図面 (/)

技術 シーラントフィルム、このシーラントフィルムを用いた包装材料および包装容器

出願人 大日本印刷株式会社
発明者 植木貴之大曽根聡三田浩三
出願日 2006年9月26日 (14年1ヶ月経過) 出願番号 2006-259854
公開日 2008年4月10日 (12年7ヶ月経過) 公開番号 2008-080509
状態 特許登録済
技術分野 被包材 積層体(2)
主要キーワード 金属蒸着樹脂 フィルムシート状 高剛性樹脂 金属箔膜 自動包装機械 落下テスト 純曲げ シール形態
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年4月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

現在の主力製品シーラントフィルムの厚さ120〜150μmから110μm程度までに薄膜化し、環境への負荷を軽減でき、しかも十分な剛性及び耐衝撃性を有するシーラントフィルム及びこのシーラントフィルムを用いた包装材料、並びに包装容器を提供する。

解決手段

本発明のシーラントフィルムは、低密度ポリエチレン系樹脂からなる第1層2及び第3層4と、低融点ポリプロピレンゴム成分からなる第2層3を共押出してなるものである。

概要

背景

シャンプーリンス詰め替え、および食品用スープ包材として多く採用されているスタンディングパウチは、現在、120〜150μmの厚さのシーラントフィルム基材フィルムからなる包装材料で構成されている。前記の厚いシーラントフィルムの薄膜化の一つとしてシーラントフィルムの中間層への高剛性樹脂の導入が検討されている。これまでに中間層にポリプロピレン樹脂を導入してシーラントフィルムの剛性をあげることが試みられたが、落下時の耐衝撃性シール強度の面から実用化に至っていない。
また、スタンディングパウチの市場においても、環境問題石油資源枯渇コストなどの問題がある。
特許文献1には、剛性が高く、透明性に優れ、且つヒートシール性に優れるエチレン系樹脂積層体として、メタロセン触媒を用いて得られた直鎖状低密度ポリエチレンメルトマスフローレートが0.1g/10分未満の高密度ポリエチレン及び高圧ラジカル重合体により得られた低密度ポリエチレンからなる樹脂組成物層(1)と、メタロセン触媒を用いて得られた密度が890〜925kg/m2の直鎖状低密度ポリエチレンと高圧ラジカル重合体からなる樹脂組成物層(2)からなる積層体が記載され、また、その実施例として厚さ130μmの3層共押出空冷インフレーションフィルムを作成することが記載されている。
特開第2005−246878号公報

概要

現在の主力製品のシーラントフィルムの厚さ120〜150μmから110μm程度までに薄膜化し、環境への負荷を軽減でき、しかも十分な剛性及び耐衝撃性を有するシーラントフィルム及びこのシーラントフィルムを用いた包装材料、並びに包装容器を提供する。本発明のシーラントフィルムは、低密度ポリエチレン系樹脂からなる第1層2及び第3層4と、低融点ポリプロピレンゴム成分からなる第2層3を共押出してなるものである。

目的

しかしながら、特許文献1に記載の積層体は、130μmと厚さ120μm〜150μmの従来品に比して薄膜化されているものとはいえない。
本発明が解決しようとする課題は、現在の主力製品のシーラントフィルムの厚さ120〜150μmから110μm程度までに薄膜化し、環境への負荷を軽減でき、しかも十分な剛性及び耐衝撃性を有するシーラントフィルム及びこのシーラントフィルムを用いた包装材料、並びに包装容器を提供することである。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
3件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

低密度ポリエチレン系樹脂からなる第1層及び第3層と、低融点ポリプロピレンゴム成分を含む樹脂組成物からなる第2層を共押出したことを特徴とするシーラントフィルム

請求項2

第1層及び第3層の低密度ポリエチレン系樹脂はメタロセン触媒を使用して重合したエチレン−α・オレフィン共重合体であり、第2層の低融点ポリプロピレンはメタロセン触媒を使用して重合したポリプロピレンであることを特徴とする請求項1に記載のシーラントフィルム。

請求項3

請求項1または2に記載のシーラントフィルムの第1層側に基材フィルムを積層したことを特徴とする包装材料

請求項4

請求項3に記載の包装材料を用いてなる包装容器

請求項5

包装容器はスタンディングパウチであることを特徴とする請求項4に記載の包装容器。

技術分野

0001

この発明はシーラントフィルム、このシーラントフィルムを用いた包装材料および包装容器に関し、さらに詳しくは剛性耐衝撃性を備えるシーラントフィルム、このシーラントフィルムを用いた包装材料および包装容器に関する。

背景技術

0002

シャンプーリンス詰め替え、および食品用スープ包材として多く採用されているスタンディングパウチは、現在、120〜150μmの厚さのシーラントフィルムと基材フィルムからなる包装材料で構成されている。前記の厚いシーラントフィルムの薄膜化の一つとしてシーラントフィルムの中間層への高剛性樹脂の導入が検討されている。これまでに中間層にポリプロピレン樹脂を導入してシーラントフィルムの剛性をあげることが試みられたが、落下時の耐衝撃性やシール強度の面から実用化に至っていない。
また、スタンディングパウチの市場においても、環境問題石油資源枯渇コストなどの問題がある。
特許文献1には、剛性が高く、透明性に優れ、且つヒートシール性に優れるエチレン系樹脂積層体として、メタロセン触媒を用いて得られた直鎖状低密度ポリエチレンメルトマスフローレートが0.1g/10分未満の高密度ポリエチレン及び高圧ラジカル重合体により得られた低密度ポリエチレンからなる樹脂組成物層(1)と、メタロセン触媒を用いて得られた密度が890〜925kg/m2の直鎖状低密度ポリエチレンと高圧ラジカル重合体からなる樹脂組成物層(2)からなる積層体が記載され、また、その実施例として厚さ130μmの3層共押出空冷インフレーションフィルムを作成することが記載されている。
特開第2005−246878号公報

発明が解決しようとする課題

0003

しかしながら、特許文献1に記載の積層体は、130μmと厚さ120μm〜150μmの従来品に比して薄膜化されているものとはいえない。
本発明が解決しようとする課題は、現在の主力製品のシーラントフィルムの厚さ120〜150μmから110μm程度までに薄膜化し、環境への負荷を軽減でき、しかも十分な剛性及び耐衝撃性を有するシーラントフィルム及びこのシーラントフィルムを用いた包装材料、並びに包装容器を提供することである。

課題を解決するための手段

0004

請求項1に記載の発明は、上記のシーラントフィルムに関する課題を解決するもので、低密度ポリエチレン系樹脂からなる第1層及び第3層と、低融点ポリプロピレンゴム成分を含む樹脂組成物からなる第2層を共押出したことを特徴とするシーラントフィルムを要旨とする。

0005

中間層の第2層を低融点ポリプロピレンとゴム成分を含む樹脂組成物で構成したことにより、耐衝撃性を劇的に向上させることができ、低温3℃下におけるインパクト試験においては、ゴム成分を添加しない場合に比して約3倍のインパクト強度が得られた。

0006

本発明において、第1層及び第3層の低密度ポリエチレン系樹脂で構成し、第2層の樹脂組成物は低融点ポリプロピレンを含むことから、第1層と第2層の間、第2層と第3層の間に接着層を介在させる必要が無くなり、特に第1層及び第3層の低密度ポリエチレン系フィルムとしてメタロセン触媒を使用して重合したエチレン−α・オレフィン共重合体を用い、第2層の低融点ポリプロピレンとしてメタロセン触媒を使用して重合した機能性ポリプロピレンを用いることにより、メタロセン触媒を用いて重合した樹脂同士親和性が高いことから接着層無しに十分な層間接着強度が得られる。尚、エチレン−α・オレフィン共重合体としては炭素数6の(C6)メタロセン触媒を使用して重合したエチレン−α・オレフィン共重合体が特に好ましい。

0007

第1層及び第3層には製袋時の加工適性を考慮してスリップ剤を添加することが望ましい。スリップ剤は、成形品に適度の滑り性を与えることから、フィルムの場合は、製袋された袋を重ね合わせる際や、自動包装機械等において、フィルムが機械により搬送される際の滑り性調整に利用される。このスリップ剤の添加量は、フィルム全体として1000ppm以下、好ましくは500ppm以下、具体的には第1層及び第3層の各層に対して150〜400ppmが適当である。

0008

前記したシーラントフィルムに基材フィルムを貼り合わせて包装材料を形成することができる。この包装材料を用いてスタンディングパウチ等の自立型包装容器を製造することができる。

0009

本発明のシーラントフィルムを用いてなるスタンディングパウチ等の自立型包装容器は、内容物の漏れがなく、転倒することなくしっかり自立し、座屈胴部からの折れ、所謂おじぎが認められないのみならず落下による破袋がまったく認められないものである。

発明の効果

0010

本発明によれば、シーラントフィルムは、低密度ポリエチレン系樹脂からなる第1層及び第3層と、低融点ポリプロピレンとゴム成分を含む樹脂組成物からなる第2層を共押出したものであり、中間層の第2層を低融点ポリプロピレンとゴム成分を含む樹脂組成物で構成したことにより、耐衝撃性を劇的に向上させることができ、低温3℃下におけるインパクト試験においては、ゴム成分を添加しない場合に比して約3倍のインパクト強度が有するのみならず、第1層及び第3層を第2層に対して接着層を介することなく接合することが可能であるので、従来品よりも薄い110μmのシーラントフィルムを提供することができる。
また、本発明のシーラントフィルムを有する包装材料により、内容物の漏れがなく、転倒することなくしっかり自立し、座屈、胴部からの折れ、所謂おじぎが認められないのみならず落下による破袋がまったく認められないスタンディングパウチ等の自立型包装容器を製造することができる。
しかも本発明によれば、シーラントフィルムを薄膜化することにより、スタンディングパウチの市場における、環境問題、石油資源の枯渇、コストなどの問題を解決することができる。

発明を実施するための最良の形態

0011

図1は本発明のシーラントフィルムの断面図であり、図2は本発明のシーラントフィルムを用いてなる包装材料の断面図であり、図3はスタンディングパウチの斜視図である。

0012

図1に示すように、本発明のシーラントフィルム1は、低密度ポリエチレン系樹脂からなる第1層2及び第3層4と、低融点ポリプロピレンとゴム成分を含む樹脂組成物からなる第2層3を共押出してなるものである。

0013

第1層2及び第3層4を構成する低密度ポリエチレン系樹脂としては、例えば、高圧重合法による低密度ポリエチレン(LDPE)、マルチサイトチーグラーナッタ触媒を用いた重合した直線状(線状)低密度ポリエチレン、シングルサイト系メタロセン触媒を用いて重合したエチレン−α・オレフィン共重合体その他を使用することができ、特に炭素数6(C6)のメタロセン触媒を用いて重合したエチレン−α・オレフィン共重合体が望ましい

0014

また、第1層2及び第3層4には製袋時の加工適性を考慮してスリップ剤を添加することが望ましい。スリップ剤は、成形品に適度の滑り性を与えることから、フィルムの場合は、製袋された袋を重ね合わせる際や、自動包装機械等において、フィルムが機械により搬送される際の滑り性調整に利用される。このスリップ剤の添加量は、フィルム全体として1000ppm以下、好ましくは500ppm以下、具体的には第1層及び第2層の各層に対して150〜400ppmが適当である。
スリップ剤としては、ステアリン酸エルカ酸オレイン酸パルミチン酸等の天然物由来脂肪酸原料とする脂肪酸アミドを適用し得る。

0015

次に第2層3の低融点ポリプロピレンとしては、融点が105℃〜155℃の、好ましくは130℃以下のポリプロピレン、及びプロピレンと他のオレフィン、例えばエチレン、ブタン等とのランダム共重合体ブロック共重合体、より具体的にエチレンプロピレンランダム共重合体とプロピレンブタン共重合体の混合物、及びメタロセン触媒を用いて重合したポリプロピレンを適用し得る。

0016

また、第2層の樹脂組成物に含まれるゴム成分は、耐衝撃性を向上させるため及び低融点ポリプロピレン、特にメタロセン触媒を用いて重合したポリプロピレンに柔軟性を付与するために添加されるものである。添加量は、5〜50%、好ましくは10〜30%である。
本発明で用いられるゴム成分としては、天然ゴムブタジエン重合体ブタジエンスチレン共重合体(ランダム共重合体、ブロック共重合体、グラフト共重合体等全て含まれる)、イソプレン重合体クロロブタジエン重合体、ブタジエン−アクリロニトリル共重合体イソブチレン重合体イソブチレンブタジエン共重合体アクリル酸エステル共重合体エチレン−プロピレン共重合体チルロールゴム、多加硫ゴムポリウレタンゴムポリエーテルゴム(例えばポリプロピレンオキシド等)、エピクロルヒドリドンゴム等が挙げられる。

0017

次に本発明のシーラントフィルム1の製造方法について説明する。
第1層2及び第3層4を構成する低密度ポリエチレン系樹脂をビヒクルの主成分とし、これに必要ならば、その製膜化に際して、例えば、フィルムの加工性耐熱性耐候性機械的性質、寸法安定性抗酸化性、滑り性、離形性難燃性、抗黴性電気的特性、強度その他を改良する目的で、種々のプラスチック配合剤添加剤等の1種乃至2種以上を任意に添加し、更に、要すれば、溶剤希釈剤等を添加し、十分に混練して、第1層2及び第3層4を形成する第1の樹脂組成物を調製する。
更に、第2層3を構成する低融点ポリプロピレン及びゴム成分をビヒクルの主成分とし、これに、更に、必要ならば、その製膜化に際して、例えば、フィルムの加工性、耐熱性、耐候性、機械的性質、寸法安定性、抗酸化性、滑り性、離形性、難燃性、抗黴性、電気的特性、強度その他を改良する目的で、種々のプラスチック配合剤や添加剤等の1種乃至2種以上を任意に添加し、更に、要すれば、溶剤、希釈剤等を添加し、十分に混練して、第2層3を形成する第2の樹脂組成物を調製する。
上記のプラスチック配合剤や添加剤として、例えば、滑剤架橋剤、酸化防止剤光安定剤充填剤補強剤帯電防止剤難燃剤耐炎剤、発泡剤防黴剤顔料染料分散剤界面活性剤ブロッキング防止剤その他を使用することができ。

0018

次に、上記の第1、第2の樹脂組成物を使用し、これらを、例えば、Tダイ共押出機インフレーション共押出機を使用して共押出成形して本発明のシーラントフィルムを製造することができる。

0019

本発明のシーラントフィルム1の膜厚は、総厚、約110μmである。
而して、本発明のシーラントフィルムにおいて、第1層2及び第3層4の膜厚は、30μm、第2層3の膜厚は50μmである。

0020

上記したシーラントフィルム1に基材フィルムをドライラミネートして剛性及び耐衝撃性を有する包装材料を形成することができる。

0021

図2は、上記の包装材料を示す。
この包装材料5は、シーラントフィルム1に基材フィルム6を、ドライラミネート層7を介して、ドライラミネートしてなるものである。

0022

本発明の包装材料5において、基材フィルム6として、機械的、物理的及び化学的な優れた強度を有し、更に、耐突き刺し性等に優れ、その他、耐熱性、防湿性等において優れた樹脂フィルム乃至シートを使用することができ、特に印刷適性を有する樹脂のフィルム乃至シートを使用することが好ましい。
具体的に、基材フィルム6としては、例えば、ポリエチレン系樹脂ポリプロピレン系樹脂環状ポリオレフィン系樹脂ポリスチレン系樹脂アクリロニトリル−スチレン共重合体(AS樹脂)、アクリロニトリルーブタジエンースチレン共重合体(ABS樹脂)、ポリ塩化ビニル系樹脂フッ素系樹脂ポリメタアクリル系樹脂ポリカーボネート系樹脂ポリエチレンテレフタレートポリエチレンナフタレート等のポリエステル系樹脂、各種のナイロン等のポリアミド系樹脂ポリイミド系樹脂ポリアミドイミド樹脂ポリアリールフタレート系樹脂シリコーン系樹脂ポリスルホン系樹脂ポリフェニレンスルフィド系樹脂ポリエーテルスルホン系樹脂ポリウレタン系樹脂アセタール系樹脂セルロース系樹脂等の各種の樹脂のフィルム乃至シートを使用することができる。
上記の樹脂のフィルム乃至シートは、未延伸フィルム或いは一軸方向または二軸方向に延伸した延伸フィルムの何れのものでも使用することができる。
基材フィルムの厚さは約3μm〜15μm位である。

0023

更に基材フィルム6としてバリア性の基材フィルムも使用することができる。かかるバリア性の基材フィルムとして、酸素ガス水蒸気等の透過を阻止する素材、具体的には、酸素、水蒸気等の透過を阻止する樹脂フィルム、金属箔又は金属の蒸着膜を有する樹脂フィルム、或いは無機酸化物の蒸着膜を有する樹脂フィルムその他を使用することができる。
例えば上記の酸素ガス、水蒸気等の透過を阻止する樹脂フィルムとして、例えばポリ塩化ビニリデン樹脂ポリビニルアルコール系樹脂、エチレン−酢酸ビニル共重合体ケン化物、ナイロンMXD6等の単独乃至共押出等の樹脂フィルム乃至シートを使用することができる。
また、金属箔を有する機能フィルムにおいて、アルミニウム箔銅箔、各種合金箔等の金属箔も使用することができるが、一般的にアルミニウム箔を使用することが好ましい。前記の金属箔膜厚は、6μ〜20μm、好ましくは7μm〜10μmである。

0024

更に基材フィルム6として、金属の蒸着膜を有する樹脂フィルム、樹脂フィルムの一方の面に、金属を例えば、例えば、真空蒸着法スパッタリング法イオンプレーティング法イオンクラスタービーム法等の物理気相成長法を用いて、蒸着した金属蒸着樹脂フィルムを使用することができる。
上記の金属の蒸着膜を有する樹脂フィルムにおいて、例えば、アルミニウムニッケル、錫、ビスマスインジウムカドミウム、鉛その他の金属を使用することができる。
而して、本発明においては、汎用性、経済性その他を考慮するとアルミニウムを使用することが好ましい。
上記の金属の蒸着膜の厚さは、200Å〜1000Å、好ましくは300Å〜800Åである。
また、樹脂フィルムとしては前述の基材フィルムを構成する樹脂フィルム乃至シートを同様に使用することができる。
具体的には、ポリエチレン系樹脂、ポリプロピレン系樹脂、ポリスチレン系樹脂、ポリ塩化ビニル系樹脂、ポリカーボネート系樹脂、ポリエチレンテレフタレート、ポリエチレンナフタレート等のポリエステル系樹脂、各種のナイロン等のポリアミド系樹脂その他の透明乃至半透明のフィルム乃至シートを使用することができる。
その膜厚は、3μm〜20μmである。

0025

更に基材フィルム6として、無機酸化物の蒸着膜を有する樹脂フィルム、例えば、樹脂フィルムの一方の面に、真空蒸着法、スパッタリング法、イオンプレーティング法、イオンクラスタービーム法等の物理気相成長法で、例えば、酸化アルミニウム酸化珪素等の無機酸化物を蒸着した無機酸化物蒸着樹脂フィルムを使用することができる。例えば、酸化アルミニウム、酸化珪素等の無機酸化物を蒸着した無機酸化物蒸着樹脂フィルムを使用することができる。具体的には、金属原料として金属又は金属酸化物を原料として、この原料を加熱して蒸気化し、樹脂フィルム面に蒸着する真空蒸着法、又は、原料として金属または金属酸化物を使用し、酸素を導入して酸化させて蒸着する酸化反応蒸着法、酸化反応をプラズマ助成するプラズマ助成式の酸化反応蒸着法等により、無機酸化物の蒸着膜を形成した無機酸化物蒸着樹脂フィルムを使用することができる。
その場合、蒸着材料加熱方式としては、例えば、抵抗加熱方式高周波誘導加熱方式エレクトロンビーム加熱方式(EB)等を用いることができる。
また、本発明において、樹脂フィルムの面に、プラズマ化学気相成長法熱化学気相成長法光化学気相成長法等の化学気相成長法によって、例えば、酸化珪素等の無機酸化物の蒸着膜を形成した樹脂フィルムを使用することができる。
具体的には、樹脂フィルムの面に、有機珪素化合物等の蒸着用モノマーを原料とし、キャリアーガスとして、アルゴンガスヘリウムガス等の不活性ガスを使用し、更に、酸素供給ガスとして、酸素ガスを用い、低温プラズマ発生装置を利用する低温プラズマ化学気相成長法によって酸化珪素等の無機酸化物の蒸着膜を形成することができる。その場合、低温プラズマ発生装置として、例えば、高周波プラズマパルス波プラズマ、マイクロ波プラズマ等の発生装置を使用することができる。

0026

上記の無機酸化物の蒸着膜を有する樹脂フィルムにおいて、無機酸化物の蒸着膜は、例えば、50〜2000Å、好ましくは、100〜1000Åの範囲内で任意に膜厚を選択して形成することが望ましい。
その場合、樹脂フィルムとして、ポリエチレン系樹脂、ポリプロピレン系樹脂、ポリスチレン系樹脂、ポリ塩化ビニル系樹脂、ポリカーボネート系樹脂、ポリエチレンテレフタレート、ポリエチレンナフタレート等のポリエステル系樹脂、各種のナイロン等のポリアミド樹脂等の各種の樹脂の透明乃至半透明のフィルムを使用することができる。また、その膜厚は、3μm〜20μmである。

0027

本発明において、上記の基材フィルム6には、所望の印刷模様を設けることができる。例えば、通常のインキビヒクルの1種乃至2種以上を主成分とし、これに必要ならば可塑剤、安定剤、酸化防止剤、光安定剤、紫外線吸収剤硬化剤、架橋剤、滑剤、帯電防止剤等の添加剤の1種乃至2種以上を添加し、更に、染料・顔料等の着色剤を添加し、溶媒、帝釈剤等で十分に混練してインキ組成物を調製し、次いでこのインキ組成物を使用し、例えば、グラビア印刷法オフセット印刷法凸版印刷法スクリーン印刷法転写印刷法フレキソ印刷法等の印刷法により、印刷模様を基材フィルム6の表面及び/又は裏面に形成することができる。

0028

上記のインキビヒクルとして、公知のもの、例えば、亜麻仁油桐油大豆油炭化水素油ロジンロジンエステル、ロジン変成樹脂、シェラックアルキッド樹脂フェノール系樹脂マレイン酸樹脂天然樹脂炭化水素樹脂、ポリ塩化ビニル系樹脂、ポリ酢酸ビニル系樹脂、ポリスチレン系樹脂、ポリビニルブチラール樹脂アクリル又はメタクリル系樹脂、ポリアミド樹脂、ポリエステル系樹脂、ポリウレタン系樹脂、エポキシ系樹脂尿素樹脂メラミン樹脂アミノアルキッド系樹脂、ニトロセルロースエチルセルロース塩化ゴム環化ゴム等の1種乃至2種以上を使用することができる。

0029

次に、ドライラミネートは、例えば、ポリ酢酸ビニル接着剤アクリル酸エチルブチル、2−エチルヘキシルエステル等のホモポリマー、或いはこれらとメタクリル酸メチルアクリロニトリルスチレン等との共重合体等からなるポリアクリル酸エステル系接着剤、シアノアクリレート系接着剤、エチレンと酢酸ビニルアクリル酸エチル、アクリル酸、メタクリル酸とのモノマーとの共重合体等のエチレン共重合体系接着剤、セルロース系接着剤ポリエステル系接着剤ポリアミド系接着剤ポリイミド系接着剤、またはメラミン樹脂等からなるアミノ樹脂系接着剤、フェノール樹脂系接着剤エポキシ系接着剤ポリウレタン系接着剤、反応型(メタ)アクリル系接着剤クロロプレンゴムニトリルゴム、スチレン−ブタジエンゴム等からなるゴム系接着剤シリコ−ン系接着剤、アルカリ金属シリケート、低温融点ガラス等のからなる無機系接着剤その他の接着剤を使用することができる。
上記の接着剤の組成系は、例えば、水性型、溶剤型エマルジョン型分散型等の何れの組成物の形態でもよく、又、その性状は、フィルムシート状粉末状、固形状の何れの形態のものでもよい。
上記の接着剤は、例えば、ロールコート法グラビアロールコート法、キスコート法等のコーティング法によってコーティングすることができる。その場合のコーティング量としては0.1〜5.0g/m2(乾燥状態)位が望ましい。

0030

上記のドライラミネートに代えて、アンカーコート剤層を介して各種の樹脂を溶融押出しながら積層する溶融樹脂押出ラミネート法を採用することができる。

0031

その場合、アンカーコート剤としては、例えば、アルキルチタネート等の有機チタン系、イソシアネート系、ポリエチレンイミン系、ポリブタジエン系、その他の水性乃至油性の各種のアンカーコート剤を使用することができる。
上記のアンカーコート剤は、例えば、ロールコート法、グラビアロールコート法、その他のコーティング法を用いてコーティングすることができ、そのーティング量としては、0.1〜5.0g/m2(乾燥状態)くらいが望ましい。

0032

また、上記の溶融樹脂押出ラミネート法における溶融押出樹脂として、例えば、ポリエチレン系樹脂、ポリプロピレン系樹脂、酸変性ポリエチレン系樹脂酸変性ポリプロピレン系樹脂、エチレン−アクリル酸またはメタクリル酸共重合体サーリン系樹脂、エチレン−酢酸ビニル共重合体、ポリ酢酸ビニル系樹脂、エチレン−アクリル酸エステルまたはメタクリルエステル共重合体、ポリスチレン系樹脂、ポリ塩化ビニル系樹脂、その他の熱可塑性樹脂の1種乃至2種以上を使用することができる。
尚、上記の溶融樹脂押出ラミネート法において、より強固な接着強度を得るために、アンカーコート剤層を介して溶融押出樹脂を積層することが望ましい。
また、積層する基材フィルム等の表面に、例えば、コロナ放電処理フレーム処理プラズマ処理、その他の前処理を施すことができる。

0033

図3は、上記した包装材料5を使用して製袋したスタンディングパウチ8を示す。
本発明のシーラントフィルムを有する包装材料からなるスタンディングパウチ等の自立型包装容器は、内容物の漏れがなく、転倒することなくしっかり自立し、座屈、胴部からの折れ、所謂おじぎが認められないのみならず落下による破袋がまったく認められない。
また、本発明の包装材料5は、スタンディングパウチのみならず、ピロー包装形態ガセット包装形態にも適用することができる。
また製袋時のシールの形態として、側面シール型、二方シール型三方シール型四方シール型、封筒貼りシール型、合掌貼りシール型、ひだ付シール型、平底シール型、角型シール型等のさまざまのシール形態を採用することができる。
包装袋の端部のシール方法としては、例えば、バーシール、回転ロールシール、ベルトシール、インパルスシール高周波シール超音波シール等の公知の方法で行うことができる。

0034

次に、上記の発明について以下に実施例を挙げて詳細に説明する。

0035

三種三層の上吹き空冷インフレーション共押出製膜を行うにあたり、三層の材料を下記のように調製した。
第一層用樹脂組成物として、シングルサイト系触媒(メタロセン触媒)を使用して重合したエチレン−α・オレフィン共重合体(三井化学株式会社製エボリューSP2020、密度=0.916g/cm3、MFR=1.5g/10分)100.0重量部とエルカ酸アミド0.04重量部(約400ppm)を十分に混練して調製した樹脂組成物を用意した。
二層用樹脂組成物として、メタロセン触媒を用いて重合した機能性ポリプロピレン(日本ポリプロ株式会社製ウインテックWFX4T、密度=0.9g/cm3、MFR=7.0g/10分)80.0重量部とゴム成分としてのエチレン−プロピレンゴム(三井化学株式会社製タフマーP0280、MFR=5.4g/10分)20.0重量部からなる樹脂組成物を用意した。
第三層用樹脂組成物として、シングルサイト系触媒(メタロセン触媒)を使用して重合したエチレン−α・オレフィン共重合体(三井化学株式会社製エボリューSP2020、密度=0.916g/cm3、MFR=1.5g/10分)100.0重量部とエルカ酸アミド0.04重量部(約400ppm)を十分に混練して調製した樹脂組成物を用意した。
三種三層の上吹き空冷インフレーション共押出製膜機を用いて、第一層用樹脂組成物を30μmの厚さに、第二層用樹脂組成物を50μmの厚さに、第三層用樹脂組成物を30μmの厚さに共押出して総厚110μmのシーラントフィルムを製造した。
上記のようにして得たシーラントフィルムの第一層の表面にコロナ処理を施し、その表面へ二液硬化型ウレタン接着剤主剤ポリエステルポリオール、硬化剤:脂肪族イソシアネート)を塗布し、ポリアミドフィルム東洋紡株式会社製二軸延伸ナイロンフィルム、ハーデンN−1102、15μm)と貼り合わせて包装材料を作成した。
上記の包装材料を用いてスタンディングパウチを作成した。
作成したスタンディングパウチに内容物を入れて口部を密封したものについて、内容物の漏れ、スタンディングパウチの転倒、座屈、胴部の折れ(所謂おじぎ)を観察したが、漏れ、転倒、座屈、胴部の折れは認められなかった。
さらに1.2mからの落下テストを五回行ったが、破袋、漏れ等は全く認められなかった。
また、株式会社エスエムテー製純曲げ試験機JTC−911BTを用いてシーラントフィルム単体コシ曲げトルク)を測定したところ、シール層として用いられるLLDPE130μmの曲げトルク=1.6×10-5N・m以上の物性値2.0×10-5N・mを示した。

0036

三種三層の上吹き空冷インフレーション共押出製膜を行うにあたり、三層の材料を下記のように調製した。
第一層用樹脂組成物として、シングルサイト系触媒(メタロセン触媒)を使用して重合したエチレン−α・オレフィン共重合体(三井化学株式会社製エボリューSP2020、密度=0.916g/cm3、MFR=1.5g/10分)100.0重量部とエルカ酸アミド0.04重量部(約400ppm)を十分に混練して調製した樹脂組成物を用意した。
第二層用樹脂組成物として、メタロセン触媒を用いて重合した機能性ポリプロピレン(日本ポリプロ株式会社製ウインテックWFX4T、密度=0.9g/cm3、MFR=7.0g/10分)70.0重量部とゴム成分としてのエチレン−プロピレンゴム(三井化学株式会社製タフマーP0280、MFR=5.4g/10分)30.0重量部からなる樹脂組成物を用意した。
第三層用樹脂組成物として、シングルサイト系触媒(メタロセン触媒)を使用して重合したエチレン−α・オレフィン共重合体(三井化学株式会社製エボリューSP2020、密度=0.916g/cm3、MFR=1.5g/10分)100.0重量部とエルカ酸アミド0.04重量部(約400ppm)を十分に混練して調製した樹脂組成物を用意した。
三種三層の上吹き空冷インフレーション共押出製膜機を用いて、第一層用樹脂組成物を30μmの厚さに、第二層用樹脂組成物を50μmの厚さに、第三層用樹脂組成物を30μmの厚さに共押出して総厚110μmのシーラントフィルムを製造した。
上記のようにして得たシーラントフィルムの第一層の表面にコロナ処理を施し、その表面へ二液硬化型ウレタン接着剤(主剤:ポリエステルポリオール、硬化剤:脂肪族イソシアネート)を塗布し、ポリアミドフィルム(東洋紡株式会社製二軸延伸ナイロンフィルム、ハーデンN−1102、15μm)と貼り合わせて包装材料を作成した。
上記の包装材料を用いてスタンディングパウチを作成した。
作成したスタンディングパウチに内容物を入れて口部を密封したものについて、内容物の漏れ、スタンディングパウチの転倒、座屈、胴部の折れ(所謂おじぎ)を観察したが、漏れ、転倒、座屈、胴部の折れは認められなかった。
さらに1.2mからの落下テストを五回行ったが、破袋、漏れ等は全く認められなかった。
また、株式会社エスエムテー製純曲げ試験機JTC−911BTを用いてシーラントフィルム単体のコシ(曲げトルク)を測定したところ、シール層として用いられるLLDPE130μmの曲げトルク=1.8×10-5N・m以上の物性値1.8×10-5N・mを示した。

0037

三種三層の上吹き空冷インフレーション共押出製膜を行うにあたり、三層の材料を下記のように調製した。
第一層用樹脂組成物として、シングルサイト系触媒(メタロセン触媒)を使用して重合したエチレン−α・オレフィン共重合体(三井化学株式会社製エボリューSP2020、密度=0.916g/cm3、MFR=1.5g/10分)100.0重量部とエルカ酸アミド0.04重量部(約400ppm)を十分に混練して調製した樹脂組成物を用意した。
第二層用樹脂組成物として、メタロセン触媒を用いて重合した機能性ポリプロピレン(日本ポリプロ株式会社製ウインテックWFX4T、密度=0.9g/cm3、MFR=7.0g/10分)70.0重量部とゴム成分としてのプロピレン系ゴム(日本ポリプロ株式会社製ニューコンNCF5040、MFR=7.0g/10分)30.0重量部からなる樹脂組成物を用意した。
第三層用樹脂組成物として、シングルサイト系触媒(メタロセン触媒)を使用して重合したエチレン−α・オレフィン共重合体(三井化学株式会社製エボリューSP2020、密度=0.916g/cm3、MFR=1.5g/10分)100.0重量部とエルカ酸アミド0.04重量部(約400ppm)を十分に混練して調製した樹脂組成物を用意した。
三種三層の上吹き空冷インフレーション共押出製膜機を用いて、第一層用樹脂組成物を30μmの厚さに、第二層用樹脂組成物を50μmの厚さに、第三層用樹脂組成物を30μmの厚さに共押出して総厚110μmのシーラントフィルムを製造した。
上記のようにして得たシーラントフィルムの第一層の表面にコロナ処理を施し、その表面へ二液硬化型ウレタン接着剤(主剤:ポリエステルポリオール、硬化剤:脂肪族イソシアネート)を塗布し、ポリアミドフィルム(東洋紡株式会社製二軸延伸ナイロンフィルム、ハーデンN−1102、15μm)と貼り合わせて包装材料を作成した。
上記の包装材料を用いてスタンディングパウチを作成した。
作成したスタンディングパウチに内容物を入れて口部を密封したものについて、内容物の漏れ、スタンディングパウチの転倒、座屈、胴部の折れ(所謂おじぎ)を観察したが、漏れ、転倒、座屈、胴部の折れは認められなかった。
さらに1.2mからの落下テストを五回行ったが、破袋、漏れ等は全く認められなかった。
また、株式会社エスエムテー製純曲げ試験機JTC−911BTを用いてシーラントフィルム単体のコシ(曲げトルク)を測定したところ、シール層として用いられるLLDPE130μmの曲げトルク=1.6×10-5N・m以上の物性値1.7×10-5N・mを示した。

0038

本発明においては、シーラントフィルムは、低密度ポリエチレン系樹脂からなる第1層及び第3層と、低融点ポリプロピレンとゴム成分を含む樹脂組成物からなる第2層を共押出したものであり、中間層の第2層を低融点ポリプロピレンとゴム成分で構成したことにより、耐衝撃性を劇的に向上させることができ、低温3℃下におけるインパクト試験においては、ゴム成分を添加しない場合に比して約3倍のインパクト強度が有するのみならず、第1層及び第3層を第2層に対して接着層を介することなく接合することが可能であるので、従来品よりも薄い110μmのシーラントフィルムを提供することができる。
また、本発明のシーラントフィルムを有する包装材料により、内容物の漏れがなく、転倒することなくしっかり自立し、座屈、胴部からの折れ、所謂おじぎが認められないのみならず落下による破袋がまったく認められないシャンプー・リンスの詰め替え、および食品用スープの包材として多く採用されているスタンディングパウチ等の自立型包装容器を提供することができる。

図面の簡単な説明

0039

本発明のシーラントフィルムの断面図である。
本発明のシーラントフィルムを用いた包装材料の断面図である。
本発明の包装材料を用いたスタンディングパウチの斜視図である。

符号の説明

0040

1シーラントフィルム
2 シーラントフィルムの第1層
3 シーラントフィルムの第2層
4 シーラントフィルムの第3層
5包装材料
6基材フィルム
7ドライラミネート層
8 スタンディングパウチ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • JNC株式会社の「 積層吸音材」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】低周波数領域及び中周波数領域、好ましくはさらに高周波数領域において優れた吸音性を有する吸音材を提供することを課題とする。【解決手段】少なくとも繊維層と、多孔質層とを含む積層吸音材であって、前記... 詳細

  • 三菱ケミカル株式会社の「 ヒートシール用フィルムおよび収納袋」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】高強度かつ薄膜であり、適度な通気性、優れた熱寸法安定性、ならびに、発熱体の高速充填加工に適したヒートシール性およびホットタック性を有しており、通気発熱性物質の収納袋としてより好適に使用できるヒ... 詳細

  • 日立化成テクノサービス株式会社の「 繊維強化中空材料及び繊維強化中空材料の製造方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】優れた軽量性と優れた機械強度とを両立する繊維強化中空材料及びその製造方法を提供する。【解決手段】中空板と、該中空板の少なくとも一方の面に設けられた繊維強化樹脂層と、を有し、前記中空板が、離間し... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ