図面 (/)

技術 安定化された固形製剤

出願人 武田薬品工業株式会社
発明者 大森真治松岡翠
出願日 2007年6月22日 (13年5ヶ月経過) 出願番号 2007-164835
公開日 2008年2月7日 (12年9ヶ月経過) 公開番号 2008-024702
状態 特許登録済
技術分野 非環式または炭素環式化合物含有医薬 化合物または医薬の治療活性 医薬品製剤
主要キーワード 中間被膜層 アンダーコーティング 含量変化 着色変化 コンピュター コーティング基材 内部標準液 フローライト
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2008年2月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

結晶水を失うと不安定化する薬物を含有する固形製剤においてその薬物含量のみならず外観も安定化された固形製剤の提供。

解決手段

結晶水を失うと不安定化する薬物および水溶性高分子を含有する顆粒または細粒を含有する主薬層と、該主薬層上に形成された水溶性高分子および糖質を含有する被覆層とを有する安定化された固形製剤。

概要

背景

薬物の不安定化機構は様々である。その中のひとつとして、薬物中の結晶水を失うと不安定化する薬物があることが知られている。しかし、その安定化には一般的な方法は未だ確立されておらず、その薬物に適した安定化方法の模索がなされているのが現状である。例えば、アズレンスルホン酸ナトリウムは1/2水和物、あるいは1水和物として存在していることが知られており、熱等により、結晶水を失い、不安定化することが知れられている(非特許文献1)。その安定化には、例えば、高分子化合物一緒噴霧乾燥あるいは凍結乾燥する方法(特許文献1および2)や2軸エクストルーダーにより処理することによる安定化方法(非特許文献1)などが提示されている。しかし、これらの方法は、固形製剤を製造するには、特別な機器を必要としたり、方法が煩雑であるなどの理由により、結晶水を失うと不安定化する薬物を固形製剤化するのにこれらの方法を用いることは、汎用的に工業化できにくかった。そのため、通常の固形製剤製造方法(例えば、流動層造粒機を用い、打錠用顆粒を製造し、打錠し、素錠を得る。その素錠にコーティングを施し、コーティング錠とする等)の範疇での安定化が望まれていた。
また、治療効果の増大のために、結晶水を失うと不安定化する薬物に他の薬物を配合した配合剤を製造する場合、上記の高分子化合物と一緒に噴霧乾燥あるいは凍結乾燥する方法や2軸エクストルーダーによる方法などを用いると、他の薬物が分解、変色し、安定な製剤が製造できない場合がある。特にビタミン類の中で、ビタミンC類は水分、金属等の存在下で熱により着色変化を起こし易く、ビタミンE類低融点化合物であるため、熱により溶融軟化が起こり、外観変化を起こし易い。そのため、結晶水を失うと不安定化する薬物にビタミン類として、特にビタミンC類、ビタミンE類を配合した場合は結晶水を失うと不安定化する薬物含量の安定化を達成しても、外観変化を起こし、外観不安定化を招くことがあった。
特開平1−50225号公報
特開平1−50226号公報
K.Nakamichi et al., Stabilization of sodium guaiazulene sulfonate in granules for tableting prepared using a twin-screw extruder, Eur. J. Pharm. Biopharm., 56, 347-354(2003)

概要

結晶水を失うと不安定化する薬物を含有する固形製剤においてその薬物含量のみならず外観も安定化された固形製剤の提供。結晶水を失うと不安定化する薬物および水溶性高分子を含有する顆粒または細粒を含有する主薬層と、該主薬層上に形成された水溶性高分子および糖質を含有する被覆層とを有する安定化された固形製剤。なし

目的

本発明の目的は、水溶性高分子、更には糖質を用いることにより、結晶水を失うと不安定化する薬物の含量のみならず外観も安定化された固形製剤を、通常の固形製剤で用いる製造法である流動層造粒機、転動流動層造粒機遠心流動型造粒機、押し出し造粒機攪拌造粒機のいずれか1つまたは2つ以上を用いる方法により提供することにある。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

結晶水を失うと不安定化する薬物および水溶性高分子を含有する顆粒または細粒を含有する主薬層と、該主薬層上に形成された水溶性高分子および糖質を含有する被覆層とを有する安定化された固形製剤

請求項2

さらに、主薬層と被覆層の間に水溶性高分子を含有する中間被膜層を有する請求項1記載の固形製剤。

請求項3

顆粒または細粒が、さらに糖質を含有することを特徴とする請求項1または2記載の固形製剤。

請求項4

結晶水を失うと不安定化する薬物の20℃における水に対する溶解度が、0.1w/w%以上である請求項1〜3のいずれか1項に記載の固形製剤。

請求項5

結晶水を失うと不安定化する薬物が、アズレンスルホン酸ナトリウムである請求項4記載の固形製剤。

請求項6

水溶性高分子が、ヒドロキシプロピルセルロースヒドロキシプロピルメチルセルロースポビドンコポリビドンポリビニルアルコールアラビアゴムおよびプルランからなる群から選ばれる1種以上である請求項1〜3のいずれか1項に記載の固形製剤。

請求項7

糖質が、エリスリトールマルチトール粉末還元麦芽糖水アメマンニトール精製白糖白糖トレハロースソルビトールキシリトールおよび乳糖からなる群から選ばれる1種以上である請求項1〜3のいずれか1項に記載の固形製剤。

請求項8

結晶水を失うと不安定化する薬物の含有量が、製剤全量の10重量%以下である請求項1〜3のいずれか1項に記載の固形製剤。

請求項9

結晶水を失うと不安定化する薬物1重量部に対し、水溶性高分子を1〜100重量部含有する請求項1〜3のいずれか1項に記載の固形製剤。

請求項10

結晶水を失うと不安定化する薬物1重量部に対し、糖質を1〜1000重量部含有する請求項1〜3のいずれか1項に記載の固形製剤。

請求項11

錠剤または顆粒剤、または該錠剤もしくは顆粒剤を含有するカプセル剤である請求項1〜3のいずれか1項に記載の固形製剤。

請求項12

結晶水を失うと不安定化する薬物および水溶性高分子を溶解した溶液を用いて顆粒または細粒を調製し、次いで該顆粒または細粒を用いて製造することを特徴とする請求項1または2記載の固形製剤の製造方法。

請求項13

結晶水を失うと不安定化する薬物、水溶性高分子および糖質を溶解した溶液を用いて顆粒または細粒を調製し、次いで該顆粒または細粒を用いて製造することを特徴とする請求項3記載の固形製剤の製造方法。

技術分野

0001

本発明は、結晶水を失うと不安定化する薬物を含有する固形製剤において、その含量および外観の安定化に関する。

背景技術

0002

薬物の不安定化機構は様々である。その中のひとつとして、薬物中の結晶水を失うと不安定化する薬物があることが知られている。しかし、その安定化には一般的な方法は未だ確立されておらず、その薬物に適した安定化方法の模索がなされているのが現状である。例えば、アズレンスルホン酸ナトリウムは1/2水和物、あるいは1水和物として存在していることが知られており、熱等により、結晶水を失い、不安定化することが知れられている(非特許文献1)。その安定化には、例えば、高分子化合物一緒噴霧乾燥あるいは凍結乾燥する方法(特許文献1および2)や2軸エクストルーダーにより処理することによる安定化方法(非特許文献1)などが提示されている。しかし、これらの方法は、固形製剤を製造するには、特別な機器を必要としたり、方法が煩雑であるなどの理由により、結晶水を失うと不安定化する薬物を固形製剤化するのにこれらの方法を用いることは、汎用的に工業化できにくかった。そのため、通常の固形製剤製造方法(例えば、流動層造粒機を用い、打錠用顆粒を製造し、打錠し、素錠を得る。その素錠にコーティングを施し、コーティング錠とする等)の範疇での安定化が望まれていた。
また、治療効果の増大のために、結晶水を失うと不安定化する薬物に他の薬物を配合した配合剤を製造する場合、上記の高分子化合物と一緒に噴霧乾燥あるいは凍結乾燥する方法や2軸エクストルーダーによる方法などを用いると、他の薬物が分解、変色し、安定な製剤が製造できない場合がある。特にビタミン類の中で、ビタミンC類は水分、金属等の存在下で熱により着色変化を起こし易く、ビタミンE類低融点化合物であるため、熱により溶融軟化が起こり、外観変化を起こし易い。そのため、結晶水を失うと不安定化する薬物にビタミン類として、特にビタミンC類、ビタミンE類を配合した場合は結晶水を失うと不安定化する薬物含量の安定化を達成しても、外観変化を起こし、外観不安定化を招くことがあった。
特開平1−50225号公報
特開平1−50226号公報
K.Nakamichi et al., Stabilization of sodium guaiazulene sulfonate in granules for tableting prepared using a twin-screw extruder, Eur. J. Pharm. Biopharm., 56, 347-354(2003)

発明が解決しようとする課題

0003

本発明の目的は、水溶性高分子、更には糖質を用いることにより、結晶水を失うと不安定化する薬物の含量のみならず外観も安定化された固形製剤を、通常の固形製剤で用いる製造法である流動層造粒機、転動流動層造粒機遠心流動型造粒機、押し出し造粒機攪拌造粒機のいずれか1つまたは2つ以上を用いる方法により提供することにある。

課題を解決するための手段

0004

本発明者らは、上記の目的を達成するために鋭意検討した結果、結晶水を失うと不安定化する薬物を含有する固形製剤において、水溶性高分子、更には糖質を用いることにより、薬物の含量のみならず外観も安定化された固形製剤を製造できることを見出した。
本発明においては、通常の固形製剤で用いる製造法である、流動層造粒機、転動流動層造粒機、遠心流動型造粒機、押し出し造粒機、攪拌造粒機のいずれか1つ、場合によれば2つ以上の機器により、主薬を含む細粒または顆粒(以下、本明細書において、これらを「顆粒」と称する)を調製し、その顆粒、またはその顆粒を打錠することにより得られる素錠をコーティングすることにより得られる顆粒剤錠剤またはこれらをカプセル充填したカプセル剤等の固形製剤を提供することができる。
すなわち、本発明は、
(1)結晶水を失うと不安定化する薬物および水溶性高分子を含有する顆粒または細粒を含有する主薬層と、該主薬層上に形成された水溶性高分子および糖質を含有する被覆層とを有する安定化された固形製剤;
(2)さらに、主薬層と被覆層の間に水溶性高分子を含有する中間被膜層を有する上記(1)記載の固形製剤;
(3)顆粒または細粒が、さらに糖質を含有することを特徴とする上記(1)または(2)記載の固形製剤;
(4)結晶水を失うと不安定化する薬物の20℃における水に対する溶解度が、0.1w/w%以上である上記(1)〜(3)のいずれか1に記載の固形製剤;
(5)結晶水を失うと不安定化する薬物が、アズレンスルホン酸ナトリウムである上記(4)記載の固形製剤;
(6)水溶性高分子が、ヒドロキシプロピルセルロースヒドロキシプロピルメチルセルロースポビドンコポリビドンポリビニルアルコールアラビアゴムおよびプルランからなる群から選ばれる1種以上である上記(1)〜(3)のいずれか1に記載の固形製剤;
(7)糖質が、エリスリトールマルチトール粉末還元麦芽糖水アメマンニトール精製白糖白糖トレハロースソルビトールキシリトールおよび乳糖からなる群から選ばれる1種以上である上記(1)〜(3)のいずれか1に記載の固形製剤;
(8)結晶水を失うと不安定化する薬物の含有量が、製剤全量の10重量%以下である上記(1)〜(3)のいずれか1に記載の固形製剤;
(9)結晶水を失うと不安定化する薬物1重量部に対し、水溶性高分子を1〜100重量部含有する上記(1)〜(3)のいずれか1に記載の固形製剤;
(10)結晶水を失うと不安定化する薬物1重量部に対し、糖質を1〜1000重量部含有する上記(1)〜(3)のいずれか1に記載の固形製剤;
(11)錠剤または顆粒剤、または該錠剤もしくは顆粒剤を含有するカプセル剤である上記(1)〜(3)のいずれか1に記載の固形製剤;
(12)結晶水を失うと不安定化する薬物および水溶性高分子を溶解した溶液を用いて顆粒または細粒を調製し、次いで該顆粒または細粒を用いて製造することを特徴とする上記(1)または(2)記載の固形製剤の製造方法;および
(13)結晶水を失うと不安定化する薬物、水溶性高分子および糖質を溶解した溶液を用いて顆粒または細粒を調製し、次いで該顆粒または細粒を用いて製造することを特徴とする上記(3)記載の固形製剤の製造方法を提供する。

発明の効果

0005

本発明によれば、水溶性高分子により、更には糖質により、結晶水を失うと不安定化する薬物の含量のみならず外観も安定化された固形製剤を、通常の固形製剤で用いる製造法である流動層造粒機、転動流動層造粒機、遠心流動型造粒機、押し出し造粒機、攪拌造粒機のいずれか1つまたは2つ以上を用いることにより提供することができる。

発明を実施するための最良の形態

0006

本発明に係る固形製剤は、結晶水を失うと不安定化する薬物および水溶性高分子を含有する顆粒または細粒を含有する主薬層と、該主薬層上に形成された水溶性高分子および糖質を含有する被覆層とを有する安定化された固形製剤であり、さらに該固形製剤の主薬層には糖質が含まれていてもよく、また主薬層と被覆層の間に中間皮膜層を有していてもよい。ここで、明細書において、「結晶水を失うと不安定化する」とは、薬物中の結晶水を失うことにより、結晶構造が変化、不安定化し、分解することをいう。従って、「安定化された」とは、結晶水を失うと不安定化する薬物からの結晶水の離脱を抑制することによって、固形製剤中に含まれる活性成分含量変化や外観の変化が抑制されていることをいう。

0007

本発明における結晶水を失うと不安定化する薬物としては、例えば、アズレンスルホン酸ナトリウム、プラステロン硫酸ナトリウムアンピシリン三水和物セフィキシム三水和物等が挙げられる。製剤化の観点より、本発明における結晶水を失うと不安定化する薬物の20℃における水に対する溶解度が0.1w/w%以上であるもの、好ましくは1w/w%以上であるもの、例えばアズレンスルホン酸ナトリウムなどが好ましい。
本発明における結晶水を失うと不安定化する薬物の固形製剤中の含有率は、服用する固形製剤の大きさ、量の観点より、固形製剤全量の10重量%以下であり、好ましくは、5重量%以下である。

0008

また、本発明の主薬層には、結晶水を失うと不安定化する薬物以外に、他の活性成分が含まれていてもよい。このような活性成分としては、特に限定されないが、たとえば、ビタミン類、制酸剤健胃薬消化剤、止瀉剤、鎮痛鎮痙剤粘膜修復剤等を配合することができる。
該ビタミン類としては、ビタミンCとして、アスコルビン酸アスコルビン酸カルシウムアスコルビン酸ナトリウムが挙げられる。また、ビタミンEとして、コハク酸dl−α—トコフェロールカルシウム、コハク酸d−α—トコフェロール、酢酸d−α—トコフェロールが挙げられる。また、L-システインビタミンB1類塩酸チアミン硝酸チアミン塩酸フルスルチアミン塩酸ジセチアミンオクトチアミン、シコチアミン、ビスイブチアミンビスベンチアミンベンフォチアミン)、ビタミンB2類リボフラビンリン酸リボフラビン酪酸リボフラビン)、ビタミンB6類(塩酸ピリドキシンリン酸ピリドキサール)、ビタミンB12類シアノコバラミン酢酸ヒドロキソコバラミンメコバラミン)、パントテン酸カルシウム、パントテン酸カルシウムタイプS、ニコチン酸ニコチン酸アミドガンマーオリザノールオロチン酸グルクロノラクトングルクロン酸アミドヨクイニンヘスペリジンビオチンコンドロイチン硫酸トリム等が挙げられる。
制酸剤としては、乾燥水酸化アルミニウムゲルケイ酸アルミン酸マグネシウムケイ酸マグネシウム合成ヒドロタルサイト酸化マグネシウム水酸化アルミナマグネシウム水酸化アルミニウムゲル水酸化アルミニウム炭酸水素ナトリウム共沈生成物、水酸化アルミニウム・炭酸マグネシウム混合乾燥ゲル、水酸化アルミニウム・炭酸マグネシウム・炭酸カルシウム共沈生成物、水酸化マグネシウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸マグネシウム、沈降炭酸カルシウムメタケイ酸アルミン酸マグネシウム無水リン酸水素カルシウムリン酸水素カルシウムアミノ酢酸ジヒドロキシアルミニウムアミノアセテートロートエキス等が挙げられる。
健胃薬としては、アロエウイキョウウコンオウバクオウレン加工大蒜コウジンコウボクショウキョウセンブリケイヒダイオウチクセツニンジンチンピトウヒニガキニンジンハッカホップウイキョウ油ケイヒ油、ショウキョウ油、トウヒ油ハッカ油レモン油l−メントール塩酸ベタイン塩化カルニチン乾燥酵母等が挙げられる。
消化剤としては、でんぷん消化酵素、たん白消化酵素、脂肪消化酵素繊維素消化酵素、ウルソデスオキシコール酸胆汁末等が挙げられる。
止瀉剤としては、アクリノール塩化ベルリングアヤコールクレオソート、次サリチル酸ビスマス次硝酸ビスマス次炭酸ビスマス次没食子酸ビスマスタンニン酸カオリンペクチン薬用炭乳酸カルシウム、沈降炭酸カルシウム、リン酸水素カルシウム等が挙げられる。
鎮痛鎮痙剤としては、塩酸パパベリンアミノ安息香酸エチル等が挙げられる。
粘膜修復剤としては、アルジオキサ、L-グルタミン銅クロロフィリンカリウム銅クロロフィリンナトリウムメチルメチオニンスルホニウムクロライドジメチルポリシロキサン等が挙げられる。

0009

本発明で使用することができる水溶性高分子としては、20℃における水への溶解度が1w/w%以上の高分子であり、好ましくは3w/w%以上の高分子、更に好ましくは5w/w%以上の高分子が好ましい。具体的には、水溶性高分子としては、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ポビドン、コポリビドン、ポリビニルアルコール、アラビアゴム、およびプルランから選ばれる1つまたは2つ以上を用いることが好ましい。
その配合量は、結晶水を失うと不安定化する薬物1重量部に対して1〜100重量部で、好ましくは、1〜50重量部である。

0010

本発明で使用することができる糖質としては、エリスリトール、マルチトール、粉末還元麦芽糖水アメ、マンニトール、精製白糖、白糖、トレハロース、ソルビトール、キシリトール、乳糖、還元麦芽糖水アメブドウ糖麦芽糖ラクチトール等が挙げられるが、そのなかでも、糖質として、エリスリトール、マルチトール、粉末還元麦芽糖水アメ、マンニトール、精製白糖、白糖、トレハロース、ソルビトール、キシリトール、乳糖のいずれか1つまたは2つ以上を用いることが好ましい。
その配合量は、結晶水を失うと不安定化する薬物1重量部に対して1〜1000重量部で、好ましくは、1〜500重量部である。

0011

本発明の固形製剤としては、例えば、顆粒剤(コーティングされた顆粒剤も含む)、錠剤(例、素錠、糖衣錠薄層糖衣錠フィルムコーティング錠チュアブル錠口腔内速崩壊錠積層錠有核錠徐放錠)、カプセル剤(硬カプセル剤軟カプセル剤)、粉末吸入剤などが挙げられる。
本発明の固形製剤は、通常配合される薬理学的に許容される担体等を用いて、常法により製造することができる。特に、通常用いられる流動層造粒法、転動流動層造粒法、遠心流動型造粒法、押し出し造粒法攪拌造粒法のいずれか1つまたは2つ以上を用いて製造することができる。すなわち、結晶水を失うと不安定化する薬物等の活性成分と担体等の添加剤を用いて本発明の固形製剤の主薬層に相当する核粒(顆粒、素錠など)を製造し、該核粒をコーティング剤でコーティングすることによって製造することができる。また、このようにして得られた顆粒剤や、または錠剤が小型のものである場合は、これらのものをカプセルに充填することによってカプセル剤としてもよい。
核粒の製造法としては、たとえば、結晶水を失うと不安定化する薬物等の活性成分、水溶性高分子および糖質を溶解した溶液を用いて顆粒または細粒を調製し、次いで得られた顆粒または細粒と添加剤を混合し、打錠して素錠を製造する方法などが挙げられる。更には、その他の製造方法として、当該薬物を溶液とし、その溶液中に水溶性高分子を配合し(更に糖質を配合してもよい)、その溶液を糖質、セルロース類無機物等の賦形剤、あるいは当該薬物を含まない顆粒、細粒、素錠などの核粒、核錠に、コーティングする方法もある。

0012

本発明の固形製剤の製造に用いられる薬理学的に許容される担体としては、製剤素材として慣用される各種有機または無機担体物質が挙げられ、例えば賦形剤、結合剤崩壊剤滑沢剤流動化剤界面活性剤等が挙げられる。また、必要に応じて、抗酸化剤矯味剤着色剤香料等の添加物を用いることもできる。
賦形剤としては、例えば、エリスリトール、マルチトール、粉末還元麦芽糖水アメ、マンニトール、精製白糖、白糖、トレハロース、ソルビトール、キシリトール、乳糖、還元麦芽糖水アメ、ブドウ糖、麦芽糖、ラクチトール、コーンスターチ結晶セルロース粉末セルロースリン酸一水素カルシウム、リン酸水素カルシウム、無水リン酸水素カルシウム、乳酸カルシウム、沈降炭酸カルシウム等が挙げられる。
結合剤としては、例えば、ヒドロキシプロピルセルロース、α化デンプンショ糖ゼラチン、アラビアゴム粉末メチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、カルボキシメチルセルロースカルボキシメチルセルロースナトリウムポリビニルピロリドン、ポリビニルアルコール、結晶セルロース、デキストリン、プルランなどが挙げられる。
崩壊剤としては、クロスカルメロースナトリウム低置換度ヒドロキシプロピルセルロースカルメロースカルシウム、コーンスターチ、カルボキシメチルスターチナトリウムヒドロキシプロピルスターチ部分α化デンプンクロスポビドン等が挙げられる。
滑沢剤としては、例えば、ステアリン酸マグネシウムステアリン酸カルシウムショ糖脂肪酸エステルタルクマクロゴール6000等が挙げられる。
流動化剤としては、例えば、軽質無水ケイ酸含水二酸化ケイ素、カオリン等が挙げられる。
界面活性剤としては、例えばポリソルベートポリソルベート80など)、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレン共重合物ラウリル硫酸ナトリウムなどなどが挙げられる。
抗酸化剤としては、例えばアスコルビン酸ナトリウム、L−システイン、亜硫酸ナトリウムなどが挙げられる。
矯味剤としては、例えばクエン酸、アスコルビン酸、酒石酸リンゴ酸アスパルテームアセスルファムカリウムソーマチンサッカリンナトリウムグリチルリチン二カリウムグルタミン酸ナトリウム、5’−イノシン酸ナトリウム、5’−グアニル酸ナトリウムなどが挙げられる。
着色剤としては、例えばリボフラビン、ビタミンB12、酸化チタン黄色三二酸化鉄三二酸化鉄食用赤色2号食用赤色3号、食用赤色102号食用赤色104号食用赤色105号食用赤色106号食用黄色4号食用黄色5号食用緑色3号食用青色1号食用青色2号銅クロロフィルナトリウム、銅クロロフィル等などが挙げられる。
香料としては、例えばl−メントール、ハッカ油、ユーカリ油オレンジ油チョウジ油テレビン油、ウイキョウ油、バニリン等が挙げられる。

0013

本発明における主薬層を被覆する被覆層は、糖質を含む被覆層であれば材質は特に制限はない。このような糖質として、例えば、精製白糖、白糖、エリスリトール、トレハロース、マルチトール、粉末還元麦芽糖水アメ、マンニトール、ソルビトール、キシリトール、乳糖等が挙げられる。これらの糖質を1種以上用いて、糖衣、あるいは薄層糖衣(例えば、特開2002−179559参照)を施すことにより本発明の固形製剤は安定化される。
本発明における主薬層のコーティング方法としては、予め当該薬物を含有する顆粒、細粒、素錠などの核粒を製造し、その核粒にコーティングを施す方法がある。その他には、当該薬物に直接コーティングする方法もある。
本発明で用いる糖質を含む被覆層としては、精製白糖等の糖質を用いた糖衣、エリスリトール等の糖質を用いた薄層糖衣であれば特に制限はない。そして、コーティングに用いる糖質以外に必要とあれば、コーティング液に賦形剤、結合剤、滑剤、着色剤、香料等を配合してもよい。
コーティング液に用いる賦形剤としては、コムギデンプン、コメデンプントウモロコシデンプンバレイショデンプン、沈降炭酸カルシウム、カオリン、含水二酸化ケイ素、ケイ酸カルシウム、リン酸水素カルシウム、無水リン酸水素カルシウム等が挙げられる。
コーティング液に用いる結合剤としては、アラビアゴム末、ヒドロキシプロピルセルロース(HPC)、ヒドロキシプロピルメチルセルロース(HPMC)、メチルセルロース、ヒドロキシエチルセルロースカルボキシメチルエチルセルロース、ポビドン(PVP)、ポリビニルアルコール(PVA)、プルラン、デキストリン、アルファー化デンプン、ヒドロキシプロピルスターチ、トラガント末、結晶セルロース、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(L-HPC)等が挙げられる。
コーティング液に用いる滑剤としては、タルク、軽質無水ケイ酸、マクロゴール6000、ステアリン酸マグネシウム、ステアリン酸カルシウム、ショ糖脂肪酸エステル等が挙げられる。
コーティング液に用いる着色剤としては、リボフラビン、ビタミンB12、酸化チタン、黄色三二酸化鉄、三二酸化鉄、食用赤色2号、食用赤色3号、食用赤色102号、食用赤色104号、食用赤色105号、食用赤色106号、食用黄色4号、食用黄色5号、食用緑色3号、食用青色1号、食用青色2号、銅クロロフィルナトリウム、銅クロロフィル等が挙げられる。
コーティング液に用いる香料としては、l−メントール、ハッカ油、ユーカリ油、オレンジ油、チョウジ油、テレビン油、ウイキョウ油、バニリン等が挙げられる。
また、本発明の固形製剤においては、被覆層のコーティング時、あるいは高湿度下保存時に、主薬が被覆層へ混入する場合があるので、それを防ぐ目的として主薬層と被覆層の間に中間被膜層を設けてもよい。このような目的を達成する限り、中間被膜層の材質は限定されない。例えば、上記被覆層と同様のコーティング基材を用いることができるが、水溶性高分子が含まれることが好ましい。

0014

本発明において用いられる流動層造粒機、転動流動層造粒機、遠心流動型造粒機、押し出し造粒機、攪拌造粒機に制限はなく、例えば、パウレック社、フロイント産業社、不二パウダル社の機器を用いればよい。

0015

以下に実施例を挙げて本発明をさらに詳しく説明するが、本発明はこれらに限定されるものではない。
実施例1
アスコルビン酸カルシウム1800g、コハク酸d−α—トコフェロール150g、結晶セルロース(セオラスKG802)354g、ケイ酸カルシウム(フローライトRE)36gにアズレンスルホン酸ナトリウム12g、HPC-L 144g、エリスリトール240gを精製水2256gに溶解させた水溶液を流動層造粒機(MP-10、パウレック)にて噴霧し、造粒した。得られた造粒末整粒機パワーミル、昭和機械化工)にて整粒し、整粒末を得た。整粒末2371.2g、L-システイン624g、結晶セルロース(セオラスKG802)145.6g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(L-HPC,LH31)156g、ステアリン酸マグネシウム31.2gを混合機タンブラー混合機(15L)、昭和化学機械)にて混合し、混合末を得た。得られた混合末をロータリー式打錠機(コレクト12HUK、製作所)にて、直径8.8mmの臼と曲率半径7mmのR面をもつを用い、重量320mg、厚み5.54mmの素錠を得た。
得られた素錠300gをコーティング機ハイコーターMINI、フロイント産業)に仕込み、ヒドロキシプロピルメチルセルロース(TC-5MW)90g、タルク10gを精製水900gに溶解、懸濁させたコーティング液を素錠に噴霧し、1錠あたり6mgコーティングし、アンダーコーティング(UC)錠を得た。続いて、UC錠に、エリスリトール530g、タルク280g、酸化チタン20g、結晶セルロース(アビセルPH-F20)50g、アラビアゴム末120gを精製水1500gに溶解、懸濁させたコーティング液を噴霧し、1錠あたり114mgコーティングし、ビルドアップコーティング(BC)錠を得た。続いてBC錠に、エリスリトール360g、ポリエチレングリコール6000(PEG6000)40gを精製水600gに溶解させたコーティング液を用い、1錠あたり15mgコーティングし、シロップコーティング(SC)錠を得た。SC錠に、カルナウバロウセラックパールヒマシ油エタノールn−ヘキサンを溶解させた艶出液を注液、乾燥し、艶出しシュガーレス薄層糖衣錠を得た。

0016

実施例2
アスコルビン酸カルシウム1800g、コハク酸d−α—トコフェロール150g、結晶セルロース(セオラスKG802)354g、ケイ酸カルシウム(フローライトRE)36gにアズレンスルホン酸ナトリウム12g、PVPK90 144g、エリスリトール240gを精製水2256gに溶解させた水溶液を流動層造粒機(MP-10、パウレック)にて噴霧し、造粒した。得られた造粒末を整粒機(パワーミル、昭和機械化工)にて整粒し、整粒末を得た。整粒末2371.2g、L-システイン624g、結晶セルロース(セオラスKG802)145.6g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(L-HPC,LH31)156g、ステアリン酸マグネシウム31.2gを混合機(タンブラー混合機(15L)、昭和化学機械)にて混合し、混合末を得た。得られた混合末をロータリー式打錠機(コレクト12HUK、菊水製作所)にて、直径8.8mmの臼と曲率半径7mmのR面をもつ杵を用い、重量320mg、厚み5.54mmの素錠を得た。
得られた素錠に実施例1と同じくシュガーレス薄層糖衣を施し、シュガーレス薄層糖衣錠を得た。

0017

実施例3
アスコルビン酸カルシウム1800g、コハク酸d−α—トコフェロール150g、結晶セルロース(セオラスKG802)354g、ケイ酸カルシウム(フローライトRE)36gにアズレンスルホン酸ナトリウム12g、HPC-L 144gを精製水2256gに溶解させた水溶液を流動層造粒機(MP-10、パウレック)にて噴霧し、造粒した。得られた造粒末を整粒機(パワーミル、昭和機械化工)にて整粒し、整粒末を得た。整粒末2163.2g、L-システイン624g、結晶セルロース(セオラスKG802)145.6g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(L-HPC,LH31)156g、ステアリン酸マグネシウム31.2gを混合機(タンブラー混合機(15L)、昭和化学機械)にて混合し、混合末を得た。得られた混合末をロータリー式打錠機(コレクト12HUK、菊水製作所)にて、直径8.8mmの臼と曲率半径7mmのR面をもつ杵を用い、重量300mg、厚み5.26mmの素錠を得た。
得られた素錠に実施例1と同じくシュガーレス薄層糖衣を施し、シュガーレス薄層糖衣錠を得た。

0018

実施例4
アスコルビン酸カルシウム1800g、コハク酸d−α—トコフェロール150g、結晶セルロース(セオラスKG802)354g、ケイ酸カルシウム(フローライトRE)36gにアズレンスルホン酸ナトリウム12g、PVPK90 144gを精製水2256gに溶解させた水溶液を流動層造粒機(MP-10、パウレック)にて噴霧し、造粒した。得られた造粒末を整粒機(パワーミル、昭和機械化工)にて整粒し、整粒末を得た。整粒末2163.2g、L-システイン624g、結晶セルロース(セオラスKG802)145.6g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(L-HPC,LH31)156g、ステアリン酸マグネシウム31.2gを混合機(タンブラー混合機(15L)、昭和化学機械)にて混合し、混合末を得た。得られた混合末をロータリー式打錠機(コレクト12HUK、菊水製作所)にて、直径8.8mmの臼と曲率半径7mmのR面をもつ杵を用い、重量300mg、厚み5.29mmの素錠を得た。
得られた素錠に実施例1と同じくシュガーレス薄層糖衣を施し、シュガーレス薄層糖衣錠を得た。

0019

比較例1
アズレンスルホン酸ナトリウム12g、アスコルビン酸カルシウム1800g、コハク酸d−α—トコフェロール150g、結晶セルロース(セオラスKG802)354g、ケイ酸カルシウム(フローライトRE)36gにHPC-L 144gを精製水2256gに溶解させた水溶液を流動層造粒機(MP-10、パウレック)にて噴霧し、造粒した。得られた造粒末を整粒機(パワーミル、昭和機械化工)にて整粒し、整粒末を得た。整粒末2163.2g、L-システイン624g、結晶セルロース(セオラスKG802)145.6g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(L-HPC,LH31)156g、ステアリン酸マグネシウム31.2gを混合機(タンブラー混合機(15L)、昭和化学機械)にて混合し、混合末を得た。得られた混合末をロータリー式打錠機(コレクト12HUK、菊水製作所)にて、直径8.8mmの臼と曲率半径7mmのR面をもつ杵を用い、重量300mg、厚み5.26mmの素錠を得た。

0020

比較例2
アズレンスルホン酸ナトリウム12g、アスコルビン酸カルシウム1800g、コハク酸d−α—トコフェロール150g、結晶セルロース(セオラスKG802)354g、ケイ酸カルシウム(フローライトRE)36gにPVPK90 144gを精製水2256gに溶解させた水溶液を流動層造粒機(MP-10、パウレック)にて噴霧し、造粒した。得られた造粒末を整粒機(パワーミル、昭和機械化工)にて整粒し、整粒末を得た。整粒末2163.2g、L-システイン624g、結晶セルロース(セオラスKG802)145.6g、低置換度ヒドロキシプロピルセルロース(L-HPC,LH31)156g、ステアリン酸マグネシウム31.2gを混合機(タンブラー混合機(15L)、昭和化学機械)にて混合し、混合末を得た。得られた混合末をロータリー式打錠機(コレクト12HUK、菊水製作所)にて、直径8.8mmの臼と曲率半径7mmのR面をもつ杵を用い、重量300mg、厚み5.29mmの素錠を得た。

0021

アズレンスルホン酸ナトリウム含量安定性
実施例1〜4および比較例1、2の錠剤を60℃で2週間ガラス瓶密栓保存し、錠剤中のアズレンスルホン酸ナトリウム含量をHPLC法により測定し、その残存率で評価した。

0022

アズレンスルホン酸ナトリウム含量試験
錠剤20錠をとり、粉砕機粉砕し、試料粉末とする。試料粉末(1錠分)に溶解液50mLを添加し、振とう抽出を30分間行い、その後、遠心分離(約9400×g、10分間)を行い、得られた上澄液5mLに内部標準液5mLを添加、混合し、試料溶液とした。試料溶液を下記HPLC条件下、測定した。なお、溶解液として、メタノール/水(6/4)を用いた。内部標準液として、フタル酸ビス(2—エチルヘキシルメタノール溶液を用いた。
HPLC条件
検出器紫外吸光光度計測定波長285nm)
カラム:YMC-Pack AM-3E2(YMC社)
カラム温度:50℃
移動相:0.003mol/Lトリオクチルアミン含有メタノール/水(17/3)混液(pH6.0)
流量:0.35mL/min

0023

外観安定性
実施例1,2および比較例1,2の錠剤を40℃75%RH開栓1カ月保存し、錠剤の外観変化をカラーコンピュター(S&Mカラーコンピュター、スガ試験機)により測定し、色差(ΔE)で評価した。また、実施例1、2に関しては40℃75%RH開栓1カ月保存後、コーティング層カッター削り取り、内部の錠剤の外観変化も同様に、色差(ΔE)で評価した。

0024

実施例1,2は比較例1,2に比べ、薬物含量のみならず錠剤外部と錠剤内部の外観も安定化された。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 国立大学法人金沢大学の「 ヌクレオチド除去修復阻害剤、それを含有する腫瘍治療の増強剤及び抗腫瘍剤」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】大量に入手し易く、簡素な化学構造であって、損傷を受けたヌクレオチドの除去修復を阻害する活性が強くて、毒性が低く安全性が高いヌクレオチド除去修復阻害剤、それを含有し原発巣の癌細胞のような腫瘍細胞... 詳細

  • 株式会社マンダムの「 口臭抑制剤」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】安全性が高く、経口摂取することが可能な口臭抑制剤を提供する。【解決手段】 ジュンサイ抽出物を含むことを特徴とする口臭抑制剤を提供する。前記の口臭抑制剤は、さらに、ルイボス抽出物及びリンゴンベ... 詳細

  • 伊那食品工業株式会社の「 錠剤用基材及びその製造方法」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】従来より優れた崩壊性と十分な硬度とを錠剤に付与できる錠剤用基材、及びその製造方法を提供する。【解決手段】本発明に係る錠剤用基材は、単一粒子の平均繊維長が20〜1000μmの繊維状ファイバー10... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ