23は、それぞれ7つずつ設けられていることにより、1つのテーブル10において7名の参加者まで参加可能となっている。テーブル10には、各参加者に対して割り当てられる番号(1〜7)が付されている。

0059

参加者は、第1のエリア11及び第2のエリア12にカードが配られる前に、主のカードゲームに対するベットを行うためのスペースにチップをベットすることにより、バンカーの勝、プレーヤの勝又は引き分けのいずれかに賭けることができる。

0060

また、テーブル10には、主のカードゲーム(バカラゲーム)に対するベットを行うためのスペース21、22及び23の他に、補助のカードゲームに対するベット(以下、これをサイドベットと呼ぶ)を行うためのスペース24(以下、これをサイドベット用のスペースと呼ぶ)が設けられている。このスペース24も他のスペース21、22及び23と同様にして、参加者の数に応じた数のスペースが用意されている。参加者は、主のカードゲーム(バカラゲーム)に対するベットを行う際に、補助のカードゲームに対するベットを任意に行うことができる。このスペース24は、補助のカードゲームに対するベットを行った参加者に対して、補助のカードゲーム用のカードが配られるスペースとしても用いられる。

0061

また、テーブル10には、チップを貯留するためのチップトレイ31等が設けられている。このチップトレイ31には、ゲームの開始時にディーラーが一定数のチップを用意し、参加者に配当が与えられる場合には、このチップトレイ31に用意されているチップから配当が与えられ、また、参加者が賭けに負けた場合には、ベットしたチップがチップトレイ31に回収される。

0062

次に、主のカードゲームであるバカラゲームの内容について詳述する。バカラゲームにおいて、参加者は、バンカー(BANKER)の勝ち、プレーヤ(PLAYER)の勝ち、又は引き分けのいずれかにチップをベットする。

0063

そして、ディーラーがプレーヤ、バンカーの順にカードを2枚ずつ配る。カードが2枚ずつ配られた時点で、バンカー又はプレーヤのうちのいずれかの2枚のカードに付された英数字ランク:rank)の合計の下1桁が9又は8である場合、そちらの勝ちとなる。なお、2枚のカードの合計を計算する際に、エース(A)は1、2〜9はそのカードの数字と同じ数、絵札ジャック(J)、クイーン(Q)、キング(K))は10としてそれぞれ計算する。

0064

また、バンカー及びプレーヤにカードが2枚ずつ配られた時点で勝敗がついていない場合は、プレーヤ及びバンカーにおいてそれぞれ所定のルールにしたがって、3枚目を引く(ヒットする)か又はスタンド(引かない)するかが決定される。このルールは、プレーヤとバンカーとで異なる。

0065

すなわち、プレーヤ側のルールとして、プレーヤに対して最初に配られた2枚のカードの合計の下1桁が0〜5のいずれかである場合、バンカーがナチュラル(最初に配られた2枚のカードの下1桁が8又は9であること)でなければ、プレーヤに3枚目のカードが配られる。

0066

また、プレーヤに最初に配られた2枚のカードの合計の下1桁が6又は7である場合、プレーヤには3枚目のカードが配られない。

0067

さらに、プレーヤがナチュラルである場合、プレーヤ及びバンカーのいずれに対しても3枚目のカードは配られない。

0068

一方、バンカー側のルールとして、バンカーに対して最初に配られた2枚のカードの合計の下1桁が0、1、2のいずれかである場合、プレーヤがナチュラルでなければ、バンカーに3枚目のカードが配られる。

0069

また、バンカーに対して最初に配られた2枚のカードの合計の下1桁が3である場合、プレーヤの3枚目のカードが8であれば、バンカーに3枚目のカードが配られず、プレーヤの3枚目のカードが8以外である場合には、バンカーに3枚目のカードが配られる。

0070

また、バンカーに対して最初に配られた2枚のカードの合計の下1桁が4である場合、プレーヤの3枚目のカードが2、3、4、5、6、7以外であれば、バンカーには3枚目のカードが配られず、プレーヤの3枚目のカードが2、3、4、5、6、7であれば、バンカーに3枚目のカードが配られる。

0071

また、バンカーに対して最初に配られた2枚のカードの合計の下1桁が5である場合、プレーヤの3枚目のカードが4、5、6、7以外であれば、バンカーには3枚目のカードが配られず、プレーヤの3枚目のカードが4、5、6、7であれば、バンカーに3枚目のカードが配られる。

0072

また、バンカーに対して最初に配られた2枚のカードの合計の下1桁が6である場合、プレーヤの3枚目のカードが6、7以外であれば、バンカーには3枚目のカードが配られず、プレーヤの3枚目のカードが6、7であれば、バンカーに3枚目のカードが配られる。

0073

また、バンカーに対して最初に配られた2枚のカードの合計の下1桁が7である場合、バンカーには3枚目のカードが配られない。

0074

また、バンカーに対して最初に配られた2枚のカードの合計の下1桁が8又は9(ナチュラル)である場合、バンカー及びプレーヤのいずれに対しても3枚目のカードは配られない。

0075

このような、ルールにしたがって、ディーラーによりゲームが進められ、ゲームが終了すると、バンカーの勝ち、プレーヤの勝ち又は引き分けのいずれかの結果が判断される。この判断においては、バンカーに配られたカードの数の合計及びプレーヤに配られたカードの数の合計を算出し、それらの下1桁が9に近い方が勝ちとなる。下1桁が同数の場合は引き分けとなる。そして、この勝敗の結果に基づいて配当が計算され、配当が得られることとなった参加者に支払われる。この場合、プレーヤ、バンカーへの賭けに対しては、掛け金と同額が配当として支払われ、また、引き分け(TIE)に賭けた場合は、その8倍が配当として支払われる。

0076

次に、補助のカードゲームの内容について詳述する。補助のカードゲームにおいて、主のカードゲーム(バカラゲーム)の参加者は、サイドベットを行うためのスペース24にチップ置く(ベットする)ことにより、補助のカードゲームに参加することができる。ディーラーは、プレーヤ、バンカーの順にカードを2枚ずつ配った後、サイドベットしている参加者に対して、カードを1枚配る。

0077

これにより、プレーヤに配られた2枚のカード、バンカーに配られた2枚のカード及び参加者に配られた1枚のカードの合計5枚により、補助のカードゲームが行われる。

0078

補助のカードゲームにおいて、合計5枚のカードのなかにポーカーゲームの入賞組み合わせがある場合、該組み合わせに応じて予め設定されている配当が参加者に支払われる。これに対して、入賞組み合わせがない場合には、サイドベットしたチップがディーラー側のチップトレイ31に回収される。補助のカードゲームの配当に用いられるチップは、主のカードゲームのチップと同様にチップトレイ31に用意されているチップが用いられる。このように、本実施形態の場合、補助のカードゲームにおいて配当として参加者に支払われるチップ、及び参加者から回収したチップは、主のカードゲーム(バカラゲーム)において用いられるチップと同じチップトレイ31において、主のカードゲームのチップとまとめて管理される。

0079

なお、補助のカードゲームにおけるチップの管理は、主のカードゲームのためのチップとは分けて行うようにしてもよい。この場合、チップトレイ31は、主のカードゲームのためのものとして用いられると共に、これとは別の補助のカードゲーム用のチップトレイが用意され、補助のカードゲームのためのチップは、該チップトレイにおいて主のカードゲームのためのチップとは区別して管理される。すなわち、補助のカードゲームにおいて参加者に支払われるチップは、補助のカードゲーム用のチップトレイに用意されているチップが用いられ、また、補助のカードゲームにおいて賭けに負けた参加者から回収されたチップは、該補助のカードゲーム用のチップトレイに戻される。

0080

本実施形態においては、補助のカードゲームにおける入賞組み合わせ例として、ポーカーゲームにおける入賞組み合わせが適用される。例えば、図3(A)に示すように、5枚のカードに同じスートで数字が順に5枚並んでいる場合をストレートフラッシュ図3(B)に示すように、同じ数のカードが4種類(4枚)揃うフォーカード、図3(C)に示すように、同じ数のカードが3種類(3枚)と同じ数のカードが2種類(ペア)とが揃うフルハウス図3(D)に示すように、数の順位に関係なく同じスートのカードが5枚揃うフラッシュ、図4(A)に示すように、スートが一致していない場合であって5枚のカードの数が連続して揃うストレート、図4(B)に示すように、5枚のカードのうち3枚のカードが同じ数であって残りの2枚の数が異なるスリーカード、図4(C)に示すように、2組のペアが揃うツーペア、図4(D)に示すように、5枚のカードに1組のペアのみが揃うワンペア等がある。

0081

次に、図5示すフローチャート及び図6図8に示すテーブル10の状態を参照して、本実施形態に係るカードゲームのプレイ方法の詳細について説明する。図5は、ディーラーによって進行されるカードゲームの手順を示すフローチャートである。

0082

ディーラーが1組又は複数組のトランプカードシャッフルした後(ステップS11)、主のカードゲーム(バカラゲーム)に対するベットが受け付けられる(ステップS12)。すなわち、参加者は、テーブル10に設けられた主のカードゲームに係るベット用のスペース21、22及び23のうちのいずれかにチップを置くことにより、バンカーの勝ち、プレーヤの勝ち又は引き分けのいずれかにチップをベットする。

0083

図6は、第1の参加者がバンカーの勝ちにチップ20を2枚ベットし、第2の参加者がプレーヤの勝ちにチップ20を1枚ベットし、第3の参加者が引き分けにチップ20を1枚ベットし、第4の参加者がバンカーの勝ちにチップ20を1枚ベットし、第5の参加者がプレーヤの勝ちにチップ20を3枚ベットし、第6の参加者が引き分けにチップ20を2枚ベットし、第7の参加者がバンカーの勝ちにチップ20を3枚ベットした状態を示す。

0084

さらに、補助のカードゲームに対するベットが受け付けられる(ステップS13)。すなわち、参加者は、テーブル10に設けられたサイドベット用のスペース24にチップを置くことにより(サイドベットすることにより)、補助のカードゲームに参加することができる。このサイドベットは、参加者の任意により行われる。

0085

図7は、図6に示した状態から、第1の参加者がチップ20を1枚サイドベット用のスペース24に置くことによりサイドベットし、第2の参加者がチップ20を2枚サイドベット用のスペース24に置くことによりサイドベットし、第4の参加者がチップ1枚をサイドベット用のスペース24に置くことによりサイドベットした状態を示す。この場合、第3、第5、第6及び第7の参加者は、各自のサイドベット用のスペース24にチップを置かないことにより、サイドベットされなかったことになる。

0086

主のカードゲームに対するベット及び補助のカードゲームに対するベットが行われると、主のカードゲームのためのカードがディーラーによって配られる。すなわち、第1のエリア11及び第2のエリア12にそれぞれ2枚のカードC1、C2及びC3、C4が伏せられた状態で配られる(ステップS14)。そして、補助のカードゲームのためのカードがディーラーによって配られる。すなわち、補助のカードゲームに対するベットを行った参加者に対して、補助のカードゲーム用に1枚のカードがそれぞれ伏せられた状態でディーラーにより配られる(ステップS15)。このカードは、サイドベット用のスペース24のうち、チップが置かれたスペースに配られる。図8は、第1のエリア11及び第2のエリア12に主のカードゲームのためのカードC1、C2及びC3、C4が伏せられたまま配られ、サイドベットを行った第1、第2及び第4の参加者のサイドベット用のスペース24にそれぞれ1枚ずつのカードC5A、C5B、C5Cが配られた状態を示す。このように、補助のカードゲームに対するベットを行った参加者に対してのみ補助のカードゲーム用にカードが配られることにより、参加者全員に補助のカードゲーム用のカードを配る場合に比べて、不要なカードを配る煩雑さがなくなる。

0087

そして、これらの配られたカードがディーラーによりオープンされる(ステップS16)。このように、補助のカードゲームに対するベットが行われるまで主のカードゲームのために配られたカードがオープンされないことにより、参加者に対して補助のカードゲームへの賭けの楽しみが与えられる。なお、上述したように、バカラゲームでは、バンカー及びプレーヤにそれぞれ最初に配られた2枚のカードの手に応じて、バンカー及びプレーヤのうちの少なくとも一方に3枚目のカードが配られる場合がある。この場合、バカラゲームのルールに従って、追加のカードが必要であるか否かが決定され(ステップS17)、必要であれば、追加のカードが配られる(ステップS18)。

0088

これにより、第1のエリア11及び第2のエリア12でオープンされた4枚のカード(ゲームルールに従って追加のカードが配られた場合には該追加のカードを含める)に基づいて、主のカードゲーム(バカラゲーム)におけるバンカー及びプレーヤの間の勝敗(又は引き分け)が判断されると共に(ステップS19)、第1のエリア11及び第2のエリア12でオープンされた最初に配られた4枚のカードと、サイドベットを行った参加者に配られた1枚のカードとからなる5枚のカードに基づいて、補助のカードゲームにおける入賞組み合わせの有無が判断される(ステップS20)。

0089

なお、この実施形態では、追加カードが配られた場合であっても、主のカードゲーム(バカラゲーム)用にバンカー及びプレーヤに最初に配られた2枚のカード(合計4枚のカード)と補助のカードゲームのために配られた1枚のカードとを用いて補助のカードゲームの入賞組み合わせの有無を判断するが、本発明はこれに限られるものではなく、バンカー及びプレーヤのうちの少なくとも一方に追加されたカードを含めたカードを用いて判断するようにしてもよい。

0090

そして、主のカードゲームにおける各参加者の配当が計算され(ステップS21)、さらに補助のカードゲームにサイドベットした参加者に対する補助のカードゲームの配当が計算される(ステップS22)。補助のカードゲームの配当は、補助のカードゲームにサイドベットした参加者毎に、すべての参加者に共通である主のカードゲームのためのカードC1〜C4と、該参加者に対して配られたカード(カードC5A、C5B又はC5C)とを併せた合計5枚のカードの手に基づいて計算される。なお、この実施形態では、主のカードゲーム(バカラゲーム)において追加カードが配られた場合であっても、主のカードゲーム(バカラゲーム)用にバンカー及びプレーヤに最初に配られた2枚のカード(合計4枚のカード)と補助のカードゲームのために配られた1枚のカードとを用いて補助のカードゲームの入賞組み合わせの有無が判断され、その結果に基づいて配当が計算されるが、本発明はこれに限られるものではなく、主のカードゲームにおいてバンカー及びプレーヤのうちの少なくとも一方に追加されたカードを含めたカードを用いて補助のカードゲームの入賞組み合わせを判断する場合には、この判断の結果に基づいて配当を計算する。

0091

そして、主のカードゲームにおける配当が、該当する参加者に支払われ(ステップS23)、補助的なカードゲームにおける配当が、該当する参加者に支払われる(ステップS24)。

0092

以上説明したように、主のカードゲームであるバカラゲームでは、複数の参加者に共通の場である第1のエリア11にバンカーのためのカードが少なくとも2枚配られると共に、複数の参加者に共通の場である第2のエリア12にプレーヤのためのカードが少なくとも2枚配られ、補助のカードゲームに参加する参加者に対して1枚のカードが配られ、これら合計5枚のカードにより、補助のカードゲームが行われる。かくして、主のカードゲームが1回実行される間に、補助的なカードゲームが実行される。

0093

これにより、参加者は、主のカードゲームに対する第1の掛け金のベットと共に、補助のカードゲームに対する第2の掛け金のベットを、オプションとして行うことができ、補助のカードゲームでは、主のカードゲームとは異なる種類のカードゲームが実行される。これにより、1回のカードゲーム中に参加者が複数の賭けを異なるゲームに対して行うことが可能となる。

0094

(第2の実施形態)
本発明の第2の実施形態に係るゲーミングマシン100について、図9乃至図22を参照して説明する。これらの図中、図9は、本発明の第2の実施形態に係るゲーミングマシンの外観を示す斜視図、図14乃至図16図19図21及び図22は、本発明の第2の実施形態に係る第1及び第2のディスプレイに表示される画像を示す平面図である。

0095

本実施形態に係るゲーミングマシン100で実行されるカードゲームは、図1について上述したカードゲームと同様であり、バカラゲームを主のカードゲームとし、その1回のゲーム中に補助のカードゲームが実行されることにより、1回の主のカードゲーム中に参加者に対して複数回の賭けの機会が与えられる。本実施形態においては、補助のカードゲームとして、ポーカーゲームに係る入賞組み合わせの有無に応じて配当を付与するか否かが決定され、入賞組み合わせの種類に応じた配当額が決定されるゲームが行われる。これにより、1回のゲーム中に、参加者に対して、複数種類のゲームに対する賭けの機会が与えられる。

0096

図9に示すように、ゲーミングマシン100は、共通ディスプレイ(第1のディスプレイ)101と、複数のゲーミングターミナル120とを備える。

0097

共通ディスプレイ101は、複数のゲーミングターミナル120に対して共通に設けられ、ゲーミングマシン100の内部に設けられたコントローラ150(後述)によって実行される主のカードゲームが表示される。本実施形態においては、主のカードゲームとして、バカラゲームが実行される。この共通ディスプレイ101は、例えば液晶ディスプレイ装置により構成されている。

0098

各ゲーミングターミナル120は、共通ディスプレイ101の表示画面102側において、共通ディスプレイ101を取り囲むように配置されている。各ゲーミングターミナル120には、チップ投入口121、チップ排出口122、ターミナルディスプレイ(第2のディスプレイ)123及びスイッチ部125が設けられている。チップ投入口121は、ゲーミングターミナル120を使用する参加者が主のカードゲーム及び補助のカードゲームに対してベットのためのチップを投入する投入口である。チップ排出口122は、ゲーミングターミナル120(参加者)に対してゲームの配当を払いだすための排出口である。スイッチ部125は、参加者がゲームに参加するための各種入力を行う操作部である。

0099

また、ターミナルディスプレイ123には、コントローラ150の制御によって、主のカードゲームに対するベットの受け付け画面、主のカードゲームのゲーム結果に基づく配当の計算結果等、共通ディスプレイ101において進行される主のカードゲームに参加者が参加するための画像が表示される。この画像は、各ゲーミングターミナル120ごとに個別の画像である。本実施形態の場合、ターミナルディスプレイ123は、液晶表示装置により構成されている。

0100

また、ターミナルディスプレイ123には、補助のカードゲームの進行状況を表す画像及び該補助のカードゲームに参加者が参加するための画像が表示される。これらの画像は、各ゲーミングターミナル120ごとに個別の画像である。ターミナルディスプレイ123の表面には、タッチパネル124が設けられており、このタッチパネルによって入力操作部が構成される。ゲーミングターミナル120では、この入力操作部を介して、主のカードゲーム及び補助のカードゲームに対するベット等を受け付ける。

0101

本実施形態のゲーミングマシン100の場合、7つのゲーミングターミナル120が設けられている。各ゲーミングターミナル120は、それぞれ一人の参加者が主のカードゲーム及び補助のカードゲームに参加するためのものであり、これによりゲーミングマシン全体として一度に7名の参加者が主のカードゲーム及び補助のカードゲームに参加することができる。

0102

図10に示すように、ゲーミングマシン100のコントローラ150は、CPU(中央処理ユニット)151、ROM152、RAM153、タイマ154、液晶ディスプレイ156、及び、キーボード157を備えている。CPU151は、コントローラ150の全体の制御を行う。液晶ディスプレイ156は、液晶駆動回路155を介してCPU151に接続されている。CPU151は、ゲーミングマシン100のメンテナンスに関する情報や各種プログラム更新等に関する情報を液晶ディスプレイ156に表示する。また、CPU151は、キーボード157を介して入力されたメンテナンスに関する命令や各種プログラムの更新等に関する命令に基づいて、ゲーミングマシン100を維持管理するための処理を実行する。

0103

CPU151は、各ゲーミングターミナル120から供給される信号、ROM152、及び、RAM153に記憶されたデータやプログラムに基づいて、各種の処理を行い、その処理の結果に基づいてゲーミングターミナル120に制御データを送信する。これにより、CPU151は、各ゲーミングターミナル120を制御する。また、CPU151は、ROM152に記憶されているプログラムにしたがって主のカードゲーム(バカラゲーム)及び補助のカードゲームを実行する。CPU151には、液晶駆動回路111を介して、液晶ディスプレイによって構成された共通ディスプレイ101が接続されている。CPU151は、主のカードゲーム及び補助のカードゲームの進行状況を共通ディスプレイ101に表示すると共に、補助のカードゲームの進行状況に付随した情報をゲーミングターミナル120に送出する。ゲーミングターミナル120では、コントローラ150から受け取った情報をターミナルディスプレイ123に表示する。

0104

ROM152は、例えば、半導体メモリ等により構成されている。このROM152には、主のカードゲーム及び補助のカードゲームを実行するためのプログラムや、主のカードゲーム及び補助のカードゲームにおける配当倍率(チップ一枚あたりの当選に対するクレジット払い出し数)、各ゲーミングターミナル120を制御するためのプログラム等が記憶されている。

0105

一方、RAM153は、各ゲーミングターミナル120から供給されるチップのベット情報、各ゲーミングターミナル120におけるゲーム結果、該ゲーム結果に応じて発生した賞(払い出されたクレジット数)の情報、各ゲーミングターミナル120のクレジット数(各参加者が所有するクレジット数)及びCPU151により実行された処理の結果に関するデータ等を記憶する。コントローラ150は、各ゲーミングターミナル120においてチップが投入されると、この投入数を表す情報をゲーミングターミナル120から受け取り、この投入数だけRAM153に記憶されている該ゲーミングターミナル120のクレジット数を増加させる。また、各ゲーミングターミナル120からベット情報を受け取ると、コントローラ150は、このベット情報をその送信元であるゲーミングターミナル120に対応付けて、RAM153に記憶すると共に、そのゲーミングターミナル120のクレジット数をベット情報に表されたベット数だけ減算する。ベット情報とは、主のカードゲーム及び補助のカードゲームに対して各ゲーミングターミナル120においてベットされた内容を表す情報であり、主のカードゲームとしてバカラゲームが実行される場合においては、バンカーの勝ち、プレーヤの勝ち及び引き分けのうちのいずれかとチップのベット数とが対応付けられた情報であり、補助のカードゲームにおいては、補助のカードゲームへの参加を表す情報とチップのベット数とが対応付けられた情報である。これらのベット情報は、ベットが行われたゲーミングターミナル120を表す情報と対応付けられて記憶される。

0106

また、コントローラ150は、主のカードゲームのゲーム結果及び補助のカードゲームのゲーム結果をRAM153に記憶すると共に、該ゲーム結果と、各ゲーミングターミナル120から得られたベット情報とに基づいて、各ゲーミングターミナル120への配当を計算し、該配当をRAM153に記憶すると共に、該配当に基づいて、RAM153に記憶されている各ゲーミングターミナル120が所有するクレジット数を更新する。また、コントローラ150は、各ゲーミングターミナル120からクレジットの払い戻し要求を受け取ると、各ゲーミングターミナル120に対応付けてRAM153に記憶されているクレジット数に基づいて該ゲーミングターミナル120に対してクレジットの払出命令を送出すると共に、RAM153に記憶されている該ゲーミングターミナル120のクレジット数を“0”に書き換える。

0107

図11は、本実施形態に係るコントローラ150のRAM153の記憶領域を示した概略図である。図11に示すように、RAM153には、ベット情報記憶エリア153A、ゲーム結果記憶エリア153B、払出し数記憶エリア23C、クレジット数記憶エリア23D、判定フラグ記憶エリア153E、配当率記憶エリア153F、入賞組み合わせ記憶エリア153G及びチップ情報記憶エリア153Hが設けられている。ベット情報記憶エリア153Aには、各ゲーミングターミナル120から受け取ったベット情報が記憶される。具体的には、各ゲーミングターミナル120ごとの主のカードゲーム及び補助のカードゲームへのベット内容がベット情報記憶エリア153Aに記憶される。ゲーム結果記憶エリア153Bには、主のカードゲームにおけるゲーム結果(バンカーの勝ち、プレーヤの勝ち及び引き分けのうちのいずれか)と補助のカードゲームにおけるゲーム結果(主のカードゲームでバンカー及びプレーヤに配られたカードと参加者に配られたカードとからなるカード群にポーカーゲームの入賞組み合わせがあるか否かと、入賞組み合わせがある場合にはその種類)とが過去所定ゲーム回数分記憶される。払出し数記憶エリア153Cには、1回の主のカードゲーム及びその際に実行される補助のカードゲームにおける各ゲーミングターミナル120への配当が、過去所定回数分記憶される。クレジット数記憶エリア153Dには、各ゲーミングターミナル120(各参加者)が所有するクレジット数が記憶される。判定フラグ記憶エリア153Eには、主のカードゲーム及び補助のカードゲームについて、それぞれのゲーム結果の判定が済んでいるか否かを表すフラグが記憶される。入賞組み合わせ記憶エリア153Gには、補助のカードゲームにおける入賞組み合わせ(ポーカーゲームにおいて用いられる入賞組み合わせと同様の組み合わせ)と、各入賞組み合わせに係る配当が記憶される。

0108

また、チップ情報記憶エリア153Hには、ゲーミングマシン100が所持するチップの額が記憶される。このチップの額は、各ゲーミングターミナル120からチップ情報を受け取った場合にその分が加算されると共に、各ゲーミングターミナル120に対して配当を与える場合には、その分が減算される。本実施形態においては、主のカードゲーム及び補助のカードゲームにおけるチップを同じチップ情報で管理する。すなわち、主のカードゲームにおいてベットされたチップの額及び補助のカードゲームにおいてベットされたチップの額は、同じチップ情報に加算され、また、主のカードゲームにおいてゲーミングターミナル120へ支払われた配当及び補助のカードゲームにおいてゲーミングターミナル120へ支払われた配当は同じチップ情報から減算される。なお、このチップ情報は、主のカードゲーム及び補助のカードゲーム用にそれぞれ別々の情報として管理するようにしてもよい。すなわち、主のカードゲームにおいてチップがベットされた場合及び主のカードゲームにおいてゲーミングターミナル120へ配当が支払われた場合は、主のカードゲーム用のチップ情報を加算及び減算し、補助のカードゲームにおいてチップがベットされた場合及び補助のカードゲームにおいてゲーミングターミナル120へ配当が支払われた場合は、補助のカードゲーム用のチップ情報を加算及び減算するようにしてもよい。

0109

さらにコントローラ150(図10)において、CPU151には、時間計測を行うタイマ154が接続されている。タイマ154の時間情報は、CPU151に送信され、CPU151は、この時間情報に基づいて、主のカードゲーム及び補助のカードゲームの進行を制御する。

0110

図12は、本実施形態に係るゲーミングターミナル120の内部構成を示すブロック図である。なお、複数台設けられたゲーミングターミナル120は基本的に同じ構成を有しており、ここでは、1台のゲーミングターミナル120について説明する。

0111

図12に示すように、ゲーミングターミナル120は、ターミナルコントローラ1300、スイッチ部125、ターミナルディスプレイ123、ホッパー126、チップセンサ127及びスピーカ128を備えている。ターミナルコントローラ1500は、CPU131、ROM132及びRAM133を有する。ROM132は、例えば、半導体メモリ等により構成され、ゲーミングターミナル120の基本的な機能を実現するためのプログラム、その他ゲーミングターミナル120の制御上必要な各種のプログラム、データテーブル等が記憶されている。また、RAM133は、コントローラ150から送信された主のカードゲーム及び補助のカードゲームの各ゲーム結果、CPU131で演算された各種データ、ゲーミングターミナル120が所持するクレジット数、ゲーミングターミナル120においてベットされた結果(ベット情報)等を一時的に記憶しておくメモリである。

0112

因みに、図13は、RAM133の記憶エリアを示す概略図である。図13に示すように、RAM133には、ゲーム結果記憶エリア133A、クレジット数記憶エリア133B、ベット情報記憶エリア133C、配当情報記憶エリア133D、配当累積値記憶エリア133E等が設けられている。ゲーム結果記憶エリア133Aには、コントローラ150から受信した主のカードゲーム及び補助のカードゲームのゲーム結果が記憶される。クレジット数記憶エリア133Bには、該ゲーミングターミナル120(参加者)が所持するクレジット数が記憶される。このクレジット数は、コントローラ150によって管理されており、コントローラ150からゲーミングターミナル120に送信される。ベット情報記憶エリア133Cには、該ゲーミングターミナル120においてゲームごとにベットされたベット数が記憶される。配当情報記憶エリア133Dには、コントローラ150から受信した主のカードゲーム及び補助のカードゲームについての各々の配当の大きさを表す情報(配当情報)が、ゲームごとに記憶される。累計値記憶エリア133Eには、主のカードゲームについての配当情報の累計値及び補助のカードゲームについての配当情報の累計値が記憶される。

0113

また、CPU131(図12)には、スイッチ部125に設けられているベット確定ボタン135、136、払い出しボタン137、ヘルプボタン138がそれぞれ接続されている。

0114

ベット確定ボタン135、136は、ターミナルディスプレイ123のタッチパネル124を介したベット操作の後にベットを確定するための押下ボタンであり、ベット確定ボタン135は、主のカードゲームに対するベットを確定するためのボタンであり、ベット確定ボタン136は、補助のカードゲームに対するベットを確定するためのボタンである。

0115

払い出しボタン137は、通常、ゲーム終了時に押下されるボタンであり、この払い出しボタン137が押下されると、ゲーム等によって参加者が獲得したクレジット数に応じた数のチップ(通常は1クレジットに対してチップ1枚)がチップ払出口122(図9)から払い出される。クレジット数は、コントローラ150のRAM153のクレジット数記憶エリア153Dに記憶されている。

0116

これらの処理は、各ボタンの操作結果を受けて、CPU131により実行される。

0117

CPU131は、スイッチ部125の各ボタンの押下等により該スイッチ部125から出力される信号に基づき、対応する各種の処理を実行する。具体的には、CPU131は、参加者の操作に基づいてスイッチ部125から供給される信号、及び、ROM132とRAM133とに記憶されたデータやプログラムに基づいて、各種の処理を実行し、その結果をコントローラ150(図10)のCPU151に送信する。

0118

また、CPU131には、ホッパー126が接続されている。ホッパー126は、CPU131からの制御データにより、所定枚数のチップをチップ払出口122(図9)から払い出す。

0119

さらに、CPU131には、液晶駆動回路135を介してターミナルディスプレイ123が接続されている。液晶駆動回路135は、プログラムROM、画像ROM、画像制御CPU、ワークRAM、VDPビデオ・ディスプレイ・プロセッサ)及びビデオRAMを備えている。プログラムROMには、ターミナルディスプレイ123での表示に関する画像制御用プログラムや各種選択テーブルが格納されている。画像ROMには、例えば、ターミナルディスプレイ123で表示される画像を形成するためのドットデータが格納されている。画像制御CPUは、CPU131で設定されたパラメータに基づき、プログラムROM内に予め記憶された画像制御プログラムに従い、画像ROM内に予め記憶されたドットデータの中からターミナルディスプレイ123に表示する画像の決定を行うものである。ワークRAMは、画像制御プログラムを画像制御CPUで実行するときの一時記憶装置として構成される。VDPは、画像制御CPUで決定された表示内容に応じた画像を形成し、ターミナルディスプレイ123に出力するものである。なお、ビデオRAMは、VDPで画像を形成するときの一時記憶装置として構成される。

0120

ターミナルディスプレイ123の前面には、タッチパネル124が設けられており、このタッチパネル124の操作結果は、CPU131に送信される。CPU131は、タッチパネル124の操作結果に基づき、主のカードゲーム及び補助のカードゲームに対するベットを個別に受け付ける。CPU131は、ベットの入力があると、該入力結果(ベット情報)をコントローラ150に送信する。コントローラ150のCPU151は、このベット情報をRAM153に記憶する。なお、ベットを受け付ける処理については後述する。

0121

また、CPU131には、オーディオ出力回路129を介してスピーカ128が接続されており、スピーカ128は、オーディオ出力回路129からの信号に基づき各種の効果音を発生する。

0122

また、CPU131には、チップセンサ127が接続されている。チップセンサ127は、チップ投入口121(図9)から投入されたチップを検出し、この検出結果をCPU131に出力する。CPU131は、チップセンサ127から出力される検出結果に基づいて、投入されたチップ数カウントし、そのカウント結果をコントローラ150(図9)に送信する。コントローラ150のCPU151は、ゲーミングターミナル120から送信されたカウント結果に基づいて、RAM153に記憶されているゲーミングターミナル120の所有するクレジット数を増加させる。

0123

次に、共通ディスプレイ101及び各ターミナルディスプレイ123に表示される画像について説明する。

0124

図14は、共通ディスプレイ101の表示画面102を示し、この表示画面102には、各ゲーミングターミナル120によってベットされた内容を表すベット情報がCPU151によって表示されると共に、CPU151によって実行される主のカードゲーム及び補助のカードゲームが表示される。

0125

図14において、共通ディスプレイ101の表示画面102には、主のカードゲームの進行状態及び補助のカードゲームの進行状態が表示される第1のウインドウ103と、各ゲーミングターミナル120においてベットされた内容が表示される第2のウインドウ104とが設けられている。第1のウインドウ103には、主のカードゲーム(バカラゲーム)において、バンカーに配られたカードが表示される第1の表示エリア103Aと、プレーヤに配られたカードが表示される第2のエリア103Bと、補助のカードゲーム用に配られたカードが表示される第3のエリア103Cとが設けられている。第3のエリア103Cは、補助のカードゲームが複数のゲーミングターミナル120ごとに個別行われることに応じて、ゲーミングターミナル120ごとに複数設けられている。なお、第1のエリア103A及び第2のエリア103Bは、主のカードゲーム(バカラゲーム)のためのカードが開示される(主のカードゲームの進行が表示される)第1のディスプレイを構成し、また第3のエリア103Cは、補助のカードゲームのためのカードが開示される(補助のカードゲームの進行が表示される)第2のディスプレイを構成する。本実施形態の場合、第1のエリア103A、第2のエリア103B及び第3のエリア103C(第1のディスプレイ及び第2のディスプレイ)は、同じ共通ディスプレイ101に構成されている場合について述べるが、本発明はこれに限られるものではなく、第1のエリア103A及び第2のエリア103Bを含む第1のディスプレイと、第3のエリア103Cを含む第2のディスプレイとを別々の構成としてもよい。

0126

また、第2のウインドウ104には、バンカーの勝ちにベットされた内容が表示される第1のエリア104Aと、プレーヤの勝ちにベットされた内容が表示される第2のエリア104Bと、引き分けにベットされた内容が表示される第3のエリア104Cと、補助のカードゲームに対してベットされた内容が表示される第4のエリア104Dとが設けられている。これら第1〜第4のエリア104A〜104Dは複数のゲーミングターミナル120に対応付けられて複数設けられている。本実施形態の場合、7台のゲーミングターミナル120が設けられていることに応じて、第1〜第4のエリア104A〜104Dは、各々7つ設けられている。

0127

一方、図15は、各ターミナルディスプレイ123の表示画面を示し、1回の主のカードゲームごとに、バンカーの勝ちにベットするための第1のベット領域123A、プレーヤの勝ちにベットするための第2のベット領域123B、引き分けにベットするための第3のベット領域123C、補助のカードゲームにベットするための第4のベット領域123Dが設けられている。

0128

また、ターミナルディスプレイ123の表示画面には、チップボタン123が表示されている。このチップボタン123は、参加者が指定したベット領域(第1〜第4のベット領域)にチップ(1、5、10、100のチップのいずれか)をベットするためのボタンの画像である。チップボタン123はチップの種類(額の大きさ)に対応して、1チップボタン123E、5チップボタン123F、10チップボタン123G、100チップボタン123Hの四種類から構成されている。

0129

ゲーミングターミナル120のCPU131は、ターミナルディスプレイ123の表示画面の表面に設けられたタッチパネル124が押圧操作されることに応じて、該押圧操作された位置に応じたベット受け付け処理を実行する。

0130

すなわち、参加者は、まず、表示された画面のうち、ベットするベット領域(第1のベット領域123A、第2のベット領域123B、第3のベット領域123C及び第4のベット領域123Dのうちのいずれか)の表面のタッチパネル124を押圧操作することにより、ベットしようとする領域を指定する。ゲーミングターミナル120のCPU131は、このタッチパネル124の操作結果によって、指定された領域を判断し、該指定された領域の表示態様を変化させる。この表示態様の変化の例としては、例えば、指定された領域の背景色を変化させること、指定された領域の枠の色を変化させること、指定された領域の背景輝度を変化させること、指定された領域の枠を点滅させること、等を適用することができる。

0131

そして、これに続いて、参加者がチップボタン123のいずれかの表面のタッチパネル124を押圧操作することにより、指定された領域に指定されたチップがベットされる。なお、CPU131は、ベットのために指定された領域において、複数のチップのベットがあった場合にはこれを受け付ける。これにより、参加者は、ベットする領域を指定した後、チップボタンを複数回押圧操作することにより、その回数に対応した数のチップがベットされる。また、この場合、押圧操作するベットボタンは同一のボタンに限らず、複数種類のチップボタン(1チップボタン123E、5チップボタン123F、10チップボタン123G、100チップボタン123H)を押圧操作することにより、該押圧操作されたボタンに対応した種類のチップが指定された領域にベットされる。例えば、図16に示すように、バンカーの勝ちにベットするための第1の領域123Aを指定することにより、この第1の領域123Aの枠が点滅し、この状態において、例えば、1チップボタン123Eを2回、10チップボタン123Gを1回押圧操作することで、第1の領域123Aに1チップを表す画像が2つ表示されると共に、10チップを表す画像が1つ表示される。

0132

また、ターミナルディスプレイ123の表示画面には、クレジット数表示領域123Jが設けられている。このクレジット数表示領域123Jには、現在の参加者が所有するクレジット数が表示される。このクレジット数は、各ゲーミングターミナル120に対応付けられてコントローラ150のRAM153のクレジット数記憶エリア153Dに記憶されている。コントローラ150のCPU151は、クレジット数に変化があった場合に、RAM153のクレジット数を更新すると共に、その更新結果を該当するゲーミングターミナルの識別子と共に該ゲーミングターミナル120に送信する。クレジット数は、参加者がチップをベットした場合に減算され、ゲームの結果により配当があった場合に加算される。

0133

ゲーミングターミナル120では、コントローラ150からクレジット数が送信されてくると、RAM133のクレジット数記憶エリア133Bに記憶されているクレジット数を更新し、更新されたクレジット数を、クレジット数表示領域123Jに表示する。

0134

これにより、クレジット数表示領域123Jに表示されるクレジット数は、ベット入力があった場合、ゲームの結果に応じて配当があった場合等において、リアルタイムで更新される。

0135

また、ターミナルディスプレイ123の表示画面には、合計ベット数表示領域123Kが設けられている。CPU131は、1回の主のカードゲーム及び補助のカードゲームごとに、ベット領域123A〜123Dにベットされたチップの合計数をカウントし、そのカウント結果をRAM133の累計ベット情報記憶エリア133Hの累計値に加算し、該加算結果を新たな累計値として累計ベット情報記憶エリア133Hの情報を更新する。そして、CPU131は、この累計値を合計ベット数表示領域123Kに表示する。

0136

また、ターミナルディスプレイ123の表示画面には、前回ゲーム表示領域123Lが設けられている。CPU131は、1回の主のカードゲーム及び補助のカードゲームごとに合計ベット数をRAM133に記憶すると共に、このゲームの結果に基づいて発生する賞の大きさ(チップ獲得数)を表す情報をコントローラ150から受け取ってRAM133に記憶する。そして、これらの情報を前回ゲーム表示領域123Lに表示する。前回ゲーム表示領域123Lに表示される情報としては、前回の主のカードゲーム(MAIN)におけるベット数(BET)、前回の主のカードゲーム(MAIN)において獲得した配当数(WIN)、前回の補助のカードゲーム(SIDE)におけるベット数(BET)及び前回の補助のカードゲーム(SIDE)において獲得した配当数(WIN)がある。前回の主のカードゲーム及び補助のカードゲームの各ベット数は、ベット確定ボタン135A(図12)の操作によって合計ベット数が確定した際に表示が開始され、賞の大きさを表す情報は、1回の主のカードゲーム及び補助のカードゲームが終了してコントローラ150からゲーミングターミナル120にこの賞の大きさを表す情報が送信された際に表示が開始される。これらの表示は、次のゲームのベットが開始されるまで続けられる。

0137

また、ターミナルディスプレイ123の表示画面には、合計配当数表示領域123Mが設けられている。CPU131は、主のカードゲーム及び補助のカードゲームにおいて発生した賞の大きさを表す情報(配当情報)を各回ごとにコントローラ150から受信すると、この配当情報を、主のカードゲーム及び補助のカードゲームごとにRAM133の配当情報記憶エリア133D(図13)に記憶すると共に、主のカードゲーム及び補助のカードゲームの配当結果を合計し、各回の該合計値ゲーム回数の増加にしたがって累積し、この累積値をRAM133の配当累計値記憶エリア13E(図13)に記憶する。CPU131は、この累積値をRAM133から読み取って、合計配当数表示領域123Mに表示する。CPU131は、この累積値の算出及びRAM133への記憶を、合計配当数表示領域123Mが押圧操作されるまで続ける。合計配当数表示領域123Mが押圧操作されると、CPU131は、RAM133の配当累計値記憶エリア133Eに記憶されている主のカードゲーム及び補助のカードに関する配当数の累積値及びをリセットし(“0”に書き換え)、次のゲームの結果から累積を行う。これにより、合計配当数表示領域123Mには、リセットされた後に各ゲームで得られた賞の大きさ(配当数)の累積値が表示される。

0138

参加者は、合計配当数表示領域123Mの表示により、主のカードゲーム及び補助のカードゲームで得られた配当の累積結果を確認することができる。なお、合計配当数表示領域123Mにおいて、主のカードゲーム及び補助のカードゲームごとに配当の累積結果を分けて表示するようにしてもよい。この場合、RAM133の配当累計値記憶エリア133Eにおいて、主のカードゲームの配当累計値と補助のカードゲームの配当累計値とを分けて記憶するようにすればよい。

0139

かくして、ターミナルディスプレイ123の表示画面には、主のカードゲーム及び補助のカードゲームに関して、参加者がベットを行うための操作用の画像と、ゲームの結果と、配当の結果とが表示される。

0140

これにより、参加者は、この表示画面を通じて、主のカードゲーム及び補助のカードゲームに対するベットを行うことができると共に、それぞれのゲームの結果を知ることができる。

0141

ここで、ターミナルディスプレイ123の表示画面には、ベットタイム表示領域123Iが設けられている。このベットタイム表示領域123Iには、参加者がベットすることが可能な残り時間が表示される。CPU131は、主のカードゲーム及び補助のカードゲームが終了した時点で、予め設定されているベットタイム(この実施形態の場合、20秒)をベットタイム表示領域123Iに表示する。そして、CPU131は、この表示と共に、内部タイマ起動し、そのカウント結果に基づいて、ベットタイムに表示する数字を1ずつ減算する。これにより、ベットタイム表示領域123Iに表示されたベットタイムは、ベット可能な残り時間に応じて減少する。CPU131は、このベットタイムが“0”となった時点でベットの受け付けを終了する。なお、CPU131は、ベットタイムの残り時間が10秒となった時点で、ベットタイム表示領域123Iの表示を青色から黄色に変化させ、残り時間が5秒となった時点で、黄色から赤色に変化させる。これにより、ベットタイムの残り時間が一段と分かり易くなる。なお、残り時間に応じて表示の色を変化させることに代えて、例えばベットタイム表示領域123Iを点滅させ、その点滅の周期を残り時間が少なくなるにつれて短くするようにしてもよい。

0142

かくして、主のカードゲーム及び補助のカードゲームが終了してベット操作の受付を開始した時点では、ベット表示領域123Iに“20”が表示され、1秒ごとにこの数字が1ずつ減少し、数字が“0”となったときにベット操作の受付が終了となる。

0143

なお、ベットタイムが残り5秒となると、CPU131は、ゲームの開始の予告である音声をスピーカ128から出力する。そして、ベットタイムの残りが“0”となったとき、CPU131は、ベットの受け付けが終了した旨をコントローラ150のCPU151に通知する。これにより、CPU151は、主のカードゲーム及び補助のカードゲームを開始する。

0144

次に、ゲーミングターミナル120におけるベットの受け付け処理からゲーミングマシン100におけるゲームの実行までの一連の動作を説明する。図17は、ゲーミングターミナル120におけるベットの受け付けからゲーム結果に基づく配当の払出しの処理までの一連の処理を示すフローチャートである。

0145

図17に示すように、ゲーミングターミナル120のCPU131は、ステップS31において、チップセンサ127の検出結果に基づいて、チップの投入があったか否かを判断する。このステップS31において否定結果が得られると、このことは、チップが投入されていないことを意味しており、CPU131は、後述するステップS34に移る。これに対してステップS31において肯定結果が得られると、このことは、チップがチップ投入口121から投入されたことを意味しており、CPU131は、ステップS31からステップS32に移る。

0146

ステップS32において、CPU131は、チップの投入枚数を、RAM133に記憶されているクレジット数に加算し、続くステップS33において、クレジット数の増加分をチップ検出信号としてコントローラ150に送信する。コントローラ150は、このクレジットデータをRAM153に記憶する。なお、ゲーミングターミナル120においては、ゲーム中においても、チップの受け付けを随時行っていることにより、チップの投入結果によるRAM133のクレジット数の更新及びチップ検出信号の送信は随時行われる。

0147

さらに、CPU131は、ステップS34において、RAM133に記憶されているクレジット数(このゲーミングターミナル120が所持するクレジット数)に基づいて、ベットが可能であるか否かを判断する。この実施形態の場合、チップ1枚からベットが可能となっていることにより、CPU131は、RAM133に記憶されているクレジット数が1枚以上である場合には、ステップS34において肯定結果を得ることにより、ステップS34からステップS35に移る。また、CPU131は、RAM133に記憶されているクレジット数が0である場合には、ステップS34において否定結果を得ることにより、ステップS34から上述のステップS31に戻る。これにより、CPU131は、チップが投入されてベットが可能となるまで、ステップS31〜ステップS34の処理を繰り返す。

0148

さらに、CPU131は、ステップS35において、ベットの受付けを開始するか否かをRAM133のベット受付フラグ記憶エリア133Fに記憶されているベット受付フラグに基づいて判断する。ベット受付フラグは、主のカードゲーム及び補助のカードゲームの両方が終了した場合にベットの受け付けを許可する状態となる。すなわち、主のカードゲーム及び補助のカードゲームが終了すると、コントローラ150はゲーム結果及びこのゲーム結果に基づく配当をゲーミングターミナル120に送信する。ゲーミングターミナル120では、主のカードゲーム及び補助のカードゲームの両方の配当を受信完了した場合に、RAM133のベット受付フラグをベット禁止状態からベット許可状態に変更する。CPU131は、このベット受付フラグがベット許可状態となった場合に、ベットの受け付けを開始する。すなわち、ゲーミングターミナル120では、主のカードゲーム及び補助のカードゲームの両方が終了した時点でベットの受け付けが開始される。従って、CPU131は、RAM133のベット受付フラグがベット禁止状態となっている場合には、該フラグがベット許可状態となるまでステップS34の処理を繰り返す。

0149

ベット受付フラグがベット許可状態になると、CPU131は、ステップS35からステップS36に移る。因みに、ゲーミングターミナル120においては、補助のカードゲームに対するベットを行うか否かは参加者の任意となっており、主のカードゲームに対するベットのみが行われる場合もある。この場合には、主のカードゲームに対するベットを表す情報と、補助のカードゲームに対するベットがないことを表す情報とがベット期間終了時点でゲーミングターミナル120のRAM133に記憶されると共に、その情報がゲーミングターミナル120からコントローラ150に送信される。これらは後述する。

0150

CPU131は、ステップS36において、ターミナルディスプレイ123に、ベットを受け付けるためのベット画面(図15)を表示した後、主のカードゲーム及び補助のカードゲームに対するベットを受け付ける。CPU131は、ターミナルディスプレイ123に設けられたタッチパネル124の操作結果を、主のカードゲーム及び補助のカードゲームに対するベット情報として、RAM133のベット情報記憶エリア133Cに一旦記憶する。

0151

なお、CPU131は、ステップS36においてベットの受け付けを開始すると、内部タイマを起動して、ベットの受け付けを開始した時点からの時間経過をカウントする。そして、CPU131は、ステップS37に移って、内部タイマから得られる時間経過に基づいて、ベットの受け付け期間(ベット期間)が終了したか否かを判断する。

0152

ステップS37において否定結果が得られると、このことは、ベットの受付け期間が終了していないことを意味しており、CPU131は、上述のステップS36に戻って、ベットの受付け処理を繰り返す。このように、ベット期間において、主のカードゲーム及び補助のカードゲームに対するベットの受け付けが同時に行われる。

0153

そして、CPU131は、内部タイマのカウント結果に基づいて、ベットの受付け期間が終了したものと判断した場合には、ステップS37において肯定結果を得ることにより、ステップS37からステップS38に移って、ベットの受け付けを終了する。なお、ベット期間中に補助のカードゲームに対するベットの入力がなかった場合には、CPU131は、補助のカードゲームへの参加がないものとして、補助のカードゲームに対するベットがないことをベット情報記憶エリア133Cに記憶する。

0154

ベットの受け付けを終了すると、CPU131は、ステップS39において、ベットの受付け期間にRAM133に記憶された、主のカードゲーム及び補助のカードゲームに関するベット情報を、コントローラ150に送信する。

0155

ベットの受け付けが終了し、ゲーミングターミナル120からコントローラ150に対してベット情報が送信されると、コントローラ150は、主のカードゲーム及び補助のカードゲームを開始する。これらのカードゲームを実行するコントローラ150の処理手順については後述する。

0156

そして、主のカードゲーム及び補助のカードゲームが終了すると、コントローラ150からゲーミングターミナル120に対して、該ゲーミングターミナル150が獲得した賞の大きさを表す情報(主のカードゲームで獲得したチップ枚数と補助のカードゲームで獲得したチップ枚数とを個別に表す情報)がそれぞれのゲーム結果に付加されて送信される。ゲーミングターミナル120は、このゲーム結果を受信することにより、獲得した賞の大きさ(チップ枚数)を主のカードゲーム及び補助のカードゲームごとに分けてRAM133の配当情報記憶エリア133Dへ記憶すると共に、ターミナルディスプレイ123の前回ゲーム表示領域123L(図15)に表示し、また、そのゲーム結果に応じた処理を実行する。なお、コントローラ150は、ゲーミングターミナル120が獲得した賞の大きさに基づいて、該ゲーミングターミナル120が所持するクレジット数をRAM153上において更新する。コントローラ150は、この更新された結果についても賞の大きさを表す情報と共にゲーミングターミナル120に送信する。ゲーミングターミナル120は、この情報に基づいて、RAM133のクレジット数記憶エリア133Bに記憶されているクレジット数を更新する。

0157

すなわち、CPU131は、ステップS40において、コントローラ150からゲーム結果を受信したか否かを判断する。ここで否定結果が得られると、このことは、ゲームが未だ終了していないことを意味しており、CPU131は、ゲーム結果を受信するまでステップS40の処理を繰り返す。

0158

そして、コントローラ150からゲーミングターミナル120に対して、ゲーム結果が送信されると、CPU131は、ステップS40において肯定結果を得ることにより、ステップS40からステップS41に移る。

0159

ステップS41において、CPU131は、RAM133のゲーム結果受信フラグ記憶エリア133Gのゲーム結果受信フラグを“1”に書き換える。なお、コントローラ150からゲーミングターミナル120へ送信されるゲーム結果は、主のカードゲームのゲーム結果及び補助のカードゲームのゲーム結果を含むことにより、主のカードゲームのゲーム結果及び補助のカードゲームのゲーム結果が一度に送信される。ここで、ゲーミングターミナル120において補助のカードゲームへのベットが行われていない場合には、補助のカードゲームのゲーム結果を表す情報として、ゲーム結果が無い旨の情報が送信される。

0160

このように、CPU131は、コントローラ150からゲーム結果を受信した際に、該受信したゲームに対応したゲーム結果受信フラグを変更することにより、このフラグの状態に基づいて、主のカードゲーム及び補助のカードゲームが終了したか否かを判断することができる。

0161

ステップS42において、CPU131は、該ゲーミングターミナル120に対して発生した賞の大きさ(配当)をターミナルディスプレイ123に表示する。具体的には、CPU131は、図15に示した前回ゲーム表示領域123Lに主のカードゲームに関する賞の大きさと、補助のカードゲームに関する賞の大きさとをそれぞれ個別に表示する。図15に示す表示例では、主のカードゲームにおいてそのゲーミングターミナル120が獲得した賞の大きさが、チップ0枚であったことにより、“MAIM”の欄に“WIN 0”が表示されており、また、補助のカードゲームにおいて獲得した賞の大きさが、チップ10枚であったことにより、“SIDE”の欄に“WIN 10”が表示されている。

0162

また、ゲーミングターミナル120は、コントローラ150のRAM153において更新されたクレジット数を、ゲーム結果と共に受信しており、CPU131は、ステップS43において、RAM133のクレジット数を更新すると共に、このクレジット数をクレジット数表示領域123J(図15)に表示する。

0163

また、CPU131は、ターミナルディスプレイ123に、そのゲーミングターミナル120に対して発生した賞の大きさの累計値を算出し、これらをRAM133の累計値記憶エリア133Eに記憶すると共に、合計配当数表示領域123Mに表示する。

0164

さらに、CPU131は、ステップS44において、主のカードゲーム及び補助のカードゲームが終了したか否かを判断する。すなわち、CPU131は、コントローラ150から両ゲームが終了した旨を受信すると、RAM133のゲーム結果受信フラグを参照することにより、主のカードゲーム及び補助のカードゲームの両方のゲーム結果を受信したか否かを判断し、両方のゲーム結果を受信していない場合には、否定結果を得ることにより、上述のステップS40に戻る。これに対して、両方のゲーム結果を受信している場合には、CPU131は、ステップS44において肯定結果を得ることにより、ステップS45に移って、ゲーム結果受信フラグを“1”から“0”にリセットした後、上述のステップS31に戻り、同様の処理を繰り返す。

0165

次に、コントローラ150におけるベット情報の受け付けからゲーム結果の送信までの一連の動作を図18に示す。なお、図18においては、チップの投入に基づいてゲーミングターミナル120からコントローラ150に送信されるクレジット数情報を受信するステップは省略されているが、この処理は随時行われており、CPU151は、この情報を受信すると、RAM153に記憶されているクレジット数を更新する。

0166

図18に示すように、コントローラ150のCPU151は、ステップS51において、ゲーミングターミナル120からベット情報を受信したか否かを判断する。ここで否定結果が得られると、このことは、ゲーミングターミナル120においてベット期間が経過していないことを意味しており、CPU151は、ベット情報を受信するまで、ステップS51の処理を繰り返す。なお、各ゲーミングターミナル120においては、ベット時間内にベット入力がなかった場合であっても、ベット情報(ベットに係るチップ数が“0”である情報)をコントローラ150に送信する。すべてのゲーミングターミナル120からコントローラ150に対してベット情報が送信されると、CPU151は、ステップS51において肯定結果を得ることにより、ステップS51からステップS52に移る。

0167

CPU151は、ステップS52において、各ゲーミングターミナル120から受け取った主のカードゲームに係るベット情報及び補助のカードゲームに係るベット情報に基づき、これらベットされたチップの額をRAM153のチップ情報記憶エリア153Hに記憶されているチップの額(コントローラ150が所持するチップの額)に加算することにより、このチップ額を更新する。

0168

そして、CPU151は、ステップS53において、共通ディスプレイ101の表示画面102の第2のウインドウ104に、各ゲーミングターミナル120のベット情報を表示する。例えば、図19に示す共通ディスプレイ101の表示例は、第1のゲーミングターミナル120Aにおいて、主のカードゲームについてバンカーに2チップがベットされていると共に、補助のカードゲームについて1チップがベットされ、第2のゲーミングターミナル120Bにおいて、主のカードゲームについてプレーヤに10チップがベットされ、第3のゲーミングターミナル120Cにおいて、主のカードゲームについてバンカーに6チップがベットされていると共に、補助のカードゲームについて1チップがベットされ、第4のゲーミングターミナル120Dにおいて、主のカードゲームについて引き分けに1チップがベットされており、第5のゲーミングターミナル120Eにおいて、主のカードゲームについてバンカーに10チップがベットされており、第6のゲーミングターミナル120Fにおいて、主のカードゲームについて引き分けに1チップがベットされ、第7のゲーミングターミナル120Gにおいて、主のカードゲームについてプレーヤに5チップがベットされている状態を示している。

0169

このようにして、CPU151は、各ゲーミングターミナル120(120A〜120G)においてベットされた内容を共通ディスプレイ101に表示した後、ステップS54に移って、カードゲーム(主のカードゲーム及び補助のカードゲーム)を実行する。すなわち、図20は、CPU151によって実行される主のカードゲーム及び補助のカードゲームの実行手順を示し、CPU151は、この処理に入ると、ステップS71に移り、共通ディスプレイ101(図14)の第1のウインドウ103において、バンカーへカードが配布された状態を表示する。すなわち、CPU151は、図14に示した共通ディスプレイ101の表示画面102において、バンカーのためのカードを配置する領域(第1の表示エリア103A)に2枚のカードが伏せられた状態の画像を表示する。

0170

さらに、CPU151は、ステップS72に移って、共通ディスプレイ101(図14)の第1のウインドウ103において、プレーヤへカードが配布された状態を表示する。すなわち、CPU151は、図14に示した共通ディスプレイ101の表示画面102において、プレーヤのためのカードを配置する領域(第2の表示エリア103B)に2枚のカードが伏せられた状態の画像を表示する。

0171

そして、CPU151は、ステップS73に移って、共通ディスプレイ101(図14)の第1のウインドウ103において、補助のカードゲームのためのカードが配布された状態を表示する。すなわち、CPU151は、図14に示した共通ディスプレイ101の表示画面102において、補助のカードゲームのためのカードを配置する領域(第3の表示エリア103C)に1枚のカードが伏せられた状態の画像を表示する。

0172

これにより、図21に示すように、共通ディスプレイ101の表示画面102においては、主のカードゲーム及び補助のカードゲームの進行状態が表示される第1のウインドウ103の第1の表示エリア103A(バンカーのカードが表示されるエリア)に2枚のカードC11、C12が伏せられた状態の画像が表示され、第2の表示エリア103B(プレーヤのカードが表示されるエリア)に2枚のカードC13、C14が伏せられた状態の画像が表示され、第3の表示エリア103Cのうち補助のカードゲームにベット(サイドベット)が行われたゲーミングターミナル120(例えば、図21に示される表示例の場合、ゲーミングターミナル120A、120C及び120E)に対応する表示エリア103Ca、103Cc及び103Ceにそれぞれ1枚のカードC21、C22、C23が伏せられた状態の画像が表示される。このように、補助のカードゲームに対するベットを行ったゲーミングターミナルに対してのみ補助のカードゲーム用にカードが配られることにより、全てのゲーミングターミナルに補助のカードゲーム用のカードを配る場合に比べて、不要なカードを配る煩雑さがなくなる。

0173

そして、CPU151は、ステップS74に移って、上述のステップS71〜ステップS73において第1、第2及び第3のエリアに表示されたカードを伏せた状態からオープンした状態に変化させる。

0174

これにより、図22に示すように、第1の表示エリア103A、第2の表示エリア103B及び第3の表示エリア103(図22の場合、表示エリア103Ca、103Cc及び103Ce)のカードがオープンされた状態で表示される。このように、補助のカードゲームに対するベットが行われるまで主のカードゲームのために配られたカードがオープンされないことにより、参加者に対して補助のカードゲームへの賭けの楽しみが与えられる。

0175

そして、CPU151は、ステップS75に移って、第1の実施形態において上述した主のカードゲーム(バカラゲーム)のゲームルールに従って、バンカー及びプレーヤのうちの少なくともいずれか一方に追加のカードを配るか否かを判断する。

0176

図22に示す表示例の場合、バカラゲームのルールによるとバンカー及びプレーヤのいずれにも追加のカードが配られないことにより、この時点で表示されているバンカー(第1の表示エリア103A)及びプレーヤ(第2の表示エリア103B)の合計4枚のカードによってバカラゲームのカードが確定する。

0177

なお、追加のカードが必要である場合、CPU151は、ステップS75からステップS76に移って、ゲームルールに基づく判断の結果に応じて、第1の表示エリア103A及び第2の表示エリア103Bのうちの少なくともいずれか一方に追加のカードをオーブンさせた状態で表示する。

0178

そして、CPU151は、ステップS77に移って、主のカードゲームについて、第1のエリア103A及び第2のエリア103Bにオープンされたカードに基づき、第1の表示エリア103Aに配られたカード(すなわちバンカー)及び第2の表示エリア103Bに配られたカード(すなわちプレーヤ)の勝敗を判断する。この勝敗の判断は、第1の実施形態の場合と同様にして、バカラゲームのルールに従い、バンカー及びプレーヤのうち、配られたカードの合計数の下1桁が9に近い方の勝ちとなる。また、該下1桁が同数の場合は引き分けとなる。かくして、この勝敗の判断結果は、バンカーの勝ち、プレーヤの勝ち及び引き分けのいずれかとなる。因みに、合計数を計算する場合に、カードのエース(A)は1、2〜9はそのカードの数字と同じ数、絵札(ジャック(J)、クイーン(Q)、キング(K))は10としてそれぞれ計算する。判断された勝敗は、主のカードゲームのゲーム結果として、RAM153(図11)のゲーム結果記憶エリア153Bに記憶される。

0179

図22に示した表示例の場合、バンカー(第1の表示エリア103A)のカードの下1桁が8(ナチュラル)であり、プレーヤ(第2の表示エリア103B)のカードの下1桁が7であることにより、バンカー(第1の表示エリア103A)の勝ちとなる。

0180

そして、CPU151は、ステップS78において、第3の表示エリア103Cにオープンされたカードに基づいて、補助のカードゲームの入賞組み合わせが成立しているか否かを判断する。本実施形態の場合、補助のカードゲームとして、バンカー(第1の表示エリア103A)に最初に表示された2枚のカードと、プレーヤ(第2の表示エリア103B)に最初に表示された2枚のカードと、第3の表示エリア103Cに表示された1枚のカードとからなる合計5枚のカードに、ポーカーゲームの入賞組み合わせ(図3及び図4) があるか否かがCPU151によって判断される。

0181

図22に示した表示例の場合、ゲーミングターミナル120A、120C及び120Eにおいて補助のカードゲームにベット(サイドベット)が行われたことに応じて、これらのゲーミングターミナルに対応した120A、120C及び120Eに対応した表示エリア103Ca、103Cc及び103Ceにそれぞれ1枚のカードが表示されている。

0182

これにより、サイドベットが行われた第1のゲーミングターミナル120Aに対しては、第1の表示エリア103Aに表示された2枚のカードと、第2の表示エリア103Bに表示された2枚のカードと、第3の表示エリア103Cのうちの第1のゲーミングターミナル120Aに対応した表示エリア103Caに表示された1枚のカードとからなる合計5枚のカードにポーカーゲームの入賞組み合わせがあるか否かが判断される。

0183

また同様にして、サイドベットが行われた第3のゲーミングターミナル120Cに対しては、第1の表示エリア103Aに表示された2枚のカードと、第2の表示エリア103Bに表示された2枚のカードと、第3の表示エリア103Cのうちの第3のゲーミングターミナル120Cに対応した表示エリア103Ccに表示された1枚のカードとからなる合計5枚のカードにポーカーゲームの入賞組み合わせがあるか否かが判断される。

0184

また同様にして、サイドベットが行われた第5のゲーミングターミナル120Eに対しては、第1の表示エリア103Aに表示された2枚のカードと、第2の表示エリア103Bに表示された2枚のカードと、第3の表示エリア103Cのうちの第5のゲーミングターミナル120Eに対応した表示エリア103Ceに表示された1枚のカードとからなる合計5枚のカードにポーカーゲームの入賞組み合わせがあるか否かが判断される。ポーカーゲームの入賞組み合わせは、RAM153の入賞組み合わせ記憶エリア153Gに記憶されている。また、ステップS78における補助のカードゲームの結果は、RAM153のゲーム結果記憶エリア153Bに記憶される。

0185

なお、本実施形態においては、第1の表示エリア103A(バンカー)及び第2の表示エリア103B(プレーヤ)に最初に表示された各々2枚のカード(合計4枚のカード)と、第3の表示エリア103Cに表示された1枚のカードとの合計5枚のカードによって補助のカードゲームが行われる場合について述べたが、本発明はこれに限られるものではなく、上述のステップS76において追加されたカードを含めたカード群の中にポーカーゲームの入賞組み合わせがあるか否かを判断するようにしてもよい。

0186

そして、CPU151は、ステップS79において、上述のステップS77において判断された主のカードゲームの勝敗に基づき、各ゲーミングターミナル120(120A〜120G)に対する配当を計算する。すなわち、各ゲーミングターミナル120は、主のカードゲーム(バカラゲーム)について、バンカーの勝ち、プレーヤの勝ち又は引き分けのいずれかにベットしており、ゲーム結果とベットした内容とが一致したゲーミングターミナル120に対して、そのベットに応じた配当が計算される。

0187

図22に示した表示例の場合、主のカードゲームの結果は、バンカーの勝ちであることにより、該バンカーの勝ちにベットしたゲーミングターミナル120A、120C及び120Eに対して配当が計算される。すなわち、各ゲーミングターミナル120のベット内容が表示される第2のウインドウ104のうちの、バンカーの勝ちに対応した第1のエリア104Aにベット内容が表示されているゲーミングターミナル120A、120C及び120Eに対して配当が計算される。

0188

この場合、第1のゲーミングターミナル120Aでは、バンカーの勝ちに2チップがベットされていることにより、ベットしたチップに対して同額の2チップが加算されてなる4チップが配当となる。また、第3のゲーミングターミナル120Cでは、バンカーの勝ちに6チップがベットされていることにより、12チップが配当となる。また、第5のゲーミングターミナル120Eでは、バンカーの勝ちに10チップがベットされていることにより、20チップが配当となる。

0189

なお、バカラゲームの配当の計算方法としては、プレーヤの勝ちにベットして当たりとなった場合もバンカーの勝ちの場合と同様であるが、引き分けにベットした当たりとなった場合には、ベットしたチップ数にその8倍のチップ数が加算された数のチップが配当となる。この配当の計算結果は、配当先となるゲーミングターミナル120を特定するための情報と共にRAM153の払い出し数記憶エリア153Cに記憶される。

0190

主のカードゲームの配当の計算が終了すると、CPU151は、ステップS80に移って、補助のカードゲームの配当を計算する。この計算において、CPU151は、第1の実施形態において上述したように、ポーカーゲームの入賞組み合わせ(ストレートフラッシュ(図3(A))、フォーカード(図3(B))、フルハウス(図3(C))、フラッシュ(図3(D))、ストレート(図4(A))、スリーカード(図4(B))、ツーペア(図4(C))、ワンペア(図4(D))が、第1の表示エリア103A(バンカー)、第2の表示エリア103B(プレーヤ)及び第3の表示エリア103C(サイドベット)に最初に表示された5枚のカードに含まれているか否かを判断する。

0191

そして、CPU151は、いずれかの入賞組み合わせが含まれている場合には、その種類(ストレートフラッシュ、フォーカード、フルハウス、フラッシュ、ストレート、スリーカード、ツーペア、ワンペア等)に応じた配当を求める。この種類に応じた配当の大きさ(ベット数に対する倍率)は、RAM153の配当率記憶エリア153F(図11)に予め記憶されている。ステップS80において計算された配当は、その配当先となるゲーミングターミナル120を特定するための情報と共にRAM153の払い出し数記憶エリア153Cに記憶される。

0192

かくしてCPU151は、1回のカードゲーム(ステップS54(図18))を終了し、図18のステップS55に移る。ステップS55において、CPU151は、RAM153のクレジット数記憶エリア153Dに記憶されている各ゲーミングターミナル120が所持しているクレジット数を、上述のステップS79及びステップS80において計算された配当に基づいて更新する。すなわち、クレジット数記憶エリア153Dに記憶されている各ゲーミングターミナル120の所持するクレジット数のうち、配当を獲得したゲーミングターミナル120のクレジット数を該配当分だけ増加させる。

0193

そして、CPU151は、ステップS56において、RAM153のチップ情報記憶エリア153Hに記憶されているチップ情報(コントローラ150が所持しているチップの額)から、各ゲーミングターミナル120に支払った主のカードゲームに係る配当の額及び補助のカードゲームに係る配当の額を減算することにより、チップ情報記憶エリア153Hのチップ情報を更新する。

0194

そして、CPU151は、ステップS57において、上述のステップS79において計算された主のカードゲームの配当を表す配当情報を、その配当先であるゲーミングターミナル120に送信し、さらにステップS58において、上述のステップS80において計算された補助のカードゲームの配当を表す配当情報を、その配当先であるゲーミングターミナル120に送信する。主のカードゲームに係る配当情報及び補助のカードゲームに係る配当情報を送信すると、CPU151は1回のカードゲームを終了する。

0195

かくして、本実施形態のゲーミングマシン100においては、主のカードゲーム(バカラゲーム)が1回実行される間に、該主のカードゲームのために配られるカードの他に補助のカードゲームのためのカードが配られ、これらのカード(少なくとも5枚のカード)によって補助のカードゲームが実行される。

0196

すなわち、バカラゲームにあっては、バンカー及びプレーヤに対して最初に各々2枚ずつ(合計4枚)のカードが配られる。ここで、補助のカードゲームにおいては、ポーカーゲームの入賞組み合わせの判断を行うために最大5枚のカードが必要となることにより、補助のカードゲームに参加の意思を示したゲーミングターミナル120に対して、ポーカーゲームの入賞組み合わせの判断が可能となる5枚目のカードが配られる。このように、補助のカードゲームにおいては、主のカードゲームのためのカードに補助のカードゲームのためのカードを加えた合計5枚のカードによって入賞組み合わせの有無が判断される。

0197

かくして、主のカードゲームを1回行う毎に、参加者は、主のカードゲームに対するベットと共に、補助のカードゲームに対するベットをオプションとして行うことができ、補助のカードゲームでは、主のカードゲームとは異なる種類のカードゲームが実行される。これにより、1回のカードゲーム中にプレーヤが複数の賭けを異なるゲームに対して行うことが可能となる。

0198

なお、上述の実施形態においては、補助のカードゲームにおいてポーカーゲームに係る入賞組み合わせが成立した場合に、その成立したゲーミングターミナル120の全てに対して入賞組み合わせに応じた配当を支払う場合について述べたが、本発明はこれに限られるものではなく、入賞組み合わせが成立したゲーミングターミナル120が複数存在する場合には、さらにこれらのゲーミングターミナル120のうちのいずれか1つ又は複数を配当先として選択するゲームを行うようにしてもよい。このゲームは単に1つ又は複数のゲーミングターミナル120をランダムに選択するゲームであってもよい。

図面の簡単な説明

0199

第1の実施形態に係るカードゲームのプレイ方法を示す概略図である。
第1の実施形態に係るカードゲームが実行されるテーブルの上面を示す平面図である。
第1の実施形態に係るカードゲームのプレイ方法における補助のカードゲームの入賞組み合わせを示す概略図である。
第1の実施形態に係るカードゲームのプレイ方法における補助のカードゲームの入賞組み合わせを示す概略図である。
第1の実施形態のカードゲームのプレイ方法のゲーム手順を示すフローチャートである。
第1の実施形態において主のカードゲームへのベットが行われたテーブルの状態を示す平面図である。
第1の実施形態において補助のカードゲームへのベットが行われたテーブルの状態を示す平面図である。
第1の実施形態において主のカードゲームが進行されているテーブルの状態を示す平面図である。
第2の実施形態に係るゲーミングマシンの外観を示す斜視図である。
第2の実施形態に係るゲーミングマシンの構成を示すブロック図である。
図9のゲーミングマシンのコントローラのROMに記憶されるデータを示す概略図である。
図9のゲーミングマシンのゲーミングターミナルの構成を示すブロック図である。
図9のゲーミングマシンのコントローラのRAMに記憶されるデータを示す概略図である。
図9のゲーミングマシンの共通ディスプレイの表示を示す正面図である。
図9のゲーミングマシンのゲーミングターミナルのターミナルディスプレイの表示を示す平面図である。
ターミナルディスプレイにおいてバンカーにベットされた場合の表示例を示す平面図である。
ゲーミングターミナルのCPUの処理手順を示すフローチャートである。
ゲーミングマシンのコントローラのCPUの処理手順を示すフローチャートである。
ゲーミングマシンの共通ディスプレイにおけるベット情報の表示例を示す正面図である。
ゲーミングマシンのコントローラのCPUの処理手順を示すフローチャートである。
ゲーミングマシンの共通ディスプレイにおけるカードゲームの表示例を示す正面図である。
ゲーミングマシンの共通ディスプレイにおけるカードゲームの表示例を示す正面図である。

符号の説明

0200

10 テーブル
11 第1のエリア
12 第2のエリア
20チップ
21、22、23スペース
100ゲーミングマシン
101共通ディスプレイ
102表示画面
103 第1のウインドウ
103A 第1の表示エリア
103B 第2の表示エリア
103C 第3の表示エリア
104 第2のウインドウ
104A 第1のエリア
104B 第2のエリア
104C 第3のエリア
104D 第4のエリア
111、135、155液晶駆動回路
121 チップ投入口
122 チップ排出口
123ターミナルディスプレイ
123A 第1のベット領域
123B 第2のベット領域
123C 第3のベット領域
123D 第4のベット領域
123E 1チップボタン
123F 5チップボタン
123G 10チップボタン
123H 100チップボタン
123Iベットタイム表示領域
123Jクレジット数表示領域
123K 合計ベット数表示領域
123L前回ゲーム表示領域
123M 合計配当数表示領域

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ