図面 (/)

技術 茎葉収穫機

出願人 井関農機株式会社
発明者 石田伊佐男小田切元高木真吾岩部孝章稲田誠生森洋三松下雄
出願日 2006年9月13日 (13年9ヶ月経過) 出願番号 2006-248225
公開日 2008年3月27日 (12年2ヶ月経過) 公開番号 2008-067628
状態 特許登録済
技術分野 収穫機本体(2)(地下収穫) 収穫機本体(5)(特定作物用)
主要キーワード 左右ワイヤ 右ジョイント 右プレート ナイロンパイプ 左右支持部材 左右連結部材 繋ぎフレーム 右リンク機構
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年3月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

茎葉収穫する姿勢を安定させ、効率よく収穫作業を行うことができる茎葉収穫機を提供することを課題とする。

解決手段

第1に、機枠6に走行装置1L,1Rと左右引起こし装置42と収穫した茎葉を機体後方に搬送する搬送装置Fとを備えた茎葉収穫機において、該左右引起こし装置42を機枠6の左右前側に各々独立して上下方向に回動自在に設けた左右支持部材26の前部に設け、該左右支持部材26を上動方向に付勢する左右バネ部材30を左右支持部材26と機体6側との間に設けると共に、左右引起こし装置42の下部に左右接地部材36を設け構成する。 第2に、機枠6側に基部を装着した左右リンク装置28を左右アクチュエータ31によって上下動自在に設け、該左右リンク装置28と左右支持部材26とを左右各々遊動機能を有する左右連結部材66で連結して構成する。

概要

背景

従来茎葉処理機として、特許文献1に示されるように、接地部材圃場接地させて引起こし装置を圃場の起伏に合わせて上下動させるものがある。
また、特許文献2に示されるように、茎葉搬送装置の前部に分草装置を備えるものがある。
特開2002−253019号公報
特開2005−160467号公報

概要

茎葉を収穫する姿勢を安定させ、効率よく収穫作業を行うことができる茎葉収穫機を提供することを課題とする。 第1に、機枠6に走行装置1L,1Rと左右引起こし装置42と収穫した茎葉を機体後方に搬送する搬送装置Fとを備えた茎葉収穫機において、該左右引起こし装置42を機枠6の左右前側に各々独立して上下方向に回動自在に設けた左右支持部材26の前部に設け、該左右支持部材26を上動方向に付勢する左右バネ部材30を左右支持部材26と機体6側との間に設けると共に、左右引起こし装置42の下部に左右接地部材36を設け構成する。 第2に、機枠6側に基部を装着した左右リンク装置28を左右アクチュエータ31によって上下動自在に設け、該左右リンク装置28と左右支持部材26とを左右各々遊動機能を有する左右連結部材66で連結して構成する。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

機枠(6)に走行装置(1L,1R)と左右引起こし装置(42)と収穫した茎葉機体後方に搬送する搬送装置(F)とを備えた茎葉収穫機において、該左右引起こし装置(42)を機枠(6)の左右前側に各々独立して上下方向に回動自在に設けた左右支持部材(26)の前部に設け、該左右支持部材(26)を上動方向に付勢する左右バネ部材(30)を左右支持部材(26)と機体(6)側との間に設けると共に、左右引起こし装置(42)の下部に左右接地部材(36)を設けたことを特徴とする茎葉収穫機。

請求項2

機枠(6)側に基部を装着した左右リンク装置(28)を左右アクチュエータ(31)によって上下動自在に設け、該左右リンク装置(28)と左右支持部材(26)とを左右各々遊動機能を有する左右連結部材(66)で連結したことを特徴とする請求項1記載の茎葉収穫機。

技術分野

0001

本発明は、地表露出している甘藷馬鈴薯等の作物の蔓やや葉(以下、茎葉という)を収穫する茎葉収穫機に関するものである。

背景技術

0002

従来茎葉処理機として、特許文献1に示されるように、接地部材圃場接地させて引起こし装置を圃場の起伏に合わせて上下動させるものがある。
また、特許文献2に示されるように、茎葉の搬送装置の前部に分草装置を備えるものがある。
特開2002−253019号公報
特開2005−160467号公報

発明が解決しようとする課題

0003

しかしながら、特許文献1に記載される茎葉処理機は、接地部材を圃場に接地させているだけであるため、小さな起伏に対しては反応しないことがあり、的確な作業位置調節がなされないという欠点がある。

0004

そして、引起こし装置の作業位置を機械的に上下動させる手段が設けられていないため、引起こし装置の作業位置を変更するときは機体走行を停止させ、作業者手作業で引起こし装置の作業位置を変更しなければならず、作業能率を低下させると共に作業者の労力を増加させてしまうという欠点がある。

0005

また、特許文献2に記載される茎葉処理機は、引起こし装置を茎葉の搬送装置の前部に備えているため、機体の走行等から生じる振動によって引起こし装置の作業位置が定まらないことがあり、適正な茎葉の引起こし作業に支障をきたすという欠点がある。

課題を解決するための手段

0006

本発明は、上記の課題を解決するために次の技術的手段を講じた。
請求項1記載の発明は、機枠(6)に走行装置(1L,1R)と左右引起こし装置(42)と収穫した茎葉を機体後方に搬送する搬送装置(F)とを備えた茎葉収穫機において、該左右引起こし装置(42)を機枠(6)の左右前側に各々独立して上下方向に回動自在に設けた左右支持部材(26)の前部に設け、該左右支持部材(26)を上動方向に付勢する左右バネ部材(30)を左右支持部材(26)と機体(6)側との間に設けると共に、左右引起こし装置(42)の下部に左右接地部材(36)を設けた茎葉収穫機とした。

0007

従って、下端部に左右接地部材(36)を設けた左右引起こし装置(42)を、左右バネ部材(30)によって上動方向に付勢される各々独立して上下方向に回動自在な左右支持部材(26)に設けたことによって、左右引起こし装置(42)は圃場の起伏に応じて自由に上下動して、左右引起こし装置(42)の作業位置が適正になる。

0008

また、左右引起こし装置(42)を設けた左右支持部材(26)を、機体の走行等から生じる振動の影響を受けにくい機枠(6)の左右前側に設けたことによって、左右引起こし装置(42)は機体の走行による振動等の影響を受けにくくなるので、左右引起こし装置(42)の作業位置を安定させることができる。

0009

請求項2記載の発明は、機枠(6)側に基部を装着した左右リンク装置(28)を左右アクチュエータ(31)によって上下動自在に設け、該左右リンク装置(28)と左右支持部材(26)とを左右各々遊動機能を有する左右連結部材(66)で連結した請求項1記載の茎葉収穫機とした。

0010

従って、請求項1の作用に加え、左右アクチュエータ(31)によって上下動する左右リンク装置(28)と左右支持部材(26)とを、遊動機能を有する左右連結部材(66)で連結したことによって、収穫作業時に左右引起こし装置(42)が圃場の起伏に合わせて自由に上下動するので、左右引起こし装置(42)の作業位置が適正になると共に、左右アクチュエータ(31)を伸縮させて左右リンク装置(28)を上下動させると、左右連結部材(66)が左右引起こし装置(42)を設けた左右支持部材(26)を上下動させるので、左右引起こし装置(42)の作業位置を調節することができる。

発明の効果

0011

請求項1記載の発明によれば、左右引起こし装置(42)を、左右バネ部材(30)によって上動方向に付勢される左右支持部材(26)に設けたことによって、左右引起こし装置(42)は圃場の起伏に応じて自由に上下動して、左右引起こし装置(42)の作業位置が適正になるので、作業能率が向上する。

0012

そして、左右引起こし装置(42)の基部を機体の走行による振動等の影響を受けにくい機枠(6)に設けたことによって、左右引起こし装置(42)もまた機体の走行による振動等の影響を受けにくくなるので、左右引起こし装置(42)の作業位置を安定させることができ、作業能率が向上する。

0013

請求項2記載の発明によれば、請求項1記載の発明の効果に加えて、左右アクチュエータ(31)によって上下動自在な左右リンク装置(28)と左右支持部材(26)とを遊動機能を有する左右連結部材(66)で連結したことによって、左右引起こし装置(42)は圃場の起伏に応じて自由に上下動して、左右引起こし装置(42)の作業位置が適正になるので、作業能率が向上する。

0014

また、の高さ等の圃場条件に合わせて左右引起し装置(42)の作業位置を適正に調節することによって、茎葉を適正に引き上げることができるので、作業能率が向上する。

発明を実施するための最良の形態

0015

本発明の実施の形態について、一実施例として甘藷の茎葉収穫機を説明する。
図1図2に示すように、甘藷の茎葉収穫機は、機体を走行させる走行装置Aと、操縦者が機体を操作するために搭乗する操縦部Bと、茎葉を収容する収容体23を載置する載置部Cと、茎葉を機体内側へ寄せる茎葉寄せ装置Dと、該茎葉寄せ装置Dで寄せられた茎葉を刈り取る刈取装置Eと、該刈取装置Eで刈り取られた茎葉を後方に搬送する搬送装置Fと、該搬送装置Fにて搬送されてきた茎葉を収容する収容部Gとから構成される。以下、各部の詳細を具体的に記載する。

0016

まず、走行装置Aの構成について説明する。
機体前部側の左右転輪2,2と機体後部側の左右駆動スプロケット3,3と、該左右転輪2,2と左右駆動スプロケット3,3との間に取り付けた転輪4・・・の周り左右ベルト5,5を巻き掛け左右一対クローラ1L,1Rを構成する。また、フレーム6の後部下部にギアボックス7を取り付け、該フレーム6の上面の左側部にエンジン9と油圧ポンプ10を取り付ける。そして、該エンジン9の駆動軸11aと油圧ポンプ10の駆動軸11bの各々の左端部にプーリ12a,12bを取り付けると共に、該プーリ12a,12b間にベルト13を巻き掛ける。さらに、該エンジン9の駆動軸11aの右端部にプーリ15a取り付け、該プーリ15aとギアボックス7の入力軸7aに取り付けるプーリ15bとの間にベルト16を巻き掛ける。そして、前記ギアボックス7から左右方向にドライブシャフト8を延出させ、該ドライブシャフト8の両端にクローラ1L,1Rの駆動スプロケット3,3を軸着させてフレーム6の下部に一定の左右間隔を設けて取り付けた左右クローラ1L,1Rを駆動する構成としている。

0017

次に、操縦部Bの構成について説明する。
前記フレーム6の上面の左側部に操縦台17を取り付け、該操縦台17には左右クローラ1L,1Rの回転方向や回転速度を調節して、機体の前後進や走行速度を切り換える左右走行操作レバー18a,18bと、後述する茎葉寄せ装置Dを昇降動作させる昇降レバー19a,19bと、搬送装置Fを昇降動作させる昇降レバー19cを取り付ける。そして、該操縦台17の後部に操縦者が搭乗する座席20を取り付けている。

0018

上記のように、機体の前後進や走行速度を切り換える左右走行操作レバー18a,18bや茎葉寄せ装置Dを昇降動作させる昇降レバー19a,19bや、搬送装置Fを昇降動作させる昇降レバー19cが操縦台17に設けられていることによって、操縦者は座席20に着座したまま機体の操作を行うことができるため、操縦者の労力を軽減することができる。

0019

次に、載置部Cの構成について説明する。
前記フレーム6の右側部に回動軸21を取り付け、該回動軸21に載置板22を折りたたみ可能に取り付けている。

0020

上記のように、載置板22を折りたたみ可能に設けていることにより、刈り取られた茎葉を収容する収容袋23が満杯になったとき、載置板22を展開することによって満杯になった収容袋23をフレーム6と載置板22の上に載置することができ、収容袋23を圃場に下ろす作業が省略されるため、作業能率を向上させることができると共に、圃場に下ろした収容袋23を回収する作業が省略されるため、作業者の労力が軽減される。

0021

次に、茎葉寄せ装置Dの構成について説明する。
フレーム6の左右前側下部に左右ステー24を、左右クローラ1L,1Rよりも前方且つ後述する刈取装置Eよりも後側上方に取り付け、該左右ステー24の左右間に連結軸25を取り付けると共に、該連結軸25に左右回動アーム26を各々独立して上下方向に回動自在に取り付ける。そして、左右回動アーム26の前端部に左右ステー33を取り付け、該左右ステー33の後方位置に左右リンクアーム35を取り付け、該左右リンクアーム35と左右ステー33に左右カバーフレーム34を取り付ける。

0022

また、前記フレーム6の右側前端上部に支持フレーム27を取り付ける。そして、該支持フレーム27及び操縦部Bの操縦台17の上端部に左右リンクアーム28の基部を各々独立して上下方向に回動自在に取り付ける。また、該支持フレーム27及び操縦部Bの操縦台17の略中央部に左右固定フレーム29を取り付ける。さらに、該左右固定フレーム29の機体外側下部と左右回動アーム26の略中央部との間に左右バランススプリング30を取り付けると共に、左右固定フレーム29の機体内側上部と左右リンクアーム28の前端下部との間に左右シリンダ31を取り付ける。また、前記左右リンクアーム28の前端部と左右回動アーム26の略中央部との間に遊動機能を有する左右ワイヤー66を取り付ける。なお、左右ワイヤー66はチェーン等で構成してもよい。

0023

そして、前記左右カバーフレーム34の下端部から、機体後外側方向に延出させると共に後端部を上方に折り曲げた左右橇体36を取り付け、該左右橇体36の前部に後述する左右引起こしラグが通過する空間部を設けた左右分草体37を取り付けると共に、該左右分草体37の機体外側に左右ナロガイド65を取り付ける。

0024

そして、前記左右カバーフレーム34の内部上端に左右スプロケット38aを取り付け、左右カバーフレーム34の内部下端に左右スプロケット38bを取り付けると共に、該左右スプロケット38aと左右スプロケット38bとの間に左右チェーン39を巻き掛ける。そして、該左右チェーン39に引起しラグ40を取り付け、左右カバーフレーム34,34の機体内側上部に左右スプロケット38aを各々回転させる左右油圧モーター41を取り付けて、左右引起し装置42が構成される。

0025

また、前記左右カバーフレーム34の機体内側下部に左右フレーム43を取り付けると共に、該左右フレーム43に左右プレート44を後上り傾斜姿勢に設ける。そして、該左右プレート44の上端部の左右間隔を下端部の左右間隔と略同一または下端部の左右間隔よりも広くなるように取り付ける。また、前記左右プレート44の前端部に左右従動プーリ45を回動軸に軸着して取り付け、左右プレート44の後端部に左右駆動プーリ46を回動軸に軸着して取り付けると共に、該左右従動プーリ45と左右駆動プーリ46との間に左右ラグ付ベルト47を取り付ける。さらに、左右プレート44の下面から、後端部が機体外側方向に向けて開放された左右案内ガイド32を、後述の搬送装置Fの上方且つ機体後方に向けて後上り傾斜姿勢に設けると共に、前記左右駆動プーリ46の回動軸に、左右駆動プーリ46を回転させる左右油圧モーター48を各々取り付けることによって、左右掻き上げ装置49が構成される。

0026

さらに、掻き込みローラ50にナイロンパイプ等の軟質材からなる掻き込み爪67を取り付けると共に、該掻き込みローラ50の中心部に回動軸68を設ける。そして、後述する搬送装置Fの左右フレーム41に左右支柱69を取り付け、該左右支柱69の左右上端部間にフレーム70を取り付けると共に、左右支柱69の上端部に左右フレーム71を取り付ける。また、該左右フレーム71の前端部に左右ジョイントアーム72を取り付け、該左右ジョイントアーム72間に掻き込みローラ50の回動軸68を回動自在に取り付けると共に、該左右ジョイントアーム72の左右一側に、掻き込みローラ50を回転させる油圧モーター73を取り付けて、掻き込み装置74を構成する。

0027

上記のように、フレーム6の左右前端下部に左右ステー24を、左右クローラ1L,1Rよりも前方に取り付けていることによって、左右ステー24の左右間に連結軸25を設けて左右ステー24を連結することができるので、機体の耐久性強化される。

0028

また、左右ステー24や連結軸25が刈取装置Eよりも上方に取り付けられていることによって、左右ステー24や連結軸25が畦や茎葉の刈り株に接触して機体の走行を妨げることを防止できるので、作業能率が向上する。

0029

また、機体の走行による振動等の影響を受けにくいフレーム6の左右前側下部に取り付けた左右ステー24の左右間に連結軸25を取り付けると共に、該連結軸25に左右引起こし装置42を前端部に備えた左右回動アーム26を取り付けたことによって、左右引起こし装置42もまた機体の走行による振動等の影響を受けにくくなるので、左右引起こし装置42の作業位置を安定させることができ、作業能率が向上する。

0030

さらに、左右回動アーム26が左右バランススプリング30によって上動方向に付勢されていると共に、左右引起こし装置42の下部に左右橇体36が取り付けられていることによって、左右引起こし装置42は圃場の起伏に応じて自由に上下動して、左右引起こし装置42の作業位置が適正になるので、作業能率が向上する。

0031

そして、左右回動アーム26が、左右各々独立して上下方向に回動自在に取り付けられていることによって、左右引起こし装置42は左右各々圃場の起伏に応じて自由に上下動して、左右引起こし装置42の左右各々の作業位置が適正になるので、作業能率が向上する。

0032

また、左右橇体36は機体後外側方向に延出させられていることによって、畝に敷設したマルチを傷つけることなく左右引起し装置42を畝に近づけることができるので、茎葉の引起しが効率よく行われ作業能率が向上すると共に、後端部を上方に折り曲げていることによって、機体を後退させるときに左右橇体36の後端部が圃場に刺さって機体の後退を妨げる事が防止され、作業能率が向上する。

0033

そして、左右回動アーム26と左右リンクアーム28とが遊動機能を有する左右ワイヤー66によって連結されていることによって、昇降レバー19a,19bを操作して左右シリンダ31を伸縮させて左右リンクアーム28を上下動させると左右回動アーム26が左右ワイヤー66によって上下動させられるので、左右引起こし装置42の作業位置を圃場条件等に合わせて調節することができ、作業能率が向上する。

0034

さらに、左右回動アーム26と左右リンクアーム28とが遊動機能を有する左右ワイヤー66によって連結されていることによって、左右引起こし装置42が圃場の起伏に合わせて自由に上下動するので、左右引起こし装置42の作業位置が適正になり、作業能率が向上する。

0035

また、左右掻き上げ装置49が左右引起し装置42に連結されていることによって、左右引起し装置42の作業位置が変わると、左右掻き上げ装置49の作業位置も連動して変わり、掻き込み装置74への茎葉の掻き上げ効率が変化しにくいので、作業能率を安定させることができる。

0036

そして、左右掻き上げ装置49の上端部の左右間隔が、下端部の左右間隔と略同一または下端部の左右間隔よりも上端部の左右間隔の方が広くなるように設けられていることによって、左右掻き上げ装置49の後部上端で茎葉が詰まって搬送装置Fに落下しなくなることが防止されるので、作業能率が向上する。

0037

さらに、左右案内ガイド32は、その後端部が機体外側方向に向けて開放されていると共に、搬送装置Fの上方且つ機体後方に向けて後上り傾斜姿勢に設けていることによって、茎葉を搬送装置F上に載るように誘導することができるので、圃場に落下する茎葉が少なくなり、圃場に落ちた茎葉を回収する作業が省略されて作業者の労力が軽減されると共に、左右案内部材32の終端部に茎葉が詰まることが防止でき、作業能率が向上する。

0038

また、搬送装置Fの搬送始端部上方且つ左右引起し装置42の間に掻き込み装置74が設けられていることによって、刈取装置Eで刈り取られた茎葉が搬送装置Fに掻き込まれるため、刈り取られた茎葉が搬送装置Fに載り易くなり、圃場に落下する茎葉が少なくなるため作業能率が向上すると共に、茎葉の回収作業が省略されるため作業者の労力を軽減することができる。

0039

次に、刈取装置Eの構成について説明する。
前記左右フレーム41の前端下部にレシプロカッター51を取り付け、左右フレーム41の左右一側部にモーター52を取り付け、該モーター52の駆動軸53に偏心カム54を取り付けると共に、該偏心カム54をレシプロカッター51に取り付けている。

0040

次に、搬送装置Fの構成について説明する。
前記左右フレーム41の前後端にローラ55a,55bを取り付け、該ローラ55a,55b間に弾性材より構成する平ベルト56を巻き掛けると共に、ローラ55bの回動軸にモーター57を取り付ける。そして、前記左右フレーム41の略中央部下部に左右フレーム41を連結する第1繋ぎフレーム58を取り付け、該第1繋ぎフレーム58とフレーム6との間にシリンダ59を取り付ける。また、前記左右フレーム41を連結する第2繋ぎフレーム60と第3繋ぎフレーム61を、左右フレーム41の前部下部に取り付ける。そして、左右転輪63を各々左右アーム63aに取り付け、該左右アーム63aを第3繋ぎフレーム61に上下方向に回動自在に取り付けると共に、第2繋ぎフレーム60にシリンダ62の基部を枢着する。また、各左右アーム63aの上端より後部に延出した左右延出部材63bの後部に左右シリンダ62の前端を枢着している。

0041

上記のように、刈り取られた茎葉が弾性材より構成される平ベルト56の上面に載せられて搬送されることによって、茎葉が潰されたり引き摺られたりして傷付きにくくなると共に、搬送途中選別作業を行えるので作物の商品価値を高めることができる。

0042

また、操作レバー19cを操作してシリンダ59及び左右シリンダ62を伸縮させることによって、搬送装置Fの平ベルト56と左右転輪63との傾斜角度作業条件に適した角度に調節することができ、刈取装置Eで茎葉が刈り取られやすくなると共に、刈り取られた茎葉が搬送装置Fに載り易くなり作業能率が向上する。

0043

次に、収容部Gの構成について説明する。
前記フレーム6の後部に回動軸94を取り付け、該回動軸94に茎葉を収容する収容袋23を載置する載置台64を折りたたみ可能に取り付けると共に、左右フレーム41に収容袋23を吊り下げる吊り下げ枠93を取り付けている。

0044

上記のように、茎葉を収穫する収容袋23を吊り下げ枠93のフックに吊り下げて取り付けていることにより、該収容袋23が茎葉で満杯になったときは吊り下げ枠93のフックから満杯になった収容袋23を外して載置部Cの載置板22等に載置し、新しい収容袋23を吊り下げ体93のフックに引っ掛けるだけで収容を再開できるので、交換作業が簡単になる。

0045

また、載置部Cの載置板22と収容部Gの載置台64が折りたたみ可能であることによって、該載置板22と載置台64とを折りたたむことによって機体サイズをコンパクトにすることができ、軽トラック等にも積み込みやすくなる。

0046

なお、本実施例では茎葉を収容する手段として収容袋23を例示しているが、載置台64上にコンテナ等を載置して茎葉を収容してもよい。
以下、本件甘藷の茎葉収穫機の別実施例を説明する。

0047

図3図4で示すように、フレーム6の左右前端下部に左右ステー24を、左右クローラ1L,1Rよりも前方且つ後述する刈取装置Eよりも後側上方に取り付け、該左右ステー24の左右間に連結軸25を取り付けると共に、該連結軸25に左右リンクアーム76を上下方向に回動自在に取り付ける。そして、左右リンクアーム76の前端上部に左右ステー77を取り付け、該左右ステー77を、左右引起こし装置42に取り付ける。さらに、該左右引起こし装置42の下部に、左右橇体36を取り付ける。

0048

また、前記フレーム6の右側前端上部に支持フレーム27を取り付ける。さらに、該支持フレーム27及び操縦部Bの操縦台17の上端部に左右リンクアーム75の基部を各々独立して上下方向に回動自在に取り付けると共に、先端部を左右引起こし装置42の上部に取り付ける。また、該支持フレーム27及び操縦部Bの操縦台17の略中央部に左右固定フレーム29を取り付ける。そして、該左右固定フレーム29の機体外側下部と左右回動アーム26の略中央部との間に左右バランススプリング30を取り付けると共に、該左右固定フレーム29の機体内側上部と左右リンクアーム75の略中央部に左右シリンダ31を取り付けて、左右リンク機構78を構成する。

0049

上記のように構成することによって、左右引起こし装置42は左右リンク機構78によって支持されるので、昇降レバー19a,19bを操作して左右シリンダ31を伸縮させ、左右リンクアーム75を上下動させても左右引起こし装置42の傾斜があまり変化しないため、左右引起こし装置42の作業位置を変更しても茎葉の引起こし効率が変わりにくいので、作業能率が安定する。

0050

また、左右リンクアーム76が左右バランススプリング30によって上動方向に付勢されていると共に、左右引起こし装置42の下部に左右橇体36が取り付けられていることによって、左右引起こし装置42は圃場の起伏に応じて自由に上下動して、左右引起こし装置42の作業位置が適正になるので、作業能率が向上する。

0051

図5図6で示すように、搬送装置Fの終端部にバイブレータ79を取り付け、終端部両側に取り付ける左右ステー80に左右ワイヤー81等で連結すると共に、該左右ステー80にスノコ状の伸縮式シュータ82を機体後方に向けて取り付ける。また、収容部Gの載置台64の終端中央部にボス83を取り付け、該ボス83に茎葉を回収する牽引車84を取り付ける。そして、載置台64上且つシュータ81の下方に害虫回収箱85を載置する。

0052

上記のように構成することによって、搬送装置Fの終端部まで搬送された茎葉は、バイブレータ79によって振動させられるスノコ状のシュータ82を通過するので、茎葉に付いている害虫等をスノコ部から害虫回収箱85へと振るい落としてから牽引車84で回収することができ、茎葉の商品価値が向上すると共に、収穫作業後に茎葉から害虫等を取り除く作業を省略でき、作業者の労力を軽減することができる。

0053

また、シュータ82が伸縮自在であることによって、牽引車84に茎葉を投入する位置を変更することができ、茎葉を牽引車84に均一に投入することができるので、茎葉の回収量を増加させることができる。

0054

なお、害虫回収箱85に殺虫効果のある薬剤i等を入れておくと、回収した害虫が箱から逃げ出して再び茎葉に付くのを防止することができるので、茎葉の商品価値が向上する。

0055

図7で示すように、害虫回収箱85の上部に、カーテン86と網体90とを取り付けた網付枠87を取り付ける。
上記のように構成することによって、シュータ82から茎葉が落下しても、茎葉は網体90によって害虫回収箱85内に入るのを防止されるので、収穫作業後に落下した茎葉を回収することができ、収穫量を増やすことができる。

0056

また、網付枠87にカーテン86を取り付けることによって、害虫回収箱85に害虫の好む暗所が形成され、害虫が害虫回収箱85から逃げ出して再び茎葉に付くのを防止することができるので、茎葉の商品価値が向上する。

0057

また、害虫回収箱85に殺虫効果のある薬剤i等を入れておくと、回収した害虫が箱から逃げ出して再び茎葉に付くのを防止することができるので、茎葉の商品価値が向上する。

0058

図8で示すように、収容部Gの吊り下げ枠93の内側にシュータ88を上下方向に回動自在に取り付ける。
上記のように構成することによって、害虫等の少ない圃場や牽引車84を装着しての旋回動作が困難な圃場では、シュータ88を下降させて吊り下げ枠93に収容袋23を取り付けて茎葉の回収を行い、害虫の多い圃場ではシュータ88を上昇させ、牽引車84を取り付けて茎葉の回収を行うことができるので、作業条件に応じた作業形態の切り換えが容易であり、作業能率が向上する。

図面の簡単な説明

0059

茎葉収穫機の側面図である。
茎葉収穫機の平面図である。
茎葉収穫機の別実施例の側面図である。
茎葉収穫機の別実施例の平面図である。
茎葉収穫機の別実施例の側面図である。
茎葉収穫機の別実施例の平面図である。
茎葉収穫機の別実施例の要部断面図である。
茎葉収穫機の別実施例の側面図である。

符号の説明

0060

1L,1R走行装置(左右クローラ)
6機枠(フレーム)
26左右支持部材(左右回動アーム)
28 左右リンク部材(左右リンクアーム)
30 左右バネ部材(左右バランススプリング)
31 左右アクチュエータ(左右シリンダ)
36 左右接地部材(左右橇体)
42左右引起こし装置
66左右連結部材(左右ワイヤー)
F 搬送装置

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 井関農機株式会社の「 歩行型の作物引抜機」が 公開されました。( 2020/04/02)

    【課題】根菜の茎葉部を挟持して根部を引き抜く歩行型の作物引抜機において、抜き残しの根菜を無くすること。【解決手段】根菜の茎葉部を挟持しつつ所定高さまで引抜く引抜搬送装置4の始端下部に根菜の根部上端を挟... 詳細

  • 伊東電機株式会社の「 収穫装置」が 公開されました。( 2020/04/02)

    【課題】本発明は、従来の収穫装置に比べて効率良く収穫可能な収穫装置を提供することを課題とする。【解決手段】収穫物が栽培された栽培トレイから収穫物の被収穫部を収穫するものであり、収穫物の一部を切断する切... 詳細

  • ヤンマー株式会社の「 作業車両」が 公開されました。( 2020/04/02)

    【課題】畝間が狭く傾斜地を有する圃場においても、低重心化が図られ、地面に対する滑りなどによる意図しない旋回が防止され、安定した走行ができる作業車両を提供する。【解決手段】作業車両1は、モータ26を含む... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ