図面 (/)

技術 買い物かご及びこれを用いた広告方法

出願人 株式会社創広社
発明者 横井克仁
出願日 2006年7月28日 (12年11ヶ月経過) 出願番号 2006-205735
公開日 2008年2月14日 (11年5ヶ月経過) 公開番号 2008-030793
状態 特許登録済
技術分野 剛性または準剛性容器の細部
主要キーワード 買い物かご 充電式 情報公開 可動片 差し替え ファスナー 広告表示用 小売店
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年2月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

商品を入れていない場合はもとより、多くの商品を入れた場合であったとしても、広告機能を維持することが可能である買い物かごを提供する。

解決手段

矩形状の底部2及びこの底部2を囲む二組の対向壁部3,4を具備したかご本体5と、このかご本体5の一組の長辺側対向壁部3,3の各上端間に掛け渡した起伏自在な二本の取っ手6,6と、かご本体5の内側に位置して商品情報などの広告を表示する広告表示部7を備え、広告表示部7が、かご本体5を商品で満たした状態で視認可能にかご本体5に配置してある。

概要

背景

従来、上記したようなスーパーマーケットで用いられている買い物かごとしては、矩形状の底部及びこの底部を囲む二組の対向壁部を具備したかご本体と、このかご本体の一組の対向壁部の各上端間に掛け渡した起伏自在な取っ手を備えたものが一般的であり、大半が合成樹脂又は金属からなっている。

このような買い物かごは、スーパーマーケット一店舗において多数装備されることから、最近において、かご本体における対向壁部の対向面側に、商品や屋号などの情報を記載したプレート差し替え可能に固定するようになすことで、買い物かごを広告に用いようとする試みがなされている。
特開平9−121919号

概要

商品を入れていない場合はもとより、多くの商品を入れた場合であったとしても、広告機能を維持することが可能である買い物かごを提供する。矩形状の底部2及びこの底部2を囲む二組の対向壁部3,4を具備したかご本体5と、このかご本体5の一組の長辺側対向壁部3,3の各上端間に掛け渡した起伏自在な二本の取っ手6,6と、かご本体5の内側に位置して商品情報などの広告を表示する広告表示部7を備え、広告表示部7が、かご本体5を商品で満たした状態で視認可能にかご本体5に配置してある。

目的

本発明は、上記した従来の課題に着目してなされたものであり、商品を入れていない場合はもとより、多くの商品を入れた場合であったとしても、広告機能を維持することが可能である買い物かごを提供することを目的としている。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

底部及びこの底部を囲む壁部を有するかご本体と、このかご本体の内側に位置して商品情報などの広告を表示する広告表示部を備え、広告表示部が、かご本体を商品で満たした状態で視認可能にかご本体に配置してあることを特徴とする買い物かご

請求項2

かご本体の壁部に設けた外側に傾斜する外向き傾斜部分に広告表示部を配置した請求項1に記載の買い物かご。

請求項3

広告表示部が、かご本体を商品で満たした状態でかご本体の壁部上縁ないしその近傍からかご本体の開口に張り出して視認可能としてある請求項1又は2に記載の買い物かご。

請求項4

広告表示部がプレート状又はシート状を成し、かご本体の壁部上縁に沿う軸回り回動許容された状態でかご本体の壁部に対して所定の角度を持ってかご本体の開口に張り出している請求項3に記載の買い物かご。

請求項5

広告表示部がかご本体と別体を成し、連結具を介してかご本体に装着してある請求項3又は4に記載の買い物かご。

請求項6

連結具は、かご本体の壁部上縁ないしその近傍に取り付けられる固定片と、この固定片からかご本体の壁部に対して所定の角度を持ってかご本体の開口に延出し且つ弾性変形によりかご本体の壁部上縁に沿う軸回りの回動が許容された可動片具備し、広告表示部は、連結具の可動片に連結手段を介して装着してある請求項5に記載の買い物かご。

請求項7

広告表示部は、広告書面を差し替え可能に収容する透明ケースを具備している請求項1〜6のいずれか一つの項に記載の買い物かご。

請求項8

広告表示部は、静止画像又は動画を表示する画像表示手段を具備している請求項1〜6のいずれか一つの項に記載の買い物かご。

請求項9

画像表示手段を着脱可能とした請求項8に記載の買い物かご。

請求項10

画像表示手段を充電式とした請求項8又は9に記載の買い物かご。

請求項11

情報を受信して画像を再生する画像再生モニタを画像表示手段とした請求項8〜10のいずれか一つの項に記載の買い物かご。

請求項12

請求項1〜11のいずれか一つの項に記載の買い物かごを多数装備し、これらの買い物かごの各広告表示部の表示内容を適宜時間をおいてそれぞれ新しい表示内容に変更することを特徴とする買い物かごを用いた広告方法

技術分野

0001

本発明は、例えば、スーパーマーケットで用いられている買い物かごに関するものである。

背景技術

0002

従来、上記したようなスーパーマーケットで用いられている買い物かごとしては、矩形状の底部及びこの底部を囲む二組の対向壁部を具備したかご本体と、このかご本体の一組の対向壁部の各上端間に掛け渡した起伏自在な取っ手を備えたものが一般的であり、大半が合成樹脂又は金属からなっている。

0003

このような買い物かごは、スーパーマーケット一店舗において多数装備されることから、最近において、かご本体における対向壁部の対向面側に、商品や屋号などの情報を記載したプレート差し替え可能に固定するようになすことで、買い物かごを広告に用いようとする試みがなされている。
特開平9−121919号

発明が解決しようとする課題

0004

ところが、上記した従来の買い物かごでは、かご本体における対向壁部の対向面側にプレートを固定するようにしているので、多くの商品を入れた場合には、プレートに記載された情報が見えなくなってしまい、広告の意味をなさなくなるという問題を有しており、この問題を解決することが従来の課題となっていた。

0005

本発明は、上記した従来の課題に着目してなされたものであり、商品を入れていない場合はもとより、多くの商品を入れた場合であったとしても、広告機能を維持することが可能である買い物かごを提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0006

本発明は、底部及びこの底部を囲む壁部を有するかご本体と、このかご本体の内側に位置して商品情報などの広告を表示する広告表示部を備え、広告表示部が、かご本体を商品で満たした状態で視認可能にかご本体に配置してある構成としたことを特徴としており、この買い物かごの構成を前述した従来の課題を解決するための手段としている。

0007

本発明の買い物かごでは、かご本体が商品で満たされた場合であったとしても、広告表示部が視認可能であることから、広告表示部の広告機能が維持されることとなる。

発明の効果

0008

本発明の買い物かごによれば、上記した構成としているので、商品を入れていない場合は言うまでもなく、多くの商品を入れた場合であったとしても、広告機能を維持することが可能であるという非常に優れた効果がもたらされる。

発明を実施するための最良の形態

0009

本発明の買い物かごにおいて、かご本体の壁部に設けた外側に傾斜する外向き傾斜部分に広告表示部を配置した構成とすることができる。

0010

この構成を採用すると、かご本体が商品で満たされた場合であったとしても、広告表示部がかご本体の外側に傾斜する外向き傾斜部分に配置してあることから、広告表示部の表示内容を何ら支障なく読み取れることとなり、したがって、広告表示部の広告機能が維持されることとなる。

0011

また、本発明の買い物かごにおいて、広告表示部は、かご本体を商品で満たした状態でかご本体の壁部上縁ないしその近傍からかご本体の開口に張り出して視認可能としてある構成とすることができる。

0012

この場合、かご本体が商品で満たされた場合であったとしても、広告表示部がかご本体の壁部上縁ないしその近傍からかご本体の開口に張り出すことから、広告表示部の表示内容を何ら支障なく読み取れることとなり、したがって、広告表示部の広告機能が維持されることとなる。

0013

さらに、本発明の買い物かごにおいて、広告表示部がプレート状又はシート状を成し、かご本体の壁部上縁に沿う軸回り回動許容された状態でかご本体の壁部に対して所定の角度を持ってかご本体の開口に張り出している構成とすることが望ましい。

0014

この構成を採用すると、プレート状又はシート状を成す広告表示部が、かご本体の壁部に対して所定の角度を持ってかご本体の開口に張り出しているので、広告表示部は常に広告機能を発揮することとなる。その一方で、広告表示部が、かご本体の壁部上縁に沿う軸回りの回動を許容されているので、かご本体に対する商品の出し入れがこの広告表示部に妨げられるのを回避し得ることとなる。

0015

さらにまた、本発明の買い物かごにおいて、広告表示部がかご本体と別体を成し、連結具を介してかご本体に装着してある構成とすることができ、この際、連結具は、かご本体の壁部上縁ないしその近傍に取り付けられる固定片と、この固定片からかご本体の壁部に対して所定の角度を持ってかご本体の開口に延出し且つ弾性変形によりかご本体の壁部上縁に沿う軸回りの回動が許容された可動片を具備し、広告表示部は、連結具の可動片に連結手段を介して装着してある構成とすることができる。

0016

この場合には、例えば、店舗において現有する既存の買い物かごを、本発明の買い物かごのかご本体として転用し得ることとなり、広告設備コストの増加を少なく抑え得ることとなる。

0017

さらにまた、本発明の買い物かごにおいて、広告表示部は、広告書面を差し替え可能に収容する透明ケースを具備している構成としてもよく、この構成を採用すると、広告表示部の表示内容を簡単且つ迅速に変更し得ることとなる。

0018

さらにまた、本発明の買い物かごにおいて、広告表示部は、静止画像又は動画を表示する画像表示手段を具備している構成としてもよく、この構成を採用すると、広告表示部の表示内容をより一層簡単且つ迅速に変更し得ることとなる。

0019

この際、画像表示手段を着脱可能としたり、画像表示手段を充電式としたりすることができ、画像表示手段として、情報を受信して画像を再生する画像再生モニタを採用することが望ましい。

0020

一方、本発明の買い物かごを用いた広告方法では、上記した買い物かごを多数装備し、これらの買い物かごの各広告表示部の表示内容を適宜時間をおいてそれぞれ新しい表示内容に変更する構成とすることができ、この場合には、消費者に対して最新情報を常に簡単に伝え得ることとなり、加えて、小売店に対して多大な広告費収入をもたらすと共に、広告主に対して情報公開チャンスを与え得ることとなる。

0021

以下、本発明を図面に基づいて説明する。

0022

図1図3は、本発明の買い物かごの一実施例を示している。図1及び図2に示すように、この買い物かご1は合成樹脂からなり、矩形状の底部2及びこの底部2を囲む二組の対向壁部3,4を具備したかご本体5と、このかご本体5の一組の対向壁部(長辺側対向壁部)3,3の各上端間に掛け渡した起伏自在な二本の取っ手6,6と、かご本体5の内側に位置して商品情報などの広告を表示する広告表示部7を備えている。

0023

この場合、広告表示部7はかご本体5と別体を成していて、図3にも示すように、広告書面を差し替え可能に収容するプレート状の透明ケースとしており、連結具10を介してかご本体5に装着してある。

0024

この連結具10は、かご本体5の長辺側対向壁部3の上縁に取り付けられる固定片11と、この固定片11からかご本体5の長辺側対向壁部3に対して所定の角度を持ってかご本体5の開口に延出する可動片12を具備しており、この可動片12は、弾性変形することによって、かご本体5の対向壁部3の上縁に沿う軸L回りに回動し得るようになっている。

0025

つまり、広告表示部7を連結具10の可動片11に連結手段としてのファスナー13を介して装着することで、上記軸L回りの回動を許容しつつかご本体5の長辺側対向壁部3に対して所定の角度(利用する消費者にとって見易い角度)を持ってかご本体5の開口に張り出させるようにしている。

0026

上記した買い物かご1において、広告表示部7が、かご本体5の長辺側対向壁部3に対して利用する消費者にとって見易い角度を持ってかご本体5の開口に張り出しているので、広告表示部7は常に広告機能を発揮することとなり、その一方で、広告表示部7が、かご本体5の長辺側対向壁部3の上縁に沿う軸L回りの回動を許容されているので、この広告表示部7に妨げられることなく、かご本体5に対する商品の出し入れを行い得ることとなる。

0027

また、この実施例の買い物かご1において、広告表示部7をかご本体5に対して連結具10を介して装着してあるので、後述するように、この買い物かご1を用いて広告を行う場合には、店舗において現有する既存の買い物かごを、かご本体5として転用すれば、広告設備コストの増加を少なく抑え得ることとなる。

0028

さらに、上記した買い物かご1において、広告表示部7を広告書面を差し替え可能に収容する透明ケースとしているので、広告表示部7の表示内容を簡単且つ迅速に変更し得ることとなる。

0029

上記した買い物かご1を用いて広告を行う場合には、買い物かご1を多数装備し、これらの買い物かご1の各広告表示部7の表示内容を適宜時間をおいてそれぞれ新しい表示内容に変更するようになせば、消費者に対しては最新情報を常に簡単に伝え得ることとなり、一方、小売店に対しては多大な広告費収入をもたらすと共に、広告主に対しては情報公開のチャンスを与え得ることとなる。

0030

図4及び図5は、本発明の買い物かごの他の実施例を示している。図4及び図5に示すように、この買い物かご11は合成樹脂からなり、矩形状の底部12及びこの底部12を囲む二組の対向壁部13,14を具備したかご本体15と、このかご本体15の一組の対向壁部(長辺側対向壁部)13,13の各上端間に掛け渡した起伏自在な二本の取っ手16,16と、かご本体15のもう一組の対向壁部(短辺側対向壁部)14,14に設けた外側に傾斜する外向き傾斜部分14a,14aの一方に位置して商品情報などの広告を表示する広告表示部17を備えている。

0031

この場合、広告表示部17は、対向壁部14の外向き傾斜部分14aに着脱可能で且つ充電式とした画像再生モニタ(画像表示手段)としてあり、情報を受信して静止画像又は動画を表示するようになっている。

0032

上記した買い物かご11において、広告表示部17が、かご本体15の外側に傾斜する外向き傾斜部分14aに配置してあることから、かご本体15に対する商品の出し入れを円滑に行い得るようにしたうえで、ご本体15が商品で満たされた場合であったとしても、広告表示部17の表示内容を何ら支障なく読み取れることとなり、したがって、広告表示部17の広告機能が維持されることとなる。

0033

また、上記した買い物かご11では、情報を受信して静止画像又は動画を表示する画像再生モニタを広告表示部17としているので、広告の表示内容をより一層簡単且つ迅速に変更し得ることとなる。

0034

本発明の買い物かごにおいて、かご本体5が円筒形状を成していてもよい。

0035

また、本発明の買い物かごにおいて、図6及び図7に示すように、かご本体5の底部2に、広告書面を差し替え可能に収容するシート状の広告表示用透明ケース8を設けることも可能である。

図面の簡単な説明

0036

本発明の買い物かごの一実施例を示す斜視説明図である。(実施例1)
図1の買い物かごの平面説明図である。(実施例1)
図1の買い物かごにおける広告表示部と連結具とを離間させた状態の説明図である。(実施例1)
本発明の買い物かごの他の実施例を示す斜視説明図である。(実施例2)
図1の買い物かごの正面説明図(a)及び側面説明図(b)である。(実施例2)
図1の買い物かごの他の構成例を示す対向壁部を透過して底部が見えるようにした斜視説明図である。
図6の買い物かごの平面説明図である。

符号の説明

0037

1,11買い物かご
2,12 底部
3,13 長辺側対向壁部(壁部)
4,14 短辺側対向壁部(壁部)
5,15かご本体
7,17広告表示部
10連結具
11固定片
12可動片
13ファスナー
14a外向き傾斜部分

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社アイビーの「 収納バスケット」が 公開されました。( 2019/05/30)

    【課題】突っ張り棒等を用いて安定した状態に設置できる収納バスケットを提供する。【解決手段】本発明は、上端に開口部20を有するボックス状のバスケット本体2を備え、バスケット本体2の前後壁22に外方に突出... 詳細

  • 三甲株式会社の「 搬送器具」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】タグホルダの破損及び脱落を防止しかつタグホルダの取り付けの有無を容易に確認することが可能な搬送器具を提供する。【解決手段】本発明のコンテナ30では、ホルダ収容部35の内側面にタグホルダ10が取... 詳細

  • 大日本除蟲菊株式会社の「 容器入り製品」が 公開されました。( 2019/05/23)

    【課題】成分、使用方法、使用上の注意などの必要な情報を常に表示した状態としながら、消費者の好みや室内空間の雰囲気に合わせて製品のデザインを選択可能な容器入り製品を提供する。【解決手段】容器に製剤を封入... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ