図面 (/)

技術 スロットマシン

出願人 株式会社オリンピア
発明者 川嶋隆義大久保隆佐藤直幸西田清志山本卓哉
出願日 2006年9月13日 (14年3ヶ月経過) 出願番号 2006-247668
公開日 2008年3月27日 (12年8ヶ月経過) 公開番号 2008-067821
状態 未査定
技術分野 スロットマシン、カードゲーム、盤上ゲーム
主要キーワード 直通通路 硬質弾性 各光学式センサ 直接通路 突出棒 アンカー状 方向変更部材 ホッパー排出口
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年3月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (16)

課題

従来にない、一般に行われる遊技以外の新たなゲームを行うことができるスロットマシンを提供する。

解決手段

スロットマシンSに、投入されたメダルが通過可能に形成されたメダル遊技領域100と、メダル遊技領域100を通過したメダルが収納される収納部4とを備え、メダル遊技領域100には、メダルが通過可能に形成されたメダル入賞部110を有し、メダル入賞部110には、メダルの通過を検知するメダル検知手段130が設けられ、メダル検知手段130の検知結果に基づいて、通常行われる遊技である通常遊技から通常遊技よりも大きな利益を遊技者に対し付与可能な遊技である有利遊技への移行及び有利遊技から通常遊技への移行のうち少なくとも一方を行うようにした。

概要

背景

従来より、スロットマシン等のメダル遊技媒体として用いる遊技機においては、メダルがメダル投入口から投入され、スタートスイッチが操作されること等を条件に、当選か否かの抽選が行われ、複数の回転リールが回転し、ストップスイッチの操作のタイミングにより回転リールが停止する。そして、抽選結果及び回転リールの停止結果に基づき入賞したか否かが判定され、入賞したと判定された場合、入賞の種類に応じた枚数のメダルが払い出される。
また、特許文献1に開示されている遊技機では、遊技として、遊技媒体の投入を条件として、通常に行われる通常遊技と、通常遊技よりも大きな利益を遊技者に対し付与可能な有利遊技とを備え、遊技機は、通常遊技中の当選又は入賞で、所定の点数加点する加点手段と、加点手段によって加点された点数が一定以上になると、移行信号を出力する移行信号出力手段と、移行信号出力手段からの信号の入力に基づいて、前記有利遊技へ移行するか否かの抽選を行うための移行抽選手段とを備えている。これにより、特許文献1に開示されている遊技機では、当選や入賞の楽しみに加えて、複数回の遊技にわたって、点数を加算していくという別の楽しみや、遊技性を得ることができ、さらに、抽選により、有利遊技への移行条件を複雑なものにして、面白みを持たせた遊技機を提供しようとするものとされている。
特開2005−230027号公報

概要

従来にない、一般に行われる遊技以外の新たなゲームを行うことができるスロットマシンを提供する。スロットマシンSに、投入されたメダルが通過可能に形成されたメダル遊技領域100と、メダル遊技領域100を通過したメダルが収納される収納部4とを備え、メダル遊技領域100には、メダルが通過可能に形成されたメダル入賞部110を有し、メダル入賞部110には、メダルの通過を検知するメダル検知手段130が設けられ、メダル検知手段130の検知結果に基づいて、通常行われる遊技である通常遊技から通常遊技よりも大きな利益を遊技者に対し付与可能な遊技である有利遊技への移行及び有利遊技から通常遊技への移行のうち少なくとも一方を行うようにした。

目的

そこで、本発明は、上記状況に鑑み以下の点を目的とする。
(請求項1)
すなわち、請求項1記載の発明は、スロットマシンに投入されたメダルが通過可能に形成されたメダル遊技領域と、メダル遊技領域を通過したメダルが収納される収納部とを備え、メダル遊技領域には、メダルが通過可能に形成されたメダル入賞部を有し、メダル入賞部には、メダルの通過を検知するメダル検知手段が設けられ、メダル検知手段の検知結果に基づいて、一般的に行われる遊技である通常遊技から通常遊技よりも大きな利益を遊技者に対し付与可能な遊技である有利遊技への移行及び有利遊技から通常遊技への移行のうち少なくとも一方を行うようにすることにより、スロットマシンに、スロットマシンの遊技に用いられるメダルを用いた、外観から確認できる従来にない新たなゲームを追加することができ、スロットマシンの遊技の多様性を増すとともに、その新たなゲームの結果を、スロットマシンで通常行われる遊技に影響を与えるようにすることにより、遊技者に有利な遊技に対する期待感を与え、遊技を面白いものにすることができるスロットマシンを提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

メダル投入するためのメダル投入口と、メダル投入口から投入されたメダルを検知するための投入検知手段と、周囲に複数の図柄が付されている複数の回転リールと、クレジットされているメダルを投入するためのベットスイッチと、全ての回転リールの回転を開始させるためのスタートスイッチと、各回転リールにそれぞれ対応して設けられ各回転リールの回転をそれぞれ停止させるためのストップスイッチと、遊技の制御を行うための制御装置とを備え、制御装置は、遊技に用いられるメダルの枚数を記憶するための投入メダルカウンタと、クレジットされているメダルの枚数を記憶するためのクレジットメダルカウンタと、投入メダルカウンタのカウント値が一定の値未満のときには、投入検知手段がメダルを1枚検知する毎に、投入メダルカウンタのカウント値を1つ加算するとともに、投入メダルカウンタのカウント値が一定の値に達したときには、投入検知手段がメダルを1枚検出する毎に、クレジットメダルカウンタのカウント値を1つ加算するための投入メダル加算手段と、投入メダルカウンタのカウント値が一定の値未満のときに、ベットスイッチが操作されると、クレジットメダルカウンタのカウント値を所定の値減算するとともに、クレジットメダルカウンタのカウント値を減算した分、投入メダルカウンタのカウント値を加算するためのクレジットメダル投入手段と、投入メダルカウンタのカウント値が所定の値であることを条件に、スタートスイッチの操作を契機に、全ての回転リールの回転を開始させるための回転開始制御手段と、投入メダルカウンタのカウント値が所定の値であることを条件に、スタートスイッチの操作を契機に、当選か否かの抽選を行うための当選抽選手段と、各ストップスイッチの操作を契機に、当選抽選手段の抽選結果に基づいて、操作されたストップスイッチに対応する回転リールの回転を停止させるための回転停止制御手段と、全ての回転リールの回転が停止した際の図柄の配列に基づいて入賞か否かの判定を行うための入賞判定手段を備え、遊技として、一般的な遊技である通常遊技と、通常遊技よりも遊技者にとって大きな利益を付与可能な有利遊技とを実行可能なスロットマシンであって、メダル投入口から投入されて投入検知手段により投入を検知されたメダルが通過可能に形成され、かつ、少なくとも一部が可視可能に形成されたメダル遊技領域と、メダル遊技領域を通過したメダルが収納される収納部とを備え、メダル遊技領域は、所定の位置に、メダルが通過可能に形成されたメダル入賞部を有し、メダル入賞部には、メダルの通過を検知するためのメダル検知手段が設けられ、制御装置は、メダル検知手段の検知結果に基づいて、通常遊技から有利遊技への移行及び有利遊技から通常遊技への移行のうち少なくとも一方を行う遊技移行制御手段を備えていることを特徴とするスロットマシン。

請求項2

メダル投入口から投入されて投入検知手段により投入を検知されたメダルが、メダル遊技領域を介さずに、収納部まで至るように形成された収納部直通通路と、メダル投入口から投入されて投入検知手段により投入が検知されたメダルを、メダル遊技領域又は収納部直通通路のいずれか一方へ導く選択手段とを備えていることを特徴とする請求項1記載のスロットマシン。

請求項3

メダル遊技領域内でのメダルの進行方向を変更することにより、メダル入賞部にメダルが至る確率を変更可能に形成されているメダル方向変更装置を備えたことを特徴とする請求項1又は2記載のスロットマシン。

請求項4

メダル遊技領域内へメダルを投入可能に形成された遊技領域投入口と、メダル投入口から投入されて投入検知手段により投入が検知されたメダルを、遊技領域投入口の下方から遊技領域投入口へ向けて打ち出すメダル打ち上げ装置とを備えていることを特徴とする請求項1、2又は3記載のスロットマシン。

請求項5

遊技に関する情報を報知する報知手段を備え、制御装置は、所定の当選役に入賞させるための、ストップスイッチの操作に関する情報を、報知手段に報知させることにより、遊技者に大きな利益を与えることができる遊技であるアシストタイム遊技を制御するアシストタイム遊技制御手段を有し、有利遊技をアシストタイム遊技としていることを特徴とする請求項1、2、3又は4記載のスロットマシン。

技術分野

0001

この発明は、スロットマシンに関し、更に詳しくは、通常行われるスロットマシンの遊技以外に、メダルを用いたゲームを行うことができるスロットマシンに関する。

背景技術

0002

従来より、スロットマシン等のメダルを遊技媒体として用いる遊技機においては、メダルがメダル投入口から投入され、スタートスイッチが操作されること等を条件に、当選か否かの抽選が行われ、複数の回転リールが回転し、ストップスイッチの操作のタイミングにより回転リールが停止する。そして、抽選結果及び回転リールの停止結果に基づき入賞したか否かが判定され、入賞したと判定された場合、入賞の種類に応じた枚数のメダルが払い出される。
また、特許文献1に開示されている遊技機では、遊技として、遊技媒体の投入を条件として、通常に行われる通常遊技と、通常遊技よりも大きな利益を遊技者に対し付与可能な有利遊技とを備え、遊技機は、通常遊技中の当選又は入賞で、所定の点数加点する加点手段と、加点手段によって加点された点数が一定以上になると、移行信号を出力する移行信号出力手段と、移行信号出力手段からの信号の入力に基づいて、前記有利遊技へ移行するか否かの抽選を行うための移行抽選手段とを備えている。これにより、特許文献1に開示されている遊技機では、当選や入賞の楽しみに加えて、複数回の遊技にわたって、点数を加算していくという別の楽しみや、遊技性を得ることができ、さらに、抽選により、有利遊技への移行条件を複雑なものにして、面白みを持たせた遊技機を提供しようとするものとされている。
特開2005−230027号公報

発明が解決しようとする課題

0003

しかし、スロットマシンにおいて、スロットマシンで通常行われている遊技のみでは、他の遊技機との差異は示すことは難しく、遊技者に飽きられる場合も考えられた。
また、特許文献1に開示されている遊技機では、通常遊技中の当選又は入賞に基づき、有利遊技へ移行するか否かの抽選を行っているが、これは遊技機内部の制御の中で新たな遊技性を付与しているのであって、遊技機の外観から見えるような視覚的に楽しめる遊技を追加したわけではない。したがって、特許文献1に開示されている遊技機では、遊技者に、他の遊技機との差異を明確に示すことができにくかった。
また、従来、スロットマシンで一般に行われる遊技以外に、スロットマシンに投入したメダルを使用したゲームは存在しなかった。したがって、スロットマシンで通常行われる遊技以外に、メダルを用いた新たな遊技を加えることにより、遊技者に飽きさせず面白みを持たせることが可能である。

0004

そこで、本発明は、上記状況に鑑み以下の点を目的とする。
(請求項1)
すなわち、請求項1記載の発明は、スロットマシンに投入されたメダルが通過可能に形成されたメダル遊技領域と、メダル遊技領域を通過したメダルが収納される収納部とを備え、メダル遊技領域には、メダルが通過可能に形成されたメダル入賞部を有し、メダル入賞部には、メダルの通過を検知するメダル検知手段が設けられ、メダル検知手段の検知結果に基づいて、一般的に行われる遊技である通常遊技から通常遊技よりも大きな利益を遊技者に対し付与可能な遊技である有利遊技への移行及び有利遊技から通常遊技への移行のうち少なくとも一方を行うようにすることにより、スロットマシンに、スロットマシンの遊技に用いられるメダルを用いた、外観から確認できる従来にない新たなゲームを追加することができ、スロットマシンの遊技の多様性を増すとともに、その新たなゲームの結果を、スロットマシンで通常行われる遊技に影響を与えるようにすることにより、遊技者に有利な遊技に対する期待感を与え、遊技を面白いものにすることができるスロットマシンを提供することを目的とする。

0005

(請求項2)
請求項2記載の発明は、請求項1記載の発明の目的に加えて、投入されたメダルが、メダル遊技領域を介さずに収納部まで至るように形成された収納部直通通路と、投入されたメダルをメダル遊技領域又は収納部直通通路のいずれか一方へ導く選択手段とを備えることにより、メダル遊技領域を用いた新たなゲームが行える場合と、収納部直通通路をメダルが通過することによる新たなゲームが行えない場合とを備えることができ、遊技の多様性を増すとともに、遊技に面白みを持たせることができるスロットマシンを提供することを目的とする。

0006

(請求項3)
請求項3記載の発明は、請求項1又は2記載の発明の目的に加えて、メダル遊技領域内でのメダルの進行方向を変更可能にすることにより、遊技者の期待感を煽ることができるとともに、遊技に面白みを持たせることができるスロットマシンを提供することを目的とする。
(請求項4)
請求項4記載の発明は、請求項1、2又は3記載の発明の目的に加えて、メダル遊技領域内へメダルの投入が可能な遊技領域投入口を設けるとともに、スロットマシンに投入されたメダルを、遊技領域投入口へ向けて打ち出すメダル打ち上げ装置を備えることにより、スロットマシンに追加する新たなゲームを、メダルを用いたパチンコのようにすることができ、遊技に面白みを持たせることができるスロットマシンを提供することが目的とする。

0007

(請求項5)
請求項5記載の発明は、請求項1、2、3又は4記載の発明の目的に加えて、有利遊技を、アシストタイム遊技とすることにより、遊技者にアシストタイム遊技に対する期待感を与え、遊技を面白いものにすることができるスロットマシンを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0008

各請求項にそれぞれ記載された発明は、前述の目的を達成するためになされたものである。なお、符号は、発明の実施の形態において用いた符号を示し、本発明の技術的範囲を限定するものではない。
(請求項1)
特徴点
請求項1記載の発明は、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項1記載の発明は、メダルを投入するためのメダル投入口42と、メダル投入口42から投入されたメダルを検知するための投入検知手段175と、周囲に複数の図柄が付されている複数の回転リール23と、クレジットされているメダルを投入するためのベットスイッチ52と、全ての回転リール23の回転を開始させるためのスタートスイッチ54と、各回転リール23にそれぞれ対応して設けられ各回転リール23の回転をそれぞれ停止させるためのストップスイッチ55と、遊技の制御を行う制御装置200とを備え、制御装置200は、遊技に用いられるメダルの枚数を記憶するための投入メダルカウンタ261と、クレジットされているメダルの枚数を記憶するためのクレジットメダルカウンタ262と、投入メダルカウンタ261のカウント値が一定の値未満のときには、投入検知手段175がメダルを1枚検知する毎に、投入メダルカウンタ261のカウント値を1つ加算するとともに、投入メダルカウンタ261のカウント値が一定の値に達したときには、投入検知手段175がメダルを1枚検出する毎に、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を1つ加算するための投入メダル加算手段263と、投入メダルカウンタ261のカウント値が一定の値未満のときに、ベットスイッチ52が操作されると、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を所定の値減算するとともに、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を減算した分、投入メダルカウンタ261のカウント値を加算するためのクレジットメダル投入手段264と、投入メダルカウンタ261のカウント値が所定の値であることを条件に、スタートスイッチ54の操作を契機に、全ての回転リール23の回転を開始させるための回転開始制御手段265と、投入メダルカウンタ261のカウント値が所定の値であることを条件に、スタートスイッチ54の操作を契機に、当選か否かの抽選を行うための当選抽選手段280と、各ストップスイッチ55の操作を契機に、当選抽選手段280の抽選結果に基づいて、操作されたストップスイッチ55に対応する回転リール23の回転を停止させるための回転停止制御手段266と、全ての回転リール23の回転が停止した際の図柄の配列に基づいて入賞か否かの判定を行うための入賞判定手段268とを備え、遊技として、一般的な遊技である通常遊技と、通常遊技よりも遊技者にとって大きな利益を付与可能な有利遊技とを実行可能なスロットマシンSであって、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入を検知されたメダルが通過可能に形成され、かつ、少なくとも一部が可視可能に形成されたメダル遊技領域100と、メダル遊技領域100を通過したメダルが収納される収納部4とを備え、メダル遊技領域100は、所定の位置に、メダルが通過可能に形成されたメダル入賞部110を有し、メダル入賞部110には、メダルの通過を検知するためのメダル検知手段130が設けられ、制御装置200は、メダル検知手段130の検知結果に基づいて、通常遊技から有利遊技への移行及び有利遊技から通常遊技への移行のうち少なくとも一方を行う遊技移行制御手段400を備えていることを特徴とする。

0009

ここで、「メダル投入口42」は、メダルをスロットマシンSに投入するためのものである。ここで、「投入」とは、メダルを、スロットマシンSの一般的に行われる遊技に用いることをいう。
また、「投入検知手段175」は、メダル投入口42から投入されたメダルを検知可能に形成されている。また、投入検知手段175は、メダルが1枚投入されたことを検知する毎に、投入検知信号を出力するように形成することができる。また、投入検知手段175には、例えば、メダルの移動によって生じる光の遮断を検知することによりメダルの投入を検知する光学式センサーを用いることができる。

0010

また、「回転リール23」は、周囲に複数の図柄が付されている。また、回転リール23は、複数備えられている。また、回転リール23は、複数であれば個数は限定されない。また、例えば、向かって左端側に位置する左側回転リール23aと、て右端側に位置する右側回転リール23cと、この左側回転リール23a及び右側回転リール23cの間に位置する中央回転リール23bとの、3個の回転リール23を備えることができる。
また、「ベットスイッチ52」とは、クレジットされているメダルを投入するためのものである。ここで、「クレジット」とは、スロットマシンSに記憶されている、将来的にスロットマシンSの一般的に行われる遊技に用いることができるメダルの数をいう。また、「投入」とは、スロットマシンSの一般的な遊技にメダルを用いることをいう。すなわち、ベットスイッチ52は、クレジットされているメダルを、スロットマシンSの一般的に行われる遊技に用いることができるようにするものである。

0011

また、「スタートスイッチ54」は、全ての回転リール23の回転を開始させるためのものである。
また、「ストップスイッチ55」は、各回転リール23をそれぞれ停止させるためのものである。また、ストップスイッチ55は、各回転リール23のそれぞれに対応して設けられている。すなわち、各回転リール23に対応したストップスイッチ55を操作することにより、各ストップスイッチ55に対応した回転リール23を停止させるようにする。
また、「制御装置200」は、スロットマシンSの遊技の制御を行うものである。
また、制御装置200は、投入メダルカウンタ261と、クレジットメダルカウンタ262と、投入メダル加算手段263と、クレジットメダル投入手段264と、回転開始制御手段265と、当選抽選手段280と、回転停止制御手段266と、入賞判定手段268とを備えている。

0012

また、「投入メダルカウンタ261」とは、スロットマシンSの遊技に用いられるメダルの枚数を記憶するためのものである。
また、「クレジットメダルカウンタ262」は、クレジットされているメダルの枚数を記憶するためのものである。
また、「投入メダル加算手段263」は、カウント値が一定の値未満のときには、投入検知手段175がメダルを1枚検知する毎に、投入メダルカウンタ261のカウント値を1つ加算するものである。また、投入メダル加算手段263は、投入メダルカウンタ261のカウント値が一定の値に達したときには、投入検知手段175がメダルを1枚検出する毎に、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を1つ加算するものである。

0013

ここで、例えば、「一定の値」を、投入メダルカウンタ261のカウント値の上限とすることができる。具体的には、例えば、一定の値(カウント値の上限)を「3」とすると、投入メダル加算手段263は、投入メダルカウンタ261のカウント値が「3」未満(「1」又は「2」)の場合には、投入検知手段175がメダルを1枚検知する毎に、投入メダルカウンタ261のカウント値を1つ加算させることができる。また、一定の値(カウント値の上限)を「3」とし、カウント値が「3」になった場合は、その後、投入メダル加算手段263が、投入検知手段175がメダルを1枚検出する毎に、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を1つ加算させることができる。

0014

また、「クレジットメダル投入手段264」は、投入メダルカウンタ261のカウント値が一定の値未満のときに、ベットスイッチ52が操作されると、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を所定の値減算するとともに、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を減算した分、投入メダルカウンタ261のカウント値を加算するものである。
ここで、「投入メダルカウンタ261のカウント値が一定の値未満のとき」の「一定の値」を、いわゆる投入メダルカウンタ261のカウント値の上限とすることができる。
また、「クレジットメダルカウンタ262のカウント値を所定の値減算する」の「所定の値」を、「1」や「2」等の数字にすることができる。具体的には、例えば、所定の値を「1」とする。具体的には、投入メダルカウンタ261のカウント値の上限を「3」とする。この場合、クレジットメダル投入手段264は、投入メダルカウンタ261のカウント値が「3」未満(「1」又は「2」)のときに、ベットスイッチ52が操作されると、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を「1」減算するとともに、投入メダルカウンタ261のカウント値に「1」を加算する。

0015

また、例えば、「所定の値」を、投入メダルカウンタ261にカウントされる上限値から、実際に投入メダルカウンタ261にカウントされている値を差し引いた値とすることができる。具体的には、投入メダルカウンタ261のカウント値の上限を「3」とする。この場合、例えば、実際に投入メダルカウンタ261にカウントされている数が「1」のときは、「3」から「1」を引いた数値「2」が、所定の値となる。そして、ベットスイッチ52が操作されると、クレジットメダル投入手段264により、クレジットメダルカウンタ262のカウント値が「2」減算されるとともに、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を減算した分(「2」)、投入メダルカウンタ261のカウント値が加算される。また、例えば、実際に投入メダルカウンタ261にカウントされている数が「2」のときは、「3」から「2」を引いた数値「1」が、所定の値となる。そして、ベットスイッチ52が操作されると、クレジットメダル投入手段264により、クレジットメダルカウンタ262のカウント値が「1」減算されるとともに、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を減算した分(「1」)、投入メダルカウンタ261のカウント値が加算される。また、実際に投入メダルカウンタ261にカウントされている数が「0」のときは、「3」から「0」を引いた数値「3」が、所定の値となる。そして、ベットスイッチ52が操作されると、クレジットメダル投入手段264により、クレジットメダルカウンタ262のカウント値が「3」減算されるとともに、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を減算した分(「3」)、投入メダルカウンタ261のカウント値が加算される。また、実際に投入メダルカウンタ261にカウントされている数が「3」の場合は、「3」から「3」を引いた数値が「0」になるので、クレジットメダル投入手段264は、クレジットメダルカウンタ262のカウント値の減算、及び投入メダルカウンタ261のカウント値を加算は行われない。

0016

また、「回転開始制御手段265」は、投入メダルカウンタ261のカウント値が所定の値であることを条件に、スタートスイッチ54の操作を契機に、全ての回転リール23の回転を開始させるものである。
ここで、「投入メダルカウンタ261のカウント値が所定の値であること条件に」とは、投入メダルカウンタ261のカウント値が所定の値になっていることが、回転開始制御手段265が全ての回転リール23の回転を開始させるための条件となっていることをいう。ここで、「所定の値」は、スロットマシンSごとに定めることができる。
具体的には、、所定の値を「3」とすると、投入メダルカウンタ261のカウント値が「3」であった場合に、スタートスイッチ54の操作を契機に、回転開始制御手段265は、全ての回転リール23の回転を開始させる。また、例えば、所定の値を「1」、「2」及び「3」とすると、投入メダルカウンタ261のカウント値が「1」、「2」又は「3」であった場合に、スタートスイッチ54の操作を契機に、回転開始制御手段265は、全ての回転リール23の回転を開始させる。

0017

また、「当選抽選手段280」は、投入メダルカウンタ261のカウント値が所定の値であることを条件に、スタートスイッチ54の操作を契機に、当選か否かの抽選を行うためのものである。ここで、「投入メダルカウンタ261のカウント値が所定の値であること条件に」とは、投入メダルカウンタ261のカウント値が所定の値になっていることが、当選抽選手段280が当選か否かの抽選を行うための条件となっていることをいう。ここで、「所定の値」は、スロットマシンSごとに定めることができる。具体的には、所定の値を「3」とすると、投入メダルカウンタ261のカウント値が「3」であった場合に、スタートスイッチ54の操作を契機に、当選抽選手段280は当選か否かの抽選を行う。また、所定の値を「1」、「2」及び「3」とすると、投入メダルカウンタ261のカウント値が「1」、「2」又は「3」であった場合に、スタートスイッチ54の操作を契機に、当選抽選手段280は当選か否かの抽選を行う。

0018

また、「回転停止制御手段266」は、各ストップスイッチ55の操作を契機に、当選抽選手段280の抽選結果に基づいて、操作されたストップスイッチ55に対応する回転リール23の回転を停止させるものである。
また、例えば、回転停止制御手段266は、ストップスイッチ55を押した時点で所定位置に直ちに停止できる回転リール23の図柄を基準図柄として、基準図柄から回転方向に所定のコマ数を移動した時の図柄までの範囲で回転リール23を停止させるようし、この所定のコマ数の範囲内において、どのまで停止させるかを当選判定結果に基づいて決定させることができる。

0019

具体的には、当選判定の抽選において何らかの当選役が当選したときには、その当選に対応した図柄(当選図柄)が極力有効入賞ライン上に停止するように、それ以外の図柄が停止しないように制御を行い、所定のコマ数(例えば「5」)の範囲内で停止図柄を決定することとなる。何らかの当選役に当選したときには、当該当選に対応して当選フラグが成立するので、その成立した当選フラグの有無及び種類に従って、停止させるべき図柄を所定のコマ数(例えば「5」)の範囲内で極力停止するように制御(引き込み制御)し、停止させるべきでない図柄停止しないように制御(蹴飛ばし制御)することができる。
また、「入賞判定手段268」は、全ての回転リール23の回転が停止した際の図柄の配列に基づいて入賞か否かの判定を行うものである。具体的には、当選抽選手段280の抽選結果が所定の当選役に当選しており、当該当選にかかる当選図柄が所定の有効入賞ライン上に揃って停止している場合には、入賞信号を出力するように形成することができる。なお、入賞信号には、当選役に対応したメダルの払い出し枚数に関する情報も含ませることができる。

0020

また、スロットマシンSは、遊技として、通常遊技と、有利遊技とを実行可能である。
ここで、通常遊技とは、スロットマシンSにおいて一般的に行われる遊技である。
また、有利遊技とは、通常遊技よりも大きな利益を遊技者に対して付与可能な遊技である。また、一般に、有利遊技とは、通常遊技とは遊技内容が異なる遊技であって、通常遊技よりも遊技者に付与されるメダル等の利益が大きくなる可能性が高い遊技であり、所定の図柄が揃うことにより、または、所定の抽選の結果により、特別に開始することができる遊技をいう。
また、ここで、「通常遊技よりも遊技者に付与されるメダル等の利益が大きくなる可能性が高い遊技」の「大きな利益」とは、最終的な結果として、遊技者に払い出される遊技媒体(具体的にはメダル)の枚数が、通常遊技よりも多くなり得ることを意味する。また、ここで、かかる「有利遊技」とは、具体的には、例えば、スロットマシン等においては、ビッグボーナス遊技BBゲーム)、アシストタイム遊技(ATゲーム)や、リプレイタイム遊技RTゲーム)や、アシストリプレイ遊技ARTゲーム)や、チャレンジタイム遊技(CTゲーム)や、ストックタイム遊技(STゲーム)等を含むものである。

0021

また、「メダル遊技領域100」は、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入をが検知されたメダルが通過可能に形成されている。また、メダル遊技領域100は、少なくとも一部が可視可能に形成されている。また、メダル遊技領域100は、少なくとも一部が可視可能に形成されていれば良い。したがって、メダル遊技領域100が全て可視可能に形成されてもよいし、一部が可視可能に形成されていても良い。
具体的には、例えば、前扉3を上扉30と下扉40とから構成されるように形成した場合、下扉40に遊技盤102を設ける。また、例えば、遊技盤102の前方の位置に、遊技盤102と一定の間隔を空けて下扉40の前面の一部を形成するガラス板104を設けるようにする。また、遊技盤102とガラス板104との間にメダルが通過可能に形成する。また、ガラス板104を透明な材料で形成する。これにより、遊技盤102と、ガラス板104との間にメダル遊技領域100を形成することができる。また、メダル遊技領域100の少なくとも一部が可視可能に形成されていれば、ガラス板104の一部を透明に形成しても良いし、また、全部を透明に形成しても良い。

0022

また、例えば、前述のように、下扉40に、遊技盤102とガラス板104とを備え、遊技盤102とガラス板104との間にメダル遊技領域100を形成した場合、遊技盤102に、前方向へ向けて突出した106を複数設けるようにする。また、各釘106の間にメダルが通過可能になるように、各釘106を配設する。これにより、メダル遊技領域100をメダルが通過可能に形成することができる。
また、具体的には、例えば、前述のように、下扉40に、遊技盤102とガラス板104とを備え、遊技盤102とガラス板104との間にメダル遊技領域100を形成した場合、遊技盤102に前方向へ向けて立設した仕切り板108を複数設けるようにする。また、各仕切り板108の間にメダルが通過可能になるように、各仕切り板108を配設する。このようにしても、メダル遊技領域100をメダルが通過可能に形成することができる。

0023

また、具体的には、例えば、メダル遊技領域100内に、上述したような複数の釘106と、上述したような複数仕切り板108とを組み合わせて設けた場合、各釘106の間及び各仕切り板108の間にメダルが通過可能になるよう、各釘106及び各仕切り板108を配設する。このように形成しても、メダル遊技領域100をメダルが通過可能に形成することができる。
また、例えば、上述した下扉40にメダル遊技領域100を備えている場合と同様に、上扉30に、遊技盤102とガラス板104を備え、上扉30の前面にメダル遊技領域100を備えるようにしても良い。また、上述した下扉40にメダル遊技領域100を備えている場合と同様に、前扉3の前面にメダル遊技領域100を備えるようにしても良い。

0024

また、メダル遊技領域100は、メダル入賞部110を有している。また、メダル入賞部110は、メダルが通過可能に形成されている。
また、メダル入賞部110には、メダル検知手段130が設けられている。
また、上述のように、下扉40に遊技盤102とガラス板104を設け、遊技盤102とガラス板104との間にメダル遊技領域100を形成し、メダルの通過が可能になるように、釘106や仕切り板108を配設した場合、所定の釘106の間や、所定の仕切り板108の間にメダル検知手段130を設け、この所定の釘106の間や、所定の仕切り板108の間をメダル入賞部110とすることができる。また、例えば、遊技盤102に、メダルの通過が可能な貫通孔を設ける。そして、この貫通孔に、通過するメダルを検知するメダル検知手段130を設ける。この場合、このメダル検知手段130を設けた貫通孔をメダル入賞部110とすることができる。これにより、特定のメダル入賞部110にメダルが通過したことを検知することができる。

0025

また、メダル入賞部110は、1個だけ設けるようにしても良いし、複数設けるようにしても良い。なお、複数メダル入賞部110を設けるようにした場合、それぞれのメダル入賞部110にメダル検知手段130を設ける。
また、メダル検知手段130には、具体的には、例えば、メダルの移動によって生じる光の遮断を検知することによりメダルの通過を検知する光学式センサーを用いることができる。また、また、例えば、メダル検知手段130として、センサー検知領域内に、磁界を発生させ、検知領域内にメダルが位置することによる電磁誘導作用により、メダルを検知する誘導形近接スイッチを用いることができる。

0026

また、「収納部4」は、メダル遊技領域100を通過したメダルを収納可能に形成されている。また、具体的には、例えば、収納部4としてのホッパー5を備えることができる。ホッパー5は、例えば、投入されたメダルを収納するとともに、収納したメダルを入賞等により払い出すためのものである。また、例えば、ホッパー5に加えて、収納部4として予備タンク8を備えるようにしても良い。予備タンク8は、オーバーフロー等により、ホッパー5内に収納されないメダルを収納するためのものである。
また、このように収納部4として、ホッパー5と予備タンク8とを備えている場合、メダル遊技領域100を通過したメダルは、収納部4としてのホッパー5に至るように形成して良いし、収納部4としての予備タンク8に至るように形成しても良い
また、「遊技移行制御手段400」は、メダル検知手段130の検知結果に基づいて、通常遊技から有利遊技への移行及び有利遊技から通常遊技への移行のうち少なくとも一方を行うものである。

0027

具体的には、例えば、制御装置200が、通常遊技を制御するための通常遊技制御手段260及び有利遊技を制御するための有利遊技制御手段を有している場合、通常遊技から有利遊技への移行及び有利遊技から通常遊技への移行のうち少なくとも一方を行うように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御する。
また、「メダル検知手段130の検知結果に基づいて」とは、メダル検知手段130が特定のメダル入賞部110にメダルが通過したことを検知したことを契機にする場合や、ある遊技条件(例えば、有利遊技中)下において、メダル検知手段130が特定のメダル入賞部110にメダルが通過したことを検知した場合や、メダル検知手段130が、所定の個数のメダルが、特定のメダル入賞部110を通過したことを検知した場合や、所定の時間内に所定の個数のメダルが、特定のメダル入賞部110を通過したことを検知した場合等が含まれる。

0028

また、「通常遊技から有利遊技への移行」とは、具体的には、例えば、通常遊技を終了させて、有利遊技を開始させること等をいうが、通常遊技を終了させた後、他の遊技を介し、有利遊技を開始させることも含まれる。また、例えば、通常はBBゲーム等の遊技の終了後、通常遊技を開始させる場合において、通常遊技の開始を行わず、BBゲーム等の遊技の終了後、有利遊技を開始させる場合も、「通常遊技から有利遊技への移行」に含まれる。また、「有利遊技から通常遊技への移行」も同様に、具体的には、例えば、有利遊技を終了させて、通常遊技を開始させること等をいうが、有利遊技を終了させた後、他の遊技を介し、通常遊技を開始させることも含まれる。

0029

また、「通常遊技から有利遊技への移行及び有利遊技から通常遊技への移行のうち少なくとも一方を行うように」とは、例えば、(1)通常遊技から有利遊技への移行は行うが、有利遊技から通常遊技への移行は行わない場合(2)有利遊技から通常遊技への移行は行うが、通常遊技から有利遊技への移行は行わない場合(3)通常遊技から有利遊技への移行を行い、かつ、有利遊技から通常遊技への移行を行う場合が含まれる。
また、具体的には、上述した「メダル検知手段130の検知結果に基づいて通常遊技から有利遊技への移行及び有利遊技から通常遊技への移行のうち少なくとも一方を行う」には、通常遊技を制御するための通常遊技制御手段260及び有利遊技を制御するための有利遊技制御手段を有している場合、例えば、以下のときが考えられる。
(1)メダル検知手段130は、特定のメダル入賞部110をメダルが通過したことを検知すると、遊技移行制御手段400へ向けてメダル検知信号を出力する。そして、遊技移行制御手段400は、通常遊技中の場合に、メダル検知信号を受信すると、通常遊技を終了し、有利遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御するが、有利遊技中は、メダル検知手段130から出力されたメダル検知信号を受信しても、遊技移行制御手段400は、有利遊技を終了し、通常遊技を開始させるような動作を、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段が行わないように制御する。

0030

なお、この場合は、有利遊技を終了させ、通常遊技を開始させるための、別な条件を備えることができる。例えば、通常遊技制御手段260を、BBゲームに入賞した場合や、ATゲームに入賞した場合等に、BBゲーム入賞信号やATゲーム入賞信号等を遊技移行制御手段400へ出力するように形成する。そして、遊技移行制御手段400は、BBゲーム入賞信号又はATゲーム入賞信号等を受信すると、有利遊技を終了させて、通常遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御することができる。
(2)メダル検知手段130は、特定のメダル入賞部110をメダルが通過したことを検知すると、遊技移行制御手段400へ向けてメダル検知信号を出力する。そして、遊技移行制御手段400は、有利遊技中の場合に、メダル検知信号を受信すると、有利遊技を終了し、通常遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御するが、通常遊技中は、メダル検知手段130から出力されたメダル検知信号を受信しても、遊技移行制御手段400は、通常遊技を終了し、有利遊技を開始させるような動作を、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段が行わないように制御する。

0031

なお、この場合は、通常遊技を終了させ、有利遊技を開始させるための、別な条件を備えることができる。例えば、通常遊技制御手段260は、BBゲームに入賞した場合や、ATゲームに入賞した場合等に、BBゲーム入賞信号やATゲーム入賞信号等を遊技移行制御手段400へ出力するように形成する。そして、遊技移行制御手段400は、BBゲーム入賞信号又はATゲーム入賞信号等を受信すると、通常遊技を終了させて、有利遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御することができる。
(3)メダル検知手段130は、特定のメダル入賞部110をメダルが通過したことを検知すると、遊技移行制御手段400へ向けてメダル検知信号を出力する。そして、遊技移行制御手段400は、通常遊技中の場合に、メダル検知信号を受信すると、例えば、通常遊技を終了し、有利遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御する。また、遊技移行制御手段400は、有利遊技中の場合に、メダル検知信号を受信すると、例えば、有利遊技を終了し、通常遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御する。
(4)メダル検知手段130は、メダルが特定のメダル入賞部110を通過したことを検知すると、メダルが通過する毎に、遊技移行制御手段400へ向けてメダル検知信号を出力するようにする。そして、遊技移行制御手段400は、メダル検知信号をカウントするメダル検知カウンタを備える。また、遊技移行制御手段400は、メダル検知カウンタが所定の数のメダル検知信号を受信した場合に遊技を移行させる移行判定手段を備える。また、このメダル検知カウンタを、遊技機の電源オンにするとカウント値が「0」になるように設定する。また、メダル検知カウンタを、メダル検知信号を受信する毎に、カウント値を「1」づつ増加するように設定する。そして、メダル検知カウンタのカウント値が所定に値(例えば「3」)に達すると、移行判定手段は、例えば、通常遊技を終了し、有利遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御するが、有利遊技中は、例えば、有利遊技を終了し、通常遊技を開始させるような動作は行わないように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段を制御する。

0032

また、また、メダル検知カウンタは、例えば、メダル検知信号を受信したカウント値が所定の数(例えば「3」)に達したときにカウント値を「0」になる(リセットする)ように設定することができる。、
また、メダル検知手段130を複数設けた場合、遊技移行制御手段400は、例えば、全てのメダル検知手段130から出力されるメダル検知信号を、一括してカウントするカウンタを備えるようにしても良いし、また、各メダル検知手段130に対応した複数のカウンタを備え、各メダル検知手段130ごとに出力されるメダル検知信号をそれぞれカウントするようにしてもよい。具体的には、例えば、第1メダル検知手段130a、第2メダル検知手段130b、及び第3メダル検知手段130cというように、メダル検知手段130を3個設けた場合、カウンタを一個のみ備えるようにし、3個全てのメダル検知手段130からの信号を一括してカウントするようにしても良いし、例えば、カウンタとして、第1メダル検知手段130aからの出力信号をカウントする第1メダル検知カウンタと、第2メダル検知手段130bから出力されるメダル検知信号をカウントする第2メダル検知カウンタと、第3メダル検知手段130cから出力されるメダル検知信号をカウントする第3メダル検知カウンタとの3個のメダル検知カウンタを備えるようにしてもよい。また、例えば、3個のメダル検知カウンタを備える場合、それぞれ、第1メダル検知カウンタがカウントするメダル検知信号のカウント値が所定の数に達し、かつ、第2メダル検知カウンタがカウントするメダル検知信号おカウント値が所定の数に達し、かつ、第3メダル検知カウンタがカウントするメダル検知信号のカウント値が所定の数に達した場合に、移行判定手段は、例えば、通常遊技を終了させ、有利遊技を開始させるように通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御することができる。具体的には、例えば、第1メダル検知カウンタにおける、第1メダル検知手段130aが出力したメダル検知信号のカウント値の数が、所定の数(例えば「3」)になり、かつ、第2メダル検知カウンタにおける、第2メダル検知手段130bから出力したメダル検知信号のカウント値の数が所定の数(例えば「2」)になり、かつ、第3メダル検知カウンタにおける、第3メダル検知手段130cから出力したメダル検知信号のカウント値が所定の数(例えば「2」)になった場合に、移行判定手段は、通常遊技中のときは、例えば、通常遊技を終了し、有利遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御するが、有利遊技中のときは、例えば、有利遊技を終了し、通常遊技を開始させるような動作は行わないように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段を制御することができる。

0033

なお、この場合は、有利遊技を終了させ、通常遊技を開始させるための、別な条件を備えることができる。例えば、BBゲームに入賞した場合や、ATゲームに入賞した場合に、有利遊技を終了させて、通常遊技を開始させるように、遊技移行制御手段400は、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御することができる。
(5)メダル検知手段130は、メダルが特定のメダル入賞部110を通過したことを検知すると、メダルが通過する毎に、遊技移行制御手段400へ向けてメダル検知信号を出力するようにする。そして、遊技移行制御手段400は、メダル検知信号をカウントするメダル検知カウンタを備える。また、遊技移行制御手段400は、メダル検知カウンタが所定のメダル検知信号を受信した場合に遊技を移行させる移行判定手段を備える。また、このメダル検知カウンタを、遊技機の電源をオンにするとカウント値が「0」になるように設定する。また、メダル検知カウンタを、メダル検知信号を受信する毎に、カウント値を「1」づつ増加するように設定する。そして、メダル検知カウンタのカウント値が所定に値(例えば「3」)に達すると、移行判定手段は、例えば、有利遊技中は、有利遊技を終了し、通常遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御するが、通常遊技中は、例えば、通常遊技を終了し、有利遊技を開始させるような動作は行わないように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段を制御することができる。

0034

また、メダル検知手段130を複数設けた場合については、移行判定手段が、有利遊技中は、例えば、有利遊技を終了し、通常遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御するが、通常遊技中は、例えば、通常遊技を終了し、有利遊技を開始させるような動作は行わないように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段を制御すること以外は、(4)と同様である。
また、通常遊技を終了させ、有利遊技を開始させるための、別な条件を備えることができることについては、(4)と同様である。
(6)メダル検知手段130は、メダルが特定のメダル入賞部110を通過したことを検知すると、メダルが通過する毎に、遊技移行制御手段400へ向けてメダル検知信号を出力するようにする。そして、遊技移行制御手段400は、メダル検知信号をカウントするメダル検知カウンタを備える。また、また、遊技移行制御手段400は、メダル検知カウンタが所定のメダル検知信号を受信した場合に遊技を移行させる移行判定手段を備える。また、このメダル検知カウンタを、遊技機の電源をオンにするとカウント値が「0」になるように設定する。また、メダル検知カウンタを、メダル検知信号を受信する毎に、カウント値を「1」づつ増加するように設定する。そして、メダル検知カウンタのカウント値が所定に値(例えば「3」)に達すると、移行判定手段は、通常遊技中は、例えば、通常遊技を終了し、有利遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御し、また、有利遊技中も同様に、例えば、有利遊技を終了し、通常遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御する。

0035

また、メダル検知手段130を複数設けた場合については、移行判定手段が、通常遊技中の場合には、例えば、通常遊技を終了し、有利遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御し、また、有利遊技中の場合には、例えば、有利遊技を終了し、通常遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御すること以外は、(4)と同様である。
(7)メダル検知手段130は、メダルが特定のメダル入賞部110を通過したことを検知すると、メダルが通過する毎に、遊技移行制御手段400へ向けてメダル検知信号を出力するようにする。そして、遊技移行制御手段400は、メダル検知信号をカウントするメダル検知カウンタを備える。また、遊技移行制御手段400は、時間を計測するタイマーを備える。また、遊技移行制御手段400は、所定の時間内に所定の数のメダル検知信号を受信したか否かを判定し遊技の移行を実行する移行判定手段を備える。また、遊技機の電源をオンにすると、メダル検知カウンタのカウント値及びタイマーの計測値がそれぞれ「0」になるように設定する。また、メダル検知カウンタを、メダル検知信号を受信する毎に、カウント値が「1」づつ増加するように設定する。また、タイマーを、初めにメダル検知信号を受信したときから、時間の計測を開始するように設定する。そして、移行判定手段は、タイマーが所定の計測値(例えば10秒)に達するまでに、メダル検知カウンタが所定の数(例えば3個)のメダル検知信号を受信した場合に、通常遊技中は、例えば、通常遊技を終了し、有利遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御するが、有利遊技中は、例えば、有利遊技を終了し、通常遊技を開始させるような動作を行わないように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段を制御する。

0036

また、メダル検知カウンタは、例えば、メダル検知信号を受信したカウント値が所定の数(例えば「3」)に達したとき、及びタイマーが所定の時間に達したときにカウント値を「0」になる(リセットする)ように設定することができる。また、遊技移行制御手段400が備えるタイマーは、例えば、計測値が所定の時間に達したとき、及びメダル検知カウンタが、メダル検知信号を受信したカウント値が所定の数(例えば「3」)に達したときに計測値を「0」になる(リセットする)ように設定することができる。
また、メダル検知手段130を複数設けた場合については、遊技移行制御手段400がタイマーを備えていること以外は、(4)とほぼ同様である。また、遊技移行制御手段400が備えているタイマーは、複数備えられている全てのメダル検知手段130に対し一括して対応するタイマーを一個備えるようにしても良いし、それぞれのメダル検知手段130に対応して複数のタイマーを備えるようにしても良い。全てのメダル検知手段130に一括して対応するタイマーを一個備えるようにした場合、例えば、複数のメダル検知手段130のうち、どれか一つのメダル検知手段130が、メダルの通過を検知したときに、タイマーが時間の計測を開始するように設定することができる。また、それぞれのメダル検知手段130に対応して複数のタイマーを備えるようにした場合、具体的には、例えば、第1メダル検知手段130a、第2メダル検知手段130b、及び第3メダル検知手段130cというように、メダル検知手段130を3個設けたとき、第1メダル検知手段130aに対応した第1メダル検知カウンタと、第1タイマーとを備えることができる。また、第2メダル検知手段130bに対応した第2メダル検知カウンタと、第2タイマーとを備えることができる。また、第3メダル検知手段130cに対応した第3メダル検知カウンタと、第3タイマーとを備えることができる。そして、第1タイマー、第2タイマー及び第3タイマーの各タイマーそれぞれに所定の時間を設定し、各タイマーそれぞれの所定の時間内に、各タイマーに対応したメダル検知カウンタが所定の数のメダル検知信号を受信したときに、移行判定手段は、例えば、通常遊技を終了し、有利遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御するが、有利遊技中は、例えば、有利遊技を終了し、通常遊技を開始させるような動作は行わないように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段を制御する。

0037

具体的には、例えば、第1メダル検知手段130aが出力したメダル検知信号を第1タイマーが最初に受信したときから、第1タイマーは時間の計測を開始し、時間の計測値が所定の値(例えば「10秒」)に達するまでに、第1メダル検知カウンタのカウント値が所定の値(例えば「3個」)に達し、かつ、第2メダル検知手段130bが出力したメダル検知信号を第2タイマーが最初に受信したときから、第2タイマーは時間の計測を開始し、時間の計測値が所定の値(例えば「8秒」)に達するまでに、第2メダル検知カウンタのカウント値が所定の値(例えば「3」)に達し、かつ、第3メダル検知手段130cが出力したメダル検知信号を第3タイマーが最初に受信したときから、第3タイマーは時間の計測を開始し、時間の計測値が所定の値(例えば「10秒」)に達するまでに、第1メダル検知カウンタのカウント値が所定の値(例えば「4」)に達した場合に、移行判定手段は、例えば、通常遊技を終了し、有利遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御するが、有利遊技中は、例えば、有利遊技を終了し、通常遊技を開始させるような動作は行わないように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段を制御することができる。

0038

また、有利遊技を終了させ、通常遊技を開始させるための、別な条件を備えることができることについては(4)と同様である。
(8)メダル検知手段130は、メダルが特定のメダル入賞部110を通過したことを検知すると、メダルが通過する毎に、遊技移行制御手段400へ向けてメダル検知信号を出力するようにする。そして、遊技移行制御手段400は、メダル検知信号をカウントするメダル検知カウンタを備える。また、遊技移行制御手段400は、時間を計測するタイマーを備える。遊技移行制御手段400は、所定の時間内に所定の数のメダル検知信号を受信したか否かを判定し遊技の移行を実行する移行判定手段を備える。また、遊技機の電源をオンにすると、メダル検知カウンタのカウント値及びタイマーの計測値がそれぞれ「0」になるように設定する。また、メダル検知カウンタを、メダル検知信号を受信する毎に、カウント値が「1」づつ増加するように設定する。また、タイマーを、初めにメダル検知信号を受信したときから、時間の計測を開始するように設定する。そして、移行判定手段は、タイマーが所定の時間(例えば10秒)に達するまでに、メダル検知カウンタが所定の数(例えば3個)のメダル検知信号を受信した場合に、有利遊技中は、例えば、有利遊技を終了し、通常遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御するが、通常遊技中は、例えば、通常遊技を終了し、有利遊技を開始させるような動作を行わないように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段を制御することができる。

0039

また、遊技移行制御手段400が備えるメダル検知カウンタ及びタイマーは、(7)と同様である。
また、メダル検知手段130を複数設けた場合については、移行判定手段が、有利遊技中は、例えば、有利遊技を終了し、通常遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御するが、通常遊技中は、例えば、通常遊技を終了し、有利遊技を開始させるような動作を、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段が行わないように制御することができること以外は、(7)と同様である。
また、通常遊技を終了させ、有利遊技を開始させるための、別な条件を備えることができることについては(4)と同様である。
(9)メダル検知手段130は、メダルが特定のメダル入賞部110を通過したことを検知すると、メダルが通過する毎に、遊技移行制御手段400へ向けてメダル検知信号を出力するようにする。そして、遊技移行制御手段400は、メダル検知信号をカウントするメダル検知カウンタを備える。また、遊技移行制御手段400は、時間を計測するタイマーを備える。遊技移行制御手段400は、所定の時間内に所定の数のメダル検知信号を受信したか否かを判定し遊技の移行を実行する移行判定手段を備える。また、遊技機の電源をオンにすると、メダル検知カウンタのカウント値及びタイマーの計測値がそれぞれ「0」になるように設定する。また、メダル検知カウンタを、メダル検知信号を受信する毎に、カウント値を「1」づつ増加するように設定する。また、タイマーを、初めにメダル検知信号を受信したときから、時間の計測を開始するように設定する。そして、移行判定手段は、タイマーが所定の時間(例えば10秒)に達するまでに、メダル検知カウンタが所定の数(例えば3個)のメダル検知信号を受信した場合に、通常遊技中は、例えば、通常遊技を終了し、有利遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御し、また、有利遊技中は、例えば、有利遊技を終了し、通常遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御することができる。

0040

また、メダル検知手段130を複数設けた場合については、移行判定手段が、通常遊技中は、例えば、通常遊技を終了し、有利遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御し、また、有利遊技中は、例えば、有利遊技を終了し、通常遊技を開始させるように、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御することができること以外は、(7)とほぼ同様である。
(請求項2)
(特徴点)
請求項2記載の発明は、次の点を特徴とする。

0041

すなわち、請求項2記載の発明は、請求項1記載の発明を限定したものであって、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項2記載の発明は、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入を検知されたメダルが、メダル遊技領域100を介さずに、収納部4まで至るように形成された収納部直通通路90と、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入が検知されたメダルを、メダル遊技領域100又は収納部直通通路90のいずれか一方へ導く選択手段181とを備えていることを特徴とする。
ここで、「収納部直通通路90」は、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入が検知されたメダルを、メダル遊技領域100を介さずに、収納部4まで至るように形成されている。

0042

具体的には、例えば、収納部直通通路90の一端に直通通路受入口を有するようにし、収納部直通通路90の他端に収納部排出口を有するようにする。また、直通通路受入口よりも収納部排出口の位置が下方になるように形成する。そして、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入が検知されたメダルが、直通通路受入口から、収納部直通通路90内にメダルが入るように形成する。そして、収納部直通通路90内に入ったメダルは、収納部直通通路90内を流下し、収納部排出口から排出されるように形成する。そして、収納部排出口が、ホッパー5上部に設けられている開口部の上方の位置になるようにする。そして、収納部排出口から排出されるメダルが、ホッパー5上部に設けられている開口部からホッパー5内に至るように形成する。これにより、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入が検知されたメダルが、メダル遊技領域100を介さずに、収納部4まで至るように形成することができる。

0043

また、「選択手段181」は、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入が検知されたメダルを、メダル遊技領域100又は収納部直通通路90のいずれか一方に導くように形成されている。
また、例えば、選択手段181は、遊技の結果に基づいて、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入が検知されたメダルを、メダル遊技領域100又は収納部直通通路90のいずれか一方に導くように形成することができる。具体的には、例えば、選択手段181は、遊技の結果がBBゲームに入賞した場合に、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入が検知されたメダルを、メダル遊技領域100へ導くように形成することができる。また、遊技の結果がBBゲームに入賞しなかった場合に、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入が検知されたメダルを、収納部直通通路90へ導くように形成することができる。

0044

(請求項3)
(特徴点)
請求項3記載の発明は、請求項1又は請求項2記載の発明を限定したものであって、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項3記載の発明は、メダル遊技領域100内でのメダルの進行方向を変更することにより、メダル入賞部110にメダルが至る確率を変更可能に形成されているメダル方向変更装置120を備えたことを特徴とする。
ここで、「メダル方向変更装置120」は、メダル遊技領域100内でのメダルの進行方向を変更可能に形成されている。また、「メダル方向変更装置120」は、メダル遊技領域100内でのメダルの進行方向を変更することにより、各メダル入賞部110へのメダルの進行確率を変更可能に形成されている。

0045

例えば、メダル遊技領域100内に入ってきたメダルが、メダル遊技領域100内を通過する位置にメダル方向変更装置120を設けることができる。
また、メダル方向変更装置120を、具体的には、例えば、以下のように形成することができる。まず、メダル方向変更装置120を、メダル遊技領域100内のメダルが通過する位置に設ける。また、メダル方向変更装置120を、方向変更部材と、方向変更部材を可動させる可動部材モータソレノイド等)とを備えるようにする。
また、方向変更部材は、ある程度の厚みをもった板状に形成する。また、方向変更部材は、軸部と、軸部から延びる回転部とを有するようにする。また、軸部は円板状に形成する。また、回転部は、軸部から離れるにしたがって幅が次第に狭くなる板状に形成する。また、遊技盤102における中央上部の右方の位置に、可動部材の回転軸を設ける。また、軸部は、可動部材の回転軸に回転可能に軸支されるようにする。

0046

これにより、メダル方向変更装置120は、方向変更部材の回転部を動かすことができる。これにより、メダル遊技領域100内を通過するメダルが不規則に方向変更部材に当たることにより、メダル遊技領域100内でのメダルの進行方向を変更することが可能になり、各メダル入賞部110へのメダルの進行確率を変更可能に形成することができる。
また、例えば、上述のように、メダル方向変更装置120を形成した場合、方向変更部材を、人為的操作により動作するようにしても良い。また、メダル方向変更装置120を遊技結果に基づいて動作を開始するようにしても良い。
具体的には、例えば、遊技機にメダル方向変更装置120の操作用のスイッチを設け、そのスイッチを操作することにより、方向変更部材がスイッチの操作に従った動作をするように形成しても良い。これにより、人為的操作により、メダル方向変更装置120を動作させることができる。

0047

また、例えば、遊技結果であるBBゲームの入賞等を契機に方向変更部材を回転させるように形成しても良い。これにより、遊技結果に基づいて、メダル方向変更装置120の動作を開始させることができる。
(請求項4)
(特徴点)
請求項4記載の発明は、請求項1、2、又は3記載の発明を限定したものであって、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項4記載の発明は、メダル遊技領域100内へメダルを投入可能に形成された遊技領域投入口114と、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入が検知されたメダルを、遊技領域投入口114の下方から遊技領域投入口114へ向けて打ち出すメダル打ち上げ装置140とを備えていることを特徴とする。

0048

ここで、「遊技領域投入口114」は、メダル遊技領域100内へメダルの投入が可能に形成されている。
なお、メダル遊技領域100の上部の位置に設けるようにすると、メダル遊技領域100内を自重落下によりメダルを通過させることができる。
また、遊技盤102を用いてメダル遊技領域100を形成した場合、遊技盤102に貫通した孔を設け、その孔をメダル遊技領域100内へメダルの投入が可能に形成することにより、遊技領域投入口114とすることができる。また、遊技盤102の前面に、メダルが通過可能な通路を設け、その通路の出口からメダル遊技領域100内へメダルの投入が可能に形成することにより、その通路におけるメダル遊技領域100内への出口を、遊技領域投入口114とすることができる。

0049

また、「メダル打ち上げ装置140」は、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入が検知されたメダルを、遊技領域投入口114へ向けて打ち出すこと可能に形成されている。
例えば、メダル打ち上げ装置140を以下のように形成することができる。
具体的には、メダル打ち上げ装置140は、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入が検知されたメダルを打ち上げ手段150へ導く、打ち上げ案内通路95と、遊技領域投入口114の下方から遊技領域投入口114に連通するメダル上昇通路145と、メダル上昇通路145内の下部に設けられて、打ち出すメダルを配置する打ち上げ部160と、この打ち上げ部160のメダルを上方の遊技領域投入口114へ向かって打ち上げ可能な打ち上げ手段150とを備えるようにする。

0050

また、例えば、打ち上げ案内通路95は、メダルを、メダル打ち上げ装置140の内部まで至らせるためのものである。また、打ち上げ手段150は、メダル上昇通路145内の下部に設けた打ち上げ部160のメダルを上方にある遊技領域投入口114へ向けて打ち上げ可能なものである。また、打ち上げ手段150は、メダル上昇通路145内の下部に設けた打ち上げ部160のメダルをメダル上昇通路145内の上部へ向かって打ち出すハンマー151と、ハンマー151を駆動するためのハンマー駆動手段155と、メダルがメダル上昇通路145内の打ち上げ部160に配置されているか否かを検知可能な打ち上げメダル検知手段156とを備えることができる。また、打ち上げ手段150は、メダルが打ち上げ部160にメダルが配置されていることを認識したときに、ハンマー駆動手段155がハンマー151を駆動させて、かかるメダルを遊技領域投入口114へ向かって打ち上げ可能に形成されている。

0051

また、例えば、メダル上昇通路145は、メダル上昇通路145の下部に設けた打ち上げ部160から遊技領域投入口114まで連通する空洞状の通路に形成する。そして、メダル上昇通路145の上端に形成されている遊技領域投入口114からメダルが、メダル遊技領域100内へ投入することができるように形成する。
また、例えば、打ち上げ部160は、メダル上昇通路145内の下部に設けられて、これから打ち出すメダルを配置するためのものである。そして、かかる打ち上げ部160に配属されたメダルを打ち上げ手段150であるハンマー151が打ち出すように形成されている。
また、メダル打ち上げ装置140は、所定の条件を満たした場合に作動するように形成することができる。例えば、メダル打ち上げ装置140を、遊技の結果に基づいて、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入が検知されたメダルを、遊技領域投入口114の下方から遊技領域投入口114へ向けて打ち出すように形成することができる。具体的には、メダル打ち上げ装置140は、遊技の結果がBBゲームに入賞した場合に、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入が検知されたメダルを、メダル遊技領域100内へ投入するように形成することができる。

0052

(請求項5)
請求項5記載の発明は、請求項1、2、3、又は4記載の発明を限定したものであって、次の点を特徴とする。
すなわち、請求項4記載の発明は、遊技に関する情報を報知する報知手段39を備え、制御装置200は、所定の当選役に入賞させるための、ストップスイッチ55の操作に関する情報を、報知手段39に報知させることにより、遊技者に大きな利益を与えることができる遊技であるアシストタイム遊技を制御するアシストタイム遊技制御手段273を有し、有利遊技をアシストタイム遊技としていることを特徴とする。

0053

ここで、「報知手段39」とは、遊技に関する情報を報知するものである。具体的には、例えば、画像表示装置38や、ランプ33、スピーカ49等が該当する。
また、「アシストタイム遊技」とは、所定の当選役に入賞させるための、ストップスイッチ55の操作に関する情報を、報知手段39に報知させることにより、遊技者に大きな利益を与えることができる遊技である。
また、例えば、アシストタイム遊技として、当選抽選手段280の抽選結果が所定の当選役であった場合、その当選役等を報知手段39により遊技者に報知することにより、所定の当選役を入賞させるため必要な、回転リール23を停止させるためストップスイッチ55の操作のタイミングを知らせるものが該当する。

0054

また、例えば、アシストタイム遊技として、当選抽選手段280の抽選結果が所定の当選役であった場合において、当選フラグが成立し、かつ、3個のストップスイッチ55を所定の停止順番で操作することを条件に、入賞するように設定されているような場合に、アシストタイム遊技中は、入賞の条件であるストップスイッチ55の押し順を、報知手段39により報知するもの該当する。
また、本発明では、有利遊技をアシストタイム遊技としている。
また、「アシストタイム遊技制御手段273」は、アシストタイム遊技を制御するためのものである。

発明の効果

0055

(請求項1)
請求項1記載の発明によれば、スロットマシンに投入されたメダルが通過するメダル遊技領域を備え、メダル遊技領域は、メダル検知手段が設けられたメダル入賞部を有し、メダル検知手段の検知結果に基づいて、通常遊技から有利遊技への移行及び有利遊技から通常遊技への移行のうち少なくとも一方を行うようにした。
これにより、スロットマシンに、スロットマシンの遊技に用いられるメダルを用いた外観から確認できる従来にない新たなゲームを追加することができ、スロットマシンの遊技の多様性を増すとともに、その新たなゲームの結果を、スロットマシンで通常行われる遊技に影響を与えるようにすることにより、遊技者に有利な遊技に対する期待感を与え、遊技を面白いものにすることができるスロットマシンを提供することができる。

0056

(請求項2)
請求項2記載の発明によれば、上記した請求項1記載の発明の効果に加え、次のような効果を奏する。
すなわち、請求項2記載の発明は、投入されたメダルが、メダル遊技領域を介さずに収納部まで至るように形成された収納部直通通路と、投入されたメダルをメダル遊技領域又は収納部直通通路のいずれか一方へ導く選択手段とを備えた。
これにより、メダル遊技領域を用いた新たなゲームが行える場合と、収納部直通通路をメダルが通過することによる新たなゲームが行えない場合とを備えることができ、遊技の多様性を増すとともに、遊技に面白みを持たせることができるスロットマシンを提供することができる。

0057

(請求項3)
請求項3記載の発明によれば、上記した請求項1及び請求項2記載の発明の効果に加え、次のような効果を奏する。
すなわち、請求項3記載の発明は、メダル遊技領域内でのメダルの進行方向を変更可能なメダル方向変更装置を備えた。
これにより、遊技者の期待感を煽ることができるとともに、遊技に面白みを持たせることができるスロットマシンを提供することができる。
(請求項4)
請求項4記載の発明によれば、上記した請求項1、2及び3記載の発明の効果に加え、次のような効果を奏する。

0058

すなわち、請求項4記載の発明は、スロットマシンに投入されたメダルを、メダル遊技領域内へメダルの投入が可能な遊技領域投入口の下方から、遊技領域投入口へ向けてメダルを打ち出すメダル打ち上げ装置を備えた。
これにより、スロットマシンに追加する新たなゲームを、メダルを用いたパチンコのようにすることができ、遊技に面白みを持たせることができるスロットマシンを提供することができる。
(請求項5)
請求項5記載の発明によれば、上記した請求項1、2、3及び4記載の発明の効果に加え、次のような効果を奏する。

0059

すなわち、請求項5記載の発明は、有利遊技を、アシストタイム遊技とした。
これにより、遊技者にアシストタイム遊技に対する期待感を与え、遊技を面白いものにすることができるスロットマシンを提供することができる。

発明を実施するための最良の形態

0060

(第1の実施の形態)
(図面の説明)
以下、第1の実施の形態にかかるスロットマシンSについて図面を用いて説明する。
図1は、第1の実施の形態にかかるスロットマシンSの正面図である。図2は、第1の実施の形態にかかるスロットマシンSの下扉40部分の側断面図である。図3は、第1の実施の形態にかかるスロットマシンSのメダル遊技領域100を示す下扉40部分の正面図である。図4は、第1の実施の形態にかかるメダル打ち上げ装置140を示す図である。
図5は、第1の実施の形態にかかる選択手段181を示す図である。図6は、第1の実施の形態にかかる選択手段181の断面を示す図である。図7は、第1の実施の形態にかかるスロットマシンSの入力、制御及び出力を示すブロック図である。図8は、第1の実施の形態にかかる特別遊技制御手段270を示すブロック図である。図9は、第1の実施の形態にかかる当選抽選手段280を示すブロック図である。また、図10は、第1の実施の形態にかかる表示装置制御手段340を示すブロック図である。図11は、第1の実施の形態にかかるスロットマシンSの遊技動作を示すフロー図である。図12は、第1の実施の形態にかかるスロットマシンSの動作のうち、メダル遊技領域100を用いたゲームの動作を示すフロー図である。

0061

本実施の形態では、「正面」とは、遊技機において遊技を行う際に遊技者が向き合う面をいう。また、「右側」とは、遊技機の前面に向き合って遊技を行う遊技者から見て右側をいう。また、「左側」とは、遊技機の前面に向き合って遊技を行う遊技者から見て左側をいう。
(スロットマシンS)
本実施の形態にかかるスロットマシンSは、図1に示すように正面側に開口部を有する四角形状の筐体ユニット1を備えている。また、スロットマシンSは、筐体ユニット1の開口部を開閉自在に塞ぐ前扉3とを備えている。また、この前扉3を閉めると、スロットマシンSの正面構造となる。また、この前扉3は、筐体ユニット1の開口部のうち上側部分(開口上部)を開閉自在に塞ぐ上扉30と、筐体ユニット1の開口部のうち下側部分(開口下部)を開閉自在に塞ぐ下扉40とから構成されている。

0062

また、上扉30の前面には、遊技者側に向かって臨む四角窓状図柄表示窓32が形成されている。そして、この図柄表示窓32から、三個の回転リール23の図柄を見ることができるように形成されている。
そして、図柄表示窓32の下方には、貯留メダルの枚数を表示するためのクレジット表示部34が設けられている。ここで、クレジットとは、メダル投入口42から投入されて後述する投入検知手段175を通過したメダルの数、及び入賞により払い出されるメダルの数等を、所定の条件により、スロットマシンS内部に備えられているクレジットメダルカウンタ262に記憶したものをいう。また、クレジットメダルカウンタ262は、最大50枚まで、クレジット可能に形成されている。具体的には、メダル投入口42からメダルが投入され、投入検知手段175によりメダルが検知されると、あるいはメダル払い出しを伴う当選役に入賞すると、所定の条件により、クレジット表示部34の表示が加算され、ベットスイッチ52を操作すると、クレジットメダルカウンタ262のクレジット値(カウント値)が減算されるとともに、クレジットメダルカウンタ262のクレジット値に対応して、クレジット表示部34の表示も減算されるようになっている。なお、クレジットメダルカウンタ262のクレジット値が50になると(クレジット表示部34の表示が50になると)、それ以降の投入メダルは、後述するメダルセレクター170でキャンセルされてメダル皿43に払い戻される。また、入賞による払い出されるメダルは、後述する収納部4としてのホッパー5からメダル皿43に払い出される。

0063

そして、スロットマシンSは、メダルが投入されたことを条件に、又はクレジットメダルカウンタ262にメダルがクレジットされている場合にはベットスイッチ52の操作を条件に、スタートスイッチ54の操作が有効となり、スタートスイッチ54の操作により三個の回転リール23が一斉に回転を開始する。そして、ストップスイッチ55を操作して各回転リール23を停止させ、全ての回転リール23が停止したときに図柄表示窓32から視認できる図柄が、所定の入賞態様となった場合に入賞となり、メダルが払い出されたり、有利な遊技が開始されたりするように形成されている。
また、回転リール23には、図1の向かって左端側に位置する左側回転リール23aと、図1の向かって右端側に位置する右側回転リール23cと、この左側回転リール23a及び右側回転リール23cの間に位置する中央回転リール23bとがある。そして、スロットマシンSの前面側には、特に図示しないが、横方向に三本、左右の対角線上の斜め方向に二本の合計五本の入賞ラインが形成されている。そして、この入賞ラインは、投入メダルの枚数に応じて入賞が有効になる入賞有効ラインとなるものである。具体的には、メダルの投入枚数が、1枚の場合、五本の入賞ラインのうち、横中央の一本が入賞有効ラインとなる。そして、メダルの投入枚数が、2本の場合、五本の入賞ラインのうち、横方向の三本が入賞有効ラインとなる。そして、メダルの投入枚数が、3枚の場合、対角線も含めた五本の入賞ラインの全部が、入賞有効ラインとなる。

0064

また、スロットマシンSの内部には、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入が検知されたメダルを収納する収納部4が備えられている。また、本実施の形態におけるスロットマシンSでは、収納部4として、ホッパー5と予備タンク8とを備えている。また、図示はしないが、筐体ユニット1の底板の上面には、ホッパー5が固定されている。また、ホッパー5は、投入されたメダルを収納するとともに、収納したメダルを入賞等により払い出すためのものである。また、筐体ユニット1の底面の上面であって、ホッパー5の右方には、予備タンク8が固定されている。また、予備タンク8は、オーバーフロー等により、ホッパー5内に収納されないメダルを収納するためのものである。

0065

また、ホッパー5の前面には、メダルを払い出すための、ホッパー排出口6が設けられている。また、ホッパー5には、図示はしないが、メダル排出口41付近に、排出するメダルをカウントするための遮光センサーが設けられている。またホッパー5は、交換ユニット2の交換に際して、必ずしも交換する必要がないため、筐体ユニット1に固定したままにすることができるようになっている。
また、スロットマシンSの内部には、スロットマシンSの全体の動作を制御するための制御装置200が備えられている。
(筐体ユニット1)
筐体ユニット1は、底板、側板天板及び背板から構成され、正面側には開口部を有する箱型筺体である。また、この筐体ユニット1内部の高さ方向ほぼ中央には、水平方向に中板が設けられている。また、筐体ユニット1の底板の上面には、収納部4としてのホッパー5が固定されている。筐体ユニット1の底面の上面におけるホッパー5の右方の位置には、収納部4としての予備タンク8が固定されている。

0066

また、図示はしないが、筐体ユニット1の側板における正面左側の上部には、上扉30を係合させ、回転自在に支持するためのヒンジが上下方向に間隔をおいて二つ設けられている。また、筐体ユニット1の側板における正面左側の下部には、下扉40を係合させ、回動自在に支持するためのヒンジが、上下方向に間隔をおいて二つ設けられている。各ヒンジは、それぞれ筐体ユニット1の側板における正面左側端面に対して平行に伸びた回転軸を有している。この回転軸は、後述する上扉30の上扉係合部及び下扉40の下扉係合部と係合し、上扉30及び下扉40をヒンジの回転軸を中心に回動可能にしている。
更に、ヒンジの対向側である筐体ユニット1の側板における正面右側上部には、上扉30を閉めた際、上扉30をロックするためのロック機構としての突出片が、上下方向に間隔をおいて二つ設けられている。また、ヒンジの対向側である筐体ユニット1の側板における正面右側下部には、下扉40を閉めた際、下扉40をロックするためのロック機構としての突出片が、上下方向に間隔をおいて二つ設けられている。

0067

(上扉30)
上扉30は、筐体ユニット1の開口上部を開閉自在に塞ぐためのものである。この上扉30は、板状の扉であり、筐体ユニット1に回動可能かつロック可能に形成されている。また、図1に示すように、この上扉30のほぼ中央部には、前記回転リール23の図柄を正面側から見ることができる図柄表示窓32が設けられ、また、この上扉30の正面上部には、ランプ33が設けられている。また、この上扉30の正面上部には、遊技に関する種々の表示を行うための報知手段39としての画像表示装置38が設けられている。
また、上扉30の画像表示装置38の下方には、後述するクレジットメダルカウンタ262のクレジット値(カウント値)を表示するためのクレジット表示部34が備えられている。

0068

また、上扉30の裏面上部の左右には、種々の音を出力するためのスピーカ49が設けられている。
また、図示はしないが、上扉30の正面から向かって左側の裏面には、ヒンジに係合可能な上扉係合部が上下方向に間隔をおいて二つ設けられている。そして、上扉30の正面から向かって右側の裏面には、筐体ユニット1の突出片にロック可能なアンカー状のものを有するロック機構が設けられている。また、ヒンジに上扉係合部が回動可能に係合することにより、上扉30は、ヒンジの回転軸に軸支されるものである。そして、上扉30を閉じると、突出片にロック機構がロックされることにより、上扉30を閉じた状態に維持することができる。

0069

(下扉40)
下扉40は、筐体ユニット1の開口下部を開閉自在に塞ぐためのものである。この下扉40は、上扉30よりも幅厚の扉であり、筐体ユニット1の側板に回動可能かつロック可能に形成されている。また、この下扉40の上面は、閉扉時には、上扉30よりも前側に突出するように形成されている。また、この下扉40の下部には、メダル払い出すためのメダル排出口41と、ホッパー5から払い出されたメダルを貯留するためのメダル皿43とが形成されている。
また、下扉40の上面右側には、メダル投入口42が設けられ、また、下扉40の上面左側には、ベットスイッチ52が設けられ、また、下扉40の正面上部には、スタートスイッチ54及び3個のストップスイッチ55が設けられている。ベットスイッチ52の左側近傍には精算スイッチ53が設けられている。

0070

また、下扉40の前面には、図1ないし図3に示すように、遊技盤102と、遊技盤102の前方の位置に、遊技盤102と一定の間隔を空けて下扉40の前面の一部を形成するガラス板104が設けられている。また、遊技盤102及びガラス板104は、遊技盤102とガラス板104との間に、メダルが通過可能に形成されている。また、これにより、下扉40には、遊技盤102とガラス板104との間に、メダル遊技領域100が形成されている。
また、メダル投入口42の下方であって、下扉40の裏側(筐体ユニット1の内側)には、メダルセレクター170が設けられている。また、メダルセレクター170は、メダル投入口42から投入されたメダルを検知するための投入検知手段175を備えている、また、メダルセレクター170には、検知されたメダルを後述するメダル遊技領域100又は収納部直通通路90のいずれか一方へ導くための選択手段181が設けられている。

0071

また、下扉40には、メダル遊技領域100内へメダルを投入可能に形成された遊技領域投入口114が設けられている。また、下扉40には、メダル打ち上げ装置140が設けられている。また、メダル打ち上げ装置140は、図1ないし図3に示すように、下扉40の裏面の下方に位置に設けられている。また、メダル打ち上げ装置140は、遊技領域投入口114よりも下方に位置に設けられている。また、メダル打ち上げ装置140は、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により検知されたメダルを、遊技領域投入口114の下方から遊技領域投入口114へ向けて打ち出すためのものである。また、本実施の形態では、メダル打ち上げ装置140におけるメダルをメダル遊技領域100内へ排出するための排出口が遊技領域投入口114となっている。

0072

また、下扉40の裏面には、メダルセレクター170に設けられている選択手段181から、メダル遊技領域100を介さずに、メダルをホッパー5まで至るように形成された収納部直通通路90が設けられている。
また、図示はしないが、下扉40の正面から向かって左側の裏面には、開口下部のヒンジに係合可能な下扉係合部が、上下方向に間隔をおいて二つ設けられている。そして、下扉40の正面から向かって右側の裏面には、筐体ユニット1の側板の正面右側の下部に上下方向に間隔をおいて二つ設けてある突出片に、ロック可能なアンカー状のものを有するロック機構が設けられている。また、ヒンジに下扉係合部が回動可能に係合することにより、下扉40は、ヒンジの回転軸に軸支されるものである。そして、下扉40を閉じると、突出片にロック機構がロックされることにより、下扉40を閉じた状態にすることができる。

0073

(メダルセレクター170)
メダルセレクター170は、下扉40のメダル投入口42の下方の位置に設けられている。メダルセレクター170は、メダルを検出、及び選別し、適正なメダルをホッパー5又はメダル遊技領域100へ導くためのものである。また、図5及び図6に示すように、メダルセレクター170には、メダル投入口42から投入されたメダルを検知する投入検知手段175が設けられている。また、メダルセレクター170には、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入が検知されたメダルを、メダル遊技領域100又は収納部直通通路90のいずれか一方へ導く選択手段181が設けられている。

0074

メダルセレクター170は、スロットマシンSにおけるメダル投入口42の下方に設けられた箱状の部材である。また、メダルセレクター170は、図5及び図6に示すように、ベース171と、ベース171の表面(筐体ユニット1の内部方向へ向く側の面)から突出したレール部182と、ベース171に取り付けられたカバー172を備えている。また、カバー172はベース171の表面を覆うように取り付けられている。また、カバー172は、ベース171に設けられたバネにより、ベース171の表面に圧接されている。
また、メダルセレクター170には、ベース171とカバー172との間にメダル選択通路176が形成されている。

0075

また、メダルセレクター170は、前扉3の裏面側から見て手前側倒れるように傾斜して取り付けられている。
また、メダル選択通路176の途中には、選択手段181が設けられている。
また、図5に示すように、メダル選択通路176の一端は、メダル投入口42から投入されたメダルを、メダル選択通路176へ導くためのメダル受け口174が設けられている。
また、メダルセレクター170の選択手段181は、メダルセレクター170のメダル選択通路176を流下するメダルを、ホッパー5に導く収納部側口177と、メダル選択通路176を流下するメダルを、メダル遊技領域100に導くメダル遊技領域側口179とを有している。

0076

また、メダル選択通路176の途中には、メダルがメダル選択通路176を通過することを検知する投入検知手段175が設けられている。また、投入検知手段175は、図5に示すように、メダル選択通路176を通過するメダルを、選択手段181がメダル遊技領域100又収納部直通通路90のいずれか一方へ導く前に、検出可能な位置に設けられている。
そして、メダルセレクター170は、後述するクレジットメダルカウンタ262のカウント値が上限(50枚)を越えると、メダルをメダル皿43に排除するブロッカ91を備えている。ブロッカ91は、後述するメダル選択通路176の側面から突出棒を突出させ、メダル排除口173からメダルを排除させる。排除されたメダルは、そのままメダル皿43まで至り、メダル遊技領域100を用いたゲームには使用されない。

0077

(ベース171)
ベース171には、図5及び図6に示すように、表面から凹んだメダル通路部180が設けられている。また、メダル通路部180は、ほぼL形に形成されている。また、ベース171のメダル通路部180側の表面には、カバー172が覆うように取けられており、このメダル通路部180とカバー172と間にメダル選択通路176が形成されている。
また、メダル通路部180は、メダル選択通路176の一部を構成するものであり、メダル通路部180の上面がメダル選択通路176の上面を構成し、メダル通路部180の下面がメダル選択通路176の下面を構成している。また、メダル通路部180の側面が、メダル選択通路176の一方の側面を構成している。そして、後述するカバー172における、メダル通路部180の側面に対向する面が、メダル選択通路176の他方の側面を構成している。

0078

また、図5及び図6に示すように、ベース171におけるメダル通路部180の下面付近には、後述する選択手段181のレールユニット183を変位させるためのレールユニット用孔185が形成されている。また、レールユニット用孔185は、メダル通路部180の下面に沿って斜めに延びたほぼ長方形状長孔であり、ベース171を貫通して形成されている。また、レールユニット用孔185は、その中に、後述するレールユニット183が出し入れ可能な形状及び大きさに形成されている。
(カバー172)
カバー172は、ベース171の表面に形成されているメダル通路部180を覆うように取り付けられている。また、カバー172は、板状に形成されている。また、カバー172は、バネを用いることにより、ベース171の表面に圧接されている。

0079

また、カバー172には、図6に示すように、メダル通路部180の対向する位置に、所定の規格よりも直径が小さいメダルを、メダル選択通路176から排除するためのメダル排除口173が設けられている。また、メダル排除口173は、カバー172を貫通して形成されている。これにより、メダル排除口173は、メダル選択通路176の内部と外部とを連通している。また、メダル排除口173は、所定の規格のメダルよりも小さなメダルを排除できるような大きさに形成されている。
(上側ガイド184)
上側ガイド184は、図6に示すように、ベース171におけるメダル選択通路176の一部を形成するメダル通路部180の上面と、カバー172におけるメダル通路部180の上面付近に対応する面とにより構成されている。

0080

また、上側ガイド184の上部は、図6に示すように、レール部182上を転がる、規格に適合したメダルの周面よりもわずか上方に位置してメダルが接触することなく通過できるようにするものである。上側ガイド184の側部は、レール部182上を転がるメダルであって規格に適合したものの側面に接してメダルが倒れないように支えるためのものである。
また、具体的には、図6に示すように、メダル選択通路176を通るメダルが、規格に適合したメダルであって、所定の外径を有している場合には、上側ガイド184の上部にメダルが当たることなく、メダルの上縁が上側ガイド184の側部に寄りかかるようにガイドされ、メダル選択通路176を支障なく通過するように形成されている。

0081

また、メダル選択通路176を通るメダルの外径が、所定の規格よりも小さく形成されている場合には、上側ガイド184の側部が、メダルの上縁を支えなくなり、カバー172に設けられたメダル排除口173からメダルが落下する。また、メダルが所定の規格の外径よりも大きい場合には、上側ガイド184の上部にメダルが当たることにより、メダルが入らないように形成されている。
(メダル遊技領域100)
メダル遊技領域100は、下扉40の前面に設けられている。また、メダル遊技領域100は、ガラス板104と遊技盤102との間に形成されている。また、メダル遊技領域100は、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入が検知されたメダルが、通過可能に形成されている。また、メダル遊技領域100は、少なくとも一部が可視可能に形成されている。また、メダル遊技領域100には、メダルの通過が可能に形成されているメダル入賞部110が設けられている。また、メダル入賞部110にはメダル検知手段130が設けられている。

0082

また、ガラス板104は、下扉40の前面の一部を構成するように形成されている。また、ガラス板104は、透明な板状のガラスで形成されている。また、ガラス板104が遊技盤102の前方を覆うように設けられている。これにより、メダル遊技領域100は可視可能に形成されている。
また、遊技盤102には、図1ないし図3に示すように、複数の釘106が設けられている。また、遊技盤102に設けられている各釘106は、それぞれ遊技盤102から正面方向へ向けて突出して設けられている。また、遊技盤102に設けられている各釘106は、それぞれ、遊技盤102に対してほぼ垂直になるように形成されている。

0083

また、遊技盤102に設けられている各釘106は、各釘106の間にメダルが通過可能になるように配設されている。
また、遊技盤102の下方における所定の位置には、図3に示すように、仕切り板108が、複数設けられている。また、仕切り板108は、遊技盤102から前方向へ向けて立設している。また、仕切り板108は、遊技盤102に対し垂直に設けられている。また、各仕切り板108は、それぞれ下方から上方へ向けて延びるように設けられている。各仕切り板108は、それぞれが互いに平行になるように設けられている。また、複数の仕切り板108は、各仕切り板108の間にメダルが通過可能に形成されている。

0084

これにより、図3に示すように、メダル遊技領域100内に至ったメダルは、各釘106の間及び各仕切り板108の間を通過し、メダル遊技領域100の下方に至るように形成されている。すなわち、メダル遊技領域100は、メダルが通過可能に形成されている。
また、仕切り板108は、合計7個設けられている。また、各仕切り板108の間の所定の位置には、メダル検知手段130が設けられている。また、各仕切り板108の間であって、メダル検知手段130が設けられている部分を、メダル入賞部110としている。
また、図3に示すように、メダル入賞部110として、仕切り板108の間には、左端から順番に、第1メダル入賞部110a、第2メダル入賞部110b、第3メダル入賞部110c、第4メダル入賞部110d、第5メダル入賞部110e、第6メダル入賞部110f、第7メダル入賞部110g及び第8メダル入賞部110hが備えられている。

0085

また、遊技盤102の所定の位置には、メダル入賞部110にメダルが通過したことを検知するためのメダル検知手段130が設けられている。また、メダル検知手段130は、各メダル入賞部110に対応して設けられている。また、メダル検知手段130は、合計8個設けられている。具体的には、第1メダル入賞部110aには第1メダル検知手段130aが、第2メダル入賞部110bには第2メダル検知手段130bが、第3メダル入賞部110cには第3メダル検知手段130cが、第4メダル入賞部110dには第4メダル検知手段130dが、第5メダル入賞部110eには第5メダル検知手段130eが、第6メダル入賞部110fには第6メダル検知手段130fが、第7メダル入賞部110gには第7メダル検知手段130gが、第8メダル入賞部110hには第8メダル検知手段130hが設けられている。これにより、各メダル検知手段130は、それぞれ対応したメダル入賞部110に、メダルが通過したことを検知することができるように形成されている。

0086

また、メダル遊技領域100内における遊技盤102の所定の位置には、メダル方向変更装置120が設けられている。また、メダル方向変更装置120は、遊技盤102の中央上部の右方の位置に設けられている。また、メダル方向変更装置120は、遊技領域投入口114付近に設けられている。これにより、メダル方向変更装置120は、メダル遊技領域100に至ったメダルのメダル遊技領域100内での進行方向を変更可能に形成されている。また、メダル遊技領域100内でのメダルの進行方向を変更することにより、図3に示すように、各メダル入賞部110へのメダルの進行確率を変更可能に形成されている。
また、メダル遊技領域100内の遊技盤102における、各メダル検知手段130のそれぞれ上方の位置には、通過ランプ132が設けられている。通過ランプ132は、複数あるメダル検知手段130に対応して設けられている。通過ランプ132は合計8個設けられている。また、第1メダル検知手段130aの上方には、通過ランプ132としての第1通過ランプが設けられ、第2メダル検知手段130bの上方には、通過ランプ132としての第2通過ランプが設けられ、第3メダル検知手段130cの上方には、通過ランプ132としての第3通過ランプが設けられ、第4メダル検知手段130dの上方には、通過ランプ132としての第4通過ランプが設けられ、第5メダル検知手段130eの上方には、通過ランプ132としての第5通過ランプが設けられ、第6メダル検知手段130fの上方には、通過ランプ132としての第6通過ランプが設けられ、第7メダル検知手段130gの上方には、通過ランプ132としての第7通過ランプが設けられ、第8メダル検知手段130hの上方には、通過ランプ132としての第8通過ランプが設けられている。

0087

また、各通過ランプ132は、各メダル検知手段130に対応して点灯するように形成されている。具体的には、第1通過ランプは、第1メダル検知手段130aがメダルの通過を検知した場合に点灯し、第2通過ランプは、第2メダル検知手段130bがメダルの通過を検知した場合に点灯する。第3通過ランプないし第8通過ランプも同様に、対応するメダル検知手段130がメダルの通過を検知した場合に点灯するように形成されている。これにより、通過ランプ132は、所定のメダル入賞部110を通過したか否かを遊技者に知らせることができる。
また、メダル遊技領域100内におけるのメダル入賞部110の下方の位置には、図1ないし図3に示すように、遊技領域排出口116が設けられている。また、遊技領域排出口116は、遊技盤102を貫通して設けられている。

0088

また、下扉40の裏面には、図2に示すように、メダル遊技領域100の下方にある遊技領域排出口116に対応する位置にメダル流下通路112が形成されている。また、遊技領域排出口116から下扉40裏側に至ったメダルは、メダル流下通路112に至るように形成されている。また、メダル流下通路112は、メダルが通過可能に形成されている。また、メダル流下通路112は、右端が左端よりも低くなるように、斜めに形成されている。また、メダル遊技領域100を通過したメダルは、遊技領域排出口116から排出され、メダル流下通路112を左から右へ向けて流下し、予備タンク8に至るように形成されている。
(収納部直通通路90)
また、収納部直通通路90は、図2に示すように、下扉40の裏面に設けられている。また、収納部直通通路90は、メダルが通過可能に形成されている。また、収納部直通通路90は、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入が検知されたメダルが、メダル遊技領域100を介さずに、収納部4まで至るように形成されている。

0089

収納部直通通路90の一端には、直通通路受入口が形成されている。直通通路受入口は選択手段181の収納部側口177と連通している。また、収納部直通通路90の他端には、収納部排出口が形成されている。
また、収納部直通通路90は、直通通路受入口よりも収納部排出口の位置が下方になるように斜めに形成されている。また、収納部直通通路90は、選択手段181の収納部側口177から排出され、直通通路受入口から収納部直通通路90に入ったメダルが、収納部排出口へ向けて流下するように形成されている。また、収納部排出口は、ホッパー5の上部にある開口部の上方の位置にあるように形成されている。これにより、収納部排出口は、収納部排出口から排出されるメダルが下方へ落下し、収納部4であるホッパー5内に至るように形成されている。

0090

(制御装置200)
制御装置200は、スロットマシンSの遊技を制御するためのものである。
制御装置200は、図示はしないが、CPUを中心に構成され、ROM、RAM、I/O等を備えている。そして、CPUがROMに記憶されたプログラムを読み込むことで、次の(1)及び(2)の装置を有するものである。
(1)遊技制御装置210
(2)演出制御装置220
制御装置200には、図7に示すように、スタートスイッチ54及びストップスイッチ55の操作により、回転リール23の回転及び停止を制御するための遊技制御装置210と、演出を行うためのスピーカ49やランプ33を制御するための演出制御装置220とが備えられている。また、CPUは、遊技制御装置210及び演出制御装置220に、それぞれ一個ずつ配置されているが、特にこれに限定されるものではなく、一個のCPUで制御しても良く、あるいは、二個以上のCPUで制御するようにしても良いものである。

0091

また、CPU、ROM、RAM及びI/O等は一体化されてワンチップを構成しても良いものである。
(遊技制御装置210)
遊技制御装置210は、スタートスイッチ54及びストップスイッチ55の操作による回転リール23の回転及び停止の制御等をするためのものである。そして、この遊技制御装置210は、次の(1)ないし(17)の手段として機能するものである。
(1)通常遊技制御手段260
(2)特別遊技制御手段270
(3)投入メダルカウンタ261
(4)クレジットメダルカウンタ262
(5)投入メダル加算手段263
(6)クレジットメダル投入手段264
(7)回転開始制御手段265
(8)当選抽選手段280
(9)回転停止制御手段266
(10)入賞判定手段268
(11)投入検知制御手段290
(12)遊技結果判定手段350
(13)選択制御手段360
(14)メダル打ち上げ装置制御手段362
(15)メダル方向変更装置制御手段370
(16)通過ランプ制御手段380
(17)遊技移行制御手段400
また、遊技制御装置210としては、上記した(1)ないし(17)の手段に限定されるものではなく、他の手段を含んでいても良い。

0092

(演出制御装置220)
演出制御装置220は、主として演出データに関するものであって、演出に対応したスピーカ49やランプ33等の制御をするためのものである。そして、遊技制御装置210の内部データの信頼性を確保するため、遊技制御装置210と演出制御装置220との間での信号のやりとりは、遊技制御装置210から演出制御装置220への一方通行となるように設定されている。すなわち、遊技制御装置210から、演出制御装置220へ向かって出力信号のみが送出され、この演出制御装置220から遊技制御装置210へ向かっていかなる信号も送出されないように設定されている。これにより、当選確率等の抽選に関するデータを有する遊技制御装置210のデータ保護を容易にしている。

0093

そして、この演出制御装置220は、次の(1)ないし(4)の手段として機能する。
(1)ランプ制御手段310
(2)スピーカ制御手段320
(3)表示装置制御手段340
(4)演出抽選手段330
また、演出制御装置220としては、上記した(1)ないし(4)の手段に限定されるものではなく、他の手段を含んでも良い。
また、ここで、スロットマシンSは、図示はしないが、遊技制御装置210を配置した主基板と演出制御装置220を配置したサブ基板とを設けている。このため、サブ基板を交換することにより、演出内容の一部だけ異なる姉妹機を簡単に製造することができる。また、サブ基板のみを容量や性能が異なる別のものに簡単に交換することができるため、演出内容だけを容易に変更することができる。

0094

また、遊技機に使用する制御プログラムを開発するにあたって、主基板とサブ基板とに分離されていることにより、開発中のバグが、主基板側に存在するのか、サブ基板側に存在するのかの判断を容易に行うことができ、制御プログラム全体を見直さなければならなくなる可能性が低くなり、デバッグを容易に行うことができ、制御プログラムの開発期間の短縮を図ることができる。
また、遊技の制御を行う主基板と演出データ等を有するサブ基板とを有しているため、主基板は外部からの操作や交換や異物混入が難しい密閉式容器内に堅固に固定し、サブ基板は外部からの交換が容易な容器内に簡便な手段により着脱可能に取り付けることが可能になる。これにより、演出データ等は、簡単に他ものに交換することができるが、当選率等の重要なデータは外部から操作できないような構造のものに設計することが容易になる。

0095

また、制御装置200の入力側には、主として制御装置200に信号を送る入力手段が配置され、制御装置200の出力側には、主として制御装置200からの信号が送り込まれる出力手段が配置されている。
(入力手段)
制御装置200の入力側には、図7に示すように、次のパーツが接続されている。
(1)ベットスイッチ52
(2)精算スイッチ53
(3)スタートスイッチ54
(4)ストップスイッチ55
(5)投入検知手段175
(6)打ち上げメダル検知手段156
(7)メダル検知手段130
なお、入力手段としては、上記した(1)ないし(7)のパーツに限定されるものではない。

0096

(ベットスイッチ52)
ベットスイッチ52は、図1に示すように、回転リール23の下方に位置するスイッチであって、後述するクレジットメダルカウンタ262にカウントされているメダルを投入するためのものである。
ここで、「投入」とは、後述する投入メダルカウンタ261のカウント値に、所定の値の数値を加算させることをいう。
また、所定の条件のときに、ベットスイッチ52が操作されると、後述するクレジットメダル投入手段264により、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を一定の値減算するとともに、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を減算した分、投入メダルカウンタ261のカウント値が加算される。

0097

(精算スイッチ53)
精算スイッチ53は、図1に示すように、回転リール23の左斜め下方に位置するスイッチであって、貯留しているメダルを払い出すためのものである。
(スタートスイッチ54)
スタートスイッチ54は、全ての回転リール23の回転を開始させるためものである。また、スタートスイッチ54は、図1に示すように、回転リール23の左斜め下方に位置するレバーであって、メダルの投入を条件に、又は、「再遊技(リプレイ、Replay)」時には前遊技から所定時間経過を条件に、リールユニット20の駆動、すなわち、全ての回転リール23の回転を開始させるためのものである。また、スタートスイッチ54を操作すると、スタートスイッチ54は、操作信号を回転開始制御手段265及び当選抽選手段280へ向けて出力する。

0098

なお、ここで、「再遊技(リプレイ、Replay)」とは、当選抽選手段280の抽選により、「再遊技(リプレイ、Replay)」のフラグが成立し、「再遊技(リプレイ、Replay)」の図柄が入賞有効ライン上に揃うことにより、次の遊技において、メダルを新たに投入することなく、再度、遊技を行うことができるものである。
(ストップスイッチ55)
ストップスイッチ55は、リールユニット20の駆動の停止、すなわち、ストップスイッチ55に対応して設けられた各回転リール23の回転をそれぞれ停止させるためのものである。具体的には、ストップスイッチ55は、図1に示すように、各回転リール23に対応した三個のスイッチから構成され、各回転リール23の下方に1個ずつ配置されているものである。回転リール23に対応したストップスイッチ55の操作により、当該対応した回転リール23が回転を停止するように設定されている。また、ストップスイッチ55を操作すると、ストップスイッチ55は、回転停止制御手段266へ向けて回転リール23を停止させるための操作信号を出力する。

0099

(投入検知手段175)
投入検知手段175は、メダル投入口42に投入されたメダルを検知するためのものである。また、投入検知手段175は、図5に示すように、メダルセレクター170のメダル選択通路176の途中に設けられている。また、投入検知手段175は、メダル選択通路176を通過するメダルを検知することにより、メダル投入口42に投入されたメダルを検知する。
また、投入検知手段175は、図5に示すように、選択手段181がメダルをメダル遊技領域100又は収納部直通通路90のどちらか一方に導く前に、メダルの通過を検知することができるように設けられている。

0100

また、投入検知手段175は、メダルの移動によって生じる光の遮断を検知することによりメダルの投入を検知する光学式センサーを用いている。また、投入検知手段175としての光学式センサーは、メダルの進行方向に沿って並列に設けられた2個のフォトセンサーから構成されている。また、各フォトセンサーは、光を発する発光部と、発光部から発せされた光を受光する受光部を備えている。また、各フォトセンサーは、メダル選択通路176の一方側の位置に発光部を備え、メダル選択通路176を挟んだ発光部の対向する他方側の位置に受光部を備えている。また、投入検知手段175を構成する各フォトセンサーは、発光部が発する光が、メダルにより遮光されることにより、メダルがメダル選択通路176を通過したことを検出する。また、投入検知手段175は、メダルの通過を検出すると、メダルを検知する毎に、メダル検出信号を投入メダルカウンタ261へ出力する。

0101

また、投入検知手段175は、2個のフォトセンサーをメダルの進行方向に沿って並列に設けている。これにより、メダルがメダル選択通路176を流下するときの、メダル選択通路176の上流に設けたフォトセンサーと下流の設けたフォトセンサーとを遮る時間のズレにより、メダルが正常か否かの判定や、イタズラ等の異常の判定することができる。
また、投入検知手段175は、投入検知制御手段290により、その動作が制御され、クレジットメダルカウンタ262のカウント値が、上限を超えている場合は、メダル投入口42から投入されたメダルを検知しないように形成されている。これにより、メダルセレクター170によりキャンセルされるメダルは、後述する投入メダルカウンタ261及びクレジットメダルカウンタ262にカウントされないようになっている。

0102

(打ち上げメダル検知手段156)
打ち上げメダル検知手段156は、後述するメダル打ち上げ装置140の打ち上げ部160にメダルが配置されているか否かを検知するためのものである。打ち上げメダル検知手段156は、メダルが打ち上げ部160に配置されていることを検知したときに、メダル打ち上げ手段150へ向けて、打ち上げ位置検知信号を出力する。そしてメダル打ち上げ手段150は、ハンマー駆動手段155がハンマー151を駆動させて、かかるメダルを遊技領域投入口114へ向かって打ち出す。
打ち上げメダル検知手段156は、メダル上昇通路145の両面をまたぐような全体形状がほほコ字状のものである。この打ち上げメダル検知手段156は、光センサーであって、コ字状の一端からLEDの光を発射し、コ字状の他端側の受光素子であるフォトトランジスタによってLEDからの光を受光可能に形成されているものである。そして、打ち上げ部160にメダルが存在している場合には、メダルの存在によって、LEDからの光が遮断されてフォトトランジスタに届かず、メダルの存在を推測することができるものである。

0103

(メダル検知手段130)
メダル検知手段130は、メダル入賞部110におけるメダルの通過を検知するものである。また、メダル検知手段130は、複数のメダル入賞部110のうち、特定のメダル入賞部110の通過を検知するためのものでもある。メダル検知手段130は、メダル遊技領域100に設けられている複数のメダル入賞部110のそれぞれに設けられている。
また、具体的には、第1メダル入賞部110aには、メダル検知手段130としての第1メダル検知手段130aが設けられ、第2メダル入賞部110bには、メダル検知手段130としての第2メダル検知手段130bが設けられ、第3メダル入賞部110cには、メダル検知手段130としての第3メダル検知手段130cが設けられ、第4メダル入賞部110dには、メダル検知手段130としての第4メダル検知手段130dが設けられ、第5メダル入賞部110eには、メダル検知手段130としての第5メダル検知手段130eが設けられ、第6メダル入賞部110fには、メダル検知手段130としての第6メダル検知手段130fが設けられ、第7メダル入賞部110gには、メダル検知手段130としての第7メダル検知手段130gが設けられ、第8メダル入賞部110hには、メダル検知手段130としての第8メダル検知手段130hが設けられている。すなわち、メダル検知手段130は、合計8個設けられている。また、これにより、メダル検知手段130は、複数のメダル入賞部110のうち、特定のメダル入賞部110の通過を検知することができる。

0104

また、各メダル検知手段130は、それぞれメダルの通過を検知した場合、メダル検知信号を遊技移行制御手段400へ向けて出力する。具体的には、第1メダル検知手段130aは、メダルの通過を検知すると、第1メダル検知信号を遊技移行制御手段400へ向けて出力する。また、第2メダル検知手段130bは、メダルの通過を検知すると第2メダル検知信号を遊技移行制御手段400へ向けて出力する。第3メダル検知手段130cは、メダルの通過を検知すると、第3メダル検知信号を遊技移行制御手段400へ向けて出力する。また、第4メダル検知手段130dは、メダルの通過を検知すると第4メダル検知信号を遊技移行制御手段400へ向けて出力する。第5メダル検知手段130eは、メダルの通過を検知すると、第5メダル検知信号を遊技移行制御手段400へ向けて出力する。また、第6メダル検知手段130fは、メダルの通過を検知すると第6メダル検知信号を遊技移行制御手段400へ向けて出力する。、第7メダル検知手段130gは、メダルの通過を検知すると、第7メダル検知信号を遊技移行制御手段400へ向けて出力する。また、第8メダル検知手段130hは、メダルの通過を検知すると第8メダル検知信号を遊技移行制御手段400へ向けて出力する。

0105

また、同様に、第1メダル検知手段130aは、メダルの通過を検知すると、第1メダル検知信号を通過ランプ制御手段380へ出力し、第2メダル検知手段130bは、メダルの通過を検知すると、第2メダル検知信号を通過ランプ制御手段380へ出力する。また、同様に、第3メダル検知手段130cないし第8メダル検知手段130hは、それぞれメダルの通過を検知すると、それぞれのメダル検知手段130に対応したメダル検知信号を対応した通過ランプ制御手段380へ向けて出力する。
また、所定のメダル検知手段130がメダルの通過を検知したか否か(所定のメダル入賞部110を通過したか否か)は、各メダル検知手段130の上方に設けられている通過ランプ132を点灯させることにより、遊技者に知らせることができるようになっている。

0106

また、各メダル検知手段130には、メダルの移動によって生じる光の遮断を検知することによりメダルの通過を検知する光学式センサーを用いている。また、メダル検知手段130としての各光学式センサーは、光を発する発光部と、発光部から発せされた光を受光する受光部を備えている。また、メダル検知手段130としての各光学式センサーは、遊技盤102側の位置に発光部を備え、ガラス板104における発光部の対向する他方側の位置に受光部を備えている。また、メダル検知手段130としての各光学式センサーは、発光部が発する光が、メダルにより遮光されることにより、メダルがメダル入賞部110を通過したことを検知する。

0107

(出力手段)
制御装置200の出力側には、図7に示すように、次のパーツが接続されている。
(1)リールユニット20
(2)ホッパー5
(3)選択手段181
(4)メダル打ち上げ装置140
(5)メダル方向変更装置120
(6)通過ランプ132
(7)画像表示装置38
(8)スピーカ49
(9)ランプ33
なお、出力手段としては、上記した(1)ないし(9)のパーツに限定されるものではない。

0108

(リールユニット20)
リールユニット20は、図示はしないが、枠体に固定あるいは支持された三個のモータと、各々のモータの出力軸に固定された三個の回転リール23から構成されている。そして、各回転リール23は、合成樹脂からなる回転ドラムと、この回転ドラムの周囲に貼付されるテープ状のリールテープを備えている。このリールテープの外周面には、複数個(例えば21個)の図柄が表示されている。そして、モータによる回転を開始した後、前記スタートインデックスを検知してからの回転角度を認識することで、現在位置を特定し、その後、所定角度で停止させることによって、停止制御が行われるものである。

0109

また、リールユニット20は、回転開始制御手段265から出力される回転開始信号を受信すると、全ての回転リール23を回転させる。また、リールユニット20は、回転停止制御手段266により、各回転リール23の停止が制御されている。
(ホッパー5)
ホッパー5は、スロットマシンSに投入されたメダルを収納し、遊技の結果に基づいて、収納したメダルを遊技者に払い出すためのものである。また、ホッパー5の前面には、メダルを払い出すための、ホッパー排出口6が設けられている。
(選択手段181)
選択手段181は、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入を検知されたメダルを、メダル遊技領域100又は収納部直通通路90のいずれか一方に導くためのものである。また、選択手段181は、メダルセレクター170のメダル選択通路176の途中に設けられている。

0110

また、選択手段181は、メダル選択通路176の一部を形成し、メダルが周面を接して、その上を転がるレール部182の一部を形成するレールユニット183と、メダル選択通路176の底面を構成する位置と、メダル通路の底面を構成しなくなる位置との間で、レールユニット183を変位させるレール変位手段188とを備えている。
また、選択手段181は、選択手段181内に入ったメダルを、メダル遊技領域100へ向けて排出する遊技領域側口179と、選択手段181内に入ったメダルを収納部直通通路90へ向けて排出する収納部側口177とを有している。
また、選択手段181は、選択制御手段360により、その動作が制御され、選択制御手段360が、選択手段181ヘ向けて出力する選択手段作動開始信号を受信すると、その動作を開始し、メダル打ち上げ装置140を介して、メダルをメダル遊技領域100へ導くように形成されている。また、選択手段181は、その動作中に、選択制御手段360が、選択手段181ヘ向けて出力する選択手段停止信号を受信すると、メダルがメダル遊技領域100を介さずに収納部4まで導くように形成されている。

0111

(レールユニット183)
レールユニット183は、直方体形状をしている。また、レールユニット183は、メダル選択通路176の底面を形成しているレール部182の一部を構成するためのものであって、メダルが周面を接してその上を転がるものである。また、レールユニット183は、上側ガイド184までの距離が、規格に適合したメダルの直径に相当する距離になるように形成されている。
また、レールユニット183は、図5及び図6に示すように、メダル選択通路176の底面の一部を構成するものである。レールユニット183は、通常、図6(A)に示すように、ベース171の表面からカバー172付近まで突出した位置にある。これにより、レールユニット183は、選択手段181におけるメダル選択通路176の底面の一部を構成している。

0112

(レール変位手段188)
レール変位手段188は、レールユニット183を、メダル選択通路176の底面を構成する位置と、メダル選択通路176の底面を構成しなくなる位置との間で変位させるものである。
また、レール変位手段188は、図5及び図6に示すように、ベース171の裏面におけるレールユニット用孔185に対応する位置に取り付けられている。また、レール変位手段188には、可動軸を前後方向に移動することができるソレノイドを用いている。また、本実施の形態では、レール変位手段188であるソレノイドの可動軸の先端部分にレールユニット183が取り付けられている。これにより、レール変位手段188は、メダル選択通路176の底面を構成する位置と、メダル選択通路176の底面を構成しなくなる位置との間でレールユニット183を移動可能に形成されている。具体的には、図5(A)及び図6(A)に示すように、レール変位手段188としてのソレノイドは、可動軸を本体から押し出す方向へ移動させると、レールユニット183がメダル選択通路176の底面の一部を構成する位置に至るようにしてある。

0113

このように、レールユニット183がメダル選択通路176の底面の一部を構成している場合、メダル選択通路176を通過するメダルは、収納部側口177から、収納部直通通路90へ向けて排出され、収納部直通通路90を通過したメダルは、収納部直通通路90の収納部排出から、収納部4であるホッパー5に至るように形成されている。
また、レール変位手段188としてのソレノイドは、可動軸を本体内に引っ込める方向へ移動すると、図5(B)及び図6(B)に示すように、レールユニット183が、ベース171のレールユニット用孔185内に納まり、メダル選択通路176の底面の一部を構成しなくなる位置に至るようにしてある。また、レールユニット183が、レールユニット用孔185内に納まった場合、レールユニット183の先端が、ベース171の表面と面一になるか、又はレールユニット183の先端が、ベース171の表面よりも凹むように形成されている。

0114

このように、レールユニット183が、メダル選択通路176の底面を構成しなくなる位置に移動すると、メダル選択通路176の底面が無い状態になり、図5(B)及び図6(B)に示すように、メダル選択通路176を通過するメダルは、遊技領域側口179から、後述するメダル打ち上げ装置140の打ち上げ案内通路95へ向けて排出され、打ち上げ案内通路95を通過したメダルは、メダル打ち上げ装置140に至るように形成されている。また、メダル打ち上げ装置140に至ったメダルは、メダル打ち上げ装置140により、メダル遊技領域100に至るように形成されている。
また、レール変位手段188は、一般的な遊技中は、レールユニット183をメダル選択通路176の底面を構成する位置にしている。そして、レール変位手段188は、後述する選択制御手段360から選択手段181へ向けて出力される選択手段作動開始信号を受信すると、レールユニット183をメダル選択通路176の底面を構成しなくなる位置にする。また、この状態で、選択制御手段360から選択手段181へ向けて出力される選択手段停止信号を受信すると、レールユニット183をメダル選択通路176の底面を構成する位置に戻すように形成されている。

0115

(メダル打ち上げ装置140)
メダル打ち上げ装置140は、遊技領域投入口114の下方から遊技領域投入口114へ向けてメダルを打ち出すためのものである。具体的には、メダル打ち上げ装置140は、図4に示すように、選択手段181の遊技領域側口179から排出されるメダルを打ち上げ手段150へ導く、打ち上げ案内通路95と、遊技領域投入口114の下方から遊技領域投入口114に連通するメダル上昇通路145と、メダル上昇通路145内の下部に設けられて、打ち出すメダルを配置する打ち上げ部160と、この打ち上げ部160のメダルを上方の遊技領域投入口114へ向かって打ち上げ可能な打ち上げ手段150とを備えている。

0116

また、メダル打ち上げ装置140は、メダル打ち上げ装置制御手段362により、その動作が制御されている。メダル打ち上げ装置制御手段362がメダル打ち上げ装置140ヘ向けて出力されるメダル打ち上げ装置作動開始信号を、メダル打ち上げ装置140が受信すると、メダル打ち上げ装置140は、動作を開始し、遊技領域投入口114へ向けてメダルを打ち出すように形成されている。また、メダル打ち上げ装置140は、その動作中に、メダル打ち上げ装置制御手段362が、メダル打ち上げ装置140ヘ向けて出力するメダル打ち上げ装置停止信号を受信すると、その動作を中止し、遊技領域投入口114へ向けてメダルを打ち出すのを停止するように形成されている。

0117

(打ち上げ案内通路95)
選択手段181の遊技領域側口179から排出されたメダルを、メダル打ち上げ装置140の内部まで至らせるためのものである。また、打ち上げ案内通路95は、メダルが通過可能に形成されている。また、打ち上げ案内通路95は、一端が選択手段181の遊技領域側口179と連通し、他端が、後述するメダル打ち上げ装置140の打ち上げ部160に至るように形成されている。また、打ち上げ案内通路95は、一端から他端へ向けて下方向へ延びるように形成されている。これにより、選択手段181の遊技領域側口179から排出されたメダルを、下方向に設けられている打ち上げ手段150へ供給できるようになっている。

0118

(打ち上げ手段150)
打ち上げ手段150は、メダル上昇通路145内の下部に設けた打ち上げ部160のメダルを上方にある遊技領域投入口114へ向けて打ち上げ可能なものである。
打ち上げ手段150は、メダル上昇通路145内の下部に設けた打ち上げ部160のメダルをメダル上昇通路145内の上部へ向かって打ち出すハンマー151と、ハンマー151を駆動するためのハンマー駆動手段155と、メダルがメダル上昇通路145内の打ち上げ部160に配置されているか否かを検知可能な打ち上げメダル検知手段156とを備えている。
打ち上げ手段150は、打ち上げメダル検知手段156から打ち上げ手段150へ向けて出力される打ち上げ位置検知信号を受信することにより、メダルが打ち上げ部160にメダルが配置されていることを認識したときに、ハンマー駆動手段155がハンマー151を駆動させて、かかるメダルを遊技領域投入口114へ向かって打ち上げ可能に形成されているものである。

0119

ハンマー151は、ハンマー駆動手段155によりハンマー回転軸153を回転の中心として、回転するように形成されている。そして、このハンマー151の先端には、硬質弾性樹脂からなる硬質弾性部157が取り付けられている。この硬質弾性部157は、ハンマー151がメダルを打ち上げたときの騒音防止や、メダル欠損防止のために取り付けるものである。また、図4に示すように、ハンマー151を向かって左回転させたとき、所定位置で停止させるための衝撃防止部152が形成され、この衝撃防止部152にも、騒音防止や、欠損防止のため、硬質の弾性樹脂が使用されている。
ハンマー駆動手段155は、ロータリーソレノイドが使用されている。このロータリーソレノイドは、その回転中心軸を予め定めた一定角度だけ瞬時に回転動作させることにより、ハンマー151を瞬時に回転動作させることができるものである。

0120

(メダル上昇通路145)
メダル上昇通路145は、図3及び図4に示すように、メダル上昇通路145の下部に設けた打ち上げ部160から遊技領域投入口114まで連通する空洞状の通路である。このメダル上昇通路145の横断面は、メダルの断面より僅かに大きい形状からなる四角枠状となるものである。そして、メダル上昇通路145は、その内部を一枚のメダルが移送可能な空洞を有するとともに全体として四角筒状からなるものである。
メダル上昇通路145の上部は、上を凸にした円弧状に湾曲し、メダル上昇通路145の上端が遊技領域投入口114になるように形成されている。そして、メダル上昇通路145の上端である遊技領域投入口114から排出されたメダルが、そのまま自重落下により、メダル遊技領域100の内部に投入されるように形成されている。

0121

また、メダル上昇通路145の下部には、下方向へ向かって切りかかれたハンマー打撃孔146が形成されている。このハンマー打撃孔146は、打ち上げ手段150のハンマー151をメダル上昇通路145内部の打ち上げ部160に配置されているメダルへ向かって打ち込むための開口孔である。このハンマー打撃孔146の開口幅は、メダルの直径よりも小さい寸法形状に設定され、メダルがハンマー打撃孔146から下方へ向かって落下しないようになっている。そして、メダル上昇通路145のハンマー打撃孔146が形成されている位置を、打ち上げ部160として定義しているものである。すなわち、打ち上げ部160は、メダル上昇通路145内の下部に設けられて、これから打ち出すメダルを配置するためのものである。そして、かかる打ち上げ部160に配属されたメダルを打ち上げ手段150であるハンマー151が打ち出すように形成されている。

0122

また、メダル上昇通路145は、打ち上げ部160から上方へ向かって直線状に延びる直線部147と、直線部147の上端から、上を凸にした円弧状に湾曲した曲線部148とから形成されている。
(メダル方向変更装置120)
また、遊技盤102の所定の位置には、メダル方向変更装置120が設けられている。
また、メダル方向変更装置120は、メダル遊技領域100内における遊技盤102の中央上部の右方の位置に設けられている。また、メダル方向変更装置120は、遊技領域投入口114付近に設けられている。メダル方向変更装置120は、メダル遊技領域100内でのメダルの進行方向を変更可能に形成されている。また、メダル遊技領域100内でのメダルの進行方向を変更することにより、図3に示すように、各メダル入賞部110へのメダルの進行確率を変更可能に形成されている。

0123

また、メダル方向変更装置120は、図3に示すように、方向変更部材と、方向変更部材を可動させるモータ(図示せず)とを備えている。
また、方向変更部材は、ある程度の厚みをもった板状に形成されている。また、方向変更部材は、軸部と、軸部から延びる回転部とを有している。回転部と軸部とは、プラスチック等の合成樹脂を用いて一体に形成されている。軸部は円板状に形成されている。回転部は、軸部から離れるにしたがって幅が次第に狭くなる板状に形成されている。
また、また、図示はしないが、遊技盤102における中央上部の右方の位置には、モータの回転軸が設けられている。また、軸部は、モータの回転軸に回転可能に軸支されている。

0124

このように、メダル方向変更装置120は、方向変更部材の回転部を回転させることにより、メダル遊技領域100内を通過するメダルが不規則に方向変更部材に当たり、メダル遊技領域100内でのメダルの進行方向を変更することが可能になり、各メダル入賞部110へのメダルの進行確率を変更可能に形成されている。
また、メダル方向変更装置120は、後述するメダル方向変更装置制御手段370により、その動作が制御され、メダル方向変更装置制御手段370が、メダル方向変更装置120ヘ向けて出力するメダル方向変更装置作動開始信号を受信すると、その動作を開始(モータが回転)し、メダル遊技領域100内でのメダルの進行方向を変更可能に形成されている。また、メダル方向変更装置120は、その動作中に、メダル方向変更装置制御手段370がメダル方向変更装置120ヘ向けて出力するメダル方向変更装置停止信号を受信すると、その動作を中止する。

0125

また、メダル方向変更装置120に、方向変更部材を左右に揺動させるためのソレノイドを備えるようにしても良い。また、メダル方向変更装置120の動作を制御するための操作用スイッチを設けるようにしても良い。この場合、メダル方向変更装置制御手段370は、操作用スイッチが出力する操作信号に基づき、方向変更部材を左右に揺動するような動作を行うようにメダル方向変更装置120の動作を制御することができる。
(通過ランプ132)
通過ランプ132は、所定のメダル入賞部110をメダルが通過したことを示すためのものである。

0126

また、遊技盤102の所定の位置に、通過ランプ132としての第1通過ランプと、通過ランプ132としての第2通過ランプと、通過ランプ132としての第3通過ランプと、通過ランプ132としての第4通過ランプと、通過ランプ132としての第5通過ランプと、通過ランプ132としての第6通過ランプと、通過ランプ132としての第7通過ランプと、通過ランプ132としての第8通過ランプとが設けられている。すなわち、通過ランプ132は合計8個設けられている。
また、通過ランプ132は、各メダル検知手段130に対応して設けられている。具体的には、第1通過ランプは、第1メダル検知手段130aがメダルの通過を検知した場合に点灯し、第2通過ランプは、第2メダル検知手段130bがメダルの通過を検知した場合に点灯し、第3通過ランプは、第3メダル検知手段130cがメダルの通過を検知した場合に点灯し、第4通過ランプは、第4メダル検知手段130dがメダルの通過を検知した場合に点灯し、第5通過ランプは、第5メダル検知手段130eがメダルの通過を検知した場合に点灯し、第6通過ランプは、第6メダル検知手段130fがメダルの通過を検知した場合に点灯し、第7通過ランプは、第7メダル検知手段130gがメダルの通過を検知した場合に点灯し、また、第8通過ランプは、第8メダル検知手段130hがメダルの通過を検知した場合に点灯する。

0127

これにより、所定のメダル入賞部110をメダルが通過したか否かを遊技者に知らせることができる。
また、通過ランプ132には、それぞれ赤色に点灯するLEDを用いている。
また、通過ランプ132は、通過ランプ制御手段380により、その動作が制御されている。
(画像表示装置38)
画像表示装置38は、図柄模様文字列を点灯表示させることにより、遊技者に当選や入賞等を知らせるためのものである。また、画像表示装置38には、四角板状液晶を用いている。本実施の形態では、この画像表示装置38が報知手段39となっている。

0128

また、画像表示装置38は、表示装置制御手段340により、その動作が制御されている。
また、画像表示装置38は、アシストタイム遊技の場合には、3個のストップスイッチ55の停止順番が、右→中→左の場合には、右から左へ指示する矢印である「←」が表示され、左→中→右の場合には、左から右へ指示する矢印である「→」が表示されるように、表示装置制御手段340により、その動作が制御されている。
(スピーカ49)
スピーカ49は、電子音等により、遊技者に、入賞や遊技機の異常等を知らせるものである。また、スピーカ49には、ダイナミック型のものを用いている。また、ダイナミック型のものに限られず、コンデンサ型等、他の型のスピーカを用いても良い。

0129

また、スピーカ49は、入賞時における所定の入賞音を発生させる。スピーカ49の所定の入賞音は、演出制御装置220により制御され、実行されている。
(ランプ33)
ランプ33には、LEDを用いている。ランプ33は、LEDの点灯、消灯又は点滅することにより、遊技者に入賞等を知らせるものである。LEDの点灯、消灯又は点滅等の動作は、演出制御装置220により制御され、実行されている。
(通常遊技制御手段260)
通常遊技制御手段260は、スロットマシンSにおける一般的に行われる遊技を実施させるためのものである。

0130

ここで、スロットマシンSにおける一般的に行われる遊技とは、以下の遊技をいう。すなわち、メダルの投入若しくはベットスイッチ52の投入を条件に、又は、「再遊技(リプレイ、Replay)」時には前遊技から所定時間経過を条件に、スタートスイッチ54を操作すると、リールユニット20が駆動され、三個の回転リール23が回転を開始する。
その後、ストップスイッチ55を三個全て操作し終わると、三個の回転リール23の回転が全て停止する。このとき、図柄表示窓32の入賞有効ライン上に、予め設定された図柄が停止すると、ホッパー5を介して所定枚数のメダルが払い出される。なお、メダルを払い出す代わりに、クレジットしても良い。

0131

当選には、入賞した場合、メダルの払い出しを伴い、遊技者に利益を付与する小役当選(この小役当選が入賞した場合は小役入賞となる)と、入賞した場合、この小役当選よりもさらに大きな利益を遊技者に付与する特別当選(この特別当選が入賞した場合は特別入賞となる)と、入賞した場合、メダルの払い出しは無いが、メダルを新たに投入することなく再度の遊技を行うことができる再遊技(リプレイ、Replay)当選(この再遊技当選が入賞した場合は再遊技入賞となる)とを備えている。そして、その抽選結果がいずれかの当選となった場合(内部入賞とも言う)、その当選に対応した当選フラグが成立する。そして、抽選結果が特別当選である場合に、特別当選の当選フラグが成立し、この特別当選の当選フラグ成立中に、リールユニット20の回転リール23における停止図柄の組み合わせが、予め定められた所定の図柄(例えば、入賞有効ライン上に「7」が三個揃うもの)と一致したことを条件に入賞し、遊技者に有利な特別遊技を行わせるように形成されている。

0132

また、抽選により特別当選フラグが成立したが、回転リール23の停止図柄の組み合わせが当選図柄と一致していない場合、それ以後の遊技に当選フラグ成立の権利が持ち越されるように設定されている。なお、小役当選の当選フラグは、当選フラグが成立した遊技で入賞させられない場合、当選フラグ成立の権利の次の遊技への持ち越しはない。
また、いずれかの当選フラグが成立中に、対応する当選図柄を入賞有効ライン上に揃えることができるか否かは、回転リール23の回転速度が一定の場合、ストップスイッチ55のタイミングによるものである。具体的には、ストップスイッチ55を操作した後、190ms以内に回転リール23が停止するように設定されているため、ストップスイッチ55を操作した後、そのまま停止させるか、あるいは190ms以内に停止可能な回転リール23の円周上の引き込み可能図柄の中に、対応する当選図柄が含まれているような場合には、停止するまでの時間を遅らせて、回転リール23は入賞有効ライン上にその当選図柄を引き込んで停止する。一方、かかる引き込み可能図柄の中に、対応する当選図柄が含まれていないような場合には、入賞有効ライン上にその当選図柄を引き込んで停止することができない。

0133

(特別遊技制御手段270)
特別遊技制御手段270は、当選抽選手段280の抽選結果に基づいて、遊技者に有利な特別遊技を行わせるためのものである。
特別遊技としては、大別すると、次のゲームがある。
(1)特定導入遊技(BBゲーム)
(2)特定遊技RBゲーム
(3)特定当選遊技(JACゲーム)
(4)アシストタイム遊技(ATゲーム)
なお、特定遊技、例えばRBゲームは、特定導入遊技、例えばBBゲーム中に所定回数範囲内で行われるように設定されているが、特にこれに限定されるものではなく、BBゲーム中で無い場合にも単独で行われるように設定しても良いものである。また、上記特定当選遊技、いわゆるJACゲームは、RBゲーム中に行われるものである。また、特別遊技としては、上記した(1)ないし(4)の遊技に限定されるものではない。

0134

具体的には、例えば、通常遊技において、図示しないが、例えば「7」等の図柄が入賞有効ライン上に三個揃うと、ホッパー5を介して、例えば15枚のメダルが払い出される。このとき、BBゲームが開始される。また、例えば「7」の図柄が入賞有効ラインのうち、横一列等の特定の並びであった場合に、BB2ゲームが開始される。また、それ以外の並びであった場合は、通常のBB1ゲームが開始される。
そして、特別遊技制御手段270は、図8に示すように、大別すると、次の手段を備える。
(1)特定導入遊技制御手段271(BBゲーム制御手段)
(2)特定遊技制御手段272(RBゲーム制御手段)
(3)アシストタイム遊技制御手段273
(特定導入遊技制御手段271)
特定導入遊技制御手段271は、BBゲームを制御するためのBBゲーム制御手段である。BBゲームは、選択手段181等が作動せず、メダル遊技領域100を用いたゲームが行えない通常の特定導入遊技であるBB1ゲームと、選択手段181等が作動して、メダル遊技領域100を用いたゲームが行える特定導入遊技であるBB2ゲームとを備えている。

0135

具体的には、BB1ゲームに入賞して、BB1ゲームに移行すると、通常遊技と同様の小役遊技が、最大3枚のメダルの投入によって開始され、3つの回転リール23の回転を各々停止させた際に、入賞有効ライン上に当選図柄が揃っているか否かによって、メダルの払い出しが行われるものである。
したがって、BB1ゲーム中の小役遊技では、通常遊技と同様の小役を含めた抽選が毎回行われるものである。ただ、このBB1ゲーム中にRBゲームに移行するための当選図柄が入賞有効ライン上に揃った場合には、その後RBゲームに移行するものである。
なお、通常、BB1ゲーム中はRBゲームへの移行が、例えば最大3回行われることになっているために、1回目のRBゲームが終了した後は、また、前述したような通常遊技と同様な小役遊技の抽選及び制御が行われるものである。

0136

そして、BB1ゲームでは、BBゲーム中のRBゲームが所定の最大回数、例えば3回か、あるいはBB1ゲーム中の小役遊技が所定の最大回数、例えば最大30回の終了により、BB1ゲームは終了するものである。もちろん、BBゲーム中のRBゲームや、小役遊技の最大回数は、上述したものに限定されるものではなく、遊技機の種類の違いにより、他の回数(例えば、RBゲームの最大回数が2回)に設定されているものでも良いものである。
また、BB2ゲームは、BB1ゲームと同様のゲームを行った後、メダル遊技領域100を用いたゲームが行える遊技である。

0137

(特定遊技制御手段272)
特定遊技制御手段272は、RBゲームを制御するためのものである。
具体的には、RBゲームに移行すると、メダルが1枚投入となり、回転リール23の所定の図柄が図柄表示窓32のセンターライン上に揃った場合に入賞となる特定当選遊技が行われるものである。そして、RBゲームでは、当選するか否かの特定当選遊技が最大12回行えるものであり、そのうち、最大8回の入賞が可能である。すなわち、最大8回の入賞となるか、あるいは最大12回の特定当選遊技の終了により、RBゲームは終了するものである。

0138

(アシストタイム遊技制御手段273)
アシストタイム遊技制御手段273は、有利遊技であるアシストタイム遊技を制御するためのものである。
ここで、有利遊技とは、通常遊技よりも大きな利益を遊技者に対して付与可能な遊技である。また、有利遊技とは、通常遊技とは遊技内容が異なる遊技であって、通常遊技よりも遊技者に付与されるメダルの利益が大きくなる可能性が高い遊技である。また、本実施の形態では、有利遊技として、アシストタイム遊技を実施している。
また、アシストタイム遊技制御手段273は、遊技移行制御手段400により、その開始が制御されている。具体的には、メダル検知手段130から出力される全てのメダル検知信号を、遊技移行制御手段400が受信すると、通常遊技から有利遊技であるアシストタイム遊技へ移行するように、遊技移行制御手段400は、通常遊技制御手段260及び有利遊技制御手段の動作を制御する。

0139

また、アシストタイム遊技とは、所定の当選図柄(当選役)の当選抽選手段280の当選抽選結果に関する情報を報知可能なものである。
具体的には、所定の当選役において、当選フラグを成立させ、かつ、3個のストップスイッチ55を所定の停止操作順番で操作することを条件に入賞するように設定されている。そして、アシストタイム遊技(ATゲーム)は、所定の終了条件が成立するまで、所定の期間、所定の当選図柄の当選フラグが成立したときに、入賞の条件である停止操作順番の情報を、報知手段39としての画像表示装置38により、遊技者に向かって報知するものである。

0140

このように、アシストタイム遊技は、報知された停止操作順番どおりに、ストップスイッチ55を操作すれば、確実に入賞することができる。これにより、アシストタイム遊技は、通常遊技よりも遊技者に大きな利益を付与可能である。
また、アシストタイム遊技制御手段273は、アシストタイム遊技(ATゲーム)の回数をカウントするAT回数カウンタを有している。このAT回数カウンタは、ATゲーム開始時に、カウント値を「0」に設定する。そして、ATゲームを1回行うごとに、カウント値を「1」づつ加算する。そして、ATカウンタのカウント値が10回に達すると(ATゲームが10回行われると)、ATゲームを終了するようにアシストタイム遊技制御手段273は形成されている
また、アシストタイム遊技制御手段273は、特別遊技検知手段を有している。この特別遊技検知手段は、アシストタイム遊技中に特別遊技に入賞したか否かを検知し、通常遊技制御手段260から、特別遊技に入賞したことを示す特別遊技入賞信号を受信すると、ATゲームを終了させる。

0141

すなわち、本実施の形態における、有利遊技としてのアシストタイム遊技を制御するアシストタイム遊技制御手段273は、ATゲームを10回行うこと及び特別遊技に入賞したことにより、アシストタイム遊技を終了させる。(終了条件としている。)
(投入メダルカウンタ261)
投入メダルカウンタ261は、遊技に用いられるメダルの枚数を記憶するためものである。
また、投入メダルカウンタ261は、スロットマシンSの電源がオンになったときに、カウント値が「0」に設定される。また、投入メダルカウンタ261は、後述する投入メダル加算手段263により、カウント値が一定の値未満のときには、投入検知手段175がメダルを1枚検知する毎に、カウント値が1づつ加算されるように形成されている。すなわち、投入メダルカウンタ261は、カウント値(遊技に用いられるメダルの枚数)が一定の値(上限値)になると、それ以上は、カウントされないようになっている。

0142

具体的には、例えば、一定の値(上限値)を「3」とする。この場合、投入メダルカウンタ261は、カウント値が「3」になると、それ以上は、カウントされないように形成されている。
また、投入メダルカウンタ261は、投入メダルカウンタ261のカウント値の情報を含むカウント値信号を後述する回転開始制御手段265及び当選抽選手段280へ向けて出力する。
(クレジットメダルカウンタ262)
クレジットメダルカウンタ262は、クレジットされているメダルの枚数を記憶するためのものである。

0143

また、クレジットメダルカウンタ262は、スロットマシンSの電源がオンになったときに、カウント値が「0」に設定される。クレジットメダルカウンタ262は、後述する投入メダル加算手段263により、投入メダルカウンタ261のカウント値が一定の値に達した場合に、投入検知手段175がメダルを1枚検出する毎に、カウント値が1つ加算されるように形成されている。
また、クレジットカウンタ262は、入賞等により払い出されるメダルもカウントするように形成されている。また、クレジットカウンタ262のカウント値には上限が決められており、カウント値が上限(50)になると、それ以上はカウントされないようになっている。カウント値が上限になった場合、メダル投入口42から投入されたメダル、及び入賞等により払い出されるメダルは、メダル皿43に払い出される。

0144

(投入メダル加算手段263)
投入メダル加算手段263は、投入メダルカウンタ261のカウント値が一定の値未満のときには、投入検知手段175がメダルを1枚検知する毎に、投入メダルカウンタ261のカウント値を1つ加算するとともに、投入メダルカウンタ261のカウント値が一定の値に達したときには、投入検知手段175がメダルを1枚検出する毎に、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を1つ加算するものである。
ここで、一定の値とは、いわゆる投入メダルカウンタ261のカウント値の上限を意味する。具体的には、一定の値(カウント値の上限)を「3」とすると、投入メダル加算手段263は、投入メダルカウンタ261のカウント値が「3」未満(「1」又は「2」)の場合には、投入検知手段175がメダルを1枚検知する毎に、投入メダルカウンタ261のカウント値を1つ加算させる。また、一定の値(カウント値の上限)を「3」とし、カウント値が「3」になった場合は、その後、投入メダル加算手段263が、投入検知手段175がメダルを1枚検出する毎に、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を1つ加算させる。

0145

また、投入検知手段175から投入メダル加算手段263へ向けて出力されるメダル検知信号を受信することにより、投入メダル加算手段263は、投入検知手段175がメダルを1枚検知したことを認識する。
(クレジットメダル投入手段264)
クレジットメダル投入手段264は、投入メダルカウンタ261のカウント値が一定の値未満のときに、ベットスイッチ52が操作されると、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を所定の値減算するとともに、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を減算した分、投入メダルカウンタ261のカウント値を加算するものである。

0146

ここで、一定の値とは、いわゆる投入メダルカウンタ261のカウント値の上限を意味する。
また、「クレジットメダルカウンタ262のカウント値を所定の値減算する」の「所定の値」を、「1」や「2」にすることができる。例えば、所定の値を「1」とする。具体的には、投入メダルカウンタ261のカウント値の上限を「3」とする。この場合、クレジットメダル投入手段264は、投入メダルカウンタ261のカウント値が「3」未満(「1」又は「2」)のときに、ベットスイッチ52が操作されると、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を「1」減算するとともに、投入メダルカウンタ261のカウント値に「1」を加算する。

0147

また、例えば、「所定の値」を、投入メダルカウンタ261にカウントされる上限値から、実際に投入メダルカウンタ261にカウントされている値を差し引いた値とする。
具体的には、投入メダルカウンタ261のカウント値の上限を「3」とする。この場合、例えば、実際に投入メダルカウンタ261にカウントされている数が「1」の場合は、「3」から「1」を引いた数値「2」が、所定の値となる。そして、ベットスイッチ52が操作されると、クレジットメダル投入手段264により、クレジットメダルカウンタ262のカウント値が「2」減算されるとともに、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を減算した分(「2」)、投入メダルカウンタ261のカウント値が加算される。また、例えば、実際に投入メダルカウンタ261にカウントされている数が「2」の場合は、「3」から「2」を引いた数値「1」が、所定の値となる。そして、ベットスイッチ52が操作されると、クレジットメダル投入手段264により、クレジットメダルカウンタ262のカウント値が「1」減算されるとともに、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を減算した分(「1」)、投入メダルカウンタ261のカウント値が加算される。また、実際に投入メダルカウンタ261にカウントされている数が「0」の場合は、「3」から「0」を引いた数値「3」が、所定の値となる。そして、ベットスイッチ52が操作されると、クレジットメダル投入手段264により、クレジットメダルカウンタ262のカウント値が「3」減算されるとともに、クレジットメダルカウンタ262のカウント値を減算した分(「3」)、投入メダルカウンタ261のカウント値が加算される。また、実際に投入メダルカウンタ261にカウントされている数が「3」の場合は、「3」から「3」を引いた数値が「0」になるので、クレジットメダル投入手段264は、クレジットメダルカウンタ262のカウント値の減算、及び投入メダルカウンタ261のカウント値を加算は行われない。

0148

(回転開始制御手段265)
回転開始制御手段265は、投入メダルカウンタ261のカウント値が所定の値であることを条件に、スタートスイッチ54の操作を契機に、全ての回転リール23の回転を開始させるものである。
また、所定の値を「3」とすると、投入メダルカウンタ261のカウント値が「3」であった場合に、スタートスイッチ54の操作を契機に、全ての回転リール23の回転を開始させる。また、所定の値を「1」、「2」及び「3」とすると、投入メダルカウンタ261のカウント値が「1」、「2」又は「3」であった場合に、スタートスイッチ54の操作を契機に、全ての回転リール23の回転を開始させる。

0149

また、回転開始制御手段265は、投入メダルカウンタ261から回転開始制御手段265へ向けて出力されるカウント値信号により投入メダルカウンタ261のカウント値を認識する。また、回転開始制御手段265は、スタートスイッチ54から回転開始制御手段265へ向けて出力されるスタートスイッチ54の操作信号に基づきスタートスイッチ54が所定の操作されたことを認識する。そして、回転開始制御手段265は、投入メダルカウンタ261のカウント値が所定の値であることを条件に、スタートスイッチ54の操作を契機に、リールユニット20へ向けて、回転開始信号を出力し、全ての回転リール23を回転させるようにする。
(当選抽選手段280)
当選抽選手段280は、予め定めた当選率に基づいて当選か否かの当選判定の抽選を行うものである。また、当選抽選手段280は、投入メダルカウンタ261のカウント値が所定の値であることを条件に、スタートスイッチ54の操作を契機に、当選か否かの抽選を行うためのものである。

0150

また、所定の値を「3」とすると、投入メダルカウンタ261のカウント値が「3」であった場合に、スタートスイッチ54の操作を契機に、当選抽選手段280は、予め定めた当選率に基づいて当選か否かの当選判定の抽選を行う。また、所定の値を「1」、「2」及び「3」とすると、投入メダルカウンタ261のカウント値が「1」、「2」又は「3」であった場合に、スタートスイッチ54の操作を契機に、当選抽選手段280は、予め定めた当選率に基づいて当選か否かの当選判定の抽選を行う。
また、当選抽選手段280は、投入メダルカウンタ261から当選抽選手段280へ向けて出力されるカウント値信号により投入メダルカウンタ261のカウント値を認識する。また、当選抽選手段280は、スタートスイッチ54から当選抽選手段280へ向けて出力されるスタートスイッチ54の操作信号に基づきスタートスイッチ54が所定の操作されたことを認識する。

0151

そして、当選抽選手段280による抽選結果が当選である場合(内部入賞とも言う。)に当選フラグが成立し、この当選フラグ成立中に、回転リール23の停止図柄の組み合わせが予め定められた当選図柄と一致したことを条件に入賞し、遊技者にメダルの払い出しや、特別遊技等の利益が付与されるように設定されている。
当選抽選手段280は、図9に示すように、大別すると、次の手段を備える。
(1)乱数発生手段281
(2)乱数抽出手段282
(3)当選判定テーブル283
(4)判定手段284
なお、当選抽選手段280としては、上記した(1)ないし(4)に限定されるものではない。

0152

(乱数発生手段281)
乱数発生手段281は、抽選用の乱数を所定の領域内(例えば十進法で0ないし65535)で発生させるものである。
なお、ここで、「乱数発生手段281」には、ソフト乱数としての平均採中法(n桁の数字を2乗して中央のn桁の数を取り出すことの繰り返しによる乱数発生方法)等で乱数を発生させることができるものや、一定範囲の数字を高速で1ずつ加算するカウンタを用いて構成するものがある。
(乱数抽出手段282)
乱数抽出手段282は、乱数発生手段281が発生する乱数を、所定の条件(例えば、スタートスイッチ54の操作)で抽出するものである。なお、この抽出した乱数を当選抽出用の抽出乱数データとする。

0153

(当選判定テーブル283)
当選判定テーブル283は、乱数発生手段281がとる乱数の全領域中、各当選項目当選領域からなる当選判定領域データを有するものである。また、これらの当選判定テーブル283には、特に図示しないが、各々の設定値ごとに、通常遊技用、特別遊技用等の複数の当選判定テーブル283が設けられていて、これらの当選判定テーブル283の当選確率を平均したものが、各設定値ごとの当選確率となる。
(判定手段284)
判定手段284は、乱数抽出手段282が抽出した抽出乱数データと、設定値対応当選判定テーブル取得手段285が取得した当選判定テーブル283の当選判定領域データとを照合し、当該抽出乱数データが属する当選領域に対応する当選を決定するものである。

0154

(回転停止制御手段266)
回転停止制御手段266は、各ストップスイッチ55の操作を契機に、当選抽選手段280の抽選結果に基づいて、操作されたストップスイッチ55に対応する回転リール23の回転を停止させるものである。
また、回転停止制御手段266は、各ストップスイッチ55の操作を契機に、当選抽選手段280の当選判定結果に基づいて、操作されたストップスイッチ55に対応する回転リール23の停止位置を制御するものである。すなわち、ストップスイッチ55から回転停止制御手段266へ向けて出力される回転リール23を停止させるための操作信号を受信し、ストップスイッチ55を押した時点で所定位置に直ちに停止できる回転リール23の図柄を基準図柄として、基準図柄から回転方向に5コマ移動した時の図柄までの範囲で回転リール23を停止させるようになっており、この5コマの範囲内において、どのまで停止させるかを当選判定結果に基づいて決定するものである。

0155

具体的には、当選判定の抽選において何らかの当選役が当選したときには、その当選に対応した図柄(当選図柄)が極力有効入賞ライン上に停止するように、それ以外の図柄が停止しないように制御を行い、前記5コマの範囲内で停止図柄を決定することとなる。何らかの当選役に当選したときには、当該当選に対応して当選フラグが成立するので、その成立した当選フラグの有無及び種類に従って、停止させるべき図柄を5コマの範囲内で極力停止するように制御(引き込み制御)し、停止させるべきでない図柄停止しないように制御(蹴飛ばし制御)するものである。
(入賞判定手段268)
入賞判定手段268は、全ての回転リール23の停止図柄に基づいて、入賞処理を行わせるためのものである。すなわち、当選抽選手段280の抽選結果が所定の当選役に当選しており、当該当選にかかる当選図柄が所定の有効入賞ライン上に揃って停止している場合には、入賞信号を出力するように形成されている。なお、入賞信号には、当選役に対応したメダルの払い出し枚数に関する情報も含まれる。

0156

入賞信号は、種々の手段に出力される。例えば、入賞信号を受信したクレジットメダルカウンタ262は、入賞に対応したメダル払い出し数を、クレジットメダルカウンタ262の蓄積カウンタのカウント値に加算する。また、例えば、演出制御手段は、入賞演出を実行する。また、例えば、再遊技入賞信号を受信した通常遊技制御手段260は、再遊技を実行する。また、例えば、特別入賞信号を受信した特別遊技制御手段270は、特別遊技を開始(実行)する。
また、例えば、BB2ゲームに入賞した場合は、BB2ゲーム入賞信号を遊技結果判定手段350へ向けて出力する。

0157

(投入検知制御手段290)
投入検知制御手段290は、クレジットメダルカウンタ262のカウント値(クレジット値)が上限を超えると、投入検知手段175がメダルを検知しないように、投入検知手段175の動作を制御する。また、メダルセレクター170は、クレジットメダルカウンタ262のカウント値が上限(50枚)を越えると、メダルをメダル皿43に排除する(キャンセル)。これにより、メダルセレクター170がキャンセルするメダルは、投入検知手段175に検知されない。
(遊技結果判定手段350)
遊技結果判定手段350は、遊技の結果を判定するものである。

0158

遊技の結果とは、遊技の最終的な結果をいう。また、本実施の形態にかかるスロットマシンS等の場合、所定の図柄の当選役に当選して、当該当選図柄を所定の位置に停止させることができて、当該当選役に入賞すること等が該当する。また、本実施の形態では、遊技結果として、BB2ゲームに入賞したか否かが判定される。
具体的には、当選抽選手段280の抽選結果によりBB2ゲームに当選し、BB2当選フラグが成立中に当選図柄を入賞有効ライン上に揃えられた場合に、入賞判定手段268から出力されるBB2ゲーム入賞信号を受信したか否かにより、遊技結果判定手段350は、遊技結果を判定する。

0159

そして、遊技結果判定手段350が、BB2入賞信号を受信し、BB2ゲームに入賞したと判定した場合、遊技結果判定手段350は、通常のBBゲームの終了後、選択制御手段360へ向けて選択手段作動信号を出力し、かつ、メダル打ち上げ装置制御手段362へ向けてメダル打ち上げ装置作動信号を出力し、かつ、メダル方向変更装置制御手段370へ向けてメダル方向変更装置作動信号を出力する。
これにより、本実施の形態におけるスロットマシンSでは、スロットマシンSで一般に行われる遊技とは別に、メダル遊技領域100を用いたゲームが可能となる。
(選択制御手段360)
選択制御手段360は、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入が検知されたメダルを、メダル遊技領域100又は収納部直通通路90のいずれか一方へ導く選択手段181を制御するためのものである。

0160

選択制御手段360は、遊技結果判定手段350から出力される選択手段作動信号を受信すると、選択手段181へ向けて、選択手段作動開始信号を出力する。
なお、選択手段181は、通常時(スロットマシンSの電源がオンにし、通常のスロットマシンSの遊技が行われている時)は、レールユニット183が、選択手段181のメダル選択通路176の底面を構成している位置にあるようになっている。そして、選択制御手段360から出力される選択手段作動開始信号を受信すると、選択手段181のレールユニット183が、ベース171のレールユニット用孔185内に納まるように移動させ、メダル選択通路176の底面の一部を構成しなくなる位置に至る。このように、レールユニット183が、メダル選択通路176の底面を構成しなくなる位置に移動すると、メダル選択通路176の底面が無い状態になり、選択手段181に至ったメダルは、遊技領域側口179から打ち上げ案内通路95へ向けて排出され、打ち上げ案内通路95を通過したメダルは、メダル打ち上げ装置140に至る。

0161

また、選択制御手段360は、遊技時間計測タイマーを備えている。この遊技時間計測タイマーは、スロットマシンSの電源をオンにすると、タイマーの計測値が「0」(初期値)になるように設定されている。そして、遊技結果判定手段350から出力される選択装置作動信号を、選択制御手段360が受信すると、遊技時間計測タイマーが時間の計測を開始する。そして、遊技時間計測タイマーの計測値が所定の時間(例えば5分)に達すると、選択制御手段360は、選択手段181へ向けて選択手段停止信号を出力する。
なお、選択手段181は、選択制御手段360から選択手段181へ向けて出力される選択手段停止信号を受信すると、選択手段181は、選択手段181のレールユニット183が、メダル選択通路176の底面を構成する位置に移動させる。このように、レールユニット183がメダル選択通路176の底面の一部を構成している位置にある場合、メダル選択通路176を通過するメダルは、収納部側口177から収納部直通通路90へ向けて排出され、収納部直通通路90に至る。

0162

また、選択制御手段360に投入されたメダルをカウントするための選択手段メダルカウンタを備えるようにし、選択手段メダルカウンタがカウントする選択手段181作動後に投入されたメダルが、所定の枚数に達したら、選択手段181へ向けて選択手段停止信号を出力するように、選択制御手段360を形成してもよい。具体的には、この選択手段メダルカウンタは、スロットマシンSの電源をオンにすると、カウント値が「0」(初期値)になるように設定する。また、この場合、BB2ゲームに入賞すると、メダルを検知する毎に、メダル検知信号を選択制御手段360へ向けて出力するように、投入検知手段175を形成する。そして、その後、遊技結果判定手段350から出力される選択装置作動信号を、選択制御手段360が受信すると、メダル検知信号を受信する毎に、カウント値を「1」づつ加算するように、選択手段メダルカウンタを形成する。そして、カウント値が所定の値(例えば「10」)に達すると、選択制御手段360は、選択手段181へ向けて選択手段停止信号を出力するようにする。この場合も、選択手段181は、選択制御手段360から選択手段181へ向けて出力される選択手段停止信号を受信すると、選択手段181のレールユニット183が、メダル選択通路176の底面を構成する位置に移動するように形成される。

0163

(メダル打ち上げ装置制御手段362)
メダル打ち上げ装置制御手段362は、メダル投入口42から投入されて投入検知手段175により投入が検知されたメダルを、遊技領域投入口114の下方から遊技領域投入口114へ向けて打ち出すメダル打ち上げ装置140を制御するためのものである。
メダル打ち上げ装置制御手段362は、遊技結果判定手段350から出力されるメダル打ち上げ装置作動信号を受信すると、メダル打ち上げ装置140へ向けて、メダル打ち上げ装置140の作動を開始させるためのメダル打ち上げ装置作動開始信号を出力し、メダル打ち上げ装置140の作動を開始させる。

0164

また、メダル打ち上げ装置制御手段362は、遊技時間計測タイマーを備えている。この遊技時間計測タイマーは、スロットマシンSの電源をオンにすると、タイマーの計測値が「0」(初期値)になるように設定されている。そして、遊技結果判定手段350から出力されるメダル打ち上げ装置作動信号を、メダル打ち上げ装置制御手段362が受信すると、遊技時間計測タイマーが時間の計測を開始する。そして、遊技時間計測タイマーの計測値が所定の時間(例えば5分)に達すると、メダル打ち上げ装置制御手段362は、メダル打ち上げ装置140へ向けてメダル打ち上げ装置停止信号を出力する。
なお、メダル打ち上げ装置140は、メダル打ち上げ装置制御手段362からメダル打ち上げ装置140へ向けて出力されるメダル打ち上げ装置停止信号を受信すると、メダル打ち上げ装置140は、その動作を停止させる。

0165

また、メダル打ち上げ装置制御手段362に投入されたメダルをカウントするためのメダル打ち上げ装置メダルカウンタを備えるようにし、メダル打ち上げ装置メダルカウンタがカウントするメダル打ち上げ装置140作動後に投入されたメダルが、所定の枚数に達したら、メダル打ち上げ装置140へ向けてメダル打ち上げ装置停止信号を出力するように、メダル打ち上げ装置制御手段362を形成してもよい。具体的には、このメダル打ち上げ装置メダルカウンタは、スロットマシンSの電源をオンにすると、カウント値が「0」(初期値)になるように設定する。また、この場合、BB2ゲームに入賞すると、メダルを検知する毎に、メダル検知信号をメダル打ち上げ装置制御手段362へ向けて出力するように、投入検知手段175を形成する。そして、その後、遊技結果判定手段350から出力されるメダル打ち上げ装置作動信号を、メダル打ち上げ装置制御手段362が受信すると、メダル検知信号を受信する毎に、カウント値を「1」づつ加算するように、メダル打ち上げ装置メダルカウンタを形成する。そして、カウント値が所定の値(例えば「10」)に達すると、メダル打ち上げ装置制御手段362は、メダル打ち上げ装置140へ向けてメダル打ち上げ装置停止信号を出力するようにする。この場合も、メダル打ち上げ装置140は、メダル打ち上げ装置制御手段362からメダル打ち上げ装置140へ向けて出力されるメダル打ち上げ装置停止信号を受信すると、その動作を停止するように形成される。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社大都技研の「 遊技台」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】表示方法に特徴を持った遊技台を提供する。【解決手段】遊技台は、表示手段と、第一の遊技期間および第二の遊技期間を含む或る遊技期間における少なくとも遊技媒体の払出数に基づいて、遊技者が獲得している... 詳細

  • 山佐株式会社の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】可能な限り区間状態が有利区間であることを条件として特典付与のための報知が行われるようにして公平性の担保と興趣の低下の防止とを図りつつ、可能な限り設定変更の有無の見破りを防止ことができる遊技機を... 詳細

  • 株式会社大都技研の「 遊技台」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】報知方法に特徴を持った遊技台を提供する。【解決手段】表示手段と、遊技者が獲得している遊技媒体の総数をカウントする第一のカウンタと、を備え、1遊技が行われる毎に第一のカウンタの第一のカウント値を... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ