図面 (/)

技術 合わせ調味料に浸したニンニクの芽

出願人 有限会社アトラス
発明者 平野哲吉
出願日 2006年12月20日 (14年0ヶ月経過) 出願番号 2006-357362
公開日 2008年7月10日 (12年5ヶ月経過) 公開番号 2008-154568
状態 未査定
技術分野 果実または野菜の調製
主要キーワード 合わせ調味料 繊維質 水切り ニンニク 栄養価
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年7月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

栄養価の高いニンニクなどを簡単に調理でき保存にも適した食材を提供する。

解決手段

醤油、みりん、酢を含有することを特徴とする合わせ調味料1に水切りした適度な長さに切ったニンニクの芽を漬け込む。

効果

ニンニクの芽は、栄養価が高く繊維質の多い食材との認識があったにもかかわらず、日常食卓に並ぶことはほとんどなかったが、簡単にしかも美味しく調理することで、栄養価の高いニンニクの芽を簡単においしく食卓に提供できる。

概要

背景

従来、ニンニクは、栄養価が高く繊維質の多い食材との認識があったにもかかわらず、日常食卓に並ぶことはほとんどなかった。

概要

栄養価の高いニンニクの芽などを簡単に調理でき保存にも適した食材を提供する。醤油、みりん、酢を含有することを特徴とする合わせ調味料1に水切りした適度な長さに切ったニンニクの芽を漬け込む。ニンニクの芽は、栄養価が高く繊維質の多い食材との認識があったにもかかわらず、日常の食卓に並ぶことはほとんどなかったが、簡単にしかも美味しく調理することで、栄養価の高いニンニクの芽を簡単においしく食卓に提供できる。

目的

この課題を解決するための請求項1の発明は、少なくとも醤油、みりん、酢を含有することを特徴とする合わせ調味料の中に、水切りした適度な長さに切ったニンニクの芽を浸したものを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

少なくとも醤油、みりん、酢を含有することを特徴とする合わせ調味料1に水切りした適度な長さに切ったニンニク2を漬け込むことを特徴とする食品の提供

技術分野

0001

本発明は、合わせ調味料に浸したニンニクを提供することに関するものである。

背景技術

0002

従来、ニンニクの芽は、栄養価が高く繊維質の多い食材との認識があったにもかかわらず、日常食卓に並ぶことはほとんどなかった。

発明が解決しようとする課題

0003

このように栄養価が高く、多くの繊維質を含む食材を食することは健康の面から最重要視されるようになったが栄養価が高く、多くの繊維質を含むニンニクの芽を簡単にしかも美味しく調理する方法はなかった。
本発明は、このような、栄養価の高いニンニクの芽を簡単においしく食卓に提供しようとするものである。

課題を解決するための手段

0004

この課題を解決するための請求項1の発明は、少なくとも醤油、みりん、酢を含有することを特徴とする合わせ調味料の中に、水切りした適度な長さに切ったニンニクの芽を浸したものを提供することである。

発明の効果

0005

本発明により、栄養価の高い、しかも繊維質多く含むニンニクの芽を簡単に美味しく食せられるようになり、健康維持にも貢献できる。また合わせ調味料の中に酢が含まれているので保存にも適している。この合わせ調味料に浸されたニンニクの芽は適度にその水分を吸収して軟らかくなり、全く新しい食感が口の中に広がる。そしてなによりも美味しい。

発明を実施するための最良の方法

0006

少なくとも醤油、みりん、酢からなる合わせ調味料が入った容器1の中に水切りした適度な長さに切ったニンニクの芽2を入れる。この時、この合わせ調味料は一煮焚きさせ、火を消した直後にニンニクの芽2を入れるのが最も良い。その後、自然に冷めるまでそのままの状態で放置させる。

0007

ニンニクの芽の食材は通常のものでよい。またニンニクの芽のかわりに加工されたメザシや、良く煎られた大豆などで代用してもよい。

0008

本発明は、工業的に量産することが可能であるため、産業上の利用可能性を有する。

図面の簡単な説明

0009

少なくとも醤油、みりん、酢からなる合わせ調味料が入った容器の斜視図である。水切りした適度な長さに切られたニンニクの芽の斜視図である。一煮焚きさせた合わせ調味料1にニンニクの芽2を入れて、自然に冷めるまでそのままの状態にしている容器の斜視図である。自然に冷めた1の容器の中に入れてあったニンニクの芽2を、お皿3に盛った状態の斜視図である。

符号の説明

0010

1 少なくとも醤油、みりん、酢からなる合わせ調味料
2水切りした適度な長さに切ったニンニクの芽
3 お皿
4 お箸

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ