図面 (/)

技術 レバーハンドル錠

出願人 長崎県村木里志
発明者 桐山有司村木里志
出願日 2006年12月28日 (13年4ヶ月経過) 出願番号 2006-353573
公開日 2008年7月17日 (11年9ヶ月経過) 公開番号 2008-163621
状態 特許登録済
技術分野 戸または窓の固定装置 錠;そのための付属具
主要キーワード ハンドルギア ハンドルガイド 搬送用車両 連接部材 測定グラフ 機構構造 レバーハンドル式 握り玉
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年7月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

健常者はもとより高齢者子ども上肢障害者にも容易にドア開閉できるレバーハンドル錠を提供する。

解決手段

水平に設置したレバーハンドル1を順に、水平を維持したまま下方へスライドさせるように動かすと、ハンドルガイド7が揺動部材5を下方へ押して、それにより揺動部材5が回転、回転した揺動部材5はスプリング6を縮めながらラッチ4を内側へ移動させ格納してドアのロック解除する。本発明の機構構造をもつレバーハンドル錠を用いることで、レバーハンドル1を握ってからドアを開閉するまでの間レバーハンドル1が水平に下方へ稼働することでラッチ4を往復動させ、手の自重によってドアを開閉することができ、筋力の負担を軽減することができた。

概要

背景

ドアノブはこれまでの握り玉式のドアノブからレバーハンドル式のドアノブに移行して、現在普及率は一般住宅の9割に及んでいる。

これまでの握り玉式のドアノブは、両手が塞がっている場合や上肢障害がある(片麻痺握力障害、指欠損障害など)または高齢者子ども等握る力が弱い場合等に、ドア開閉が困難であった。

レバーハンドル式のドアノブは、レバーによる梃子の応用で、前記の握り玉式のドアノブよりも比較的少ない力でドアを開閉できるようになったため、現在ではこのレバーハンドル式のドアノブが普及しているが、レバーハンドル式のドアノブについても、ドアノブの形状や角度またはその使用状況によって、ドアノブを保持した状態でドアを開閉するには困難を要する場合があった。

特開2003−82889号公報

概要

健常者はもとより高齢者や子ども、上肢障害者にも容易にドアを開閉できるレバーハンドル錠を提供する。水平に設置したレバーハンドル1を順に、水平を維持したまま下方へスライドさせるように動かすと、ハンドルガイド7が揺動部材5を下方へ押して、それにより揺動部材5が回転、回転した揺動部材5はスプリング6を縮めながらラッチ4を内側へ移動させ格納してドアのロック解除する。本発明の機構構造をもつレバーハンドル錠を用いることで、レバーハンドル1を握ってからドアを開閉するまでの間レバーハンドル1が水平に下方へ稼働することでラッチ4を往復動させ、手の自重によってドアを開閉することができ、筋力の負担を軽減することができた。

目的

従来のレバーハンドル式のドアノブは、水平に設置されているが、回転による解錠構造であるため、ドア開閉時にドアノブの角度が斜め下に傾き、高齢者や子ども、上肢障害者(片麻痺や握力障害、指欠損障害など)など握力や筋力が弱い使用者にとって、ドアノブの位置を斜め下に傾いた状態で保持することは困難な場合がある。また健常者においても、両手が塞がっている際などにドアを開閉する場合など、ドアノブが斜め下に傾いているため、力が逃げて滑るなどの課題があり、そのような状態を回避して、容易にドアを開閉できるドアノブの形状や機構が求められていた。本発明の課題は、健常者はもとより、高齢者や子ども、上肢障害者(片麻痺や握力障害、指欠損障害など)にも容易にドアを開閉できるレバーハンドル錠を提供することである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

水平に設置したレバーハンドル錠ドアノブを水平に維持して、下方へスライドさせる機構と、同スライド機構を介して前記レバーハンドル錠に装着されたラッチ往復動させるラッチ解錠機構とを有してなることを特徴とするレバーハンドル錠。

請求項2

上記レバーハンドル錠の、ハンドルの一端部に、同ハンドルの軸芯に直交するハンドルガイド突設して、同ハンドルガイドを前記レバーハンドル錠の本体に嵌合して、前記ハンドルガイドを前記錠本体に軸支した揺動部材の一側に当接させ、同揺動部材の他側にはレバーハンドル錠に装着されたラッチを往復動させる連接部に押接させると共に、同ラッチには一端が前記錠本体ケースに固着されたスプリングの他端を固着してなることを特徴とする請求項1に記載のレバーハンドル錠。

請求項3

上記レバーハンドル錠において、レバーハンドルの一端側面部に、該レバーハンドルの軸心に直交するハンドルガイドを突設させ、同ハンドルガイドに上下動するラック機構を前記ハンドルガイドに固着して、前記錠本体ケースに装着された前記ラック機構に嵌合する伝動ギアと、同伝動ギアの一側にはレバーハンドル錠に装着されたラッチを往復動させる連接部材に嵌合させると共に、同連接部材には、一端が前記錠本体に固着されたスプリングの他端を固着してなることを特徴とする請求項1に記載のレバーハンドル錠。

技術分野

0001

本発明は、健常者はもとより高齢者子ども及び上肢障害者にとって、従来のレバーハンドル式ドアノブよりも容易にドア開閉でき、筋力の負担を軽減した特長を有するレバーハンドル錠に関するものである。

背景技術

0002

ドアノブはこれまでの握り玉式のドアノブからレバーハンドル式のドアノブに移行して、現在普及率は一般住宅の9割に及んでいる。

0003

これまでの握り玉式のドアノブは、両手が塞がっている場合や上肢障害がある(片麻痺握力障害、指欠損障害など)または高齢者や子ども等握る力が弱い場合等に、ドアの開閉が困難であった。

0004

レバーハンドル式のドアノブは、レバーによる梃子の応用で、前記の握り玉式のドアノブよりも比較的少ない力でドアを開閉できるようになったため、現在ではこのレバーハンドル式のドアノブが普及しているが、レバーハンドル式のドアノブについても、ドアノブの形状や角度またはその使用状況によって、ドアノブを保持した状態でドアを開閉するには困難を要する場合があった。

0005

特開2003−82889号公報

発明が解決しようとする課題

0006

従来のレバーハンドル式のドアノブは、水平に設置されているが、回転による解錠構造であるため、ドア開閉時にドアノブの角度が斜め下に傾き、高齢者や子ども、上肢障害者(片麻痺や握力障害、指欠損障害など)など握力や筋力が弱い使用者にとって、ドアノブの位置を斜め下に傾いた状態で保持することは困難な場合がある。また健常者においても、両手が塞がっている際などにドアを開閉する場合など、ドアノブが斜め下に傾いているため、力が逃げて滑るなどの課題があり、そのような状態を回避して、容易にドアを開閉できるドアノブの形状や機構が求められていた。本発明の課題は、健常者はもとより、高齢者や子ども、上肢障害者(片麻痺や握力障害、指欠損障害など)にも容易にドアを開閉できるレバーハンドル錠を提供することである。

課題を解決するための手段

0007

以上のように、一般に使用されている従来のレバーハンドル式ドアノブには、未だ解決できていない課題があったため、課題解決のため鋭意取り組んだ。

0008

本発明に係るレバーハンドル錠は、水平に設置したレバーハンドル錠のドアノブを、水平状態を維持して下方へスライドさせる機構と、同スライド機構を介して、前記レバーハンドル錠に装着されたラッチ往復動させるラッチ解錠機構とを有してなるレバーハンドル錠である。つまり、レバーハンドル錠のレバーハンドルの一端部に、同レバーハンドルの軸芯に直交するハンドルガイド突設して、同ハンドルガイドを前記レバーハンドル錠の本体に嵌合して、前記ハンドルに芯を前記錠本体に軸支した揺動部材の一側に当接させ、同揺動部材の他側には、レバーハンドル錠に装着されたスプリングの他端を固着したレバーハンドル錠である。また、レバーハンドル錠において、レバーハンドルの一端側面部に、該レバーハンドルの軸心に直交するハンドルガイドを突設させ、同ハンドルガイドを上下動可能に前記錠本体に装着されたラックと、同ラックに一側が嵌合する伝動ギアと、同伝動ギアの他側には、レバーハンドル錠に装着されたラッチを往復動させる連接部材に嵌合させると共に、同連接部材には、一端が前記錠本体に固着されたスプリングの他端を固着してなるレバーハンドル錠で、従来のレバーハンドル錠のレバーハンドル式のドアノブの解錠構造を回転による解錠構造から、水平に設置したレバーハンドル式のドアノブを水平に維持した状態で、下方へスライドさせることによって、ラッチを左右に往復動させドアを解錠させる解錠構造にすることによって、健常者はもとより、高齢者や子ども、上肢障害者(片麻痺や握力障害、指欠損障害など)の解錠時の負担を軽減できることを可能にした。

発明の効果

0009

本発明は、従来のドアノブの回転による解錠構造を水平にスライドする解錠構造にすることによって、健常者はもとより、高齢者や子ども、上肢障害者(片麻痺や握力障害、指欠損障害など)の区別なく、少ない負担で解錠でき容易にドアを開閉できるレバーハンドル錠となる。

発明を実施するための最良の形態

0010

以下に本発明の実施形態について説明する。具体的には、本実施形態に係るレバーハンドル錠とその構造について説明する。

0011

本発明に係るレバーハンドル錠は、水平に設置したレバーハンドル式のドアノブを水平に維持した状態で、下方へスライドさせることによって、ラッチを左右に往復動させ、ドアを解錠させる機構を持ち、解錠の負担を軽減できることを特徴とするレバーハンドル錠である。

0012

このレバーハンドル錠は従来のドアに設置でき、取り付け方法及び取り付け位置についても、従来のモジュールを変更することなく設置可能であり、対象に応じて調整可能である。また、ドアノブの材料は、金属、プラスチック木質陶磁器等、様々な材料で構成できる。

0013

次に本発明の実施例を示すが、本発明はもとより下記実施例によって何ら制限を受けるものではなく、前後記の趣旨に適合し得る範囲で、適切に変更を加えて実施することも勿論可能であり、それらはいずれも本発明の技術的範囲に含まれる。

0014

図1は本発明の実施例1に係わる平面図、図2はその立面図図3図4図5はドアノブの動作説明図で、図3はラッチが閉じている状態を示す説明図、図4は解錠のためドアノブを動かしている状態を示す説明図、図5はラッチを解錠した状態を示す説明図である。これらの図は本発明に係わる原理図である。これらの図において、1はレバーハンドル、2は錠本体ケース、3はカバー、4はラッチ、5は揺動部材(伝動ギア)、6はスプリング、7はハンドルガイド、8はラッチガイド(連接部材)である。揺動部材5は錠本体ケース2に軸支させ、ハンドルガイド7、ラッチガイド8は錠本体ケース2に設けた溝穴に沿って嵌挿させて稼動する。図3から図5に図示するように、水平に設置したレバーハンドル1を順に、水平を維持したまま下方へスライドさせるように動かすと、ハンドルガイド7が揺動部材5を下方へ押して、それにより揺動部材5が回転、回転した揺動部材5はスプリング6を縮めながらラッチ4を内側へ移動させ格納してドアのロック解除する。本発明の機構構造をもつレバーハンドル錠を用いることで、レバーハンドル1を握ってからドアを開閉するまでの間レバーハンドル1が水平に下方へ稼働することでラッチ4を往復動させ、手の自重によってドアを開閉することができ、筋力の負担を軽減することができた。

0015

図6は本発明の実施例2に係わる平面図、図7はその立面図、図8図9、図10はドアノブ1の動作説明図で、図8はラッチ4が閉じている状態を示す説明図、図9は解錠のためレバーハンドル1を動かしている状態を示す説明図、図10はラッチ4を解錠した状態を示す説明図である。これらの図は本発明に係わる原理図である。これらの図において、9はラッチギアプレート、10はハンドルギアプレートである。本実施例が前記実施例1と異なる点は、伝動ギア5をラックアンドピニオンの嵌合構造としたことである。レバーハンドル1を水平に設置した状態から下方へ水平のままハンドルガイド7を錠本体ケース2に設けた溝穴に沿って稼動させ、それによりレバーハンドル1に連結させたハンドルギアプレート10が下方へ移動する際にハンドルギアプレート10に噛合する伝動ギア5が同ギアに噛合するラッチギアプレート9を連動させ、連動することでラッチガイド8が錠本体ケース2に設けた溝穴に沿って移動しながらラッチ4を内側へ移動させ格納してドアのロックを解除する。本発明の機構構造を有するレバーハンドル錠を用いることで、レバーハンドル1を握ってからドアを開閉するまでの間レバーハンドル1が水平に下方へ稼働することでラッチ4を往復動させ、手の自重によってドアを開閉することができ、筋力の負担を軽減することができた。

実証例1

0016

本発明では、人間工学評価方法を用いて、レバーハンドル錠について、ドアノブの角度が15°間隔で-30°から75°まで8段階調整ができるドアのモデル製作して、主観調査及び筋電図の測定を行った。使用したレバーハンドル錠の解錠角度は30°である。図11はレバーハンドル錠についての主観調査結果のグラフである。図11に示す角度は設置時の角度で、0°は従来のレバーハンドル錠と同じ水平に設置してあるものである。図示するようにドアノブ1を握る際には、ドアノブ1の角度が0°(水平)のものが、70.1%で最も握りやすいと感じており、また、ドアを押して開ける際には、ドアノブ1の角度が30°(ドアを開場して押す時に水平)のものが70.1%と最も押しやすいと感じている。主観調査の結果から、ドアを開閉する際にドアノブ1の角度が水平であることが、最も使いやすいと感じていることがわかった。

実証例2

0017

図12はレバーハンドル錠についての筋電図の測定グラフである。図12には、ドアを押して開く際の上腕三頭筋における筋電量の最大値圧力センサーによる握圧量を示す。図12に図示するように筋電量ではドアノブ1の角度が30°(押す時に水平)のものが0.1649Vと最も筋電量が少なく、握圧量もドアノブ1の角度が30°(押す時に水平)のものが0.6827Vと最も握圧量が少ないという結果であった。筋電図の測定から、ドアを開閉する際にドアノブ1の角度が水平であることが、最も身体に負担が少ないことがわかった。

0018

家庭建物用のレバーハンドル錠のほか、搬送用車両等のレバーハンドル錠にも適応できる。

図面の簡単な説明

0019

本発明に係る実施例1を示す平面図である。
本発明に係る実施例1を示す立面図である。
本発明に係る実施例1を示すドアノブの構造説明図である。
本発明に係る実施例1を示すドアノブの構造説明図である。
本発明に係る実施例1を示すドアノブの構造説明図である。
本発明に係る実施例2を示す平面図である。
本発明に係る実施例2を示す立面図である。
本発明に係る実施例2を示すドアノブの構造説明図である。
本発明に係る実施例2を示すドアノブの構造説明図である。
本発明に係る実施例2を示すドアノブの構造説明図である。
本発明に係る主観調査のグラフである。
本発明に係る筋電図の測定グラフである。

符号の説明

0020

1レバーハンドル
2錠本体ケース
3カバー
4ラッチ
5揺動部材(伝動ギア)
6スプリング
7ハンドルガイド
8ラッチガイド(連接部材)
9ラッチギアプレート
10ハンドルギアプレート

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社サンライズプロジェクトの「 ドア用取手消毒装置」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】ドア自体に改造を施す必要がなく、設置作業性に優れ、人の出入りに合わせて確実に取手を消毒して清潔に保つことができるドア用取手消毒装置を提供する。【解決手段】ドア11が設けられた壁体13の取手側方... 詳細

  • ケージーエス株式会社の「 電気錠」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】小型でありながら、解錠方向に大きな負荷がある状態でも、微小な電力で解錠可能であり、連続通電での使用で高温にならない電気錠を提供する。【解決手段】扉側に取付けられた受座が押し込まれることで軸を中... 詳細

  • 三井金属アクト株式会社の「 開閉システム」が 公開されました。( 2020/02/13)

    【課題】車両ドアの開扉までの待機時間の短縮と共に、システムの利便性を高めることが可能な開閉システムを提供する。【解決手段】開閉システム3は、車両ボディ11の周囲の第1エリアA1に進入した車両ユーザHを... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ