図面 (/)

技術 ナノエマルション及びそれを配合した化粧料

出願人 株式会社アンズコーポレーション
発明者 小笹祥次山口耕司今里美幸
出願日 2006年11月20日 (14年3ヶ月経過) 出願番号 2006-313429
公開日 2008年6月5日 (12年8ヶ月経過) 公開番号 2008-127327
状態 特許登録済
技術分野 コロイド化学 化粧料
主要キーワード 薄膜円筒状 シリコーンオイルエマルション 貯留効果 環状シリコン テトラヘキシルデカン酸アスコルビル 大豆水 旋回型 プレミックス液
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年6月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

経時安定性が向上したリン脂質を含むナノエマルションを提供する。

解決手段

レシチンなどのリン脂質とリゾレシチンなどのリゾリン脂質を含んでなるナノ粒子水相中に分散してなるものであって、更に安定化剤としてフェノキシエタノールを含有することを特徴とするナノエマルションである。また、該ナノエマルションを配合してなる化粧料である。

概要

背景

ホスファチジルコリンなどのリン脂質は、親水基疎水基を持つため、化粧料などの皮膚外用剤の分野において、エマルションを形成するための界面活性剤として用いられている(例えば、特許文献1,2参照)。特に、消費者天然物指向の高まりにより、天然物由来の界面活性剤であるリン脂質によるエマルション化が求められている。

かかるエマルションとして、従来は、数10μm程度の粒子が分散してなるマイクロエマルションが一般的であるが、皮膚への吸収性を高めるため、数100nm以下のナノ粒子が分散してなるナノエマルションとすることが望まれ、そのような技術も提案されている(特許文献2参照)。しかしながら、一般に、上記リン脂質のみでナノエマルションを形成し、かつ安定に保つことは難しい。

一方、リゾホスファチジルコリンなどのリゾリン脂質は、リン脂質と同様、界面活性剤として作用し得るものであり、化粧料への適用についても提案されている。すなわち、特許文献3には、リン脂質とリゾリン脂質と油を所定の比率で配合したリン脂質組成物が提案されている。しかしながら、同文献は、機械分散法を否定していることからも明らかなように、単に油を水中に安定に溶かし込むことを意図したものであって、リン脂質とともにリゾリン脂質を加えることでナノエマルション化が図られることを開示したものではない。

他方、フェノキシエタノールは、化粧料の分野において、微生物に対する汚染対策、即ち防腐剤として配合されることはあるが(例えば、特許文献1、4)、リン脂質とリゾリン脂質とからなるナノエマルションを経時的に安定化させる機能については知らせておらず、また、そのような安定化剤として使用されたことはなかった。

なお、特許文献5には、シリコーンオイルエマルションの安定性を向上させる成分としてフェノキシエタノールを配合することが開示され、また、特許文献6には、油性成分にも水性成分にも溶けにくいスフィンゴシン誘導体を、系に均一に乳化あるいは分散させるための成分としてフェノキシエタノールを配合することが開示されている。しかしながら、これらはリン脂質とリゾリン脂質とからなるエマルションの安定化に関するものではなく、すなわち、安定化させる対象が異なるものであり、またナノエマルションに関するものでもない。
特開2005−8591号公報
特開2002−226402号公報
特開2001−302433号公報
特表2002−515514号公報
特開2000−169705号公報

概要

経時安定性が向上したリン脂質を含むナノエマルションを提供する。レシチンなどのリン脂質とリゾレシチンなどのリゾリン脂質を含んでなるナノ粒子が水相中に分散してなるものであって、更に安定化剤としてフェノキシエタノールを含有することを特徴とするナノエマルションである。また、該ナノエマルションを配合してなる化粧料である。なし

目的

本発明は、上記の点に鑑み、リン脂質を含むナノエマルションであって、経時的な安定性を向上したものを提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
5件
牽制数
5件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

リン脂質リゾリン脂質を含んでなるナノ粒子水相中に分散してなり、更にフェノキシエタノールを含有することを特徴とするナノエマルション

請求項2

リン脂質とリゾリン脂質の合計量と、フェノキシエタノールとの重量比が、18:1〜2:1であることを特徴とする請求項1記載のナノエマルション。

請求項3

リン脂質とリゾリン脂質との重量比が、4:1〜1:4であることを特徴とする請求項1記載のナノエマルション。

請求項4

前記ナノ粒子がリポソームであることを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載のナノエマルション。

請求項5

請求項1〜4のいずれかに記載のナノエマルションを配合してなる化粧料

技術分野

0001

本発明は、水相中にナノ粒子が分散してなるナノエマルション、及び、該ナノエマルションを配合した化粧料に関する。

背景技術

0002

ホスファチジルコリンなどのリン脂質は、親水基疎水基を持つため、化粧料などの皮膚外用剤の分野において、エマルションを形成するための界面活性剤として用いられている(例えば、特許文献1,2参照)。特に、消費者天然物指向の高まりにより、天然物由来の界面活性剤であるリン脂質によるエマルション化が求められている。

0003

かかるエマルションとして、従来は、数10μm程度の粒子が分散してなるマイクロエマルションが一般的であるが、皮膚への吸収性を高めるため、数100nm以下のナノ粒子が分散してなるナノエマルションとすることが望まれ、そのような技術も提案されている(特許文献2参照)。しかしながら、一般に、上記リン脂質のみでナノエマルションを形成し、かつ安定に保つことは難しい。

0004

一方、リゾホスファチジルコリンなどのリゾリン脂質は、リン脂質と同様、界面活性剤として作用し得るものであり、化粧料への適用についても提案されている。すなわち、特許文献3には、リン脂質とリゾリン脂質と油を所定の比率で配合したリン脂質組成物が提案されている。しかしながら、同文献は、機械分散法を否定していることからも明らかなように、単に油を水中に安定に溶かし込むことを意図したものであって、リン脂質とともにリゾリン脂質を加えることでナノエマルション化が図られることを開示したものではない。

0005

他方、フェノキシエタノールは、化粧料の分野において、微生物に対する汚染対策、即ち防腐剤として配合されることはあるが(例えば、特許文献1、4)、リン脂質とリゾリン脂質とからなるナノエマルションを経時的に安定化させる機能については知らせておらず、また、そのような安定化剤として使用されたことはなかった。

0006

なお、特許文献5には、シリコーンオイルエマルションの安定性を向上させる成分としてフェノキシエタノールを配合することが開示され、また、特許文献6には、油性成分にも水性成分にも溶けにくいスフィンゴシン誘導体を、系に均一に乳化あるいは分散させるための成分としてフェノキシエタノールを配合することが開示されている。しかしながら、これらはリン脂質とリゾリン脂質とからなるエマルションの安定化に関するものではなく、すなわち、安定化させる対象が異なるものであり、またナノエマルションに関するものでもない。
特開2005−8591号公報
特開2002−226402号公報
特開2001−302433号公報
特表2002−515514号公報
特開2000−169705号公報

発明が解決しようとする課題

0007

本発明は、上記の点に鑑み、リン脂質を含むナノエマルションであって、経時的な安定性を向上したものを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

本発明者は、リン脂質を含むナノエマルションを開発していく中で、リン脂質とともにリゾリン脂質を加えることで、ナノ粒子が水相中に均一に分散してなるナノエマルションが得られることを見い出した。そして、かかるリン脂質とリゾリン脂質からなるナノエマルションにフェノキシエタノールを配合することにより、該ナノエマルションの高温での経時安定性が向上することを見い出し、本発明を完成するに至った。

0009

すなわち、本発明に係るナノエマルションは、リン脂質とリゾリン脂質を含んでなるナノ粒子が水相中に分散してなるものであって、更にフェノキシエタノールを含有することを特徴とするものである。

0010

また、本発明に係る化粧料は、該ナノエマルションを配合してなるものである。

発明の効果

0011

本発明によれば、安定化剤としてフェノキシエタノールを配合したことにより、リン脂質とリゾリン脂質とからなるナノエマルションの高温での経時安定性を向上することができる。そのため、化粧料を始めとする皮膚外用剤の原料組成物として用いる際に、その長期にわたる保存を可能とし、また、化粧料に配合された後の経時安定性の向上にも寄与し得る。

発明を実施するための最良の形態

0012

以下、本発明の実施に関連する事項について詳細に説明する。

0013

本発明のナノエマルションは、リン脂質とリゾリン脂質とフェノキシエタノールを必須成分として含有するものである。

0014

上記リン脂質としては、例えば、ホスファチジルコリン(即ち、レシチン)、ホスファチジルエタノールアミンホスファチジルセリンホスファチジルイノシトールホスファチジルグリセロール、ジホスファチジルグリセロール、ホスファチジル酸などのグリセロリン脂質およびこれらの水素添加物が挙げられ、これらはそれぞれ1種又は2種以上混合して用いることができる。これらの成分は、大豆中や卵黄中などに高濃度で存在するため、大豆あるいは卵黄を精製したもの、またこれらの水素添加物が好適である。特に好ましいのは、大豆水添加レシチンである。

0015

上記リゾリン脂質は、リン脂質からそのグリセロール脂肪酸基1個を除いたものであり、例えば、リゾホスファチジルコリン(即ち、リゾレシチン)、リゾホスファチジルエタノールアミンリゾホスファチジルセリンリゾホスファチジルイノシトールリゾホスファチジルグリセロールリゾホスファチジン酸などが好適なものとして挙げられ、これらはそれぞれ1種又は2種以上混合して用いることができる。

0016

上記ナノエマルションは、リン脂質とリゾリン脂質からなる油滴としてのナノ粒子が水相中に分散してなる水中油型エマルションである。ここで、ナノ粒子とは、平均粒子径が300nm以下の粒子である。より好ましくは、平均粒子径の上限は200nmであり、下限は10nmである。なお、平均粒子径は、レーザー回折散乱法によって測定される体積平均径(MV)である。

0017

上記ナノ粒子は、リポソームの形態を持っていることが好ましい。リポソームとは、リン脂質の2分子膜からなる小胞体であり、生体膜類似の構造を持つことから、皮膚に貯留されやすく、リポソーム内の有効成分を持続的に作用させることができるという利点がある。ところで、一般に、リポソームは疎水基が2本鎖のリン脂質の方が形成されやすく、疎水基が1本鎖のリゾリン脂質が添加されると、リポソームの形態を維持しにくいと考えられている。これに対し、本発明の実施形態では、後記のように、リゾリン脂質を添加しているにもかかわらず、リポソームの形態が維持され、従って、リポソームのナノエマルションが得られており、粒子のナノ化による皮膚への吸収性向上とリポソーム化による皮膚での貯留効果との相乗効果から、有効成分の持続的作用に優れ、極めて有用である。

0018

リン脂質(A)とリゾリン脂質(B)とは、その重量比が、A:B=4:1〜1:4であることが好ましい。リゾリン脂質の配合比率が少なすぎると、その添加効果が不十分となり、逆にリン脂質の配合比率が少なすぎると、リポソームが形成されにくくなる。より好ましくは、A:B=4:1〜2:5であり、更に好ましくは、室温での長期保存性の点からA:B=5:2〜3:5であり、更には、低温での安定性も加味してA:B=2:1〜3:5であることが好ましい。

0019

本発明において、フェノキシエタノール(即ち、2−フェノキシエタノール)は、上記ナノ粒子が水相中に分散してなるナノエマルションの高温での経時安定性を向上させる安定化剤として配合される。フェノキシエタノールによりナノエマルションが安定化される理由は、必ずしも明らかではないが、水にも溶けるフェノキシエタノールがリン脂質やリゾリン脂質の疎水基部分となじむことで、該ナノ粒子の安定化に寄与しているものと推察される。

0020

フェノキシエタノール(C)の配合量は、リン脂質(A)とリゾリン脂質(B)の合計量に対して、重量比で、(A+B):C=18:1〜2:1であることが好ましい。フェノキシエタノールの配合比率が少なすぎると、その添加効果が不十分となり、逆に多すぎると、低温での長期保存性が低下する傾向にある。より好ましくは、室温での長期保存性の点から(A+B):C=9:1〜5:2であり、更に好ましくは、低温〜高温での長期保存性の点から(A+B):C=9:1〜3:1であり、更には(A+B):C=6:1〜3:1であることが好ましい。

0021

本発明のナノエマルションにおけるリン脂質とリゾリン脂質の含有率は、特に限定されないが、リン脂質とリゾリン脂質の合計で、2〜30重量%であることが好ましく、より好ましくは6〜15重量%である。

0022

本発明のナノエマルションには、上記必須成分の他に、通常、油性成分が配合される。油性成分としては、ビタミンAビタミンEビタミンDビタミンKビタミンPテトラヘキシルデカン酸アスコルビルなどの油溶性ビタミン類コレステロールエルゴステロールβ-シトステロールカンペステロールシグマステロールなどのステロール類、α-カロテンβ-カロテン、γ-カロテン、リコペンルテインゼアキサンチンカンタキサンチンアスタキサンチンなどのカロテノイド類サフラワー油大豆油月見草油ブドウ種子油ローズヒップ油、ククイナッツ油、アルモンド油ごま油コムギ胚芽油、とうもろこし油綿実油アボガド油オリブ油ツバキ油、パーシック油、ヒマシ油ラッカセイ油ヘーゼルナッツ油マカデミアナッツ油、メドフォーム油などの植物油スクワランなどの動物油流動パラフィン流動イソパラフィンワセリンなどの炭化水素油オレイン酸エチルリノール酸エチルミリスチン酸イソプロピルパルミチン酸イソプロピルイソステアリン酸イソプロピルラノリン脂肪酸イソプロピル、ラウリン酸ヘキシルミリスチン酸ミリスチルミリスチン酸セチルミリスチン酸オクチルドデシルオレイン酸デシル、オレイン酸オクチルドデシルジメチルオクタン酸ヘキシルデシル、オクタン酸セチル、オクタン酸イソセチル、オクタン酸セトステアリル、オクタン酸ステアリル、オクタン酸イソステアリル、パルミチン酸セチル乳酸セチルリンゴ酸ジイソステアリルコハク酸ジオクチルトリカプリル酸グリセリルトリ2−エチルヘキサン酸グリセリルトリラウリン酸グリセリル、トリパルミチン酸グリセリルトリステアリン酸グリセリル、トリオキシステアリン酸グリセリルトリイソステアリン酸グリセリルトリオレイン酸グリセリル、トリウンデシレン酸グリセリル、トリベヘン酸グリセリル、トリミリスチン酸グリセリン、トリ(カプリルカプリン酸)グリセリン、ジカプリル酸プロピレングリコールジカプリン酸プロピレングリコール、ジノナン酸プロピレングリコール、ジ(カプリル・カプリン酸)プロピレングリコール、ジステアリン酸プロピレングリコール、ジイソジステアリン酸プロピレングリコール、ジオレイン酸プロピレングリコールなどのエステル油環状シリコンメチルフェニルシリコンジメチコンなどのシリコン油などが挙げられ、これらはそれぞれ1種又は2種以上混合して用いることができる。これらの油性成分の中で、油性成分の有効成分となる上記ビタミン類やステロール類などが特に好ましく用いられる。なお、油性成分の配合量は特に限定されないが、リン脂質とリゾリン脂質の合計量100重量部に対して、20〜50重量部であることが好ましい。

0024

本発明のナノエマルションの製造方法は、特に限定されず、高圧ホモジナイザー高速撹拌機などの公知の乳化機を用いて行うことができる。

0025

好ましくは、例えば、特開2000−354751号公報に開示されているような、薄膜旋回型の高速撹拌機、即ち、円筒状の撹拌槽内に該撹拌槽内径より僅かに小径撹拌体を同心に設け、撹拌槽に被処理液を供給して撹拌体を高速回転し、該被処理液を薄膜円筒状立ち上がらせながら撹拌する高速撹拌機を用いることである。より詳細には、上記各成分を混ぜておき、これに水を徐々に加えて、プレミックスした後、このプレミックス液を上記被処理液として、上記高速撹拌機にて高速撹拌すればよい。

0026

これにより、リン脂質及びリゾリン脂質とともにフェノキシエタノールを含むナノ粒子が水相中に分散してなるナノエマルションが得られ、油性成分を配合する場合、該油性成分がナノ粒子中に取り込まれる。また、該ナノ粒子がリポソームとして形成されると、油性成分(特には、油溶性有効成分)が2分子膜内の疎水性部分に取り込まれるとともに、水性成分が2分子膜間の水相中に取り込まれたナノ粒子を持つナノエマルションが得られる。

0027

得られたナノエマルションは、リン脂質とリゾリン脂質という天然物由来の界面活性剤を用いたものであり、またナノ化されているため、皮膚への吸収性に優れ、また、皮膚での貯留性も良好である。

0028

本発明のナノエマルションは、化粧料に配合する原料組成物として用いることができる。化粧料に配合する場合、上記高速撹拌機のような乳化機は不要であり、ナノエマルションを、化粧料を構成する他の成分とともに、通常の撹拌機を用いて混合することにより、化粧料が得られる。

0029

化粧料を構成する他の成分としては、一般に化粧料に配合される各種成分を用いることができ、例えば、油脂類ロウ類炭化水素脂肪酸類アルコール類、ポリアルコール、エステル類アミンアミド金属石鹸類ガム類水溶性高分子化合物酸化防止剤、ビタミン類、香料色材類、防腐殺菌剤アミノ酸類紫外線吸収剤金属イオン封鎖剤消炎剤抗ヒスタミン剤生薬類、美白剤保湿剤などを配合することができる。また、化粧料の態様としては、例えば、クリーム乳液パック化粧水美容液ジェル洗顔料をはじめとする基礎化粧品類や、おしろいファンデーションほかのメイクアップ化粧品類、育毛剤養毛剤などの化粧料が挙げられる。

0030

本発明のナノエマルションの用途は、化粧料に限定されるものではなく、軟膏剤パップ剤プラスター剤などの医薬品、更には医薬部外品などの各種皮外用剤に用いることもできる。

0031

以下、本発明について実施例により詳しく説明するが、本発明はこれにより限定されるものではない。

0032

(実施例1)
大豆水添レシチン日光ケミカルズ株式会社「NIKKOLレシノール S−10」)5重量部、リゾレシチン(協和発酵工業株式会社「リゾレシチン協和」:リゾリン脂質25重量%とグリセリン75重量%の混合物)15重量部、フェノキシエタノール(交洋ファインケミカル製「カフレクトPE−1」)2重量部、コレステロール2重量部、天然ビタミンE1重量部、及び、ポリアルコール6重量部を80℃で混合し、得られた混合物に、水溶液精製水57重量部に、ソルビトール3重量部、マルチトール4重量部、アラニン5重量部を溶解させたもの)を攪拌しながら徐々に加えてプレミックス液を得た。得られたプレミックス液を、薄膜旋回型高速攪拌機プライミクス株式会社製「T.K.フィルミックス80−50型」)を用いて、被処理液温度が90℃になるように、回転速度57m/s、3分間攪拌して、実施例1のエマルションを得た。

0033

比較例1として、上記フェノキシエタノール2重量部の代わりに、パラオキシ安息香酸メチル0.2重量部を用い、また、精製水の配合量を57.8重量部として、その他は実施例1と同様にして、エマルションを作製した。

0034

また、比較例2として、上記リゾレシチンを未添加とし、その代わりにグリセリンを同重量部配合し、その他は比較例1と同様にして、エマルションを作製した。

0035

得られた各エマルションについて、粒度測定を行って粒度分布を確認するとともに平均粒子径(体積平均径(MV))を求めた。粒度測定は、日機装株式会社製「マイクロトラック粒度分布測定装置MT3000」(測定原理:レーザー回折散乱法)を用いて行った。

0036

その結果、実施例1のエマルションについては、図1に示すように、100nm辺りに単一のピークを持つナノエマルションであることが確認された。比較例1のエマルションについても同様にナノエマルションであることが確認された。これに対し、比較例2のエマルションについては、図2に示すように、0.76μmと5.5μmに2つのピークトップを持つエマルションであり、ナノエマルションが得られなかった。なお、各エマルションの粒子の平均粒子径を表1に示す。

0037

実施例1と比較例1のナノエマルションについて、経時安定性を評価した。経時安定性は、各エマルションを、室温(25℃)、低温(5℃)および高温(45℃)の環境下に置き、所定期間経過後に、上記と同様に粒度測定を行い、粒度分布の変化(特に、粒度分布が2つのピークに分離するか否か)を確認することにより行った。

0038

結果は表1に示すとおりであり、比較例1のナノエマルションでは、室温と5℃については7ヶ月経過後も粒度分布に変化はみられなかったが、45℃については、1ヶ月前後で粒度分布のピークが2つに分離傾向が見られ、高温安定性が悪いものであった。

0039

これに対し、実施例1のナノエマルションでは、室温と5℃については7ヶ月経過後も粒度分布に変化はみられず、45℃については6ヶ月経過後に粒度分布のピークが2つに分離した。そのため、実施例1のナノエマルションは、比較例1に比べて、高温での経時安定性が大幅に改善されていた。

0040

また、実施例1のナノエマルションについて、電子顕微鏡によりリポソームが形成されているかどうか観察した。観察は次のようにして行った。上記ナノエマルションを精製水で10倍に希釈し、希釈液の1滴をニトロセルロースフィルム被覆した電子顕微鏡の格子上においた。その後、直ちにpH7に中和したホスホタングステン酸の2重量%溶液の1滴を同じ格子上に添加した。該格子を風乾し、透過型電子顕微鏡TEM)で5万倍に拡大して観察した。

0041

その結果、図3に示すように、直径100nm前後のナノ粒子が観察され、該ナノ粒子が、多重層のラメラ構造を持つ多重層リポソームであることが確認できた。すなわち、実施例1のナノエマルションは、リポソームからなるナノ粒子が水相中に分散したものであることが判明した。

0042

実施例1のナノエマルションについて、45℃で1ヶ月保管したサンプルについても、上記と同様に電子顕微鏡により確認したところ、図4に示すように、直径100nm前後の多重層リポソームの形態を持つナノ粒子が確認され、よって、高温で1ヶ月経過後においてもリポソームの形態が維持され、経時安定性に優れていることが確認された。

0043

(実施例2)
リン脂質及びリゾリン脂質に対するフェノキシエタノールの配合比を変えて、ナノ粒子の経時安定性を評価した。詳細な配合は、下記表2に示す。なお、各サンプルにおいて、リン脂質は5重量%、リゾリン脂質は15×0.25=3.75重量%であり、従って、リン脂質とリゾリン脂質の合計は8.75重量%となる。これに対して、フェノキシエタノールを0.5〜4重量%の範囲で変え、7種類のナノエマルションを作製した。作製方法およびその他の配合成分は、上記実施例1と同様に行った。

0044

そして、得られた各ナノエマルションについて、実施例1と同様に、粒度測定を行って平均粒子径を求め、また、経時安定性(安定期間:粒度分布のピークが分離するまでの期間)を評価した。

0045

結果は表2に示すとおりであり、リン脂質とリゾリン脂質の合計量に対するフェノキシエタノールの配合比が18:1〜2:1の範囲内で、高温での経時安定性に効果が認められた。また、室温での経時安定性を確保する点からは、該配合比が9:1〜2.5:1であることが好ましいことが判明した。更に、低温、室温及び高温の全てにおいて2ヶ月以上の経時安定性を確保するためには、上記配合比が9:1〜3:1であることが好ましいことが判明した。

0046

(実施例3)
リン脂質とリゾリン脂質の配合比を変えて、ナノ粒子の経時安定性を評価した。詳細な配合は、下記表3に示す。なお、各サンプルにおいて、リン脂質は2〜10重量%の範囲内、リゾリン脂質は18×0.25〜10×0.25、即ち4.5〜2.5重量%の範囲内で変え、7種類のナノエマルションを作製した。作製方法およびその他の配合成分は、上記実施例1と同様に行った。

0047

そして、得られた各ナノエマルションについて、実施例1と同様に、粒度測定を行って平均粒子径を求め、また、経時安定性(安定期間:粒度分布のピークが分離するまでの期間)を評価した。

0048

結果は表3に示すとおりであり、高温だけでなく、室温での経時安定性を確保するためには、リン脂質とリゾリン脂質の配合比が0.4:1〜2.5:1であることが好ましく、更に、低温での安定性も加味すると、該配合比が0.4:1〜2:1であることが好ましいことが判明した。

0049

(実施例4:ナノエマルション配合化粧水)
(配合成分) (重量%)
(1)精製水全体で100%となるように配合
(2)濃グリセリン5%
(3)1,2−ペンチレングリコール3%
(4)グリチルリチン酸2K 0.1%
(5)エタノール5%
(6)実施例1のナノエマルション 1%

0050

製法
(1)に(2)〜(4)を80℃溶解する。これを冷却し、50℃で(5)を加えて混合する。さらに、40℃以下で(6)を加えて攪拌混合して、半透明の化粧水を得た。

0051

(実施例5:ナノエマルション配合ジェル)
(配合成分) (重量%)
(1)精製水全体で100%となるように配合
(2)パラオキシ安息香酸メチル0.2%
(3)カルボキシビニルポリマー0.4%
(4)ヒアルロン酸ナトリウム0.05%
(5)メチルセルロース0.2%
(6)1,3−ブチレングリコール5%
(7)ジグリセリン0.5%
(8)10%水酸化カリウム水溶液1%
(9)エタノール1%
(10)実施例1のナノエマルション 1%

0052

(製法)
(1)に(2)〜(7)を分散させ、80℃に加熱溶解する。ここに(8)を加えて中和を行う。得られたジェルを冷却し、50℃で(9)を加えて混合する。さらに、40℃以下で(10)を加えて攪拌混合して、半透明のジェルを得た。

0053

(実施例6:ナノエマルション配合乳液状美容液)
(配合成分) (重量%)
(1)精製水全体で100%となるように配合
(2)パラオキシ安息香酸メチル0.2%
(3)キサンタンガム0.1%
(4)アクリル酸メタクリル酸アクリル共重合体0.1%
(5)ジプロピレングリコール6%
(6)PEG 0.5%
(7)10%水酸化カリウム水溶液0.05%
(8)ジメチコン5%
(9)シクロメチコン5%
(10)流動パラフィン5%
(11)実施例1のナノエマルション 1%

0054

(製法)
(1)に(2)〜(6)を分散させ、80℃に加熱溶解する。ここに(7)を加えて中和を行う。ここに、加熱した(8)〜(10)を徐々に加え、乳化する。得られたジェルを冷却し、40℃以下で(11)を加えて攪拌混合して、乳液状の美容液を得た。

0055

(実施例7:ナノエマルション配合洗浄液
(配合成分) (重量%)
(1)精製水全体で100%となるように配合
(2)パラオキシ安息香酸メチル0.2%
(3)1,3−ブチレングリコール6%
(4)ジプロピレングリコール6%
(5)マルチトール液 4%
(6)エタノール15%
(7)POE(20)ソルビタンモノラウリン酸エステル1%
(8)ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンブロックポリマー1.5%
(9)実施例1のナノエマルション 1%

0056

(製法)
(1)に(2)〜(5)を分散させ、80℃に加熱溶解する。(6)に(7)(8)を加えて溶解する。これを、(1)の溶液を50℃まで冷却したものに加え溶解する。40℃以下で(9)を加えて攪拌混合して、洗浄液を得た。

0057

本発明に係るナノエマルションは、化粧料を始めとした各種皮膚外用剤に用いることができる。

図面の簡単な説明

0058

実施例1のナノエマルションの粒度分布を示すグラフである。
比較例2のエマルションの粒度分布を示すグラフである。
実施例1のナノエマルションの初期の電子顕微鏡写真である。
実施例1のナノエマルションの45℃×1月保管後の電子顕微鏡写真である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ