図面 (/)

技術 フマル酸誘導体およびそれを用いた眼用レンズ

出願人 株式会社メニコンネクト国立大学法人三重大学
発明者 伊藤敬人宇野貴浩大西正人加藤安幸大津崇
出願日 2007年6月29日 (13年5ヶ月経過) 出願番号 2007-173136
公開日 2008年7月10日 (12年5ヶ月経過) 公開番号 2008-156334
状態 特許登録済
技術分野 メガネ 光学要素・レンズ 第4族元素を含む化合物及びその製造 付加系(共)重合体、後処理、化学変成
主要キーワード 置喚基 含水後 汚れ付着防止 水和処理後 ナイロンシート 耐汚れ付着性 切削研磨 フマル酸アミド
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年7月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (1)

課題

本発明はフマル酸誘導体およびそれを用いた眼用レンズに関する。さらに詳しくは、同一分子内に親水基シリコン含有アルキル基を有するフマル酸ジエステルであって、それを用いたコンタクトレンズまたは眼内レンズに関する。

解決手段

本発明のフマル酸誘導体は、分子構造中にシリコン含有アルキルを有することにより優れた酸素透過性を与え、他方親水性置換基を同一分子内に有することにより、他の親水性モノマーとの相溶性を向上させることができる。また、当該フマル酸誘導体を含有するモノマー組成物重合することにより得られる眼用レンズを、たとえば含水性レンズとして構成した場合には、併用する親水性モノマーとの相溶性に優れ、種々の混合比による組み合わせが可能で、含水率に依存しない高度の酸素透過性および透明性に優れたレンズが得られる。

概要

背景

医療用材料、特にコンタクトレンズまたは眼内レンズなどの眼用レンズ材料の分野において、その素材として用いることができる各種モノマーが検討されている。中でもフマル酸エステル系については、レンズに加工したときの透明性、機械的強度酸素透過性などに優れた物性を示すことから、従来より多くの提案がなされている。これらの物性はそれぞれ眼用レンズ生体直接接触して使用されるという関係ゆえに、その材料として用いられる物質が備えていなければならないとも言うべき特性である。

フマル酸は、白色の結晶性粉末であり食品添加剤医薬原料浴用剤などとして工業的に広く用いられている物質である。その化学構造式不飽和結合を有する炭化水素基を挟んでカルボキシル基を2個有しており、このカルボキシル基にエステル結合により種々の置換基を導入することによって、フマル酸エステル系のコンタクトレンズ原料モノマーとして研究されてきた。たとえば置換基に直鎖または分岐アルキルシクロアルキルなどの疎水性アルキルを有するジアルキルフマレートについては、特許文献1、特許文献2、特許文献3などに、ホスホリルコリン基ヒドロキシアルキル基などの親水性置換基を導入したものについては、特許文献4、特許文献5、特許文献6などにおいて開示されている。また、シリコン含有アルキルを有するジ(シリコン含有アルキル)フマレートについては特許文献7、特許文献8、特許文献9などに、フッ素置換アルキル基を有するジ(フルオロアルキル)フマレートについては特許文献8にそれぞれ開示されている。

前記各種フマレートは置換基が基本的に同一の、いわゆる対称型である。これらのフマレートは主に酸素透過性の向上を目的として合成され、実際優れた特性を発揮している。一方、前記各公報中にも一部開示されているが、置換基が相異なるいわゆる非対称型についても研究され、たとえばシリコン含有アルキルとフルオロアルキルとを有するフマレート(特許文献10など)や、直鎖・分岐または環状アルキルポリオキシエチレン鎖とを有するフマレート(特許文献11など)、炭素数1〜20のアルキルとホスホリルコリンを有するフマレート(特許文献12など)をコンタクトレンズに用いた例がある。

これらは、コンタクトレンズとして使用したときに必要な角膜への酸素供給を促進するだけでなく、適度な水濡れ性光学材料としての透明性および、生体適合性耐汚れ付着性などをも目的として、開発されているものである。

ところで、前記各公報により提案されているフマル酸エステルは、優れた酸素透過性を有するレンズ材料を提供することができるにもかかわらず、市場においては、シリコン含有メタクリレートもしくはポリジメチルシロキサンマクロマーを用いたレンズ材料にその主流を譲っているのが現状である。コンタクトレンズ分野は、大きく分けて酸素透過性ハードレンズ、含水性ソフトコンタクトレンズ、そして近年上市されたシリコーンハイドロゲルソフトコンタクトレンズがあるが、酸素透過性ハードレンズやシリコーンハイドロゲルソフトコンタクトレンズにはシリコン含有メタクリレートもしくは前記マクロマーなどが用いられており、含水性ソフトコンタクトレンズにはアクリルアミド系モノマーやN−ビニルラクタム、2−ヒドロキシメチルメタクリレート、メタクリル酸などが用いられているのである。

このようにフマル酸エステルを実際に採用したレンズがなかなか製品化されない理由は、それを特定することは必ずしも適切ではないが、一つにはフマル酸エステル単独で用いるには原料コストが高くつき、他の汎用モノマーと組み合わせて用いるには、モノマー同士の相溶性に問題があることがあげられる。すなわち、酸素透過性を向上させるにはシリコン含有アルキルを置喚基に有するフマル酸エステルを多量に用いることが望ましいが、レンズ材料の適度な水濡れ性を保証するためには、親水性モノマーを共重合させる必要がある。しかし、一般的にシリコン含有アルキルフマレートは親水性モノマーとの相溶性が良くないため、限られた組成比での使用に制限されるし、また含水性ソフトコンタクトレンズを得ようとする場合には、元々相溶性に問題があるだけでなく、併用するモノマー相互の重合反応性に差があるために均一なポリマーが得難く、特に含水後白濁するなどの問題が生じやすいことがあげられる。

特公平2−50450号公報
特公平6−85030号公報
特公平8−23630号公報
特許第3240696号明細書
特許第3227811号明細書
特許第3612349号明細書
特公平6−77115号公報
特許第3050586号明細書
特許第3453224号明細書
特公平6−25832号公報
特開平4−335007号公報
国際公開第97/8177号パンフレット

概要

本発明はフマル酸誘導体およびそれを用いた眼用レンズに関する。さらに詳しくは、同一分子内に親水基シリコン含有アルキル基を有するフマル酸ジエステルであって、それを用いたコンタクトレンズまたは眼内レンズに関する。本発明のフマル酸誘導体は、分子構造中にシリコン含有アルキルを有することにより優れた酸素透過性を与え、他方親水性置換基を同一分子内に有することにより、他の親水性モノマーとの相溶性を向上させることができる。また、当該フマル酸誘導体を含有するモノマー組成物を重合することにより得られる眼用レンズを、たとえば含水性レンズとして構成した場合には、併用する親水性モノマーとの相溶性に優れ、種々の混合比による組み合わせが可能で、含水率に依存しない高度の酸素透過性および透明性に優れたレンズが得られる。なし

目的

本発明の目的は、前記従来技術に鑑みてなされたものであり、フマル酸誘導体モノマーを用いた場合の優れた特徴である透明性、機械的強度、酸素透過性などの利点を生かしつつ、他の併用モノマー特に親水性モノマー類との相溶性を向上させることのできる新規なフマル酸誘導体およびそれを用いたコンタクトレンズまたは眼内レンズなどの眼用レンズを提供することである。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

一般式(1)で表される親水基(R)およびシリコン含有アルキル基を有するフマル酸誘導体。[式中、Y1はOまたはNR1(R1は水素炭素数1〜3のアルキル基アリール基の群から選ばれる基)であり;Rは炭素数1〜10のヒドロキシアルキル基、−(CH2CH2O)m−A基(mは1〜10の整数、Aは水素、メチルまたはエチルを示す)、下記式:(nは1〜3の整数)から選択される基であり;Y2は直鎖または分岐の炭素数3〜10のアルキレンフェニレンシクロヘキシレン、−(CH2CH2O)o−CH2CH2CH2−基(oは1〜10の整数)、下記式:で示される基であり;X1、X2、X3はそれぞれ独立にメチル基トリメチルシロキシ基Si原子が18個以下のオルガノシロキシ基を示す]

請求項2

請求項1記載のフマル酸誘導体を含む組成物重合して得られることを特徴とする眼用レンズ

請求項3

請求項1記載のフマル酸誘導体10〜80重量%と他の共重合成分90〜20重量%を重合させてなる共重合体からなる請求項2記載の眼用レンズ。

請求項4

前記他の共重合成分が、前記請求項1記載のフマル酸誘導体以外のフマル酸ジエステルフマル酸ジアミドフマル酸アミドエステル、Nビニルラクタム、N,N−ジアルキルメタアクリルアミドヒドロキシルエチル(メタ)アクリル酸エステルから選択された一種以上の重合成分であることを特徴とする請求項3記載の眼用レンズ。

請求項5

一般式(1)で表される親水基(R)およびシリコン含有アルキル基を有するフマル酸誘導体と、[式中、Y1はOまたはNR1(R1は水素、炭素数1〜3のアルキル基、アリール基の群から選ばれる基)であり;Rは炭素数1〜10のヒドロキシアルキル基、−(CH2CH2O)m−A基(mは1〜10の整数、Aは水素、メチルまたはエチルを示す)、下記式:(nは1〜3の整数)から選択される基であり;Y2は直鎖または分岐の炭素数3〜10のアルキレン、フェニレン、シクロヘキシレン、−(CH2CH2O)o−CH2CH2CH2−基(oは1〜10の整数)、下記式:で示される基であり;X1、X2、X3はそれぞれ独立にメチル基、トリメチルシロキシ基、Si原子が18個以下のオルガノシロキシ基を示す]、メタクリル酸を含む組成物を重合させてなる眼用レンズ。

請求項6

メタクリル酸の含有量が1〜7重量%である、請求項5記載の眼用レンズ。

請求項7

メタクリル酸の含有量が3〜5重量%である、請求項5記載の眼用レンズ。

請求項8

さらに他の共重合成分を90〜20重量%を含んでなる請求項5〜7のいずれかに記載の眼用レンズ。

請求項9

前記他の共重合成分が、前記請求項1記載のフマル酸誘導体以外のフマル酸ジエステル、フマル酸ジアミド、フマル酸アミドエステル、Nビニルラクタム、N,N−ジアルキル(メタ)アクリルアミド、ヒドロキシルエチル(メタ)アクリル酸エステルから選択された一種以上の重合成分であることを特徴とする請求項8記載の眼用レンズ。

技術分野

0001

本発明はフマル酸誘導体およびそれを用いた眼用レンズに関する。さらに詳しくは、同一分子内に親水基シリコン含有アルキル基を有するフマル酸誘導体であって、それを用いたコンタクトレンズまたは眼内レンズに関する。

背景技術

0002

医療用材料、特にコンタクトレンズまたは眼内レンズなどの眼用レンズ材料の分野において、その素材として用いることができる各種モノマーが検討されている。中でもフマル酸エステル系については、レンズに加工したときの透明性、機械的強度酸素透過性などに優れた物性を示すことから、従来より多くの提案がなされている。これらの物性はそれぞれ眼用レンズが生体直接接触して使用されるという関係ゆえに、その材料として用いられる物質が備えていなければならないとも言うべき特性である。

0003

フマル酸は、白色の結晶性粉末であり食品添加剤医薬原料浴用剤などとして工業的に広く用いられている物質である。その化学構造式不飽和結合を有する炭化水素基を挟んでカルボキシル基を2個有しており、このカルボキシル基にエステル結合により種々の置換基を導入することによって、フマル酸エステル系のコンタクトレンズ原料モノマーとして研究されてきた。たとえば置換基に直鎖または分岐アルキルシクロアルキルなどの疎水性アルキルを有するジアルキルフマレートについては、特許文献1、特許文献2、特許文献3などに、ホスホリルコリン基ヒドロキシアルキル基などの親水性置換基を導入したものについては、特許文献4、特許文献5、特許文献6などにおいて開示されている。また、シリコン含有アルキルを有するジ(シリコン含有アルキル)フマレートについては特許文献7、特許文献8、特許文献9などに、フッ素置換アルキル基を有するジ(フルオロアルキル)フマレートについては特許文献8にそれぞれ開示されている。

0004

前記各種フマレートは置換基が基本的に同一の、いわゆる対称型である。これらのフマレートは主に酸素透過性の向上を目的として合成され、実際優れた特性を発揮している。一方、前記各公報中にも一部開示されているが、置換基が相異なるいわゆる非対称型についても研究され、たとえばシリコン含有アルキルとフルオロアルキルとを有するフマレート(特許文献10など)や、直鎖・分岐または環状アルキルポリオキシエチレン鎖とを有するフマレート(特許文献11など)、炭素数1〜20のアルキルとホスホリルコリンを有するフマレート(特許文献12など)をコンタクトレンズに用いた例がある。

0005

これらは、コンタクトレンズとして使用したときに必要な角膜への酸素供給を促進するだけでなく、適度な水濡れ性光学材料としての透明性および、生体適合性耐汚れ付着性などをも目的として、開発されているものである。

0006

ところで、前記各公報により提案されているフマル酸エステルは、優れた酸素透過性を有するレンズ材料を提供することができるにもかかわらず、市場においては、シリコン含有メタクリレートもしくはポリジメチルシロキサンマクロマーを用いたレンズ材料にその主流を譲っているのが現状である。コンタクトレンズ分野は、大きく分けて酸素透過性ハードレンズ、含水性ソフトコンタクトレンズ、そして近年上市されたシリコーンハイドロゲルソフトコンタクトレンズがあるが、酸素透過性ハードレンズやシリコーンハイドロゲルソフトコンタクトレンズにはシリコン含有メタクリレートもしくは前記マクロマーなどが用いられており、含水性ソフトコンタクトレンズにはアクリルアミド系モノマーやN−ビニルラクタム、2−ヒドロキシメチルメタクリレート、メタクリル酸などが用いられているのである。

0007

このようにフマル酸エステルを実際に採用したレンズがなかなか製品化されない理由は、それを特定することは必ずしも適切ではないが、一つにはフマル酸エステル単独で用いるには原料コストが高くつき、他の汎用モノマーと組み合わせて用いるには、モノマー同士の相溶性に問題があることがあげられる。すなわち、酸素透過性を向上させるにはシリコン含有アルキルを置喚基に有するフマル酸エステルを多量に用いることが望ましいが、レンズ材料の適度な水濡れ性を保証するためには、親水性モノマーを共重合させる必要がある。しかし、一般的にシリコン含有アルキルフマレートは親水性モノマーとの相溶性が良くないため、限られた組成比での使用に制限されるし、また含水性ソフトコンタクトレンズを得ようとする場合には、元々相溶性に問題があるだけでなく、併用するモノマー相互の重合反応性に差があるために均一なポリマーが得難く、特に含水後白濁するなどの問題が生じやすいことがあげられる。

0008

特公平2−50450号公報
特公平6−85030号公報
特公平8−23630号公報
特許第3240696号明細書
特許第3227811号明細書
特許第3612349号明細書
特公平6−77115号公報
特許第3050586号明細書
特許第3453224号明細書
特公平6−25832号公報
特開平4−335007号公報
国際公開第97/8177号パンフレット

発明が解決しようとする課題

0009

本発明の目的は、前記従来技術に鑑みてなされたものであり、フマル酸誘導体モノマーを用いた場合の優れた特徴である透明性、機械的強度、酸素透過性などの利点を生かしつつ、他の併用モノマー特に親水性モノマー類との相溶性を向上させることのできる新規なフマル酸誘導体およびそれを用いたコンタクトレンズまたは眼内レンズなどの眼用レンズを提供することである。

課題を解決するための手段

0010

そして、本発明にあっては上記課題を解決するために鋭意検討を行った結果、フマル酸のカルボキシル基の一方に親水性置換基、他方にシリコン含有アルキルを導入することにより、前記目的を達成できることを見いだし、本発明を完成するにいたった。

0011

すなわち本発明は、下記一般式(1)で表される親水基(R)およびシリコン含有アルキル基を有するフマル酸誘導体および、それを含む組成物を重合して得られることを特徴とする眼用レンズに関する。

0012

[式中、Y1はOまたはNR1(R1は水素、炭素数1〜3のアルキル基アリール基の群から選ばれる基)であり;
Rは炭素数1〜10のヒドロキシアルキル基、−(CH2CH2O)m−A基(mは1〜10の整数、Aは水素、メチルまたはエチルを示す)、下記式:



(nは1〜3の整数)から選択される基であり;
Y2は直鎖または分岐の炭素数3〜10のアルキレンフェニレンシクロヘキシレン、−(CH2CH2O)o−CH2CH2CH2−基(oは1〜10の整数)、下記式:



のいずれか1つで示される基であり;
X1、X2、X3はそれぞれ独立にメチル基トリメチルシロキシ基Si原子が18個以下のオルガノシロキシ基を示す]

発明の効果

0013

本発明のフマル酸誘導体は、分子構造中にシリコン含有アルキルを有することにより優れた酸素透過性を与え、他方親水性置換基を同一分子内に有することにより、他の親水性モノマーとの相溶性を向上させることができた。また、当該フマル酸誘導体を含有するモノマー組成物を重合することにより得られる眼用レンズは、ハードレンズとして構成した場合には高度の酸素透過性のみならず、表面親水性が高いレンズ材とすることができ、一方含水性レンズとして構成した場合には、併用する親水性モノマーとの相溶性に優れ、種々の混合比による組み合わせが可能で、含水率に依存しない高度の酸素透過性を満足させることができる。

0014

さらに、本発明の眼用レンズは、濡れ性および離脱性にもすぐれている。

発明を実施するための最良の形態

0015

以下、本発明のフマル酸誘導体およびその合成方法についてさらに詳細に説明する。本発明のフマル酸誘導体は、一般式(1):



[式中、Y1はOまたはNR1(R1は水素、炭素数1〜3のアルキル基、アリール基の群から選ばれる基)であり;
Rは炭素数1〜10のヒドロキシアルキル基、−(CH2CH2O)m−A基(mは1〜10の整数、Aは水素、メチルまたはエチルを示す)、下記式:



(nは1〜3の整数)から選択される基であり;
Y2は直鎖または分岐の炭素数3〜10のアルキレン、フェニレン、シクロヘキシレン、−(CH2CH2O)o−CH2CH2CH2−基(oは1〜10の整数)、下記式:



のいずれか1つで示される基であり;
X1、X2、X3はそれぞれ独立にメチル基、トリメチルシロキシ基、Si原子が18個以下のオルガノシロキシ基を示す]で示される。

0016

前記一般式(1)のR−Y1−はフマル酸の一方のカルボキシル基に、親水性の置換基を導入したものであり、Y1が酸素(O)であるときはアルコール類とのエステル結合により、また−NR1−であるときは、一級ないし二級アミン類とのアミド結合を形成して親水性の置換基を導入するものである。このエステル結合やアミド結合はそれ自体で化合物に若干の親水性を付与するが、それに引き続く置換基Rによってさらに親水化を向上させる。

0017

前記Rの炭素数1〜10のヒドロキシアルキル基の例としては、2−ヒドロキシエチル、2−ヒドロキシプロピル、2−ヒドロキシブチル、5−ヒドロキシデカリル、6−ヒドロキシデカリルなどの−OHを1つ有するアルキルや、ジヒドロキシプロピルジヒドロキシブチル、トリヒドロキシプロピル、トリヒドロキシブチル、テトラヒドロキシペンチル、ペンタヒドロキシヘキシルヘキサヒドロシヘプチルなどの分子内に−OHを2個以上有するアルキルがあげられる。また、−(CH2CH2O)m−A基(mは1〜10の整数、Aは水素、メチルまたはエチルを示す)の例としては、ジエチレングリコールトリエチレングリコールテトラエチレングリコールノナエチレングリコール、2−メトキシエチレン、2−エトキシエチレン、ジエチレングリコールメチルエーテル、トリエチレングリコールメチルエーテルなどが上げられる。これらのうち、合成反応容易性、精製工程の簡略化などの理由から、2-ヒドロキシエチル、2−メトキシエチレン、ジエチレングリコール、(2−メトキシエトキシ)エチレン、トリエチレングリコール、[2−(2−メトキシエトキシ)エトキシ]エチレンが好ましい。これらは市販品として入手が容易でもあり、コスト低減を図ることができる。

0018

一般式(1)におけるY2は、フマル酸のカルボキシル基とシリコン含有アルキルとを結合する基である。ここで、直鎖または分岐の炭素数3〜10のアルキレンとしては、プロピレン、n−ブチレン、ペンチレンヘキシレンイソプロピレンイソブチレンなどがあげられる。また前記以外にフェニレンやシクロヘキシレン、−(CH2CH2O)o−CH2CH2CH2−基(oは1〜10の整数)、あるいは下記式:



のいずれか1つで示される基であってもよい。これらは通常シリコン含有アルキルに結合してフマル酸に同時に導入されるので、シリコン含有アルキルの選択に際して適宜決定されるが、プロピレンによるものが一般的であり、入手しやすいものでもある。

0019

前記式(1)のX1、X2、X3は、それぞれ独立にメチル、トリメチルシロキシペンタメチルジシロキシメチルビス(トリメチルシロキシ)シロキシトリス(ペンタメチルシロキシ)シロキシ、トリメチルシロキシジメチルシロキシ、メチルビス(トリメチルシロキシ)シロキシ、モノ[メチルビス(トリメチルシロキシ)シロキシ]ビス(トリメチルシロキシ)シロキシ、トリス[メチルビス(トリメチルシロキシ)シロキシ]シロキシ、モノ[メチルビス(トリメチルシロキシ)シロキシ]ビス(トリメチルシロキシ)シロキシ、ノナメチルテトラシロキシ、ペンタデカメチルヘプタシロキシ、ヘプタサメチルトリデカシロキシ、トリス(ペンタメチルジシロキシ)シロキシ、ノナメチルテトラシロキシウンデシルメチルペンタシロキシ、ノナキス(トリメチルシロキシ)テトラシロキシ、などのSi原子が18個以下のオルガノシロキシ基があげられる。また、オルガノシロキシ基の末端がメチル、エチル、ブチル、アミルなどのアルキルや、これらの水素がフッ素置換されたアルキルであっても良い。前記例示のうちで、入手が容易な点で、トリメチルシロキシ基が好ましい。

0020

本発明のフマル酸誘導体は一例として以下の反応により合成することができる。まず、無水マレイン酸と親水性置換基として導入したい置換基を有するアルコールもしくは多価アルコールとを開環付加反応してマレイン酸モノエステルを得る。得られたマレイン酸モノエステルに塩化チオニルの存在下でフマル酸モノエステル異性化し、さらに該フマル酸モノエステルをクロライド化する(参照特開平9−77861号、特開2002−265417号など)。こうして得られたフマル酸モノエステルクロライドと、シリコン含有アルキル基を有するアルコールとを反応させて目的とするフマル酸ジエステルを合成するものである。

0021

より具体的には、下反応式に示す合成経路を採用することができる。

0022

0023

前記アルコールもしくは多価アルコールの例としては、2−メトキシエタール、2(2−メトキシエトキシ)エタノール、2−[2−(2−メトキシエトキシ)エトキシ]エタノール、1−メトキシ−2−プロパノール、2(2−メトキシプロポキシプロパノール、3−メトキシ−3−メチル−1−ブタノール、4−メトキシ−4−メチル−2−ペンタノールメトキシフェノール、2−メトキシ−4−メチルフェノール、4−メトキシベンジルアルコール、2−エトキシエタノール、2(2−エトキシエトキシ)エタノール、2−(ジメチルアミノ)エタノール、2−(2−オキソピロリジニル)エタノールなどのアルコール類の他、エチレングリコール、プロピレングリコール、ジエチレングリコール、ジプロピレングリコール、1,3−ブタンジオール、1,4−ブタンジオール、1,6−ヘキサンジオールなどの多価アルコールがあげられる。また、無水マレイン酸とアミド結合を形成して開環付加反応を形成するものとして、2−メトキシエチルアミン、3−メトキシブチルアミンなどのアミン類を用いることもできる。これらのうち入手が容易でコストの観点から、2−メトキシエタール、2(2−メトキシエトキシ)エタノール、2−[2−(2−メトキシエトキシ)エトキシ]エタノール、ヒドロキシエチルピロリドンが好ましい。

0024

この無水マレイン酸の開環付加反応は容易に進行するが、上記アルコールなどは、無水マレイン酸1モルに対して0.8〜1.2のモル比の範囲、さらに好ましくは0.9〜1.1の範囲で用いることが望ましい。モル比0.8未満では反応の収率が低下し、モル比1.2より多くすると副反応が起こりやすいからである。また反応時の温度は40〜150℃の範囲が、反応時間は、1〜6時間の範囲が好ましい。前記温度未満では反応の進行が遅く、前記温度より高いと副反応が起こりやすいからである。この時反応を均一に進行させるためにテトラヒドロフラントルエンベンゼンアセトン酢酸エチルジエチルエーテルイソプロピルエーテルなどの反応溶媒や、トリエチルアミンをはじめとする三級アミン類などの反応触媒を適量用いることが好ましい。

0025

次いで異性化反応に用いる塩化チオニルは、後工程のフマル酸のクロライド化反応にも兼用される。この使用量としては、マレイン酸モノエステル1モルに対して2〜10のモル比の範囲、さらに好ましくは3〜5の範囲で用いることが望ましい。モル比2未満では反応の収率が低下し、モル比10より多くすると副反応が起こりやすいからである。また反応時の温度は20〜110℃の範囲が、反応時間は、1〜6時間の範囲が好ましい。前記温度未満では反応の進行が遅く、前記温度より高いと副反応が起こりやすいからである。

0026

こうしてフマル酸モノエステルクロライドを得た後、必要であれば過剰の塩化チオニルは減圧などにより留去して反応系より除く。次いで、もう一つの置換基であるシリコン含有アルキル基を導入する目的により、前記酸クロライドと反応させるためのシリコン含有アルキル基を有するアルコールを添加する。

0027

このシリコン含有アルキル基を有するアルコールの具体例としては、2−トリメチルシリルエタノール、3−トリメチルシリルプロパノール、3−ペンタメチルジシロキサニルプロパノール、3−ヘプタメチルトリシロキサニルプロパノール、3−ビス(トリメチルシロキシ)シリルプロパノール、3−トリス(トリメチルシロキシ)シリルプロパノール、4−トリス(トリメチルシロキシ)シリルブタノール、5−トリス(トリメチルシロキシ)シリルペンタノール、3−トリス(トリメチルシロキシ)シリルプロピル−3−フェノール、3−トリス(トリメチルシロキシ)シリルプロピル−3−シクロヘキサノールなどの他、3−トリス(トリメチルシロキシ)シリルプロピルに−(CH2CH2O)o−CH2CH2CH2−基(oは1〜10の整数)、あるいは下記式のいずれか1つを



を介して末端水酸基を有する化合物があげられる。これらは、目的とする酸素透過性や、原料コストなどを考慮して適宜選択すればよいが、3−トリス(トリメチルシロキシ)シリルプロパノールが特に好ましい。

0028

前記酸クロライドと反応させるためのシリコン含有アルキル基を有するアルコールを添加するに際して、反応を均一に進めるために溶媒を添加したり、触媒としての三級アミンを添加するのが好ましい。これら溶媒の例としては、テトラヒドロフランやベンゼン、トルエン、ヘキサン、アセトン、酢酸エチル、ジエチルエーテル、イソプロピルエーテル、クロロホルム塩化メチレンなどが、三級アミンとしてはトリエチルアミンなどがあげられる。三級アミンの使用量としては、フマル酸クロリド1モルに対して1.0〜2.0のモル比の範囲、さらに好ましくは1.2〜1.5の範囲で用いることが望ましい。

0029

また、前記酸クロライドとシリコン含有アルキル基を有するアルコールとの混合比は、酸クロライド1モルに対して0.5〜1.5の範囲が好ましい。1.5より多いまたは、0.5より少ないと目的化合物生成量が少ないという問題が生じ得るからである。なお、反応温度ならびに反応時間は、−10〜20℃と1〜6時間であり、好ましくは0〜5℃と1〜2時間である。

0030

前記異性化方法については、前記塩化チオニルを用いる以外に、シス−トランス異性化触媒として、フッ素塩素臭素ヨウ素などのハロゲンp−トルエンスルホン酸などの有機酸アセチルクロリドベンゼンスルホニルクロリドピペリジンモルフォリンジエチルアミンのような塩基トリエチルホスフェイトトリフェニルホスフィンなどのリン化合物チオ尿素などを用いる方法(特開昭58−18335号参照)や、テトラメチルアンモニウムブロミドテトラエチルアンモニウムブロミドなどの4級アンモニウムを用いる方法(特開昭60−181047号参照)、ルテニウムロジウムパラジウムイリジウム白金などを異性化触媒として用いる方法(再公表WO01/060780号参照)などがある。さらに、リチウムナトリウムなどのアルカリ金属ジブチル錫オキシドジブチル錫ジアセテートなどの有機金属化合物を触媒として用いたエステル交換反応による方法(特開平9−255622号参照)をも例示することができる。いずれの方法を採用するかは目的とするフマル酸ジエステルの収率や製造コストを考慮して選択すればよいが、塩化チオニルを用いる方法を採用した方が、フマル酸クロリドの溶媒に対する溶解性が高いこと、続くエステル化反応、あるいはアミド化反応を均一系で行えるとの理由により本発明の非対称型のフマル酸ジエステルを合成する上で都合が良い。

0031

上記工程により得られたフマル酸ジエステルは、メタクリル酸と組合せ使用することによって、眼用レンズの涙濡れ性や離脱性を改善させることができる。メタクリル酸の使用量は、通常1〜7重量%であり、好ましくは3〜5重量%である。

0032

なお、本発明において眼用レンズ製造のために使用される前記組成物においては、さらに他の共重合可能なモノマーと組み合わせることもできる。

0033

以下コンタクトレンズ材料を例に記載するが、基本的に眼内レンズとして用いることも可能である。

0034

コンタクトレンズとしては酸素透過性ハードコンタクトレンズとしての用途と、含水性ソフトコンタクトレンズとしての用途などが考えられ、それぞれの用途に応じて組み合わせる他のモノマー並びに組成比が変更される。いずれの用途であっても、本発明のフマル酸ジエステル以外に架橋成分として多官能メタアクリレートを用いることが好ましい。レンズとしての機械的強度ならびに未反応モノマーなどの溶出を防止するためである。具体的には、エチレングリコールジ(メタ)アクリレート、ジエチレングリコールジ(メタ)アクリレート、トリエチレングリコールジ(メタ)アクリレート、アリル(メタ)アクリレート、ジアリルフタレートトリメチロールプロパントリメタクリレートジビニルベンゼンなどがあげられ、これらのうちから1種以上を選択して使用するのが好ましい。また、その使用量は全モノマー混合物の100重量部に対して0.01〜10重量部の範囲が好ましい。

0035

そしてハードコンタクトレンズとして用いる場合には、本発明のフマル酸ジエステル以外にこれと共重合可能なモノマー成分として、トリフルオロエチル(メタ)アクリレート、テトラフルオロエチル(メタ)アクリレート、ペンタフルオロプロピル(メタ)アクリレート、ヘキサフルオロプロピル(メタ)アクリレート、ヘキサフルオロブチル(メタ)アクリレートなどのフッ素置換アルキル(メタ)アクリレートがあげられ、これらのうちから1種以上を選択して使用するのが好ましい。これらのフッ素系モノマーはコンタクトレンズへの汚れ付着防止に有効な成分として従来公知である。この使用量は一般に全モノマー中に0〜50重量%の割合で添加される。

0036

また、コンタクトレンズの硬度や機械的強度を向上させるために、メチルメタクリレートエチルメタクリレート、t−ブチルメタクリレートなどのメタクリレートモノマーや、スチレン、t−ブチルスチレン、α−メチルスチレンなどの芳香族ビニルモノマーがあげられ、これらのうちから1種以上を選択して使用するのが好ましい。これらのモノマーは一般に全モノマー中に0〜30重量%の割合で添加される。

0037

さらに、フマル酸ジエステルとともに併用しても酸素透過性を低下させることのない従来公知の有機シロキサンモノマーを使用することもできる。具体的には、トリメチルシリルメチル(メタ)アクリレート、ペンタメチルジシロキサニルメチル(メタ)アクリレート、トリス(トリメチルシロキシ)シリルエチル(メタ)アクリレート、トリス(トリメチルシロキシ)シリルプロピル(メタ)アクリレート、メチルビス(トリメチルシロキシ)シリルエチル(メタ)アクリレート、トリス(ペンタメチルジシロキサニルオキシ)シリルプロピル(メタ)アクリレートなどがあり、これらのうちから1種以上を選択して使用するのが好ましい。これらは、全モノマー中に0〜50重量%の割合で添加される。

0038

さらにまた、レンズ表面の涙濡れ性を向上させるため、あるいは含水性コンタクトレンズを得るために、他の親水性モノマーを使用することもできる。具体的には、(メタ)アクリル酸、2−ヒドロキシエチル(メタ)アクリレート、2−ヒドロキシプロピル(メタ)アクリレート、グリセロール(メタ)アクリレート、(メタ)アクリルアミド、N,N−ジメチルアクリルアミド、N,N−ジメチルアミノエチルアクリレート、N,N−ジメチルアミノプロピルアクリルアミド、N-ビニルピロリドン、フマル酸ジエステル、フマル酸ジアミドフマル酸アミドエステル、N−ビニルラクタムなどがあり、これらのうちから1種以上を選択して使用するのが好ましい。置換基にシリコン含有アルキルを有するモノマーは一般に親水性モノマーとの相溶性が悪く自由な組み合わせが困難となることが多いが、本発明のフマル酸ジエステルは一方の置換基にシリコン含有アルキルを有しつつ、他方の置換基には親水性基を有するので、親水性モノマーと混合しても、相溶性が問題となることなく、従来よりもより自由度の高い組成比にて配合が可能である。

0039

ここで、ハードコンタクトレンズとして使用する場合には前記親水性モノマーの使用量を抑えて全モノマー中に5〜30重量%、含水性のソフトコンタクトレンズとして使用する場合には30〜70重量%の範囲に設定することが好ましい。なお、含水性ソフトコンタクトレンズとして用いる場合でも上述のハードコンタクトレンズに用いることが可能なモノマーと同様のモノマーを組み合わせて使用することができ、含水性ソフトコンタクトレンズを目的とする場合には親水性モノマーの占める割合が相対的に高くなり、ハードコンタクトレンズを目的とする場合には、前記親水性モノマー以外の成分の比率が相対的に高くなる。

0040

要するに、ハードコンタクトレンズを得る目的の場合は本発明のフマル酸ジエステルを10〜80重量%好ましくは15〜70重量%の範囲で含み、親水性モノマーが5〜30重量%、その他のモノマーが10〜60重量%となるのに対し、含水性ソフトコンタクトレンズを得る目的の場合には本発明のフマル酸ジエステルを5〜80重量%好ましくは10〜70重量%の範囲で含み、親水性モノマーが30〜70重量%、その他のモノマーが10〜50重量%となるのである。

0041

そして、上記のように配合されたモノマー混合物に対し、重合開始剤としてアゾビスイソブチロニトリルアゾビスジメチルバレロニトリルベンゾイルパーオキシドなどのラジカル重合開始剤や、ベンゾインメチルエーテル、ベンゾインエチルエーテル、ベンゾインイソブチルエーテル、p−イソプロピル−α−ヒドロキシイソブチルフェノン、N,N−テトラエチル−4,4−ジアミノベンゾフェノン、ベンゾフェノンなどの光重合開始剤一種以上選択して、全モノマー混合物の100重量部に対して0.001〜5重量部程度、好ましくは0.01〜2重量部添加する。

0042

こうして調製されたモノマー混合物は、重合用の適当な容器またはコンタクトレンズ形状を有するモールドに収容したのち重合体として成形される。ハードコンタクトレンズには必要な規格多岐に渡るので、一般的には棒状またはブロック状に重合した後切削研磨により所望のコンタクトレンズとして仕上げられることが多い。一方、ソフトコンタクトレンズの場合には、基本的なベースカーブが1ないし数種であるために規格が少なく、モールド法により重合されることが多い。こうして得られたレンズ成形品は、必要に応じて表面処理水和処理などを経て、目的の製品とすることができる。

0043

なお、本発明のコンタクトレンズには、さらに目的に応じて従来公知の着色剤や、紫外線吸収剤などを添加することもできる。

0044

以下本発明をより具体的に明らかにするために、本発明に係る幾つかの実施例を例示する。

0045

化合物1(2−メトキシエチル−3−トリス(トリメチルシロキシ)シリルプロピルフマレート)の合成
以下に示す反応式により本発明のフマル酸ジエステル(化合物1)を得ることができる。

0046

0047

上記合成についてはまず、無水マレイン酸5.0g(51mmol)と2−メトキシエタノール3.9g(51mmol)を混合し、テトラヒドロフラン(以下THFと略す)30mlを加えて溶解した。そしてトリエチルアミン(以下Et3Nと略す)を73mg(0.72mmol)添加して、70℃で2時間反応させた。反応溶液にエーテル/THF混合溶媒を添加して抽出し硫酸マグネシウムで乾燥後、溶媒を留去した。

0048

得られた2−メトキシエチルマレエート6.5g(37mmol)を塩化チオニル(以下SOCl2と略す)10ml添加して窒素雰囲気下で1時間加熱還流した後、過剰のSOCl2を1時間かけて減圧留去した。そこにTHF120mlと3−トリス(トリメチルシロキシ)シリルプロピルアルコールを7.9g(22mmol)加えて溶かし、氷浴で冷却しつつ、4−ジメチルアミノピリジンを250mg(2.2mmol)、続いてEt3Nを7.5g(74mmol)加えて1時間反応させた。次いで、1N塩酸を加えて中和し、エーテル100mlで抽出後、硫酸マグネシウムで乾燥し、溶媒を留去したのち、減圧蒸留によって目的とする化合物1を得た。収率62%。

0049

化合物1の1H−核磁気共鳴スペクトルおよび13C−核磁気共鳴スペクトルは、日本電子製JNMα−400型式を用い、重水素化クロロホルム中、25℃、1H−核磁気共鳴スペクトルは積算回数8回、13C−核磁気共鳴スペクトルは積算回数128回で測定した。

0050

その結果は次に示すとおりである。

0051

0052

1H NMR(CDCl3),δ,ppm a)6.89(s,2H)b)4.37−4.33(m,2H)c)4.14(t,J=6.9 Hz,2H)d)3.66−3.63(m,2H)e)3.40(s,3H)f)1.75−1.56(m,2H)g)0.51−0.44(m,2H)h)0.10(s,27H)

0053

0054

13C NMR(CDCl3),δ,ppm a)165.0,164.9 b)134.2,133.0 c)70.2 d)67.5 e)64.3 f)59.0 g)22.6 h)10.3 i)1.7
IR(NaCl),cm-1 2960(vC-H),1727(vC=O),1645(vC=C),1255(vSi-C),1297,1156(vC(=O)-O),1060(vO-Si-O)

0055

化合物1を用いた含水性コンタクトレンズ用材料の重合
実施例1、2および比較例1、2
化合物1の50(重量)部とN−ビニルピロリドン(以下NVPと表す)33(重量)部および2−ヒドロキシエチルメタクリレート(以下2−HEMAと表す)17(重量)部に対して、架橋剤としてエチレングリコールジ(メタ)アクリレート0.3部、重合開始剤として2,2’−アゾビスイソブチロニトリル0.3部を添加して溶解したのち、2枚のガラス板(75mm×25mm×2mm)の間にナイロンシートおよびφ15にくりぬいた厚さ0.2mmのシリコーン製スペーサーサンドした冶具に該溶液注入した。

0056

次にかかる冶具を液もれしないようにクリップにて止め、プログラム昇温オーブン中にて室温から60℃まで1時間で昇温し、同温度で2時間保ち、次いで75℃まで1時間で昇温し、同温度で2時間保持した。さらに90℃まで1時間で昇温し、同温度で2時間加熱したのち室温まで徐々に冷却して厚さ0.2mmのフィルム状の重合体を得た。得られたフィルムは透明で硬質であった。このフィルムを生理食塩水中にて水和させ、各物性を以下の方法にしたがって測定した。その結果を表1に示す。

0057

(イ)含水率(重量%)
35℃における前記フィルムの含水率は次式に基づいて求めた。
含水率(重量%)={(W−W0)/W}×100

0058

ただし、Wは水和処理後平衡含水状態での試験フィルムの重量(g)、W0は水和処理後、乾燥機中にて乾燥した状態でのフィルムの重量(g)を表す。

0059

(ロ)酸素透過係数(Dk0.2)
酸素透過性の評価として、ツクバリカセイキ(株)製の酸素透過率計を用いて、35℃の生理食塩水中にてフィルムの厚さが約0.2mmのときの酸素透過係数の値に1011を乗じた数値で示す。単位:(cm2/sec)・(mlO2/ml・mmHg)

0060

(ハ)透過率(%)
透明性の評価として、SHIMADZU(株)製のUV測定器を用いて含水状態のフィルムの波長380〜780nmにおける透過率(%)として表す。

0061

0062

なお、表中のモノマー成分に関する略号は以下のとおりである。
RIS:トリス(トリメチルシロキシ)シリルプロピルメタクリレート
NVP :N−ビニルピロリドン
2−HEMA:2−ヒドロキシエチルメタクリレート

0063

表1の結果から、従来シリコン系モノマーとして主に用いられてきたTRISを使用した場合には、他のモノマー成分との組み合わせによっては含水時における透明性に欠けるという問題があり、一方、本発明の化合物1の場合には、透明性に優れていることからフマル酸ジエステルの構造上、親水基とシリコン含有アルキルを一つの分子内に有するモノマーを使用することによる効果が発現されていることが理解できる。なお、酸素透過性については両者共にシリコン系モノマーを含有する量に依存して高い値を示している。

0064

実施例3〜8および比較例3〜7
実施例1において、重合成分の組成を表2(実施例3〜8)および表3(比較例3〜7)に示すように変更したほかは実施例1と同様にしてフィルムを得た。得られたフィルムを実施例1と同様に各物性の測定を行って、下記表2並びに表3に示す結果を得た。

0065

なお、表中のモノマー成分に関する略号は以下のとおりである。
FP:ヘキサフルオロプロピル(メタ)アクリレート
NVP:N−ビニルピロリドン
DMAA:N,N−ジメチルアクリルアミド
2−HEMA:2−ヒドロキシエチルメタクリレート

0066

0067

前記表2並びに表3の結果より、本発明例においてDk0.2は、含水率依存型の素材(比較例)の1.5倍以上であった。

0068

また、含水率と酸素透過係数に着目して、実施例1〜8および比較例3〜7について、その関係を図1に示す。図より従来の含水率依存型ソフトコンタクトレンズに比して、本発明のレンズ材料は含水率に係わらず高い酸素透過性を維持することがわかる。

0069

化合物2の合成
以下に示す反応式よりフマル酸ジエステル(化合物2)を得ることができる。

0070

0071

2−メトキシエチルマレート3.5g(20mmol)、以下の構造のポリオルガノシロキサン化合物1 11.3g(10mmol)、4−ジメチルアミノピリジン245mg(2.0mmol)を塩化メチレン40mlに溶解させた。1−エチル−3−(3−ジメチルアミノプロピル)カルボジイミド塩酸塩(以下EDCと略す)3.9g(20mmol)を添加し、室温で3時間撹拌した。1N塩酸で反応系を洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥し、溶媒を減圧留去した後、シリカゲルカラムクロマトグラフィー(クロロホルム)にて精製を行い、目的とする化合物2を得た。収率95%。

0072

ポリオルガノシロキサン化合物1(平均重合度n=10)

0073

化合物2の1H−核磁気共鳴スペクトルおよび13C−核磁気共鳴スペクトルは、日本電子製JNMα−400型式を用い、重水素化クロロホルム中、25℃、1H−核磁気共鳴スペクトルは積算回数8回、13C−核磁気共鳴スペクトルは、積算回数128回で測定した。

0074

その結果は次に示すとおりである。

0075

0076

1H NMR(CDCl3),δ,ppm a)6.92(s,2H)b)4.37−4.32(m,4H)c)3.68−3.62(m,4H)d)3.45−3.41(m,2H)e)3.39(s,3H)f)1.64−1.57(m,4H)g)1.33−1.25(m,2H)h)0.90−0.85(m,3H)i)0.55−0.49(m,4H)j)0.07(s,many)

0077

0078

13C NMR(CDCl3),δ,ppm a)164.8 b)133.7,133.5 c)74.1 d)70.2 e)68.2 f)64.5,64.2 g)58.9 h)26.3 i)25.4 j)23.4;23.3,23.2 k)17.9 l)14.0 m)13.7 n)1.9,1.8,1.6,1.5,1.1,1.0,0.5,0.4,0.3 o)0.1
IR(NaCl)cm-1 2962(vC-H),1729(vC=O),1646(vC=C),1260(vSi-C),1296,1091(vC(=O)-O),1025(vO-Si-O)

0079

化合物3の合成
以下に示す反応式よりフマル酸ジエステル(化合物3)を得ることができる。

0080

0081

上述合成についてはまず、無水マレイン酸10g(102mmol)と1−(2-ヒドロキシエチル)−2−ピロリジノン13g(102mmol)を混合し、THF20mlを加えて溶解させた。そして、Et3Nを0.5ml添加し室温で2時間反応させた。反応溶液から、目的物析出物としてろ別し単離した。収率96%。

0082

得られた2−(2−オキソピロリジニル)エチルマレート1.0g(4.4mmol)、ポリオルガノシロキサン化合物1 2.5g(2.2mmol)、4−ジメチルアミノピリジン54mg(0.44mmol)を塩化メチレン5mlに溶解させた。EDC0.84g(4.4mmol)を添加し、室温で84時間撹拌した。1N塩酸で反応系を洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥し、溶媒を減圧留去した後、シリカゲルカラムクロマトグラフィー(塩化メチレン/酢酸エチル=10/1)にて精製を行い、目的とする化合物3を得た。収率49%。

0083

化合物3の1H-核磁気共鳴スペクトルおよび13C−核磁気共鳴スペクトルは、日本電子製JNMα−400型式を用い、重水素化クロロホルム中、25℃、1H−核磁気共鳴スペクトルは積算回数8回、13C−核磁気共鳴スペクトルは、積算回数128回で測定した。

0084

その結果は次に示すとおりである。

0085

0086

1H NMR(CDCl3),δ,ppm a)6.90(s,2H)b)4.36−4.32(m,4H)c)3.68(t,J=4.7 Hz,2H)d)3.60(t,J=5.4 Hz,2H)e)3.50−3.41(m,4H)f)2.38(t,J=8.3 Hz,2H)g)2.07−2.01(m,2H)h)1.65−1.58(m,2H)i)1.33−1.25(m,4H)j)0.88(t,J=6.9 Hz,3H)k)0.55−0.49(m,4H)l)0.08−0.05(m,many)

0087

0088

13C NMR(CDCl3),δ,ppm a)175.3 b)164.6,164.4 c)133.9,133.6 d)68.2 e)64.5 f)62.7 g)47.9 h)41.5 i)30.5 j)26.2 k)25.3 l)23.3 m)18.0 n)17.8 o)14.0 p)13.7 q)1.6,1.5,1.0,0.9,0.5,0.4 r)0
IR(NaCl)cm-1 2961,2872(vC-H),1726,1693(vC=O),1294(vC(=O)-O),1259(vSi-C),1015(vO-Si-O)

0089

また、ポリオルガノシロキサン化合物1に替えて、以下の構造のポリオルガノシロキサン化合物2を使用した他は、前記と同様の方法にて下記化合物(4)を得た。

0090

ポリオルガノシロキサン化合物2(平均重合度n=10)

0091

実施例9〜23
前記により得られた化合物(2)〜(4)を用いて、共重合成分の組成を表4〜6に示すように調製した。そして、実施例1、2と同様の方法により以下の温度条件で重合した。室温から90℃まで30分で昇温し、同温度で1時間保ち、次いで110℃まで30分で昇温し、同温度で1時間加熱したのち、室温まで徐冷した。こうして、厚さ0.2mmのフィルム状の重合物を得た。得られたフィルムを蒸留水中にて水和させ、各物性を調べた。その結果を表4〜6に示す。

0092

0093

0094

0095

表4〜6中の略記号はそれぞれ以下の化合物を示す。
TRIS:トリス(トリメチルシロキシ)シリルプロピルメタクリレートFM7711:両末端サイラプレーン登録商標)チッソ(株)製 平均分子量1000 NVP:N−ビニルピロリドンDMAA:N,N−ジメチルアクリルアミド

0096

比較例8〜10
共重合成分の組成を表7のように変更したほかは、実施例9〜23と同様にして厚さ0.2mmのフィルム状の重合物を得た。得られたフィルムを蒸留水中にて水和させ、各物性を調べた。その結果を表7に示す。

0097

0098

表4〜6の結果から、本発明により得られたフィルムは含水状態において優れた透明性を呈することが分かる。また、表7の比較例9および10のように、従来汎用されているポリジメチルシロキサン系メタクリレートを使用した場合に比べて一層高い酸素透過性を示した。本発明例の酸素透過性Dk0.2は、含水率依存型の素材(比較例3〜7)の1.5〜2.5倍であった。

0099

さらに、従来シリコン系モノマーとして主に用いられてきたTRISやポリジメチルシロキサン系メタクリレートを使用した場合には、含水率は使用量に応じて顕著に低下する傾向がある(比較例8〜10)が、化合物2および化合物3を使用すれば配合量に応じて僅かに上昇したことから、本発明のフマル酸ジエステルの構造において、親水基とシリコン含有アルキルをひとつの分子内に有するモノマーを使用することによる効果が現れていることがわかる。なお、化合物4については含水率が使用量に応じ僅かに減少したが、実施例23と比較例10を比較すると、化合物4の使用が特に高い酸素透過性と含水率を維持していることが分かる。

0100

実施例24〜32
化合物(2)および化合物(3)とメタクリル酸を用いて共重合成分の組成を表8および表9に示すように調整した。そしてポリプロピレン製の眼用レンズ型に充填した後、実施例9〜23と同様に重合しレンズ状の重合物を得た。得られた重合物の離脱性を評価した。さらに蒸留水中にて水和させ、各物性を調べた。その結果を表8および表9に示す。

0101

(ニ)表面濡れ性
表面濡れ性の評価は蒸留水中で完全膨潤したレンズを蒸留水中から取り出し、30秒後に水で濡れている部分の面積率(%)を確認する。その面積率から以下のように評価した。
◎:95%以上
○:80%以上95%未満
△:70%以上80%未満
▲:50%以上70%未満
×:30%以上50%未満
××:30%未満
「◎>○>△>▲>×>××」の順で良好であるとする。なお、「◎、○:合格。「△、▲、×、××」を不合格とする。

0102

(ホ)離脱性
離脱性の評価はポリプロピレン製の眼用レンズ型にて重合した重合物を型から外す際、型を歪ませるなどして取り外す場合の離脱しやすさを6段階で評価した。
◎:型を軽く折り曲げると外れ
○:型を強く折り曲げると外れる
△:型と重合物の間に空気は入るが、型を壊さないと外れない
▲:型と重合物の間に空気が入らないが、型を壊すと外れる
×:膨潤させないと型から外れない
××:膨潤させても型から外れない
「◎>○>△>▲>×>××」の順で離脱性が良いとする。なお、「◎、○」を合格。「△、▲、×、××」を不合格とする。

0103

0104

0105

表8および表9の結果からメタクリル酸の添加により表面濡れ性、透過性(%)および離脱性といずれの物性も向上し優れた眼用レンズが得られた。

図面の簡単な説明

0106

本発明例の1〜8および比較例3〜7について含水率と酸素透過係数の関係を示した図である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ