図面 (/)

技術 水耕栽培用パネルの取出し・搬送方法及び水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置

出願人 株式会社河原
発明者 河原栄
出願日 2006年9月30日 (14年11ヶ月経過) 出願番号 2006-270166
公開日 2008年4月17日 (13年4ヶ月経過) 公開番号 2008-086248
状態 未査定
技術分野 水耕栽培
主要キーワード 端チェ 先開き 搬送受渡 空間面積 誘導空間 搬送環境 合成樹脂発泡材 発泡スチロ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年4月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

全ての水耕栽培野菜に対する品質検査見栄えのよい野菜の提供が可能であって、生産から出荷に至る工程を可能な限り自動化する水耕栽培用パネル取出し・搬送装置を提供すること。

解決手段

合成樹脂発泡材で形成されている水耕栽培用パネル45を摩擦係数が相対的に高いで形成され水平張力が作用されて周回移動している取出・搬送側搬送ロ−プ21に載せて強い搬送力を作用して搬送受渡・タ−ン地点13まで迅速に搬送する。この後、水耕栽培用パネル45を、周回移動しており摩擦係数が相対的に低い鉄又はアルミ等の金属で形成された無端チェ−ン35に受渡し搬送途上においてスベリ生起可能な弱い搬送力を作用して低速にて出荷作業地点31に向けて搬送するようにする。

概要

背景

従来から、天候に影響されることなく野菜市場に安定供給すること並びに遊休土地の有効利用をはかるため、環境を人為的に制御しつつ水耕栽培により野菜をプラント内で効率よく育成して出荷する技術開発が行われており、例えば。次のような提案(特開平6−105626)がある。

該提案は、栽培バ−に植付けされ該栽培バ−が水耕栽培液槽中を浮遊する一定時間内に所要の養分を吸収なさしめて出荷可能なレベルまで育成された野菜などを栽培バ−から引き抜き、根を切る等の作業工程をも自動化し、水耕栽培により野菜を育成して出荷するまでの全工程を自動化することを目的とした水耕栽培における収穫方法とその装置に関するものである。

そして、該提案によれば、収穫可能な段階まで育成された野菜が多数植付けされた栽培バ−を、フィンガ駆動用シリンダを動作させてフィンガ−に固定した状態で、カッタ機構を構成するカッタ−で野菜の根を切断する。この後、冷水噴射機構により冷水が噴射され、その後、反転機構反転ア−ムにより180度反転させ、野菜の根側を上向きにされた栽培バ−は搬送機構を構成する台車の上に置いて移動し、包装機構を構成するコンベア上において、押し出し機構を構成するピストン駆動シリンダピストンを駆動して栽培バ−から野菜を押し出し、コンベアで包装機構へ搬送するといった内容の提案である。

特開平6−105626

概要

全ての水耕栽培野菜に対する品質検査見栄えのよい野菜の提供が可能であって、生産から出荷に至る工程を可能な限り自動化する水耕栽培用パネル取出し・搬送装置を提供すること。合成樹脂発泡材で形成されている水耕栽培用パネル45を摩擦係数が相対的に高いで形成され水平張力が作用されて周回移動している取出・搬送側搬送ロ−プ21に載せて強い搬送力を作用して搬送受渡・タ−ン地点13まで迅速に搬送する。この後、水耕栽培用パネル45を、周回移動しており摩擦係数が相対的に低い鉄又はアルミ等の金属で形成された無端チェ−ン35に受渡し搬送途上においてスベリ生起可能な弱い搬送力を作用して低速にて出荷作業地点31に向けて搬送するようにする。

目的

しかるに、前記した提案には、野菜などを栽培バ−から引き抜き、根を切る等の作業工程をも自動化して水耕栽培による野菜の生産に関しては極限まで自動化した技術思想は開始されているが、いかなる段階でいかなる方策検査しているか開示されていない。従って、効率よく育成出荷して安価な商品を市場に提供できるが、市場に提供する野菜の品質保証する等の生産者責任を確実に果たすことができないといった問題点があった。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

出荷可能な状態まで育成された水耕栽培野菜植付けされている水耕栽培用パネル摩擦係数の高い搬送手段上に取出すテップ1を実行し、つぎに摩擦係数の高い搬送手段を用いて水耕栽培用パネルを搬送受渡地点まで搬送するステップ2を実行し、ついで搬送受渡地点にて該水耕栽培用パネルを摩擦係数の低い搬送手段上に乗換えなさしめるステップ3を実行し、しかる後に摩擦係数の低い搬送手段を用いて該水耕栽培用パネルを出荷作業地点まで搬送なさしめるステップ4を実行するステップ4を実行する手順からなる水耕栽培用パネルの取出し・搬送方法

請求項2

平張力上方側作用起点に設けられた上方周回テンションプ−リと、該水平張力上方側作用起点の下方に位置する水平張力下方側作用起点に設けられた下方周回側テンションプ−リと、該水平張力上方側作用起点に対して搬送方向上に一定距離離れた搬送受渡・タ−ン地点に設けられた駆動スプロケットと、出力軸を該駆動スプロケットと連動連結されて設けられた取出・搬送側周回動作用モ−タと、水平張力上方側作用起点と水平張力下方側作用起点間の一側周回タ−ン地点に設けられた周回タ−ンテンションプ−リと、駆動スプロケットと周回移動可能に連結されるとともに上方周回側テンションプ−リ下方周回側テンションプ−リそれぞれと周回移動可能に接触なさしめ且つ周回タ−ンテンションプ−リと周回タ−ン可能に接触なさしめて張設された取出・搬送側搬送ロ−プと、一側が周回タ−ンテンションプ−リと連結なさしめて設けられたバランスウエイトとから構成された取出・搬送側周回移動機構と、前記取出・搬送側搬送ロ−プの搬送受渡・タ−ン地点近傍位置に位置する搬送授受地点と搬送作業地点に設けられた基台と、該基台上の搬送授受地点近傍位置と搬送作業地点近傍位置にそれぞれ設けられた一方と他方のスプロケットと、一方と他方のスプロケットそれぞれに周回移動可能に搬送された無端チェ−ンと、いずれか一方のスプロケットと出力軸が連動連結されて設けられた搬送授受・出荷作業場向け側周回動作用モ−タと、から構成された搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構と、から構成されていることを特徴とする水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置

請求項3

水平張力上方側作用起点に設けられた上方周回側テンションプ−リと、該水平張力上方側作用起点の下方に位置する水平張力下方側作用起点に設けられた下方周回側テンションプ−リと、該水平張力上方側作用起点に対して搬送方向上に一定距離離れた搬送受渡・タ−ン地点に設けられた駆動スプロケットと、出力軸を該駆動スプロケットと連動連結されて設けられた取出・搬送側周回動作用モ−タと、水平張力上方側作用起点と水平張力下方側作用起点間の一側周回タ−ン地点に設けられた周回タ−ンテンションプ−リと、一定間隔搬送路上に設けられた複数の支え部材と断面形状が受取状に形成され搬送受渡・タ−ン地点と水平張力上方側作用起点間に設けられた落下防止部材と下側が支え部材と上方が落下防止部材とそれぞれ連結された複数の支持部材とからなる取出・搬送側搬送ロ−プ安定搬送支援手段と、駆動スプロケットと周回移動可能に連結されるとともに上方周回側テンションプ−リ下方周回側テンションプ−リそれぞれと周回移動可能に接触なさしめ且つ周回タ−ンテンションプ−リと周回タ−ン可能に接触なさしめ更に水平張力上方側作用起点と搬送受渡・タ−ン地点間において前記落下防止部材により周回移動可能に支持されて張設された取出・搬送側搬送ロ−プと、一側が周回タ−ンテンションプ−リと連結なさしめて設けられたバランスウエイトとから構成された取出・搬送側周回移動機構と、請求項(2)記載の搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構と、から構成されていることを特徴とする水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置。

請求項4

請求項(2)記載の取出・搬送側周回移動機構又は請求項(3)記載の取出・搬送側周回移動機構と、前記取出・搬送側搬送ロ−プの搬送受渡・タ−ン地点近傍位置に位置する搬送授受地点と搬送作業地点に設けられた基台と、該基台上の搬送授受地点近傍位置と搬送作業地点近傍位置にそれぞれ設けられた一方と他方のスプロケットと、一方と他方のスプロケットそれぞれに周回移動可能に搬送された無端チェ−ンと、前記取出・搬送側搬送ロ−プの搬送受理・タ−ン地点近傍位置側を先開き状に形成され基台上の無端チェ−ンの一側隣接位置と他側隣接位置にそれぞれ設けられた受渡誘導部材と、いずれか一方のスプロケットと出力軸が連動連結されて設けられた搬送授受・出荷作業場向け側周回動作用モ−タと、から構成された搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構と、から構成されていることを特徴とする水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置。

技術分野

0001

本発明は水耕栽培液槽中で出荷が可能な状態まで育成された水耕栽培野菜植設されている多数の水耕栽培用パネルをスム−ズに水耕栽培液槽中から取出して所定の品質検査等の作業に適合しし且つ可能な限り迅速に搬送する水耕栽培用パネルの搬送に関する。

背景技術

0002

従来から、天候に影響されることなく野菜を市場に安定供給すること並びに遊休土地の有効利用をはかるため、環境を人為的に制御しつつ水耕栽培により野菜をプラント内で効率よく育成して出荷する技術開発が行われており、例えば。次のような提案(特開平6−105626)がある。

0003

該提案は、栽培バ−に植付けされ該栽培バ−が水耕栽培液槽中を浮遊する一定時間内に所要の養分を吸収なさしめて出荷可能なレベルまで育成された野菜などを栽培バ−から引き抜き、根を切る等の作業工程をも自動化し、水耕栽培により野菜を育成して出荷するまでの全工程を自動化することを目的とした水耕栽培における収穫方法とその装置に関するものである。

0004

そして、該提案によれば、収穫可能な段階まで育成された野菜が多数植付けされた栽培バ−を、フィンガ駆動用シリンダを動作させてフィンガ−に固定した状態で、カッタ機構を構成するカッタ−で野菜の根を切断する。この後、冷水噴射機構により冷水が噴射され、その後、反転機構反転ア−ムにより180度反転させ、野菜の根側を上向きにされた栽培バ−は搬送機構を構成する台車の上に置いて移動し、包装機構を構成するコンベア上において、押し出し機構を構成するピストン駆動シリンダピストンを駆動して栽培バ−から野菜を押し出し、コンベアで包装機構へ搬送するといった内容の提案である。

0005

特開平6−105626

発明が解決しようとする課題

0006

近年、食の安全・安心消費者の間で関心事であるため、人が食する商品を市場に供給する場合には、生産者に於いて出荷する商品の品質管理には細心の注意を図る必要がある。また、見栄えのよい商品が購買意欲に影響を与える消費者心理もある。かかる状況は、水耕栽培により野菜を生産する場合にも当然当てはまることである。その一方、効率よく育成出荷して安価な商品を市場に提供しなければ販売競争に勝てないといった営業上の事情もある。

0007

このため、水耕栽培により前記した野菜を出荷する際には、所定程度まで育成されているか端の色合い等商品としての野菜が本来備えている品質レベルに達しているか否かの検査を行う作業工程を設けることが消費者に対して食の安全をも保障する生産者として必須の姿勢である。従って。水耕栽培による野菜の生産には極限まで自動化する必要があるとともに、出荷しようとする野菜の検査をいかなる時点で如何にして行うかが重要なポイントである。

0008

しかるに、前記した提案には、野菜などを栽培バ−から引き抜き、根を切る等の作業工程をも自動化して水耕栽培による野菜の生産に関しては極限まで自動化した技術思想は開始されているが、いかなる段階でいかなる方策で検査しているか開示されていない。従って、効率よく育成出荷して安価な商品を市場に提供できるが、市場に提供する野菜の品質保証する等の生産者責任を確実に果たすことができないといった問題点があった。

0009

本発明は前記した事情に鑑み、水耕栽培により育成された全ての野菜に対する品質検査と見栄えのよい野菜の提供が可能であって、しかも水耕栽培による野菜の生産から出荷に至る工程を可能な限り自動化するのに寄与する水耕栽培用パネルの取出し・搬送方法と該方法を実施可能な水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置を提供することを目的とする。

0010

前記した目的を達成するため、請求項(1)乃至請求項(4)の発明は、水耕栽培により育成された全ての野菜に対する品質検査と見栄えのよい野菜を選別するには作業者視覚によるべきことが最も適切である点に着目し、あえて根を切る等の作業工程の自動化を避け、作業者に根を切る作業を行わせるとともに視覚により野菜の状態を観察して野菜に対する任質検査と見栄えのよい野菜を選別する作業も併せて行わせることとし、係る作業形態に適合する水耕栽培用パネルの取出し・搬送方法と該方法を実施可能な水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置としたものである。。

0011

そして、請求項(1)の発明に於いては、作業者に。水耕栽培用パネルを迅速に出荷作業場近くまで搬送すべく該水耕栽培用パネルの材質案して摩擦係数が相対的に高い材質からなる搬送手段に載せて搬送することにより、出荷作業場近くまで迅速に水耕栽培用パネルを搬送する。この一方、作業者の各水耕栽培用パネルごとの前記した作業に一定時間要することを起因として水耕栽培用パネルが、しばし出荷作業位置と隣接する位置で滞留することが避けられないことから、搬送が一時的に停滞する余裕時間が必要であることを想定して水耕栽培用パネルの材質を勘案して摩擦係数が相対的に小さい材質からなる搬送手段を用いて出荷作業場の受け入れ位置までゆっくり搬送するとともに前記した滞留が発生してもスム−ズに搬送順に停止可能なようにしたものである。

0012

具体的には、出荷可能な状態まで育成された水耕栽培野菜が植付けされている水耕栽培用パネルを摩擦係数の高い搬送手段上に取出すテップ1を実行し、つぎに摩擦係数の高い搬送手段を用いて水耕栽培用パネルを搬送受渡地点まで搬送するステップ2を実行し、ついで搬送受渡地点にて該水耕栽培用パネルを摩擦係数の低い搬送手段上に乗換えなさしめるステップ3を実行し、しかる後に摩擦係数の低い搬送手段を用いて該水耕栽培用パネルを出荷作業地点まで搬送なさしめるステップ4を実行するステップ4を実行する手順からなる水耕栽培用パネルの取出し・搬送方法としたものである。

0013

また、請求項(2)の発明においては、水耕栽培用パネルの材質を勘案して相対的に摩擦係数が高い材質からなるロ−プを採用し該ロ−プに張力を作用なさしめたものを搬送手段として用いる。一方、水耕栽培用パネルの材質を勘案して相対的に摩擦係数が小さい材質からなる搬送手段としてチェ−ンコンベアを用いることとしたものである。そして、水耕栽培用パネルを迅速に搬送する段階から作業者が水耕栽培野菜の品質検査等の前記した所定の作業を実施するために水耕栽培用パネルが一時的に滞留する段階へとスム−ズに移行できるようにしたものである。

0014

具体的には、水平張力上方側作用起点に設けられた上方周回テンションプ−リと、該水平張力上方側作用起点の下方に位置する水平張力下方側作用起点に設けられた下方周回側テンションプ−リと、該水平張力上方側作用起点に対して搬送方向上に一定距離離れた搬送受渡・タ−ン地点に設けられた駆動スプロケットと、出力軸を該駆動スプロケットと連動連結されて設けられた取出・搬送側周回動作用モ−タと、水平張力上方側作用起点と水平張力下方側作用起点間の一側周回タ−ン地点に設けられた周回タ−ンテンションプ−リと、駆動スプロケットと周回移動可能に連結されるとともに上方周回側テンションプ−リ下方周回側テンションプ−リそれぞれと周回移動可能に接触なさしめ且つ周回タ−ンテンションプ−リと周回タ−ン可能に接触なさしめて張設された取出・搬送側搬送ロ−プと、一側が周回タ−ンテンションプ−リと連結なさしめて設けられたバランスウエイトとから構成された取出・搬送側周回移動機構と、前記取出・搬送側搬送ロ−プの搬送受渡・タ−ン地点近傍位置に位置する搬送授受地点と搬送作業地点に設けられた基台と、該基台上の搬送授受地点近傍位置と搬送作業地点近傍位置にそれぞれ設けられた一方と他方のスプロケットと、一方と他方のスプロケットそれぞれに周回移動可能に搬送された無端チェ−ンと、いずれか一方のスプロケットと出力軸が連動連結されて設けられた搬送授受・出荷作業場向け側周回動作用モ−タと、から構成された搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構と、
から構成される水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置としたものである。

0015

さらに、請求項(3)の発明においては、張力が作用されたロ−プに横方向からの外力が作用したり物体を乱暴に載せると左右方向又は上下方向の振動生起し、載せられた水耕栽培用パネルが傾いたりバウンドし落下するおそれがある状況を阻止して安定的に所定方向に搬送できるようにして、水耕栽培用パネルを迅速に搬送する段階を確実に実行可能とし、前記した効率のよい搬送と水耕栽培野菜の品質検査等を実行するための余裕時間を考慮した搬送がスム−ズに実行できるようにしたものである。

0016

具体的には、水平張力上方側作用起点に設けられた上方周回側テンションプ−リと、該水平張力上方側作用起点の下方に位置する水平張力下方側作用起点に設けられた下方周回側テンションプ−リと、該水平張力上方側作用起点に対して搬送方向上に一定距離離れた搬送受渡・タ−ン地点に設けられた駆動スプロケットと、出力軸を該駆動スプロケットと連動連結されて設けられた取出・搬送側周回動作用モ−タと、水平張力上方側作用起点と水平張力下方側作用起点間の一側周回タ−ン地点に設けられた周回タ−ンテンションプ−リと、一定間隔搬送路上に設けられた複数の支え部材と断面形状が受取状に形成され搬送受渡・タ−ン地点と水平張力上方側作用起点間に設けられた落下防止部材と下側が支え部材と上方が落下防止部材とそれぞれ連結された複数の支持部材とからなる取出・搬送側搬送ロ−プ安定搬送支援手段と、駆動スプロケットと周回移動可能に連結されるとともに上方周回側テンションプ−リ下方周回側テンションプ−リそれぞれと周回移動可能に接触なさしめ且つ周回タ−ンテンションプ−リと周回タ−ン可能に接触なさしめ更に水平張力上方側作用起点と搬送受渡・タ−ン地点間において前記落下防止部材により周回移動可能に支持されて張設された取出・搬送側搬送ロ−プと、一側が周回タ−ンテンションプ−リと連結なさしめて設けられたバランスウエイトとから構成された取出・搬送側周回移動機構と、請求項(2)記載の搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構と、から構成される水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置としたものである。

0017

さらにまた、請求項(4)の発明においては、前記した水耕栽培用パネルを迅速に搬送する段階から前記した作業者が水耕栽培野菜の品質検査等の前記した所定の作業を実施するために水耕栽培用パネルが一時的に滞留する段階に確実に移行できるようにして、水耕栽培用パネルに如何なる積載状態となるととも、水耕栽培用パネルが落下して搬送不能とならない搬送手段を講じて所定の搬送方向にスム−ズに搬送できるようにしたものである。

0018

具体的には、請求項(2)記載の取出・搬送側周回移動機構又は請求項(3)記載の取出・搬送側周回移動機構と、前記取出・搬送側搬送ロ−プの搬送受渡・タ−ン地点近傍位置に位置する搬送授受地点と搬送作業地点に設けられた基台と、該基台上の搬送授受地点近傍位置と搬送作業地点近傍位置にそれぞれ設けられた一方と他方のスプロケットと、一方と他方のスプロケットそれぞれに周回移動可能に搬送された無端チェ−ンと、前記取出・搬送側搬送ロ−プの搬送受理・タ−ン地点近傍位置側を先開き状に形成され基台上の無端チェ−ンの一側隣接位置と他側隣接位置にそれぞれ設けられた受渡誘導部材と、いずれか一方のスプロケットと出力軸が連動連結されて設けられた搬送授受・出荷作業場向け側周回動作用モ−タと、から構成された搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構と、から構成される水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置としたものである。

発明の効果

0019

請求項(1)の発明と請求項(2)の発明の構成によりの構成により、水耕栽培用パネルに対して相対的に摩擦係数が高い材質からなる搬送手段により大きな搬送力を生ぜしめて水耕栽培用パネルを出荷作業場近くまで先行して迅速に搬送に搬送することができる。また、水耕栽培用パネルに対して相対的に摩擦係数が小さい材質からなる搬送手段により小さな搬送力を搬送力を生ぜしめて水耕栽培用パネルの搬送に障害が生じた場合には、スベリを発生させ、多数の水耕栽培用パネルを搬送順序を違えることなく、しかも搬送状態を乱すことなくスム−ズに所定の出荷作業場に搬送することができる。

0020

係る著効から、水耕栽培用パネルに植付けされた水耕栽培野菜に対する品質検査と見栄えのよい水耕栽培野菜の取捨選択に要する一定時間一時的に搬送が停止し後続の水耕栽培用パネルと接触等して搬送の障害となっても後続の水耕栽培用パネルにスベリを生じさせて搬送されてきた現状態様のままで一時的に搬送を停止するのみで搬送順序と搬送列に対する影響が皆無であり、水耕栽培により育成された全ての水耕栽培野菜に対する品質検査と見栄えのよい水耕栽培野菜の提供が可能であって、しかも水耕栽培による水耕栽培野菜の生産から出荷に至る全工程を可能な限り自動化することができる。このため、価格、品質、見栄え等市場価値の優れた水耕栽培野菜を高効率に安定して連日出荷することができる。

0021

請求項(3)の発明の構成により、張力が作用された取出・搬送側搬送ロ−プに横方向からの外力が作用して左右方向に振動したり水耕栽培用パネルを乱暴に載せることにより上下方向の振動が生起したりしても、載せられた水耕栽培用パネルが傾いたりバウンドし落下することがない。係る著効から、いかなる搬送環境下であっても、水耕栽培用パネルを出荷作業場近くまで先行して迅速に搬送することができる。このため、多数の水耕栽培用パネルを、所定の搬送作業場に確実に搬送でき、前記した水耕栽培により育成された全ての水耕栽培野菜に対する品質検査と見栄えのよい水耕栽培野菜の提供が可能であって、しかも水耕栽培による水耕栽培野菜の生産から出荷に至る全工程を可能な限り自動化することができる。

0022

請求項(4)の発明の構成により、水耕栽培用パネルが取出・搬送側搬送ロ−プ上の正しい位置に載せられなかったり、又は、取出・搬送側搬送ロ−プ上の搬送の途上で何らかの不釣合いな搬送力を作用され、水耕栽培用パネルが斜め積載状態で取出・搬送側搬送ロ−プ上を搬送され搬送受渡・タ−ン地点に到達しても、一方と他方の受渡誘導板により斜め積載状態を解消するように誘導される。このため、水耕栽培用パネルは、取出・搬送側搬送ロ−プ上から前記した如く周回移動している無端チェ−ンに受け渡すことができる。係る著効から、水耕栽培用パネルが如何なる状態で取出・搬送側搬送ロ−プ上に載せられていても、無端チェ−ンの搬送授受・タ−ン地点においてスム−ズに無端チェ−ンに受け渡すことができ、全ての水耕栽培用パネルを出荷作業場に確実に搬送することができる。

課題を解決するための最良の形態

0023

請求項(1)の発明の構成と請求項(2)の発明の構成により、バランスウエイトの鉛直下方向き自重が周回タ−ンテンションプ−リを介して周回タ−ンテンションプ−リ−と上方周回側テンションプ−リ間の取出・搬送側搬送ロ−プの上方側部分と周回タ−ンテンションプ−リ−と下方周回側テンションプ−リ間の取出・搬送側搬送ロ−プ下方側部分にそれぞれ作用する。

0024

また、上方側テンションプ−リ−が設けられている位置と下方側テンションプ−リ−が設けられている位置をそれぞれ起点として、バランスウエイトの鉛直下方向きの自重を起因とする作用方向が水平方向に方向転換される。このため、上方側テンションプ−リ−が設けられている位置と駆動スプロケットが設けられている位置の上方連結部分及び下方側テンションプ−リ−が設けられている位置と駆動スプロケットが設けられている位置の下方連結部分間にはそれぞれ水平張力が作用する。

0025

取出・搬送側搬送ロ−プに前記した張力が作用している状況下で、取出・搬送側周回動作用モ−タを一側に動作させると、回動力が、出力軸、駆動スプロケットを順次経由して取出・搬送側搬送ロ−プに伝達される。すると、取出・搬送側搬送ロ−プは、上方側テンションプ−リ−が設けられている位置と駆動スプロケットが設けられている位置の上方連結部分間では上方周回側テンションプ−リ−が設けられている位置から駆動スプロケットが設けられている位置の上方連結部分に向けて水平張力が作用された状態で移動する。この後、駆動スプロケットが設けられている位置の下方連結部分を周回移動して下方周回側テンションプ−リ−が設けられている位置に向けて水平張力が作用された状態で移動する。

0026

また、搬送授受・出荷作業場向け側周回動作用モ−タも動作させると、回動力が、出力軸、駆動スプロケットを順次経由して無端チェ−ンの一方側に伝達され、該無端チェ−ンは一方向きに周回移動を開始する。このため、搬送授受・タ−ン地点と出荷作業場地点間で該無端チェ−ンは周回移動する。

0027

係る周回移動の下で、ステップ1を実行し、出荷可能状態まで育成された水耕栽培野菜が植付けされた水耕栽培用パネルを、作業者が、前記した水平張力が作用された状態で移動する取出・搬送側搬送ロ−プ上に取出す。すると、水耕栽培用パネルの材質が発泡スチロ−ルであって取出・搬送側搬送ロ−プの材質がであることから摩擦係数が相対的に高くなる関係で接触している。このため、強い搬送力が生起して水耕栽培用パネルに作用するため、水耕栽培用パネルは、取出・搬送側搬送ロ−プ上を搬送受渡地点に向けて迅速に搬送され、ステップ2が実行される。

0028

そして、当該水耕栽培用パネルの搬送動作の実行を継続すると、取出・搬送側搬送ロ−プの搬送受渡・タ−ン地点に到達しても水耕栽培用パネルは、更に同方向に搬送されようとする。しかし、取出・搬送側搬送ロ−プが搬送受渡・タ−ン地点から周回タ−ン動作をなすため、該地点から水平方向に放たれるようにして該水耕栽培用パネルは、取出・搬送側搬送ロ−プ上から前記した如く周回移動している無端チェ−ンの搬送授受・タ−ン地点において受け渡されるステップ3が実行される。

0029

係る受渡と授受により、水耕栽培用パネルは、周回移動している無端チェ−ン上を出荷作業地点に向けて搬送されるが、水耕栽培用パネルの材質が発泡スチロ−ルであって無端チェ−ンの材質が鉄又はアルミ等の金属であることから摩擦係数が相対的に低くなる関係で接触している。このため、弱い搬送力が生起して水耕栽培用パネルに作用するため、水耕栽培用パネルは、低速にて出荷作業地点に向けて搬送されるステップ4が実行される。

0030

尚、作業者が、水耕栽培用パネルに植付けされている水耕栽培野菜の根を切断して水耕栽培用パネルから取出す作業、水耕栽培野菜の品質検査と見栄えのよさの可否を視覚により観察して選別する作業の実施をなすのに一定の時間を要するため、先行して出荷作業地点に搬送された複数の水耕栽培用パネルのうちで最先に作業の対象となっている水耕栽培用パネルが出荷作業場かせ離脱せずに移動を停止する。

0031

すると、後続の水耕栽培用パネルは、弱い搬送力が作用されて搬送され移動を停止している水耕栽培用パネルと接触するが、無端チェ−ン上での搬送力が弱いため移動を停止している水耕栽培用パネルと接触するとスベリが生じ接触した位置で移動を中断した状態で停止する。このため、搬送されてきた順番に従った水耕栽培用パネルの搬送列が乱れることなく、前記した水耕栽培野菜の品質検査と見栄えのよさの可否を視覚により観察して選別する作業を受けるまで待機した状態が現出され当該作業が確実且つ正確に実施される。

0032

また、請求項(3)の発明の構成により、取出・搬送側搬送ロ−プに前記した張力が作用している状況下で、当該取出・搬送側搬送ロ−プに横方向からの外力が作用したり水耕栽培用パネルを乱暴に載せると、左右方向又は上下方向の振動が生起し載せられた水耕栽培用パネルが傾いたりバウンドし落下しようとする。

0033

しかし、断面形状が受取状に形成され搬送受渡・タ−ン地点と水平張力上方側作用起点間に設けられた落下防止部材により取出・搬送側搬送ロ−プが周回移動可能に支持されて張設されていることから、前記した左右方向又は上下方向の振動が生起することを起因として取出・搬送側搬送ロ−プが振動しても落下防止部材により当該振動を阻止若しくは激減なさしめる。このため、前記した左右方向又は上下方向の振動が生起しても取出・搬送側搬送ロ−プ上に載せられた水耕栽培用パネルは傾いたりバウンドし落下せず、搬送受渡・タ−ン地点に搬送される。

0034

さらに、請求項(4)の発明の構成により、搬送の際に、水耕栽培用パネルが取出・搬送側搬送ロ−プ上の正しい位置に載せられなかったり、又は、取出・搬送側搬ロープ上の搬送の途上で何らかの不釣合いな搬送力を作用されると、水耕栽培用パネルが、一方と他方の受渡誘導板間に現出される受渡誘導空間に対面しない状態で、取出・搬送側搬送ロ−プ上搬送受渡・タ−ン地点に到達してしまい、水耕栽培用パネルが、一方の受渡誘導板と他方の受渡誘導板に接触して搬送の障害となる。

0035

しかし、一方と他方の受渡誘導板は受渡誘導空間の空間面積が次第に小さいなる先開き状に配置されていることから、搬送の障害を引起している水耕栽培用パネルは一方と他方の受渡誘導板により強制的に水耕栽培用パネルが受渡誘導空間に対面するように誘導される。係る誘導とともに、取出・搬送側搬送ロ−プが、搬送受渡・タ−ン地点から駆動スプロケットにより周回タ−ン動作をなすため、該地点から水平方向に放たれるようにして該水耕栽培用パネルは、取出・搬送側搬送ロ−プ上から前記した如く周回移動している無端チェ−ンの搬送授受・タ−ン地点において受け渡される。

0036

つぎに、請求項(1)の発明と請求項(2)の発明の好適な一実施例を、図面を参照しながら説明する。
図1は請求項(2)の発明の一実施例に係る水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置の構成を模式的に示し、図2は水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置の構成を上方から見た場合を示し、図3は取出・搬送側搬送ロ−プに水耕栽培用パネルが載せられた状態を一部省略するとともに拡大して上方から見た場合を示し、図4は取出・搬送側搬送ロ−プに水耕栽培用パネルが載せられた状態を一部省略するとともに拡大して側面から見た場合を示し、図5は搬送授受・出荷作業場向け周回移動機構を構成する基台の構造と無端チェ−ンが該基台上に配設された状態及び水耕栽培用パネルが載せられた状態を一部省略するとともに拡大して上方から見た場合を示し、図6は搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構を構成する基台の構造と無端チェ−ンが該基台上に配設され状態及び水耕栽培用パネルが載せられた状態を一部省略するとともに拡大して正面から見た場合を示したものである。

0037

図1に示すように、3は水平張力上方側作用起点5に設けられた上方周回側テンションプ−リであり、7は、該水平張力上方側作用起点5の下方に位置する水平張力下方側作用起点9に設けられた下方周回側テンションプ−リであり、11は、該水平張力上方側作用起点5に対して搬送方向上に一定距離離れた搬送受渡・タ−ン地点13に設けられた駆動スプロケットである。

0038

図1及び図2に示すように、15は、出力軸17を該駆動スプロケット11と連動連結されて設けられた取出・搬送側周回動作用モ−タであり、18は、水平張力上方側作用起点5と水平張力下方側作用起点9間の一側周回タ−ン地点19に設けられた周回タ−ンテンションプ−リであり、21は、駆動スプロケット11と周回移動可能に連結されるとともに上方周回側テンションプ−リ3下方周回側テンションプ−リ7それぞれと周回移動可能に接触なさしめ且つ周回タ−ンテンションプ−リ18と周回タ−ン可能に接触なさしめて張設された取出・搬送側搬送ロ−プであり、23は、一側が周回タ−ンテンションプ−リ18と連結なさしめて設けられたバランスウエイトである。

0039

図1及び図2に示すように、前記した上方周回側テンションプ−リ3と、下方周回側テンションプ−リ7と、取出・搬送側周回動作用モ−タ15と、周回タ−ンテンションプ−リ18と、取出・搬送側搬送ロ−プ21と、バランスウエイト23とから取出・搬送側周回移動機構25が構成されている。

0040

図1図2図5及び図6に示すように、26は、前記取出・搬送側搬送ロ−プ21の搬送受渡・タ−ン地点13近傍位置に位置する搬送授受地点29と搬送作業地点13に設けられた基台であり、該基台26上の一側上面26Aと他側上面26B上にそれぞれ一方のスプロケット33と他方のスプロケット34が設けられている。

0041

図5及び図6に示すように、35は、当該一方のスプロケット33と他方のスプロケット34それぞれに周回移動可能に搬送された無端チェ−ンであって基台26の一側上面26Aと他側上面26B上にそれぞれ設けられている。また、図1及び図2に示すように、37は、駆動スプロケットとしての役割を担う他方のスプロケット34と出力軸39が連動連結されて設けられた搬送授受・出荷作業場向け側周回動作用モ−タである。

0042

図1及び図2に示すように、前記した基台26と、一方のスプロケット33と他方のスプロケット34と、無端チェ−ン35と、搬送授受・出荷作業場向け側周回動作用モ−タ37と搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構41が構成され、前記した取出・搬送側周回移動機構25と、搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構41とから請求項(2)の発明の一実施例に係る水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置1が構成されている。

0043

尚、図2乃至図6に示すように、45は、材質が合成樹脂発泡材であって外形薄肉直方体の形状に形成され、表面側47Aから裏面側47Bに向けて根部分49Bを裏面側47Bから外部に突出なさしめて植付座部材51を介して水耕栽培野菜52(例えば、ボストンレタス)が一定間隔で多数植付けられた水耕栽培用パネルである。

0044

また、図2に示すように、水耕栽培液槽がそれぞれ設けられている三つの水耕栽培ゾ−ン53A、53B、53Cが連設されて構成されている水耕栽培プラント55の搬送路57上にバランスウエイト23を水耕栽培ゾ−ン53Aから突き出した状態で水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置1を構成する取出・搬送側周回移動機構25が設置され、管理棟59内の出荷作業場の受け入れ位置61に請求項(2)の発明の一実施例に係る水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置1を構成する搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構41が配設されている。

0045

つぎに、請求項(1)の発明と請求項(2)の発明の一実施例に係る水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置1の実施の形態を、図面を参照しながら説明する。図1に示すように、バランスウエイト23の鉛直下方向きの自重が周回タ−ンテンションプ−リ18を介して周回タ−ンテンションプ−リ−18と上方周回側テンションプ−リ3間の取出・搬送側搬送ロ−プ21の上方側部分と周回タ−ンテンションプ−リ−18と下方周回側テンションプ−リ7間の取出・搬送側搬送ロ−プ21の下方側部分にそれぞれ作用する。

0046

また、上方側テンションプ−リ−3が設けられている位置と下方側テンションプ−リ−7が設けられている位置をそれぞれ起点として、バランスウエイト23の鉛直下方向きの自重を起因とする作用方向が鉛直の引張力が水平方向に方向転換される。このため、上方側テンションプ−リ−3が設けられている位置と駆動スプロケット11が設けられている位置の上方連結部分及び下方側テンションプ−リ−7が設けられている位置と駆動スプロケット11が設けられている位置の下方連結部分間にはそれぞれ水平張力が作用する。

0047

図1及び図2に示すように、取出・搬送側搬送ロ−プ21に前記した張力が作用している状況下で、取出・搬送側周回動作用モ−タ15を一側に動作させると、回動力が、出力軸17、駆動スプロケット11を順次経由して取出・搬送側搬送ロ−プ21に伝達される。すると、図1及び図4に示すように、取出・搬送側搬送ロ−プ21は、上方側テンションプ−リ−3が設けられている位置と駆動スプロケット11が設けられている位置の上方連結部分間では上方周回側テンションプ−リ−3が設けられている位置から駆動スプロケット11が設けられている位置の上方連結部分に向けて水平張力が作用された状態で移動する。この後、駆動スプロケット11が設けられている位置の下方連結部分を周回移動して下方周回側テンションプ−リ7−が設けられている位置に向けて水平張力が作用された状態で移動する。

0048

また、図1及び図2に示すように、搬送授受・出荷作業場向け側周回動作用モ−タ39も動作させると、回動力が、出力軸37、駆動スプロケットとしての役割を担う他方のスプロケット34を順次経由して無端チェ−ン35の一方側に伝達され、該無端チェ−ン35は一方向きに周回移動を開始する。このため、搬送授受・タ−ン地点29と出荷作業場地点31間で搬送授受・タ−ン地点29から出荷作業場地点31に向けて該無端チェ−ン35は周回移動する。

0049

係る周回移動の下で、ステップ1を実行し、図2乃至図4に示すように、水耕栽培ゾ−ン53A、53B、53Cそれぞれにおいて出荷可能状態まで育成された水耕栽培野菜52が植付けされた一のロット所定数量の水耕栽培用パネル45を、作業者が、水耕栽培ゾ−ン53A、53B、53Cそれぞれから個別に或いは略同時に前記した水平張力が作用された状態で移動する取出・搬送側搬送ロ−プ21上に取出す。

0050

すると、水耕栽培用パネル45の材質が発泡スチロ−ルであって取出・搬送側搬送ロ−プ21の材質が麻であることから摩擦係数が相対的に高くなる関係で接触している。このため、強い搬送力が生起して水耕栽培用パネル45に作用するため、水耕栽培用パネル45は、取出・搬送側搬送ロ−プ21上を搬送受渡地点13に向けて迅速に搬送され、ステップ2が実行される。

0051

そして、図1及び図2に示すように、当該水耕栽培用パネル45の搬送動作の実行を継続すると、取出・搬送側搬送ロ−プ21の搬送受渡・タ−ン地点13に到達しても水耕栽培用パネル45は、更に同方向に搬送されようとする。しかし、取出・搬送側搬送ロ−プ21が搬送受渡・タ−ン地点13から駆動スプロケット11に誘導されて周回タ−ン動作をなすため、該地点から水平方向に放たれるようにして該水耕栽培用パネル45は、取出・搬送側搬送ロ−プ21上から前記した如く周回移動している無端チェ−ン35の搬送授受・タ−ン地点29において受け渡されるステップ3が実行される。

0052

図1及び図2に示すように、係る受渡と授受により、水耕栽培用パネル45は、周回移動している無端チェ−ン35上を出荷作業地点31に向けて搬送されるが、水耕栽培用パネル45の材質が発泡スチロ−ルであって無端チェ−ン35の材質が鉄又はアルミ等の金属であることから摩擦係数が相対的に低くなる関係で接触している。このため、弱い搬送力が生起して水耕栽培用パネル45に作用するため、水耕栽培用パネル45は、低速にて出荷作業地点31に向けて搬送されるステップ4が実行される。

0053

尚、作業者が、管理棟59内の出荷作業地点31において、水耕栽培用パネル45に植付けされている水耕栽培野菜52の根49Bを切断して水耕栽培用パネル45から取出す作業、水耕栽培野菜52の品質検査と見栄えのよさの可否を視覚により観察して選別する作業の実施をなすのに一定の時間を要するため、先行して出荷作業地点31に搬送された複数の水耕栽培用パネル45のうちで最先に作業の対象となっている水耕栽培用パネル45が出荷作業場から離脱せずに移動を停止する。

0054

すると、次のロット、その次のロツトそれぞれの所定数量の後続の水耕栽培用パネル45は、弱い搬送力が作用されて搬送され移動を停止している水耕栽培用パネルと接触するが、無端チェ−ン35上での搬送力が弱いため移動を停止している水耕栽培用パネル45と接触するとスベリが生じ接触した位置で移動を中断した状態で停止する。このため、搬送されてきた順番に従った水耕栽培用パネル45の搬送列が乱れることなく、前記した水耕栽培野菜52の品質検査と見栄えのよさの可否を視覚により観察して選別する作業を受けるまで待機した状態が現出され当該作業が確実且つ正確に実施される。

0055

つぎに、請求項(3)の発明の好適に一実施例を、図面を参照しながら説明する。図7は請求項(3)の発明の一実施例に係る水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置の構成を上方向からみた場合を示し、図8は取出・搬送側搬送ロ−プ安定搬送支援手段の構造と取出・搬送側搬送ロ−プが該取出・搬送側搬送ロ−プ安定搬送支援手段により水平方向に移動可能に支持されている状態を一部省略して側面から拡大して見た場合を示し、図9は取出・搬送側搬送ロ−プ安定搬送支援手段の構造を正面から拡大して見た場合を示したものである。

0056

図7乃至図9に示すように、63は、一定間隔で搬送路57上に設けられた複数の支え部材65と、断面形状が受取状に形成され搬送受渡・タ−ン地点13と水平張力上方側作用起点5間に設けられた落下防止部材67と、下側が支え部材65と上方が一定間隔で落下防止部材67とそれぞれ連結された複数の支持部材69とからなる取出・搬送側搬送ロ−プ安定搬送支援手段である。と、請求項(2)記載の搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構と、から構成される水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置

0057

図1に参考的に示すとともに図7に示すように、前記した上方周回側テンションプ−リ3と、下方周回側テンションプ−リ7と、取出・搬送側周回動作用モ−タ15と、周回タ−ンテンションプ−リ18と、取出・搬送側搬送ロ−プ安定搬送支援手段63と、取出・搬送側搬送ロ−プ21と、バランスウエイト23とから取出・搬送側周回移動機構71が構成されている。

0058

そして、図7に示すように、該取出・搬送側周回移動機構71と前記した搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構41とから請求項(3)の発明の一実施例に係る水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置73が構成されている。

0059

つぎに、請求項(3)の発明の一実施例に係る水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置73の実施の形態を、図面を参照しながら説明する。取出・搬送側搬送ロ−プ21に前記した張力が作用している状況下で、当該取出・搬送側搬送ロ−プ21に横方向からの外力が作用したり水耕栽培用パネル45を乱暴に載せると、左右方向又は上下方向の振動が生起し載せられた水耕栽培用パネル45が傾いたりバウンドし落下しようとする。

0060

しかし、図7乃至図9に示すように、水耕栽培用パネル45は、取出・搬送側搬送ロ−プ安定搬送支援手段63を構成する断面形状が受取状に形成され搬送受渡・タ−ン地点13と水平張力上方側作用起点5間に設けられた落下防止部材67の内壁67Aにより水平方向に移動可能に支持され、前記した振動の振幅が激減する。

0061

このため、前記した左右方向又は上下方向の振動が生起しても取出・搬送側搬送ロ−プ21上に載せられた水耕栽培用パネル45は傾いたりバウンドし落下せずに水平張力上方側作用起点5から搬送受渡・タ−ン地点13方向にスム−ズに搬送され、前記した受渡と授受を経て周回移動している無端チェ−ン35により水耕栽培用パネル45は、低速にて出荷作業地点31に向けて搬送される。

0062

つぎに、請求項(4)の発明の好適な一実施例を、図面を参照しながら説明する。図10は請求項(4)の発明の一実施例に係る水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置の構成を上方向から見た場合を示し、図11は搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構を構成し受渡誘導部材が所定位置に設けられた場合の構造と無端チェ−ンが該基台上に配設された状態及び水耕栽培パネルが載せられた状態を正面から拡大して見た場合を示し、図12は搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構を構成し受渡誘導部材が所定位置に設けられた基台の構造と無端チェ−ンが該基台上に配設された状態を一部省略するとともに拡大して上方向から見た場合を示したものである。

0063

図10乃至図12に示すように、75は、先開き状に形成された受渡誘導板77と、該受渡誘導板77と一体的に構成された取付板79とからなる受渡誘導部材である。そして、受渡誘導部材75は、受渡誘導板77を前記した取出・搬送側搬送ロ−プ21の搬送受理・タ−ン地点13と対面なさしめるとともに取付板79を前記した基台26の一側上面26Aであって無端チェ−ン35の一側隣接位置に取付けることにより一方の受渡誘導部材75が設けられている。また、前記した取出・搬送側搬送ロ−プ21の搬送受理・タ−ン地点13と対面なさしめるとともに取付板79を前記した基台26の他側上面26Bであって無端チェ−ン35の他側隣接位置に取付けることにより他方の受渡誘導部材75が設けられている。そして、一方と他方の受渡誘導板77間には搬送受理・タ−ン地点13と対面する側を開口面積が最も広い空間とする受渡誘導空間78が現出されている。

0064

図10乃至図12に示すように、前記した基台29と、一方のスプロケット33と他方のスプロケット34と、無端チェ−ン35と、一方と他方の受渡誘導部材75と、搬送授受・出荷作業場向け側周回動作用モ−タ37と、から請求項(4)の発明の一実施例に係る搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構81が構成されている。そして、前記した請求項(2)記載の取出・搬送側周回移動機構25と、請求項(4)の発明の一実施例に係る搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構81とから請求項(4)の発明の一実施例に係る水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置83が構成されている。

0065

つぎに、請求項(4)の発明の一実施例に係る水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置83の実施の形態を、図面を参照しながら説明する。前記したステップ1とステップ2が順次実行された後、水耕栽培用パネル45の搬送動作の実行を継続すると、取出・搬送側搬送ロ−プ21上の搬送受渡・タ−ン地点13に到達しても水耕栽培用パネル45は、更に同方向に搬送されようとする。

0066

係る搬送の際に、水耕栽培用パネル45が取出・搬送側搬送ロ−プ21上の正しい位置に載せられなかったり、又は、取出・搬送側搬ロープ21上の搬送の途上で何らかの不釣合いな搬送力を作用されると、図12に示すように、水耕栽培用パネル45の前面45Aが、一方と他方の受渡誘導部材75を構成する一方と他方の受渡誘導板77間に現出される受渡誘導空間78に対面しない斜め積載状態で、取出・搬送側搬送ロ−プ21上搬送受渡・タ−ン地点13に到達してしまう。

0067

すると、図12に示すように、一方の受渡誘導板77に水耕栽培用パネル45の前面45Aの一側角部45A1が接触し、他方の受渡誘導板77に水耕栽培用パネル45の前面45Aの他側角部45A2が接触して搬送の障害となる。しかし、一方と他方の受渡誘導板77は受渡誘導空間78の空間面積が次第に小さいなる先開き状に配置されていることから、搬送の障害を引起している水耕栽培用パネル45は一方と他方の受渡誘導板77により強制的に水耕栽培用パネル45の前面45Aが受渡誘導空間78に対面し斜め積載状態を解消するように誘導される。

0068

係る誘導とともに、図10及び図12に示すように、取出・搬送側搬送ロ−プ21が、搬送受渡・タ−ン地点13から駆動スプロケット11に誘導されて周回タ−ン動作をなすため、該地点から水平方向に放たれるようにして該水耕栽培用パネル45は、取出・搬送側搬送ロ−プ21上から前記した如く周回移動している無端チェ−ン35の搬送授受・タ−ン地点29において受け渡されるステップ3が実行される。この後、前記したステップ4もスム−ズに実行される。

図面の簡単な説明

0069

請求項(2)の発明の一実施例に係る水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置の構成を示した模式図である。
同実施例に係る水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置の構成を示した平面図である。
取出・搬送側搬送ロ−プに水耕栽培用パネルが載せられた状態を示した一部省略拡大平面図である。
取出・搬送側搬送ロ−プに水耕栽培用パネルが載せられた状態を示した一部省略拡大側面図である。
搬送授受・出荷作業場向け周回移動機構を構成する基台の構造と無端チェ−ンが該基台上に配設された状態及び水耕栽培用パネルが載せられた状態を示した一部省略拡大平面図である。
図6は搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構を構成する基台の構造と無端チェ−ンが該基台上に配設された状態及び水耕栽培用パネルが載せられた状態を一部省略するとともに拡大して正面から見た場合を示したものである。
請求項(3)の発明の一実施例に係る水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置の構成を示した平面図である。である。
取出・搬送側搬送ロ−プ安定搬送支援手段の構造と取出・搬送側搬送ロ−プが該取出・搬送側搬送ロ−プ安定搬送支援手段により水平方向に移動可能に支持されている状態を示した一部省略拡大側面図である。
図9は取出・搬送側搬送ロ−プ安定搬送支援手段の構造を示した拡大正面図である。
請求項(4)の発明の一実施例に係る水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置の構成を示した平面図である。である。
搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構を構成し受渡誘導部材が所定位置に設けられた場合の構造と無端チェ−ンが該基台上に配設された状態及び水耕栽培パネルが載せられた状態を示した拡大正面図である。
搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構を構成し受渡誘導部材が所定位置に設けられた基台の構造と無端チェ−ンが該基台上に配設された状態を示した一部省略拡大平面図である。

符号の説明

0070

1 請求項(2)の発明の一実施例に係る水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置
3 上方周回側テンションプ−リ
5 水平張力上方側作用起点
7 下方周回側テンションプ−リ
9 水平張力下方側作用起点
11駆動スプロケット
13搬送受渡地点
15 取出・搬送側周回動作用モ−タ
18 周回タ−ンテンションプ−リ
19 一側タ−ン地点
21 取出・搬送側搬送ロ−プ
23バランスウエイト
25 取出・搬送側周回移動機構
26基台
29 搬送授受・タ−ン地点
31出荷作業地点
33 一方のスプロケット
34 他方のスプロケット
35 無端チェ−ン
37 搬送授受・出荷作業場向け側周回動作用モ−タ
41 搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構
45 水耕栽培用パネル
63 取出・搬送側搬送ロ−プ安定搬送支援手段
71 取出・搬送側周回移動機構
73 請求項(3)の発明の一実施例に係る水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置
75受渡誘導部材
77 受渡誘導板
78 受渡誘導空間
81 請求項(4)の発明の一実施例に係る搬送授受・出荷作業場向け側周回移動機構
83 請求項(4)の発明の一実施例に係る水耕栽培用パネルの取出し・搬送装置

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社アクアソリューションの「 トマト果実の形状制御方法」が 公開されました。( 2021/07/08)

    【課題・解決手段】本発明は、高いレベルで形状を制御することができるトマト果実の形状制御方法を提供すること課題とする。トマト果実の形状制御方法は、トマト果実が生るトマトに対し、ナノバブル水を施用する、ト... 詳細

  • 井関農機株式会社の「 養液栽培システム」が 公開されました。( 2021/07/08)

    【課題】 粒状の固形物が充填された養液を培地に連続して供給しても、肥料のバランスが崩れることを確実に防止することができる養液栽培システムを提供する。【解決手段】 培地1に養液または洗浄液を供給する... 詳細

  • 井関農機株式会社の「 植物栽培設備」が 公開されました。( 2021/07/08)

    【課題】簡単な養液供給構成を備えた植物栽培設備を提供する。【解決手段】培地13に植物体Pを植え付けた複数の栽培容器3を無端体上下循環手段2に所定間隔で支持し、無端体上下循環手段の下方に養液を溜めた養液... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ