図面 (/)

技術 皮革様シートおよびその製造方法

出願人 東レ株式会社
発明者 堀口智之下山悟梶原健太郎関根健二
出願日 2007年10月16日 (13年2ヶ月経過) 出願番号 2007-268656
公開日 2008年5月29日 (12年7ヶ月経過) 公開番号 2008-121180
状態 特許登録済
技術分野 合成皮革、内装材、柔軟なシート材料 繊維製品の化学的、物理的処理 多層布帛の製造 繊維製品への有機化合物の付着処理 不織物 紙(4)
主要キーワード 散水処理 吐出径 凹凸ムラ エアジェット法 有機溶剤水溶液 いらつき 長期使用後 スプリット処理
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年5月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

耐摩耗性表面品位に優れ、かつ、高分子弾性体を低減させ、実質的に繊維素材からなることも可能とする皮革様シート、および高速流体処理における工程通過性に優れた皮革様シートの製造方法を提供する。

解決手段

通気量が200cc/cm2/sec以上の織編物(B)の一方の面に、平均単繊維繊度0.0001〜0.5デシテックスの繊維からなる不織布(A)が、もう一方の面に平均単繊維繊度0.2〜1.0デシテックスの不織布(C)が積層されてなることを特徴とする皮革様シート。

概要

背景

極細繊維高分子弾性体からなる、いわゆる合成皮革人工皮革などの皮革様シートは、天然皮革にない優れた特徴を有しており、種々の用途に広く使用されている。かかる合成皮革または人工皮革を製造するにあたっては、繊維シート状物ポリウレタンなどの高分子弾性体溶液含浸せしめた後、その繊維シート状物を水または有機溶剤水溶液中に浸漬して高分子弾性体を湿式凝固する方法が一般に用いられている(例えば、特許文献1参照)。

しかしながら、強度や寸法安定性などを得るために多量のポリウレタンが使用されていることから、ポリウレタンの原料コストや製造プロセスの煩雑化などによって、皮革様シートは高価なものになっている。また、ポリウレタンを含浸させる工程に、N,N’−ジメチルホルムアミドなどの水混和性有機溶剤が用いられているが、これらの有機溶剤は一般に作業環境の点から好ましくない。

さらに、高分子弾性体が多くなるとゴムライク風合いになりやすく、天然皮革に似た充実感が得られにくくなることも指摘されている。加えて、高分子弾性体を含むことは、これらの風合い面での課題のみならず、近年の環境や資源の保護などの目的から重視されているリサイクル性の点でも好ましくない。その他、ポリウレタンなどはNOxガスなどによる黄変も指摘されており、白色のスエード調シート状物を得ることが困難であるなど、種々の課題がある。

これらの観点から、ポリウレタンなどの高分子弾性体を低減させた、もしくは実質的に含まない皮革様シートが望まれている。

ここで、ポリウレタンなどの高分子弾性体の含有量を低減させた場合、物性の低下を招き、特にその含有量が5%以下となった場合には耐摩耗性の低下が顕著となり、実質的に実用に耐えうる人工皮革を得ることが困難になる。そこで、本発明者らは、極細繊維不織布における絡合性を高めることで解決できることを見出した(例えば、特許文献2〜3参照)。この技術によれば、ニードルパンチに加え、10MPaを超える高圧高速流体処理を行うことによって極細繊維を高度に絡合させ、高分子弾性体の使用量を大幅に減少させることができ、実質的に繊維素材からなる場合であっても実用に耐えうる物性を得ることが可能となる。

しかしながら、織編物の両面を不織布で構成した皮革様シートを製造する場合、高度な物性を得ることができる反面、物性の向上に従い表面にランダム凹凸が形成される場合があり、高品位な表面を要求される皮革様シートにおいて商品価値下げる問題があった。

この現象は主として高速流体処理を行うことによって発生し、例えば繊維長を15mm以下として均一な絡合を促進することで解決することができる(例えば、特許文献4参照)。しかしながら、繊維長を15mm以下とすると摩耗によって繊維が容易に脱落しやすくなり、本来の目的である高分子弾性体の含有量の低減には寄与できない問題があった。また、皮革様シートに求められる優美なライティングエフェクトを有する高品位な表面を得るには、繊維長が20mm以上であることが好ましく、従って両立が困難となる。
特開2000−336581号公報
特開2005−226213号公報
特開2006−70423号公報
特開昭53−78373号公報

概要

耐摩耗性や表面品位に優れ、かつ、高分子弾性体を低減させ、実質的に繊維素材からなることも可能とする皮革様シート、および高速流体処理における工程通過性に優れた皮革様シートの製造方法を提供する。通気量が200cc/cm2/sec以上の織編物(B)の一方の面に、平均単繊維繊度0.0001〜0.5デシテックスの繊維からなる不織布(A)が、もう一方の面に平均単繊維繊度0.2〜1.0デシテックスの不織布(C)が積層されてなることを特徴とする皮革様シート。なし

目的

本発明の課題は、耐摩耗性や表面品位に優れ、かつ、高分子弾性体を低減させ、実質的に繊維素材からなることも可能とする皮革様シート、および高速流体処理における工程通過性に優れた皮革様シートの製造方法を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

通気量が200cc/cm2/sec以上の織編物(B)の一方の面に、平均単繊維繊度0.0001〜0.5デシテックスの繊維からなる不織布(A)が、もう一方の面に平均単繊維繊度0.2〜1.0デシテックスの不織布(C)が積層されてなることを特徴とする皮革様シート

請求項2

不織布(A)が平均繊維長2〜10cmの短繊維不織布であることを特徴とする請求項1に記載の皮革様シート。

請求項3

不織布(C)が平均繊維長0.1〜1.5cmの短繊維不織布であることを特徴とする請求項1又は2に記載の皮革様シート。

請求項4

不織布(C)の平均単繊維繊度が0.5デシテックス以下であって、不織布(A)の平均単繊維繊度より大きいことを特徴とする、請求項1〜3のいずれかに記載の皮革様シート。

請求項5

不織布(A)の繊維目付が、不織布(C)より大きいことを特徴とする請求項1〜4のいずれかに記載の皮革様シート。

請求項6

実質的に繊維素材からなることを特徴とする請求項1〜5のいずれかに記載の皮革様シート。

請求項7

不織布(A)、織編物(B)および不織布(C)を構成する繊維が単一素材であることを特徴とする請求項1〜6のいずれかに記載の皮革様シート。

請求項8

織編物(B)が織物であることを特徴とする請求項1〜7のいずれかに記載の皮革様シート。

請求項9

不織布(C)は、繊維目付が10〜50g/m2の抄造不織布であることを特徴とする請求項1〜8のいずれかに記載の皮革様シート。

請求項10

不織布(A)の繊維目付が30〜150g/m2であることを特徴とする請求項1〜9のいずれかに記載の皮革様シート。

請求項11

織編物を構成する繊維が、異種のポリエステル成分サイドバイサイド型または偏心芯鞘型に接合された複合繊維であることを特徴とする請求項1〜10のいずれかに記載の皮革様シート。

請求項12

織編物が600〜3000T/mの撚糸で構成されていることを特徴とする請求項1〜11のいずれかに記載の皮革様シート。

請求項13

マーチンデール法における摩耗試験において、不織布(A)の面において、20000回摩耗した時の摩耗減量が20mg以下であり、かつ、3000回および20000回摩耗した時の外観が3級以上であることを特徴とする請求項1〜12のいずれかに記載の皮革様シート。

請求項14

エチレンビニルエステル共重合体を含むことを特徴とする請求項1〜13のいずれかに記載の皮革様シート。

請求項15

以下の(1)〜(3)の工程からなることを特徴とする皮革様シートの製造方法。(1)平均単繊維繊度0.0001〜0.5デシテックスの極細繊維が発生可能な、平均単繊維繊度1〜10デシテックスの極細繊維発生型短繊維をニードルパンチにより絡合させた後に、極細繊維を発生させてウェブ(A2)を得る工程(2)織編物(B)と0.2〜1.0デシテックスの抄造ウェブ(C2)を積層して複合不織布(D)を得る工程(3)長繊維又は短繊維ウェブ(A2)と複合不織布(D)とを、複合不織布(D)の織編物側が中間となるように高速流体処理により積層する工程

請求項16

ウェブ(A2)が平均繊維長2〜10cmの短繊維ウェブであることを特徴とする請求項15に記載の皮革様シートの製造方法。

請求項17

抄造ウェブ(C2)が平均繊維長0.1〜1.5cmの短繊維不織布であることを特徴とする請求項15又は16に記載の皮革様シート。

請求項18

織編物(B)の通気量が200cc/cm2/sec以上であることを特徴とする請求項15〜17のいずれかに記載の皮革様シートの製造方法。

請求項19

複合不織布(D)の通気量が50cc/cm2/sec以上であることを特徴とする請求項15〜18のいずれかに記載の皮革様シートの製造方法。

請求項20

高速流体処理において、少なくとも1回の処理流量が15〜800L/m2であることを特徴とする請求項15〜19のいずれかに記載の皮革様シートの製造方法。

技術分野

0001

本発明は、皮革様シートおよびその製造方法に関する。さらに詳しくは、高品位な表面および裏面を有しながら高い耐摩耗性を有し、かつ、高分子弾性体を低減させ、実質的に繊維素材からなることも可能とする皮革様シートおよびその製造方法に関する。

背景技術

0002

極細繊維と高分子弾性体からなる、いわゆる合成皮革人工皮革などの皮革様シートは、天然皮革にない優れた特徴を有しており、種々の用途に広く使用されている。かかる合成皮革または人工皮革を製造するにあたっては、繊維シート状物ポリウレタンなどの高分子弾性体溶液含浸せしめた後、その繊維シート状物を水または有機溶剤水溶液中に浸漬して高分子弾性体を湿式凝固する方法が一般に用いられている(例えば、特許文献1参照)。

0003

しかしながら、強度や寸法安定性などを得るために多量のポリウレタンが使用されていることから、ポリウレタンの原料コストや製造プロセスの煩雑化などによって、皮革様シートは高価なものになっている。また、ポリウレタンを含浸させる工程に、N,N’−ジメチルホルムアミドなどの水混和性有機溶剤が用いられているが、これらの有機溶剤は一般に作業環境の点から好ましくない。

0004

さらに、高分子弾性体が多くなるとゴムライク風合いになりやすく、天然皮革に似た充実感が得られにくくなることも指摘されている。加えて、高分子弾性体を含むことは、これらの風合い面での課題のみならず、近年の環境や資源の保護などの目的から重視されているリサイクル性の点でも好ましくない。その他、ポリウレタンなどはNOxガスなどによる黄変も指摘されており、白色のスエード調シート状物を得ることが困難であるなど、種々の課題がある。

0005

これらの観点から、ポリウレタンなどの高分子弾性体を低減させた、もしくは実質的に含まない皮革様シートが望まれている。

0006

ここで、ポリウレタンなどの高分子弾性体の含有量を低減させた場合、物性の低下を招き、特にその含有量が5%以下となった場合には耐摩耗性の低下が顕著となり、実質的に実用に耐えうる人工皮革を得ることが困難になる。そこで、本発明者らは、極細繊維不織布における絡合性を高めることで解決できることを見出した(例えば、特許文献2〜3参照)。この技術によれば、ニードルパンチに加え、10MPaを超える高圧高速流体処理を行うことによって極細繊維を高度に絡合させ、高分子弾性体の使用量を大幅に減少させることができ、実質的に繊維素材からなる場合であっても実用に耐えうる物性を得ることが可能となる。

0007

しかしながら、織編物の両面を不織布で構成した皮革様シートを製造する場合、高度な物性を得ることができる反面、物性の向上に従い表面にランダム凹凸が形成される場合があり、高品位な表面を要求される皮革様シートにおいて商品価値下げる問題があった。

0008

この現象は主として高速流体処理を行うことによって発生し、例えば繊維長を15mm以下として均一な絡合を促進することで解決することができる(例えば、特許文献4参照)。しかしながら、繊維長を15mm以下とすると摩耗によって繊維が容易に脱落しやすくなり、本来の目的である高分子弾性体の含有量の低減には寄与できない問題があった。また、皮革様シートに求められる優美なライティングエフェクトを有する高品位な表面を得るには、繊維長が20mm以上であることが好ましく、従って両立が困難となる。
特開2000−336581号公報
特開2005−226213号公報
特開2006−70423号公報
特開昭53−78373号公報

発明が解決しようとする課題

0009

本発明の課題は、耐摩耗性や表面品位に優れ、かつ、高分子弾性体を低減させ、実質的に繊維素材からなることも可能とする皮革様シート、および高速流体処理における工程通過性に優れた皮革様シートの製造方法を提供することにある。

課題を解決するための手段

0010

本発明は上記課題を解決するために、以下の構成を有するものである。すなわち、
1.通気量が200cc/cm2/sec以上の織編物(B)の一方の面に、平均単繊維繊度0.0001〜0.5デシテックスの繊維からなる不織布(A)が、もう一方の面に平均単繊維繊度0.2〜1.0デシテックスの不織布(C)が積層されてなることを特徴とする皮革様シート。
2.不織布(A)が平均繊維長2〜10cmの短繊維不織布であることを特徴とする前記1に記載の皮革様シート。
3.不織布(C)が平均繊維長0.1〜1.5cmの短繊維不織布であることを特徴とする前記1又は2に記載の皮革様シート。
4.不織布(C)の平均単繊維繊度が0.5デシテックス以下であって、不織布(A)の平均単繊維繊度より大きいことを特徴とする、前記1〜3のいずれかに記載の皮革様シート。
5.不織布(A)の繊維目付が、不織布(C)より大きいことを特徴とする前記1〜4のいずれかに記載の皮革様シート。
6.実質的に繊維素材からなることを特徴とする前記1〜5のいずれかに記載の皮革様シート。
7.不織布(A)、織編物(B)および不織布(C)を構成する繊維が単一素材であることを特徴とする前記1〜6のいずれかに記載の皮革様シート。
8.織編物(B)が織物であることを特徴とする前記1〜7のいずれかに記載の皮革様シート。
9.不織布(C)は、繊維目付が10〜50g/m2の抄造不織布であることを特徴とする前記1〜8のいずれかに記載の皮革様シート。
10.不織布(A)の繊維目付が30〜150g/m2であることを特徴とする前記1〜9のいずれかに記載の皮革様シート。
11.織編物を構成する繊維が、異種のポリエステル成分サイドバイサイド型または偏心芯鞘型に接合された複合繊維であることを特徴とする前記1〜10のいずれかに記載の皮革様シート。
12.織編物が600〜3000T/mの撚糸で構成されていることを特徴とする前記1〜11のいずれかに記載の皮革様シート。
13.マーチンデール法における摩耗試験において、不織布(A)の面において、20000回摩耗した時の摩耗減量が20mg以下であり、かつ、3000回および20000回摩耗した時の外観が3級以上であることを特徴とする前記1〜12のいずれかに記載の皮革様シート。
14.エチレンビニルエステル共重合体を含むことを特徴とする前記1〜13のいずれかに記載の皮革様シート。
15.以下の(1)〜(3)の工程からなることを特徴とする皮革様シートの製造方法。
(1)平均単繊維繊度0.0001〜0.5デシテックスの極細繊維が発生可能な、平均単繊維繊度1〜10デシテックスの極細繊維発生型短繊維をニードルパンチにより絡合させた後に、極細繊維を発生させてウェブ(A2)を得る工程
(2)織編物(B)と0.2〜1.0デシテックスの抄造ウェブ(C2)を積層して複合不織布(D)を得る工程
(3)長繊維又は短繊維ウェブ(A2)と複合不織布(D)とを、複合不織布(D)の織編物側が中間となるように高速流体処理により積層する工程
16.ウェブ(A2)が平均繊維長2〜10cmの短繊維ウェブであることを特徴とする前記15に記載の皮革様シートの製造方法。
17.抄造ウェブ(C2)が平均繊維長0.1〜1.5cmの短繊維不織布であることを特徴とする前記15又は16に記載の皮革様シート。
18.織編物(B)の通気量が200cc/cm2/sec以上であることを特徴とする前記15〜17のいずれかに記載の皮革様シートの製造方法。
19.複合不織布(D)の通気量が50cc/cm2/sec以上であることを特徴とする前記15〜18のいずれかに記載の皮革様シートの製造方法。
20.高速流体処理において、少なくとも1回の処理流量が15〜800L/m2であることを特徴とする前記15〜19のいずれかに記載の皮革様シートの製造方法。

発明の効果

0011

本発明によれば、高品位な表面および裏面を有しながら高い耐摩耗性を有し、かつ、高分子弾性体を低減させ、実質的に繊維素材からなることも可能とする皮革様シートを提供することができる。本発明の皮革様シートは、衣料資材家具などに好適に使用することができる。

発明を実施するための最良の形態

0012

本発明の皮革様シートは、織編物(B)(本発明においては、織物および編物を総称して「織編物」と呼称する)の一方の面に、不織布(A)を積層し、他のもう一方の面に不織布(C)が積層されてなるものである。上記の不織布(A)と不織布(C)が直接に織編物(B)とが積層されることにより、本発明の目的である良好な表面品位を得ることができる。なお、不織布(A)(C)の上に他の不織布などを重ねることを制限しないが、本発明の目的、効果である良好な表面品位や耐摩耗性を損なう場合はこの限りでない。

0013

本発明において、不織布(A)は、平均繊維長が2〜10cmの短繊維からなることが好ましいが、長繊維からなるものでもよく、特に限定されるものではない。短繊維不織布の場合に限って述べると、平均繊維長は、3cm以上であることが好ましく、4cm以上であることがより好ましい。また、8cm以下であることが好ましく、6cm以下であることがより好ましい。平均繊維長が10cmを超えると、短繊維不織布製造工程でのムラ発生等によって表面品位が低下するため好ましくないことがある。また、平均繊維長が2cm未満であると、不織布の耐摩耗性やスエード調皮革様シートの場合はライティングエフェクトが低下する。なお、本発明の効果が損なわれない範囲で繊維長が10cmを超える繊維もしくは繊維長が2cm未満の繊維が含まれていてもよい。繊維長が10cmを超える繊維および繊維長が2cm未満の繊維の含有量は、数にして、不織布(A)を構成する繊維の30%以下が好ましく、10%以下がより好ましく、全く含まれないことが最も好ましい。

0014

本発明でいう平均繊維長は、任意の3箇所からそれぞれ繊維を100本抜き出して繊維長を測定し、測定した300本分の繊維長の数平均を用いる。

0015

なお、長繊維不織布の場合、平均繊維長が10cmを超えるのが通常であるが、スパンボンド法によって均一な不織布とし、高品位な皮革様シートを得ることができる。ただし、より品位に優れる点では短繊維不織布の方が好ましい。

0016

また、不織布(A)は、平均単繊維繊度が0.0001〜0.5デシテックスである極細繊維からなる。平均単繊維繊度は、好ましくは0.001デシテックス以上、より好ましくは0.005デシテックス以上である。また、好ましくは0.3デシテックス以下、より好ましくは0.15デシテックス以下である。平均単繊維繊度が0.0001デシテックス未満であると、皮革様シートの強度が低下するため好ましくない。また平均単繊維繊度が0.5デシテックスを超えると、皮革様シートの風合いが堅くなり、また、繊維の絡合が不十分になって、皮革様シートの表面品位が低下したり、耐摩耗性が低下したりするなどの問題も発生するため好ましくない。なお、本発明の効果を損なわない範囲で、単繊維繊度が0.0001デシテックス未満の繊維もしくは単繊維繊度が0.5デシテックスを超える繊維が含まれていてもよい。単繊維繊度が0.0001デシテックス未満の繊維および単繊維繊度が0.5デシテックスを超える繊維の含有量は、数にして、不織布(A)を構成する繊維の30%以下が好ましく、10%以下がより好ましく、全く含まれないことが最も好ましい。

0017

本発明でいう平均単繊維繊度は、繊維断面を100個無作為に選んで断面積を測定した後、100個の繊維断面積の数平均を求め、繊維の比重から繊度を計算により求めた値を用いる。なお、繊維の比重はJIS L 1015 8.14.2(1999)に従って求めた値を用いる。

0018

本発明では、これらの極細繊維同士が相互に絡合していることが、皮革様シートの耐摩耗性を向上させるために好ましい。従来の極細繊維からなる皮革様シートの大半は、極細繊維が集束した繊維束の状態で絡合した構造を有している。しかし、極細繊維同士が相互に絡合した構造を有していると、形態が安定し耐摩耗性を向上させることができる。なお、本発明の効果が損なわれない範囲で繊維束の状態で絡合した構造が含まれていてもよい。

0019

不織布(A)の繊維目付は、30g/m2以上であることが好ましく、50g/m2以上であることがより好ましく、70g/m2以上であることがさらに好ましい。また、150g/m2以下であることが好ましく、120g/m2以下であることがより好ましく、100g/m2以下であることがさらに好ましい。30g/m2以上であれば、表面に織編物の露出が目立たなく高品位な表面を容易に得ることができる。また、150g/m2以下であれば、表面に凹凸が形成され難く、同様に高品位な表面を容易に得ることができるとともに、より高い耐摩耗性を得ることができる。

0020

不織布(A)を構成する繊維は、非弾性ポリマーからなることが好ましい。具体的には、ポリエステルポリアミドポリプロピレンポリエチレンなどからなる繊維が好ましく用いられる。ポリエーテルエステル系繊維やいわゆるスパンデックスなどのポリウレタン系繊維などのゴム状弾性に優れる繊維は好ましくない。

0021

ポリエステルとしては、繊維化が可能なものであれば特に限定されるものではない。具体的には、例えば、ポリエチレンテレフタレートポリトリメチレンテレフタレートポリテトラメチレンテレフタレートポリシクロヘキシレンジメチレンテレフタレート、ポリエチレン−2,6−ナフタレンジカルボキシレ−ト、ポリエチレン−1,2−ビス(2−クロロフェノキシエタン−4,4’−ジカルボキシレートなどが挙げられる。中でも最も汎用的に用いられているポリエチレンテレフタレートまたは主としてエチレンテレフタレート単位を含むポリエステル共重合体が好適に使用される。

0022

また、ポリアミドとしては、たとえばナイロン6ナイロン66、ナイロン610、ナイロン12、などのアミド結合を有するポリマーを挙げることができる。

0023

これらのポリマーには、隠蔽性を向上させるためにポリマー中酸化チタン粒子などの無機粒子を添加してもよいし、潤滑剤、顔料熱安定剤紫外線吸収剤導電剤蓄熱材抗菌剤など、種々目的に応じて添加することもできる。

0024

また、本発明では織編物(B)を用いる。織物または編物によって、良好な形態安定性を得ることができるが、織物の方がより形態安定性が向上するため好ましい。また、編物はドレープ性に優れるものの、織物の方が張り反発感などの風合いに優れるため、織物で構成された皮革様シートの方が好ましい用途が多い。

0025

織編物(B)に用いられる繊維は特に限定されるものではなく、強度やストレッチ性反発性、ドレープ性、など必要な特性に応じて使用することができる。また、表面への露出によるいらつきを防止するため、非弾性繊維であることが好ましい。ここで、本発明において好ましい態様である実質的に繊維素材からなる皮革様シートにおいては、反発感が不足する傾向にあり、その場合は、異種のポリエステル成分がサイドバイサイド型または偏心芯鞘型に接合された複合繊維を含むことが好ましい。

0026

異種のポリエステル成分とは、物理的および/または化学的性質を異にする2種以上のポリエステルを用いることを意味する。すなわち、異種のポリエステル成分がサイドバイサイド型または偏心芯鞘型に接合された複合繊維とは、物理的および/または化学的性質を異にする2以上のポリエステルが、繊維長さ方向に沿ってサイドバイサイド型または偏心芯鞘型に接合されている複合繊維を意味する。これにより、物理的または化学的要因によって、複合繊維に捲縮を発現させることができる。捲縮発現が容易である点で、好ましくは熱収縮性の異なるポリエステルを2種以上使用することが好ましい。これにより、前記複合繊維をリラックス処理することによって、容易に捲縮を発現させることができる。複合繊維に捲縮を発現させることにより、反発感が優れる皮革様シートが得られる。熱収縮性の異なるポリエステルとしては、例えば、ポリマーの重合度が異なるもの、異なるポリマーをブレンドしたもの、などが挙げられる。本発明においては、特に反発感が優れる皮革様シートが得られる点で、極限粘度が0.35〜0.45の低粘度ポリエステルと極限粘度が0.65〜0.85の高粘度ポリエステルとが複合された複合繊維が好ましい。この場合、一般に高粘度ポリエステルの方が、低粘度ポリエステルよりも、熱収縮性が高くなる。低粘度ポリエステルの極限粘度が0.35未満であると紡糸安定性が低下するため好ましくない。また低粘度ポリエステルの極限粘度が0.45を超えると、皮革様シートの反発感が低下するため好ましくない。また高粘度ポリエステルの極限粘度が0.85を超えると紡糸安定性が低下するため好ましくない。高粘度ポリエステルの極限粘度が0.65未満であると、皮革様シートの反発感が低下するため好ましくない。反発感に優れる皮革様シートを得るために、低粘度ポリエステルと高粘度ポリエステルの極限粘度差は、0.20〜0.40の範囲が好ましい。なお、極限粘度[η]は、温度25℃においてオルソクロロフェノール溶液として測定した値を用いる。

0027

また、2種のポリエステル成分を複合する場合の複合比率は、製糸性および捲縮を発現させた際の繊維長さ方向のコイルの寸法均質性の点で、高収縮成分:低収縮成分=75:25〜35:65(重量%)の範囲が好ましく、65:35〜45:55の範囲がより好ましい。

0028

複合形態としては、サイドバイサイド型および偏心芯鞘型のいずれでもよいが、反発感に優れる皮革様シートが得られる点でサイドバイサイド型が好ましい。

0029

複合繊維の平均単繊維繊度は、特に限定されないが、1〜15デシテックスが好ましい。1デシテックス未満であると良好な反発感が得られにくく、15デシテックスを超えると皮革様シートの風合いが硬くなる傾向がある。

0030

さらに、織編物に用いられるマルチフィラメント撚数が600T/m以上に撚糸されたものであることが好ましく、800T/m以上であることがより好ましい。3000T/m以下であることが好ましく、2000T/m以下であることがより好ましい。600T/m以上であれば良好な反発感を得ることができるが、3000T/mを超えると風合いが硬くなるため好ましくない。

0031

織編物(B)の組織は特に限定されるものではなく、例えば織物の場合は平織綾織朱子織などが挙げられ、編物の場合は、よこ編、たて編が挙げられる。この内コストや平滑性の点で平織であることが好ましいが、通気性向上の点でからみ織りなど種々の組織を適宜選択することができる。

0032

また、織編物(B)の目付は、目的とする皮革様シートの目付に合わせ適宜調整することができるが、一般に高目付とするほど通気性が低下するため、本発明の通気性範囲内で調整する必要がある。使用する用途からいえば、衣料用途の場合は10g/m2以上であることが好ましく、30g/m2以上であることがより好ましい。また、150g/m2以下であることが好ましく、100g/m2以下であることがより好ましい。織編物(B)の目付が10g/m2未満であると、織編物(B)の形態が不安定であり、取り扱い性が悪くなり、150g/m2を超えると得られる皮革様シートのドレープ性が低下するため好ましくない。また、家具やカーシートなどに使用する場合は、50〜400g/m2であることが好ましい。50g/m2未満であると、充実感に乏しく、400g/m2を超えると成形性が低下する傾向があるため好ましくない。

0033

本発明の織編物(B)の通気量は200cc/cm2/sec以上であることが重要である。250cc/cm2/sec以上であることが好ましく、300cc/cm2/sec以上であることがより好ましく、350cc/cm2/sec以上であることがさらに好ましい。200cc/cm2/sec以上であると、本発明の皮革様シートにおいて、高い耐摩耗性を有し、また表面の凹凸形成が抑制された高品位な表面とすることができる。本発明の平均単繊維繊度0.0001〜0.5デシテックスの不織布(A)は通水性が低いため、これを積層した場合、本発明の皮革様シートを製造するにあたり好ましく使用する高速流体処理の際、通水不良による滞留水が耐摩耗性やまた表面の凹凸形成に影響するものと推測されるため、織編物(B)が上記の通気量範囲であることが重要である。特に不織布(A)の繊維長が長くなるほどこの傾向は顕著となり、例えば繊維長が4cm以上である場合、織編物の通気量は300cc/cm2/sec以上であることが好ましい。

0034

通気量の上限は特に限定されず、品位の観点からは高い程好ましいが、皮革様シートの強力は低下する傾向を示す。そのため、使用目的に応じた必要強力を上限として通気量を設定することが好ましい。すなわち上限は、複合不織布としての必要強力によって適宜設定されるが、例えば通常は1000cc/cm2/sec以下となる。

0035

ここでいう通気量は、JIS L 1096 8.27.1(1999)A法(フラジール形)によって得られる値を用いる。当該方法で得られる通気量の上限は測定器によって制約されうるが、本発明の不織布積層用織編物はこの値を上限とするものでなく、測定限界を超えるものであっても良い。

0036

織編物(B)の皮革様シートにおける重量比は、皮革様シート全体の5〜50%であることが好ましく、10〜40%であることがより好ましい。重量比が5%以上となると形態安定性や、織編物の有する特性を皮革様シートに反映することが容易となる。ただし、重量比が50%を超えると、得られた皮革様シートが織編物様の風合いとなり、皮革様シートとしての高級感が得られにくいため、好ましくない。

0037

本発明の皮革様シートは、裏面品位に優れる点も特徴としてあげることが出来る。裏面に配する不織布(C)は、長繊維であっても短繊維であってもよく、例えばメルトブロー不織布、スパンボンド不織布、抄造不織布、ニードルパンチ不織布が挙げられる。このうち、不織布(C)は品位や均一性に優れる点で、短繊維不織布であることが好ましい。この場合、平均繊維長が0.1〜1.5cmであることが好ましい。平均繊維長が0.1cm未満であると、脱落によって織編物が露出しやすくなるため好ましくない。また1.5cmを超えると、表面に凹凸を形成しやすくなり品位が低下するため好ましくない。

0038

不織布(C)を構成する繊維は平均単繊維繊度が0.2〜1.0デシテックスの範囲にある。0.25デシテックス以上が好ましく、0.3デシテックス以上がより好ましい。また、0.8デシテックス以下が好ましく、0.6デシテックス以下がより好ましく、0.5デシテックス以下がさらに好ましい。0.2デシテックス未満であると、織編物の通気性を本発明の範囲とした場合であっても、本発明の効果である良好な表面品位を得ることが困難となる。また、1.0デシテックスを超えると、タッチが不良となるとともに、絡合性不良により染色でモモケなどが生じるため好ましくない。0.5デシテックス以下となると、品位に優れる点でより好ましい。

0039

ここで、不織布(C)の平均単繊維繊度は0.5デシテックス以下であって、不織布(A)より大きいことが、表面品位をより向上させる上で好ましく、1/2以下であることがより好ましい。例えば、不織布(C)の平均単繊維繊度を0.2デシテックスとした場合、不織布(A)の短繊維繊度は0.2デシテックス未満であることが好ましく、0.1デシテックス以下であることがより好ましい。一般に繊維繊度の低下と共に凹凸による表面品位低下が発生しやすくなる傾向があるため、裏面より表面を重視する関係から、上記バランスとすることが好ましい。

0040

本発明の皮革様シートにおいては、通常の用途では表層となる面に不織布(A)が存在する。従来、この不織布(A)が、本発明の皮革様シートを製造する際に好ましく適用される高速流体処理において、凹凸を形成しやすい傾向を示すという問題があった。皮革様シートは特に高い表面外観品位が要求され、凹凸が存在するとその商品価値を著しく損ねる。しかしながら、本発明の範囲の通気量を有する織編物と、本発明の範囲の特定の不織布(C)を組み合わせることにより、この課題を解決することが可能となった。不織布(A)と(C)は、いずれが欠けても本発明の目的である高品位な表面外観を得ることが難しくなる。例えば、不織布(A)が積層された高い通気量を有する織編物に、0.2デシテックス未満の繊度からなる不織布(C)が積層された皮革様シートは、本発明の皮革様シートと比較すると凹凸が形成され明らかに表面品位が劣る。

0041

不織布(C)の繊維目付は、5g/m2以上であることが好ましく、10g/m2以上であることがより好ましく、20g/m2以上であることがさらに好ましい。また、100g/m2以下であることが好ましく、50g/m2以下であることがより好ましく、40g/m2以下であることがさらに好ましい。5g/m2以上であれば、裏面の外観において織編物(B)が明瞭でなくなり、高級感が向上する。また、高目付になるほど、本発明の皮革様シートを製造する際に好ましく適用される高速流体処理において表面に凹凸が形成しやすくなるため、100g/m2以下が好ましい。目付は上述した繊度ほど、品位に対する影響は顕著でないが、繊度および目付共に本発明の好ましい範囲とすることは、より高品位な表面外観を得ることができる点で好ましい態様である。

0042

また、不織布(A)の繊維目付は、不織布(C)より大きいことが、表面品位をより向上させる上で好ましい。本発明においては、繊維目付の増加と共に凹凸が形成されやすくなる傾向があるが、逆に織物が露出しやすくなる傾向を示す。よって、裏面より表面の品位を優先させるために、上記のバランスとすることが好ましい。

0043

不織布(C)の素材は、特に限定されるものではないが、不織布(A)や織編物(B)と同一の素材とし、皮革様シートとして構成する繊維が単一素材であることが、染色性やリサイクル性の点で好ましい。ここで単一素材とは、同一の染料で実用上問題ないレベルで染色できる素材の範囲を示し、例えばポリエステル単一素材であれば、ポリエチレンテレフタレートのほか、分散染料で染色できる素材としてポリブチレンテレフタレート、ポリトリメチレンテレフタレートなどや、その共重合体を含むが、堅牢度に問題が生じるナイロン6は含まない。逆に、ポリアミド単一素材であれば、酸性染料で染色できるナイロン6、ナイロン66、ナイロン12などや、その共重合体などをいう。

0044

不織布(C)は、均一な低目付不織布を容易に製造できる点で、メルトブロー不織布又は抄造不織布等の湿式不織布であることが好ましく、抄造不織布であることがより好ましい。

0045

また、耐摩耗性を向上させる目的で、本発明の皮革様シートは高分子弾性体を含んでいても良い。高分子弾性体としては、例えば、ポリウレタン系樹脂ポリ塩化ビニリデン系樹脂ポリ塩化ビニル系樹脂ポリアミノ酸系樹脂ポリ酢酸ビニル系樹脂、エチレン−ビニルエステル共重合系樹脂ポリアクリル酸共重合系樹脂、ポリアクリル酸エステル系樹脂、SBR、NBRおよびその共重合体等が挙げられる。この中では特にエチレン−ビニルエステル共重合系樹脂やポリウレタン系樹脂が耐摩耗性向上効果と柔軟性のバランスが優れる点で好ましく、耐摩耗性向上効果の点でエチレン−ビニルエステル共重合系樹脂がより好ましく、柔軟性の点でポリウレタン系樹脂がより好ましい。エチレン−ビニルエステル共重合系樹脂またはポリウレタン系樹脂に微粒子を組み合わせると、耐摩耗性向上効果がさらに向上するため好ましい。

0046

ここで、エチレン−ビニルエステル共重合系樹脂とは、エチレン単位ビニルエステル単位を含む共重合体からなる樹脂である。ビニルエステル単位としては、例えば、イソノナン酸ビニル酢酸ビニルピバリン酸ビニルプロピオン酸ビニルラウリン酸ビニル酪酸ビニルなどのアルキル酸ビニルエステルなどが挙げられる。ビニルエステル単位として、2種類以上のビニルエステル単位からなっても良い。特に、耐水性耐アルカリ性耐候性合成繊維などの非極性素材とのなじみの点からエチレン−酢酸ビニル共重合体が好ましい。

0047

エチレン−ビニルエステル共重合系樹脂やポリウレタン系樹脂が含まれる場合、その含有率は皮革様シートの全繊維重量に対して、0.01重量%以上であることが好ましく、0.2重量%以上であることがより好ましい。また、10重量%以下であることが好ましく、5重量%以下であることがより好ましく、3重量%以下であることがさらに好ましい。前記含有率が0.01重量%以上で高い耐摩耗性を得ることができるが、10重量%を超えると風合いが硬くなりやすくなり、好ましくない。

0048

また、エチレンービニルエステル共重合系樹脂またはポリウレタン系樹脂を含み、かつ微粒子を含むとさらに高い耐摩耗性が得られる点で好ましい。また、微粒子を含むことによって、ドライ感きしみ感などの風合いを与える効果を得ることもできる。微粒子の材質は水に不溶であれば特に限定されるものではなく、例えば、シリカコロイダルシリカ酸化チタンアルミニウムマイカなどの無機物質や、メラミン樹脂などの有機物質を例示することができる。

0049

また、微粒子の平均粒子径は、好ましくは0.001μm以上であり、より好ましくは0.01μm以上、さらに好ましくは0.05μm以上である。また、好ましくは30μm以下であり、より好ましくは20μm以下、さらに好ましくは10μm以下である。微粒子の平均粒子径が0.001μm未満であると、期待する効果が得られにくくなる。また微粒子の平均粒子径が30μmを超えると、微粒子の脱落によって洗濯耐久性が低下しやすくなる。なお、微粒子の平均粒子径は個々の材質やサイズに応じて適した測定方法、例えばBET法レーザー法動的散乱法、コールター法などを用いて測定することができる。本発明においては、特にBET法を用いて求めた体積(質量)平均粒子径が好ましい。

0050

これらの微粒子は、本発明の効果が発揮できる範囲で適宜使用量を調整することができる。微粒子の含有量は、好ましくは皮革様シートの0.01重量%以上であり、より好ましくは0.02重量%以上、さらに好ましくは0.05重量%以上である。また、好ましくは皮革様シートの5重量%以下であり、より好ましくは3重量%以下、さらに好ましくは1重量%以下である。含有量が0.01重量%以上であれば、耐摩耗性の向上効果が顕著に発揮でき、量を増加させる程、その効果は大きくなる傾向がある。ただし、含有量が5重量%を超えると皮革様シートの風合いが硬くなり、好ましくない。

0051

また、柔軟な風合いとなめらか表面タッチを得るために、本発明の皮革様シートは柔軟剤を含むことが好ましい。柔軟剤としては、人工皮革や織編物などに一般的に使用されているものを繊維種に応じて適宜選択することが好ましい。

0052

皮革様シートの目付は、好ましくは130g/m2以上であり、より好ましくは150g/m2以上、さらに好ましくは170g/m2以上である。また、好ましくは550g/m2以下であり、より好ましくは500g/m2以下、さらに好ましくは450g/m2以下である。皮革様シートの目付が130g/m2未満であると、良好な反発感が得られにくくなるため好ましくない。また、皮革様シートの目付が550g/m2を超える場合は、種々の用途への加工性が低下する傾向があるため好ましくない。また、皮革様シートの繊維見掛け密度は、好ましくは0.25g/cm3以上であり、より好ましくは0.29g/cm3以上、さらに好ましくは0.30g/cm3以上である。また、好ましくは0.70g/cm3以下であり、より好ましくは0.60g/cm3以下、さらに好ましくは0.45g/cm3以下である。繊維見掛け密度が0.25g/cm3未満であると、特に耐摩耗性が低下するため好ましくない。また繊維見掛け密度が0.70g/cm3を超えると、種々の用途への加工性が低下するため好ましくない。

0053

かくして得られる本発明の立毛調シート耐摩耗性評価において、外観が3級以上であり、減量が20mg以下であることが好ましい。

0054

本発明でいう、耐摩耗性評価とはJIS L 1096(1999)8.17.5 E法(マーチンデール法)家具用荷重(12kPa)に準じて測定される耐摩耗試験において、3000回および20000回の回数を摩耗した後の試験布の外観をJIS L 1076(1999)表2の判定基準表で判定したものであり、いずれも3〜5級が好ましい。3000回、20000回とも4〜5級がより好ましい。3級未満では十分な品位を保持できておらず、5級が評価上、最も好ましい状態である。判定にはJIS L 1076(1999)表2の基準表を用いて毛玉の有無の点から、20000回は長期使用後の外観、3000回は短期使用後の外観として評価する。2箇所のポイントで評価する理由は、20000回で外観が大きく変わらないことが形態の安定性を示すため最も重要であるが、その時点で同等の等級値を示していても短期使用で低い等級値を示す場合があるためである。さらに、JIS L 1096(1999)8.17.5 E法(マーチンデール法)家具用荷重(12kPa)に準じて測定される耐摩耗試験において、20000回後の摩耗減量は20mg以下が好ましく、10mg以下がより好ましく、5mg以下がさらに好ましい。摩耗減量が20mgを超える場合、実使用において毛羽が服などに付着する傾向があるため好ましくない。一方、下限は特に限定されず、本発明の皮革様シートであればほとんど摩耗減量がないものも得ることが出来る。

0055

なお、本発明の皮革様シートは、本発明の効果を逸脱しない範囲において、上述した以外に、染料、柔軟剤、風合い調整剤、ピリング防止剤、抗菌剤、消臭剤撥水剤耐光剤耐侯剤などの機能性薬剤が含まれていても良い。

0056

皮革様シートの中でも、一般に合成皮革や人工皮革と称されるものは、ポリウレタンなどの高分子弾性体と繊維材料から構成される。しかしながら、本発明の皮革様シートは、上述した種々の課題、例えばリサイクル性、発色性耐光性耐黄変性などを解決するため、実質的に繊維素材からなることが好ましい。ここで、実質的に繊維素材からなるとは、実質的に高分子弾性体を含まないものをいう。実質的に高分子弾性体を含まないとは、本発明の効果を損なわない範囲の高分子弾性体が含まれていることを許容する。具体的には、皮革様シートに含まれる高分子弾性体が5重量%以下であることが好ましく、3重量%以下であることがより好ましく、1重量%以下であることがさらに好ましく、全く高分子弾性体を含まないことが最も好ましい。

0057

次に本発明の皮革様シートの製造方法の一例を述べる。

0058

不織布(A)を構成する繊維の製造方法は特に限定されず、直接紡糸しても良いし、通常繊度の繊維であって本発明範囲の極細繊維を発生することができる繊維(極細繊維発生型繊維)を紡糸し、次いで極細繊維を発生させても良い。極細繊維発生型繊維を用いる方法としては、例えば海島型繊維を紡糸してから海成分を除去する方法、分割型繊維を紡糸してから分割する方法などの手段を例示することができる。これらの中で、本発明においては、極細繊維を容易に安定して得ることができ、本発明の皮革様シートの構造を容易に達成できる点で、海島型繊維または分割型繊維を用いて製造することが好ましい。さらには同一素材からなる極細繊維を容易に得ることができる点で、海島型繊維を用いて製造することがより好ましい。たとえば、極細繊維がポリエステルのみ、あるいは、ポリアミドのみからなることが好ましい。

0059

ここでいう海島型繊維とは、2成分以上の成分を複合もしくは混合して海島状態とした繊維をいう。海島型繊維を得る方法としては、例えば(1)2成分以上のポリマーをチップ状態でブレンドして紡糸する方法、(2)予め2成分以上のポリマーを混練してチップ化した後、紡糸する方法、(3)溶融状態の2成分以上のポリマーを紡糸機パック内で静止混練器などを用い混合する方法、(4)特公昭44−18369号公報、特開昭54−116417号公報などに記載の口金を用いて、溶融状態の2成分以上のポリマーを口金内合流させる方法、などが挙げられる。本発明においてはいずれの方法でも良好に製造することができるが、ポリマーの選択が容易である点で上記(4)の方法が好ましく用いられる。

0060

かかる(4)の方法において、海島型繊維および海成分を除去して得られる島繊維の断面形状は特に限定されず、例えば丸、多角、Y、H、X、W、C、π型などが挙げられる。また、用いるポリマー種の数も特に限定されるものではないが、紡糸安定性や染色性を考慮すると2〜3成分が好ましく、特に海1成分、島1成分の2成分で構成されることが好ましい。またこのときの成分比は、島成分の海島型繊維全体に対する重量比で0.3〜0.99であることが好ましく、0.4〜0.97がより好ましく、0.5〜0.8がさらに好ましい。島成分の重量比が0.3未満であると、海成分の除去率が多くなるためコスト的に好ましくない。また島成分の重量比が0.99を超えると、島成分同士の合流が生じやすくなり、紡糸安定性の点で好ましくない。

0061

海島型繊維で極細繊維を得る場合、その島成分が目的とする極細繊維になる。島成分として用いるポリマーは特に限定されず、繊維化が可能なものを適宜選択して使用することができるが、本発明で好ましく用いられるのは上述したポリエステルやポリアミドである。また、海成分として用いるポリマーは、島成分と相溶しないもので、かつ、海成分のポリマーよりも使用する溶剤薬剤に対し溶解性または分解性の高い化学的性質を有するものが好ましい。島成分を構成するポリマーの選択にもよるが、例えばポリエチレンやポリスチレンなどのポリオレフィン、5−ナトリウムスルホイソフタル酸ポリエチレングリコールドデシルベンゼンスルホン酸ナトリウムビスフェノール化合物イソフタル酸アジピン酸ドデカジオン酸シクロヘキシルカルボン酸などを共重合した共重合ポリエステルなどを好ましく用いることができる。紡糸安定性の点ではポリスチレンが好ましいが、有機溶剤を使用せずに容易に除去できる点ではスルホン基を有する共重合ポリエステルが好ましい。かかる共重合ポリエステルにおける、共重合成分の共重合比率としては、処理速度および安定性の点から5モル%以上が好ましく、重合、紡糸および延伸のしやすさから20モル%以下が好ましい。本発明において好ましい組み合わせとしては、島成分にポリエステルまたはポリアミド、あるいはその両者を用い、海成分にポリスチレンまたはスルホン基を有する共重合ポリエステルを用いる組み合わせである。これらのポリマーには、隠蔽性を向上させるためにポリマー中に酸化チタン粒子などの無機粒子を添加してもよいし、その他、潤滑剤、顔料、熱安定剤、紫外線吸収剤、導電剤、蓄熱材、抗菌剤など、種々目的に応じて添加することもできる。

0062

このようにして紡出した海島型繊維は、延伸し、結晶化することができる。例えば未延伸糸を引き取った後、湿熱延伸または乾熱延伸、あるいはその両者によって1〜3段延伸することができる。なお、分割型繊維を用いる場合は、主に口金内で2成分以上を複合し、上述の海島型繊維の製造方法に準じて行うことができる。

0063

次いで、得られた極細繊維発生型繊維を不織布化する。その方法としては、長繊維の場合はスパンボンド法、短繊維の場合は、カードクロスラッパー、ランダムウエバーなどを用いる乾式法や、抄紙法などの湿式法を採用することができる。本発明では、製造コストの点では長繊維不織布とすることが好ましいが、本発明の皮革様シートの構造を容易に達成できる点では、ニードルパンチ法と高速流体処理の2種の絡合方法を組み合わせた短繊維による乾式法が好ましい。この不織布化する際の繊維の使用量や積層する織編物などの繊維目付によって、皮革様シートの目付を適宜調整することができる。

0064

海島型複合繊維を長繊維不織布にするためには、具体的には、例えば前述のポリマーを、上記(4)の方法に示した口金から吐出し、エアジェット法またはローラー法によって、3000〜9000m/分の速度で延伸した後、ウエブコンベア等の捕集面に捕集して得ることができる。このとき、エアジェット法によって、延伸および捕集を連続して行えば、一旦巻き取った後、開繊する必要が無いため、生産性の点で好ましい。ここでいうエアジェット法とは、エジェクターエアーサッカーを用いて、紡出された糸条を空気によって牽引して延伸する方式である。

0065

なお、分割型複合繊維を用いる場合は、主に口金内で2成分以上を複合し、上述の海島型複合繊維の製造方法に準じて行うことができる。

0066

このようにして得られた長繊維ウェブ熱融着等で固定化することもできるが、後述するように、ニードルパンチを行って絡合させることが好ましい。

0067

また、短繊維不織布の場合、極細繊維発生型短繊維から、カード、クロスラッパーなどを用いてウェブを得、ついで、後述するニードルパンチ処理を行って絡合させることにより得ることができる。

0068

上述のようにして得られた極細繊維発生型繊維からなる長繊維又は短繊維ウェブは、ニードルパンチ処理によって、繊維見掛け密度が好ましくは0.12g/cm3以上、より好ましくは0.15g/cm3以上、また、0.30g/cm3以下、より好ましくは0.25g/cm3以下となるようにする。繊維見掛け密度が0.12g/cm3未満であると、繊維の絡合が不十分であり、不織布の引張強力、引裂強力、耐摩耗性などの物性について目的の値が得られにくくなる。また繊維見掛け密度の上限は特に限定されないが、0.30g/cm3を超えると、ニードル針の折れや、針穴残留するなどの問題が生じるため、好ましくない。

0069

また、ニードルパンチを行う際には、極細繊維発生型繊維の平均単繊維繊度が1〜10デシテックスであることが好ましく、2〜8デシテックスがより好ましく、2〜6デシテックスがさらに好ましい。平均単繊維繊度が1デシテックス未満である場合や10デシテックスを超える場合は、ニードルパンチによる絡合が不十分となり、良好な物性の極細繊維不織布を得ることが困難になる。

0070

本発明におけるニードルパンチは、単なる工程通過性を得るための仮止めとしての役割ではなく、繊維を十分に絡合させることが好ましい。従って好ましくは、100本/cm2以上の打ち込み密度がよく、より好ましくは500本/cm2以上、さらに好ましくは1000本/cm2以上がよい。また、ニードルは表面品位が優れる点で、1バーブ型を用いることが好ましい。

0071

このようにして得られた不織布は、乾熱処理または湿熱処理、あるいはその両者によって収縮させ、さらに高密度化することが好ましい。

0072

次いで、極細化処理により、極細繊維発生型繊維から極細繊維を発現させ、極細繊維からなる長繊維又は短繊維ウェブ(A2)とする。本発明でいう長繊維又は短繊維ウェブ(A2)とは、長繊維又は短繊維不織布(A)の前駆体であり、本発明の目的、効果を達成するに十分な絡合をする前の状態をいう。この長繊維又は短繊維ウェブ(A2)は高速流体処理により、極細繊維同士の絡合を行って長繊維又は短繊維不織布(A)を得ることが好ましい。極細化処理をした後に高速流体処理を行っても良いし、極細化処理と同時に高速流体処理を行っても良い。また極細化処理と同時に高速流体処理を行い、その後に、さらに高速流体処理を行っても良い。高速流体処理を極細化処理と同時に行う場合、少なくとも極細化処理が大部分終了した後にも高速流体処理を行うことが、極細繊維同士の絡合をより進める上で好ましい。極細化処理を行った後に、高速流体処理を行うことがより好ましい。なお、後述するように、長繊維又は短繊維ウェブ(A2)を長繊維又は短繊維不織布(A)とすると同時に、織編物と積層一体化することが、剥離強力が向上するため好ましい。

0073

極細化処理の方法としては、特に限定されるものではないが、例えば機械的方法、および、化学的方法が挙げられる。機械的方法とは、物理的な刺激を付与することによって、極細繊維発生型繊維を極細化する方法である。具体的には、例えば上記のニードルパンチ法やウォータージェットパンチ法などの衝撃を与える方法の他に、ローラー間で加圧する方法、超音波処理を行う方法などが挙げられる。また化学的方法としては、例えば、海島型繊維を構成する少なくとも1成分に対し、薬剤によって膨潤、分解、溶解などの変化を与える方法が挙げられる。特に、海成分としてアルカリ易分解性ポリマーを用いた極細繊維発生型繊維で長繊維又は短繊維不織布(A)を作製し、次いで中性アルカリ性水溶液で処理して極細化する方法は、有機溶剤を使用せず作業環境上好ましいことから、本発明の好ましい態様の一つである。ここでいう中性〜アルカリ性の水溶液とは、pH6〜14を示す水溶液である。例えば有機または無機塩類を含み、上記範囲のpHを示す水溶液を好ましく用いることができる。有機または無機塩類としては、水酸化ナトリウム水酸化カリウム水酸化リチウム炭酸ナトリウム炭酸水素ナトリウムなどのアルカリ金属塩水酸化カルシウム水酸化マグネシウムなどのアルカリ土類金属塩などが挙げられる。また、必要によりトリエタノールアミンジエタノールアミンモノエタノールアミンなどのアミン減量促進剤キャリアーなどを併用することもできる。中でも水酸化ナトリウムが価格や取り扱いの容易さなどの点で好ましい。さらに長繊維又は短繊維不織布に上述の中性〜アルカリ性の水溶液処理を施した後、必要に応じて中和および洗浄して残留する薬剤や分解物などを除去してから乾燥を施すことが好ましい。

0074

高速流体処理としては、作業環境の点で、水流を使用するウォータージェットパンチ処理が好ましい。ウォータージェットパンチ処理において、水は柱状流の状態で行うことが好ましい。柱状流は、通常、直径0.06〜1.0mmのノズルから圧力1〜60MPaで水を噴出させることで得られる。効率的な絡合および良好な表面品位の不織布を得るために、ノズルの直径は0.06mm以上0.15mm以下、間隔は5mm以下であることが好ましく、直径0.08mm以上0.14mm以下、間隔は1mm以下がより好ましい。これらの構成のノズルプレートは、複数回処理する場合すべて同じものとする必要はなく、例えば大孔径と小孔径のノズルが含まれるノズルプレートを使用したり、異なる構成のノズルプレートを併用したり、また上記範囲外のノズルプレートを併用することも可能である。ノズルの直径が0.15mmを超えると極細繊維同士の絡合が低下し、表面がモモケやすくなるとともに、表面平滑性も低下するため好ましくない。従ってノズル孔径は小さい方が好ましいが、0.06mm未満となるとノズル詰まりが発生しやすくなるため、水を高度に濾過する必要性からコストが高くなり好ましくない。また、ノズル間隔が5mmを超えると、発生する筋が目立ちやすくなるため好ましくない。厚さ方向に均一な交絡を達成する目的、および/または不織布表面の平滑性を向上させる目的で、高速流体処理を複数回繰り返して行うことが好ましい。

0075

なお、少なくとも1回の処理とは、複数のノズル孔を有するノズルプレートを含む1ノズルヘッド(1インジェクター)で処理することを意味する。連続的に複数ノズルヘッドで処理した場合はその複数ノズルヘッド数の回数を処理したとし、1回とはカウントしない。

0076

流体の圧力は、処理する不織布の繊維目付によって適宜選択し、高目付のもの程高圧力とすることが好ましい。さらに、極細繊維同士を高度に絡合させ、目的の引張強力、引裂強力、耐摩耗性などの物性を得るため、少なくとも1回は10MPa以上の圧力で処理することが好ましい。圧力は、15MPa以上であることがより好ましく、20MPa以上であることがさらに好ましい。また圧力の上限は特に限定されないが、圧力が上昇する程コストが高くなり、また、低目付不織布の場合は不織布が不均一になりやすく、繊維の切断により毛羽が発生する場合もあるため、好ましくは40MPa以下であり、より好ましくは35MPa以下である。

0077

また、より高い強度と耐摩耗性を得るには、高速流体処理で用いる流量が重要な要素となる。本発明では、極細繊維同士を高度に絡合させる目的で、少なくとも1回は15〜800L/m2の流量で処理することが好ましい。20L/m2以上がより好ましく、25L/m2以上がさらに好ましい。700L/m2以下がより好ましく、600L/m2以下がさらに好ましい。流量が15L/m2以上となると、染色工程でのモモケの発生もなく、より高い耐摩耗性を得ることができる。また、同時に当該処理により表面の凹凸が形成されやすい傾向になるものの、本発明の製造方法ではこれを抑制することができ、本発明の効果がより発揮できる点で好ましい態様である。ただし、流量が800L/m2を超えると、コストが高くなる他、処理中に破れが発生する場合があるため好ましくない。

0078

このような流量を得る手段としては、孔径孔間隔チャンバー内の水圧、不織布の搬送速度を調整する。また、流量の計算は、孔径を流体の吐出径とおき、下の式1に従って求める。

0079

0080

Q :1回当たりの流量(L/m2)
di:孔径(mm)
Pg:水圧(MPa)
p :孔間隔(mm)
s :搬送速度(m/分)
極細繊維発生型繊維から得た極細繊維の場合、極細繊維が集束した繊維束の状態で絡合しているものが一般的であるが、前記のような条件で高速流体処理を行うことによって、繊維束の状態による絡合がほとんど観察されない程度にまで極細繊維同士が絡合した極細繊維不織布を得ることができる。これにより、実質的に繊維素材からなる皮革様シートを製造することができ、また耐摩耗性などの表面特性を向上させることもできる。なお、高速流体処理を行う前に、水浸漬処理を行ってもよい。さらに不織布表面の品位を向上させるために、ノズルヘッドと不織布を相対的に移動させる方法や、不織布とノズルの間に金網などを挿入して散水処理するなどの方法を行うこともできる。

0081

なお、極細化処理と高速流体処理を同時に行う方法としては、例えば、海成分として水可溶性ポリマーを用いた海島型繊維を用い、ウォータージェットパンチによって海成分の除去と極細繊維の絡合を行う方法、海成分としてアルカリ易溶解性ポリマーを用いた海島型繊維を用い、アルカリ処理液を通して海成分を分解処理した後に、ウォータージェットパンチによって海成分の最終除去および極細繊維の絡合処理を行う方法、などが挙げられる。

0082

次に、織編物(B)の製造方法を述べる。織編物(B)に用いる繊維の製造方法は特に限定されるものではなく、公知の製造方法を適用することができ、例えば2以上の異種のポリエステル成分がサイドバイサイド型または偏心芯鞘型に複合された繊維の製造方法は、特公昭63−42021号公報、特開平4−308271号公報、特開平11−43835号公報などに記載された方法を適用することができる。また、これらの繊維を用い、必要とする組織に応じてそれに適した織編機を使用することによって、織物または編物などの織編物とすることができる。

0083

織物か編物かは特に限定されずいずれでも良いが、織物の方が張力による皺の発生が少なく本発明の製法で安定に生産できる点で好ましい。

0084

織物を製造する場合、ウォータージェット織機エアジェット織機のようなシャトルレス織機フライシャトル織機タペット織機やドビー織機ジャカード織機など織機は特に限定されるものではない。そしてカバーファクターによって通気性を制御することができ、同一繊維を使用した場合、低密度ほど通気性は向上する。

0085

また、編物においては、よこ編、たて編のいずれでもよく、よこ編としては、例えばよこ編機丸編機など、たて編としてはトリコット機ミラニーズ機ラッセル機などにより製造することができる。

0086

次いで、織編物は必要に応じてリラックス処理して収縮させ、中間セットを行うことが好ましい。例えば、本発明の皮革様シートに好ましく適用される2以上の異種のポリエステルがサイドバイサイド型または偏心芯鞘型に複合された複合繊維からなる織編物である場合、リラックス処理によって捲縮を発現させることが好ましい。同一繊維から製造された織編物であっても、リラックス処理や中間セットの条件によって、ストレッチ性などが大きく異なるため重要な工程である。収縮率が高くなるほど通気性は低下する傾向にあり、本発明の織編物の通気性範囲となるように適宜調整する。

0087

リラックス処理を行うに際しては、オープンソーパーリラクサー、ソフサーなどの連続拡布状リラックス処理機や、ジッガーウィンス液流染色機などのバッチ式処理機などによって、80〜140℃、好ましく90〜130℃、より好ましくは105〜120℃の温度で処理する。80℃未満であるとストレッチ性が不十分になる傾向があり、好ましくない。一方、140℃を超える場合、密度の増加に伴い通気性が低下し、本発明の通気性範囲を得ることが困難になる傾向にあり好ましくない。なお、液流染色機を用いたリラックス処理は、良好なストレッチ性を得ることが容易となり、本発明においては特に好ましい方法である。液流染色機を用いるリラックス処理に先立って、連続拡布状連続リラックス処理機で予備収縮を行うことは、均一な収縮処理ができる点で好ましい。

0088

また、中間セットは一般に100〜190℃であり、セット性などを考慮して適宜設定できる。本発明においては、織編物は予めリラックス処理により収縮させ、中間セットによって形態を固定した後、不織布と積層する方法が適度な伸び止まり感を付与でき、表面品位が向上する点で好ましい。よって、積層後に織編物を構成する繊維の熱収縮を抑制するため、中間セットは140℃以上であることが好ましく、165℃以上であることがより好ましく、175℃以上であることがさらに好ましい。

0089

また、中間セットにおいて、タテ方向オーバーフィードすることが、タテ方向のストレッチ性を容易に付与できる点で好ましい。オーバーフィード率は1%以上であることが好ましく、2%以上がより好ましい。また、15%以下であることが好ましく、10%以下がより好ましい。

0090

また、不織布(C)は上述のように、メルトブロー法、スパンボンド法、ニードルパンチ法、抄造法等いずれの方法でも製造することができるが、品位や均一性、低目付化の容易性等から抄造法により製造することが好ましい。抄造法の一例としては、例えば繊維をパルパービーターなどで離解した後、分散剤を加えて分散液を調整し、丸網、傾斜短網などの抄紙機により抄造ウェブ(C2)を得、ついで絡合する。

0091

ここで、不織布(C)として上記抄造ウェブ(C2)を絡合させて不織布化した後、織編物(B)と積層することも可能であるが、工程省略によるコスト削減や剥離強力の向上の点で、抄造ウェブ(C2)の段階で織編物(B)と重ね合わせた後に絡合させることが好ましい。すなわち、本発明の皮革様シートの製造方法は、抄造ウェブ(C2)と織編物(B)を重ね合わせて複合不織布(D)とし、ついで長繊維又は短繊維ウェブ(A2)と重ね合わせて高速流体処理による絡合を行って得ることが好ましい。高速流体処理に際しては、上述の長繊維又は短繊維不織布(A)の製造方法で適用される条件を採用する。これにより、最終的に不織布(C)と長繊維又は短繊維不織布(A)が形成される。

0092

複合不織布(D)を得るには、一旦抄造ウェブ(C2)を作製し、ついで織編物(B)を重ね合わせて高速流体処理により一体化する方法の他に、織編物(B)の上に抄造法で抄造ウェブ(C2)を一挙に形成させる方法なども採用することができる。製造の容易さの点では前者が好ましく、コストの点では後者が好ましい。なお、この場合に採用する高速流体処理は、最終的に短繊維ウェブ(A)を重ねた後に行う上述した条件処理は不要であり、仮絡合の意味合いから流体の圧力は1〜10MPaが好ましい。

0093

ここで、高速流体処理による積層を行う場合、複合不織布(D)の通気性が皮革様シートの表面品位に大きく影響する。本発明においては、複合不織布(D)の通気量が50cc/cm2/sec以上であることが好ましく、80cc/cm2/sec以上であることがより好ましく、100cc/cm2/sec以上であることがさらに好ましい。50cc/cm2/sec以上であると、高速流体処理の際に、上述した本発明の製造方法において好ましく適用される条件でも滞留水による工程通過性不良といった問題が発生せず、良好に加工することができ、さらにより良好な表面品位を得ることができる。なお、上限は表面品位の観点からは特に限定されるものではないが、一般に通気性を向上させると強力が低下する傾向を示すため、採用する素材に応じて設定すべきものである。そのため、使用目的に応じて適宜設定することが好ましいが、通常は1000cc/cm2/sec以下となる。

0094

スエード調やヌバック調立毛を有した皮革様シートを得る場合は、上述の製法で得た積層シートの表面をサンドペーパーブラシなどにより起毛処理することが好ましい。かかる起毛処理は、後述する染色工程の後に行うとサンドペーパーやブラシに着色が生じるため、染色前に行うことが好ましい。

0095

このようにして得られた皮革様シートは染色することが好ましい。染色方法は特に限定されるものではなく、用いる染色機としても、液流染色機、サーモゾル染色機、高圧ジッガー染色機などいずれでもよいが、得られる皮革様シートの風合いが優れる点で液流染色機を用いて染色することが好ましい。染色工程の条件は、特に限定されないが、風合いに優れる点で、液流染色機を用い、100〜140℃で1〜60分間行うことが好ましい。処理時間は、10〜60分間が、より好ましい。また、表面外観の平滑さを保ち、モモケを防止する観点から、染色機の回転数はできるだけ少なく設定し、使用するノズルもフィラメント用よりはスパン用の方が好ましい。

0096

皮革様シートに柔軟剤、樹脂や微粒子などを付与する手段としては、パッド法、液流染色機やジッガー染色機を用いる方法、スプレー噴射する方法など、適宜選択することができる。なお、これらは、好ましくは染色後に付与する。染色前に付与すると、染色時の脱落により効果が減少する場合や、染色ムラが発生する場合があるため好ましくない。

0097

以下、実施例により、本発明をさらに詳細に説明する。なお、実施例中の物性値は以下に述べる方法で測定した。

0098

(1)目付、繊維見掛け密度
ウェブや不織布、皮革様シートの目付は、JIS L 1096 8.4.2(1999)に記載された方法で測定した。また、ウェブや不織布、皮革様シートの厚みをダイヤルシックネスゲージ((株)尾崎製作所製、商品名“ピーコックH”)により測定し、目付の値を厚みの値で割って繊維見掛け密度を求めた。なお、ウェブや不織布の繊維目付として、繊維の他にポリビニルアルコールが含まれる場合は、それを除いた繊維分の重量から目付を求めた。
(2)平均繊維長
任意の3箇所から、それぞれ繊維を100本抜き出して繊維長を測定した。測定した300本分の繊維長の数平均を求めた。
(3)平均単繊維繊度
光学顕微鏡にて繊維断面を100個ランダムに選んで断面積を測定した後、100個の繊維断面積の数平均を求めた。求められた繊維断面積の平均値と繊維の比重から、繊度を計算により求めた。なお、繊維の比重はJIS L 1015に基づいて測定した。

0099

(4)マーチンデール摩耗試験
JIS L 1096(1999)8.17.5 E法(マーチンデール法)家具用荷重(12kPa)に準じて測定される耐摩耗試験において、20000回の回数を摩耗した後の試験布の重量減を評価するとともに、3000回と20000回の回数を摩耗した後の外観をJIS L 1076 表2の判定基準表に準じて等級判定した。

0100

(5)表面品位
皮革様シートに凹凸状のムラが発現している割合を目視評価し、3段階で評価した。

0101

凹凸ムラなし:A、やや発生:B、多く発生:C
参考例1
極限粘度が0.50のポリエチレンテレフタレート100%からなる低粘度成分と、極限粘度が0.75のポリエチレンテレフタレートからなる高粘度成分とを重量複合比50:50でサイドバイサイドに貼りあわせて紡糸および延伸し、56デシテックス12フィラメントの複合繊維を得た。これを1500T/mで追撚した後、94×65本/2.54cmの織密度で平織物製織した。ついでソフサーにて80〜90℃で処理し、液流染色機にて110℃で処理して122×87本/2.54cmの織物(B)を得た。
得られた織物(B)の目付は63.5g/m2、通気量は367cc/cm2/secであった。

0102

参考例2
極限粘度が0.50のポリエチレンテレフタレート100%からなる低粘度成分と、極限粘度が0.75のポリエチレンテレフタレートからなる高粘度成分とを重量複合比50:50でサイドバイサイドに貼りあわせて紡糸および延伸し、110デシテックス24フィラメントの複合繊維を得た。これを1300T/mで追撚した後、179×86本/2.54cmの織密度で平織物を製織した。ついでソフサーにて80〜90℃で処理し、液流染色機にて110℃で処理して256×109本/2.54cmの織物を得た。
得られた織物の目付は231g/m2、通気量は33.2cc/cm2/secであった。

0103

参考例3
参考例1で得た複合繊維を1500T/mで追撚した後、118×110本/2.54cmの織密度で2/2綾織物を製織した。ついでソフサーにて95℃で処理し、液流染色機にて130℃で処理して158×110本/2.54cmの織物を得た。
得られた織物の目付は89.1g/m2、通気量は157.0cc/cm2/secであった。

0104

実施例1
海成分としてポリスチレン45部、島成分としてポリエチレンテレフタレート55部からなる平均単繊維繊度3デシテックス、36島、平均繊維長51mmの海島型複合短繊維を、カード機およびクロスラッパーに通してウェブを作製した。得られたウェブを、1バーブ型のニードルパンチ機を用いて、2200本/cm2の打ち込み密度でニードルパンチ処理し、繊維見掛け密度0.22g/cm3の複合短繊維不織布を得た。次に95℃に加温した重合度500、ケン化度88%のポリビニルアルコール(PVA)5重量%の水溶液に2分間浸積し、PVAを不織布に、不織布重量に対し固形分換算で15%の付着量になるように含浸させると同時に収縮処理を行った。その後、不織布を100℃にて乾燥して水分を除去した。次いで、この複合短繊維不織布を30℃のトリクレンでポリスチレンが完全に除去されるまで処理することにより、複合短繊維から平均単繊維繊度0.046デシテックスの極細繊維を発現させた。これにより得られた極細短繊維不織布を、室田製作所(株)製の標準型漉割機を用いて、厚み方向に対して垂直に2枚にスプリット処理して繊維目付112.9g/m2の短繊維ウェブ(A2)を得た。

0105

一方、平均単繊維繊度0.33デシテックス、繊維長5mm、繊維目付33g/m2のポリエチレンテレフタレートからなる抄造ウェブ(C2)と参考例1で作製した織物(B)を重ねて、抄造ウェブ側から0.1mmの孔径で、0.6mm間隔のノズルプレートが挿入されたノズルヘッドを有するウォータージェットパンチ機にて、7m/分の処理速度で、9MPaの圧力で3回ウォータージェットパンチ処理を行い、複合不織布(D)を得た。当該複合不織布の通気量は、77.5cc/cm2/secであった。

0106

次に、短繊維ウェブ(A2)と複合不織布(D)とを織物(B)が中央になるように重ね、短繊維ウェブ(A2)の方から上記と同一のウォータージェットパンチ機を用い、7m/分の処理速度で、17MPaの圧力で3回処理し、ついで裏側(複合繊維不織布側)から同様に3回処理した。この時の1回あたりの流量は、式1により20.3L/m2であった。
これらのウォータージェットパンチ処理により、不織布からPVAを除去し、短繊維ウェブ(A2)の極細繊維同士を絡合させて短繊維不織布(A)にすると同時に、短繊維不織布(A)と複合不織布(D)を絡合させた。

0107

このようにして得られた積層シートの短繊維不織布(A)側を、株式会社鉄工所製のワイドベルトサンダを用い、粒度がP500の炭化ケイ素砥粒のサンドペーパーにて起毛処理をした。さらに、液流染色機にて“Sumikaron Blue S−BBL200”(住化ケムテックス(株)製)を用い20%owfの濃度で、120℃、45分、液流染色機にて染色した。得られたシートを、続いて、エチレン−酢酸ビニル共重合体の水エマルジョン(商品名;スミカフレックス登録商標)755、住化ケムテックス(株)製)をウェットピックアップ率150%でディップニップして乾燥し、固形分1重量%となるように付与した。

0108

このようにして得られた皮革様シートは、表面に凹凸がなく品位に優れるものであった。皮革様シートの耐摩耗性は表1に示した。

0109

実施例2
抄造ウェブ(C2)の平均単繊維繊度が0.66デシテックス、繊維長が10mmであること以外は実施例1と同様に処理した。

0110

このようにして得られた皮革様シートは、表面に凹凸がなく品位に優れるものであった。また、実施例1と比較すると若干裏側の品位に劣るものであった。皮革様シートの耐摩耗性は表1に示した。

0111

実施例3
290℃に加熱した複合紡糸装置により、海成分として5−ソディウムスルホイソフタル酸を8モル%共重合したポリエチレンテレフタレート50部、島成分としてポリエチレンテレフタレート50部からなり、島数が36島となるように流路を配列させた口金から押し出した。押し出した糸条を常温の空気を用いた冷却装置にて冷却し、次いで、紡糸口金下100cmの位置に配された常温の空気を利用するエジェクターにより、5000m/分の速度で引き取り、移動する金網製の堆積装置にフィラメントを積層させウェブを作製した。このとき得られた複合繊維の単繊維繊度は3dtexの円形断面形状であった。次いで1バーブ型のニードルにて表裏それぞれ250本/cm2の打ち込み密度でニードルパンチ処理し(計500本/cm2)、繊維見掛け密度0.200g/cm3の海島型複合長繊維不織布を得た。次に約95℃に加温した水に浸積し、2分間収縮処理を行い、100℃にて乾燥して水分を除去した。得られたシートを水酸化ナトリウムを100g/L、界面活性剤を15g/L含むアルカリ水溶液中に浸漬し、シートに対して112重量%のアルカリ水溶液を含浸した後、直ちに90℃のスチーム充満したボックス内でマイクロ波により5分間、連続減量処理を行い、水洗・乾燥を行い、単繊維繊度約0.042dtexの極細長繊維ウェブ(A2)を得た。

0112

次に、長繊維ウェブ(A2)と実施例1と同様にして得られた複合不織布(D)とを織物(B)が中央になるように重ね、後は実施例1と同様に処理を行って、皮革様シートを得た。得られた皮革様シートの品位は良好であったが、実施例1や2で得られた皮革様シートと比較すると劣るものであった。

0113

比較例1
抄造ウェブ(C2)の平均短繊維繊度を0.11デシテックスとした複合不織布(D−2)を用いた以外は、実施例1と同様に処理した。この時の複合不織布(D−2)の通気量は、22.8cc/cm2/secであった。
このようにして得られた皮革様シートは、表面に微小な凹凸が形成しており、品位の点で実施例1に劣るものであった。皮革様シートの耐摩耗性は表1に示した。

0114

比較例2
参考例2で得られた織物を用いた複合不織布(D−3)を用いた以外は、実施例1と同様に処理した。この時の複合不織布(D−3)の通気量は、7.9cc/cm2/secであった。

0115

このようにして得られた皮革様シートは、表面に微小な凹凸が形成しており、品位の点で実施例1に劣るものであった。皮革様シートの耐摩耗性は表1に示した。

0116

比較例3
参考例3で得られた織物を用いた複合不織布(D−4)を用いた以外は、実施例1と同様に処理した。この時の複合不織布(D−4)の通気量は、42.6cc/cm2/secであった。

0117

このようにして得られた皮革様シートは、比較例2と比較して良好な表面品位であったが、微小な凹凸がわずかに形成しており、品位の点で実施例1に劣るものであった。皮革様シートの耐摩耗性は表1に示した。

0118

比較例4
比較例1において、短繊維ウェブ(A2)と複合不織布(D−2)とを織物(B)が中央になるように重ね、短繊維ウェブ(A2)の方からウォータージェットパンチ機を用いて処理する際、7m/分の処理速度で、8MPaの圧力で3回処理し、ついで裏側(複合繊維不織布側)から同様に3回処理した。この時の1回あたりの流量は、式1により11L/m2であった。

0119

このようにして得られた皮革様シートは、特に表面に微小な凹凸も形成せず、品位の点で問題ないが、耐摩耗性に劣るものであった。皮革様シートの耐摩耗性は表1に示した。

0120

0121

本発明によれば、実質的に繊維素材からなる皮革様シートでありながら、耐摩耗性が良好であり、かつ反発感に優れた皮革様シートを提供できる。

0122

本発明皮革様シートは、特に反発感や成形性が要求される衣料、家具、カーシートなどに好適に用いることができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ