図面 (/)

技術 容器の吊り下げ具

出願人 桂島英理子
発明者 桂島英理子
出願日 2006年12月4日 (11年11ヶ月経過) 出願番号 2006-357045
公開日 2008年6月19日 (10年5ヶ月経過) 公開番号 2008-136827
状態 特許登録済
技術分野 食卓容器 家庭用サポート、ホルダー 食器の洗浄、乾燥 食卓用器具 剛性または準剛性容器の細部
主要キーワード 市販容器 かぎ状 形フック 容器サイズ 係合素子 滑り止め材 カラビナ 掛け具
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年6月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

哺乳瓶ペットボトルコップ水筒・のような内部を布巾で、拭いて乾燥させることのできない口の狭い容器吊り下げ、乾燥させるため、どのような形態の容器にも容易に操作し装着し、容器サイズに自在適応できて、かつ、持ち運びに嵩張らない容器の吊り下げ具を提供する。

解決手段

柔軟な帯(1)の片面に滑り止め材(2)を設ける。そしてその一端を環(3)に縫着する。一端を環にした(4)を柔軟な帯(1)に、数箇所通し、もう一端にJ形鈎(7)又、カラビナ吸盤などを取り付けて、どこにでも吊り下げられる様にしたものを特徴とする。

概要

背景

概要

哺乳瓶ペットボトルコップ水筒・のような内部を布巾で、拭いて乾燥させることのできない口の狭い容器吊り下げ、乾燥させるため、どのような形態の容器にも容易に操作し装着し、容器サイズに自在適応できて、かつ、持ち運びに嵩張らない容器の吊り下げ具を提供する。 柔軟な帯(1)の片面に滑り止め材(2)を設ける。そしてその一端を環(3)に縫着する。一端を環にした(4)を柔軟な帯(1)に、数箇所通し、もう一端にJ形鈎(7)又、カラビナ吸盤などを取り付けて、どこにでも吊り下げられる様にしたものを特徴とする。

目的

本発明は、以上の実情に鑑み提案されたもので、容器本体の形状を問わずに容器を吊り下げて、これら容器の水切りに手間をかけずに、衛生的に自然乾燥を早めカビ汚れの付着を防ぐ吊り下げ具の提供を第1の目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

哺乳瓶ペットボトルコップ水筒・のような内部を布巾で、拭いて乾燥させることのできない口の狭い容器吊り下げ、乾燥させるため、柔軟な帯(1)の片面に滑り止め材(2)を塗着し、その一端を環(3)に逢着し、その帯に輪(4)を設けたをかけて、かぎ状突起(7)や環・吸盤のような掛け具をつけた容器の吊り下げ具。

請求項2

滑り止め材(2)を備えている帯の裏面に、互いに係合するフック(5)とループ(6)の面ファスナー係合素子を備えた請求項1の容器の吊り下げ具。

--

技術分野

0001

本発明は、哺乳瓶ペットボトルコップ水筒・のような内部を布巾で、拭いて乾燥させることのできない口の狭い容器吊り下げ具に関するものである。

背景技術

0002

ジュース,おコーヒーなど飲料水の容器の場合には、こぼれ難く且つ飲みやすくするために、容器の飲み口が小さくなっている。しかし、使用した都度洗浄乾燥させるため下向きに置くが、容器の飲み口が乾燥かごに接触したままになる。この場合、容器の中の水分が流れ出し、飲み口の部分が乾燥かごに接触した状態で湿った状態が続くことになる。このために、容器自体の形状について、改良を行うことで対応する文献が出されている。

0003

(特許文献1 特開2004−181170広報)(特許文献2 特開2001−309841広報)(特許文献3 実開平1−56762広報)(特許文献4登録実用新案第3063162広報)(特許文献5 特許第2955852広報)(特許文献6 実開平1−177980広報)(特許文献7 実開平2−2067広報)(特許文献8 実開昭57−18981広報)文献は、取っ手のあるコップや、容器の底にハンガー形フックを取り付けるなど容器の形状自体を工夫して容器を乾燥させるものであり、既成市販容器に対応したものではない。

発明が解決しようとする課題

0004

本発明は、以上の実情に鑑み提案されたもので、容器本体の形状を問わずに容器を吊り下げて、これら容器の水切りに手間をかけずに、衛生的に自然乾燥を早めカビ汚れの付着を防ぐ吊り下げ具の提供を第1の目的とする。

0005

本発明は、径の異なる種々の容器に対しても自在に適応できる吊り下げ具の提供を第2の目的とする。

0006

本発明は、保管場所をとらず、持運ぶ際にも嵩張らず携帯可能となる吊り下げ具の提供を第3の目的とする。

課題を解決するための手段

0007

柔軟な帯(1)の片面に滑り止め材(2)を設ける。そしてその一端を環(3)に縫着する。一端を環にした(4)を柔軟な帯(1)に、数箇所通し、もう一端にJ形鈎(7)又、カラビナ吸盤などを取り付けて、どこにでも吊り下げられる様にしたもの。
本発明は、以上の構成からなる容器の吊り下げ具である。

発明を実施するための最良の形態

0008

以下、本発明の実施の形態について説明する。
(イ) 柔軟な帯(1)の片面に、滑り止め材(2)を径の異なる種々の蓋の外周面にピッタリ沿わせるため、帯の柔軟性を損なわない範囲で塗着する。図1図2図3AB、図4の(2)参照
(ロ) 柔軟な帯(1)の一端を環(3)に縫着する。中央に支軸を備えている環を使用することもできる。図1図2図3AB、図4の(3)参照
(ハ) 一端を環にした紐(4)を柔軟な帯(1)に、数箇所通し、もう一端にJ形鈎又、カラビナ、吸盤などを取り付けて、どこにでも吊り下げられる様にしたもの。J形鈎は図1の(7)参照。
本発明は、以上のような構成で、これを使用するときは、環(3)に接続された柔軟な帯(1)の滑り止め材(2)側を容器の径(8)に密着させながら捲着する。図1参照
そして、帯(1)の環(3)に逢着されていない端を環(3)に挿し通す。図1参照
帯の滑り止め材(2)を備えている側の裏面にフックループの機能を備えた面ファスナー(5)を設けている場合は、環(3)から帯(1)を折り返して、蓋の外周と折り返し部の面ファスナー(5)をしっかり掛け合わせる。図4参照
面ファスナーを使用しない場合は、環(3)に支軸があるものを使用して、一度、支軸に帯(1)をかけてから、帯(1)を折り返す。
そのあとで、J形鈎(7)を、都合の良い場所へ掛けて、容器を真っ逆さまに吊るす。

発明の効果

0009

従来のように、容器の形状自体に工夫がされていなくても、現実に市販されているさまざまな形態の容器を吊り下げることができ容易に第1の目的を達成できる。
自在にサイズ適応が可能なため、一つ所有するだけで、さまざまな径の容器を吊り下げることができる。 これにより第2の目的を達成できる。
単純な構造であるため、大きさも嵩張らず、持ち運びにも便利で外出先に携帯しやすくなった。これにより第3の目的を達成できる。

図面の簡単な説明

本発明による容器の吊り下げ具の使用状態を示した斜視図である。 本発明による容器の吊り下げ具の帯(1)を示した斜視図である。 A本発明による吊り下げ具の帯(1)の正面図である。B本発明による容器の吊り下げ具の帯(1)の側面図である。 本発明による容器の吊り下げ具の帯(1)を示した斜視図である。

符号の説明

1 帯
2 環
3滑り止め材
4紐
5面ファスナーフック部
6 面ファスナーループ部
7 J形鈎
8容器本体

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

新着 最近 公開された関連が強い 技術

  • 堀口智哉の「 巻紐用ディスペンサ」が 公開されました。( 2018/09/27)

    【課題】簡単な操作で巻回された任意の紐体の所望長さの供給を可能とし、かつ、紐体を取扱い易い状態で供給可能なこと。【解決手段】巻紐用ディスペンサ1は、紐体tが円筒状または球状に巻回されてなる紐巻体Tを収... 詳細

  • 仲上典臣の「 継手装置」が 公開されました。( 2018/09/27)

    【課題】より安全に郵便ポストをリニューアルさせることを可能とすることである。【解決手段】継手装置10は、郵便ポスト本体部6と、郵便ポスト本体部6を支持する第1支持部8と、郵便ポスト本体部6の底部に形成... 詳細

  • 有田忍の「 配達物無人自動受取装置」が 公開されました。( 2018/09/27)

    【課題】無人飛行機による配達に対応した、受取り側の備え・仕組みを提供すること。【解決手段】配達物無人自動受取装置は、無人飛行機による配達物配達に対応する、解錠施錠のための信号を照合・認証するための通信... 詳細

この 技術と関連性が強い 技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する挑戦したい社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ