図面 (/)

技術 フイルムの切込加工装置および切込加工方法、易開封性包装用フイルムならびに易開封性包装袋

出願人 株式会社レインボーメカニック
発明者 芳賀久男芳賀みさ子芳賀博幸芳賀英之
出願日 2006年10月18日 (15年4ヶ月経過) 出願番号 2006-283303
公開日 2008年5月1日 (13年9ヶ月経過) 公開番号 2008-100303
状態 特許登録済
技術分野 紙容器等紙製品の製造 非金属切断装置II 被包材
主要キーワード 切込み加工 刃物状 薄板体 合掌型 鏡文字 頂上面 スタンディングタイプ ピロー型
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年5月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

包装用フイルムの製造工程の最終段階であるスリッタの一部において、包装用フイルムに、一定の深さで、切込みの加工を行うことが可能なフイルムの切込加工装置および切込加工方法易開封性包装用フイルムならびに易開封性包装袋を提供する。

解決手段

フイルムの切込加工装置100は、走行するフイルム20を支持する支持ロール120と、支持ロール120上のフイルムに切込加工を施す切込加工手段200と、切込加工手段200が着脱可能に固定された加工ロール110と、を備え、スリッタ10の一部に配設され、フイルム20の長手方向または幅方向に連続してまたは所定間隔ごとに切込加工を施す。

概要

背景

従来、プラスチックフイルムプラスチックラミネートフイルム等の包装用フイルムの端部を融着して作られる包装袋においては、包装袋を容易に引き裂いて開封するために、融着した端部にI型V型ノッチを設けていることが多かった。

しかし、このようなI型のノッチは、視認することが難しく、包装袋をどこから引き裂けばよいのかを容易に判別することが難しいという問題があった。

また、このようなV型のノッチは、視認性を向上させているものの、加工の際に大量の切断片が生じ、包装製品に付着したり、作業環境を悪化させたりという問題があった。

このような問題に対して、従来、ノッチを設ける代わりに、包装袋に微細な傷を加工する易開封加工を施した包装用フイルムが提案されている(例えば、特許文献1または2参照)。
特開昭58−160251号公報
特開平9−156651号公報

概要

包装用フイルムの製造工程の最終段階であるスリッタの一部において、包装用フイルムに、一定の深さで、切込みの加工を行うことが可能なフイルムの切込加工装置および切込加工方法易開封性包装用フイルムならびに易開封性包装袋を提供する。フイルムの切込加工装置100は、走行するフイルム20を支持する支持ロール120と、支持ロール120上のフイルムに切込加工を施す切込加工手段200と、切込加工手段200が着脱可能に固定された加工ロール110と、を備え、スリッタ10の一部に配設され、フイルム20の長手方向または幅方向に連続してまたは所定間隔ごとに切込加工を施す。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
4件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

走行するフイルムを支持する支持ロールと、前記支持ロール上のフイルムに切込加工を施す切込加工手段と、前記切込加工手段が着脱可能に固定された加工ロールと、を備え、スリッタの一部に配設され、フイルムの長手方向または幅方向に連続してまたは所定間隔ごとに切込加工を施すことを特徴とする、フイルムの切込加工装置

請求項2

前記切込加工手段は、断面が略矩形状または略台形状の基部と、前記基部上に突設された刃先部と、からなる切込刃を有することを特徴とする、請求項1に記載のフイルムの切込加工装置。

請求項3

前記切込加工手段は、前記切込刃が薄板体上に突設されてなることを特徴とする、請求項2に記載のフイルムの切込加工装置。

請求項4

前記加工ロールは、外周部に、軸方向に形成される取付溝を備え、前記切込加工手段は、幅方向の一端部に切込刃を有する薄板体であり、前記切込刃が外部に突出するように前記取付溝内に収容されて固定されることを特徴とする、請求項1に記載のフイルムの切込加工装置。

請求項5

前記加工ロールは、胴部と、前記胴部の両端部に設けられた前記胴部より大径の当接部と、からなり、前記当接部が前記支持ロールに当接するように配設されていることを特徴とする、請求項1〜4のいずれか1項に記載のフイルムの切込加工装置。

請求項6

前記加工ロールを少なくとも2つ備え、少なくとも1つの前記加工ロールを使用して、切込加工を施すことを特徴とする、請求項1〜5に記載のフイルムの切込加工装置。

請求項7

フイルムの長手方向に所定間隔で切込加工を施すために、前記加工ロールの回転数を制御して前記切込加工の位置を調節する切込位置調節手段をさらに有することを特徴とする、請求項1〜6のいずれか1項に記載のフイルムの切込加工装置。

請求項8

前記切込刃は、フイルムに連続した文字、図形または記号様の切込加工を施す刃先部形状を有することを特徴とする、請求項1〜7のいずれか1項に記載のフイルムの切込加工装置。

請求項9

前記フイルムは、基材シーラントの少なくとも2層が積層されてなる包装用フイルムであり、前記包装用フイルムの最表層の基材の性能を失わない深さの易開封用の切込加工を施すことを特徴とする、請求項1〜8のいずれか1項に記載のフイルムの切込加工装置。

請求項10

前記包装用フイルムに形成される切込の深さは、最表層の基材の厚さの1/10〜9/10であることを特徴とする、請求項9に記載のフイルムの切込加工装置。

請求項11

請求項9または10に記載のフイルムの切込加工装置により製造されてなることを特徴とする、易開封性包装用フイルム。

請求項12

前記易開封用切込は、実線点線もしくは破線状、連続した文字、図形もしくは記号様または多数の点または線の集合からなる帯状であり、長手方向に連続して形成されてなることを特徴とする、請求項11に記載の易開封性包装用フイルム。

請求項13

前記易開封用切込は、実線、点線もしくは破線状、連続した文字、図形もしくは記号様または多数の点または線の集合からなる帯状であり、幅方向に連続して長手方向に所定間隔ごとに形成されてなることを特徴とする、請求項11に記載の易開封性包装用フイルム。

請求項14

前記易開封用切込は、実線、点線もしくは破線からなる矢羽形状であり、長手方向に連続して形成されてなり、おにぎり、巻き寿司、いなり寿司またはサンドイッチ包装に用いられることを特徴とする、請求項11に記載の易開封性包装用フイルム。

請求項15

前記易開封用切込は、実線、点線もしくは破線状であり、取除いて開口部を形成するための窓部を形成していることを特徴とする、請求項11に記載の易開封性包装用フイルム。

請求項16

請求項11〜15の易開封性包装用フイルムを製袋してなることを特徴とする、易開封性包装袋

請求項17

融着部以外の部分に易開封用切込が形成されていることを特徴とする、請求項16に記載の易開封性包装袋。

請求項18

走行するフイルムを支持ロールで支持し、加工ロール上に着脱可能に固定された切込加工手段により、前記支持ロール上のフイルムに切込加工を施すことにより、スリットと同時に、フイルムの長手方向または幅方向に連続してまたは所定間隔ごとに切込加工を施すことを特徴とする、フイルムの切込加工方法

請求項19

前記切込加工手段は、断面が略矩形状または略台形状の基部と、前記基部上に突設された刃先部と、からなる切込刃を有することを特徴とする、請求項18に記載のフイルムの切込加工方法。

請求項20

前記切込加工手段は、前記切込刃が薄板体上に突設されてなることを特徴とする、請求項19に記載のフイルムの切込加工方法。

請求項21

前記加工ロールは、外周部に、軸方向に形成される取付溝を備え、前記切込加工手段は、幅方向の一端部に切込刃を有する薄板体であり、前記切込刃が外部に突出するように前記取付溝内に収容されて固定されることを特徴とする、請求項18に記載のフイルムの切込加工方法。

請求項22

前記加工ロールは、胴部と、前記胴部の両端部に設けられた前記胴部より大径の当接部と、からなり、前記当接部が前記支持ロールに当接するように配設されていることを特徴とする、請求項18〜21のいずれか1項に記載のフイルムの切込加工方法。

請求項23

前記加工ロールを少なくとも2つ備え、少なくとも1つの前記加工ロールを使用して、切込加工を施すことを特徴とする、請求項18〜22に記載のフイルムの切込加工方法。

請求項24

フイルムの長手方向に所定間隔で切込加工を施すために、前記加工ロールの回転数を制御して前記切込加工の位置を調節することを特徴とする、請求項18〜23のいずれか1項に記載のフイルムの切込加工方法。

請求項25

前記切込刃は、フイルムに連続した文字、図形または記号様の切込加工を施す刃先部形状を有することを特徴とする、請求項18〜24のいずれか1項に記載のフイルムの切込加工方法。

請求項26

前記フイルムは、基材とシーラントの少なくとも2層が積層されてなる包装用フイルムであり、前記包装用フイルムの最表層の基材の性能を失わない深さの易開封用の切込加工を施すことを特徴とする、請求項18〜25のいずれか1項に記載のフイルムの切込加工方法。

請求項27

前記包装用フイルムに形成される切込の深さは、最表層の基材の厚さの1/10〜9/10であることを特徴とする、請求項26に記載のフイルムの切込加工方法。

技術分野

0001

本発明は、フイルムの切込加工装置および切込加工方法易開封性包装用フイルムならびに易開封性包装袋に関する。

背景技術

0002

従来、プラスチックフイルムプラスチックラミネートフイルム等の包装用フイルムの端部を融着して作られる包装袋においては、包装袋を容易に引き裂いて開封するために、融着した端部にI型V型ノッチを設けていることが多かった。

0003

しかし、このようなI型のノッチは、視認することが難しく、包装袋をどこから引き裂けばよいのかを容易に判別することが難しいという問題があった。

0004

また、このようなV型のノッチは、視認性を向上させているものの、加工の際に大量の切断片が生じ、包装製品に付着したり、作業環境を悪化させたりという問題があった。

0005

このような問題に対して、従来、ノッチを設ける代わりに、包装袋に微細な傷を加工する易開封加工を施した包装用フイルムが提案されている(例えば、特許文献1または2参照)。
特開昭58−160251号公報
特開平9−156651号公報

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、上記特許文献1に記載の易開封加工を施した包装用フイルムは、包装用フイルムの端部等に紙やすり等で微細な傷をつけるものであるため、傷の大きさや深さを制御することが難しいという問題があった。

0007

このため、製袋や内容物の充填の際に簡単に破れてしまうものから、人の手では開封が困難なほど破れにくいものまで、その品質が一定せず、製袋や内容物の充填を行う食メーカー等だけでなく、製袋された包装製品の需要者からも多くの不満の声が上がっていた。

0008

また、傷の深さの制御が困難であることから、貫通孔が生じることを防ぐことができず、密封性を要する包装袋においては、融着端部以外に易開封加工をすることはできないという問題もあった。

0009

これに対し、上記特許文献2に記載の易開封加工を施した包装用フイルムは、予め易開封加工を施した易開封加工専用の基材フイルムを、密封性を有する基材フイルムと共に積層することで、密封性を確保している。

0010

しかし、このように易開封加工専用の基材フイルムを追加することは、包装用フイルムの製造コストを上げるだけでなく、包装用フイルムを不必要に厚くしてしまうという問題があった。

0011

さらに、積層前の基材フイルムに易開封加工を施す工程を追加する必要がある上に、易開封加工を施す工程の後の工程で、易開封加工を起点にフイルムが破れるおそれがあるために加工速度を下げなくてはならず、製造効率が著しく悪化するという問題があった。

0012

本発明は、斯かる実情に鑑み、包装用フイルムの製造工程の最終段階であるスリッタの一部において、包装用フイルムに、一定の深さで、易開封切込み等の切込みの加工を行うことが可能なフイルムの切込加工装置および切込加工方法、易開封性包装用フイルムならびに易開封性包装袋を提供しようとするものである。

課題を解決するための手段

0013

(1)本発明は、走行するフイルムを支持する支持ロールと、前記支持ロール上のフイルムに切込加工を施す切込加工手段と、前記切込加工手段が着脱可能に固定された加工ロールと、を備え、スリッタの一部に配設され、フイルムの長手方向または幅方向に連続してまたは所定間隔ごとに切込加工を施すことを特徴とする、フイルムの切込加工装置である。

0014

(2)本発明はまた、前記切込加工手段は、断面が略矩形状または略台形状の基部と、前記基部上に突設された刃先部と、からなる切込刃を有することを特徴とする、前記(1)に記載のフイルムの切込加工装置である。

0015

(3)本発明はまた、前記切込加工手段は、前記切込刃が薄板体上に突設されてなることを特徴とする、前記(2)に記載のフイルムの切込加工装置である。

0016

(4)本発明はまた、前記加工ロールは、外周部に、軸方向に形成される取付溝を備え、前記切込加工手段は、幅方向の一端部に切込刃を有する薄板体であり、前記切込刃が外部に突出するように前記取付溝内に収容されて固定されることを特徴とする、前記(1)に記載のフイルムの切込加工装置である。

0017

(5)本発明はまた、前記加工ロールは、胴部と、前記胴部の両端部に設けられた前記胴部より大径の当接部と、からなり、前記当接部が前記支持ロールに当接するように配設されていることを特徴とする、前記(1)〜(4)のいずれか1つに記載のフイルムの切込加工装置である。

0018

(6)本発明はまた、前記加工ロールを少なくとも2つ備え、少なくとも1つの前記加工ロールを使用して、切込加工を施すことを特徴とする、前記(1)〜(5)に記載のフイルムの切込加工装置である。

0019

(7)本発明はまた、フイルムの長手方向に所定間隔で切込加工を施すために、前記加工ロールの回転数を制御して前記切込加工の位置を調節する切込位置調節手段をさらに有することを特徴とする、前記(1)〜(6)のいずれか1つに記載のフイルムの切込加工装置である。

0020

(8)本発明はまた、前記切込刃は、フイルムに連続した文字、図形または記号様の切込加工を施す刃先部形状を有することを特徴とする、前記(1)〜(7)のいずれか1つに記載のフイルムの切込加工装置である。

0021

(9)本発明はまた、前記フイルムは、基材シーラントの少なくとも2層が積層されてなる包装用フイルムであり、前記包装用フイルムの最表層の基材の性能を失わない深さの易開封用の切込加工を施すことを特徴とする、前記(1)〜(8)のいずれか1つに記載のフイルムの切込加工装置である。

0022

(10)本発明はまた、前記包装用フイルムに形成される切込の深さは、最表層の基材の厚さの1/10〜9/10であることを特徴とする、前記(9)に記載のフイルムの切込加工装置である。

0023

(11)本発明はまた、前記(9)または(10)に記載のフイルムの切込加工装置により製造されてなることを特徴とする、易開封性包装用フイルムである。

0024

(12)本発明はまた、前記易開封用切込は、実線点線もしくは破線状、連続した文字、図形もしくは記号様または多数の点または線の集合からなる帯状であり、長手方向に連続して形成されてなることを特徴とする、前記(11)に記載の易開封性包装用フイルムである。

0025

(13)本発明はまた、前記易開封用切込は、実線、点線もしくは破線状、連続した文字、図形もしくは記号様または多数の点または線の集合からなる帯状であり、幅方向に連続して長手方向に所定間隔ごとに形成されてなることを特徴とする、前記(11)に記載の易開封性包装用フイルムである。

0026

(14)本発明はまた、前記易開封用切込は、実線、点線もしくは破線からなる矢羽形状であり、長手方向に連続して形成されてなり、おにぎり、巻き寿司、いなり寿司またはサンドイッチ包装に用いられることを特徴とする、前記(11)に記載の易開封性包装用フイルムである。

0027

(15)本発明はまた、前記易開封用切込は、実線、点線もしくは破線状であり、取除いて開口部を形成するための窓部を形成していることを特徴とする、前記(11)に記載の易開封性包装用フイルムである。

0028

(16)本発明はまた、前記(11)〜(15)の易開封性包装用フイルムを製袋してなることを特徴とする、易開封性包装袋である。

0029

(17)本発明はまた、融着部以外の部分に易開封用切込が形成されていることを特徴とする、前記(16)に記載の易開封性包装袋である。

0030

(18)本発明はまた、走行するフイルムを支持ロールで支持し、加工ロール上に着脱可能に固定された切込加工手段により、前記支持ロール上のフイルムに切込加工を施すことにより、スリットと同時に、フイルムの長手方向または幅方向に連続してまたは所定間隔ごとに切込加工を施すことを特徴とする、フイルムの切込加工方法である。

0031

(19)本発明はまた、前記切込加工手段は、断面が略矩形状または略台形状の基部と、前記基部上に突設された刃先部と、からなる切込刃を有することを特徴とする、前記(18)に記載のフイルムの切込加工方法である。

0032

(20)本発明はまた、前記切込加工手段は、前記切込刃が薄板体上に突設されてなることを特徴とする、前記(19)に記載のフイルムの切込加工方法である。

0033

(21)本発明はまた、前記加工ロールは、外周部に、軸方向に形成される取付溝を備え、前記切込加工手段は、幅方向の一端部に切込刃を有する薄板体であり、前記切込刃が外部に突出するように前記取付溝内に収容されて固定されることを特徴とする、前記(18)に記載のフイルムの切込加工方法である。

0034

(22)本発明はまた、前記加工ロールは、胴部と、前記胴部の両端部に設けられた前記胴部より大径の当接部と、からなり、前記当接部が前記支持ロールに当接するように配設されていることを特徴とする、前記(18)〜(21)のいずれか1つに記載のフイルムの切込加工方法である。

0035

(23)本発明はまた、前記加工ロールを少なくとも2つ備え、少なくとも1つの前記加工ロールを使用して、切込加工を施すことを特徴とする、前記(18)〜(22)に記載のフイルムの切込加工方法である。

0036

(24)本発明はまた、フイルムの長手方向に所定間隔で切込加工を施すために、前記加工ロールの回転数を制御して前記切込加工の位置を調節することを特徴とする、前記(18)〜(23)のいずれか1つに記載のフイルムの切込加工方法である。

0037

(25)本発明はまた、前記切込刃は、フイルムに連続した文字、図形または記号様の切込加工を施す刃先部形状を有することを特徴とする、前記(18)〜(24)のいずれか1つに記載のフイルムの切込加工方法である。

0038

(26)本発明はまた、前記フイルムは、基材とシーラントの少なくとも2層が積層されてなる包装用フイルムであり、前記包装用フイルムの最表層の基材の性能を失わない深さの易開封用の切込加工を施すことを特徴とする、前記(18)〜(25)のいずれか1つに記載のフイルムの切込加工方法である。

0039

(27)本発明はまた、前記包装用フイルムに形成される切込の深さは、最表層の基材の厚さの1/10〜9/10であることを特徴とする、前記(26)に記載のフイルムの切込加工方法である。

発明の効果

0040

本発明によれば、包装用フイルムの製造工程の最終段階であるスリッタの一部において、包装用フイルムに、一定の深さで、易開封切込み等の切込みの加工を行うことが可能という優れた効果を奏し得る。

発明を実施するための最良の形態

0041

以下、本発明の実施の形態を添付図面を参照して説明する。

0042

図1(a)および(b)は、本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100の全体を示す概略図である。

0043

同図(a)に示されるように、フイルムの切込加工装置100は、包装用フイルム20を幅方向に分割するスリッタ10の一部に配設される。

0044

スリッタ10は、ロール状に巻かれた包装用フイルム20を払い出して、主モータ16により駆動される各ロール14に巻きつけて搬送させながら、複数の刃物12で搬送方向に平行に連続的に切断し、所定の幅に分割された包装用フイルム20を再びロール状に巻き取る装置である。

0045

フイルムの切込加工装置100は、刃物12の上流側近傍に配設される加工ロール110と、加工ロール110と並列に相対する支持ロール120と、加工ロール110を指示ロール120に向けて押圧する押圧手段130と、加工ロール110および支持ロール120を駆動するサーボモータ140と、主モータ16に接続される主モータ用エンコーダ150と、加工ロール110に接続される加工ロール用エンコーダ160と、サーボモータの回転数を制御するサーボモータコントローラ180を備えるコントローラ170と、加工ロール110および支持ロール120より上流側に配設されるマーク検出器190と、加工ロール110の外周面に配設され、切込刃210を有する切込み加工手段200と、を有して構成される。

0046

なお、本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100では、加工ロール110の数は1に限定されるものではない。

0047

例えば、図1(b)に示されるように、フイルムの切込加工装置100は、1つの支持ロール120に対して、2つの加工ロール110を有していてもよい。このように2つ以上の加工ロール110を有する場合は、全ての加工ロール110を同時に使用して切込を加工してもよいし、一部の加工ロールだけを使用して切り込みを加工してもよい。

0048

さらに、フイルムの切込加工装置100は、加工ロール110と同数の押圧手段130を有していてもよいし、加工ロールの数よりも少ない数の押圧手段130を有していてもよい。

0049

図2(a)および(b)は、加工ロール110、支持ロール120および押圧手段130の周辺を示す正面図および側面図である。

0050

同図に示されるように、加工ロール110は、円筒形状の胴部112と、胴部112の軸方向両端部に設けられる胴部112より大径の当接部114と、当接部114から両側に突出する軸部116と、を有して構成される。この加工ロール110は、軸部116が回転可能に接続される軸受箱118を介して、フレーム102に、図の上下方向に移動可能に配設される。

0051

指示ロール120は円筒形状の胴部122と、胴部の両端に突出する軸部126と、を有して構成される。この支持ロール120は、加工ロール110と並列に、軸受128を介してフレーム102に回転可能に固定される。

0052

加工ロール110および支持ロール120は、それぞれ歯車119および歯車129を介して接続されている。このため、サーボモータ140は加工ロール110を駆動すると共に、支持ロール120も駆動する。

0053

押圧手段130は、フレーム102に固定されるナット132と、ナット132と螺合するスクリュ134と、スクリュ134の先端にコの字形ブラケット136を介して取り付けられるベアリング138と、を有して構成される。本実施例1に係る加工装置100では、2つの押圧手段130が板状のブラケット139で接続されて、ベアリング138を加工ロール110に向けて、フレーム102に配設される。

0054

そして、押圧手段130は、スクリュ134を回転させて、スクリュ134と共に先端のベアリング138を加工ロール110の当接部114に向けて押し出すことにより、加工ロール110の当接部114を、指示ロール120に向けて押圧する。押圧手段130により押圧された加工ロール110の当接部114は、支持ロール120の胴部122と接触して、支持ロール120の胴部122を押圧する。

0055

加工ロール110の当接部114が支持ロール120の胴部122と接触しても、加工ロール110の胴部112は、当接部114よりも小径のため、支持ロール120の胴部122とは接触しない。すなわち、加工ロール110の胴部112と支持ロール120の胴部122の間には隙間が生じている。

0056

この隙間における、加工ロール110の胴部112と支持ロール120の胴部122の間の距離は、加工ロール110の当接部114の外径と、加工ロール110の胴部112の外径との差によって決まる。

0057

そして、2つの押圧手段130の押圧力をそれぞれ適宜に調節すれば、加工ロール110の胴部112と支持ロール120の胴部122の間の距離を、所定の距離に微調整することができる。すなわち、押圧手段130の押圧力により、加工ロール110と支持ロール120の接触部分を弾性変形させ、加工ロール110の胴部112と支持ロール120の胴部122の間の距離を所定の値に正確に設定することができる。

0058

また、2つの押圧手段130の押圧力のバランスを調節することで、加工ロール110の胴部112と支持ロール120の胴部122の間の距離を、ロールの幅方向において正確に均等にすることができる。

0059

また、押圧手段130のベアリング138は、加工ロール110の回転と共に回転するため、押圧手段130は、加工ロール110の回転を妨げることなく、加工ロール110の当接部114を押圧することができる。また、このベアリング138の幅は、加工ロール110の当接部114の幅と略同一であるため、押圧手段130は、加工ロール110の当接部114を、当接部114の幅方向に均等に押圧する。

0060

切込み加工手段200は、切込刃210を外側に向けて、加工ロール110の胴部112の外周面に、マグネットにより着脱可能に固定される。

0061

なお、この切込み加工手段200の固定方法は、マグネットに限定されるものではなく、例えば、ボルト結束バンドまたは粘着テープ等による固定であってもよい。

0062

包装用フイルム20は、支持ロール120に巻きつきながら、この加工ロール110の胴部112と支持ロール120の胴部122の隙間を搬送される。

0063

図3(a)〜(d)は、切込み加工手段200の加工ロール110への取り付け方の例を示す概略図である。

0064

同図(a)に示されるように、加工ロール110の胴部112の軸方向の全長にわたって、切込み加工手段200を取り付けてもよいし、同図(b)に示されるように、加工ロール110の胴部112の周方向の全集にわたって、切込み加工手段200を取り付けてもよいし、同図(c)に示されるように、加工ロール110の胴部112の軸方向から少し角度をつけた方向に切込み加工手段200を取り付けてもよい。

0065

なお、切込み加工手段200の加工ロール110への取り付け方は、図3(a)〜(c)に示す例に限定されることがないのは言うまでもなく、求められる切込みの形状や方向に応じた取り付け方をすることができる。

0066

また、同図(d)に示されるように、加工ロール110の胴部112の外周面に、軸方向に連続する取付溝112Aを形成して、幅方向の一端部に設けた切込刃210を外側に向けた薄板状の切込加工手段200を、取付溝112A内に収容して、ボルトおよびライナー等で固定するようにしてもよい。この場合の固定方法も、ボルトおよびライナーに限定されるものではなく、例えば、取付溝112Aと切込加工手段200との隙間に等を打ち込んで固定してもよいし、マグネットにより固定してもよい。

0067

図4(a)および(b)は、切込み加工手段200の一部を拡大した例を示す、断面図および平面図である。

0068

同図に示されるように、切込刃210は、切込み加工手段200の板部202の表面から突出する断面が略台形状の基部212と、基部212の頂上面212Aから突出し、鋭利な先端を有する刃物状の刃先部214からなる。

0069

本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100は、この刃先部214を包装用フイルム20の表面に押し込むことで、切込みを加工する。このため、刃先部214の配列が包装用フイルムの表面に切込みとして転写されることとなる。例えば、図4に示す配列の刃先部214を用いて切込み加工を行った場合、包装用フイルム20の表面にはミシン目状の切込みが形成される。

0070

なお、基部212の形状は、図4(a)および(b)に示す形状に限定されるものではなく、板部202から突出して、刃先部214を形成することが可能な平面または曲面状の頂上面212Aを有するものであればよい。例えば、断面形状が、角部に丸みや面取りをつけた台形状であってもよいし、半円形状のものであってもよい。また、図4(b)に示すように、短い刃先部214ごとに基部212を分割して設けてもよいし、1つの長い基部212の頂上面212Aに複数の短い刃先部214を設けてもよい(図5(b)参照)。

0071

また、刃先部214の形状は、鋭利な先端を有する刃物状の形状に限定されるものではなく、包装用フイルム20の表面に切込みまたは何らかの痕跡を残せるものであればよい。例えば、錐状の形状であってもよいし、先端に丸みをつけた刃物状の形状であってもよいし、板状や棒状の形状であってもよい。

0072

図5(a)〜(f)は、本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100において使用される切込み加工手段200の切込刃210の形状の例を示すものである。

0073

図5(a)〜(f)のいずれにおいても、切込刃210は、切込み加工手段200の板部202の表面から突出するように形成される基部212、および基部212の頂上面212Aから突出するように形成される刃先部214から構成されている。

0074

図5(a)は、長い直線状の刃先部214を有するものの例であり、直線状の切込みを加工するのに用いられる。

0075

図5(b)は、ミシン目状の刃先部214を有するものの例であり、ミシン目状の切込みを加工するのに用いられる。

0076

図5(c)は、連続する矢羽形状を構成するミシン目状の刃先部214を有するものの例であり、連続する矢羽形状を構成するミシン目状の切込みを加工するのに用いられる。

0077

図5(d)は、連続する鏡文字状の刃先部214を有するものの例であり、連続する文字状の切込みを加工するのに用いられる。

0078

図5(e)は、一定幅の帯状の範囲内に分布する多数の線状の刃先部214を有するものの例であり、一定幅の帯状の範囲内に分布する多数の線状の切込みを加工するのに用いられる。

0079

図5(f)は、環状に連続するミシン目状の刃先部214を有するものの例であり、環状に連続するミシン目状の切込みを加工するのに用いられる。

0080

次に、本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100の作用を、図1を用いて説明する。

0081

まず、スリッタ10は、主モータ16により駆動されながら一定速度で包装用フイルム20を搬送する。

0082

そして、フイルムの切込加工装置100は、コントローラ170に含まれるサーボモータコントローラ180が、主モータ16に接続された主モータ用エンコーダ150からの信号を受け、主モータ16の回転数と同期するように、加工ロール110を駆動するサーボモータ140を制御する。すなわち、サーボモータコントローラ180は、例えば、主モータ16の回転数がVのとき、サーボモータ140の回転数がV+αまたはV−αの一定の回転数となるように、サーボモータ140の回転を制御する。

0083

また、コントローラ170は、マーク検出器190によって、包装用フイルム20の表面に一定の間隔で印刷された位置決めマークの位置を検出する。そして、コントローラ170は、加工ロール用エンコーダ160によって、加工ロール110の胴部112の外周面に取り付けられた切込み加工手段200の切込刃210の位置を検出し、切込刃210が支持ロール120上の包装用フイルム20と、位置決めマークの位置から所定の距離だけ離れた位置で接触するように、サーボモータコントローラ180を介して、サーボモータ140の回転を制御する。

0084

このようにして、加工ロール110の回転を制御することにより、所定の間隔で連続して、包装用フイルム20の表面に切込刃210を接触させ押し込むことで、包装用フイルム20の表面に切込みを加工する。

0085

なお、加工ロール110の外径と包装用フイルム20の搬送速度の関係により、包装用フイルム20の搬送速度と切込刃210の周速度が異なる場合には、コントローラ170は、切込み加工時に包装用フイルム20の搬送速度と切込刃210の周速度が等しくなるように、サーボモータコントローラ180を介して、サーボモータ140の回転を制御することができる。すなわち、コントローラ170は、切込み加工開始直前から切込み加工終了後の一定の間だけ、包装用フイルム20の搬送速度と切込刃210の周速度が等しくなるように、加工ロール110の回転数を変化させる。こうすることによって、切込刃210の刃先部214を包装用フイルム20に略垂直に押し込むことができ、切込刃210が包装用フイルム20を引掻くようなことは防がれる。

0086

図6(a)〜(d)は、加工ロール110の胴部112の外周面に取り付けられた切込み加工手段200の切込刃210が、包装用フイルム20に切込みを加工する様子を模式的に示した概略図である。

0087

切込み加工手段200の切込刃210は、まず、加工ロール110の回転と共に、支持ロール120に巻きついて搬送される包装用フイルム20に近づいていく(図6(a))。

0088

そして、支持ロール120の頂上近傍で、刃先部214の先端が包装用フイルム20の表面に接触し、加工ロール110の回転と共に、刃先部214の先端が包装用フイルム20の内部に向けて押し込まれる(図6(b))。これにより、包装用フイルム20に切込みが加工される。

0089

刃先部214は、支持ロール120の頂上において、包装用フイルム20に最も深く押し込まれる(図6(c))。このとき、基部212の頂上面212Aは、包装用フイルム20の表面と接触して、刃先部214が包装用フイルム内にそれ以上押し込まれることを抑止する。これによって、切込みの深さが一定に制御される。

0090

支持ロール120の頂上を過ぎると、刃先部214は、加工ロール110の回転と共に、包装用フイルム20から退避し(図6(d))、包装用フイルム20には、刃先部214の高さと同じ深さの切込みが残される。

0091

以上のようにして、本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100は、包装用フイルム20の所定の位置に切込みを加工する。

0092

本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100では、包装用フイルム20が巻きつく支持ロール120と切込みを加工する刃先部214以外のもので、包装用フイルム20に接触するものは、基部212の頂上面212Aのみである。

0093

さらに、この頂上面212Aは、切込刃210の刃先部214が切込みを加工する際のわずかの間しか包装用フイルム20と接触しない。

0094

このため、切込み加工前の包装用フイルム20には、例えば、加工ロール110の回転力や、加工ロール110による押圧力等の不要な力が加えられることはない。

0095

すなわち、切込み加工がされる前に、支持ロール120上で包装用フイルム20の位置がずれてしまったり、包装用フイルム20が伸びて変形してしまったりということがない。

0096

よって、切込みが加工される位置が、当初狙った位置からずれてしまうようなことはなく、正確に狙った位置に切込みを加工することができる。

0097

図7(a)および(b)は、切込み加工手段200の切込刃210の刃先部214が、包装用フイルム20に最も深く押し込まれた状態(図6(c)参照)を拡大した断面図である。

0098

同図(a)において、Aは、加工ロール110の胴部112と支持ロール120の胴部122の間の距離、Tは包装用フイルム20の厚さ、Pは切込み加工手段200の厚さ、Hは、基部212の高さ、Dは刃先部214の高さである。

0099

同図(a)に示されるように、基部212の高さHは、H=A−T−Pとなるように設定される。そして、刃先部214の高さDは望まれる切込みの深さに設定される。

0100

このように設定することで、刃先部214が最も深く押し込まれるときに、基部212の頂上面212Aが包装用フイルム20の表面と接触するため、刃先部214は、刃先部214の高さD以上に深く、包装用フイルム内に押し込まれることはない。

0101

すなわち、基部212が包装用フイルム20の表面と接触することで、刃先部214が包装用フイルム20内に押し込まれる深さが、物理的に決定されることとなる。

0102

これにより、例えば、切込み加工中に振動が発生してロールがたわみ、加工ロール110の胴部112と支持ロール120の胴部122の間の距離が狭まったとしても、刃先部214が包装用フイルム20内に押し込まれる深さはDに保たれる。

0103

また、支持ロール120に巻きついている包装用フイルム20が、支持ロール120と密着しておらず、若干浮いているような場合には、基部212が、包装用フイルム20を支持ロール120表面に押し付けた上で、刃先部214が包装用フイルム20内に押し込まれることとなる。よって、この場合も、刃先部214が包装用フイルム20内に押し込まれる深さはDに保たれる。

0104

以上のように、切込刃210の基部212の高さHおよび刃先部214の高さDを設定することで、包装用フイルム20に、深さDの切込みを正確に加工することができる。

0105

特に、切込みの深さが十数μm程度となるような微細な切込み加工を行うことができる。

0106

また、場合によっては、基部212の高さHをH>A−T−Pとなるように設定することもできる。この場合は、同図(b)に示されるように、基部212が包装用フイルム20の表面を押圧しながら、刃先部214が包装用フイルム20内に押し込まれることとなる。

0107

包装用フイルム20の素材によっては、このように基部212で包装用フイルム20を圧縮しながら、刃先部214を押し込むことによって、狙った深さの切込みを加工することができる。

0108

図8は、本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100によって、易開封切込み22を加工された包装用フイルム20の一例を示す断面図である。

0109

同図に示されるように、包装用フイルム20は、一般的には、外層である基材20Aと内層であるシーラント20Bが積層されたラミネートフイルムである。

0110

基材20Aは、強度、ガスバリア性または遮光性等の種々の機能を有するものである。

0111

この基材20Aの素材としては、例えば、延伸ナイロン延伸ポリプロピレンポリエチレンポリエチレンテレフタレートまたはポリカーボネート等が挙げられる。

0112

シーラント20Bは、融着性を有し、シーラント20B同士を対向させて融着(ヒートシール)することで、袋を形成するためのものである。

0113

このシーラント20Bの素材としては、無延伸ポリプロピレン直鎖状低密度ポリエチレン低密度ポリエチレン高密度ポリエチレンまたはエチレン酢酸ビニル共重合体等が挙げられる。

0114

なお、包装用フイルム20は、必要に応じて、基材20Aとシーラント20Bの間に、例えばアルミ箔セラミック蒸着フイルム等が積層された3層、4層からなるラミネートフイルムとなることもある。

0115

図8に示されるような、厚さ25μmの基材20Aと厚さ25μmのシーラント20Bを積層したラミネートフイルムである包装用フイルム20に、開封を容易にするための易開封切込み22を加工する場合、外層である基材20Aに切込み加工を施す必要がある。

0116

さらに、ガスバリア性等の基材20Aの性能を保つ必要がある場合には、基材20Aを貫通するような切込みを加工することはできない。このため、基材20Aの性能を保ちながらも、開封を容易とするためには、基材20Aの厚さの1/10〜9/10の深さの易開封切込み22を加工することが好ましい。

0117

基材20Aの厚さの2/10〜8/10の深さの易開封切込み22ならば、より好ましく、さらに、基材20Aの性能を確実に保ちながらも、開封を確実に容易とするためには、基材20Aの厚さの4/10〜6/10深さ(10〜15μm)の易開封切込み22を加工するのが望ましい。

0118

このような場合であっても、包装用フイルム20全体の厚さ(50μm)に合わせて、基部212の高さを設定し、刃先部214の高さを、例えば、12μmとすれば、正確に12μmの深さの易開封切込み22を基材20Aに加工することができる。

0119

さらに、基部212によって、狙った深さ以上に刃先部214が包装用フイルム20内に押し込まれることを完全に抑止できるため、基材20Aを貫通するような切込みが加工されることはない。このため、基材20Aの性能を保ちながらも、開封の容易な包装用フイルム20を製造することが可能となる。

0120

なお、基材20Aの求められる性能や素材によっては、易開封切込み22の深さを基材20Aの厚さの1/10〜9/10にすることが望まれるが、このような場合でも、本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100によれば、正確に望まれる深さの易開封切込み22を加工することができるのは言うまでもない。

0121

次に、本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100によって製造された、易開封切込み22を有する包装用フイルム20について説明する。

0122

図9(a)〜(f)および図10(a)〜(f)は、本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100によって製造された、易開封切込み22を有する包装用フイルム20の例を示す平面図である。

0123

図9(a)〜(f)および図10(a)〜(f)に示される包装用フイルム20は、いずれも基材20Aおよびシーラント20Bが積層されたラミネートフイルムであり、機材20Aに形成された易開封切込み22は、いずれも基材20Aの性能を損わない深さ(基材20Aの厚さの約半分の深さ)の切込みである。

0124

本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100によれば、このように様々な易開封切込み22を有する包装用フイルム20を製造することができる。

0125

図9(a)に示されるのは、幅方向の一端部から他方の端部まで連続する直線状の易開封切込み22を長手方向の一定間隔ごとに複数有する包装用フイルム20である。

0126

図9(b)に示されるのは、幅方向の一端部から他方の端部まで連続するミシン目状の易開封切込み22を長手方向の一定間隔ごとに複数有する包装用フイルム20である。

0127

図9(c)に示されるのは、幅方向の一端部から他方の端部まで連続する文字を構成する易開封切込み22を長手方向の一定間隔ごとに複数有する包装用フイルム20である。

0128

図9(d)に示されるのは、幅方向の一端部から他方の端部まで連続する一定幅の帯状の範囲内に分布する多数の線状の易開封切込み22を長手方向の一定間隔ごとに複数有する包装用フイルム20である。

0129

図9(e)に示されるのは、幅方向の一端部から他方の端部まで連続する矢羽形状を構成する易開封切込み22を長手方向の一定間隔ごとに複数有する包装用フイルム20である。

0130

図9(f)に示されるのは、幅方向の一端部から他方の端部まで、4つの円を十字形に組み合わせた形状が連続する易開封切込み22を長手方向の一定間隔ごとに複数有する包装用フイルム20である。

0131

図10(a)に示されるのは、長手方向に連続する直線状の易開封切込み22を有する包装用フイルム20である。

0132

図10(b)に示されるのは、長手方向に連続するミシン目状の易開封切込み22を有する包装用フイルム20である。

0133

図10(c)に示されるのは、長手方向に連続する文字を構成する易開封切込み22を有する包装用フイルム20である。

0134

図10(d)に示されるのは、長手方向に連続する一定幅の帯状の範囲内に分布する多数の線状の易開封切込み22を有する包装用フイルム20である。

0135

図10(e)に示されるのは、長手方向に連続する矢羽形状を構成する易開封切込み22を有する包装用フイルム20である。

0136

図10(f)に示されるのは、長手方向に、4つの円を十字形に組み合わせた形状が連続する易開封切込み22を有する包装用フイルム20である。

0137

以上の図9(a)〜(b)および図10(a)〜(b)に示される包装用フイルム20のいずれかを用いれば、ガスバリア性等の基材20Aの性能を保ちながらも、易開封切込み22に沿って容易に開封することができる包装袋を製造することができる。

0138

さらに、基材20Aの強度は十分に確保されているため、製袋作業や、内容物の充填作業のときに、包装用フイルム20が不用意に引き裂かれてしまうようなことはない。

0139

また、図9(c)または図10(c)に示される包装用フイルム20では、易開封切込み22を、例えば、メーカー名や商品名を構成する文字が連続するものとすることができる。

0140

このような、メーカー名や商品名を構成する文字が連続する易開封切込み22は、包装袋の開封という機能に加えて、商標的機能を有するため、商品および包装袋の魅力や価値を高めることができる。

0141

また、図9(c)または図10(c)に示される包装用フイルム20では、易開封切込み22が、包装袋の開封という機能に加えて、装飾的機能を有するため、商品および包装袋の魅力や価値を高めることができる。

0142

次に、本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100によって製造された易開封切込み22を有する包装用フイルム20を用いて製造された、包装袋30について説明する。

0143

図11(a)〜(d)は、本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100によって製造された易開封切込み22を有する包装用フイルム20を用いて製造された、包装袋30の例を示す正面図である。

0144

図11(a)〜(d)に示される包装袋30に用いられる包装用フイルム20は、いずれも基材20Aおよびシーラント20Bが積層されたラミネートフイルムであり、基材20Aに形成された易開封切込み22は、いずれも基材20Aの性能を損わない深さ(基材20Aの厚さの約半分の深さ)の切込みである。

0145

このうち、図11(a)および(b)に示されるのは、右端部、上端部および下端部に融着された融着部32を有する3方シール型の包装袋30であり、図11(c)および(d)に示されるのは、合掌型に閉じた中央手前、上端部および下端部に融着部32を有するピロー型の包装袋30である。

0146

図11(a)に示されるのは、左端部から右端部まで連続する文字を構成する易開封切込み22を有する3方シール型の包装袋30である。この包装袋30は、ガスバリア性等の基材20Aの性能を保ちながらも、易開封切込み22に沿って容易に開封される。さらに、易開封切込み22の商標的機能によって、商品および包装袋30の魅力や価値が高められている。

0147

図11(b)に示されるのは、左右両端部において一定幅の帯状の範囲内に分布する多数の線状の易開封切込み22を有する3方シール型の包装袋30である。この包装袋30は、ガスバリア性等の基材20Aの性能を保ちながらも、易開封切込み22を起点として、左右両端部のどこからでも容易に開封される。

0148

図11(c)に示されるのは、左端部から右端部まで連続するミシン目状の易開封切込み22を有するピロー型の包装袋30である。この包装袋30は、ガスバリア性等の基材20Aの性能を保ちながらも、易開封切込み22に沿って容易に開封される。

0149

図11(d)に示されるのは、上端部から下端部まで、4つの円を十字形に組み合わせた形状が連続する易開封切込み22を有するピロー型の包装袋30である。この包装袋30は、ガスバリア性等の基材20Aの性能を保ちながらも、易開封切込み22に沿って容易に開封される。さらに、易開封切込み22の装飾的機能によって、商品および包装袋30の魅力や価値が高められている。

0150

以上の、図11(a)〜(d)に示される包装袋30は、開封の起点が融着部32に限定されることがなく、易開封切込み22が形成されている部分であれば、どこを起点にしても開封することができる。このため、内容物に応じて、適宜に易開封切込み22の位置や方向を設定することで、容易に開封されて、容易に内容物を取り出すことができる包装袋30とすることができる。

0151

次に、本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100によって製造された易開封切込み22を有する包装用フイルム20を用いて製造された、おにぎりの包装袋40について説明する。

0152

図12(a)および(b)は、本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100によって製造された易開封切込み22を有する包装用フイルム20を用いて製造された、おにぎりの包装袋40の例を示す正面図および背面図である。

0153

おにぎりの包装袋40に使用される包装用フイルム20は、基材20Aおよびシーラント20Bが積層された略長方形状のラミネートフイルムであり、基材20Aの上端中央部から下端中央部まで連続する矢羽形状を構成するミシン目状の易開封切込み22が形成されている。この易開封切込み22は、いずれも基材20Aの性能を損わない深さ(基材20Aの厚さの約半分の深さ)の切込みである。

0154

さらに、包装用フイルム20のシーラント20B側の面には、左右2つに分割されたフイルムが、端部を融着されて積層されている。そして、包装用フイルム20とこの左右2つに分割されたフイルムの間には海苔が収容されている。

0155

そして、間に海苔を収容して積層された包装用フイルム20と2枚のフイルムは、おにぎりの正面から、左斜面、右斜面および底面に沿って後方に折り曲げられ、折り曲げられた先端部をおにぎりの背面上でシール44により固定されることで、おにぎりの包装袋40を形成する。このとき、矢羽形状を構成する易開封切込み22は、包装体上端部の三角形頂点から正面の中央部および底面の中央部を通り、背面で固定されている端部まで連続している。

0156

このおにぎりの包装袋40は、底面の左右両端部に形成されるフラップ状部分42をつまんで左右に引っ張られることにより、矢羽形状を構成する易開封切込み22に沿って容易に引き裂かれて二つに分割される。そして、そのまま左右に引っ張られることで、おにぎりの包装袋40は、おにぎりおよび海苔から容易に引き剥がされる。

0157

すなわち、おにぎりの包装袋40は、単に左右に引っ張るだけで開封することができ、従来のおにぎりの包装体よりもはるかに容易に開封することができる。

0158

しかも、開封を容易としながらも、包装用フイルム20の基材20Aの性能は確保されているため、運搬時に誤っておにぎりの包装体が破れたり、包装されたおにぎりや海苔の鮮度が損われたりということはない。

0159

なお、本発明に係る包装用フイルムの切込加工装置、易開封切込みを有する包装用フイルムおよび包装袋、ならびに切込みを有する包装用フイルムの製造方法は、上記した実施の形態に限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲内において種々変更を加え得ることは勿論である。

0160

例えば、本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100において、加工ロール110および指示ロール120が配設される場所は、図1に示されるような刃物12の上流側近傍に限定されるものではなく、刃物12の上流側の、より離れた場所に配設してもよいし、刃物12の下流側に配設してもよい。

0161

また、加工ロール110、支持ロール120および押圧手段130の配置は、図2(a)および(b)に限定されるものではなく、例えば、加工ロール110および押圧手段130が、支持ロール120の下方に配置されてもよい。

0162

また、押圧手段130は、例えば、エアシリンダ油圧シリンダ等であってもよい。

0163

また、切込み加工手段200は、本実施例1に示される構造に限定されるものではなく、例えば、ブロック状の部材の表面に切込刃210が形成されるものであってもよい。

0164

また、本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100によって製造された、易開封切込み22を有する包装用フイルム20の易開封切込み22は、図9(a)〜(f)または図10(a)〜(f)に示される構造に限定されるものではなく、例えば、幅方向に対して斜めに連続するものであってもよいし、フイルム内の一部において連続するものであってもよい。さらに、易開封切込み22は、図9(a)〜(f)または図10(a)〜(f)に示されるもの以外の様々な形状や模様を構成するものであってもよい。

0165

また、本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100によって製造された易開封切込み22を有する包装用フイルム20を用いて製造された、包装袋30は、図11(a)〜(d)に示される構造に限定されるものではなく、例えば4方シール型であってもよいし、スタンディングタイプであってもよい。

0166

また、本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100によって製造された易開封切込み22を有する包装用フイルム20を用いて製造された、おにぎりの包装袋40は、図12(a)および(b)に示される構造に限定されるものではなく、例えば、円柱形状のおにぎりを包装するものであってもよい。

0167

本発明に係るフイルムの切込加工装置および切込加工方法、易開封性包装用フイルムならびに易開封性包装袋は、包装の分野で特に利用することができる。

図面の簡単な説明

0168

(a)および(b)本発明の実施例1に係るフイルムの切込加工装置100の全体を示す概略図である。
本実施例1に係る加工ロール110、支持ロール120および押圧手段130の周辺を示す正面図(a)および側面図(b)である。
(a)〜(d)本実施例1に係る切込み加工手段200の加工ロール110への取り付け方の例を示す概略図である。
本実施例1に係る切込み加工手段200の一部を拡大した例を示す、断面図(a)および平面図(b)である。
(a)〜(f)本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100において使用される切込み加工手段200の切込刃210の形状の例を示すものである。
(a)〜(d)本実施例1に係る加工ロール110の胴部112の外周面に取り付けられた切込み加工手段200の切込刃210が、包装用フイルム20に切込みを加工する様子を模式的に示した概略図である。
(a)および(b)本実施例1に係る切込み加工手段200の切込刃210の刃先部214が、包装用フイルム20に最も深く押し込まれた状態を拡大した断面図である。
本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100によって、易開封切込み22を加工された包装用フイルム20の一例を示す断面図である。
(a)〜(f)本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100によって製造された、易開封切込み22を有する包装用フイルム20の例を示す平面図である。
(a)〜(f)本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100によって製造された、易開封切込み22を有する包装用フイルム20の例を示す平面図である。
(a)〜(d)本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100によって製造された、易開封切込み22を有する包装用フイルム20を用いて製造された包装袋30の例を示す正面図である。
本実施例1に係るフイルムの切込加工装置100によって製造された、易開封切込み22を有する包装用フイルム20をおにぎりの包装袋40に適用した例を示す正面図(a)および背面図(b)である。

符号の説明

0169

10・・・スリッタ
20・・・包装用フイルム
20A・・・基材
20B・・・シーラント
22・・・易開封切込み
30・・・包装袋
40・・・おにぎりの包装袋
100・・・包装用フイルムの切込加工装置
110・・・加工ロール
112・・・胴部
112A・・・取付溝
114・・・当接部
120・・・支持ロール
200・・・切込加工手段
210・・・切込刃
212・・・基部
214・・・刃先部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ