図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2008年2月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (15)

課題

配線を無くして外観を整然とさせ、容易に1台のシンク装置が複数のソース装置通信できるとともに、従来に比べて高速な表示手段の設定情報読込みを実現できるシンク装置を提供する。

解決手段

映像信号無線送信するソース装置(2,3)と、無線送信された映像信号を受信し、受信した映像信号をディスプレイ(13)に表示するシンク装置(1)とを含む無線通信システムにおいて、シンク装置(1)は、ROM(11)からEDID情報読み出してそれを含む無線データ信号をソース装置(2,3)に無線送信する。ソース装置(2,3)はシンク装置(1)から無線送信されたEDID情報を含む無線データ信号を無線受信し、EDID情報に基づいて映像信号をシンク装置(1)に無線送信する。

概要

背景

DMI(High-Definition Multimedia Interface)において有線を介してEDID(Extended Display Identification Data)を送受信して物理アドレスを設定する伝送ステムが特許文献1に開示されている。特許文献1に係る伝送システムは、受信器送信器シリアルリンク具備し、エンコード処理されたデータ(例えば、ビデオオーディオ、及び追加的に他の補助データ)が送信機から受信機に伝送される。

特表2005−514873号公報。
High-Definition Multimedia Interface Specification, Version1.1, HDMILicensing,LLC, California in U.S.A., May 20,2004.

概要

配線を無くして外観を整然とさせ、容易に1台のシンク装置が複数のソース装置通信できるとともに、従来に比べて高速な表示手段の設定情報読込みを実現できるシンク装置を提供する。映像信号無線送信するソース装置(2,3)と、無線送信された映像信号を受信し、受信した映像信号をディスプレイ(13)に表示するシンク装置(1)とを含む無線通信システムにおいて、シンク装置(1)は、ROM(11)からEDID情報読み出してそれを含む無線データ信号をソース装置(2,3)に無線送信する。ソース装置(2,3)はシンク装置(1)から無線送信されたEDID情報を含む無線データ信号を無線受信し、EDID情報に基づいて映像信号をシンク装置(1)に無線送信する。

目的

本発明の目的は以上の問題点を解決し、配線を無くして外観を整然とさせ、容易に1台のシンク装置が複数のソース装置と通信できるとともに、従来に比べて高速な表示手段の設定情報の読込みを実現できるシンク装置、ソース装置、シンク装置用アダプタ装置ソース装置用アダプタ装置、無線通信システム及びその制御方法を提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
5件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

映像信号無線送信するソース装置と、前記無線送信された映像信号を受信し、前記受信した映像信号を表示手段に表示するシンク装置とを備えた無線通信システムのためのシンク装置において、前記表示手段の設定情報を格納する第1の記憶手段と、所定の無線データ信号を前記ソース装置に無線送信する無線送信手段と、前記第1の記憶手段から前記設定情報を読み出して、前記読み出した設定情報を含む無線データ信号を無線送信するように前記無線送信手段を制御する制御手段と、前記第1の記憶手段から読み出した設定情報を格納する第2の記憶手段とを備え、前記第2の記憶手段はさらに、前記ソース装置からの無線データ信号に含まれるソース装置の第1の識別情報と、前記ソース装置に割り当てられる第2の識別情報とを対応付けて格納するノード情報テーブルを格納し、前記制御手段は、前記第1の記憶手段から前記設定情報を読み出して前記第2の記憶手段に格納し、前記第2の記憶手段から前記設定情報を読み出し、前記ソース装置からの無線データ信号を無線受信したとき、前記無線受信した無線データ信号に含まれる前記第1の識別情報に対応する前記第2の識別情報を前記ノード情報テーブルから読み出して、当該第2の識別情報と、前記第2の記憶手段から読み出された設定情報とを含む無線データ信号を前記ソース装置に無線送信するように前記無線送信手段を制御することを特徴とするシンク装置。

請求項2

前記第2の記憶手段の読み出し速度は、前記第1の記憶手段の読み出し速度よりも速いことを特徴とする請求項1記載のシンク装置。

請求項3

上記制御手段は、前記ソース装置からの要求信号応答して、当該第2の識別情報と、前記第2の記憶手段から読み出された設定情報とを含む無線データ信号を無線送信するように前記無線送信手段を制御する請求項1又は2記載のシンク装置。

請求項4

前記制御手段は、前記第1の記憶手段から設定情報を読み出して前記第2の記憶手段に格納するとき、前記設定情報のうちの少なくとも一部を選択して格納することを特徴とする請求項1乃至3のうちのいずれか1つに記載のシンク装置。

請求項5

前記設定情報のうちの少なくとも一部は、前記シンク装置が受信可能な無線伝送速度伝送可能な設定情報であることを特徴とする請求項4記載のシンク装置。

請求項6

前記第1の識別情報は機器IDであり、前記第2の識別情報は物理アドレスであることを特徴とする請求項1乃至5のうちのいずれか1つに記載のシンク装置。

請求項7

映像信号を無線送信するソース装置と、請求項1乃至6のうちのいずれか1つに記載のシンク装置とを備えた無線通信システムであって、前記ソース装置は、前記シンク装置から無線送信された前記設定情報を含む無線データ信号を無線受信し、前記設定情報に基づいて映像信号を前記シンク装置に無線送信する無線送受信手段を備えたことを特徴とする無線通信システム。

請求項8

映像信号を無線送信するソース装置と、前記無線送信された映像信号を受信し、前記受信した映像信号を表示手段に表示するシンク装置とを備えた無線通信システムの制御方法において、前記シンク装置は、前記表示手段の設定情報を格納する第1の記憶手段と、前記第1の記憶手段から読み出した設定情報を格納する第2の記憶手段とを備え、前記第2の記憶手段はさらに、前記ソース装置からの無線データ信号に含まれるソース装置の第1の識別情報と、前記ソース装置に割り当てられる第2の識別情報とを対応付けて格納するノード情報テーブルを格納し、前記シンク装置は、前記第1の記憶手段から前記設定情報を読み出して前記第2の記憶手段に格納し、前記第2の記憶手段から前記設定情報を読み出し、前記ソース装置からの無線データ信号を無線受信したとき、前記無線受信した無線データ信号に含まれる前記第1の識別情報に対応する前記第2の識別情報を前記ノード情報テーブルから読み出して、当該第2の識別情報と、前記第2の記憶手段から読み出された設定情報とを含む無線データ信号を前記ソース装置に無線送信するステップと、前記ソース装置は、前記シンク装置から無線送信された前記設定情報を含む無線データ信号を無線受信し、前記設定情報に基づいて映像信号を前記シンク装置に無線送信するステップとを含むことを特徴とする無線通信システムの制御方法。

請求項9

映像信号を無線送信するソース装置用アダプタ装置と、前記無線送信された映像信号を受信し、前記受信した映像信号をシンク装置の表示手段に出力して表示するシンク装置用アダプタ装置とを備えた無線通信システムのためのシンク装置用アダプタ装置であって、所定の無線データ信号をソース装置用アダプタ装置に無線送信する無線送信手段と、前記シンク装置から読み出した設定情報を格納する記憶手段と、前記記憶手段から設定情報を読み出して、前記読み出した設定情報を含む無線データ信号を前記ソース装置用アダプタ装置に無線送信するように前記無線送信手段を制御する制御手段とを備え、前記記憶手段はさらに、前記ソース装置用アダプタ装置からの無線データ信号に含まれるソース装置の第1の識別情報と、前記ソース装置に割り当てられる第2の識別情報とを対応付けて格納するノード情報テーブルを格納し、前記制御手段は、前記ソース装置用アダプタ装置からの無線データ信号を無線受信したとき、前記無線受信した無線データ信号に含まれる前記第1の識別情報に対応する前記第2の識別情報を前記ノード情報テーブルから読み出して、当該第2の識別情報と、前記記憶手段から読み出された設定情報とを含む無線データ信号を前記ソース装置用アダプタ装置に無線送信するように前記無線送信手段を制御することを特徴とするシンク装置用アダプタ装置。

請求項10

上記制御手段は、前記ソース装置用アダプタ装置からの要求信号に応答して、当該第2の識別情報と、前記第2の記憶手段から読み出された設定情報とを含む無線データ信号を無線送信するように前記無線送信手段を制御する請求項9記載のシンク装置用アダプタ装置。

請求項11

映像信号を無線送信するソース装置用アダプタ装置と、請求項9又は10記載のシンク装置用アダプタ装置とを備えた無線通信システムであって、前記ソース装置用アダプタ装置は、前記シンク装置用アダプタ装置から無線送信された前記設定情報を含む無線データ信号を無線受信し、前記設定情報に基づいて映像信号を前記シンク装置用アダプタ装置に無線送信する無線送受信手段を備えたことを特徴とする無線通信システム。

請求項12

映像信号を無線送信するソース装置用アダプタ装置と、前記無線送信された映像信号を受信し、前記受信した映像信号をシンク装置の表示手段に出力して表示するシンク装置用アダプタ装置とを備えた無線通信システムの制御方法であって、前記シンク装置用アダプタ装置は、シンク装置から読み出した設定情報を格納する記憶手段を備え、前記記憶手段はさらに、前記ソース装置用アダプタ装置からの無線データ信号に含まれるソース装置の第1の識別情報と、前記ソース装置に割り当てられる第2の識別情報とを対応付けて格納するノード情報テーブルを格納する記憶手段を備え、前記シンク装置用アダプタ装置は、前記シンク装置から読み出した設定情報を記憶手段に格納するステップと、前記シンク装置用アダプタ装置は、前記記憶手段から設定情報を読み出して、前記ソース装置用アダプタ装置からの無線データ信号を無線受信したとき、前記無線受信した無線データ信号に含まれる前記第1の識別情報に対応する前記第2の識別情報を前記ノード情報テーブルから読み出して、当該第2の識別情報と、前記記憶手段から読み出された設定情報とを含む無線データ信号を前記ソース装置用アダプタ装置に無線送信するステップと、前記ソース装置用アダプタ装置は、前記シンク装置用アダプタ装置から無線送信された前記設定情報を含む無線データ信号を無線受信し、前記設定情報に基づいて映像信号を前記シンク装置用アダプタ装置に無線送信するステップとを含むことを特徴とする無線通信システムの制御方法。

技術分野

0001

本発明は、HDMI(High-Definition Multimedia Interface)規格に従って映像信号無線送受信する無線通信システムにおいて、表示手段の設定情報を無線送受信するシンク装置ソース装置シンク装置用アダプタ装置ソース装置用アダプタ装置、無線通信システム及びその制御方法に関する。

背景技術

0002

HDMI(High-Definition Multimedia Interface)において有線を介してEDID(Extended Display Identification Data)を送受信して物理アドレスを設定する伝送ステムが特許文献1に開示されている。特許文献1に係る伝送システムは、受信器送信器シリアルリンク具備し、エンコード処理されたデータ(例えば、ビデオオーディオ、及び追加的に他の補助データ)が送信機から受信機に伝送される。

0003

特表2005−514873号公報。
High-Definition Multimedia Interface Specification, Version1.1, HDMILicensing,LLC, California in U.S.A., May 20,2004.

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、上記特許文献1に係る伝送方法及びシステムにおいては、EDIDを送受信して物理アドレスを設定するために有線を用いるので、配線によって外観が乱雑に見えるだけでなく、通信装置が1本の配線につき1台の通信装置としか通信することができず、他の通信装置と通信する場合には、いちいちケーブル繋ぎ替える手間が掛かるという問題点があった。

0005

また、通信装置間EDID情報読込みにDDC(Display Data Channel)を使用しているため、EDID情報の読込みに時間が掛かるという問題点があった。

0006

本発明の目的は以上の問題点を解決し、配線を無くして外観を整然とさせ、容易に1台のシンク装置が複数のソース装置と通信できるとともに、従来に比べて高速な表示手段の設定情報の読込みを実現できるシンク装置、ソース装置、シンク装置用アダプタ装置、ソース装置用アダプタ装置、無線通信システム及びその制御方法を提供することにある。

課題を解決するための手段

0007

第1の発明に係るシンク装置は、映像信号を無線送信するソース装置と、前記無線送信された映像信号を受信し、前記受信した映像信号を表示手段に表示するシンク装置とを備えた無線通信システムのためのシンク装置において、前記表示手段の設定情報を格納する第1の記憶手段と、所定の無線データ信号を前記ソース装置に無線送信する無線送信手段と、前記第1の記憶手段から前記設定情報を読み出して、前記読み出した設定情報を含む無線データ信号を無線送信するように前記無線送信手段を制御する制御手段と、前記第1の記憶手段から読み出した設定情報を格納する第2の記憶手段とを備え、前記第2の記憶手段はさらに、前記ソース装置からの無線データ信号に含まれるソース装置の第1の識別情報と、前記ソース装置に割り当てられる第2の識別情報とを対応付けて格納するノード情報テーブルを格納し、前記制御手段は、前記第1の記憶手段から前記設定情報を読み出して前記第2の記憶手段に格納し、前記第2の記憶手段から前記設定情報を読み出し、前記ソース装置からの無線データ信号を無線受信したとき、前記無線受信した無線データ信号に含まれる前記第1の識別情報に対応する前記第2の識別情報を前記ノード情報テーブルから読み出して、当該第2の識別情報と、前記第2の記憶手段から読み出された設定情報とを含む無線データ信号を前記ソース装置に無線送信するように前記無線送信手段を制御することを特徴とする。

0008

上記シンク装置において、前記第2の記憶手段の読み出し速度は、前記第1の記憶手段の読み出し速度よりも速いことを特徴とする。

0009

また、上記シンク装置において、上記制御手段は、前記ソース装置からの要求信号応答して、当該第2の識別情報と、前記第2の記憶手段から読み出された設定情報とを含む無線データ信号を無線送信するように前記無線送信手段を制御する。

0010

さらに、上記シンク装置において、前記制御手段は、前記第1の記憶手段から設定情報を読み出して前記第2の記憶手段に格納するとき、前記設定情報のうちの少なくとも一部を選択して格納することを特徴とする。ここで、前記設定情報のうちの少なくとも一部は、前記シンク装置が受信可能な無線伝送速度で伝送可能な設定情報であることを特徴とする。

0011

またさらに、上記シンク装置において、前記第1の識別情報は機器IDであり、前記第2の識別情報は物理アドレスであることを特徴とする。

0012

第2の発明に係る無線通信システムは、映像信号を無線送信するソース装置と、請求項1乃至6のうちのいずれか1つに記載のシンク装置とを備えた無線通信システムであって、
前記ソース装置は、前記シンク装置から無線送信された前記設定情報を含む無線データ信号を無線受信し、前記設定情報に基づいて映像信号を前記シンク装置に無線送信する無線送受信手段を備えたことを特徴とする。

0013

第3の発明に係る無線通信システムの制御方法は、映像信号を無線送信するソース装置と、前記無線送信された映像信号を受信し、前記受信した映像信号を表示手段に表示するシンク装置とを備えた無線通信システムの制御方法において、前記シンク装置は、前記表示手段の設定情報を格納する第1の記憶手段と、前記第1の記憶手段から読み出した設定情報を格納する第2の記憶手段とを備え、前記第2の記憶手段はさらに、前記ソース装置からの無線データ信号に含まれるソース装置の第1の識別情報と、前記ソース装置に割り当てられる第2の識別情報とを対応付けて格納するノード情報テーブルを格納し、前記シンク装置は、前記第1の記憶手段から前記設定情報を読み出して前記第2の記憶手段に格納し、前記第2の記憶手段から前記設定情報を読み出し、前記ソース装置からの無線データ信号を無線受信したとき、前記無線受信した無線データ信号に含まれる前記第1の識別情報に対応する前記第2の識別情報を前記ノード情報テーブルから読み出して、当該第2の識別情報と、前記第2の記憶手段から読み出された設定情報とを含む無線データ信号を前記ソース装置に無線送信するステップと、前記ソース装置は、前記シンク装置から無線送信された前記設定情報を含む無線データ信号を無線受信し、前記設定情報に基づいて映像信号を前記シンク装置に無線送信するステップとを含むことを特徴とする。

0014

第4の発明に係るシンク装置用アダプタ装置は、映像信号を無線送信するソース装置用アダプタ装置と、前記無線送信された映像信号を受信し、前記受信した映像信号をシンク装置の表示手段に出力して表示するシンク装置用アダプタ装置とを備えた無線通信システムのためのシンク装置用アダプタ装置であって、所定の無線データ信号をソース装置用アダプタ装置に無線送信する無線送信手段と、前記シンク装置から読み出した設定情報を格納する記憶手段と、前記記憶手段から設定情報を読み出して、前記読み出した設定情報を含む無線データ信号を前記ソース装置用アダプタ装置に無線送信するように前記無線送信手段を制御する制御手段とを備え、前記記憶手段はさらに、前記ソース装置用アダプタ装置からの無線データ信号に含まれるソース装置の第1の識別情報と、前記ソース装置に割り当てられる第2の識別情報とを対応付けて格納するノード情報テーブルを格納し、前記制御手段は、前記ソース装置用アダプタ装置からの無線データ信号を無線受信したとき、前記無線受信した無線データ信号に含まれる前記第1の識別情報に対応する前記第2の識別情報を前記ノード情報テーブルから読み出して、当該第2の識別情報と、前記記憶手段から読み出された設定情報とを含む無線データ信号を前記ソース装置用アダプタ装置に無線送信するように前記無線送信手段を制御することを特徴とする。

0015

上記シンク装置用アダプタ装置において、上記制御手段は、前記ソース装置用アダプタ装置からの要求信号に応答して、当該第2の識別情報と、前記第2の記憶手段から読み出された設定情報とを含む無線データ信号を無線送信するように前記無線送信手段を制御する。

0016

第5の発明に係る無線通信システムにおいて、映像信号を無線送信するソース装置用アダプタ装置と、請求項9又は10記載のシンク装置用アダプタ装置とを備えた無線通信システムであって、前記ソース装置用アダプタ装置は、前記シンク装置用アダプタ装置から無線送信された前記設定情報を含む無線データ信号を無線受信し、前記設定情報に基づいて映像信号を前記シンク装置用アダプタ装置に無線送信する無線送受信手段を備えたことを特徴とする。

0017

第6の発明に係る無線通信システムの制御方法において、映像信号を無線送信するソース装置用アダプタ装置と、前記無線送信された映像信号を受信し、前記受信した映像信号をシンク装置の表示手段に出力して表示するシンク装置用アダプタ装置とを備えた無線通信システムの制御方法であって、前記シンク装置用アダプタ装置は、シンク装置から読み出した設定情報を格納する記憶手段を備え、前記記憶手段はさらに、前記ソース装置用アダプタ装置からの無線データ信号に含まれるソース装置の第1の識別情報と、前記ソース装置に割り当てられる第2の識別情報とを対応付けて格納するノード情報テーブルを格納する記憶手段を備え、前記シンク装置用アダプタ装置は、前記シンク装置から読み出した設定情報を記憶手段に格納するステップと、前記シンク装置用アダプタ装置は、前記記憶手段から設定情報を読み出して、前記ソース装置用アダプタ装置からの無線データ信号を無線受信したとき、前記無線受信した無線データ信号に含まれる前記第1の識別情報に対応する前記第2の識別情報を前記ノード情報テーブルから読み出して、当該第2の識別情報と、前記記憶手段から読み出された設定情報とを含む無線データ信号を前記ソース装置用アダプタ装置に無線送信するステップと、前記ソース装置用アダプタ装置は、前記シンク装置用アダプタ装置から無線送信された前記設定情報を含む無線データ信号を無線受信し、前記設定情報に基づいて映像信号を前記シンク装置用アダプタ装置に無線送信するステップとを含むことを特徴とする。

発明の効果

0018

従って、本発明に係るシンク装置、ソース装置、シンク装置用アダプタ装置、ソース装置用アダプタ装置、無線通信システム及びその制御方法によれば、シンク装置の表示手段の設定情報を、無線回線を介して送受信するので、配線を無くして外観を整然とさせ、容易に1台のシンク装置が複数のソース装置と通信できるとともに、従来に比べて高速な表示手段の設定情報の読込みを実現できる。

0019

さらに、ソース装置からの無線データ信号に含まれる第1の識別情報に対応する第2の識別情報をノード情報テーブルから読み出して、その第2の識別情報を含む無線データ信号をソース装置に無線送信することにより、容易に各ソース装置に第2の識別情報を設定することができる。

発明を実施するための最良の形態

0020

第1の実施形態.
図1は、本発明の第1の実施形態に係る無線通信システムの構成を示すブロック図である。図1において、本実施形態に係る無線通信システムは、例えばテレビジョン受像機等を含むシンク装置1と、例えばDVDプレーヤ等を含むソース装置2及び3とを備えて構成され、シンク装置1及びソース装置2及び3は、CEC(Consumer Electronics Control)メッセージを含む無線信号を互いに無線送受信する。図1において、一例として1台のシンク装置1と2台のソース装置2及び3とが無線通信する場合について図示するが、1台のシンク装置1と1台のソース装置とが無線通信しても、1台のシンク装置1と3台以上のソース装置とが無線通信してもよく、若しくはシンク装置1がソース装置に代えてリピータ装置と無線通信してもよい。

0021

図2は、図1のシンク装置1の詳細構成を示すブロック図である。図2において、シンク装置1は、コントローラ10と、音声信号及び映像信号処理回路9と、ROM11と、DRAM12と、ディスプレイ13と、スピーカ14と、無線送受信回路15と、アンテナ16とを備えて構成される。無線送受信回路15は、アンテナ16を介してソース装置2又は3から送信された無線AV信号に対して、周波数変換処理受信パケット処理及びデコード処理を行った後、処理後の映像信号及び音声信号を含むAV信号を音声信号及び映像信号処理回路9に出力するとともに、アンテナ16を介して受信された無線データ信号に対して、周波数変換処理、受信パケット処理及びデコード処理を行った後、処理後のデータ信号をコントローラ10に出力する。また、無線送受信回路15は、コントローラ10から出力されるデータ信号をエンコードし、送信パケットを生成して、所定の周波数を有する搬送波を送信パケットに従って変調することにより、無線データ信号を生成してアンテナ16を介してソース装置2又は3に送信する。

0022

音声信号及び映像信号処理回路9は、無線送受信回路15から出力されるAV信号を映像信号及び音声信号に分離して、映像信号をディスプレイ13に出力して表示し、音声信号をスピーカ14に出力する。ROM11は、プラグアンドプレイを実行するために、ディスプレイ13の解像度等の設定情報であるEDID情報を含むEDIDテーブル11aを格納する。DRAM12は、EDIDテーブル12aと、図4を参照して後述するノード情報テーブル12bとを格納する。一般に、DRAM12の読み出し速度は、ROM11の読み出し速度よりも速い。

0023

コントローラ10は、ソース装置2又は3の物理アドレスをシンク装置1に設定するための制御信号認証要求信号認証完了信号、EDID要求信号、EDID応答信号、接続完了通知信号及び接続完了応答信号を含む。)を含むデータ信号を生成して無線送受信回路15に出力するとともに、アンテナ16及び無線送受信回路15を介してソース装置2又は3から受信したデータ信号に基づいて、無線接続処理図9を参照して後述する。)を実行する。また、コントローラ10は、ROM11からの読み出し、DRAM12からの読み出し、DRAM12への書き込み、及び音声信号及び映像信号処理回路9の制御を実行する。

0024

図3は、図1のソース装置2,3の詳細構成を示すブロック図である。図3において、ソース装置2,3は、コントローラ20と、DRAM21と、DVDプレーヤ22と、無線送受信回路25と、アンテナ26とを備えて構成される。DVDプレーヤ22は、コントローラ20からの制御に基づいて、DVD等の記録媒体に記録された映像信号及び音声信号を読み出して無線送受信回路25に出力する。無線送受信回路25は、DVDプレーヤ22により読み出された映像信号及び音声信号をエンコードし、送信パケットを生成して、所定の周波数を有する搬送波を生成された送信パケットに従って変調することにより、無線AV信号を生成してアンテナ26を介してシンク装置1に送信するとともに、コントローラ20から出力されるデータ信号をエンコードし、送信パケット処理を生成して、所定の周波数を有する搬送波を、生成された送信パケットに従って変調することにより、無線データ信号を生成してアンテナ26を介してシンク装置2に送信する。また、無線送受信回路25は、所定の周波数を有する無線データ信号をシンク装置1からアンテナ26を介して受信して、周波数変換処理、受信パケット処理及びデコード処理を行った後、処理後のデータ信号をコントローラ20に出力する。

0025

コントローラ20は、ソース装置2又は3の物理アドレスをシンク装置1に設定するための制御信号を含むデータ信号を生成して無線送受信回路25に出力するとともに、アンテナ26及び無線送受信回路25を介してシンク装置1から受信したデータ信号に基づいて、無線接続処理(図10を参照して後述する。)を実行する。また、コントローラ20は、DRAM21からの読み出し、DRAM21への書き込み、DVDプレーヤ22の制御を実行する。

0026

図4は、図2のシンク装置1のノード情報テーブル12bの一例を示すテーブルである。図4のノード情報テーブル12bにおいて、シンク装置1と無線通信するソース装置2,3の識別番号と、シンク装置1との間で無線接続処理が完了した各ソース装置2,3の無線インタフェースにおける、例えばMACアドレスである各装置2,3の機器IDと、各ソース装置2,3のHDMIにおける物理アドレスとが互いに対応付けられて格納されている。各ソース装置に割り当てられる物理アドレスは、「0.0.0.0」から「F.F.F.F」までのいずれかの値をとり、シンク装置1自身には例えば物理アドレス「0.0.0.0」が予め割り当てられている。

0027

図5及び図6は、それぞれEDID要求信号及びEDID応答信号の各フォーマットの一例を示す信号構成図である。図5において、EDID要求信号のフォーマットは、宛先機器ID領域801と、送信元機器ID領域802と、シーケンス番号領域803と、タイプ領域804とを含む。宛先機器ID領域801は、EDID要求信号を送信する宛先の装置であるシンク装置1の機器IDを格納する。送信元機器ID領域802は、EDID要求信号を送信する送信元の装置であるソース装置2又は3の機器IDを格納する。シーケンス番号領域803は、コントローラ20内の内部カウンタに従ったシーケンス番号を格納する。タイプ領域804は、EDID要求信号のタイプを示す値を格納する。図6において、EDID応答信号のフォーマットは、宛先機器ID領域901と、送信元機器ID領域902と、シーケンス番号領域903と、タイプ領域904と、EDID情報領域905とを含む。宛先機器ID領域901は、EDID応答信号を送信する宛先の装置であるソース装置2又は3の機器IDを格納する。送信元機器ID領域902は、EDID応答信号を送信する送信元の装置であるシンク装置1の機器IDを格納する。シーケンス番号領域903は、図5のEDID要求信号のシーケンス番号領域803に含まれる値と同一の値を格納する。タイプ領域904は、EDID応答信号のタイプを示す値を格納する。EDID情報領域905は、DRAM12から読み出されたEDIDテーブル12aのEDID情報が格納される。

0028

図7及び図8は、それぞれ接続完了通知信号及び接続完了応答信号の各フォーマットの一例を示す信号構成図である。図7において、接続完了通知信号のフォーマットは、宛先機器ID領域1001と、送信元機器ID領域1002と、シーケンス番号領域1003と、タイプ領域1004とを有する。宛先機器ID領域1001は、接続完了通知信号を送信する宛先の装置であるシンク装置1の機器IDを格納する。送信元機器ID領域1002は、接続完了通知信号を送信する送信元の装置であるソース装置2又は3の機器IDを格納する。シーケンス番号領域1003は、内部カウンタに従ったシーケンス番号を格納する。タイプ領域1004は、接続完了通知信号のタイプを示す値を格納する。図8において、接続完了応答信号のフォーマットは、宛先機器ID領域1101と、送信元機器ID領域1102と、シーケンス番号領域1103と、タイプ領域1104とを有する。宛先機器ID領域1101は、接続完了応答信号を送信する宛先の装置であるソース装置2又は3の機器IDを格納する。送信元機器ID領域1102は、接続完了応答信号を送信する送信元の装置であるシンク装置1の機器IDを格納する。シーケンス番号領域1103は、接続完了通知信号のシーケンス番号領域1003に含まれる値と同一の値を格納する。タイプ領域1104は、接続完了応答信号のタイプを示す値を格納する。

0029

図9は、図1のシンク装置1のコントローラ10による無線接続処理を示すフローチャートである。図9のステップS10において、まず、ROM11からEDIDテーブル11aを、DDCを用いて読み出し、DRAM12のEDIDテーブル12aに格納する。次に、ステップ11において、ソース装置2から認証要求信号を受信したか否かを判断し、YESのときはステップS12に進む一方、NOのときはステップS11に戻って処理を繰り返す。ステップ12において、認証要求信号に含まれるソース装置2の機器IDが既にノード情報テーブル12bに格納されているか否かを判断することによって認証処理を行い、YESのときはステップS14に進む一方、NOのときはステップS13に進む。ステップS13において、認証要求信号に含まれるソース装置2の機器IDに物理アドレスを割り当て、当該機器IDと当該物理アドレスとを対応付けてノード情報テーブル12bに格納して登録する。ステップS14において、ソース装置2に認証完了信号を送信する。

0030

ステップS15において、ノード情報テーブル12bから認証要求信号に含まれるソース装置2の機器IDに対応するHDMIにおける物理アドレス(例えば、1.0.0.0)を読み出し、読み出した物理アドレスを、EDIDテーブル12a内のEDID情報の物理アドレス格納領域にセットする。ステップS16において、ソース装置2からEDID要求信号を受信したか否かが判断され、YESのときはステップS17に進む一方、NOのときはステップS16に戻って処理を繰り返す。ステップS17において、DRAM12からEDIDテーブル12aを読み出して、EDIDテーブル12aに含まれるEDID情報をEDID応答信号のEDID情報領域905にセットし、ソース装置2にEDID応答信号を送信する。ステップS18において、ソース装置2から接続完了通知を受信したか否かが判断され、YESのときはステップS19に進む一方、NOのときはステップS18に戻って処理を繰り返す。ステップS19において、ソース装置2に接続完了応答信号を送信して処理を終了する。以上のシンク装置1のコントローラ10による無線接続処理は、ソース装置3についても同様に実行される。

0031

図10は、ソース装置2のコントローラ20による無線接続処理を示すフローチャートである。図10のステップS20において、まず、認証要求信号をブロードキャスト送信する。ステップ21において、シンク装置1から認証完了信号を受信したか否かが判断され、YESのときはステップS22に進む一方、NOのときはステップS21に戻って処理を繰り返す。次に、ステップS22において、シンク装置1にEDID要求信号を送信する。ステップS23において、シンク装置1からEDID応答信号を受信したか否かが判断され、YESのときはステップS24に進む一方、NOのときはステップS23に戻って処理を繰り返す。次に、ステップS24において、受信されたEDID応答信号に含まれるEDID情報をROM21の仮想EDIDテーブル21aに格納する。ステップS25において、シンク装置1に接続完了通知信号を送信する。次に、ステップS26において、シンク装置1から接続完了応答信号を受信したか否かが判断され、YESのときはステップS27に進む一方、NOのときはステップS26に戻って処理を繰り返す。ステップS27において、HPD(Hot Plug Detect)信号をオンにして出力し、シンク装置1によってソース装置2に割り当てられた物理アドレスをDRAM21の仮想EDIDテーブル21aから読み出してソース装置2自身としての物理アドレスに設定し、仮想EDIDテーブル21aからEDID情報内のシンク装置1のディスプレイ13の設定情報を読み出して設定し、処理を終了する。ソース装置2は、設定された設定情報に基づいて、映像信号及び音声信号をシンク装置1に無線送信する。以上のソース装置2のコントローラ20による無線接続処理は、ソース装置3についても同様に実行される。

0032

図11は、図1のシンク装置1及びソース装置2,3間で送受信される信号を示すシーケンス図である。図11において、シンク装置1の電源オン状態において、ソース装置2の電源がオンになると、まず、ソース装置2はシンク装置1に認証要求信号を送信する。シンク装置1は、認証要求信号に応答して認証処理を実行した後、ソース装置2に認証完了信号を送信する。ソース装置2は、認証完了信号に応答して、EDID要求信号をシンク装置1に送信する。シンク装置1は、EDID要求信号に応答して、EDID情報を含むEDID応答信号を送信する。ソース装置2は、EDID応答信号に応答して、接続完了通知信号をシンク装置1に送信し、シンク装置1は、接続完了通知信号に応答して、接続完了応答信号をソース装置2に送信する。以上の無線接続処理の完了後、シンク装置1から通信相手としてソース装置2を選択するための装置指定信号が送信され、ソース装置2は装置指定信号に応答してACK信号をシンク装置1に送信する。その後、シンク装置1及びソース装置2間のAVデータ伝送処理が開始される。続いて、ソース装置3の電源がオンになると、シンク装置1はソース装置3との間で同様の通信手順で各信号を送受信する。シンク装置1は、EDID要求信号に応答して、EDID情報を含むEDID応答信号を送信することにより、確実にEDID情報及びソース装置2,3に割り当てられた物理アドレスをソース装置2,3に送信し、シンク装置1とソース装置2,3との通信を確立することができる。

0033

以上説明したように、本実施形態に係る無線伝送システムによれば、シンク装置1及びソース装置2間でディスプレイ13の設定情報を含むEDID情報を無線送受信するので、配線を無くして外観を整然とさせ、容易に1台のシンク装置1が複数のソース装置2,3と通信できるとともに、従来に比べて高速なEDID情報の読込みを実現できる。

0034

なお、本実施形態において、ソース装置2及び3のDRAM21は、仮想EDIDテーブル21aを格納するが、本発明はこれに限らず、EDID情報が必要なときに毎回コントローラ20によりEDID要求信号をシンク装置1に送信してEDID情報を取得してもよい。

0035

また、図4に示したノード情報テーブル12b、及び、図5図8に示した各制御信号のフォーマットは、単なる一例であって、他の構成を有するフォーマットが用いられてもよい。

0036

さらに、シンク装置1において、コントローラ10によりROM11からEDIDテーブル11aを読み出すとき、EDID情報の設定情報のうち無線通信に必要な一部の設定情報を選択して読み出してEDIDテーブル12aに格納してもよい。若しくは、EDID情報のうち、ディスプレイ13で表示可能でかつ無線送受信回路15が受信可能な無線データ伝送速度で伝送可能な映像フォーマットのみを送信してもよい。具体的には、例えば、図14に示すように、例えば、無線データ伝送速度が3Gbps以下であるとき、EDID情報に含まれる設定情報の全映像フォーマット情報のうち解像度1080pに対応する映像フォーマット情報を削除し、無線データ伝送速度が1.5Gbps以下であるとき、全映像フォーマット情報のうち解像度1080p,1080iに対応する映像フォーマット情報を削除し、無線データ伝送速度が1.3Gbps以下であるとき、全映像フォーマット情報のうち解像度1080p,1080i,720pに対応する映像フォーマット情報を削除し、無線データ伝送速度が0.5Gbps以下であるとき、全映像フォーマット情報のうち解像度1080p,1080i,720p,480pに対応する映像フォーマット情報を削除してソース装置2に無線送信してもよい。

0037

またさらに、シンク装置1のEDID情報は、EDID応答信号に挿入されて無線送信されたが、本発明はこの構成に限らず、EDID応答信号に代えてシンク装置1から定期的に送信されるビーコン信号等に挿入されて無線送信されてもよい。

0038

なお、図11において、無線接続処理は、ソース装置2の電源オンのタイミングで実行されたが、これに限らず、シンク装置1のディスプレイ13の電源投入時や、シンク装置1及びソース装置2,3の接続時等、他のタイミングで実行されてもよい。

0039

第2の実施形態.
図12は、本発明の第2の実施形態に係る無線通信システムのシンク装置1A及びシンク装置用アダプタ装置35の構成を示すブロック図である。また、図13は、本実施形態に係る無線通信システムのソース装置2A及びソース装置用アダプタ装置45の構成を示すブロック図である。図12及び図13において、本実施形態に係る無線通信システムは、シンク装置1Aと、ソース装置2Aと、シンク装置用アダプタ装置35及びソース装置用アダプタ装置45とを備えて構成される。図12に示すシンク装置1Aは、図2のコントローラ10、DRAM12、無線送受信回路15及びアンテナ16に代えて、コントローラ10A及び有線送受信回路33を備えた点において、図2に示した第1の実施形態に係る無線通信システムに係るシンク装置1とは異なる。また、図13に示すソース装置2Bは、図3のコントローラ20、DRAM21、無線送受信回路25及びアンテナ26に代えて、コントローラ20A及び有線送受信回路43を備えた点において、図3に示した第1の実施形態に係る無線通信システムに係るソース装置2とは異なる。それ以外の点については、第1の実施形態に係る無線通信システムと同様であり、同一符号を付した構成要素についての詳細な説明は省略する。

0040

図12において、シンク装置1Aの有線送受信回路33は、ケーブルC1を介してシンク装置用アダプタ装置35からAV信号を受信して、音声信号及び映像信号処理回路9に出力するとともに、ケーブルC1を介してシンク装置用アダプタ装置35からデータ信号を受信して、コントローラ10Aに出力する。コントローラ10Aは、ROM11からEDIDテーブル11aを読み出して、有線送受信回路33及びケーブルC1を介してシンク装置用アダプタ装置35に送信する。

0041

シンク装置用アダプタ装置35は、コントローラ30と、有線送受信回路31と、無線送受信回路32と、DRAM34と、アンテナ36とを備えて構成される。有線送受信回路31は、アンテナ36及び無線送受信回路32を介してソース装置2Aから受信したAV信号を、ケーブルC1を介してシンク装置1Aに送信するとともに、ケーブルC1を介してシンク装置1AからAV信号及びEDIDテーブル11aを受信して、コントローラ30に出力する。DRAM34は、EDIDテーブル34aと、図4に示したノード情報テーブル12bと同様の構成を有するノード情報テーブル34bとを格納する。DRAM34内のEDIDテーブル34aは、ROM11内のEDIDテーブル11aの内容を含む。無線送受信回路32及びアンテナ36は、第1の実施形態に係る無線通信システムのシンク装置1の無線送受信回路15、アンテナ16と同様に構成される。

0042

コントローラ30は、ソース装置2Aの物理アドレスをシンク装置用アダプタ装置35に設定するための制御信号を含むデータ信号を生成して無線送受信回路32に出力するとともに、アンテナ36及び無線送受信回路32を介してソース装置2Aから受信したデータ信号に基づいて、無線接続処理を実行する。

0043

図13において、ソース装置2Aの有線送受信回路43は、DVDプレーヤにより読み出された映像信号及び音声信号を、ケーブルC2を介してソース装置用アダプタ装置45に送信する一方、ソース装置用アダプタ装置45からケーブルC2を介して受信した制御情報をコントローラ20Aに出力する。コントローラ20Aは、有線送受信回路43から出力された制御情報に基づいてDVDプレーヤ22を制御する。

0044

ソース装置用アダプタ装置45は、コントローラ40と、有線送受信回路41と、無線送受信回路42と、DRAM44と、アンテナ46とを備えて構成される。有線送受信回路41は、ケーブルC2を介してソース装置2Aから受信したAV信号を、アンテナ46及び無線送受信回路42を介してシンク装置1Aに送信するとともに、無線送受信回路42及びアンテナ46を介してシンク装置用アダプタ装置35から受信したデータ信号を、ケーブルC2を介してシンク装置用アダプタ装置35に送信する。DRAM44は、仮想EDIDテーブル44aを格納する。無線送受信回路42及びアンテナ46は、第1の実施形態に係る無線通信システムのソース装置2の無線送受信回路25、アンテナ26と同様に構成される。

0045

コントローラ40は、ソース装置2Aの物理アドレスをシンク装置用アダプタ装置35に設定するための制御信号を含むデータ信号を生成して無線送受信回路42に出力するとともに、アンテナ46及び無線送受信回路42を介してシンク装置用アダプタ装置35から受信したデータ信号に基づいて、無線接続処理を実行する。

0046

以上説明したように、第2の実施形態に係る無線通信システムによれば、有線インタフェースしか備えていないシンク装置1A又はソース装置2Aにおいても、シンク装置1Aにシンク装置用アダプタ装置35を装着し、ソース装置2Aにソース装置用アダプタ装置45を装着することで、シンク装置1AのEDID情報を無線で読み込むことができ、ソース装置2Aの物理アドレスを、無線回線を介して設定することが可能となる。

0047

なお、第1及び第2の実施形態において、DRAM12,21,34,44が用いられた。しかし、本発明はこの構成に限らず、DRAMに代えて、SRAM等のさらに高速のメモリ装置が用いられてもよい。

0048

本発明に係るシンク装置、ソース装置、シンク装置用アダプタ装置、ソース装置用アダプタ装置、無線通信システム及びその制御方法によれば、シンク装置及びソース装置間で表示手段の設定情報を無線送受信するので、配線を無くして外観を整然とさせ、容易に1台のシンク装置が複数のソース装置と通信できるとともに、従来に比べて高速な表示手段の設定情報の読込みを実現できる。

0049

本発明に係るシンク装置、ソース装置、シンク装置用アダプタ装置、ソース装置用アダプタ装置、無線通信システム及びその制御方法は、例えば、DVDプレーヤ及びテレビジョン受像機等のAVシステムに利用することができる。

図面の簡単な説明

0050

本発明の第1の実施形態に係る無線通信システムの構成を示すブロック図である。
図1のシンク装置1の詳細構成を示すブロック図である。
図1のソース装置2,3の詳細構成を示すブロック図である。
図2のノード情報テーブル12bの一例を示すテーブルである。
図1の無線通信システムにおいてソース装置2,3からシンク装置1に無線送信されるEDID要求信号のフォーマットの一例を示す信号構成図である。
図1の無線通信システムにおいてシンク装置1からソース装置2,3に無線送信されるEDID応答信号のフォーマットの一例を示す信号構成図である。
図1の無線通信システムにおいてソース装置2,3からシンク装置1に無線送信される接続完了通知信号のフォーマットの一例を示す信号構成図である。
図1の無線通信システムにおいてシンク装置1からソース装置2,3に無線送信される接続完了応答信号のフォーマットの一例を示す信号構成図である。
図1のシンク装置1のコントローラ10による無線接続処理を示すフローチャートである。
図1のソース装置2,3のコントローラ20による無線接続処理を示すフローチャートである。
図1のシンク装置1及びソース装置2,3間で送受信される信号を示すシーケンス図である。
本発明の第2の実施形態に係る無線通信システムのシンク装置1A及びシンク装置用アダプタ装置1Bの構成を示すブロック図である。
本発明の第2の実施形態に係る無線通信システムのソース装置2A及びソース装置用アダプタ装置2Bの構成を示すブロック図である。
本発明の第1の実施形態の変形例に係る無線通信システムにおける無線データ伝送速度毎の削除する映像フォーマットを示すテーブルである。

符号の説明

0051

1,1A…ソース装置、
2,2A,3…シンク装置、
9…音声信号及び映像信号処理回路、
10,20,10A,20A,30,40…コントローラ、
11…ROM、
12,21,34,44…DRAM、
13…ディスプレイ、
14…スピーカ、
15,25,32,42…無線送受信回路、
16,26,36,46…アンテナ、
22…DVDプレーヤ、
31,33,41,43…有線送受信回路、
35…シンク装置用アダプタ装置、
45…ソース装置用アダプタ装置。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】ビーム回復手順の実施が想定される場合に、RLMを適切に制御すること。本発明の一態様に係るユーザ端末は、仮想の下り制御チャネルに関する情報を受信する受信部と、前記情報に基づいて、下り制... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 ユーザ端末及び無線通信方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】同期信号ブロックを利用する無線通信システムにおいて制御チャネルの設定領域の情報を適切に通知するために、本発明のユーザ端末の一態様は、制御リソースセットの構成を示す所定ビット情報を含む... 詳細

  • 株式会社NTTドコモの「 端末、無線通信方法及び基地局」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】マルチキャリア波形を有するUL信号を適切に送信するために、ユーザ端末は、連続する周波数リソースにわたるマルチキャリア波形を有する上り信号を、上り共有チャネルを用いて送信する送信部と、... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ